今年初め、中国・武漢から新型コロナウィルスの速報が伝えられた頃、
米国人にとってそれは、遠いアジアで起こった「対岸の火事」でしかなかった。

3月1日、ニューヨークで初めての感染者が確認された時も、
まだニューヨーカーはどこかで、楽観視していたに違いない。
たった4週間、ニューヨークだけで6万人近くが感染し、
米国全土ではすでに12万人超、イタリアを抜いて世界一の数字を記している。

3月7日、国家非常事態宣言の後、娘の学校から面会禁止令が伝えられた。
3月11日の誕生日、17歳の誕生日をどのように過ごしたのだろうか。
会えない辛さ、やるせなさ、無力さ。
そこからは、すべての風景が、色を失っていった。

NY州は、大人数での集まりを禁止し、飲食店の制限を始めたのを皮切りに、
3月16日には公立学校を閉鎖、特定の業種以外の自宅勤務を命じた。
3月22日、不要不急以外の完全なる外出禁止令、いわゆるロックダウン。

周囲には一気に失業者が増えて、街はゴーストタウン化している。
国際展示場として有名なジャビッツセンターに、1000床のベッドが設置され、
セントラル・パークにも、緊急野外病院が作られた。
遺体安置のためのテントを見れば、誰しもが我が身を案じるのは当然で。

「外出自粛」は、「絶対に外に出てはいけない」というお達し。
比較的症状の軽い子供や若者がキャリアとなって、お年寄りの命を奪っている。
自分が感染しない、させないために、責任を持って行動すること以外、
今の私たちにできることがあるのだろうか。

戦地となったこの光景が、いつかまた鮮やかな色を取り戻すように。
私たち一人一人が、問われている。

スクリーンショット 2020-03-30 06.42.43

スクリーンショット 2020-03-30 06.10.02

©️DAILY NEWS

Earlier this year, when a breaking news of the new coronavirus was reported from Wuhan, China,
For Americans, it was just a “something unrelated itself” in distant Asia.

On March 1, when the first infected person was identified in New York,
The New Yorker must have been optimistic somewhere.
In just four weeks, nearly 60,000 people were infected in New York alone,
More than 120,000 people across the United States have overtaken Italy, setting the world's highest figure of infection.

On March 7, after a " National Emergency Declaration", my daughter's school sent a ban on visits.
How did she spend her 17th birthday on March 11th ?
The spicy, insatiable, helplessness I can't meet.
From there, all landscapes have lost color.

The State of New York banned large groups and began restricting eating and drinking establishments,
On March 16, it closed the public school and ordered to work from home.
On March 22, it asked a complete curfew, so-called lockdown.

The unemployed people are increasing all around, and the town is becoming a ghost town.
At the Javits Center, which is famous as an international exhibition center, 1000 beds are installed,
An emergency outpatient hospital was also set up in Central Park.
If you look at the tents for mortuaries, it's no surprise everyone fear the corona-virus.

"forbidden to go out" means that "you must never go outside".
Children and young people with relatively mild symptoms have become carriers and may have killed the elderly.
Other than acting responsibly to keep ourselves from getting infected,
What can we do now?

Hope the sight that became the battlefield will regain vivid colors someday.
Now, each of us is being asked.

スクリーンショット 2020-03-30 06.43.00

©️DAILY NEWS

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
スクリーンショット 2020-03-30 06.14.33

©️DAILY NEWS
Next
ニューヨークの街は、いよいよ厳戒態勢に入った。
食料品の買い出しと病院や薬局に行く以外、一切の外出禁止令。
海外に出ている米国人には、急いで帰国するようにとの通達。

米国での感染者倍増を受けて、日本側でも米国からの入国制限。
しかしテレビの映像から流れてくる日本は、なんと穏やかなことだろう。
桜の開花を知らせるニュースを伝えながら、花見宴会を制限する矛盾。

東京オリンピック2020年の延期が決定。
他国に比べて圧倒的に感染が抑えられているように見える日本に、
第2第3の波が及ばないように、もっと早く決断すべきだったのではないか。

この温度差は、何だろう。

私は、自分の役割をまっとうしなくては。
写真 2020-03-19 14 39 10


The city of New York is now on high alert.
There is curfew except buying food and going to hospitals and pharmacies.
We got announcement that Americans abroad that they should return home in a hurry.

Due to the doubling of the number of infected people in the United States, Japan restricts entering from the United States.
But what a calm Japan can be when we see from TV news.
We feel there is a contradiction that restricts the cherry blossom banquet while communicating news that the cherry blossoms are blooming.

The postponement of the Tokyo Olympics 2020 has been decided.
In Japan, where infection seems to be overwhelmingly suppressed compared to other countries,
they should have made a decision earlier so that the second and third waves would not reach.

How come does this difference happen?

I have to fulfill my role.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
クオモ州知事が、特定業種以外すべての会社の自宅勤務を命じた。
米国の感染者数は、あっという間に1万人を超え、
公立大学の寮を患者のベッド代わりにするため、学生に退去勧告。

自宅近辺の住宅街も、食料品を買いに行く人を見かけるぐらいで、
お年寄りや子供たちの姿は、すっかり消えた。

最後の仕事と意を決してダウンタウンに行くと、
ソーホーの街がゴーストタウンのように、静まり返っていた。

さらに下のチャイナタウンは、たくさんの飲食店が潰れて、
街を歩く人は、マスクと重装備で身を固めている。

まるで、映画のワンシーンのなかにいるよう。

夢なら、醒めてほしい。

写真 2020-03-19 14 38 46

写真 2020-03-19 14 37 41


The governor of Cuomo has ordered all companies to work from home except for certain industries.
The number of infected people in the United States quickly exceeded 10,000,
Students was ordered to leave the dormitory of a public university to serve as a bed for patients.

In the residential area near my apartment, I see people who go shopping for food,
The elderly and the children have disappeared.

When I went downtown with my last job,
The city of Soho was quiet, like a ghost town.

In Chinatown, many restaurants have gone bankrupt,
People who walk around the city were wore with masks and heavy equipment.

It was like being in a movie scene.

If it's a dream, I want to be awake.

写真 2020-03-19 14 38 40


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-19 14 35 49

Next
公立学校が閉鎖して2日目、セントラル・パークは春の空気。
エネルギー有り余る子供たちは、自然とセントラル・パークに集まった。

桜のつぼみが膨らんで、ここだけ見ていると、平和ないつもの光景なのに、
心はずっとザワザワと落ち着かない。

アメリカ市民に、海外旅行を取り止めて帰国するように勧告が出た。
いよいよアメリカが封鎖されるのか。

居場所は、どこにあるのか。
生き延びるには、どこにいるべきか。

写真 2020-03-18 15 53 17

写真 2020-03-18 15 53 39

写真 2020-03-18 15 54 02


On the second day after the closing of the public school, Central Park was filled with spring air.
Energetic children naturally gathered in Central Park.

The buds of the cherry blossoms were swelling, and if we just look here, it was a peaceful usual sight,
But my heart was always shaking.

American citizens were directed to stop traveling abroad and return home.
Will the United States finally be locked down?

I wonder where my whereabouts is.
I wonder where I should be to survive.

写真 2020-03-18 15 52 28

写真 2020-03-18 15 54 47

写真 2020-03-18 15 56 12


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-03-18 15 56 31

写真 2020-03-18 15 56 44

Next
日曜日の夕方17時、クオモ州知事の記者会見を見守る。
翌日から、学校やレストラン・バーが一斉に閉鎖。
前日まで50人以上の集まり禁止だったのが、10人以上の集まり禁止になった。

月曜日のセントラルパーク。
春の花は咲いているけれど、気温5度で、ほとんど人がいない。
犬の散歩をするドッグシッターと、ジョギングする人がチラホラ。

火曜日の夕方17時、デブラジオ市長が会見する。
48時間以内に外出禁止令の発令を決断する、と。

いろんなカウトダウンがあるけれど、ロックダウンまでの秒読みに入り、
預金凍結も時間の問題。
トランプ大統領が、最後の切り札を用意しているのか。

いよいよメンタルが、しんどい。

写真 2020-03-16 9 40 50


We kept eyes on the press conference of Governor Cuomo at 17:00 on Sunday evening.
The following day, schools, restaurants and bars have closed all at once.
The ban on gathering more than 50 people until the day before had been banned from gathering more than 10 people.

Central Park on Monday.
Spring flowers were in bloom, but the temperature was 5 degrees and there were few people.
There had some dog-sitters and runners.

At 17:00 on Tuesday evening, Mayor Debradio declared that he would issue a "shelter in place" within 48 hours.

There are various countdowns, but on the way to countdown to lockdown, bank freezing will also a matter of time.
Hope President Trump preparing the last trump card.

My mental is getting weak now.

写真 2020-03-16 9 40 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-02-29 11 04 55

写真 2020-02-29 12 02 50


週末、友人に誘われて、練り切りレッスンに出かけた。

茹でた白いんげん豆や白アズキに、砂糖か蜜で甘みをつけた「白あん」。
そこに芋や米粉といったツナギの食材を入れて作った「練り切りあん」に、
手作業で繊細な加工をして「練り切り」菓子を完成させる。

前回会得した要領もあり、和気藹々としながら桃の節句の練り切りが完成。
その達成感よりも、日本の伝統をニューヨークで味わえる醍醐味を求めて、
日系人が多くここに通うのであろう。

持ち帰った練り切り菓子を小さな雛人形の前に並べて、我が家のひな祭りが完成。
日本の伝統を伝えるには、これだけでも十分にありがたい。

「隣家が火事を出して家が水浸しになり、私の雛人形はなくなってしまったの」
いま東京で闘病している母のことを思い出す桃の節句。

母はもう、娘や孫の名前を言葉に出せなくなってしまった。
日本がまた遠くなる、望郷の念が募る桃の節句。

写真 2020-02-29 12 02 47

写真 2020-02-29 12 14 10

写真 2020-02-29 12 24 05

写真 2020-02-29 12 26 10

写真 2020-02-29 12 28 33


On a weekend, I was asked to attend Japanese sweets lesson by a friend.

Boiled white beans and white azuki beans are sweetened with sugar or honey to make "Shiroan".
To “Nerikiri An” made by adding ingredients such as potatoes and rice flour, the delicate processing is done by hand to complete the "Nerikiri" confectionery.

There was a point that I had learned last time, and "Nerikiri" for the doll festival was completed in a harmonious manner.
Rather than a sense of accomplishment, seeking the real pleasure of experiencing the Japanese tradition in New York, many Japanese come here.

We put the "Nerikiri" brought back in front of the small dolls, and the Doll's Festival of us was completed.
This alone was enough to convey Japanese tradition.

"Our house was flooded when our neighbor house was burned, and my dolls were gone."
A doll festival reminds me of my mother who has been shick in the hospital in Tokyo.

My mother can no longer say the names of her daughters and grandchildren.
A doll festival inspired me by the feeling of nostalgia that Japan is far away.

108EC120-1756-4D54-8804-A3894C911F0F


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2020-02-29 17.26.40
Next
友人・公文紫都さんのお姉様・中村佐知さんの御著書。
スキルス胃がんに罹り、わずか21歳で御他界された娘さんへの愛と闘病の記録。
一気に読んでしまった。

過酷な運命を受け入れることと、諦めることは違う。
当事者にしか分からない想い、経験。
敬虔なクリスチャン一家、愛のかたち。

「隣に座って」その気持ちが、痛いほど分かる。
すぐ横で手を繋いでくれることが、何より欲しかったのだと。

最期の30時間の記録は壮絶で、嗚咽するほど泣いた。
時に残酷過ぎる、神様からの宿題。

最後まで美しく生き抜いた美穂さん、ありがとう。

私に何ができるだろう。

写真 2020-02-12 12 08 07


I got a book written by Sachi Nakamura, an elder sister of my friend, Sidu Kumon.
It is a record of love and struggle for a daughter who had Skills stomach cancer and passed away at the age of 21.
I read it all at once.

Accepting the harsh fate is different from giving up.
Thoughts and experiences that only the parties can understand.
A religious Christian family, a form of love.

"Come sit by me." I understand that feeling painfully.
She wanted to hold someone's hand right beside her.

The record of last 30 hours were fierce and I weeped sobbing.
Homework from God is sometimes too cruel.

Thank you, Miho, who has lived beautifully until the end.

What can I do?

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
今月はひたすら、身体のメンテナンス。
胃癌発症率の高い日本では、人間ドックに胃カメラは付きものだが、
米国では大腸癌の方が懸念されるから、大腸の内視鏡検査。

予防医学の発達した日本に比べて、米国はとにかく対症療法。
悪くなって初めて、保険適応の範囲内で病院に行く。

内視鏡検査が嫌なのは、前日の地獄のような時間。
死ぬほど不味い下剤を流し込み、トイレから離れられない夜。
世の中で、たった一人のような気持ちになる。

写真 2020-01-30 20 31 49


This month, I'm just doing body maintenance.
In Japan, where the incidence of gastric cancer is high, a stomach camera is attached to the medical checkup,
American people do the endoscopy of the colon, because colon cancer is more of a concern in the United States.

Compared to Japan, where preventive medicine is well-developed, the United States deals with coping anyway.
Only when they get worse do they go to hospital within insurance coverage.

What dislikes endoscopy is the time of hell the day before.
I had a terrible night when I couldn't leave the toilet, pouring in unpalatable laxatives.
I felt like a single person in the world.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
10年程前に、目の疾患を指摘された。
臨床数も少なく、まだ英語の文献しかない研究段階の疾患、
原因不明だが、他の疾患との合併の恐れがあると警告された。

いろいろ検査したけれど、差し当たり日常生活には影響がなく、
経過観察ということで、いつの間にか放置してしまっていた。

昨秋、別の疾患を指摘されて、また目の問題かと天を仰いだ。
完治はできなくとも、病気の進行を遅くする可能性にかけて、
最終段階の1つ手前と言われる、レーザー手術を受けることにした。

手術の朝、天まで突き抜けるような青空のもと、
エンパイアーステートビルを見上げて、心のシャッターを押した。
ここから抜け出せない自分を、嘆きながら。

麻酔の効いた目には、白い霞がかかって、世の中がうまく見えなくなった。
無性に泣けて、泣けて、夜はずっと眠れなかった。
翌朝、東の空が白んで、朝焼けの中にのぼる太陽を拝んだ。

当たり前のように朝が来ることを、噛み締めている。
いつか娘に私の目をあげるから、光を守ってください。

写真 2020-01-22 10 43 16


About 10 years ago, I was pointed out an eye disease.
It was research-related diseases with a small number of clinical trials and only English literature.
For unknown reasons, I was warned of a possible complication with other diseases.

I did various tests, but for the time being there was no effect on everyday life,
I was left unchecked because I just needed follow-up.

Last fall, I was pointed out another disease, and asked the heavens for eye problems.
Even if it cannot be cured, it may slow down the progress of the disease,
I decided to undergo laser surgery, which is said to be one step before the final stage.

On the morning of surgery, under the blue sky that penetrates to the sky,
I looked up at the Empire State Building and pressed the shutter of my heart.
I was lamenting myself who cannot escape from here.

When the anesthesia was effective, a white haze blew off the world.
I cried asexually, cried, and couldn't sleep all night.
The next morning, when the eastern sky was white and I worshiped the sun rising.

I don't think that the morning is coming as a matter of course.
I'll give my daughter someday my eyes, so I don't want to lose the light.

写真 2020-01-23 7 03 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
娘のいる学校のすぐ近くで、クリスマスツリーを買った。
あの土地から、空が繋がっているから、自宅に持ち帰った。

マンハッタンを少し遠くから眺めながら、
あと何回この景色を見るのだろうと、感傷的になった。

空が好きなのは、そこに希望があるから。
同じ空を見ていることが、支えになるから。

いつか娘に見せたいと思うのは、親のエゴであって、
空を知らない幸せも、きっとある。

ここから抜け出せなくて、もがいている。

現実を受け入れることは、希望を捨てること。
大人になることは、夢を諦めること。

でも、もう少し、もう少し。
私に何ができるだろう。

写真 2020-01-07 10 33 16


We bought a Christmas tree right next to my daughter's school.
Since the sky was connected from that land, we took it home.

While looking at Manhattan from a little far,
I was sentimental no matter how many times I saw this view.

I like to look up the sky because there is hope there.
There is a hope that we look at the same sky.

What I want to show my daughter someday is my ego as a parent.
There may be happiness that does not know the sky.

I can't get out of here and am struggling.

To accept reality is to abandon hope.
To be an adult is to give up my dream.

But a little more, a little more.
I wonder what I can do.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
日本から遅れること14時間、こちらも新年を迎えた。
ニューヨークから脱出して南下したけれど、時差はない。
そんな地球に住んでいる。

幼い頃は、21世紀を迎えることすら想像できなかったけれど、
2000年をとうに超えて、2020年という節目の年までやってきた。

毎年いろんなことが起こって、いろんな経験をさせていただいて、
それでも確かに命があることに、どれほど感謝しただろう。
今ここにある命を大切に紡ぎながら、次世代に何を繋いでいけるだろう。

壮大な宇宙の中で、自分一人で出来ることは限られているけれど、
気が付けばいつも寄り添ってくれる仲間がいて、
その存在にどれほど助けられてきたことか。

これからも、自分ができることを精一杯やる。
世界中に、たくさんの笑顔が溢れるように。
人に誠意を尽くし、懸命に、タスキを繋ぐ。

2020年が、皆様にとって幸多き一年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-12-30 16 22 46


We've welcomed a new year, 14 hours behind Japan.
I escaped from New York and went south, but there was no time difference.
I live on such an earth.

When I was young, I couldn't even imagine entering the 21st century,
It has gone beyond 2000 and has reached the milestone year of 2020.

Every year, various things happen and I have many experiences,
Nevertheless, how grateful I have a life.
What I can connect to the next generation while carefully cherishing the life here and now?

In the magnificent universe, what I can do alone is limited,
If I notice, there are always friends who will snuggle me up,
I appreciate how much they have helped me.

I will continue to do everything I can.
I hope many smiles will overflow all over the world.
I do the sincerity to the people, and pass the baton hard.

May the year of 2020 be a happy year for everyone.
Thank you very much.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-31 21 01 48




Next
今年のクリスマス。
目に見えない贈り物をもらった。
いや、まだ受け取っていないけれど、
心に届けば、それで十分。

あなたと出会えたことが、今年の最大の宝物。
The greatest gift I’ve ever had was you.

ニューヨークより、愛をこめて

写真 2019-12-04 21 52 41


This Christmas,
I got an invisible gift.
No, I haven't received it yet,
Since it reached my heart, that was enough.

Meeting you was the biggest treasure of the year.
The greatest gift I've ever had was you.

With love from New York

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-12-14 12 10 21

写真 2019-12-14 12 11 07

写真 2019-12-14 12 12 59

写真 2019-12-14 12 14 30

写真 2019-12-14 12 13 26

写真 2019-12-14 12 16 27

写真 2019-12-14 12 16 37

写真 2019-12-14 12 14 26


10年程前に、日系ネイルサロンのニューヨーク店舗立ち上げを手伝った。
その女性オーナーとは、いつしか仕事の域を超えた相談もするようになり、
スタッフのアパート手配から、現場のマネージメントまで、
必要な時にはすぐに声がかかるし、そこには確実な信頼関係がある。

週末に呼ばれたのは、ティファニー本店のVIPラウンジ。
2年後の全面改装を前に、初めて足を踏み入れた。
どこもかしこもティファニーテイストのホリデーデコレーション。
こんな空間があったことを、20年も知らなかった。

新しい美容スクールのキックオフをお祝いして、乾杯。
美しく並べられたスイーツの数々、1つだけを選べないと悩むと、
すべてをラップして、お土産に持たせてくださる心意気。

先月末、ティファニーがLVMHグループに買収されたニュースが飛び込んできた。
トランプタワーに隣接するティファニー本店の客足が一気に減ったのは、
トランプ大統領就任後あたりからだったろうか。
162億ドル(1.7兆円)の買収で、ティファニーは起死回生を辿れるか。

オードリー・ヘップバーンがクロワッサンを頬張って覗き込んだショーウィンドーは、
永遠に世界中の女性の心を躍らせる。
あの水色の紙袋には、たくさんの魔法が詰まっている。
写真 2019-12-14 19 36 38

写真 2019-12-14 20 42 16


About 10 years ago, I helped set up a New York brunch for a Japanese nail salon.
With that female owner, we started to consult beyond our job.
From staff arrangements to site management,
When she needs me, I get an offer immediately, since there is a solid relationship of trust.

I was invited to the VIP lounge of Tiffany head office on last weekend.
I entered my first step to the lounge that will have a full refurbishment two years later.
There had Tiffany-style holiday decorations everywhere.
I didn't know that there was such a space for more than 20 years.

We had toast to celebrate the new beauty school kickoff.
We were worried that we won't be able to choose one of many beautifully arranged sweets,
The staff wrapped everything and gave us as a souvenir.

At the end of last month, news that Tiffany was acquired by the LVMH group came in.
It was about after President Trump took office,
The number of customers at Tiffany's headquarters adjacent to Trump Tower suddenly decreased.
Hope Tiffany can go through reincarnation with a $ 16.2 billion acquisition.

The show window that Audrey Hepburn with the croissant peeked into, inspires the hearts of women all over the world forever.
Everybody knows that light blue paper bag is full of magic.

写真 2019-11-13 16 39 48

写真 2019-11-13 16 39 50
写真 2019-11-13 16 39 54

写真 2019-11-13 16 40 35

写真 2019-11-13 16 43 03

写真 2019-12-14 11 57 11

写真 2019-12-14 11 58 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-12-14 19 36 35

Next
写真 2019-11-21 14 10 01

写真 2019-11-21 14 33 23

写真 2019-11-21 14 33 18


授賞式から一夜明けての、メディア取材。
インタビューに答える篠原健太氏の表情に、少し安堵の色が見てとれる。
前日は時差疲れもあったのか、緊張で顔色が悪かったけれど、
この日は生き生きと対応して、タイムズスクウェアでの撮影も難なく終了。

ニューヨーク、まだまだ見どころはたくさんあるけれど、
とりあえずミッドタウンを制覇しようと、グランドセントラル駅からの、
エンパイアーステートビルディングのてっぺんまで。

ドリカムがテーマソングを歌った映画「Sleep in Seattle」を熱弁する私に、
若きクリエイターは、キョトンとして反応がない。
「キングコング」の話題で、なんとか空気を取り戻し、呼吸が復活。

「シュガーフィナ」でお土産を大人買いして、おにぎりカフェで夕飯を取り、
「Sleep No More」のショーに送り出して、私のミッションは終了。

駆け足で回ったニューヨーク。
日常的な観光ツアーのアテンドは受託していないけれど、
テーマをフォーカスしたツアーを構成するのは面白い。

これから羽ばたいていく若者たちへのタスキ繋ぎ。
こんなところから、世界は繋がっていく。
写真 2019-11-21 16 37 24

写真 2019-11-21 16 38 54

写真 2019-11-21 17 20 35

写真 2019-11-21 17 21 54

写真 2019-11-21 17 26 03

写真 2019-11-21 17 30 56


Mr. Kenta Shinohara got a media coverage, one night after the award ceremony.
In the face of him answering the interview, I could see a little relief.
Though the day before, he was tired of jet lag,
On this day, photo shooting at Times Square was completed without difficulty.

There were so many things to see in New York,
For the time being, we tried to conquer Midtown from Grand Central Station, to the top of the Empire State Building.

To me who is enthusiastic about the movie “Sleep in Seattle” that "Dreams come true" sang the theme song,
young creators did not react well.
With the topic of “King Kong”, we managed to regain air and breathed again.

They bought many souvenirs at "Sugarfina", had dinner at a rice ball cafe.
Then I sent them off to the “Sleep No More” show, and my mission was over.

We walked around in New York in rush.
We, our company, do not accept the attendance of daily sightseeing tours,
but it was interesting to organize a tour that focuses on the theme.

I pass the baton to young people who are walking here.
From this point, the world will be connected.

写真 2019-11-21 17 40 44

写真 2019-11-21 17 46 32

写真 2019-11-21 17 44 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-21 14 47 20
Next
写真 2019-12-01 5 12 37

写真 2019-11-19 13 55 48


クリエイター篠原健太氏、今回のニューヨーク出張が初めての海外。
待ち合わせは、タイムズスクウェア近くのホテルロビー。

マンハッタン一人歩きの10数分で、すでに観光客として餌食になり、
「その辺にいたキャラクターと写真を撮って、40ドル巻き上げられた」と笑う。
いきなり洗礼を受けた篠原氏、このニューヨーク滞在をどう乗り切るのか。
何よりも、その素直なキャラクターに、好感度がアップする。

初日は、ハドソン・ヤードから、ハイラインを歩いて、
チェルシーマーケットを散策する。
再開発の著しいその地区は、ニューヨークという街の歴史を辿るにふさわしい。

翌日、初心者向けに、徹底してダウンタウンを歩いてみようとなる。
まずはグラウンドゼロで、911テロの犠牲者たちに祈りを捧げ、
スタッテンアイランド行きの通勤フェリーに乗り込んで往復する。

この土地に長く住むと、観光地に足を踏み入れる機会は滅多にないから、
私自身、久しぶりに自由の女神とマンハッタンの摩天楼を眺めるシーンを堪能する。
ウォール街を歩き、チャイナタウンで小籠包を食し、5番街まで。

時差疲れもマックスであろうから、夜の授賞式に備えて、夕方前に解散。
こんなに歩かせて大丈夫だったろうかと、少し心配になる。

「僕、あんまり外には出ないんですけれど」
終始口数の少なかった篠原氏が、突然喋り出す。
「ニューヨーク、めちゃくちゃ刺激的で、楽しいです」
にっこり笑ったその表情に、私は彼の本気度を見出した。

若きクリエイター、きっとこの街を好きになってくれるに違いない。

写真 2019-11-20 10 58 25

写真 2019-11-20 10 57 27

写真 2019-11-20 11 38 14

写真 2019-11-20 11 38 29

写真 2019-11-20 12 20 33


For a Creator Kenta Shinohara, this business trip to New York was the first overseas.
First, we met in the hotel lobby near Times Square.

In just a dozen minutes of walking alone in Manhattan, he was already prey as a tourist,
“I took a picture with the character that was there, and it was rolled up for $ 40,” he laughed.
Mr. Shinohara, who was suddenly baptized, how did he survive this New York stay?
Above all, his likability increased by the obedient character.

On the first day, we walked from the Hudson Yard to the High Line,
Stroll around Chelsea Market.
The area of remarkable redevelopment was suitable for following the history of the city of New York.

The next day, for the beginners, we tried to walk through downtown thoroughly.
First at Ground Zero, we prayed to the victims of 911 terrorism,
then took a commuter ferry to Staten Island.

If we live in this land for a long time, we rarely have a chance to go the tourist area.
I enjoyed the scene of looking at the Statue of Liberty and the Manhattan skyscrapers.
We walked through Wall Street, ate soup dumplings in Chinatown, and went to 5th Avenue area.

Because time difference fatigue will be maximum, in preparation for the evening award ceremony, we dissolved before the evening.
I was a little worried about whether I let them walk too much like this.

"I'm not rich expression,"
Mr. Shinohara, who had a small number of mouths from beginning to end, suddenly began to speak.
“I'm really enjoying, New York is incredibly exciting and fun.”
I found his seriousness in the expression of the smile.

A young creator will surely love this city.

