写真 2019-05-02 16 30 57


2019年4月22日、「未来のいのち国際サミット2019・東京」開催。

昼過ぎから準備をスタート。
司会者、映像担当者との打ち合わせ、会場の設営、お土産の袋詰め。
平和村の元ボランティアさん達が、写真パネルをセットしてくださる一方で、
重太みゆきスマイルプロジェクトと亜細亜大学MYKゼミの学生さんが、
受付や案内役を買って出てくださる。何と心強いことだろう。

午後3時から登壇者との打ち合わせ。同時に受付を開始。
予約以上の来客のため、入館パスが不足するというアクシデントが発生したが、
MYKゼミ生の柔軟な対応のお陰で、ゲストからの直接クレームはゼロという奇跡。

大きなイベントになるごとに、こうして支援してくださる方が増えていくこと。
私たちのプロジェクトに、少しずつ確実な仲間が増えていくことを実感する。

午後4時、ほぼ予定通りにサミットがスタートした。
ドイツ国際平和村代表トーマス・ヤコブス氏による特別講演。

共存・共に生きること
寛容・相手を認めること
平等・平等であること
平和村は傷ついた子どもたちのリハビリだけでなく、心を育てる理念を貫く。
平和村で育った子どもたちが、平和大使として世を守る未来を想う。

今年6月末に代表の退任が決まっているトーマスにとって、
今と同じ立場でこの場所で話すことが最後だと思うと、少し胸がきゅんとする。

ピースキャラバン隊の学生と、(株)ALEの岡島礼奈さんによるスピーチ。
世界平和と夢と希望はイコールであるべきだと、つくづく思う。

パネルディスカッションには、厚労大臣政務官を筆頭に、
そうそうたる豪華ゲストが勢ぞろいしてくださった。

東京サミットは、早い段階から登壇者が決定していたこともあって、
パネラーの皆さんの問題意識や提言ひとつひとつに重みを感じる、
私たちがやるべきこと、進むべき方向を、再確認しあう場ともなった。

日本に生きる私たちが、世界のために出来ることは何か。
日本の優れた医療を、傷ついた子どもたちのために生かす術はないのか。
自分にできる範囲の寄付を、きちんと送り届けるにはどうすれば良いのか。

たくさんの課題がある。たくさんのハードルがある。
それでも「JAPAN国際平和こども王国」設立に向かう目標にブレはない。

この広い世界の中で知り合った人たちが、一緒に集い、語ること。
具体的に行動して、その場に行ってみようという想いを抱いてくださったこと。
その優しさに、ただただ感謝の気持ちが溢れ出る。

「未来のいのち国際サミット2019」
広島・長崎・東京という3会場を駆け足でまわった数日間。
どこかの街をゆっくり散策することもなく、ひたむきに伝え続けた数日間。

ドイツ・オーバーハウゼンにある小さな村が発信しているその声を、
私たちは、きちんと日本の皆さんに伝えることができただろうか。
一緒に応援したいという仲間を増やすことができただろうか。

断続的にドイツ国際平和村への直接的な支援が増えることが目的。
まずは知っていただくこと、そして伝えていただくこと。

たくさんの反省を抱えつつ、
私たちは、次にやるべきことのために動き出している。

御参加、御協力、御支援くださったすべての皆様、
本当にありがとうございました。

写真 2019-04-22 3 28 48

写真 2019-05-02 16 31 06

写真 2019-04-22 3 35 00

写真 2019-04-22 3 38 42

写真 2019-04-22 3 55 13


"The Future of Life International Summit 2019 Tokyo" was held on April 22nd, 2019.

We started preparation after noon.
Meeting with the presenter and the person in charge of screen, setting up the venue, and packing souvenir bags.
Former volunteers from Friedensdorf International set up a photo panel,
Miyuki Shigeta Smile Project and students from Asia University MYK seminar, offered receptionists and guides was what a reassuring thing.

We had meeting with the speakers from 3 pm., and started registration at the same time.
There was an accident that there were not enough admission passes for visitors over bookings.
Thanks to the flexible response of MYK seminar students, the direct claim from the guest was zero, a miracle.

Every time we have a big event, the number of people who support us will increase.
We realized that the number of sure fellows had been gradually increasing in our project.

At 4 pm, the summit started almost as scheduled.
There was a special lecture by Mr. Thomas Jacobs, Friedensdorf International / German international peace village representative.

Coexistence, living together
Tolerate, recognize the other party
Fair, Being equal
Peace villages have the policy not only rehabilitated children but also nurturing their hearts.
The children raised in the peace village will protect the world as a peace ambassador.

For Thomas, who has decided to resign at the end of June this year,
I feel a little lonely when I think it is the last time he talks at this place in the same position as he does now.

There had a speech by a student of Peace Caravan, and Rena Okajima of ALE Co., Ltd.
I think that world peace, dreams and hope should be compatible.

The panel discussion was led by the government officer of the minister of Health, Labor and Welfare,
Also we welcomed so many wonderful guests.

The speakers of Tokyo Summit had been decided on the early stage.
So we got good point of views in each one of the panelists' problem awareness and opinions,
It was also an opportunity to reaffirm what we should do and the direction we should go.

What we can do from Japan for the future lives around the world ?
Can we seek the way to use Japan's excellent medical care for injured children?
How we can reach them to donate for efficiently ?

There are many challenges. There are many hurdles.
Even so, there is no blur in the goal of establishing "JAPAN International Peace Kids Kingdom".

People who met in this wide world gather, talked together.
They thought they wanted to go and had act concretely.
We appreciated the kindness of the participants.

International Future Life Summit 2019
We rushed 3 venues in a few days, at Hiroshima, Nagasaki and Tokyo.
We continued to convey our passion without exploring the city somewhere.

A small voice from a small village in Oberhausen, Germany.
Have we properly conveyed to people in Japan ?
Have we increased the number of fellows to support together?

The purpose is to increase direct support to the German International Peace Village intermittently.
First of all, knowing and conveying is the most important things.

While having a lot of reflection,
We are moving forward to the next task.

To all of you who participated, cooperated, supported,
We are really thankful to you.

写真 2019-05-02 16 30 48

写真 2019-05-02 18 20 24

写真 2019-05-02 18 25 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-22 3 28 37

写真 2019-04-22 5 17 52