難病を患った一人の主婦が、立ち上げたアートプロジェクト。
2013年に他界した稲盛紀子さんの遺志を継いで、公演を続けるグループが
ニューヨーク公演にやってきた。

初めてのアートに触れる時、私はなるべく予習をしない。
先入観なく、まっさらな気持ちでどう感じるかを、大事にしたいから。

911をテーマにした「Firefighters」という芝居は、
正直言って、あまりに胸が苦しかった。
ニューヨーカーにとって、身近過ぎるテーマ。

この題材を日本人が演じることに、違和感があったのかもしれない。
個人のレベル差が大きい英語セリフで、全体のテーマが霞んでしまう。
日本語で真っ直ぐに演じた上で、字幕テロップが流れたら、
もっと、伝えたいことが、伝わるのかもしれない。

後半の和太鼓や、音楽劇は、純粋に楽しむことができた。
今回が初披露目という「UNIFICATION」も、
大人数で迎えるフィナーレも、「市民の力」を感じるパワーが溢れていた。

プロ集団ですら、ニューヨークで公演することは困難極まりないのに、
ほぼボランティアで運営されている100名以上のグループが、
こうして海を越えて活動されていることは、本当に誇らしい。

「愛と平和」を唱えることに、国境はない。
今自分が出来ることは何だろうかと、会場に足を運んだ皆が考えただろう。
考える機会をもたらすことが、何よりの成果だから。

IAPG(稲盛アート・プロジェクト・グループ)の益々の御発展を、
海を越えて、応援していこう。

稲盛アートプロジェクトグループ

写真 2018-10-05 15 36 49

写真 2018-10-05 15 56 26


IAPG is an art project launched by a housewife who suffered from an intractable disease.
A group that will continue the performance with the will of Noriko Inamori who passed away in 2013,
They came to the city for their New York performances.

When I touch the first art, I do not prepare as much as possible.
Because I want to cherish how I feel with a feeling of fullness without prejudice.

The theme of "Firefighters" with the theme of 911,
To be honest, my heart was too painful.
For New Yorkers, a theme is too familiar.

Perhaps there was sense of incongruity in Japanese people acting on this subject.
In English speech with large individual level difference, the whole theme gets hazy.
Along with playing in Japanese, if subtitle flows,
More, the things they want to convey may be transmitted.

In the latter half Japanese drum and music drama made us enjoy purely.
"UNIFICATION" was the first public presentation.
At the finale that greeted with a large number of people.
The power to feel "the power of citizens" was overflowing.

Even a professional group is not so easy to perform in New York,
This group are operated almost by volunteers, with more than 100 members.
It is truly proud that being active abroad in this way.

There is no border to advocating "love and peace."
Everyone who went to the venue would have thought about what I could do now.
It might the theme that was to bring opportunities to think.

IAPG (Inamori Art Project Group) 's increasingly advanced development,
Beyond the sea, we will support them.

写真 2018-10-05 16 28 08

写真 2018-10-05 16 28 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-05 16 35 28

写真 2018-10-05 16 44 09
Next
写真 2018-10-07 16 55 01


ミステリオは、世界の子供たちを人形で繋げている。
コットンで作られた白い人形に、自由に絵を描く。
世界に届けられた人形は、シリアル番号で追跡ができる。
子供たちは、そこから夢を繋ぐ。

ミステリオ主宰の寺尾のぞみさんが一声あげると、
ニューヨークからたくさんの女性が集まってくる。
しかも、一人一人が皆とてつもなく優秀で、
どこにこんな人材が潜んでいたのだろうと不思議に思う。

いや、その逆かもしれない。
在住歴こそ長くなったけれど、日頃、水面下で生きている私は、
こんな華やかな世界があることにさえ、気付けていないのだ。
たまに呼吸をしに出てくると、新鮮な驚きだらけ。

我こそは主役だと、自分のアピールに余念がない人。
誰かのことを、陰からそっと支える仕事をしている人。
とにかくみんな、ここで生き抜いている精鋭たちだから。

こんな優秀な人を輩出している祖国、日本はやはり素晴らしい。
そして、この仲間を牽引しているのぞみさんこそ、
最強のニューヨーカーだ。

そして私は今、次に自分が何をやるべきかを考えている。
たくさんの、日の当たらない所にいる人達を繋ぐこと。
子供たち世代を育むプロジェクト、いざ出陣。

写真 2018-10-13 9 53 10


Msterio connects children in the world by dolls.
Children draw a picture freely on a white doll made of cotton.
Dolls delivered to the world can be tracked by serial number.
Children connect their dreams from there.

When Ms. Nozomi Terao presided over of Msterio raises a voice,
Many women who live in New York come together.
Moreover, each and every one of them is outstandingly excellent,
I wonder where the human resources were hidden.

No, it may be the opposite.
Although I lived in New York for a long time, I live under the water,
I have not even noticed that there is such a gorgeous world.
When coming out to occasionally breathe, fresh surprises are full.

There is one who appeal herself as a hero.
There is one who works gently to support someone from the shade.
Anyway, everyone else is the elite that survives here.

My home country which produces such an excellent person, Japan is still wonderful.
And Nozomi, who is driving this group,
She is the strongest New Yorker.

And I now think about what I should do next.
Connecting people who are not shined by sun.
A project to nurture children's generation.
Now is the time when we should start.

写真 2018-10-13 10 26 33

写真 2018-10-13 9 49 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-13 10 45 45

Next
写真 2018-09-25 22 08 49


「キャバレーショー」の歴史は、19世紀末のフランスにさかのぼる。
第1号は有名なパリの「ムーラン・ルージュ」で、
社会風刺を含んだ歌や寸劇を見せる業態であったから、
ホステスらが接客し、ダンスも踊れる日本の「キャバレー」定義とは異なる。

ニューヨーク在住日系人で、トシ・カプチーノ氏を知らない人はいない。
舞台芸術評論家、キャバレー・シンガー、タレント、プロデューサー、
演劇評論家、ドラマ・デスク賞の日本人審査員。

トシさんが「キャバレーショーをやるから観に来てね」と言い出したのは、
今から何年ぐらい前だったろうか。

毎回テーマを変えて、いろんな歌や踊りを見せてくれることと、
在米の長い「日系人の大御所陣」に再会できるという楽しみもあって、
機会があると、友人と連れ立って観劇にお伺いしている。

今回のタイトルは、「夜のチョットスタジオ 〜ザ・昭和歌謡〜」。
古き良き時代の、日本の昭和の名曲、約50曲を惜しげなく披露。
途中、ゲストを舞台に上げて、一緒にコーラスを歌わせてみたり、
「スター誕生」で合格した際の裏話をお披露目してみたり。
その舞台まわしと、抜群の歌唱力はあっぱれだった。

昭和40年代以降のザ・タイガースから西城秀樹までというから、
私達より少し上の世代がターゲットだったのかもしれないけれど、
誰でも楽しめる会場との一体感が「キャバレーショー」の醍醐味。
次回は是非とも、山口百恵からジャニーズまでをリクエストしてみたい。

季節の風物詩がまたひとつ終わって、2018年の終盤が近づいている。

写真 2018-09-25 21 46 31

写真 2018-09-25 21 46 33


The history of "Cabaret Show" dates back to France at the end of the 19th century.
The first venue was the famous Parisian "Moulin Rouge".
It was a business style that shows songs and skits including social satire.
It is different from the Japanese "cabaret" definition that hostess attends, and people can dance.

Japanese people living in New York, everyone knows Toshi Cappuccino.
Performing art critic, Cabaret Singer, Talent, Producer,
a Japanese judge of the drama desk prize.

I remember many years ago when Mr. Toshi said "I'm going to hold a cabaret show, so come and see it.".
He is changing the theme every time, showing various songs and dances.
There is also enjoyment that we can reunite with Japanese old friends who have lived in the US long time.
When I have the opportunity, I go to a theater with my friend.

The title of this time was "Chot Studio at night - The Showa Kayo ~".
In good old days, he showcased about 50 songs of Japanese Showa familiarly and generously.
On the way, he raised the guests to the stage, let them sing the chorus together.
He showed off the back story when he was on the TV show in Japan in his young age.
His stage turning and outstanding singing ability were wonderful.

Since the Showa 40s and later from The Tigers to Hideki Saijo,
Perhaps the generation a bit above us was the target.
The sense of unity with the venue where anyone can enjoy was the real pleasure of the "cabaret show".
Next time I would like to request from Momoe Yamaguchi to Johnny's by all means.

The end of the year of 2018 is approaching after the end of the seasonal tradition.

写真 2018-09-25 22 32 31

写真 2018-09-25 22 32 38

写真 2018-09-25 22 33 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-25 23 31 37 (1)

Next
写真 2018-09-17 17 05 37


ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で
「水面に映る月光」を意味する「ワイマラマ」。

1988年、北島・ホークスベイに広がる葡萄畑で、
ボルドースタイルを目指したワイン造りが開始された。

1998年に現在のオーナー会社が参入して、
フランス人の知恵と経験に、日本人の感性が加わった。

2018年、20周年及びスーパーヴィンテージのお披露目レセプションを、
ワインの聖地ニューヨークで開催したいという企画が持ち込まれ、
今年の春先から準備が始まった。

オーナー会社とPR会社を、ニューヨーク現地と繋ぐのが私の役割。
現地での店舗視察、東京での打ち合わせ、レストランとの交渉、
招待客の手配、備品の制作、物流の管理。
数え切れないほどのプロセスが、各担当者にきっちり振り分けられていく。

ニューヨークで最も予約の取りにくいフレンチレストラン。
ミシュラン3つ星を持つ「パーセ」での開催を決めた時、周囲は驚いた。
完成されたメニューを持つ名店舗が、すべての持ち込みワインに合わせて
料理を作ってくれるわけはないだろうと。
ウェルカムのロゼワインを除き、前菜からチーズまで、赤ワイン5種が続く。
それぞれのワインに合わせて、形状の違うグラスを準備して欲しい。

たくさんのリクエストを抱えて、本番2週間前に最後の試食会。
5時間半に及ぶ試食と討論、ワインと料理のマリアージュを吟味する。
微妙なリタッチをしながら、シェフが完璧な料理を組み立ててくださった。
「こんな前例はない」と言いながらも、担当者がずっと寄り添ってくれた。
その背景では、以前の同僚でもあるフランス人の友人がしっかり見守っていてくれた。
この時点で、イベントの半分以上は成功したと思えた。

リーデルジャパンから空輸されたワイングラスが届かなかったり、
お客様にお渡しするギフトセットの中身がしっかり揃わなかったり。
前日まで、ドキドキハラハラの展開。
その度に、イベント慣れしているPR会社の仕切りが本当にありがたく、
このチームメンバーでやってこれたことを心底感謝した。

始まってしまえば、本番はあっという間。
オーナーはじめ関係者の皆様、何よりゲストの皆様の幸せそうな笑顔が、
これまでの苦労を全部洗い流してくれた。
普段、私一人で出来ることはとても小さいけれど、
日米という国境を超えて大きなイベントを開催できたことがとても誇らしい。

走り回った当日は空腹で倒れそうだったけれど、
空きっ腹で飲んだお疲れ様のシャンペンが、心地よい達成感を運んできてくれた。

またこのチームで御一緒したいと切に思う。
聖地ニューヨークで華々しいデビューを飾ったワイマラマワインに乾杯。

写真 2018-09-17 18 35 37

写真 2018-09-17 19 37 09

写真 2018-09-17 21 36 37


In the native Maori language of New Zealand,
the word "Weimarama" means "moonlight on the water".

In 1988, a vineyard spreading to North Island · Hawkes Bay,
Wine making aimed at Bordeaux style started.

The current owner company joined in 1998.
Japanese sensibility was added to French wisdom and experience.

In 2018, as the reception of 20th anniversary and the super vintage announcement,
A plan to hold at the sacred place of wine in New York was brought in.
Preparation began in the early spring of this year.

My role was to connect owners and PR companies to the local New York.
Research of restaurants, meetings in Tokyo, negotiations with restaurants,
Arrangement of invited guests, production of equipment, management of logistics.
Numerous processes were sorted out exactly for each person in charge.

The most popular French restaurant in New York.
When we decided to hold in "Per Se" with Michelin 3 stars, the surroundings were surprised.
A historical restaurant with a completed menu, the chef probably will not make dishes according to all the wine we brought in.
Except for the welcome rosé wine, there were five red wines from appetizer to cheese.
We asked them to prepare different wine glasses according to each wine.

Holding lots of requests, we had the last tasting before two weeks on the day.
Examination of tasting and discussion over five and a half hours, we thought the pairing of wine and dishes.
While delicately retouching, the chef arranged the perfect dishes.
Despite saying "There is no such precedent", the person in charge supported me all the time.
In that background, my former colleague French friend was watching firmly.
At this point, it seemed that more than half of the events were successful.

It was just before two days when the wineglass which was air-borne from Riedel Japan and the contents of the gift set we deliver to the customer were received.
Until the day before, we were little nervous.

Every time, I was grateful for the working of the staff of PR company that were getting used to the event.
I was very happy for working with this team member.

Once the event started, the actual time passed so fast.
Everyone's happy smile including the owner, the participants, and guests made us to forget all of our hardships.
Usually I cannot do big thing only by myself,
I was very proud that I could hold a big event beyond the borders of Japan and the US.

On the day we ran around, I was almost going to collapse with hunger.
The champagne of the cheers we got into the vacant belly brought a comfortable sense of accomplishment.

I would love to join this team again.
We are very proud of the Waimarama wine which decorated a spectacular debut in the sacred ground New York.

写真 2018-09-29 11 45 29



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-29 11 41 27

写真 2018-09-18 0 50 42


Next
写真 2018-09-21 20 58 37

写真 2018-09-21 21 27 02


JAL機内食BEDDでも有名なシェフ山田チカラ氏。
今年はニューヨーク、ハワイ、バルセロナと、新店舗の開業が続く。
世界中に拠点が広がると、シェフ本人が現場に立つ機会が激減するから、
シェフの出勤に合わせて、ファンは集中的にその期間に予約を入れる。

ニューヨーク店舗にシェフが立ち寄れるのは、3ヶ月に一度のペース。
そのタイミングで、いろんなイベントが企画される。
9月、ファッションウィーク後の4日間、
日本酒とシェフの創作料理のコラボイベントが開催された。

シェフの定番メニューとも言える料理の数々に、
日替わりで異なる酒蔵から提供された日本酒を合わせていただく。
懐石料理の習わしを聞きながら、大人の時間が過ぎて行く。
最後のお抹茶と和菓子は中庭で。

摩天楼の向こうに、小さな月明かりが見えた。

写真 2018-09-22 8 09 15


Chef Chikara Yamada is also famous for BEDD of JAL In-flight meal.
His opening of a new restaurant will continue this year with New York, Hawaii and Barcelona.
As bases spread around the world, the opportunity for the chef himself to stand on site is drastically reduced.
In line with the chef's attendance, fans intensively make reservations during that period.

A chef comes to a New York restaurant at a once every three months.
At that timing, various events are planned.
After the fashion week in September,
A collaboration event of sake and chef's creative dishes was held for four days.

To many chef's classic menu,
they will combine Japanese sake offered by different Sake-producer on a daily basis.
While listening to the explanation of Kaiseki cuisine, adult time goes by.
The last green tea and Japanese sweets were served in the courtyard.

Beyond the skyscraper, there was a small moonlight.

写真 2018-09-21 21 13 05

写真 2018-09-21 21 27 29

写真 2018-09-21 21 41 43

写真 2018-09-21 21 48 15

写真 2018-09-21 22 25 57

写真 2018-09-21 22 49 55

写真 2018-09-21 23 13 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-22 0 30 19

Next
半年前にリサーチを開始してから、すでに半年。
日本からクライアントチームが渡米されて、
現地との最後の調整に入る。

どこまでも裏方を見せないのが、かっこいいのかもしれない。
現地側には、こんなに注文の多いイベントは初めてだと嘆かれ、
日本側には、なぜこんなこともできないのかと注文される。

結果オーライになれば、それで良い。
皆の笑顔が待ち遠しい。

本番までの、カウントダウンが始まった。

写真 2018-09-11 6 28 41


It's been half a year since we started research six months ago.
A client team from Japan came to the USA,
We did the final adjustment with the locals.

Perhaps it is cool that no backstage is showed.
On the local side, they say this ordered event is the first time.
The Japanese side asks why such a thing cannot be done either.

Hope everything done well.
Hope everyone's smile.

A countdown has started, up to the actual day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-08-27 21 28 14


8年前のBB KING公演にも行った。
日本でミリオンセラーの実力者が、すぐ目の前で歌ってくれる、
ライブハウスのような距離感が、Ken’s Barの魅力。

今夏のツアーは、ソニーホールで開催された。
日本からのファンクラブメンバーでVIP席は占拠されていて、
地元ニューヨーカーは立ち見するしかないという事実。

それでも、平井堅氏の高音が、たまらなく好き。
せつない歌詞に、何度も胸が締め付けられる。

一緒に行った友人の連れが、少し呆れて言う。
「彼に魅了される女性陣の幸せそうな笑顔を見ているのが楽しかったよ」

心に届く音楽は、人を幸せにする。
それが最高の褒め言葉。

写真 2018-08-27 20 08 15


I also went to BB KING performance eight years ago.
Million seller 's musician in Japan sang right in front of us,
Distance feeling like a live house was the charm of Ken's Bar.

This summer tour was held at New York Sony Hall.
As VIP seats were occupied by his fan club members from Japan,
Local New Yorkers had to stand there.

Still, I love Ken Hirai's treble unbearably.
Too painful lyrics, my heart was shook many times.

A friend of a friend who went with me said a little amazedly.
"It was fun to watch the happy smile of the female fascinated by him."

Music that reached the heart made people happy.
That was the best praise.

写真 2018-08-28 12 35 52



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-08-29 07.34.22

©︎Websiteより
Next
イベントというのは、打ち合わせ段階でほとんどが決まる。
当日に向けて、何度も何度も呼吸合わせをする。

多分それは、仲間の人となりを知るための時間であり、
彼らと一緒にやっていくパッションを生み出す時間でもある。

主役になる人は、そこに気付かないこともある。
お膳立てされた舞台の上で、自分の表現だけして帰って行くことが多い。

でも、そこで育まれたチームワークは、永遠に繋がっていく。
本番まで秒読み段階に入り、緊張感のある打ち合わせが続く。

「ありがとう」という言葉があれば、すべて報われる。

写真 2018-08-14 15 36 50


The success of the events are mostly decided at the meeting stage.
We try to meet and discuss over and over again and again before the event.

Perhaps it is the time to know the people of a group,
It is also time to create passion to work with them.

People who become the protagonists sometimes do not notice there.
They often go home only after expressing themselves on the stage.

But teamwork raised there will be connected forever.
Entering the countdown phase until the actual stage, meetings with a feeling of tension continue.

If we have the word "thank you", we will be happy at all.

写真 2018-07-09 12 13 37



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-06-28 18 49 10

写真 2018-06-28 18 50 58

写真 2018-06-28 18 52 09


東京浅草の仲見世通りにある老舗の玩具屋「助六」のコレクションが
ニューヨークの日本クラブで展示されいる。

江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝えるミニチュアコレクションは、
まさに日本の職人芸ともいえる、精巧な作りにため息が出る。
幼少時代は、これらを模倣したプラモデルでよく遊んだけれど、
それらの原型がここから来ていることを思うと、感慨深い。

展示会の初日には、助六店主によるレクチャーとレセプションが開催され、
多くのニューヨーカーが集まった。

同クラブの常連会員が、無料レセプションの食事に群がる姿に辟易して、
早々に会場を後にしてしまったけれど、
廃れゆく江戸の文化を、このような形で海外に伝えることは意義深い。

7月末まで開催の展示会、心の癒しにぜひ。

「江戸からの豆おもちゃ展」

写真 2018-06-28 18 50 25

写真 2018-06-28 18 50 42

写真 2018-06-28 18 51 12


A collection of well-established toy shops "Sukeroku", located on Nakamise Street in Tokyo Asakusa, is exhibited at the Japan Club in New York.

A miniature collection that conveys the lives, taste, and culture of the people of Edo,
The sophisticated skill of Japanese craftsmanship are amazing.
I used to play with a plastic model that imitated them in my childhood days,
I was deeply impressed thinking that these prototypes came from here.

On the first day of the exhibition, a lecture and a reception by Sukeroku shopkeeper were held,
Many New Yorkers gathered.

We were little frustrated that the regular members of Japan Club gathered for the free reception meal.
Although we left the venue early,
It was meaningful to tell overseas the culture of Edo in this way.

Please visit the exhibition held until the end of July, for your mind healing.

写真 2018-06-28 18 50 13

写真 2018-06-28 18 50 52

写真 2018-06-28 18 51 36

写真 2018-06-28 18 53 03

写真 2018-06-28 18 53 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-30 18 58 26

写真 2018-06-30 18 58 30





Next
写真 2018-03-20 20 20 16


コットンで出来た人形に、それぞれが顔や洋服を描き込んでいく。
完成した手作り人形で、世界の子どもたちを繋ぐ。
そんな素敵な活動をしている「ミステリオ」が主催。

フリーマーケットやガレージセールとは全く趣旨が違い、
自宅で眠っている洋服や雑貨を持ち寄って、
いわゆる「物々交換」を行なうというのが第一義の目的。
参加者は任意の寄付金を支払って、あとは自由に会場内を回る。

なかにはタグが付いたままの新品や、贈答品セットもあるけれど、
「我が家では不要な物も、他の誰かの役に立つかもしれない」
参加者全員が、そんな気持ちで集まっているところが素晴らしい。
そこに利益を求めていないからこそ、多くの人が賛同する。

かつて駐在者のムービングセールに連れて行かれた時、
「こんな物まで売ろうとしているのか?」と驚いたことがあった。
引っ越し代まで会社に出してもらえる駐在者が
利益に執着している姿に、心が苦しくなった。

新品、新古品に関わらず、
処分するくらいなら、無償で誰かの役に立って欲しい。
そんな想いを共にする仲間が自然と集う機会。
エコロジー本来の意味を改めて考える、非常に意義深いイベントだった。

会場に残った品々は、そのまま世界の子供団体に寄付されます。

写真 2018-06-16 15 46 55


Each one draws face and clothes into a doll made of cotton.
Completed handmade dolls, connect the children of the world.
"Msterio" that is doing such a wonderful activity organized this event.

The purpose was completely different from flea market or garage sale,
Bring clothes sleeping at home and miscellaneous goods,
the primary purpose was doing so-called "barter trade".
Participants paid an arbitrary donation, and then freely went round the venue.

Inside there were new goods with tags attached and gifts sets,
"In unnecessary things at home, it may be useful for someone else."
It was wonderful that all the participants gathered in such feelings.
Many people agreed because it was not seeking profits there.

When I was taken to a "moving sale" of a Japanese expat family,
I was surprised that they sold everything by taking money.
Though they can get the "moving expense" from the company,
I was shocked that they stuck the egoistic benefit at all.

Regardless of new and old-stocked items,
We would like someone to use it for free without disposing it.
An opportunities for fellows who shared such feelings to gather with nature.
It was a very meaningful event to think again about the original meaning of ecology.

写真 2018-06-16 15 47 18


The items left in the venue will be donated to the world's children's organization as it is.

海外永住 ブログランキングへ "
Next
1969年、ゲイの溜まり場だった「ストーンウォール・イン」を、
警察が一斉検挙した折に、ゲイのコミュニティが反対運動を遂行。
その時のデモ行進が、現在のプライドパレードの発祥となる。

すべての人が、より自分らしく、誇りを持って生きること。
LGBTQへの理解を深めることを目的として、
この時期、街をあげて、たくさんのイベントが行われる。

人権会議、映画祭、クルージング、屋外ヨガ、ミュージカル。
6色レインボーの旗やミニグッズを掲げての活動に、
街中が、賞賛の喝采やエールを送り続ける。

クライマックスのパレードでは、大手企業の参加が目立ち、
LGBTQを理解するという理念が、企業宣伝ツールにもなることが分かる。

次男の卒業式では「This is me.」を全員で歌っていたけれど、
「自分らしくあることに誇りを持とう」という精神が、
この国を支えているのだと、つくづく思う。

写真 2018-06-17 16 37 24

©︎Sam Given

In 1969, As the police arrested all at once at "Stonewall Inn" which was a gathering place
of gay people, the gay community carried out the opposite activities.
The demonstration march then becomes the origin of the present Pride Parade.

All people should live more confidence and pridefully.
For the purpose of deepening the understanding of LGBTQ,
During this period, a lot of events will be held in the city.

Human Rights Conference, Film Festival, Cruising, Outdoor Yoga, Musical.
To people who were raising banner and mini goods of rainbow colors,
The city continues to send acclaimed applause and ale.

In the climax, the participation to Pride Parade of major companies is prominent,
You can see that the idea of understanding LGBTQ also serves as a company propaganda tool.

In the second son's graduation ceremony, "This is me." was sung by all.
I think that the spirit of "take pride in being yourself" supports this country.

36063276_10155812177352545_4419812962978496512_n

©️Pride Week


海外永住 ブログランキングへ "


Next
写真 2018-06-11 19 07 47


私はずっと以前から、黒部エリさんの文章が大好きで、
初めてお会いした時には、いたく感動した。
聡明で愉快で豪快な文章を書かれるその裏側にある、
ガラス細工のように繊細な内面とのギャップが、また魅力的だったから。

文章で伝えることをなりわいとしている方が、その書き方を伝授する機会。
会場は100名を超えるエリさんのファンで埋め尽くされていた。

誰しも発信ができる世の中だからこそ、文章の優劣が明確になる。
秀逸な表現を学ぶためには、小説を読むこと。
ビジネス書を読んでいても、文章力の向上は望めない。
リズム、息継ぎを大事にしながら、言葉をスタイリングする。

たくさんの秘策を惜しみなく解き明かす講義は、笑いもいっぱい。
でも結局のところ、良書を読み、書き続けないとダメなのだと。

日本語の美しさ、表現の奥深さは、神様からの贈り物。
たくさんの人に触れ、心に触れ、言葉に触れ、そして着こなすこと。
自分らしく、自分の言葉で伝えることを、諦めないでいたい。

写真 2018-06-11 19 15 10


I have loved the text of Eri Kurobe from long ago,
I was deeply impressed when I first met her.
Her gap, written behind the brilliant, pleasant and amazing sentences,
with delicate inside like glasswork was also attractive.

Eri had held the seminar event to teach how to write you tell the sentences in writing.
The hall was filled with more than 100 fans of hers.

Because everyone can send out in the internet, the superiority or inferiority of the sentence
becomes clear.
In order to learn excellent expression, reading novels.
Even reading business books, we cannot hope to improve writing skills.
While breathing, styling the words.

A lecture to unlock and reveal lots of secrets generously, there were lots of laughter as well.
But, after all, you have to read good books, or you cannot write good sentences.

The beauty of Japanese, the depth of expression is a gift from God.
Touch a lot of people, touch the heart, touch words, and style them.
I will never give up to tell in my own words.

写真 2018-06-11 19 23 05

写真 2018-06-11 19 24 31

写真 2018-06-11 19 42 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 17 02 49

Next
2009年、かっこちゃんの元同僚・宮田俊哉さんが脳幹出血で倒れた。
生命をつかさどる脳幹機能を失い、瞳孔が開いたままで、
3日以内に亡くなるか、一生植物人間状態になると宣告された。

奇跡的に命を取りとめた宮田さんの壮絶な闘病生活が始まる。
どこまでも献身的に、どこまでも人間の可能性を信じて、
宮田さんを支え続けるかっこちゃんと仲間たちの愛。

それから9年、宮田さんは車椅子のまま一人暮らしをされている。
特別な意思伝達装置を使って「僕のうしろに道はできる」と語る。

「絶対に大丈夫だ」と確信して向き合い続けてきたかっこちゃんの姿に、
私はまだまだ自分の頑張りが足りないと猛省した。

「先日、とある病気の赤ちゃんのママに、美香ちゃんの本をプレゼントしたの。
勇気をもらったと、とても喜んでくれたのよ」
一年ぶりの再会に開口一番で、こんなことを伝えてくださったかっこちゃん。

私は、まだまだ足りない。
かっこちゃんのように、もっと伝えられる人になるために、
自分のミッションを、改めて考えている。

かっこちゃんとお話しして、次の目標が見えてきたから、
夏はかっこちゃんに会いに、彼女の住む街まで行ってみよう。

かっこちゃん率いる「白雪姫プロジェクト」こちらをクリック。

写真 2018-05-19 12 04 16


In 2009, a former colleague of Kakko, Mr. Toshiya Miyata, collapsed with brainstem bleeding.
He lost the brainstem function responsible for life, his pupil had been opened.
He was sentenced to death within 3 days or to become a plant human state for the rest of his life.

Mr. Miyata was alive miraculously, and devastated fighting life began.
Continually devoted, believing in the possibility of human beings,
There was love of Kakko and his supporters.

Nine years later, Mr. Miyata is living alone using a wheelchair.
He says " The path can be make behind me.", through a special communication device.

By the figure of Kakko who has been confronted with confidence that "He is absolutely okay"
I was re-noticed that my hard work still was not enough.

"The other day, I gave Mika's book to a mother of a certain sick baby.
When she got the courage, I was very pleased. "
I met Kakko for the first time in a year, she told me such a thing.

I am still short of effort.
In order to be a more capable person like her,
I am considering my mission again.

I talked with her and I thought my next goal.
Let me go to see her to the town where she lives this summer.

写真 2018-05-26 18 44 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-04-24 19 36 21


一昨年、都内某所で講演をさせていただいたことがあった。
身丈に合わない会場の大きさ、聴講者の数に怖気付いたけれど、
一貫して「生命の尊さ」をテーマとするその企画の意義に共感し、
謹んでその大役をお引き受けした。

私の前年に同じテーマで講演をされたのが、塩沼亮潤氏。
その御縁もあって、ニューヨーク講演を拝聴する機会をいただいた。

「千日回峰行」という厳しい修行を成し遂げた僧侶。
毎年約100日間、16時間かけて48キロの山歩き。
食事は水とオニギリだけ。1日4時間半の睡眠のみ。
激しい栄養失調と幻聴幻覚。

後に続くのは、飲まない、食べない、寝ない、横にならない。
9日間の「四無行」を終えて、「大阿闍梨」を襲名。

厳しい修行の果てに見えた世界は、感謝の気持ちだけ。
ありがとう、ごめんなさい、お願いします。
人としてのコミュニケーションの基本を、世界中で伝え歩く。

ステージの向こうの大阿闍梨はオーラに包まれていたけれど、
バックステージで話されるお茶目な様子も新鮮だった。

感謝すること、それは世界共通の合言葉。

写真 2018-04-24 19 21 45


I had a lecture at a huge venue in Tokyo before.
I was afraid of the size of the venue and the number of audiences that was not fitting my ability.
I consistently agreed with the significance of the project whose theme is "the preciousness of life"
I respectfully accepted the executive role.

Mr. Ryojun Shionuma gave a lecture on the same theme in my previous year.
With that connection, I also had the opportunity to listen to his New York lecture.

He was a monk who accomplished a severe practice of "The 1000 Day Circumambulation".
About 100 days each year, 48 hours of mountain walking over 16 hours.
Only meals were water and onigiri. Sleep only for 4 and a half hours a day.
Violent malnutrition and hallucination hallucinations.

He was not allowed to drink, eat, go to sleep, and lie down.
After finishing the "Shibugyo" for nine days, he was named "Oajyari".

The world that seemed to be at the end of a hard practice was only gratitude.
"Thank you" "I'm sorry" "I beg you."
He communicates the basics of communication to all the world.

Although he was wrapped in an aura on the other side of the stage,
the playfulness that he told in the back stage was also fresh.

To be grateful, it is a worldwide common word.

写真 2018-04-24 19 43 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-24 18 40 23
Next
写真 2018-04-20 21 15 45

写真 2018-04-20 21 14 09


いわゆる芸能人に知り合いがいないわけではないけれど、
日常的にTVを観る習慣がない私は、芸能界のことに本当に疎い。
「E-girls」という存在も、紅白歌合戦の動画を観て、初めて知った。

元「E-girls」リーダー高本彩さんが、ニューヨークで写真展を開催。
アパレルブランド「KOBINAI」吉橋舞さんとのコラボ企画。
それをサポートして欲しいという依頼を受けたのは、
会期のわずか半月前だった。

慌てて地元メディアに告知依頼をして、当日レセプションに駆け付ける。
前日到着したばかりの彼女達が、明け方までかかって設営した会場は、
若さと手作り感がみなぎる、エネルギッシュな空間だった。

忙しいスケジュールの合間に、アートエキスポにも足を運んでくれたり、
タクシーに置き忘れたカメラの捜索に走り回ったり。
何につけても若葉マークの彼女達が初々しい。

アイドルという立ち位置から離れ、次のステージを模索している勇姿。
若きヤマトナデシコの挑戦を、母親の気持ちで見守っている。

写真 2018-04-20 21 15 23

写真 2018-04-20 21 17 08

写真 2018-04-20 21 16 29


Although I have friends, who belong to so-called entertainers,
I have no custom of watching TV on a daily basis, I really do not care about
the entertainment industry.
I knew "E-girls" for the first time when I watched the video of NHK at the end of last year.

Former "E-girls" leader Aya Takamoto hold a photo exhibition in New York.
It was a collaboration plan with apparel brand "KOBINAI" of Mai Yoshihashi.
I was asked to support it through common friend.
It was just half a month ago.

Soon I asked the local media for notification, and rush to the reception on the day.
The venue that the girls who just arrived before the day set up,
It was an energetic space where both youth and handmade feel.

During the busy schedule, they visited us at Art Expo,
they run around searching for a camera that they left behind in a taxi.
For all, situation, their activities looked very fresh to my eyes.

A young woman leaving the standing position of idle and seeking the next stage.
I am watching the young Yamato Nadeshiko's challenge as mother's feelings.

写真 2018-04-21 7 26 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-20 22 17 16

Next
写真 2018-04-05 20 33 25

写真 2018-04-05 19 50 40


アッパーイーストの高級コンドミニアム。
映画のワンシーンに出てくるような空間で、
新鋭女性アーティストの作品を集めた展示会。

南米の風を感じる作品群のキュレーションには、
女性目線を意識した創意工夫が感じられる。
オープニングレセプションには、多くのニューヨーカーが集い、
アートを語る熱いトークで、摩天楼が霞んで見えた。

この時期、アートイベントが目白押し。
街に少しずつ色が加わる、この季節を楽しみたい。

写真 2018-04-05 20 33 03

写真 2018-04-05 20 01 10


At the Upper East luxury condominium,
there is a space that appears in one scene of a movie.
An exhibition that gathers works of new female artists has been held.

For the curation of works that feel the wind of South America,
I could sense ingenuity that considers female eyes.
Many New Yorkers gathered at the opening reception,
by a hot talking about art, the skyscrapers looked hazy.

At this period, we have many art events in New York.
I want to enjoy this season when color gradually adds to the city.

写真 2018-04-05 20 00 56

写真 2018-04-05 20 32 58

写真 2018-04-05 20 32 51

写真 2018-04-05 19 51 31



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-04-15 21 22 58

写真 2018-04-15 21 24 38


4月半ば日曜日の夜、若き侍たちの挑戦を見届けようと、
たくさんのニューヨーカーが集まった。

ミフネを率いるトップシェフ島野雄氏、そしてスーシェフ浦田智裕氏。
迎え撃つのは、世界トップのバーテンダー後閑信吾氏。
国際バーテンダー大会で2度の世界チャンピオンに輝いた実力者。

前菜から始まる10種類の料理それぞれに、ぴったりマッチしたカクテル。
日本酒やワインのペアリングはよくあるけれど、
カクテルがここまで応用の効くお酒だったとは。
会場にいた誰もが舌と鼻を疑うほどの、驚きの連続だっただろう。

シーフードにトマトの酸味が効いたカクテル。
ポテトにはコーラを使わないコーラ風味のカクテル。
鰻フォアグラ御飯にウーロンウォッカ、デザートにはラムコーヒー。
それはカクテルではない、料理を引き立たせる何か別の存在になっていた。

まさに料理とカクテルのラボと化した会場で、
シェフとバーテンダーの駆け引きに、大きな拍手が沸き起こった。

通常業務の合間にイベントを企画準備することの苦労と努力。
いつも裏方を見ているからこそ、彼らの飛躍が誇らしい。

料理とカクテルのペアリングイベント、次回は今秋開催の予定です。

写真 2018-04-15 21 38 09

写真 2018-04-15 22 43 58

写真 2018-04-15 22 16 53


In the night of mid-April Sunday,
Many New Yorkers gathered to try to see the young samurai's challenge.

Mr. Yu Shimano, executive chef of MIFUNE New York, and Mr. Tomohiro Urata
welcomed Mr. Shingo Gokan, the world's top bartender.
He is a skillful person who won twice world championship at the International
Bartender's Competition.

A cocktail that matched perfectly for each of the 10 cuisines starting with an appetizer.
Although pairing of sake and wine is common,
we didn't know that the cocktail had been applied to this far.
It would have been a series of surprises that everyone at the venue suspect
their tongue and nose.

He matched Tomato Shochu to seafood.
Rum and Coke-like cocktail matches potatoes.
Eel and Foie Gras rice with Oolong vodka,
and Rum coffee for dessert.
It was not a cocktail, it had become something else to stand out the dish.

At the venue, which was transformed into a food and cocktail lab,
A big applause blew up on the collaboration between the chef and the bartender.

I know the struggle and efforts to prepare events for planning during normal work.
Because I have been watching their back-stage from the beginning,
I was very proud of their success.

Pairing event of Cuisine and Cocktail, the next time is scheduled to be held this autumn.

写真 2018-04-15 21 27 38

写真 2018-04-15 21 42 59

写真 2018-04-15 21 53 18

写真 2018-04-15 22 07 03

写真 2018-04-15 22 20 03

写真 2018-04-15 22 33 40

写真 2018-04-15 22 52 08

写真 2018-04-15 23 11 57

写真 2018-04-15 23 33 04

写真 2018-04-15 23 44 05



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-15 21 26 28




Next
母校では、2014年より「海外リーダーシップ研修」と称して、
米国東海岸での研修旅行を実施している。
ハーバード大学、MIT、マサチューセッツ州立大学での
模擬授業、ワークショップ、キャンパスツアーと盛りだくさん。

ニューヨークで迎えるのは、同窓会米国支部のメンバーたち。
米国に在住する先輩たちの生の声を聞ける機会とあって、
予定時間を大幅に超えてしまうほどの盛況ぶり。

16歳前後の現役40名と、20代〜70代と幅広い先輩陣が、
縦社会の域を超えて自由に交流する姿というのは、実に微笑ましい。

高校生の頃、何も考えずに毎日を生きていた自分と比べて、
今どきの高校生の志の高さに、カルチャーショックを受ける。

私たち世代も、もっと明確な夢を持つべきかな。
そんな風に感じた年度末。

07


The alma mater is conducting a study tour in the east coast of the United States, called "Overseas Leadership Training" since 2014.
At Harvard University, MIT, and Massachusetts State University,
they have model classes, workshops, campus tours and plenty.

