「サンタコン」は、非営利目的のチャリティーイベント。
毎年5万ドルの寄付が、NPO団体には寄せられている。

でも、ただ仮装して飲んでいる若者も少なくない。
「サンタコン」に参加しているほとんどが州外からの人。
オリジナルのニューヨーカーたちは、あまりよく思っていない。

10ドルのチケットを買って、指定されたバーで飲んで、
最後は「指令」に従って大集合する。
昼間から大騒ぎして泥酔しているサンタクロースの集団を、
街は少し冷ややかな目で見ている。

今年は「マディソンスクウェアガーデン」が最終ゴール地点。
大きな騒動や逮捕劇のニュースは聞かなかったけれど、
サンタクロースを信じる子どもたちの夢が、少し奪われた土曜日。

写真 2018-12-08 14 57 04

写真 2018-12-08 14 57 32

写真 2018-12-08 14 58 16


"SantaCon" is a non-profit-oriented charity event.
A donation of 50,000 dollars a year is given to NPO organizations.

However, there are some young people who don't know the purpose.
Most of the participants in "SantaCon" are people from outside the province.
The original New Yorkers do not think it's good event.

They buy tickets for ten dollars, drink it in the designated bar,
Finally gather in accordance with the "command".
To a group of Santa Claus who is drunk with a big fuss from the day time,
New Yorkers are looking with a little cold eyes.

The final goal spot of this year was "Madison Square Garden".
Although I did not hear the big uproar or news of arrest play,
The dreams of the children who believe in Santa Claus was deprived of a little on last Saturday.

写真 2018-12-08 14 59 01

写真 2018-12-08 15 00 21

写真 2018-12-08 15 00 26



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-11 12.30.17

©️SantaCon2018
Next
写真 2018-11-18 22 55 32

©️Gohei Nishikawa

ピアニストのルービンシュタインが、道に迷った観光客に尋ねられた。
「すみません、カーネギーホールにはどうやって行くのですか?」
「練習して、練習して、さらに練習してください」

生涯をかけてカーネギーの舞台に上がる。
音楽業界に生きる人であれば、それがどれほどすごいことかを知っている。

銀座男声合唱団が、ピアニスト西川悟平氏を特別ゲストに招いて、
カーネギーのザッケンホールでリサイタルを開催した。
ホリデーシーズンを前にした日曜日の午後。
600名を収容する中ホールは、彼らを応援する人々でいっぱいになった。

アメリカンポップ、ミュージカルソング、ジャズなど、
親しみやすいナンバーの構成に、心がだんだん温まる。
癌で他界されたお父様の遺志を継いでカーネギーに立った団員が、
「歌うたいのバラッド」の後に、観客席の彼女にプロポーズ。
サプライズの企画も大成功して、舞台は盛り上がる。

最後は西川氏のピアノ演奏に誰もが魅了され、
スタンディングオベーションで舞台の幕が閉じた。

日本から来た合唱団が、こんな風に暖かく迎え入れられたこと。
裏方の御苦労を知るほどに、それがとても稀少であることを痛感。

一緒に行った子供たちが唯一発したリクエストは、
「アンコールは「We are the world.」を英語で歌いたかったね」

近い将来また、皆で世界を繋げる企画をしていきたい。
子供たちと一緒に、北風の吹くミッドタウンを後にした。

写真 2018-11-18 22 55 30

©️Gohei Nishikawa

Pianist Rubinstein was asked by tourist who lost his way.
"Pardon me sir, but how do I get to Carnegie Hall ?"
"Practice, practice, and practice."

People take a lifetime of practice to get to the stage of Carnegie Hall.
If you live in the music industry, you know how great it is.

The Ginza Male Chorus Group held a recital at Carnegie's Zackenhall that invited Mr. Gohei Nishikawa, a pianist, as a special guest.
It was on Sunday afternoon before the holiday season.
The middle hall, capacity of seating 600 people, was filled with people who cheered them.

American pops, musical songs, jazz etc,
The mind gradually got warm by the composition of friendly music.
One member who stood the stage of Carnegie, inheriting the will of the father who passed away with cancer, asked his girlfriend who was in the audience seat to get marry, after " The ballad of musician."
The surprise propose plan was also a great success, the stage was exciting.

At the end, everyone was fascinated by Mr. Nishikawa's piano performance,
The curtain of the stage closed with a standing ovation.

The choir coming from Japan was warmly welcomed like this.
To the extent that I knew the struggle behind it, I was keenly aware that it was very rare.

My kids who went to see them, said the one request.
" I wanted to sing" We are the world.” In English as Encore."

In the near future Also, we would like to make a plan to connect the world together.
We left for home from Midtown in the cold weather.

写真 2018-11-19 8 36 58

©️Gohei Nishikawa


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-11-27 17 10 23


日本で最も古い歴史を持つ有田焼メーカーと日本酒の酒蔵。
佐賀県を代表する2つのブランドが、ニューヨークでコラボする。
舞台に選ばれたMIFUNEは、フレンチと和食を融合した料理を提供する。

イベントの総括依頼が来たのは、時期的にはかなり遅いタイミング。
サンクスギビング明けの火曜日に開催することだけが、すでに決定していた。
最も集客が難しいと言われる時期、どうやってゲストを集めよう。

第一関門は、数百枚に及ぶお皿の選択と搬送。
瑠璃色のクラシックなデザインから、白磁の新商品に加えて、
展示用の高価な花器や、撮影用のカップ&ソーサーなど。
莫大な送料をかけてでも、ニューヨークに届けたいという熱い想い。

打ち合わせの山場は、料理と日本酒のペアリング。
MIFUNEの充実した料理に、SAKE DISCOVERIESの精鋭が呼応する。
7品の料理とデザート、数種の小菓子を、10数種のお皿で提供。
天吹酒造の日本酒5種類を、7通りの飲み方でサーブすることが決定した。

これほど豪華な内容のイベントに、集客の手応えが感じられず、
そこから裏方の猛ダッシュが始まった。
これだけ大きなブランドでも、ニューヨーカーを響かせる何かが必要だと。

想いがようやく届いた頃には、イベントの当日になっていた。
朝の花の仕入れから、直前までの資料直しと会場設営。
ゲスト御来場の数分前まで、最後の打ち合わせ。

乾杯が始まると、時間との勝負だけになる。
イベント中にヘルスデパートメントの抜き打ち検査。
前代未聞のアクシデント発生にも、現場スタッフの呼吸がなんとか整って、
ゲストをお待たせすることなく、フィナーレまで駆け抜けた。

美しい花が活けられた艶やかな花器と、料理の個性を引き出すお皿たち。
それらに魅了されたゲストから、商品購入を希望する声が多数出て、
最後のレジが締まったのは、深夜2時をまわった頃。

香蘭社と天吹酒造の長い歴史に、新たな1ページが加わった。
お越しくださった皆様の顔を思い出しながら、大きな反響に感謝した夜。
心はすでに、次の企画を想い描いている。

写真 2018-11-28 9 11 31 (1)

「かぼちゃのスープ」+「天吹・吟の紅衣(ぎんのくれない)」にマリーゴールドの花びらを散らせて。
花言葉「幸せを運ぶ」胡蝶蘭のカップ。
写真 2018-11-28 22 26 22

「アミューズブッシュ」は青・白・イングレーズ の桜を文様化したお皿で提供。
写真 2018-11-28 22 26 43

「ブリの刺身」+「天吹・生酛純米大吟醸」
椿・水仙・桜・牡丹・菊・欄の花をあしらった丸紋が配された瑠璃色の深鉢。
写真 2018-11-28 22 26 49

「ブリしゃぶしゃぶ」+「天吹・生酛純米大吟醸」ぬる燗
ポン酢を入れた器は、縁起の良い吉祥文様入り。
写真 2018-11-28 21 31 40

「インゲンとホウレン草のピュレ」+「天吹・純米吟醸・ひまわり酵母」
「ポルチーニ茸のフラン」+「天吹・山廃純米・マリーゴールド酵母」
香蘭社オリジナル釉薬で作られた美しい光沢の椀。
写真 2018-11-28 22 27 42

「チキンフォアグラ」+「天吹・山廃純米・マリーゴールド酵母」ぬる燗
蘭の一種・カトレアを配した白磁は、モダンで人気の新シリーズ。
写真 2018-11-28 22 27 31

ぬる燗に胡椒を加えて、日本酒の新しい味わい方をお楽しみいただきました。
江戸時代に尾形光琳が描いた六曲一双屏風・群鶴図をモチーフにした盃。
写真 2018-11-28 22 27 50

「トリュフのリゾット」を入れた器は、イベント後の御購入が一番多かった人気商品。写真 2018-11-28 9 46 45

「洋梨のソルベ・ヨーグルトムース」+「天吹・純米吟醸・いちご酵母」にバーボン酒「Maker’s Mark」をブレンドして御提供。
写真 2018-11-28 22 28 13

「愁海棠」(シュウカイドウ / ベゴニアの仲間)をあしらったお皿に小菓子をのせて。
すべてハンドペイントで描かれたこのシリーズは、今回イベントで使用した中で最も高価なお皿でした。
写真 2018-11-28 9 11 39

盃の入っていた木箱を利用して「プチフルール」を。

写真 2018-11-28 23 59 26


There are Arita – porcelain maker with 300 years old history in Japan and the brewery of Japanese sake brewery.
Two brands representing Saga Prefecture collaborated in New York.
MIFUNE, was chosen as a stage, offers dishes that combine French and Japanese cuisine.

The request to direct the event came to me, it was a very late timing in terms of time.
Only thing to hold on Thursday of Thanksgiving had already been decided.
At the time when it is said that the most difficult to collect customers, how can we gather guests?

The first barrier was the selection and transport of hundreds of tableware.
The classic design of the sky blue color, the white magnetic new product,
Expensive flower vases for exhibiting, and cups & saucers for photo-shooting , etc.
They had a big passion that they wanted to deliver them to New York, even with a huge shipping cost.

Meeting highlight was a pairing of cuisine and sake.
The skill of SAKE DISCOVERIES exquisite responded to MIFUNE' s fulfilling cuisine.
We will serve seven menu, desserts, and several kinds of sweets using more than 10 kinds of plates.
We decided to serve five kinds of sake made by Amabuki-shuzo with seven different drinking methods.

The event of so much luxurious content, but we could not feel the response of attracting customers,
From there we push to collect the guests in dash.
Even with these big brands, something that made New Yorker resonate was necessary.

When the time our feelings reached to people finally, it was the day of the event.
We had many things to do, from stocking of flowers in the morning, remade of materials up to just before, and setting up the venue.
Last meeting was held a few minutes before guest visit.

Once the event started, it was only a match against time.
Suddenly we had unannounced inspection of NYC health department during the event.
Even in the unprecedented accident occurrence, breath of the on-site staff managed somehow,
Without keeping guests waiting, we ran through to the finale.

There were glossy flower vases for beautiful flowers, and dishes that bring out the character of cuisine.
A lot of voices wishing to purchase goods appeared from the guests fascinated by them,
It was around 2 o'clock in the mid-night when the last cash register closed.

A new page has been added to the long history of Koran-sha and Amabuki-shuzo.
It was a special night we thanked for a big response of everyone who came.
My mind already dreams upon the next project.

写真 2018-11-28 23 59 34

写真 2018-11-27 16 36 42

写真 2018-11-27 16 36 53

写真 2018-11-28 23 59 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-28 9 14 10 (1)

写真 2018-12-03 17 46 43


写真 2018-11-28 8 12 44

写真 2018-11-27 14 31 26

写真 2018-11-20 8 29 18


Next
写真 2018-10-20 17 11 39

写真 2018-10-20 17 11 18


今から40年前にスーツケース1つでニューヨークに渡ってきた御夫妻が、
日本の包丁や食器を世界に広めようと、ビジネスを始めた。
時代のニーズと御夫妻のお人柄が相重なって、
今や米国の飲食業界で「KORIN」の名前を知らない人はいない。

「KORIN」ショウルームの2階では、度々イベントが開催されている。
2万人の顧客リストに頼ることもなく、イベントは毎回大盛況。
マニアは限定商品を入手するために、早朝から列をなす。

「酔心」と「KORIN」のコラボ商品のプロモーションにも、、
多くのファンが会場に集まっていた。
最前列にはアメリカ人のシェフたちが陣取り、
魚のさばき方や包丁の研ぎ方などを熱心に録画、そして質問していた。

すべての歴史は、小さな一歩から始まる。

写真 2018-10-20 16 33 31

写真 2018-10-20 16 33 33


The couple who came to New York 40 years ago with one suitcase, started business to spread Japanese kitchen knife and tableware to the world.
The needs of the times and the couple 's personality overlap,
Everybody knows the name of "KORIN" in the American food and drink industry now.

On the second floor of the "KORIN" showroom, events are frequently held.
Without relying on 20,000 customer lists, the event has a great success every time.
Mania gets a row from early morning in order to obtain limited items.

Promotion of collaboration products of "Suisin" and "KORIN",
Many fans were gathering at the venue.
In the front row American chefs came,
He recorded vigorously how to cut the fish and how to sharpen the kitchen knife, and asked questions.

All history starts with a small step.

写真 2018-10-20 15 49 55

写真 2018-10-20 15 53 15

写真 2018-10-22 15 22 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-20 16 13 58

写真 2018-10-20 16 16 02

写真 2018-10-22 15 11 37


Next
祖母は佐賀県で生まれ、大病院の娘という恵まれた環境に育った。
ところが両親が流行り病で亡くなり、一家離散という運命に。
養子に出された祖母の苦労は、一言では語り尽くせない。

鹿児島で育った祖母は、その後戦争未亡人となり、
残された三人の娘を、疎開先の東京で育てることになる。
三姉妹の子供たちは「女も働く家庭」の中で、まとめて一緒に育てられた。
次原一族の私たちが、今でも兄弟同然の関係にあるのは、
幼い頃からの苦労を、共にしてきた「血は水よりも濃い」繋がりがあるから。

一昨年より、祖母の故郷・佐賀県を応援するイベントに関わるようになった。
その時の御縁もあって、今回のイベント企画の依頼をお受けした。
日本の伝統技術を世界に伝えることは、ここにいるから出来ること。
こんな素晴らしい企画に関わることができて、感謝でいっぱい。

皆様のお越しを、お待ちしております。

【有田焼x日本酒と料理のペアリングイベント】
◎日時 : 2018年11月27日(火) 5:30pm〜/8:00pm〜(完全入れ替え制)
◎場所 : MIFUNE New York / 245 East 44th Street
◎お一人様 150ドル (料理7品+日本酒5種+ギフト2種)
◎RSVP : 212-986-2800 もしくはOpen Table予約サイトにて。

写真 2018-11-20 19 43 36


My grandmother was born in Saga Prefecture and grew up in a privileged environment called a daughter of a big hospital.
However, her parents died of an ill, and she was raised by step-parents.
The hardship of their adopted grandmother cannot speak in a single word.

My grandmother who grew up in Kagoshima then became a war widow,
she raised up the three remaining daughters in the evacuated destination in Tokyo.
Three sisters' children were brought up together since our mothers were working.
We, Tshugihara family, are still in a relationship like real brothers as "Blood is thicker than water."
Because we had same hardships from when we were childhood.

Since last year, I came to be involved in an event supporting my grandmother's hometown, Saga prefecture.
There was also the edge of that time, and we accepted the request for this event planning.
To communicate Japanese traditional technology to the world is here because we are here.
I'm full of appreciation that I was able to be involved in such a wonderful project.

We look forward to welcoming everyone.

【Arita Porcelain x Japanese Sake @ MIFUNE New York】
◎Date : November 27th (Tuesday) 5:00pm〜 / 8:00pm〜
◎Venue: MIFUNE New York / 245 East 44th Street
◎$150/per person (7 Course Menu + 5 Japanese Sake + 2 Gift)
◎RSVP : 212-986-2800 or “Open Table “Website

写真 2018-11-25 9 08 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-12 16 07 27
Next
ニューヨーク到着日から分刻みのスケジュールをこなす友人夫妻。
クイックディナーを済ませた後に、ホテルで休まれるかなと思いきや、
「ぜひ一緒に行きたい」ということで、急遽ウェストビレッジに連行した。

トシ・カプチーノ氏のキャバレーショーは、毎回ショーの演出が異なる。
大好評だった「昭和の歌謡ショー」からたった1ヶ月。
この短い期間で新しいショーの組み立てをやり抜くパワーに感動。
今回は「スター誕生」というタイトルで、笑いと涙と感動の嵐。

私が以前からトシさんを天才だと思う理由のひとつに、
英語の曲を見事に和訳する、そのセンスが素晴らしいことにある。
映画「グレーティストショーマン」で大ヒットした「This is me」を、
あんなに見事に日本語に変換して歌う人を見たことがない。
(以前に聴いたシンディーローパーの「True Colors」和訳も最高だった。)

故郷のお母様を想う「ピンクのポーチ」に涙した観衆も多く、
友人夫妻とは、翌日までトシさんの話題で盛り上がった。

彼の光るセンスが、ニューヨークで磨かれていることに間違いはなく、
日本人アーティストがこうして日米で活躍されていることを誇りに思う。
来年はどんなトシ旋風を巻き起こしてくれるのか。
ニューヨーク在住サポーターも、その快進撃に大注目している。

写真 2018-11-14 21 49 14

写真 2018-11-14 22 14 17

写真 2018-11-14 22 38 11

写真 2018-11-14 23 06 41


I met my friend, Mr. Takumi Yamazaki and his wife, who had hard schedule from the arrival date of New York.
After finishing the quick dinner, I thought that they wanted to have rest at the hotel.
But we hurried to West Village since they said they want to go with me.

Toshi Cappuccino's cabaret shows are directed differently each time.
He had another show just one month ago.
I was impressed by the power to overcome the assembly of the new show in this short period.
This time is the title "Star's Birth", the venue was surrounded with laughter and tears and impression.

One of the reasons I think Toshi is a genius for a long time,
his sense, to translate English songs spectacularly, is wonderful.
He sang "This is me" which was a big hit in the movie "The greatest showman".
I have never seen who singing such lyrics by translating to Japanese beautifully.
(Cindy Roper's 'True Colors' I heard before was also the best translation.)

Many audiences were impressed for song of "Pink Porch", that reminds of mothers.
Toshi's topic rallied up among my friends until the next day.

There is no doubt that his gleaming sense is being raised in New York.
I am proud that Japanese artists are active in Japan and the United States like this.
We look forward Toshi's new activities next year.
Supporters who live in New York also are paying attention to his advances.

Toshi's "This is me."

写真 2018-11-15 7 57 23



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-15 10 44 34

写真 2018-11-21 11 56 40


Next
写真 2018-10-13 16 01 03


ニューヨークでは、いつもどこかでアートイベントが開催されている。
衣替えと同じ感覚で、自宅のインテリアも季節ごとに変える感覚。
人々は常に新しいアートとの出会いを待ち受けている。

展示諸経費を支払ってでも、ここでの展示会に出展する意義は大きい。
新しいレストラン開設準備の買い付けにまわるユダヤ人富豪や、
友人の新築祝いに贈るアートを探しているロシアのお嬢様。
横を歩いている人が、自分とあまりにステージが違うことに驚きながらも、
日々またアート探しが楽しい今日この頃。

一層寒くなってきたニューヨーク。
でもビルの内側は、こんなに熱気が溢れている。

写真 2018-10-13 16 01 14

写真 2018-10-13 16 48 59

写真 2018-10-13 16 49 06

写真 2018-10-13 16 49 32


We always see art events held somewhere in New York.
With the same feeling as changing clothes, people have the sense of changing the interior of home every season.
People are always awaiting encounters with new art.

Even if you pay expenses for the exhibition, it is highly significant to exhibit at the exhibition here.
I met a Jewish rich man who went around buying a new restaurant opening preparation,
and Russian lady looking for art to give to a friend's new construction celebration.
While the person walking sideways is surprised that the stage is too different from myself,
I enjoy to look for art every day.

New York has become getting colder.
But the inside of the building is full of enthusiasm.

写真 2018-10-13 16 49 44

写真 2018-10-13 16 49 58

写真 2018-10-13 16 50 01

写真 2018-10-13 16 50 07



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-13 16 07 40

写真 2018-10-13 16 32 01

Next
写真 2018-11-08 17 08 29


福島県で300年の歴史を誇る大堀相馬焼は、二重構造の特徴でも有名。
東北大震災で壊滅的被害を受け、7年の歳月が流れた今春、
松永窯4代目・松永武士氏より御連絡をいただいた。

毎年NYで開催される「311追悼式典」でスピーチをされた時に出会い、
いつかNYデビューの際には応援するからという約束を覚えていてくださった。

「ここからできる震災復興支援」
必ずや素敵なイベントにしようと、仲間探しからその企画は始まった。

まずは、予算とお店の都合で、会場選びに苦労した。
足を使って、たくさんのシェフに説明したけれど、
最低営業補償額を提示されるたびに凹んだ。

SAKAMAIの秋山シェフが、イベントの趣旨に賛同してくださった時に、
まず第一段階はクリアーだった。
スタッフが皆あたたかくて、心強い仲間が出来たことに勇気付けられた。

集客当初の手応えが悪かったのは、きっと私の文面の拙さから、
イベントの趣旨をきちんと伝えきれなかった責任があった。
超零細企業の私たちには、足を使ってのドブ板営業しかできないから、
会費以上の価値ある機会だということを説明してまわった。

結果、当初25席限定の予定が、当日は32席まで増席するほどの大賑わい。
冷たい雨の降る11月、平日にも関わらず会場には熱気が溢れていた。

外側は同じで内側の構造が異なる3種類の杯「IKKON」。
温度や口当たりで、同じ日本酒を違った風合いでお楽しみいただいたり、
新鮮な刺身と純米酒には「ストレート」、
塩気の多い料理と大吟醸酒に似合う「ナロー」、
本醸造と肉料理には旨味を引き出す「ラウンド」をお勧めしたりもした。

熱心にメモを取るメディアの方々、新しい出会いを楽しむゲストの方々。
大切な時間を使ってお越しくださった一人一人に、
少しでも幸せな時間を共有できたという連帯感を持ち帰っていただきたい。
そのことだけに集中して、時間が流れていった。

大堀相馬焼の看板を背負って世界に挑戦していく日本の若き侍を、
これからもどうか見守っていてください。
応援してくださっているすべての方々へ、感謝をこめて。

写真 2018-11-08 17 16 59


SAKAMAIの秋山シェフ、カレン、ケン、そしてスタッフの皆さん。
映像チームの丸山さん、RVDケンダル、ターボ翻訳の美和さん、
そして4代目武士君。また一緒にやりましょう。

写真 2018-11-08 17 19 23


Obori Soma Pottery, which boasts 300 years of history in Fukushima Prefecture, is famous for its double structure characteristics.
Seven years have passed since the Tohoku earthquake disaster catastrophically damaged,
Mr. Matsunaga Pottery 4th generation, Mr. Takeshi Matsunaga, contacted me this spring.

We met when he attended at "311 Memorial Ceremony" held in NY every year,
we remembered our promise that I will cheer for his NY debut someday.

"Earthquake disaster reconstruction support that can be done from here"
We started looking for team members to make the project a nice event.

Firstly, due to the budget and the convenience of the restaurant, I had difficulty in selecting the venue.
I explained to many chefs with face to face.
It was depressed whenever minimum offer compensation amount was offered.

When Mr. Akiyama, the chef of Sakamai restaurant, agreed with the purpose of the event, the first step was clear.
All the staff were warm and encouraged me.

The reason for the poor response at the beginning of attracting customers was certainly due to the unclearness of my writing,
I blamed myself for not being able to tell the purpose of the event properly.
We could only do business in face to face as a micro company.
We explained that it would a worthwhile opportunity than party fee.

As a result, the schedule limited to 25 seats at the beginning, it was full of bustle enough to seat up to 32 seats on the day.
In cold rainy November, despite weekdays the venue was full of enthusiasm.

Three types of cups "IKKON" with the same outside and different inside structure.
By temperature and touch feeling of edge of glass, you enjoy the same sake in different feeling.
His recommendation is the follows;
"Straight" for fresh sashimi and Junmai sake,
"Narrow" which matches salty meals and Dai-Ginjo sake,
"Round" to bring out the taste for Jojo sake and Umami of meat .

There are media people who enthusiastically took notes, and people who enjoyed new encounters.
To each person who came by using an important time,
I wanted to bring back a sense of solidarity that we could share a happy time even a little.
Focusing on that alone, time went through.

For a young Japanese samurai who will challenges the world with the signboard of Ohori Soma Pottery,
Please encourage us to keep on watching from now on.
Thank you to all the people who are cheering him.

写真 2018-11-08 17 10 23


Special thanks for Mr. Akiyama, Ms.Karen, Mr. Ken, all SAKAMAI team staff,
Mr. Maruyama from Top Spin Creative Corp, Ms.Kendall from RVD, Ms. Miwa, and Mr. Matsunaga.
We shall work together at the another event in next year.

写真 2018-11-08 18 04 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-07 13 21 34

写真 2018-11-08 17 11 21

写真 2018-11-06 16 11 22


Next
写真 2018-11-07 16 50 49


「身体に美味しく美しい料理を」という杉本佳子さん主宰のお料理会。
今回は日本酒に合ったお料理を御提供されるということで、
自称「日本酒好き」もしくは「食べることが好き」な女性陣が集まった。

「各自一本ずつの日本酒を持ち寄り」というお達しに、ずらっと並んだ11種。
ニューヨーク在住の方がこうやって平易に持ち寄れるということは、
それだけ日本酒がニューヨークで流通しているということ。

地元で採れた新鮮な食材を駆使して、日本酒に合う料理を作る。
料理というのは、いかにもクリエイティブな作業だから。

時間と食材、そして美味しいと言って食べてくれる人がいること。
料理の王道は、そこから始まるのだとつくづく思う。

写真 2018-11-07 16 49 30


Cooking party presided over by Ms. Yoshiko Sugimoto supplies "Delicious and beautiful food for the body".
This time she was offering cuisine suitable for Japanese sake,
Women who self-named "Japanese sake lover" or "Eater" gathered.

By her suggestion of "Bring a bottle of Japanese sake", eleven bottles were lined up there.
The fact that people living in New York bring it like this easily,
That means that sake is distributed in New York as much.

She presented ten dishes for sake by making use of the locally harvested fresh ingredients.
Cooking is such a creative task.

If you have time, food, and someone who can eat yours saying it is delicious,
I think that the royal road of cooking starts from there.

写真 2018-10-30 22 19 33



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-10-27 18 56 32


父の実家は、大阪でメリヤス工場を営んでいる。
明治生まれの祖母が、まだ現役でミシンを踏んでいた頃に、
彼女が大切にしていた糸切りバサミを譲ってくれた。
「ハサミだけは、よう切れんとあかん」
祖母が他界した今でも、いまでも形見として私の側にある。

今ではアパレル企業のほとんどが、その下請けを海外に託している。
何度窮地に陥っても、実家の工場が会社を畳まないのは、
きっと日本人にしかできない手先の仕事があるからだと思う。

******

「ファストファッションはなぜ安い?」
弁護士・伊藤和子先生の御著書には、ユニクロをはじめとした
ファストファッションの下請け工場の労働実態が赤裸々に記されている。

バングラデシュやカンボジアの工場で何が起こっているのか。
劣悪な環境の中で低賃金の長時間労働を強いられる自国民に対し、
国政府として何も対処ができないという不甲斐なさ。

ファストファッションに限らず、高級ブランドでも同様の問題があるし、
アパレル業界に限らず、日本国内で働く技能実習生の実態は酷い。

近年、人々が口にする「エシカル消費」とは、
人と社会環境、地球のことを考えて作られた商品を消費することだけれど、
消費者側としては、より安く、より良い品質の物を購入したいのが当然。
だからこそせめて、自分の手元に届くまでのストーリーを知ってほしい。

伊藤先生の想いが胸に響く、意義深い講演だった。

写真 2018-10-27 18 56 25


My father's family home runs a knitting factory in Osaka.
When my grandmother born in Meiji period was still active and stepping on a sewing machine,
She gave me a small scissors she valued.
"I can work well if I have good scissors. "
Even now my grandmother passed away, I have still that scissors at my side as a memento.

Most of apparel companies now have their subcontractors overseas.
No matter how many times my father's home fall into trouble, the factory will not close the company,
I think that it is because there are jobs that can only be done by Japanese people.

******

"Why is fast fashion cheap?"
In the book of the lawyer Kazuko Ito,
The labor situation of a subcontract factory of Fast Fashion, including UNIQLO and others, was told.

