友人が「お家ごはん」に呼んでくださった。
御本人曰く「居酒屋料理」と言うが、これがまた素晴らしい料理の数々。
丁寧にダシを取り、丁寧に下ごしらえをして、丁寧に仕上げてある。

築地から背負ってきたという豆料理、昆布締めしたカルパッチョ。
ササミと梅肉の春巻、サバの味噌煮こみ。
素材の隅々まで使い切るお惣菜の数々、餅米で炊いた栗御飯。
ここまで私の好物を並べてくださるその気遣いが嬉しくて。

我が家にずっと放置されていたワインを持って行った。
とっくに飲み頃を過ぎたコルクを抜くのが、一番緊張する瞬間。

それは、極上の仕上がりのまま、きちんと呼吸をしていた。
枯れ過ぎることもなく、この時を待っていたかのように。

周囲に惑わされることはない。
いつかきっと分かってくれる、その時まで。
そんな風に生きたい。

写真 2018-10-19 10 10 26


We were invited the "Home made dishes" hosted by my friend.
She herself said "Izakaya dishes", but all those were wonderful dishes.
She carefully cooked with "dashi", prepared and finished them carefully.

Bean cuisine that she bought at Tsukiji, carpaccio that tightened with the kelp.
Spring roll of chicken and plum meat, stewed mackerel with miso.
Many of the prepared meals used every part of the material, chestnut rice cooked with rice cake.
I was very pleased that she arranged my favorite things.

I brought a bottle of wine that had been left in our apartment for a long time.
I got nervous mostly the moment that I pull out the cork that passed the drinking time.

It had kept breathing properly, with the finest finish.
As if it was waiting for that time without too much withering.

Never be misled by the surroundings.
They will definitely understand someday.
I want to live like that.

写真 2018-10-09 11 32 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-09 20 30 18
Next
小児病棟はガランとしていて、夜中は不気味なほど静かだった。
長期入院患者がいないためか、そこの空気はさらに無機質に感じる。

「しっかり飲んで食べて歩かないと、退院許可あげないからね」
スパルタナースにしごかれて、娘と二人で廊下を歩く。

見上げた壁に、村上隆氏のアートが並ぶ。
通し番号入りのリトグラフ、決して安いものではないだろう。
子供達のためにと、某団体が寄贈してくれたものらしい。

これだけで、心があたたかくなる。
患者の心身を治す病院こそ、おもてなしの心が必要なのだと。

写真 2018-10-02 18 18 22


The pediatric ward was not busy, and it was eerily quiet during the night.
Because there are not long-term inpatients, the air there is more inorganic.

"If you do not drink and eat and walk, you will not be allowed to leave the hospital."
My daughter was encouraged by the Spartan nurse, and walked in the corridor.

Mr. Takashi Murakami 's art lined up on the wall when we looked up there.
Lithographs with serial number, they might be expensive at all.
We heard that a certain organization donated them for children.

Just this will made my heart warm.
A hospital that cures the patient's physical and mental needs a heart of hospitality.

写真 2018-10-02 18 16 10

写真 2018-10-02 18 15 37

写真 2018-10-02 18 15 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-09 13 19 01

Next
写真 2018-10-02 13 06 36


米国の医療事情では、出産後48時間以内に退院しなければならない。
帝王切開した場合でもプラス48時間だから、産後4日目には退院する。

虫垂炎の手術の場合、早ければ当日強制退院と言われたが、
娘の場合、執刀医の許可が下りたのは、術後36時間が経ってからだった。

手術の翌日は流動食、その次の日もソフトフード。
傷跡の痛みよりも、空腹を訴える娘の前で、
付き添いの私には、自動的に通常の病院食がサーブされる。

娘に申し訳ない気持ちを押し込んで、いざ食べようとしたが、
これが見た目以上に不味い。
今夏の「地球こどもサミット」でも「フードロス」を提唱してきた手前、
残すわけにもいかないから、時間をかけて胃袋に流し込む。

娘は日に日に回復して、週明けには学校にも行けるだろう。
これから怖いのは、医療費請求の封書が届く時。
はたしてあの病院食、いくらチャージされているのだろう。

写真 2018-10-02 8 00 48


In the medical situation in the United States, you must leave the hospital within 48 hours after birth.
Even if caesarean section is 48 hours plus, you have to discharge on the 4th day after birth.

In the case of appendicitis surgery, it was said that compulsory discharge from the day was at the earliest.
In the case of my daughter, the permission of the surgeon came down after 36 hours after the surgery.

The next day of surgery, she was allowed to take only liquid food.
Before the daughter who complains of hunger than scarred pain,
as accompanying, the usual hospital food was served me automatically.

I was sorry for my daughter and I tried to eat it,
That was a bad tastier than it looks.
In this summer, 'The Earth Children Summit' even advocated 'Food Ross'.
I could not leave it, so I spent some time pouring it into my stomach.

My daughter has recovered day by day and will be able to go to school next week.
What I'm afraid of is when the letter of medical bills arrives.
I wonder how much that hospital food will be charged.

写真 2018-10-03 8 52 19 (1)



海外永住 ブログランキングへ "
Next
次女が腹痛を訴え出したのは、土曜日の夕方頃だったろうか。
深夜0時を過ぎた頃から、何度も唸るように泣いていた。
ようやく午前4時に寝付いたと思ったら、7時前にはまた泣き出して、
何度もトイレにこもっていた。

季節の変わり目、胃腸風邪を引いたのかもしれない。
痛み止めを与えながら、様子を見ていたけれど、
月曜日の朝まで待てそうにないと、夕方4時、近所の総合病院ERへ。

そこからが長かった。
血液検査で白血球値が異常に高いと判明したものの、
ウルトラサウンド、CTスキャンでも、明確な原因が分からず。

目の前には、次々と瀕死の状態の患者が運び込まれてくるから、
どんなに待たされても、文句は言えないけれど、
虫垂炎と腹膜炎の手術が決定したのが、午前3時半。
そこから入院手続きをして、午前7時に遠隔で家族に状況説明。
執刀医に呼ばれたのが午前11時、そこからまた待合室へ。
痛みと空腹を交互に訴える娘を、オペ室に見送ったのが午後4時。

ちょうど24時間。地球を一周できるほど待たされて、ようやく手術。
夜には麻酔も醒めて、あとは回復を見守るのみ。

緊急とは名ばかりのエマージェンシールーム。
米国医療現場の裏を垣間見た後で、また一冊本が書けそうだと本気で思う。

写真 2018-09-30 23 51 39


My second daughter had complained of stomachache around Saturday evening.
From around midnight 0 o'clock, she was crying like repeatedly groaning.
At last I thought that she fell asleep at 4 AM, but she started to cry before 7 o'clock.
She went to the bathroom many times.

It may have been the change of the season, gastrointestinal sickness.
While giving a pain stop, I was watching her situation.
I found she will not be able to wait until Monday morning.
She was taken to the general hospital ER in the neighborhood at 4:00pm.

It was long from there.
Although it was found that the white blood cell value was abnormally high by the blood test,
Even Ultra Sound and CT scan, we did not find the clear cause.

Since patients in the moribund state are brought in one after another,
No matter how long we wait, we could not complain,
The operation of appendicitis and peritonitis was decided at 3:30 in the morning.
She got hospitalization from there and I explained the situation to my family remotely at 7:00 am.
It was 11:00am when the surgeon called me, from there to the waiting room again.
It was 4:00 pm I sent the daughter, who alternately complains pain and hunger, to the Operation Room.

We kept waiting for just 24hours that we could go round the earth, finally surgery.
She awoke from anesthesia at the night, we were only watching for recovery.

写真 2018-09-30 23 17 09



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-09-24 21 54 02


米国同時多発テロが発生した時、彼はワールドトレードセンターの真下。
いつもの通勤電車に乗っていたら、確実に潰されていた。
その日に限って、一本早い電車に乗っていたことを知ったのは、
テロ発生後、どれほど時間が経ってからだったろうか。

2001年9月24日。
冠婚葬祭だけの付き合いの親族は一切排除して、
親しい友人と同僚達にお祝いしていただいた。
同時多発テロがなければ、人生は変わっていたかもしれない。

どれも辿ってきた人生だから。
後悔することもなく、ただ淡々と日常を過ごすのみ。
遠い夢でなく、少し先の楽しみを見つけて歩こう。

写真 2018-09-24 20 16 25


When the September 11 terrorist attacks occurred, he was right under the World Trade Center.
If he was on the usual commuter train, it was surely crushed.
It took a long time to find since I did not know that he was on one earlier train only on that day.

September 24, 2001.
We eliminated any relatives of association only for ceremonial occasions,
celebrated with close friends and colleagues.
Without September 11 terrorist attacks, my life might have changed.

Everything is a life I've followed.
With no regrets, I just spend my days every day.
Let's walk to little ahead finding small fun, not for a distant dream.

写真 2018-09-24 20 21 41



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-24 21 42 01


Next
写真 2018-09-15 21 21 02


その朝、私はとてつもなく疲れていた。
日本でのイベント打ち上げの後、ホテルに戻った。
疲労困憊したままシャワーを浴びて、横になったら二度と起きられない。
寝過ごすわけにはいかないからと、貫徹して空港に向かった。

空港カウンターで、地上係員がニッコリ微笑む。
「マイレージ御利用でビジネスクラスにアップグレードできます。
今日は特別に2席だけ御利用可能な席が空きましたが、いかがですか?」
迷わず「お願いします」と答えてチェックイン。

フルフラットシートに座るのは何年ぶりだろう。
そんなことを考えているうちに、頭痛が酷くなってきた。
食事もまったく手を付けられず、記念写真だけ撮った。
須賀洋介シェフに、山田力シェフ、、、みんな頑張っているなぁ。
BEDDのメニューをしみじみと眺める。

寒気がして風邪薬をもらい、発熱したまま、眠りに落ちた。
次に気が付いたのは、ニューヨーク到着前のアナウンス。
せっかくのアップグレードに、食事も映画も飲み物すら楽しめず。

頭の中は、その翌日のイベントごとでいっぱい。
そんなこんなの体験談。
これが当たり前じゃないことを、神様が私にしっかり諭してくれた。

写真 2018-09-16 0 03 18


That morning I was tired very much.
After the event in Japan, I returned to the hotel.
I took a shower with exhaustion and lie down.
I decided to go to the airport because I could not oversleep in the bed.

At the airport counter, the ground staff smiled nicely.
"You can upgrade to business class by using mileage.
Today we have a special seat available only for 2 seats, how do you think ? "
I did not hesitate to answer "Please do it " and checked in.

It will be the first time in many years to sit on a full flat seat.
While thinking about such a thing, my headache became terrible.
I could not eat anything at all, I took only the memorial photos.
Chef Yosuke Suga, Chef Chikara Yamada ,,, everyone is doing my best.
I enjoyed seeing the menu of BEDD (JAL in-flight menu)

I felt bad and got a medicine, and fell asleep with my fever.
Next time I woke up by the announcement before arriving in New York.
I could not enjoy eating, drinking movies or drinks for my upgrade.

My head was filled with the big event of the next day.
Such experience stories was happened.
God admonished me firmly that this was not standard.


写真 2018-09-16 0 08 26

写真 2018-09-16 0 08 50

写真 2018-09-16 0 36 14



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-15 21 44 44

Next
私は今でも、その場所に行けない。
胸がザワザワとして、苦しくなる。

もし911がなかったら、私は日本に残っていたかもしれない。
家族は一緒にいるべきだと学び、NYに戻ったのだから。

ニューヨークで生まれた我が子たちは、あの悲劇を知らない。
苦しくても、悲しくても、伝えていくこと。

あの空を、忘れない。

写真 2018-09-01 21 20 55


I still cannot go to that place.
As my heart is murmuring, it makes me painful.

If it had not been 911, I might have lived in Japan.
Because we learned the family should be together, I returned to New York.

My children born in New York do not know that tragedy.
Even if it is painful, even if it is sad, we should tell it.

We will not forget that sky on the day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-08-25 6 49 12


晩夏、サマータイムを惜しむ。

リーシュなしが許可されている早朝。
セントラルパークは、市民と犬たちで溢れている。

毎朝同じ顔ぶれに出会ううちに、自然と会話が生まれる。
グレートネックを5周走って、汗を流す。

帰りがけに、焼きたてのベーグルを買う。
こんな日常に、感謝する。

写真 2018-08-25 6 52 23


Late summer, we do not to miss the summer time.

Early in the morning taking dogs without leash is allowed.
Central Park is full of New York citizens and dogs.

Every morning meeting the same face, a conversation is born with nature.
we run the Great Neck 5 laps and sweat well.

On the way home, we buy freshly baked fresh bagels.
We thank you for such everyday life.

写真 2018-08-25 6 55 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-25 7 51 17

Next
写真 2018-07-02 9 10 58


世にも美しい奇跡的な自然現象「マンハッタンヘンジ」。
マンハッタンの東西を貫くストリートの直線上に夕日が沈む時、
その雄大な美しさに、誰もがため息を漏らす。
年に4回の奇跡的自然現象「マンハッタンヘンジ」を追いかけて、
世界中から人々が集まって来る。

ピッタリの日程でなくとも、この時期のサンセットは実に見事。
摩天楼を一気に照らすエネルギーに、人々は毎日魅了される。
朝陽が昇る瞬間も、夕陽が沈む瞬間も。
大自然に逆らって生きることはできないことを痛感する。

地震や豪雨の被害に遭われた母国の人達へ。
何もできない自分にもどかしさを感じている。

写真 2018-07-02 9 10 47


A beautiful miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" in the world.
When the setting sun sets on the straight line of the street penetrating east and west of Manhattan,
Everyone sighs to its majestic beauty.
Following the miraculous natural phenomenon "Manhattanhenge" four times a year,
People gather from all over the world.

Even if it is not a perfect schedule, the sunset at this time is really brilliant.
People are fascinated every day to the energy that illuminates the skyscrapers all at once.
The moment when Sun rises, the moment when Sun sets.
I realize that we cannot live against the great nature.

To people in my home country who suffered from the earthquake or heavy rain.
I feel frustrated with myself who cannot do anything.

写真 2018-07-02 9 11 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-02 9 12 46


Next
写真 2018-06-20 9 15 58


学校カレンダーで初めてこの言葉を見た時、何のことだか分らなかった。
一般的には「引越しの日」、そしてスポーツ業界では「移動日」。
学校生活においては「卒業の日」。まさに前進移動の日。

我が家の3番目、次男の小学校卒業式。
流行りの映画の曲を歌いながら、入場してくる子供達。
エンターテイメント会場のようなノリに、アメリカを感じる。

アジア人は数少ないけれど、この社会で堂々と生きている息子に、
改めていろんな想いを重ねる。
たくさん笑って、たくさん悔しい思いをして、大きく成長して欲しい。

慣れているはずなのに、息子の親友の涙姿にもらい泣き。
卒業は嬉しくて、やっぱりちょっと寂しい。

夏休みは思いっきり羽根を伸ばして、いろんな経験をしてみよう。

写真 2018-06-20 9 44 18


When I saw this word for the first time in the school calendar, I did not know what it was.
Generally, "Moving day", and in the sports industry "Moving day".
In school life "day of graduation". It is precisely the day of forward movement.

There was an elementary school graduation ceremony of our second son.
Children entered while singing popular movie songs.
I feel America in the auditorium like entertainment venue.

There are few Asians, but to my son who lives proudly in this society,
I repeat various thoughts again.
I want him to laugh a lot, make a lot of frustration, grow big.

Although I was accustomed, I cried for his son's best friend's tears.
I am glad that they graduate, and I feel somewhat lonely.

Let's feel free in the summer vacation and try various experiences.

写真 2018-06-20 10 00 47



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-06-23 9 38 22


専用のベルトを巻いて、血流を制限しながら運動をすると、
筋肉疲労を回復させようと、通常より多い成長ホルモンが生産される。
美容と健康、筋力アップに効果大の加圧トレーニング。

米国で加圧トレーニングが認可されたのは、比較的最近のこと。
すでに米国組織もあるけれど、私の周囲では聞いたことがなかった。

パーソナルトレーニングが主流のマンハッタンだからこそ、
いろんなリクエストにしっかり対応できる体制を整えてからの発進。

彼女に初めてお会いした時、その美しさにも惚れ惚れしたし、
裏表のないハッキリした性格が、とても気持ち良いなと感じた。
その人となりを理解していくことで、心から応援したい気持ちが高まる。

理想としては、しなやかスレンダー、もしくは細マッチョ。
何よりも、体幹を鍛えて、健康でいられる身体を維持したい。
そんな女性たちに、是非とも体感していただきたい。

くに先生の加圧トレーニング、今秋より本格的にニューヨークで始動します。

飯田くにこ先生 加圧トレーニングHP

彼女のブログで御紹介いただきました。

写真 2018-06-23 9 40 42


When wearing a special belt and exercising while restricting blood flow,
In order to restore muscle fatigue, more growth hormone than usual is produced.
Kaatsu training, Pressure training, is effective for beauty, health, and muscle up.

Kaatsu training was approved in the United States relatively recently.
There already have an American organization, but I had not heard it around me yet.

Because personal training is the mainstream in Manhattan, New York,
She has started her lecture after preparing a system that can respond firmly to various requests.

