写真 2017-11-21 8 56 27


ジュエリーの知識など皆無だった20代の頃、
美の師匠が、私に教えてくれた。
宝石に生命を吹き込むのは、カット、カラット、カラー、クラリティーに加えて、
研磨と石留めの技術が大事なのだと。

ティファニーの婚約指輪が絶大なる人気を誇っていた頃に、
私はそのカット技術よりも、セッティング技術に興味を持っていた。
なかでも師匠が絶賛していたのが、ヴァンクリフ&アーペルの石留め技術。
外からそれが見えないミステリーセッティングは、世界の最高峰だと。

******

「ノアの箱船」に乗った動物たちをモチーフにしたデザインを結集させるという、
非常にわかりやすいテーマのインスタレーション。
チェルシー地区の殺伐としたギャラリー街に、楚々と集まる群衆。

ヴァンクリフ&アーペルにはおよそ似つかわしくない環境。
でも、だからこそ、いい。
すぐ手の届くところに、ホンモノがある。
本当の審美眼を育てる街の本髄がここにある。

写真 2017-11-18 13 49 12 (1)


In my twenties who had none of jewelry knowledge,
A "Master of beauty" taught me.
People know " cut, carat, color, and clarity" of jewels.
In addition, to breathe life into jewels, the polishing and stone tacking techniques
are important.

By the time that Tiffany's engagement ring was boasting overwhelming popularity,
I was more interested in the setting technique than that cutting technique.
Among them, the master acclaimed was Van Cliff & Arpels' stone tacking technique.
The mystery setting in which it cannot be seen from outside is said to be the highest
peak in the world.

******

“Van Cleef & Arpels “Noah’s Ark” inspired jewelry installation" was held in New York.
It was an installation of a very easy-understand theme, to bring together designs motif
by animals on Noah's Ark.
A crowd of gathers in a gallery town where the Chelsea district.

An environment was not very match to Van Cliff & Arpels.
But that was why.
In the place where we can reach it, there has a real.
Here is the merit of the town that fosters true aesthetic vision.

写真 2017-11-21 8 48 23

写真 2017-11-21 8 50 58

写真 2017-11-21 8 52 28

写真 2017-11-21 8 53 44

写真 2017-11-21 8 55 05

写真 2017-11-21 8 55 30

Next
写真 2017-11-15 10 17 38


裏千家師範の母を持っているのに、私はお茶事の心得が足りない。
小さい頃から正座が苦手で、稽古中は母によく叱られていた。
一番最初のお免状をいただいた時に、もう母の弟子は辞めたいと申し出た。

海外に移住して、着物を一人で着られない自分に嫌気が差す。
若い頃に、もっとしっかり習っておくべきだった。

ニューヨークという街で、日本茶についての教壇に立ったのは、
日本茶をこよなく愛するスウェーデン人。
日本人より日本茶の知識に長けているのが興味深い。

米国で日本茶を展開する4ブランドとJETROの協働で、
北風の冷たいミッドタウンが、少し暖かくなった。

写真 2017-11-15 9 31 16

写真 2017-11-15 9 37 47


Though I have mother of Tea master, I do not have enough knowledge of tea ceremony.
I was not good at sitting since I was a childhood, and my mother was often scolded during practicing.
When my first diploma was received, I apprentice offered to quit.

After immigrating in the US, I am disgusted that I can not wear kimonos by myself.
I should have learned more firmly from my mother when I was young.

In the city of New York, Swedish guy who loved Japanese tea had a seminar of Japanese tea last week.
It was interesting that he was better at knowledge of Japanese tea than Japanese.

In collaboration with JETRO and 4 brands developing Japanese tea in the United States,
The cold midtown of the north wind became a little warm.

写真 2017-11-15 10 38 38

写真 2017-11-15 10 43 08
Next
写真 2017-10-31 15 30 29


ハロウィン当日、子供たちが通う小学校では、
朝から仮装して登校することを許可されている。

当初はゾンビになるのだと張り切っていた次女は、
血のりを流す場面を想像して、気が変わったらしい。

4年前に祖母が買ってくれたハーマイオニーのマントを
嬉しそうに羽織って行った。

白いポロシャツと、白いショートパンツに着替えた次男は、
「錦織圭だと、分かってもらえるかな」とはにかんだ。

長女と長男は、トリックオアトリートのキャンディーを配る
ホスト役になるから、普段着のままでいる。

今年も我が家はコスチュームを買わなかった。
小さい頃からおねだりが苦手だった私自身の姿と重ねる。

「ママの御飯が一番美味しい」と言ってくれる我が子たちに、
今日は好物をたくさん作って、学校のお土産話を待っていよう。

写真 2017-10-31 15 31 03


On the day of Halloween, at elementary school where my children attend,
It is permitted to dress up in the costume.

My second daughter, who was originally planning to become a zombie,
Imagining a scene where bloodsheds flow, it seems that her mind has changed.

With Hermione's coat that my mother bought 4 years ago,
she wore in glad and went out.

My second son who changed into a white polo shirt and white shorts,
asked me, "Would people understand that I am Kei Nishikori?"

As an eldest daughter and eldest son become a host for "trick or treat",
they remain casual wear.

My kids never asked me to buy a costume this year, too.
I overlap with my own figure that I couldn't ask adults to buy something.

To my children who said "Mama's food is the most delicious"
Today I will make many favorite items and wait for school's souvenir story.

写真 2017-10-31 15 32 03



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-10-08 16 51 36

写真 2017-10-08 16 42 15


メトロポリタン美術館には、多くの日本美術が常設されている。
鎧兜と刀、茶室と仏像、屏風絵と掛け軸。
多くのアメリカ人にとっての日本は、
きっとこんな風に見えているのかもしれない。

「竹」は、日本美術を圧倒的に演出してくれる。
展示されている現代作家の作品も興味深く、
美しい国、ニッポンのイメージが、また膨らんでいく。

写真 2017-10-08 16 42 35


Many Japanese art is permanently installed in the Metropolitan Museum of Art.
Armor helmet and sword, tea room and Buddha statue, folding screen picture
and hanging axis.
For many Americans,
Maybe Japan seems like this.

"Bamboo" will overwhelmingly produce Japanese art.
The works of contemporary writers being exhibited are also interesting,
The image of a beautiful country, Nippon, will also expand.

写真 2017-10-08 16 44 43

写真 2017-10-08 16 47 30



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-08 16 51 07

Next
写真 2017-10-08 17 10 28

写真 2017-10-08 16 03 38


曇り空の日曜日、
メトロポリタン美術館の2階はすごい人だかりだった。

ロダンの「考える人」。
世界中にそのレプリカが散在しているから、
世界中の誰もが、その名を知っているだろう。

こんなに小さな彫像が、なぜこれほどまでに人々の心を捉えるのか。
うずくまった人間の姿に、人は自分の姿を重ねるのだろうか。

ロダンは当初、この彫刻を「詩人」と名付けていたという。
人は誰しもが「詩人」なのかもしれない。

「考える」という苦悩の先に、明るい未来があると信じたい。

写真 2017-10-08 15 39 50

写真 2017-10-08 15 39 42


It was Sunday with cloudy sky.
The second floor of the Metropolitan Museum of Art was very crowded.

There was a Rodin's "Le Penseur".
Because the replicas are scattered all over the world,
Everyone in the world will know the name.

Why are such small statues capturing the hearts of people so far?
Do people overlap their appearance themselves with this human figure?

Rodin initially named this sculpture "Le Poetet".
Everyone may be a "poet".

I want to believe that there is a bright future ahead of the anguish "thinking".

写真 2017-10-08 15 38 54



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-09-16 15 31 08


高校の同窓会米国支部が発足して、
早くも10年ぐらいが経過しただろうか。

ニューヨークと米国他都市と交互で、
年に一度の総会が開催される。

参加者の年齢幅は、上下で50歳以上離れているのに、
同窓というだけで、広がる連体感。
先輩が後輩に、無償の愛を注ぐ親近感。

世界の様々な場面で活躍する面々が、
素顔で交流するのが、なんとも嬉しい。

来年はサンフランシスコで開催です。

写真 2017-09-28 9 59 50


A high school alumni association US branch was established,
As early as ten years have passed.

Alternating with New York and other cities in the U.S.,
An annual general meeting is held.

Although the age range of the participants is 50 years different or more apart
above and below,
Just by saying that it is alumni, we connect tightly.
Seniors take care of their juniors with love.

People who are active in various scenes of the world,
It is pleasant to interact on a true face.

We will hold one in San Francisco next year.

写真 2017-09-18 9 33 54



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-28 10 15 32

週刊NY生活9月23日号掲載
Next
写真 2017-09-25 22 26 12

写真 2017-09-25 22 50 04


ニューヨークで活躍するシェフ達が集うシェフナイト。
夜21時過ぎの開場なのに、アメリカ人はずいぶん早くから並ぶ。

飲食業界の交流の場として、また商品の営業の場として。
数百人の入場者で、会場の熱気は最高潮に達した。

知り合いのシェフ達が続々とやってきて、
懐かしい面々と、挨拶を交わす。

ニューヨークの飲食業界に関わって、はや15年以上経つけれど、
ここで踏ん張っている日本人の多さに、いつも感動する。

かつてウェイターとしてアルバイト採用をしたスタッフが、
今やニューヨークを代表する店舗のGMになっていたり。
小僧デビューを見守った寿司シェフが、
今や独立して自分の店舗を回していたり。

「まだまだ私も頑張らないとな」
たくさんの刺激と共に、帰宅の途についた。

写真 2017-09-25 21 40 02

写真 2017-09-25 22 32 25

写真 2017-09-25 22 57 23


Many chefs who are active in New York, gathered at the event of "Chef Night".
Even though it opened at 21 o'clock in the evening, Americans people lined up very early.

As a place to interact with the food and beverage industry, as a place for marketing products.
By hundreds of visitors, the enthusiasm of the venue reached the climax.

The chefs of acquaintances came one after another,
We were greetings exchange with nostalgic people.

Although I have been involved in New York's food and beverage industry
for more than 15 years,
I am touched by the many Japanese people who are still sticking here.

Staff who once we adopted a part-time job as a waiter,
He became the GM of a restaurant that is representative of New York.
The sushi chef that we watched his debut,
He is now turning his own restaurant independently.

"I still have to work hard"
Along with a lot of stimulus, I came my home.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-26 10 47 40
Next
写真 2017-09-20 9 39 05


日本の米を通して、世界貢献、世界平和を目指す会合。
昨年に引き続き、首相夫人をお迎えして、150名以上のゲストが集客した。

大学教授や食物研究家によるパネルディスカッションは、
アメリカ人にとって、お米がどのような存在なのか、
とても興味深い内容だった。

国連総会の開催で緊張感の高まるマンハッタン。
警護や交通規制の激しいミッドタウンで、
ここだけがぽっかり温かい空気が漂って、
確かに、米は外交ツールになっているのだなと実感した。

写真 2017-09-19 22 51 47

写真 2017-09-19 19 35 34

写真 2017-09-19 19 53 38


It was an event aiming for global contribution and world peace through Japan rice.
As last year, over 150 guests attracted, welcomed the First Lady of Japan, Ms.Akie Abe.

We had a panel discussions by university professors and food researchers.
It was very interesting content to know the role of rice for American people.

The tension was rising in holding the UN General Assembly in Manhattan.
In the midtown where security and traffic restrictions were intense,
warm mood was drifting only there.
Indeed, we realized that rice was becoming an instrument of diplomacy.

写真 2017-09-19 19 56 22

写真 2017-09-20 9 39 15


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-19 22 52 03
Next
当初の発起人は、いまだ現役でフライトしている3人組。
気づいたら、数百人がLINEで繋がって、
気づいたら、私と親友が御指名受けて企画に合流。

これほど多くの元CAが一堂に会する機会は珍しい。
想像を超えた大きなイベントになりそうで、
たくさんの関係者が、賛同してくださった。

古巣の全面協力で、懐かしい展示品が並ぶ。
お世話になった方々からは、お祝いのメッセージ。
会場に駆けつけてくださる特別ゲスト。

本当に内容盛りだくさん。
このワクワクが、また次のステージに繋がっていく。

写真 2017-09-12 21 55 03


The original organizer is a three-person group who is still active as cabin attendants.
When we notice, hundreds of people had connected by LINE,
My best friend and I were asked to be in charge of this big event.

Opportunities for so many former CAs to come together are rare.
It is going to be a big event beyond imagination,
A lot of people agreed to join the event.

With the full cooperation of JAL, old memorial goods will be lined up.
We will show the special movie of people who took care of us.
We will welcome special guests who come to the venue.

There really is plenty of content.
This excitement leads to the next stage again.

ファイル 2017-09-12 22 11 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-14 11 03 35

Next
写真 2017-08-23 20 11 31


日本全国のみならず、NY、LA、ハワイに拠点を持つネイルサロンが、
日本の技術とコラボして、新しい商品を開発した。

お披露目となったニューヨークの展示会。
周囲のどのブースよりも人気が高く、
バイヤーたちの注目が集まった。

日本人の手先の器用さについて、
いつも声を大にして叫んでいるけれど、
それが世界に認められる瞬間を見届けるのは嬉しい。

一般顧客向けに開発した新しいスタイルのジェルネイルは、
10月より全国のプラザやロフトで販売開始。

私は大好きな妹を見守る姉の気持ちで、
オーナーから次のステージ構想を聞いている。

写真 2017-08-24 8 32 25


"Marie Nails" has business not only in Japan, basis in NY, LA, Hawaii.
In collaboration with Japanese technology, they developed a new product.

They had exhibited at the INSIDE BEAUTY EXPO in New York.
It was more popular than any other booth in the neighborhood,
The attention of buyers gathered.

About the dexterity of the Japanese craftsmanship,
I always scream at louder voices.
I was very glad to see the moment when it was recognized to the world.

A new style of gel nail developed for general customers,
They will start to sell them at "PLAZA" and "LOFT" nationwide from this October.

I have feeling of an elder sister watching young sister,
I am excited to hear the owner's idea for the next stage.

写真 2017-08-23 20 10 14

写真 2017-08-23 20 09 14


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-23 21 22 06
Next
写真 2017-06-21 13 21 55

写真 2017-06-21 13 18 01


日本の食品、外食産業は、今どんどん海外進出を目指していて、
なかでもニューヨークという市場は、ひとつの登竜門でもある。
だからこそ、ニューヨーク在住者の意見を聞くことが最重要で、
日本式のセールスをそのまま持ってきても、なかなかうまくいかない。

限られた予算のなかで、何ができるか。
最初は、末端消費者の声を聞くために、足を使ってマーケティング。
たくさんの友人知人にサンプルを届けて、声を集める。

次に、ディストリビューターへの影響力のあるプロの方への営業強化。
料理研究家や和食シェフに、レシピ開発も兼ねてアイディアを募った。
また、サンプルと共に、ケータリングイベントにも参戦。

極めつけに、ニューヨークで活躍中のセレブシェフをお呼びして、
お酢をふんだんに使った料理をニューヨーカーにお披露目。
疲労回復と健康に有効なお酢料理の多様性を、そこにいる皆が学んだ。

日本古来の万能調味料。
ヘルシー志向の強いニューヨークで、お酢の可能性を追求する。
引き続き、日系企業の邁進にエールを送りたい。

写真 2017-06-21 14 09 36

写真 2017-06-21 14 21 23


Japanese food and catering industry are now aiming for steady expansion overseas,
Especially the market called New York is also a gateway to the world.
That is why it is most important to hear the opinions of New York residents,
Even if you bring Japanese style sales as it is, it does not go well.

What can we do in the limited budget?
At first, marketing with feet to listen to end consumers' voices.
We sent samples to many friends and acquaintances, collect their voices.

Next, we were to strengthen sales to influential professionals to distributors.
Cooking researchers and Japanese chefs also invited ideas as a recipe
development.
Also, we participated in catering events with samples.

To the last, calling a celebrity chef who was active in New York,
we presented dishes using abundant vinegar to New Yorkers.
Everyone there has learned the diversity of vinegar dishes, fatigue recovery
and effective for health.

Vinegar is Japanese ancient seasoning.
To pursue the possibilities of vinegar within healthy-oriented New Yorkers.
As Japanese, we would like to continue to support Japanese companies in New York.

写真 2017-06-21 14 09 49

写真 2017-06-21 15 22 51

写真 2017-06-21 14 10 09

写真 2017-06-21 14 10 16

写真 2017-06-21 15 37 13

写真 2017-06-21 15 43 50

写真 2017-06-21 15 42 31

写真 2017-06-22 7 58 33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-06-21 14 36 27

写真 2017-06-21 16 19 45
Next
写真 2017-06-13 11 03 12


共通の友人から紹介された女性が主宰するNYツアーアレンジを依頼された。
かつてニューヨークで御活躍された主宰者が、
夢と期待をたくさん抱えた女性達を、日本から引き連れてやってくる。

ここで活躍する女性達のスケジュールを確保するには、
3か月前には動き出さなければならない。
まだ風の冷たい春先に、足を使って事情を説明して回った。

直前まで主宰者側の予定が二転三転して戸惑ったけれど、
ツアーをサポートするスタッフの迅速な対応が、すべてを救ってくれた。

「パワーアップランチ」と称された企画では、
ニューヨークで起業し、キャリアを積み上げている女性達が合流する。
しかし結局、ツアー参加者のほとんどが恋愛事情を質問してくる光景が微笑ましい。

起業することが決してすごいのではなくて、
思い描いたことを具体的に実現していこうとする姿勢が、人を動かすのだと思う。
今回ツアーでいらした方々、ひとりひとりにとっても、
きっと次に繋がる何かを探すキッカケができていますようにと願う。

観光ツアーにはない企画をするのが、ここに住む日本人としての役割。
この先もっと、ワクワクする企画が生まれてくる予感がする。

写真 2017-06-13 10 43 18

写真 2017-06-13 10 43 22

写真 2017-06-13 10 43 26


I was asked for a NY tour arrange presided over by a woman introduced from
a common friend.
The founder who was active in New York before, she will bring women who have
many dreams and expectations from Japan.

In order to secure the schedule of women active here,
I had to start working three months ago.
I used my feet to explain circumstances in the cold spring days of the wind.

Until shortly the tour schedule turned many times and I was puzzled,
The quick response of the tour support staff has helped my situation

In a project called "Power Up Lunch with NY women"
Women who have started up in New York and accumulate careers joined.
However, in the end, most of the tour participants were interested in the romance
circumstances than the business.

It is not the big deal to start a business,
I think that the attitude of trying to realize concretely what people imagined makes
people move.
For those who came on the tour this time, very much for each one,
I hope that they were able to find something to connect next.

As a Japanese who living here, we would like to plan an original one, not a
sightseeing tour.
I have a feeling that a more exciting project will be born in the future.

写真 2017-06-13 10 43 36

写真 2017-06-12 20 17 01

写真 2017-06-12 20 18 15

写真 2017-06-13 11 03 26

©Chika Asano

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-06-12 18 12 45

ツアーの裏方で走り回ったメンバー。本当にお疲れ様でした。
Next
写真 2017-05-31 18 23 32


日本から来た友人が、ブロードウェイミュージカルに誘ってくれた。
ここに住んでいると、ゆっくり観光や観劇をする機会は少ないので、
こういうお誘いは本当に嬉しい。

彼女は、一昨年末に急逝した美の師匠の最後の秘書だった。
師匠の葬儀や納骨など、寂しい場面で会ったのが最後だったから、
気持ちを切り替えて、ニューヨークで会えることが嬉しかった。

舞台演出がとても美しく、キャストの歌声に惚れ惚れしながら、
あっという間の観劇だった。
家族連れが多いと思いきや、大人でも十二分に楽しめる作品。
台詞はともかく、歌詞を全部聞き取るのは容易ではないけれど、
やはりディズニー作品は、英語で観るのが面白い。

アラジンの魔法のランプがあったら、何を望むだろうか。
欲深さよりも、パッションで生きることを、目標としたい。

写真 2017-05-31 20 04 12


A friend from Japan asked me to go to a Broadway musical together.
When living here, there are few opportunities to sightseeing and watching theater,
Such an invitation is really glad.

She was the last secretary of my art master who died suddenly at the end of 2015.
Because we met in a lonely scene such as the master's funeral last time,
I was very happy to meet her in New York.

The stage production was very beautiful, I was lovingly fascinated by cast singing voice, and I felt it was very quick to finish.
I think both families and adults can enjoy the show.
It is not very easy to hear all the lyrics, you may understand actor's words.
After all, Disney works are interesting to watch in English.

What would we want if Aladdin's Magic jar is real?
I want to live by passion, target than greed.

写真 2017-06-02 10 45 25


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

写真 2017-05-31 21 35 49 (1)

写真 2017-06-02 10 44 17
Next
写真 2017-05-20 14 59 25


毎週末、どこかしらでストリートフェスティバルが開催されている。
道路を閉鎖するから、交通警備にあたる警察官もたくさん必要だし、
参加する側も、毎週のように民族大移動している。

それでもお祭りが好きな国民なのだと思う。
まだ肌寒い気候が続いているけれど、街のエネルギーは変わらない。

写真 2017-05-20 15 00 09

写真 2017-05-20 15 01 04

写真 2017-05-20 15 06 17


Every weekend, street festivals are held anywhere.
Because the road is closed, a lot of police officers who are traffic guards are needed,
Participating parties are moving ethnically as well as weekly.

At all, New Yorkers are citizen who like festivals.
The weather still has a chilly climate, but the city's energy does not change.

写真 2017-05-20 15 07 08

写真 2017-05-20 15 23 57

写真 2017-05-20 15 25 33

写真 2017-05-20 15 26 07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

写真 2017-05-20 15 26 49

写真 2017-05-20 15 27 11

写真 2017-05-20 15 28 58

写真 2017-05-20 15 31 05
Next
ファイル 2017-05-26 16 53 27


ずっと以前、友人が一冊の本を私に貸してくださった。
ドキュメンタリー映画「1/4の奇跡」のサイドストーリー。
そのすぐ後に、入江富美子監督とニューヨークでお会いした。

入江監督の映画にたびたび登場する養護学校の先生が、
「かっこちゃん」こと、山元加津子さん。
本能の赴くままミッションを遂行している姿勢に、痛く共感した。
「いつかお会いしたいな」と願っていたら、かっこちゃんがNYにやってきた。

エンパイアーステートビルの75階を借り切って、
ケータリングは「Tama’s Kitchen」と「 HANAMIZUKI CAFÉ」。
かっこちゃんを大好きな人たちが、かっこちゃんを囲む会。

彼女のように、自然体で生きたいと切に思った。
みんな、生きてそこにいることに意味があることを、
私ももっと伝えていきたい。

かっこちゃんと日本での再会を約束して、お別れした。
彼女との出会いが、また新しい道を照らしてくれる予感がしている。
関わってくれたすべての方に、ありがとう。

56


A long time ago, my friend lent me a book.
It was a side story of the documentary movie " Miracle of 1/4".
Shortly afterwards, I met Mr. Fumiko Irie, the director of that movie, at New York.

Ms. Katsuko Yamamoto,"Kakko-chan", is the teacher of a disabled school
that often appears in a film directed by Irie.
I sympathized to her attitude of carrying out the mission while going to instinct.
If I had wished that "I would like to meet her someday," Kakko-chan came to NY.

Borrowing the 75th floor of the Empire State Building,
"Tama's Kitchen" and "HANAMIZUKI CAFÉ" served the catering.
The people who loved Kakko-chan surrounded the Kakko-chan.

Like her, I want to live in a natural way.
Everyone, to be meaningful to live there,
I want to tell more to the world.

We promised a reunion in Japan, we parted.
I have a feeling that encounter with her will light the new way again.
Thanks to everyone involved.

35

04

写真 2017-05-26 11 25 43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

20
Next
58

00


前夜まで、土砂降りの悪天候が続いていたのに、
毎年この日は不思議と天気が良くなる。

屋外テントでは、日本食やスナック菓子が配られ、
ステージでは、様々なタレントショーが繰り広げられる。

5万5,000人の日本贔屓が集まる祭典は、
セントラルパークの気温を少し高くする。

19

29


Until the before night, the weather was pouring down.
But the weather was better that morning.

In outdoor tents, Japanese food and snacks were distributed,
On the stage, various talent shows were held.

Fifty-five thousand Japanese fans gathered,
the temperature of Central Park increased slightly.

47 HDR


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
「メイドインジャパンのYシャツをニューヨークで販売する。」
「鎌倉シャツ」から最初に御相談があったのは、かれこれ6年前だった。

今やマンハッタンで2店舗を展開し、
すっかりニューヨークでもその地位を確立した感がある。

洒落たシャツを着た男性が、ウィスキーを飲む姿を想像する。
そんな夢のコラボイベントが実現した。

通勤帰りの男性が、ちょっと立ち寄ってお酒を飲んで、
自分自身のためのシャツを選ぶ姿は、ちょっとかっこいい。

ジャンルを超えたコラボイベント、その可能性は無限大。
写真 2017-05-22 9 38 16


"We would like to sell Made in Japan's Y shirt in New York".
It was 6 years ago when I was asked from "Kamakura Shirts" first time.

They now have 2 stores in Manhattan,
they have established that position in New York entirely.

Imagine a man wearing a fancy shirt drinking whiskey.
Such a dream collaboration event has come true.

Guys on the way back from work stopped by there a bit, and drunk alcohol.
The figure of choosing a shirt for himself looked so nice.

Collaboration event beyond genre, its possibility is infinity.

写真 2017-05-22 9 43 00


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
08


セミナー会場で、私は目が釘付けになった。
私にとって命の恩人とも言える女性が、当時と同じ飾り気ない姿でそこにいた。
彼女の完璧な通訳を聞いていると、あの日々が思い出される。

日本語だけが主体になるセミナー系の海外企画は、
音楽やアートのようにうまく進行できない場合が多い。
しかし山崎氏と同時通訳者の呼吸合わせは、驚くほど完璧だった。
テンポ良い山崎氏のトークの流れをまったく邪魔することなく、
むしろ彼女の英訳でさらに話を奥深く理解できる。

「やる気スイッチ」をオンにするキッカケを見つけたい。
きっと、みんなそんな思いで、ここに集まったのだろう。
私は劇的な再会を目の当たりにして、
具体的に行動することの重要性を、また心に刻んだ。

自分の実力を誇示することなく、相手のニーズを理解して提供する。
仕事もプライベートも、きっとその方がうまくいく。

16


At the seminar venue, my eyes got pinned.
A woman who could be said to be a benefactor of life for me was there in the same form as before.
When I heard her perfect interpreter, I remembered those days.

For overseas projects of seminars where only Japanese is the subject,
In many cases, it cannot proceed well like music or art.
But Mr. Yamazaki and the simultaneous interpreter's breath matching were surprisingly perfect.
The interpreter did not disturb, fast-moving, Yamazaki's talk of good flow, at all.
Rather, we could understand further stories deeply with English translation.

Everybody would like to find a piece of opportunities that turns on "motivation switch".
I guess they all gathered here with such a thought.
I saw a dramatic reunion, and also inscribed in my mind the importance of acting concretely.

We need understand and provide the opponent's needs, without flaunt the ability.
Both work and private, surely that person will be needed in the world.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

11
Next
90年代後半、知人が銀座のスナックに連れて行ってくれた。
20代の若造が普段どんなに背伸びをしても行けないような場所で、
そこを仕切るママは、当時40代前半ぐらいだっただろう。
人生の裏表を知り尽くした苦労人で、今の私よりずっと貫禄があった。
それから銀座に行くたびに、そこに通ってママの話を聞いていた。

アメリカに行くという私に、ママが大きな包みを手渡してくれた。
落語が録音された大量のMDと一緒に、手書きの手紙が添えられていた。
「辛いことがいっぱいあるかもしれないけれど、とにかく笑ってね」
「落ち込んだら、これ聞いて元気になって」

落語のストーリーはもちろん、そこに日本語があるというだけで嬉しかった。
たくさん泣いて、たくさん聞いて、そして笑った。
そのうちMDプレイヤーが壊れて、落語で笑いの幸せをもらう機会はなくなった。

******

4年ぶりにニューヨーク外旋をする、立川生志師匠の高座にお声がけいただいた。
お迎えに来た豪華なリムジンカーに揺られて、郊外の「Mt.Fuji Restaurant」に到着。
80名を超える日系人が、一緒に笑うために集まる。
なんて幸せな企画なんだろうと思う。

生志師匠が下宿していた石神井台は、私の実家からもすぐ近く。
アパート名の懐かしい響きに、師匠と一緒にまた大笑いする。
レストランマネージャーのホスピタリティーが合わせて素晴らしく、
一緒に行った面々も最高で、幸せな夜はこうやって生まれるのだと痛感した。

日本語の魅力、日本文化の魅力は、限りない。

11

14

43

47


In the late 90's, my acquaintance took me to a night-club in Ginza.
It was a place where 20-year-old young people cannot go even if they pretended
to be adult.
I guessed the owner hostess was about the early 40s then.
Compare to me of now, she was a hard-working woman who knew all life in the world,
and has been much more dignified.
Then, every time I went to Ginza, I went there and was listening to her story.

She gave me a big package when I left for America.
A large amount of MD of Rakugo, traditional Japanese story telling,
and a handwritten letter were inside.
"There may be many painful things, but laugh anyway"
"When you feel down, you would be healthier by hearing this."

Not to mention the story of Rakugo, I was pleased just to have Japanese there.
I cried a lot, listened a lot and laughed enough.
After then, the MD player was broken, and I had no opportunities to get laughter
happiness by Rakugo.

******

We were invited to the play of Shoshi Tatekawa, Rakugo Master, who act New York
abroad for the first time in four years.
We had trip by a limousine car and arrived in the suburban "Mt. Fuji Restaurant".
More than 80 Japanese gathered to laugh together.
I thought what a happy project it was.

Shakujiidai, where Master lived, was also very close to my home in Japan.
In a nostalgic sound of an apartment name, I will laugh with Master again.
The hospitality of the restaurant manager was also excellent,
I also felt that the people I went with were the best and that a happy night was born like this.

The appeal of Japanese, the charm of Japanese culture, are unlimited.

28

49

©Kohei Kawashima

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

41

Next
21

46


このところのニューヨークは天候が不安定。
突然真夏のように暑くなったり、台風のような大雨が降ったり。
雨や曇りマークの天気予報が続くと、私は気持ちも塞ぎがちなのに、
街にいるニューヨーカーは実に元気。

コートのいらない季節を、誰よりも早く長く楽しもうと、
とにかくみんな、外に出る。
肌寒くても、Tシャツ姿とサンダルで街を歩き、
サイドウォークカフェを開放する店が、どんどん歩道に進出してくる。

この季節は毎週末、マンハッタンのどこかでストリートフェアが開催されている。
日系店舗が1ブロックを占拠して、フェアを盛り上げることもある。
おにぎり、ラーメン、焼きそばと、日本の屋台が立ち並ぶ前には、
日本贔屓のアメリカ人が列をなし、
日系バンドのステージ前も、多くのニューヨーカーが足を留めていた。

世界のどこであっても、祭りは人々を笑顔にさせる。

45

28


The weather is unstable in New York these days.
Suddenly it became hot like summer, or we had heavy rain like typhoon fell.
When the weather forecast of rain and cloudy marks continues, I also feel negative.
But New Yorkers in town are really energetic.

In order to enjoy the season where coats are not needed faster and longer
than anyone else,
Anyway, everyone goes out.
Even chilly, they walk around the city with T - shirts and sandals,
The shops that opens the sidewalk cafe gradually occupy the sidewalk.

Every weekend of these season, we have street fairs somewhere in Manhattan.
Last weekend, Japanese shops occupied one block and excited fairs.
Before rice balls, ramen, yakisoba and Japanese stalls line up,
Japanese favorite Americans were in line,
Many New Yorkers had watched before the stage of the Japanese music group.

No matter where in the world, festivals make people smile.

51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
47

45


日本航空は、7年前に民事再生法の適用を受けて以来、
5年間、新規路線の開発を制限されていた。
その制限が解けた4月1日、39年ぶりに羽田—NY路線が復活した。

JALニューヨーク支店から、就航セレモニーの企画依頼を頂いたのは、
旧暦正月の頃だったろうか。
国内外で活躍する日本人を、非日系人に紹介する絶好の機会。
「アイキャッチになる、今までにやったことのない企画」に、
いろんな提案が飛び交った。

「空港ゲート内」企画の難関は、
イミグレとセキュリティー検査を抜けるという条件が付く。
予算や物理的制限の多いなかでも、たくさんの人達が協力してくれた。

出発前の飛行機が背景にあるという最高のシチュエーション。
関係者と御来賓の御挨拶に続き、テープカットが行われる。
たくさんのメディアと数百名の搭乗客が見守るなか、
「7本指のピアニスト」としても知られる西川悟平氏が
「プレリュード」と「コンテパルティーロ」の2曲をお披露目した。

空港内の喧騒とした雰囲気をも想定していたが、
そこにいた誰もが息を飲んで、西川氏の演奏に聴き入っていた。

「搭乗前の時間をこんなに有意義に過ごせたのが幸せだった」
居合わせたTV FOXのプロデューサーが、興奮して伝えてくれた。
お客様の嬉しそうな笑顔こそが、イベント成功の醍醐味だと感じた。

羽田に向けて出発した機体を、空港の皆で見送った。
空の旅には、たくさんのストーリーがある。
かつてのフライト時代に体感した「一話ごとの達成感」を、久しぶりに堪能した。

安全運航に願いを込めて、また新しいストーリーを紡いでいこう。

00

19

34

48

43


追記:
空港セキュリティーをパスできるサイズのなかで、
最高のアップライトピアノを選んでくださったピアノ屋のオーナー。
彼女の御協力なくしては、今回の企画は実現できなかった。
クララ・シューマンが生涯愛したというグラトリアンのピアノは、
年間たった500台しか生産されない秀逸品。
深くパワフルに響きわたる音色に、空港中の人々が聴き入っていた。

15

17

29


Japan Airlines, since receiving civil rehabilitation law seven years ago,
It had been under development restrictions for new routes for five years.
Haneda - NY routes were restored for the first time in 39 years on April 1,
when the restriction was solved.

When I was received the planning request for the inauguration ceremony
from JAL New York branch,
I remember it was around the lunar New Year.
It will be a great opportunity to introduce Japanese who are active in
Japan and overseas to non-Japanese customers.
To "Eye catch, a plan that we have never done before"
Various proposals were offered.

The difficulty of planning "at the airport gate",
should be the condition that it can exit the immigration and security check.
Many people cooperated in budget and physical restrictions.

The venue was the best situation that the plane before departure was
in the background.
Following the greetings of Airlines people and guests, the ribbon cutting was done.
With many medias and hundreds of passengers watching over,
Mr. Gohei Nishikawa also known as "Pianist of 7-fingers" played two music
"Prelude" and "Con te partiro (Time to say goodbye)”

It was supposed to be a hustle and bustle event in the airport,
Everyone was in silence, and was listening to Mr. Nishikawa's performance.

"I was verry happy that I could spend such a precious time before boarding."
A producer of TV FOX came excitedly told me.
I felt that the customer's happy smile was the real pleasure of event success.

All staff at the airport watched the plane leaving for Haneda.
There are many stories in sky journey.
I felt the sense of "accomplishment of each episode" that I felt in the era that
I was co-worker of JAL.

Hoping the safety of sky journey, we will spin a new story.

58

21


Additional memo:
Among the size that can pass airport security,
there was an owner of a piano shop who chose the best upright piano.
Thanks to her cooperation, this project could be realized.
She prepared the Grotrian's piano that Clara Schumann loved through her life.
It is an excellent product that only 500 units are produced per year, all people
in the airport were impressed the deeply powerful echoes.

50


Gohei Nishikawa 西川悟平オフィシャルホームページ

Beethoven Piano ピアノを提供してくださったベートーヴェンピアノ

Grotrian Piano クララシューマンが愛したグロトリアンピアノ

50


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

28





Next
どんな場面で、どんな主役を起用すべきかを考える。
まずは一緒にワクワクできるかが最優先。
仕事のやり方や人生観を共有できて、
私の想いを尊重してくれる人に、じっくり話してみる。

そこに御縁とタイミングが重なって、
ようやく同じ目標に向かって歩き出せる。
目先の利益よりも、関わる人の心を大事にしてくれると、
そこに情熱を注ぎたいというパッションが生まれる。

一つのイベントを作り上げるには、たくさんの力が必要。
押し付けでない距離感と信頼を築きながら、
必ず同じベクトルに向いていることを、確認し合う。
表に出ない人の実働に、心からの敬意を払う。

これまで紡いできたものが、少しずつ形になっていく。
力は小さくても、大きな情熱を持って伝え続けることを、
これからも応援してください。

55


When I get offered from the client, I think about what kind of scenes and
what kind of protagonists should be appointed.
First of all, top priority is working in exciting mood together.
I talk to the person who can share my work style and my view of life.
I am happy if he/she respects my feelings carefully.

There overlapped with the edge and timing,
Finally, we can walk toward the same goal.
If he/she cherish the hearts of those involved, rather than immediate profits,
There happens passion to keep passion there.

To build up one event, we need a lot of power.
While building distance and confidence without no pressing,
We confirm to make sure to face the same vector.
We pay a deep respect for the actual work of those who do not appear on the stage.

The things that we have spun until now gradually become shapes.
Even though the power is small, I will continue to convey with big passion,
Please continue supporting us.

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

44
Next
47

49

18


マンハッタンのへそとも言えるグランドセントラル駅で、
今年で6回目となるジャパンウィークが開催された。

グラセンという最も喧騒が交差する場所で、
日本の静を代表する龍安寺の石庭を再現しようという試み。

催事のキュレーションにやや疑問を抱きながらも、
造園の横で肩を寄せあう中年カップルの穏やかな表情に、
イベントのミッションを感じた気がした。

56


At Grand Central Station which can be called a central of Manhattan,
The 6th Japan Week was held.

At the place where the big noise intersected,
the exhibitor attempted to reproduce the rock garden of Ryoanji that represents
Japan's quietness.

While I held a little doubt on the curation of the event,
I was relieved that I saw a middle-aged couple bringing their shoulders close
each other with calm facial expression.
I felt the mission of this event.

01

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35

27

47

Next
39


2011年3月11日。
東北大震災で、私は友人をなくした。
あの時、ここニューヨークでもたくさんの人々が被災地を想い、
たくさんの支援金が日本へと送られた。

あの日は、障害をもって生まれた娘の、8度目の誕生日でもあった。
覚悟を持って、世に伝えていこうと心に決めたきっかけだった。

あれから6年。
ニューヨークでは、こんなにたくさんの人が、故郷を想っている。
東北だけでなく、昨年起きた熊本大分地震での支援も含めて、
ここで自分達ができることをやろう。
何よりも「忘れないこと」が、明日への一歩につながる。

毎年、追悼式典を運営してくださるボランティア団体の皆様に、
心より感謝の意を申し上げます。

45

49


March 11, 2011.
I lost my friend by Tohoku Earthquake.
At that time, many people in New York also thought of the afflicted areas,
A lot of support money was sent to Japan.

That day was also the eighth birthday of my daughter born with disabilities.
It was the opportunity I decided in my mind to issue my book to the world.

It's been six years since then.
In New York, so many people are thinking about our hometown, Japan.
Including not only Tohoku but also Kumamoto Oita earthquake that occurred last year,
Let's do what we can do here.
More than anything, "not to forget" leads to a step to tomorrow.

To volunteer organizations that manage memorial ceremonies every year,
We would like to thank from the bottom of our heart.

36

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
28


ニューヨーク・マンハッタンのど真ん中に、隠れ家的な和室がある。
オーナーは裕福なユダヤ人で、相当な日本贔屓でいらっしゃる。
日本的なイベントを企画するには、最高の空間がそこにある。

かつては日本家屋に多く使用されていた鬼瓦。
鬼師と呼ばれる職人さんが、丁寧に仕上げていく工程は日本の職人魂そのもの。

鬼瓦をインテリアとして普及させたいと、
9名の鬼師の作品が、海を越えてニューヨークにやってきた。

ハロウィンの魔除け用に、カボチャの横に鎮座する鬼瓦も悪くない。
宗教の境なく家を守ってくれるという鬼瓦効果に、ニューヨーカーも注目している。

05

57

15


In the center of Manhattan in New York, there is a hidden Japanese room.
The owner is a wealthy Jewish, and he is considerably Japanese favor.
It is the best space to plan a Japanese-style event.

"Onigawaras" were once used in Japanese houses.
The process of finishing politely by a craftsman called Onishi, Onigawara
craftsman, is the Japanese craftsmanship itself.

In order to disseminate Onigawara as an interior,
Nine Onishi's works came to New York.

For the Halloween's amulet, it is not too bad that the Onigawara set next to
the pumpkin.
New Yorkers are also interested in the Onigawara effect that protects the house
without regard to religion.

21

03


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

12


Next
55


日本人の持つ匠の技が集結された商品が立ち並ぶ。
日系書店に併設したショールームがすでに成功を収め、
このたびノリータ地区に新しいショップが誕生した。

NYにはたくさん日本の良品を扱う店舗があるけれど、
「B to C」の商売はなかなか大きな飛躍ができない。
このショップのような「B to B」を主体とする企業の活躍が、
きっと日本人の強い味方になってくれるのだろう。

2月最初の日曜日。
スーパーボウル開催日であったけれど、
店内はたくさんの招待客で賑わっていた。

私は棚の上にあった変幻自在のバッグが気になって仕方がない。
また日を改めて、お店をのぞいてみよう。

27

13

03

10


It was a shop where Japanese craftsmen's products were collected.
The showroom adjoining the Japanese bookstore has already succeeded,
A new shop was born in Nolita area.

There are many shops dealing in Japanese goods in NY,
but the business of "B to C" had not been made a big leap.
The activity of a company mainly based on "B to B" like this shop,
I guess it will be strong allies of the Japanese.

It was first Sunday in February.
Although it was a date of Super Bowl,
the inside of the shop crowded with a lot of invited guests.

I liked the folding bag that was on the shelf.
Let's try to look into the shop on the next opportunity.

21

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

WAZA shop
33 Spring Street, New York NY
Next
55


このような企画に参加したのは、いつ以来のことだろう。
仕事やプライベートで直接繋がりのない人達と出会う機会は、
自ら開拓していかないと作れない。

右脳開発に関する興味深いセッションの後、
参加した40名一人一人が、1分間のスピーチをする。
20代から70代まで、実に多才な女性達が介在することを痛感する。

日本人女性に限らず、ニューヨークに来る人達は皆、
渡米後しばらくは、同郷の同志と交流する余裕がない。
本当はもっともっと頼りたいし、もっともっと助け合いたいのに、
日常の生活を回していくのが精一杯で、あっという間に時間が経ってしまう。

みんな輝いていて、美しい。
そして、僭越ながら、とても素直な人達が多いなと思った。
こういう交流に時間を費やすことが、きっと素敵な財産になる。

36


I don't remember when I took part in such a project last time.
The opportunity to meet people who are not directly connected with work or private,
we cannot make it unless we pioneer it.

After an interesting session on right brain development,
Each 40 people who participated made a one-minute speech.
From 20's to 70's, there were multifaceted women participated.

Not only Japanese women, everyone who comes to New York,
For some time after coming to America, we cannot afford to interact with comrades of Japanese.
In fact, we really want to rely more and we want to help each other even more.
But it is our utmost goal to live a life of everyday, and time flies.

Everyone is shining and beautiful.
And I thought that there were many very straightforward people.
Spending time on such exchanges will surely be a wonderful wealth.

40


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
50

47


レセプションに先立って、和紙導入編のようなレクチャーがあった。
西洋紙に比べて和紙が丈夫なのは、原材料や糊の種類だけでなく、
手漉きという技術によるところが大きいのだと。

伝統の途絶えてしまった和紙を復活させたり、
今でも手漉きで和紙を製造する工程を眺めながら、
この世界には、新しい風を入れることが必要ではないかと感じる。

若手書道家のパフォーマンスに、米国人は大喜び。
書の仕上がりよりも、大筆を持つ袴姿に会場が沸く。

いにしえの時代、和紙の照明を頼りに、人々は夜を過ごした。
ニューヨークの月明かりにも、それはよく似合う。

冬の街は、一人歩きが寂しい。

56

40

52


Prior to the reception, there was a lecture to introduce Washi.
The reason why Japanese paper is stronger than Western paper is not only
the kind of raw materials and paste,
it is because the technique of handmade is great.

Restoring the traditional discontinued Japanese paper,
while still looking at the process of making Japanese paper by handmade still,
I felt that it was necessary to put a new breeze in this world.

Americans were delighted with the performance of young calligraphers.
People boasted a hakama-style with a big brush than the finish of the characters.

People used to spend the night, depending on the lighting of Washi paper.
It matched good on the moonlight in New York.

In the winter city, walking alone felt sad.

47

57

38


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
22


米国ではケータリング事業がさかん。
ラップをかけただけの大皿やポットを、デリバリーしている姿をよく見かける。

誕生会や何かのレセプション、身内の社内会議や展示会の後。
オフィスや自宅をちょっと飾れば、そこがパーティー会場になる。

ピザやサンドイッチで乾杯も楽しいけれど、
日系人ならオニギリで胃袋を温めたい。

「ハワイアン」というテーマで演出されたトータルプロデュース。
寒いニューヨークに、南国の空気が生まれた。

18


The catering business is very popular in the United States.
We often see the delivering a large dish or pot just wrapped.

After the birthday party or something's reception, in-house meeting or exhibition.
If we decorate the office or home a little, that will be a venue.

It's fun if we have pizza or sandwiches.
But we, Japanese, want to warm stomach with Onigiri.

We produced the "Hawaiian" theme.
In cold New York, tropical air was born.

51

22


HANAMIZUKI Cafe; Please contact about the catering.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

03
Next
55

02


「サンタエクスプレスがやってくる」
アップステートにある娘の学校は、その日、先生も子供達も嬉しそうだった。
今にも泣き出しそうな冬空のもと、娘にも厚着をさせて、
学校の門外、沿道で待機する。
地元の警察官が公共道路を封鎖して、天を仰いでいた。

待つこと10数分、森林の向こうから、大きなトレーラーがやってきた。
子供達の目の前で停車すると、いろんな着ぐるみのキャラクターが躍り出す。
マライアキャリーのクリスマスから、ディズニーのフローズンまで、
ボーカルの歌声が寒空に響く。
これでもかというほどのクリスマスソングの連発に、子供達は大喜び。

車両には、スポンサーの名前も広告もない。
「これはサンタクロースからの贈り物だよ」
運転手も、地元警察も、皆同じように答える。

なんて素敵な企画なんだろう。
これだけ大掛かりなのに、出資者が誰かなんて関係ない。
大人の事情も裏技も感じられない、ただ夢のある企画がそこにあった。

高揚する子供達の頭上に、粉雪を降らせて、エクスプレスは立ち去った。
これからクリスマスまで、毎日町中の子供達に笑顔を届けるのだ。

この時期、サンタクロースは、猛烈に忙しい。

54

28


"Santa Express is coming."
On that day, all teachers and children looked very happy at my daughter's school.
Under the winter sky, I let her wear thick clothes,
We waited outside the gateway of school.
A local police officer blocked the public road and looked up to the sky.

After we waited for ten minutes, a big trailer car came beyond the forest.
When stopping in front of children's eyes, various costume characters started to dance jump out.
From Mariah Carey's Christmas to Disney's Frozen,
Vocal of a singer echoed in the winter cold sky.
Children were delighted with this extraordinary Christmas song.

There was no sponsor's name or advertisement on the vehicle.
"This is a gift from Santa Claus"
Everyone, both the driver and the local police, answered in the same way.

What a nice plan.
Even though this was not just a big deal, no matter who the investment was.
Nobody felt adult circumstances nor technique, there was a plan with a dream there.

On the head of the children who uplifted, they let down powder snow, and the Express went away.
From now on until Christmas, they will send smiles to the children in the town every day.

At this time, Santa Claus is absolutely busy.

14

41

35

39


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

15
Next