08-1


彼の背景を知ってみたいと思った。
その立ち居振る舞いと、各場面での気付きの鋭さに、
私はきっと同じ匂いを感じたのだと思う。

いつしか、いろんな話をするようになり、
私は以前より少しだけ、彼の想いや生き様を理解できたような気がした。
フォトグラファーとしての立ち位置だけでなく、
人を繋ごうとする姿勢に、私はいつしか惹かれていた。

ここで、多くを語るつもりはないけれど、
陰の立役者がいてこそ、表に立つ主役がさらに輝くのだ。

伊万里の地元のために、こうして踏ん張る若者がいる。
イベントのオープニング動画のクールさも、
佐賀県プロモーション動画の愛くるしさも、
ひとつひとつが個性豊かな彼の作品集。

彼の挑戦を、遠くからずっと応援していたいと切に思う。

こちらの動画投票に、ぜひ「毎日」応援してください。
(1日1投票、4/5締め切りです。)

↓ここをクリック!
FUSE 川浪勇太 JIMOT CM COMPETITION 参加作品はこちら

こちらも是非ご覧ください。とっても素敵なムービーです。

30


Someday, we started talking a lot,
I felt that I could understand more than before about his thinking and the way to live.
In addition to the standing position as a photographer,
I was attracted to his attitude to connect people.

I do not intend to talk much here,
When a shadow-minded person is present, the protagonist standing
on the stage shines further.

For Imari 's local, there are young people who supports the city.
The opening video of the event "EAT & ART" was very cool.
Also, the Commercial Film of Saga prefecture promotion was so lovely.
All were his works with individual personality.

I want to cheer for his challenge from far away.

Please vote this video every day to support him.
(1 vote per day, 4/5 deadline.)

https://oimf.jp/program/z_saga.html

15780868_949734698492399_1285287105792044736_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
04

13


約1年前にオープンした、地元で人気のコーヒーショップ。
オーナーは、いつかローラーアートでその壁を埋めて欲しいと、
店内の真っ白な空間を、ずっと空けて待っていたのだと言う。

オーナー夫妻の人柄が、この店の人気を牽引しているのがよくわかる。
気の良い店内では、常に地元客の笑い声が響いていた。

店に通う年配客は、この絵を見てかつての光景を思い出すのだろう。
心を癒す際限なきアートの力を、ずっと信じていたい。

人生は、美しい。

16

43

55


It was a popular local coffee shop opened about a year ago.
Since the owner wanted to fill its wall someday with roller art,
he had kept the wall blank inside the store all the time.

It was easy to understand that the personality of the owner and his wife was
driving the popularity of this store.
The laughter of the local customers was always echoing in the nice shop.

Hope the elderly customers will be happy to remember the former Imari
by looking at this mural.
I would like to believe in the power of art that can heal the heart forever
without limit.

Life is beautiful.

38

40

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

09

21


24


Next
49

36


伊万里市商店街の一角に、その建物は佇んでいた。
簡素で整然としているからこそ、若者が集まる空間になりきれていなかった。

「ペイント改装だけでは、何も変わらない」
アーティストが声を上げる一方で、いろんな行政の裏事情があった。
地元で何ができるか、何をやるべきかの自覚がないままでは、
一向にプロジェクトは進まない。

なかなか盛り上がらない地元スタッフに、ペイントチームが痺れを切らし、
ラストミニットで、ようやく少しだけ足並みが揃い出した。

当日、地元の高校生やボランティアスタッフがショウアップしてくれた。
伊万里の歴史をふりかえるポスターを再現し、あえて無造作に貼り付けたり、
テーブルや椅子には錆びた加工を施した。
閑散とした空間に、あえてエイジング加工を施すことで、
伊万里の若者が憧れる、ブルックリンの倉庫街のような表情がそこに生まれた。

地元工芸家の作品を置く土産コーナーや、
会館のオペレーション自体にもきっと改善の余地はあるけれど、
たった3日間でできる最大限の足跡を残すことで、
地方創生のきっかけ作りができていればと切に願う。

外からしか分からない地元の魅力が、そこにはたくさん存在している。

24

20

DSC02276


The building was standing in a corner of Imari city shopping street.
Because it was simple and orderly, it was not enough space for young
people to gather.

"By paint remodeling alone, nothing will change"
While the artist raised his voice, there were various circumstances behind
administrations.
Without consciousness of what the local people can do and what to do,
The project could not proceed forward.

To the local staff who was not quite excited, the paint team had not been patient.
At the last minute, finally the race got well just a little.

On the day, local high school students and volunteer staff showed up.
We reproduced the poster that would revolve around the history of Imari,
dared to paste it casually,
We applied rusty processing to the table and the chair.
By daringly an aging subjecting to a quiet space,
An expression like Brooklyn 's warehouse town in which Imari young people
admire was born there.

A souvenir corner where local craftsmen's works were placed,
There was certainly room for improvement in the operation of the hall as well.
By leaving the maximum works possible in just 3 days,
we sincerely hoped to be able to make a chance for local creation.

There are many local attractions that are only known from outside, and there
are many scattered around there.

DSC02250

DSC02270

12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

DSC02274

24


Official Photos ©Yuta Kawanami@FUSE

DSC02281


Next
DSC02353

04


昨秋パリで開催した企画は、アートと料理を色でリンクさせて、
お客様には目と舌で、同時に楽しんでいただくという試みだった。

「クリエイターとして、同じことをしたくない」というシェフと、
「お客様は、パリでの再現を望んでいる」というアーティスト。
当初どちらも譲らなかったが、シェフの出身地伊万里市の希望が最優先。
日本の伝統的な会席料理に、料理、アート、日本酒、装花、伊万里焼きといった
たくさんの出会いを取り入れることが、最大のテーマとなった。

「季節」「融合」「伝統」「挑戦」という4つのキーワードをテーマに、
シェフとアーティストは、料理とアートを様々な形でリンクさせていく。
食事を提供するお皿はすべて伊万里焼きで統一して、どこまでも伊万里への
リスペクトにこだわった。

360年の秘窯の里「大川内山」を舞台に、
窯元のアトリエでアペリティフをふるまう。

アーティストがデザインと絵付けしたお皿を、伊万里の陶芸家が焼き上げる。
シェフが春の野菜たっぷりの前菜で、季節を表現する。

天の川に流星が散らばるお盆は、地元の大工や高校生も制作に参加。
惑星に見立てられた小鉢で、山海、温冷など、遠く離れた存在の食材が融合される。

お花見の起源、梅と花の装花で会場に彩りが加えられる。
日仏の伝統的な素材やソースで組み立てられたメイン料理が提供される。

400年前の伊万里港を描いたライブペイントで、お客様の高揚が頂点に達し、
黄色でリンクされた水菓子に、ある挑戦が仕込まれていることが明かされる。
高価な大皿に並べられたプティフールで、最後まで余韻を楽しんでいただく。

佐賀の日本酒とフランボワーズで作られたケーク、
ウィスキー樽を再利用して作られたオリジナルの箸、
アーティストが何度も伊万里に通って制作したお皿。
この二夜のお客様だけに用意されたギフトにも、究極のこだわりがあった。

ここで書き切れない、たくさんの苦労があったけれど、
お客様の至福の表情から、企画の成功を感じ取ることができた。

地方創生は、決して一過性でないブームを作ることに使命がある。
地元の素晴らしさを再認識して、そこから発信を続けること。
その一環を担いながらも、この企画を続けていきたい。
挑戦すること、進化していくことが、この企画の本髄なのかもしれない。

今はただ、すべてへの感謝の気持ちしか、思い浮かばない。

DSC02340

DSC02333

DSC02334

44


In the project held in Paris last autumn, Art and Food were linked by color.
It was an attempt to have customers enjoy with eyes and tongue at the same time.

A chef said "As a creator, I do not want to do the same thing."
An artist said "I think customers want to see the reproduce of Paris."
At the beginning, both did not agree, but the hope of Imari city where chef was
born was top priority.
Incorporating a lot of encounters with food, art, sake, flower, and Imari ware to
the traditional Japanese cuisine dished, became the biggest theme.

With the theme of four keywords "season" "fusion" "tradition" "challenge",
Chef and Artist link food and art in various ways.
We stick with respect that all the dishes that serve meals are unified with Imari ware.

The stage was selected "Okawachi-yama" where has the 360 years history,
the event started with an aperitif at the atelier of the Imari ware.

The artist designed and painted Imari ware, and a ceramist of Imari baked up them.
The chef expressed the season by the appetizer with plenty of spring vegetables.

By making handmade tray that meteors were scattered in the Milky Way,
local high school students and carpenter also participated in the event.
There were three bowls that were regarded as a planet, and the ingredients of distant
existence such as mountain sea, hot and cold.

The origin of the flower viewing, the flower arrangement of plum and cherry-blossom
added color to the venue.
Main dish constructed with Japanese and French traditional materials and
sauces was served.

With live painting depicting Imari port of 400 years ago, the revitalization of
customers reached the peak,
It was revealed that a fact of challenge was put on the sweets which were linked
with yellow.
By petit cakes arranged in expensive platter, the customers enjoyed the lingering
until the end.

Cake made by Saga sake and Franboise,
Original chopsticks made by reusing whiskey barrels,
Imari ware that the artist designed by studying and going Imari many times.
There was also the ultimate commitment to gifts prepared only for two nights guests.

Although there was a lot of hardship which cannot be written here,
From the expression of customer's bliss, we were able to sense the success of the project.

Regional creation has a mission to make a boom that is never transient.
Recognize the wonderfulness of the local and continue to transmit from there.
While doing this part, we would like to continue this project.
Challenging and evolving may be the essence of this project.

Now I just think of only the gratitude to all.

DSC02239

DSC02306

DSC02385

DSC02414

DSC02469


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

DSC02298

DSC02362

DSC02503

DSC02523


Official Photos © FUSE Yuta Kawanami

02

DSC02534

DSC02537

DSC02544

DSC02565


49

DSC02293

DSC02500

36




Next
49


江戸初期より伝わる「江戸結桶」技法。
木の合わせ目だけで水が漏れないように接合された桶は、
優れた機能性はもちろん、その輪郭の美しさに惚れ惚れする。

卓越した日本の職人魂の舞台にと、
卓越した精進料理店舗のシェフが協力してくださって、
東京・深川で創業130年の老舗「桶栄」と、
ニューヨークのミシュラン星レストラン「嘉日」のコラボイベントが実現した。

ディテールにこだわったインテリアと一緒に空間に溶け込んで、
桶たちも、ずっと以前からそこに居続けていたように凛として佇んでいた。

丹精込めて作られた日本の手仕事の結晶は、
たくさんのニューヨーカーの家にお嫁入りすることになった。

24

36


"Edo Yuioke" technique transmitted since the early Edo era.
It products the high quality "Oke", made by putting some wood together tied up
with Taga bands, assuring not a drop of water leakage.
Of course, there is not only for its excellent functionality but also for its beauty
of its contours.

To the stage of outstanding Japanese craftsmanship,
A chef from an outstanding Japanese cuisine cooperated.
A collaboration event of 130-year-old long-established store "Okeei" in Fukagawa, Tokyo
and Michelin star restaurant "Kajitsu" in New York was realized.


It melted into the space together with the interior that stack to detail,
The products of "Okeei" also remained dignified like they kept staying there
for a long time.

The products of handicrafts in Japan, which were made with fine texture,
will have new lives at some New Yorkers' houses.

34

02


嘉日公式ホームページ
桶栄公式ホームページ
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

37

06

33

09

04


Next
31


ちょうど1年前、デザイナーと一緒にニューヨークの展示会に潜入した。
日本での大きな展示会に出展した後の数年間で、
日本のFUGA市場が大きく拡大された実績もある。
でも、世界のファッション市場での反応については、ほぼ未経験だった。

準備する時間は十分にあったはずなのに、
主催者からのゴーサインが出るまで動くこともできず、
結局いつも通りのバタバタで。
英語版のホームページが完成しただけで、燃え尽きそうだった。

展示会当日、改めて会場の大きさに呆然とした。
言葉の分からない外国の世界に、ポツンと放り出されたような気持ちになった。
デザイナー本人は、きっともっと心細かっただろうけれど、
私達は、本当によく喋って、本当によく笑っていた。

幸いなことに、両隣の出展者が些細なことまで懇切丁寧に教えてくれて、
ファッションビジネスもアートも、結局のところ、
人とのコミュニケーション術がすべてだと、改めて学んだ。

出会ってから長い長い年月が経過して、
ようやく彼女の想いが形になっていく様子を、
こうして近くで見守っていられるのが、心底嬉しい。
初めて海外バイヤーから大きなオーダーが入って、抱き合って喜んだ日のことを、
次のステージでもきっと笑って話している自分達を、想像している。

目標は一歩ずつ、きっと叶っていくから。
世界に羽ばたいていくFUGAを、応援してください。

05

12

13


Just one year ago, I researched the exhibition in New York with designers.
In a few years after exhibiting at a big exhibition in Japan,
There is also a track record that Japanese FUGA market has been greatly expanded.
But we were inexperienced about the response in the world fashion market.

We should have had enough time to prepare,
As we could not do anything until the organizer gave a go-in sign,
After all we took actions at last minute as usual.
Just when the English version of the website was completed, we seemed to be burn out.

On the day of the exhibition, I was stunned by the size of the venue again.
I felt like I was thrown out away in a foreign world where I cannot understand words.
The designer herself was surely more attentive,
But we talked quite often and were laughing very well.

Fortunately, the exhibitors on both sides gently and carefully taught us trivial things.
Fashion business and art, after all,
I learned again that communication skills with people are all.

A long long time passed since we met,
I can see how her thoughts become products,
I am happy to be able to watch closely in this way.
On the next stage, I also imagine ourselves that we are laughing and talking
about the day when the big order from the buyer entered for the first time.

The goal will surely come true one step at a time.
Please support FUGA which will debut to the world.

FUGA NY - 公式ホームぺージ

48

お隣りブースの「UNI Jewerly」はポートランド発の人気ジュエリー。

44

反対隣りの「Erika Pena」はバリ発。大人気で常にバイヤーの列が絶えない。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

04


Next
15


ハーレム地区というと、まだまだ治安が悪いという印象があるけれど、
そこでしか体感できない、街の空気があるから、そこに行く。

世界のトップスターを輩出するアポロシアターを観て、
魂を揺さぶるゴスペルやジャズ音楽を聴く。
言葉や文字を使わずに、神と対話するための手法がそこにある。

アーティストはそれぞれ、自分の内面に何かが君臨するエクスタシーを
共有しているという。
空に奏でられた音が、その境地に達する時、聞く側も心が震えるのだ。

どっぷりハーレムで、どっぷり魂の音楽を感じて、愛を学ぶ。
文字では表現できない感動を、伝える術を探している。

08


Although Harlem district has an impression that security is still bad yet,
There is air in the city that we can only experience there, so we go there.

Watching the Apollo Theater which produces the world's top artist,
Listen to gospel trembling soul and jazz music.
There is a method to interact with God without using words or letters.

It is said that each artist is sharing their ecstasy where something reigns
inside of them.
When the sound played in the sky reaches that point, the listener also will be
trembled the soul.

At the center of Harlem, I felt the music of a soul and learned love.
I am looking for the skill to convey emotions that cannot be expressed by letters.

47


Producer Atushi "TOYA" Tokuya / UGEプロデューサー 徳家 敦

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next


昨秋のパリ企画は、すべてが新しい試みで、すべてが挑戦だった。
直前まで準備に時間を要し、知力と体力の限界まで走った感があった。
「またいつか」でなくて「近い将来すぐに」と約束をして、
それぞれの日常に帰っていった。

昨年末、新しいチャレンジの提案があった。
パリのシェフは、思いつくとすぐに電話をかけてくれる。
その熱い想いをしっかり受け止めて、噛み砕いて、宮城に伝える。

年明け早々、伊万里に集結した。
伊万里のまちなかを歩き、日暮れの迫る大川内山に向かった。
夕闇の中、登り窯への坂道を歩いた時、みんな無口になっていた。
小さなアイディアは出てくるのに、どうしてもまとまらない。

それぞれが、たくさんの宿題を抱えて、帰路についた。
パリで起こった騒動も合わせて、どこまでも前向きに解決しようと挑むシェフ。
伊万里の伝統を改めて学ぶことに余念がないアーティスト。
全面的に協力体制を保ち続けてくれる地元の若者たち。

我々が伝えたいことは何だろう。
そのテーマをとことん突き詰めて、ようやく前に進み出した。
ジャンルを超えたコラボレーションだからこそ、伝えられるものがきっとある。

伝統と革新への飽くなき挑戦を、見守っていてください。

59


In the last autumn Paris project, everything was new trying, everything
was a challenge.
It took a long time to prepare until just before the event, and we ran to
the limits of mental and physical strength.
We promised "not someday" but "immediately in the near future", and
went back to our daily lives.

At the end of the last year, there was a proposal for a new challenge.
The chef in Paris called me as soon as the idea came up.
I received his passion, and told to the artist in Miyagi.

At the beginning of this year, we gathered in Imari.
We walked in the Imari downtown, headed for the Okawachi-yama that
approaching dusk.
Everyone was quiet when we walked up the slope to the climbing kiln in
the evening dark.
A small idea came out, but it did not become a specific idea at all.

Each of us got a lot of homework and went back to each home.
Including the accident in Paris, the chef challenges to resolve positively.
An artist learns Imari's tradition with respect mind.
We thank to the local young people who keep keeping cooperation system fully.

We are sure what we want to tell the people.
We pushed the topic down, finally are proceeding forward.
Because it is a collaboration that exceeds the genre, there is certainly what
can be conveyed.

Please watch over our challenge over tradition and innovation.

21


昨秋のコラボイベントin Paris記事はこちら。Please click here about the previous event in Paris.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
04


まったく予備知識のなかったアーティストに、ふと会いに行こうと思った。
いずれ会えると分かっていたのに、自然とそこに足が向いた。
今会っておこうと思ったから、ちょっと遠回りしてギャラリーに寄った。

その夜開催のレセプションに向けて、設営の真っ最中だったというのに、
面識のない私が来るのを、彼女はきっと知っていたように受け入れてくれた。

壁に並んだ龍たちが、ずっとこちらを見ていた。
彼女が龍に惹かれて、龍を描き続けている理由を知りたかった。
でも、話しているうちに、私は彼女が描こうとしているものではなくて、
その奥にあるアートへのパッションを知りたいのだと自覚した。

こういう日本人アーティストがいることが誇らしい。
こういう出会いを与えてくれた、目に見えない力に感謝しよう。
ここにいる私には、何ができるだろうか。
龍がきっと、導いてくれる。

22

13

04

56


I wanted to go to see an artist who had no prior knowledge at all.
I knew that I could meet her soon or later, but my feet turned naturally there.
I decided to meet her on that day, so I took detour and stopped by the gallery.

Although it was the time for the midst setting of the preparation toward the night reception,
she accepted me as if she had known that I would coming.

The dragons lined up on the wall had been watching us.
First, I wanted to know the reason why she has been interested to draw the dragon.
But, while talking,
I realized that I would like to know the passion to the art behind it.

I am proud that there are such Japanese artists.
Thank you for the invisible force that gave me this encounter.
I wonder what I can do for them here.
Hope the dragons will lead us.

59

47

14


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

24


MARI NISHIMURA "Graceful Wisdom and Power"
February 1st -15th, 2017 (Wed-Sat, 12-6pm)
MONTSERRAT Contemporary Art Gallery
547 W. 27th Street, New York, NY10001
Next
ニューヨーカーは、アートを見る目が肥えている。
新しいものや、秀逸なものは、真っ直ぐに受け止める。
実力が足りなければ、容赦なく上書きされる。

久しぶりに壁画の前を通った。
月明かりの中、無傷な姿を見て、心が安堵した。
隣接するバスキアスタジオの無残な姿に、
ここもどうにかしなければという思いが奮い立つ。

今は、自分の限界を感じている。
やりたいことだらけなのに、力が足りない。
そろそろ本気で仲間が欲しい。

15


New Yorkers have good eyes to look at arts.
They accept new things and excellence straight.
If the skill is not enough, it will be overwritten without mercy.

I passed the street where our mural there.
In the moonlight, looking at the intact figure, my heart was relieved.
By looking terrible calligraphy of a neighboring Basquiat Studios,
I thought we had to do something to protect there.

Now I feel my limits.
I have lots of things I want to do but I am short of power.
I'm seriously wanting fellows.

59


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
11


美の師匠が急逝して一年、私は無意識に心を塞いでいたのかもしれない。
思えば、自分の外面磨きについて、まったく興味を持てなかった。
師匠が遺してくれた大切な指輪をバッグに忍ばせて、
いつも身につけている時計とバングル、小さなピアスだけで、
世界中どこにでも出かけてきた。

先月、師匠の一周忌が終わった。
喪が明けてから、空を見上げて深呼吸すると、いつもの街が違って見えた。
大きな木があったはずの空き地に、新しいビルが建っていた。
子供達の背丈が伸びた分、私は確実に年齢を重ねた。
予想されていたより、はるかに過ごしやすい冬だからこそ、
街に出て新しい冒険をしてみようと、ようやく思えるようになった。

********

天然石は、それ自身が持って生まれた輝き方を知っている。
石たちが放つメッセージを受け取って、いかに形にしていくか。
私はそれを言葉で表現しようとして、時にその拙さに落ち込んだりするけれど、
FUGAのデザイナーは、その想いをアウトプットする術を知っている。
ニューヨーク育ちの感性を、日本人の手先で表現すると、
唯一無二のデザインが出来上がる。

私は人を繋ぎ、彼女は石を紡ぐ。
お気に入りの洋服やジュエリーは、女性に魔法をかけてくれる。
愛と優しさが生まれるのには、きっと理由がある。

32


For a year after the sudden death of my art master, I may had been unconsciously
closed my heart.
When I thought about it, I was not interested in anything about my own appearance.
In my bag, I was keeping the precious ring that the master left.
Always wearing only watch, bangles and small piercings,
I have been to anywhere in the world.

Last month, his first anniversary passed.
After the mourning came off, when I looked up at the sky and took a deep breath,
I could see my town different.
A new building was built in the vacant lot where there was a big tree.
As the children 's growing, I definitely got older.
It is a winter much milder than we expected,
I came to finally think about going out to the city and trying out a new adventure.

******

Natural stone knows how to shine itself.
How we receive the stones messages and how we design them?
I try to express it by means of words, and I am sometimes depressed since I can't.
But FUGA's designer knows how to output her art sense.
When expressing with Japanese hands the sensitivity that raised in New York,
one unique design will be completed.

I connect people and she connects stones.
Favorite clothes and jewelry cast magic to women.
There is definitely a reason for love and kindness to be born.

展示会資料作品写真L

展示会資料作品写真2L


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

天然石と14kgfを使用したオリジナルジュエリーFUGA(フーガ)

37

Next
36


関西に住む友人から、熱心なメッセージが届いた。
彼女の幼なじみがニューヨークで開催するヴァイオリンのコンサートに、
是非行ってみて、と。
時を同じくして、御本人からもお誘いの連絡をいただいた。

直接面識のないアーティストと出会う時、
私はなるべくまっさらな気持ちで、その作品に触れたいと思う。
予備知識もなく、純粋に好きか、嫌いか、愛せるか。

50分間のコンサートの間、休憩も拍手も入れずに、
彼女自身が創作した朗読で、曲を紡いでいく。
小さく華奢な身体から生み出される迫力のあるメロディーに、
会場は静かにその世界観に引き込まれる。

マンハッタンに住む人間模様と交錯させながら、奏でられる名曲は、
どれも心に響き渡るものだった。
最後の「ロンドン橋」で一気に会場が陽気な気分に包まれる流れも、
綿密に計算された構成だったのだろう。

ニューヨークには、たくさんの才能溢れるアーティストが存在する。
世界に飛び出して挑戦する勇気こそが、どこまでも人を魅了する。

44


A hard message arrived from a friend living in Kansai.
She asked me to go to a violin concert to be held in New York, where her childhood friend presents.
At the same time, Ms.Eiko Kano, a violinist gave me an invitation.

When I meet an artist without direct knowledge for the first time,
I want to touch that work with pure feeling as much as possible.
I confirm I purely like or not, or I love it, without any prior knowledge.

During the 50-minute concert, without having an intermission or applause,
With a story telling created by herself, she played the violin.
To a powerful melody created from a small and delicate body,
The venue was quietly into her world view.

While interwoven with human style living in Manhattan, famous songs were played,
Every music echoed in my heart.
At the last "London Bridge" the flow of the venue was packed in a cheerful mood at once.
Perhaps it was a carefully calculated composition.

There are many talented artists in New York.
The courage to jump out to the world and challenge, fascinates people everywhere.

36


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

58
Next
52


通常のオファーは1ヶ月前には、ほぼ確定する。
半年以上前から打診があったものの、予定2週間前になっても、
何も決まっていなかった。

一般公開に先駆けたVIP内覧会でパフォーマンスをお披露目するという、
これまでにはない大きな機会。
どうにかして繋げられないかと願い、待つことしかできなかった。

最終決定は、本番の前日。
期待通りのライブを魅せてくれたアーティストは、さすがだった。

すべてを繋げてくださった、大好きな、大切な友人へ恩返しする方法を、
これからゆっくり探していこう。

制作された作品は、会期中を通して掲出されます。

29

47


A normal offer is almost fixed a month ago.
Although there was a consultation over half a year ago, nothing was decided
even two weeks before the schedule.

It was a great opportunity to show off the performance on the day of VIP public
disclosure.
After we presented for the organization, we had to wait for long time.

The final decision was the day before the party.
The artist who fascinated the live as expected was truly amazing.

I'm looking for the way to appreciate back to my favorite, important friend who
connected everything,

Sato's works will be posted at the Terada warehouse throughout the exhibition
period.

