今は亡き師匠のアトリエに立ち寄った時、
師匠の大親友だった服部先生が「GODIVA」のチョコレートを摘んで言った。

「原材料の輸入制限があるから、同じブランドでも味が違うんだよ。
やっぱりアメリカのチョコレートは、コクがあって美味しいね」

それから一時帰国のお土産リスト筆頭は、チョコレートに決めた。
今や何でも手に入る日本で、目新しいものなんてきっと何もない。
でも「わかる人にはわかる」のが、ちょっと面白い。

******

「ベルギーチョコレートの老舗「GODIVA」が、全米の店舗閉鎖を決定」
昨年末に飛び込んできたニュースは衝撃的だった。
身近にあった「GODIVA」が手に入らなくなってしまうのが、寂しい。

そうして、新しいお土産探しの旅が始まった。
今、少しずつ、リストがアップデートされている。

IMG_0214


When I dropped by my late master's atelier, Hattori-sensei, a great friend of himself, picked up a GODIVA chocolate piece and said.

"Because of the import restrictions on raw materials, even the same brand tastes different.
After all, American chocolate is creamy and delicious."

After that, I decided that chocolate would be the first thing on my list of souvenirs for my trip to Japan.
In Japan, where you can get anything you want, there is probably nothing new.
But it's interesting to know that "those who understand it will understand it.

******

"GODIVA, the venerable Belgian chocolate company, has decided to close its stores in the United States."
The news that came in at the end of last year was shocking.
I was sad to hear that I would no longer get the GODIVA familiar with them.

And so began my journey to find new souvenirs.
Now, little by little, the list is being updated.

IMG_0215