写真 2019-10-24 10 59 38


2年半前、個展開催のため渡米中だったアーティスト西村麻里さんを、
バイオリニスト加野景子さんのコンサートにお誘いした。
予備知識を何もお伝えしないまま、ただ「一緒に行きましょう」と。

ミステリオという団体の主催で、座席には手作りの白い人形が置いてあった。
そこに絵柄を描いて完成した人形を、世界中の子供たちに配布するのが目的で、
ゲストたちは各々マーカーを手に取り、可愛い人形を完成させていた。

コンサートが始まると、会場の空気が明らかに変わった気がした。
マンハッタンで暮らす人々の様子を、音楽と朗読で奏でるストーリー。
和やかな雰囲気の中に、ピンと尖ったバイオリンの音色が激しく響いた。

隣にいた麻里さんの目から涙が溢れ出てるのが見えた。
いわゆる共感覚を持つ彼女は、本物のアートをまさに肌で感じている。
「音楽が放つオーラと、演奏者のオーラの色が1つに重なる時」に、
彼女の内面が激しく揺さぶられることを知っていたから、
私はそのシーンを見て、さらに熱い感動を一緒に味わっていた。

******

「自宅のピアノ横に飾る「不死鳥」を描いてほしい」
バイオリニストからのオーダーに、アーティストが応えた作品を、
一緒にお届けに伺った。

ベールが解き放たれた瞬間に、キャンバスの不死鳥が鮮やかに蘇った。
火に飛び込んだ不死鳥が、新しい生命に生まれ変わるときのように。
もの凄い迫力と同時に、生命をそっと見守る優しさが見え隠れする。

力強い不死鳥に見守られながら、バイオリンを弾く景子さんの姿を想像する。
小さな身体からは想像もつかないような迫力ある演奏は、まさに不死鳥のよう。
それを見事に表現した麻里さんの力量にも圧倒される。

ここからまた、新しい音霊が生まれていくのだろう。
無限大に人の心を鷲掴みにするアーティストのコラボレーション、
その瞬間に立ち会えた、奇跡に感謝。

写真 2019-10-23 8 43 29


Two and a half years ago, I invited an artist Mari Nishimura, who was in the US for a solo exhibition, to a concertby Violinist Eiko Kano.
I just said “Let's go together” though I've never input her prior knowledge about the musician.

The concert was hosted by a group called Msterio, there were handmade white dolls on the seat.
The purpose was to distribute the completed dolls to children all over the world,
Each guest picked up a marker and completed a cute doll.

When the concert started, I felt that the atmosphere in the venue had changed.
It was a story of music and readings about "the people living in Manhattan".
The tone of a violin with a sharp point reverberated in a peaceful atmosphere.

I saw tears overflowing from Mari's eyes next to me.
With so-called synesthesia, she feels real art with her skin.
"When the aura of music and the color of the performer's aura overlap,"
I knew that her inside was shaken violently,
I saw that scene and enjoyed the hot emotion together.

******

"I want Mari to draw a "phoenix" to display next to my Steinway piano at home."
We got an offer to the artist from a violinist.
I attended to deliver it to her home when Mari was in New York.

When the veil was released, the phoenix on the canvas revived vividly.
Like when a phoenix jumping into fire to reborn into a new life.
At the same time as the tremendous power, the warmth of watching life gently appears.

I imagine Eiko playing a violin while watching over a powerful phoenix.
Her powerful performance that cannot be imagined from a small body is like a phoenix.
I was overwhelmed by the ability of Mari who expressed it wonderfully.

From here, a new sound spirit will be born again.
A collaboration of artists who grab the hearts of people infinitely,
I appreciate the miracle that I saw that moment.

写真 2019-10-23 8 43 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-23 8 44 15
Next
写真 2019-10-03 19 42 08

写真 2019-10-03 19 53 26


今夏、非常に落ち込むことが多かった。
特に後半は、公私共に思い悩むことが多く、
人と会いたいという気持ちさえもなくしてしまった時期があった。

麻里さんは、なぜかそんな時にふと連絡をしてくださる。
「美香さん、これを見てきて。これを聴いてみて」

私が彼女に何かを相談したわけでもなく、
「ふと美香さんを思い出したから連絡した」という彼女の勘の鋭さに、
私は心を揺さぶられる。

アーティストは、常に孤独な戦いを強いられる世界にいるはずなのに、
こうやって周囲を思いやり、優しい気持ちで生きている彼女だから、
私はずっと応援していたいと思うのだ。

“Life is vivid, beautiful and precious.”
アートの個展にしては、やや長々しいタイトルだけれど、
西村麻里さんの人生を俯瞰すると、まさにこの言葉がピッタリ。

コピーライターとアーティストという二足のわらじを履きながら、
その両方できちんと名を馳せることが、どれほど凄いことか。

常にチャレンジを続けるからこそ、きっと振り幅も大きい人生。
私は彼女から、今その瞬間を一生懸命に生きることの大切さを学んでいる。

我が家のリビングルームには、麻里さんが描いた龍の絵が鎮座している。
心が弱った時にチカラをくれる宝物。

そのエネルギーを、貴方もきっと感じると思うから。
是非、会場に足をお運びください。

Mari Nishimura Solo Show 2019
“Life id vivid, beautiful and precious.”
10/3(Thu)-10/30(Wed)

MONTSERRAT Contemporary Art Gallery
547 West 27th Street
New York, NY10001

写真 2019-10-03 15 34 30

写真 2019-10-03 19 41 08

写真 2019-10-03 19 42 17

写真 2019-10-03 19 54 43


I was very depressed this summer.
Especially in the end of summer, I had been worried about many things in both public and private.
There was a time when I even lost my desire to meet people.

At that time, Mari contacted me at some point.
“Mika-san, let you see and listen this.”

Though I did not consult her for anything before,
Because of her intuition that "I contacted because I remembered Mika suddenly", I was thrilled.

Though the artist should always be in a world that is forced to fight lonely,
She is caring about her surroundings and living with a gentle feeling.
This is why I want to support her all the time.

“Life is vivid, beautiful and precious.”
It is a rather long title for as an art exhibition,
This word is perfect when you look down at the life of Mari.

She is working as both a copywriter and an artist.
How amazing is it that she is a famous for both of them.

A life has surely many drastic events, because it is always challenging.
I'm learning from her the importance of living so hard now.

There is a dragon painting drawn by Mari in the living room of my apartment.
It is a treasure that gives me power when my heart is weak.

Please feel her energy from her artworks.
Please visit her solo exhibition in New York.

写真 2019-10-03 19 53 31

写真 2019-10-05 16 20 37

写真 2019-10-05 16 21 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-06 9 15 04

写真 2019-10-03 20 06 58

写真 2019-10-07 12 16 32
Next
写真 2019-07-17 17 50 13


日本が大好きだから、日本の良きものを海外に伝えたい。
ここに居を構えて19年、根底にある想いはずっと変わらない。

デザイナーの東家雅子さんが世界に向けて発信するブランドは、
京都発、日本古来の伝統的な紋様和柄をモードファッションに取り入れる。

上質な素材なのに、家庭で洗濯できて、シワにならないから、
移動の多い方や、旅先でのレパートリーとして、本当に重宝する。

日本画家の大家、加山又造氏の作品とのコラボレーションに挑戦されるなど、
エネルギッシュに活動の場を広げられる、SOUL WORKの世界観に大注目。

世界に飛躍する日本人アーティストの進化に、ずっとエールを送っています。

写真 2019-07-17 17 49 40

写真 2019-07-17 17 49 54

写真 2019-07-17 17 50 05

写真 2019-07-17 17 49 19


Since I love Japan, I want to convey good Japanese things overseas.
19 years after staying here, the underlying feelings will not change.

SOUL WORK is the brand that Masako Touke, the designer, sends to the world,
Introducing Japanese traditional patterns into mode fashion from Kyoto, Japan.

Although it is a high-quality material, it can be washed at home and will not wrinkle.
It really comes in handy for people who travel a lot or as a repertoire on the trip.

Recently, she challenged to collaborate with the work of Japanese painter, Matazo Kayama.
Let us see the world of SOUL WORK that actives in the world.

We will cheer the evolution of Japanese artists who will made a leap to the world.

写真 2019-07-17 22 25 02

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-07-17 22 24 59
Next
写真 2019-07-26 9 49 34


日本滞在中に隙間時間とのタイミングが合うと、小さな劇場に足を運ぶ。
若くして他界した親友と、学生時代によく芝居を観に行った。
役者の息遣いが感じられる距離が、私にとって原点を思い出すツールになる。

舞台は、太平洋戦争の終戦間近、帝国陸軍訓練所があった満州。
「負け戦でも、最後まで日本国のために戦う」と特攻を志願する将校たち。
そのなかに、夫と共に特攻機に乗り込んだ女性がいた。
彼女はなぜ特攻を選んだのか。特攻隊の意義とは何だったのか。

「特攻に行く人は誇りだが、それを強いるのは日本の恥」
原爆症で亡くなった、当時19歳の女性の言葉が劇のテーマとなっている。
軍国主義一色の時代に、物事の二面性を冷静に見つめる洞察力が育まれていた。
それを敢えてこの時代に再現したことに、制作者の強い意図が感じられる。

実力のある役者が揃い、個性豊かな配役を、それぞれが見事に演じている。
三途の川や占いなど、スピリチュアルなシーンを加えて戦争を描き、
男たちが、本土から流れてきた女性らと酒場で絡む人間らしさも生々しい。
小さな劇場で、あれだけ臨場感のある操縦シーンを再現する演出力も感動。

戦争を風化させてはいけない。
深く重いテーマなのに、あっという間の2時間。
今の時代に、観て感じることの大切さを痛感する舞台だった。

写真 2019-07-27 7 59 42

写真 2019-07-27 7 59 45

写真 2019-07-27 7 59 48

©️演劇ユニット ニラカナエナジー

While staying in Japan, I visit a small theater if I have a chance.
Since my school days, I often went to see plays with my best friend who passed away at twenty-two years old.
The distance at which the actor's breath is felt can be a tool for me to remember my origin.

The stage was Manchuria, near the end of the Pacific War, when the Imperial Army Training Center was located.
"We will fight for Japan until the end, even if we lose."
Many officers hoped to volunteer for a special attack.

Among them, there was a woman who got into the attacking plane with her husband.
Why did she choose to attack? What was the meaning of the a suicide squad, special attack squadron?

"We proud people who hoped to be a suicide squad attack, but it is Japanese shame to force it"
The words of a 19-year-old woman who died of atomic bomb disease are the theme of the play.
Even it was at the era of militarism, the insight to calmly look at the duality of things was fostered.
I felt the strong intention of the producer in that she daringly reproduced in this era.

The talented actors are lined up, and each one plays a distinctive cast.
A war is drawn by adding spiritual scenes such as horoscopes.
The scene in which men interact with women who worked at the bar makes them so human.
The performance that reproduces the attacking scene with a sense of reality at a small theater, is also impressive.

We never forget the war.
Although it was a deep and heavy theme, I felt 2 hours was short.
Most important thing is to see and feel something directly.

写真 2019-07-27 7 59 51

写真 2019-07-27 7 59 54
Next
写真 2019-05-19 15 36 48

写真 2019-05-19 15 42 55


身近にアートを置く意味について考える。
純粋に好きな絵だったり、インテリアとのバランスを考えたり。

私にとってアートとは。
それを手にした時、初めて目にした時の、感情を思い出すツールでもある。

貧乏留学生時代から、何度も足を運んだメトロポリタン美術館は、
あの頃の真っ直ぐな気持ちを思い出す、神聖な場所。

3ヶ月にわたって展示された「源氏物語」特別展は、
初めて百人一首を覚えた頃、「あさきゆめみし」で憧れた源氏の君、
いろんな感情を思い起こさせてくれた素晴らしい機会だった。

源氏物語を描いた書や巻物、屏風や漫画のイラストまで、
8テーマ、約120点の作品が所狭しと展示され、
1000年前の壮大な物語が、こうして今の時代に伝えられていることに感動する。

原作者の紫式部は、1000年後の世の中を想像できていたであろうか。
私たちはせめて、100年後の地球のことを考えるべきではないだろうか。

アートとは、時代を超えて伝えられるもの。
だからアートは、どんな時代にも普遍のメッセージをもたらすのだと。

写真 2019-05-19 15 39 12

写真 2019-05-19 15 39 30

写真 2019-05-19 15 37 30

写真 2019-05-19 15 37 44


I think about the meaning of putting art close to us.
It's might a purely favorite picture, and a balance with the interior.

What is art for me?
It is also a tool to remind emotions of when I first see it or when I get it.

I have visited The Metropolitan Museum of Art many times since my poor student days,
It is a sacred place that reminds me a pure feelings of that time.

A special exhibition of “The Tale of Genji” had been exhibited for three months.
When I first learned the "Hyakunin-ishu', or when I was admired by Genji in Manga of "Asaki Yumeshi",
It was a great opportunity to remind me of various emotions.

Even books and scrolls depicting the Tale of Genji, illustrations of screens and cartoons,
There were 8 themes and about 120 works on display.
I was so moved by what a grand story 1000 years ago is being told in this way.

Did Murasaki Shikibu, the original author, imagine the world 1000 years from then ?
Should we not at least think about the earth 100 years from now?

Art is something that can be transmitted over years.
So art brings a universal message in any age.

写真 2019-05-19 15 40 45

写真 2019-05-19 15 40 53

写真 2019-05-19 15 40 39

写真 2019-05-19 15 41 02
写真 2019-05-19 15 41 08

写真 2019-05-19 15 41 18


写真 2019-05-19 15 39 58

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-19 15 37 55

写真 2019-05-19 15 38 18

写真 2019-05-19 15 38 24

写真 2019-05-19 15 38 32

写真 2019-05-19 15 38 43
写真 2019-05-19 15 38 47

Next
写真 2019-05-10 18 40 45

写真 2019-05-10 18 40 47

写真 2019-05-10 18 40 42


ニューヨークで人気のエンターテイメント「THE RIDE」。
劇場風に横並びに座る観光バスに乗って、ミッドタウンを旋回する。
バスが止まると、街中に仕込んであるパフォーマーが突然現れて、
バレエやダンスを踊ったり、ジャズ演奏を始めたりする。

すっかりニューヨーク名物となった光景だけれど、
偶然そのシーンに遭遇したニューヨーカーが巻き込まれて、
一緒に踊ったり、歌ったりするのがまた面白い。

パフォーマーとして活躍するダンサー中澤利彦氏。
悲願のグリーンカードを取得した後、しばらく日本国内の凱旋に出るという。

パフォーマンス時間以外、観光バスの運転手からの指令を待っている間は、
長い長い「待機」になるため、そこに行けば彼に会える。
日本凱旋前の最終日、彼の友人が次々と、そこを訪れた。

面と向かうとシャイで口数も少ないが、その裏に秘める強い意思。
路上に出ると、水を得た魚のように、クールに踊りだす。

彼の実績は、確実に日本人ダンサーの地位を上げたきただろう。
日本での新しい挑戦も、ずっと応援していたい。

中澤利彦氏のクラウドファンディング実施中です!

写真 2019-05-10 18 40 39

写真 2019-05-10 18 40 33


There is a popular entertainment "THE RIDE" in New York.
Taking a sightseeing bus that sits side by side in a theatrical style and turns midtown.
When the bus stops, performers who are preparing in the city suddenly appear,
Dance ballet and dance, and start playing jazz.

It's a scene that has completely become a New York specialty,
A New Yorker who accidentally encountered the scene gets caught up,
It is also interesting to dance and sing together.

My friend, Toshihiko Nakazawa, is a dancer who works as a performer.
After getting a green card finally, it was said that he go for perform in Japan for a while.

While waiting for commands from the tourist bus driver except during performance times,
You can see him if you go there because it will be a long, long "wait".
His friends visited there one after another on the last day before the Japanese placement.

When he heads to face, he is very shy and has few words, but he has a strong intention behind it.
When he gets out on the street, he dances like a fish that got water.

His track record has certainly improved the status of Japanese dancers.
Please support new challenges in Japan as well.

写真 2019-05-10 18 24 47


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-10 18 25 02

Next
写真 2019-05-10 20 02 39

写真 2019-05-10 20 02 43

写真 2019-05-10 20 02 51


大人のアーティスト集団。
彼らのグループ展は、そんな表現が似合う空間だった。

ニューヨーク・マンハッタンではなく、敢えてブルックリンという場所。
小慣れた大人たちが遊ぶエリアを、自由に行き来する雰囲気。

日本のアート業界を牽引している大人たちの集結は、
クールで、少し不良っぽくて、心地の良い作品が溢れている。

彼らの仲間意識の高さも、アート界に不可欠な要素。
今の時代のアーティストは、一人じゃ生きれない。

写真 2019-05-10 20 19 49

写真 2019-05-10 20 19 41

写真 2019-05-10 20 19 58

写真 2019-05-10 20 02 58

写真 2019-05-10 20 02 26


A group of adult artists.
Their group exhibition was a space where such expressions fit.

A place called Brooklyn, not New York Manhattan.
Atmosphere that cool adults play freely in and out of the area.

The adults group driving the Japanese art industry is cool, a bit bad, and full of pleasant works.

Their high level of fellowship is also an essential element in the art world.
The artist of the present age cannot live alone.

