写真 2019-10-27 16 32 33

写真 2019-10-27 16 32 37


ケルト人の1年は10月31日で終わる。
秋の終わり、そして冬の始まりを告げるハロウィンの日、
家族の元には死者の霊が訪ねてくると言われる。

同じ時期に出てくる精霊や魔女が紛れて家に入って来ないように、
焚き火を焚いて、仮面をかぶって、家を守るのが本来のいわれ。

子供たちが各家庭のドアを叩く「トリックオアトリート」に備えて、
大人たちは手作りのお菓子やキャンディーを用意して待っている。

現代では、半ば仮装大会のようになってしまっているだけに、
米国の小中学校では、どこまで仮装して登校して良いものか、
各学校によって規定を決めている。
ナッツアレルギーが深刻なため、お菓子の持ち込みにも制限がある。

年々統制が取れにくくなっている昨今、
米国では、ハロウィンを週末にしようという動きがあるらしい。

アメリカのカレンダーが変わると、日本にも影響があるのだろうか。
今年の渋谷は、秩序ある街であるようにと祈るのみ。

写真 2019-10-27 16 37 09

写真 2019-10-27 16 37 06

写真 2019-10-27 16 35 31


The Celtic year ends on October 31st.
Halloween day is the end of autumn and the beginning of winter,
It is said that the spirit of the dead will come to the family.

So that the spirits and witches coming out at the same time won't get mixed in,
The original idea was to protect the house by burning a fire and wearing a mask.

In preparation for a “trick or treat” where children hit the doors of their homes,
Adults are waiting for homemade sweets and candies.

In modern times, it's just like a costume competition,
In the US elementary and junior high schools, how far you can dress up and go to school,
Each school has its own rules.
Due to the serious allergy to nuts, there are also restrictions on bringing in sweets.

Nowadays, it has become difficult to take control year after year.
In the US, there seems to be a movement to make Halloween a weekend.

If the American calendar changes, will it affect Japan?
I just pray that this year's Shibuya is an orderly city.

写真 2019-10-27 16 37 20

写真 2019-10-27 16 37 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 13 44 00

写真 2019-10-12 13 44 05