娘のいる学校のすぐ近くで、クリスマスツリーを買った。
あの土地から、空が繋がっているから、自宅に持ち帰った。

マンハッタンを少し遠くから眺めながら、
あと何回この景色を見るのだろうと、感傷的になった。

空が好きなのは、そこに希望があるから。
同じ空を見ていることが、支えになるから。

いつか娘に見せたいと思うのは、親のエゴであって、
空を知らない幸せも、きっとある。

ここから抜け出せなくて、もがいている。

現実を受け入れることは、希望を捨てること。
大人になることは、夢を諦めること。

でも、もう少し、もう少し。
私に何ができるだろう。

写真 2020-01-07 10 33 16


We bought a Christmas tree right next to my daughter's school.
Since the sky was connected from that land, we took it home.

While looking at Manhattan from a little far,
I was sentimental no matter how many times I saw this view.

I like to look up the sky because there is hope there.
There is a hope that we look at the same sky.

What I want to show my daughter someday is my ego as a parent.
There may be happiness that does not know the sky.

I can't get out of here and am struggling.

To accept reality is to abandon hope.
To be an adult is to give up my dream.

But a little more, a little more.
I wonder what I can do.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "