写真 2018-05-15 20 29 38


ジャン・ジョルジュ氏が、1991年にニューヨークに初めて開いたレストラン。
彼の幼少期の呼び名が、そのまま店の名前になり、
アッパーイーストサイドのタウンハウスは、上質な迎賓館のような造りだった。

ニューヨークで留学生をしていた2000年頃、
NY駐在中の日系商社マンに連れて行っていただいたのが最初だった。
どんなに背伸びをしても、その場にふさわしくない自分を知った。

一流レストランのサーバー達は、一流のサービスをするのが当然で。
きっとお見通しだったけれど、私を一流の女性として扱ってくれた。
いつか、そのサービスにふさわしい女性になりたいと心底思った。

近年、リノベーションされたその場所は、
以前よりずっとモダンかつカジュアルを意識して造られた空間になっていた。
白を基調に、壁にはモノトーンの絵がかかり、
きっと誰もが幼少の頃を思い出す、ホーミーな雰囲気が演出されている。

フランス、アルザス出身のシェフは、世界中での挑戦を続けているけれど、
きっとここニューヨークが、第二の故郷なのかもしれない。

冷静にサービスを見渡せるようになった今、
在米18年という年月の重みを改めて感じた。

翌朝の胃もたれの心配がないライトフレンチともいえる料理メニューは、
ネイバーに毎日通って欲しいという想いが集結しているようだった。

写真 2018-05-15 21 19 19 (1)

写真 2018-05-15 21 43 02

写真 2018-05-15 21 45 07 (1)


"JO JO" was the first New York restaurant of Jean Georges, opened in 1991.
His early childhood nickname became the name of the shop as it was,
The upper east side town house was like a fine guest house.

In around 2000 when I was an international student in New York,
I went there for the first time with a Japanese trading company man living in NY.
No matter how I pretended to be an adult lady, I knew myself not fit for the occasion.

The servers of the first-rate restaurant were reasonable to do first-class service.
It was probably a prospect, but they treated me as a top-notch woman.
Someday I thought I wanted to be a woman suitable for that service.

In recent years, the place renovated,
It was a space built with consciousness of modern and casual much more than before.
Based on white, painting of monotone on walls,
Surely everyone remembers childhood, a homely atmosphere has been directed.

For a chef from Alsace, France, who continues to challenge all over the world,
Perhaps here New York might be the second home.

Now that I could calmly overlook the service,
I felt again the weight of the year and month of 18 years in the United States.

The menu that there is no worry of stomach next morning can be said to be light French Cuisine.
It seemed that the desire of Chef that wish neighbors can come through everyday gathered together.

写真 2018-05-15 23 09 41



海外永住 ブログランキングへ "