写真 2019-11-20 13 13 54

写真 2019-11-20 13 20 07

写真 2019-11-20 13 50 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-20 14 46 47

写真 2019-11-20 14 30 06

写真 2019-11-20 14 41 32

写真 2019-11-20 14 49 24


Next
マンハッタンの中心部、ミッドタウンにグランドセントラル駅がある。
東京丸の内、まさに東京駅のように、たくさんの人と電車が行き交う。
在米日系人はそこを「グラセン」と呼び、地図の拠点として考える。

次の打ち合わせまでに、軽く腹ごしらえしたり、
電車の待ち時間に、近所に住む友人を呼び出して一杯飲んだり。

こんな空間で、人間ウオッチングをして過ごすのも、悪くない。

写真 2019-11-27 16 23 36


There is Grand Central Station in Midtown, the heart of Manhattan.
Same as Tokyo station in Tokyo Marunouchi, many trains come and go.
Japanese people living in the United States call it "Grasen" and consider it as a map base.

By the next meeting, we take lightly fed,
Or call a friend in neighborhood and drink while waiting for the train.

It is not bad to spend a human watching in such a space.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-12-01 6 37 23


ターキーを焼いたことがない。

それでもやっぱりこの日は、
すべてのことに感謝する。

毎年恒例、友人からお誘いいただき、
今年の感謝祭は寿司パーティー。

夜明けを眺めながら、
当たり前の朝がやってくるのが、当たり前じゃないと想う。

写真 2019-12-01 6 48 49



I have never baked turkey.

Still, on this day,
Thank you for everything.

As every year, we were invited from friend.
This year's Thanksgiving was a sushi party.

While watching the dawn,
I don't think it's normal that the morning comes.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next
留学していた頃、たくさんの家族にお世話になった。
食事を食べさせてもらったり、車で郊外に連れて行ってもらったり。
いつしか世代が交代して、私たちがお世話をする方の役割になった。

日本からの駐在で送られて来たスタッフの帰任が決まり、
いつものメンバーで送別会をやろうと話が持ち上がった。

私は簡単な前菜を用意するだけで、あとはシェフ仲間にお任せ。
あっという間に食卓が華やかな舞台に生まれ変わる。

ひたすらに飲んで食べて、あっという間に別れの幕に突入。
人生のステージは、いつもこんな風に忙しい。

写真 2019-10-26 20 23 24

写真 2019-10-26 20 09 29

写真 2019-10-26 20 03 19


When I was studying abroad, many families took care of me.
They had fed me eat, or took me to the suburbs by car.
One day the generation changed, and I became the role of the caregiver.

The return of the staff who was sent from Japan was decided,
We had a farewell party with the usual members at my apartment.

I just prepared simple appetizers and asked to left it to my chef friends.
The dining table was reborn into a gorgeous stage in no time.

We just drank and ate, and quickly entered the farewell curtain.
The life stage is always busy like this.

写真 2019-10-27 9 23 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-27 9 23 49

Next
写真 2019-10-26 11 31 32

写真 2019-10-26 11 31 41

写真 2019-10-26 11 43 29


海外に都立高校同窓会の米国支部があるのは珍しいらしい。
私が属するそれは、発足以来毎年、米国のどこかで総会が開催されている。

今年の総会はニューヨークで開催。
マンハッタンから車で40分ほどのウェストチェスター、
ハドソン川越しの広大な景色を見渡せるレストランでランチ会。

その後、ロックフェラー家の住まいを見学するツアーに参加。
カイカットという土地に、初めて足を踏み入れた。

米国最大の石油王、資本家であったジョン・ロックフェラー氏が建てた豪邸は、築100年以上、40室からなるお城のような佇まい。
しかし、中はいたってシックな造りで、蔵書のセンスも素晴らしい。

現在でも3代目のロックフェラー氏が住居として使用しており、
一般開放されているのはごく一部で、撮影もできない。

それにしても、お屋敷から見えるハドソンリバーの偉大さと、
どこまでも境界線のない広大な景色に圧倒される。

日本で台風被害を受けた河川敷沿いのニュース映像に衝撃を受けながら、
いつの時代も、富裕層は高い土地に住むものだと、つくづく思う。

写真 2019-10-26 15 27 02

写真 2019-10-26 15 28 23

写真 2019-10-26 15 30 09

写真 2019-10-26 16 54 49


It seems unusual to have the US branch of the Tokyo Metropolitan High School Alumni Association overseas.
This organization that I belong has held the general meeting somewhere in the United States every year since its inception.

This year's general meeting was held in New York.
Westchester, a 40 minute drive from Manhattan
We had lunch at a restaurant with a vast view over the Hudson River.

After that, we participated in a tour to see the house of the Rockefeller family.
For the first time, I entered the land called Kykuit.

The mansion built by John D. Rockefeller, the largest oil king and capitalist in the United States, looks like a castle with 40 rooms that built more than 100 years ago.
However, the inside is very chic and the sense of the collection is wonderful.

Even now, the third generation of Rockefeller uses it as a residence,
There are only a few that are open to the public, and photography is not possible.

Even so, the greatness of the Hudson River seen from the mansion,
We were overwhelmed by the vast scenery without boundaries.

While being shocked by the news video along the riverbed damaged by typhoons in Japan,
We know that wealthy people live in high land.

写真 2019-10-26 16 17 04

写真 2019-10-26 16 17 32

写真 2019-10-26 16 19 13

写真 2019-10-26 16 19 47

写真 2019-10-26 16 54 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-26 17 38 54

写真 2019-10-26 17 27 56

写真 2019-10-26 17 28 12

写真 2019-10-26 17 30 28

写真 2019-10-26 17 38 59
Next
2007年、mixiで呟き始めたのが、ブログの始まりだった。
ニューヨークで孤軍奮闘のなか、ずっと静かに生きていたけれど、
家族や親しい友人に、たまには近況を伝えたいと思ったから。

不定期で、確たるテーマもなく、日々の想いを綴るだけ。
何度も同じ想いや同じセリフが出てくるのは、素人の日記だから。
言葉を綴るのは、自分自身への戒めと、自分自身を奮起させるため。

心が弱っていると、うまく発信できなくなる。
誰かを説き伏せたり、生き急いでいる証を残したいわけでなく、
文字に綴ることで、心の整理をしている。

だから、時に暴力となり、凶器となって、心を傷つける言葉を、
キャッチボールのできない距離で、一方的に投げつけてほしくない。
お互いの想いは、きちんと話し合って解決したい。

裏切りは、最大の損失。
人を信じる力を、もう一度取り戻せますように。

写真 2019-10-28 11 31 16


In 2007, the beginning of blogging started with mixi.
In New York, I was living quietly in the struggle for solitary troops,
I wanted to tell my family and close friends about the current situation.

It is irregular, there is no definite theme, and it only spells out daily thoughts.
It ’s an amateur diary that has the same thoughts and the same lines over and over again.
The words are spelled out in order to inspire myself, and the commandments to myself.

If my heart is weak, I won't be able to write well.
I don't want to persuade someone or leave a testimony of being rushed,
I organize my mind by spelling letters.

So words that sometimes become violence, weapons, and hurt the mind,
I don't want you to throw it unilaterally at a distance that I can't catch.
I want to discuss and resolve each other's feelings properly.

Betrayal is the biggest loss.
May I regain the power to believe in people again.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
IMG_2276


毎年この時期になると「Autumn in New York」の映画を思い出す。
2000年秋、私がニューヨークに留学していた頃に公開された大人の物語。
リチャード・ギアが恋人とマンハッタンの街を歩く姿がカッコ良くて、
あんな風に大人の恋をしてみたいと妄想した。

木々が紅く色づいていくセントラルパークの光景が、あまりにも美しくて、
そのシーンをみるだけで涙が溢れ出た。
不治の病に侵されていた彼女には、やがて死にゆく運命が待っている。
季節の移り変わりは、すなわち恋人たちに残された時間の経過を映し出す。

昨年二人で見た光景を、今年は一人で見るせつなさ。
でもそこにまた新たな光景が加わっていくからこそ、人生は美しい。

秋の午後を楽しむニューヨーカーの景色に、今自分が入り込んでいる。
少し歯がゆい、居心地の悪さを感じながら、
それはきっと、心でいつも海の向こうを考えているせいだと腑に落ちる。

IMG_2277

IMG_2288

IMG_2292


Every year at this time, I remember the movie “Autumn in New York”.
An adult love story released in the fall of 2000 when I was studying in New York.
Richard Gia walking in Manhattan with her lover looked very cool,
I wanted to love someone in that way.

The view of Central Park, where the trees turn red, was so beautiful.
My tears overflowed just by looking at the scene.
A lady was suffering from an incurable disease and was destined to die.
The changing season reflected the passage of time left for the lovers.

The scene you saw with someone last year might change to lonely scene.
But life is beautiful because new scenes can be added to it.

I am now in the New Yorker view of the autumn afternoon.
I have a bit different feeling, since I am always thinking of somewhere beyond the sea.

IMG_2278

IMG_2289

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

IMG_2300

IMG_2294

Next
久しぶりに42nd Streetを東向きに歩いた。
グランドセントラル駅から、1st Avenueに向かうこの道を、
20年前に何度も何度も通ったことを、思い出す。

1999年9月18日、たった一人で、ニューヨークに降り立った。
カッコいい片道切符なんかではなくて、往復チケットを確保していたのは、
会社に戻らなくてはいけないという約束があったから。

戻る場所はあったけれど、今いる場所はそこじゃない。
そんな中途半端な立ち位置、新しい街で居場所を見つけようと必死だった。

学費と家賃と生活費を捻出するために、定期預金は全部解約した。
それでも留学生に貸してもらえるアパートは少なくて、
ようやく見つけたのが、この道を通って辿り着いた古いアパートだった。

建物はテューダー様式を再現した趣のある外観だったけれど、
エレベーターは階段を上るくらい遅くて、部屋の中は本当にボロボロだった。
隣人は気の強い独身女性で、薄い壁の向こう、いつも罵声が聞こえていた。

毎日アパートと大学を徒歩で往復して、夜中まで課題と奮闘する。
週末になると2nd Avenue沿いのバーでは、若者たちが酔い潰れていた。
私はそれを横目で見ながら、とにかく卒業するまで頑張ろうと必死だった。

あれから20年が経ったことを、改めて思い返す。
孤独な大都会に、こんなに長く住むことになるとは思わなかった。
家族や友達ができて、今は少しだけ深呼吸できる場所がある。

でも、やっぱりいつか日本に帰ろう。帰りたい。

42nd Streetの西側に傾く太陽に、不意に「ありがとう」と言いたくなった。
この太陽が沈んだら、今度は日本の夜が明ける。

写真 2019-10-12 11 22 23


After a long time, I walked bound east on 42nd Street.
From Grand Central Station, I headed to 1st Avenue.
I remember going back and forth 20 years ago.

On September 18, 1999, I got down to New York alone.
It wasn't a cool one-way ticket, but I had a round-trip ticket.
Because I had a promise that I had to go back to the company.

There was a place to go back, but the place I was then was not belong to me.
I was desperate to find my place in a new city, as such a halfway standing position.

I canceled all time deposits in order to generate tuition, rent and living expenses.
Still, there are few apartments that foreign students can rent,
I finally found an old apartment that arrived through this street.

The building had a quaint exterior that recreated the Tudor style,
but the elevator was slow enough to go up the stairs and the room was really tattered.
The neighbor was a strong single woman who always yield a hoarse voice over the thin wall.

I went back and forth between the apartment and the college on foot every day and struggled with assignment until midnight.
On weekends, I looked over young people were drunk at the bar along 2nd Avenue.
I was desperate to do my best until I graduated.

I recall that 20 years have passed since then.
I didn't expect to live in such a lonely city for so long.
I have a family and friends, and now there is a place where I can take a deep breath.

But I'll go back to Japan someday. I want to go home.

I suddenly wanted to say “thank you” to the sun leaning to the west of 42nd Street.
When the sun goes down, Japan's night will dawn.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-12 11 20 02

Next
写真 2019-10-12 11 53 35


母は裏千家の茶道師範で、お稽古のある日にはいつも「練り切り菓子」と
「お干菓子」が用意されていて、私はその残り物を楽しみにしていた。

和菓子を調達する店舗は様々だったけれど、季節物の練り切りは予約をして、
指定された時間に取りに行く、それぐらい繊細で上質な物だと学んだ。

******

茹でた白いんげん豆や白アズキに、砂糖か蜜で甘みをつけた「白あん」に、
芋や米粉といったツナギの食材を入れて調整したのが「練り切りあん」。

「練り切りあん」に繊細な細工をして仕上げる「練り切り」和菓子は、
ニューヨークでは、滅多にお目にかかることはない。

そんなニューヨークで、練り切りのレッスンが受けられる。
友人にお誘いいただき、和菓子好きの私は即答で参加を決めた。

一番調整の難しい「あん」の部分は先生が作っていてくださったので、
私たち生徒は、粘土遊びをするかのように、楽しく作業を終了。
「ハロウィン」をテーマにした可愛らしい練り切りが完成した。

一緒に受講した方々は、皆とても手先が器用で、
私も元ジュエリーデザインを学んだ身だとは言い出せなかったけれど、
スパチュラーでワックスを削っていたあの感覚を思い出した。

茶道と同じく、和菓子の世界も本当に奥が深い。
こういう文化を伝えている日本人がいることが、本当にありがたい。

写真 2019-10-12 12 12 05

写真 2019-10-12 12 27 31


My mother has been a Urasenke tea ceremony teacher, and on a practice day of practice, there always had "Nerikiri" and “Dried sweets” were prepared and I was looking forward to the leftovers.

There were various shops where she procured Japanese sweets.
For seasonally sweets, she made reservations.
I learned that it was such a delicate and high-quality thing, since it should be picked up at the specified time.

******

"White An" is made of boiled white beans or white azuki beans with sugar or honey.
By adding ingredients such as rice bran and rice flour, it will be "Nerikiri An".

Japanese confectionery "Nerikiri" is finished with delicate hand work made of “Nerikiri An”.
We rarely see it in New York.

I heard be a friend that we could take Nerikiri Lesson in New York.
I decided to join with a quick response, since I loved Japanese sweets.

The teacher made the “An” part, which was the most difficult to adjust,
We students finished the work happily as if playing with clay.
A cute "Nerikiri" with the theme of “Halloween” has been completed.

The people who attended the course were very dexterous,
I couldn't say I had learned jewelry design before,
I remembered that sense of shaving wax with a spatula.

Like the tea ceremony, the world of Japanese sweets is really deep.
I'm really thankful that there are Japanese people who convey this culture in New York.

Ms_Kuramoto


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Class_1

Class_2
Next
写真 2019-06-07 14 11 18 (1)

写真 2019-06-07 14 11 29

写真 2019-06-07 14 11 34

写真 2019-06-07 14 12 40 (1)


ミッドタウンウェストのハドソン川沿いエリアの再開発が進んでいる。
25兆円というニューヨーク市場最大の予算を費やし、
高級コンド、ホテル、デパート、オフィス、劇場、公園などを新設して、
2025年までに完成を目指すという巨大な民間プロジェクト。

開発の第一段階まで終了した今春、高級ショッピングモールと、
スペインをテーマとしたフードホール、メルカド・スペインがオープン。
ニューヨークの新しい観光地として、毎日多くの人が訪れている。

建物の外側、ハドソン川に面した展望台「ベッセル」は、
イギリスの建築家トーマス・ヘザウィック氏がデザイン。
モジュール154個を組み合わせた、蜂の巣のようなユニークな構造で、
2500段近くの階段の合間に80箇所の踊り場があって、そこから展望を楽しめる。
総工費150億円の新名所に上る整理券を求めて、終日人々が列をなす。

ハドソンヤードという宇宙基地のような地下鉄駅で降車して、
昼と夜で表情の違うベッセルを眺めながら、ハイラインを散歩する。

この町の人は、古き良きものよりも、とにかく新しいものが好き。
ニューヨークという街は、どこに向かっているのだろうか。

スクリーンショット 2019-10-14 18.07.18


Redevelopment of the Midtown West area along the Hudson River is ongoing.
They spend the largest budget of the New York market of 25 billion dollars.
New high-end condos, hotels, department stores, offices, theaters, parks, etc.
It is a huge private project that aims to be completed by 2025.

This spring, when the first stage of development has been completed,
Mercado Spain, a food hall with a Spanish theme, has opened.
As a new tourist destination in New York, many people visit every day.

The observation deck “The Vessel” facing the Hudson River, outside the building, was designed by British architect Thomas Heatherwick.
With a unique structure like a honeycomb, combining 154 modules
There are 80 landings between 2,500 steps, and you can enjoy the view from there.
People line up all day looking for a numbered ticket that goes up to a new landmark with a total construction cost of 150 million dollars.

I got off at a subway station "Hudson Yard" like the space base,
Stroll along the High Line while watching The Vessel with different expressions day and night.

People in this town are more fond of new things than good old ones.
Where is New York going toward?

写真 2019-10-10 18 58 17

写真 2019-10-10 18 58 44

写真 2019-10-10 19 00 52


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 19 01 10

写真 2019-10-10 19 03 01

Next
家族ぐるみで仲良くさせていただいているファミリーとの再会。
それぞれに子供4人ずつ、いまや総勢12名。

セントラルパークでリスを追いかけたり、
一緒に大きなハンバーガーにかぶりついたり、
5番街のショッピングに出かけたり。

大中小の背中を眺めながら、時の経過を思い出す。
子育ての不安も喜びも、ここには吐き出せる。

数年後には皆もっと大きくなって、私たちを追い越していくのだろう。
世代交代をしっかりと見守っていけるように、日々精進。

写真 2019-10-06 17 07 04

写真 2019-10-06 17 07 21


A reunion with a family who is friends with the whole family.
We each have 4 kids, and we are 12 membaers total.

Kids were chasing squirrels in Central Park, and had a big hamburger together,
We went shopping on Fifth Avenue, too.

Recalling the passage of time while looking at the back of large, medium and small.
We can tell the anxiety and joy of parenting here.

In a few years all kids will be bigger and will overtake us.
We work hard every day so that we can watch over the generational change.

写真 2019-10-09 14 56 00


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-09 15 18 54

Next
写真 2019-07-23 5 47 17


毎年、1ミリも変わらない光景を見ながら、
この光景をいつまで見ることができるのだろうと、思いを馳せる。

2002年7月27日に、ニューヨークで小さな会社を作り、
18年目を迎えた今日も、まだ会社が存続しているという奇跡。

生かされている命を、大切に生きながら、
人を応援し続けることを、ずっと続けていきたいと思う。

20019年7月27日、OFFICE BEAD INC.創業17年。
18年目のスタートに、ありがとう。

写真 2019-07-23 5 54 54


Every year, while watching the scene that does not change at all,
I wonder how long I can see this scene.

On July 27, 2002, I established a small company in New York,
It's a miracle that company still exists today, even in the 18th year.

While I am living by some power invisible,
I would like to continue to support people for a long time.

OFFICE BEAD INC. has been founded for 17 years.
We welcome our 18th year on July 27 in 2019.

写真 2019-07-23 5 58 52
Next
写真 2019-06-07 13 42 08


前職を休職してニューヨーク、インテリアデザインの大学に留学していた時に、
日本の某企業から駐在していた彼らと知り合った。

1日のランチ代1−2ドルしか使えない貧乏学生生活をしていた私にとって、
平日から美味しいものを食べて、仲間と夜まで語り合う彼らの生活は、
ただただ羨ましいばかりだった。

友人と徹夜で大学の課題を仕上げて、一緒に連れて行ってもらった西海岸。
サンタフェの美しい景色や、プエブロ様式のロッジなど、
あの時の思い出は、今でも目に鮮やかに残っている。

日本に帰国してから、外資系企業に勤めた後、起業した彼が、
4年ぶりにニューヨークにマーケットリサーチにやってきた。
私は所用であまり立ち会えなかったけれど、共有した時間は宝物。

日本からの来客があるたびに、改めてニューヨークはすごい街だなと思う。
新鮮な驚きから離れてしまう日常の中で、敢えてその偉大さを再発見。

毎日、もっと丁寧に、もっと繊細に、いろんな感性を磨いていたい。

写真 2019-06-07 13 49 01

写真 2019-06-07 13 46 04


When I got two-years-off at my previous job and studied at the college, New York school of Interior Design, in New York,
I met friends who were stationed from a Japanese company.

For me who was a poor student who could only use $ 1-2 for a day's lunch fee,
I was just envy them who eat delicious things during weekdays and talk to their friends until mid-night.

My friend and I studied very hard to finish the college's assignment, to go to the west coast with them.
There were beautiful views of Santa Fe and Pueblo style lodges.
The memories of that time are still vivid to the eyes.

After returning to Japan, he worked for a foreign-owned company and then started his company.
He came in New York on business trip for market research.
Though I could not attend so much, we enjoyed our shared time.

Whenever there have visitors from Japan, New York reminds me it is such a great city again.
In the day-to-day activities of being separated from fresh surprises, it dares to rediscover its greatness.

Every day, I want to brush-up various sensitivities more carefully and more delicately.

写真 2019-06-19 19 20 56


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-20 13 34 11

Next
写真 2019-06-20 9 03 18


次女の小学校卒業式。
突然幕が開いて、子供達が歌い踊る。
ディズニー映画のワンシーンかと思うような演出に、いきなり感動の涙。
卒業生代表のスピーチは、大人の心まで惹き付けるほど上手であっぱれ。
心細そうにキンダーの扉を開けたのが6年前かと思うと感慨深い。

長男のミドルスクール卒業式は、圧巻の一言。
ニューヨーク市立大学(ハンターカレッジ)の講堂を借り切って、
卒業生455名と関係者合わせて25000名規模のマンモス式典。
ニューヨークでも特に定評のあるブラスバンド部の演奏も心地よく、
来賓のウィットに富んだ祝辞に、涙と笑いの繰り返し。
大学との約束で、期待していた帽子投げができなかったのが残念だったけれど、
大人の階段を上っていく彼らの雄姿に、頼もしさいっぱいで帰途につく。

私にとっては、のべ14年続いた子どもたちの送迎からの卒業。
雨の日も風の日も雪の日も、送迎を中心にスケジュールを組んでいた。
お弁当作りはまだ何年も続くけれど、朝夕の儀式が一つ減った感じ。

少しずつ、子どもたちは巣立ちの準備を始めている。
私はもう少し時間を上手に使って、丁寧に生きてみたいと思う。

写真 2019-06-21 18 09 14

写真 2019-06-21 18 10 06

写真 2019-06-21 18 30 03


We joined the elementary school graduation ceremony for our second girl.
Suddenly the curtain opened and the children sang and danced.
I was impressed that it was like one scene of Disney movie.
The speech of the alumni representative was good enough to attract adults.
It was amazing to think that six years had passed since my tiny girl opened Kindergarten's door.

After that day, we attended the middle school graduation ceremony of our eldest son, it was a masterpiece.
They borrowed an auditorium at New York City University (Hunter College),
A total of 25000 Mammoth ceremonies including 455 graduates and related parties.
The performance of the brass band team which was particularly well-received in New York was also pleasant.
The congratulations speech of gorgeous guests was very wit, we repeated tears and laughter.
It was a pity that they were not able to throw the hat in the air since the college did not allow them.
We were happy to see their figure going up the stairs of adults.

For me, graduation from the "drop off & pick up" lasting 14 years.
On both rainy and windy days and snowy days, the schedule was controlled by kid's transfer.
Although making lunch boxes will continue for many years, I feel that one morning and evening ritual will be reduced.

Little by little, children are preparing for independent.
I want to spend a little more time well and live carefully.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-22 12 16 40

写真 2019-06-22 12 47 46


Next
写真 2019-06-08 14 04 28


友人の御子息の卒業式に参列した。
5年程前に相談を受けて、無事に合格切符を手にして、
意気揚々と、たった一人で渡米してきたのが4年前。

当時14歳の少年というと、今の長男と同じ歳。
多感な時期に親元を離れて、アメリカで生活しようという強い意志。
そして彼を送り出す親御さんの勇気と覚悟を、今さらながらに回顧する。

少し離れてみれば、あっという間の4年間。
でも、その中身はあまりにも濃厚で、短い言葉では綴れない。

高校時代の友人は、きっと必ず一生の御縁に繋がるから。
築いてきた時間をしっかり記憶の箱に封じ込めて、
ずっと心に持ち続けていて欲しいと切に願う。

卒業、おめでとう。
御両親にも、心からの感謝と祝福を。

この先始まる大学生活が、さらに実り多きものでありますように。

写真 2019-06-08 14 11 07

写真 2019-06-08 14 48 04

写真 2019-06-08 15 06 00


I attended the graduation ceremony of my friend's son.
We received consultation about five years ago, and he passed the examination to enter,
It was four years ago that he had moved to the United States alone.

Speaking of a 14-year-old boy at that time, he was the same age as my eldest son now.
A strong will to live in the United States by leaving his parents at a sensitive time.
And I looked back on the courage and preparedness of the parent who sent him out.

If we look away a little, four years passed very fast.
But its contents were too rich and we could not be spelled in short words.

Your high school friends will surely be connected to a lifetime relationship.
Keep the time you have built firmly in the memory box,
I sincerely hope that you keep it in mind.

Congratulations on your graduation.
To my parents, my heartfelt gratitude and blessings.

Hope that university life starting in the future will be more rich time.

写真 2019-06-08 14 48 30


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-08 15 27 21
Next
写真 2019-06-10 19 37 00

写真 2019-06-10 19 42 52


家族でひっそり過ごすはずの誕生日。
友人たちがバースデーパーティーを開いてくれた。

いくつになっても、おめでとうを言ってもらえることは本当に嬉しくて、
どんなに照れくさくても、この日だけは主役になっても良いのかな。

節目の歳というけれど、昨日と今日と明日の私はどれも同じ私で、
時間だけは戻せないことだけが、紛れもない事実。

22歳の時に、親友を失った。
私と誕生日1日違いで生まれた彼女は、生きることに不器用だった。

今、新しいチャレンジをしているなかで、
命の大切さ、尊さを、改めて感じている。

彼女の役割はきっと、生き抜くこと、運命から逃げないことを、
残された私たちに教えてくれることだった。

もうとっくに彼女の生きた倍以上の時間を生きてきた私だけれど、
まだきっとやることがあるから、もう少し踏ん張ろう。

この世で生きることに不器用だった彼女は、
残された私たちの心の中で、ずっと、器用に生きている。

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-12 7 43 49

写真 2019-06-10 20 55 06

写真 2019-06-11 8 45 25 (1)


Though it was a birthday that I should spend quietly with my family,
My friends had a birthday party for me.

No matter how old we are, it is really happy to get the words, "Congratulations",
No matter how shy we are, we may be the protagonist only this day.

It is called the year of the turning point, but I am same person, on yesterday, today and tomorrow.
It is an undeniable fact that only time cannot be returned.

When I was 22 I lost my best friend.
Her birthday was one day before mine, and she was clumsy to live.

In a new challenge now,
I feel once again the importance and preciousness of life.

Her role was to tell us what life was.
surely to survive, not to escape from destiny.

I have lived more than twice as much time as her life,
I still have something to do, so let's go a little further.

She was clumsy to live in this world,
But she lives dexterously in our remaining hearts.

Happy Birthday to our new life.

写真 2019-06-11 8 20 28

写真 2019-06-11 9 37 54

写真 2019-06-11 8 24 58


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-10 19 41 50 (1)

Next