写真 2019-05-22 19 01 56


第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館で、
ナチスに追われたユダヤ人に対して、日本の通過ビザを発行した杉原千畝氏。
政府の訓令に反しても「人として正しいことをやる」その想いが、
結果として、6000人以上の命を救ったといわれている。

「唯一存命している息子として、千畝のことを正しく伝えたい」
ニューヨークで、千畝氏の四男・杉原伸生氏の講演が開催された。

会場から外に溢れ出るユダヤ人の数の多さに、私は度肝を抜かれた。
「何としてもノブキに会いたい」と入り口のドアを叩く人々。
「これ以降の入場者は、別室でモニター鑑賞してください」
会場スタッフの言葉に、泣き崩れる人もいた。

伸生氏がステージに登場すると、いきなりスタンディングオベーション。
あの場所にいた誰もが、鳥肌が立つほどの感動を味わったに違いない。
司会のアン・カリー女史がモデレートしながら、伸生氏が「父を語る」。

帰国後に政府から迫害されて、千畝氏の人道的対応は誰からも評価されなかった。
「父は横浜港での荷積や、電球を売る店など、いろんな仕事をしながら、
私たち家族を支えてくれました」
明るく答える伸生氏の背後に、どれほどの苦労があったか偲ばれる。

「スギハラ氏のお陰で、私たち家族が今ここに生きているのです」
「あなたにどうしても御礼を言いたかった。心から感謝を」
千畝氏が発給したビザで助かった「サバイバー」とその家族が立ち上がる。

「なぜこれほどの偉業が、教科書にも載っていないのか」
「モラルディシジョンのロールモデルとして、もっと評価されるべきだ」
会場内の温度がどんどん上昇していく。

この日、「ニューヨーク在住の日本人として」感じた誇り高き想い。
何度も作り直し、ようやく完成した「未来のいのち国際サミット」動画を、
伸生氏が「とても良くできていますね」と評価してくださった感動。

「世に出回っている父の映画や本や芝居など、半分は脚色で事実ではない」
そう嘆く伸生氏の本当の想いを、改めて心に抱きしめた夜。
ユダヤ人の多いニューヨークで、私たち日本人が優しくされているのは、
杉原千畝氏というたった一人の日本人のお陰なのだと、肌で感じた。

私たちは、真実だけを正しく伝えていかなくてはならない。
改めて「書く、伝える」という責任、そしてミッションを噛み締めている。

「宇宙から見た地球に国境はない」
「人として正しいことをやる」
「目の前に困っている人がいたら、手を差し伸べる」

その先にきっと、本当の平和がある。

写真 2019-05-22 19 13 44

写真 2019-05-22 19 14 04

写真 2019-05-22 19 16 07


Mr. Chiune Sugihara issued a Japanese transit visa for Jews who were chased by the Nazis, at the Kaunas consulate in Lithuania during the World War II.
He did the right thing as a person even if it was against the government's instruction.
As a result, it is said that he saved over 6,000 lives.

"I would like to convey the right story of Chiune as his only living son."
A lecture by Nobuki Sugihara, the fourth son of Mr. Chiune, was held in New York.

I was overwhelmed by the large number of Jews who spilled out of the hall.
People hit the door of the entrance saying "I want to see Nobuki anyway".
"Since the tickets were oversold, after this, please watch the monitor in a separate room"
Some started to cry by the direction of the venue.

When Mr. Nobuki Sugihara appeared on the stage, all audience suddenly stood and applauded.
Everyone in that place must have felt the amazing impression.
Along with Ms. Ann Curry moderated, Mr. Nobuki told about his father.

Persecuted by the government after returning home, Mr. Chiune's humanitarian response was not appreciated by anyone.
"To support my family, my father worked in many jobs, such as loading at Yokohama Port, shops selling bulbs, and so on."
Behind the bright answer of Mr. Nobuki, I assumed how much the family had hard time.

"Thanks to Mr. Sugihara, our family lives here now."
"I really wanted to say thank you. Sincerely I appreciate your father."
The "survivors" and their family, who were saved by the visa issued by Mr. Chiune, stood up.

"I wonder why these great things are not listed in the textbooks."
"He must be evaluated more as a role model for moral decision."
The venue was filled with feverish excitement.

I was very proud that I attended there as "Japanese living in New York" on this day.
Also, I was very impressed that Mr. Nobuki evaluated our movie as "very well done.".
Since we remade it many times, and finally completed to show at the event "International Future Life Summit 2019".

"The films, books, plays and so on of my father that are on the market are half-truth, but half-fiction."
I felt the Mr. Nobuki's true thoughts in the heart.
In New York, where there are many Jews, we Japanese are being kindly by them.
I felt deeply that it was thanks to only one Japanese, Mr. Chiune Sugihara.

We must convey the true thing properly.
We have a responsibility and mission to write and convey.

"The earth has no borders when see from space."
"Do the right thing as a human"
"If you see someone struggling, reach out your hand."

Surely there should be a real peace ahead of us.

写真 2019-05-22 19 18 40

写真 2019-05-22 19 51 27

写真 2019-05-22 19 53 05

写真 2019-05-22 20 01 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "



写真 2019-05-23 17 07 33