写真 2019-11-21 14 10 01

写真 2019-11-21 14 33 23

写真 2019-11-21 14 33 18


授賞式から一夜明けての、メディア取材。
インタビューに答える篠原健太氏の表情に、少し安堵の色が見てとれる。
前日は時差疲れもあったのか、緊張で顔色が悪かったけれど、
この日は生き生きと対応して、タイムズスクウェアでの撮影も難なく終了。

ニューヨーク、まだまだ見どころはたくさんあるけれど、
とりあえずミッドタウンを制覇しようと、グランドセントラル駅からの、
エンパイアーステートビルディングのてっぺんまで。

ドリカムがテーマソングを歌った映画「Sleep in Seattle」を熱弁する私に、
若きクリエイターは、キョトンとして反応がない。
「キングコング」の話題で、なんとか空気を取り戻し、呼吸が復活。

「シュガーフィナ」でお土産を大人買いして、おにぎりカフェで夕飯を取り、
「Sleep No More」のショーに送り出して、私のミッションは終了。

駆け足で回ったニューヨーク。
日常的な観光ツアーのアテンドは受託していないけれど、
テーマをフォーカスしたツアーを構成するのは面白い。

これから羽ばたいていく若者たちへのタスキ繋ぎ。
こんなところから、世界は繋がっていく。
写真 2019-11-21 16 37 24

写真 2019-11-21 16 38 54

写真 2019-11-21 17 20 35

写真 2019-11-21 17 21 54

写真 2019-11-21 17 26 03

写真 2019-11-21 17 30 56


Mr. Kenta Shinohara got a media coverage, one night after the award ceremony.
In the face of him answering the interview, I could see a little relief.
Though the day before, he was tired of jet lag,
On this day, photo shooting at Times Square was completed without difficulty.

There were so many things to see in New York,
For the time being, we tried to conquer Midtown from Grand Central Station, to the top of the Empire State Building.

To me who is enthusiastic about the movie “Sleep in Seattle” that "Dreams come true" sang the theme song,
young creators did not react well.
With the topic of “King Kong”, we managed to regain air and breathed again.

They bought many souvenirs at "Sugarfina", had dinner at a rice ball cafe.
Then I sent them off to the “Sleep No More” show, and my mission was over.

We walked around in New York in rush.
We, our company, do not accept the attendance of daily sightseeing tours,
but it was interesting to organize a tour that focuses on the theme.

I pass the baton to young people who are walking here.
From this point, the world will be connected.

写真 2019-11-21 17 40 44

写真 2019-11-21 17 46 32

写真 2019-11-21 17 44 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-21 14 47 20
Next
写真 2019-12-01 5 12 37

写真 2019-11-19 13 55 48


クリエイター篠原健太氏、今回のニューヨーク出張が初めての海外。
待ち合わせは、タイムズスクウェア近くのホテルロビー。

マンハッタン一人歩きの10数分で、すでに観光客として餌食になり、
「その辺にいたキャラクターと写真を撮って、40ドル巻き上げられた」と笑う。
いきなり洗礼を受けた篠原氏、このニューヨーク滞在をどう乗り切るのか。
何よりも、その素直なキャラクターに、好感度がアップする。

初日は、ハドソン・ヤードから、ハイラインを歩いて、
チェルシーマーケットを散策する。
再開発の著しいその地区は、ニューヨークという街の歴史を辿るにふさわしい。

翌日、初心者向けに、徹底してダウンタウンを歩いてみようとなる。
まずはグラウンドゼロで、911テロの犠牲者たちに祈りを捧げ、
スタッテンアイランド行きの通勤フェリーに乗り込んで往復する。

この土地に長く住むと、観光地に足を踏み入れる機会は滅多にないから、
私自身、久しぶりに自由の女神とマンハッタンの摩天楼を眺めるシーンを堪能する。
ウォール街を歩き、チャイナタウンで小籠包を食し、5番街まで。

時差疲れもマックスであろうから、夜の授賞式に備えて、夕方前に解散。
こんなに歩かせて大丈夫だったろうかと、少し心配になる。

「僕、あんまり外には出ないんですけれど」
終始口数の少なかった篠原氏が、突然喋り出す。
「ニューヨーク、めちゃくちゃ刺激的で、楽しいです」
にっこり笑ったその表情に、私は彼の本気度を見出した。

若きクリエイター、きっとこの街を好きになってくれるに違いない。

写真 2019-11-20 10 58 25

写真 2019-11-20 10 57 27

写真 2019-11-20 11 38 14

写真 2019-11-20 11 38 29

写真 2019-11-20 12 20 33


For a Creator Kenta Shinohara, this business trip to New York was the first overseas.
First, we met in the hotel lobby near Times Square.

In just a dozen minutes of walking alone in Manhattan, he was already prey as a tourist,
“I took a picture with the character that was there, and it was rolled up for $ 40,” he laughed.
Mr. Shinohara, who was suddenly baptized, how did he survive this New York stay?
Above all, his likability increased by the obedient character.

On the first day, we walked from the Hudson Yard to the High Line,
Stroll around Chelsea Market.
The area of remarkable redevelopment was suitable for following the history of the city of New York.

The next day, for the beginners, we tried to walk through downtown thoroughly.
First at Ground Zero, we prayed to the victims of 911 terrorism,
then took a commuter ferry to Staten Island.

If we live in this land for a long time, we rarely have a chance to go the tourist area.
I enjoyed the scene of looking at the Statue of Liberty and the Manhattan skyscrapers.
We walked through Wall Street, ate soup dumplings in Chinatown, and went to 5th Avenue area.

Because time difference fatigue will be maximum, in preparation for the evening award ceremony, we dissolved before the evening.
I was a little worried about whether I let them walk too much like this.

"I'm not rich expression,"
Mr. Shinohara, who had a small number of mouths from beginning to end, suddenly began to speak.
“I'm really enjoying, New York is incredibly exciting and fun.”
I found his seriousness in the expression of the smile.

A young creator will surely love this city.

写真 2019-11-20 13 13 54

写真 2019-11-20 13 20 07

写真 2019-11-20 13 50 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 14 46 47

写真 2019-11-20 14 30 06

写真 2019-11-20 14 41 32

写真 2019-11-20 14 49 24


Next
写真 2019-12-01 6 37 23


ターキーを焼いたことがない。

それでもやっぱりこの日は、
すべてのことに感謝する。

毎年恒例、友人からお誘いいただき、
今年の感謝祭は寿司パーティー。

夜明けを眺めながら、
当たり前の朝がやってくるのが、当たり前じゃないと想う。

写真 2019-12-01 6 48 49



I have never baked turkey.

Still, on this day,
Thank you for everything.

As every year, we were invited from friend.
This year's Thanksgiving was a sushi party.

