写真 2019-03-10 11 43 00


日本中の誰もが、いのちについて考える日。
家族そろって、長女の16歳の誕生日を祝った。

16年前、こうやって生かされていることすら想像できなかった。
絶望というのは、こうやってやってくるのだと実感した。

日曜日は、娘をアップステートの学校に送る。
明日から始まる新しい一週間の心構えをする。

そして、毎週同じように、自責の念に駆られる。
母親としての責任を、きちんとまっとう出来ているか自問する。

スプーンを持って食べる。白杖をついて歩く。
「自分ができることをやる」娘はちゃんと実践している。

私は精一杯生きているだろうか。
自分ができることを、ちゃんと実践しているだろうか。

人のいのちには限りがあるけれど、
人の心は永遠に生き続けるから。

未来のいのちのために、できることをやっていこう。

写真 2019-03-10 12 20 59

写真 2019-03-10 12 21 06


The day when everyone in Japan thinks about life.
My whole family celebrated my daughter's 16th birthday.

Sixteen years ago, I couldn't even imagine we had been living this way.
At that time, I realized that despair was coming this way.

Every Sunday we take my daughter to the upstate school, and send her off.
I have to prepare my mind for a new week starting tomorrow.

And, every week, I suffer from a guilty conscience
I ask myself if mother's responsibilities are properly fulfilled.

She eats with a spoon. She walks with a white stick.
My daughter is doing properly what she can do with disabilities.

Am I living as hard as I can?
Am I doing what I can do properly?

There is a limit to human life,
But people's hearts will live forever.

We do what we can do for future life.

写真 2019-03-10 12 43 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "