写真 2017-10-12 14 52 18 (1)

写真 2017-10-12 14 52 30 (1)

写真 2017-10-12 14 52 44

写真 2017-10-12 14 52 53 (1)

写真 2017-10-12 14 53 03 (1)


これだけ和食文化が根付いたニューヨークでは、
必然的に、和食器への注目度も高い。

小野哲平氏の作品は、手と心に優しい。
個性的な釉薬使いも、色の残し方も。
美味しく食事を楽しんでほしいという想いが伝わってくる。

ギャラリーで静かに佇むオブジェ達も、
ショップで飛ぶように売れていく日常使いの食器達も。

作家の人柄なのかなと思う。
器との出会いは、豊かな心を連れてくる。

写真 2017-10-12 14 53 10 (2)

写真 2017-10-12 15 07 13


In New York where Japanese cuisine has taken root,
Inevitably, attention to Japanese-style pottery is also high.

Mr. Teppei Ono's work is gentle to the hands and the heart.
Unique glaze use, also how to leave color.
The feeling that he wants us to enjoy delicious meal is transmitted.

We can see his objects at the gallery.
And we can buy his casual series at the shop.

I think that it is a character of an artist.
Encounter with pottery brings a rich heart.

写真 2017-10-12 15 46 55 (1)

写真 2017-10-12 15 47 25 (1)

写真 2017-10-12 15 47 57 (1)



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
かつて、私には絵を描いてくれなかったアーティストがいた。
身内同然の者に買ってもらうのは、惨めだからと。
今は、ニューヨークに飾って欲しいというアーティストがいる。
私自身は何も変わらないつもりでも、季節も人も移ろいゆく。

******

2週間の個展を終えてアーティストが帰国する時、
私は彼女のエネルギーを、手元に置いておきたくなった。

中国古来の伝えで、龍と孔雀は天と地を繋ぐという。
ずっと私を見ていた龍に、これからも守って欲しいと思った。
下地には、京都鴨川神社の砂が埋められている。

自宅のリビングルームに、新たな守り神が加わった。
私はまたアートに救われる。
その力を伝える旅に、ここから歩き出す。

写真 2017-09-30 17 13 43


Once, there was an artist who did not draw a painting when I asked.
He said it was miserable if I bought it, because I was just as an agent.
Now there are artists who ask me to decorate their arts in New York.
Even though I am not going to change anything, the season and people will change.

******

When the artist returned to Japan after finishing her two-weeks solo exhibition,
I wanted to keep her energy at hand.

In ancient China telling, dragons and peacocks connect heaven and earth.
To the dragon who was watching me, I pray to ask to save us.

A new guardian god was added to our living room.
I will be saved by art again.
I will leave on a journey from here to convey that power.
The base of the painting is filled with sand of Kyoto Kamogawa Shrine.

写真 2017-09-29 20 23 59



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-01 17 00 48
Next
写真 2017-09-28 16 57 16 (1)

写真 2017-09-28 17 13 24 (1)

写真 2017-09-28 17 15 55


「覚醒」もしくは「降臨」。
描いている時、ものすごいエネルギーが降りてくる。

素人目にはわからない、何かしらの力を受け取って、
その想いをキャンバスに、吐き出しているのかもしれない。

彼女のニューヨーク個展のために、
ロサンゼルスやトロントから駆けつけてくる来場者。
次回の個展開催の招致に、何度も足を運んできた美術館のキュレーター。

どこからそのエネルギーが舞い降りてくるのか、
少しわかった気がした。

来年の企画が、早くも動き出している。

写真 2017-09-29 15 33 12 (1)


"Awakening" or "Advent".
When an artist draw, tremendous energy comes down.

Though I am not a professional,
It may be spitting out that feeling on a canvas when she receives some power.

For her New York solo exhibition,
Visitors came from New York, Los Angeles and Toronto.
A Curator of the museum had repeatedly attended to ask her to have the next
solo exhibition there.

I felt a little understanding where from her energy came out.

The project of next year has already started.

写真 2017-09-29 15 33 27



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-29 18 33 04

Next
写真 2017-09-21 18 21 00


愛と情熱と魂と。
彼女の作品からは、強烈なエネルギーが放出されている。
龍も孔雀も花も人も。
そのエネルギーを伝えるメッセンジャー。

レセプションに訪れた数多くの人たちは、
彼女のパッションの源を探りたがる。
でも彼女はきっと、人が内に秘めたエネルギーを吸い込んで、
それらを昇華させるために、描き続けるのだと思う。

涙を流しながら、孔雀に向かって礼拝している人。
龍の前で、オペラを歌う人。
振り向きざまに、身の上話を披露する人。
いろんな人間模様が交錯する。

愛と孤独をそこに封じ込めて。
天に昇華していくアートが、ここにある。

写真 2017-09-21 18 30 03

写真 2017-09-21 18 30 22

写真 2017-09-21 18 30 38


Love, Passion and Soul.
From her works, intense energy is released.
Dragons, Peacocks, Flowers, People as well.
They are messengers to convey that energy.

Many people who visited the reception,
wanted to explore the source of her passion.
But she surely puts the energy that man hides in secret,
she draws painting to continue to sublimate them, I think.

A man who worships towards the Peacock while shedding tears.
Singers who sings opera in front of her works, the Dragon.
A lady who turns around and shows off her life story.
Various human patterns intersect.

They contain love and solitude there.
Here are the art works that sublimates to the sky.

写真 2017-09-21 18 28 27

写真 2017-09-21 18 28 33



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-21 18 34 10

写真 2017-09-21 18 36 08


前回のNY個展の記事 Mari's Last Exhibition in New York

A Solo Show for MARI NISHIMURA "Living Powerfully"
September 16-30, 2017 (Wednesday - Saturday 12:00-18:00)
MONTSSRRAT Contemporary Art Gallery
547 W. 27th Street, New York, NY10001

写真 2017-09-22 16 39 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-22 19 22 07


Next
写真 2017-09-16 19 33 32


夏目漱石の短編集「夢十夜」。
「こんな夢を見た」という有名な一文で始まる物語が、
日本人作曲家の手によって、オペラ楽曲という壮大な作品になった。

2008年にスウェーデンで初演され、漱石生誕150周年の今年、
国際共同作品として、新しい演出で見事に再演された。

十夜から抜粋された4つのシーンが、迫力のあるオーケストラと
想像力をかきたてられる演出で、組み立てられる。

「悟り」の境地にたどり着けずに苦悩する侍。
女の虜になり、崖に飛び込むか、豚に舐められるか、究極の選択を迫られる男。
盲目の我が子を山に捨てに行ったことから、前世の原罪が露見する父親。
死に別れた女と再会したいと100年待ち続けた男。

非現実的で幻想的な夢物語に、漱石自身の内面が伺える。
西洋のハーモニーを使って、日本のテーマを追求する。
解釈の難しい原作を表現する作曲家の苦悩と喜びも交錯。

どこまでも美しく、どこまでも力強い。
欧米で絶賛された大作が、まもなく日本に上陸する。

写真 2017-09-16 19 30 22


Natsume Soseki's notable novel "Ten Nights of Dream" is a story that starts
with a famous sentence "I had dreamed such a story".
By the hand of Japanese composer, Moto Osada, it became a magnificent work
of opera music.

"Four nights of dream" was premiered in Sweden in 2008.
As an international collaborative work, it was rearrangement spectacularly with
a new production in this year of Soseki's 150th anniversary.

Four scenes excerpted from the ten, is assembled with directing the imagination,
also with a powerful orchestra.

1. A samurai suffering without reaching the point of "enlightenment (satori)".
2. A man who becomes a prisoner of a woman is forced to choose the ultimate one;
jumps into a cliff, or is locked by pigs.
3. When the father goes to abandon his blind child, his original sin of the previous life
is revealed.
4.A man who kept waiting for 100 years to want to see a woman who died.

Inside the unreal and fantasy dreamlike, the inner surface of Soseki himself.
Using Western harmony, pursue Japanese theme.
I feel the composers' anguish and pleasure expressing difficult interpretations
are also mixed.

Moto's music is very beautiful and powerful.
A masterpiece acclaimed in Europe and America will land in Japan this month.

写真 2017-09-16 21 28 57


Promotion Movie of "Four Nights of Dream" 動画はこちら。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-17 9 34 44
Next
大きすぎる夢は持たない。
いつも自分の少し目の前にある目標が好き。
ほんの少し手を伸ばせば届きそうで、でもまだ届かない。

姉は私にとって、いつもそんな存在だった。
私よりはるかにセンスが良くて、アイディアの宝庫。
そんな彼女が応援する帽子ブランド、アミ(編み)ツムリ(頭)。

2004年にパリで鮮烈デビューを果たし、
今なお精力的に、その活躍の場を広げている。

いたるところに散りばめられている、日本の職人技。
おじいさまのニット帽子屋さんを、受け継いだというのがいい。
いろんなストーリーを一緒に編み込んで、
世界を旅する帽子たちが生まれていくのだろう。

写真 2017-09-13 14 38 01


I don't have unrealistic dream.
I like a little goal which is just in front of me.
It seems that I can achieve if I reach out for a while, but I do not reach yet.

My elder sister always existed like that.
I feel she is much better than I am, and she is a treasure trove of ideas.
"ami (knitting) tsumuli (head)" is a knit hat brand that my sister supports.

In 2004, the designer made a brilliant debut in Paris,
Even now, they are expanding the place of activity.

Japanese artisan skills are scattered everywhere in her hat.
I like the story that she has inherited the knit hat store of her grandfather.
She stitches various stories together,
Her knit hats will be born to travel around the world.

写真 2017-09-13 14 38 22


ami-tsumuli 公式ホームページ Official Website

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-13 14 38 49
Next
これまでニアミスだった人と、不意に御縁がつながって、
突然、歯車が動き出すことがある。

ドバイとアメリカと日本がぐっと近づいて、
新しいワクワクが始まった。

必要とされる場所で、必要とされる人のために。
アートという共通項、その力を世界に伝えたい。

写真 2017-08-23 9 35 21


People who had been a near-miss until now were unexpectedly connected
to each other,
Suddenly the gear may start to move.

Dubai, the United States and Japan are much closer,
A new excitement has begun.

I will work for those who needed, where needed.
I would like to tell the world about the common item called art.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-26 9 09 13


侘び寂び以前の日本では、
大陸から来た極彩色が、自由に世の中を照らしていた。

1400年の歴史を超えて、
ロンダが天平文化の鮮やかな色を繋ぐ。

色彩にジャズのリズムが加わって、
人間の様々な感情が、そこに見え隠れする。

アートにかける想いとか、アートの力とか。
同じ方向を向いて、信頼し合えるか。
そして人を繋げるか。

最初に半襟をデザインしてから、
時を経て、帯と着物が完成した。

ロンダアートの世界が、こうして繋がっていく。
アートには、人を繋げる力がある。

写真 2017-08-26 10 25 45


Before the period of "Wabi-Sabi, which means Beauty within Simplicity" in Japan,
The richly color that came from the continent was illuminating the world freely.

Beyond the history of 1400,
Ronda-Art connects the vivid colors of Tempyo culture.

Jazz rhythm added to the color,
Various human emotions are drawn there.

We know the thought to be put on art or the power of art.
We point in the same direction and trust each other.
We shall connect people.

After designing the half collar at first,
Over time, the Obi(Belt) and Kimono(Cloth) were completed.

The world of Ronda-Art is thus connected.
Art has the power to connect people.

写真 2017-08-26 9 19 47


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-26 9 09 29


加賀友禅大使 彦田佳子
着物・帯デザイン 山田みどり
加賀友禅作家 宮腰一惠
撮影 吉田加代
撮影場所 谷口吉郎設計@金沢主計町

写真 2017-08-26 10 44 06
Next
最初にシェフの料理に惚れ込んだ頃、彼はまだ20代だった。
ニューヨークの「アトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」の総料理長だった時代、
シェフと対面できるカウンター席の食事がお気に入りだった。

ニューヨークという舞台で、日本人シェフが堂々と活躍する姿は凛々しくて。
こういう日本人をずっと応援していきたいと、あの頃から思っていた。

時を経て、40代になったシェフと、次の企画を話し合う。
古巣を訪ねてきたシェフに、どんどん仲間が集まってくる。

かつてのロブションチームが、今でもシェフを慕う様子が嬉しくて。
ずっと御縁が繋がって、未来を創造する楽しさにワクワクする。

写真 2017-08-14 13 32 47


When I first felt in love with the meals of Chef, Yosuke Suga, he was still in his twenties.
In the era when he was the executive chef of "L'Atelier de Joel Robuchon" in New York,
I liked the counter seat meal that I could face with the chef.

The figure that the Japanese chef played active in New York was dignified.
I thought from those days that I would like to support such Japanese people forever.

After many years passed, I met him who got in his 40's, and discussed the next project.
Many friends gathered to the chef who visited his previous restaurant.

I was very happy that the former staff of "Robuchon team" still cherished the chef.
We were excited about the joy of our connecting and creating the future.

写真 2017-08-14 11 25 35


須賀洋介シェフ「SUGALABO」予約は紹介制です。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
オンとオフのはざまでも、定期的に連絡をくれる仲間たち。
ニューヨークとパリと東京が、こんな形で繋がっている。

イベントを一緒に作り上げる仲間だからこそ、
きちんと向かい合ってコース料理をいただく機会は稀少かつ必須。
きめ細やかなコミュニケーションがチーム力を培ってくれる。

さて、次の舞台はどこだろう。

写真 2017-08-06 7 51 02


We had a good time in Tokyo.
Even between on and off, friends who regularly contact me.
New York, Paris and Tokyo are connected in this way.

Because it is a friend who makes up an event together,
Opportunities to face and face course cooking are rare and essential.
Fine-grained communication cultivates team power.

Where is the next stage?

写真 2017-08-05 23 20 54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
男女限らず、人間の魅力はそのギャップにあると思う。
その人の意外な一面を見た時に、おおよそ恋に落ちる。

西川悟平氏のピアノを初めて聴いた時、溢れる涙を止められなかった。
まだその時は、彼の歩いてきた人生の軌跡も知らなかった。
ただ、パワフルで魂に響く音色がそこにあったから、受け止めた。

カーネギーの大ホールで、100人のオーケストラをバックに弾く時も、
ウェストビレッジにある、ウォークアップの自宅アパートで弾く時も、
その音色からは、同じエネルギーが放たれる。
彼のトークとのギャップに、人は魅了される。

夢に挑戦するニューヨークという舞台と、
かなえた夢を持ち帰る日本という土台。
どちらに対しても、同じように愛する気持ちを持ち続ける。

「諦めないで、夢は叶うから」
私もそんなメッセージを一緒に伝え続けたい。

写真 2017-07-23 9 54 47


I think that not only men and women, human attraction lies in that gap.
When people see one person's surprising aspect, he/she falls in love surely.

When I first heard Mr. Gohei Nishikawa's piano, I could not stop the tears overflowing.
At that time, I did not even know the trajectory of his life.
However, it was a powerful and reverberating tone, so I accepted it.

Even when he played with 100 members of orchestras at the Carnegie Hall,
Even when he played at a walk-up apartment in West Village,
From that tone, the same energy was emitted.
People are fascinated in the gap with his interesting talk, too.

New York is the stage that we challenge dreams.
Japan is the foundation that we bring back a dream that comes true.
We continue to have love in the same way for both.

"Don't give up, your dream will come true"
I also want to keep telling such messages together.

写真 2017-07-22 14 50 20


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-17 19 32 54


アーティストにゴールはない。
いつも進化しているから、永遠に描き続ける。

興味の対象や作風が変わっていくことを、
そのサポーターたちは、ずっと見守っている。

2年前にニューヨークという舞台にチャレンジしたロンダを、
今度はどんな形で伝えていこうかと思考を巡らせている。

アーティストの生き様は、そのまま作品に反映する。
大事なのは、伝えたい想いと受け取る想いがマッチすることで、
私は静かにその繋ぎ役という任務をまっとうする。

写真 2017-07-17 19 32 45


Artists have no goal.
Because it is always evolving, they will continue to draw forever.

That supporters have always been watching their changing of the subject
and style of interest.

For Ronda that challenged the stage of New York two years ago,
we are thinking how to tell in what form next stage.

The artist's way of life is reflected in the work as it is.
What matters is that by matching the feelings they want to convey and the
feelings people receive,
I am quietly going through the mission of that connection.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-11 17 11 10


靖国神社から少し坂を上ったところに、
その洋館は佇んでいる。

東京タワーを設計した内藤多仲氏による設計。
築90年の歴史を感じないほど、躯体と耐震がしっかりしているのは、
関東大震災(1923年)の直後に建立されたことも理由だろう。

仕掛け人から繋がる人たちも、旧知の仲間だらけ。
彼らの生き様に大いに共鳴できるから、
空間の使い方に迷いはない。

古き良きものを、あるべきままの姿で楽しんでいただくために。
ここで起きる新しいワクワクのパズルを、
この夏、じっくりと組み立ててみる。

写真 2017-07-11 17 09 54

写真 2017-07-11 17 09 39

写真 2017-07-11 16 26 44


At a little uphill from the Yasukuni Shrine,
There is a Western-style building.
It was designed by Tanaka Naito who designed the Tokyo Tower.
The reason that the building and the earthquake resistance are solid enough
that I do not feel the history of 90 years of construction, was built just after
the Great Kanto Earthquake (1923).

Everyone who is connected from the main person is all my old friends.
Because I am resonated much with their way of live,
there is no hesitation in how to use that space.

In order to enjoy the good old things as it is to be.
This summer, we will carefully assemble a new exciting puzzle that will happen.

写真 2017-07-11 16 48 55

写真 2017-07-11 17 04 50

写真 2017-07-11 16 55 21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-11 17 18 34
Next
「密談するなら、神楽坂でしょ」
クミシュランの主宰者は、いつも面白いことを言う。

それで私達は、神楽坂の個室で、
過去と現在と未来について語り合った。

私の原点とも言える、芝居やミュージカルの演出を、
次々と具現化してしまっている若き才能との出会い。

小さな夢が、こんな出会いから実現することもある。
世界の舞台は、ほんのすぐ目の前にあるのかもしれない。

写真 2017-07-11 6 52 14


"When we talk in secret, let us go to Kagurazaka."
The leader of Kumichelin always thinks interesting things.

So, we talked about past, present and future,
in a private room at the Japanese restaurant in Kagurazaka.

We encountered with young talent.
He has been realized directing the play, one after another.

A small dream may come true from this encounter.
The stage of the world may just be in front of us.

写真 2017-07-11 6 59 36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-05 18 05 29

写真 2017-07-05 18 05 13


ニューヨーク店舗の立ち上げを手伝ったヘアスタイリストの友人が、
銀座に新しい店舗をオープンした。

「アパートメント」の名の通り、ビルの1階から3階がサロンになっていて、
個室的サービスを受けられるのが特長。

ニューヨーク店舗の成功も引き金となって、銀座でも2店舗展開という急成長。

極寒のニューヨークで、ダウンを着込んで物件を探した。
工事の遅れが気になって、何度も現場に足を運んだ。
足を使って一緒に動いたことが、今こうして繋がっていることに、感慨深い。

ブレない自分を保つこと。
過去を振り返った今、それがようやく少しずつ、形になっているのだと思える。
経済的なものではなく、目に見えない一番大きなものをいただいているのは、
きっと私自身なのかもしれない。

写真 2017-07-05 18 04 46

写真 2017-07-05 18 02 27


A friend of a hair stylist opened a new store in Ginza, Tokyo.
I helped him to launch a New York store many years ago.

The store is as the name of "Apartment", the first floor to the third floor of
the building are salons.
It is characterized by being able to receive like private service.

Success of New York stores triggered, and he also has two stores in Ginza
in rapid growth.

In the extremely cold New York, we searched for the property, wearing
heavy down jacket.
I was concerned about the delay in construction, and went to the scene
many times.
I feel deeply that the fact that we moved together with our feet is connected
to now.

I try to keep strong self.
Looking back on the past, I think that it is gradually becoming form.
It might be myself who got the biggest invisible thing, not the economical
thing though.

Please click here; DRESS Hair Salon by MIWA

写真 2017-07-05 18 03 51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
打算で、人は応援できない。
その人の背景にあるものに、心が惹かれた時に、
ふっと自分の中で針が動き出す。

マリリンモンローのホクロを描き忘れたとか、
アートバトルの裏方とか、
昼間から飲むビールの美味しさとか、
そんな話で盛り上がる。

たくさん笑って、ちょっと泣いて。
なぜそこに愛があるのか、分かった気がした。

理想主義だと言われることは百も承知だけれど、
きっとアートが救ってくれる。

この秋、すごいことが起こりそうだ。

19143828_10210673101601028_5790705883494164165_o

©PESUART

I cannot cheer someone by prudent motivation.
When my heart is attracted to what is behind that person,
the little hand starts to move in myself.

We were excited with such a story;
He forgot to draw a symbol mole on Marilyn Monroe's face.
The story behind the art battle.
The taste of beer to drink from daytime was extremely good.

We laughed a lot, and cried a little.
I felt like I understood why there is love in his artworks.

I am well-informed of being told that it is idealism.
But hope Art will surely save this world.

Something will happen in this fall.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-06-25 13 52 43


大好きなドリカムが、私の誕生月にリリースした曲。
タイトルを聴いて、心が躍った。

夏雲を追いかけて、北上する。

大阪でも、ニューヨークでもいい。
みんな同じ空の下で、生きている。

写真 2017-06-25 17 08 13


My favorite music group "Dreams come true" released new CD in my birth month.
I was so excited when I heard the title of the song.

I headed north after chasing the summer clouds.

Even in Osaka, or New York.
Everyone is alive under the same sky.

写真 2017-06-26 14 13 45


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


27

©DCT
Next
写真 2017-06-03 8 46 24


四半世紀前に、一冊の本を手にした青年が夢を見ていた。
美しいスタンウェイのピアノの写真を眺めながら、
いつかこのピアノを弾いてコンサートをやりたいと。

10年前、ニューヨークのスタンウェイ&ソンズを訪ねた。
そこでの出会いが、彼の運命を変えた。

******

西川悟平氏が、教え子のために開催する定期リサイタル。
ミッドタウンのスタンウェイホールで、たくさんのファンが会する。

小学生から年配者まで、生徒さんの年齢層は幅広く、
何歳からでもピアノの練習は始められるのだと、彼らの演奏が物語る。

音楽は、言葉の壁を超えて人々にメッセージを伝えることができる。
この日のために、わざわざ日本から来た方もたくさんいて、
西川氏の人柄と愛が溢れるコンサートに、美しい色を添えていた。

写真 2017-06-03 9 29 12

写真 2017-06-03 9 29 50


A quarter of a century ago, a young guy holding one book got a dream.
While watching the piano pictures of beautiful Steinway,
he thought he want to play this piano and do a concert someday.

Ten years ago, he visited the store of Steinway & Sons in New York.
The encounter there changed his fate.

******

A pianist, Gohei Nishikawa's regular recital to be held for his students.
Many fans gathered in the Steinway Hall in Midtown.

From elementary school students to elderly people, the age range of the students
was wide.
Their performance showed that the piano practice can begin at any age.

Music can convey messages to people beyond the language barrier.
Addition, there were a lot of people who came from Japan for this day, they gave
the beautiful essence and love to Gohei's concert.

写真 2017-06-03 8 43 57

©Keiko Asano

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-05-31 8 04 55 (1)

写真 2017-05-31 8 04 57


ニューヨークはすっきりしない天気が続いているけれど、
毎日のように素敵な出会いがあって、
それだけでも日常に彩りが加わる。

一人で海を渡ってきた書道アーティストが、
ピンポイントで会いに来てくれた。
勇気あふれる行動力、前向きなエネルギーが清々しい。

人繋ぎの大切さとか、なぜアーティストを支援しているのかとか。
その背景にあるものを、きちんと理解できるかどうか。
何よりも、唯一無二の存在になりうるか。

帰り道、42nd Streetを通りがかる。
留学時代に間借りしていたオンボロアパートの前から見る光景は、
いつも初心を思い出させてくれる。

今日のマンハッタンヘンジは曇り空に邪魔されてしまったけれど、
私はここで、原点に返る。
力になれることは、きっとある。
未知の世界を予期させてくれる曇り空が、今日はとても愛おしい。

そして、ドバイから新しい企画の話が舞い込んだ。
感謝とリスペクト、謙虚な気持ち。それがすべて。

写真 2017-05-29 11 35 05 (1)


Although the weather has not been clear in New York continues these days,
I have a nice encounter every day.
Even this alone adds color to everyday life.

A calligraphy artist who came across the sea by herself,
she asked me to meet at pin-point.
Her brave action force, positive energy looked fresh.

We discussed the importance of human connections and the reason why I support
Japanese artist here.
Also, we told whether we can understand each background.
More than anything, the important thing is "one and only."

On the way back to home, I stopped by the 42nd Street.
The spectacle seen from front of the old apartment, which I borrowed in the era of
study abroad, always reminds me of my original intention.

Today's Manhattanhenge got in the way of cloudy sky,
but I return here to the origin.
There is surely possible to become a force.
Cloudy sky that makes us anticipate the unknown world is very lovely today.

And a new project came in from Dubai.
Appreciation and respect, humble mind. That's for all.

写真 2017-05-31 11 20 14

写真 2017-05-31 11 43 18

©深井玉扇

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-05-28 16 19 28


ヴァイオリンコンサート「マンハッタンストーリー」。
ニューヨークに暮らす人間模様と音楽を絡めて、最後まで一気に聴かせる物語。
45分間一切の休憩をはさまず、拍手もできない。

演奏が始まると、ヴァイオリン奏者の小さな身体がふたまわり大きく見える。
一緒に会場に行った友人の横側が、チラチラと視界に入ってくる。
人よりはるかに鋭い感性を持っている彼女は、
音楽や空気の色までも感じ取ることが出来るのだ。

コンサート中に何度か、彼女の頬に涙が伝う。
音楽や人のエネルギーが、パッっと一つになった時に、
自然と涙が溢れ出てくるのだという。
それを見て、周囲もどんどん気持ちが高まっていく。

溢れ出る感情を外に表現する、いろんな方法がある。
なかでも音楽は、天国に一番近くまで届くアートなのだと思う。

写真 2017-05-24 19 41 04

写真 2017-05-28 16 22 10


"Manhattan story" was Eiko Kano's violin concert, supported by NPO "MSTERIO".
It was a story that mixed music with people living in New York, and they play
the story all at once.
The show will not catch any breaks for 45 minutes and audience can not clap.

When the performance began, the small body of the violinist looked bigger.
The silhouette of my friend who went to the venue together sometimes came
into my sight.
She has much sharper sensibility than general people,
and she can also sense the color of music and air.

I saw her tears were transmitted to her cheeks several times during the concert.
When music and people's energy got together one by one,
she said that tears were overflowing naturally.
Looking at her, the surroundings were getting more and more excitement.

There are various ways to express overflowing emotions outside.
I think music is the art that arrives nearest to heaven.

写真 2017-05-24 20 32 17

写真 2017-05-28 17 22 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
12


音楽との出会い、映画音楽の制作過程、普段のニューヨーク生活。
素顔の坂本龍一氏の話を、手の届く距離で聞けるセミナー企画。

通りで子猫に話しかけたり、カフェでコーヒーを飲んだり。
人目を気にせずに普通の生活を送れるのがニューヨークの魅力。

アーティストとして好き勝手ができない映画音楽の制作。
でも、苦しいプロセスがあるからこそ、
チームでやる素晴らしさを、神様が教えてくれるのだという。

まるで「徹子の部屋」の公開録画のような穏やかな雰囲気に、
150名の日系人が心を和まされた。

今週のニューヨークの空は、少し機嫌が悪いけれど、
新月を迎えながら、人繋ぎのミッションを再確認している。

21


Encounter with music, film music production process, usual New York life.
Seminar planning where we could listen to Mr. Ryuichi Sakamoto's story was
held at the Nippon Club.

He talks to the kittens on the street, and drink coffee at a cafe.
It is New York 's charm that celebrities can live a normal life without concern
for people's eyes.

He can not be selfish as an artist on the process of production of movie music.
But because there is a painful process,
He says that God teaches the splendor of doing with the team.

It was like a calm atmosphere like a recorded video of Japanese TV program
" The room of Tetuko",
About 150 Japanese people had relaxed their minds.

The sky in New York this week is a bit bad,
While welcoming the new moon, I reconfirm my mission to connect the people.

18664399_10203341914984289_837866462381827172_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
37

54


祖母は佐賀県出身で、実家は鍋島藩の御典医だった。
一家離散した後に、祖母らは鹿児島から東京に移り、私は東京生まれ。
九州にはあまり御縁がなかったけれど、なぜか近年足を運ぶ機会が増えた。

伊万里のイベント企画に、運命的なものを感じたのは、
まだこの先の使命があるのだと、きっと祖母が諭してくれたからだろう。
有田焼創業400年という歴史を知ったのも、最近のことだった。
焼き物の世界を、もっと深く学んでみたいと思った。

有田焼400年の技術と、欧米の新しいセンスが交錯する。
有田の窯元と欧米デザイナーがタッグを組んだプロジェクトが、
ミラノ・デザインウィークで、世界の頂点に立った。

「EDIDA/エル・デコ・インターナショナル・デザイン・アワード」の
テーブルウェアー部門を制覇。
世界25か国の編集長らが認めた有田チームの作品が、
ニューヨーク近代美術館MoMAで展示販売されている。

伊万里で出会った陶芸家のニューヨークデビューを、
このタイミングで見届けられたのも、きっと何かの御縁なのだろう。

彼らの想いをしっかり受け止めて、今、新しい構想を考えている。
日本の職人技は、そのまま世界に通用するステージにある。

02

20

22


My grandmother was born in Saga Prefecture and her family owned the hospital
as a doctor of the Nabeshima clan.
After the family diverged, she moved from Kagoshima to Tokyo. I was born in Tokyo.
Although there was not much contact with Kyushu for me, the opportunity to visit
in recent years increased for some reason.

I felt a fateful thing to the planning of Imari event that was held on March.
I guess because my grandmother taught me that there is still a future mission.
It was recently that I learned about the history of Arita ware founded 400 years.
I had hoped to learn the world of pottery deeper.

The 400 years’ technique of Arita-yaki merged a new sense of Western World.
A project where Arita's craft industries and Western designers collaborated,
was announced as the top of the world at the Milan Design Week.

They conquered the tableware division of "EDIDA", Elle Decor International Design Awards.
The works of the Arita team, admitted by the editors of "ELLE DECOR" from 25 countries,
have been exhibited and sold at the New York Museum of Modern Art.

It was a New York debut of potter, Shuji Hataishi, who I met in Imari.
It was surely something edge that I was able to see at this timing.

I firmly accepted their thoughts, and I am thinking about next step now.
Japanese craftsmanship is in the stage where it can pass through to the world as it is.

32

27


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35
Next
27

38


自宅から徒歩5分のメトロポリタン美術館。
2010年に突然この世を去ったアレキサンダー・マックィーン氏の展示会では、
3時間並んで回顧展を観に行ったことを思い出す。
存命デザイナーの展示会が開催されるのは、83年のイヴ・サンローラン氏以来。
コムデギャルソン川久保玲氏の個展プレビュー体験記。

会場に足を踏み入れると、明るく白い壁がパッと目に入る。
ショーケースの中をガラス越しに覗く従来の展示方法と違って、
マネキンが直に置かれたインスタレーションは、ブティックに立ち寄った感覚でいられる。
展示会にありがちな、時系列の分類ではなくて、
色やテーマによって9つのゾーンに分かれているのも斬新だった。

バブルの時代に目にした黒い穴開きのセーター、
つい先日ファッション誌を飾った近年のコレクション。
どれも川久保氏ならではの、個性的な洋服たちが並ぶ。

「間の技」と副題がついた展示会だけに、
「完成と未完成」「具体と抽象」「男性と女性」「安定と不安定」
そういったテーマが頭をよぎる。

私が一番ショックを受けたのは「誕生、結婚、死」と称された黒いドレス。
人間が生まれてから死ぬまでを、1つのドレスで表現すること。
そこには幼子の魂や、死にゆく悲しみまでのエネルギーが集結されていて、
なぜか逃げ出したい気持ちになった。

川久保氏は、自らのクリエーションをアートと解されることを好まないが、
一般人には理解できない宇宙的な発想は、まさにアートなのだと思う。

展示会を観に来ている人達の個性的なファッションも見応え抜群。
近所を散歩しながら、何度でも足を運んでみようと思う、
日本人の誇りがここにある。

06

50

46

44

51


Only 5-minute walk from home, there is Metropolitan Museum of Art.
At the exhibition of Alexander McQueen who suddenly left the world in 2010,
I remember that I went to see a retrospective exhibition after waiting for three hours.
The live designers' exhibition is held since Yves Saint Laurent of 83 years.
I went to a preview of solo exhibition by Ms. Rei Kawakubo, a designer of
Comme des Garçons.

When entering the venue, a bright white wall is snuggling.
Unlike the conventional display method that peeps through the inside of
the showcase through the glass,
The installation where the mannequin was put directly can be with the sense
that I stopped by the boutique.
It was not a time series classification that tends to be on the exhibition,
It was innovative that it was divided into nine zones depending on color and theme.

There was a black sweater with holes that I saw during the bubble era,
There was also a recent collection that recently announced in fashion magazines.
The unique clothes unique of Ms. Kawakubo lined up there.

As at the exhibition of subtitle "Art of In-Between",
"Finished and Unfinished" "Concrete and Abstract" "Male and Female" "
" Stability and Instability "
Such themes crossed in my head.

I received the most shock was a black dress called "Birth/Marriage/Death".
It was expressed human life from birth to death in a single dress.
There are gathered souls of young children and energies up to dying sadness.
I felt like wanting to run away quickly.

Ms. Kawakubo does not like being able to understand her own creation as art.
I think that her cosmic ideas that cannot be understood by ordinary people
are exactly art.

The unique fashion of the people who came to see the exhibition was superb.
While taking a walk in the neighborhood, I think that I will visit again and again.
The pride of the Japanese is exactly here.

50

19

43

39

10

47

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。


海外永住 ブログランキングへ

19

36

07

掲載写真の無断転載を禁じます。Unauthorized reproduction prohibited
33

10

Next
34


トシさんと知り合ったのは、確か2000年頃だったと記憶している。
共通の友人が、当時トランプタワーに住んでいて、
彼女が主催するホームパーティーの席で、よくお喋りをした。

まだ本名のまま、ブロードウェーのコメンテーターをしていた彼を取材して、
某雑誌記事の誌面で御紹介したのは、その数年後だったろうか。

TV番組のレギュラーを担ったり、劇評を書いたりしながら、
定期的にキャバレーショーを開催して10数年。
プロ野球始球式前の国歌斉唱という大役を担う彼の壮行ショーでも、
たくさんの地元ファン達が駆けつけて、トシワールドを堪能した。
タッグを組んでいるみぎわさんとの呼吸も素晴らしく、
たくさん笑った後、いつもの「True Colors」にホロリとした。

ゴールデンウィーク明け、福岡ドームの空に彼の歌声が響き渡る。
ニューヨークで活躍する人は、やはり世界が近い。

51

27

41


I remember having met Toshi in 2000 or so.
A common friend lived in Trump Tower then,
I talked with him a lot at her home party hosted by her.

Several years later, I interviewed him who was a commentator of Broadway
as still sis real name, and wrote his article in a culture magazine.

While playing the regular of TV programs and writing theatrical reviews,
he has held a cabaret show on a regular basis for ten years.
Even at his show last weekend, a lot of local fans gathered and enjoyed Toshi's World.
The teamwork with Pianist, Migiwa, was also wonderful.
We laughed a lot, and I always liked his standard, Cindy's "True Colors" as always.
He will play a national anthem singing before the Japanese professional baseball ceremony.

His singing voice reverberates in the sky of Fukuoka dome on May 9th.
For people who are active in New York, the world can be close.

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
41

01


ニューヨークのアートエキスポに出展する。
一見たやすい響きだけれど、そこで成功するためには、
たくさんの仕込みが必要で、ハードルは決して低くない。

数年にわたるリサーチの後、まず主催者とのコネクションを強くする。
はてなしく広い会場で、何よりも交通量の多いブースを確保するように動く。
初めて出会った、新しい顧客に目を留めてもらうプレゼンをする。

ここで挑戦できる切符は、誰もが手にできるものではないし、
これまでと違う、次なるステージに飛躍するキッカケは、
まず前に一歩踏み出してみないことには、何も始まらない。

プロモーションや撮影取材に協力してくれた地元メディアの方々。
当日会場に足を使って駆けつけてくれた友人知人の皆さん。
いろんな形でサポートを申し出てくれた家族や親友たち。
互いをリスペクトして、何かと協力してくれた隣接ブースの出展者たち。
たくさんのプレッシャーのなか、共に駆け抜けてくれたアーティスト。

これまでにない実り大きな体験ができたことに感謝。
世界を舞台に活躍する第一線のアートが集まる、ニューヨークに感謝。

ニューヨーカーの家にお嫁入りした数々の作品を、丁寧にお届けしながら、
次の構想を考えている。

ニューヨークには、早くも初夏の風が吹いている。

10

04

41

53

14

57

26


To exhibit at Art Expo in New York.
It sounds easy at first glance, but in order to succeed there,
a lot of preparation was necessary, hurdles were never low.

After several years of research, first strengthen the connection with the organizer.
Since it was a quite huge venue, I pushed to ensure a booth with more traffic
than anything else.
We presented several performances to new customers who encountered for
the first time.

A ticket that can be challenged here was not something that anyone can get.
Unlike anything else before, kicking out to the next stage,
as long as we do not move forward, nobody knows what happen there.

People from local media who cooperated in promotion and photography.
Friends and acquaintances who came to the venue on the day.
My family and best friends who offered support in various forms.
Exhibitors at adjacent booths who respected each other and cooperated for
everything.
An artist who worked through with me in lots of pressure.

I appreciate that we had a great experience that we have never had before.
I thank to New York that the high-end arts gather in the world.

While carefully delivering numerous works that were bought by New Yorkers,
I am considering the following stage.

In New York, an early summer wind is blowing now.

20

53

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

40

37

58

オフィシャル動画でも注目されました。Please Click here:AENY17-Saturday Highlights
連日、動画冒頭で紹介されました。Please click here: AENY17-Sunday Highlights
52
Next
03


ニューヨークのカーネギーホールといえば、
言わずと知れたクラシック、そしてポピュラー音楽界の最高峰。
かつてその周辺には、ピアノ通りと言われるエリアがあって、
たくさんのピアノ屋さんが軒を連ねていた。

現在はたった2軒になってしまったけれど、
そこがマンハッタンであることを忘れてしまうほどに、
豪華なピアノが贅沢に並べられている。

「ベートーベンピアノ」というお店に、「ベートーベンの壁画」を描く。
これまで真っ白だった壁に、敢えてその作品を描かせていただけるという栄誉。
ニューヨークという土地で、これ以上のプロモーションはないだろう。

セントラルパークから徒歩2分。
観光客の往来激しい通りだけに、たくさんの人が写真を撮って行く。
新しく生まれたベートーベンが、SNSの新しい発信地になっていく。

新しい歴史の1ページが、ここから始まる。

03

57


Speaking of Carnegie Hall in New York,
the highest peak of classic or popular music world.
In the past, there was an area called Piano Raw close to there,
Many piano shops were erected.

Although now it has only 2 piano stores,
To the extent that we forgot that it was in Manhattan,
Luxurious pianos were luxuriously lined up.

Draw a "Beethoven mural" on a store called "Beethoven Pianos".
I have an honor that an artist could draw the work on the wall which was so white.
There will not be any further promotion on the land in New York.

It is located 2 minutes on foot from Central Park.
A lot of people, including many tourists take pictures there.
Newly born Beethoven is becoming a new transmission point of SNS.

A new page of history starts from here.

34

04


Beethoven Pianos Official Website

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

43
Next
09

07


"Congratulations!!"
展覧会の総合プロデューサーから、高揚した連絡が舞い込んできた。
日本展のみの企画である寄せ書きが、デヴィッド・ボウイ・アーカイヴに寄贈され、
デヴィッド・ボウイ・コレクションとして所蔵されることになったのだ。

それがどれほどのことであるか。
アーティスト史上の中で、最大の功績のひとつとして将来もずっと残り得る、
これほど素晴らしく名誉なことはないだろう。

総合プロデューサーが、どんな想いで彼を起用してくれたかを考える。
その恩義をずっと胸に抱いて、感謝する気持ちを届けたい。

音楽もファッションも含めて、素晴らしい展覧会だった。
デヴィッド・ボウイが残した偉業の数々は、
世代を超えて愛された世紀のヒーローの軌跡として、
世界中で永遠に語り継がれていくのだろう。

24

17

47

12

09


"Congratulations !!"
An exciting contact came in from the exhibition comprehensive producer.
A banner that is a plan for only the Japanese exhibition will be donated to
the David Bowie Archive,
It was selected to be keep as a David Bowie collection.

We guess it is how exclusive experience.
In the history of one artist, it can remain as one of the greatest achievements
in the future,
It is such a wonderful and honorable thing.

I consider why and what kind of feeling the comprehensive producer appointed him.
I would like to bring my gratitude for that obligation forever.

It was a wonderful exhibition, including music and fashion.
A number of the accomplishments David Bowie left behind,
as the trajectory of the century's hero loved beyond generations,
it will be handed down forever in the world.

48

43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

41


Next
07

40

54


ニューヨークでは、アート展示会が数多く開催される。
主催団体の規模や歴史によって、展示会ごとの特徴も違い、
もちろん買い付けに来るディーラーの層にも相違がある。

友人がキュレーションを務めた日本人アーティストのブースには、
迫力ある書道と詩と画を合わせた作品が、大胆に飾られていた。

ニューヨークは、つくづくアートに理解のある街だと思う。
何万ドルもする作品に「売約済み」のタグが付けられていくことにも、
あまり驚きを感じなくなった。
どんなビジネスも、需要と供給のバランスがあって初めて、
両者がハッピーになるのだと。

私もお気に入りの作品に出会ってしまった。
もしまた彼の作品に再会できたら、
きっと手に入れることができると、願い続けよう。

41

32

24

27

06


Many art exhibitions are held in New York.
Depending on the scale and history of organizers, the characteristics of each
exhibition are different,
Of course, there are also differences in the dealer's stratum to come to buy.

At a Japanese artist's booth where friends curated,
Works with powerful calligraphy and poetry and paintings were boldly decorated.

I think that New York is a city that understands to follow up art.
Even for the tags of "tens of thousands" to be attached to works that cost tens
of thousands of dollars,
I do not feel much surprised.
For any business, only when there is a balance between supply and demand,
It makes both happy.

I also met my favorite works.
If I can meet his works again, I will keep hoping I can get it.

17

17

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

29

39

15
Next
DSC02607

DSC02585


シェフはいつも、パリのお店の営業が終わった頃に電話をくれる。
営業時間中にふと思い立ったことを、その日のうちに伝えないと気が済まない。
今を生きるシェフらしい行動に、人は心を動かされる。

シェフの生まれ育った佐賀県伊万里市の街おこし企画に、
昨秋パリで開催したイベントを、何とかして組み込めないかと。
シェフとアーティストだけでなく、たくさんの地元スタッフを巻き込むから、
容易い道のりではないことは承知の上だったけれど、
アーティストも全面協力すると意気投合してくれた。

年明け早々、伊万里現地を調査して、それぞれの意思確認をした。
3月の再会を約束して別れた直後に、パリの店舗で火災事故が発生。
一時はイベント開催も危ぶまれたが、常にポジティブ思考のシェフに皆が賛同した。

パリ、ニューヨーク、宮城、伊万里、東京、メルボルン。
世界各地を結ぶ事前準備は、これまでにないほどのイバラの道だった。
時差で温度差がある以上に、クリエイター同士の熱い想いがぶつかって、
互いのベクトルは、はるか違う方向を向いてしまう時間が続いた。

100%の力を出し切ることがコラボレーションではない。
互いの力を発揮する余力を与えることが、200%以上の結果につながることを
きっと誰もが学んだと思う。

それぞれが日常業務をこなした上に、イベント準備をする。
ほんの少しの疑問点も皆で解決しようと忌憚なく意見交換をする。
さらに、このイベントを最後に卒業していくスタッフのために、
それぞれが考えたサプライズギフトを用意する。

すべてが終わった後の打ち上げで、
スタッフから送られた動画が会場内に流れた。
感涙にむせぶ主役の横顔を眺めながら、私も溢れる涙を止められなかった。

統率力、人間力、情熱、向上心、思いやり、優しさ。
チームで成し遂げる素晴らしさは、その全てを学べることにある。

私達の挑戦は、これからもずっと続いていくのだろう。
素晴らしい機会をくださった伊万里市とシェフとアーティスト、そして全てのスタッフに感謝を込めて。

DSC02655

DSC02659


The chef always gives me a call after when the restaurant in Paris is over.
He looks he cannot finish the day until he tells me what he was thinking about
during business hours.
His act to live seriously moves people's minds.

There will be an event for the city planning of Imari city of Saga where he was born.
He asked me to manage to incorporate the event held in Paris last autumn.
Not only the chef and artist, but also a lot of local staff involved,
We knew that it will not be an easy road.
But the artist also spirited himself to cooperate fully.

Early at the beginning of the year, we investigated the Imari area and confirmed
our intentions.
A fire accident occurred at a restaurant in Paris shortly after promising a reunion
in March.
Even though the event holding was temporarily unknown, everyone always agreed
to a positive thought chef.

We were based on Paris, New York, Miyagi, Imari, Tokyo, and Melbourne.
Preliminary preparations to connect the world were very hard more than ever before.
Beyond the temperature difference by the time difference, the hot feelings of creators hit us,
The time for each other's vectors to point in a much different direction continued.

Collaboration is not to force 100% of power.
Giving a margin to demonstrate each other's power leads to results of more than 200%.
I think that everyone has learned it through the event.

We did our daily work and prepared for the event.
We exchanged opinions frankly to solve just a few doubts.
In addition, for the staff who graduated at the end of this event,
we prepared a surprise gift.

With the launch after all was over,
The video sent from the staff flowed into the venue.
I could not stop the tears overflowing while I was looking at the profile of main part
who was crying.

Leadership, Human strength, Passion, Ambition, Compassion, Kindness.
The splendor of accomplishing with the team is to learn everything.

Our challenge will continue for a long time.
Thank you to Imari city that gave us a wonderful opportunity, the chef and the artist,
and all the staff.

DSC02684

DSC02691


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

DSC02789

DSC02791


Official Photos©FUSE, Yuta Kawanami
Next
46

56


第一印象は、極めて朴訥な人だった。
クリエイターとして頑固な面もあるはずなのに、
周囲への気遣いや、他人の痛みへの思いやりが際立った。

鍋島藩大川内山の窯元に生まれたが、東京の大学で学び、
一度は彫刻家を目指したという。
卒業後に地元に戻って、別の大学で窯業を勉強し直した。

気鋭の新進陶芸作家として、たくさんの輝かしい実績があるのに、
それを一切主張することもなく、イベント成功のために尽力してくれた。
伊万里の歴史をリスペクトしたいというアーティストのために、
惜し気もなく時間と労力を提供してくれた姿勢に、感謝の念が絶えない。

彼の功績なくしては、あの結果には繋がらなかっただろう。
たくさんのプロセスを思い出しながら、
この先のタスキの繋ぎ方を考えている。

関わってくれた全ての人達のおかげで、今と未来がある。

DSC02323

DSC02324



The first impression was a very simple and genuine person.
Although he should be stubborn as a creator,
His concern for the surroundings and consideration for others' pain were outstanding.

His family runs family business of pottery at Okawachi-yama of Nabeshima clan,
but he studied at the university in Tokyo,
It is said that he aimed at a sculptor before.
After graduation, he returned to Imari and studied ceramics at another university.

Although he has a lot of brilliant achievements as an emerging budding ceramic artist,
Without insisting on it at all, he was devoted to the success of the event.
For an artist who wants to respect Imari 's history,
we were grateful for his posture that provided time and effort without regret.

Without his achievement, we could not have connected to that result.
Recalling a lot of processes,
I am considering how to connect this relationship ahead.

Thanks to all the people involved, there are now and the future.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

陶芸作家 畑石修嗣 関連記事はこちら

41

ファイル 2017-03-31 13 49 25
Next