写真 2018-02-25 8 18 20


もっと幼い頃は、一通りのことを体験させたと記憶している。
バレエ、タップダンス、ミュージック、ヒップホップ。
たまたま器械体操のコーチに目をつけられて、
これまで週2回ずっと練習に通っていた。

練習回数を多くしたり、たくさんの試合にエントリーしたり。
ここでもお金がモノを言う。
これ以上実力を上げたければ、もっと投資しなくてはいけないのだと。
我が家の経済状況的にも、これ以上の習い事は難しい。

「大好きな体操だけれど、来年度からは違うことをやってみようか」
何事にも執着心のない娘は、二つ返事で「いいよ」と答えた。
今年度限りというターゲットが決まっていたから、
ローカルで得点を重ね、ステートの大会に出ることを目標にした。

最後の試合で、表彰台に上がった。
種目別「平均台」個人でステート優勝という結果だった。

1つだけでも、ステートチャンピオンになった。
もうそれだけでいい。
この自信がいつか、貴女の人生に役立つ時が来る。

写真 2018-03-16 19 19 24

写真 2018-03-16 21 33 46


I remember when my daughter was young I made her experience a whole thing.
Ballet, tap dance, music, hip hop.
She was selected up by coaches of gymnastics exercises,
she had been practicing twice a week ever.

We increased the number of times she practiced and entered a lot of games.
Again money makes things.
If we want to raise her ability any further, we have to invest more.
In the economic situation of our home, it is difficult to let her learn any further.

"I know you love gymnastics, but will you do something different from next year?"
My daughter who has no admiration for anything, replied "OK".
As the target for this fiscal year was fixed,
She scored points locally and, aimed to go to the New York State tournament
by the end of this season.

In the last game, she went up to the podium.
It was the result that she won the state championship game in individual "Balance Beam".

Even just one, she has become a New York State champion.
That's enough.
The time will come when this confidence will be useful for her life someday.

写真 2018-03-16 21 14 35



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-09 7 27 10


長男は最終学年でキャプテンを務め、
次男は勘の良いアシストとして、チームの優勝に貢献した。

季節が変わり、次女がトライアルに合格した。

運動神経は決して悪くないはずなのに、
最初はキャッチボールさえまともにできない次女の姿にヤキモキした。

なかなか勝てないチームは、負けることに慣れてしまう。
「楽しくプレイできたら、いいんじゃない?」
そこに悔しさはないのかと、長男と次男が首をかしげる。

少しずつ、チームワークが築かれていく様子を垣間見る。
最後の試合に敗れて泣くキャプテンを、次女がそっとなだめる。
「次につながれば、いいんじゃない?」

どこまでも明るくポジティブな態度に、私が元気をもらった。
朝練に送る通学路は寒々しくて、いつも気持ちがめげていたけれど、
その間に子供達は大きなギフトをもらっていたのかもしれない。

ようやくシーズンが終わり、母は少しホッとしている。

写真 2018-03-09 7 22 18

写真 2018-03-09 7 22 19


My eldest son served as the captain in the final grade.
My second son contributed to the team's victory as an intelligent asset.

The season has changed and my second daughter passed the trial.

Motor nerves should never be bad,
At the beginning I was surprised in the appearance of my daughter
who even the catch ball could not do it.

Teams who cannot win easily get accustomed to losing the game.
"If we can play happily, it is good, isn't it ?"
Whether there is no regret there, my sons ask her.

Little by little, a glimpse of how teamwork was being built.
My daughter gently quiets the captain who was crying defeated by the last game.
"If we connect next time, it is good, isn't it ?"

I got cheerful with her bright and positive attitude.
The school road that I sent to morning practice was cold and I always had a negative feeling,
In the meantime, the children may have gotten a big gift.

Finally the season was over and mom has been a little relieved.

写真 2018-03-09 8 03 26



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-21 17 24 06


雪が降る前の日は、とても冷え込んでいた。
いつも通り薄着で登校した長男が、帰宅後に喉が痛いと訴えてきた。
夜中に高熱が出て、ウンウン唸っていた。

翌日の積雪12インチ予報に、ニューヨーカーは驚きもしない。
でも大雪警報が出て、学校は臨時休校になった。
空港閉鎖で築地からの仕入れが届かないと、友人シェフが嘆いていた。

結局、ニューヨーク市内は、それほど積もらなかった。
子供達は、セントラルパークでソリ遊び。

3月の雪は、春の遠さを感じさせる。

写真 2018-03-21 17 18 26

写真 2018-03-21 17 18 27

写真 2018-03-21 17 18 29


The day before snow fell, it was very cold.
My eldest son who went to school in light clothing as usual complained that his throat hurts
after coming home.
High fever came out in the middle of the night, and he was groaning.

New Yorker 's did not be surprised at the 12 - inch forecast for snow cover the next day.
However, a heavy snow warning came out and the school temporarily closed.
A friend chef told that the airport closure caused they could not receive the purchase
from Tsukiji to arrive.

