ドキュメンタリーをミュージカルにする。
この挑戦を聞いた誰しもが、初めは耳を疑ったかと思う。
私自身も、悩んで、悩んで、ようやく許諾をしたのは、
若き天才演出家・小池樹里杏氏の熱意と、背後にあるストーリーを知ったから。

「私たちの歩いてきた軌跡が、道に迷っている人の心に明かりを灯せたら」
そんな想いで、書き綴った日記をそのまま世に伝えた時、
本当はもっと自分や周囲を守るべきだったのかもしれない。
1ミリの演出も虚飾もない説明不足から、たくさんの批評を受けた。

私一人で世に伝えるには、私自身が弱くて脆かった。
精神的ダメージから、貝になり続けた時間。
それでも伝え続けることを諦めてはいけないと思い直せたのは、
私たちを応援してくれている力強い仲間がいたから。

「私はあなたの言葉に救われた。今度は私があなたのように誰かを救いたい」
ジュリアンの想いに、私はどう応えていくべきだろうか。

第三者に託すという覚悟は、すなわち「赦す」という課題でもあった。
時を同じくして、杉原千畝氏の四男・杉原伸生氏の想いを学んでいた私は、
「正しく伝えること」に何よりもこだわりがあった。

そんな私の想いを投げると、彼女は1つずつ紐解いてくれた。
「言わなくても分かるはないから、とにかく直接会って話すこと」
私のこだわりを、彼女は1つずつ理解して、必ず答えを返してくれた。
若い世代へのタスキ繋ぎ、ここに希望があることを、彼女は教えてくれた。

「人生に関わってくださったすべての方に、感謝を伝えたい」

後ろで温かく見守ってくださるプロデューサー・高橋政彦氏の懐の深さ、
彼女を支えるカンパニーの皆様の愛を感じながら、
私の想いがこのような形で伝えられることに、ただ感謝しています。

開演を前にした今、余計なことを語ることは出来ないけれど、
すべてのキャストが隅々まで「自分の役割」を伝えているステージ。
お客様の反応がすべて。そこにきっと、私たちの選択の答えがある。

ユニバーサル、バリアフリーを伝えるチャレンジも、
5年後にはきっと、世の中のスタンダードになっていくと信じているから。

是非、劇場に足をお運びください。

ミュージカル・未完の贈り物」公式ホームページ
「ミュージカル・未完の贈り物」公式ツイッター

「ミュージカル・未完の贈り物」 東京公演 
2019年9月11日〜16日(全11ステージ)
池袋 シアターグリーン Box in Box THEATER

写真 2019-09-07 10 30 15


To make a musical stage based on non-fiction story.
Anyone who has heard this challenge may have doubt at first.
I myself was worried, worried, and finally granted permission to her.
Because I got to know the enthusiasm of young genius director Julian Koike and the story behind her.

“I wish our story illuminates the hearts of those who lost the way.”
With that thought, when I issued my book to the world,
I should have protected myself and our surroundings carefully.
We received a lot of criticism because of the lack of explanation, because it was not a fiction.

I felt I was too weak and fragile to tell the message to the world by only me.
I passed long time it has continued to keep silence because of mental damage.
But thanks to the strong fellows who supported us, I thought I should never give-up on continuing to convince the story.

“I was saved by your words. Now I want to save someone like you.”
How should I respond to Julian's heart?

The decision to entrust to a third party was also an theme of “forgiveness”.
Because I learn the thoughts of Mr. Chiune Sugihara's fourth son, Nobuki Sugihara, I stick the idea that the most important thing was "to convey correctly".

When I told my thoughts, she unraveled one by one.
"I don't understand if I don't say it, so I just meet and talk directly"
She understood my commitment one by one and always returned the answer.
I found there was a hope here for the connection to the younger generation.
That was her who told me new hope.

“I would like to express my gratitude to all who have been involved in my life.”

While feeling the love of producer Masahiko Takahashi, who watches warmly behind us, and all staff that support her,
I am just grateful that my thoughts are expressed in this way.

I can't tell you more than anything right before the show starts,
this is a stage where all casts convey their role to every corner.
Though I'm afraid of the reaction of audience,
We will see the answer to our choice soon.

Our challenge of conveying universal or barrier-free,
I believe that it will become the standard of the world in the next five years.

Please come to the theater if you have chance.

写真 2019-09-05 13 06 42