357 (2)

357 (5)


ショーウィンドウがクリスマス仕様にお召し替え。

ここで癒される。

357 (1)


Show window has been replaced to Christmas specification.

To be healed here.

357 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
名残り


今年はハロウィンが土曜日にあたったため、
金土の2日間、「トリックオアトリート」で仮装する姿が街に溢れていた。

日中は学校主催の仮装パレード。
街が闇に包まれると、大人たちのパレードが始まる。
どこまでも、お祭り好きの国民だと感じる場面。

日曜日の朝、街には残骸が溢れていた。
ゴミを回収し、各家庭の飾りつけはサンクスギビング用に変えられていく。

また来年も平和なハロウィンが訪れますように。

名残り (1)

名残り (2)


Since Halloween was on Saturday this year,
2 days of gold earth, the town was full by people with fancy dress for the
"Trick or Treat".

There was Fancy dress parade of school organized by school during the day.
When the city was shrouded in darkness, the adults of the parade began.
Indeed, US people love the festival.

Sunday morning, the debris was full in the town.
People collected garbage, and Decoration of each household is changing for
Thanksgiving.

Hope the peaceful Halloween will come again next year.

名残り (9)

名残り (8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
放課後、日暮れギリギリまで校庭で遊ぶ。
摩天楼に挟まれた校庭はあまりにも小さいけれど、
ただボールを追うことが、あんなにも楽しそうな姿が羨ましい。

ベンチで見守る私は凍える寸前。
冬時間になったら、もうこの時間には遊べない。

もう少しだけ、もう少しだけ。
貴重な夜の時間が短くなっていく。

今夜の夕飯は、何にしようか。

26 HDR


After school, kids played in the schoolyard until nightfall the last minute.
The sandwiched schoolyard that was between the skyscrapers is too small.
But I envied their figure that had so much fun for just chasing the ball.

I was almost freezing to watch them at the bench.
After it starts the winter time, they can not play at the yard after school.

"Only a little more, just a little more."
Time of precious night has become shorter.

I was thinking the menu of the dinner.

52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
紅色 (5)


アップステートはもうすっかり紅葉が始まっていて、
週末はダウンジャケットを着て過ごした。

マンハッタンや東京にいると、まったく空を見る余裕がないのに、
ここにいると、時間がゆっくり流れている。

紅く色づく山々を見る。
マジックアワーに染まりゆく空を堪能する。

空気や音や匂いで、伝えられない美しさに、
「ごめんね」と娘に詫びる。

視覚で感じる素晴らしさを、もっと伝えたい。

空気が白く色づき、外気温は6度まで下がっていた。
また寒い季節が始まる。

紅色 (3)

紅色 (4)

紅色 (1)

紅色 (2)


An autumn leaves have already begun in the Upstate.
I spent the weekend wearing a down jacket.

I was not afforded to see the sky slowly when I was in Manhattan or Tokyo.
But time flows slowly when I am here.

We watched the mountains which turned the crimson.
We enjoyed the sky that dyed by Magic Hour.

It was the beauty that cannot told by the air and sound and smell.
I apologized to my daughter as "I'm sorry".

Now, I want to tell more the splendor that I can feel visually.

The air got the color as white, the outside temperature had dropped to 6 degrees.
The cold season has begun.

紅色 (7)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
45


日本人の美意識の原点、「花鳥風月」。
月は太陽に代わって主役にはなりきれないけれど、
日本人にとっては想い入れが強い。

池に船を浮かべ、水に映る月の姿をまなでる。
月はときに人の心を映す鏡にもなる。

今年は中秋の名月も、スパームーンも、
きちんと見られなかった。
心の余裕が、ちょっと足りない。

お月様 (1)


"Flowers, birds, wind, and moon" is the traditional themes of natural beauty
in Japanese aesthetics

Though the moon cannot be become a leading role on behalf of the sun,
Japanese people have strong feeling for it.

From the old age, people floated the ship into the pond, and loved the moon
which was reflected in the water.
The moon also becomes a mirror to reflect the human mind.

お月様 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

お月様 (4)
Next
都会の空 (1)


故郷を離れてから、「東京の空」という曲が好きになった。
「がんばっても がんばっても うまくいかない
でも 気付かないところで 誰かがきっと見てる」

ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。
「あの頃みたいに 君に優しくできているかな
いちばん大切なのはその笑顔 あの頃と同じ」

大好きなニューヨークの街なのに、
冬が近づいてきたかのように、一気に空が狭くなった。

でも、本質はちっとも変わっていないと信じたい。
時代が変わっても、変わらないものを、大切にしよう。

都会の空 (2)


After I left from homeland, I came to like the song "The sky of Tokyo".
"It does not work even I work hard.
But someone is looking at me from where I do not notice."

I have friends who sometimes send me the sky photo.
"I wonder I touch gently to you like those days.
The most important thing is that your smile is same as that time."

Though I'm in my favorite city New York,
As if it had been approaching winter, the sky is narrowed at once.

But, I want to believe that basic is not changed at all.
Even if age has changed, what does not change, let us try to cherish.

都会の空 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Last Day (1)


「夏の終わり」を告げる休日、レイバーデー。
この日を境に、秋が加速してやってくる。
長かった夏休みが終わり、セカンドハウスで夏を過ごしたファミリーが街に帰ってくる。
ショーウィンドウには早くも冬のコートが並べられ、ファッションウィークのニュースが
街を彩る。

ひと夏楽しませてもらったビーチクラブに、お別れを告げようと、
3家族とその友人、総勢15名の大所帯で、最後のビーチを楽しんだ。
童心に返って波乗りを楽しみ、真っ白な砂浜を堪能した。

また来夏に会おう。
初秋の海風が、柔らかく髪を撫でていった。

Last Day (3)

Last Day (2)


It was the Labor Day Holiday that tells "the end of summer."
After this day, autumn comes doing to accelerate.
The summer vacation will be over the families who spent the summer in
the second house was coming back to city.
The show window lined winter coat, Fashion Week news decorate the town.

It was for the beach to tell it a farewell.
3 family and their friends, in a large family of 15 staff in total, enjoyed the
last beach.
We enjoyed surfing by returning to the child's mind, and enjoyed the pure
white sandy beach.

"See you in next summer"
Early fall of sea breeze, went stroked my hair softly.

Last Day (4)

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
自由研究 (5)


熱帯低気圧の影響で、その秘境にも、重たい曇り空が広がっていた。
人影まばらなビーチには、暑過ぎない空気が似合う。

気まぐれのように訪れるよそ者に、自然は容赦しなかった。
沖から迷い込んで流れ着いたハブクラゲが、次男を襲った。

プライベートビーチでレスキューも存在せず、
予備知識もないまま対処に困り果てたところ、
毎年顔を合わせるマリンスポーツ屋のお兄さんが助けてくれた。

こらえ泣きしながら痛みに耐える次男を、
ただ見守るしか出来ない、私は無力。

2015年夏、またひとまわり大きくなった彼らに、
毎日たくさんのことを気付かされる。
「生きる力」をつけるためのサポートをすることが
親にできる最大の務めだと。

痛みを伴った経験を「自由研究のテーマにできるね」と笑う朗らかさが、
君の強さ。そして私の宝物。

自由研究 (4)


Under the influence of tropical cyclones, there had spread a heavy cloudy
sky in the unexplored region.
The air was not too hot at the private beach.

To outsiders to visit as whim, nature did not pardon.
My second son was hit by a jellyfish that wandered from off the coast.

Rescue guys did not exist on the private beach.
As I didn't have any idea without prior knowledge,
A man of marine sports shop who knew our annual face helped me.

A second son to withstand the pain while crying endure,
Just I was helpless.

I am reminded a lot of things every day by them
To support a "zest for living" is the biggest mission that a parent can do.

"It can be a free study of the theme."
Cheerful character is your strength.
And it is my treasure.