What is going on in the factories in Bangladesh and Cambodia?
For those who are forced to work long hours with low wages in a poor environment,
It is inequality that nothing can be dealt with as a national government.

Not limited to fast fashion, even luxury brands have similar problems,
Not limited to the apparel industry, the actual condition of technical interns working in Japan is severe.

In recent years, people say to think about "Ethical consumption".
It is to consume products made by thinking about people and social environment and the earth.
As a consumer, it is natural that you want to purchase cheaper and better quality items.
That's why we want you should know the story of the products until you reach your hand.

It was a meaningful lecture that Ms. Ito's thought echoed in my heart.

写真 2018-10-27 20 07 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-06 14 15 33
Next
写真 2018-10-25 19 06 08

写真 2018-10-25 19 11 19

写真 2018-10-25 19 11 33



「世界中に氾濫する深刻な人権侵害をなくすこと」
そのテーマは、遠い世界のことのように感じるかもしれないけれど、
誰もが日常的に体感しうる、セクハラ、パワハラ、モラハラ。
すべての人権侵害に対して、真っ直ぐに戦っていくのが、
伊藤和子弁護士を中心とした「ヒューマンライツ・ナウ」の役割。

先月、ニューヨーク支部のローンチパーティーが開催された。
ミッドタウンのWe Workパーティールームに集まった面々は、
ありとあらゆる業界からの男女総勢80名近く。

伊藤弁護士と、彼女を支える有能なスタッフが勢揃い。
ここから救われる命、救われる人権が、たくさん生まれることを期待して、
私も微力ながら、この活動をサポートできればと願っている。

写真 2018-10-25 19 07 25


"Eliminate serious human rights violations that are flooding the world"
Although the subject may feel like that of a distant world,
they work for every issue that everyone can experience on a daily basis, such like sexual harassment, power harassment, and moral harassment and so on.
Fighting straight against all human rights violations is the role of 'Human Rights Now' founded by lawyers Kazuko Ito.

Last month, a launch party at the New York branch was held.
The people who gathered at the party space of "We Work" in Midtown, is about 80 people from all sorts of industries.

There has competent staff to support Lawyers Ito.
I hope that lives saved from here, human rights to be saved will be born a lot.
I am hoping that I will be able to support this activity even though it is micro powerful.

写真 2018-10-25 19 09 28

写真 2018-10-25 19 35 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-25 18 59 38

Next
写真 2018-10-15 19 37 43

写真 2018-10-15 19 47 42


黒部エリさん、石田多叡子さん、シェリーめぐみさん、古市裕子さん。
ニューヨーク在住日系人の重鎮ともいえる女性4人組が、
素敵な企画を立ち上げた。

ニューヨークで活躍する様々なジャンルの方々に、
その苦労話やサクセス術を語っていただく機会を提供し、
参加者がインスパイアされるようなトークショーを企画運営するというもの。

第2回目のゲストは、オペラ歌手の田村麻子さん。
NYタイムズに「輝く声」と賞賛されたその実力はお墨付き。
輝かしい実績の裏にある、幼少時代の苦労や努力話を辿りながら、
彼女の魅力は天性とも言えるその陽気な内面にあるのだと改めて思う。

オペラで大事なのは筋力で、歌唱力はその後についてくること。
一様なテクニックを身につけた後、ようやく出てくるのが個性。
目の奥を開き、丹田で発声する。
アスリートさながらの武勇伝に、会場に笑いが巻き起こる。

生まれながらにして歌姫の素質を持っていたとしても、
その才能を開花させたのは、御本人の努力の賜物。
そして、世界に挑戦していく勇気は、日本人みなの憧れ。

ニューヨークには、あっと驚くような才能を持っている人がたくさんいるから。
世界で活躍する方々の素顔を垣間見せてくれる「Inspire Talk NY」。
今後の企画がますます楽しみ。

写真 2018-10-15 20 38 58

写真 2018-10-15 20 39 15


The members are Eri Kurobe, Taeko Ishida, Megumi Shelley, and Yuko Furuichi.
Four women who can be said to be leaders of Nikkei living in New York, launched a new event team.

They provide opportunities to tell about their hardships and successes by various people of active genres in New York.
The purpose is that they plan and manage its talk show where participants can be inspired.

The second guest was Mr. Asako Tamura, an opera singer.
Her ability was praised as "shining voice" by the NY Times.
While tracing the hardships and efforts of childhood, behind the brilliant achievements,
I think that her charm lies in her cheerful inner side which can be said to be her ability.

What is important in opera is muscular strength, singing skills follow up afterwards.
After acquiring uniform technique, the personality finally comes out.
Open the back of your eyes and utter at the center of body, called Tanden.
The guest at the venue laughed her story because she was as if an athlete.

Even if she was born and had the quality of a diva,
It is the gift of her own efforts that bloomed that talent.
And her courage to challenge the world, is the admiration of all Japanese.

There are many people in New York that have amazing talent.
"Inspire Talk NY" glimpses the true face of people active in the world.
I am looking forward to next plans in the near future.

44930811_564960577332721_6789816285308911616_o

©︎Inspire Talk NY


海外永住 ブログランキングへ "

44901158_564961177332661_3734926667525652480_o


写真 2018-10-27 17 43 09


Next
17039090_1346423275418515_8374500743643968586_o


福島県には、江戸時代から350年の歴史を刻む大堀相馬焼という特産品がある。
二重構造という特殊な手法で作られた陶器は、一定の温度を保つ優れもの。
その特徴ある湯呑みを手に取ったことがある日本人も、少なくないだろう。

300年の歴史を持つ松永窯の4代目・松永武士氏は、
幼い頃からのトラウマもあり、窯元の継承には興味がなかった。
学生時代に中国とカンボジアで起業し、その目は海外だけに向いていた。

ところが、2011年東北大震災の被害で、当時25あった窯元が壊滅。
300年の歴史を持つ松永窯も、放射線汚染区域から追い出され、
新しい土地に移って再興か廃業するかの選択を迫られていた。

4代目松永氏は、海外を経験して学ぶことがたくさんあったからこそ、
故郷の福島に戻って、相馬焼の再興に努める決心をした。
海外の視野をもつ彼だからこそ、出来ることがあるはずだと。

毎年ニューヨークで開催される「TOGETHER FOR 311 追悼式典」で、
4代目松永氏は、復興にかける思いを粛々と話した。
いつか彼が再興の道を開いて、世界に羽ばたいて欲しいと
エールを送ったニューヨーカーも多かったに違いない。

震災から7年が経過した現在、大堀相馬焼は10軒の窯元が再建を果たした。
受注がうなぎ登りに増えて、今ではその生産が追いつかないほど。
松永窯も「IKKON」という新しい発想の商品を開発して、
日本とアジアを中心に、海外でも高い評価を得るようになった。

来月には「IKKON」のニューヨークデビューが実現する。
あの時、皆さんの前でスピーチした青年が、ニューヨークに帰ってくることを、
ぜひたくさんの人に知って欲しいから。

11月6日(火)夜、IKKON BAR@New Yorkイベントを開催。
「今、ここで出来る震災復興支援」
一緒にエールを送ってくださる皆様のお越しをお待ちしております。

IKKON BAR @ New York 詳細はこちら。

17038912_1346455568748619_8627305673108660865_o

17157656_1346489242078585_1424708759861462047_o

17097781_1346476955413147_8700185601740859477_o


In Fukushima Prefecture, there is a special product called Obori Soma-yaki which engraves the history of 350 years since the Edo period.
Pottery made by a special method called double structure is excellent to keep constant temperature.
There might are many Japanese who have used the characteristic cups.

Mr. Takeshi Matsunaga, 4th generation of Matsunaga pottery with 300 years of history,
There was also a trauma from a young age, he was not interested in inheriting his family business.
When he started a business in China and Cambodia in his age of students, his heart was suitable only for overseas.

However, due to the 2011 Tohoku great earthquake damage, the 25 pottery factories were then devastated.
Matsunaga pottery, which has 300 years of history, was also kicked out of the radiation contaminated area,
they were forced to choose whether to move to a new land and rebuild or go out of business.

Mr. Matsunaga 4th generation, because there were many things to learn by experiencing overseas,
he returned to his home town Fukushima and decided to try to restore Soma pottery.
It is because he is from overseas perspective that there should be something that can be done.

At the "TOGETHER FOR 311 Memorial Ceremony" held in New York every year,
Mr. Matsunaga 4th generation talked seriously about the thought to be reconstructed.
There must have been a lot of New Yorkers who sent Yale that he will open the way for revival and want him to debut to the world someday.

Today, seven years have passed since the earthquake disaster, Obori Soma pottery was rebuilt by 10 factories.
The order has increased to climb, and now it cannot catch up with its production.
Matsunaga pottery has also developed a new idea called "IKKON"
It began to gain high appraisal abroad, especially in Japan and Asia.

Next month IKKON's New York debut will come true.
We would like to let many people know by all means, that a young person who made a speech in front of you went back to New York.

We will hold the event of IKKON BAR @ New York on November 6 (Tue) night.
"Now, the earthquake disaster reconstruction support that we can do here"
Please come to join to support us.

Please click here to see the link, IKKON BAR @ New York.

44102233_1106914929456994_4749412554319593472_n



海外永住 ブログランキングへ "

17039132_1346423182085191_6674213722084430920_o

17097495_1346477075413135_9133997224312309172_o


*Photos ©️"TOGETHER FOR 311" & "IKKON"



Next
難病を患った一人の主婦が、立ち上げたアートプロジェクト。
2013年に他界した稲盛紀子さんの遺志を継いで、公演を続けるグループが
ニューヨーク公演にやってきた。

初めてのアートに触れる時、私はなるべく予習をしない。
先入観なく、まっさらな気持ちでどう感じるかを、大事にしたいから。

911をテーマにした「Firefighters」という芝居は、
正直言って、あまりに胸が苦しかった。
ニューヨーカーにとって、身近過ぎるテーマ。

この題材を日本人が演じることに、違和感があったのかもしれない。
個人のレベル差が大きい英語セリフで、全体のテーマが霞んでしまう。
日本語で真っ直ぐに演じた上で、字幕テロップが流れたら、
もっと、伝えたいことが、伝わるのかもしれない。

後半の和太鼓や、音楽劇は、純粋に楽しむことができた。
今回が初披露目という「UNIFICATION」も、
大人数で迎えるフィナーレも、「市民の力」を感じるパワーが溢れていた。

プロ集団ですら、ニューヨークで公演することは困難極まりないのに、
ほぼボランティアで運営されている100名以上のグループが、
こうして海を越えて活動されていることは、本当に誇らしい。

「愛と平和」を唱えることに、国境はない。
今自分が出来ることは何だろうかと、会場に足を運んだ皆が考えただろう。
考える機会をもたらすことが、何よりの成果だから。

IAPG(稲盛アート・プロジェクト・グループ)の益々の御発展を、
海を越えて、応援していこう。

稲盛アートプロジェクトグループ

写真 2018-10-05 15 36 49

写真 2018-10-05 15 56 26


IAPG is an art project launched by a housewife who suffered from an intractable disease.
A group that will continue the performance with the will of Noriko Inamori who passed away in 2013,
They came to the city for their New York performances.

When I touch the first art, I do not prepare as much as possible.
Because I want to cherish how I feel with a feeling of fullness without prejudice.

The theme of "Firefighters" with the theme of 911,
To be honest, my heart was too painful.
For New Yorkers, a theme is too familiar.

Perhaps there was sense of incongruity in Japanese people acting on this subject.
In English speech with large individual level difference, the whole theme gets hazy.
Along with playing in Japanese, if subtitle flows,
More, the things they want to convey may be transmitted.

In the latter half Japanese drum and music drama made us enjoy purely.
"UNIFICATION" was the first public presentation.
At the finale that greeted with a large number of people.
The power to feel "the power of citizens" was overflowing.

Even a professional group is not so easy to perform in New York,
This group are operated almost by volunteers, with more than 100 members.
It is truly proud that being active abroad in this way.

There is no border to advocating "love and peace."
Everyone who went to the venue would have thought about what I could do now.
It might the theme that was to bring opportunities to think.

IAPG (Inamori Art Project Group) 's increasingly advanced development,
Beyond the sea, we will support them.

写真 2018-10-05 16 28 08

写真 2018-10-05 16 28 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-05 16 35 28

写真 2018-10-05 16 44 09
Next
写真 2018-10-07 16 55 01


ミステリオは、世界の子供たちを人形で繋げている。
コットンで作られた白い人形に、自由に絵を描く。
世界に届けられた人形は、シリアル番号で追跡ができる。
子供たちは、そこから夢を繋ぐ。

ミステリオ主宰の寺尾のぞみさんが一声あげると、
ニューヨークからたくさんの女性が集まってくる。
しかも、一人一人が皆とてつもなく優秀で、
どこにこんな人材が潜んでいたのだろうと不思議に思う。

いや、その逆かもしれない。
在住歴こそ長くなったけれど、日頃、水面下で生きている私は、
こんな華やかな世界があることにさえ、気付けていないのだ。
たまに呼吸をしに出てくると、新鮮な驚きだらけ。

我こそは主役だと、自分のアピールに余念がない人。
誰かのことを、陰からそっと支える仕事をしている人。
とにかくみんな、ここで生き抜いている精鋭たちだから。

こんな優秀な人を輩出している祖国、日本はやはり素晴らしい。
そして、この仲間を牽引しているのぞみさんこそ、
最強のニューヨーカーだ。

そして私は今、次に自分が何をやるべきかを考えている。
たくさんの、日の当たらない所にいる人達を繋ぐこと。
子供たち世代を育むプロジェクト、いざ出陣。

写真 2018-10-13 9 53 10


Msterio connects children in the world by dolls.
Children draw a picture freely on a white doll made of cotton.
Dolls delivered to the world can be tracked by serial number.
Children connect their dreams from there.

When Ms. Nozomi Terao presided over of Msterio raises a voice,
Many women who live in New York come together.
Moreover, each and every one of them is outstandingly excellent,
I wonder where the human resources were hidden.

No, it may be the opposite.
Although I lived in New York for a long time, I live under the water,
I have not even noticed that there is such a gorgeous world.
When coming out to occasionally breathe, fresh surprises are full.

There is one who appeal herself as a hero.
There is one who works gently to support someone from the shade.
Anyway, everyone else is the elite that survives here.

My home country which produces such an excellent person, Japan is still wonderful.
And Nozomi, who is driving this group,
She is the strongest New Yorker.

And I now think about what I should do next.
Connecting people who are not shined by sun.
A project to nurture children's generation.
Now is the time when we should start.

写真 2018-10-13 10 26 33

写真 2018-10-13 9 49 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-13 10 45 45

Next
写真 2018-09-25 22 08 49


「キャバレーショー」の歴史は、19世紀末のフランスにさかのぼる。
第1号は有名なパリの「ムーラン・ルージュ」で、
社会風刺を含んだ歌や寸劇を見せる業態であったから、
ホステスらが接客し、ダンスも踊れる日本の「キャバレー」定義とは異なる。

ニューヨーク在住日系人で、トシ・カプチーノ氏を知らない人はいない。
舞台芸術評論家、キャバレー・シンガー、タレント、プロデューサー、
演劇評論家、ドラマ・デスク賞の日本人審査員。

トシさんが「キャバレーショーをやるから観に来てね」と言い出したのは、
今から何年ぐらい前だったろうか。

毎回テーマを変えて、いろんな歌や踊りを見せてくれることと、
在米の長い「日系人の大御所陣」に再会できるという楽しみもあって、
機会があると、友人と連れ立って観劇にお伺いしている。

今回のタイトルは、「夜のチョットスタジオ 〜ザ・昭和歌謡〜」。
古き良き時代の、日本の昭和の名曲、約50曲を惜しげなく披露。
途中、ゲストを舞台に上げて、一緒にコーラスを歌わせてみたり、
「スター誕生」で合格した際の裏話をお披露目してみたり。
その舞台まわしと、抜群の歌唱力はあっぱれだった。

昭和40年代以降のザ・タイガースから西城秀樹までというから、
私達より少し上の世代がターゲットだったのかもしれないけれど、
誰でも楽しめる会場との一体感が「キャバレーショー」の醍醐味。
次回は是非とも、山口百恵からジャニーズまでをリクエストしてみたい。

季節の風物詩がまたひとつ終わって、2018年の終盤が近づいている。

写真 2018-09-25 21 46 31

写真 2018-09-25 21 46 33


The history of "Cabaret Show" dates back to France at the end of the 19th century.
The first venue was the famous Parisian "Moulin Rouge".
It was a business style that shows songs and skits including social satire.
It is different from the Japanese "cabaret" definition that hostess attends, and people can dance.

Japanese people living in New York, everyone knows Toshi Cappuccino.
Performing art critic, Cabaret Singer, Talent, Producer,
a Japanese judge of the drama desk prize.

I remember many years ago when Mr. Toshi said "I'm going to hold a cabaret show, so come and see it.".
He is changing the theme every time, showing various songs and dances.
There is also enjoyment that we can reunite with Japanese old friends who have lived in the US long time.
When I have the opportunity, I go to a theater with my friend.

The title of this time was "Chot Studio at night - The Showa Kayo ~".
In good old days, he showcased about 50 songs of Japanese Showa familiarly and generously.
On the way, he raised the guests to the stage, let them sing the chorus together.
He showed off the back story when he was on the TV show in Japan in his young age.
His stage turning and outstanding singing ability were wonderful.

Since the Showa 40s and later from The Tigers to Hideki Saijo,
Perhaps the generation a bit above us was the target.
The sense of unity with the venue where anyone can enjoy was the real pleasure of the "cabaret show".
Next time I would like to request from Momoe Yamaguchi to Johnny's by all means.

The end of the year of 2018 is approaching after the end of the seasonal tradition.

写真 2018-09-25 22 32 31

写真 2018-09-25 22 32 38

写真 2018-09-25 22 33 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-25 23 31 37 (1)

Next
写真 2018-09-17 17 05 37


ニュージーランドの先住民マオリ族の言葉で
「水面に映る月光」を意味する「ワイマラマ」。

1988年、北島・ホークスベイに広がる葡萄畑で、
ボルドースタイルを目指したワイン造りが開始された。

1998年に現在のオーナー会社が参入して、
フランス人の知恵と経験に、日本人の感性が加わった。

2018年、20周年及びスーパーヴィンテージのお披露目レセプションを、
ワインの聖地ニューヨークで開催したいという企画が持ち込まれ、
今年の春先から準備が始まった。

オーナー会社とPR会社を、ニューヨーク現地と繋ぐのが私の役割。
現地での店舗視察、東京での打ち合わせ、レストランとの交渉、
招待客の手配、備品の制作、物流の管理。
数え切れないほどのプロセスが、各担当者にきっちり振り分けられていく。

ニューヨークで最も予約の取りにくいフレンチレストラン。
ミシュラン3つ星を持つ「パーセ」での開催を決めた時、周囲は驚いた。
完成されたメニューを持つ名店舗が、すべての持ち込みワインに合わせて
料理を作ってくれるわけはないだろうと。
ウェルカムのロゼワインを除き、前菜からチーズまで、赤ワイン5種が続く。
それぞれのワインに合わせて、形状の違うグラスを準備して欲しい。

たくさんのリクエストを抱えて、本番2週間前に最後の試食会。
5時間半に及ぶ試食と討論、ワインと料理のマリアージュを吟味する。
微妙なリタッチをしながら、シェフが完璧な料理を組み立ててくださった。
「こんな前例はない」と言いながらも、担当者がずっと寄り添ってくれた。
その背景では、以前の同僚でもあるフランス人の友人がしっかり見守っていてくれた。
この時点で、イベントの半分以上は成功したと思えた。

リーデルジャパンから空輸されたワイングラスが届かなかったり、
お客様にお渡しするギフトセットの中身がしっかり揃わなかったり。
前日まで、ドキドキハラハラの展開。
その度に、イベント慣れしているPR会社の仕切りが本当にありがたく、
このチームメンバーでやってこれたことを心底感謝した。

始まってしまえば、本番はあっという間。
オーナーはじめ関係者の皆様、何よりゲストの皆様の幸せそうな笑顔が、
これまでの苦労を全部洗い流してくれた。
普段、私一人で出来ることはとても小さいけれど、
日米という国境を超えて大きなイベントを開催できたことがとても誇らしい。

走り回った当日は空腹で倒れそうだったけれど、
空きっ腹で飲んだお疲れ様のシャンペンが、心地よい達成感を運んできてくれた。

またこのチームで御一緒したいと切に思う。
聖地ニューヨークで華々しいデビューを飾ったワイマラマワインに乾杯。

写真 2018-09-17 18 35 37

写真 2018-09-17 19 37 09

写真 2018-09-17 21 36 37


In the native Maori language of New Zealand,
the word "Weimarama" means "moonlight on the water".

In 1988, a vineyard spreading to North Island · Hawkes Bay,
Wine making aimed at Bordeaux style started.

The current owner company joined in 1998.
Japanese sensibility was added to French wisdom and experience.

In 2018, as the reception of 20th anniversary and the super vintage announcement,
A plan to hold at the sacred place of wine in New York was brought in.
Preparation began in the early spring of this year.

My role was to connect owners and PR companies to the local New York.
Research of restaurants, meetings in Tokyo, negotiations with restaurants,
Arrangement of invited guests, production of equipment, management of logistics.
Numerous processes were sorted out exactly for each person in charge.

The most popular French restaurant in New York.
When we decided to hold in "Per Se" with Michelin 3 stars, the surroundings were surprised.
A historical restaurant with a completed menu, the chef probably will not make dishes according to all the wine we brought in.
Except for the welcome rosé wine, there were five red wines from appetizer to cheese.
We asked them to prepare different wine glasses according to each wine.

Holding lots of requests, we had the last tasting before two weeks on the day.
Examination of tasting and discussion over five and a half hours, we thought the pairing of wine and dishes.
While delicately retouching, the chef arranged the perfect dishes.
Despite saying "There is no such precedent", the person in charge supported me all the time.
In that background, my former colleague French friend was watching firmly.
At this point, it seemed that more than half of the events were successful.

It was just before two days when the wineglass which was air-borne from Riedel Japan and the contents of the gift set we deliver to the customer were received.
Until the day before, we were little nervous.

Every time, I was grateful for the working of the staff of PR company that were getting used to the event.
I was very happy for working with this team member.

Once the event started, the actual time passed so fast.
Everyone's happy smile including the owner, the participants, and guests made us to forget all of our hardships.
Usually I cannot do big thing only by myself,
I was very proud that I could hold a big event beyond the borders of Japan and the US.

On the day we ran around, I was almost going to collapse with hunger.
The champagne of the cheers we got into the vacant belly brought a comfortable sense of accomplishment.

I would love to join this team again.
We are very proud of the Waimarama wine which decorated a spectacular debut in the sacred ground New York.

写真 2018-09-29 11 45 29



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-29 11 41 27

写真 2018-09-18 0 50 42


Next
写真 2018-09-21 20 58 37

写真 2018-09-21 21 27 02


JAL機内食BEDDでも有名なシェフ山田チカラ氏。
今年はニューヨーク、ハワイ、バルセロナと、新店舗の開業が続く。
世界中に拠点が広がると、シェフ本人が現場に立つ機会が激減するから、
シェフの出勤に合わせて、ファンは集中的にその期間に予約を入れる。

ニューヨーク店舗にシェフが立ち寄れるのは、3ヶ月に一度のペース。
そのタイミングで、いろんなイベントが企画される。
9月、ファッションウィーク後の4日間、
日本酒とシェフの創作料理のコラボイベントが開催された。

シェフの定番メニューとも言える料理の数々に、
日替わりで異なる酒蔵から提供された日本酒を合わせていただく。
懐石料理の習わしを聞きながら、大人の時間が過ぎて行く。
最後のお抹茶と和菓子は中庭で。

摩天楼の向こうに、小さな月明かりが見えた。

写真 2018-09-22 8 09 15


Chef Chikara Yamada is also famous for BEDD of JAL In-flight meal.
His opening of a new restaurant will continue this year with New York, Hawaii and Barcelona.
As bases spread around the world, the opportunity for the chef himself to stand on site is drastically reduced.
In line with the chef's attendance, fans intensively make reservations during that period.

A chef comes to a New York restaurant at a once every three months.
At that timing, various events are planned.
After the fashion week in September,
A collaboration event of sake and chef's creative dishes was held for four days.

To many chef's classic menu,
they will combine Japanese sake offered by different Sake-producer on a daily basis.
While listening to the explanation of Kaiseki cuisine, adult time goes by.
The last green tea and Japanese sweets were served in the courtyard.

Beyond the skyscraper, there was a small moonlight.

写真 2018-09-21 21 13 05

写真 2018-09-21 21 27 29

写真 2018-09-21 21 41 43

写真 2018-09-21 21 48 15

写真 2018-09-21 22 25 57

写真 2018-09-21 22 49 55

写真 2018-09-21 23 13 20



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-22 0 30 19

Next
半年前にリサーチを開始してから、すでに半年。
日本からクライアントチームが渡米されて、
現地との最後の調整に入る。

どこまでも裏方を見せないのが、かっこいいのかもしれない。
現地側には、こんなに注文の多いイベントは初めてだと嘆かれ、
日本側には、なぜこんなこともできないのかと注文される。

結果オーライになれば、それで良い。
皆の笑顔が待ち遠しい。

本番までの、カウントダウンが始まった。

写真 2018-09-11 6 28 41


It's been half a year since we started research six months ago.
A client team from Japan came to the USA,
We did the final adjustment with the locals.

Perhaps it is cool that no backstage is showed.
On the local side, they say this ordered event is the first time.
The Japanese side asks why such a thing cannot be done either.

Hope everything done well.
Hope everyone's smile.

A countdown has started, up to the actual day.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-08-27 21 28 14


8年前のBB KING公演にも行った。
日本でミリオンセラーの実力者が、すぐ目の前で歌ってくれる、
ライブハウスのような距離感が、Ken’s Barの魅力。

今夏のツアーは、ソニーホールで開催された。
日本からのファンクラブメンバーでVIP席は占拠されていて、
地元ニューヨーカーは立ち見するしかないという事実。

それでも、平井堅氏の高音が、たまらなく好き。
せつない歌詞に、何度も胸が締め付けられる。

一緒に行った友人の連れが、少し呆れて言う。
「彼に魅了される女性陣の幸せそうな笑顔を見ているのが楽しかったよ」

心に届く音楽は、人を幸せにする。
それが最高の褒め言葉。

写真 2018-08-27 20 08 15


I also went to BB KING performance eight years ago.
Million seller 's musician in Japan sang right in front of us,
Distance feeling like a live house was the charm of Ken's Bar.

This summer tour was held at New York Sony Hall.
As VIP seats were occupied by his fan club members from Japan,
Local New Yorkers had to stand there.

Still, I love Ken Hirai's treble unbearably.
Too painful lyrics, my heart was shook many times.

A friend of a friend who went with me said a little amazedly.
"It was fun to watch the happy smile of the female fascinated by him."

Music that reached the heart made people happy.
That was the best praise.

写真 2018-08-28 12 35 52



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-08-29 07.34.22

©︎Websiteより
Next
イベントというのは、打ち合わせ段階でほとんどが決まる。
当日に向けて、何度も何度も呼吸合わせをする。

多分それは、仲間の人となりを知るための時間であり、
彼らと一緒にやっていくパッションを生み出す時間でもある。

主役になる人は、そこに気付かないこともある。
お膳立てされた舞台の上で、自分の表現だけして帰って行くことが多い。

でも、そこで育まれたチームワークは、永遠に繋がっていく。
本番まで秒読み段階に入り、緊張感のある打ち合わせが続く。

「ありがとう」という言葉があれば、すべて報われる。

写真 2018-08-14 15 36 50


The success of the events are mostly decided at the meeting stage.
We try to meet and discuss over and over again and again before the event.

Perhaps it is the time to know the people of a group,
It is also time to create passion to work with them.

People who become the protagonists sometimes do not notice there.
They often go home only after expressing themselves on the stage.

But teamwork raised there will be connected forever.
Entering the countdown phase until the actual stage, meetings with a feeling of tension continue.

If we have the word "thank you", we will be happy at all.

