写真 2019-04-19 22 20 56


4月20日、午前11時。
長崎・平和公園で、現地の方々と待ち合わせた。

長崎には、かつて学生時代に両親と訪れたことがあるけれど、
平和祈念像がこんなに偉大だったことは、記憶から抜け落ちていた。

天に掲げられた右手は原爆の脅威を示し、
水平に伸びる左手は平和への願いを意味するという。

集まった皆で献花を捧げ、戦争犠牲者への御冥福を祈って黙祷する。
気温がジリジリと上昇して、汗ばむほどの陽気のなか、
トーマスが、またもや目に涙を浮かべていた。

「今、私がここにいることは、きっと平和村の歴史に残るだろう」

広島は許し、長崎は祈り続けた。
戦争は、どちらか一方が悪いわけではない。
戦後74年が経って、ドイツがここでお詫びと御礼を伝えている。

トーマスの想いと、平和村の子どもたちの想いを、
私たちがしっかり伝えていかなければならない。

写真 2019-04-19 22 03 54

写真 2019-04-19 22 09 36

写真 2019-04-19 22 08 12


On April 20, 11 am.
I met with local people at Nagasaki Peace Park.

In Nagasaki, I used to visit with my parents during my school days,
It was missing from memory that the image of prayer monument was so great.

The right hand raised in the sky shows the threat of the atomic bomb,
The horizontally extending left hand means a wish for peace.

Thomas and we donated flowers with everyone gathered and prayed for peace for war victims and silently.
The temperature was soaring, sweaty hilarious,
Thomas had tears in his eyes again.

"The fact I am here will surely remain in the history of our Peace Village"

Hiroshima forgave, and Nagasaki kept praying.
The war happens not only by the reason of either country.
Seventy-four years after the war, Germany conveyed apologies and thanked here.

We must convey the thoughts of Thomas and the children of Peace Village to the world.

写真 2019-04-20 9 01 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-19 22 12 47 (1)

©︎ドイツ国際平和村 ©️未来のいのち国際サミット実行委員会