自由研究 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ニューヨーカーは、滅多に傘を差さない。
少しぐらいの雨なら、濡れることも気にせず街を歩く。

すっごく嬉しいことと、すっごく悲しいことがあった翌朝。
街に傘の花が開いた。

空が私の代わりに、大泣きしてくれた。
明日はきっと、笑ってくれる。

Rain (1)


New Yorkers rarely put up umbrella.
They walk the streets without worrying to be wet if the rain around.

I had thing sooo happy and sooo sadly yesterday.
The flowers of umbrella are blooming in the city this morning.

Instead of me, the sky is crying all the day.
I'm sure it will smile tomorrow.

Rain (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
梅雨生まれのせいか、蒸し暑い夏が大好きで、
どんどん日が長くなる季節は、それだけで気分が高揚してしまう。

一年で一番昼間の長い日。
ここから寒い冬へのカウントダウンが始まっていることが信じられない。

見上げた空に勇気づけられる。
ほら。まだ夏が始まったばかりだと。

夏至 (2)


Perhaps because I was born in the rainy season, I love hot and humid
summer.
I like the season that day time gets longer and longer.

It is the longest daytime of the year.
I cannot believe that from today the countdown starts to the cold winter.

I was encouraged by the sky that looked up.
Well. Still the summer has only just begun.

夏至 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Finding Summer (1)


マンハッタンはすっかり夏の気候になったけれど、アップステートからは
まだ夏が遠い。
東京から軽井沢あたりの避暑地に行くと、こんな気分になるのだろうか。

郊外の空気を楽しみつつも、都会のざわめきに戻りたくなる。
人間はいつだって、ないものねだり。

Finding Summer (5)
Finding Summer (6)


Although Manhattan was completely become a climate of summer, it was still
cool in the up state.
If I go to summer resort per Karuizawa from Tokyo, I will be in such a mood.

While enjoying the suburbs of air as well, I want to return to the urban bustle.
Human beings have always desiring too much.

Finding Summer (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
先週の気温、31度。
今朝の気温、11度。
この寒さのなか、エアコンの効いた地下鉄車内。これがニューヨーク。
鼻風邪がなかなか治らず、呼吸が苦しい。

今日はこの子に代打をお願いした。
何度も教えているのに、必ず同じ場所でひっかかって、基地に戻れない。
この間抜けさが、自分を見ているようで、愛おしい。

人間も機械も、完璧なんてありえない。

ピンチヒッター (1)


Last week, the temperature was 31 degrees Celsius.
This morning, it was 11 degrees Celsius.
In this cold, strong air-conditioned subway worked in New York.
I have been sick, and I'm still feel uncomfortable at breathing.

Today I asked this child to work instead of me.
And even though I have taught it many times, it cannot return to the base
by stuck in the same place.
I love this stupid kid as if I looking at myself.

There are no perfection, for human beings and machinery.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ビーチクラブ (2)


マンハッタンから車でわずか40分。
ロングアイランドにあるプライベートビーチに招かれた。

砂浜沿いにあるログハウスとシャワー、レストラン。
日本でいう「海の家」のように簡素な設備だけれど、
シーズンパスを持っているメンバーのみが集う空間には、
優雅な時間が流れている。

厳しい寒さの冬が終わった途端に、春が駆け足で通り過ぎた。
メモリアルデーを過ぎた日から突然夏が始まり、
人々は太陽を求めて、屋外で活動する。

「後で絶対に後悔する」と分かっているけれど、
ここにいると、日焼けこそがステータスという文化につい巻き込まれてしまう。

新しい水着とサンダルと、お気に入りの本。
照り付ける太陽は、もうすっかり真夏の顔を見せていた。

ビーチクラブ (3)


Just 40 minutes by car from Manhattan.
We were invited to a private beach in Long Island.

Located along the sandy beach, there are log houses and shower, and
restaurants.
And though it was simple facility like a "sea of houses" in Japan,
Elegant time was flowing in the space where only members who had season
passes gathered.

As soon as the severe cold winter was over, spring has passed so quickly.
Suddenly summer has begun from the date after Memorial Day,
People act in the outdoors for looking for sun.