59

39

03

38


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

15


DAVIS BOWIE is 公式ホームページ

30





Next
32

34


敬愛するピアニスト、西川悟平氏。
友人から紹介されて、今春一緒にイベントをさせていただいた。
お互い、海のものとも山のものとも分からない立ち位置から、
とあるトラブルを経て、一気に距離が近付いた。

私の講演会前に、イメージトレーニングが大事だと
写真を送ってくれた。
彼の言動に、私はいつも励まされる。

長年の夢だったカーネギーホールの舞台に立った時、
彼の指は8本まで動くようになっていた。
十分でないはずなのに、魔法にかかったような指さばきの演奏に、
周囲はいつも圧倒されてしまう。

鬱を煩い18歳で他界した友人リアム君が作った「冬」という作品を、
3,000人の聴衆の前で神々しく弾く勇姿は美しかった。
「シネマパラダイス」の「愛のテーマ」は、もはや彼の鉄板だし、
どれも安定感のある雄大な演奏だった。
あのスピーチも、あの演奏も、永遠にニューヨーカーの胸に刻まれる。

日本の文化を愛し、日本訪問を夢見ていたリアム君の遺志を引き継ぐために、
彼の作品を日本で演奏したいと悟平氏が言う。

ジストニアを患い、「二度と演奏復帰はできない」と医師に宣告されてからの復帰。
カーネギーホールという世界の頂点に立ったピアニストは、
もう次のステージに向けて、羽ばたいている。

"Love Theme" from "Cinema Paradiso"

33

56

21


Gohei Nishikawa is my respectable pianist.
I was introduced through my friend and we had an opportunity to make
an event together this spring.
From the standing position where we didn't know each other well,
After some troubles, our distance approached shortly.

Before my big lecture, he told me how to train the image.
To his words, I am always encouraged.

When he stood on the stage of Carnegie Hall which was a longstanding dream,
His eight fingers were able to move.
Although it should not be enough,
The surroundings are always overwhelmed by his performance of magic fingers.

There was a work named "Winter-Fuyu" made by Liam Picker, Gohei's friend
who got annoyed at depression and passed away at the age of 18.
Gohei played it in front of 3,000 audiences, it sounded godly and beautiful.
"Love Theme" of "Cinema Paradise" is his speciality anymore,
Everything was magnificent playing with a sense of stability.
Both his speech and performance will be engraved on New Yorkers' breast forever.

To take over the will of Liam who loved Japanese culture and had dreamed of
visiting Japan,
Gohei says that he wants to play Liam's work in Japan soon.

After having suffered from dystonia, he was declared "You can't return playing
piano again" by some doctors.
But he stood at Carnegie Hall called the top of the world,
He is already moving forward to the next stage.

02

07

©Yukie Matsui

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

24
Next
42


幼い頃、母がよく星空を見せてくれた。
好奇心旺盛な姉は喜んで、星座の名前を唱えていた。
私は夜の暗闇が怖くて、母の手をぎゅっと握りしめたまま、
ほとんど目を開けられずに、立ちすくんでいた。

目の見えない我が子が生まれた時、
私は先の見えないトンネルの中で、たった一人だった。
手を伸ばし、救いを求めながら、さまよい歩き続け、
振り返った時に、ようやくそこに光の足跡があると分かった。

クミシュラン冬の集大成は、2,200万個の星空を投影する室内で、
ニューヨーク仕込みのゴスペルを聴くという企画だった。
第1部では、まず暗闇を体感して想像力を引き出す。
第2部では、物語の朗読に、ゴスペルの音が交錯する。

突然室内が真っ暗になって、心臓が少しキュッとなったけれど、
隣に友人がいるという安心感が、少しずつ心を解放してくれた。
満天の星が広がり、魂を揺さぶる歌声が響くと、
視覚以外の五感で何かを掴み取ろうという人間の本能を感じた。

「光がわかる、物が見える」という世界を知らない娘に、
私はまだまだそれを伝えられない。
でも世の中にはたくさんのヒントが散在している。
音の聴こえる方を向きながら歩くと、そこに一筋の光があった。

本当に大切なものは、目に見えないのかもしれない。
来年はどんな驚きを見せてくれるのだろうか。
クミシュランの進化にも、目が離せない。

27

39

34


When I was a childhood, my mother often showed us the starry sky.
My elder sister always had passion, chanting the name of the constellation.
I was afraid of the darkness of the night, clutching my mother's hand tightly,
I could hardly open my eyes and I was standing.

When my daughter was born,
I was the only one in the tunnel with no exit.
While reaching out and seeking salvation, keep walking wandering,
When I looked back, I finally found out there was a footprint of light.

The winter event of the Kumichelin was a project to listen to the gospel music
of New York in the room with 22 million stars.
In the part 1, you first experience the darkness and draw imagination.
In the part 2, the gospel sounds intersect with the reading of the story.

When the interior became dark suddenly, my heart felt a little scaring,
A feeling of security that my friend was next to me freely released my mind.
When the full star was spread and the singing voice shaking the soul echoes,
I felt the instinct of a people trying to grab something with five senses other than vision.

I cannot convey the world of "People feel the light and see things" to my daughter yet.
But there are lots of hints scattered in the world.
When I walked facing the direction of sound, there was a light there.

The really important thing may be invisible.
Everyone surely have the chance of "Pleasure to live".
I guess what kind of surprise she will show us next year.
We look forward to seeing the evolution of Kumichelin.

bmo0032


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

o080008001257832486811 (1)

©クミシュラン
Next
「サンタクロースなんて、本当はいないんじゃないの?」
2年前に、未来サンタから300通の手紙を一緒に届けた幼なじみが、
少しだけ大人になった子供達への想いを形にした。

嘘をついていたつもりはない。
でもサンタクロースって、いったい何だったのだろう?
サンタクロースという夢のあるファンタジーを仕掛けたのならば、
きちんとした終わり方を伝えるのも大人の役目だから。

それぞれの家庭に終わり方はあるし、
曖昧のままで過ごすのも夢がある。
でも絵本作家として、彼女なりの答えを見つけた姿を、
私はただ応援したいと思った。

フランス在住の友人にも声をかけて、
日英仏語で一斉公開しようと、時差を超えたプロジェクトが始まった。

世界中のサンタクロースと子供達へ、
クリスマスの贈り物を届けたい。
世界中に伝えるために、ぜひ応援してください。

さよならサンタクロース CMバージョン(日本語編)
さよならサンタクロース/Goodbye Santa Claus (日本語×English ver.)本編 
さよならサンタクロース/Goodbye Santa Claus (英語×仏語 ver.)本編 

10


"Santa Claus is not real, isn't he?"
Two years ago, a childhood friend who delivered 300 letters from Future Santa
together, made a story for the children who became teenagers.

We had no intention of lying.
But what exactly Santa Claus was?
If we gave kids a fantasy dream called Santa Claus,
we have to convey the way to end it properly.

Every family have different ways to end,
There have also a dream of staying ambiguous.
However, as a picture book author, I found out that she found her answer,
I just wanted to cheer.

I shared to my friend living in France,
A project beyond the time zone of Japan, the U.S. and France began.

To Santa Claus and children all over the world,
We would love to to deliver Christmas gifts.
Please share this movie to your friends in the world.

Goodbye Santa Claus CM English version.
Goodbye Santa Clause (Japanese x English version.)
Goodbye Santa Claus (English x French Version)

さよならサンタクロースプロジェクト
Good-bye Santa Claus Project
Story Artist/Yukiko Mitsui
Translator, Supervisor/ Mika Kuramoto
Translator, Adviser / Yuki Mouquet Yamaguchi
Music Adviser / Hitoshi Harukawa
春川仁志 公式HP Please click here to see the official website of Hitoshi Harukawa

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
26


2014年、冬。
全国300人の子供達に、サンタクロースから愛のこもったビデオレターが届いた。
3歳から一緒に過ごした幼なじみと一緒に、子供世代に向けての
発信ができるなんて、夢のようだった。
東京とニューヨーク。
寝る間を惜しんで原稿を書いた愛おしい時間、最高にワクワクした仕事だった。

2016年、冬。
少しだけ大人になった子供達に、もっと夢を贈りたい。
彼女の想いを受けた時、私の心にも魔法がかかった。
こんなに壮大な計画を、世界中に伝えたい。
ワクワクが高まると、それはフランスまで伝播した。

今、そっと水面下で、秘密のプロジェクトが進められている。
こうして一緒に作り上げていくものがあることが幸せで。

私達はすでに、サンタクロースから受け取ったのだと思う。
目に見えない大切なもの、愛と友情という贈り物を。

57


Winter in 2014.
The video letters with love from Santa Claus arrived in 300 children all
over the country.
Together with a childhood friend who spent together since the age of 3,
It seemed like a dream to be able to tell towards the child generation.
Tokyo and New York.
I loved the time I wrote the manuscripts without sleeping.
It was the job I was excited at the highest.

Winter in 2016.
She wanted to give dreams to children who have become adults a little more.
When I received her feelings, my heart also got magical.
I want to tell the amazing plan to the whole world.
As the excitement increased, it spread to France.

Now, the secret project is progressing under the table.
I am happy that there is something to build together in this way.

I think that we have already received from Santa Claus.
It's a gift that is invisible and important, love and friendship.

46


2014年「未来サンタ」プロジェクト Please click here about our Christmas Project in 2014.

「未来サンタ」ムービー

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
_DSC6354_edit


ニューヨークで人気のエンターテイメント「The Ride」。
その魅力については、これまでにも何度か綴ってきた。
世界中から集まる観光客や地元ニューヨーカーがチケットを求め、
連日満席御礼、ソールドアウトの札が立っている。

そこで活躍する唯一の日本人ダンサー、中澤利彦氏。
1日何本ものショーを演出する舞台の裏側は、ほぼマニュアルの世界。
バス運転手からの指令を待って、仕込み場所を移動する。
天気や交通渋滞によって、バスのルートが折々変わる。
時に運転手が停車し損ねて、スルーされることもあるらしい。

「The Ride」の面白さは、実は外からバスの中を見ている側にもある。
お客様の反応を瞬時に読み取る洞察力。
たった数分のダンスショーに、周囲の通行人をも巻き込む圧倒的な実力。

まずは人に覚えてもらうこと、誰よりも目立つことを目的に、
髪の毛を金髪に染める青年の素顔が、
誰よりもシャイで誠実なことを、私は知っている。

世界の舞台に挑戦し続ける姿は、どこまでも勇ましい。

53

56


"The Ride" is one of the popular entertainments in New York.
Regarding its charm, I have written it several times.
Tourists who gather from all over the world and local New Yorkers,
are looking for tickets, "Sold Out" plate stands every day.

