写真 2017-12-13 12 15 39


2−3時間待ちの展示に隣接したギャラリーで、
草間彌生氏の近年の作品が展示されている。

「わが永遠の魂」
正直言って、こちらの世界観の方がすごい。
それなのに、1分も待たずして、ここに入れるのが不思議。

カラフルな色使いの中にも、リズムがある。
そして、実は同じようなキャラクターがいつも書かれている。
きっと彼女が幻覚で見る世界にも、同じリズムがあったのだろう。

若かりし頃はなかなか理解してもらえなかった世界観が、
インターネットの力を借りて、世界で絶賛されている。
まず世界に出て勝負したことが、草間氏の凄さでもある。

「アーティストは死んでなんぼ」ではない。
存命しているからこそ、その価値があるということを、
草間氏は全身全霊をかけて、世に伝えている。

まだまだその世界を、私たちに教えて欲しい。

写真 2017-12-13 12 13 17

写真 2017-12-13 12 13 35

写真 2017-12-13 12 13 43


In the gallery, adjacent to the exhibition "Festival of Life",
Recent works of Mr. Yayoi Kusama are displayed.

"My eternal soul"
To be honest, this view of the world is more wonderful.
Yet, it was interesting that we did not wait for 1 minute.

There are rhythms in colorful colors as well.
And actually, similar characters are always painted.
Perhaps there was the same rhythm in the world she saw with hallucinations.

When she was a young man, her world view was not able to be understood easily,
With the power of the Internet, it is acclaimed worldwide.
It is also the magnificence of Mr. Kusama who went out to the world and fought.

It is said that "The worth of Artists will be seen after they died."
But Mr. Kusama uses a whole body and tells the world that it is worth it since it is alive.

I want her to tell us the world still more.

写真 2017-12-13 12 12 29

写真 2017-12-13 12 17 07

(FLOWERS THAT BLOOM NOW)


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-13 12 15 33
Next
*草間彌生 特別巡回展

写真 2017-12-13 11 42 01


草間彌生氏は、今、世界で一番有名なアーティストの一人。
草間ワールドが無料で見られるといえば、
ニューヨーカーはとにかく並ぶ。
炎天下でも氷点下でも、並ぶ。

今冬で一番寒かった氷点下7度の朝。
ハドソン川から吹き込む風で、体感温度はマイナス15度以下。
開店時間の午前10時には、すでに3ブロックの長蛇の列。
手足の感覚もなくなるほどの寒さの中、
建物に入った時には、すでにランチタイム。

建物の中では、6−8人ずつにグループ分けされる。
最初の部屋は鏡張りの銀世界、インフィニティ(無限)。
足元に並んだステンレスのボールと自分がどこまでも広がる。

フットカバーを履いて、鮮やかなLEDライトの部屋を覗き込む。
自分が万華鏡の中にいるような、不思議な感覚。
草間ワールドは「永遠のつながり」、どこまでも終わりがない。

幼少の頃から、幻聴や幻覚に襲われ続けているという。
そこから回避して、そこを表現するのが、草間氏の世界観。
最後の部屋には、赤い水玉と歪んだチューリップ。
水玉の中に埋もれていると、なぜか方向感覚が麻痺してくる。

とにかくひたすら自分の世界観を貫き通す。
草間氏独自の世界観は、今や世界で一番共感を得るアートになった。
近年の作品が一覧できる隣のギャラリーも必見。

風邪引いたけれど、並んだ甲斐があった。
一緒に並んでくれた親友に、心からの感謝を込めて。

写真 2017-12-13 11 58 59

写真 2017-12-13 11 59 13

写真 2017-12-13 12 00 17

(Infinity Mirrored Room-Let’s Survive Forever)

Mr. Yayoi Kusama is now one of the most famous artists in the world.
Telling of the fact that Kusama's world can be seen for free,
New Yorkers line up anyway.
Even in the scorching sun or below freezing, they line up.

It was the coldest morning in this winter with minus 7 degrees Celsius.
The wind was blown from the Hudson River, the sensible temperature was
minus 15 degrees or less.
At 10 am in the opening hours, people already lined of 3 blocks long.
In the cold enough to lose sense of limbs.
When I entered the building, it was already lunch time.

In the building, we were grouped into 6 - 8 people.
The first room was a mirrored silver world, infinity.
The stainless silver ball and our figure were spread for infinity.

We wore foot covers and looked into the room filled with brilliant LED lights.
A strange feeling that we were in a kaleidoscope.
The Kusama World is an "eternal connection", there is no end to anything.

It is said that she has been attacked by illusions and hallucinations since childhood.
It is Mr. Kusama's view of the world to avoid it and express it there.
In the last room, a red polka dots and a distorted tulip.
When buried in a polka dot, sense of direction was paralyzed for some reason.

It is said that she has been attacked by illusions and hallucinations since childhood.
It is Mr. Kusama's view of the world to avoid it and express it there.
In the last room, a red polka dots and a distorted tulip.
When buried in a polka dot, sense of direction was paralyzed for some reason.

Anyway, she just expressed her worldview.
Mr. Kusama's unique view of the world has now become the most empathetic art in the world.
Also, you have to see a gallery next door where her recent works listed.

I caught a cold, but there was worth waiting for two hours.
To a close friend who lined up together, I thank heartfelt gratitude.

写真 2017-12-13 12 03 21

写真 2017-12-13 12 04 31

写真 2017-12-13 12 04 33

写真 2017-12-13 12 04 36

写真 2017-12-13 12 05 08

写真 2017-12-13 12 05 06

写真 2017-12-13 12 04 56

(LONGING FOR ETERNITY)


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-13 12 05 50

写真 2017-12-13 12 08 46

写真 2017-12-13 12 08 15

写真 2017-12-15 21 54 44

(WITH ALL MY LOVE FOR THE TULIPS, I PRAY FOREVER)

Next
写真 2017-12-07 10 46 29

写真 2017-12-07 10 47 12


ニューヨーク在住歴が長くなろうとも、
なかなか出会わない分野の方がたくさんいる。
だからこそ、こういう類のイベントでは、
予想もしなかった人達と出会えるチャンスでもある。

デザイナーそれぞれのストーリーが興味深くて、
とことん話を聞き入ってしまう。
お洒落に関して、ほとんどポリシーがないけれど、
心がけているのは、品位と清潔感。
そのセンスが琴線に触れると、とことん愛したくなる。

ニューヨーク発信のブランドは、
シンプルかつ機能的、そして美しい。
世界の流行発信地で活躍する日本人デザイナー達。
彼らの目に映る先がどこに向かっているのか、
この距離から見守れることを、幸せに思う。

来年のイベントが、今から楽しみでならない。

写真 2017-12-07 10 50 54

写真 2017-12-07 11 13 59

BAGSINPROGRESS New York


Whether I live in New York for a long time,
There are a lot of fields that are hard to encounter.
That is why, in these kinds of events,
It is also a chance to meet people who did not expect.

Because each story of the designer was very interesting,
I listened to the story as well.
Regarding fashion, I don't have any policy,
what I am trying to do is have dignity and cleanliness.
When that sense touches my heart, I want to love the whole thing.

Their brand born in New York,
is simple, functional, and beautiful.
Japanese designers who active in the epidemic of the world.
Where are the destinations in the future?
I am happy to be able to watch from this distance.

We are already excited for the next year's event.

写真 2017-12-07 11 12 45

写真 2017-12-07 11 12 30

SAYAKA DAVIS

写真 2017-12-07 11 13 26

8.6.4

写真 2017-12-07 11 12 11

写真 2017-12-07 11 12 19

MICHIKO SHIMADA

写真 2017-12-07 10 50 00

写真 2017-12-07 11 14 08

TSUYUMI

写真 2017-12-07 11 13 15

写真 2017-12-07 11 12 52

Monroe Garden Studio











海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-06 16 31 11

写真 2017-12-06 15 02 16


バブル景気の余韻が残る女子大生時代、
周囲にルイ・ヴィトンのバッグを持つ友人はいたけれど、
私はあのモノグラムの良さが、ちっとも分からなかった。
葵の御紋のようにブランド名をふりかざすことを、
なんだかかっこ悪いと思っていた。

ルイ・ヴィトンの実力を知ったのは、留学生時代。
その旅行カバンで旅する人たちは、ホテルで必ず丁寧に扱われる。
ベルボーイに渡すのは1ドルなんかじゃなくて、
チェックイン時に数十ドル先に渡しておくのがスマートなのだと知った。

なぜヴィトンのバッグが高価なのか。
縫製やデザインへのこだわり、ハイレベルな職人技術。
すべてをきちんと理解してこそ、そのバッグを持つ資格があるのだと。
私もいつか、そんな大人になりたいと憧れた。

「空へ、海へ、旅へ」
旅行好きにとって、たまらないルイ・ヴィトンのコレクション。
1854年にフランス・パリで創業したその歴史と軌跡をたどる。
当時のものから最新コレクションまで、
洋服、ポスター、バッグ類を眺めながら、しばしのタイムスリップ。

いつかこんなスーツケースで、旅に出よう。
妄想に酔いしれながら、通勤ラッシュの地下鉄で帰路につく。

写真 2017-12-06 14 59 41

写真 2017-12-06 14 58 55


During my college days when the bubble economy remains,
Although there were friends who had bags of Louis Vuitton in the surroundings,
I could not figure out the merit of that monogram at all.
To show the brand name with bags,
I thought it did not look cool.

It was during the foreign students that I learned the power of Louis Vuitton.
People traveling with their travel bags of Louis Vuitton were handled carefully at the hotel.
They never given a dollar to a bellboy.
I had noticed it was smart to give them tens of dollars before check-in.

Why is Vuitton's bag expensive?
Commitment to sewing and design, high level craftsmanship technology.
It is qualified to have that bag only after understanding everything properly.
Someday, I admired that I wanted to be such an adult.

"To the sky, to the sea, to the journey"
For travel lovers, this is an irresistible collection of Louis Vuitton.
Following its history and its story founded in Paris, France in 1854.
From those of the day to the latest collection,
While watching clothes, posters, bags, we went to "the time travel" for a while.

Someday I will go on a trip with such a suitcase.
While getting dream with delusions, I got on the way back from there by the commuter rush subway.

写真 2017-12-06 15 04 01

1.1906年のトランク THE TRUNK OF 1906
当時にしては革新的なデザインだった。

写真 2017-12-06 15 08 54

2.木材 WOOD 
荷造り用木箱製造兼荷造り職人だったルイ・ヴィトンの原点はここから。

写真 2017-12-06 15 10 52

3.CLASSIC TRUNKS
洗練されたフォルム、デザイン、クオリティーに驚かされる。

写真 2017-12-06 15 17 43

4.旅の創造 THE INVENTION OF TRAVEL
熱気球(1830年)、鉄道(1848年)、自動車(1890年)、民間航空機(1900年)。
輸送手段の発明と発展で、旅はより身近なものになった。

写真 2017-12-06 15 17 05

4-B.THE RISE OF YACHTING
旅に便利な(折りたたみ式)スティーマーバッグの到来。

写真 2017-12-06 15 25 04

4-C.THE AUTOMOBILE
自動車のトランクにぴったりはまるスーツケース。

写真 2017-12-06 15 27 39

4-D. AVIATION
コットン・キャンバス、モノグラム・キャンバスなど、バッグはより軽量化される。

写真 2017-12-06 15 32 01

4-E.TRAINS
情緒ある車窓スクリーンの演出が素晴らしい空間。

写真 2017-12-06 15 49 48

5.WRITING
旅と同時に書くことにも愛を注いだ創業者と孫の美学をたどる。

写真 2017-12-06 15 57 58

6.THE PAINTING TRUNK
カラフルなアートとのコラボレーションワーク。

写真 2017-12-06 15 58 44

7.CURIO TRUNKS (Gaston-Louis' Collections)
1900年代にガストン・ルイ氏が集めたユニークなデザインのコレクション。

写真 2017-12-06 16 05 47

8.THE BEAUTY OF FASHION
メゾンと密接なファッションとビューティーの世界。

写真 2017-12-06 16 08 57

9.THE MUSIC ROOM
メゾンの職人技が光るスペシャルオーダーの数々。

写真 2017-12-06 16 14 19

10.LOUIS VUITTON LOVES AMERICA
レッドカーペットに並ぶセレブ達の衣装は圧巻。


海外永住 ブログランキングへ "













Next
初めてお会いした時、笑顔の素敵な大人の方だなと思った。
CHIHARUさんのデザインするバッグは、やっぱり大人っぽい。
シンプル、そして機能的。
日本人のきめ細やかさと、都会で洗練されたセンスが、
抜群のニューヨークブランドを生み出している。

******

ニューヨーカーは、新しいものが大好き。
そんな街で常に新しいものを発信していくために、
デザイナー達は常に新しい商品を作り出している。

秀逸なデザインと秀逸なクオリティーだけれども、
定番商品にならなかった「隠れ名品」がある。
インディーズ系ブランドのそれらを集めて、
より手に取っていただきやすい機会を提供する。

街が一段と華やぐホリデーショッピングの時期。
素敵な人と素敵なモノが集まる素敵な空間へ。
ぜひ足をお運びください。

写真 2017-12-04 12 11 52

©BAGSINPROGRESS

When I first met her, I thought she was a nice adult with a smile.
Chiharu Hayashi is a designer of bag brand of "BAGSINPROGRESS".
Her bags are simple and functional.
Japanese sensitive feeling and sophisticated sense in the city,
it is producing an outstanding New York brand.

******

New Yorkers love new things.
In order to constantly disseminate new things in such a city,
Designers are always creating new products.

Although excellent design and excellent quality,
There is "hidden gem" that did not become a standard product.
Collecting them of indie brands,
Provide opportunities to get them more easily.

The time of the holiday shopping is more gorgeous in the city.
To the wonderful space where lovely people and nice things gather.
Please do not miss it.

写真 2017-12-04 12 51 58


DATE: December 7 (Thu) 8 (Fri) 9(Sat) 11:00am-7:00pm
(will be closed 5:00pm on Saturday)

PLACE: The Loft of Hanamizuki Café 
143 West 29th Street (Bet.6th & 7th Aves.)

BRANDS:
"8.6.4"
"BAGSINPROGRESS" New York
"Michiko Shimada"
"Monroe Garden Studio"
"SAYAKA DAVIS"
"TSUYUMI"
"Willoughtby Ave Jewelry"

写真 2017-12-04 12 10 07

©8.6.4
写真 2017-12-04 12 10 37

©Michiko Shimada


海外永住 ブログランキングへ "

ACDC59C4-3CA0-452A-A153-E1543C72BC43
Next
アーティストは、デザイナーでも看板屋でもない。
本来素人が、こんな風に描いて欲しいと注釈してはいけない。
私が苦悩する想いも、彼女は受け止めてくれた。

娘が思い描いているであろう、キラキラした世界観。
崇高な魂と人との繋がりを表現する色。
手に取ってみたいと思えるあったかさ。
愛と感謝を伝えたいという想いを、どう表現してもらえるか。

書く側と売る側の想いが交錯する。
装丁作家やデザイナーさんの寛容さに甘えて、
私は最後まで、ずっとワガママだった。

売るために書いたのではなく、
知ってもらうために書いたから。
世界のどこかで、トンネルの出口を探している人たちに、
この光が届きますように。

写真 2017-11-15 16 16 30


Artists are neither designers nor billboards.
They usually don't like the way that the clients indicate the way to draw.
But a Ronda artist, Midori Yamada, also accepted my feelings of distress.

A glittering worldview that my daughter would have envisioned.
A color expressing a noble soul and the connection to people.
A warm feeling that people want to take it directly.
How we can express the feelings of wanting to convey love and gratitude?

The thoughts of the writer and the seller intersect.
Fortunately, the tolerance of a binding writer and designers were soft on us,
I was always selfish till the very end.

I did not write it for sell the book,
Because I wrote to let somebody know.
Somewhere in the world, for those looking for tunnel exits,
I hope this light will arrive.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
久しぶりに、母娘ほど年齢の違う女性たちのアテンドを依頼されて、
一体何を話せば良いのだろうと思っていた。

ゆとり世代ど真ん中の彼女たち、あまり物事にも執着がない。
とてもいい青春時代を送っているのだなと、羨ましくなった。

なかの一人が、ふと手にした携帯ケース。
個性あふれる可愛さで、すぐに彼の作品だなと分かったから、
私と彼の大事なストーリーを、大切に伝えた。

「ミカさんが思っているものとは違うかもしれないけれど、
僕がセリちゃんを描いてみたいなと思うので、描かせてください」

活字離れといわれる御時世だけれど。
少しでも手に取りやすい、読みやすい、あったかい本にしたい。
たくさんの人に支えられて出来上がったストーリーに、
愛あふれるイラストを添えて下さった裏話。

余計な言葉は不要だけれど、
一枚一枚に、たくさんの想いが込められている。
きっと出会いは偶然でなくて必然。
ニューヨークという街は、たくさんの出会いを連れてくる。

写真 2017-11-14 9 34 41


When I was asked to guide with the women tourists whose age were very young generation,
I didn't know what I should talk about.

Since they were in the middle of the "Yutori-generation (generation educated with latitude)",
they looked they did not have specific persistence with something.
I was envious that they were sending a very good youthful age.

One lady had a mobile phone case that was designed with a cute girl illustration.
Because I knew that it was my friend's work soon,
I carefully conveyed my important story of him to a lady.

"Mika, although it may be different from what your ideal,
I want to draw your daughter, Seri. Let me do it, please."

Although now is said that the young generation is lack of the interest of serious reading,
we want to make it a warm book that is easy to read even a little.
To the story completed with the support of many people,
there was a story behind the lovely illustration.

Although additional words are unnecessary,
a lot of thoughts are put in each piece.
No doubt the encounter is inevitable.
The city of New York brings lots of encounters.

三浦大地氏HP / Please click here to see the official website of "Daichi Miura"


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
芸術家や文化人が集まる銀座のBAR「サロン・ド慎太郎」。
数年前、従姉妹の紹介で知り合った時から、
私は一気に慎太郎ママのファンになった。

アカウント持っているだけで、ほとんど休眠状態のインスタグラムで、
銀座のママ達と、幾人かのアーティストだけはチェックする。

慎太郎ママが、ついにバッグのコラボ企画に乗り出した。
イタリア発の日系ブランド、アンテプリマのワイヤーバッグが、
和装にもぴったりなデザインで生まれ変わった。

日本の利休型バッグとイタリアテイストのコラボレーション。
あまりにも素敵な発想に、私は遠隔から一目惚れ。

地球の裏側まで一緒に帰ってきたバッグ、
今度は世界中に連れて歩きたい。

21427573_10155766722408112_4285890025208386220_o


In Ginza, Tokyo, there is a bar where artists and cultural people gather, "Salon de Shintaro".
A few years ago, since I met him through my cousin,
I have become a fan of Mom, Shintaro.

I have just an account of Instagram, but almost dead.
I check only moms of Ginza and some artists.

Mom, Shintaro, finally launched a collaboration project of the bag.
Japanese brand that debuted in Italy, Anteplima's wire bag,
has reborn with design that is perfect for kimono.

Collaboration between Japanese Rikyu Bag and Italian Taste.
Too much wonderful idea, I have fallen in love at first sight from New York.

I will bring this bag, that came to the back of the earth with me, to the world.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
「この2年、僕は何が出来たのだろう」
友人の呟きに、私も我が身をふり返った。

師匠が急逝した報せを、私はニューヨークで聞いた。
お別れは、あまりにも突然だった。

たくさん話したいことがあったのに、
たくさんお返ししなければいけなかったのに、
運命という定めは、それを待ってくれなかった。

自分が出来ることをやる。
それしかできないけれど、
師匠のために、何が出来るだろう。

「美しい心を教えるのは、母親の役目だよ」
師匠の言葉を、胸の内で繰り返す。

今の私には、書くことしかできないから、
師匠のことを伝えるために、ペンを取った。

来月は三回忌。
天国に届きますように。

43


"What have I done for the past two years?"
When I saw my friend's muttering, I also looked back on ourselves.

Two years ago, I heard the news in New York that my art master died suddenly.
Farewell was too sudden.

I had something I wanted to talk him a lot,
I had to give back him a lot,
The stipulation of fate did not wait for it.

I do what I can.
Although I can only do it,
I wonder what I can do for my master.

"It is mother's role to teach a beautiful heart."
I repeat the master's words in my mind.

For me now, I can only write.
I took a pen to tell my master.

The third anniversary will come next month.
Hope it reach to the heaven.

師匠のことを書き綴った記事です。
ぜひ読んでください。
拙著の2作目でも師匠のことを書いています。

「美の極み」
「美の極み、それから」
「美の極み、これから」
「ピアス」
「タイピン」



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
05


ジュエリーデザイナーの母を持ち、
職人技術を目の当たりにして育った。
愛らしいデザインを生み出す内面は。
どこまでも強く美しい。

ニューヨークで最も有名なセレクトショップ、
「ジェフリー」のオーナーが惚れ込んだセンスを、
すでに世界中のセレブ達が注目している。

世界の次のステージまで、
日本人アーティストの息吹を届けよう。

57


Having a mother of a jewelry designer,
she grew up witnessing craftsmanship techniques.
Her mind that creates an adorable design,
it is strong and beautiful everywhere.

The owner of "Jeffrey", the most famous select shop in New York,
Loves her sense and has started to sell her collections.
Celebrities all over the world are already paying attention.

To the next stage of the world,
we shall deliver the breath of Japanese artists.

53


"Bijou de M" Official Website


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
あまりにタイミングの良い引き合わせと御縁に、
感謝以外の言葉が見つからない。

たったひとつのアートとか、
たったひとつの音楽とか。

それで命を救われることがある。
生きる力をもらうことがある。

生命の尊さと、感謝の想いを、
ずっと伝えていきたい。

Hope my dreams come true.

写真 2017-10-22 3 59 20


I had a wonderful timing and good relations,
I cannot find words other than appreciation.

By only one art,
Or by just one music,

That sometimes saves lives.
People get the power to live.

The preciousness of life and the feeling of appreciation,
I want to tell it all the time.

Hope my dreams come true.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

Next
写真 2017-10-23 23 08 33

22728802_1580207152064267_5348614395620099762_n

写真 2017-10-23 23 08 37


昨年、パリで立ち上げたコラボイベントが、
少しずつ成長している。
今春の伊万里に引き続き、今秋は宮城で開催。

伊達政宗公生誕450年で盛り上がる宮城。
政宗公の情熱と誇りを、食とアートで表現するというテーマ。

シェフとアーティストを繋いだ時の苦労を思い出しながら、
母親の気持ちで見守った。

たくさんの学びを課題に、今後も進化していくのだろう。
世界の舞台は、すぐ目の前にある。

写真 2017-10-23 23 08 35

写真 2017-10-23 23 08 41

写真 2017-10-23 23 08 44

写真 2017-10-23 23 08 46

写真 2017-10-23 23 08 48

写真 2017-10-23 23 08 51


Our collaboration event launched in Paris last year,
is growing little by little.
Following Imari in spring, it was held in Miyagi this autumn.

Miyagi-prefecture is exciting Masamune Date's birth in 450 years.
The theme of expressing the passion and pride of Masamune by food and art.

While remembering the hardships to connect the chef and the artist,
I watched this event with mother's feelings.

It will evolve from now on with a lot of learning as an issue.
The stage of the world is right in front.

写真 2017-10-23 23 08 53

写真 2017-10-23 23 08 55

写真 2017-10-23 23 08 57



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-23 23 08 59

22780464_1580207742064208_5325175995408257781_n

Next
写真 2017-10-19 21 19 41


今夏初めてお会いした舞台演出家の伊藤靖朗氏。
彼のプロデュースする舞台を拝観した。
昨年初演の作品が、今年バージョンアップして再演するという快進撃。

水産高校に通う陽気な高校生5人組のスイサンズが、
財政難に陥った母校を救うために、伝説の釣り針を探しに行く。
社会風刺を含みながらのストーリー展開に、目が離せない。

移動参加型という珍しい舞台スタイルに挑戦したり、
社会風刺という難しいテーマを、高校生を使って解読させたり。
伊藤氏の舞台は、どこか古くて新しい。

若者が主演というキャスティングもあって、
会場中に若さのネルギー溢れる舞台だった。

「ポセイドンの牙、バージョン蛤」の次は、
どんなバージョンが生み出されるのだろうか。
伊藤氏の躍進に、日本の演劇界の未来を予感した。

写真 2017-10-20 16 51 32

写真 2017-10-20 16 51 29

撮影・林裕介 企画制作・MMJ

Mr. Yasuro Ito, is the stage director I met for the first time this summer.
I watched the stage "Poseidon's fang" he produced.
This was a good advancement that the work premiered last year upgraded
this year and replay.

There is a cheerful high school students group who go to fishery high school.
They are going to find a legendary fishhook to save the old school which fell
into financial difficulties.
The story development including social satire is very interesting.

Ito's stage is somewhere old and new.
He challenges the rare stage style of movement participation type.
He uses high school students to decipher the difficult theme of social satire.

Because there was casting that young people starred,
It was a stage full of energy of youth at he venue.

Next to "Poseidon's Fang, Clam Version"
What kind of version will be created?
I felt Mr. Ito made the future of the theater industry in Japan.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-10-12 14 52 18 (1)

写真 2017-10-12 14 52 30 (1)

写真 2017-10-12 14 52 44

写真 2017-10-12 14 52 53 (1)

写真 2017-10-12 14 53 03 (1)


これだけ和食文化が根付いたニューヨークでは、
必然的に、和食器への注目度も高い。

小野哲平氏の作品は、手と心に優しい。
個性的な釉薬使いも、色の残し方も。
美味しく食事を楽しんでほしいという想いが伝わってくる。

ギャラリーで静かに佇むオブジェ達も、
ショップで飛ぶように売れていく日常使いの食器達も。

作家の人柄なのかなと思う。
器との出会いは、豊かな心を連れてくる。

写真 2017-10-12 14 53 10 (2)

写真 2017-10-12 15 07 13


In New York where Japanese cuisine has taken root,
Inevitably, attention to Japanese-style pottery is also high.

Mr. Teppei Ono's work is gentle to the hands and the heart.
Unique glaze use, also how to leave color.
The feeling that he wants us to enjoy delicious meal is transmitted.

We can see his objects at the gallery.
And we can buy his casual series at the shop.

I think that it is a character of an artist.
Encounter with pottery brings a rich heart.

写真 2017-10-12 15 46 55 (1)

写真 2017-10-12 15 47 25 (1)

写真 2017-10-12 15 47 57 (1)



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
かつて、私には絵を描いてくれなかったアーティストがいた。
身内同然の者に買ってもらうのは、惨めだからと。
今は、ニューヨークに飾って欲しいというアーティストがいる。
私自身は何も変わらないつもりでも、季節も人も移ろいゆく。

******

2週間の個展を終えてアーティストが帰国する時、
私は彼女のエネルギーを、手元に置いておきたくなった。

中国古来の伝えで、龍と孔雀は天と地を繋ぐという。
ずっと私を見ていた龍に、これからも守って欲しいと思った。
下地には、京都鴨川神社の砂が埋められている。

自宅のリビングルームに、新たな守り神が加わった。
私はまたアートに救われる。
その力を伝える旅に、ここから歩き出す。

写真 2017-09-30 17 13 43


Once, there was an artist who did not draw a painting when I asked.
He said it was miserable if I bought it, because I was just as an agent.
Now there are artists who ask me to decorate their arts in New York.
Even though I am not going to change anything, the season and people will change.

******

When the artist returned to Japan after finishing her two-weeks solo exhibition,
I wanted to keep her energy at hand.

In ancient China telling, dragons and peacocks connect heaven and earth.
To the dragon who was watching me, I pray to ask to save us.

A new guardian god was added to our living room.
I will be saved by art again.
I will leave on a journey from here to convey that power.
The base of the painting is filled with sand of Kyoto Kamogawa Shrine.

写真 2017-09-29 20 23 59



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-01 17 00 48
Next
写真 2017-09-28 16 57 16 (1)

写真 2017-09-28 17 13 24 (1)

写真 2017-09-28 17 15 55


「覚醒」もしくは「降臨」。
描いている時、ものすごいエネルギーが降りてくる。

素人目にはわからない、何かしらの力を受け取って、
その想いをキャンバスに、吐き出しているのかもしれない。

彼女のニューヨーク個展のために、
ロサンゼルスやトロントから駆けつけてくる来場者。
次回の個展開催の招致に、何度も足を運んできた美術館のキュレーター。

どこからそのエネルギーが舞い降りてくるのか、
少しわかった気がした。

来年の企画が、早くも動き出している。

写真 2017-09-29 15 33 12 (1)


"Awakening" or "Advent".
When an artist draw, tremendous energy comes down.

Though I am not a professional,
It may be spitting out that feeling on a canvas when she receives some power.

For her New York solo exhibition,
Visitors came from New York, Los Angeles and Toronto.
A Curator of the museum had repeatedly attended to ask her to have the next
solo exhibition there.

I felt a little understanding where from her energy came out.

The project of next year has already started.

写真 2017-09-29 15 33 27



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-29 18 33 04

Next
写真 2017-09-21 18 21 00


愛と情熱と魂と。
彼女の作品からは、強烈なエネルギーが放出されている。
龍も孔雀も花も人も。
そのエネルギーを伝えるメッセンジャー。

レセプションに訪れた数多くの人たちは、
彼女のパッションの源を探りたがる。
でも彼女はきっと、人が内に秘めたエネルギーを吸い込んで、
それらを昇華させるために、描き続けるのだと思う。

涙を流しながら、孔雀に向かって礼拝している人。
龍の前で、オペラを歌う人。
振り向きざまに、身の上話を披露する人。
いろんな人間模様が交錯する。

愛と孤独をそこに封じ込めて。
天に昇華していくアートが、ここにある。

写真 2017-09-21 18 30 03

写真 2017-09-21 18 30 22

写真 2017-09-21 18 30 38


Love, Passion and Soul.
From her works, intense energy is released.
Dragons, Peacocks, Flowers, People as well.
They are messengers to convey that energy.

Many people who visited the reception,
wanted to explore the source of her passion.
But she surely puts the energy that man hides in secret,
she draws painting to continue to sublimate them, I think.

A man who worships towards the Peacock while shedding tears.
Singers who sings opera in front of her works, the Dragon.
A lady who turns around and shows off her life story.
Various human patterns intersect.

They contain love and solitude there.
Here are the art works that sublimates to the sky.

写真 2017-09-21 18 28 27

写真 2017-09-21 18 28 33



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-21 18 34 10

写真 2017-09-21 18 36 08


前回のNY個展の記事 Mari's Last Exhibition in New York

A Solo Show for MARI NISHIMURA "Living Powerfully"
September 16-30, 2017 (Wednesday - Saturday 12:00-18:00)
MONTSSRRAT Contemporary Art Gallery
547 W. 27th Street, New York, NY10001

写真 2017-09-22 16 39 26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-22 19 22 07


Next
写真 2017-09-16 19 33 32


夏目漱石の短編集「夢十夜」。
「こんな夢を見た」という有名な一文で始まる物語が、
日本人作曲家の手によって、オペラ楽曲という壮大な作品になった。

2008年にスウェーデンで初演され、漱石生誕150周年の今年、
国際共同作品として、新しい演出で見事に再演された。

十夜から抜粋された4つのシーンが、迫力のあるオーケストラと
想像力をかきたてられる演出で、組み立てられる。

「悟り」の境地にたどり着けずに苦悩する侍。
女の虜になり、崖に飛び込むか、豚に舐められるか、究極の選択を迫られる男。
盲目の我が子を山に捨てに行ったことから、前世の原罪が露見する父親。
死に別れた女と再会したいと100年待ち続けた男。

非現実的で幻想的な夢物語に、漱石自身の内面が伺える。
西洋のハーモニーを使って、日本のテーマを追求する。
解釈の難しい原作を表現する作曲家の苦悩と喜びも交錯。

どこまでも美しく、どこまでも力強い。
欧米で絶賛された大作が、まもなく日本に上陸する。

写真 2017-09-16 19 30 22


Natsume Soseki's notable novel "Ten Nights of Dream" is a story that starts
with a famous sentence "I had dreamed such a story".
By the hand of Japanese composer, Moto Osada, it became a magnificent work
of opera music.

"Four nights of dream" was premiered in Sweden in 2008.
As an international collaborative work, it was rearrangement spectacularly with
a new production in this year of Soseki's 150th anniversary.

Four scenes excerpted from the ten, is assembled with directing the imagination,
also with a powerful orchestra.

1. A samurai suffering without reaching the point of "enlightenment (satori)".
2. A man who becomes a prisoner of a woman is forced to choose the ultimate one;
jumps into a cliff, or is locked by pigs.
3. When the father goes to abandon his blind child, his original sin of the previous life
is revealed.
4.A man who kept waiting for 100 years to want to see a woman who died.

Inside the unreal and fantasy dreamlike, the inner surface of Soseki himself.
Using Western harmony, pursue Japanese theme.
I feel the composers' anguish and pleasure expressing difficult interpretations
are also mixed.

Moto's music is very beautiful and powerful.
A masterpiece acclaimed in Europe and America will land in Japan this month.

写真 2017-09-16 21 28 57


Promotion Movie of "Four Nights of Dream" 動画はこちら。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-17 9 34 44
Next
大きすぎる夢は持たない。
いつも自分の少し目の前にある目標が好き。
ほんの少し手を伸ばせば届きそうで、でもまだ届かない。

姉は私にとって、いつもそんな存在だった。
私よりはるかにセンスが良くて、アイディアの宝庫。
そんな彼女が応援する帽子ブランド、アミ(編み)ツムリ(頭)。

2004年にパリで鮮烈デビューを果たし、
今なお精力的に、その活躍の場を広げている。

いたるところに散りばめられている、日本の職人技。
おじいさまのニット帽子屋さんを、受け継いだというのがいい。
いろんなストーリーを一緒に編み込んで、
世界を旅する帽子たちが生まれていくのだろう。

写真 2017-09-13 14 38 01


I don't have unrealistic dream.
I like a little goal which is just in front of me.
It seems that I can achieve if I reach out for a while, but I do not reach yet.

My elder sister always existed like that.
I feel she is much better than I am, and she is a treasure trove of ideas.
"ami (knitting) tsumuli (head)" is a knit hat brand that my sister supports.

In 2004, the designer made a brilliant debut in Paris,
Even now, they are expanding the place of activity.

Japanese artisan skills are scattered everywhere in her hat.
I like the story that she has inherited the knit hat store of her grandfather.
She stitches various stories together,
Her knit hats will be born to travel around the world.

写真 2017-09-13 14 38 22


ami-tsumuli 公式ホームページ Official Website

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-09-13 14 38 49
Next
これまでニアミスだった人と、不意に御縁がつながって、
突然、歯車が動き出すことがある。

ドバイとアメリカと日本がぐっと近づいて、
新しいワクワクが始まった。

必要とされる場所で、必要とされる人のために。
アートという共通項、その力を世界に伝えたい。

写真 2017-08-23 9 35 21


People who had been a near-miss until now were unexpectedly connected
to each other,
Suddenly the gear may start to move.

Dubai, the United States and Japan are much closer,
A new excitement has begun.

I will work for those who needed, where needed.
I would like to tell the world about the common item called art.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-26 9 09 13


侘び寂び以前の日本では、
大陸から来た極彩色が、自由に世の中を照らしていた。

1400年の歴史を超えて、
ロンダが天平文化の鮮やかな色を繋ぐ。

色彩にジャズのリズムが加わって、
人間の様々な感情が、そこに見え隠れする。

アートにかける想いとか、アートの力とか。
同じ方向を向いて、信頼し合えるか。
そして人を繋げるか。

最初に半襟をデザインしてから、
時を経て、帯と着物が完成した。

ロンダアートの世界が、こうして繋がっていく。
アートには、人を繋げる力がある。

写真 2017-08-26 10 25 45


Before the period of "Wabi-Sabi, which means Beauty within Simplicity" in Japan,
The richly color that came from the continent was illuminating the world freely.

Beyond the history of 1400,
Ronda-Art connects the vivid colors of Tempyo culture.

Jazz rhythm added to the color,
Various human emotions are drawn there.

We know the thought to be put on art or the power of art.
We point in the same direction and trust each other.
We shall connect people.

After designing the half collar at first,
Over time, the Obi(Belt) and Kimono(Cloth) were completed.

The world of Ronda-Art is thus connected.
Art has the power to connect people.

写真 2017-08-26 9 19 47


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-26 9 09 29


加賀友禅大使 彦田佳子
着物・帯デザイン 山田みどり
加賀友禅作家 宮腰一惠
撮影 吉田加代
撮影場所 谷口吉郎設計@金沢主計町

写真 2017-08-26 10 44 06
Next
最初にシェフの料理に惚れ込んだ頃、彼はまだ20代だった。
ニューヨークの「アトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」の総料理長だった時代、
シェフと対面できるカウンター席の食事がお気に入りだった。

ニューヨークという舞台で、日本人シェフが堂々と活躍する姿は凛々しくて。
こういう日本人をずっと応援していきたいと、あの頃から思っていた。

時を経て、40代になったシェフと、次の企画を話し合う。
古巣を訪ねてきたシェフに、どんどん仲間が集まってくる。

かつてのロブションチームが、今でもシェフを慕う様子が嬉しくて。
ずっと御縁が繋がって、未来を創造する楽しさにワクワクする。

写真 2017-08-14 13 32 47


When I first felt in love with the meals of Chef, Yosuke Suga, he was still in his twenties.
In the era when he was the executive chef of "L'Atelier de Joel Robuchon" in New York,
I liked the counter seat meal that I could face with the chef.

The figure that the Japanese chef played active in New York was dignified.
I thought from those days that I would like to support such Japanese people forever.

After many years passed, I met him who got in his 40's, and discussed the next project.
Many friends gathered to the chef who visited his previous restaurant.

I was very happy that the former staff of "Robuchon team" still cherished the chef.
We were excited about the joy of our connecting and creating the future.

写真 2017-08-14 11 25 35


須賀洋介シェフ「SUGALABO」予約は紹介制です。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
オンとオフのはざまでも、定期的に連絡をくれる仲間たち。
ニューヨークとパリと東京が、こんな形で繋がっている。

イベントを一緒に作り上げる仲間だからこそ、
きちんと向かい合ってコース料理をいただく機会は稀少かつ必須。
きめ細やかなコミュニケーションがチーム力を培ってくれる。

さて、次の舞台はどこだろう。

写真 2017-08-06 7 51 02


We had a good time in Tokyo.
Even between on and off, friends who regularly contact me.
New York, Paris and Tokyo are connected in this way.

Because it is a friend who makes up an event together,
Opportunities to face and face course cooking are rare and essential.
Fine-grained communication cultivates team power.

Where is the next stage?

写真 2017-08-05 23 20 54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
男女限らず、人間の魅力はそのギャップにあると思う。
その人の意外な一面を見た時に、おおよそ恋に落ちる。

西川悟平氏のピアノを初めて聴いた時、溢れる涙を止められなかった。
まだその時は、彼の歩いてきた人生の軌跡も知らなかった。
ただ、パワフルで魂に響く音色がそこにあったから、受け止めた。

カーネギーの大ホールで、100人のオーケストラをバックに弾く時も、
ウェストビレッジにある、ウォークアップの自宅アパートで弾く時も、
その音色からは、同じエネルギーが放たれる。
彼のトークとのギャップに、人は魅了される。

夢に挑戦するニューヨークという舞台と、
かなえた夢を持ち帰る日本という土台。
どちらに対しても、同じように愛する気持ちを持ち続ける。

「諦めないで、夢は叶うから」
私もそんなメッセージを一緒に伝え続けたい。

写真 2017-07-23 9 54 47


I think that not only men and women, human attraction lies in that gap.
When people see one person's surprising aspect, he/she falls in love surely.

When I first heard Mr. Gohei Nishikawa's piano, I could not stop the tears overflowing.
At that time, I did not even know the trajectory of his life.
However, it was a powerful and reverberating tone, so I accepted it.

Even when he played with 100 members of orchestras at the Carnegie Hall,
Even when he played at a walk-up apartment in West Village,
From that tone, the same energy was emitted.
People are fascinated in the gap with his interesting talk, too.

New York is the stage that we challenge dreams.
Japan is the foundation that we bring back a dream that comes true.
We continue to have love in the same way for both.

"Don't give up, your dream will come true"
I also want to keep telling such messages together.

写真 2017-07-22 14 50 20


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-17 19 32 54


アーティストにゴールはない。
いつも進化しているから、永遠に描き続ける。

興味の対象や作風が変わっていくことを、
そのサポーターたちは、ずっと見守っている。

2年前にニューヨークという舞台にチャレンジしたロンダを、
今度はどんな形で伝えていこうかと思考を巡らせている。

アーティストの生き様は、そのまま作品に反映する。
大事なのは、伝えたい想いと受け取る想いがマッチすることで、
私は静かにその繋ぎ役という任務をまっとうする。

写真 2017-07-17 19 32 45


Artists have no goal.
Because it is always evolving, they will continue to draw forever.

That supporters have always been watching their changing of the subject
and style of interest.

For Ronda that challenged the stage of New York two years ago,
we are thinking how to tell in what form next stage.

The artist's way of life is reflected in the work as it is.
What matters is that by matching the feelings they want to convey and the
feelings people receive,
I am quietly going through the mission of that connection.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-11 17 11 10


靖国神社から少し坂を上ったところに、
その洋館は佇んでいる。

東京タワーを設計した内藤多仲氏による設計。
築90年の歴史を感じないほど、躯体と耐震がしっかりしているのは、
関東大震災(1923年)の直後に建立されたことも理由だろう。

仕掛け人から繋がる人たちも、旧知の仲間だらけ。
彼らの生き様に大いに共鳴できるから、
空間の使い方に迷いはない。

古き良きものを、あるべきままの姿で楽しんでいただくために。
ここで起きる新しいワクワクのパズルを、
この夏、じっくりと組み立ててみる。

写真 2017-07-11 17 09 54

写真 2017-07-11 17 09 39

写真 2017-07-11 16 26 44


At a little uphill from the Yasukuni Shrine,
There is a Western-style building.
It was designed by Tanaka Naito who designed the Tokyo Tower.
The reason that the building and the earthquake resistance are solid enough
that I do not feel the history of 90 years of construction, was built just after
the Great Kanto Earthquake (1923).

Everyone who is connected from the main person is all my old friends.
Because I am resonated much with their way of live,
there is no hesitation in how to use that space.

In order to enjoy the good old things as it is to be.
This summer, we will carefully assemble a new exciting puzzle that will happen.

写真 2017-07-11 16 48 55

写真 2017-07-11 17 04 50

写真 2017-07-11 16 55 21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-11 17 18 34
Next
「密談するなら、神楽坂でしょ」
クミシュランの主宰者は、いつも面白いことを言う。

それで私達は、神楽坂の個室で、
過去と現在と未来について語り合った。

私の原点とも言える、芝居やミュージカルの演出を、
次々と具現化してしまっている若き才能との出会い。

小さな夢が、こんな出会いから実現することもある。
世界の舞台は、ほんのすぐ目の前にあるのかもしれない。

写真 2017-07-11 6 52 14


"When we talk in secret, let us go to Kagurazaka."
The leader of Kumichelin always thinks interesting things.

So, we talked about past, present and future,
in a private room at the Japanese restaurant in Kagurazaka.

We encountered with young talent.
He has been realized directing the play, one after another.

A small dream may come true from this encounter.
The stage of the world may just be in front of us.

写真 2017-07-11 6 59 36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-05 18 05 29

写真 2017-07-05 18 05 13


ニューヨーク店舗の立ち上げを手伝ったヘアスタイリストの友人が、
銀座に新しい店舗をオープンした。

「アパートメント」の名の通り、ビルの1階から3階がサロンになっていて、
個室的サービスを受けられるのが特長。

ニューヨーク店舗の成功も引き金となって、銀座でも2店舗展開という急成長。

極寒のニューヨークで、ダウンを着込んで物件を探した。
工事の遅れが気になって、何度も現場に足を運んだ。
足を使って一緒に動いたことが、今こうして繋がっていることに、感慨深い。

ブレない自分を保つこと。
過去を振り返った今、それがようやく少しずつ、形になっているのだと思える。
経済的なものではなく、目に見えない一番大きなものをいただいているのは、
きっと私自身なのかもしれない。

写真 2017-07-05 18 04 46

写真 2017-07-05 18 02 27


A friend of a hair stylist opened a new store in Ginza, Tokyo.
I helped him to launch a New York store many years ago.

The store is as the name of "Apartment", the first floor to the third floor of
the building are salons.
It is characterized by being able to receive like private service.

Success of New York stores triggered, and he also has two stores in Ginza
in rapid growth.

In the extremely cold New York, we searched for the property, wearing
heavy down jacket.
I was concerned about the delay in construction, and went to the scene
many times.
I feel deeply that the fact that we moved together with our feet is connected
to now.

I try to keep strong self.
Looking back on the past, I think that it is gradually becoming form.
It might be myself who got the biggest invisible thing, not the economical
thing though.

Please click here; DRESS Hair Salon by MIWA

写真 2017-07-05 18 03 51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
打算で、人は応援できない。
その人の背景にあるものに、心が惹かれた時に、
ふっと自分の中で針が動き出す。

マリリンモンローのホクロを描き忘れたとか、
アートバトルの裏方とか、
昼間から飲むビールの美味しさとか、
そんな話で盛り上がる。

たくさん笑って、ちょっと泣いて。
なぜそこに愛があるのか、分かった気がした。

理想主義だと言われることは百も承知だけれど、
きっとアートが救ってくれる。

この秋、すごいことが起こりそうだ。

19143828_10210673101601028_5790705883494164165_o

©PESUART

I cannot cheer someone by prudent motivation.
When my heart is attracted to what is behind that person,
the little hand starts to move in myself.

We were excited with such a story;
He forgot to draw a symbol mole on Marilyn Monroe's face.
The story behind the art battle.
The taste of beer to drink from daytime was extremely good.

We laughed a lot, and cried a little.
I felt like I understood why there is love in his artworks.

I am well-informed of being told that it is idealism.
But hope Art will surely save this world.

Something will happen in this fall.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-06-25 13 52 43


大好きなドリカムが、私の誕生月にリリースした曲。
タイトルを聴いて、心が躍った。

夏雲を追いかけて、北上する。

大阪でも、ニューヨークでもいい。
みんな同じ空の下で、生きている。

写真 2017-06-25 17 08 13


My favorite music group "Dreams come true" released new CD in my birth month.
I was so excited when I heard the title of the song.

I headed north after chasing the summer clouds.

Even in Osaka, or New York.
Everyone is alive under the same sky.

写真 2017-06-26 14 13 45


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


27

©DCT
Next