I'm sure to be "regret absolutely later",
But here, I would be caught up with the culture that sunburn is social status.

I was happy with new swimsuit and sandals, favorite book.
Blazing sun had already showed a face of midsummer.

ビーチクラブ (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
トリック(1)


地下鉄NQR線の57丁目駅から地上に出て、7番街から東に向かう。
目の前にどんと構えるカーネギーホールに寄り添うように、尖塔が立っている。
一体あれは何だろう?
きっと誰もが頭上を見上げることだろう。

北側の歩道をゆっくり進むと、尖塔だと思っていた建物に、
次第に厚みが出てきてまた驚く。

正面に立つと、ようやく三角柱の建物であることがハッキリ分かる。
こんなに地価の高いマンハッタンのど真ん中で、
こんな風にデザインしてしまうところが、それらしい。

良くも悪くも使われる「トリッキー」という言葉が、まさにふさわしい。
こちらから見た時と、あちらから見た時とのギャップ。
人間の内面を見ているようだと思えてしまった日暮れ前。

トリック(2)


You walk from Seventh Avenue to the east after you go out on the ground
from the 57th Street subway station NQR line.
The steeple stands as snuggle Carnegie Hall in front of the eyes.
What is the heck it?
I'm sure everyone will be looking up at over one's head.

If you advance slowly on the north side of the sidewalk, you might think
that the building is to be a spire,
And you will be surprised when it gradually will get thickness.
When viewed from the front, it is obvious that it is a triangular prism of
the building.

At the center of so high land prices Manhattan,
To design in this shape is amazing.
For the word "tricky" that means of better or worse, is exactly appropriate
for this building.
There is a gap when viewed from here or viewed from there.
I feel it seems to look at the human inner surface.

トリック(3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Memorial Day (1)

Memorial Day (2)

Memorial Day (3)


アメリカには国民の休日が少ない。
たくさんの連休に加えて、正月休みやお盆休みのある日本と比べると、
アメリカ人は外から見られるイメージよりもずっとよく働いている。

貴重な連休。
「夏の始まり」といわれるメモリアルデーを前に、
今年はブルックリンのプロスペクトパークでBBQ。

カラッとした好天に恵まれ、爽やかな風が心地よい。
久しぶりに大地に横たわり、久しぶりに大きな空を見上げた。

同じ空の下で、たくさんの人生が綴られる。

Memorial Day (5)


National holiday is fewer in the United States.
Compared to Japan that has New Year holidays and the Bon vacation,
in addition of a lot of holidays,
Americans work much better than the image from the outside.

It was a precious consecutive holidays.
The day before the Memorial Day that called "the beginning of the summer",
We had BBQ party at Prospect Park in Brooklyn this year.

Blessed with good weather, we enjoyed the refreshing wind.
After a long time, I lay down on the ground, and I looked up at the big sky.

Under the same sky, a lot of life is spelled.

Memorial Day (7)

Memorial Day(8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
森林浴 (2)


マンハッタンの昼下がり。
木々の新緑が目にまぶしい。
行き交う人、行き交う車。
無機質なものにも、生命力がみなぎる季節。

寒さで震えていた頃が嘘のように、
人々の表情の明るさが嬉しい。

街中に緑が加わるだけで、
通勤途中の景色が変わる。
気持ちが変わる。
新しい自分が、きっといる。

森林浴 (3)

森林浴 (4)


It was afternoon in Manhattan.
Trees of fresh green are dazzling to the eye.
People come and go, cars come and go.
In inorganic ones also, season vitality is overflowing.

It was like an illusion that I was shivering in the cold,
I was glad the brightness of the expression of people.

Green in the city changes the world of my day.
New you are surely there when feeling changes.

森林浴 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
灯りの消えた自宅に、スイトピーの花が咲いていた。
最近、ゆっくり話も聞いてあげられていない。

ごめんね。
母の日もお仕事です。

こんな背中しか見せてあげられないけれど、
貴方達を誰よりも愛している。

Mother's Day


When I came home in the night, the bunch of sweet pea had bloomed.
Recently, I was too busy to hear their story.

