IMG_1073


*拙著原案の舞台劇が、4月に東京で上演されます。

ニューヨーク大停電の夜、とある夫婦が出会った「レディ」。
「夕闇の色」を纏った彼女の背後には、深い悲しみと慈しみの物語が存在した。

それは特別なことではなく、世の中の誰もが抱えている宿題だからこそ、
「助けて」というサインに気付ける世の中であってほしいと強く願う。

作品は、世に生み出した時から、一人歩きを始める。
どんな人が読み、どのように受け取り、どのような感想を持つか、分からない。

その人が、どんな風に次の人に伝えるか、また伝えないか。
心を揺さぶる何かがなければ、そこで歩みは止まる。

当事者じゃない。
第三者が、その次の第三者に伝えようとしてくれることに、大きな意義がある。

受け取った制作者によって、テーマも目線も変わる。
脚本も演出も、まったく新しいものが生まれるからこそ、新しい挑戦になる。

せつなくも美しいアリア。
全編書き下ろしの甘美な旋律。

闇の中、希望と絶望が交互に顔を出す。
「曙の美しい光、あなたは感じとれる?」

朗読ミュージカル「ダスク」の舞台に、是非足をお運びください。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
チケット購入専用サイト

IMG_1074


*Two of my books have been turned into a stage play, a reading musical, and will be performed in Tokyo in April.

On the night of the New York blackout, a couple met a woman," Lady."
Behind her, clad in the "color of evening darkness," there was a story of deep sorrow and compassion.

It's not something special; it's homework that everyone in the world has to deal with it.
I strongly hope that people in the world will recognize the signs that if someone says, "Help".

A book begins to walk on its own when the author issued in the world.
You never know who will read it, how they will receive it, or what they will think of it.

How will the next person pass it on to the next person, or not?
If there is nothing to move your heart, the steps will stop there.

They are not the person concerned.
There is great significance in a third person trying to tell the next person.

The theme and perspective are changed depending on the producer who receives the work.
Both the script and the direction become new challenges because they produced utterly unique.

A painstakingly beautiful aria.
The composer wrote a sweet melody entirely from scratch.

In the dusk, hope and despair appear alternately.
"Can you feel the beautiful light of Akebono, dawn?

Please come to the stage "a reading musical: DUSK."

Official Website
Official Twitter
Ticket Store

IMG_1072