2009年、かっこちゃんの元同僚・宮田俊哉さんが脳幹出血で倒れた。
生命をつかさどる脳幹機能を失い、瞳孔が開いたままで、
3日以内に亡くなるか、一生植物人間状態になると宣告された。

奇跡的に命を取りとめた宮田さんの壮絶な闘病生活が始まる。
どこまでも献身的に、どこまでも人間の可能性を信じて、
宮田さんを支え続けるかっこちゃんと仲間たちの愛。

それから9年、宮田さんは車椅子のまま一人暮らしをされている。
特別な意思伝達装置を使って「僕のうしろに道はできる」と語る。

「絶対に大丈夫だ」と確信して向き合い続けてきたかっこちゃんの姿に、
私はまだまだ自分の頑張りが足りないと猛省した。

「先日、とある病気の赤ちゃんのママに、美香ちゃんの本をプレゼントしたの。
勇気をもらったと、とても喜んでくれたのよ」
一年ぶりの再会に開口一番で、こんなことを伝えてくださったかっこちゃん。

私は、まだまだ足りない。
かっこちゃんのように、もっと伝えられる人になるために、
自分のミッションを、改めて考えている。

かっこちゃんとお話しして、次の目標が見えてきたから、
夏はかっこちゃんに会いに、彼女の住む街まで行ってみよう。

かっこちゃん率いる「白雪姫プロジェクト」こちらをクリック。

写真 2018-05-19 12 04 16


In 2009, a former colleague of Kakko, Mr. Toshiya Miyata, collapsed with brainstem bleeding.
He lost the brainstem function responsible for life, his pupil had been opened.
He was sentenced to death within 3 days or to become a plant human state for the rest of his life.

Mr. Miyata was alive miraculously, and devastated fighting life began.
Continually devoted, believing in the possibility of human beings,
There was love of Kakko and his supporters.

Nine years later, Mr. Miyata is living alone using a wheelchair.
He says " The path can be make behind me.", through a special communication device.

By the figure of Kakko who has been confronted with confidence that "He is absolutely okay"
I was re-noticed that my hard work still was not enough.

"The other day, I gave Mika's book to a mother of a certain sick baby.
When she got the courage, I was very pleased. "
I met Kakko for the first time in a year, she told me such a thing.

I am still short of effort.
In order to be a more capable person like her,
I am considering my mission again.

I talked with her and I thought my next goal.
Let me go to see her to the town where she lives this summer.

写真 2018-05-26 18 44 56



海外永住 ブログランキングへ "