I'm sorry.
I have to work on Mother's Day.

Though I am not an excellent mom,.
I love you guys more than anyone else.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
美しく綴られた文字。
心のこもった日本語の美しさが心に響く。

たくさんの出会いの後に、こんな風に御礼を伝えてくれる人がいること。
日本人であることを誇りに思う瞬間。

明日もまたこんな風に喜んでくださる誰かのために。
誠意を持って、具体的に動くこと。
ただただ、動いてみよう。

御礼状


There were beautifully spelled characters.
My heart was knocked by beauty of Japanese.

After a lot of encounter, there were people who told thanks me in this way.
It was moment I was proud to be a Japanese.

To someone who will be grateful like this.
I will act myself in good faith.
Let me act for you.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
春満載 (3)

春満載 (5)


人の一生を四季に例えると。
10~20代、新しい生命が芽生える春。
30~40代、太陽のエネルギーみなぎる夏。
50~60代、収穫期というべき実りの秋。
70代以降、人生の総決算を楽しみながら、静かに過ごす冬。

まだ夏の時期にいる今を愉しみつつ、
充実した実りの時期を迎えるために、想いを巡らせる。

こんなにたくさんの春に囲まれながら、
自然の偉大さを噛み締める。

自分のちっぽけさを疎ましく思いながら。

春満載 (2)

春満載 (4)


I compare the life of people in four seasons.
10-20 generations is spring that new life sprout.
30-40 generations is summer that solar energy overflowing.
50-60 generations is autumn that say harvest of life.
70s and later, while enjoying the culmination of life, is winter we spend quietly.

While I try to pleasure now that I am still in the season of summer,
I think to greet the time of fulfilling fruitful.

As I am surrounded by plenty of the spring,
I feel the greatness of nature.

I feel my puny of disagreeable.

春満載


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
郊外の春 (2)


マンハッタンから北へ100マイル
閑散とした景色のなか、木の芽のふくらみと、
溶け出した根雪が、春の訪れを教えてくれる。

少し青くなった空の色に、深呼吸。
気温3度の風は、まだ冷たい。

郊外の春 (1)


It was 100 miles far away from Manhattan to the north
Among the dull scenery, the bulge of buds and melted lingering snow told
that spring had come.

I breathed deeply to the color of the sky that became a little blue.
The wind was still cold, with the temperature of 3 degrees Celsius.

郊外の春 (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
カフェタイム

カフェタイム (2)


カフェやバーで、一人で時間を過ごせる人を尊敬している。
ウィンドウショッピングならいくらでも出来るのに、
ファーストフードの店にいても、落ち着かない。

学生時代に、図書館で勉強するのも苦手だった。
たくさんの人が集まる場所なのに、
孤独な感情をたくさん吸い取ってしまう感性が、
私から翼をもぎ取っていく。

ここニューヨークには素敵なカフェがあふれている。
日本にどんどん進出していくカフェブランドを、
ここでそっと応援しよう。

カフェタイム (3)

カフェタイム (5)


I have respect for people who spend time alone at cafes and bars.
I am good if it's window shopping,
but I do not calm down even if it's the fast food shop.

I was not good even to study in the library when I was a student.
Even it was the place where a lot of people gather,
the sensibility that would suck a lot of lonely feelings wrested wings from me.

Now, there are a lot of nice cafe shops in New York everywhere.
More and more a cafe brand continues to expand into Japan.
I'm cheering them softly here.

カフェタイム (6)

カフェタイム (7)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
3月の雪 (3)


昼前から雪が降り出した。
暦も春、気持ちも春だというのに、
ニューヨークの冬は、まだ立ち去ってくれない。

クローゼットにしまいかけていたスノーブーツと
ロングのダウンコートで、
いつもの道を歩く。

湿っぽい雪が街路樹に張り付いて、
樹氷が街を覆う。
子犬の背中が何かを訴えているようで、
思わず抱きかかえたくなった。

街角で、カメラを構えるニューヨーカーの多いこと。
今日のインスタグラムは、3月の雪景色が溢れているのだろう。

3月の雪 (2)


It started to snow from late morning.
It was season of spring, and my mind was in spring.
But New York's winter, has not gone yet.

I wore the snow boots that I put away in closet.
And I walked the usual way with my long down-jacket.

Damp snow stuck to street trees.
The rime on tree covered the city.
I felt the puppy has complained of something,
I wanted to hold him with no words.

There were a lot of New Yorkers that took photos on the street.
We would see many photos of snow in March on today's Instagram.

3月の雪 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
散歩道 (1)

散歩道 (6)

散歩道 (3)


ブルックリンを歩く。

見慣れた光景。

流行りのホテル。屋根の上の水道タンク。
壁の落書きでさえ、愛おしい。

イーストサイドリバー越しに見えるマンハッタン。
世界中の憧れの街。

こんな大きな街に、埋もれていく自分。
その存在が、あまりにちっぽけに思えて。
自分はどこにいるべきかと、想い佇む。

帰り道、久しぶりに空がオレンジ色に染まった。

当たり前の明日がまたやってくるわけじゃないと思ったら、
涙が止まらなくなった。

自分のために泣いてくれる人がいなくても、
人のために涙を流せる人でいたい。

散歩道 (5)


I was walking in Brooklyn.

A familiar sight.

Fashionable Hotel. Water tank on the roof.
I loved even the graffiti on wall.

Manhattan visible to over the East Side River.
The city of longing around the world.

I myself will be buried in such a big city.
My presence seemed too tiny.
I was thinking where I should be.

On my back way, the sky was stained orange.

When I assumed there was no guarantee that tomorrow comes as every day,
my tears no longer stop.

Even if no one will cry for me, I want to be a person who drop tears for people.

散歩道


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
あまりの寒さのせいか、吐き出す場のないストレスのせいか、
今冬は、心身に余分な脂肪をためこんでしまった。

3日間のジュースデトックス。
朝から夜まで、1日6本のジュースで過ごす。

空腹感はないけれど、手足がどんどん冷たくなって、眠れなくなる。
浅い眠りについた瞬間、悪夢にうなされる。
解決の糸口さえ見つからず、悶々としたまま、朝を迎える。

4日目の朝。
見て見ぬふりをする人のなかで、正義は貫けないと思った。
自分が大事にしているものだけ、守ろうと決めた。

春に向けて、重いコートを脱ぎ捨てよう。
歩き出す勇気さえあれば、きっと未来に繋がる希望が見えてくる。

detox


Perhaps because it was too cold, or probably there was no place where
I spit the stress.
This winter, I gained excess fat in mind and body.

I tried a three-day juice detox.
From morning till night, I spent a day with six bottles of juice.

I did not feel hunger, but I was getting cold hands and feet, I could not
sleep well.
The moment I went to shallow sleep, I got a nightmare.
I did not find out the resolution of clues, then I greeted the morning while
worrying endlessly.

It was the morning of day 4.
Among the people who turn a blind eye to, I cannot keep the justice.
I decided to take the right way that I believed.

Towards the spring, I will take off a heavy coat.
If I have the courage to move forward, I can see the justice that surely
leading to future.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
母は茶道の師範で、実家には着物姿のお弟子さん達が年中出入りしている。
月に幾度も着物を着る母と比べて、私が着物を着る機会は天地の差ほど少ない。

でも、こういう機会があると、背筋がすっと伸びるのを感じる。
日本の伝統芸能、伝統工芸、もっと世界に伝えていかなくては。

春の装い (5)


My mother has been a teacher of tea ceremony.
Her disciples in kimono have come to my home so often.
Compare to my mother who wear kimono again and again in a month,
the opportunity that I wear a kimono is very less.

But when there was such opportunity, I felt my spine was stretched
straight.
I have to tell more to the world, about Japanese traditional arts, traditional
crafts.

春の装い (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
最高気温が0度を上回ると、今日は暖かいなと思えてしまう。
行き交う人々が交わす「こんにちは」の挨拶が、少しだけ軽やかに聞こえる。

真冬の真っ只中のようなのに、今晩から早くも夏時間が始まる。
時計の針を一時間進めて、静かに春を迎える。

明日はちょっと寝不足で、週末のヨガに出かけよう。

Summer Timr (2)


If the maximum temperature is greater than zero degrees Celsius, I would
think it's warm.
Greeting of "Hello" that people exchange sounds a little lightly.

It still in midwinter midst, the daylight saving time begins tonight.
The hands of the clock advance one hour, we quietly greet the spring.

Tomorrow morning, I will go on the weekend yoga, with a little lack of sleep.

Summer Time


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
立春 (1)


もうずいぶんと長いこと、悩んでいたのを知っている。
日常的に離れている時間の方がとてつもなく長いけれど、
人間の本質は、出会った10代の頃と変わりようがないことも。

重大な決意と「応援してほしい」の一言に、すべてを感じ取った。
全力で応援すると約束した矢先。
その時を待っていたかのような出来事だった。

いつも空の便りを送ってくれる君に。
私は何が出来るだろう。
全力で応援すると約束したことは、無期限だから。
巡り合えたことに、感謝している。

樹氷がキラキラと輝く朝。
真冬のニューヨークに桜が咲いているみたいだった。

絶対に負けさせない。

立春 (5)


I know you had troubled for another pretty long time.
Though we have been away routinely for enormously long time, we also
have known that human nature had not so different from the time we met
at teenagers.

I understood a serious determination with your words "Give me your support."
Just when I promised to support with full force, it was happened, such as if
it was waiting for that time.

To you who always send me a sky report.
I wonder what I can do for you.
Because I have promised to cheer you at best forever, I was grateful we met
together in our life.

The rime was sparkling in the morning.
It looked like the cherry trees in bloom in the cold winter in New York.

I absolutely want to never let you lose.

立春 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
イエローキャブ (1)


自宅のリビングルームにある絵画たち。
まったく統一性はないけれど、それぞれに思い出が詰まった作品ばかり。
ニューヨークにいるのにニューヨークの絵が多いのは、
若き頃に、そのシーンで高揚した気持ちを思い出させてくれるから。

ニューヨークでは、タクシーを止めたら、まず自分が先に乗るのがマナーとされる。
治安が悪かった時代、タクシーによる誘拐が多発した名残で、
自分が先に乗って安全を確かめるという意味がある。
日本の礼儀とは真逆、女性よりも男性、上司よりも部下が先に乗ることに、
最初は違和感を覚えたけれど、今となっては普通になった。

世界一マナーが悪いとされるニューヨークのイエローキャブ。
最近は、UBERやグリーンキャブの躍進で、ますます分が悪くなっているけれども、
やっぱりニューヨーカーの足の一つ。

今日もマンハッタンは、イエローキャブで大渋滞。
これだけ空車のつかまらない街は、世界でもトップクラスだろう。

イエローキャブ (5)

イエローキャブ (3)


There are some paintings in the living room.
They are not at all uniformity, but the works memories are jammed in each.
I have some New York painting in New York, because it reminds me
the uplifted feeling at the scene.

If you use the taxi with your client in New York, you ride ahead first is
good manners.
At the era of bad security, there were the multiple kidnapping by taxi.
You should ascertain the safety by riding ahead.
It is true reverse of Japanese courtesy; men ride earlier than women,
and the subordinates ride earlier than the boss.
I felt little discomfort before, but it has become my common sense now.

New York yellow cab is very famous by it's bad manners in the world.
Recently, by the breakthrough of UBER and green cab, its reputation
worsens more and more.
But New Yorker use them as their feet.

We have large traffic jam with the yellow cab in Manhattan today.
The city where it is very difficult to catch the empty taxi would be the top
class in the world.

イエローキャブ (2)

イエローキャブ (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
観測史上最大のブリザード (4)


普段の生活のなかで、テレビを見ることがほとんどない。
平日は、朝の戦争に始まり、日中の仕事、深夜の在宅ワークと続くから、
リビングルームでくつろぐような時間はない。
週末はニューヨーク郊外のアップステートの往復で、文明の機器とはかけ離れた
生活を送る。

しかし、この数日だけは、テレビの電源を入れて、天気予報をたびたび聞いていた。
「風速30メートル、積雪75センチ、史上最大のブリザードがやってくる」
どのチャンネルからも、ブレイクニュースが流れてくる。

観測史上最大級の暴風雪に見舞われる可能性に備えて、ニューヨーク市は万全の
対策で待機するように、市民に呼びかけた。

不気味なほど静かな夜。
街を抜ける風の音が次第に強くなり、街は白煙に飲み込まれた。

夜半、風の音を聞きながら、自宅の窓から階下を眺めると、
不思議な感覚に襲われる。
猛吹雪の中、真っ白になっていく街が、美しく見えた。

東の空が白んでくる。
何があっても、朝はやってくる。

除雪車のライトが道路を照らす。
地下鉄と路線バスは止まっているけれど、道路を歩く人影が見える。
街は静かに動き出した。

ニューヨークという街は、力強い。

観測史上最大のブリザード (5)


Among the everyday life, there is little to see the TV.
On weekdays, from the early morning to the late-night, I don't have time
such as to relax in the living room.
On weekend, in round-trip to suburb of New York Upstate, I am far from
the life and civilization of equipment.

However, only for this few days, I put the power of television, and had heard
often the weather forecast.
"The massive blizzard could cover the city in more than 2 feet of snow."
From any channel, break news was broadcast.

There was a possibility that hit the observation history largest storm snow.
Before it came, New York government declared a state of emergency and urged
New Yorkers to stay home.

It was an eerily quiet night.
The wind exiting the city became increasingly strong and the town was engulfed
in white smoke.

At midnight, while I was listening to the sound of the wind, I looked at the
downstairs from home windows.
I was attacked by a strange feeling.
In the blizzard, the process that the city became in pure white looked so beautiful.

The eastern sky became whiten.
Even if there is anything, the morning comes every day.

Snow plow lights illuminated the road.
Although subway and bus has still suspended, there was figure walking on the road.
The city began to move quietly.

The city of New York is so tough and strong.

観測史上最大のブリザード (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
フローズン (3)


昨秋、雑誌で見て、一目惚れしたダウンジャケットがあった。
米国LA発信のブランド製品なのに、そのダウンジャケットは日本でしか販売して
いないという摩訶不思議。
暖かいカリフォルニアでは、ダウンジャケットは売れ筋商品にはならないからだろう。

友人が、全国を探して、最後の一着を送ってくれた。
双子の子育てで多忙を極める彼女が、仕事の合間に箱詰めしてくれた姿を想像して、
その優しさに感謝した。

今冬もニューヨークの寒さは半端でない。
凍りつく噴水に、その寒さを想像していただきたい。

お気に入りのダウンジャケットの下に、ウルトラダウンとヒートテックを着込んでも、
手足の感覚はほとんどない。
肺が痛くて、深呼吸ができない。
朝夕の送り迎えと通勤だけも、生命の危険を感じてしまう。

フローズン (1)


Last fall, as I viewed in the magazine, I was fallen in love with a down jacket.
Even though the products were outgoing by the United States LA, the down jacket was sold only in Japan.
Probably, in the warm California, the down jackets were not selling items.

One of my friends, looked for it nationwide, sent me the last one.
I thanked for her kindness that I imagined a figure she boxed it in between
work, though she was busy mom of twins.

The coldness of New York is terrible even this winter.
To the frozen fountain, I would like you to imagine the coldness.

Under the favorite down jacket, even dressed the Ultra-down and HEATTECH,
Sense of limbs was little.
It is not possible to take a deep breath, my lung was painful.
Commuting in the morning and evening, I felt the danger of my life.

フローズン (2)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next