ニューヨークが感染のピークを迎えつつある時期に、
私はあらゆる覚悟を決めて、飛行機に飛び乗った。
家族を残して国境を越える心境は、とても複雑で言葉では表せない。

年老いた両親のために今何ができるだろう。
一番の理由はそれだった。
狭心症と糖尿病を患っていた母が、今度は脳梗塞で倒れた。
2月に切断した足の予後が悪く、さらなる切断手術が迫られる。
水頭症の父は、3度の手術を受けたのに、もうほとんど歩けない。

その横で、新型コロナウィルスが猛威をふるい、たくさんの命が奪われていく。
何度倒れても生かされている命、そこに意味があるのだと信じたい。

ニューヨークから、毎日戦場のような写真が送られてくる。
日本の病院に通いながら、どれが現実なんだろうと想いを馳せる。

母の手術が終わったら、ニューヨークに戻ろう。
でも、戻れる保証はなく、自分の居場所はどこにもないのだと気付く。

写真 2020-03-20 12 33 55

写真 2020-03-20 12 34 05


During New York's peak of infection by COVID-19,
I decided everything in mind and jumped on the plane.
The feeling of crossing national borders, leaving a family, was very complex and could not be described in words.

The main reason was that I wanted to do something for my parents.
My mother with angina and diabetes has now got a stroke.
The prognosis of the surgery of foot cut in February was poor, and further amputation was required.
My father with hydrocephalus has had three surgeries and can hardly walk anymore.

Beside them, the new coronavirus is rampant and many lives are lost.
I want to believe that there is meaning that they have survived many times.

Every day from New York, photos like battlefields have been sent.
While visiting a hospital in Japan, I doubt which world is real.

After my mother's surgery, I will return to New York.
However, there is no guarantee that I will return, and I realize that I have nowhere to go.

写真 2020-03-20 14 08 37


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "