DSC04256

DSC04250

5月第2日曜日、母の日。アメリカ人は「母の日」をとても大事にする。
実家離れて暮らしていたとしても、できる限り母と一緒に食事をしに行ったり、電話をして「ママ、愛しているよ」と伝えたり、念入りに探して手に入れた贈り物を届けたりする。

今年の母の日、気温が一気に上がってセントラルパークは大賑わいだった。
芝生の上でピクニックや日光浴を楽しむ人々。
ジョギング、サイクリング、パフォーマンス。
こんなに多くの人達が、冬の間はいったいどこで週末を過ごしていたのだろうかと驚いてしまう。

摩天楼の間に広がる、緑溢れる公園は、人々のエネルギーで満ち満ちていた。
こうしてまた、人々は熾烈な一週間を生き抜いていくのだ。

DSC04258

DSC04252

DSC04248


Americans think the "Mother's Day", Second Sunday of May, is very
important.
Even if they live apart from home, they go to see their mothers to have a
lunch or dinner as much as possible, or they call them to say “ I love you,
mom" on the phone , and they ask to deliver the gifts that are placed in
hand looking closely to.

On the Mother's Day of this year, Central Park was a large bustle with
temperatures rising.
People enjoyed the picnic and sunbathing on the lawn, jogging, cycling
and performance.
I wondered where so many people have spent the weekend during the winter.

Beautiful Park with green, spread between the skyscrapers, was full to the
brim with the energy of the people.
Take a deep breath of the weekend.
Thus also, People are going to survive the fierce one week.

DSC04267

2

4



Next
ニューヨーカーがごく普通の週末を過ごしている頃、大型連休を満喫している日本の友人達から「今夜は東京の街が一段と明るいよ」とメッセージが届いた。
地球の周囲を楕円形の軌道で回っている月が、地球に最も接近した時に満月を迎えると「スーパームーン」になる。
NASAの報告では、通常の満月より大きさが14%、明るさが30%も増したという。

すでに夏時間の米国では、夜8時半を過ぎてようやく辺りが暗くなる。
夜景が明るすぎて、なかなか月が主役になれないマンハッタンの街中で、煌々と輝くスーパームーンの美しさには惚れ惚れした。

太古の昔から、人々はこうして夜空を見上げて、明日への希望を奮い立たせていたのだろう。
地球はひとつ。空の向こうに想いを馳せた。

写真

During New Yorkers have spent the weekend ordinary, I have received the
message from my friends in Japan, who have been enjoying the long
vacation called Golden Week.
"The city of Tokyo looked more bright tonight."

When the moon, spinning oval track around the Earth, comes the full moon at the closest to the Earth, it becomes a "Super Moon."
According to NASA's report, it increased 14% of size and 30% of brightness than the normal full moon on May 6th.

In the United States with daylight saving time, it finally becomes dark after 8:30pm.
Usually, the moon is not quite familiar to the leading role on the streets of Manhattan since the night scene is too bright.
But I adored the beauty of the "Super Moon" shining brightly last night.

From the immemorial, people looking up at the night sky this way, with 
inspired the hope for tomorrow.

The Earth is one.
I hope you will receive my feelings to the other side of the sky.

写真2


Next
DSC03761

DSC03731

DSC03730

10年来親しくさせていただいている御家族が暮らすキャッツキルの家で週末を過ごした。
ストレスの多いマンハッタン生活から脱け出して、山と川に囲まれた自然の中で過ごす時間は格別の息抜きとなった。

長年ニューヨークを舞台に世界の第一線で御活躍されるアートディレクター・グラフィックデザイナーの浅田克治氏が20年前に建てた通称「浅田屋」。
ホテルやインではなくて、あくまでも御家族が普通に日常を過ごす「家」である。
ニューヨーク郊外のキャッツキルという土地に魅了された克治氏が8年かけて構想し、その間は週末ごとにテントを張ってこの土地で過ごした。
建物に入る光の角度、部屋の配置、家具、設備、素材、食器、そして間の取り方。
すべてにこだわりを貫き通した究極の家は、いわゆる「郊外暮らし」のイメージを一新させられる。

訪れるたびに驚くのは、すべての調度品がまったく同じ顔をしてそこに居座っていること。
建物内部のテーブル、ソファやランプの角度も、いつ見ても1ミリも動いていないかと思うぐらい完璧だった。
克治氏曰く「好きな物だけに囲まれる暮らしを実現して20年、新しいものは何一つないし、何もほしいものはない」。

朝の光を背後から浴びて光り輝くように置かれたグラス類、一日の終わりには西側のデッキに出てビールを片手に夕日を眺める。
冬はスキー、春夏は川釣り、秋にはたくさんの収穫物。
ハリケーンの影響で広大な庭の木々が倒壊すれば手入れをする。
増水した川土手が流れて土地が減ってしまっても、すべてを自然のままに受け入れる。

そこまで完璧な空間なのに、心ゆくまで寛げるのは、ひとえに克治氏と奥様(有希さん)のお人柄、そして段取りの良いおもてなしのおかげ。
御夫妻にお会いしたいと、夜中に突然人が訪ねてくることも少なくない。

究極のライフスタイル。これこそが贅沢の極み。
いつか私も。

IMG_3694

IMG_3699

L1131319


I spent the weekend at home of my old friends family in Catskill, upstate of New York.
Escaped from stressful life in Manhattan, Spent time out in nature
surrounded by mountains and rivers, became a very special break.

This house called "Asadaya" was built 20 years ago by Mr. Katsuji Asada,
art director and graphic designer, to be active role in the world to the
forefront of New York stage for many years.
It is not a "Inn" or "Hotel", but a "home" where family spend the
day-to-day.
Mr. Asada was attracted to land of Catskill, he convinced and designed
this house over eight years, during which he spent in this land every
weekend in a tent.

Each time I visit there, I was surprised that all the furnishings were there
exactly same as before.
The angle of table, sofa and lamps has never changed even little in the
house.
Mr. Kastuji says, " I achieved a life surrounded by the only my favorite.
There is nothing new, and I don't want to get anything new."

Glassware was placed as bathed in morning brilliant light from behind,
and we watch the sun in one hand a beer out on the deck of the west at
the end of the day.
Skiing in winter, River fishing in spring and summer, Natural harvest in
autumn.
If trees in the vast garden collapsed under the influence of Hurricane, he
cares for them.
If the land of river bank reduced by freshet of river, he accepts all pristine.

Thanks to solely good personality of Mr.Katsuji and his wife, Ms.Yuki,
and hospitality arrangement, guest could relax to their heart's content in
such a perfect space.
Friends sometimes come to visit suddenly in the middle of the night since
they want to see them.

The ultimate lifestyle.
This is exactly the extremity of luxury.
I wish I get it someday.

L1131323

L1131326


ASADA DESIGN
掲載写真の無断転載を禁じます。
Next
3


今年は雪がほとんど降らず、例年に比べてずっと過ごしやすい冬だった。
大雪が降った後の除雪作業の素早さにはいつも圧倒されていたけれど、側道に雪が積もったまま春を迎えることが多いニューヨークが、東京より先に桜の便りを伝えてしまうのは何とも不思議な感じ。
温暖化の進む地球、いったい何が起こっているのであろうか。

今週は一気に気温があがり、セントラルパークにも春がやってきた。
満開の桜並木をくぐり抜けながら、また日本を想う今日この頃。

7

There not had much snow in this year, we had mild winter much more
pleasant than usual.
New York is often greet the spring while snow piled up on the road side, and I had been overwhelmed the rapidity of removing snow after heavy snow.
But this year, I feel indescribably strange that I would convey the news of
flowering cherry before Tokyo.
What will advance exactly what is going on with global warming?

This week, spring has come to Central Park in Manhattan.
I always think of Japan while I go through the row of cherry blossom trees
in full bloom.
Next
DSC03142

DSC03140

私が育った故郷では、旧暦の小正月(一月十五日)に正月に飾った門松や注連縄(しめなわ)、書初めなどを持ち寄って一斉に焼却する「どんど焼」が行われている。
これが終わると、年末から長く続いた正月ムードが、ようやく街中からも取り除かれて、自分自身も完全に日常生活へ戻らなくてはと気持ちを引き締めるのが通例であった。

かつて一月十五日といえば「成人の日」で、三が日の和装姿に負けないぐらい、華やかな振り袖姿が街中に溢れる特別な日であった。
その日までは日本特有のだらだらとした正月気分が長々と続き、これこそが私の大好きな「日本の正月」であったのだ。