When I first met her, I fell in love with her beauty.
I also felt that her personality with a clear was very comfortable.
By understanding that person, the desire to support from the bottom of my heart increased.

Ideally, supple slender, or small muscle women.
More than anything, we want to train the body core and maintain a healthy body.
I'd like such women to experience this method by all means.

My instructor, Ms.Kuniko Iida, Kaatsu training will start full-scale in New York from this autumn.

写真 2018-06-23 9 36 48



海外永住 ブログランキングへ "



Next
特に強い憧れもなく、進学や就職を決めてしまったけれど、
偶然そこで出会った人達と、いまだに続く御縁に感謝する日々。

苦境に立った時、仕事や難しいことを一切抜きにして、
ただ気軽に会える友人がいるというのは、本当にありがたい。

高校の先輩たちと、ふと集まる。
日本語で本音を語れる仲間がいることが、どれほど稀少なことか。

ギブ・アンド・テイクじゃない。
与えることだけを考えている人を、信じていたい。

写真 2018-06-21 11 30 36


Especially without a strong longing, I decided to go on to school or get a job.
But I appreciate the people I came across by chance, still continuing.

When I get into trouble, withdrawing all the work and difficult things,
it is truly appreciated that there are friends who can easily meet.

I gathered with high school seniors suddenly.
I was happy there are companions who can tell our true intention in Japanese in New York.

It's not a "give and take".
I want to believe in those who are thinking only about giving.

写真 2018-06-14 9 15 48



海外永住 ブログランキングへ "
Next
10年以上通っているホットヨガのスタジオが、
1年前頃に、突然違う名前のスタジオになっていた。
プログラムもずいぶんと変更されて、今やホットピラティスの方が主流。

でも、そこにスタジオがあるから、通う。
古くから顔見知りのメンバーも、ほとんど変わらない。
必要なのは、便利の良い場所に、身体を動かす場所があって、
そこに日常があるということだから。

日曜日の朝、私はいつものようにスタジオに行った。
クラスの最後に、インストラクターが言う。
「After you breath, make a wish.」

1日1日を大切に過ごそうと思える、この瞬間が好き。
ありふれた日常の中に、1日1つだけ目標を持って生きる。
それを叶えた感謝と共に、1日を終える。
そうやって過ごしていたい。

お祝いのメッセージをくださった1人1人の顔を思い浮かべながら。
感謝を込めて。

写真 2018-06-10 20 35 45


A Hot Yoga studio that I have been going for over 10 years,
Around one year ago, it suddenly became a studio with a different name.
The program has changed a lot, now Hot Pilates is mainstream.

But, because there is a studio there, I go.
Members who have been known for a long time since long ago are almost the same.
All we need is a place where we can work out in a convenient place,
Because there is every day there.

On Sunday morning I went to the studio as usual.
At the end of the class, the instructor said.
"After you breath, make a wish."

I like this moment that I think I will spend a day carefully.
In the ordinary every day, I live with only one goal a day.
Together thanks for granting it, I will finish the day.
I would like to be in that way.

I got many birthday wishes from my dear friends,
I'm really thankful to you.

写真 2018-06-04 14 10 23



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-06-03 16 04 23


毎年のことながら、ニューヨークは衣替えができない。
週末にノースリーブを着たのに、今日はまたジャケットを取り出している。

今年の天候は不安定過ぎて、心もちょっと不安定になりがち。
寒暖差の激しさに、なかなか体調がついていけない。

今年の目標をまだひとつも達成しないまま、
あっという間に、今年の折り返しが近くなって来た。

有言実行と不言実行。
さて、どうするか。

写真 2018-06-03 16 05 06

写真 2018-06-03 16 05 01


Every year, we cannot change summer/winter clothes in New York.
Although I wore a sleeveless on the weekend, I am taking out a jacket again today.

The weather this year is too unstable, the mind tends to be slightly unstable.
I cannot keep up with physical condition due to the severity of temperature difference.

Without yet achieving this year's goal,
the half of this year will finish soon.

"action with words" and "action before words"
Well, which will you do ?

写真 2018-06-03 16 04 53



海外永住 ブログランキングへ "
Next
幼少の頃、授業参観が苦手だった。
親に自分の学校生活を見られるのは照れ臭かったし、
友達のお母さんに声をかけられるのも苦手だった。

米国では毎月授業参観があって、子供達は「見られる」ことに慣れている。
「誉めて伸ばす」教育のなか、どの子も積極的に手を挙げる。
間違うことを恐れずに発言する勇気に感服する。

日本語補習校の授業参観になると、一気に雰囲気が変わる。
教師主導の授業の中で、もじもじする子供達が微笑ましい。
彼らにとって、日本語は外国語でしかないけれど、
家族や友達と会話するより、さらに上のレベルが求められる。

間違った発言をした時に、教師がそれをどうフォローするか。
なぜその意見に行き着いたのかを、とことん聞いてあげる根気。

社会生活でも、きっとそれは同じこと。
人を信頼できる心を育てることが、明るい未来を育てることだから。

写真 2018-05-26 9 29 56


When I was a child, I was not good at class observation by parents.
I did not like that my parents see my school life,
I wanted to refuse to talk with my friend's mother.

In the United States there is a monthly class visit, and the children are used to being "seen".
Every child actively takes pride in the education of praising to perform better".
I admire the courage to speak without fear of making mistakes.

When it comes to class attendance at a Japanese school in the US, the atmosphere changes at once.
Children who snooze in teacher-led classes are interesting.
For them, Japanese is only a foreign language,
Beyond talking with family and friends, even higher levels are required.

How will the teacher follow it when kids making wrong remarks.
They inquire why they get to that opinion.

Even in social life, it surely is the same thing.
Because nurturing a heart that can trust people is to nurture a bright future.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-24 14 44 33


オフコースの「緑の日々」という曲が好き。
タイトルを聴くと「新緑の美しい季節」を表現したのかと思いきや、
二人の大人が過ごしてきた時間が「緑色」なのだと気付く。
こんなに深い愛を伝えられる人は、どんなにか幸せだろう。

そんなことを思いながら、ソーホーの街を歩く。
私は新緑の美しい初夏という季節が、一年のうちで一番好きなのだけれど、
今年は冬の季節があまりにも長過ぎて、春になったのかも分からないまま、
一気に新緑がまばゆくなる季節というのを感じることができなかった。

気付いた時にはすでに緑が濃くなってしまって、
とても大切な時間を見過ごしてしまったような気がしている。

40代後半、これからもっともっと時間が速く過ぎていくのだろう。
大事な時間、大事な瞬間、もっともっと自覚していかないと。

みんなが太陽を分かち合っている姿は、どこまでも穏やかだ。

オフコース「緑の日々」YouTube

写真 2018-05-24 14 42 30


I like the music titled "Green Days" of the music group "Off Course".
When I heard the title I thought that it expressed "the beautiful season of fresh green"
I was noticed that the time spent by two adults was "green".
I guess how happy if you will be able to convey such a deep love.

While thinking such a thing, I walked in the city of Soho.
I like every early summer season in a year, as fresh green stays beautiful.
Since the season of winter was too long this year, I did not understand when the spring started.
I could not feel the season when the fresh green would be blazing at once.

When I noticed it, the green of leaves already got darker,
I felt I missed my very important time.

In the late 40s, the time will pass much faster from now.
An important time, an important moment, I have to be more aware.

The figure that everyone shared the sun was calm everywhere.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-28 9 03 22


米国では、1971年より年間4つの記念日が
「週末を三連休にする」目的で流動するようになった。
「記念日の重要性に対する国民意識の低下」という指摘も否めないけれど、
米国人にとってメモリアルデーは、夏の始まりを告げる、特別な日。
お墓参りをしたり、家族レジャーやスポーツ観戦をして、夏を歓迎する。

昨年もお声がけいただいた御邸宅でのBBQパーティー。
マンハッタンから車で20分程の場所に、広大な敷地が広がる。
ホスト夫妻のお人柄に引き寄せられるように、
様々な国からたくさんの友人が集まって、時間を共有する。

当たり前のようにある大自然も、当たり前のようにある食料も、
決して当たり前でない。
かつて戦争で戦った人たちのお陰で、今日この時間があるのだと。

写真 2018-05-29 11 29 48

写真 2018-05-28 15 53 25

写真 2018-05-28 15 53 29

写真 2018-05-28 15 53 32

写真 2018-05-30 18 58 02


In the United States, since 1971, four anniversaries per year began to movable
of the date for the purpose of "making the weekend three consecutive holidays".
Although we cannot deny saying "Declining public awareness of the importance
of anniversary".
For Americans Memorial Day is a special day telling the beginning of summer.
People go to visit the grave, do family leisure and watching sports and welcome
the summer.

We joined a BBQ party to my friend's mansion where we went last year.
A vast site expanded to a place about 20 minutes by car from Manhattan.
By attracted to the host couple's hospitality,
Many friends gathered and share the wonderful time.

We thank to have nature, food, and routine.
Thanks to the people who fought in the war, we are here today.

The summer season of 2018 has begun in earnest.

写真 2018-05-28 14 12 38

写真 2018-05-28 14 13 03

写真 2018-05-28 14 13 10

写真 2018-05-28 14 49 07



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-28 20 32 32

写真 2018-05-28 20 31 28


Next
写真 2018-05-27 17 37 31


息子の誕生日にかこつけて、大人が行きたいお店に連れて行った。
その数日前に、ニューヨークタイムズに掲載されたタイミングだったので、
店内は人で溢れかえり、ものすごい熱気が漂っていた。

半年前にオープンした頃と比べて、格段とサービスが良くなったことに驚き、
ニューヨークには優秀なサーバーがまだまだいるのだなと嬉しくなる。

仕入れたての鮮魚を店頭で販売している商法も面白く、
飲食業界には、今後さらにいろんな可能性が出てくるのだろう

ニューヨークで「高級居酒屋」というコンセプトが市民権を得た今、
日系企業が海外に進出するチャンスが倍増している。

ニューヨークタイムズの記事
写真 2018-05-27 17 33 27 (1)


We went to "WOKUNI" restaurant where the adult wanted to go on my son's birthday.
Since it was the day when it was published in the New York Times several days ago,
The inside of the restaurant was overflowing with people, and there was a tremendous enthusiasm.

I was surprised that the service was much better than when they opened it half a year ago,
I was pleased that there were still outstanding servers in New York.

Commercial law selling freshly purchased fresh fish at shops is also interesting,
there be more possibilities in the food and beverage industry in the future.

Now that the concept "high-class Izakaya" gained citizenship in New York,
The opportunities for Japanese companies to enter overseas has expanded.

The article of New York Times.

写真 2018-05-27 17 34 48 (1)



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-28 10 09 50

Next
写真 2018-02-25 8 18 20


もっと幼い頃は、一通りのことを体験させたと記憶している。
バレエ、タップダンス、ミュージック、ヒップホップ。
たまたま器械体操のコーチに目をつけられて、
これまで週2回ずっと練習に通っていた。

練習回数を多くしたり、たくさんの試合にエントリーしたり。
ここでもお金がモノを言う。
これ以上実力を上げたければ、もっと投資しなくてはいけないのだと。
我が家の経済状況的にも、これ以上の習い事は難しい。

「大好きな体操だけれど、来年度からは違うことをやってみようか」
何事にも執着心のない娘は、二つ返事で「いいよ」と答えた。
今年度限りというターゲットが決まっていたから、
ローカルで得点を重ね、ステートの大会に出ることを目標にした。

最後の試合で、表彰台に上がった。
種目別「平均台」個人でステート優勝という結果だった。

1つだけでも、ステートチャンピオンになった。
もうそれだけでいい。
この自信がいつか、貴女の人生に役立つ時が来る。

写真 2018-03-16 19 19 24

写真 2018-03-16 21 33 46


I remember when my daughter was young I made her experience a whole thing.
Ballet, tap dance, music, hip hop.
She was selected up by coaches of gymnastics exercises,
she had been practicing twice a week ever.

We increased the number of times she practiced and entered a lot of games.
Again money makes things.
If we want to raise her ability any further, we have to invest more.
In the economic situation of our home, it is difficult to let her learn any further.

"I know you love gymnastics, but will you do something different from next year?"
My daughter who has no admiration for anything, replied "OK".
As the target for this fiscal year was fixed,
She scored points locally and, aimed to go to the New York State tournament
by the end of this season.

In the last game, she went up to the podium.
It was the result that she won the state championship game in individual "Balance Beam".

Even just one, she has become a New York State champion.
That's enough.
The time will come when this confidence will be useful for her life someday.

写真 2018-03-16 21 14 35



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-09 7 27 10


長男は最終学年でキャプテンを務め、
次男は勘の良いアシストとして、チームの優勝に貢献した。

季節が変わり、次女がトライアルに合格した。

運動神経は決して悪くないはずなのに、
最初はキャッチボールさえまともにできない次女の姿にヤキモキした。

なかなか勝てないチームは、負けることに慣れてしまう。
「楽しくプレイできたら、いいんじゃない?」
そこに悔しさはないのかと、長男と次男が首をかしげる。

少しずつ、チームワークが築かれていく様子を垣間見る。
最後の試合に敗れて泣くキャプテンを、次女がそっとなだめる。
「次につながれば、いいんじゃない?」

どこまでも明るくポジティブな態度に、私が元気をもらった。
朝練に送る通学路は寒々しくて、いつも気持ちがめげていたけれど、
その間に子供達は大きなギフトをもらっていたのかもしれない。

ようやくシーズンが終わり、母は少しホッとしている。

写真 2018-03-09 7 22 18

写真 2018-03-09 7 22 19


My eldest son served as the captain in the final grade.
My second son contributed to the team's victory as an intelligent asset.

The season has changed and my second daughter passed the trial.

Motor nerves should never be bad,
At the beginning I was surprised in the appearance of my daughter
who even the catch ball could not do it.

Teams who cannot win easily get accustomed to losing the game.
"If we can play happily, it is good, isn't it ?"
Whether there is no regret there, my sons ask her.

Little by little, a glimpse of how teamwork was being built.
My daughter gently quiets the captain who was crying defeated by the last game.
"If we connect next time, it is good, isn't it ?"

I got cheerful with her bright and positive attitude.
The school road that I sent to morning practice was cold and I always had a negative feeling,
In the meantime, the children may have gotten a big gift.

Finally the season was over and mom has been a little relieved.

写真 2018-03-09 8 03 26



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-21 17 24 06


雪が降る前の日は、とても冷え込んでいた。
いつも通り薄着で登校した長男が、帰宅後に喉が痛いと訴えてきた。
夜中に高熱が出て、ウンウン唸っていた。

翌日の積雪12インチ予報に、ニューヨーカーは驚きもしない。
でも大雪警報が出て、学校は臨時休校になった。
空港閉鎖で築地からの仕入れが届かないと、友人シェフが嘆いていた。

結局、ニューヨーク市内は、それほど積もらなかった。
子供達は、セントラルパークでソリ遊び。

3月の雪は、春の遠さを感じさせる。

写真 2018-03-21 17 18 26

写真 2018-03-21 17 18 27

写真 2018-03-21 17 18 29


The day before snow fell, it was very cold.
My eldest son who went to school in light clothing as usual complained that his throat hurts
after coming home.
High fever came out in the middle of the night, and he was groaning.

New Yorker 's did not be surprised at the 12 - inch forecast for snow cover the next day.
However, a heavy snow warning came out and the school temporarily closed.
A friend chef told that the airport closure caused they could not receive the purchase
from Tsukiji to arrive.

Eventually, New York City did not accumulate much.
Children played sledding in Central Park.

Snow in March made us feel the distance of spring.

写真 2018-03-21 17 23 45



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-17 12 38 41


長男が4歳を過ぎた頃、はたと気付いた。
長女の病院通いに連れ歩く日々、長男は日本語を話さなかった。
英語で意思の疎通がはかれていることで、油断していたけれど、
このままでは日本語を話せない二世になってしまう。

慌てて願書を出した日本語補習校。
自分からまったく日本語を話すことをしなかった5歳児が、
いつの間にか、宿題も全部一人でやるようになっていた。
背丈もとっくに追い越されて、思春期まっさかり。

地元ではすでにミドルスクール2年生だけれど、
日本式で、ようやく小学生という節目が終わった。
卒業式の後は、久しぶりに家族ぐるみで楽しく交流。

学校に行く第一目的は、勉強じゃない。
生涯付き合える、友達を作りに行くところ。
その意味をきっと、大人になったら理解できるから。

英語環境の中で、日本語を保持する難しさは誰もが感じている。
でもこんな幼馴染がいるという環境が、きっと誇りに思える時が来る。

写真 2018-03-17 18 30 11
写真 2018-03-17 18 32 12


When the eldest son passed the age of 4, I just noticed it.
I took him to my eldest daughter's hospital every day, he did not speak Japanese.
Although he could make communication in English,
I was afraid that he might become the second generation that he cannot speak Japanese in this way.

We applied for a Japanese school after we decided suddenly.
A 5-year-old boy who did not speak Japanese at all,
Before I knew it, he had been could do all his homework by himself.
His height has also been close to his dad more than me, and he is purely adolescent.

Although locally already a middle school second grader,
At the Japanese style, the grade of elementary school student finally came to an end.
After the graduation ceremony, we had a graduation party with family members to the night.

