写真 2019-02-09 6 29 55


「目の前に困っている人がいたら、手を差し出す。」
「人として正しいことを選択する。」

1967年の創立以来、ドイツ国際平和村は、そうやって2万人以上の
「未来のいのち」を救ってきた。

それでも法律や国境という壁があって、できないことがある。
かつて国境封鎖により自国に子どもを帰国させられなかった経験から、
現在はガザ地区の子どもたちを受け入れを中止している。

ガザ地区を封鎖しているイスラエル政府に、
世界の誰よりも大切にされている日本人、それが杉原千畝氏だった。
ユダヤ人6000人を救った「命のビザ」発行の功績は大きい。

千畝氏の四男・伸生氏は、かつてイスラエルからの援助を受けて、
イスラエルのヘブライ大学に通い、現在はベルギーに在住されている。

ドイツ国際平和村と杉原千畝氏の御子息が繋がれば、
きっと新しい奇跡が起こるはず。

いま自分たちが出来ることをやろう。
私たちは、そうやって動き出した。

写真 2019-02-09 3 48 51

写真 2019-02-09 4 30 54


"If someone is in trouble, give out your hands."
"Choose the right thing as a person."

Since its founding in 1967, "Friedensdorf International /the German International Peace Village" has done that and saved more than 20,000 lives for the future.

Still there are barriers of laws and borders, and there is something they cannot do.
From the experience that they could not let children return home by the border blockade once,
Currently they are stopping accepting children from the Gaza Strip.

By the Israeli government that is blocking the Gaza Strip,
The Japanese who was cherished more than anyone in the world, was Mr. Chiune Sugihara.
The achievement of issuing "visa for life" that saved 6,000 Jews was great.

Mr. Chiune's fourth son, Mr. Nobuki, once received assistance from the Israeli, he attended the Hebrew University in Israel and now lives in Belgium.

If the German International Peace Village and Mr. Chiune's son would connected,
Surely a new miracle will occur.

We shall do what we can do now.
So we have started our activities.

写真 2019-02-09 16 41 24



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-09 6 37 07

写真 2019-02-09 6 37 12

写真 2019-02-09 6 37 20