Members of the alumni association 's US branch welcomed 40 students in New York.
As an opportunity to hear the voices of the seniors living in the United States,
It was a great success that it exceed the scheduled time greatly.

High school students around 16 years old and a wide range of seniors from 20s to 70s,
It was really good situation to have a freely interacting beyond the range of vertical society.

When I was a high school student, compared with myself who lived every day without thinking anything,
I received culture shock at the height of will of today's high school student.

Should our generations also have more clear dreams?
Before the spring, I felt that way.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-20 19 55 59

写真 2018-03-20 19 49 13


白いコットンで作られたハンドメイドの人形。
一体一体に番号が縫い付けられている。

子供達は、そこに思い思いの色で絵を描く。
目鼻を描いて、表情をつける子もいるし、
所構わず色を入れて、オブジェに仕上げる子もいる。

完成した人形は、世界中の子供達に配られる。
HPで番号を検索すると、自分の作った人形の所在がわかる。

ミステリオ。
世界中の子供達を、人形で繋げる。

こんな素敵な活動を、応援しないわけにはいかない。

写真 2018-03-20 19 55 39

写真 2018-03-20 19 55 52

写真 2018-03-20 19 56 05

写真 2018-03-20 19 56 51


There are handmade dolls made of white cotton.
Numbers tags are sewn as one by one.

Children draw pictures with colors on dolls.
Some children paint their eyes and noses and complete their faces.
Some children put colors in place and finish them as objects.

The completed doll is distributed to children all over the world.
By searching for a number on Website you will know where your doll is.

The organization is called ”MSTERIO".
They join children all over the world with dolls.

I love to support such a wonderful activity.




海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-20 20 11 09

写真 2018-03-20 20 11 25

写真 2018-03-20 20 20 18
Next
写真 2018-02-15 19 41 40

写真 2018-02-15 19 45 24

写真 2018-02-15 19 52 04


荒木経惟氏の特別展は衝撃的だった。

知人がキュレーションに関わっているからと、
レセプションに御招待頂いてから半月以上、
ここに書くことをためらっていた。

私の感性が乏しいのかもしれない。
「ありのままの姿が美しい」とは言われるけれど、
持って生まれた姿を、より美しく表現することが、
アーティストの才能なのではないかと、改めて思う。

ひとつ言えることは、
何事も最初に始めることは、すごいことなのだと。
この世界のパイオニアとしての軌跡は、
ニューヨーカーにどのように受け入れられるのだろうか。

写真 2018-02-15 19 52 21

写真 2018-02-15 20 02 42


The special exhibition by Nobuyoshi Araki was very shocking.

Because acquaintances were involved in curation,
we were invited to the reception.
More than half a month since then,
I have been hesitated to write here.

My sensibility may be poor.
It is said that "the figure you were born is the most beautiful".
But I think again that the talent of artists is to express the figure more beautiful.

One thing can be said,
It is great to start anything first.
The trajectory as a pioneer of this world,
How is it accepted by New Yorkers?

写真 2018-02-15 19 55 36

写真 2018-02-15 20 03 13



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-16 1 56 00

Next
写真 2018-03-06 20 34 40

写真 2018-03-06 20 22 06

写真 2018-03-06 20 24 52

写真 2018-03-06 20 25 43


第二次世界大戦後、ファッションの流行発信地が、
パリからニューヨークへ移ったように、
多くの芸術家たちが、欧州からニューヨークへ渡った。

アメリカの影響を受けながら、日本でも秀逸な芸術家が生まれ、
誰もがさらに大きな夢を抱いて、世界の舞台に挑戦した。
前衛芸術家たちの活躍で、日米は芸術交流が盛んだった。

バブル経済崩壊後、日本の安全神話も崩れ去り、
さらにニューヨークに渡るアーティストが増え続けた。
自由な発信、自由な表現、自由な行動。

ニューヨークという土地で、日系アーティストは、
文化と芸術の交流、そのグローバル化に貢献し続けている。
その変遷を辿る展示会が、ダウンタウンで開催されている。
オノヨーコ氏、村上隆氏、千住博氏をはじめ、多くの芸術家たちの作品群が、
年代別でなく、テーマ別に展示されているのが興味深い。

ニューヨークのすごいところは、アートに価値を見出し、
価値を認め、そこに大きな対価を支払うことだと思う。
海外で実績を残した彼らを、正当な対価で受け入れる機会が、
今の日本では、まだまだ足りないのかもしれない。

海外に挑戦する優秀な日本人アーティストを、まずは日本人として応援して、
そのクレジットを祖国でお披露目する機会を探し出すのが、
私たちの役目でもあると思っている。

写真 2018-03-06 20 23 08

写真 2018-03-06 20 28 19

写真 2018-03-06 20 28 33

写真 2018-03-06 20 33 45


After the Second World War, as the fashion epidemic community was moved
from Paris to New York,
Many artists have moved from Europe to New York.

While receiving influence from the United States, excellent artists were born in Japan,
Everyone held a bigger dream and challenged the world stage.
Thanks to avant-garde artists, art exchange between Japan and the United States
was thriving.

After the collapse of the economic bubble economy, the Japanese security myth
has also collapsed,
In addition, artists crossing New York continued to increase.
Free outgoing, free expression, free action.

In the land called New York, Japanese artists,
Continuing to contribute to the exchange of culture and art, its globalization.
An exhibition that follows that transition is being held in downtown "White Box".
A group of works of many artists, such as Ms.Yoko Ono and Mr.Takashi Murakami,
and Mr.Hiroshi Senju.
It is interesting that it is displayed by theme not by era.

I think the amazing place in New York is to find value in art, to recognize the value
and pay great benefit there.
Opportunities to accept them, who have retained their achievements overseas,
at a reasonable price,
In Japan now, it may not be enough.

Supporting excellent Japanese artists who challenge overseas as Japanese first,
Looking for opportunities to show off that credit in the mother country,
I think that it is also our role.

Please click here to see the information of the event.
写真 2018-03-06 20 28 55

写真 2018-03-06 20 33 02



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-06 20 29 41

写真 2018-03-06 20 31 45



Next
写真 2018-02-10 15 52 27

写真 2018-02-10 15 57 19


「7本指のピアニスト」として知られる西川悟平氏が、
日本ツアー出発前に、プライベートコンサートを行った。
たった20名ほどが、彼の音色を独占できるという贅沢。

会場は、カーネギーホールすぐ近くにある豪華な邸宅。
こんな素敵な空間を、提供してくださる御友人も素晴らしい。
外は生憎の雨模様だったけれど、そこだけ温かな空気に包まれていた。

昨春に企画したJFK空港でのミニコンサートでも、弾いていただいた演目、
彼の奏でる「Time to Say Goodbye」を聴くと、涙が流れる。
別れのシーンの寂しさではなく、そこから溢れるエネルギーが琴線に触れるのだ。

最後は友人のバレリーナ達が、その場の即興で踊りをお披露目。
プロフェッショナルな人達が、ごく普通にそこにいる奇跡。
ニューヨークだからこその出会いに感謝。

西川氏の日本ツアー成功を、ニューヨークの友達みんなで祈っている。

"Time to Say Goodbye" played by Gohei Nishikawa

写真 2018-02-10 16 40 34

写真 2018-02-10 16 47 20

写真 2018-02-10 17 39 52


Mr. Gohei Nishikawa, known as "a pianist with seven fingers",
Prior to departing Japan tour, he had a private concert.
A luxury that only 20 people can monopolize his piano.

The venue was a lavish mansion located close to Carnegie Hall.
His friend who provided such a nice space was also wonderful.
Outside was rainy thought, but the venue was only warm air in it.

My tears flow every time when hearing "Time to Say Goodbye" played by him.
Even he played it in the mini concert at JFK airport that we hold last spring.
It is not the loneliness of the goodbye scene, but the energy that overflows from it comes in shake my heart.

At the end ballerinas showed off their dance with improvisation on the spot.
Miracles where professional people are there quite normally.
I am thankful for the encounter in New York.

Nishikawa 's Japan tour success is prayed by all the friends in New York.

写真 2018-02-10 17 01 13

写真 2018-02-10 17 27 06

写真 2018-02-10 18 04 19



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-10 18 48 14

Maya had a baby birth today !! Congratulations !!
写真 2018-02-10 18 59 19



Next
ニューヨークファッションウィークの始まりは1945年。
当時、アメリカのデザイナーはそのインスピレーションを得るのに、
フランスのクチュールに頼りきっていたという。
第二次世界大戦をきっかけに、彼らの関心を国内に向けようと、
プレスやジャーナリスト向けのショーが開催された。

世界の四大ファッション都市。
ミラノ、パリ、ニューヨーク、ロンドン。
年に2回のファッションウィークは、ニューヨークから始まる。
世界中からお洒落なファッション関係者が集約し、
ハッと振り返りたくなるような素敵な人と街ですれ違う。

かつては2年先の流行が作られると言われていたが、
近年多くのアパレルメーカーが方針を変えている。
今年の秋冬シーズンの納品用に、バイヤー達が駆け回る。

まだまだダウンコートを手放せないけれど、
暖かい春夏を通り越して、心はすでに秋冬へ。
この時期、ジャーナリスト達のレビューを読むのが楽しい。

写真 2018-02-12 15 25 05


The beginning of New York Fashion Week was in 1945.
At that time, American designers was said that they took their inspiration
only from French couture.
In the wake of the Second World War, in order to direct their interest to
the domestic market,Fashion shows for press and journalists were held.

Four big fashion cities of the world.
Milan, Paris, New York, London.
Twice a year fashion week starts from New York.
Fashionable people from all over the world gathered,
I meet with a nice person that I would like to look back in the city.

In the past, new style for year’s advance was shown in the show.
But many apparel makers are changing their policies in recent years.
For the delivery of this autumn / winter season, buyers run around in the city.

I cannot take off my down coat yet,
I pass through the warm spring and summer, and my mind has already gone
to autumn and winter.
It is fun to read journalists' reviews this season.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-02-07 16 08 28

写真 2018-02-07 16 08 45


数年前、親友が私の誕生日にレインコートを贈ってくれた。
彼女も私も、日本では6月という梅雨の時期に生まれた。
素敵なレインコートを羽織ると、雨の日の外出すら楽しくなる。

TERRA NEW YORKはスウェーデン生まれの日系デザイナーが、
その華やかなキャリアとセンスを集大成したレイングッズのブランド。
今年のファッションウィーク展示会は、
ミッドタウンにある高級コンドミニアムのショウルームで開催された。

相変わらず建設ラッシュのマンハッタン。
数億円で売り出されているショウルームは、
時にアートやファッションの展示会場としても使用される。

200平米以上の大きな空間で、ゴージャス気分を味わいながら、
シャンペングラスを傾けながら、商談が繰り広げられる。

同時開催のSOLEDAD LOWEのジュエリー展示にも魅了され、
ニューヨークという舞台のスケールを、改めて感じた展示会だった。

TERRA NEW YORK Website

SOLEDAD LOWE Website

写真 2018-02-07 16 13 27

写真 2018-02-07 16 13 50


A few years ago, my best friend gave me a raincoat on my birthday.
Both her and I were born in Japan during the rainy season in June.
If we wear a nice raincoat, it will be fun even if we go out on a rainy day.

The designer of TERRA NEW YORK is a Japanese born in Sweden,
It is a brand of rain goods which compiled its glamorous career and sense.
This year's fashion week exhibition,
It was held in a showroom of the high-end condominium in Midtown.

As usual Manhattan still continues Construction Rush.
The showroom, which has been sold for several million dollars,
Sometimes it is used as an exhibition hall for art and fashion.

People were tasting a gorgeous feeling in a large space of 2,000 square feet or more.
While tilting the champagne glasses, negotiations will be held.

We were also fascinated by the simultaneous SOLEDAD LOWE jewelry exhibition.
It was an exhibition that we felt once again the scale of the stage called New York.

写真 2018-02-07 16 17 29

写真 2018-02-07 16 13 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-07 16 18 02
Next
写真 2018-02-06 10 05 37


ニューヨークは、相変わらずの寒さが続いているとはいえ、
2月はファッションショーや見本市など、イベントが目白押し。
この時期、世界中から集まった関係者で、どのホテルも満室になる。

昨年イベントを開催した御縁もあって、
佐賀県に絡む事業を、ほんの少しお手伝いしている。
創業400年を迎えた有田焼は、欧州の市場開拓事業を開拓中。
窯元や商社が、ニューヨーク見本市に初めて出展した。

マンハッタン最大級のジャビッツセンターが会場で、
たくさんの出展者の中で、いかにバイヤーの心を掴むかが鍵となる。
ブースを構えることがゴールではないからこそ、
ここから始まるストーリーに、ワクワクする。

次なるステージへの飛躍のために。
古いだけでは、伝統は続かない。
革新を加えるからこそ、次の世代へ受け継がれるものもある。

香蘭社 プロモーションビデオ
香蘭社 公式ホームページ

27545691_1848104501866732_925935083499520804_n

写真 2018-02-06 12 32 00


Although New York has continued cold as ever,
In February, events such as fashion shows and trade fairs are held in the city.
During this period, all the people gathered from all over the world, all hotels will be fully booked.

There was also the edge of the event last year,
We are helping the project involved in Saga Prefecture a little.
Arita-yaki, which celebrated its 400th anniversary, is pioneering the market development business in Europe.
Arita-yaki potteries and trading companies exhibited for the first time at the New York Now Exhibition.

The venue was Manhattan's largest Jacob K. Javits Convention Center.
How to grasp the buyers' hearts among many exhibitors was the key.
Because it was not a goal to set up a booth,
I'm excited about the story that starts from here.

For the leap to the next stage.
Tradition does not continue just by being old.
Because we add innovation, there are things that are handed down to the next generation.

Please click here to watch the PR short movie of KORANSHA.

写真 2018-02-06 10 45 14 (1)

写真 2018-02-06 10 27 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-06 12 24 02
Next
写真 2018-01-24 18 54 43


私たちは直前まで一緒にお茶をしていた。
会場に到着すると、すでに山崎氏のファンが待ち構えている。

一般告知をしないクローズドセミナーとはいえ、
用意された席はいっぱいで、慌てて予備の椅子を用意する。

前夜に到着して、午前中はアート展示会の設営。
2泊の強行スケジュールのなか、セミナーまで開催する。

彼のエネルギーは、一体どこから来るのだろう。
自己の体験談を惜しみなく語る姿勢そのものと、
隙のないトークスキルは本当に圧巻で。

本業以外をマネタイズする必要性。
トップに出た時に、後に続く人に譲る心意気。
今の自分を変えることが、夢を叶える王道。

毎回、たくさんの学びがある。
山崎氏のNYセミナー、次回は春頃の予定です。

写真 2018-01-24 20 10 35

写真 2018-01-24 20 10 44


We had tea time together until just before the seminar.
When arriving at the venue, Mr. Yamazaki's fans were already waiting.

Although it was closed seminars without public announcement,
the prepared seats were full, and we prepared spare chairs in a hurry.

He arrived on the eve of the evening, set up an art exhibition in the morning.
And he held seminar in the 2-night staying schedule.

Where his energy came from?
The attitude of talking about his own experiences gently,
and his perfect talk skills were really overwhelming.

He presented;
Necessity to monetize non-core business.
Ability to hand over to the followers when you go to the top.
Changing yourself now is the royal road that fulfills your dreams.

Every time, I have a lot of learning.
The next NY seminar of Yamazaki NY seminar is scheduled for the spring.

写真 2018-01-24 21 21 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-24 18 23 21
Next
写真 2018-01-13 11 49 40


友人に誘われて、陶器の展示会に赴いた。

会場は、ミッドタウンの精進料理のお店。
氷点下の寒い日に、大将は前庭の掃除をされていた。
毎年ミシュラン星を獲得しても、決して胡座をかかない姿勢が、
この素敵な空間を生み出しているのだと痛感した。

額賀章夫氏の作品は、究極のミニマリズム。
シンプルで飽きのこないデザインで、どこか懐かしい。
ニューヨークにいると、温かみのある和食器に触れたくなる。
額賀氏率いる「杏」というグループの活動も興味深い。

今は「金継ぎの技術」が欲しい。
食器棚の奥で眠っている、少し欠けた茶碗達を思い出した。

写真 2018-01-13 11 51 26

写真 2018-01-13 11 51 40


I was invited by my friend and went to the pottery exhibition.

The venue is a midtown refined cuisine shop.
On the freezing cold day, the chef had been cleaning in the front yard.
I was deeply aware that even if they got the Michelin star every year,
the attitude that it never changed create this wonderful space.

Mr. Akio Nukaga's work is the ultimate minimalism.
It is a simple, timeless design, and I feel nostalgic somewhere.
Since I am in New York, I want to use a warm Japanese pottery.
The group 's activity called' ANZU 'led by Mr. Nukaga is also interesting.

Now I want "technology of gold succession".
I remembered the tipped bowls that sleeping in the back of the cupboard.

写真 2018-01-13 11 49 47



海外永住 ブログランキングへ "

展示会を観た後は2階の木陰@嘉日でランチ("Kokage" serves Japanese cuisine, not only vegan.)

写真 2018-01-13 12 14 52

Vegan Parfait
写真 2018-01-13 13 04 25


Next
写真 2018-01-07 13 28 17

写真 2018-01-07 13 28 42


祖母の家には、毎日のように多くの来客があった。
私たち孫は納屋に集められて、せっせと料理の下ごしらえを手伝った。
一つ上の姉と私、そして同じ年の従妹は、いつもジャガイモの皮むき担当。
寒い納屋で、アカ切れた手をさすりながら、皮をむいた。
多い時は200個のコロッケを作るために、せっせと皮をむいた。

料理をして、人に食べてもらいたい。
多分その気風は、祖母よりずっと以前の祖先からの遺伝子だと思う。
家に人が集まって、たくさん食べてくれると、それだけで嬉しい。

ただ、我が家のピラニア軍団は、何でも瞬時に食べてしまう。
いわゆる「手の込んだ料理」というものから、縁遠い日常がここにある。

誰かの家に招かれての食事というのは、本当に久しぶり。
このひとときのために、入念な準備をしてくださったという心が嬉しい。

身体に優しい、美しい料理というテーマの通り、
美味しい和食の数々と、素敵な女性たちに囲まれて、
マイナス12度という外の寒さを、しばし忘れられた日曜日の午後。

写真 2018-01-07 13 55 37

写真 2018-01-07 13 58 20

写真 2018-01-07 14 01 30


There were many visitors to my grandmother 's house every day.
Her grandchild was gathered in the barn and helped prepare the cuisine quickly.
My elder sister and I, and the cousin of the same year, were always in charge of peeling potatoes.
In a cold barn, I peeled while rubbing off my hands that were out of red.
We often peeled off to make 200 croquettes at times.

I want to have people cook and feed.
Perhaps that kind of spirit is a gene from an ancestor long ago than my grandmother.
Friends gather in the house and eat a lot, I am glad that alone.

However, my "Piranha corps" at home instantly eats anything.
From what we call "elaborate dishes", there is a faraway every day.

It's been a while since I was invited by someone's house.
I was delighted that she had the thoughtful preparation for this moment.

As the theme of body-friendly, beautiful cuisine,
Surrounded by delicious Japanese cuisine and wonderful women,
Sunday afternoon, we forgotten the cold outside of minus 12 degrees Celsius for a while.

写真 2018-01-07 14 11 40

写真 2018-01-07 14 59 51

写真 2018-01-07 14 43 40

写真 2018-01-07 15 27 21



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-07 13 44 34

写真 2018-01-07 19 14 18

Next
写真 2017-12-14 18 59 34

写真 2017-12-14 18 59 41


ブラジルで成功したビジネスモデルが、ニューヨークにやってきた。
高級アパートでくつろぐ雰囲気の中で、アートを楽しむ。

窓の外には、ライトアップされたエンパイアステートビルディング。
ギャラリーとして、こんなに贅沢な空間はないだろう。

エクスクルーシブなゲストだけを招いてのレセプション。
ジャズの生演奏を聴きながら、氷点下の夜が更けていく。

この空間で、また新しいアートの歴史が刻まれる。

写真 2017-12-14 18 54 10

写真 2017-12-14 19 09 10

写真 2017-12-14 19 10 14

写真 2017-12-14 19 12 21


A successful business model in Brazil came to New York.
We can enjoy art in the relaxing atmosphere of luxury apartment.

Outside the window, the Empire State Building was lighted up.
As a gallery, there will be no such luxurious space.

The party was hold with exclusive guests only.
We stayed the coldest night while listening to live jazz performance.

In this space, the new art history will be engraved.

写真 2017-12-14 18 48 37

写真 2017-12-14 18 48 50

写真 2017-12-14 18 49 07


NYC Event Spaces /43W43


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-13 8 15 56

写真 2017-12-12 18 31 30


毎年恒例、アパレル関係者を集めたホリデーパーティーが、
マンハッタン5番街の「無印良品」店舗で開催された。

HANAMIZUKI CAFÉ(NY)と FOCAL POINT(京都)による
ケータリングは、昨年同様3日前から仕込みを開始。

ケールバンズとだし巻き玉子のバーガー。
色とりどりの手毬寿司。
グリーンピースと赤ベリーのゼリー。
きのこライス最中。
あんバターのタイ焼き。
八つ橋とイクラ豆腐。
カレーや小豆が詰まった39ボール。

京都で人気のメニューを、ニューヨーク風にアレンジ。
30品目以上のケータリングは、参加者に大好評で、
250名分の料理が、飛ぶように人々の胃袋に収まった。

12月のホリデーシーズン。
街中のいたる所で、各種パーティーが繰り広げられている。
華やかなドレスとメイクアップで、女性たちが美しくなる。

こういう大人のシーンが、この街を作り上げていく。
マンハッタンの街は、今、最高に美しい。

写真 2017-12-12 18 29 14

写真 2017-12-13 8 20 37

写真 2017-12-13 8 19 33


An annual holiday party that attracted apparel officials,
was held at "Muji" store at Fifth Avenue in Manhattan.

The catering by HANAMIZUKI CAFÉ (NY) and FOCAL POINT (Kyoto),
was started to prepare from 3 days ago.

Japanese omelette Burger with Kale buns.
Many kinds of Temari Sushi.
Mushrooms rice with Japanese wafers.
Taiyaki with red bean and butter.
Ikura Tofu with Yatsuhashi.
39 (Thank you) ball filled with curry or red bean.

We did arrange the popular menu in Kyoto to New York style.
More than 30 items of catering were very popular among participants.
Food for 250 people went into the stomach of the participants shortly.

It is the holiday season in December.
Various parties are holding everywhere in the city.
With gorgeous dresses and make-up, women become beautiful.

These adult scenes will make up this city.
The city of Manhattan now welcomes the most beautiful season in a year.

写真 2017-12-12 20 25 11

写真 2017-12-12 20 02 19

写真 2017-12-12 18 54 06


昨年のイベントの様子、Last Year's Event
HANAMIZUKI Cafe New York
京都のカフェ FOCAL POINT


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-12 18 27 29

写真 2017-12-12 18 29 56







Next