真夏の祭典 (2)

真夏の祭典 (3)


2015年夏、ニュージャージー州。
8万人収容のメットライフスタジアムに、熱狂的なファン達が集結した。
歓声と大音響で盛り上がる場内は、ナイトクラブ状態。

目の前にいる最前列の人達も、米粒位に見える最上階の人達も、
同じ温度で、同じ空気を、全身で感じていた。

私は一人、未来のデジャブを想い、高揚した。
5年後の夏、世界中の人達が、東京を見ている。

きっと、そこで何かが起こる。

真夏の祭典 (5)

真夏の祭典 (4)


It was summer in 2015, New Jersey State.
The enthusiastic fans were gathered at MetLife Stadium where had
over 80,000 seats.
It was as if the night club, with cheers and loud.

Even people of the front row in front of my eyes, even people of the top
floor, which looks like a grain of rice position,
We were feeling the same temperature and same air in the whole body.

I was uplifting by I thought the future deja vu.
Five years later in summer, people around the world will look at Tokyo.

Surely, something will happen there.

真夏の祭典 (6)

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
デルタ

デルタ(2)


ニューヨークに移り住んで15年以上になるけれど、日常生活の動線となる範囲は
本当に限られている。
マンハッタン近郊であっても、まだまだ行ったことがない所ばかり。

先日、熱狂的な野球ファンでなくても一度はのぞいてみたいといわれる場所に
足を踏み入れる機会をいただいた。
米国の野球場にはいわゆるクラブラウンジというのがあって、
様々な企業が会員制のラウンジを設置運営している。
なかでもヤンキースタジアムの「デルタスカイ360スイート」は、知る人ぞ知る、憧れの空間。
一般客とは別の入り口から入場し、そのまま上層階へのエスカレーターで
ラウンジへと向かう。

年中天候を気にせず観戦を楽しめるそこには、何ともセレブな雰囲気が漂っていた。
ラウンジ名物の寿司バーで握ってくれた「タナカロール」とビールを手に、
内野席まで降りていくこともできる。
室内の大画面で選手の表情を見ながら、フィールドから生の声援が聞こえるのも、
乙な気分が高まる。

なかなか点数の入らないスローなゲームを流し見しながら、
幼少の頃、父に連れられて行った西武球場を思い出していた。
外野席でビールが飲みたいからと、毎年後援会に入って、
帰りは混雑するからと、行きがけに買った切符をなくしては、叱られた。
記憶の断片をかき集めると、言葉にならないノスタルジーに襲われる。

すべての瞬間は、思い出づくりのためにあるのかもしれない。
美化された思い出に頼って、人は生きていくのだと。

デルタ(5)

デルタ(12)

デルタ(4)

デルタ(6)

デルタ(3)


I had lived in New York more than 15 years, but the flow line of daily life is
really limited.
There are many places that I've never been even near in Manhattan.

The other day, I received the opportunity to enter in a location that is said
everyone wants to go to see even if they are not enthusiastic baseball fan
At the baseball field in the United States, there are so-called club lounges.
Various companies operate a membership-based lounge.
“Delta Sky 360 Suite” of the Yankees stadium, people in the know, is space
of longing.
We entered the customer admission from another entrance, and headed to
the lounge by the escalator to the upper floors.

People enjoy the baseball watching without worrying about the weather
year-round there.
There had been drifting downright celebrity atmosphere,
It is also possible to go down to the infield seats, taking the "Tanaka roll" of
the sushi bar and beer.
While watching the players on the big screen in the room, also hearing the
cheers of raw from the field, excited mood is enhanced.

While watching the slow game, I had remembered the Seibu Stadium, where
my father took us in childhood.
We entered the yearly membership because he wanted to drink beer in bleachers.
I was scolded that I lost the return ticket that we bought it before the congestion.
Scraping together the fragments of memory, I was attacked by a nostalgia
that is not in words.

All of the moment, might be for making memories.
People live, relying on beautiful memories.

デルタ(8)

デルタ(11)

デルタ(10)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Wedding Ceremony (5)

Wedding Ceremony (1)


週末のたった1日だけ、突然気温が25度を上回った。
雲ひとつない真っ青な空が、心も晴れやかにしてくれる。

コロンビア大学の教会を借り切って、
本当に親しい人だけを集めた結婚式。

神父もヘアメイクもカメラマンも。
私がいつもお世話になっている人達が、
新郎新婦のために、力を尽くす。

その光景が美しくて、裏方の姿を必死で追った。
陰で支える人がいるからこそ、主役が輝くのだと。

手作りのウェディングケーキが無事届いて、
楽しい宴は夜遅くまで続いた。

こういう人の御縁こそが、一生の宝物。
末永くお幸せに。

Wedding Ceremony (3)

Wedding Ceremony (2)

Wedding Ceremony (6)


Only a single day of the weekend, suddenly temperature exceeded
25 degrees.
Cloudless blue sky made my heart blooming.

Only really close people gathered to the wedding ceremony at the
Church of Columbia University.

A father priest, hair & make-up artist, and a photographer.
My favorite people did a force for bride and groom.

Since that sight was beautiful, I was followed the figure desperately
behind the scenes.
Precisely, the protagonist was shined by the people who supported
behind.

Handmade wedding cake arrived later,
Fun party lasted until late at night.

Such the edge of people is the treasure of life.
Hope your happiness forever.

Wedding Ceremony (7)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Frozen (7)


「フリーズ」という英語を初めて使ったのは、中学生の頃だっただろうか。
「フローズンヨーグルト」とか、電子ゲームのキャラクターが「フリーズ」するとか、
もはや日本語化している単語だけれども、
ただ「寒い」でなくて、「凍るほど、震えるほど、寒い」と表現できたことが、
嬉しかった。

映画「FROZEN」が、放題で「アナと雪の女王」と訳されたと聞いた時は、ちょっと
頭をかしげたけれど、大ヒットの裏側にはいろんな仕掛けがあったのだろう。
当初悪役だったエルサが、ディズニー初のダブルヒロインでで、アナと一緒に
主役になった。
「アナとエルサ」のキャラクターだけに注目するよりも、「FROZEN」の持つ意味を
ちゃんと子供達に教えた方がいいのになぁと思ってしまう。

さて本題。
半年以上前からチケットを購入、楽しみにしていたアイススケートショー。
新装されたニュージャージーネッツ(NBAチーム)の本拠地が、会場丸ごと
ディズニーの世界になっていた。

一緒に行った友人の子供は、アナ役の役者が練習をしているのと同じスケート場に
通っているのだと興奮していた。
オリンピックで入賞する選手を育てるのと同時に、最初からこういう夢を与えるショーを
演じるためにスケートをやっている人もいるのだと、アメリカの奥深さを感じた。

エルサが城の入り口に立って歌う「Let it go!」は、会場中を巻き込んでの大合唱。
夢の世界のアイスショー、いよいよ日本にも来夏上陸の予定とか。

Frozen (2)

Frozen (6)

Frozen (3)


The first time I used the word "freeze" was the days of junior high school
students.
The word of "frozen yogurt" or "freeze" of an electronic game was like
Japanese localization.
But I was happy that I could express in my words just not "cold".

I thought there were a lot of gimmicks on the back of the smash hit, though
I was surprised that I heard that the movie "FROZEN" was translated as
"Anna and The Snow Queen" in Japanese.

Elsa was originally villain, but she became the leading role along with Anna
with Disney's first double heroine.
Only rather than focus on the characters of "Anna and Elsa" , I think it would
good to teach children a decent meaning of the "FROZEN".

Now I back to the main topic.
I went to the ice skating show that I looked forward to going to see it that I
bought a ticket more than six months ago.
The home of the newly renovated New Jersey Nets (NBA team) had become
a whole world of Disney.

The daughter of my friend was excited that she went to the same skating rink
where the actor of Ana had been practiced.
I felt the depth of America that people skated to play a show that gave kid's
dream at the same time as raising the players to win at the Olympics,

When Elsa sang "Let it go !" at the entrance of the castle, she involved the
chorus of all audience of the venue.
I heard that Disney on Ice "FROZEN" would be held next summer in Japan.

Frozen (5)

Frozen (9)

Frozen (10)

Frozen (4)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Perfume (2)

Perfume (3)


日本では4大ドームツアーを行うようなアーティストでも、
米国ニューヨークで公演する時には、10分の1くらいの規模の会場を使用する。
ドームなら米粒程度にしか見えない彼らが、手の届きそうな距離でパフォーマンス
してくれるという機会。
特別なファンでなくとも、ここで日系アーティストのコンサートに行くことは、
米国在住者の醍醐味でもある。

友人から「予習すべき曲」情報を仕入れたものの、当日までじっくり歌詞を覚える
時間がなかったけれど、
公演5分前になっても、まだ会場に収納しきれないほど長蛇の列に並ぶファンの
意気込みに、少しずつ気持ちが盛り上がる。

決して「カメラフリー」とは公言されていないけれども、会場スタッフも黙認のなか、
熱狂的なファンから全世界に実況中継が配信される。
オールスタンディングフロアーには、日本の会場では禁止されているサイリウムを
持って声援を送るファンも多い。

危なっかしいほどたどたどしい英語のMC、シュールな3D映像演出、完璧なまでに
振付を覚えているファン達の動きを見ているだけでも楽しい。

体感気温氷点下になるほど冷え込んだ週末の夜。
ミッドタウンにあるコンサート会場の熱気は、街の空気をほんの少し温めたに違いない。

Perfume (4)

Perfume (6)


When the artists, such as performing four large dome tours in Japan,
perform in the United States New York, they use a small size of the venue.
It might be a good opportunity to see such big artist's performance in reach
distance of hand.
To go to the Japanese artists of the concert here is also a real thrill of US
residents, even without a special fan.

Despite I got the information of "song list to prep" from a friend, but I did not
have time to memorize the lyrics until that day.
But I was getting excited little by little when I saw the enthusiasm of fans lined
up in long lines as they could not be accommodated in the venue, even before
5 minutes of the concert.

A "camera-free" had not been declared, but the live coverage was delivered
to the whole world from enthusiastic fans, in front of the venue staff with
connivance.
On the all-standing floor, many fans cheered them with a CYALUME which
was prohibited in Japan of venue.

I really enjoyed all things such as the MC of childish English, the surreal 3D
video production, and the fans movement who remember the choreography
in perfect.

It was a very chilly night of weekend.
The hot air of the concert venue in the Midtown warmed up the town just a little.

Perfume (5)

Perfume (8)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
067






























この時期、ほぼ毎週末、マンハッタン内のどこかのエリアでストリートフェアが開催されている。
幹線道路が10数ブロックにわたって通行止めになり、交通渋滞の原因にもなるとはいえ、お祭り付きの国民性もあって、フェアはどこでも大盛況。
各ベンダーの出店場所を仕切る組織があって、いつも同じような顔ぶれがそろうのも、日本のそれと同じ。

生憎の小雨が降りしきる週末に開催されたTaste of Tribeca。
トライベッカ地区のストリートフェアだけは、地区組織が主催している。
他と一線を画しているのは、場所代を地区組織が提供する代わりに、出店者は売り上げのすべてをそのまま地区組織に寄付する。
全国区でも有名な、トライベッカを代表するそうそうたるレストランが軒を並べるため、50ドルのチケット(6食分)が飛ぶように売れていく。

欧米中で日本食文化がすっかり定着した昨今だが、その発展に貢献した数々の日系レストランがトライベッカ地区出身。
ここからまた全米へ、世界へ飛躍する日系文化を応援していきたい。

DSC07844






























During this period, almost every weekend, street fair is held in the area
somewhere in Manhattan.
A street fair is to become a cause of traffic congestion that highway
becomes closed to traffic for 10 blocks.
But it always becomes success everywhere because of national character
of festival lover.
There is an organization that divides the store location of each vendor,
similar vendors always come up together as same as that of Japan.

Taste of Tribeca, which was held on the weekend of light rain.
Only the street fair in Tribeca district, district organization is sponsored.
Instead of district organizations to provide a store location, the other
vendors to donate to the district organization as it is all of the sales.
Since the restaurant eminent representing famous in the national
constituency, is lining in the event, the fly $50 ticket (6 servings) was sold
out in a minute.

Recently Japanese food culture has become firmly established in the U.S.
and Europe in these days.
But many Japanese restaurant that contributed to the development to the
world from Tribeca district.
We want to continue to support the Japanese culture that leap to the U.S.
and to the world also from here.

DSC07837
Next
DSC07692
DSC07691
































「出会い運に恵まれている」という友人の言葉を聞いて、「御縁」というものを考えてみた。
出会いと御縁、それらはすべて偶然の積み重ねかもしれない。
でも同時に、それを引き寄せる力は、その人が生み出しているものだと感じることが多い。
彼女の努力やプラス思考は、私にいつも穏やかな刺激を運んでくる。

御縁あって、少しだけお手伝いをしたアパレル店舗がソーホーにオープンした。
空間デザイナー橋本由紀夫氏、照明デザイナー東海林弘靖氏を起用。
抜けるような天井の高さを生かした空間に、南仏をイメージしたファッションが展開する。

近頃のニューヨークでは、オープニングをプロデュースするエージェントが大活躍。
秋冬コレクションを着用したモデル達は、10分に一度くらいポーズを変える以外は微動だにしない。
ドリンクを配るサーバーも、音楽を操るDJも、完璧なまでにかっこいい。
日系アパレルとはいえ、レセプションのゲストは9割以上アメリカ人だったのも印象的だった。

ユニクロに引き続き、ぐっとニューヨーカーの心を掴むことができますように。

DSC07703






























To hear the words of a friend of "I'm always blessed with luck encounter",
I tried to think of what's called "your edge"
Your edge and encounter, they may all coincidences.
But at the same time, I feel that the person has produces the power to
draw it in many cases.
Her positive thinking and efforts, always brings a calm stimulating to me.

An apparel store that I helped just a little bit with my edge, has opened in
Soho.
They appointed space designer Yukio Hashimoto, and a lighting designer
Shoji Hiroyasu.
The fashion reflecting the image of the South French was deployed in the
space with the height of the ceiling.

In New York recently, agents that produce the opening reception are an
outstanding performance.
Model who wore the fall and winter collection, did not move at all, except
to change the pose for once in 10 minutes.
Server to distribute the drink and DJ to manipulate music are cool in
perfect.
I was impressed that the guest at the reception was the American people,
although it was Japanese apparel.

I hope they will win the hearts and minds of New Yorkers, same as the
Uniqlo.

DSC07694
Next
DSC06098

















一年を通して定期的に市場が開かれるユニオンスクウェア・マーケット。
ホリデーシーズンの今は、こんなに華やか。
クリスマスまでカウントダウンとなり、モミの木も少しずつ値下がりしているもよう。

DSC06091
DSC06093

















Union Square Market is open market on a regular basis throughout the year.
Now in the holiday season, it is so gorgeous.
At the counts down to Christmas, the price of fir tree seems to be
discounted little by little.

DSC06087
DSC06088
Next
DSC04709

DSC04708

ニューヨークの街を初めて歩いた頃、まず目についたのが「旗を掲げている建物がやたらに多い」ということだった。
ホテル、デパート、領事館、美術館、図書館、公園、、、。
我が国ニッポンで、国民の祝日に日の丸を掲げる光景は見慣れているが、年間365日を通してアメリカ国旗が掲げられている街に、この国の人がいかに自国を愛し誇りを持っているかを感じてしまう。

周知のとおり、星条旗の赤白の横縞は独立当時の13の入植地をあらわし、左上には現在の50州をあらわす白い星が並んでいる。
赤は勇気、白は真実、青は正義のしるしである。

国旗掲揚は「時計まわりに90度まわして」掲げるというのが国際ルールであるが、星条旗だけは例外で、カントンと呼ばれる白星の部分が常に左上にくるように「時計回りに90度まわしてから裏返す」のが正式な揚げ方である。
日の丸のように前後左右対称な国旗では間違えようがないが、儀典担当者が国際儀礼上でどんなに神経を使っても、合衆国旗の誤掲揚は後を絶たないのだという。

2012年、まもなく開催されるロンドンオリンピックの表彰式で、日の丸が見られることを切望しながら、星条旗が正しく掲揚されることも祈っている。

DSC04705

060

When I was walking the streets of New York for the first time, it was first
attached to my eye that there were a lot of buildings that carried the
banner.
Hotels, Department stores, Consulates, Museums, Libraries, Parks...
We often see the flag listed on national holidays in our country, Japan.
But here, I feel how much people love this country and how they are proud
of the USA when I see the American flag has been raised through 365 days.

As well known, the horizontal stripes of red and white of the American flag
represent the 13 settlements at the time of independence. White stars
lined up in the upper left corner represent the current 50 states.
Red is courage, white is truth, and blue is often a sign of justice.

Hoisting the national flag "by turning 90 degrees clockwise" is the
international rule.
But for the Stars and Stripes is an exception.
It is the formal way, "from Turn 90 degrees clockwise and turn over” so
called Canton, a part of stars, is always put the upper left corner.
There is no such mistake for raising flag, symmetrical like the Japanese
flag.
But I hear that the unending that there happens mistake to raise the US
flag on the international ceremony, no matter how personnel with the
nerves.

There will be held the awards ceremony of the London Olympic Games in
2012, shortly.
While I'm longing to see the Japanese flag "the Rising Sun" praying the US
flag "Stars and Stripes" will be hoisted properly.


012
Next
DSC04591

DSC04599

1776年7月4日にアメリカ独立宣言が交付されて、今年で236年。
昨晩も午後9時半からマンハッタン西側のハドソン川で4万発の花火が打ち上げられ、街中は一気に祝賀ムードに包まれた。

今年は久しぶりに生で花火を見ようと、早い時間から場所取りに出かけたが、溢れるような人混みでごった返し、路上ではとてもカメラを構えるような状況ではない。
打ち上げ花火の轟音が聞こえ出しても、目の前のビルが邪魔して、天空には煙の余韻が広がるのみ。
諦めて自宅に戻ろうかと地下鉄の駅に向かいかけたところ、見ず知らずの人が声をかけてくれた。
「私の家の屋上にいらっしゃい。一緒に独立記念日を祝いましょう」
こんな懐の大きさが、やっぱりアメリカならではだ。

摩天楼を背景に打ち上がる花火は最高に華やかで、このところ沈んでいた私の心に希望の光を灯してくれた。
世界一美しい都会、ニューヨークの街でこんな花火が見られるということに感謝。
アメリカ合衆国、236歳の誕生日おめでとう。

DSC04636

DSC04635

After the Declaration of Independence of the United States has been issued on July 4 in 1776, it has been passed 236 years this year.
There had 40,000 fireworks on the Hudson River at the west of the
Manhattan from 9:30 pm Last night, and the city was wrapped in a festive
mood at once.
We went out to take place from early hours to see the live of the fireworks
this year, but it crowded with such overflowing crowd, was not quite in
such a situation holding the camera on the street.
We could see only the sky with the afterglow of smoke spread, even
hearing the roar of fireworks out, with disturb of the tall buildings in front of us.

When we almost gave up and applied toward the subway station to go back
our home, a total stranger gave us a voice.
"Come to the roof of my apartment. Let's celebrate Independence Day
together”.
This was the thing that I liked America.
Fireworks out against the backdrop of spectacular skyscrapers were so
beautiful.
That gave me the light of hope in my heart, I had been bad mood recently
though.
Thanks to that I saw the fireworks in this city New York, where was the
world's most beautiful city.
Happy Birthday to the United States of America, 236 years old !!

DSC04639

DSC04626

DSC04603

DSC04605

Next
Halloween-1



「東京に木枯らし一号」いうニュースが届いた。
米国はまもなく夏時間から冬時間に切り替わり、ニューヨークには早くも「土曜日に雪」の天気予報マークが登場した。
街の様相も、人々の気持ちも、確実に冬のホリデーシーズンに向けて準備が始まっている。

ハロウィンは、日本でいうお盆のような行事である。
死者の霊が家族を訪ねてくる収穫感謝祭の時、精霊や魔女が家に入ってくるのを防ぐために、さまざまな「魔除け」の趣向を凝らす。
子供達が変装して近所を徘徊する「トリック・オア・トリート」も、カボチャに表情をつけて玄関に飾る「ジャック・オー・ランタン」も、本来は悪い霊を怖がらせるためのものなのだ。
(自分達の御先祖様が自分の家を怖がって入ってこられないのではという懸念を、昔の人は持っていなかったのか、いささか疑問ではあるが。)

各家庭では、数キロのトリート(お菓子)を準備して、まもなく当日を迎える。
ナッツアレルギーの子供達が多くなった昨今、「スニッカーズ」も「M&M’s」もトリート用の籠には入れておけないというのが常識になりつつある。
ハロウィン、サンクスギビング、クリスマス・・・。まだまだ出費が嵩みそうな気配。

Halloween-5


After we heard the news of "First cold wintry wind in Tokyo", the weather
forecast has marked "snow" in New York on this Saturday.
The U.S. will switch from summer to winter time soon.
Both the city and people are starting to prepare for the winter holiday
season, certainly.

Halloween is an event like Japanese Obon.
When the spirits of dead come to visit the family, people set various
"amulet" to prevent wrong dead spirits and witches from entering the
house.
Kids go around the neighborhood for "trick or treat", and we decorate the
pumpkin "jack-o-lantern".
They originally intended to scare the bad spirits.
(I doubt that the old people had concern that the spirits of dead of their
ancestors could not enter into their own homes.)

Each family prepares a few pounds of " treat ", and is ready to celebrate
the day.
Leaving the treat basket without "Snickers" and "M&M's" is becoming
common sense, since there are a nut allergy children recently.

Halloween, Thanksgiving, Christmas .... we have to spend much money in
the holiday season.

Next
DSC02218


またしてもと呆れられそうであるが、彼らがニューヨークに来ると聞いて黙っているわけにはいかなかった。
「万障繰り合わせ」の言葉通り、少々無理をしてスケジュールを調整し、チェルシー地区にあるコンサート会場に駆け付けた。
由緒ある建物を改築したライブハウス、そこはすでに人だかりの山。
とはいっても、日本では考えられないほどの至近距離。

震災後に日本中で流れていたという「何度でも」で、幕が開ける。
トリの「うれしい楽しい大好き」、そしてアンコールの「未来予想図Ⅱ」「LOVE LOVE LOVE」まで、あっという間の2時間だった。
日本のコンサート会場とは違い、凝った仕掛けも何もない「実力勝負」だけの舞台で、愛と魂をこめて堂々と歌い踊る姿に、酔いしれた。

「離れている故郷で大震災が起きて、やりきれない想いでアメリカにいる皆の気持ち、全部受けとめるよ。そのエネルギーを必ず日本に持って帰って伝えるから」
コロンブスがアメリカ大陸に上陸した記念すべき日から500年以上が経って、私は日本の誇りをニューヨークで再び体感することができた。
(北米ツアー最終日(10月10日)は米国の祝日(コロンバスデー)であったが、日本時間の「11日」であったことにも意味があったのだろう。)

彼らのデビュー以来、私はずっとその歌声に励まされてきた。
最愛の人を失った彼女が沈黙の時間を打ち破り、2007年大晦日に紅白歌合戦の舞台に登場した時、音楽がこれほどまでに人の心を救うのかと涙が止まらなかった。
本当の痛みを知っている人だからこそ、人の痛みを癒すことができるのだと思う。
「もっと優しく、もっと強くなるように」神様は試練を与えるのかもしれない。

自分が辛い時こそ、顔を上げて周囲を見渡してみる。
とっても辛いけれど、心にぽっと灯りを点して、自分に何ができるかを考える。
たった1ミリの前進がこんなにも大変なこと、きっと誰もが分かってくれる。
たった1ミリの勇気も、振り返ってみるとすべてが愛おしい自分の歴史になっている。

彼女は歌声だけでなく、自身の生き方そのものが、私達に感動をくれる最高の贈り物。

DSC02219


I could not keep quiet even I heard they come to New York.
I forced to arrange my schedule, and I rushed to the concert venue in
Chelsea, a livehouse renovated from a historic building.
There were already mountains of the crowd, but the stage was close
enough.

The concert began with the " Nandodemo" which flowed in Japan after
the earthquake.
Two hours passed so quick, that finished with "Ureshii Tanoshii Daisuki",
and encore of "Miraiyosouzu Ⅱ" & " LOVE LOVE LOVE. "
Unlike the concert venue in Japan, there are no gimmicks, nothing fancy
on stage.
I really excited their performance with soul love.

"We guess all Japanese people in the U.S. might have something worried
to your family in Japan after the earthquake in March. Tonight, we will
receive your energy of everybody in the U.S. and will get back to your family
and friends in Japan."
More than 500 years after that memorable day Columbus landed in America,
I was able to experience the pride of Japan in New York again.
(The last day of North American tour was held on October 10th, Columbus
day in the U.S., And there are meanings it was day of 11th (Japan time).)

Since their debut, I've always been encouraged by their voice.
When she appeared on the stage of Red and White Singing Contest on
New Year's Eve 2007, she broke the silence time of the lost loved one.
My tears could not stop since I noticed her music saved the human mind so
much.
From what she knows the pain of real people, she can heal the pain.
"More gentle, more strongly so that" God might give the test.

When I have too much something hard, I try to look up to the view of the
surrounding.
It might very hard, but try to put small light in mind, consider what I can
do myself.
The progress in just one millimeter, surely everyone knows that.
Only the courage of one millimeter becomes in the lovely history of mine,
all in retrospect.

Not only her singing but her way of life, always give us the courage for life
as the best gift.

DSC02221
Next
09-25-11(2)


学生時代に米国西海岸に留学した時、当時29歳のホストマザーが幼い娘の
手を引いてSFO空港に迎えに来てくれた。
慣れない米国生活は不安と緊張の連続で、ホストファミリーに隠れて部屋の
隅で涙したことも少なくなかった。
日本の両親に学費を援助してもらった学生生活は、ちっぽけな自身を
再確認しつつ、壮大な米国にいつかもう一度チャレンジしたいという想いを
残して第一章の幕を閉じた。

日本航空での社会人生活は刺激的なことが多すぎて、気が付くとあっという間に
一年が過ぎ去ってしまう、そんな日々だった。
毎日が新鮮だったけれど、会社の肩書がなくなった時に何も残らない自分になる
ことには危機感を抱いていた。

必死に働いて学費を貯めて、20代最後に再渡米を決めた時、「1ドル
いや1セントも無駄にしない学生生活を送ろう」と心に誓った。
自分が貯めたお金だから惜しかったわけではない。
10代の時に私を寛容に米国に送り出してくれた両親に、何か胸を張って
伝えられるものが得られなければ申し訳ないし、不器用な私が感謝の
気持ちを伝えられるのは、心身共に独り立ちした自分の姿を見てもらう
しかないと思ったからだ。

しかし実際は意気揚々といくわけもなく、JFK空港に降り立った時は
不安で一杯だった。
そんな私を空港で待ってくれていたのが平(ひら)朋子ちゃんだった。
ボストンで学生生活を過ごし、ニューヨークで就職したばかりだったのに、
てきぱきと私のスーツケースを荷台に積み込んで左ハンドルを握る横顔は、
逞しさが漂っていた。
私の米国生活第二幕は、クイーンズ区にあった朋子ちゃんのアパートでの
居候生活で始まった。

課題に追われ貧乏学生生活を送る私と、米国で初めて働き出した彼女の
生活パターンはまったく違う弧を描いていたけれど、私はことあるごとに
彼女を呼び出した。
どんな場面でもウィットに富んだ会話をそつなく交わすことが出来る聡明な
彼女だからこそ、私の友人達にもすぐに馴染んでくれて心地よい時間を
共有することができた。

長い友情を温めるには、互いの心地よい距離感をつかむことが大事。
絶え間なく連絡を取り合っている訳ではないけれど、再会した瞬間に
姉妹のように会話を交わせる関係を、私はとても愛している。

そんな彼女がママになるなんて、ちょっと信じられないけれど嬉しい。
「私の妹分」なんて勝手に呼んでいたけれど、たくさんの素敵な友人達に
囲まれて幸せそうに微笑む姿に、手の届かないほど素敵な女性に成長した娘を
見守る母のような心境になってしまったよ。
彼女の支えがなければ、今の私の生活はありえなかった。
いつも心に想い、感謝する次第。

ともちゃん、素敵なママになってね。
そしてこれからも、どうぞよろしく。

DSC02140


When I studied in the U.S. west coast in my teenage, my host mother who
was 29 years old at that time came to the SFO airport to pick me up with
her young daughter.
American life was full of anxiety and tension, my tears sometimes were
dropped hiding from my host family.

My school life in the US started with assist for college tuition by my
parents in Japan , and I recognized tiny myself.
The first chapter ended with a desire to leave the grand challenge to the
U.S. again sometime.

My social life in Japan Airlines was too much exciting, and it had quickly
gone years.
The days were fresh, but I was always in crisis that nothing remains to me
without my title.

I worked hard to save my tuition to study in the US again in my last 20s.
I decided that not to waste only 1 cent in my school life.
My purpose was not only to save my money.
If I could not get anything with confidence, I might be sorry for my parents
who generously sent me out when a teenage.
The only way that I showed gratitude them was I stand up my own both
mentally and physically.

But in fact, I was filled with anxiety when I landed at the JFK airport.
Ms.Tomoko Hira, studied in Boston and had just got a job in New York, welcomed
me waiting at the airport at that time.
She put my suitcases easily to her trunk and drove herself, seemed very
powerful lady.
My second chapter in the US, began as a freeloader living in Tomoko's
apartment in Queens.

I was a poor and busy student, and Tomoko had a totally different life
pattern as new co-worker in the US, but we sometimes met every chance.
She exchanges shrewdly intelligent and witty conversations in any situation,
and able to share a pleasant time with my friends.

The long warm friendship is important to get a pleasant sense of distance
of each other.
We have not always contact constantly, but I'm in love that we have
conversation as if we are sisters at the moment.

I'm very happy that she will be a mom soon.
I called her "my little sister," but when I saw her happy face with her
beautiful friends, I had mom's mind watching my daughter has grown out
of reach to most wonderful woman.
I always thank her that I'm not here now without her support.

I'm sure you would be a great mom, Tomoko.
Good luck to you.
Next