IMG_0054


ニューヨーク、マンハッタンには碁盤の目状に大通りが走っている。

東西に走るストリートの延長線上に、美しく夕日が沈む瞬間。
それは年に2回だけの奇跡「マンハッタンヘンジ」と呼ばれている。

同じように年に2回だけ、マンハッタンに日の出の奇跡が起きる日がある。
寒い冬の朝、東側の地平線から太陽が昇り、ストリートにぽっかり顔を出す。

大自然と都市が、美しく調和する神秘的、幻想的な光景。
昇る太陽を眺めていると、人間は自然に敵わないと痛感する。

不安定な世界の中でも、朝がやってくること。
明けない夜はないはずだと、希望を持ちたい。

IMG_0057


Manhattan, New York, has a grid of boulevards.

The moment when the sun sets beautifully on the extension of the streets running east to west.
It is called "Manhattanhenge," a miracle that occurs only twice a year.

Similarly, there is a sunrise miracle that occurs only twice a year in Manhattan.
On cold winter mornings, the sun rises over the eastern horizon and appears over the streets.

It is a mystical and magical scene where nature and the city are in beautiful harmony.
As I watch the sunrise, I realize that humans are no match for nature.

Even in an unstable world, the morning comes.
I want to have hope that there will never be a night without dawn.

IMG_0058