重複障害を持って生まれた娘と一緒に、暗いトンネルを彷徨い歩いた。
光の見えないトンネルは、長くて暗くて、ずっと孤独だった。

2011年3月11日、娘の8歳の誕生日。
誰もが「当たり前の日常」があることは、感謝すべきことだと気付いた日。
私は意を決して、娘のこと、そして自分の弱さを伝えた。

いつしかたくさんの人が手を差し伸べてくれて、私たちは生かされてきた。
この世界には、こんなにもたくさんの愛と優しさが溢れていると知った。
世の中の人がみんな、国境や言葉の壁を超えて手を繋げば、
平和で美しい地球を守るという目標に向かって進めるはず。

私たちが生かされてきた御恩を少しずつお返ししていきたい。
そう思った時に出会ったのが、世界で石鹸を配り歩いている女性だった。
熱弁をふるう彼女に圧倒されながら、チカラになりたいと思った。

今どの国でも、難民も移民も受け付けなくなっている世界の中で、
ドイツという国だけが真逆のことをやっている。
オーバーハウゼンという山村地帯にある「ドイツ国際平和村」だけが、
日本ではできないようなシステムで、子どものいのちを救っているのだ。

私たちが直接できなくても、ドイツを応援することで助けられるいのちがある。
それを知ってほしい。何よりも、その存在を知ってほしい。

「ドイツ国際平和村」のトーマス・ヤコブス氏が来日するタイミングで、
彼の話を一緒に聞いてみよう。未来のいのちを考えてみよう。
きっと日本にいる皆さんにとって、知ること自体が「ギフト」になるから。

講演会や勉強会というと、みんな無関心になるから、敢えて無料で公開したい。
応援してくださる企業や人々が、次々と声を上げてくれているけれど、
一番大切なのは、とにかくたくさんの人に知ってもらうこと。

今回の目標は、そこにあります。

パンが1つしかなければ、まず自分のいのちを救うのは当然だけれど、
もし2つあったら、1つは誰かのために捧げてみませんか。
愛はためこむものじゃなくて、循環させていくものだから。
未来のいのちのために、貴方の時間とお金を少しだけ、分けてください。

お力添えくださった一人一人が「あの時チカラを貸した一人だよ」と
将来、声を大にして叫べるように。
「JAPAN国際平和こども王国」設立の夢へ、繋いでいきます。

「未来のいのち国際サミット2019」、貴方のチカラを貸してください。

「未来のいのち国際サミット」お申し込みはこちら。

クラウドファンディングはこちら。平和村の子どもたちへ、貴方の心を届けます。

2019-01-29 08.23.33

©️ドイツ国際平和村

I wandered around a dark tunnel with my daughter who was born with multiple disabilities.
The tunnel had no exit, long and dark, I was lonely all the way.

On March 11th, 2011, it was my daughter's 8th birthday.
Everyone in Japan realized that we had to thank to "daily life" by experiencing the great east Japan earthquake.
I decided to write a book to tell my daughter, and my weakness.

We could alive, since many people reached their hands to us.
I was noticed that so much love and kindness were overflowing in this world.
If everyone in the world hands beyond the borders and language barriers,
We will be able to proceed toward the goal of protecting the peaceful and beautiful earth.

I would like to give back my thanking to the world that we have been living.
When I thought so, I met a woman who was dealing with soaps in the world.
I was overwhelmed by her activities, and also wanted to help her.

In the world where refugees and immigrants are no longer accepted in any country right now,
Only Germany is doing the opposite dealing.
In "Friedensdorf International / German International Peace Village" in the mountain village of Oberhausen,
they save the life of children with a system that cannot be done in Japan.

Even if we cannot do it directly, there is life that can be helped by supporting Germany.
I want you to know that. More than anything, I want you to know its existence.

At the timing of Mr. Thomas Jacobs of "Friedensdorf International / Germany International Peace Village" coming to Japan,
Let's listen to his story together. Let's think about the future life.
For everyone in Japan surely, knowing itself becomes a "gift".

When lectures and study sessions are said to be indifferent to everyone, I would like to publish daily free of charge.
Although the companies and people who support us are raising voices one after another,
The most important thing is to let many people know about it.

That's our goal of this time.

If there is only one bread, it is natural that you first save your life.
If you have two, why do not you dedicate one for someone?
Love will not what you will hold, it will circulate.
For the future life, please share your time and money a little.

" You were the one who helped us at that time."
We will shout out with loud voice in the future.
We will continue to work with the dream of establishing "JAPAN International Peace Kids Kingdom".

Please support our new project, "Future Life International Summit 2019".

写真 2018-12-13 8 41 37

写真 2018-12-13 8 40 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-06 19 48 09