写真 2018-05-29 19 35 07

写真 2018-05-29 20 47 50


キングコング西野亮廣氏が、5年ぶりにNY個展を開催。
ミッドタウン、グラセンから徒歩5分のギャラリーは、
連日多くの来場客で溢れていた。

あまりに美しい原画の数々に圧倒されながら、
娘にいつかこの鮮やかな色を見せてあげたいと思う気持ちが膨らむ。

西野氏と「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の話題に触れつつ、
2020年に映画化が決定しているというプペルの世界を、
視覚障害者にも伝える方法はないかなと考える。

音や文字に色が見える共感覚を持った人はいるけれど、
鮮やかな色の世界を、光のない世界で再現することは難しい。
映画の「音声ガイド」にとどまらず、
視覚に頼らずに絵本の世界を感じることができたら面白い。

5年前の個展を訪れた時、こんな未来があるとは思っていなかった。
次の5年後には、予想もしていなかった未来が訪れるのかもしれない。

写真 2018-05-30 11 47 50

写真 2018-06-01 14 14 49

写真 2018-06-01 14 10 51

写真 2018-06-01 14 11 23

写真 2018-06-01 14 11 50


Mr.Akihiro Nishino, the member of Japanese comedian group "King Kong",
held a NY solo exhibition for the first time in five years.
The gallery, a 5-minute walk from the Grand Central Station in Midtown,
It was full of many visitors every day.

While being overwhelmed by the many beautiful original drawings,
The feeling of wanting to show this vivid color someday to my daughter expanded.

While touching the topic of "Dialogue in the Dark" with Mr.Nishino,
I wonder that there is a way to tell visually handicapped people.
The world of Poupelle has been decided the filmzation in 2020.

Although some people have a sense of commonality in which colors are seen in sounds and letters,
It is difficult to reproduce the world of vivid colors in a world without light.
Not limited to the "voice guide" of movies,
It would be interesting if we could feel the world of picture books without relying on vision.

When we visited his solo exhibition five years ago, we did not think there was such a future.
In the next five years, the future that we did not anticipate may come.

写真 2018-05-30 7 06 06 (1)

写真 2018-05-29 20 11 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-30 5 56 46