The primary purpose of going to school is not study.
They can use their time to make friends of all life.
Because they can understand its meaning when they become an adult.

Everyone feels the difficulty of maintaining Japanese in the English environment.
But the time will come when the environment that such a childhood friend exists is surely proud.

写真 2018-03-17 18 54 44

写真 2018-03-17 18 58 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next
米国の医療は、とにかくお金がかかる。
40歳を過ぎても、健康相談や定期健診が無料になることはない。
医療保険をうまく利用して、しっかり自己管理しなければ、
取り返しのつかないことになりかねない。

毎年、自分の誕生月に婦人健診を受けようと思っているけれど、
忙しかったり、予約が取れなかったりして、後回しになってしまう。
昨年受けるはずだったマンモグラフィー&ソノグラム検査を、
ようやく先日受けてきた。

待合室の乾いた雰囲気も、冷たい健診台も、
年齢を重ねるごとに、少しずつ慣れていく。
でも、医師の診断を待つ間の孤独感だけは、
どんなに時間を重ねても、心臓がキュッとなる。

この孤独感の解放を目指して開業した友人のクリニックを、
今度日本に行ったら訪ねよう。

写真 2018-03-08 12 35 29


Medical treatment in the US takes money anyway.
Even if you are over 40 years old, health consultation and annual check-ups will not be free.
If you do not manage yourself properly by using medical insurance well,
It can be irreparable.

Every year, although I am planning to take OB/GYN check-up at my birth month,
I am busy, I cannot make a reservation, I will be postponed.
Mammography & sonogram examination that was supposed to be received last year,
Finally I got it the other day.

The dry atmosphere of the waiting room, the cold health examination bed,
Every time I age, I gradually get used to it.
But just the feeling of loneliness while waiting for the doctor's diagnosis,
No matter how much time I spend my time, the heart gets crazy.

A friend's clinic aiming at liberation of this loneliness,
Let me go visit next time in Japan.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
ニューヨーカー英語は、米国の中でも特に早口である。
ここで生まれ育った子供達は、圧倒的にヒアリング能力が高い。
流行りのラップ音楽を全部ソラで真似したり、
習ってもいないスペイン語を理解したりしている。

地元の公立小学校では、毎年シェイクスピアの舞台劇上演がある。
公平を期するためか、同じ役を数人で演じるのが興味深い。
主役も脇役も、男女問わず、いろんな声が混ざり合う。
堅苦しいイギリス英語、必死に覚えたセリフを一気に吐き出す。

子供の頃の記憶力が懐かしい。
今では電話番号すら覚えられない私の脳に、
子供達のこういった姿は、刺激的な感動を与えてくれる。

久しぶりに、ハリーポッターシリーズを、
もう一度ちゃんと観てみようかという気持ちが、今はある。

写真 2018-03-07 15 49 06


New Yorker's English is particularly fast in the United States.
Children who were born and raised here have overwhelming hearing abilities.
They copy all the popular rap music with no lyrics,
and understand Spanish which they have not learned.

At local public elementary schools, there is Shakespeare's stage performances every year.
It is interesting that they play the same role for several people to do fair.
Both male and female, heroes and supporters are mixed with various voices.
They spoke the words desperately in strict British English.

I miss memories of childhood.
Now I cannot even remember the 11 digital of the phone number.
These figures of children give exciting impression to my brain.

For the first time in a while, the movies of Harry Potter series,
There is now a feeling that I watch it again properly.

写真 2018-02-13 9 21 05

写真 2018-02-13 9 21 58

写真 2018-02-13 9 24 13



海外永住 ブログランキングへ "
Next
朝イチのミーティングがひとつ。。
その後、ホットピラティスのクラスで汗をかく。
夕飯の買い物をしながら、電話でカンファレンス。
原稿を仕上げて、子供の送迎、自宅と学校を三往復。
娘のテューターと話して、夕飯の準備。
隙間にもうひとつ、日本とカンファレンスコール。
待ちくたびれたピライア軍団に追いつこうと、
一気に食事を流し込む。

なんてことのない1日だけれど、
世の中が平和でありますようにと願う。
飲食業界では、一年で最も忙しい日が、まだ続いているはず。
明日の売上報告を想像しながら、夜が更けていく。
ロマンチックな演出とは縁遠いけれど、
こんなバレンタインデーも、悪くない。

写真 2018-02-14 11 05 16


We had one big meeting in the morning.
Then I sweat in the class of Hot Pilates.
While shopping for supper, I had conference by phone.
Finish the manuscript, I picked up my kids, transferred home and school three times.
I talked with the daughter's tutor and prepared for dinner.
Within the idle time, I got a conference call from Japan.
In an effort to catch up with my kids waiting to wait,
I poured the meal at once.

Although it was a day without anything,
I hope that the world will be peaceful.
In the food and beverage industry, the busiest day of the year is still going on.
Imagine the sales report tomorrow, the night will be continued.
Although it is far from romantic production,
Such a Valentine's Day is not bad either.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-01-28 19 37 36


仲良しシェフに、キャビアをいただいた。
どうやって食べたらいいのか、御近所さんに聞いた。
「我が家にいらっしゃい。美味しい食べ方を教えてあげる」
フランス人の彼女、本当に気前が良い。

翌日の夜、旦那さんから連絡があった。
気取らない家庭的なお招きが、なんとも嬉しい。
丁寧に焼かれたミニパンケーキ。
スモークサーモン、オニオン、たまご、サワークリーム、
そしてキャビア。

次々と焼き足されるパンケーキを焼くのに、
どれほどの時間を要したのだろう。
シンプルだけれど、ホスピタリティー溢れるおもてなし。
最後は白御飯にイクラまで出てきた。

心が温まるって、こういうことを言うのだろう。
異国の地でも、家族ぐるみで付き合える絆が無性に嬉しい。

写真 2018-01-28 19 36 32

写真 2018-01-28 19 36 27

写真 2018-01-28 19 36 49


I got caviar from a good friend chef.
I asked my neighbors how to eat.
"Come to our house and I will teach you how to eat deliciously"
French girlfriend, she is really generous.

The next day night, her husband called us.
I was delighted to have a wonderful family invitation.
A carefully baked mini pancake.
Smoked salmon, onion, egg, sour cream,
And caviar.

To bake pancakes that are cooked one after another,
I wonder how much time she took.
Simple but full of hospitality.
At the end, white rice came out with Ikura, raw egg of salmon.

I wonder this was what the heart warms up.
Even in a foreign land, the fact that we can go out with family members
was absolutely delightful.

写真 2018-01-28 19 44 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next
昨年、御縁あって我が家にやってきたアート作品。
この世界観のなかで、ニューヨークはほんのちっぽけで。
そこにいる人間なんて、儚い存在だと思い知る。

やっぱりアートはいい。
その時その作品を、どんな思いで手にしたかを、
思い出すツールにもなる。

世の人にとって、もっとアートが身近になるために。
今、仲間と一緒に、いろんな企画を考えている。

写真 2018-01-22 22 31 57


Last year, this art work came to my house.
In this view of the world, New York is only a tiny thing.
I know that a human being there is a transient existence.

After all the art is wonderful.
It also becomes a tool to remember what kind of thought I got the art at that time.

For the people of the world to become more familiar with art.
we are thinking about various projects with my fellows now.

写真 2018-01-23 7 30 57



海外永住 ブログランキングへ "
Next
ここ2年ぐらい、ニューヨークの冬はどこかに隠れていた。
秋がゆるっと寒くなったせいで、先月まで油断していた。
これがニューヨークの冬、本来の姿。

1年のうち8か月は「今日も寒いね」という挨拶を交わす街。
なぜこんなにも住みにくい街が、世界の中心なのだろうと思う。

でも、ニューヨーカーは元気なのだ。
全身を覆う分厚いダウンジャケット、スノーブーツ。
完全防備で出かける。ちゃんと仕事をしている。

やっぱりすごい街だなと思うけれど、
私は少しだけ、冬眠していたい。

写真 2018-01-05 11 58 04


For the last couple of years, the winter in New York was hiding somewhere.
I had forgotten such a cold weather until last month because fall was mild.
This is New York 's original winter.

During 8 months of the year, people give greetings saying "Today is also cold."
The city that is hard to live so much is the center of the world.

New Yorkers have great energy.
A thick down jacket covering the whole body, snow boots.
They go out with complete defense, and working hard.

Though it is a wonderful city,
I just want to be hibernating for a while.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
カウントダウンの余韻に浸る間もなく、
2日から子供達の学校が始まった。
マイナス12度の朝、空気に触れるだけで涙が出る。

ダウンタウンの用事を済ませた後、
ふと思い立って、和食屋に足を伸ばした。

元旦に間に合わせのおせち料理を作ったけれど、
やっぱりプロの腕にはかなわない。

日本らしいおもてなしに、心が温かくなった。
お正月はやっぱり日本がいい。

写真 2018-01-02 14 32 56

写真 2018-01-03 7 56 39


Soon after being immersed in the countdown's reverberation,
Children's school began on the 2nd.
Tears come out just touching the air in the morning minus 12 degrees.

After I went to the downtown,
Suddenly I stopped by my favorite Japanese restaurant.

I cooked Osechi, Japanese traditional dishes, on New Year's Day.
But after all I cannot compete with a professional chef.

My heart felt warm for Japanese hospitality.
I prefer to stay New Year in Japan.

写真 2018-01-02 17 01 42



海外永住 ブログランキングへ "
Next
日本から14時間遅れて、新しい年が明けた。
大晦日、最後の夕日を眺めながら、2017年をふり返った。

前半は、諸々うまくいかないことがあって、
精神的にかなり追い詰められた。
自分の生き方を否定されるような裏切りにも遭い、
人間不信に陥った。

後半は、主として2つの大きなミッションに専心した。
古巣の大会合をまとめるという役割、
そして、前著の続編をという期待の声に、真摯に向き合った。
独りよがりの自叙伝でなく、必要とされる場にメッセージを伝えられるなら、
もう一度覚悟を決めようと筆を取った。

総じて、やっぱり人との関わり、人との繋がりがすべてだと思った。

迷いの中で周囲を見渡すと、行き先を導いてくれる仲間がいた。
いつも同じ立ち位置で、変わらないでいてくれる絆があった。
こちらが誠心誠意を尽くせば、必ず守ってくれる砦が存在した。

真摯な姿勢を貫けば、必ず行くべき場所にたどり着く。
必要とされる場所で、生きようと思う。
すべての存在に、感謝を伝えよう。

自分らしく、ありのままで。
2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。

写真 2017-12-31 18 06 03


A new year has come 14 hours behind Japan.
While looking over the sunset of New Year's Eve, I went back over 2017.

In the first half, various things did not go well,
I was mentally chased out considerably.
I also encountered betrayal that denied my way of life,
I have felt into human distrust.

In the second half, I was devoted primarily to two big missions.
The role of summarizing the large re-union party of my ex company, JAL,
And, to a voice of expectation of a sequel of the previous work, I faced seriously.
If I could convey a message to the place people need, not selfishness autobiography,
I decided my resolution and took the pen again.

In total, I thought that all involvement with people and connections with people leaded to all.

When I looked around in the stray there was friends who leaded the destination.
There was always friendship that would stayed the same position as well.
If I was good faith sincerity, there was a fort that always protected me.

If we stay with a sincere attitude, we will definitely reach the place to go.
I wish I would live in the place where someone needs me.
Let me thank you for all beings.

I wish 2018 will be the happiest and best for you.


海外永住 ブログランキングへ "
Next