写真 2018-07-09 12 13 37



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-06-28 18 49 10

写真 2018-06-28 18 50 58

写真 2018-06-28 18 52 09


東京浅草の仲見世通りにある老舗の玩具屋「助六」のコレクションが
ニューヨークの日本クラブで展示されいる。

江戸の庶民の暮らしや風情、風流を伝えるミニチュアコレクションは、
まさに日本の職人芸ともいえる、精巧な作りにため息が出る。
幼少時代は、これらを模倣したプラモデルでよく遊んだけれど、
それらの原型がここから来ていることを思うと、感慨深い。

展示会の初日には、助六店主によるレクチャーとレセプションが開催され、
多くのニューヨーカーが集まった。

同クラブの常連会員が、無料レセプションの食事に群がる姿に辟易して、
早々に会場を後にしてしまったけれど、
廃れゆく江戸の文化を、このような形で海外に伝えることは意義深い。

7月末まで開催の展示会、心の癒しにぜひ。

「江戸からの豆おもちゃ展」

写真 2018-06-28 18 50 25

写真 2018-06-28 18 50 42

写真 2018-06-28 18 51 12


A collection of well-established toy shops "Sukeroku", located on Nakamise Street in Tokyo Asakusa, is exhibited at the Japan Club in New York.

A miniature collection that conveys the lives, taste, and culture of the people of Edo,
The sophisticated skill of Japanese craftsmanship are amazing.
I used to play with a plastic model that imitated them in my childhood days,
I was deeply impressed thinking that these prototypes came from here.

On the first day of the exhibition, a lecture and a reception by Sukeroku shopkeeper were held,
Many New Yorkers gathered.

We were little frustrated that the regular members of Japan Club gathered for the free reception meal.
Although we left the venue early,
It was meaningful to tell overseas the culture of Edo in this way.

Please visit the exhibition held until the end of July, for your mind healing.

写真 2018-06-28 18 50 13

写真 2018-06-28 18 50 52

写真 2018-06-28 18 51 36

写真 2018-06-28 18 53 03

写真 2018-06-28 18 53 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-30 18 58 26

写真 2018-06-30 18 58 30





Next
写真 2018-03-20 20 20 16


コットンで出来た人形に、それぞれが顔や洋服を描き込んでいく。
完成した手作り人形で、世界の子どもたちを繋ぐ。
そんな素敵な活動をしている「ミステリオ」が主催。

フリーマーケットやガレージセールとは全く趣旨が違い、
自宅で眠っている洋服や雑貨を持ち寄って、
いわゆる「物々交換」を行なうというのが第一義の目的。
参加者は任意の寄付金を支払って、あとは自由に会場内を回る。

なかにはタグが付いたままの新品や、贈答品セットもあるけれど、
「我が家では不要な物も、他の誰かの役に立つかもしれない」
参加者全員が、そんな気持ちで集まっているところが素晴らしい。
そこに利益を求めていないからこそ、多くの人が賛同する。

かつて駐在者のムービングセールに連れて行かれた時、
「こんな物まで売ろうとしているのか?」と驚いたことがあった。
引っ越し代まで会社に出してもらえる駐在者が
利益に執着している姿に、心が苦しくなった。

新品、新古品に関わらず、
処分するくらいなら、無償で誰かの役に立って欲しい。
そんな想いを共にする仲間が自然と集う機会。
エコロジー本来の意味を改めて考える、非常に意義深いイベントだった。

会場に残った品々は、そのまま世界の子供団体に寄付されます。

写真 2018-06-16 15 46 55


Each one draws face and clothes into a doll made of cotton.
Completed handmade dolls, connect the children of the world.
"Msterio" that is doing such a wonderful activity organized this event.

The purpose was completely different from flea market or garage sale,
Bring clothes sleeping at home and miscellaneous goods,
the primary purpose was doing so-called "barter trade".
Participants paid an arbitrary donation, and then freely went round the venue.

Inside there were new goods with tags attached and gifts sets,
"In unnecessary things at home, it may be useful for someone else."
It was wonderful that all the participants gathered in such feelings.
Many people agreed because it was not seeking profits there.

When I was taken to a "moving sale" of a Japanese expat family,
I was surprised that they sold everything by taking money.
Though they can get the "moving expense" from the company,
I was shocked that they stuck the egoistic benefit at all.

Regardless of new and old-stocked items,
We would like someone to use it for free without disposing it.
An opportunities for fellows who shared such feelings to gather with nature.
It was a very meaningful event to think again about the original meaning of ecology.

写真 2018-06-16 15 47 18


The items left in the venue will be donated to the world's children's organization as it is.

海外永住 ブログランキングへ "
Next
1969年、ゲイの溜まり場だった「ストーンウォール・イン」を、
警察が一斉検挙した折に、ゲイのコミュニティが反対運動を遂行。
その時のデモ行進が、現在のプライドパレードの発祥となる。

すべての人が、より自分らしく、誇りを持って生きること。
LGBTQへの理解を深めることを目的として、
この時期、街をあげて、たくさんのイベントが行われる。

人権会議、映画祭、クルージング、屋外ヨガ、ミュージカル。
6色レインボーの旗やミニグッズを掲げての活動に、
街中が、賞賛の喝采やエールを送り続ける。

クライマックスのパレードでは、大手企業の参加が目立ち、
LGBTQを理解するという理念が、企業宣伝ツールにもなることが分かる。

次男の卒業式では「This is me.」を全員で歌っていたけれど、
「自分らしくあることに誇りを持とう」という精神が、
この国を支えているのだと、つくづく思う。

写真 2018-06-17 16 37 24

©︎Sam Given

In 1969, As the police arrested all at once at "Stonewall Inn" which was a gathering place
of gay people, the gay community carried out the opposite activities.
The demonstration march then becomes the origin of the present Pride Parade.

All people should live more confidence and pridefully.
For the purpose of deepening the understanding of LGBTQ,
During this period, a lot of events will be held in the city.

Human Rights Conference, Film Festival, Cruising, Outdoor Yoga, Musical.
To people who were raising banner and mini goods of rainbow colors,
The city continues to send acclaimed applause and ale.

In the climax, the participation to Pride Parade of major companies is prominent,
You can see that the idea of understanding LGBTQ also serves as a company propaganda tool.

In the second son's graduation ceremony, "This is me." was sung by all.
I think that the spirit of "take pride in being yourself" supports this country.

36063276_10155812177352545_4419812962978496512_n

©️Pride Week


海外永住 ブログランキングへ "


Next
写真 2018-06-11 19 07 47


私はずっと以前から、黒部エリさんの文章が大好きで、
初めてお会いした時には、いたく感動した。
聡明で愉快で豪快な文章を書かれるその裏側にある、
ガラス細工のように繊細な内面とのギャップが、また魅力的だったから。

文章で伝えることをなりわいとしている方が、その書き方を伝授する機会。
会場は100名を超えるエリさんのファンで埋め尽くされていた。

誰しも発信ができる世の中だからこそ、文章の優劣が明確になる。
秀逸な表現を学ぶためには、小説を読むこと。
ビジネス書を読んでいても、文章力の向上は望めない。
リズム、息継ぎを大事にしながら、言葉をスタイリングする。

たくさんの秘策を惜しみなく解き明かす講義は、笑いもいっぱい。
でも結局のところ、良書を読み、書き続けないとダメなのだと。

日本語の美しさ、表現の奥深さは、神様からの贈り物。
たくさんの人に触れ、心に触れ、言葉に触れ、そして着こなすこと。
自分らしく、自分の言葉で伝えることを、諦めないでいたい。

写真 2018-06-11 19 15 10


I have loved the text of Eri Kurobe from long ago,
I was deeply impressed when I first met her.
Her gap, written behind the brilliant, pleasant and amazing sentences,
with delicate inside like glasswork was also attractive.

Eri had held the seminar event to teach how to write you tell the sentences in writing.
The hall was filled with more than 100 fans of hers.

Because everyone can send out in the internet, the superiority or inferiority of the sentence
becomes clear.
In order to learn excellent expression, reading novels.
Even reading business books, we cannot hope to improve writing skills.
While breathing, styling the words.

A lecture to unlock and reveal lots of secrets generously, there were lots of laughter as well.
But, after all, you have to read good books, or you cannot write good sentences.

The beauty of Japanese, the depth of expression is a gift from God.
Touch a lot of people, touch the heart, touch words, and style them.
I will never give up to tell in my own words.

写真 2018-06-11 19 23 05

写真 2018-06-11 19 24 31

写真 2018-06-11 19 42 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 17 02 49

Next
2009年、かっこちゃんの元同僚・宮田俊哉さんが脳幹出血で倒れた。
生命をつかさどる脳幹機能を失い、瞳孔が開いたままで、
3日以内に亡くなるか、一生植物人間状態になると宣告された。

奇跡的に命を取りとめた宮田さんの壮絶な闘病生活が始まる。
どこまでも献身的に、どこまでも人間の可能性を信じて、
宮田さんを支え続けるかっこちゃんと仲間たちの愛。

それから9年、宮田さんは車椅子のまま一人暮らしをされている。
特別な意思伝達装置を使って「僕のうしろに道はできる」と語る。

「絶対に大丈夫だ」と確信して向き合い続けてきたかっこちゃんの姿に、
私はまだまだ自分の頑張りが足りないと猛省した。

「先日、とある病気の赤ちゃんのママに、美香ちゃんの本をプレゼントしたの。
勇気をもらったと、とても喜んでくれたのよ」
一年ぶりの再会に開口一番で、こんなことを伝えてくださったかっこちゃん。

私は、まだまだ足りない。
かっこちゃんのように、もっと伝えられる人になるために、
自分のミッションを、改めて考えている。

かっこちゃんとお話しして、次の目標が見えてきたから、
夏はかっこちゃんに会いに、彼女の住む街まで行ってみよう。

かっこちゃん率いる「白雪姫プロジェクト」こちらをクリック。

写真 2018-05-19 12 04 16


In 2009, a former colleague of Kakko, Mr. Toshiya Miyata, collapsed with brainstem bleeding.
He lost the brainstem function responsible for life, his pupil had been opened.
He was sentenced to death within 3 days or to become a plant human state for the rest of his life.