私事、年末年始を日本で過ごした。
いつもの日本出張は、ここぞとばかりに仕事の予定を詰め込んで、時差ボケに悩むこともないとんぼ返りの強行日程。
今回は10年ぶりに日本での正月を迎えられると楽しみにしていたのだが、実家で想定外の事態が勃発して、正月気分は一気に吹き飛んでしまった。
そして日本の祝日制度改定が「一月第二月曜日」に「成人の日」を定めてくれたおかげで、日本の正月ムードが街から撤退するのも心なしか早くなっていたような気がした。
日本ではやりたいことの半分もできずに、日本の家族の姿に後ろ髪を引かれる思いでいっぱいであったが、私は気持ちを切り替えて、ここでの日常を取り戻そう。

大震災後の日本を訪れるたびに、日本の底力を感じている。
街中には「がんばろう」の意気込みと「愛」の言葉があふれていた。

今自分がここで出来ること、今年も地味にやっていこうと思う。
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

DSC03472

"Happy New Year"

At my hometown in Japan, we had "Dondo-yaki" performance at New Year
in the lunar calendar (January 15th), that people bring the New Year's
decoration, such as Kadomatsu, the sacred shrine rope, the New Year's
writing, to burn there.
After this, the end of a long-standing New Year mood, and finally dismissed
from the town.
I felt I had to go back to my own everyday completely, too.

Before, "Coming of Age Day" was on January 15th.
It was a special day in a town full of colorful kimono wearing, it reminded the
atmosphere that people wear kimono in first three days of a new year.
Until then, the Japanese unique slowly New Year's mood was continued.
This was what I loved, "the Japanese New Year."

Personally, I spent New Year in Japan.
I always travel in Japan with packed schedule of work and short stay, never
suffer jet lag.
I was looking forward to welcome New Year in Japan after 10 years I spent
it in New York.
But by the unexpected situation at my home, my new year's mood had
suddenly blown away.

Only this year, I thank the Japanese Holidays were revised "Coming of Age
Day" on "the second Monday in January" in 2000.
Since I felt like the Japanese New Year mood was soon withdrew from the
city.

I could not do my job not even half in Japan and was filled with painful
reluctance of Japan from my family, but I had to come back here.
I'm trying to switch the feelings, and regain everyday here.

Every visit to Japan after the big earthquake, I feel the strength of the
Japanese.
The city was full of "Ganbarou" enthusiasm and the words of "Love."

I would try to do my best here as same as always.
Thank you all for your support.

Next
DSC03063


我が家の目の前にある雑貨屋さんのショウウィンドウ。
繁華街から離れた静かな居住区の片隅で、普段は掃除機やら照明器具やらをゴタゴタと並べているだけのディスプレイ。
ところが毎年この時期だけは、夢いっぱいのこんな商品を並べている。
ジェットコースター、パラシュート、メリーゴーランド、スケートリンク・・・・。
手の細かい作りを眺めていると、幼い頃に父に手を引かれて歩いた遊園地の思い出が蘇る。
街の片隅のこんな場所で、まさかこんな気の利いたギフトを買えるとは思えない意外性が功を奏するのか、毎日少しずつ商品が入れ替わっている。

ホリデーシーズンのギフト商戦はピークを過ぎたとはいえ、年末のカウントダウンまではチップの書き入れ時だから、アパートのドアマンは過剰なほどにサービスをしてくれる。
彼らはこの時期だけに一年の稼ぎの半分近くを期待するらしい。
きっと目の前の雑貨屋さんも、この時期の売れ行きに勝負をかけて、渾身のアイディアを振り絞ってウィンドウを飾り付けているのだろう。
しかしその実、クリスマスオーナメントを飾るその横には、ユダヤ教のハヌッキヤー(八枝の燭台)が所狭しと並べられている。
他宗教の国だからこそ、ディスプレイにも意外と気遣いが必要なのだ。
人々も「メリークリスマス!」ではなくて「ハッピーホリデー!」と声をかけあって、この時期をやり過ごすのが通例。

皆様、ハッピーホリデー!
どうぞ素敵な年末年始をお過ごしください。

DSC03065

DSC03066


This is the general store's shop window in the front of my apartment.
In the corner of a quiet residential area away from downtown, usually they
only display alongside Lighting, Vacuum cleaner, and so on.
But only this time of year, here is full of products of dreams side by side.
Roller coaster, parachute, carousel, skating rink ... ... ....
When looking at these fine handmade products, I revive memories of the
amusement park walked with my father in my childhood.
Though it is in places like the corner of the town, many gifts are sold here.
And the items have been changed little by little every day.

Holiday gift shopping season has passed its peak, but it still the busy season
to get the holiday tips for doorman of the apartment.
They give us too much about the service, expecting nearly half of the
earnings of the year only at this time.
The owner of the general store tried to summon up the idea of the
decorating window that made win in sales over this period.
But the real, next to the Christmas ornaments, the Jewish Hanukkia (eight
branched candlestick) is a crammed alongside.
We need special care even for the window display, since here is a country
from many religions.
People don't say "Merry Christmas !" but also "Happy Holidays ! " to
withstand customary in this period.

Happy Holidays, everyone !!
I wish you all have a wonderful New Year in 2012.

DSC03070

DSC03068


Next
snowman

Cat

Rame

Tree


街中のカフェや地下鉄の中で声をかけられることがある。(女性限定)
「あなたの爪、とっても綺麗。どこの店に行っているの?」
私は胸を張って答える。
「日系のサロンに行けば、どこでもこれぐらい朝飯前ですよ」
「信じられない。やっぱり日本人はすごいわ」

私自身、こうやって自分の身の回りに気遣いをするようになったのは、つい最近のこと。
我が子が生まれたばかりの頃は、何とかして仕事と子育てを両立しようと懸命だったから、自分の服装や外見に気を配る余裕など皆無だった。

ある日、ある人に言われた。
「商談をする時に大切なのは、まず第一印象。もちろん中身も大事だけれど、外見の印象がその後の展開に大きく左右するのは紛れもない事実。男女問わず、顔と手先の表情は、気持ち次第でいかようにも変わる。」
「ビジネスに限らず、改まって人に会う機会には、その人に会うという行為のためにどれだけ気持ちを費やしたかが第一印象に表れる。」

はっと我が身を振り返って、反省した。
きちんとした身なりでいることは、自己満足のためではなく、相手に対する敬意なのだという意識。
持って生まれた容姿ではなく、自分で努力できることは意識して改善していこうという気持ち。
ビジネスだけでなく、プライベートな友達に会う時でさえ、相手のことを想いながら身なりを整える。
かといって、生来マメな性格ではないし、猫の手も借りたいほど忙しい毎日だから、日頃のお手入れはなるべく簡素に済ませたい。

ということで、日々のメンテナンスを最小限に済ませるための強い味方は、日系サロンの日系技術。
米国在住でありながら日系サロンに通うというこだわり。
それは日本という国の文化や技術を、もっと米国に広めたいというささやかなこだわり。

伝統工芸や工業製品、いわゆるハード部分が商品となって輸出され、日本の技術の素晴らしさは世界中に認められている。
一方で、個々の人材が持つ技術、ソフト面を直接米国にアピールする機会はまだまだ少ないからこそ、自らの身体を張って、日本の誇りを米国に伝えることをしたいと思う。
そこからビジネスの話が盛り上がることも少なくない。

まなみさん、いつもお世話になっています。
日系技術の素晴らしさを、今後もさらに米国に伝えていきましょう。

Studio L


I sometimes come under the voice in the subway or at the cafe in the city.(Women only)
"Your nails are very beautiful. Which salon do you go?"
I answer confidently.
"If you go to a Japanese salon, they can do it as well everywhere."
"I can’t believe it. But I know Japanese always do great job."

Recently I became to do something for myself in daily lives.
When my kids were babies, I tried hard to balance both work and
child-rearing.
I did nothing attentive to afford my own dress and appearance.

One day I was told by my master.
"Remember, the first impression is the most important when you have an
opportunity to see people at first in business.
Of course, the contents are important, but it depends largely on the
expansion of the subsequent impression of the appearance is an
indisputable fact.
Regardless of gender, people can change the impression of face and
hands. "
"People feel how much you think the meeting people from your first
impression, not only in business but in private."

I looked back myself and reflected.
One should have a sense of respect for the other people with proper attire,
it's not for self-satisfaction.
One should make effort to improve the impression to innate rather than
birth appearance.
He taught me the one important way in life to keep a caring feeling for
every people.
But I would like to make daily care simple as I am too busy to take care of
myself.
So, the technique of Japan salon is a strong ally in order to have a daily
maintenance to a minimum.
I commit to go to Japanese salon as the U.S. resident.
It is my commitment as a role to announce Japanese culture and
technology to the U.S. more and more.

The exported product of Japan's technology, called hard part of traditional
crafts and industrial products, is recognized worldwide.

On the other hand, the opportunity to appeal the individual technical
personnel is still little.
I would like to tell the pride of Japan to the U.S. with using my body and so on.
Few can rise from there to talk business.

I always thank for your help, Manami.
Let us tell the wonders of Japanese technology to the U.S.
Next
DSC02694


DSC02681


DSC02693


街が暮れゆく直前、通りのライトが一斉に灯り始める頃のコントラストが好きだ。

景気が悪くなればなるほど、クリスマス商戦の開始も早くなる。
サンクスギビング直後から、街中ではサルベーション・アーミー(救世軍)が募金活動を始めている。
幼い頃は「社会鍋」の意味が分からず募金をするのも戸惑ったが、英語の「クリスマス・ケトル」を知って以来、彼らに会うとポケットの小銭を探すようになった。

大震災後、節電をうたう日本の方々に、華やかなイルミネーションを御紹介するのは心苦しい。
しかし不景気の世の中だからこそ、こんな街の明かりが、人々の心に希望の光を灯していくのだと思う。

DSC02698


DSC02701


I like the contrast of light around the start of the street lights in unison,
just before sunset in town.

Along with the economy is bad, the start of the Christmas season is also
faster.
After Thanksgiving, Salvation Army has started a fundraising activity in
town.
When I was childhood, I was puzzled "Donation Bucket.”
But now I know the meaning of the English "Christmas kettle," I look for
change in my pocket if I see them.

Knowing the people to keep saving power, after the earthquake in Japan,
I hesitate to introduce such a colorful illumination.
But under the world's recession, the lights of this city, I think we lit the
light of hope into people's hearts.

DSC02708


DSC02705
Next
ニューヨークの街中では、巨大なネズミに遭遇することが多い。
かつては銀座の街でネズミを見かけると、一瞬怯んでいた私も、マンハッタンの
地下鉄構内に棲みつく巨大ネズミにも動揺しないほど、度胸がついた。

そして今週になって突然、ダウンタウンのオフィスに向かう通勤路上に巨大ネズミが
出現した。
ネズミのすぐ横に数名の男性陣、反対側には警察官が2名。
何もないけれど、背筋を伸ばされるような緊張感が漂う。
体長は3メートルを超え、鋭い目つきと怖い形相は、幼い頃に見た「くるみ割り人形」の
挿絵を思い起こさせる。
巨大ネズミは建物にお尻を向けずに、真正面から建物の中を睨みこむような向きで
居座っているから、観光客向けの「客寄せ」目的でないことは一目瞭然である。

雇用低迷が続く米国内でも、特にニューヨークの失業率は高い。
不当解雇や賃金カット。不当な扱いをされた雇用者が、ユニオン(労働組合)を通じて
雇用主に労使交渉をする時、ひとつのアピール手段としてこの巨大ネズミが出現するのだ。
雇用主がユニオンに属さない労働者を起用した場合にも、それを許さないユニオンが
さらに怒りをあらわにして抗議する。
建築業界では、プロジェクト半ばに巨大ネズミに襲撃されて、計画の大幅変更を余儀なく
されることも少なくない。

なんと、オンラインでも購入可能な巨大ネズミ。
3,000~5,000ドルのものが飛ぶように売れているというのも、不景気な世の中を象徴している。
そしてこのネズミが出現しないようにプロジェクトを進めるのが、私達の役目。

DSC02549



In the city of New York, we often encounter a giant rat.
Once when I see a rat on the streets in Ginza, I was momentarily daunted.
But now I am OK with courage if I see a giant rat that live in Manhattan
subway.

A huge rat suddenly appeared on the street toward the downtown office
this week.
A few men were next to a rat, and two police officers were on the other
side.
It happens nothing, but I felt tension as the spine extended.
A rat was more than 3 meters in length with frightening aspect that
reminded me the illustrations of "Nutcracker" which I saw when I was a
childhood.
The goal was obvious that was not for visitors, because it was sitting and
looking at the direction to the front of the building.

Employment in the United States also remain stagnant, unemployment is 
high, especially in New York.
Wrongful termination and wage cuts.
When the aggrieved employee does the labor negotiations with the
employer, through union (labor union), a giant rat, called “Union Rat”,
appears on the street.
If you hire the workers who are not belonged to unions, you will be fight by
the union too.
In the construction industry, has been attacked by a giant rat in the middle
of a project, there are many significant changes had to be planned.

These giant rats are also available for purchase online.
It is selling like hot cakes from $ 3,000 to $ 5,000, which symbolizes a world
recession.
Our business role is that a mouse does not occur during our project.
Next
DSC02175


つい半月前は半袖で過ごしていたというのに、この数日は朝の冷え込みが激しくダウンジャケットを取り出した。
四季折々の表情をゆっくり堪能できる日本とは違って、ニューヨークの秋は短く、あっという間に極寒の冬へと季節は流れていく。
ノースリーブの後は、すぐに真冬のコートが必要な土地柄、夏用サンダルか冬用ブーツしか持たなくなって久しい。
しかしこんなにも短い「秋」が、ニューヨークにとっては最も美しい季節でもあるのだ。
朝晩急激に冷え込むこの温度差が、世にも美しい紅葉を生み出し、ホリデーシーズンに向けて街のデコレーションが一気に華やかに色づいていく。

現実の生活は、映画のようにロマンチックなものではないけれど、セントラルパークから望む高い空も、故郷日本の空とつながっているのだと考えるだけで、なんだかほっとしてしまう今日この頃。
せめてもう少しだけ、この時間を楽しまなくては。

DSC02176



Even though about half a month ago I wore in short sleeves, I took out a down
jacket from my closet in a few days that getting colder.
We can enjoy the look of each season slowly in Japan.
But the New York fall is very short and the cold winter season comes so
quickly.
After a sleeveless, the locals soon need winter coats.
I don't have any spring and fall items since I keep only summer sandals or
winter boots here.
New York fall is such a short term, but it is also the most beautiful season in a
year.
This temperature difference of rapidly cold morning and evening produces
the beautiful red leaves.
Manhattan would be gorgeous colorful town that decorated for the holiday
season.

Real life, though not a romantic thing like a movie, I'm happy to think of the sky
high views of Central Park led to the sky of my hometown in Japan.
I enjoy the time a little more now before winter.

DSC02168


Next
DSC01657


「親愛なる由美子。
一日違いでこの世に生を受けた私達は、いつも一緒に誕生日を祝ってもらっていたよね。貴女はこの世から立ち去ることを決めてしまったけれど、私はまだしぶとくこの世を生きている。そしてもう、貴女の生きた倍の年齢になってしまったよ。」

職業柄もしくは性格によるものか、ごく身内のイベントにおいても普段は企画側にまわることが多い。会合に参加した皆がそれぞれに楽しめているか、予算に対して不満を抱いている人がいないか、いろんなことが気になってしまう。

しかし先日の企画は、一切合財を幹事さんにお任せして、本当に心の底から楽しませていただいた。こんなかたちで友人達に集っていただいたのは、何年ぶりのことだろうか。主役でいることには慣れないけれど、改めて「おめでとう」の言葉がこんなにも美しく、こんなにも人を幸せにするのだと感じた。異国の地での仕事や生活は、決して平坦な道ではないけれど、こんなに素敵な仲間達がいてくれるおかげで、私はまた明日に向かって歩き出せるのだ。
6月10日、時の記念日。

DSC01675


“Dear Yumiko
I always remind your memory, especially on our birthday. I’ve made my mind
that I would do my best through my life since when I heard your sad story”.

I really appreciate all friends who celebrated my birthday on June 10th.
I had precious time with you. Thank for your support, I would keep my
passion to live in here.

Next
MIKA

都会の喜びと悲しみは、それだけ数多くの人達との出会いと別れが繰り返されること。ニューヨークで出会った人達と、何らかの事情で別れなくてはならないことも少なくない。

祖国に帰っていく友人、新しい夢を求めて他の街へ旅立つ友人達を見送るたびに、私は残された人の寂しさを募らせる。しかし翌日には「今、ここが私のいる場所だ」と気持ちを切り替えて前を向いてきた。

しかし、昨日の別れは本当に辛かった。
同じビルに住んでいた友人一家が、新しいビジネス展開のために、南アフリカへ引っ越していったのだ。一定の距離のある友人には温厚な米国だが、意外とネイバー(いわゆる御近所さん)との関係で悩むケースは少なくない。

彼女達は最高のネイバーだった。家族ぐるみで異邦人の私達に愛を注いでくれた思い出の数々を、私は決して忘れない。今日はもう少しだけ、泣いてみよう。


I had to say good-bye to my dear friend yesterday. Jahanara and her family
left for South Africa that they would have big business opportunity.
She was one of the best friend and neighbor in New York.
Good luck and see you soon!
Next
5
美香ブログスタート

2011年5月中旬より、いよいよブログスタートいたします!!

Next