過去にも未来にもたった一つしかない、この尊い命をどう生きるか。
創刊以来42年間、人間学の追究を続ける致知出版社から取材依頼をいただいた。

2冊目の本を出してから、すでに3年が経過しているけれど、
「終わりのないストーリー」は、小説のようには進まない。

ある種の絶望のなかで、それでも小さな光を探しながら、手探りで生きる。
そんな私を見つけてくださった編集部に感謝して、インタビューをお受けした。

真摯に、好意的に、取材をまとめてくださった担当者の姿勢に、
「伝える使命」を改めて思い返した2020年秋。

道に迷っている人がいたら、光を一緒に探して歩きたい。
少しでも多くの方に、そんな思いが届きますように。

スクリーンショット 2020-10-31 17.38.04


How should we live this precious life, which is unique in our past and future?
I was asked to interview the Chichi publishing house, pursuing anthropology for 42 years since its inception.

Three years have already passed since the publication of my second book, but
The Story Without End doesn't move forward like a novel.

I live in a kind of despair but still groping for a little light.
I was grateful to the editorial team for finding me, and I accepted an interview with them.

The person in charge of the interview was sincere, friendly, and organized the talk.
In the fall of 2020, I was reminded again of my "mission to communicate."

If there are people who are lost, I want to walk with them to find the light.
I hope that such thoughts will reach as many people as possible.

スクリーンショット 2020-10-31 1.53.49

致知出版ウェブサイト「試し読み」より