写真 2018-03-30 13 52 31


私の母は、小学生の時から家事一切を任されてきた。
戦争未亡人の祖母と、幼い2人の妹を支える食事作り。
見よう見まねで覚えた、いわゆるレシピのないメニュー。
生活は貧しく、外食という言葉すら知らなかったと言う。

私が幼少の頃も、我が家の食卓はいつも地味だった。
全体的に茶色が中心の和食ばかりで、華やかさとは無縁。
カレーとハンバーグを洋食だと喜ぶくらいだったけれど、
そこに会話があったから、幸せだった。

大人になるにつれて、少しずつ外の世界が広がった。
それまでの概念を覆すイタリアンやフレンチに出会い、
世の中にはこんなにも美味しいものが溢れているのだと知った。

イタリアの街かどで食するイタリアンは、どれもハズレがない。
イタリア人が作ったイタリアンだから、当たり前なのかもしれないけれど、
その国の食べ物を愛する気持ちが、その美味しさをより向上させる。

でもどんな味でも、食べ続けると飽きてしまうのか。
脳内では、母が作ってくれたナポリタンの味を思い出していた。

写真 2018-05-05 14 45 39

写真 2018-05-05 14 47 16

写真 2018-05-05 14 50 25


My mother has been appointed to do all the housework from the time of elementary school.
She cooked meals to support her mother of the widow and two young sisters.
It was without a so-called recipe that she learned from her life.
Her life was not wealthy, she says she did not even know the word of eating out.

When I was young, our dining table was always modest.
Just Japanese food with a central brown on the whole, nothing to do with ornate.
Although it was pleasant that curry and hamburger was a Western-style meal,
I was happy because there was a conversation there.

As I grew up, the outside world spread little by little.
I met Italian and French dishes overturning the concept before then,
I learned that there were so many delicious things in the world.

Italian food to eat in the town of Italy, there are no losers.
It is an Italian food made by Italy people, so it may be natural,
The feeling of loving the food of that country further improves its taste.

But whatever the taste you get bored with keeping eating.
In the brain, I remembered the taste of Napolitan that my mother made.

写真 2018-05-05 14 50 57

写真 2018-05-05 14 53 21

写真 2018-05-05 14 54 10

写真 2018-05-05 14 55 07



海外永住 ブログランキングへ "