While watching the dawn,
I don't think it's normal that the morning comes.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next
留学していた頃、たくさんの家族にお世話になった。
食事を食べさせてもらったり、車で郊外に連れて行ってもらったり。
いつしか世代が交代して、私たちがお世話をする方の役割になった。

日本からの駐在で送られて来たスタッフの帰任が決まり、
いつものメンバーで送別会をやろうと話が持ち上がった。

私は簡単な前菜を用意するだけで、あとはシェフ仲間にお任せ。
あっという間に食卓が華やかな舞台に生まれ変わる。

ひたすらに飲んで食べて、あっという間に別れの幕に突入。
人生のステージは、いつもこんな風に忙しい。

写真 2019-10-26 20 23 24

写真 2019-10-26 20 09 29

写真 2019-10-26 20 03 19


When I was studying abroad, many families took care of me.
They had fed me eat, or took me to the suburbs by car.
One day the generation changed, and I became the role of the caregiver.

The return of the staff who was sent from Japan was decided,
We had a farewell party with the usual members at my apartment.

I just prepared simple appetizers and asked to left it to my chef friends.
The dining table was reborn into a gorgeous stage in no time.

We just drank and ate, and quickly entered the farewell curtain.
The life stage is always busy like this.

写真 2019-10-27 9 23 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-27 9 23 49

Next
写真 2019-10-26 11 31 32

写真 2019-10-26 11 31 41

写真 2019-10-26 11 43 29


海外に都立高校同窓会の米国支部があるのは珍しいらしい。
私が属するそれは、発足以来毎年、米国のどこかで総会が開催されている。

今年の総会はニューヨークで開催。
マンハッタンから車で40分ほどのウェストチェスター、
ハドソン川越しの広大な景色を見渡せるレストランでランチ会。

その後、ロックフェラー家の住まいを見学するツアーに参加。
カイカットという土地に、初めて足を踏み入れた。

米国最大の石油王、資本家であったジョン・ロックフェラー氏が建てた豪邸は、築100年以上、40室からなるお城のような佇まい。
しかし、中はいたってシックな造りで、蔵書のセンスも素晴らしい。

現在でも3代目のロックフェラー氏が住居として使用しており、
一般開放されているのはごく一部で、撮影もできない。

それにしても、お屋敷から見えるハドソンリバーの偉大さと、
どこまでも境界線のない広大な景色に圧倒される。

日本で台風被害を受けた河川敷沿いのニュース映像に衝撃を受けながら、
いつの時代も、富裕層は高い土地に住むものだと、つくづく思う。

写真 2019-10-26 15 27 02

写真 2019-10-26 15 28 23

写真 2019-10-26 15 30 09

写真 2019-10-26 16 54 49


It seems unusual to have the US branch of the Tokyo Metropolitan High School Alumni Association overseas.
This organization that I belong has held the general meeting somewhere in the United States every year since its inception.

This year's general meeting was held in New York.
Westchester, a 40 minute drive from Manhattan
We had lunch at a restaurant with a vast view over the Hudson River.

After that, we participated in a tour to see the house of the Rockefeller family.
For the first time, I entered the land called Kykuit.

The mansion built by John D. Rockefeller, the largest oil king and capitalist in the United States, looks like a castle with 40 rooms that built more than 100 years ago.
However, the inside is very chic and the sense of the collection is wonderful.

Even now, the third generation of Rockefeller uses it as a residence,
There are only a few that are open to the public, and photography is not possible.

Even so, the greatness of the Hudson River seen from the mansion,
We were overwhelmed by the vast scenery without boundaries.

While being shocked by the news video along the riverbed damaged by typhoons in Japan,
We know that wealthy people live in high land.

写真 2019-10-26 16 17 04

写真 2019-10-26 16 17 32

写真 2019-10-26 16 19 13

写真 2019-10-26 16 19 47

写真 2019-10-26 16 54 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-26 17 38 54

写真 2019-10-26 17 27 56

写真 2019-10-26 17 28 12

写真 2019-10-26 17 30 28

写真 2019-10-26 17 38 59
Next
2007年、mixiで呟き始めたのが、ブログの始まりだった。
ニューヨークで孤軍奮闘のなか、ずっと静かに生きていたけれど、
家族や親しい友人に、たまには近況を伝えたいと思ったから。

不定期で、確たるテーマもなく、日々の想いを綴るだけ。
何度も同じ想いや同じセリフが出てくるのは、素人の日記だから。
言葉を綴るのは、自分自身への戒めと、自分自身を奮起させるため。

心が弱っていると、うまく発信できなくなる。
誰かを説き伏せたり、生き急いでいる証を残したいわけでなく、
文字に綴ることで、心の整理をしている。

だから、時に暴力となり、凶器となって、心を傷つける言葉を、
キャッチボールのできない距離で、一方的に投げつけてほしくない。
お互いの想いは、きちんと話し合って解決したい。

裏切りは、最大の損失。
人を信じる力を、もう一度取り戻せますように。

写真 2019-10-28 11 31 16


In 2007, the beginning of blogging started with mixi.
In New York, I was living quietly in the struggle for solitary troops,
I wanted to tell my family and close friends about the current situation.

It is irregular, there is no definite theme, and it only spells out daily thoughts.
It ’s an amateur diary that has the same thoughts and the same lines over and over again.
The words are spelled out in order to inspire myself, and the commandments to myself.

If my heart is weak, I won't be able to write well.
I don't want to persuade someone or leave a testimony of being rushed,
I organize my mind by spelling letters.

So words that sometimes become violence, weapons, and hurt the mind,
I don't want you to throw it unilaterally at a distance that I can't catch.
I want to discuss and resolve each other's feelings properly.

Betrayal is the biggest loss.
May I regain the power to believe in people again.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
IMG_2276


毎年この時期になると「Autumn in New York」の映画を思い出す。
2000年秋、私がニューヨークに留学していた頃に公開された大人の物語。
リチャード・ギアが恋人とマンハッタンの街を歩く姿がカッコ良くて、
あんな風に大人の恋をしてみたいと妄想した。

木々が紅く色づいていくセントラルパークの光景が、あまりにも美しくて、
そのシーンをみるだけで涙が溢れ出た。
不治の病に侵されていた彼女には、やがて死にゆく運命が待っている。
季節の移り変わりは、すなわち恋人たちに残された時間の経過を映し出す。

昨年二人で見た光景を、今年は一人で見るせつなさ。
でもそこにまた新たな光景が加わっていくからこそ、人生は美しい。

秋の午後を楽しむニューヨーカーの景色に、今自分が入り込んでいる。
少し歯がゆい、居心地の悪さを感じながら、
それはきっと、心でいつも海の向こうを考えているせいだと腑に落ちる。

IMG_2277

IMG_2288

IMG_2292


Every year at this time, I remember the movie “Autumn in New York”.
An adult love story released in the fall of 2000 when I was studying in New York.
Richard Gia walking in Manhattan with her lover looked very cool,
I wanted to love someone in that way.

The view of Central Park, where the trees turn red, was so beautiful.
My tears overflowed just by looking at the scene.
A lady was suffering from an incurable disease and was destined to die.
The changing season reflected the passage of time left for the lovers.

The scene you saw with someone last year might change to lonely scene.
But life is beautiful because new scenes can be added to it.

I am now in the New Yorker view of the autumn afternoon.
I have a bit different feeling, since I am always thinking of somewhere beyond the sea.

IMG_2278

IMG_2289

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

IMG_2300

IMG_2294

Next
久しぶりに42nd Streetを東向きに歩いた。
グランドセントラル駅から、1st Avenueに向かうこの道を、
20年前に何度も何度も通ったことを、思い出す。

1999年9月18日、たった一人で、ニューヨークに降り立った。
カッコいい片道切符なんかではなくて、往復チケットを確保していたのは、
会社に戻らなくてはいけないという約束があったから。

戻る場所はあったけれど、今いる場所はそこじゃない。
そんな中途半端な立ち位置、新しい街で居場所を見つけようと必死だった。

学費と家賃と生活費を捻出するために、定期預金は全部解約した。
それでも留学生に貸してもらえるアパートは少なくて、
ようやく見つけたのが、この道を通って辿り着いた古いアパートだった。

建物はテューダー様式を再現した趣のある外観だったけれど、
エレベーターは階段を上るくらい遅くて、部屋の中は本当にボロボロだった。
隣人は気の強い独身女性で、薄い壁の向こう、いつも罵声が聞こえていた。

毎日アパートと大学を徒歩で往復して、夜中まで課題と奮闘する。
週末になると2nd Avenue沿いのバーでは、若者たちが酔い潰れていた。
私はそれを横目で見ながら、とにかく卒業するまで頑張ろうと必死だった。

あれから20年が経ったことを、改めて思い返す。
孤独な大都会に、こんなに長く住むことになるとは思わなかった。
家族や友達ができて、今は少しだけ深呼吸できる場所がある。

でも、やっぱりいつか日本に帰ろう。帰りたい。

42nd Streetの西側に傾く太陽に、不意に「ありがとう」と言いたくなった。
この太陽が沈んだら、今度は日本の夜が明ける。

写真 2019-10-12 11 22 23


After a long time, I walked bound east on 42nd Street.
From Grand Central Station, I headed to 1st Avenue.
I remember going back and forth 20 years ago.

On September 18, 1999, I got down to New York alone.
It wasn't a cool one-way ticket, but I had a round-trip ticket.
Because I had a promise that I had to go back to the company.

There was a place to go back, but the place I was then was not belong to me.
I was desperate to find my place in a new city, as such a halfway standing position.

I canceled all time deposits in order to generate tuition, rent and living expenses.
Still, there are few apartments that foreign students can rent,
I finally found an old apartment that arrived through this street.

The building had a quaint exterior that recreated the Tudor style,
but the elevator was slow enough to go up the stairs and the room was really tattered.
The neighbor was a strong single woman who always yield a hoarse voice over the thin wall.

I went back and forth between the apartment and the college on foot every day and struggled with assignment until midnight.
On weekends, I looked over young people were drunk at the bar along 2nd Avenue.
I was desperate to do my best until I graduated.

I recall that 20 years have passed since then.
I didn't expect to live in such a lonely city for so long.
I have a family and friends, and now there is a place where I can take a deep breath.

But I'll go back to Japan someday. I want to go home.

I suddenly wanted to say “thank you” to the sun leaning to the west of 42nd Street.
When the sun goes down, Japan's night will dawn.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 11 20 02

Next
写真 2019-10-12 11 53 35


母は裏千家の茶道師範で、お稽古のある日にはいつも「練り切り菓子」と
「お干菓子」が用意されていて、私はその残り物を楽しみにしていた。

和菓子を調達する店舗は様々だったけれど、季節物の練り切りは予約をして、
指定された時間に取りに行く、それぐらい繊細で上質な物だと学んだ。

******

茹でた白いんげん豆や白アズキに、砂糖か蜜で甘みをつけた「白あん」に、
芋や米粉といったツナギの食材を入れて調整したのが「練り切りあん」。

「練り切りあん」に繊細な細工をして仕上げる「練り切り」和菓子は、
ニューヨークでは、滅多にお目にかかることはない。

そんなニューヨークで、練り切りのレッスンが受けられる。
友人にお誘いいただき、和菓子好きの私は即答で参加を決めた。

一番調整の難しい「あん」の部分は先生が作っていてくださったので、
私たち生徒は、粘土遊びをするかのように、楽しく作業を終了。
「ハロウィン」をテーマにした可愛らしい練り切りが完成した。

一緒に受講した方々は、皆とても手先が器用で、
私も元ジュエリーデザインを学んだ身だとは言い出せなかったけれど、
スパチュラーでワックスを削っていたあの感覚を思い出した。

茶道と同じく、和菓子の世界も本当に奥が深い。
こういう文化を伝えている日本人がいることが、本当にありがたい。

写真 2019-10-12 12 12 05

写真 2019-10-12 12 27 31


My mother has been a Urasenke tea ceremony teacher, and on a practice day of practice, there always had "Nerikiri" and “Dried sweets” were prepared and I was looking forward to the leftovers.

There were various shops where she procured Japanese sweets.
For seasonally sweets, she made reservations.
I learned that it was such a delicate and high-quality thing, since it should be picked up at the specified time.

******

"White An" is made of boiled white beans or white azuki beans with sugar or honey.
By adding ingredients such as rice bran and rice flour, it will be "Nerikiri An".

Japanese confectionery "Nerikiri" is finished with delicate hand work made of “Nerikiri An”.
We rarely see it in New York.

I heard be a friend that we could take Nerikiri Lesson in New York.
I decided to join with a quick response, since I loved Japanese sweets.

The teacher made the “An” part, which was the most difficult to adjust,
We students finished the work happily as if playing with clay.
A cute "Nerikiri" with the theme of “Halloween” has been completed.

The people who attended the course were very dexterous,
I couldn't say I had learned jewelry design before,
I remembered that sense of shaving wax with a spatula.

Like the tea ceremony, the world of Japanese sweets is really deep.
I'm really thankful that there are Japanese people who convey this culture in New York.

Ms_Kuramoto


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Class_1

Class_2
Next
写真 2019-06-07 14 11 18 (1)

写真 2019-06-07 14 11 29

写真 2019-06-07 14 11 34

写真 2019-06-07 14 12 40 (1)


ミッドタウンウェストのハドソン川沿いエリアの再開発が進んでいる。
25兆円というニューヨーク市場最大の予算を費やし、
高級コンド、ホテル、デパート、オフィス、劇場、公園などを新設して、
2025年までに完成を目指すという巨大な民間プロジェクト。

開発の第一段階まで終了した今春、高級ショッピングモールと、
スペインをテーマとしたフードホール、メルカド・スペインがオープン。
ニューヨークの新しい観光地として、毎日多くの人が訪れている。

建物の外側、ハドソン川に面した展望台「ベッセル」は、
イギリスの建築家トーマス・ヘザウィック氏がデザイン。
モジュール154個を組み合わせた、蜂の巣のようなユニークな構造で、
2500段近くの階段の合間に80箇所の踊り場があって、そこから展望を楽しめる。
総工費150億円の新名所に上る整理券を求めて、終日人々が列をなす。

ハドソンヤードという宇宙基地のような地下鉄駅で降車して、
昼と夜で表情の違うベッセルを眺めながら、ハイラインを散歩する。

この町の人は、古き良きものよりも、とにかく新しいものが好き。
ニューヨークという街は、どこに向かっているのだろうか。

スクリーンショット 2019-10-14 18.07.18


Redevelopment of the Midtown West area along the Hudson River is ongoing.
They spend the largest budget of the New York market of 25 billion dollars.
New high-end condos, hotels, department stores, offices, theaters, parks, etc.
It is a huge private project that aims to be completed by 2025.

This spring, when the first stage of development has been completed,
Mercado Spain, a food hall with a Spanish theme, has opened.
As a new tourist destination in New York, many people visit every day.

The observation deck “The Vessel” facing the Hudson River, outside the building, was designed by British architect Thomas Heatherwick.
With a unique structure like a honeycomb, combining 154 modules
There are 80 landings between 2,500 steps, and you can enjoy the view from there.
People line up all day looking for a numbered ticket that goes up to a new landmark with a total construction cost of 150 million dollars.

I got off at a subway station "Hudson Yard" like the space base,
Stroll along the High Line while watching The Vessel with different expressions day and night.

People in this town are more fond of new things than good old ones.
Where is New York going toward?

写真 2019-10-10 18 58 17

写真 2019-10-10 18 58 44

写真 2019-10-10 19 00 52


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 19 01 10

写真 2019-10-10 19 03 01

Next
家族ぐるみで仲良くさせていただいているファミリーとの再会。
それぞれに子供4人ずつ、いまや総勢12名。

セントラルパークでリスを追いかけたり、
一緒に大きなハンバーガーにかぶりついたり、
5番街のショッピングに出かけたり。

大中小の背中を眺めながら、時の経過を思い出す。
子育ての不安も喜びも、ここには吐き出せる。

数年後には皆もっと大きくなって、私たちを追い越していくのだろう。
世代交代をしっかりと見守っていけるように、日々精進。

写真 2019-10-06 17 07 04

写真 2019-10-06 17 07 21


A reunion with a family who is friends with the whole family.
We each have 4 kids, and we are 12 membaers total.

Kids were chasing squirrels in Central Park, and had a big hamburger together,
We went shopping on Fifth Avenue, too.

Recalling the passage of time while looking at the back of large, medium and small.
We can tell the anxiety and joy of parenting here.

In a few years all kids will be bigger and will overtake us.
We work hard every day so that we can watch over the generational change.

写真 2019-10-09 14 56 00


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-09 15 18 54

Next
写真 2019-07-23 5 47 17


毎年、1ミリも変わらない光景を見ながら、
この光景をいつまで見ることができるのだろうと、思いを馳せる。

2002年7月27日に、ニューヨークで小さな会社を作り、
18年目を迎えた今日も、まだ会社が存続しているという奇跡。

生かされている命を、大切に生きながら、
人を応援し続けることを、ずっと続けていきたいと思う。

20019年7月27日、OFFICE BEAD INC.創業17年。
18年目のスタートに、ありがとう。

写真 2019-07-23 5 54 54


Every year, while watching the scene that does not change at all,
I wonder how long I can see this scene.

On July 27, 2002, I established a small company in New York,
It's a miracle that company still exists today, even in the 18th year.

While I am living by some power invisible,
I would like to continue to support people for a long time.

OFFICE BEAD INC. has been founded for 17 years.
We welcome our 18th year on July 27 in 2019.

写真 2019-07-23 5 58 52
Next
写真 2019-06-07 13 42 08


前職を休職してニューヨーク、インテリアデザインの大学に留学していた時に、
日本の某企業から駐在していた彼らと知り合った。

1日のランチ代1−2ドルしか使えない貧乏学生生活をしていた私にとって、
平日から美味しいものを食べて、仲間と夜まで語り合う彼らの生活は、
ただただ羨ましいばかりだった。

友人と徹夜で大学の課題を仕上げて、一緒に連れて行ってもらった西海岸。
サンタフェの美しい景色や、プエブロ様式のロッジなど、
あの時の思い出は、今でも目に鮮やかに残っている。

日本に帰国してから、外資系企業に勤めた後、起業した彼が、
4年ぶりにニューヨークにマーケットリサーチにやってきた。
私は所用であまり立ち会えなかったけれど、共有した時間は宝物。

日本からの来客があるたびに、改めてニューヨークはすごい街だなと思う。
新鮮な驚きから離れてしまう日常の中で、敢えてその偉大さを再発見。

毎日、もっと丁寧に、もっと繊細に、いろんな感性を磨いていたい。

写真 2019-06-07 13 49 01

写真 2019-06-07 13 46 04


When I got two-years-off at my previous job and studied at the college, New York school of Interior Design, in New York,
I met friends who were stationed from a Japanese company.

For me who was a poor student who could only use $ 1-2 for a day's lunch fee,
I was just envy them who eat delicious things during weekdays and talk to their friends until mid-night.

My friend and I studied very hard to finish the college's assignment, to go to the west coast with them.
There were beautiful views of Santa Fe and Pueblo style lodges.
The memories of that time are still vivid to the eyes.

After returning to Japan, he worked for a foreign-owned company and then started his company.
He came in New York on business trip for market research.
Though I could not attend so much, we enjoyed our shared time.

Whenever there have visitors from Japan, New York reminds me it is such a great city again.
In the day-to-day activities of being separated from fresh surprises, it dares to rediscover its greatness.

Every day, I want to brush-up various sensitivities more carefully and more delicately.

写真 2019-06-19 19 20 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-20 13 34 11

Next
写真 2019-06-20 9 03 18


次女の小学校卒業式。
突然幕が開いて、子供達が歌い踊る。
ディズニー映画のワンシーンかと思うような演出に、いきなり感動の涙。
卒業生代表のスピーチは、大人の心まで惹き付けるほど上手であっぱれ。
心細そうにキンダーの扉を開けたのが6年前かと思うと感慨深い。

長男のミドルスクール卒業式は、圧巻の一言。
ニューヨーク市立大学(ハンターカレッジ)の講堂を借り切って、
卒業生455名と関係者合わせて25000名規模のマンモス式典。
ニューヨークでも特に定評のあるブラスバンド部の演奏も心地よく、
来賓のウィットに富んだ祝辞に、涙と笑いの繰り返し。
大学との約束で、期待していた帽子投げができなかったのが残念だったけれど、
大人の階段を上っていく彼らの雄姿に、頼もしさいっぱいで帰途につく。

私にとっては、のべ14年続いた子どもたちの送迎からの卒業。
雨の日も風の日も雪の日も、送迎を中心にスケジュールを組んでいた。
お弁当作りはまだ何年も続くけれど、朝夕の儀式が一つ減った感じ。

少しずつ、子どもたちは巣立ちの準備を始めている。
私はもう少し時間を上手に使って、丁寧に生きてみたいと思う。

写真 2019-06-21 18 09 14

写真 2019-06-21 18 10 06

写真 2019-06-21 18 30 03


We joined the elementary school graduation ceremony for our second girl.
Suddenly the curtain opened and the children sang and danced.
I was impressed that it was like one scene of Disney movie.
The speech of the alumni representative was good enough to attract adults.
It was amazing to think that six years had passed since my tiny girl opened Kindergarten's door.

After that day, we attended the middle school graduation ceremony of our eldest son, it was a masterpiece.
They borrowed an auditorium at New York City University (Hunter College),
A total of 25000 Mammoth ceremonies including 455 graduates and related parties.
The performance of the brass band team which was particularly well-received in New York was also pleasant.
The congratulations speech of gorgeous guests was very wit, we repeated tears and laughter.
It was a pity that they were not able to throw the hat in the air since the college did not allow them.
We were happy to see their figure going up the stairs of adults.

For me, graduation from the "drop off & pick up" lasting 14 years.
On both rainy and windy days and snowy days, the schedule was controlled by kid's transfer.
Although making lunch boxes will continue for many years, I feel that one morning and evening ritual will be reduced.

Little by little, children are preparing for independent.
I want to spend a little more time well and live carefully.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-22 12 16 40

写真 2019-06-22 12 47 46


Next
写真 2019-06-08 14 04 28


友人の御子息の卒業式に参列した。
5年程前に相談を受けて、無事に合格切符を手にして、
意気揚々と、たった一人で渡米してきたのが4年前。

当時14歳の少年というと、今の長男と同じ歳。
多感な時期に親元を離れて、アメリカで生活しようという強い意志。
そして彼を送り出す親御さんの勇気と覚悟を、今さらながらに回顧する。

少し離れてみれば、あっという間の4年間。
でも、その中身はあまりにも濃厚で、短い言葉では綴れない。

高校時代の友人は、きっと必ず一生の御縁に繋がるから。
築いてきた時間をしっかり記憶の箱に封じ込めて、
ずっと心に持ち続けていて欲しいと切に願う。

卒業、おめでとう。
御両親にも、心からの感謝と祝福を。

この先始まる大学生活が、さらに実り多きものでありますように。

写真 2019-06-08 14 11 07

写真 2019-06-08 14 48 04

写真 2019-06-08 15 06 00


I attended the graduation ceremony of my friend's son.
We received consultation about five years ago, and he passed the examination to enter,
It was four years ago that he had moved to the United States alone.

Speaking of a 14-year-old boy at that time, he was the same age as my eldest son now.
A strong will to live in the United States by leaving his parents at a sensitive time.
And I looked back on the courage and preparedness of the parent who sent him out.

If we look away a little, four years passed very fast.
But its contents were too rich and we could not be spelled in short words.

Your high school friends will surely be connected to a lifetime relationship.
Keep the time you have built firmly in the memory box,
I sincerely hope that you keep it in mind.

Congratulations on your graduation.
To my parents, my heartfelt gratitude and blessings.

Hope that university life starting in the future will be more rich time.

写真 2019-06-08 14 48 30


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-08 15 27 21
Next
写真 2019-06-10 19 37 00

写真 2019-06-10 19 42 52


家族でひっそり過ごすはずの誕生日。
友人たちがバースデーパーティーを開いてくれた。

いくつになっても、おめでとうを言ってもらえることは本当に嬉しくて、
どんなに照れくさくても、この日だけは主役になっても良いのかな。

節目の歳というけれど、昨日と今日と明日の私はどれも同じ私で、
時間だけは戻せないことだけが、紛れもない事実。

22歳の時に、親友を失った。
私と誕生日1日違いで生まれた彼女は、生きることに不器用だった。

今、新しいチャレンジをしているなかで、
命の大切さ、尊さを、改めて感じている。

彼女の役割はきっと、生き抜くこと、運命から逃げないことを、
残された私たちに教えてくれることだった。

もうとっくに彼女の生きた倍以上の時間を生きてきた私だけれど、
まだきっとやることがあるから、もう少し踏ん張ろう。

この世で生きることに不器用だった彼女は、
残された私たちの心の中で、ずっと、器用に生きている。

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-12 7 43 49

写真 2019-06-10 20 55 06

写真 2019-06-11 8 45 25 (1)


Though it was a birthday that I should spend quietly with my family,
My friends had a birthday party for me.

No matter how old we are, it is really happy to get the words, "Congratulations",
No matter how shy we are, we may be the protagonist only this day.

It is called the year of the turning point, but I am same person, on yesterday, today and tomorrow.
It is an undeniable fact that only time cannot be returned.

When I was 22 I lost my best friend.
Her birthday was one day before mine, and she was clumsy to live.

In a new challenge now,
I feel once again the importance and preciousness of life.

Her role was to tell us what life was.
surely to survive, not to escape from destiny.

I have lived more than twice as much time as her life,
I still have something to do, so let's go a little further.

She was clumsy to live in this world,
But she lives dexterously in our remaining hearts.

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-11 8 20 28

写真 2019-06-11 9 37 54

写真 2019-06-11 8 24 58


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-10 19 41 50 (1)

Next
写真 2019-05-27 12 00 54


戦没将兵追悼記念日「メモリアルデー」は、「夏の始まり」を告げる日。
今年は最高のお天気に恵まれて、絶好の行楽日和でもあった。

我が家は毎年恒例の友人宅に御招待いただいた。
100人を超えるゲストが楽に収容できる大きな家と庭とプール。

集まってくる愉快な友人たちの温かい人柄。
毎回感動するホスト夫妻のきめ細やかなホスピタリティー。

BBQ、流しそうめん、水遊び、フットボール、花火、すべてのレジャーを堪能し、
丸1日どっぷりと「アメリカの休日」を過ごさせていただいた。

さて、本格的な夏が来る前に、まだまだ仕事を頑張ろう。

写真 2019-05-27 16 03 23

写真 2019-05-27 15 24 57

写真 2019-05-27 15 31 56

写真 2019-05-27 16 02 25


Memorial Day tells of the beginning of summer.
Blessed with the best weather this year, it was also a great holiday.

My family was invited to an annual friend's house.
A large house, garden and swimming pool that can easily accommodate over 100 guests.

I was impressed by the warm character of pleasant friends who gather.
Also, I was moved by the fine hospitality of the host and wife who are impressed every time.

We enjoyed all leisure activities, such like BBQ, flowing somen noodle, water games, football, fireworks.
We spent a whole day in the "American Holiday".

Well, I shall work hard still before full-scale summer comes.

写真 2019-05-27 16 02 53

写真 2019-05-27 19 56 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-27 14 31 34

写真 2019-05-27 14 31 39

写真 2019-05-27 14 31 41

写真 2019-05-29 6 54 24


Movie of Memorial Day 0527/2019
Next
たくさんの方々に御支援いただいた「未来のいのち国際サミット2019」。
なかでも、国立大学の応援というのは、とても大きなチカラであった。

長崎県・長崎市・長崎大学が構成する「核兵器廃絶長崎連絡協議会」のなかで、
「ナガサキ・ユース代表団」という人材育成プロジェクトがある。
本サミットでも、スピーチやディスカッションに参加してくださったのは、
ここで活動をしてきた方々で、長崎の若者の平和意識の高さに感銘した。

今度は「ナガサキ・ユース代表団」がニューヨークにやってきた。
国連での会議。ユースギャザリング、地元補習校への出前講義など、
精力的な活動のレポートが日々アップされていた。

私は、彼らを引率されていた長崎大学医学部副学長と会合。
次のプロジェクトへ、繋がる夢いっぱいの話で盛り上がる。

夏にはまた、ナガサキに行こう。

58939943_1825181410916970_754031347613302784_n

©︎Nagasaki Youth Delegation

Our ' International Future Life Summit 2019" had been supported by many people.
Above all, the support of the national university was very thankful.

“Nuclear Weapons Abolition , PCU- Nagasaki Council, Prefecture-City- University-Nagasaki Council” is Nagasaki Prefecture, Nagasaki City and Nagasaki University comprise.
Among it, there is a human resource development project called "Nagasaki Youth Delegation".
Even at our summit, they participated in speeches and discussions
We were impressed by the high awareness of peace among young people in Nagasaki.

This time, the "Nagasaki Youth Delegation" came to New York.
Meeting at the UN., Youth gathering, Visiting lectures to local Japanese school, etc.
I enjoyed their reports of energetic activities were uploaded daily.

I met with the Vice President of Nagasaki University School of Medicine, who was led by them.
The next project will be full of exciting dreams, too.

Let us go to Nagasaki again in summer.

写真 2019-04-29 22 25 22


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-15 19 11 17



Next
写真 2019-04-25 17 14 24


男性は攻撃的、すなわち自分で何かを抑制したいという本能があるらしい。
それは人類生物学の定理でもあるし、一方で女性が受け身であるのも当然。
相手に合わせて「どうにでもして」というのも女性に対して、
男性が、自分でコントロールのできないものが苦手という理屈もよく分かる。

シックスフラッグスは、1960面創業の老舗テーマパーク。
10代で初めてカリフォルニアのシックスフラッグスに行った時は、
「絶叫マシーンの宝庫」ともいうべき構成に度肝を抜かれた。

ディズニーランドやユニバーサルスタジオの攻勢に押されて、
一時は経営難に陥ったというけれど、
今でも絶叫マニアには絶大なる人気を誇っている。

子どもたちの春休みに付き合って、ニュージャージーのシックスフラッグスへ。
小雨の降るスッキリしない天気のなか、いくつかのスリリングマシンに試乗。
かつては大好きだったコースター、今は精神修行だと思って乗り越える。

さて、今夜のおかずは何にしようか。

写真 2019-04-25 14 39 50

写真 2019-04-25 14 39 52

写真 2019-04-25 14 40 05


Men seem to be aggressive, that is, they have the instinct to want to suppress something themselves.
It is also the theorem of anthropology, and women are passive.
Women understands the situation of un-control,
but men are not good at what they cannot control.

Six Flags is a long-established theme park founded in 1960.
When I first went to Six Flags in California as a teenager,
It was overwhelmed by the composition that it should be called "treasure place of screaming machine".

They were pushed by the offensive of Disneyland and Universal Studios,
It was said that it was difficult to keep the running of company before.
But it still boasts huge popularity to "screaming mania".

We took kids to Six Flags in New Jersey during the spring break..
We got on some thrilling machines in light rainy weather.
I thought that it was a mental training and I overcame coasters that I used to love.

Well, what shall we do tonight's dishes?

写真 2019-04-25 14 39 56

写真 2019-04-25 14 46 55

写真 2019-04-25 16 20 35


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-04-14 22 44 49


毎年、桜の便りを聞く頃が、一番日本を恋しく想う。

たくさんの出会いと別れを思い出しながら、
儚い命を一生懸命に生きる桜に誓う。

限りある命を、大切に生きよう。

セントラル・パークの桜が、私をここに踏みとどませる。

写真 2019-04-14 22 50 19

写真 2019-04-14 22 50 23


Every year, when I hear the news of cherry blossoms, I miss Japan most.

While remembering many encounters and farewells,
I swear to the cherry blossoms to live my hard.

Let's live precious life with care.

The cherry blossoms of Central Park let me stay here.

写真 2019-04-14 23 08 40


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-03-24 9 25 14


頭の中に、光の輪が見えたから「光和」だと確信していた。
結果は、ニアミスの「令和」。

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」
万葉集に由来する元号の誕生と共に、世界平和を願う。

平成最後の一ヶ月を、大切に過ごそう。

写真 2019-03-24 9 25 21


I was convinced that the name of new era was "Kowa" because I could see a ring of light in my head.
But the government reported it will be the era of "Reiwa", my idea was very close.

"The culture will born and nurtured while the people's mind is beautifully connected to each other."
We wish for world peace with the birth of new era derived from “Manyoshu”.

Let me spend the last month of "Heisei" carefully.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
私は三人姉弟の真ん中だから、次男の気持ちはよく分かる。
上の子が作ってくれたレールに乗っているのは楽だけれど、
本当はもっと主張があることも知っている。

両親や友人のバランスを見ながら、自分の居場所を見つける。
誰かの肩を持つこともせずに、飄々と生きる。

兄貴が行っているから当然のように、日本語補習校に通った。
週末のテコンドーの試合にも出れず、友達と遊ぶ約束もできない。

でも、家族がみんな日本語で会話できることに感謝しよう。
弁当を作ることぐらいしかできない母だけれど、応援している。

卒業おめでとう。
そして、中学部も頑張ろう。

Ikuei Graduation-31のコピー


Because I am in the middle of my three siblings, I understand the feelings of my second son well.
It's easy to ride on the rails created by one's upper child,
I also know that there are more wills.

He finds his whereabouts while looking at the balance of his parents and friends.
He lives freely without sticking someone's opinions.

Naturally, he went to the Japanese school because his elder brother was doing it.
They cannot go to the Tae Kwondoe match on the weekend, nor can they promise to play with their friends.

But we appreciate that everyone in the family can talk in Japanese.
Although I can only make a lunch box every day as a mother, I will support them very much.

Congratulations on your graduation.
And let's do your best in junior high school.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-03-08 7 28 22


英語で「究極」という意味の「アルティメット」という競技。
1960年代に米国で考案され、現在はワールドゲームズの公式種目。
走る、投げる、飛ぶ、すべての能力を使い切る究極のスポーツ。

******

試合の終わりを告げるホイッスルが、体育館に響き渡った。
娘のチームはプレーオフで敗北を喫し、今日でシーズンが終わった。

最後にパスを受け損ねた子が、泣きわめいていた。
私はその姿を見て、悔しくて悔しくて、一緒に泣いた。
学生時代に試合に負けると、悔しくて泣いた感情まで沸き上がった。

我が娘を見ると、じっとこらえている。
強い子だな、と改めて思った。
チームの要であるクォーターバックのポジションで奮闘した。
本当は、誰よりも悔しいはずなのに。

シーズンの最初に約束したことを思い出す。
「とにかく楽しんでね。チームワークを学んでね」と。

この体育館で声を上げて走り回るのも最後かな。
そんなことを想っていたら、また涙がこみ上げてきた。

「朝の匂い」が少しつず春の風を連れてくるようになった。
あと数ヶ月、毎日の送り迎えからも卒業の日が近い。

2019-01-25 07.59.38

2019-01-25 08.00.01

2019-01-25 08.00.30


A competition called "Ultimate" which means "ultimate" in English.
Invented in the 1960s in the United States, it is now the official sports of World Games.
The ultimate sport that runs, throws, flies and runs out of all abilities.

******

A whistle telling the end of the match resounded in the gymnasium.
My daughter's team defeated in the playoffs and the season had over today.

A girl who missed the pass at the end was crying.
I saw that figure, regretted, regretted, and cried together.
I reminded a feeling of regret and crying when I lost the game while I was a student.

When I saw my daughter, she was still patient.
I thought again that she was a strong child.
She played at the quarterback position that was the cornerstone of the team.
In fact, she should be more regrettable than anyone.

I remember what I promised with her at the beginning of the season.
"Just have fun. Learn teamwork."

It might be also the last time to run around in this gymnasium.
When I thought about that, tears came up again.

The "morning smell" has come to bring a little spring.
A few more months later, we will have the day of graduation, means the graduation of routine to pick up kids.

写真 2019-03-01 8 00 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-03-10 11 43 00


日本中の誰もが、いのちについて考える日。
家族そろって、長女の16歳の誕生日を祝った。

16年前、こうやって生かされていることすら想像できなかった。
絶望というのは、こうやってやってくるのだと実感した。

日曜日は、娘をアップステートの学校に送る。
明日から始まる新しい一週間の心構えをする。

そして、毎週同じように、自責の念に駆られる。
母親としての責任を、きちんとまっとう出来ているか自問する。

スプーンを持って食べる。白杖をついて歩く。
「自分ができることをやる」娘はちゃんと実践している。

私は精一杯生きているだろうか。
自分ができることを、ちゃんと実践しているだろうか。

人のいのちには限りがあるけれど、
人の心は永遠に生き続けるから。

未来のいのちのために、できることをやっていこう。

写真 2019-03-10 12 20 59

写真 2019-03-10 12 21 06


The day when everyone in Japan thinks about life.
My whole family celebrated my daughter's 16th birthday.

Sixteen years ago, I couldn't even imagine we had been living this way.
At that time, I realized that despair was coming this way.

Every Sunday we take my daughter to the upstate school, and send her off.
I have to prepare my mind for a new week starting tomorrow.

And, every week, I suffer from a guilty conscience
I ask myself if mother's responsibilities are properly fulfilled.

She eats with a spoon. She walks with a white stick.
My daughter is doing properly what she can do with disabilities.

Am I living as hard as I can?
Am I doing what I can do properly?

There is a limit to human life,
But people's hearts will live forever.

We do what we can do for future life.

写真 2019-03-10 12 43 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
久しぶりにニューヨークでカウントダウンを迎えながら、
2018年を振り返る。

前半、思いがけない裏切りに遭って、たくさん傷付いた。
人の誠意、信頼、思いやり、謙虚な姿勢、たくさん学ばされた。
だからこそ、真にサポートしてくださる方々に救われ、
自分は嘘のない生き方を貫くことを、心に堅く誓った。

後半、具体的に動くことだけが、前に進むことを実感した。
直接会って、話して、想いを伝えることが、いかに大切か。
現実を受け入れて、自分ができることを確実に実行しなければ、
何も変わらないのだと。

声をあげると、たくさんの仲間がいて、たくさんの理解者がいて。
支えてくださっている一人一人の顔を思い浮かべながら、
2019年も、感謝溢れる1年にしたいと思います。

皆様にとって、幸多き1年でありますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-01-01 21 49 50


While entering countdown in New York after a long time,
I looked back on 2018.

In the first half, I encountered an unexpected betrayal, and I was hurt a lot.
People's sincerity, trust, compassion, humble attitude, I learned a lot.
That is why I am saved by the people who truly support me,
I vowed my heart firmly to penetrate a way of life without lies.

In the latter half, I realized that only specific movements will make us go forward.
How important is to seeing directly, talking and telling your thoughts.
Unless you accept the reality and do what you can do reliably,
It is said that nothing changes.

If we tell our thought specifically, we would be noticed that there are many fellows and many understanding people.
While imagining the face of each person who is supporting us,
I would like to have a year of appreciation for 2019 as well.

I wish you a happy and prosperous year.
Hope you have a wonderful year in 2019.

写真 2019-01-01 11 25 49



海外永住 ブログランキングへ "
Next
「手を繋ごう」

こんな光景が、永遠に続くといいなと思う、
2018年のクリスマスイブ。

目の見えない長女は、心から信頼できる人としか、
手を繋がない。歩かない。

大人がなかなかできない「本当に信頼し合う」ことを、
子どもたちには、しっかり身体で覚えていてほしい。

手を繋げば、きっと解決できる。
世界は平和になる。

皆様、素敵なホリデーシーズンをお過ごしください。

写真 2018-12-23 14 57 37

写真 2018-12-23 15 02 36


"Let's hold hands."

I hope that this sight will last forever,
On Christmas Eve in 2018.

My daughter holds hand with only a trustworthy person when she walks, since she cannot see.

Though adults cannot "trust each other" easily,
I want children to remember themselves firmly with the body.

If you hold hands, you can solve everything.
The world will be peaceful.

Everyone, please have a wonderful holiday season.

写真 2018-12-23 16 35 48



海外永住 ブログランキングへ "
Next
長女の学校のすぐ近くに、クリスマスツリーの販売所がある。
林の中から、自分が気に入ったツリーを探し出して、
その場で伐採して、枝の処理をしてもらう。

我が家の小さなスペースには、この程度の高さしか入らないけれど、
「いつも長女がいる所と繋がっている気がする」と家族が喜んだ。

共有のストウェッジルームに預けていたオーナメントが紛失して、
今年は本当にスカスカの寂しいツリーだけれど、
「繋がっている」気持ちが、とても嬉しい。

せめて、トップに星を飾ってみよう。
みんなの夢が叶いますように。

写真 2018-12-18 17 33 31



海外永住 ブログランキングへ "

In the immediate vicinity of the eldest daughter's school there is a Christmas tree sales office.
When people find the tree that they liked from the forest,
they cut it down on the spot, and the staff handle there.

We could not put the high tree in our small apartment.
But "I feel like I'm connected with the place where Seri always exists," my family was delighted.

The ornament that we had been deposited in the share stowage room was lost,
it is truly a lonesome empty tree this year.
But "We are connected", so I am very happy.

Let's at least decorate stars at the top.
I hope everyone 's dream will come true.

写真 2018-12-18 9 23 57
Next
写真 2018-11-18 19 02 34

写真 2018-12-16 20 15 59


ニューヨークで、レストランの開業を手伝うようになって10数年。
これまでたくさんのシェフやスタッフと御一緒してきた。

労働ビザ関係や会社の異動で帰国したメンバーもいるけれど、
その多くは今でもニューヨークで活躍している。

マンハッタンでは、唯一の定休が日曜日というお店が多いから、
シェフ達が集まれるのは、平日閉店後の遅い時間か日曜日のみ。

だから、日曜日の夜は「シェフ・ナイト」。
我が家は築年数の古いアパートだけれど、皆が集まってくれる。
好きな食材を持ち寄って、自由に作って、食べて飲んで喋る。

私はもうとっくに現場を離れているのに、
長い年月ずっと変わらずに、こうして慕ってくれるのが嬉しくて。

仲間がいることの心強さと有り難さを、しみじみと噛み締めている。
お金で買えない信頼関係は、一朝一夕で築き上げるものではなくて、
変わらぬ距離感で、大切に、大切に育んでいくものだと。

新しいことを始めること。具体的に動く勇気。
そこにかけがえのない仲間がいるということ。

素敵な時間を共有できる仲間たちに、感謝をこめて。

写真 2018-11-18 19 36 49

写真 2018-11-18 19 14 55

写真 2018-11-18 19 15 07


Ten years have passed since I started helping restaurant opening in New York.
I have worked with a lot of chefs and staff.

Although some members have returned to Japan due to labor visa relations and company transfers,
Many of them are still active in New York.

In Manhattan, there are many restaurants where the only regular holiday is Sunday,
Chefs can get together only late hours after closing on weekdays or Sunday.

So, we hold "Chef's Night" on Sunday night.
Our home is an old apartment building, but everyone gathers.
Chefs bring their favorite ingredients, make it freely, eat and drink and talk.

I am already leaving the site,
I am glad that they visit us like this for many years.

I am feeling on the strength of having tight friends.
The relationship of trust that cannot be bought with money is not one to build up in a day,
It can be constructed in a constant distance, carefully and carefully.

To start a new thing. Courage to move concretely.
That there is an irreplaceable companion there.

Grateful to my fellows who can share nice time.

写真 2018-12-16 19 49 15



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-18 19 47 59

写真 2018-12-16 21 42 39
Next
サンクスギビングは、日本の正月のように家族が集まる日。
ママが焼いたターキーを皆で食べるのは、まさにおせち料理と同じ感覚。

かつてはターキーの代わりにチキンを焼いたこともあったけれど、
この数年は友人家族と一緒にお祝いすることが多い。

今年も友人に招かれて、手巻き寿司とたこ焼きパーティー。
食事の内容はもちろんだけれど、その時間を誰と過ごしたかの方が心に残る。

今年も素敵な時間をありがとう。
両親と家族と友人たちに。
たくさんの感謝の気持ちを伝えよう。

写真 2018-11-22 16 55 04


Thanksgiving is the day the family gathers like the Japanese New Year.
It is exactly the same feeling as Osechi cuisine to eat everyone the mother baked turkey.

In the past, I had baked chicken instead of turkey,
In the past few years I often celebrate with my friends.

Invited by a friend this year, we had hand-rolled sushi and Takoyaki party.
The content of the meal is of course, but the one who keeps that time with whom remains in my heart.

Thank you for a wonderful time this year.
To my parents, family and friends.
Let's convey a lot of gratitude.

スクリーンショット 2018-11-29 20.13.28



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-10-28 13 02 42

写真 2018-10-28 16 39 31


ニューヨークの秋は短い。
半袖の季節から、一気にダウンジャケットが必要になる。
気温の落差が激しいから、木々の葉っぱも一気に色づき、
映画「Autumn in New York」と同じ、美しい世界が生まれる。

ニューヨーク郊外御在住の先輩宅で、ポットラックパーティー。
創立10周年を迎えた都立西高同窓会米国支部の定例会でもあり、
それぞれが持ち寄った食事を囲みながら、近況報告。
久しぶりに会った者同士でも会話が弾むのは、きっと同窓という絆の所以。

毎年こうして御自宅を御提供してくださる方がいて、
毎年こうして集える仲間がいる御縁に感謝。
子供達も少しずつ大きくなって、家族の形も少しずつつ変化していくけれど、
「変わらないもの」の存在を大事にしていたい。

冬時間の到来と共に、ニューヨークの秋は幕を閉じた。

写真 2018-10-28 15 31 01

写真 2018-10-28 13 34 43

写真 2018-10-28 13 34 55

写真 2018-10-28 15 08 20

写真 2018-10-28 16 03 37


The autumn of New York is very short.
From the season of short sleeves, down jacket is required at a stroke now.
Since the disparity in temperature is intense, the leaves of the trees are also colored at once,
The same beautiful world as the movie "Autumn in New York" is born.

There had a "pot luck party" at my friend's house living in the suburbs of New York.
It was also a regular meeting of the US branch of the Tokyo Metropolitan Nishi high school alumni association that celebrated its 10th anniversary.
We enjoyed the meals we brought with each other, and talk together.
The reason why we enjoyed the conversation even among those who have met for the first time was surely the reason of the bond of the alumni.

We appreciate that there are friends who provide us with their home every year.
Also we thank our relationship to gather in this way every year.
Though children grow little by little, and the style of family gradually changes,
I want to cherish the existence of "unchanged things".

With the arrival of "winter time", autumn in New York got a curtain call.

44983291_10205308327743379_910763418732986368_n



海外永住 ブログランキングへ "

A couple of years ago....
45023244_2032516043457895_5926727811015376896_n


Next