世界的なロックダウン以降、オンラインサロンの熱気がすごい。
セキュリティも懸念されるけれど、あっという間にシステムが構築されている。

日本時間での開催は、当地の深夜から早朝にかけてがほとんどで、
朝御飯のメニューを考える横で、朝日がゆっくり顔を出す。

画面の向こうでは、ビールやワイン片手に参加する方もいて、
そんな温度差すら楽しいのは、オンタイムならではの刺激があるから。

これまで「直接面識のない人とは繋がらない主義」を主張してきたけれど、
それはあくまでも「自己紹介なしに、ただ繋がること」に賛同できないだけ。

オンラインサロンでは、画面越しに顔を合わせて話ができるから、
きちんとその人となりを知り、後からじっくり吟味して繋がることが出来る。

先日もイタリアとニューヨークと東京が繋がって、新しい出会いを堪能した。
オンラインアートサロン「つくらない都市計画」詳細はこちら
KUDAN HOUSEに関する以前の記事

スクリーンショット 2020-05-06 07.39.11



Since the global lockdown, the enthusiasm for online salons has been amazing.
Security is also a concern, but that system is being built in a blink of an eye.

In Japan time, most of the events are held from late at night to early in the morning in New York.
The morning sun slowly peek out while I think about the breakfast menu while I join the meeting.

On the other side of the screen, there are people joining in with beer and wine in hand.
Even such a temperature difference is fun because there is a stimulus that only on-time can provide.

Although I've always advocated the "I don't connect with people who don't know directly",
It's just that I don't agree with the idea of "just connecting without introducing yourself".

In an online salon, we can talk face-to-face through a screen, so we can get to know the person properly, and then we can connect with them after carefully examining them.

The other day, Italy, New York and Tokyo were connected and I enjoyed meeting new people.
The details of the "Online Art Salon" is on the website.
Previous article of "KUDAN HOUSE"

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "