女性が働くのが当たり前の一族の中で育ってきた。
女性が家事全般をやることが前提条件だから、普通に料理は作る。
男性も普通にキッチンに立つ時代、兼業主婦の負担はずいぶん減っている。

コロナ禍の今、食材の買い出しが一番リスクが大きくて、完全防備で出陣。
買い物リストもない、食べたい素材を適当に買ってきてから考える。
冷蔵庫をきちんとマネージメントをするのが、主婦の役目と定義する。

冷蔵庫に残ったものを組み合わせて、素材と味をイメージする。
もちろんレシピなど不要で、メニュー名も付けられないような料理が並ぶ。
全体的に茶色が多いけれど、ボリュームだけは十二分。

作るのに1時間。ピラニア軍団が食べるのに15分。
あっという間に、すべてのお皿が空っぽになり、食べ残しはない。
毎日毎日、毎日毎日、朝から晩まで、料理の献立を考えている。
もし食べる必要がなければ、どんなにか楽だろうと考える。

でもやっぱり、どんなメニューであっても、食べたらみんな笑顔になる。
お腹がいっぱいという喜びは、生きる明日への糧になる。

写真 2020-06-10 14 20 01


I grew up in a family where it was normal for women to work.
It is a prerequisite that women do all the household chores, so I usually cook of course.
In an age when men are also usually in the kitchen, the burden of being a housewife has decreased considerably.

Now that we're in the midst of the COVID-19 disaster, the biggest risk is shopping for ingredients, and we're going into battle fully protected.
We don't have a shopping list, we buy the ingredients we want to eat at random and then think about it.
I define the role of a housewife as managing the fridge properly.

I put together what's left in the fridge and imagine the ingredients and taste.
Of course, there is no need for recipes, and there are dishes that I can't even name on the menu.
The whole thing is very brown, but the volume is more than enough.

It takes an hour to make and fifteen minutes for the piranha army to eat.
In the blink of an eye, all the plates are empty and there is no leftover food.
Day after day, day after day, morning after morning, from morning to night, I have a food menu in mind.
I think about how much easier it would be if we didn't have to eat.

But after all, no matter what the menu is, everyone smiles when they eat it.
The joy of having a full stomach is the energy for tomorrow.

写真 2020-06-10 14 22 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-27 11 50 10
Next
ニューヨークでは、皆それぞれが生きるのに必死で、
もしそこから自分がふといなくなっても、きっと誰も気付かない。

どこにも所属しない自分の居場所を探して、ずっと彷徨っているけれど、
何かあった時でなく、何もない時にも、存在を気にしてくれている友がいる。

マンハッタンが封鎖されてから3ヶ月、直接会う機会はなくとも、
家に食料を届けてくれたり、オンラインで近況報告をしたり。

そんな親友たちと、ようやく束の間のミートアップ。
ハグもできず、すぐ横に座ることはできなくとも、心が通う瞬間。

損得勘定もなく、ただ好きな気持ちで、そこにいる。

写真 2020-06-11 16 28 55


In New York City, we're all struggling to survive in our own way.
If I disappear from there, no one will probably notice me.

I've been wandering around, looking for my place since I don't belong any companies.
I have friends who care about my thing, not just when something happen, but when nothing happen.

It's been three months since Manhattan was sealed off.
Even if we haven't had a chance to see each other in person,
They delivered food to my house and gave me updates online.

Finally, there had a brief meet-up with these best friends.
It was a hearty moment, even if we couldn't hug them or sit right next to them.

There's no profit and loss, we were there just with the feeling of love.

写真 2020-06-11 16 23 47


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next
写真 2020-06-20 19 24 40


「Day 111」
6月19日、クオモ州知事が、コロナウィルスの第一波収束宣言を行った。
州内で最初の感染者が出た3月1日から111日間、1日も欠かすことなく、
医療関係者を含む対策チームと「事実」を公表する会見を行ってきた。

「どうか家にいてください。
誰がこんな言葉に従うだろうかと、私は胸が痛んだ。
データという事実だけを伝えるので、自分自身で考えて行動して欲しい」

かつて、こんな風に民意を励まし、奮い立たせてきたリーダーがいただろうか。
少し前までは、州都アルバニーにいる遠い存在だった州知事が、
いつしかニューヨーク最大のヒーローとなり、最強の仲間となった。

111日のうち、42日間はピークの階段を上り、69日間下降してきた。
4月上旬〜中旬には1日700人以上が亡くなり、まさに戦場と化していた。
その数字が20〜30人に落ち着き、経済の再開が段階的に進められている。

世界最大の感染者数となってしまった米国。
確たる原因は解明されていないが、新しい生活様式が定着しつつある。
マスク着用の義務化、そしてハグの挨拶がエルボーバンプに変わっていった。

これから迎える第二波の状況によっては、躊躇なく再びロックダウンが宣言される。
自由の国アメリカだからこそ、容赦なく法的措置が実施される。

「我々はタフだ。ニューヨークもタフだ。
この街は良い意味で私たちをタフにしてくれる」
「我々は、これを乗り切る。なぜなら、私はニューヨークを愛していて、
ニューヨークはあなたたちすべてを愛しているからだ」
「いつだって、最後には愛が勝つ。だからウィルスにも必ず勝つ」

幾度となく励まされてきた言葉と共に、完全なる収束を祈ろう。



Day 111.
On June 19, Gov. Cuomo declared the convergence of the first wave of COVID-19 virus.
In the 111 days since March 1, the first day that the first patient was outbreak in the state, he has held a press conference with a task force including a medical team to announce the "facts".

He said, "Stay home"
"But my heart aches for who would follow these words.
I'll just give you the facts, the data, so you could think and act on them for yourself."

Has there ever been a leader who has encouraged and inspired the will of the people in this way?
Not long ago, a distant presence in Albany, the state's capital, Gov.
Somewhere along the way, he became New York's biggest hero and strongest fellows.

Forty-two of the 111 days we climbed the stairs of the peak and descended for 69 days.
By early to mid-April, New York was a veritable war zone, with more than 700 people dying a day.
That number has settled to between 20 and 30, and the economy is being reopened in stages now.

The United States has become the world's largest infected country.
The cause of the outbreak is not yet known, but a new way of life is taking hold.
Putting on the mask has become mandatory, and hugs have been replaced by elbow bumps.

Depending on the circumstances of the upcoming second wave, a lockdown will be declared without hesitation.
Though it's the land of the free, America, legal action will be implemented without mercy.

"We are tough. New York tough.
Because this place makes you tough.
That’s makes you tough in good way."

"We gonna make it. Because I love New York. New York loves me.
New York loves all of you."

"In the end of the day, Love wins, always.
And we’ll win again, through this virus."

We pray for complete convergence, along with the words that have been encouraged many times.

写真 2020-06-20 19 22 51


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next
家族ぐるみで仲良くしている友人達と、セントラルパークで落ち合う。
大人は歓声と共に抱きつきたい気持ちを抑えて、遠くから手を振る。

幼い頃から一緒に大きくなっている子供達は、
思春期の照れもあってか、最初は話もせずに目で挨拶するだけ。

ソーシャルディスタンシングを気にしながら、芝生に座り込み、
マスクの下から笑顔を交わし、離れていた時間を補うように近況報告。

すぐに元通りとはいかないけれど、少しずつ感覚を取り戻そう。
同じ空間にいることがこんなに大事なことも、コロナから学んだ。

写真 2020-05-25 17 07 21


We met up with our close family friends in Central Park.
Adults waved from afar, suppressing the urge to hug them with cheers.

Children who have grown up together since they were young,
Perhaps due to the shyness of adolescence, they didn't speak at first, just greeted with their eyes.

We sat on the lawn, worrying about social distancing.
We exchanged smiles from under the mask and gave an update to make up for the time we've been apart.

It won't be back to normal right away, but we'll get back to our senses little by little.
I've learned from Corona that being in the same space is so important.

写真 2020-06-07 16 33 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-07 16 35 56

Next
写真 2020-06-16 2 47 52

写真 2020-06-16 2 48 21


「慎重な審査をしながら、生徒との面会を許可します」
ニューヨーク市が経済再開のフェーズ1に入って1週間後のこと。
アップステートにあるスペシャルスクールから連絡が入った。

3月上旬にスクールが封鎖されて以来3ヶ月、娘に会うことを禁じられてきた。
心身疾患の多い生徒が通う学校だから、子供たちの安全が最優先。
学校を信頼するしかないとはいえ、辛く寂しい3ヶ月間はとても長かった。

アポを入れた前日に、学校から問診の電話が入る。
当日は30分前に到着して、さらなる問診と検査が施される。

学校の庭に、面会用のテントが張られていて、そこで待機すること10数分。
寮に通じる小径、スタッフに手を引かれて歩く娘の姿が目に飛び込んでくる。
久しぶりに外の空気を吸った娘は、機嫌が悪く泣き顔で、歩みが進まない。

それでも手を広げて待つと、私の胸に顔をうずめた。
本当はハグも許されないけれど、遠くで見張るスタッフが黙認してくれている。
頬を寄せて、匂いを嗅ぐと、娘の感触すべてに、私の内面が興奮する。

オンライン面会では伝えられなかった温度を、親子で感じ合うと、
娘が嬉しそうに声をあげて笑った。
もうそれだけで、私の涙腺は崩壊した。

娘との人生の中で、3ヶ月も会っていなかったことは初めてで、
忘れられているかもしれないという小さな不安、会うのが少し怖かった。

それでも娘は、笑ってくれた。
手を繋いで、新緑の美しい校内を、ゆっくりと散歩する。
当初15分程度と言われていたけれど、1時間たっぷり密な時間を共有。

娘の教育を専門家に任せようと決断した8年前。
目の見えない娘の生活を、他人に託すために苦しんだことを思い返す。

見えなくても、知的障害があっても、親子の絆は存在する。
そこだけを信じて、また手探りで歩いていこうと思う。

初夏の日差しの中で、風にたなびく草花、たくさんの生命力を感じながら、
これをどうやって彼女に伝えようと、母親は悩み続ける。

人生にも、教育にも、正解はないだろう。
共に前に進める生命がここにある、それだけが紛れもない事実。

写真 2020-06-16 2 56 59

写真 2020-06-16 3 21 24

写真 2020-06-16 3 35 22


"With a careful reviewing, we will allow you to meet your daughter from next week."
It was a week after New York City entered Phase 1 of its economic reopening.
We received a call from a special school in Upstate.

I had been barred from seeing my daughter for three months since the school was shut down in early March.
Her school is for students with many mental and physical illnesses, so the safety of the children is paramount.
Even though we had to trust the school, it was a very long, painful and lonely three months.

The day before the appointment, the school called us for a medical interview.
Before the appointment on the day, we had to arrive 30 minutes early for further questioning and testing.

In the school yard, a tent was set up for visitors and we had to wait there for more than ten minutes.
On the path leading from the dormitory, I saw my daughter walking with a staff member.
She looked in a bad mood and had a crying face, and she couldn't walk smoothly.

I was waiting with open arms, and finally held her face into my chest.
We were not really allowed to hug her, but the staff watching in the distance gave us tacit permission to do so.
My insides were aroused by all of my daughter's touches as I put my cheeks to theirs and smell them.

When we felt a special feeling as a parent and child that we couldn't convey in online visits,
She laughed out with joy.
That was all it took for my tear glands to collapse.

This was the first time in my life that I hadn't seen my daughter in three months.
I was a little afraid to see her that I might be forgotten.

Still, my daughter smiled at me.
We held hands and walked slowly around the beautiful green school yards.
We were told it would only take about 15 minutes, but we spent an hour in close proximity to each other.

It was eight years ago that we decided to leave our daughter's education to the professionals.
I think back to the pain I suffered because we had to entrust my blind daughter's life to a stranger.

The bond between parent and child exists even if she cannot see or has an intellectual disability.
I will believe in that and walk on again, groping for it.

In the early summer sunshine, feeling the plants and flowers swaying in the wind, and a lot of life force.
Her mother continues to worry about how to tell her daughter this.

There will never be a right answer to life or education.
There is life here to move forward together, that is the only indisputable fact.

写真 2020-06-20 6 53 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-16 3 21 33

Next
写真 2018-12-08 17 19 48


この写真を撮って記事を書きかけたのが、半年以上前のことだった。
酵素ジュースを飲んで、身体の内面をスッキリさせようと思っていたのに、
忙しさを理由に、気付いたらジュースの賞味期限が切れていた。

新型コロナウィルスが蔓延して、体力と免疫力の強化が最大のテーマになった。
米国のコロナ感染患者、初期に鎮痛剤・イブプロフェエンを投与したことが、
症状の重篤化に繋がったと言われている。
そして腸を整える薬によって、症状が回復した人も多いという。

日本での感染者が、米国と二桁違いに抑えられているのは、
味噌や納豆といった発酵食品を常食して、腸が鍛えられているからともいう。

こちらで手に入る、コンブチャ(KOMBUCHA)。
日本の昆布茶ではなく、紅茶に菌塊(スコビー)ときび砂糖を加えた発酵茶。
お酢の炭酸バージョンのようで、かなりクセがあるけれど、
デトックス、免疫力アップ、美肌効果も期待しながら、腸を鍛えてみよう。

写真 2020-06-05 18 57 57


It was over six months ago that I took this picture and almost wrote an article about it.
I was going to drink some enzyme juice to clear out my inner body, I was so busy that I found it was expired.

With the spread of the new COVID-19 virus, strength and immunity became the biggest theme.
There were U.S. COVID-19-infected patients, who were given the painkiller ibuprofen in the early stages of the disease.
It is said that they had led to more severe symptoms.
And some of patients have been able to recover from their symptoms with medication to regulate their bowels.

The number of cases in Japan has been reduced by double digits compared to the United States.
There are reports it's because your intestines are being trained by eating fermented foods like miso and natto on a regular basis.

I've got KOMBUCHA here.
It is not Japanese kelp tea, but the fermented tea which added fungus (scoby) and cane sugar to tea.
It is like carbonated version of vinegar, it is quite peculiar, but
I exercise my gut while also detoxifying, boosting immune system and improving skin.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
ゴルフは、最初に父から習った。
「カッコ良いスイングと、ひたすら走る根性」を、徹底的に叩き込まれた。

障害を持った長女が生まれて、ゴルフを辞めた。
「好きなものを辞めると願いが叶う」という願かけの意味もあった。

それからずっと、本当の理由は言わずに、ゴルフのお誘いを断ってきた。
今はクラブの握り方さえ記憶にないほど、遠い世界になってしまった。

ずっと捨てられなかったクラブを、処分した。
まさに青春の思い出、過去には戻れない。

還暦を過ぎたら、また再開しようかな。
あの頃のようには走れないから、カートを使うことを許してもらおう。

写真 2020-06-14 16 16 12


I was taught playing golf by my dad first.
He advised me that ladies golf needs "cool swing and guts of running".

I quit playing golf after my first daughter was born with disabilities.
It was meant to be a wish-granting; "If you quit something you love, your wish will come true."

Ever since then, I've turned down invitations to play golf without telling the real reason.
Now I'm so far removed from the world of golf that I can't even remember how to hold a club.

I threw out my golf clubs that I couldn't get rid of for a long time.
That was memories of my youth, I can't go back to the past.

Maybe I'll get back playing when I'm turn sixties.
Since I can't run like I did back then, I may use a cart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-06-10 17 47 53


ニューヨーク市がリオープンした今週、街はずいぶんと活気付いている。
フェーズ1では、小売、建設、製造、卸売業が再稼働を始めた。

小売店で客は店内に入ることはできず、店頭で商品を指定して購入する。
建設現場では怒声が飛び交い、ホームレスが元気に物乞いをしている。

市内のいたる所で「BlackLivesMatter」のデモが平和的に行われ、
NY市警察官たちは、友好的な雰囲気で、遠巻きにそれを見ている。
ダウンタウンでは、すでに渋滞が発生していた。

密集するデモに参加した人たちのなかで、コロナ感染者が出るとしたら、
恐らく来週末頃までに、その数字が顕著になるだろうと推測される。

フェーズ2の日程は、まだ正式には特定されていない。
リオープンしつつも、日本とは桁違いの感染者数が報告されているなか、
この半月が、次のステップ移行への試験期間となっている。

初夏らしい陽気が続くなか、コロナもどこかへ消え去って欲しい。

写真 2020-06-07 17 18 06

写真 2020-06-07 17 19 48


The city has come a long way this week as New York City reopened.
In Phase 1, retail, construction, manufacturing and wholesale businesses began to reopen.

Customers are not allowed to enter the store at retail, but rather specify products in the store to be purchased.
Shouting was heard at construction sites, and homeless people were cheerfully begging for food.

Peaceful "BlackLivesMatter" demonstrations have taken place throughout the city.
New York City police officers were watching it from a distance, in a friendly atmosphere.
There was already a traffic jam downtown.

If any of the people who attended the crowded protest were to be infected with corona,
Perhaps by the end of next week, the numbers will be more pronounced.

A date for Phase 2 has not yet been officially identified.
While it's reopening, the number of people infected by the disease is reported to be orders of magnitude higher than in Japan.
This half month will be a testing period for the next step in the transition.

As the early summer-like weather continues, we hope that the corona will fade away.

写真 2020-06-10 17 59 43


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-10 17 48 21
Next
自分が子供だった頃、西暦2000年になるということが信じられなかった。
世紀末が過ぎて21世紀を迎え、2020年という節目を迎えた今年、
新型コロナウィルスという、予測もしていなかった事態が世界を襲った。

身近な人がコロナに罹り、身近な人がコロナで亡くなった。
救急車のサイレンが激しく聞こえる環境が当たり前になり、
暴動から守るための板に囲まれたビルが近所の景観となった。

そんななかで誕生日を迎え、昨日と今日で何が変わったのか考える。
コロナ禍だからこそ、大切な人、大切なモノ、大切なことが顕著になった。

リモートでできることが増えた分、リアルの重みを感じる。
私はずっと、温度を感じ、温度を伝える人でありたい。

2021年の誕生日には、どんな世界が待っているのだろう。

写真 2020-06-11 7 34 55


When I was a young age, I couldn't believe that the year 2000 AD was coming.
As the end of the century has passed and we have entered the 21st century, we have reached a milestone, the year 2020.
A COVID-19, a situation that had never been predicted, struck the world.

Some friends were infected by COVID-19, and a friend passed away by it.
The sirens of ambulances could be heard loudly, and it became commonplace.
Buildings that are surrounded by board to protect against riots became the landscape of the neighborhood.

As I welcome my birthday in the midst of all this, I think about what has changed between yesterday and today.
Because of the COVID-19 disaster, the people, objects, and things that are important to me have become more prominent.

The more I can do remotely, the more I feel the importance of the real thing.
I want to be a person who feels the sensitivity and tells it.

I wonder what the world will look like on my birthday in 2021.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
2019-11-30 16.53.21-1


“REOPENING NYC”
朝から目に飛び込むこの文字に、ふと涙が出そうになった。

“DAY 100”
ニューヨークで最初の感染者が出た3月1日から100日目の今日、
クオモ州知事が「ニューヨーク市、リオープン」の宣言をした。

新型コロナウィルスは、ニューヨークの街に大打撃を与えた。
ニューヨーク市だけで感染者は20万5000人、死者2万2000人、
世界中でも最も被害の大きい都市となってしまった。

先月末に始まった人種差別に対する抗議デモや暴動が一斉に広がり、
再開に向けて準備してきていた街が、また暗闇に包まれていくかのようだった。

それでも、ニューヨークは再開する。
小売、建設、製造、卸売業で、約40万人が再稼働すると予測されるフェーズ1。
3月22日のロックダウンから2ヶ月半、ニューヨーク市民は耐えてきた。

恐る恐る戸外に出ると、大通りの車が増えたように感じる。
暴動防止の板を外し、営業の準備を始める小売店。
初夏の日差しの中、建設業の現場には大声が飛び交う。

街を歩く人はマスクで顔を覆い、路上でハグをする人もいない。
でも、明らかに昨日とは違う空気が、この街を覆い始めている。

“New York Tough”
皆を励まし続けてきた言葉の力を、今噛み締めている。

写真 2020-06-08 10 10 20

写真 2020-06-08 10 09 05


"REOPENING NYC"
In this morning, I just got the words of this big announcement, that almost got tear-filled my eyes.

"DAY 100."
Today, it could be passed 100 days after the first Patient was found in New York City on March 1.
Gov. Cuomo declared "New York City Reopens".

The COVID-19 has wreaked havoc on the state of New York.
In New York City alone, over 205,000 people have been infected, 22,000 have died, and
It has become one of the hardest hit cities in the world.

Protests and riots against racial discrimination that began late last month have spread on masse.
It seemed as if the city, which had been preparing to reopen, was going to be closed again.

Still, New York City has reopened.
About 400,000 people in retail, construction, manufacturing, and wholesale trade are expected to reopen in Phase 1.
In the two and a half months since the March 22 lockdown, New Yorkers have endured.

As I stepped fearfully out of the door, it felt as if the number of cars on Main Street had increased.
Retailers removed their protection boards for riot and began to prepare for business.
Under the early summer sun, workers were shouting at construction sites.

People walking the streets cover their faces with masks and no one is hugging in the streets.
But clearly, a different air is beginning to blanket the city than yesterday.

"New York Tough"
I am now feeling on the power of the words that have been encouraging everyone.

写真 2020-06-08 10 05 57


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
10年程前、目にとある疾患が見つかった。
まだ症例が少ない疾患かつ合併症のリスクがあって、要経過観察。

時が過ぎ、今年初めに緑内障の手術を受けた。
1ヶ月のインターバルを置いて、両目にレーザーを当てた。
麻酔が効いている間、世の中には霞がかかって、光だけが頼りだった。

コロナ禍でずっと会えなかった娘に、先日オンラインで再会した。
たった10分だけの猶予、一生懸命に呼びかけた。
娘は一瞬だけ笑って、あとはキョトンとしていた。

視覚障害と知的障害がある娘には、こちら側の世界が分からない。
世の中の情報80%は、まず視覚から得るのだという。
どんなにオンラインが発達しても、伝わらないものがある。

声をかけて、頬を触って、手を繋いで、肌と匂いを感じる。
温度がなければ、伝わらないもどかしさ。

満月の夜空を見上げながら、普遍的なものの存在を考える。
世界が変わっても、変わらない絆を、大事にしたい。

私はいつまで、この光を見届けることができるのだろう。

写真 2020-04-06 18 40 38


About 10 years ago, I was found to have a certain disease in my eyes.
It was a rare case, but there was a risk of complications and it needed to be monitored.

Time passed and I had glaucoma surgery earlier this year.
With a month's interval, I had laser treatments in both eyes.
While the anesthesia was working, the world was in a haze and the only thing I could rely on was the light.

I met my daughter online the other day after not seeing her for a long time due to the COVID-19 disaster.
It was only 10 minutes of grace, and I called out to her as hard as I could.
My daughter laughed for a moment, and the rest of the time she was confused.

My daughter, who is visually and intellectually impaired, has no idea what the world is like on this side of it.
It is said that 80% of the information in the world comes from sight first.
No matter how advanced the online world is, there are some things that can't be communicated.

I can talk to her, touch her cheek, hold her hand, feel her skin and smell.
It's a frustration that cannot be conveyed without the temperature.

Looking up at the night sky with a full moon, I thought about the existence of something universal.
Even though the world has changed, I want to cherish the bonds that remain unchanged.

I wonder how much longer I will be able to see this light.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
まず、この記事を読んでいただきたい。
#BlackLivesMatter

ミネソタで始まり、全米に広がった暴動。
「黒人の命は大事」というスローガンが、一気に広まった。
SNSでハッシュタグを付けて、抗議運動に関心があることを誇張する。
でも、どこまで理解しているか、説明しきれない人が多いだろう。

「抗議デモ」のほとんどは平和的に行われ、一部が暴徒化して「暴動」になる。
長い歴史の中で、人種差別に対する「抗議デモ」が繰り返されるのは、
アメリカ開拓という歴史を辿ると、根本的な解決が得られないからだろう。

長くアメリカに住んでいても、知らないことがある。
きちんと情報を理解して、きちんと伝えていきたいという若い世代。

差別される側にしてみると、自身が関わらないという選択肢はない。
私たちには無関心という権力があるけれど、同時に、行動を起こす力がある。
「沈黙は暴力です」

最後の言葉が、ずっと胸に響いている。

写真 2020-06-04 18 07 10


First, I want you to read this article.
#BlackLivesMatter (Japanese Article)

The riots began in Minnesota and spread across the country.
The slogan, "Black Lives Matter," went viral.
Hashtags on social media exaggerate the interest in the protest movement.
But many people will not be able to explain how deep they understand it.

Most of the "protests" are peaceful, and some turn into riots.
The long history of repeated "protests" against racial discrimination is one of that I think it's because the history of the American frontier doesn't provide a fundamental solution to the problem.

Even if you've lived in the United States for a long time, there are things you don't know.
I appreciate that she, the younger generation, wants to understand the information properly and communicate it properly.

For those who are discriminated against, they have no choice but to stay out of it ourselves.
We have the power of indifference, but at the same time we have the power to take action.
"Silence is violence."

Those last words have resonated me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
日本の友人から「ニューヨークは大丈夫?」というメッセージが届く。
昨夜に引き続き、今夜20時以降の外出禁止、戒厳令が携帯アラートを鳴らす。

ミネソタ州ミネアポリスでジョージ・フロイド氏が警官に絞め殺された。
「息ができない」「ママ」と言いながら死んでいった彼の無念を想い、
人種差別に対する抗議デモは、あっという間に全米に広がっている。

デモとは、抗議の行進であり、きちんと届出をして、平和的に行われる。
警察は遠巻きに彼らを見守り、ルールを逸している人に注意をするだけ。

31歳の男性が、16歳の若者に向かって叫ぶ。
「10年後も同じことを繰り返すな。お前たち世代が、違う解決策を考えてくれ」
ただ叫んで争うだけでは、何も解決しないのだ。

ニューヨークで起こっている暴動事件は、明らかに別の扇動者による。
デモ隊が暴徒になって、店の商品を略奪しているわけではなく、
地元のギャングや白人至上主義の左翼グループが、火炎瓶を投げているのだ。

大切なのは、人種差別されている人に寄り添う気持ち。
私たちアジア人も、これからさらに生きにくくなるのだろうか。

今夜もヘリコプターとサイレンの音で、眠れない。

注目のツイッター

略奪の真相

IMG_2789


One of my Japanese friend sent me a message that asked, "Is New York okay? "
Continuing from last night, mobile alerts set off that curfew and martial law after 8 p.m. tonight.

Mr. George Floyd was strangled to death by a police officer in Minneapolis, Minnesota.
As he died, saying, "I can't breathe," and "Mama," .
Thinking of his heart, protests against racism are quickly spreading across the United States.

A demonstration is a march of protest, neatly filed, and done peacefully.
The police just watch them from a distance and pay attention to those who are deviating from the rules.

A 31 year old man yelled at a 16 year old youth.
"Don't do it again in 10 years. You and your generation need to come up with a different solution."
Just shouting and fighting won't solve anything.

The riots taking place in New York are apparently due to a different instigator.
It's not like the protesters are going rogue and looting the store's merchandise.
The local gangs and white supremacist leftist groups are throwing flames.

The important thing is to stand by those who are being racially discriminated against.
Are we Asians going to have an even harder time living in the future?

Again tonight, I won't be able to sleep with the sound of helicopters and sirens.

IMG_2794


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

IMG_6715
Next
ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人のジョージ・フロイド氏が、
警察官に窒息死させられた事件に対する抗議行動が、全米に広がっている。
人種差別に対する抗議暴動が一気に加速して、ニューヨークも緊迫した雰囲気、
ソーホーでは、立ち上げを手伝った店舗のガラスが割られた。

コロナ感染対策にプラスして、略奪抑制のための夜間戒厳令が発令された。
人々のいないゴーストタウン、治安が徐々に悪くなってきている。
ブロードウェイの劇場は、すでに2ヶ月以上封鎖されているけれど、
ワクチンもできていない現在の状況では、年内の再開は難しいだろう。

過日、ディズニーミュージカル「FROZEN」の公演中止が決定した。
「Let it go.(ありのままに)」という大ヒット曲を生み出した映画の第2弾で、
「Do the next right thing.(自分ができることをやる)」という言葉があった。

「正しいことをやる」以前に、「自分ができることをやる」。
ずっとそう思ってきたけれど、やっぱりそれには正当な道義が必要で。

絶対という正解ではないかもしれないけれど、今、暴力では解決しない。
抗議行動でなく、ストレスのはけ口としての暴動が正当化されてほしくない。

こんなにずっと頑張ってきたニューヨークが、また崩壊する前に。
どうか、この街を、この市民の底力を、守ってください。

スクリーンショット 2020-06-01 17.26.43

©️Internet

Protests over incidents that an African-American, George Floyd of being choked by police officers in Minneapolis, Minnesota, have spread across the United States.
The riots against racism have accelerated, and the atmosphere in New York has become tense.
In Soho, the glass of the store I helped launch was broken.

In addition to the COVID-19 pandemic control, night martial law, curfews, was imposed to control looting in the city.
In Ghost towns with no people, security is getting worse and worse.
Though the Broadway theater has already been locked down for more than two months,
With no vaccine in place at the moment, a re-open by the end of the year will be difficult.

In sad, Walt Disney company recently decided that the musical "FROZEN" would be cancelled.
In the second film that spawned the smash hit song "Let it go.",
There was a saying, "Do the next right thing."

Before "doing the right thing.", "do the next right thing."
I've always believe that way, but in the end, there has to be justice.

It may not be an absolute right answer, but right now, violence is not the answer.
I don't want riots to be justified as an outlet for stress rather than a protest.

We've been working so hard to protect the city all this time.
Before New York collapses again,
Please protect this city and the strength of its citizens.

スクリーンショット 2020-06-01 17.27.09

©️Internet

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
日本にいた4月、ストレスのなかで悪夢を見た。
歯をくいしばって、目が覚めると、下の前歯が小さく欠けていた。
ロックダウン中のニューヨークに戻り、少しずつ痛みが増していった。

渡米して20年近く、虫歯で歯医者に行ったことがない。
定期検診とクリーニングだけなら、保険の補助が出るけれど、
かかりつけの歯科医も、友人に紹介された医師も、休診中で連絡が取れない。

ようやく見つけた歯科医が「緊急時の処置のみ」対応してくれるという。
ミッドタウンのオフィスまで、片道50分の道のりを、歩いて行った。

フェイスシールドとマスク、防護服を着たスタッフによる問診。
検温で規定の100.4(摂氏38.0)度にやや近い数字が出て、驚いたのは私自身。

バックオフィスから出て着た医師が、丁寧にもう一度問診を始め、
体調と歯痛による微熱と判断して、奥の診察室に入るよう指示される。

さらに既往症の問診が続き、その間ずっと私もマスクをつけたまま。
なかなか、肝心の歯を診てくれないのだ。

そしてようやく患部を一瞥すると、医師が言った。
「これはコロナによるストレスが原因だから、エマージェンシーに当たるね」
欠けた部分を削って補填して、15分程で治療は終了。

歯科保健に入っているけれど、基本的に半額しかカバーされない。
日本では想像できない程の高い治療費を支払って、帰路に着く。
冷たい雨が降るなか、またもや徒歩50分。

今度虫歯になったら、日本で治療してもらおう。
日本の優れた医療制度が、きっとコロナ感染を抑えている一因にちがいない。

写真 2020-05-22 17 38 46


I had a nightmare by the stress, when I was in Japan in April.
I clenched my teeth and woke up finding a small chipped front tooth.
After I came back in New York City during the lockdown, the pain was increasing bit by bit.

In nearly 20 years of moving to the United States, I have never been to the dentist for cavities.
If it's just regular checkups and dry cleaning, it's covered by insurance.
I couldn't get in touch with my dentist or the doctor referred by a friend because they were closed.

I finally found a dentist who would take care of "emergency procedures only".
I walked 50 minutes one way to his office in Midtown.

First, I got an interview by a staff member wearing a face shield, mask and protective gear.
I was surprised myself when my temperature reading came out slightly closer to the prescribed 100.4 degrees (38.0 degrees Celsius).

The doctor, came out from the back office, politely began to question me again.
He judged it to be a slight fever due to my physical condition and toothache, I was instructed to go into the back examination room.

More questions about pre-existing conditions followed, and I was asked to keep wearing a mask the whole time.
He took long time by when he see my teeth.

Finally, after a quick glance at the affected area, the doctor said.
"This is due to the stress caused by the COVID-19, so you need emergencies treatment."
The treatment was completed in about 15 minutes.

I have dental insurance, but they basically only cover half the price.
I paid for the treatment, which was unimaginably expensive in Japan, and headed home.
It was another 50-minute walk in the cold rain.

The next time I have a cavity, I should have it treated in Japan.
Japan's excellent health care system must be one of the reasons why corona infections are suppressed.

写真 2020-05-22 17 59 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-05-25 10 26 20


日本の緊急事態宣言が解除された今も、ニューヨークはロックダウンのまま。
政府が決めた感染患者数の基準値を下回らない限り、経済再開は先延ばしになる。

夏の始まりを告げるメモリアルデー。
毎年この日は郊外の友人宅で、BBQをするのが近年の定番になっていた。

100名近いゲストが集まり、昼間から飲んで食べて楽しんだ。
プールに突き落とされたり、花火をしたり、無邪気に遊んだことが懐かしい。

今年のメモリアルデーは、午後から気温が上がり、
初夏のような陽気に誘われて、セントラルパークにはたくさんの人が集まった。

マスクをしたまま、何となく距離を取って、芝生の上で日光浴をしたり、
一人バスケットボールや、テニスの壁打ちをする人もいた。

みんな、そろそろ限界になっているに違いない。

暴動やデモが抑えられているのは、中低所得者に対する政府の補助があるからか。
コロナ収束の理由は、何年も先の教科書では、どのように語られているのだろうか。

写真 2020-05-25 16 49 00

写真 2020-05-25 16 50 34


Even now that Japan's state of emergency has been lifted, New York remains on lockdown.
The reopening of the economy will be postponed unless it falls below the government-set threshold for the number of infected patients.

Memorial Day marks the beginning of summer.
Every year, we had a BBQ at a friend's house in the suburbs on this day.

Nearly 100 guests gathered to drink, eat, and enjoy themselves in broad daylight.
I miss being pushed into the pool, having fireworks, and playing innocently.

This year's Memorial Day was marked by higher temperatures in the afternoon and
Lured by the early summer-like weather, a lot of people gathered in Central Park.

You can keep your mask on, somehow get some distance, sunbathe on the lawn, or
One person was playing basketball and another was playing wall-to-wall tennis.

We must all be reaching our limits by now.

Are riots and demonstrations being suppressed because of government subsidies for low and middle income people?
I wonder how the reasons for the coronal convergence are told in textbooks many years down the road.

写真 2020-05-25 16 50 16

写真 2020-05-25 16 51 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-25 17 07 21
Next
写真 2020-05-22 18 04 00


日本全国緊急事態宣言の発令中、公共交通機関が通常運行していたことが、
何よりの驚きだった。
電車もバスも、窓を開けて換気をしながら、時刻表通りに運行されていた。
リモートワークが推奨され、通勤ラッシュは多少緩和されていたのだろう。

ニューヨーク市内は、エッセンシャルビジネス以外の完全封鎖が続いている。
市民の足であった地下鉄は、かなりの間引き運転になっている上に、
閉鎖された空間の悪臭と治安の悪化が懸念され、乗客は激減している。

街中の渋滞がないから、今はバスを使うのが有用であるかもしれない。
エッセンシャルがゆえに移動をする。だから運賃は不要。
運転手の安全確保のためにシートがかかり、乗客は後方のドアから乗降する。

人々はマスクをしているものの、完全に人と距離を空けられないバスの中。
それでも車椅子や歩行器を使用する客は、堂々と乗降ができるアメリカ。

アフターコロナの世界は、どんな風に変わっていくのだろう。
ソーシャルディスタンシングを保てる公共交通機関なんて、夢のまた夢。

写真 2020-05-16 18 30 33


It was the biggest surprise of all that the public transport was operating normally during the declaration of a nationwide state of emergency in Japan.
Both trains and buses were running according to the timetable, with the windows open to ventilate.
Remote work was encouraged and the commuter rush was probably eased somewhat.

New York City remains on a complete blockade except for the essential businesses.
The subway, which used to be the major transportation, is now running at a much reduced schedule, and
Fears of the stench of the confined space and worsening insecurity have caused a severe drop in passengers.

It might be useful to take the bus now, since there is no traffic in the city.
People make the move because of the essentials, so no fare is required.
Seats are separated and covered for the driver's safety and passengers get on and off through the rear door.

People are wearing masks, but in a bus that can't completely distance itself from people.
Passengers using wheelchairs and walkers can get in and out with impunity.

I wonder how the world of After Corona is going to change.
A public transportation system that can keep social distancing is just a big dream.

写真 2020-05-21 11 51 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-21 11 51 42
Next
小学校低学年の頃から、料理の手伝いをしていた。
一族揃って食べることが好きだから、大皿料理が基本で、レシピはない。
塩加減も加熱時間も、舌と頭を使って記憶するように叩き込まれた。

鍋を触って大火傷をしたり、包丁で指を切り落としそうになったこともある。
骨まで見えて救急車で夜中の救急病院に駆け込んだら、
当直の女医が気だるそうに、でも丁寧に縫合してくれたので、指は今でも動く。

今の我が家はアパート住まいで、家事を起こしたら大変だから、
子どもたちだけの留守宅では、火を使わないように徹底している。
でも、コロナ事情で在宅が続く間に、各人それぞれ少しずつ腕をあげている。

大好きなバスクチーズケーキのレシピを、妹みたいな友人が送ってくれた。
日本国内のオンラインでは、毎朝2分で売り切れになるという逸品。
久しぶりにレシピを見ながら、娘と並んでキッチンに立つ。

まろやかなクリームチーズとレモンの酸味のバランスが絶妙で、
なんというか、優しさに包まれた気分になった。

レシピを送ってくれた彼女に、無性に会いたくなった。
地球の裏側から、愛をありがとう。

写真 2020-05-17 12 34 11


Since the early grades of elementary school, I had been helping with the cooking.
My whole family likes to eat, so we serve basically a platter, no recipes.
I was taught to memorize the saltiness and the heating time using my tongue and brain.

I had experiences that I burned badly by touching pot, also I cut off my finger with a kitchen knife.
I rushed to the emergency room in the middle of the night in an ambulance since my bone could be seen.
The lady doctor on duty looked fretful, but she carefully stitched my finger up, and my finger still moves.

We live in an apartment now, and I'm scare to fire incident.
When I left my kids at home alone, I ask them that no fire is used.
But each one of them is getting a little better at it while we're at home due to the COVID-19 situation.

I got the recipe of my favorite Basque cheesecake from a friend who is like my sister.
It's a gem that sells out in two minutes every morning online in Japan.
For the first time in a long time, I stood in the kitchen side by side with my daughter, looking at a recipe.

写真 2020-05-17 12 39 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-17 12 43 35 (1)

Next
写真 2020-05-16 10 21 15


ロックダウンが6月13日まで延長と報道されて、ニューヨーク市民は落胆した。
翌朝に5月28日までと訂正報道があったけれど、きっとまた延長されるのだろう。

週末、初夏のような陽気に誘われて、市民はアパートの外に飛び出した。
公園の散歩だけでは飽き足らず、芝生に寝転がって寛いだり、
テイクアウトの店の前で、ビールを飲んでいる人もいた。

マスクをして、ソーシャルディスタンシングを遵守してはいるけれど、
自分が感染源になる可能性があることを、どこまで自覚しているのだろう。

目の前に、白杖を持って歩く人がいた。
帽子をかぶり、サングラスとマスクをつけて、全身をしっかり防護している。

彼が立ち止まって戸惑った様子を見せた時に、私はすぐに声をかけられなかった。
近くに他の人がいたことと、彼の表情が見えなかったことを、自分への言い訳にした。
弱者救済をうたっているのに、自分は一体何をしているというのだろう。

コロナ禍事情で、自分が加害者(感染源)になりうる自覚は皆にある。
だからこそ、置き去りにされてしまっている弱者の状況を気にかけたい。

娘の学校は、もう2ヶ月も封鎖されたままでいる。

写真 2020-05-16 10 21 50

写真 2020-05-16 10 22 57


New Yorkers were dismayed when it was reported that the lockdown would be extended until June 13.
The next morning, there was a corrected report that it would be until May 28, but we're sure it would be extended again.

Over the weekend, lured by the early summer-like cheerfulness, the citizens ventured out of their apartments.
As a walking in the park was not enough, there were people who had picnic on the yard.
Some people were drinking beer in front of the take-out bar.

Although they wear a mask and adhere to social distancing,
I wonder to what extent they are aware that they could be a source of infection.

In front of me, there was a person walking with a white cane.
He wore a hat, sunglasses and a mask to protect his entire body.

I couldn't talk to him right away when he stopped and looked puzzled.
I used the facts as my excuse that there were others nearby, and that I couldn't see his face.
What am I doing when we are claiming that we want to be helping the weak in the world ?

Everyone is aware that we can be the perpetrator (source of infection) of the corona disaster.
That's why we have to care about the situation of the vulnerable people who are being left behind.

My daughter's school has been on lockdown for two months now.

写真 2020-05-16 10 21 21


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-16 10 22 07

Next
写真 2020-05-16 9 49 07


ニューヨーク市内の公立中高では、3月半ばにトライアルがあって、
ロックダウン後すぐに、オンラインでの授業が始まった。

子どもたちは、小学校でパソコンの導入をすべて学んでいた。
中高では日常的な課題提出も、オンラインでやることに慣れているから、
親世代が思うほどのトラブルもなく、授業がスタートしたようだった。

ZOOMではなく、グーグルクラスルームというアプリを使用。
朝8時半から10時までに、クラスルームに出席のサインインをする。
その日の授業一覧がリストアップされている画面から、課題をピックアップ。

新しい過程に入る時は、教師が作成した例題やプリントを見る。
担当教師が設定した「オフィスアワー」に質問をすると、回答が返ってくる。

毎日何かしらの課題提出期限があるので、ほぼ1日中パソコンを触っている。
気が付けばいつも、クラスメイトとチャットしているのが気になるけれど、
一緒に宿題をやっているというのを、信じてあげよう。
我が家はゲームアプリを一切入れていないので、あまり道は外れていないはず。

今日の日本語補習校のオンライン授業は、ZOOMなのでさぼれない。
学校と職員の皆様の迅速で真摯な応対に、頭が下がる。

オンライン授業に慣れてきた娘は、このまま学校が閉鎖でも良いと言う。
運動好きな長男と次男は、やはり友達と一緒にスポーツをやりたいと。

学校生活で必要なのは、休み時間に友達とくだらない話をしたり、
トラブルがあった時に、仲間と一緒に解決する方法を模索すること。

泣いても笑っても、時間は同じように過ぎていく。
ロックダウンの続くニューヨーク。

子どもたちがコロナで何を学ぶのか。
失った時間は、二度と取り戻せない。

写真 2020-05-15 8 37 37


At public middle and high schools in New York City, there had a system trial in the middle of March.
Soon after the lockdown, online classes have began.

The children had learned all about the introduction to computers in primary school.
In middle and high school, they are used to doing daily assignment submissions online, so
The class seemed to have started without as much trouble as the parent generation would have liked.

Instead of using ZOOM, they use an app called Google Classroom.
They sign in for attendance in the classroom between 8:30am and 10am,
and pick up the assignment from the screen that class lists of the day.

When entering a new process, they look at the examples and handouts created by the teacher.
If they ask a question at an "office hour" set by their teacher, they will receive an answer.

They have some kind of assignment due every day, so they spend almost all day in front of the computer.
Though I always find themselves chatting with classmates,
I would like to believe that they are doing their homework together.
My kids' computers don't include any gaming apps at all, so I believe they might not be too far off the right way.

Today's online class of Japanese school uses ZOOM, so they can't miss it.
We appreciate the school and staff for their prompt and sincere response.

My second daughter, who has become accustomed to online classes, says it's okay if the school continues to be closed.
My sons are very athletic and want to play sports with their friends.

I think all they need to do in school is chatting with your friends at recess and, or finding a way to solve it with your peers when they have trouble.

Whether we cry or laugh, time passes in the same way.
The lockdown in New York continues still.

What will the children learn with COVID-19 ?
The time lost can never be regained.

写真 2020-05-15 8 01 36 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-15 8 36 12
Next
写真 2020-05-09 10 58 21


シリアスなニューヨークの現状をお伝えしてばかりの昨今、
日本の友人が、私のメンタル状態を心配して連絡をくれる。
オンラインで繋がると、画面の向こうの笑顔に、お互いホッとする。

狭い空間で家族がずっと顔を合わせていると、煮詰まるのは当然で、
少しでも一人の時間が欲しいと思ってしまう。

朝起きてバスタブに浸かりながら、キンドルで本を読む。
子供たちのオンラインスクールが始まると、近所を歩く。

遠い距離を保ちながら歩く人々は、明らかに以前とは違うけれど、
外に出て深呼吸できることが、幸せだと思える。

こんなにも一人になりたいと思うのは、ワガママだろうか。
帰り道ではもうすでに、ちゃんと次の食事メニューを考えている。

終わりなき戦いは、どこまでも続いている。

写真 2020-05-07 10 18 30

写真 2020-05-02 10 26 16


I've been reporting on the current state of New York City for a while now.
My friends in Japan are worried about my mental state and give me a contact.
When we connect online, we both feel relieved to see the smiles on the other side of the screen.

It's natural to stuck in a small space where families are facing each other all the time.
I can't help but want a little alone time.

I wake up in the morning and read a book on the Kindle while soaking in the bathtub.
I go for a walk after the children's online school begins.

Although the people walking by keeping social distancing are clearly not the same as before,
Being able to go outside and take a deep breath makes me feel happy.

Is it selfish that I want to be alone so much?
On the way home, I always think about the menu for our next meal.

The endless battle goes on and on.

写真 2020-05-02 10 39 32


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-07 9 33 54
Next
私がニューヨークを離れている間にも、コロナ最前線で戦う人々がいた。
医療崩壊のなか、元医師や元看護師などの経験者に声がかかり、
ボランティアで、市民救済の現場に向かって行った。

前線でコロナに感染して、しばし療養した後に現場に復活した看護師の友人。
医療現場を支えようと、無償で弁当を届けるシェフたち。

4月末、友人の訃報が入った。
コロナに感染して、1ヶ月の闘病の末に、ついに力尽きたのだいう。
誰しもがその知らせに耳を疑ったけれど、これがコロナの現実なのだ。

最期の時に、身内にも会えない現状。
生前の彼女を知る友人たちが、オンラインでの追悼式を企画してくださった。
一緒に祈りを捧げるために、世界中から100人近い参加者が集った。

ファッション業界の第一線で活躍していた彼女との初対面は強烈だった。
歯に衣着せぬ鋭い言葉で、とても攻撃的な姿勢に私は少し戸惑った。
でもその後に寄せてくれた言葉に、彼女のもう一つの側面を垣間見た。

人生の先輩でもある彼女に、何度も励まされた。
「貴女の生き方を尊敬している。応援しているわよ」
私は彼女に何も返せていないことが、今でも本当に心残り。

追悼式で、誰もが同じような言葉を並べていた。
強い個性を一途に持ち続けた彼女の人生こそが、敬愛すべき思い出。
どこまでもかっこいい生き方を貫いたマリさん。
天国で、どうぞ安らかに。

スクリーンショット 2020-05-09 19.31.21


Even while I was away from New York, there were people fighting on the front lines versus COVID-19.
In the midst of the medical collapse, former doctors, former nurses, and others with experience in the field have been called upon.
They volunteer to go to the site of Civil Relief.

There is a friend, nurse who was infected with corona on the front lines and returned to the scene after recuperating for a while.
Also, there are chefs deliver lunchboxes for free to support the medical community.

A friend passed away at the end of April.
She was infected with the COVID-19 and finally ran out of strength after a month-long battle with the disease.
Everyone doubted the news, but this was the reality of Corona.

At the end of her life, she could not even see her relatives.
Friends who knew her lifetime have organized an online memorial service for her.
Nearly 100 participants from around the world gathered to pray together.

She had been at the forefront of the fashion industry.
As it was a kind of intense when I met her first time, I was a little bewildered by her very aggressive posture with her sharply words.
But the words she gave me afterwards gave me a glimpse of another side of her.

She is a senior in the life, and she has encouraged me many times.
" I admire the way you live your life. i"m rooting for you."
I really missed that I haven't been able to give anything back to her.

At the memorial service, everyone told a similar words.
Her life as a strong, single-minded individual is a memory to be revered.
Mari-san, you had lived such a cool life.
We wish you all the best in heaven.
Please rest in peace.