写真 2019-05-10 20 20 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-10 19 19 53

Next
写真 2019-06-12 18 22 16


ブルックリン在住のアーティスト山口歴(やまぐち・めぐる)氏。
時代や国を超えて普遍的に存在する伝統的な筆跡・ブラッシュストロークを、
「カットアンドペースト」という独自の方法で大胆な作品に仕上げる。

「NIKE」「STUSSY」「ISSEY MIYAKE」「 UNIQLO」など、
すでにたくさんのコラボ企画商品を世に送り出しているし、
知名度も実力も、すでに世界の舞台はるか遠くの人になりつつある。

しかし、彼は出会った頃から少しも変わらずに、相対してくれる。
丁寧に人を繋ぎ、謙虚な姿勢も、何も変わらない。

「こんな息子を見守ってくれた親父のために」と企画した展示会。
歴氏のダイナミックな作品が鎮座する奥に、彼のお父様の作品も展示されている。
かつて「ヒステリックグラマー」のデザイナーとして活躍されたお父様は、
アートの制作活動をされる一方で、レセプションではDJ役もこなす多才な方。
素敵な親孝行の形を目の当たりにして、私に何が出来るのだろうと考える。

来年の「東京オリンピック2020」でも、某ブランドとのコラボで
世界中のアスリート達に注目されること間違いなしの山口歴氏。

世界の舞台で羽ばたく日本人アーティストに、心からのエールを。

写真 2019-06-12 18 09 00

写真 2019-06-12 18 09 05

写真 2019-06-12 18 09 26

写真 2019-06-12 18 11 44

写真 2019-06-12 18 22 08

写真 2019-06-12 18 23 20



Meguru Yamaguchi, an artist living in Brooklyn.
His works content a traditional handwriting and brush strokes that exist universally across time and country,
and he completes to bold works in a unique way called "Cut and Paste".

"NIKE", "STUSSY", "ISSEY MIYAKE", "UNIQLO", etc.
He has already launched many collaboration planning products to the world,
Both name recognition and ability are already becoming far away from us to the world stage.

However, he does not change at all from the time I met him first time, and he meets us in polite.
Politely connect people, humble attitude does not change anything.

Meguru is now holding an exhibition designed with his father.
His father, who once worked as a designer for “Hysterical Glamour”, is working on art, and he is also talented as a DJ.
Looking at the wonderful form of "filial piety", I think what I can do.

Meguru will collaborate with sports brand even next year's "Tokyo Olympics 2020",
It is no doubt that attention from athletes all over the world.

I give a heartfelt ale for Japanese artist who actives on the world stage.

写真 2019-06-12 18 07 56

写真 2019-06-12 18 08 19

写真 2019-06-12 18 08 43


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-12 18 22 45
Next
2019-01-26 17.49.14


「JCAT, Japanese Contemporary Artists Team in New York」という
海外で活動しようとする日本人アーティストの窓口を担う団体がある。
個人的な友人でもある日本人女性がディレクターを務め、
所属するアーティストは数百名。大きな組織である。

海外で展示実績を作りたいというアーティストにとって、
これ以上の心強いサポーターはいないだろう。
一定の審査を終えて、実費を支払えば、ニューヨークに出展できる。

*******

福岡からニューヨークにやってきた後藤梨沙さん。
アートバトル・日本大会、第2回目優勝という実力の持ち主。
彼女がJCATのグループ展に出展すると連絡を受け、チェルシーの画廊へ。
「スマイリーエキシビション」の最終日にギリギリ間に合った。

私は見過ごしてしまったけれど、レセプションの様子を伺う。
音楽に合わせてダンスを踊りながら、キャンバスに描いていく。
真っ白な衣装もキャンバスも、最後は見事に色付いて、
「カラリズム」という独自の世界観が完成する。

全身を使ったパフォーマンスもユニークだけれど、
作品の一部を買いたいというユニークなオファーを受けたことも、
アートに慣れ親しんでいるニューヨークという街ならでは。

問題は、この先である。
星の数ほどいるアーティストの中で、さらに活動を広げるために、
何をすべきか、どこにアピールしていくか。

まず、その土地を見て感じて、友達を作って、たくさん空気を吸う。
丁寧に人を繋ぎ、感性を育み、その土地と人をリスペクトする。

そんな想いをきちんと理解して、世界に挑戦していくアーティストたち。
未来へ羽ばたく姿を、私はこちら側から応援したいと思う。

2019-01-26 17.47.00

2019-01-26 17.44.50

50734523_1500174753449110_3761034936199413760_o


There are organizations that serve as an agent for Japanese artists who intend to work overseas, called JCAT, Japanese Contemporary Artists Team in New York.
A Japanese woman who is also a personal friend serves as the director.
It has hundreds of artists, and is a big organization.

For artists who want to hold exhibition abroad overseas,
It is an encouraging supporters.
After you pass a certain judgment, if you pay actual expenses, you can exhibit in New York.

******

Risa Goto who came to New York from Fukuoka.
She is the winner of the 2nd Art battle · Japan tournament.
I was informed that she will exhibit at the JCAT Group Exhibition, to the Chelsea Gallery.
I was in time for the last day of “Sm;)ey Exhibition”.

Though I missed the reception, I heard about her performance.
While dancing with the music, she draws on the canvas.
Both pure white costumes and canvas are colorful finally at the end,
A unique world view called "Colorhythm" will be completed.

Her performance using the whole body is unique enough,
She also received a unique offer to buy a part of the work.
It happened in the city called New York, familiar with art.

The future may be hard.
Among the artists who have much talents, in order to further expand activities,
What to do and where to appeal.

First of all, artists need seeing the land, making friends, sucking up a lot of air.
They should carefully connect people, nurture sensibility, respect the land and people.

If artists understand such feelings properly and challenge the world.
I would like to cheer from this side to the future.

45837027_1442380999228486_3238352895338348544_o


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

2019-01-26 17.47.49

2019-01-26 17.47.58

2019-01-26 17.48.18

2019-01-26 17.48.29

2019-01-26 17.48.46


Next
写真 2019-03-04 21 54 42

写真 2019-03-04 21 56 46

写真 2019-03-04 22 10 38


トシ・カプチーノ氏のキャバレーショー。
「ザ昭和歌謡第2夜」は、80年代のヒットパレードをお披露目する企画。

沢田研二、郷ひろみ、中島みゆき、山口百恵、、、。
私よりも少し上の世代が憧れていた昭和の大スターたちだけでなく、
松田聖子やドリカムまで歌ってくださったのが嬉しすぎて。

彼のショーの面白さは、曲の合間に見事にハマるトークや構成だけでなく、
舞台と観客席との微妙なバランス感にある。
お互いの呼吸が伝わるぐらいの距離であっても、その時々の空気は違う。
それを毎回うまくコントロールして、毎回違う一体感を作り上げている。

楽しい歌とトークで、ゲストにたくさんの笑顔を届けているだけでなく、
母や故郷を偲ぶ歌を必ず途中に入れてくる手法に、私はいつも涙してしまう。

2000年代初期に、本名のトシさんを取材させていただいた頃が懐かしい。
あの頃からずっと彼を応援している仲間の一人でいられることも幸せだから。

次回企画は是非、90年代のヒットソングをお願いいたします!

写真 2019-03-04 22 51 11

写真 2019-03-04 22 51 53

写真 2019-03-04 22 53 49


My friend, Toshi Cappuccino held Cabaret show last night.
It was "The Showa Kayo No. 2 Night", a project to show off the hit parade of the 80's.

Kenji Sawada, Hiromi Go, Miyuki Nakajima, Momoe Yamaguchi ,,,,.
I was very happy that he sang not only the big heroes of Showa which the generation a little above me was longing, but also the song of Seiko Matsuda and my hero "Dreams come True".

The interestingness of his show is not only the MC and show composition,
It is in a delicate balance feeling between the stage and the audience.
Even if the distance between each other's breath is transmitted, the air at that time is different.
He controls well each time, makes us a different sense of unity every time.

He makes a lot of smiles to the guests with songs and fun talks,
and I always cry in his method of always including songs that reminds mother and hometown too.

I miss the old days when I interviewed Mr. Toshimitsu Hirano, his real name, in the early 2000s.
I am happy that I am one of the followers who have been cheering him since that time.

I look forward to hearing hit songs of the 90's in his next project.

写真 2019-03-04 22 55 57

写真 2019-03-04 23 05 42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-04 22 33 14

写真 2019-03-05 12 15 15

Next
写真 2019-01-26 19 00 40


「7本指のピアニスト」西川悟平氏と彼の教え子さん達が、
プライベートコンサートを開催した。
今年は日本での活動に力を入れるという。
ニューヨークで彼の音色を聴ける数少ない機会。

ニューヨークのスタンウェイ・ホールという最高のステージで、
ごく親しい人だけにお披露目する、とても贅沢な企画。
オペラ歌手田村麻子さんの歌声や、娘さんのヴァイオリンも共演。

大切な人たちに囲まれて演奏できる幸せと、
それを一緒に受け取ることができる幸せを感じながら、
凍えるような寒さの夜、心が芯から温まっていった。

写真 2019-01-26 19 50 09

写真 2019-01-26 19 43 06

写真 2019-01-26 19 52 25


"Seven-finger pianist" Mr. Gohei Nishikawa and his students, held a private concert.
This year he will focus on activities in Japan.
So it was a rare opportunity to listen to his piano in New York.

At the best stage of New York's " Steinway Hall",
It was a very luxurious project to show off to only close friends.
Also singing voice of opera singer, Asako Tamura, and her daughter's violin joined.

Happiness that can be played surrounded by important people,
While feeling happiness that we can receive it together,
On a freezing cold night, my heart warmed from the core.

写真 2019-01-26 20 11 29

写真 2019-01-26 20 14 46

写真 2019-01-26 20 21 39

写真 2019-01-26 20 27 10



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-26 20 40 22

写真 2019-01-26 20 41 18


Next
写真 2018-12-30 11 41 01


アクロバティカルなショーをいくつもプロデュースするシルク・ド・ソレイユ。
舞台装置に220億円を費やすということがどんなことか、
「KA」の圧倒的な演出は、実際に体感してみないと分からない。

ある村で平穏に暮らしていた王族が敵の襲撃に遭いバラバラになる。
互いの攻防のなかで、人間のいろんな感情が表現される。
愛、友情、喜び、悲しみ、憎しみ。
人間の心に宿る様々な魂「KA」を、壮大な仕掛けの舞台で表現する。
空中を飛び回り、垂直の壁で戦う、重力に逆らった演出は圧巻。

シルク・ド・ソレイユの中でも、特に危険をはらんでいる演出。
過去の大きな事故を経て、今は命綱をつけているけれど、
「恐怖心を乗り越えるには練習しかない」という出演者たち。

その先にあるのは、きっと成功感、達成感、なのだろう。
スポットライトを浴びるアドレナリン、観客を喜ばせるホスピタリティー。

24時間眠らないラスベガスの街で、人生の醍醐味を考える。

写真 2018-12-30 12 05 02

写真 2018-12-30 12 51 05

写真 2018-12-30 13 27 58


Cirque du Soleil produces several acrobatic shows.
They spent 220 million dollars on the stage equipment.
The overwhelming stage show of "KA" cannot be known unless you actually experience it.

The royal family who lived peacefully in a village falls apart with enemy assault.
In each other's battle, various human emotions are expressed.
Love, friendship, joy, sorrow, hatred.
"KA" means that represent various souls that lives in the human mind with a magnificent gimmick setting.
Flying around the air and fighting on vertical walls, the production against the gravity was a masterpiece.

Even among Cirque du Soleil, the show of "KA" is particularly dangerous.
Through a big accident in the past, they wear a lifeline right now,
Cast performers say "To practice is the only way to overcome fear."

Over that, that's probably a sense of success, a sense of accomplishment.
Adrenaline taking a spotlight, Hospitality to please the audience.

In the city of Las Vegas that does not sleep for 24 hours, I think about the real pleasure of life.

写真 2018-12-30 12 53 19

写真 2018-12-30 13 09 52



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-30 13 29 39
Next
写真 2018-12-28 17 29 38


1990年代、乗務員時代に「オフ・ブロードウェイ」という言葉を初めて知った。
ニューヨークのブロードウェイ界隈に建ち並ぶ劇場ではないけれど、
それに準じるマンハッタン内の小さな劇場で公演を開催する。
顔を「青づくし」に塗った「ブルーマン」のコミカルなショーを観ながら、
その舞台に立つことがどれほど凄いことかを、実感した。

セリフのないショーだから、日本から来た友人からのリクエストも多く、
あの頃は何度も劇場に足を運んだ。
2000年に出演した企業コマーシャルが日本でも放映されて、
「ブルーマン」は一躍、世界という舞台で「時の人」となり、
ニューヨークでも、すでに25年以上のロングラン公演が続けられている。

ラスベガスの劇場は、ニューヨークの常設シアターより大きくて、
いかにもエンターテインメント向けに設営されている。
現代風にアレンジされて、プロジェクションマッピング的な要素もあったけれど、
基本となる筋書きは、あの頃とまったく変わっていなかった。

観衆を巻き込む観客参加型のショースタイルも健在で、
遅刻した観客にモニターカメラを向ける小技も同じ。
ミドルスクールに入ってからバンドを始めた次男は、
音楽的要素を高く評価して、ドラムの奏でるリズムに聴き入っていた。

「ブルーマン」舞台には、「仲間はずれ」というテーマが隠れている。
3人グループのうち、2人が組めば、残りの1人は「仲間はずれ」になる。
シニカルな「いじめ」から、観衆の笑いを取るというのも特徴。

でも、人数の多いマジョリティーにマイノリティーが従うことだけが、
解決策ではないことが、無言のなかに語られている。
2人の力が強くても、正しい1人に合わせて寄り添うことが大事。

観劇後に、こんな感想を語り合う親子がもっと増えれば良いなと思う。
こんなところにも、世界平和を考えるツールはたくさんあるのだから。

写真 2018-12-28 15 42 53


In the 1990's, during the era of flight crew, I first learned the word "Off-Broadway".
Although it is not a theater that is located on the Broadway neighborhood of New York,
they hold a performance at a small theater in Manhattan similar to that.
While watching the comical stage show of "Blue Man" painting their face “All Blue",
I learned how great they were on that stage.

As there were no language script, there were also many requests from friends from Japan,
At that time I visited the theater many times.
A corporate commercial appeared in 2000 was also aired in Japan,
"Blue Man" was "the man of the time" on stage in the world.
Since then, long-run performances of more than 25 years have been ongoing in New York.

The theater in Las Vegas was larger than the permanent theater in New York,
It was set up for entertainment all the time.
Although arranged in contemporary style, there were elements like projection mapping,
The basic scenario was not changed at all from that time.

A spectator-participating show style involving crowds was also alive,
The same skill that turns the monitor camera to the late arrival audience was the same.
My second son who started the band practice since he has entered the middle school,
he appreciated the musical elements and listened to the rhythm played by the drum.

On the show of "Blue Man", the theme of "outsiders" is hidden.
If two people out of the three people group, the remaining one becomes an "outsider".
From the cynical "bully" scene, it is also characterized as taking a laugh of the audience.

However, it is told in silence that "the minority obeying the majority" is not a solution.
Even if the power of the majority is strong, it is important to snuggle to the right one.

After the show, Hope to have more parents and children talking about these hidden theme.
Even in such a place, there are many tools to think about world peace.

スクリーンショット 2019-01-05 13.48.36

©︎BLUE MAN GROUP


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-28 15 40 34
Next
写真 2018-12-27 14 57 00


「アメリカズ・ゴット・タレント」という人気のTV番組がある。
2006年から放映され、今年で14シーズン目を迎える。
何万人という応募者から選ばれた優勝者には、100万ドルの賞金。
そこからメジャーデビューを果たした出演者は数多い。

YouTube動画でも大人気の「TAPE FACE」。
2016年の「アメリカズ・ゴット・タレント」で決勝戦まで残り、
いつも厳しいコメントをする審査員も大爆笑させた彼が、
ラスベガスで定期的にステージショーを開催している。

口にガムテープを貼り、ジェスチャーだけでコメディショーを演じる。
ボーカルやダンスといった演目の多い昨今にあって、
チャーリー・チャップリンを彷彿させるようなクラシカルな笑いを誘う。

観客席から引っ張り出したオーディエンスを舞台に巻き込む。
当てられた観客もすぐに観念して、舞台に上がっていくノリの良さ。
目の表情だけで会話をして、そこから笑いを取るスキルは、まさに古典芸能。

私もいつしか舞台に上げられて、ライオンのポーズで飛ぶハメに。
スポットライトが強過ぎて、ステージから観客の表情は見えないけれど、
あの壇上で堂々とライトに向かえる役者魂は、やはり凄もの。

言葉でなく道具を使った「プロップコメディ」。
こんな風に素直に笑って、心が和むのは、
そこに、AIには真似できない人間らしさを感じるからだろうか。

写真 2018-12-27 17 43 42


There is a popular TV program called "America's got Talent."
It was aired from 2006, and it will be in the 14th season this year.
To the winners chosen from tens of thousands of applicants, a million dollar prize.
There are many performers who made a major debut from there.

"TAPE FACE" is also popular on YouTube videos.
He was a finalist of the final match in 'America's Got Talent' in 2016,
A judge who constantly made harsh comments also laughed a lot.
He regularly holds stage shows in Las Vegas.

He puts the gum tape on your mouth and play a comedy show with only gestures.
In recent years with many vocal and dance performances,
he gives us a classical laugh that makes Charlie Chaplin reminiscent.

He involved the audience pulled out of the audience seat into the stage.
The audience who was invited did not hesitate to get on the stage.
A skill that talks with just the expression of the eyes and takes people's laugh from there is just classical performing arts.

I was asked to jump in the pose of the lion on the stage, too.
The spotlight was too strong, I could not see the spectator's expression from the stage.
The spirit of the actor who headed to the light dignifiedly on that stage was still awesome.

It is called "Prop comedy" using tools rather than words.
People laugh obediently like this, our heart gets better,
because we feel humanness that AI cannot imitate.

写真 2018-12-27 15 39 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-04 14 19 14
Next
写真 2018-12-26 20 33 35


マイケル・ジャクソン氏がプライベートで日本にやって来た時に、
コーディネートや通訳をしたのが、私の従姉だった。
世間ではいろんなことで騒がれていた時期だったけれど、
彼の本当の優しさ、子供や動物を愛する心、
そして世界への想いなどを、垣間見せてくれたと聞いていた。

カナダのサーカス集団、シルク・ド・ソレイユが、
マイケル・ジャクソンの音楽に乗せてスペクタクルなショーを繰り広げる。
空中パフォーマンスと豪快なアクロバット、最先端の音響システム。
63人のダンサーが、一瞬たりとも目が離せない豪華ステージを演出する。

私はなかでも、片足のダンサー、ジーン・ソック氏に釘付けだった。
最難関のオーディションを突破した彼のダンス技術も突出していたし、
彼を採用したプロデューサー側の姿勢にも感銘した。

極め付けは、等身大のマイケルがイリュージョンで写し出され、
他のダンサーと一緒に踊るシーン。
もう会えないと思っていたのに、また会えたという感動。
それでも、やはり本人ではないという哀しみ。

一本足の彼も「いのち」があるから、現実として踊れるのだ。
華やかな舞台を観ながら、「いのち」について考えたラスベガスの夜。
2018年に観たあらゆるショーの中で、間違いなくNo.1だった。

写真 2018-12-26 18 34 15


When Mr. Michael Jackson came to Japan on a private visit,
his coordinator and interpreter was my cousin.
It was a time when he was troubled by people's rumor in the world,
I heard his true kindness, hearts loving children and animals, also his feelings for the world.

Circus group of Canada, Cirque du Soleil, presents a spectacular show on Michael Jackson's music.
Aerial performance and awesome acrobatics, state-of-the-art sound system.
63 dancers produce a luxurious stage that we keep an eye on for all.

I particularly paid attention about Mr. Jean Sok, a one-leg dancer.
His dance skill which broke through the most difficult audition was prominent,
I was also impressed by the attitude of the producer who adopted him.

Especially I loved a scene the life-size Michael was projected in illusion, and danced with other dancers.
I thought that I could not meet him anymore, but I was impressed that I could meet him again.
Still, I feel sorrow that he is not alive.

Jean Sok has "life", so he can dance as reality,
but Michael cannot.
It was Las Vegas night I thought about 'life' while watching the ornate stage.
Among all the shows I saw in 2018, it was definitely No. 1.

写真 2018-12-26 18 56 22

写真 2018-12-26 18 56 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-26 18 53 37

写真 2018-12-26 18 43 45


Click here to watch the PV of Michael Jackson ONE

写真 2018-12-26 18 33 20

写真 2018-12-26 20 51 14
写真 2018-12-26 20 51 27

Next
写真 2017-10-05 21 05 34


「この名刺を世界中で配って歩きます」
日本画家・山田みどり氏と交わした約束がある。

国境を越えて人と文化を繋いでいきたいという想いを込めて、
「BEADING 繋ぐ」という社名を掲げ、細々とビジネスを繋いできた私に、
彼女が1つの作品を描き下ろしてくださった。

天平文化の色使いに影響を受け、独自の画法で描く「ロンダ・アート」は、
たくさんの個性を持った人たちを、想いで繋ぐという趣旨にぴったりで、
私はそれをビジネスカードにして、たくさんの人に配ってきた。

大きなことは出来ないけれど、ここから会話が生まれるのが嬉しくて、
私はこれからもずっと、このカードを持って世界を旅して回ろうと思う。

「ロンダ・アート」のHPが更新されました。
美しきロンダの世界を、とくとご覧ください。

Please click here to see HP "RONDA".

写真 2018-11-28 9 42 13

写真 2018-11-28 9 43 29


"I will distribute this business card all over the world."
I have a promise with Mr. Midori Yamada, a Japanese artist.

With the desire to connect people and culture across national borders,
To name a company name "BEADING / connect".
She drew down one art work for me.

"Ronda Art" is influenced by color usage of Tempyo culture and draws in its own painting method.
As it perfectly matched for the purpose of connecting people with lots of individuality with feelings,
I made it a business card and distributed it to a lot of people.

I cannot do big things, but I'm happy to have conversation from here.
I will keep traveling around the world bringing this card now and in the future.

The HP of "Ronda Art" has been updated.
Please take a closer look at the world of beautiful Ronda.

Please click here to see HP "RONDA".

写真 2018-11-28 9 43 39



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-28 9 45 40
Next
写真 2018-11-28 23 59 26


友人の紹介で知り合ったフローラルデザイナー永田絵梨子さん。
日本、パリ、ハワイ、ニューヨークと、華々しいキャリアを重ねてきた実力派。
パリのミシュラン星レストラン「Sola」のシェフ吉武広樹氏との御縁もあって、
ニューヨーク「MIFUNE」で木のインスタレーションも手がけている。

ブライダル会社のパンフレット撮影に御協力いただいたり、
先月は有田焼・香蘭社の花器にお花を活けていただいたり。
彼女のセンスと人柄とバイタリティーに惹かれて、
私も機会あると、彼女にお声がけさせていただいている。

そんな彼女が、ホリデーシーズンのポップアップショップツアーを展開中。
コラボ会場は、フランス系のハイセンスな眼鏡屋さん。
店内に飛び交うフランス語の心地よさに、ついつい長居してしまう。

クリスマスリース、テーブルセンター、押し花のフレームなど、
彼女のテイストを純粋に楽しめる作品がいっぱい。
生活に花を、心に彩りを。
週末ごとに開催中。ぜひ会場に足をお運びください。

写真 2018-12-08 16 38 51

写真 2018-12-08 16 39 00

写真 2018-12-08 16 37 30


I got to know Ms. Eriko Nagata, a floral designer, a few years ago.
She is a proficient designer who has worked extensively with Japan, Paris, Hawaii and New York.
There is our common friend, the chef Hiroki Yoshitake of Paris' Michelin star restaurant 'Sola'.
She is also handling the installation of wood at "MIFUNE" restaurant in New York, as Yoshitake is an executive chef of that restaurant.

We offered her to work in photographing brochure of bridal company last year.
Also, we asked her to join the event of Arita-porcelain to arrange flowers on the vase of Koran-sha.
Attracted by her sense, personality and vitality,
I ask to work with us when we have a chance.

Now she is having a popup shop tour of the holiday season.
The collaboration venue is a French high-end glasses shop.
I was there long time by hearing of comfy French language inside the store.

Christmas lease, table center, pressed flower frame etc,
There are lots of works that you purely enjoy her taste.
Please enjoy your life by adding flowers in life.
It is held every weekend. Please come to visit her event.

写真 2018-12-08 15 44 32

写真 2018-12-08 15 44 45


◆Sat 12/8 : Selima Optique Madison
899 Madison avenue,New York (11AM-7PM)

◆Sun 12/9 : Selima Optique Soho
59 Wooster street,New York (12PM-7PM)

◆Sun 12/16 : Selima Optique West village
9 Christopher street, New York (12PM-6PM)

◆Sat 12/22 : Bond 07 By Selima
7 Bond street,New York (11AM-7PM)

写真 2018-12-08 15 44 37

写真 2018-12-08 15 45 02

写真 2018-12-08 15 44 58



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-08 17 21 58
Next
ニューヨークという街に住み、オペラ好きの友人がいて、
オペラ作曲家の先輩がいて、オペラをたくさん鑑賞してきた。
でも正直、オペラの魅力が理解できないことも多い。

オペラ歌手・田村麻子さんのソロ・リサイタルはユニークで、
歴代の人気歌劇から1シーンだけを切り取って上演する。
ヴェルディの「椿姫」や、プッチーニの「マダム・バタフライ」など、
簡単な解説を合わせて、ハイライトだけを歌う。

10歌劇の10ジーンから10曲だけをセレクトし、あっという間の90分。
まるで10本の舞台を観に行ったかのようなお得感。
そして、それぞれの歌姫を見事に演じ分ける麻子さんの実力に感銘。

カーネギーホールでのスタンディングオベーション。
舞台の上でスポットライトを浴びる日本人、本当に誇らしい。

46651187_1989363131099608_6369160917686419456_n


I live in the city, New York, have a friend who loves opera, and one of my friends is an opera composer.
I have a lots of opportunities to see the opera.
But, to be honest, there are many cases that I cannot understand the charm of opera.

The solo recital of the opera singer / Asako Tamura was unique,
She cut out only one scene from the successive popular opera and perform it.
She picked up Verdi's "La Traviata", Puccini's "Madame Butterfly", and so on.
Together with a brief explanation, She sang only highlights.

She chose only 10 songs from 10 scene of 10 opera, 90 minutes passed so fast.
It was as if we went to see 10 shows.
And impressed with Asako's ability to split each diva wonderfully.

All audience stood to applaud her performance at Carnegie Hall.
I was really proud that Japanese singer had be a spotlight on the stage.

46507966_10156184440823406_1437981408915095552_n

©️Asako Tamura


海外永住 ブログランキングへ "

46515839_10156184440863406_1643818562684452864_n



Next
スクリーンショット 2018-10-26 22.08.36


MONDO GROSSOで一世を風靡した大沢伸一氏のシークレットライブ。
ニューヨーカーに大人気の会員制ラウンジで開催されたDJセットは、
大沢氏の新しいプロジェクトのお披露目ライブでもあった。

オーストラリア出身ライムさんの、人間離れした美しさに魅了され、
大沢氏の変わらないかっこよさとDJテクニックに惚れ惚れする。
アップテンポなのに、耳に心地良い音楽が、心を癒してくれる。

1993年にメジャーデビューした大沢氏が、
まだまだこうして新しい音楽を生み出していることは、
私たち世代へのメッセージでもあるから。

余計な言葉はいらない。音楽があれば、そこに人の絆が生まれる。
外の風があっという間に冷たくなったニューヨークだけれど、
この夜、この場所に流れていた空気は、実に気持ちが良かった。

ニューヨークは、大人が似合う。
ニューヨークの似合う、大人を目指そう。

写真 2018-10-16 21 20 45

写真 2018-10-16 22 12 10


There held a secret live by Japanese musician, Shinichi Osawa who brought about the world by MONDO GROSSO.
DJ set held at the popular membership lounge for New Yorkers,
There was also Osawa 's new project live show.

I was fascinated by the beauty of human beings from Australian, Ms.Lhyme.
And I was also attracted by Mr. Osawa 's coolness and DJ technique.
Even though it was an up-tempo, music that was comfortable to the ear healed the mind.

Mr. Osawa who made a major debut in 1993,
he is still creating new music in this way.
Because it is also a message to our generation.

Extra words are needless.
If there is music, people's bonds are born there.
Though the outside wind in New York was getting cold,
The air that was flowing to that place that evening was really pleasant.

New York is the city for adults.
I would love to be an adult suiting for New York.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-16 21 21 25



Next
42556397_901778086659113_7152260827297349632_n


役者の息遣いが聞こえてくるような小さな劇場。
目の前で繰り広げられる異次元の世界。
感情をむき出しにして訴えてくる臨場感。

個人的に、芝居の観劇が大好きで、
それはきっと、22歳の時に他界した親友の影響が大きい。
彼女に誘われて、いわゆるオフロード系の小さな劇場に通った。

役者の成田浬氏が「ブレヒトの芝居小屋」で上演する。
出身中学のすぐ横にある小さな劇場、かつて何度も通った道。
あそこで観た「銀河鉄道の夜」は、今でも心に残っている。
今はどんな風になっているのだろう。

昭和23年、朝日新聞記者への暴行事件が素材となった脚本。
マスコミが、警察やヤクザといった圧力に屈せずに、
「ペンの力」で市民を動かしたことを原点に、
現代のジャーナリズムの力を問うという壮大なテーマ。

「ブレヒトの芝居小屋」が来年閉館になると聞いた。
久しぶりに「どこでもドア」を使いたい衝動に駆られる。
「ブレヒトの芝居小屋」の少し古びたドアを思い出しながら、
今はあの光景がどんな風に見えるのか、身体で確かめたい。

ぜひ会場に足をお運びください。

*写真はHPよりお借りしています。

43342652_2173237719586476_2875997821813653504_n


A small theater where the breath of the actor can be heard.
A world of different dimensions unfolded in front of us.
We feel appealing emotions directly.

Personally, I love play theater,
It is surely a big influence of close friends who passed away at the age of 22.
She often asked me to go to a small theater in a so-called off-road system.

An actor, Kairi Narita, will perform at "Brecht's playhouse".
A small theater just beside my junior high school, a road that passed many times.
The "The night of the milky way train" that I saw there is still remembered in my mind.
I wonder how it is now.

Screenplay which made material as violence against Asahi Shimbun (Asahi Newspaper) reporter material in 1948.
The mass communication never gave way to pressure such as police and gangsters.
Based on the fact that the citizen was moved by "power of pen"
It has a grand theme of questioning the power of contemporary journalism.

I heard that "Brecht's playhouse" will be closed next year.
I am driven by the urge to use 'Dokodemo-Door, anywhere door' again.
While remembering the slightly old door of "Brecht's playhouse"
Now I want to see how the scene will look with my body & soul.

Please come and visit the site.

43557463_2089450177766618_3961316412332441600_n


温泉ドラゴン第12回公演『The Dark City』
作・演出:シライケイタ
出演:筑波竜一、いわいのふ健(以上、温泉ドラゴン)
清水直子(俳優座)、成田浬、内田健介、浅倉洋介、東谷英人(DULL-COLORED POP)、杉林健生(俳優座)、みやなおこ、大久保鷹
【日時】
2018年10月15日(月)〜21日(日) (全10回)
【会場】
ブレヒトの芝居小屋
〒177-0051 東京都練馬区関町北4-35-17
西武新宿線・武蔵関駅 徒歩6分
【チケット料金】予約受付開始:2018年9月8日(土)10時
全席自由席(税込)
料金 (前売/当日) 一般 4,000円/U25 2,500円※1/初日割 3,500円(10月15日公演のみ)
【ご予約】
こちらのフォームから、成田浬の扱いでご予約いただけます。

43117034_905426062960982_2479082469307973632_n



海外永住 ブログランキングへ "

41250461_891245537712368_2164993409327038464_n




Next
写真 2018-09-25 13 41 40

写真 2018-09-25 13 41 59

写真 2018-09-25 13 42 33


コピーライター兼アーティスト。
二足のわらじを履く西村麻里さん。

偶然出会って、ソウルメイトのように惹かれ合い、
すでに長い年月を共有しているかのような錯覚に陥るけれど、
彼女と知り合ってまだ2年。でもきっと、前世からの御縁がある。

彼女のアートは、どんどん進化している。
エネルギー溢れる作品群は、まさに個展のタイトル通り。

天に昇りゆく龍。天から降りて来た孔雀。
パワーみなぎる摩天楼。優しく微笑むマリア様。

作品の前に佇み、手を合わせて拝む人がいる。
ただ空気だけ浴びて、無言で立ち去る人もいる。
今すぐ持ち帰りたいと、赤丸をつけて陣取る人もいる。

私はいつもそこに「愛」と「孤独」を感じ取る。
アーティストは、順風満帆でない方が良いと勝手に思う。
波瀾万丈な人生こそが、この偉大なるアートの世界を作り出す。

私もまた、新しいコレクションを増やしたいと企んでいる。

MARI NISHIMURA Sola Exhibition "Overflowing Energy"
9/16/2018-9/30/2018
Tue.-Sat. (12:00 - 18:00)

Montserrat Contemporary Art Gallery
547 W 27th Street #516
New York, NY10001

写真 2018-09-25 13 42 43

写真 2018-09-25 13 43 05

写真 2018-09-25 13 43 24


Mari Nishimura is a copywriter and artist.
She wears two hats.

I met her by chance, attracted like a soul mate.
Although it falls into the illusion that it has already shared a long time ago,
It has been only 2 years since I met her.
But surely there is a relationship from the previous life.

Her art is rapidly evolving.
Works full of energy are exactly as the title of the solo exhibition "Overflowing Energy".

A dragon rising to heaven, a peacock coming down from heaven.
A skyscraper with power all. Virgin Mary kindly smiles.

There are people standing in front of her works, worshiping hands together.
Some people just take the air and leave silently.
Some asks to take it home now, putting a red circle.

I always feel "love" and "solitude" there.
Artists think that it is better not to be sailing smoothly.
One's life full of ups and downs creates the world of this great art.

I am also planning to increase the number of new collections.

写真 2018-09-25 13 43 39

写真 2018-09-25 13 44 15

写真 2018-09-25 13 43 55



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-21 7 49 47 (1)

    拙著の挿絵を描いてくださったアーティスト三浦大地氏がふらっとNYへ。

MARI NISHIMURA Sola Exhibition "Overflowing Energy"
9/16/2018-9/30/2018
Tue.-Sat. (12:00 - 18:00)

Montserrat Contemporary Art Gallery
547 W 27th Street #516
New York, NY10001

Next
写真 2018-09-06 2 51 57


アーティスト山口歴(やまぐち・めぐる)氏。
ブルックリンを拠点に活動する新進気鋭のアーティスト。

ファッションデザイナーの両親を持ち、7歳から西洋画を習った。
浮世絵や印象派のポストカードを模写して過ごした幼少期。
漠然と芸術関係の将来を描いていたものの、芸大受験に失敗。
東京のデザイン事務所に勤めながら、デザインの本質を学んだ。

21歳の時に「アートに対する制限がない」ニューヨークに移住を決意。
ブルックリンにあるアーティストオフィスで5年間修行を積みながら、
欧米のポップアートやグラフィティアーティストに影響を受ける。

偉大な先人の仕事をリスペクトしつつ、
そこに自分なりの新しいエッセンスを加えていく。

「カットアンドペースト」という、絵具の筆跡を貼り合わせる独自の技法は、
まさに「現代アート」の骨頂。
キャンバスだけでなく、彫刻、壁画など、彼の作品は幅広い。

展示会場では、入り口に描かれた壮大な壁画が、まず人々をお迎えする。
「UNTAINETED ABSTRUCTION」のタイトル通り、抽象画の世界を堪能する空間。
「ナイキ」や「ユニクロ」とのコラボなど、活躍の場を広げている山口氏。
やはり彼の作品は、「リミットレスなニューヨーク」に似合う。

展示会に、ぜひ足をお運びください。

写真 2018-09-06 2 51 23

写真 2018-09-06 2 52 23


UNTAINTED ABSTRACTION by MEGURU YAMAGUCHI and EMILIO CAVALLINI
GR gallery
255 Bowery Street, New York, NY10001

Please click here to see the link.

写真 2018-09-06 4 46 12


Artist: Meguru Yamaguchi.
An up and coming artist based in Brooklyn.

He has parents of a fashion designer, and learned Western painting from age 7.
Early childhood who spent time copying Ukiyoe prints and impressionist postcards.
Despite he was vaguely depicting the future of art relations, failed to take entrance exam of the art college.
While working for a design office in Tokyo, he learned the essence of design.

At the age of 21, he decided to move to New York, since he felt there was no restriction on art there.
While training at the artist office in Brooklyn for five years,
he was affected by European and American pop art and graffiti artists.

While respecting the work of the great predecessor,
he will add his own new essence there.

A unique technique of pasting handwriting of paint called "cut and paste"
It is exactly the point of "modern art".
Besides canvas, sculpture, mural paintings, his works are in wide field

At the exhibition hall, magnificent mural paintings drawn at the entrance will welcome people first.
As the title of "UNTAINETED ABSTRUCTION", space to enjoy abstract painting world.
Mr. Yamaguchi who is expanding the place of activity such as collaboration with "Nike" and "UNIQLO".
After all his work fits "Limitless New York".

Please come and visit the exhibition.

写真 2018-09-06 4 46 18

写真 2018-09-06 4 46 24

写真 2018-09-06 4 46 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-06 4 54 25

Next
写真 2018-08-22 19 36 47


芝居を観るようになったのは高校時代。
今は亡き親友や当時の同級生と、ちょっと大人の世界を観るのが楽しかった。
役者の温度や息遣いが直に伝わる小劇場での公演は、その余韻が楽しい。
夏の最後に、役者・成田浬氏の出演する作品を観に行った。

寺山修司氏の作品は、アングラ系としてもかなりハードルが高い。
現実と非現実、現象と幻想が交錯して、時にテーマを見失う。
それでも彼の作品が断続的に上演される理由を探ってみたいと思った。

私は、女優・大山デブ子氏出演の映画を観たことはないけれど、
鬼才・寺山修司氏の寵愛を受けたというからには、
人として普遍的な魅力に溢れる人だったと想像できる。

女優デブ子がモデルとはいえ、舞台のデブコは単なる虚像でしかない。
「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」
キリスト教における7つの大罪とも言われる、人間の負の感情。
それらを象徴するキャラクターを、役者達が演じる。

舞台はオモチャ箱から飛び出してきたおとぎ話のように、
欲望の末に人魚になってしまった男を中心に進行され、
時折デブコの話を交えながら、「人生は祭りだ」と盛り上がる。

より人間くさく生きることは、7つの大罪すべてを背負うこと。
デブコが犯罪者たる所以を観客に考えさせるのが、
この作品の見どころなのかもしれない。

「B機関」という劇団、そして「点滅」氏の演出も初体験だったけれど、
舞踊と歌を芝居に混在させ、現実と幻想の世界を作る感覚が見事だった。

素敵な芝居にお声がけしてくれた浬くん、ありがとう。

写真 2018-08-22 19 36 51


It was during high school that I went to see a theater play.
I enjoyed watching a little adult world with my dear friend and classmate of that time.
A performance in a small theater where the actor 's temperature and breath are transmitted directly is a pleasant finish.
At the end of the summer, I went to see works that Mr. Kairi Narita acted as an actor.

Mr. Shuji Terayama's work is quite a deep as an underground play.
Reality and unreality, phenomena and fantasies interlace, sometimes losing sight of the theme.
Still I wanted to explore why his work was intermittently performed.

I have never seen a movie starring Actress Debuko Oyama,
Because it is said that she received the love of Mr. Terayama,
we can imagine that it was a person full of universal charm as a person.

Actress Debuko might be a model, but the stage Debuko was just a virtual image.
"Gluttony" "Lust" "Greed" "Wrath" "Sloth" "Pride" " Envy"
It is said to be seven big sin in Christianity, a negative emotion of man.
The actors play the characters symbolizing them.

Like the fairy tale that jumped out of the toy box,
It progressed mainly with a man who became a mermaid at the end of desire,
While occasionally talking about Debuko, and all characters raise up saying "Life is a festival."

To live as human beings is to carry all seven deadly sins.
It is the reason that the audience thinks that Debuko is the criminal,
It might be a highlight of this work.

Theater company "B-Kikan" and the directing of Mr. "Tenmetsu" was also my first experience,
Mixing dance and singing in the play, the sense of making the world of reality and fantasy was brilliant.

Thank you, Kairi, who invited to a nice play.

写真 2018-08-22 16 23 27



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-22 19 36 56
Next
写真 2018-07-11 13 45 08

写真 2018-07-11 13 45 24


ずっとお会いしてみたかったアーティスト、秋濱克大氏。
かつてニューヨークに在住していた友人から御紹介いただいた。

出会いの場所にセレクトさせていただいたのは、
私が飲食業界と御縁を持つキッカケになった仲間の一人、
栗本清氏がシェフを勤める東京駅すぐ近くのイタリアンレストラン。

秋濱氏は自身でハンドメイドのジュエリーを制作する一方で、
たくさんのアーティストとのコラボレーション企画を遂行している。

アーティストが一匹狼で戦い抜く時代ではない今だからこそ、
いかにたくさんの人と繋がり、いかに人を大切にしているかが、
そのファン層を拡大しているのだと、彼を見て思う。

すでに流れの出来ているチームに、どんなエッセンスを加えるべきか。
新しい出会いに感謝しつつ、航海の羅針盤をゆっくり眺めている。

写真 2018-08-14 17 14 35


I met Mr. Katsuhiro Akihama, an artist who I wanted to see for a long time.
I was introduced him from a friend who lived in New York before.

As for the meeting, I chose an Italian restaurant near the Tokyo station where the chef Kiyoshi Kurimoto worked.
He was one of my fellows who got me close to the food and beverage industry more than 20 years ago.

While Mr. Akihama makes handmade jewelry himself,
he is collaborating with numerous artists.

Now is not the era when artists fight with one lone war.
Since he knows how to connect with many people and how to cherish people,
I learn through him that he is expanding its fan base.

I wonder what essence should be added to the already flowing team.
I am grateful for the new encounter and watching the voyage's compass slowly.

写真 2018-07-11 13 51 54



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-14 17 47 16 (1)

Next
写真 2018-07-15 15 54 51

写真 2018-07-15 15 54 59 (1)

写真 2018-07-15 15 56 42


90年代後半にNYで知り合った友人らのグループが、
イスラエルのブランドSABONを日本に導入して10年が経過した。
当時のコンペには、いくつかの大手商社が参加していたけれど、
たった数年で何億という投資額を回収したスキルは、
まさに少数精鋭のブレイン仲間が企画をした賜物だった。

SABON JAPANの10周年を記念して、Decadeシリーズが発表された。
オリエンタルな甘さの中にも、どこか艶やかな大人を感じる香り。
そこから受けたインスピレーションを、さらにアートで表現するという試み。

西村麻里さんのライブペイントが始まると、観衆は静かに見守った。
制作風景を直に見せるライブペインティングは、いまでは珍しくないけれど、
出来た作品をそのまま献上できる完成度の高さは秀逸だ。

描き始めは、落ち着いたトーンで、大人っぽい風合いだと見て取れた。
そこに生命を吹き込まれたように、艶っぽい鳥が目の前で羽ばたくと、
それは女性らしいフェロモン漂う作品になっていた。

暑い夏の日、目黒川沿いのアトリエサボンに、不思議な風が流れるのを感じた。

写真 2018-07-15 15 56 00

写真 2018-07-15 16 36 18 (1)


A group of friends whom I met in NY in the latter half of the 1990s,
Ten years have passed since they have introducing the Israeli brand SABON to Japan.
There were several major trading companies participating in the competition at the time,
The skill that collected hundreds of millions of investment in just a few years,
It was a result that a very few elite Blaine fellow planned.

In commemoration of the tenth anniversary of SABON JAPAN, the Decade series was announced.
Among the oriental sweetness, it smells somewhat glossy adults.
At the atelier SABON, there were the collaboration events that the artists expressed the inspiration received from Decade series.

When Mari Nishimura's live paint began, the audience watched silently.
Although live painting, which shows the production scene directly, is not rare now,
The high degree of perfection that she can dedicate her work as it is outstanding.

At the beginning of drawing I saw that it was a calm tone and an adult-like texture.
As glittering birds fluttered in front of us as if life was blown there.
At the last, It was finished as a feminine pheromone work.

On a hot summer day,
I felt a wonder wind flowed in the atelier SABON along the Meguro River.

写真 2018-07-15 16 37 46 (1)

写真 2018-07-15 16 38 20


SABON Official Website


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-15 16 53 25 (1)

写真 2018-08-14 9 03 24
Next
写真 2018-05-30 20 13 06


つい見逃してしまう日常のワンシーンを、
女性として、母として、愛を込めてシャッターを切る。
趣味で始めたというカメラが、いつしか身体の一部になっているのだろう。

ほんの一瞬の出会いを大切にしている、彼女らしい写真が並ぶ展示会。
心温まる作品を眺めながら、彼女が過ごしてきた時間を想う。

デジタルの時代だからこそ、アナログでしか伝えられないものがある。
真っ直ぐに心に響く写真を撮れるのは、やっぱり真っ直ぐな心だけだから。

出会いとそこから繋がる人の輪に、感謝を込めて。

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 06

写真 2018-05-30 20 02 11

写真 2018-05-30 20 02 32

写真 2018-05-30 20 03 32

写真 2018-05-30 20 03 38


To the one scene of everyday life that we may miss easily,
As a woman, as a mother, she puts a shutter off with love.
The photography that she started with a hobby is probably becoming part of her body.

Her exhibition has been held that cherish the encounter with just a moment.
While looking at heartwarming works, I thought about the time she spent.

Because it is a digital era, there are things that can only be reported in analog.
Only a pure heart that can take pictures that resonate straight in the heart.

I thank to the encounter and the circle of people who connect from there.

A solo photography exhibit "Brief Encounters" by Yuki Neo
5/30/2018-6/9/2018 11am-6pm
@ Gallery Max New York
552 Broadway, Suite 401
New York, NY 10012
Hours: 11am-6pm
http://gallerymaxny.com

写真 2018-05-30 20 01 17

写真 2018-05-30 20 01 24

写真 2018-05-30 20 04 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-09 11 58 34

Next
写真 2018-05-29 19 35 07

写真 2018-05-29 20 47 50


キングコング西野亮廣氏が、5年ぶりにNY個展を開催。
ミッドタウン、グラセンから徒歩5分のギャラリーは、
連日多くの来場客で溢れていた。

あまりに美しい原画の数々に圧倒されながら、
娘にいつかこの鮮やかな色を見せてあげたいと思う気持ちが膨らむ。

西野氏と「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」の話題に触れつつ、
2020年に映画化が決定しているというプペルの世界を、
視覚障害者にも伝える方法はないかなと考える。

音や文字に色が見える共感覚を持った人はいるけれど、
鮮やかな色の世界を、光のない世界で再現することは難しい。
映画の「音声ガイド」にとどまらず、
視覚に頼らずに絵本の世界を感じることができたら面白い。

5年前の個展を訪れた時、こんな未来があるとは思っていなかった。
次の5年後には、予想もしていなかった未来が訪れるのかもしれない。

写真 2018-05-30 11 47 50

写真 2018-06-01 14 14 49

写真 2018-06-01 14 10 51

写真 2018-06-01 14 11 23

写真 2018-06-01 14 11 50


Mr.Akihiro Nishino, the member of Japanese comedian group "King Kong",
held a NY solo exhibition for the first time in five years.
The gallery, a 5-minute walk from the Grand Central Station in Midtown,
It was full of many visitors every day.

While being overwhelmed by the many beautiful original drawings,
The feeling of wanting to show this vivid color someday to my daughter expanded.

While touching the topic of "Dialogue in the Dark" with Mr.Nishino,
I wonder that there is a way to tell visually handicapped people.
The world of Poupelle has been decided the filmzation in 2020.

Although some people have a sense of commonality in which colors are seen in sounds and letters,
It is difficult to reproduce the world of vivid colors in a world without light.
Not limited to the "voice guide" of movies,
It would be interesting if we could feel the world of picture books without relying on vision.

When we visited his solo exhibition five years ago, we did not think there was such a future.
In the next five years, the future that we did not anticipate may come.

写真 2018-05-30 7 06 06 (1)

写真 2018-05-29 20 11 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-30 5 56 46




Next
その人とは、ここでひっそりと会うことが多い。
銀座の街中なのに、なぜか人は少なくて。
居心地の良い空間で、これからのアート企画について話し合う。

まさに寝食を忘れて絵を描いてしまう彼女は、
普段あまり食事に執着がないけれど、
たまにこうして美味しいものを一緒に食べられるのが嬉しい。

春のイベントを終えて、秋の企画、そして来年の企画を話し合う。
アートの力を、まだずっと信じている。

アートが必要だと言ってくれる人のために。
貴方が必要だと言ってくれる人のために。

写真 2018-05-07 12 56 48


When I meet that person, we choose such a quiet place.
Although we were in the city of Ginza, there were few people for some reason.
We discussed the future art planning in a cozy space.

As she forgets to have meals when she draws a picture,
she usually does not have much obsession with meals.
Sometimes I was happy to be able to eat delicious things together.

After the spring event, we discussed the plan of the autumn and the plan of the next year.
I still believe in the power of art.

For those who say that art is necessary.
For those who say that you need it.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-04-19 11 03 26

写真 2018-04-19 18 43 42

写真 2018-04-22 17 13 43


世界では、たくさんのアートエキスポが開催されているけれど、
ニューヨークのそれは、他とは一線を画している。
出展者と来場者の多さ、レベルの高さ、そしてメディアからの注目度。
ニューヨーク最大のイベントの一つであることは間違いない。

今年は日本人アーティスト4名で、一つのブースを共有。
油絵、アクリル、刺繍アート、趣向の異なるアートを並べ、
いかにして空間を作り上げていくかが、キュレーションの要。
会場設営のセンスが、展示会の成功を左右すると言っても過言ではない。

モダンアートのブースが多い中で、我々のブースは異彩を放っていた。
隙間なく並べられた作品の合間に、アーティストの想いを英字で描き込むと、
詩的な空間に吸い込まれるように、たくさんの入場者が足を止める。
ここでエネルギーをもらったと涙する来場者に、アートの底力を感じる。

たくさんの作品が、米国在住者のもとにお嫁入りすることになり、
地元TVメディアの取材もお受けした。
直前まで不安もあったけれど、チームとして楽しもうという気持ちが、
最大限の成功を生み出す結果となった。

会場に足を使ってお越しくださった来場者の皆様。
作品を御購入くださった、たくさんのファンの皆様。
4日間を共にしたアーティスト仲間、そして最高のネイバー達。
毎日ランチと温かい飲み物を差し入れしてくださったジュミさん。
会場設営の大黒柱、日本から来たターヤン。
作品を生み出してくれたアーティストと、そのコレクターの皆さん。
そしてきっと前世からのソウルメイト、マリさん。
今はただただ、感謝の気持ちを伝えたい。
心の底から、ありがとう。

アートの力を、これからも信じているから。
すでに来年の計画が、動き出している。

西村麻里さんオフィシャルHP

写真 2018-04-19 12 43 59

写真 2018-04-20 15 02 54

写真 2018-04-20 16 54 01

写真 2018-04-21 14 10 12

写真 2018-04-21 15 03 40

写真 2018-04-22 15 15 50


A lot of Art Expo is being held in the world,
That in New York is distinct from the others.
The number of exhibitors and visitors, the height of the level, and the attention from the media.
It is no doubt that it is one of New York's biggest events.

This year we lead four Japanese artists who shared a booth.
Oil painting, acrylic, embroidery art.
Thinking the art of different style,
How to create space was the key to curation.
It was no exaggeration to say that the sense of establishment of the site influences
the success of the exhibition.

With many booths of modern art, our booth was awesome.
When drawing the artist's feelings with English letters between the works arranged tightly,
Many visitors stopped their feet so that they were attracted into our poetic space.
I felt the power of art to visitors who thanked getting energy here.

Many works were sold to residents of the United States,
We also accepted coverage of local TV media.
Although I was worried until the last moment, my feeling of having fun as a team,
It resulted in maximum success.

Everyone who visited our booth at the venue.
Many fans who purchased the work.
A group of artists who shared 4 days, and the best neighbors from Canada.
Jumi who brought lunch and a hot drink every day.
Tayan from Japan, who was the main pillar of setting up the venue.
Japanese artists who exhibited their works, and their collectors.
And surely soul mate from the previous life, Mari.
Now I just want to convey my gratitude.
Thank you from the bottom of my heart.

I believe in the power of art forever.
The plan for next year has already begun.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-20 12 17 05

写真 2018-04-21 16 45 46

写真 2018-04-21 16 50 49

写真 2018-04-22 19 04 34

写真 2018-04-25 10 49 39

Next
写真 2018-03-27 16 16 47


美の師匠と慕っていたジュエリーデザイナーが急逝した後、
私は彼の才能を伝えるべき場所を探して彷徨っていた。

日本の美を継承する洗練されたデザインと、石留めの美しさ。
私がどんなに声をあげたって、響いてくれる人がいないのだと。

そのタイミングで現れたのが、春高未欧というデザイナーだった。
自らの足で私を見つけ出してくれた。
師匠の遺志を、私と同じ想いで受け止めてくれた。

すでに名が知られたブランドだけれど、
彼女の謙虚な姿勢に、私はすっかり魅了された。

すでに、目標は定まっている。
夢は必ず叶えるという彼女の誉れ高い姿勢を、ここでしっかり支えたい。

写真 2018-03-28 15 21 23


After the sudden death of the jewelry designer who was my art master,
I was wandering around searching for a place to tell his talent.

I know his sophisticated design that inherits Japanese beauty and beauty of stone closure.
No matter how loud I reported, there was no one to echo.

The jewelry designer, Mio Harutaka, appeared in front of me at that timing.
She found me out with her own feet.
She accepted my master 's will in the same way as I thought.

Although the name of brand "Bijou de M" is already known brand in the world,
In her humble attitude, I was totally fascinated.

The target has already been decided.
I want to firmly support her honorable attitude that dreams will surely come true.

写真 2017-11-04 8 09 06


Please click here to see the Official Website of "Bejou de M".
You could see the line up of the "Bijou de M" at "Jeffrey" in Manhattan, New York.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-11-04 8 08 18

©️Mio Harutaka, Bijou de M
Next