フライヤー


毎年約150万人の子ども達が、悪質環境による感染症で命を落としている。
もし石鹸で手を洗うことができたら、その半分近くは救えると言われている。
世界中の子ども達に石鹸を配り、子ども達の未来にタスキを繋ぐ。
そんな活動をしているのが、浅野敬子さん率いる一般財団法人「にこにこ」。
2036年夏にはニューヨークで「世界平和会議」開催も予定している。

未来の会議運営を担う子ども達と、今から「一緒に考える」こと。
今夏開催する「地球こどもサミット」では、
各国代表の子ども達28人が、「食」というテーマを掲げて、
各省庁や大企業から御参列いただく36人のおとな先生と話し合う。

誰かを救ったり、大きな解決策がその場で見つかるとは思わない。
国境や宗教、人種の壁を超えて、
子ども達が輪になって考える機会を提供することが、最大の目的。

そんな趣旨に賛同してくださる大人達を集めることが、私たちの役目。
未来を担う子ども達に、一緒にタスキを渡してみませんか。
2018年8月8日、新しい歴史のスタートを見守ってください。

「地球こどもサミット」
2018年8月8日 13:00〜15:00
於:衆議院議員会館 国際会議室

写真 2018-05-02 13 08 55


Approximately 1.5 million children lose their life each year with infectious diseases due to malignant environment.
If they could wash their hands with soap, it is said that they can live nearly half of it.
Distribute soap to children around the world and connect the sash to the future of children.
That kind of activity is being carried out by Keiko Asano, a representative of General Incorporated Association "nico-nico."
In the summer of 2036, "World Peace Conference" will be held in New York.

"Thinking together" with the children who are responsible for the future conference management.
At the "Earth Children's Summit" to be held this summer,
With 28 children from international team, with the theme of "food"
Discuss with 36 adult teachers who will join from ministries and large enterprises.

I do not think it will save something or find a big solution on the spot.
Beyond borders, religion, race barriers,
Providing opportunities for children to think and think about is the greatest purpose.

It is our role to gather adults who agree with such purpose.
Let us keep eyes to children who will be responsible for the future.
Hope we will see the start of a new history on August 8, 2018.

"Earth Children Summit"
August 8, 2018 13: 00-15: 00
International Meeting Room for members of House of Representatives

写真 2018-07-14 7 36 09

写真 2018-07-13 13 35 19



海外永住 ブログランキングへ "