17年前のあの日、私の人生はまったく予期していなかった方向へ転換した。
普通に元気に生まれるものだと信じて疑わなかった我が子を抱けずに、
真っ暗いトンネルの中に佇んで、一歩も動けなかった。

現実を受け入れることはすなわち、再び絶望の谷に堕ちていくことだった。
あれもこれも出来ないことばかりで、いつまでも光は見えてこないなか、
それでも僅かな望みを持とうと思えたのは、彼女の笑顔があったから。

たくさん苦しみ、たくさんの涙を流して、たくさんの時間が流れた後。
見て見ぬふりの社会に、小さな声でささやくことにした。
ここにいる我が子を、自然に受け入れてくれる社会であってほしいと。

当事者にしか分からないことがある。
でも、当事者だからこそ、見えない普通の世界がある。
大切なのは、そのハードルを崩していくこと、世界を超えていくこと。

当事者の牽引でなく、第三者が率先して立ち上がってくれたことに、大きな意義がある。
これはきっと、新しい社会への呼びかけ方。

「一般社団法人 未完の贈り物」
2020年1月10日設立、3月11日オフィシャルオープン。
新しいチャレンジを応援してください。

一般社団法人 未完の贈り物 オフィシャルウェブサイト

写真 2020-03-07 6 58 59


On the day, 17 years ago, my life has turned in a completely unexpected direction.
Without holding my baby who believed that she would born normally well,
I couldn't move at all by standing in a dark tunnel.

To accept reality was to fall into a valley of despair again.
She could not do anything, and I felt I couldn't see the future forever.
Still, I kept a little hope by her smiling.

After a lot of suffering, a lot of tears, and a lot of time.
I decided to whisper in a quiet voice to a society where nobody take action.
I want a society that naturally accepts disability kids here.

Sometimes only the parties know.
But there is an ordinary world that cannot be seen because of the parties.
The important thing is to break that hurdle and go beyond the world.

The fact that a third party has started up, rather than being led by the parties, has great significance.
This is surely a way to reach a new society.

"Seri's Gift Association"
It has been established on January 10, 2020.
and the website has officially opened on March 11.
We ask humbly for your support on our new challenge.

Seri's Gift Official Website (English)