写真 2019-09-13 4 01 10

写真 2019-09-13 4 01 41


今春、東京・広島・長崎で「未来のいのち国際サミット」を開催した。
52年間で3万人以上の「未来の命」を救ってきたドイツ国際平和村、
彼らが発している小さな声を、一緒に日本に届けたいという企画だった。

たくさんの企業や仲間が応援をしてくださり、企画は大成功。
その感謝をドイツまで届けるというミッションに加えて、
ドイツ国際平和村で「地球こどもサミット」の開催が決定した。

平和村でリハビリをして過ごす子ども達、「学びの時間」という授業がある。
その日は、アンゴラ、アフガニスタン、ウズベキスタンの子ども達が集合した。

日本で開催したサミット同様に、「海洋プラスチックゴミ」がテーマ。
ペットボトルは普及しているようだが、ゴミ問題はあまり身近でないらしい。
彼女らの住む生活環境は、常にゴミが溢れているから気にならないというのだ。

ここに来て、いろんなことを考えさせられる。

自分の名前とその由来についてはどうだろう。
みんな名前はある。
でも、名前の由来も誕生日も知らない子どもが多い。
アフガニスタンでは、みんな誕生日は1月1日。
学校に行っていない親世代は識字能力に難あり、出生届も提出していない。

「地球こどもサミット・東京」で、敬子さんが最後に話した。
「ここにいる君たち、自分は愛されているという自信を持ってください」

人は誰しも「必要とされたい、愛されたい」という欲求を持っている。
親から名前をもらって、その名前の由来を知っていて、誕生日を知っている。
「君たちは十分に愛されているということを、実感してください」
私たちの声は、どこまで届いているだろうか。

リハビリを終えて、自国へ帰って行く平和村の子ども達。
「夢を持って、元気に生きて、2036年にニューヨークで会おうね」
その言葉に、子ども達が目をキラキラと輝かして食いついてきた。

「ニューヨーク、知ってる。絶対に行きたい!」
紙に書いた世界地図に「ニューヨーク」、そして「2036年8月9日」と書いた。

平和村の子ども達のことは、決して後追いしてはいけないというルールがある。
子ども達が将来、自力でこちらにコンタクトしてくることを待つしかないのだ。

でも、私たちは信じている。子ども達のチカラを信じている。
2036年8月9日にニューヨークで会おう。
そう約束して、「地球こどもサミット・ドイツ編」は幕を閉じた。

写真 2019-09-13 4 38 11

写真 2019-09-13 4 58 24


This spring, "International Summit for Future Life 2019" was held in Tokyo, Hiroshima and Nagasaki.
Friedensdorf International, German International Peace Village, has saved more than 30,000 "future life" in 52 years.
It was a plan to report their activities to Japan together.

Many companies and friends supported us, and the project was a great success.
In addition to the mission of delivering that gratitude to Germany,
We decided to held " The Earth Children Summit" at German International Peace Village.

Children spending rehabilitation in Peace Village have a class called “Time for Learning”.
On that day, children from Angola, Afghanistan and Uzbekistan gathered.

Like the summit held in Japan, the theme was “marine plastic problem”.
In their country, Plastic bottles seemed to be popular, but the garbage problem seemed not to be familiar.
Because there is always a lot of garbage at the living environment in which they live, they are not always concerned them.

It made us think about many things.

What about their name and its origins?
Everyone has a name.
However, many children do not know the origin of their names, or their birthdays.
In Afghanistan, everyone's birthday is January 1st.
Parents who do not go to school have difficulty in literacy and have not submitted birth reports.

At the “The Earth Children Summit in Tokyo”, Keiko last spoke.
“You guys here, be confident that you are loved.”

Everyone has a desire to “want to be needed and loved”.
We got a name from my parents, know the origin of the name, and know our birthdays.
"Please realize that you are loved enough"
How far has our voice reached?

The children of Peace Village will finish rehabilitation and return to their home country.
“Let's have a dream, live well and meet in New York in 2036”
The children are very excited that we told that story.

“I know New York. I definitely want to go!”
We wrote "New York" and "August 9, 2036" on the world map that we made on paper.

There is a rule that we should never be follow the children in Peace Village.
We have to wait for the children to contact us on their own in the future.

But we believe. We believe in the power of children.
See you in New York on August 9, 2036.
With that promise, " The Earth Children Summit in Germany” ended.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-13 5 01 12

写真 2019-09-13 5 01 29

写真 2019-09-13 5 11 02

2019-09-13 11.11.37

2019-09-13 11.47.42