Mr. Miyata was alive miraculously, and devastated fighting life began.
Continually devoted, believing in the possibility of human beings,
There was love of Kakko and his supporters.

Nine years later, Mr. Miyata is living alone using a wheelchair.
He says " The path can be make behind me.", through a special communication device.

By the figure of Kakko who has been confronted with confidence that "He is absolutely okay"
I was re-noticed that my hard work still was not enough.

"The other day, I gave Mika's book to a mother of a certain sick baby.
When she got the courage, I was very pleased. "
I met Kakko for the first time in a year, she told me such a thing.

I am still short of effort.
In order to be a more capable person like her,
I am considering my mission again.

I talked with her and I thought my next goal.
Let me go to see her to the town where she lives this summer.

写真 2018-05-26 18 44 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-04-24 19 36 21


一昨年、都内某所で講演をさせていただいたことがあった。
身丈に合わない会場の大きさ、聴講者の数に怖気付いたけれど、
一貫して「生命の尊さ」をテーマとするその企画の意義に共感し、
謹んでその大役をお引き受けした。

私の前年に同じテーマで講演をされたのが、塩沼亮潤氏。
その御縁もあって、ニューヨーク講演を拝聴する機会をいただいた。

「千日回峰行」という厳しい修行を成し遂げた僧侶。
毎年約100日間、16時間かけて48キロの山歩き。
食事は水とオニギリだけ。1日4時間半の睡眠のみ。
激しい栄養失調と幻聴幻覚。

後に続くのは、飲まない、食べない、寝ない、横にならない。
9日間の「四無行」を終えて、「大阿闍梨」を襲名。

厳しい修行の果てに見えた世界は、感謝の気持ちだけ。
ありがとう、ごめんなさい、お願いします。
人としてのコミュニケーションの基本を、世界中で伝え歩く。

ステージの向こうの大阿闍梨はオーラに包まれていたけれど、
バックステージで話されるお茶目な様子も新鮮だった。

感謝すること、それは世界共通の合言葉。

写真 2018-04-24 19 21 45


I had a lecture at a huge venue in Tokyo before.
I was afraid of the size of the venue and the number of audiences that was not fitting my ability.
I consistently agreed with the significance of the project whose theme is "the preciousness of life"
I respectfully accepted the executive role.

Mr. Ryojun Shionuma gave a lecture on the same theme in my previous year.
With that connection, I also had the opportunity to listen to his New York lecture.

He was a monk who accomplished a severe practice of "The 1000 Day Circumambulation".
About 100 days each year, 48 hours of mountain walking over 16 hours.
Only meals were water and onigiri. Sleep only for 4 and a half hours a day.
Violent malnutrition and hallucination hallucinations.

He was not allowed to drink, eat, go to sleep, and lie down.
After finishing the "Shibugyo" for nine days, he was named "Oajyari".

The world that seemed to be at the end of a hard practice was only gratitude.
"Thank you" "I'm sorry" "I beg you."
He communicates the basics of communication to all the world.

Although he was wrapped in an aura on the other side of the stage,
the playfulness that he told in the back stage was also fresh.

To be grateful, it is a worldwide common word.

写真 2018-04-24 19 43 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-24 18 40 23
Next
写真 2018-04-20 21 15 45

写真 2018-04-20 21 14 09


いわゆる芸能人に知り合いがいないわけではないけれど、
日常的にTVを観る習慣がない私は、芸能界のことに本当に疎い。
「E-girls」という存在も、紅白歌合戦の動画を観て、初めて知った。

元「E-girls」リーダー高本彩さんが、ニューヨークで写真展を開催。
アパレルブランド「KOBINAI」吉橋舞さんとのコラボ企画。
それをサポートして欲しいという依頼を受けたのは、
会期のわずか半月前だった。

慌てて地元メディアに告知依頼をして、当日レセプションに駆け付ける。
前日到着したばかりの彼女達が、明け方までかかって設営した会場は、
若さと手作り感がみなぎる、エネルギッシュな空間だった。

忙しいスケジュールの合間に、アートエキスポにも足を運んでくれたり、
タクシーに置き忘れたカメラの捜索に走り回ったり。
何につけても若葉マークの彼女達が初々しい。

アイドルという立ち位置から離れ、次のステージを模索している勇姿。
若きヤマトナデシコの挑戦を、母親の気持ちで見守っている。

写真 2018-04-20 21 15 23

写真 2018-04-20 21 17 08

写真 2018-04-20 21 16 29


Although I have friends, who belong to so-called entertainers,
I have no custom of watching TV on a daily basis, I really do not care about
the entertainment industry.
I knew "E-girls" for the first time when I watched the video of NHK at the end of last year.

Former "E-girls" leader Aya Takamoto hold a photo exhibition in New York.
It was a collaboration plan with apparel brand "KOBINAI" of Mai Yoshihashi.
I was asked to support it through common friend.
It was just half a month ago.

Soon I asked the local media for notification, and rush to the reception on the day.
The venue that the girls who just arrived before the day set up,
It was an energetic space where both youth and handmade feel.

During the busy schedule, they visited us at Art Expo,
they run around searching for a camera that they left behind in a taxi.
For all, situation, their activities looked very fresh to my eyes.

A young woman leaving the standing position of idle and seeking the next stage.
I am watching the young Yamato Nadeshiko's challenge as mother's feelings.

写真 2018-04-21 7 26 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-20 22 17 16

Next
写真 2018-04-05 20 33 25

写真 2018-04-05 19 50 40


アッパーイーストの高級コンドミニアム。
映画のワンシーンに出てくるような空間で、
新鋭女性アーティストの作品を集めた展示会。

南米の風を感じる作品群のキュレーションには、
女性目線を意識した創意工夫が感じられる。
オープニングレセプションには、多くのニューヨーカーが集い、
アートを語る熱いトークで、摩天楼が霞んで見えた。

この時期、アートイベントが目白押し。
街に少しずつ色が加わる、この季節を楽しみたい。

写真 2018-04-05 20 33 03

写真 2018-04-05 20 01 10


At the Upper East luxury condominium,
there is a space that appears in one scene of a movie.
An exhibition that gathers works of new female artists has been held.

For the curation of works that feel the wind of South America,
I could sense ingenuity that considers female eyes.
Many New Yorkers gathered at the opening reception,
by a hot talking about art, the skyscrapers looked hazy.

At this period, we have many art events in New York.
I want to enjoy this season when color gradually adds to the city.

写真 2018-04-05 20 00 56

写真 2018-04-05 20 32 58

写真 2018-04-05 20 32 51

写真 2018-04-05 19 51 31



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-04-15 21 22 58

写真 2018-04-15 21 24 38


4月半ば日曜日の夜、若き侍たちの挑戦を見届けようと、
たくさんのニューヨーカーが集まった。

ミフネを率いるトップシェフ島野雄氏、そしてスーシェフ浦田智裕氏。
迎え撃つのは、世界トップのバーテンダー後閑信吾氏。
国際バーテンダー大会で2度の世界チャンピオンに輝いた実力者。

前菜から始まる10種類の料理それぞれに、ぴったりマッチしたカクテル。
日本酒やワインのペアリングはよくあるけれど、
カクテルがここまで応用の効くお酒だったとは。
会場にいた誰もが舌と鼻を疑うほどの、驚きの連続だっただろう。

シーフードにトマトの酸味が効いたカクテル。
ポテトにはコーラを使わないコーラ風味のカクテル。
鰻フォアグラ御飯にウーロンウォッカ、デザートにはラムコーヒー。
それはカクテルではない、料理を引き立たせる何か別の存在になっていた。

まさに料理とカクテルのラボと化した会場で、
シェフとバーテンダーの駆け引きに、大きな拍手が沸き起こった。

通常業務の合間にイベントを企画準備することの苦労と努力。
いつも裏方を見ているからこそ、彼らの飛躍が誇らしい。

料理とカクテルのペアリングイベント、次回は今秋開催の予定です。

写真 2018-04-15 21 38 09

写真 2018-04-15 22 43 58

写真 2018-04-15 22 16 53


In the night of mid-April Sunday,
Many New Yorkers gathered to try to see the young samurai's challenge.

Mr. Yu Shimano, executive chef of MIFUNE New York, and Mr. Tomohiro Urata
welcomed Mr. Shingo Gokan, the world's top bartender.
He is a skillful person who won twice world championship at the International
Bartender's Competition.

A cocktail that matched perfectly for each of the 10 cuisines starting with an appetizer.
Although pairing of sake and wine is common,
we didn't know that the cocktail had been applied to this far.
It would have been a series of surprises that everyone at the venue suspect
their tongue and nose.

He matched Tomato Shochu to seafood.
Rum and Coke-like cocktail matches potatoes.
Eel and Foie Gras rice with Oolong vodka,
and Rum coffee for dessert.
It was not a cocktail, it had become something else to stand out the dish.

At the venue, which was transformed into a food and cocktail lab,
A big applause blew up on the collaboration between the chef and the bartender.

I know the struggle and efforts to prepare events for planning during normal work.
Because I have been watching their back-stage from the beginning,
I was very proud of their success.

Pairing event of Cuisine and Cocktail, the next time is scheduled to be held this autumn.

写真 2018-04-15 21 27 38

写真 2018-04-15 21 42 59

写真 2018-04-15 21 53 18

写真 2018-04-15 22 07 03

写真 2018-04-15 22 20 03

写真 2018-04-15 22 33 40

写真 2018-04-15 22 52 08

写真 2018-04-15 23 11 57

写真 2018-04-15 23 33 04

写真 2018-04-15 23 44 05



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-15 21 26 28




Next