2019-01-17 15.48.19

2019-01-17 14.21.45

写真 2019-01-17 4 53 05

写真 2019-01-17 4 52 50


江戸元禄14年(1701)、江戸城で幕府が朝廷使者の接待中のこと。
赤穂藩の浅野内匠頭が、吉良上野介に対して斬りかかり、
それに激怒した第五代将軍徳川綱吉は、浅野内匠頭を切腹の刑に処した。

浅野氏の家臣は、浅野氏だけが処刑されたことに不服を抱き、
大石内蔵助を筆頭に四十七士が吉良家に討ち入り「赤穂事件」が起こった。

「忠臣蔵」の舞台でしか知らない赤穂義士たちの足取りを辿り、
大石神社を参拝した後に、敬子さんが山道に向かって歩き出す。
その先にあったのは、寒空の下にひっそり佇む「岩屋寺」。
大石内蔵助が隠棲した寺と言われている。

私たちの到着を待ちわびていてくださった番人女性が、
赤穂義士の真のストーリーを丁寧に解説してくださる。
12月14日に開帳され、1年のうち約1ヶ月しか参拝ができない御本尊には、
浅野内匠頭と大石内蔵助以下、四十七士の位牌が並んでいる。

死を覚悟で討ち入りした義士の位牌に、16歳という年齢を見て胸が苦しくなった。
「喧嘩両成敗」の世の中で、浅野氏だけが処刑されたという史実。
「人として、正しいことをする」という選択が、歴史をも変えてしまうのだ。

たくさんのことを考えさせられた訪問。
慌ただしい滞在中、敬子さんが京都に一緒に行きたかったという理由、
すべてストンと腑に落ちた。

大石神社には、ピアニスト西川悟平氏の父(浪曲師5代目・吉田奈良丸)と所縁のある
3代目・吉田奈良丸の碑があることも驚きだった。

すべての御縁が、繋がっている。

2019-01-17 14.31.23

写真 2019-01-17 4 54 06

写真 2019-01-17 0 54 52

写真 2019-01-17 4 53 41

写真 2019-01-17 0 55 06

写真 2019-01-17 1 11 33


Edo Genroku 14th year (1701), the shogunate entertained an ambassador in Edo Castle.
Takuminokami Asano, the lord of Ako Domain, cut down against Kouzunosuke Kira.
Fifth Shogun Tsunayoshi Tokugawa who was furious with it, handled Asano as a prison sentence of hara-kiri(seppuku).

Mr. Asano's vassals complained that only Asano was executed,
Forty-seven lordless samurai of Ako Domain, leading by Kuranosuke Oishi, attacked Kira's residence, "Ako incident" occurred.

Following the footsteps of Ako ronin that we only know on the stage of "Chushingura",
After visiting Oishi Shrine, my friend, Keiko Asano, walked towards the mountain road.
I found in front "Iwaya Temple" standing quietly under the cold air.
It was said that Kuranosuke Oishi lived there in hidden.

The woman who was waiting for our arrival keenly, carefully explained Ako ronin 's true story.
We can only visit about one month in a year from December 14th.
There are mosques of Takuminokami Asano and forty-seven samurai including Kuranosuke Oishi.

My heart felt painful when I saw the age of sixteen of the mosque,
because he attacked with the risk of death at that young age.
There was the historical fact that only Asano was executed, the actions or communication take more than one person though.
The choice of "doing the right things as a person" will change history as well.

Kyoto visit made me think about lots of things.
Reason why Keiko wanted to go to Kyoto together in a busy stay, it all caught me firmly.

It was also a surprise of me at Oishi Shrine that there was a monument of the third generation of Naramaru Yoshida who was related to the father of Gohei Nishikawa, a pianist in New York.
Gehei's father was the fifth generation of Naramaru Yoshida.

Everything will be related by bond.

写真 2019-01-17 4 53 51

写真 2019-01-17 4 53 46

写真 2019-01-17 4 53 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-17 0 17 01

2019-01-17 14.16.58

2019-01-17 14.25.25