写真 2018-05-30 20 13 06


つい見逃してしまう日常のワンシーンを、
女性として、母として、愛を込めてシャッターを切る。
趣味で始めたというカメラが、いつしか身体の一部になっているのだろう。

ほんの一瞬の出会いを大切にしている、彼女らしい写真が並ぶ展示会。
心温まる作品を眺めながら、彼女が過ごしてきた時間を想う。

デジタルの時代だからこそ、アナログでしか伝えられないものがある。
真っ直ぐに心に響く写真を撮れるのは、やっぱり真っ直ぐな心だけだから。

出会いとそこから繋がる人の輪に、感謝を込めて。

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 06

写真 2018-05-30 20 02 11

写真 2018-05-30 20 02 32

写真 2018-05-30 20 03 32

写真 2018-05-30 20 03 38


To the one scene of everyday life that we may miss easily,
As a woman, as a mother, she puts a shutter off with love.
The photography that she started with a hobby is probably becoming part of her body.

Her exhibition has been held that cherish the encounter with just a moment.
While looking at heartwarming works, I thought about the time she spent.

Because it is a digital era, there are things that can only be reported in analog.
Only a pure heart that can take pictures that resonate straight in the heart.

I thank to the encounter and the circle of people who connect from there.

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 17

写真 2018-05-30 20 01 24

写真 2018-05-30 20 04 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-09 11 58 34

Next
写真 2018-05-29 19 35 07

写真 2018-05-29 20 47 50


キングコング西野亮廣氏が、5年ぶりにNY個展を開催。
ミッドタウン、グラセンから徒歩5分のギャラリーは、
連日多くの来場客で溢れていた。

あまりに美しい原画の数々に圧倒されながら、
娘にいつかこの鮮やかな色を見せてあげたいと思う気持ちが膨らむ。

西野氏と「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の話題に触れつつ、
2020年に映画化が決定しているというプペルの世界を、
視覚障害者にも伝える方法はないかなと考える。

音や文字に色が見える共感覚を持った人はいるけれど、
鮮やかな色の世界を、光のない世界で再現することは難しい。
映画の「音声ガイド」にとどまらず、
視覚に頼らずに絵本の世界を感じることができたら面白い。

5年前の個展を訪れた時、こんな未来があるとは思っていなかった。
次の5年後には、予想もしていなかった未来が訪れるのかもしれない。

写真 2018-05-30 11 47 50

写真 2018-06-01 14 14 49

写真 2018-06-01 14 10 51

写真 2018-06-01 14 11 23

写真 2018-06-01 14 11 50


Mr.Akihiro Nishino, the member of Japanese comedian group "King Kong",
held a NY solo exhibition for the first time in five years.
The gallery, a 5-minute walk from the Grand Central Station in Midtown,
It was full of many visitors every day.

While being overwhelmed by the many beautiful original drawings,
The feeling of wanting to show this vivid color someday to my daughter expanded.

While touching the topic of "Dialogue in the Dark" with Mr.Nishino,
I wonder that there is a way to tell visually handicapped people.
The world of Poupelle has been decided the filmzation in 2020.

Although some people have a sense of commonality in which colors are seen in sounds and letters,
It is difficult to reproduce the world of vivid colors in a world without light.
Not limited to the "voice guide" of movies,
It would be interesting if we could feel the world of picture books without relying on vision.

When we visited his solo exhibition five years ago, we did not think there was such a future.
In the next five years, the future that we did not anticipate may come.

写真 2018-05-30 7 06 06 (1)

写真 2018-05-29 20 11 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-30 5 56 46




Next
その人とは、ここでひっそりと会うことが多い。
銀座の街中なのに、なぜか人は少なくて。
居心地の良い空間で、これからのアート企画について話し合う。

まさに寝食を忘れて絵を描いてしまう彼女は、
普段あまり食事に執着がないけれど、
たまにこうして美味しいものを一緒に食べられるのが嬉しい。

春のイベントを終えて、秋の企画、そして来年の企画を話し合う。
アートの力を、まだずっと信じている。

アートが必要だと言ってくれる人のために。
貴方が必要だと言ってくれる人のために。

写真 2018-05-07 12 56 48


When I meet that person, we choose such a quiet place.
Although we were in the city of Ginza, there were few people for some reason.
We discussed the future art planning in a cozy space.

As she forgets to have meals when she draws a picture,
she usually does not have much obsession with meals.
Sometimes I was happy to be able to eat delicious things together.

After the spring event, we discussed the plan of the autumn and the plan of the next year.
I still believe in the power of art.

For those who say that art is necessary.
For those who say that you need it.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-04-19 11 03 26

写真 2018-04-19 18 43 42

写真 2018-04-22 17 13 43


世界では、たくさんのアートエキスポが開催されているけれど、
ニューヨークのそれは、他とは一線を画している。
出展者と来場者の多さ、レベルの高さ、そしてメディアからの注目度。
ニューヨーク最大のイベントの一つであることは間違いない。

今年は日本人アーティスト4名で、一つのブースを共有。
油絵、アクリル、刺繍アート、趣向の異なるアートを並べ、
いかにして空間を作り上げていくかが、キュレーションの要。
会場設営のセンスが、展示会の成功を左右すると言っても過言ではない。

モダンアートのブースが多い中で、我々のブースは異彩を放っていた。
隙間なく並べられた作品の合間に、アーティストの想いを英字で描き込むと、
詩的な空間に吸い込まれるように、たくさんの入場者が足を止める。
ここでエネルギーをもらったと涙する来場者に、アートの底力を感じる。

たくさんの作品が、米国在住者のもとにお嫁入りすることになり、
地元TVメディアの取材もお受けした。
直前まで不安もあったけれど、チームとして楽しもうという気持ちが、
最大限の成功を生み出す結果となった。

会場に足を使ってお越しくださった来場者の皆様。
作品を御購入くださった、たくさんのファンの皆様。
4日間を共にしたアーティスト仲間、そして最高のネイバー達。
毎日ランチと温かい飲み物を差し入れしてくださったジュミさん。
会場設営の大黒柱、日本から来たターヤン。
作品を生み出してくれたアーティストと、そのコレクターの皆さん。
そしてきっと前世からのソウルメイト、マリさん。
今はただただ、感謝の気持ちを伝えたい。
心の底から、ありがとう。

アートの力を、これからも信じているから。
すでに来年の計画が、動き出している。

西村麻里さんオフィシャルHP

写真 2018-04-19 12 43 59

写真 2018-04-20 15 02 54

写真 2018-04-20 16 54 01

写真 2018-04-21 14 10 12

写真 2018-04-21 15 03 40

写真 2018-04-22 15 15 50


A lot of Art Expo is being held in the world,
That in New York is distinct from the others.
The number of exhibitors and visitors, the height of the level, and the attention from the media.
It is no doubt that it is one of New York's biggest events.

This year we lead four Japanese artists who shared a booth.
Oil painting, acrylic, embroidery art.
Thinking the art of different style,
How to create space was the key to curation.
It was no exaggeration to say that the sense of establishment of the site influences
the success of the exhibition.

With many booths of modern art, our booth was awesome.
When drawing the artist's feelings with English letters between the works arranged tightly,
Many visitors stopped their feet so that they were attracted into our poetic space.
I felt the power of art to visitors who thanked getting energy here.

Many works were sold to residents of the United States,
We also accepted coverage of local TV media.
Although I was worried until the last moment, my feeling of having fun as a team,
It resulted in maximum success.

Everyone who visited our booth at the venue.
Many fans who purchased the work.
A group of artists who shared 4 days, and the best neighbors from Canada.
Jumi who brought lunch and a hot drink every day.
Tayan from Japan, who was the main pillar of setting up the venue.
Japanese artists who exhibited their works, and their collectors.
And surely soul mate from the previous life, Mari.
Now I just want to convey my gratitude.
Thank you from the bottom of my heart.

I believe in the power of art forever.
The plan for next year has already begun.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-20 12 17 05

写真 2018-04-21 16 45 46

写真 2018-04-21 16 50 49

写真 2018-04-22 19 04 34

写真 2018-04-25 10 49 39

Next
写真 2018-03-27 16 16 47


美の師匠と慕っていたジュエリーデザイナーが急逝した後、
私は彼の才能を伝えるべき場所を探して彷徨っていた。

日本の美を継承する洗練されたデザインと、石留めの美しさ。
私がどんなに声をあげたって、響いてくれる人がいないのだと。

そのタイミングで現れたのが、春高未欧というデザイナーだった。
自らの足で私を見つけ出してくれた。
師匠の遺志を、私と同じ想いで受け止めてくれた。

すでに名が知られたブランドだけれど、
彼女の謙虚な姿勢に、私はすっかり魅了された。

すでに、目標は定まっている。
夢は必ず叶えるという彼女の誉れ高い姿勢を、ここでしっかり支えたい。

写真 2018-03-28 15 21 23


After the sudden death of the jewelry designer who was my art master,
I was wandering around searching for a place to tell his talent.

I know his sophisticated design that inherits Japanese beauty and beauty of stone closure.
No matter how loud I reported, there was no one to echo.

The jewelry designer, Mio Harutaka, appeared in front of me at that timing.
She found me out with her own feet.
She accepted my master 's will in the same way as I thought.

Although the name of brand "Bijou de M" is already known brand in the world,
In her humble attitude, I was totally fascinated.

The target has already been decided.
I want to firmly support her honorable attitude that dreams will surely come true.

写真 2017-11-04 8 09 06


Please click here to see the Official Website of "Bejou de M".
You could see the line up of the "Bijou de M" at "Jeffrey" in Manhattan, New York.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-11-04 8 08 18

©️Mio Harutaka, Bijou de M
Next
写真 2018-03-20 19 11 14


ニューヨークという舞台を第二の人生に選んだアーティスト。
フロリダで17年間、子供達のためにその職人技を披露してきた彼女を、
実は紹介される以前から、とある筋から聞いていた。

沸騰直前、熱々のキャンディーを、素手で丸める。
色粉を加えて丸めて、引き延ばす。
器用にハサミを使い、あっという間に形づくる。
ものの数分のうちに、飴で出来た動物達に、命が吹き込まれる。

子供達の目が、キラキラと輝く。
縁日を知らない世代、こんな職人技に惹きつけられる。

アメリカにたった3人しかいない飴細工職人。
ここで出会えたのも何かの御縁だから。
次のステージの構想を、一緒に妄想してみよう。

写真 2018-03-20 19 08 29

写真 2018-03-20 19 10 04

写真 2018-03-20 19 13 58


An artist who chose the stage of New York as her second life.
She has been exhibiting her craftsmanship skills for children for 17 years in Florida.
Before being introduced actually, I heard it from a certain source.

Just before boiling, round the hot candy with bare hands.
Add color powder, round and stretch.
Using scissors for deft, shape in no time.
She put the life of animals made of candy in a matter of minutes.

The eyes of children shine sparkly.
Generations that do not know the Japanese Festival "En-nichi" were attracted to such craftsmanship.

There are only three Candy Artists in the United States.
Because there might be some reason that I was able to meet here.
We shall deliberate together the concept of the next stage together.

写真 2018-03-20 19 35 45


写真 2018-03-20 19 37 48

写真 2018-03-20 19 37 53



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-20 19 22 06

写真 2018-03-20 19 44 22

Next
写真 2018-03-28 6 49 30


学生時代、私は西洋美術史を専攻していた。
海外アートに憧れ、イタリアルネッサンスをこよなく愛していた。

当時、同級生が琳派の研究をしていた。
私にとっては、遠い世界の出来事のようだった。

3年前、従妹の結婚披露宴が京都建仁寺で行われた。
琳派生誕400年で盛り上がる京都、改めてその素晴らしさを学んだ。

日本画家・山岸泉琳氏も、25年前までは現代アートに注心していたという。
彼女がニューヨークで、ふと琳派に魅された理由を知りたくて、
チェルシーのギャラリーに足を運んだ。

真っ白い空間に、まさに「凛」として金屏風が並ぶ。
日本の春を恋しく思う私に酷なぐらい、美しい桜吹雪が舞っている。
日本の四季の移り変わりは、その命の儚さが情緒を深める。

桜も紅葉も、短い命を精一杯に生きて、
また来年への希望へと繋いでくれる。
その一瞬を描き出すからこそ、封じられた生命のエネルギーがそこにある。

「新・琳派」とも称される泉琳氏の作品の圧倒的迫力に、
たくさんのニューヨーカーが魅了されていくだろう。

山岸泉琳 ニューヨーク個展
"Dancing Cherry Blossoms" until April 7
Onishi Gallery
521 W 26th Street, NY
212-695-8035

写真 2018-03-27 19 49 26


During my student days, I majored in Western art history.
I longed for overseas art and loved the Italian Renaissance.

At that time, classmates were doing research on the "Rimpa".
As for me, it seemed like an event in a distant world.

Three years ago, my cousin 's wedding reception was held at Kyoto "Kenninji".
Rimpa's birth is 400 years ago in Kyoto, I learned its splendor again.

Japanese painter Senrin Yamagishi also said that she had been paying attention to
contemporary art until 25 years ago.
I wanted to know why she was fascinated by Rimpa at New York,
I went to the Chelsea gallery.

In a pure white space, gold folding screens were lined up just as "Be dignified".
A beautiful cherry blossom snowstorm is dancing, and it reminded me spring of Japan.
The transition of the four seasons in Japan, makes emotion deeper because of its short period.

Both cherry blossoms and autumn leaves live a short life,
It also leads to hope for next year.
The energy of the sealed life is there, the reason why it depicts that moment.

To the overwhelming power of the work of Senrin Yamagishi called also "New Rimpa",
many New Yorkers will be fascinated.

写真 2018-03-27 19 49 33

写真 2018-03-27 19 50 11



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-27 19 49 06

写真 2018-03-27 19 49 17
Next
写真 2018-02-27 13 05 56

写真 2018-02-27 13 15 08

写真 2018-02-27 14 00 24


友人が主宰するバレエ団体の公開リハーサルに招かれた。
今秋の本公演に向けて、半年以上前からオフィシャルの意見を聞き入れる。
メディアや映像関係者が、事前取材を兼ねて本格的に観劇する。
舞台の演出について、積極的にオーディエンスの意見を伺う。

世界中に星の数ほどいるダンサーの中で、
ニューヨークという一流の舞台で活躍できる人は限られている。
どんな人と出会い、どんな御縁に恵まれているかも実力のうち。
私はこういう場面に立ち会えるだけで、本当に幸せだと思う。

一流の人は、恩義を忘れず、礼儀を尽くす。
彼らが苦労した時代にお世話になった人を、誰よりも大事に扱う姿に、
その場にいた誰もが心を打たれていた。

秋の本公演が、今から楽しみでならない。

写真 2018-02-27 13 30 54

写真 2018-02-27 13 32 41

写真 2018-02-27 13 53 19


I was invited to a public rehearsal of a ballet organization presided over by a friend, FJK Dance(Fadi Khoury).
They listened to the official's opinions for over half a year for the performance of this autumn.
Media and video staff participated in the preliminary interview for the full-scale theater.
They actively asked the opinion of the audience about the production of the stage.

Among the dancers that are as many as the stars in the world,
there are limited people who can be active in the prestigious setting of New York.
Which kind of person you met, what kind of edge you are blessed with ability.
I think that I am truly happy just by seeing these scenes.

Leading people do not forget their thanks, they do their courtesy.
By their figure treating those who took care of in the era when they struggled more important than anyone,
Everyone who was there was struck heart.

I look forward to seeing next stage, and the performance of this autumn.

写真 2018-02-27 14 04 48

写真 2018-02-27 14 05 57

写真 2018-02-27 14 06 25



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-15 10 48 36

写真 2018-03-15 16 12 38


LA郊外で仕事をしていたアーティストから連絡が入った。
彼の作品のファンだという方からの壁画制作依頼。
ただ予算との兼ね合いが難しく、どんな形になるのかは未確定だった。

ダウンタウンで待ち合わせて、依頼主のレストランへ。
雑然とした店内に、フォトスポットになるような絵が欲しいとのリクエスト。
アーティストは、いつものようにローラー1本で、
ガラス扉の両面から見て美しい花を咲かせた。

デジタル普及の現代において、壁画もデジタルで制作できる。
透明シートにプリントして、そのまま壁に貼るという方法もある。
でも、だからこそ、アナログで描くことが喜ばれるし、
ハンドペイントのあたたかみは、その場にいる誰もがきっと感じる。

20年前にアーティストが壁画職人を目指すキッカケとなった西海岸。
ここからまた新しいプロジェクトが始まりそうな予感がしている。

Located : 3012 W 7th, Los Angeles, CA
写真 2018-03-15 13 09 04

写真 2018-03-15 14 30 58

写真 2018-03-15 14 37 56

写真 2018-03-15 14 48 19


I got the contact entered from an artist, Takeshi Sato, who worked in the suburbs of LA.
He was asked for mural painting from those who are fans of his work, and needed me as an agent.
But it was difficult to balance with the budget and it was uncertain what kind of shape it would be.

We met in downtown and went to the client's restaurant.
The owner requested a mural painting that will become a photo spot inside a cluttered store.
The artist, as usual, used a paint roller,
bloomed the beautiful flowers from both sides of the glass door.

In modern times of digital popularization, mural paintings can also be produced digitally.
There is also a method of printing on a transparent sheet and sticking on the wall as it is.
But people pleased to see the artworks in analog,
and everyone will surely feel the warmth of hand paint on the spot.

The West Coast, Los Angeles, was where the artist decided to become a mural craftsman
twenty years ago.
I have a feeling that a new project will start again from here.

Located : 3012 W 7th, Los Angeles, CA
写真 2018-03-16 14 21 25



海外永住 ブログランキングへ "
Next
白いキャンバスに、時間をかけて下地を塗る。
上に盛られる砂には、いろんなストーリーがある。
そこにどんな絵が描かれるのか、想像してみる。

アーティストの腕が、動き出す。
想像よりもずっと早く、一気に曲線が宙を舞う。
色が重ねられると、魂がそこに漂う。
命が吹き込まれたように、龍が踊り出す。

ニューヨーク生まれのドラゴンが、天を仰ぐ。
その内側に激しいエネルギーを蓄えて、世を見据える。
この世に生まれてきた喜びを、そこらじゅうに伝えている。

無から有が生まれる瞬間に立ち会うたびに、身震いがする。
この瞬間を見届けられた感動を、私は握りしめる。
どうやって伝えようと、空を見上げる。

春になったら、このドラゴン達を天に昇らせよう。
答えはすべて、自分たちのなかにある。
今日は暖かい雨が、摩天楼に降り注いでいる。

写真 2018-02-03 22 42 44

写真 2018-02-03 22 45 26

写真 2018-02-03 22 45 35


She put the base glue on the white canvas over time.
There are various stories in the sand that she covered it.
I imagined what kind of picture would be drawn there.

The artist 's hand started to move.
Curves flew through the air at a stroke much faster than imagined.
As colors overlap, the soul drifted there.
As a life was blown in, the dragon began to dance.

A dragon born in New York looked up to the sky.
It accumulated violent energy inside it and looked to the world.
It conveyed the pleasures born in this world throughout.

I am always shivering to witness the moment when it was born.
I am impressed that I am able to see this moment.
I wonder how I tell you, I look up at the sky.

Let's send up these dragons to the sky when spring comes.
All the answers lie within ourselves.
Today, warm rain is falling on the skyscraper.

写真 2018-02-03 22 45 30



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 17 04 18
Next
ニューヨークでインテリアデザインの勉強をしていた頃、
たくさんの画材屋を歩いて回った。
喉から手が出るほど、欲しいものがたくさんあった。

貧乏学生の予算には限りがあって、
ショウルームでテキスタイルの端切れをもらったり、
先輩が使い古したイーゼルを譲り受けたりした。

アーティストのサポートをするようになって、
彼らが欲しいものを求めて、一緒に歩くようになった。
たいてい日本人のアーティストは、
種類が豊富な米国の画材屋に感銘していく。

でも、どうしても見つからないものがあった。
絵の具の色に「曖昧さ」が足らないという。
「ゴールド」も、日本のそれとは全く違うのだと。

アジア人の持つ瞳の色は、光の屈折率などからして、
曖昧な色を見分ける能力に長けていることが、医学的にも証明されている。
赤紫と青紫の違いがわからない欧米人もいる中で、
日本人の繊細な感覚を、改めて誇りに思う。

だから、日本人の感性が好き。
だから、日本人アートをもっと世界に伝えたい。

写真 2018-02-03 22 42 51


When I was studying interior design in New York,
I walked around a lot of art tool shops.
The more I wanted my hand off the throat, there were lots of things I wanted.

The budget for poor students was limited,
I got a piece of textile in a showroom,
and I got the used easel from the senior.

Since I began to support artists,
we started walking together, seeking what they wanted.
Usually Japanese artists are impressed by the variety of American art shops that are rich in variety.

But there was something that we could not find by all means.
It is said that "ambiguity color" is insufficient for the color of paint.
"Gold" is totally different from that of Japan.

The color of the eyes of Asians, from the refractive index of light etc.,
It is proved medically that we are good at recognizing ambiguous colors.
Among Europeans and Americans who do not understand the difference between red purple and blue purple,
I am proud of the Japanese delicate, sensation.

So, I like the sensitivity of Japanese people.
So, I want to convey Japanese artists to the world.

写真 2018-01-30 15 27 36



海外永住 ブログランキングへ "
Next
会社の名前は、「オフィス・ビード」。
「オフィス・ベッド」「オフィス・ブレッド」と、よく間違われる。
「違うんです。オフィス・ビードと読んでください」

そこで、会話が発生する。
会話から、人が繋がっていく。

いろんな仕事を請け負っているけれど、
何よりも、「アナログな人繋ぎ」を大事にしている。
直接面識のない人から、安易に仕事は受けられない。
わざわざ会いに来ていただけたら、必ず力になりたいと思う。

カードをお渡しする時に、必ずストーリーを聞かれる。
想いを分かち合ってくれたアーティストのことを、
こうやって世界に伝えていくことも、自分ができる小さな役目。

約束したこと、きちんと一つずつ実現していこう。

写真 2018-01-16 19 08 08


The name of the company is "OFFICE BEAD INC.".
I often get mistaken for "Office Bed" or "Office Bread".
"It's different, please read with OFFICE BEAD (bi:do)"

Therefore, a conversation occurs.
People are connected from conversation.

I am undertaking various kinds of work,
More importantly, I cherish "people connection in analog".
I cannot accept work easily without direct meeting.
If you come directly, I definitely want to become a force.

When I hand over the card, I will always be asked a story.
The artist who shared my feelings,
It is also a small role that I can do to tell the world like this.

I will do it one by one as I promised.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-02-03 22 46 02


西村麻里さんのアートといえば、ドラゴンと孔雀が有名だけれど、
彼女のイラスト画もまたユニークで。
ニューヨークの街に、彼女のタッチが加わると、
こんなにも愛らしいスケッチが完成する。

一緒に地下鉄に乗った時、周囲の人をちらっと見ていた。
そして後でサササッとペンをしたためる。
メモ書きみたいなスケッチに、思わず私は「捨てないで」と叫ぶ。

ニューヨークを全身で感じながら、アートが生まれていく。
写真やネットで得た情報なんかじゃない。
アーティストが本来あるべき姿がここにある。

秋のNY個展では、このイラストたちも主役の一端を担うことになった。

写真 2018-02-03 23 05 50


Speaking of Mr. Mari Nishimura's art, dragons and peacocks are famous,
Her illustrations are also unique.
When she touches the scene of New York,
This lovely sketch is completed.

When we got on the subway together, she glanced at the surrounding people.
Then she sketched with pen later.
I asked her as a memo-like sketch, "Please do not trash it away"

Her art is born while feeling New York in whole body.
It is not information she got from photos and the net.
Here is what the artist should be supposed to be.

In Mari's NY solo exhibition in this fall, this illustration also will become part
of the leading role.

写真 2018-02-03 22 43 52

写真 2018-02-03 22 44 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-03 22 45 46
Next
「愛が溢れるような本にしたい」
そんな想いを聞いてくださったアーティストがいた。
恐れを知らない子供のように、
真っ直ぐな想いを、真っ直ぐに受け入れてくれた。

共通の友人を通して知り合った時、
私は彼のことをよく分かっていなかった。
彼のセンスと、目の奥にある優しさに惹かれて、
「いつか一緒にニューヨークで仕事しようね」と伝えた。

10万人近いフォロワーがいるアートディレクターで、
ファッションやグッズのデザインだけでなく、
マンションやカフェのプロデュースまで手がけるオールマイティー。
そんなことを知ったのは、ずっと後になってからだった。

「僕、千璃ちゃんを描いてみたいと思うんです」
ハードな内容をどう伝えていこうかと煮詰まった時に、
モノクロの世界に魔法をかけてくれたのが、三浦大地氏だった。
真剣になればなるほど、スルーされてしまう問題を、
ハードルを下げて伝えるために、何ができるだろう。

日々更新されるクールなインスタ写真のセンスも、
愛と夢がたっぷり詰まったイラストたちも、
彼の才能が、画面いっぱい踊り出している。
「ありのままに、描いてください」とお願いした。

原画が届いた時に、編集スタッフも涙を流した。
こんな風に支えてくれる人たちのおかげで、
世の中はきっと、ずっと良い方向に動いていくのだと。

日本人アーティストの実力。
ここからもっと世界へ。

DAICHI MIURA 公式ホームページ
三浦大地氏のインスタも必見!

1

©Daichi Miura

"I wanted to make a book with full of love."
There was an artist who heard such feelings.
Like children who do not know fear,
He accepted my straight feeling by his genuine heart.

When I got acquainted through a common friend,
I did not quite understand him.
Attracted by his sense, and kindness in the back of his eyes,
We talked "Let's work together in New York someday."

He is an art director with nearly 100,000 followers,
Not only fashion and goods design,
Almighty who handles producing apartments and cafes.
It was after a long time that I learned such a thing about him.

"I would like to draw your daughter, Seri."
When I lost the way how to convey the hard contents,
Daisuke's magic saved me with the black and white world.
The more serious I get, the more problems people ignore.
What can we do to lower hurdles and convey them?

The sense of a cool instant photo updated every day,
Illustrations packed with plenty of love and dreams,
His talent is filled a lot on the screen.
So, I asked "Please draw us as you like"

When the original drawings arrived, the editorial staff also shed tears.
Thanks to those who support me like this,
Surely the world will move in a better direction.

The talent of Japanese artists.
From here to more world.

拙著の中扉に描いてくださったイラスト。
写真 2018-01-26 11 47 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next
数年前に、彼がニューヨークで個展を開催した時、
私は最初の2枚の絵を購入させていただいた。
軽やかなタッチで描かれたシャガール風の絵は、
今でも我が家にほのかな優しさを運んでくれている。

山崎拓巳氏の凄いことは、
人に対するきめ細やかな心遣いだと思う。
とっても凄い人なのに、
出会った人それぞれに、丁寧に御挨拶される。
心をこめて「ありがとう」を伝える。

小説を上梓したり、アート作品を描いたり。
やりたいことを全部実現してしまう行動力。
彼の人望と人徳に惹かれて集まる周囲のサポート力も、また凄い。

今年最初のニューヨーク個展は、3月まで「ボヘミアン」で開催中。
「HAPPY END」のテーマで描かれた数々のアート作品が、
凄いパワーと共にお待ちしております。

写真 2018-01-25 7 24 53

写真 2018-01-25 15 48 08


個展会場は紹介制のため、御一報ください。
「ボヘミアン」過去記事

A few years ago, when he first held a solo exhibition in New York,
I bought the first two paintings.
Chagall style painting painted with light touch,
Even now it has carried a subtle kindness to our apartment.

The great thing about Mr. Takumi Yamasaki,
I think that it is a fine attitude to people.
Even though he is a very amazing person,
Greeting to each person carefully,
and telling "Thank you" with his heart.

He publishes novels and draws art works.
He has behavioral ability to realize everything he wants to do.
The surrounding support power which gathers attracted by his virtue is also amazing.

This year's first New York solo exhibition is being held at "Bohemian".
A number of artworks drawn with the theme of "HAPPY END" are posted with amazing power.

写真 2018-01-25 7 24 58


Please click here to know the detail.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-25 11 07 25
Next
写真 2017-12-13 12 15 39


2−3時間待ちの展示に隣接したギャラリーで、
草間彌生氏の近年の作品が展示されている。

「わが永遠の魂」
正直言って、こちらの世界観の方がすごい。
それなのに、1分も待たずして、ここに入れるのが不思議。

カラフルな色使いの中にも、リズムがある。
そして、実は同じようなキャラクターがいつも書かれている。
きっと彼女が幻覚で見る世界にも、同じリズムがあったのだろう。

若かりし頃はなかなか理解してもらえなかった世界観が、
インターネットの力を借りて、世界で絶賛されている。
まず世界に出て勝負したことが、草間氏の凄さでもある。

「アーティストは死んでなんぼ」ではない。
存命しているからこそ、その価値があるということを、
草間氏は全身全霊をかけて、世に伝えている。

まだまだその世界を、私たちに教えて欲しい。

写真 2017-12-13 12 13 17

写真 2017-12-13 12 13 35

写真 2017-12-13 12 13 43


In the gallery, adjacent to the exhibition "Festival of Life",
Recent works of Mr. Yayoi Kusama are displayed.

"My eternal soul"
To be honest, this view of the world is more wonderful.
Yet, it was interesting that we did not wait for 1 minute.

There are rhythms in colorful colors as well.
And actually, similar characters are always painted.
Perhaps there was the same rhythm in the world she saw with hallucinations.

When she was a young man, her world view was not able to be understood easily,
With the power of the Internet, it is acclaimed worldwide.
It is also the magnificence of Mr. Kusama who went out to the world and fought.

It is said that "The worth of Artists will be seen after they died."
But Mr. Kusama uses a whole body and tells the world that it is worth it since it is alive.

I want her to tell us the world still more.

写真 2017-12-13 12 12 29

写真 2017-12-13 12 17 07

(FLOWERS THAT BLOOM NOW)


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-13 12 15 33
Next
*草間彌生 特別巡回展

写真 2017-12-13 11 42 01


草間彌生氏は、今、世界で一番有名なアーティストの一人。
草間ワールドが無料で見られるといえば、
ニューヨーカーはとにかく並ぶ。
炎天下でも氷点下でも、並ぶ。

今冬で一番寒かった氷点下7度の朝。
ハドソン川から吹き込む風で、体感温度はマイナス15度以下。
開店時間の午前10時には、すでに3ブロックの長蛇の列。
手足の感覚もなくなるほどの寒さの中、
建物に入った時には、すでにランチタイム。

建物の中では、6−8人ずつにグループ分けされる。
最初の部屋は鏡張りの銀世界、インフィニティ(無限)。
足元に並んだステンレスのボールと自分がどこまでも広がる。

フットカバーを履いて、鮮やかなLEDライトの部屋を覗き込む。
自分が万華鏡の中にいるような、不思議な感覚。
草間ワールドは「永遠のつながり」、どこまでも終わりがない。

幼少の頃から、幻聴や幻覚に襲われ続けているという。
そこから回避して、そこを表現するのが、草間氏の世界観。
最後の部屋には、赤い水玉と歪んだチューリップ。
水玉の中に埋もれていると、なぜか方向感覚が麻痺してくる。

とにかくひたすら自分の世界観を貫き通す。
草間氏独自の世界観は、今や世界で一番共感を得るアートになった。
近年の作品が一覧できる隣のギャラリーも必見。

風邪引いたけれど、並んだ甲斐があった。
一緒に並んでくれた親友に、心からの感謝を込めて。

写真 2017-12-13 11 58 59

写真 2017-12-13 11 59 13

写真 2017-12-13 12 00 17

(Infinity Mirrored Room-Let’s Survive Forever)

Mr. Yayoi Kusama is now one of the most famous artists in the world.
Telling of the fact that Kusama's world can be seen for free,
New Yorkers line up anyway.
Even in the scorching sun or below freezing, they line up.

It was the coldest morning in this winter with minus 7 degrees Celsius.
The wind was blown from the Hudson River, the sensible temperature was
minus 15 degrees or less.
At 10 am in the opening hours, people already lined of 3 blocks long.
In the cold enough to lose sense of limbs.
When I entered the building, it was already lunch time.

In the building, we were grouped into 6 - 8 people.
The first room was a mirrored silver world, infinity.
The stainless silver ball and our figure were spread for infinity.

We wore foot covers and looked into the room filled with brilliant LED lights.
A strange feeling that we were in a kaleidoscope.
The Kusama World is an "eternal connection", there is no end to anything.

It is said that she has been attacked by illusions and hallucinations since childhood.
It is Mr. Kusama's view of the world to avoid it and express it there.
In the last room, a red polka dots and a distorted tulip.
When buried in a polka dot, sense of direction was paralyzed for some reason.

It is said that she has been attacked by illusions and hallucinations since childhood.
It is Mr. Kusama's view of the world to avoid it and express it there.
In the last room, a red polka dots and a distorted tulip.
When buried in a polka dot, sense of direction was paralyzed for some reason.

Anyway, she just expressed her worldview.
Mr. Kusama's unique view of the world has now become the most empathetic art in the world.
Also, you have to see a gallery next door where her recent works listed.

I caught a cold, but there was worth waiting for two hours.
To a close friend who lined up together, I thank heartfelt gratitude.

写真 2017-12-13 12 03 21

写真 2017-12-13 12 04 31

写真 2017-12-13 12 04 33

写真 2017-12-13 12 04 36

写真 2017-12-13 12 05 08

写真 2017-12-13 12 05 06

写真 2017-12-13 12 04 56

(LONGING FOR ETERNITY)


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-13 12 05 50

写真 2017-12-13 12 08 46

写真 2017-12-13 12 08 15

写真 2017-12-15 21 54 44

(WITH ALL MY LOVE FOR THE TULIPS, I PRAY FOREVER)

Next
写真 2017-12-07 10 46 29

写真 2017-12-07 10 47 12


ニューヨーク在住歴が長くなろうとも、
なかなか出会わない分野の方がたくさんいる。
だからこそ、こういう類のイベントでは、
予想もしなかった人達と出会えるチャンスでもある。

デザイナーそれぞれのストーリーが興味深くて、
とことん話を聞き入ってしまう。
お洒落に関して、ほとんどポリシーがないけれど、
心がけているのは、品位と清潔感。
そのセンスが琴線に触れると、とことん愛したくなる。

ニューヨーク発信のブランドは、
シンプルかつ機能的、そして美しい。
世界の流行発信地で活躍する日本人デザイナー達。
彼らの目に映る先がどこに向かっているのか、
この距離から見守れることを、幸せに思う。

来年のイベントが、今から楽しみでならない。

写真 2017-12-07 10 50 54

写真 2017-12-07 11 13 59

BAGSINPROGRESS New York


Whether I live in New York for a long time,
There are a lot of fields that are hard to encounter.
That is why, in these kinds of events,
It is also a chance to meet people who did not expect.

Because each story of the designer was very interesting,
I listened to the story as well.
Regarding fashion, I don't have any policy,
what I am trying to do is have dignity and cleanliness.
When that sense touches my heart, I want to love the whole thing.

Their brand born in New York,
is simple, functional, and beautiful.
Japanese designers who active in the epidemic of the world.
Where are the destinations in the future?
I am happy to be able to watch from this distance.

We are already excited for the next year's event.

写真 2017-12-07 11 12 45

写真 2017-12-07 11 12 30

SAYAKA DAVIS

写真 2017-12-07 11 13 26

8.6.4

写真 2017-12-07 11 12 11

写真 2017-12-07 11 12 19

MICHIKO SHIMADA

写真 2017-12-07 10 50 00

写真 2017-12-07 11 14 08

TSUYUMI

写真 2017-12-07 11 13 15

写真 2017-12-07 11 12 52

Monroe Garden Studio











海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-06 16 31 11

写真 2017-12-06 15 02 16


バブル景気の余韻が残る女子大生時代、
周囲にルイ・ヴィトンのバッグを持つ友人はいたけれど、
私はあのモノグラムの良さが、ちっとも分からなかった。
葵の御紋のようにブランド名をふりかざすことを、
なんだかかっこ悪いと思っていた。

ルイ・ヴィトンの実力を知ったのは、留学生時代。
その旅行カバンで旅する人たちは、ホテルで必ず丁寧に扱われる。
ベルボーイに渡すのは1ドルなんかじゃなくて、
チェックイン時に数十ドル先に渡しておくのがスマートなのだと知った。

なぜヴィトンのバッグが高価なのか。
縫製やデザインへのこだわり、ハイレベルな職人技術。
すべてをきちんと理解してこそ、そのバッグを持つ資格があるのだと。
私もいつか、そんな大人になりたいと憧れた。

「空へ、海へ、旅へ」
旅行好きにとって、たまらないルイ・ヴィトンのコレクション。
1854年にフランス・パリで創業したその歴史と軌跡をたどる。
当時のものから最新コレクションまで、
洋服、ポスター、バッグ類を眺めながら、しばしのタイムスリップ。

いつかこんなスーツケースで、旅に出よう。
妄想に酔いしれながら、通勤ラッシュの地下鉄で帰路につく。

写真 2017-12-06 14 59 41

写真 2017-12-06 14 58 55


During my college days when the bubble economy remains,
Although there were friends who had bags of Louis Vuitton in the surroundings,
I could not figure out the merit of that monogram at all.
To show the brand name with bags,
I thought it did not look cool.

It was during the foreign students that I learned the power of Louis Vuitton.
People traveling with their travel bags of Louis Vuitton were handled carefully at the hotel.
They never given a dollar to a bellboy.
I had noticed it was smart to give them tens of dollars before check-in.

Why is Vuitton's bag expensive?
Commitment to sewing and design, high level craftsmanship technology.
It is qualified to have that bag only after understanding everything properly.
Someday, I admired that I wanted to be such an adult.

"To the sky, to the sea, to the journey"
For travel lovers, this is an irresistible collection of Louis Vuitton.
Following its history and its story founded in Paris, France in 1854.
From those of the day to the latest collection,
While watching clothes, posters, bags, we went to "the time travel" for a while.

Someday I will go on a trip with such a suitcase.
While getting dream with delusions, I got on the way back from there by the commuter rush subway.

写真 2017-12-06 15 04 01

1.1906年のトランク THE TRUNK OF 1906
当時にしては革新的なデザインだった。

写真 2017-12-06 15 08 54

2.木材 WOOD 
荷造り用木箱製造兼荷造り職人だったルイ・ヴィトンの原点はここから。

写真 2017-12-06 15 10 52

3.CLASSIC TRUNKS
洗練されたフォルム、デザイン、クオリティーに驚かされる。

写真 2017-12-06 15 17 43

4.旅の創造 THE INVENTION OF TRAVEL
熱気球(1830年)、鉄道(1848年)、自動車(1890年)、民間航空機(1900年)。
輸送手段の発明と発展で、旅はより身近なものになった。

写真 2017-12-06 15 17 05

4-B.THE RISE OF YACHTING
旅に便利な(折りたたみ式)スティーマーバッグの到来。

写真 2017-12-06 15 25 04

4-C.THE AUTOMOBILE
自動車のトランクにぴったりはまるスーツケース。

写真 2017-12-06 15 27 39

4-D. AVIATION
コットン・キャンバス、モノグラム・キャンバスなど、バッグはより軽量化される。

写真 2017-12-06 15 32 01

4-E.TRAINS
情緒ある車窓スクリーンの演出が素晴らしい空間。

写真 2017-12-06 15 49 48

5.WRITING
旅と同時に書くことにも愛を注いだ創業者と孫の美学をたどる。

写真 2017-12-06 15 57 58

6.THE PAINTING TRUNK
カラフルなアートとのコラボレーションワーク。

写真 2017-12-06 15 58 44

7.CURIO TRUNKS (Gaston-Louis' Collections)
1900年代にガストン・ルイ氏が集めたユニークなデザインのコレクション。

写真 2017-12-06 16 05 47

8.THE BEAUTY OF FASHION
メゾンと密接なファッションとビューティーの世界。

写真 2017-12-06 16 08 57

9.THE MUSIC ROOM
メゾンの職人技が光るスペシャルオーダーの数々。

写真 2017-12-06 16 14 19

10.LOUIS VUITTON LOVES AMERICA
レッドカーペットに並ぶセレブ達の衣装は圧巻。


海外永住 ブログランキングへ "













Next
初めてお会いした時、笑顔の素敵な大人の方だなと思った。
CHIHARUさんのデザインするバッグは、やっぱり大人っぽい。
シンプル、そして機能的。
日本人のきめ細やかさと、都会で洗練されたセンスが、
抜群のニューヨークブランドを生み出している。

******

ニューヨーカーは、新しいものが大好き。
そんな街で常に新しいものを発信していくために、
デザイナー達は常に新しい商品を作り出している。

秀逸なデザインと秀逸なクオリティーだけれども、
定番商品にならなかった「隠れ名品」がある。
インディーズ系ブランドのそれらを集めて、
より手に取っていただきやすい機会を提供する。

街が一段と華やぐホリデーショッピングの時期。
素敵な人と素敵なモノが集まる素敵な空間へ。
ぜひ足をお運びください。

写真 2017-12-04 12 11 52

©BAGSINPROGRESS

When I first met her, I thought she was a nice adult with a smile.
Chiharu Hayashi is a designer of bag brand of "BAGSINPROGRESS".
Her bags are simple and functional.
Japanese sensitive feeling and sophisticated sense in the city,
it is producing an outstanding New York brand.

******

New Yorkers love new things.
In order to constantly disseminate new things in such a city,
Designers are always creating new products.

Although excellent design and excellent quality,
There is "hidden gem" that did not become a standard product.
Collecting them of indie brands,
Provide opportunities to get them more easily.

The time of the holiday shopping is more gorgeous in the city.
To the wonderful space where lovely people and nice things gather.
Please do not miss it.

写真 2017-12-04 12 51 58


DATE: December 7 (Thu) 8 (Fri) 9(Sat) 11:00am-7:00pm
(will be closed 5:00pm on Saturday)

PLACE: The Loft of Hanamizuki Café 
143 West 29th Street (Bet.6th & 7th Aves.)

BRANDS:
"8.6.4"
"BAGSINPROGRESS" New York
"Michiko Shimada"
"Monroe Garden Studio"
"SAYAKA DAVIS"
"TSUYUMI"
"Willoughtby Ave Jewelry"

写真 2017-12-04 12 10 07

©8.6.4
写真 2017-12-04 12 10 37

©Michiko Shimada


海外永住 ブログランキングへ "

ACDC59C4-3CA0-452A-A153-E1543C72BC43
Next
アーティストは、デザイナーでも看板屋でもない。
本来素人が、こんな風に描いて欲しいと注釈してはいけない。
私が苦悩する想いも、彼女は受け止めてくれた。

娘が思い描いているであろう、キラキラした世界観。
崇高な魂と人との繋がりを表現する色。
手に取ってみたいと思えるあったかさ。
愛と感謝を伝えたいという想いを、どう表現してもらえるか。

書く側と売る側の想いが交錯する。
装丁作家やデザイナーさんの寛容さに甘えて、
私は最後まで、ずっとワガママだった。

売るために書いたのではなく、
知ってもらうために書いたから。
世界のどこかで、トンネルの出口を探している人たちに、
この光が届きますように。

写真 2017-11-15 16 16 30


Artists are neither designers nor billboards.
They usually don't like the way that the clients indicate the way to draw.
But a Ronda artist, Midori Yamada, also accepted my feelings of distress.

A glittering worldview that my daughter would have envisioned.
A color expressing a noble soul and the connection to people.
A warm feeling that people want to take it directly.
How we can express the feelings of wanting to convey love and gratitude?

The thoughts of the writer and the seller intersect.
Fortunately, the tolerance of a binding writer and designers were soft on us,
I was always selfish till the very end.

I did not write it for sell the book,
Because I wrote to let somebody know.
Somewhere in the world, for those looking for tunnel exits,
I hope this light will arrive.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
芸術家や文化人が集まる銀座のBAR「サロン・ド慎太郎」。
数年前、従姉妹の紹介で知り合った時から、
私は一気に慎太郎ママのファンになった。

アカウント持っているだけで、ほとんど休眠状態のインスタグラムで、
銀座のママ達と、幾人かのアーティストだけはチェックする。

慎太郎ママが、ついにバッグのコラボ企画に乗り出した。
イタリア発の日系ブランド、アンテプリマのワイヤーバッグが、
和装にもぴったりなデザインで生まれ変わった。

日本の利休型バッグとイタリアテイストのコラボレーション。
あまりにも素敵な発想に、私は遠隔から一目惚れ。

地球の裏側まで一緒に帰ってきたバッグ、
今度は世界中に連れて歩きたい。

21427573_10155766722408112_4285890025208386220_o


In Ginza, Tokyo, there is a bar where artists and cultural people gather, "Salon de Shintaro".
A few years ago, since I met him through my cousin,
I have become a fan of Mom, Shintaro.

I have just an account of Instagram, but almost dead.
I check only moms of Ginza and some artists.

Mom, Shintaro, finally launched a collaboration project of the bag.
Japanese brand that debuted in Italy, Anteplima's wire bag,
has reborn with design that is perfect for kimono.

Collaboration between Japanese Rikyu Bag and Italian Taste.
Too much wonderful idea, I have fallen in love at first sight from New York.

I will bring this bag, that came to the back of the earth with me, to the world.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
「この2年、僕は何が出来たのだろう」
友人の呟きに、私も我が身をふり返った。

師匠が急逝した報せを、私はニューヨークで聞いた。
お別れは、あまりにも突然だった。

たくさん話したいことがあったのに、
たくさんお返ししなければいけなかったのに、
運命という定めは、それを待ってくれなかった。

自分が出来ることをやる。
それしかできないけれど、
師匠のために、何が出来るだろう。

「美しい心を教えるのは、母親の役目だよ」
師匠の言葉を、胸の内で繰り返す。

今の私には、書くことしかできないから、
師匠のことを伝えるために、ペンを取った。

来月は三回忌。
天国に届きますように。

43


"What have I done for the past two years?"
When I saw my friend's muttering, I also looked back on ourselves.

Two years ago, I heard the news in New York that my art master died suddenly.
Farewell was too sudden.

I had something I wanted to talk him a lot,
I had to give back him a lot,
The stipulation of fate did not wait for it.

I do what I can.
Although I can only do it,
I wonder what I can do for my master.

"It is mother's role to teach a beautiful heart."
I repeat the master's words in my mind.

For me now, I can only write.
I took a pen to tell my master.

The third anniversary will come next month.
Hope it reach to the heaven.

師匠のことを書き綴った記事です。
ぜひ読んでください。
拙著の2作目でも師匠のことを書いています。

「美の極み」
「美の極み、それから」
「美の極み、これから」
「ピアス」
「タイピン」



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
05


ジュエリーデザイナーの母を持ち、
職人技術を目の当たりにして育った。
愛らしいデザインを生み出す内面は。
どこまでも強く美しい。

ニューヨークで最も有名なセレクトショップ、
「ジェフリー」のオーナーが惚れ込んだセンスを、
すでに世界中のセレブ達が注目している。

世界の次のステージまで、
日本人アーティストの息吹を届けよう。

57


Having a mother of a jewelry designer,
she grew up witnessing craftsmanship techniques.
Her mind that creates an adorable design,
it is strong and beautiful everywhere.

The owner of "Jeffrey", the most famous select shop in New York,
Loves her sense and has started to sell her collections.
Celebrities all over the world are already paying attention.

To the next stage of the world,
we shall deliver the breath of Japanese artists.

53


"Bijou de M" Official Website


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
あまりにタイミングの良い引き合わせと御縁に、
感謝以外の言葉が見つからない。

たったひとつのアートとか、
たったひとつの音楽とか。

それで命を救われることがある。
生きる力をもらうことがある。

生命の尊さと、感謝の想いを、
ずっと伝えていきたい。

Hope my dreams come true.

写真 2017-10-22 3 59 20


I had a wonderful timing and good relations,
I cannot find words other than appreciation.

By only one art,
Or by just one music,

That sometimes saves lives.
People get the power to live.

The preciousness of life and the feeling of appreciation,
I want to tell it all the time.

Hope my dreams come true.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

Next
写真 2017-10-23 23 08 33

22728802_1580207152064267_5348614395620099762_n

写真 2017-10-23 23 08 37


昨年、パリで立ち上げたコラボイベントが、
少しずつ成長している。
今春の伊万里に引き続き、今秋は宮城で開催。

伊達政宗公生誕450年で盛り上がる宮城。
政宗公の情熱と誇りを、食とアートで表現するというテーマ。

シェフとアーティストを繋いだ時の苦労を思い出しながら、
母親の気持ちで見守った。

たくさんの学びを課題に、今後も進化していくのだろう。
世界の舞台は、すぐ目の前にある。

写真 2017-10-23 23 08 35

写真 2017-10-23 23 08 41

写真 2017-10-23 23 08 44

写真 2017-10-23 23 08 46

写真 2017-10-23 23 08 48

写真 2017-10-23 23 08 51


Our collaboration event launched in Paris last year,
is growing little by little.
Following Imari in spring, it was held in Miyagi this autumn.

Miyagi-prefecture is exciting Masamune Date's birth in 450 years.
The theme of expressing the passion and pride of Masamune by food and art.

While remembering the hardships to connect the chef and the artist,
I watched this event with mother's feelings.

It will evolve from now on with a lot of learning as an issue.
The stage of the world is right in front.

写真 2017-10-23 23 08 53

写真 2017-10-23 23 08 55

写真 2017-10-23 23 08 57



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-23 23 08 59

22780464_1580207742064208_5325175995408257781_n

Next
写真 2017-10-19 21 19 41


今夏初めてお会いした舞台演出家の伊藤靖朗氏。
彼のプロデュースする舞台を拝観した。
昨年初演の作品が、今年バージョンアップして再演するという快進撃。

水産高校に通う陽気な高校生5人組のスイサンズが、
財政難に陥った母校を救うために、伝説の釣り針を探しに行く。
社会風刺を含みながらのストーリー展開に、目が離せない。

移動参加型という珍しい舞台スタイルに挑戦したり、
社会風刺という難しいテーマを、高校生を使って解読させたり。
伊藤氏の舞台は、どこか古くて新しい。

若者が主演というキャスティングもあって、
会場中に若さのネルギー溢れる舞台だった。

「ポセイドンの牙、バージョン蛤」の次は、
どんなバージョンが生み出されるのだろうか。
伊藤氏の躍進に、日本の演劇界の未来を予感した。

写真 2017-10-20 16 51 32

写真 2017-10-20 16 51 29

撮影・林裕介 企画制作・MMJ

Mr. Yasuro Ito, is the stage director I met for the first time this summer.
I watched the stage "Poseidon's fang" he produced.
This was a good advancement that the work premiered last year upgraded
this year and replay.

There is a cheerful high school students group who go to fishery high school.
They are going to find a legendary fishhook to save the old school which fell
into financial difficulties.
The story development including social satire is very interesting.

Ito's stage is somewhere old and new.
He challenges the rare stage style of movement participation type.
He uses high school students to decipher the difficult theme of social satire.

Because there was casting that young people starred,
It was a stage full of energy of youth at he venue.

Next to "Poseidon's Fang, Clam Version"
What kind of version will be created?
I felt Mr. Ito made the future of the theater industry in Japan.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-10-12 14 52 18 (1)

写真 2017-10-12 14 52 30 (1)

写真 2017-10-12 14 52 44

写真 2017-10-12 14 52 53 (1)

写真 2017-10-12 14 53 03 (1)


これだけ和食文化が根付いたニューヨークでは、
必然的に、和食器への注目度も高い。

小野哲平氏の作品は、手と心に優しい。
個性的な釉薬使いも、色の残し方も。
美味しく食事を楽しんでほしいという想いが伝わってくる。

ギャラリーで静かに佇むオブジェ達も、
ショップで飛ぶように売れていく日常使いの食器達も。

作家の人柄なのかなと思う。
器との出会いは、豊かな心を連れてくる。

写真 2017-10-12 14 53 10 (2)

写真 2017-10-12 15 07 13


In New York where Japanese cuisine has taken root,
Inevitably, attention to Japanese-style pottery is also high.

Mr. Teppei Ono's work is gentle to the hands and the heart.
Unique glaze use, also how to leave color.
The feeling that he wants us to enjoy delicious meal is transmitted.

We can see his objects at the gallery.
And we can buy his casual series at the shop.

I think that it is a character of an artist.
Encounter with pottery brings a rich heart.

写真 2017-10-12 15 46 55 (1)

写真 2017-10-12 15 47 25 (1)

写真 2017-10-12 15 47 57 (1)



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
かつて、私には絵を描いてくれなかったアーティストがいた。
身内同然の者に買ってもらうのは、惨めだからと。
今は、ニューヨークに飾って欲しいというアーティストがいる。
私自身は何も変わらないつもりでも、季節も人も移ろいゆく。

******

2週間の個展を終えてアーティストが帰国する時、
私は彼女のエネルギーを、手元に置いておきたくなった。

中国古来の伝えで、龍と孔雀は天と地を繋ぐという。
ずっと私を見ていた龍に、これからも守って欲しいと思った。
下地には、京都鴨川神社の砂が埋められている。

自宅のリビングルームに、新たな守り神が加わった。
私はまたアートに救われる。
その力を伝える旅に、ここから歩き出す。

写真 2017-09-30 17 13 43


Once, there was an artist who did not draw a painting when I asked.
He said it was miserable if I bought it, because I was just as an agent.
Now there are artists who ask me to decorate their arts in New York.
Even though I am not going to change anything, the season and people will change.

******

When the artist returned to Japan after finishing her two-weeks solo exhibition,
I wanted to keep her energy at hand.

In ancient China telling, dragons and peacocks connect heaven and earth.
To the dragon who was watching me, I pray to ask to save us.

A new guardian god was added to our living room.
I will be saved by art again.
I will leave on a journey from here to convey that power.
The base of the painting is filled with sand of Kyoto Kamogawa Shrine.

写真 2017-09-29 20 23 59



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-10-01 17 00 48
Next
写真 2017-09-28 16 57 16 (1)

写真 2017-09-28 17 13 24 (1)

写真 2017-09-28 17 15 55


「覚醒」もしくは「降臨」。
描いている時、ものすごいエネルギーが降りてくる。

素人目にはわからない、何かしらの力を受け取って、
その想いをキャンバスに、吐き出しているのかもしれない。

彼女のニューヨーク個展のために、
ロサンゼルスやトロントから駆けつけてくる来場者。
次回の個展開催の招致に、何度も足を運んできた美術館のキュレーター。

どこからそのエネルギーが舞い降りてくるのか、
少しわかった気がした。

来年の企画が、早くも動き出している。

写真 2017-09-29 15 33 12 (1)


"Awakening" or "Advent".
When an artist draw, tremendous energy comes down.

Though I am not a professional,
It may be spitting out that feeling on a canvas when she receives some power.

For her New York solo exhibition,
Visitors came from New York, Los Angeles and Toronto.
A Curator of the museum had repeatedly attended to ask her to have the next
solo exhibition there.

I felt a little understanding where from her energy came out.

The project of next year has already started.

写真 2017-09-29 15 33 27



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-09-29 18 33 04

Next