シェフ栗本清氏との出会いは、2001年頃。
彼が料理長を務めていた銀座のイタリアンレストラン「FARO」で、
日本で食するイタリアンの可能性を、たくさん学ばせていただいた。

レストラン視察で訪米した彼とニューヨークで再会した時、
両手にたくさんの花束を抱えて登場した姿は、忘れられない。
欧米慣れした紳士のふるまいに、学ぶことが多かった。

その後、彼が店を変わる度に、新しい料理に会いに行った。
イタリアンの真髄は変わらないから、そこに懐かしさが漂う。

東京ステーションホテルの地下一階、「エノテカ・ノリーオ」。
都会のど真ん中で、ゆったりとした時間をいただく。
ウェルカムシャンペンからデザートまで、
職人とは、ブレない料理を貫き通すことだと、つくづく思う。

エノテカノリーオ Enoteca NORIO

写真 2018-09-12 12 41 18

写真 2018-09-12 13 01 29

写真 2018-09-12 13 50 49


I encountered with Chef, Mr. Kiyoshi Kurimoto, around 2001.
At the Italian restaurant "FARO" in Ginza where he served as the chef,
I learned a lot about the possibilities of Italian food in Japan.

When we met again in New York of his visiting during a restaurant research,
I could not forget his appearance of holding a lot of bouquets in both hands.
By the behavior of the gentleman accustomed to the West, I learned a lot.

After that, every time he changed the restaurant, I went to see new cuisine.
Because the essence of Italian food was unchanged, there was nostalgia there.

"Enoteca / NORIO" underground floor of the Tokyo Station Hotel.
In the middle of the city, we got a relaxing time.
From welcome champagne to dessert,
I truly believe that he, craftsmanship, serves a stubborn food forever.

写真 2018-09-12 13 53 58



海外永住 ブログランキングへ "