Eventually, New York City did not accumulate much.
Children played sledding in Central Park.

Snow in March made us feel the distance of spring.

写真 2018-03-21 17 23 45



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-17 12 38 41


長男が4歳を過ぎた頃、はたと気付いた。
長女の病院通いに連れ歩く日々、長男は日本語を話さなかった。
英語で意思の疎通がはかれていることで、油断していたけれど、
このままでは日本語を話せない二世になってしまう。

慌てて願書を出した日本語補習校。
自分からまったく日本語を話すことをしなかった5歳児が、
いつの間にか、宿題も全部一人でやるようになっていた。
背丈もとっくに追い越されて、思春期まっさかり。

地元ではすでにミドルスクール2年生だけれど、
日本式で、ようやく小学生という節目が終わった。
卒業式の後は、久しぶりに家族ぐるみで楽しく交流。

学校に行く第一目的は、勉強じゃない。
生涯付き合える、友達を作りに行くところ。
その意味をきっと、大人になったら理解できるから。

英語環境の中で、日本語を保持する難しさは誰もが感じている。
でもこんな幼馴染がいるという環境が、きっと誇りに思える時が来る。

写真 2018-03-17 18 30 11
写真 2018-03-17 18 32 12


When the eldest son passed the age of 4, I just noticed it.
I took him to my eldest daughter's hospital every day, he did not speak Japanese.
Although he could make communication in English,
I was afraid that he might become the second generation that he cannot speak Japanese in this way.

We applied for a Japanese school after we decided suddenly.
A 5-year-old boy who did not speak Japanese at all,
Before I knew it, he had been could do all his homework by himself.
His height has also been close to his dad more than me, and he is purely adolescent.

Although locally already a middle school second grader,
At the Japanese style, the grade of elementary school student finally came to an end.
After the graduation ceremony, we had a graduation party with family members to the night.

The primary purpose of going to school is not study.
They can use their time to make friends of all life.
Because they can understand its meaning when they become an adult.

Everyone feels the difficulty of maintaining Japanese in the English environment.
But the time will come when the environment that such a childhood friend exists is surely proud.

写真 2018-03-17 18 54 44

写真 2018-03-17 18 58 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next
米国の医療は、とにかくお金がかかる。
40歳を過ぎても、健康相談や定期健診が無料になることはない。
医療保険をうまく利用して、しっかり自己管理しなければ、
取り返しのつかないことになりかねない。

毎年、自分の誕生月に婦人健診を受けようと思っているけれど、
忙しかったり、予約が取れなかったりして、後回しになってしまう。
昨年受けるはずだったマンモグラフィー&ソノグラム検査を、
ようやく先日受けてきた。

待合室の乾いた雰囲気も、冷たい健診台も、
年齢を重ねるごとに、少しずつ慣れていく。
でも、医師の診断を待つ間の孤独感だけは、
どんなに時間を重ねても、心臓がキュッとなる。

この孤独感の解放を目指して開業した友人のクリニックを、
今度日本に行ったら訪ねよう。

写真 2018-03-08 12 35 29


Medical treatment in the US takes money anyway.
Even if you are over 40 years old, health consultation and annual check-ups will not be free.
If you do not manage yourself properly by using medical insurance well,
It can be irreparable.

Every year, although I am planning to take OB/GYN check-up at my birth month,
I am busy, I cannot make a reservation, I will be postponed.
Mammography & sonogram examination that was supposed to be received last year,
Finally I got it the other day.

The dry atmosphere of the waiting room, the cold health examination bed,
Every time I age, I gradually get used to it.
But just the feeling of loneliness while waiting for the doctor's diagnosis,
No matter how much time I spend my time, the heart gets crazy.

A friend's clinic aiming at liberation of this loneliness,
Let me go visit next time in Japan.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
ニューヨーカー英語は、米国の中でも特に早口である。
ここで生まれ育った子供達は、圧倒的にヒアリング能力が高い。
流行りのラップ音楽を全部ソラで真似したり、
習ってもいないスペイン語を理解したりしている。

地元の公立小学校では、毎年シェイクスピアの舞台劇上演がある。
公平を期するためか、同じ役を数人で演じるのが興味深い。
主役も脇役も、男女問わず、いろんな声が混ざり合う。
堅苦しいイギリス英語、必死に覚えたセリフを一気に吐き出す。

子供の頃の記憶力が懐かしい。
今では電話番号すら覚えられない私の脳に、
子供達のこういった姿は、刺激的な感動を与えてくれる。

久しぶりに、ハリーポッターシリーズを、
もう一度ちゃんと観てみようかという気持ちが、今はある。

写真 2018-03-07 15 49 06


New Yorker's English is particularly fast in the United States.
Children who were born and raised here have overwhelming hearing abilities.
They copy all the popular rap music with no lyrics,
and understand Spanish which they have not learned.

At local public elementary schools, there is Shakespeare's stage performances every year.
It is interesting that they play the same role for several people to do fair.
Both male and female, heroes and supporters are mixed with various voices.
They spoke the words desperately in strict British English.

I miss memories of childhood.
Now I cannot even remember the 11 digital of the phone number.
These figures of children give exciting impression to my brain.

For the first time in a while, the movies of Harry Potter series,
There is now a feeling that I watch it again properly.

写真 2018-02-13 9 21 05

写真 2018-02-13 9 21 58

写真 2018-02-13 9 24 13



海外永住 ブログランキングへ "
Next
朝イチのミーティングがひとつ。。
その後、ホットピラティスのクラスで汗をかく。
夕飯の買い物をしながら、電話でカンファレンス。
原稿を仕上げて、子供の送迎、自宅と学校を三往復。
娘のテューターと話して、夕飯の準備。
隙間にもうひとつ、日本とカンファレンスコール。
待ちくたびれたピライア軍団に追いつこうと、
一気に食事を流し込む。

なんてことのない1日だけれど、
世の中が平和でありますようにと願う。
飲食業界では、一年で最も忙しい日が、まだ続いているはず。
明日の売上報告を想像しながら、夜が更けていく。
ロマンチックな演出とは縁遠いけれど、
こんなバレンタインデーも、悪くない。

写真 2018-02-14 11 05 16


We had one big meeting in the morning.
Then I sweat in the class of Hot Pilates.
While shopping for supper, I had conference by phone.
Finish the manuscript, I picked up my kids, transferred home and school three times.
I talked with the daughter's tutor and prepared for dinner.
Within the idle time, I got a conference call from Japan.
In an effort to catch up with my kids waiting to wait,
I poured the meal at once.

Although it was a day without anything,
I hope that the world will be peaceful.
In the food and beverage industry, the busiest day of the year is still going on.
Imagine the sales report tomorrow, the night will be continued.
Although it is far from romantic production,
Such a Valentine's Day is not bad either.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-01-28 19 37 36


仲良しシェフに、キャビアをいただいた。
どうやって食べたらいいのか、御近所さんに聞いた。
「我が家にいらっしゃい。美味しい食べ方を教えてあげる」
フランス人の彼女、本当に気前が良い。

翌日の夜、旦那さんから連絡があった。
気取らない家庭的なお招きが、なんとも嬉しい。
丁寧に焼かれたミニパンケーキ。
スモークサーモン、オニオン、たまご、サワークリーム、
そしてキャビア。

次々と焼き足されるパンケーキを焼くのに、
どれほどの時間を要したのだろう。
シンプルだけれど、ホスピタリティー溢れるおもてなし。
最後は白御飯にイクラまで出てきた。

心が温まるって、こういうことを言うのだろう。
異国の地でも、家族ぐるみで付き合える絆が無性に嬉しい。

写真 2018-01-28 19 36 32

写真 2018-01-28 19 36 27

写真 2018-01-28 19 36 49


I got caviar from a good friend chef.
I asked my neighbors how to eat.
"Come to our house and I will teach you how to eat deliciously"
French girlfriend, she is really generous.

The next day night, her husband called us.
I was delighted to have a wonderful family invitation.
A carefully baked mini pancake.
Smoked salmon, onion, egg, sour cream,
And caviar.

To bake pancakes that are cooked one after another,
I wonder how much time she took.
Simple but full of hospitality.
At the end, white rice came out with Ikura, raw egg of salmon.

I wonder this was what the heart warms up.
Even in a foreign land, the fact that we can go out with family members
was absolutely delightful.

写真 2018-01-28 19 44 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next
昨年、御縁あって我が家にやってきたアート作品。
この世界観のなかで、ニューヨークはほんのちっぽけで。
そこにいる人間なんて、儚い存在だと思い知る。

やっぱりアートはいい。
その時その作品を、どんな思いで手にしたかを、
思い出すツールにもなる。

世の人にとって、もっとアートが身近になるために。
今、仲間と一緒に、いろんな企画を考えている。

写真 2018-01-22 22 31 57


Last year, this art work came to my house.
In this view of the world, New York is only a tiny thing.
I know that a human being there is a transient existence.

After all the art is wonderful.
It also becomes a tool to remember what kind of thought I got the art at that time.

For the people of the world to become more familiar with art.
we are thinking about various projects with my fellows now.

写真 2018-01-23 7 30 57



海外永住 ブログランキングへ "
Next
ここ2年ぐらい、ニューヨークの冬はどこかに隠れていた。
秋がゆるっと寒くなったせいで、先月まで油断していた。
これがニューヨークの冬、本来の姿。

1年のうち8か月は「今日も寒いね」という挨拶を交わす街。
なぜこんなにも住みにくい街が、世界の中心なのだろうと思う。

でも、ニューヨーカーは元気なのだ。
全身を覆う分厚いダウンジャケット、スノーブーツ。
完全防備で出かける。ちゃんと仕事をしている。

やっぱりすごい街だなと思うけれど、
私は少しだけ、冬眠していたい。

写真 2018-01-05 11 58 04


For the last couple of years, the winter in New York was hiding somewhere.
I had forgotten such a cold weather until last month because fall was mild.
This is New York 's original winter.

During 8 months of the year, people give greetings saying "Today is also cold."
The city that is hard to live so much is the center of the world.

New Yorkers have great energy.
A thick down jacket covering the whole body, snow boots.
They go out with complete defense, and working hard.

Though it is a wonderful city,
I just want to be hibernating for a while.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
カウントダウンの余韻に浸る間もなく、
2日から子供達の学校が始まった。
マイナス12度の朝、空気に触れるだけで涙が出る。

ダウンタウンの用事を済ませた後、
ふと思い立って、和食屋に足を伸ばした。

元旦に間に合わせのおせち料理を作ったけれど、
やっぱりプロの腕にはかなわない。

日本らしいおもてなしに、心が温かくなった。
お正月はやっぱり日本がいい。

写真 2018-01-02 14 32 56

写真 2018-01-03 7 56 39


Soon after being immersed in the countdown's reverberation,
Children's school began on the 2nd.
Tears come out just touching the air in the morning minus 12 degrees.

After I went to the downtown,
Suddenly I stopped by my favorite Japanese restaurant.

I cooked Osechi, Japanese traditional dishes, on New Year's Day.
But after all I cannot compete with a professional chef.

My heart felt warm for Japanese hospitality.
I prefer to stay New Year in Japan.

写真 2018-01-02 17 01 42



海外永住 ブログランキングへ "
Next
日本から14時間遅れて、新しい年が明けた。
大晦日、最後の夕日を眺めながら、2017年をふり返った。

前半は、諸々うまくいかないことがあって、
精神的にかなり追い詰められた。
自分の生き方を否定されるような裏切りにも遭い、
人間不信に陥った。

後半は、主として2つの大きなミッションに専心した。
古巣の大会合をまとめるという役割、
そして、前著の続編をという期待の声に、真摯に向き合った。
独りよがりの自叙伝でなく、必要とされる場にメッセージを伝えられるなら、
もう一度覚悟を決めようと筆を取った。

総じて、やっぱり人との関わり、人との繋がりがすべてだと思った。

迷いの中で周囲を見渡すと、行き先を導いてくれる仲間がいた。
いつも同じ立ち位置で、変わらないでいてくれる絆があった。
こちらが誠心誠意を尽くせば、必ず守ってくれる砦が存在した。

真摯な姿勢を貫けば、必ず行くべき場所にたどり着く。
必要とされる場所で、生きようと思う。
すべての存在に、感謝を伝えよう。

自分らしく、ありのままで。
2018年も、どうぞよろしくお願いいたします。

写真 2017-12-31 18 06 03


A new year has come 14 hours behind Japan.
While looking over the sunset of New Year's Eve, I went back over 2017.

In the first half, various things did not go well,
I was mentally chased out considerably.
I also encountered betrayal that denied my way of life,
I have felt into human distrust.

In the second half, I was devoted primarily to two big missions.
The role of summarizing the large re-union party of my ex company, JAL,
And, to a voice of expectation of a sequel of the previous work, I faced seriously.
If I could convey a message to the place people need, not selfishness autobiography,
I decided my resolution and took the pen again.

In total, I thought that all involvement with people and connections with people leaded to all.

When I looked around in the stray there was friends who leaded the destination.
There was always friendship that would stayed the same position as well.
If I was good faith sincerity, there was a fort that always protected me.

If we stay with a sincere attitude, we will definitely reach the place to go.
I wish I would live in the place where someone needs me.
Let me thank you for all beings.

I wish 2018 will be the happiest and best for you.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-14 17 44 11


サンタクロースって、本当はいないんじゃないの?
微妙なお年頃の子供たち、そしてママたちのために、
昨年「さよならサンタクロースプロジェクト」が始まった。

本当は、子供たちのためじゃなくって、
サンタクロースを信じていたい大人たちへ捧げる物語。

立派なツリーや煙突がなくても、
サンタクロースはちゃんとやってくる。

人と人の心を繋げることが最大のギフト。
私は今でもサンタクロースを信じている。

写真 2017-12-17 18 57 03


Is not Santa Claus the real?
For subtle age children, and moms,
Last year "Good-bye, Santa Claus Project" began.

Actually, not for children,
A story devoted to adults who want to believe in Santa Claus.

Even without a gorgeous Christmas tree or chimney,
Santa Claus comes properly.

The greatest gift is to connect people's minds.
I still believe in Santa Claus.

写真 2017-12-17 18 58 24


さよならサンタクロース動画 Japanese x English version
English x French version

写真 2017-12-17 18 57 16



海外永住 ブログランキングへ "
Next
07


リチャード・ギア氏主演の“Autumn in New York”という映画が、
「ニューヨークは秋が一番美しい」ことを世界中に知らしめた。

初秋から一気に気温が落ちると、
マンハッタンの街並みが真っ赤に色付く。
セントラルパークと摩天楼の対照が、
世にも美しい景色を創造する。

ところが今秋の紅葉は、どこに行ってもいまひとつ。
ゆるっと寒くなったり、ゆるっと暑くなったり。
木々にしてみれば、自分たちが気付かぬ間に、
季節が通り抜けた感じなのだろう。

師走に入って、一気にニューヨークらしくなった。
枯れ葉の舞う街を歩きながら、来年の秋に想いを馳せる。

35


A film named "Autumn in New York" starring Richard Gere,
made the world know that "The most beautiful season in New York is fall".

When the temperature falls at a stretch from early autumn,
The streets of Manhattan are colored in red.
The contrast between Central Park and Skyscraper,
creating the most beautiful scenes in the world.

But this autumn season, the leaves were not colored deeply red as well.
The weather has been switched little by little.
In trees, while they were not aware,
it seems that the season has passed through.

In December, it has turned to the typical weather in New York.
While walking around the city where the leaves are dancing, I think about
the autumn of next year.

07



海外永住 ブログランキングへ "

27
Next
先月17日、この映画版が全米で封切りになった日。
次男の通う小学校では、「校外学習」として学年全員で映画館に行った。
日本では、きっとこの類の映画を子供達に見せることに、
いくつもの協議が重ねられて、何年もかかることだろう。

顔に障害を持つということは、こんなサクセスストーリーだけじゃない。
障害のない部分の才能を花開かせることができれば認められるけれど、
現実はそのほとんどが、闇の中に葬られている。

目を外らさないでというのではない。
障害者本人にも、その家族にも、
命ある限り生活が続いていることを、伝えたいだけ。

この本はあくまでもフィクションだけれど、
主役本人だけでなく、それを取り巻く周囲の語り口が面白い。

みんな、同じ命をもらって生きている。

写真 2017-12-05 23 01 27


On the 17th of last month, this movie version was released nationwide in the U.S.
At the elementary school where my second son goes, all the 5th grade students
went to the cinema as "field trip".
In Japan, to show this kind of movies to children,
Several consultations will be repeated and it will surely take years.

Having obstacles in the face is not only such a success story.
Although it will be accepted if it can blossom the talent of the part without obstacles,
Most of the reality is buried in the darkness.

I would not say that please not keep your eyes away.
For both the disabled and the family,
I just want to tell you that life is on as long as there is life.

This book is fiction only,
Not only the protagonist but also other story, surrounding him, is interesting.

Everyone lives with the same life.

01

©WONDER

ジュリア・ロバーツ主演「WONDER」映画予告 WONDER Official Trailer
5万人に1人といわれる「トリーチャー・コリンズ症候群」について


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-03 17 56 31


アップステートからの帰り道。
東の空に、今年最後の満月。

何度この道を通っただろう。
娘を乗せた車は、走行距離10万マイルを超えた。

家族皆がそろう帰り道。
家族の誰かが欠ける帰り道。

母としての寂しさも、喜びも。
月はずっと見ていてくれた。

「最後」という響きと初冬の夜は、孤独を連れてくる。
でも、明日は必ず朝がやってくる。

写真 2017-12-03 17 50 11


We were on the way home from the upstate.
Above the east sky, there was the last full moon this year.

I guess how many times we passed this road.
Our car with the daughter exceeded the mileage of 100,000 miles.

On the way home that all the families come together.
On the way home where someone in my family lacks.

Loneliness as mother, pleasure as well.
The moon has been looking us for a long time.

"The last full moon of this year" and "the early winter night" made me lonely.
But morning surely comes tomorrow.

写真 2017-12-03 17 36 10



海外永住 ブログランキングへ "
Next
日曜日の早朝6時過ぎ、我が家のボーイズがソーッと出かける準備をする。
私はベッドで寝たふりして、その様子を伺う。
いつもは喧嘩してばかりなのに、テニスに行く時だけは協力的。

先月まではブロンクスのパブリックコートに通っていたけれど、
この季節はさすがに北風が厳しすぎる。
久しぶりに、ニュージャージーの室内コートへ同伴する。

父親と激しく打ちあう息子たち。
ボールを打ち返せずに、泣いて、いじけていたのが懐かしい。

ここでも、母親の威厳を保つことは諦めた。
いつか巣立つ時まで、せめて美味しい御飯を作って待っていよう。
写真 2017-11-25 11 13 39


After 6 o'clock on Sunday morning, my boys prepare to go out.
I pretend I fell asleep in bed and I wonder how it is going.
Even though they have always fought, they cooperative only when they go to tennis.

Until last month they went to the Bronx's public tennis court.
Recently the North Wind has been too severe.
I was accompanied with them to the indoor tennis court of New Jersey.

I remembered that my sons could not hitting the ball.
They cried and gave up soon.
But now, they have been fiercely play tennis with their father.

Again, I gave up keeping mothers dignity.
Until one day they leave from home, I will wait them by making delicious food at least.

写真 2017-11-25 11 14 33



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-11-25 19 31 00

写真 2017-11-25 19 31 11


日に日に寒さが厳しくなってきたニューヨーク。
朝の気温が摂氏1度というのも珍しくない。

しかしどんなに寒くても、ニューヨーカーは遊び心いっぱい。
バーで飲んで、卓球をして、人生を語る。

ボールボーイの玉集めの素早さに驚きながら。
一般人の卓球技術の高さに驚きながら。

この街のエネルギーに、圧倒される。

写真 2017-11-25 19 36 22

写真 2017-11-25 19 37 19


New York has been getting cold day by day.
It is not uncommon that the morning temperature is 1 degree Celsius.

But no matter how cold the weather is, New Yorkers are full of playfulness.
They drink at the bar, play table tennis, and talk about life.

While surprised by the quickness of the "ball boy" collecting ball.
While surprised by the height of table tennis skill of the general public.

I am overwhelmed by the energy of this city.

写真 2017-11-25 19 36 57

写真 2017-11-25 20 46 51



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-11-25 19 31 19
Next
写真 2017-11-23 17 27 08


アメリカで最大の家族行事といえば、サンクスギビング。
クリスマスは恋人や友人と過ごすことがあっても、
サンクスギビングだけは、家族皆で食事をするのが通例。

核家族の我が家は、ひっそり家族だけで過ごすことも多いけれど、
今年は友人が手巻き寿司パーティーに誘ってくれた。

食べ物だけでなく、お世話になっている人たちへの感謝を捧げる感謝祭。
心あたたまるおもてなしが、何よりの御馳走だった。

写真 2017-11-23 17 26 57

写真 2017-11-23 18 56 22


Speaking of the biggest family event in America, Thanksgiving.
Even though Christmas may be with lovers or friends,
For Thanksgiving, it is usual to eat with a whole family.

My family often quietly spend only with family.
We were invited to a hand-rolled sushi party yesterday.

Thanksgiving is not only for food but also for appreciation to family and friends.
Her heart-warming hospitality was the most delicious treat.

写真 2017-11-23 19 02 24
Next
写真 2017-11-06 9 42 39


夏の間、何度も出版社と打ち合わせをした。
書きたい気持ちはあったけれど、書けなかった。
そんな胸のうちを、全部さらけ出した。

ライターに書いてもらうという選択肢もあったけれど、
それでは自分の文章にならないという違和感があった。
結局、一字一句、自分の言葉で書いた。
それしか自分にはできないからと。

娘が思い描いているであろうキラキラした世界。
彼女をとりまく愛と、彼女が放つ愛。
2人のアーティストが、私の想いを形にしてくれた。

日本を代表するワーキングマザーが、
校了の翌日に、帯のコメントを贈ってくださった。

怖いけれど、伝えることを続けたいと思う。
障害者のいる生活、それが当たり前の暮らし、
同じ社会にいることを、見守ってください。

一緒に走ってくださった編集者とプロデューサーと、
支えてくださっている、ここにいる皆様へ。
心からの感謝を込めて。

写真 2017-11-06 10 44 16


I had many meetings with the publisher during the summer.
I felt like to write but I could not write it.
I exposed everything in my mind.

They asked me that I had the option of having the writer write it,
Then there was a feeling of incongruity that it would not be my own sentences.
After all, I wrote everything in my own words.
Because it was only thing that I could myself.

A glittering world that my daughter may have envisioned.
Love surrounding her, and love she releases.
My friends, two artists shaped my feelings.

The next day after I finished all,
One of Japan's leading working mother, sent her comment to my book.

I am scared, but I would like to continue to tell.
We live with a family member with disabilities.
Please watch over us as supporters.

To my editors and my producer.
To all who are here who are supporting us.
With a sincere gratitude.

5年前の記事。あれからずっと、書けなかった。

写真 2017-11-06 10 41 37



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
「うわー、まんつき、綺麗ー!」
末娘の発言は、いつも突拍子もない。
でもこの感性を大事にしたいと、丁寧に答える。

「なんで、お月様っていうの?」
「なんで、月明かりっていうの?」
「なんで、お月見なんかするの?」

月を悦び、月を愉しむのは、日本人ならではの感性だから。
アメリカ人と、この会話はできない。

今度は、もっと広い空で、月を見よう。

写真 2017-10-07 20 54 09


"Wow, It's full moon, beautiful!"
My eldest daughter 's remarks are always funny.
But I want to take care of this feeling, answer politely.

Why do we call "Dear Moon"?
Why do we say "the moonlight"?
Why do we enjoy "a moon view"?

We are pleased with the moon and enjoying the moon because it is a sensibility
unique to Japanese people.
I may not have this conversation with American people.

Next time, let's see the moon in a wider sky.

写真 2017-10-07 21 46 07



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-08-20 8 47 49


小学2年生、初めてスキー靴を履いた。
学生時代には2メートルの板を回し、社会人でスノボーデビュー。
主婦にはもうできないと思っていたけれど、
近年少しだけ、スキーを復活させた。

初めてテニスラケットを持ったのは、高校の体育の時間
ボールに直接触れないスポーツは、もどかしかったけれど、
テニスもゴルフも、人並みに社交ができる程度に練習した。

今はすべて、子供たちにかなわない。
早朝から日が高くなるまで、公営コートで打ちまくる。
母親の威厳はどこにもなくなった。

先に帰って、美味しい御飯を作って待ってるよ。

写真 2017-08-20 8 50 27

写真 2017-08-20 8 45 38

写真 2017-08-20 7 53 28


I put ski boots for the first time when I was in elementary school second grade.
In school days, I turned a 2 meters’ ski board and made a snowboarding debut
in my freshman age in the company.
I thought that I could not do it as a housewife,
In recent years, I started skiing again a little.

The first time I played a tennis was when the high school physical education time.
Sports that did not touch the ball directly was frustrating,
I practiced both tennis and golf to the extent that they could socialize on a personal level.

Everything now does not make sense to children.
From the early morning, until the sun rises, they play at a public tennis court.
The dignity of the mother disappeared anywhere.

I will be back in earlier and wait for them by preparing delicious dishes.

写真 2017-08-20 9 54 06


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
2002年に小さな会社を起業してから、
どんなに小さな仕事でも、丁寧にやろうと心がけてきた。
小さくても続けることが、必ず次に繋がると信じている。

この夏、1つの願をかけて、
子供達の夏休み期間限定で、1日も休まずブログ更新をしようと決めた。

文章は、書こうと思って、書けるものではない。
ふと降りてきた時に、筆を取る。
1日1度、降りてくる瞬間を受け取ることが、
自分自身を見つめる時間。

小さくても、続ける。
きっとどこかの誰かに、いつか届くことを願って。

去っていった人にも、いつか届きますように。

写真 2017-09-04 19 15 08 (1)


Since starting a small company in 2002,
I tried to work carefully no matter how small the business was.
I believe that continuing small work, will definitely lead to the next.

Because I had one wish this summer,
I decided to update the blogs constantly only for the children's summer vacation period.

I cannot write a sentence, thinking to write.
When the idea suddenly come down, I type my words.
Receiving the moment of coming down once a day,
It is time to look at myself.

Even if it is small thing, I continue it.
I hope for someday to reach someone's heart.

Someday, it will reach people who left from me as well.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-09-04 12 35 10


夏の始まりを告げるメモリアルデー。
夏の終わりを告げるレイバーデー。

米国人は、屋外BBQパーティーをして、
夏を歓迎し、そして夏を見送る。

ジョージワシントンブリッジから20分ほど北へ。
ホスト御夫妻のホスピタリティーに感銘しつつ、
過ぎ行く時間を惜しむ、夏の最後の休日。

ニューヨークは、ここから一気に秋が深まる。
帰り道。
橋の向こうに見える月夜が、美しすぎた。

写真 2017-09-04 19 15 23

写真 2017-09-04 17 04 52 (1)

写真 2017-09-04 17 04 57 (1)

写真 2017-09-04 17 05 14 (1)


Memorial Day tells the beginning of summer.
Labor Day tells the end of summer.

When American people welcome the summer, and watch the summer off,
they have an outdoor BBQ party.

We went north from George Washington Bridge for about 20 minutes.
While impressed by the hosts' hospitality,
We enjoyed the last holiday of summer.

Autumn in New York is getting deeper from here suddenly.
On the way home.
The moonlight which was visible beyond the bridge was too beautiful.

写真 2017-09-04 19 58 53 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-04 20 00 22
Next
写真 2017-08-25 7 54 57


かつて実家で飼っていた犬は、シェパードと柴犬の雑種。
賢くて気が強いから、誤って綱を放すと、すぐに遠くに逃げて行った。
車に轢かれていないか、野犬狩りに捕まっていないか、
一日中心配で、探し回った。
お腹を空かせて日が暮れた頃に、ようやく戻って来る。
それが、いつものパターンだった。

セントラルパークは、午前9時までと午後9時以降、
飼い犬のオフリーシュ散歩が認められている。
飼い主はルールを守り、糞の始末も絶対責任。
犬たちも行儀良く、飼い主について歩くのが本当に不思議。

我が家の飼い犬は、番犬として繋いで飼っていたから、
いつも自由に餓えていたのだろうなと回顧する。

ここにいる犬たちは、いつも自由に歩いているから、
飼い主に忠実についていた方が楽なのだろう。

人間も仕事も同じかもしれない。
自己責任で何でも自由にさせてもらう状況にあると、
ある程度の規律の中で守られていることが羨ましく思える。

写真 2017-08-25 8 42 00

写真 2017-08-25 8 43 12

写真 2017-08-25 8 44 19


A dog kept at my parent's house in the past was a hybrid of Shepard and Shiba Inu.
Because she was wise and strong, she immediately ran away to a long distance if we mistakenly released the leash,
We were worried all day and looked around, hoping not run over by a car, not caught in a dog hunt.
When she was hungry and the sunset was over, she finally came back to our home.
That was the usual pattern.