スクリーンショット 2020-05-09 19.57.10

スクリーンショット 2020-05-09 20.00.14


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-13 12 11 30

Next
「どれがいったい本当なの?」
日本にいる友人が送ってきたリンクを読んで、虚無感に襲われた。

「ニューヨークは911に匹敵する惨状。病院は地獄絵のよう。はすべて嘘」
この文章を書いた方は、きっとニューヨークの真の現実を知らない。

街中に遺体が放置されているわけでもないし、公園を散歩もできる。
店の前に並んで順番を待てば、生活必需品の買い物もできる。

でも現実として、コロナで亡くなった友人のオンライン追悼式をして、
エッセンシャルワーカー以外すべての人が家にとどまる司令を受けている今。
ニューヨークは、明らかに以前とは違う街になってしまった。

どれも本当でないし、どれも嘘でない。

視聴率や読者獲得のための文章が濫立している今、
信じられるのは、自分の目で見て感じた事実だけ。

ニューヨークは、戦っている。
ニューヨークは、負けない。

写真 2020-05-07 10 20 47


"What's true?"
I read the link my friend in Japan sent me and was struck by a sense of emptiness.

"'New York is a devastation comparable to 911.' 'The hospital is a hell of a picture.' are all lies."
I'm sure the person who wrote this is unaware of the true reality of New York City.

It's not like there's a body left out in the city, and qe can go for a walk in the park.
If we stand in line at the front of the store and wait our turn, we can shop for the necessities of life.

But the reality is, we had an online memorial service for a friend who died in Corona, and
Now that all but the Essential Worker are receiving the command to stay home.
New York has clearly become a different city than it used to be.

None of it is true, and none of it is a lie.

In a time when writing is rampant for ratings and readership
The only thing we can believe is the fact that we have seen and felt it with our own eyes.

New York is fighting.
New York never gives up.

写真 2020-05-07 10 21 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
「誕生日は母に感謝する日」だと教えられてきた。
「母の日」、もちろん母に感謝を伝えたいけれど、
祖国で入院中の母に、それを伝えるすべがない。

5月に雪が降った土曜日。
少し気温の上がった日曜日。
マンハッタンの週末は、恐ろしいほど静かに過ぎていく。

人通りのない街、マスク姿ですれ違う人と、目で会話をする。
お互い頑張って、生き抜いていこうよね、と。

今は無性に、母にありがとうを伝えたい。

写真 2020-05-10 12 46 34


I've been taught that the birthday is a day to thank your mother.
On Mother's Day, I wanted to say thank you to my mother, of course, but
There was no way to tell my mother, who was in the hospital in Japan.

Yesterday was a snowy Saturday in May.
Today was a slightly warmer Sunday.
The weekend in Manhattan passed horribly quietly.

On a deserted street, we use our eyes to converse with people passing.
"Let's work hard and get through this situation."

Right now, I just want to say thank you to my mother.

写真 2020-05-10 12 48 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
この2ヶ月ずっと、着飾ることをしていなかった。
Tシャツにジーンズかスパッツ、化粧の仕方すら忘れてしまった。

オンライン会議で、きちんとした洋服を着ている友人を敬服した。
ふと自分を振り返ると、ピアスの穴が塞がりそうになっていた。

ピアスはいつも、師匠に作ってもらっていた。
本物をさりげなく身にまとえる女性になることが、約束だったから。

クローゼットにしまい込んでいた、ダイヤのピアスを取り出した。
気持ちだけでも、今の状況に負けてはいられない。

少し窮屈な付け心地のピアスを、ぐっと耳たぶに押し込んだ。
これは私にとって、ある種の儀式。

大切な人、大切なもの、大切なこと。
世界が変わっても、心は変わらない。

自分らしくあるために、こんな叙情も大切にしたい。

師匠とピアスのストーリー

写真 2020-05-09 15 58 53


I hadn't been dressing up for the past two months.
I was wearing a T-shirt, jeans or spats, and I've forgotten how to put on makeup.

At an online conference, I admired a friend who wore neat clothes.
I looked back at myself and saw that the hole in my piercing was about to get plugged.

My pierces were always made by my maestro.
It was my promise with him to become a woman who could wear the real thing casually.

I took out the diamond pierces that I had put away in my closet.
During the current situation, I want to get the best of me, even if it's just my feelings.

I pushed the slightly snug pierces into my earlobe.
This was a ritual of sorts for me.

Important people, important things, important business.
The world may change, but the mind remains the same.

In order to be myself, I want to cherish this kind of feeling.

Please click to read my pierces story.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-05-03 10 10 24


生活必需品を買いに行ったり、犬の散歩をしたり。
必要最低限の外出は、許容されている。

ジョージワシントンブリッジから少し北へ上がったところ。
ハドソン川を横に、小さなニューヨーク州立公園がある。

小さいといっても、木の生い茂るハイキングコースもあって、
日本の規模と比較すると、とてつもなく広いのかもしれない。

韓国人がマスクをしながら、フィールドでサッカーをやっていた。
巡回中の警察官がやってきて、警告をしていた。

ソーシャルディスタンスを保ちながら、少しだけ林の中を歩く。
こんな時にも自然の力は偉大で、薫風が優しく額を撫でる。

マスクと手袋をしたまま、大きく息を吸う。
明けない夜はないはずなのに、出口の見えないトンネルは長い。

「生きる」ことが用事なのだから、「不要不急」の判断は難しい。
せめて深呼吸をする場所が、欲しいと思う。

明日でも出来るという保証はないから、
今日出来ることは、今日やってしまおう。

写真 2020-05-03 11 28 01


Go shopping for the necessities of life, walk the dog, etc.
The minimum necessary outings are acceptable in NYC.

A little north of the George Washington Bridge.
Across the Hudson River, there is a small New York State Park.

Even though it is small, there are hiking trails with thick trees.
Compared to the size of Japan, it may be a huge area.

The Koreans were playing football on the field while wearing masks.
A patrolling police officer came over and gave them a warning.

We walked through the woods for a bit, keeping the social distance.
The power of nature was great even in times like these, and the fuming breeze gently caressed my forehead.

I took a big breath while wearing the mask and gloves.
There should be no night without dawn, but the tunnel with no exit in sight is so long.

It's hard to judge "unnecessary and urgent" because "living" is what it's all about.
I wish there was at least a place to take a deep breath.

There's no guarantee we can do it tomorrow.
What we can do today, let's do today.

写真 2020-05-03 11 26 52

写真 2020-05-03 10 57 41


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-03 11 18 44

Next
世界的なロックダウン以降、オンラインサロンの熱気がすごい。
セキュリティも懸念されるけれど、あっという間にシステムが構築されている。

日本時間での開催は、当地の深夜から早朝にかけてがほとんどで、
朝御飯のメニューを考える横で、朝日がゆっくり顔を出す。

画面の向こうでは、ビールやワイン片手に参加する方もいて、
そんな温度差すら楽しいのは、オンタイムならではの刺激があるから。

これまで「直接面識のない人とは繋がらない主義」を主張してきたけれど、
それはあくまでも「自己紹介なしに、ただ繋がること」に賛同できないだけ。

オンラインサロンでは、画面越しに顔を合わせて話ができるから、
きちんとその人となりを知り、後からじっくり吟味して繋がることが出来る。

先日もイタリアとニューヨークと東京が繋がって、新しい出会いを堪能した。
オンラインアートサロン「つくらない都市計画」詳細はこちら
KUDAN HOUSEに関する以前の記事

スクリーンショット 2020-05-06 07.39.11



Since the global lockdown, the enthusiasm for online salons has been amazing.
Security is also a concern, but that system is being built in a blink of an eye.

In Japan time, most of the events are held from late at night to early in the morning in New York.
The morning sun slowly peek out while I think about the breakfast menu while I join the meeting.

On the other side of the screen, there are people joining in with beer and wine in hand.
Even such a temperature difference is fun because there is a stimulus that only on-time can provide.

Although I've always advocated the "I don't connect with people who don't know directly",
It's just that I don't agree with the idea of "just connecting without introducing yourself".

In an online salon, we can talk face-to-face through a screen, so we can get to know the person properly, and then we can connect with them after carefully examining them.

The other day, Italy, New York and Tokyo were connected and I enjoyed meeting new people.
The details of the "Online Art Salon" is on the website.
Previous article of "KUDAN HOUSE"

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
今朝5時のニューヨークは晴れ。
気温7度、寒過ぎる。

アパートの窓から、朝日がのぼるのを眺める。
いつもの朝のはずなのに、いつもの光景じゃない。

私の住むアパートは、1フロアーに5ユニット。
ニューヨークに戻ると、3ユニットが引っ越していた。

田舎に疎開したり、家賃が払えなくなったり。
いろんな事情があるのだろう。

今は隣に一人暮らしのおばあちゃんがいるだけで、
ここから見る景色も、ブラインドが開かない窓ばかりになった。

夜明け前、1人で起きていると、感性が敏感になり過ぎる。
でも、世界のどこかでは、人々が活動している時間。

明日はまた、新しい朝がやってくる。

写真 2020-05-05 5 43 00


It was sunny in New York at 5am this morning, 7 degrees, too cold.

I'm watching the morning sun rise from the window of my apartment.
It's supposed to be a normal morning, but it's not the usual sight.

The apartment I live in is five units on one floor.
When I returned to New York, the family of three units had moved out.

They were evacuated to the countryside or couldn't pay the rent.
There must be a lot of circumstances.

Now there just have an old-lady who lives next door to us by herself.
The view from here, too, is now only windows with no blinds open.

Waking up alone, before dawn, makes my senses too sensitive.
But in some parts of the world, the time when people are active.

Tomorrow will be another brand new morning.

写真 2020-05-05 5 43 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-04-29 2 06 06

写真 2020-04-29 2 06 15

写真 2020-04-29 2 11 58


コロナ禍で世界が混沌とするなか、やむを得ぬ事情があった。
家族と一部の仕事関係者以外には誰にも連絡しないまま、
日本に行き、ニューヨークに戻ってきた。

当初予約していたJAL便は、5月末まですべて運休。
ボストン支店長夫妻が心配してアドバイスをくださり、
早々にシカゴ行きのチケットを予約し直した。
しかし検疫で足止めされたら、シカゴで2週間過ごさなくてはならない。

かろうじて週に1便運航しているANA便のチケットを買い直すことだけが、
ニューヨークに真っ直ぐに戻る唯一の手立てとなった。

フライト当日、成田空港はガラガラで、空港内の店舗もすべてクローズ。
搭乗した飛行機は、前方に乗務員がたくさん乗っていたけれど、
乗客は全部で20名ほどで、私の座ったキャビンは、私1人の貸切状態だった。

乗務員はマスクと手袋を着用して、必要最低限しか接客しない。
機内換気システムで、3分間で空気を入れ替えるというアナウンス。
幸い、具合の悪そうな乗客もいないし、ソーシャルディスタンシングも十分。

胸のざわめきと不安感で一睡もできぬまま、JFK空港に到着。
強面をした入国審査官からいろいろ質問された後、ようやく彼が微笑んだ。
「ウェルカム・バック(お帰りなさい)」

夜半から雨が降り始め、通りから救急車のサイレンが鳴り響く。
時差で朦朧とするなか、過ぎ越した時間を振り返る。

日本に戻るフライトは乗客も多いらしく、乗務員の苦労が偲ばれる。
日の丸をつけた飛行機が、いまだ米国を往来していることに心底感謝。

いっそのこと、家族みんなで祖国に引き上げたいけれど、
娘を残して日本には帰れない。

以前のように、自由に往来できる日が再びやってきますようにと願う。

写真 2020-04-29 2 13 21

写真 2020-04-29 3 18 50


While the world was in chaos due to the COVID-19 disaster, there were unavoidable circumstances.
Without contacting anyone but my family and some of my business associates, I went to Japan and came back to New York.

The JAL flights that I had originally booked were all cancelled until the end of May.
The Boston branch manager and his wife were concerned and gave me some advice.
Early on, I rebooked my ticket to Chicago.
But if I were stranded in quarantine, I should have to spend two weeks in Chicago.

The only thing I could do was to buy a new ticket of ANA flight.
That was barely-there once flight a week, and the only way to get straight back to New York.

On the day of the flight, Narita Airport was so quiet and all the shops in the airport were closed.
The business class of the plane had a lot of flight attendants.
There were about 20 passengers in all, and the cabin I sat in was chartered to me alone.

Flight attendants wear masks and gloves and served only the bare minimum necessary.
An announcement was made that the in-flight ventilation system would change the air in three minutes.
Fortunately, there were no passengers who looked unwell, and there was enough social distancing.

I arrived at JFK airport after not getting any sleep due to anxiety.
He finally smiled after being asked a lot of questions by the strict-faced immigration officer.
"Welcome back.

It started raining in the middle of the night and the ambulance sirens blared from the street.
While I was troubled the time difference, I looked back at the time that has passed.

It seems that there were many passengers on the flight back to Japan, which reminds me of the hardships of the flight crew.
I am grateful that planes with the Japanese flag are still flying in and out of the United States.

I wish I could take the whole family back to my country.
I can't leave my daughter and go back to Japan.

May the day come again when we can come and go as freely as we did before.

写真 2020-04-29 3 43 38

写真 2020-04-29 3 44 15

写真 2020-04-29 5 13 31

写真 2020-04-29 10 30 20 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-04-29 5 11 01

写真 2020-04-29 12 13 49
Next
ニューヨーク在住邦人の友人が、コロナ感染の犠牲となった。
1ヶ月に及ぶ入院闘病、必ず元気な顔で戻ってくると皆が待っていた。

逆算すると、街がロックダウンされる前に、感染していたことになる。
あの頃は皆、まだそこまで深刻に捉えずに、会食も打ち合わせもしていた。
有事に備えての買い出しも、マスクや手袋もせずに、無防備だった。

この時期に、この街を離れ、またこの街に帰ってきた。
いまだに穏やかな雰囲気の日本と、戦々恐々とした米国。
密かに行動を完結しようと思っていたけれど、コロナの恐怖がすぐ身近にあり、
双方を体感しているからこそ、伝えるべきかもしれないと、今思う。

我が家のすぐ裏にはFDNY、4ブロックのところに総合病院がある。
朝から晩まで救急車が発動し、遺体を安置するトラックが路駐してある。
この光景が映画のワンシーンでないことを、もう脳が認識している。

ニューヨークは戦っている。
見えないウィルスという敵、出口の見えないストレス。
人々は交錯する情報に惑わされ、不安と恐怖と共に生きている。

そんななか、確かなリーダーが救いとなって、希望を与えてくれる。
毎晩19時になると、エッセンシャルワーカー達への拍手と歓声が湧き上がる。
歴史に残るような惨事を、何とか生き抜かないとと励まされる。

日本の皆さん、とにかく「感染しない、させない」でください。
ただ家にいるだけで、救える命があることを、意識してください。
美しく聡明な国、ニッポンを守ってください。

「たとえ明日、世界が滅亡しようとも、今日私はリンゴの木を植える」
今日自分にできることを精一杯やることが、きっと明日に繋がる。

写真 2020-05-01 2 52 21


A Japanese friend living in New York passed away, became a victim of COVID-19 infection.
After a month-long battle with hospitalization, everyone was waiting for her to come back with a healthy face.

If we do the math backwards, she would have been infected before the city was locked down.
At that time, everyone still didn't take it so seriously and had meetings and dinners.
We were unprotected, without a mask or gloves, even as we went shopping in case of emergencies.

At this timing, I left the city and came back here.
There still has a calm atmosphere in Japan, and the US is like a war place.
I had secretly wanted to complete my action, but the fear of COVID-19 was so close at hand.
I think now that maybe I should tell you because I'm experiencing both.

FDNY is located right behind my apartment, and there is a general hospital four blocks away.
From morning to night, ambulances are in motion and trucks are parked on the road to morgue the bodies.
My brain is already aware that this scene is not a scene from a movie.

New York is fighting.
An enemy is an invisible virus, a stress with no visible exit.
People are misled by the confusing information and living with anxiety and fear.

In the midst of all this, a solid leader helps and gives us hope.
Every night at 7pm, the applause and cheers for the Essential Workers erupt.
We have to somehow survive a catastrophe that will go down in history.

To everyone in Japan, please don't get infected and don't let it happen.
Please be aware that there are lives that can be saved just by being at home.
Please protect Japan, a beautiful and intelligent country.

Martin Luther said, "Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree."
Doing what we can do today to the best of our ability will surely lead to tomorrow.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next