ジュリア・ロバーツ主演の「ワンダー 君は太陽」が
まもなく日本で公開される。

誕生後、何度も手術を繰り返した主人公オーギーが、
病院のリストバンドを壁に貼っていくシーンだけでも、
我が家の歴史を辿るようで、涙が溢れる。

原作者は、当事者ではない。
障害を持った子をいじめた側の親という立場に遭遇して、
そこからこのストーリーを書き上げたという。

目に見える障害、目に見えない障害。
人はいろんな宿題を抱えている。
でも、視覚情報がメインの世の中だから、
顔に障害を持つことは、とても厳しい。

原作を、家族揃って、何度も何度も読み返した。
次男はセリフも全部覚えている。
当事者として、親として、家族として、友人として。
何ができるのか、何をすべきなのか。

いじめる側の立場から書かれたスピンオフ版も含めて、
日本の皆さんに、ぜひ読んでいただきたく思います。

昨年書いた「ワンダー」に関する記事

スピンオフ版の日本語訳は「もうひとつのワンダー」。

「ワンダー 君は太陽」予告編

写真 2018-06-09 9 12 16


The movie film, "Wonder / You are the sun.", starring Julia Roberts,
will be released in Japan shortly.

After birth, the hero Auggie repeated surgeries many times.
With the scene where the wrist bands of the hospital were stuck on the wall,
my tears overflowed since it reminds the history of our family.

The author is not a party of the hero.
She encountered the position of a parent who bullied children with disabilities,
From there she wrote this story.

Visible disabilities, invisible disabilities.
People have a lot of homework from God.
But since visual information is the main world,
Having disabilities in the face is very strict.

I read the original with all my family, over and over again.
My second son remembers all the lines and conversations.
As a handicapped, as a parent, as a family, as a friend.
What can be done and what should be done.

Including the spin-off version written from the teasing side's point of view,
I would like to invite everyone in Japan to read it.

The article "Wonder" that I wrote last year.

The Japanese translation of the spin-off version is "Another Wonder."

The trailer of the "WONDER" in Japan.

写真 2018-06-09 9 12 56



海外永住 ブログランキングへ "