In the Central Park, a dog 's off - leash walk is permitted before 9 AM and after 9 PM.
The owner keeps the rules, absolutely responsible for the cleansing of feces as well.
It is truly wonderful that dogs behave well and walk about their owners.

Because our dogs kept connecting the leash as a watchdog,
I look back on that she always wanted to be free.

The dogs here are always walking freely,
It would be happier that they are faithful to their owner.

Humans and work may be the same.
If we are in a situation where we are free to do anything at our own risk,
It seems enviable that it is protected within a certain discipline.

写真 2017-08-25 7 54 30


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
夏雲を追いかけるのが好き。
空が高く、雲が薄くなってくると、
秋の訪れを感じずにはいられない。

あと何度、ここでこんな空を眺めるのだろう。
遠ざかる夏に、もう少ししがみついてみる。

通り過ぎていった人にも、ここでエールを送ろう。

写真 2017-08-19 19 40 05


I like chasing summer clouds.
When the sky is high and the clouds become thin,
I might feel the arrival of autumn.

I wonder how many more times I will look at such a sky here.
I will cling to it a bit more in summer.

I will send an ale here to those passing by.

写真 2017-08-19 19 42 28


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
アパートの廊下に、このシートが張られると、
誰かの「引っ越し」が始まる。

ここで生活した誰かが別の場所に移り行き、
新しい誰かがここでの生活をスタートさせる。

新年度の始まる秋を前に。
たくさんの、別れと出会いがここにある。

ワクワクよりも、センチメンタルが勝るこの季節。
これもきっと、年を重ねた証拠。

写真 2017-08-18 9 29 34


When this plastic seat is stretched in the hallway of the apartment,
Someone's "Moving" begins.

Someone who lived here moved to another place,
Someone new will start the new life here.

Before the fall which the new year starts.
There are lots of farewells and encounters here.

I feel that sentimental is superior to exciting this season.
This is surely the evidence of my aging.

写真 2017-08-18 15 20 59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
いつもの朝がやってきた。

夜通し灯りがともるアパートの窓もあって、
空が完全に闇に包まれることはない。

それでも東の空が白んでくると、
一つの区切りが始まったと感じる。

今日もまたここで、
たくさんの人生のストーリーが始まる。

写真 2017-08-14 5 35 13


The usual morning came.

There was a window of an apartment with light all night,
the sky did not be completely covered with darkness.

Still when the eastern sky gets whitened,
I feel that one story has started.

Today also here,
the stories of a lot of lives begin.

写真 2017-08-14 5 46 33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
昨年から少しずつ動き出していたけれど、
いろいろ思うところがあって、やや停滞していた。
今夏、一気に動き出した周囲の勢いに、ついていくのが必死。

出版業界の常識とか、通例とか。
まだまだ知らないことが多すぎて。

同じ業界の先輩がくださった御助言に、
自分の置かれた立場の責任を再認識させられた。

伝えたいことがある。
その機会をいただける境遇に、感謝。

支えてくださる一人一人の顔を思い浮かべながら、
今日も原稿と向き合おう。

写真 2017-08-08 19 58 14


Although it started to move little by little since last year,
There were plenty of things to think about and it was somewhat stagnant.
This summer I desperately to keep up with the momentum of the surroundings
that started at a stretch.

Common sense or customary of the publishing industry.
There are too many things I do not know yet.

To the advice given by the same industry senior,
I was made to recognize the responsibility of my position.

There is something I want to tell.
I am thankful for the opportunity to have that opportunity.

While imagining the face of each person who supports me,
Let me face the manuscript today as well.

写真 2017-08-08 2 22 22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-11 15 43 53

写真 2017-08-11 15 44 28

写真 2017-08-11 15 44 42


ダウンタウンを歩く。
ノリータ、ソーホー、ビレッジを抜けて、ユニオンスクウェアまで。
おきまりのコースで、空を仰ぐ。

あの空き地はどうなっただろうか。
あの壁画は無傷でいるだろうか。
あの人は元気でいるだろうか。

大好きな夏、もう少しここにいて。

写真 2017-08-11 15 45 22

写真 2017-08-11 15 46 04


I walk downtown.
go through Norita, Soho, Village, until Union Square.
I look up at the sky on the routine course.

What has become of that vacant land?
Is that mural painting intact?
Is he doing well?

My favorite summer, stay here for a while.

写真 2017-08-11 15 50 40

写真 2017-08-11 15 53 20


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next