久しぶりに42nd Streetを東向きに歩いた。
グランドセントラル駅から、1st Avenueに向かうこの道を、
20年前に何度も何度も通ったことを、思い出す。

1999年9月18日、たった一人で、ニューヨークに降り立った。
カッコいい片道切符なんかではなくて、往復チケットを確保していたのは、
会社に戻らなくてはいけないという約束があったから。

戻る場所はあったけれど、今いる場所はそこじゃない。
そんな中途半端な立ち位置、新しい街で居場所を見つけようと必死だった。

学費と家賃と生活費を捻出するために、定期預金は全部解約した。
それでも留学生に貸してもらえるアパートは少なくて、
ようやく見つけたのが、この道を通って辿り着いた古いアパートだった。

建物はテューダー様式を再現した趣のある外観だったけれど、
エレベーターは階段を上るくらい遅くて、部屋の中は本当にボロボロだった。
隣人は気の強い独身女性で、薄い壁の向こう、いつも罵声が聞こえていた。

毎日アパートと大学を徒歩で往復して、夜中まで課題と奮闘する。
週末になると2nd Avenue沿いのバーでは、若者たちが酔い潰れていた。
私はそれを横目で見ながら、とにかく卒業するまで頑張ろうと必死だった。

あれから20年が経ったことを、改めて思い返す。
孤独な大都会に、こんなに長く住むことになるとは思わなかった。
家族や友達ができて、今は少しだけ深呼吸できる場所がある。

でも、やっぱりいつか日本に帰ろう。帰りたい。

42nd Streetの西側に傾く太陽に、不意に「ありがとう」と言いたくなった。
この太陽が沈んだら、今度は日本の夜が明ける。

写真 2019-10-12 11 22 23


After a long time, I walked bound east on 42nd Street.
From Grand Central Station, I headed to 1st Avenue.
I remember going back and forth 20 years ago.

On September 18, 1999, I got down to New York alone.
It wasn't a cool one-way ticket, but I had a round-trip ticket.
Because I had a promise that I had to go back to the company.

There was a place to go back, but the place I was then was not belong to me.
I was desperate to find my place in a new city, as such a halfway standing position.

I canceled all time deposits in order to generate tuition, rent and living expenses.
Still, there are few apartments that foreign students can rent,
I finally found an old apartment that arrived through this street.

The building had a quaint exterior that recreated the Tudor style,
but the elevator was slow enough to go up the stairs and the room was really tattered.
The neighbor was a strong single woman who always yield a hoarse voice over the thin wall.

I went back and forth between the apartment and the college on foot every day and struggled with assignment until midnight.
On weekends, I looked over young people were drunk at the bar along 2nd Avenue.
I was desperate to do my best until I graduated.

I recall that 20 years have passed since then.
I didn't expect to live in such a lonely city for so long.
I have a family and friends, and now there is a place where I can take a deep breath.

But I'll go back to Japan someday. I want to go home.

I suddenly wanted to say “thank you” to the sun leaning to the west of 42nd Street.
When the sun goes down, Japan's night will dawn.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 11 20 02