He is Mr. Toshihiko Nakazawa, the only Japanese dancer playing an active
part there.
The back side of the stage which directs several shows a day is almost
a manual world.
He waits for a command from the bus driver and moves the dancing place.
Due to the weather and traffic congestion, the route of the bus changes
from time to time.
Sometimes the driver sometimes through without stopping.

The fun of "The Ride" is actually also on the side watching the inside of
the bus from the outside.
The performer is required the insight ability to read peoples response instantly.
It is overwhelming ability to involve surrounding passersby in a few minute’s
dance show.

He dyes his hair in blond for the purpose that people remember him.
Though his looks stand out more than any Asians in New York,
I know he is shy and sincere than anyone.

The figure that continues to challenge the world stage is brave.

02

05


必見。中澤利彦氏の日本凱旋記録はこちら。Please click here to watch Toshi's movie in Japan.

Toshi is in the Subway!!


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Dance × Temple (1)
Next
11

19


日本の職人魂を国内外に発進する「職人アートプロジェクト」。
昨年の京橋、渋谷に続いて、第3弾は仙台で実施された。

職人、アーティスト、フォトグラファー、ボランティアスタッフ。
総勢23名が集結した週末。
「ご安全に」の掛け声が、寒空に響いた。

たくさんの技術を駆使して、効率良く作業が進む。
縦20メートル、横10メートルの大きな壁面に、
職人が作業しているかのような、トリックアートが浮かび上がった。

お客様の注文を受けた通りにただ作業するのではなく、
職人側がお客様へアイディアを御提案するという新しいスタイル。

日本の職人は世界へ誇れるスキルを持っている。
こういう発進を続けることが、職人の地位向上に繋がればと願う。

次ステージの構想を考えながら、また日常に戻る。
仙台の星空に、小さな希望を見つけた。

52

47

31


"Craftsman Art Project" to inform Japanese craftsmanship spirit to both
in Japan and abroad.
Following last year's Kyobashi and Shibuya, the third project was held
in Sendai.

We had craftsmen, artists, photographer, and volunteer staff.
23 people gathered together on a weekend.
"Let's work in safe" their voice sounded in the cold weather.

They worked efficiently by making full use of many technologies.
On a large wall of 20 meters in length and 10 meters in width,
Trick art emerged as if the craftsmen were working.

Instead of just working as craftsmen received client's order,
A new style that craftsmen suggest ideas to customers had been shown.

Japanese craftsmen have skills that can be proud of the world.
I hope that continuing such event will lead to the improvement of
craftsmen's position.

While thinking about the concept of the next stage, we returned to
daily life.
I found a small hope in the starry sky of Sendai.

26

02

39


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

04

34

© Green Peace Design, Daisuke Ito



Next
03


「今度のクミシュランは、お寺の本尊で開催したい」
そんな依頼を受けて動き出したのが今年の夏。
「すでに決まっている会場では、どうもしっくりこなくて」
イベントにかける主宰者の熱意を聞くたびに、
何か力になれないかなと考えた。

ボディーワーカーとアフリカンパーカッションのセッションを、
厳粛かつ神聖な場所で味わっていただきたい。
国宝級の仏像が立ち並ぶお寺では、その音量よりも振動が難しい。
いろんな遠回りをしたけれど、都内にある武道場が快諾してくださった。

ボディーワーカーという職業すら知らなかったけれど、
宇宙と身体と心は、全部つながっていることを再認識した。
セネガル人と日本人が奏でるパーカッションは、
ズシリと響いた後の開放感がたまらなかった。

「身体と意識と心のグルーヴ」という壮大な時間旅行。
底知れない発想力を持った主宰者のふわっとした構想を、
現実的なステージとして形にする舞台裏の人たち。

世界の舞台で活躍するアーティストを、手の届く距離で体感する。
唯一無二の体験が、ここからずっと生まれていく。

38

49

26

40-1


"I would like to hold next Kumichelin at the temple of the Buddha."
I made action in response to such a request this summer.
"I feel that a venue that is already decided, is not match for next event."
Each time I heard the enthusiasm of Ms.Minagawa to the event,
I wanted to help her in some way.

It was the session with a body worker and African percussion.
She wanted to welcome members in a solemn and sacred place.
I was said that in the temple where the Buddha of national treasure statue-lined,
it is difficult to vibration than sound volume.
But after a lot of detours, a master of martial arts field in Tokyo readily agreed.

I did not know even the profession of body worker,
But I re-recognized that space, body and mind are connected all.
After I listened the percussion played by Senegalese and Japanese,
I felt my heart's openness.

We went to time travel called "the groove of body, consciousness and mind" .
There is a concept of the principal with a unfathomed imagination.
There are behind-the scenes members who form it as realistic stage.

People can feel the artists who are active on the world stage, at a distance of reach.
One and only experience, will be born from here.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
42


シェフ吉武広樹氏とは、別の仕事で知り合った。
パリに戻る飛行機を待つ空港で、アーティストさとうたけし氏の動画を見たと、
高揚したメッセージが届いた。
「一緒にワクワクする企画を立てましょう」

シェフとアーティストを繋ぐのが、第一段階の役目だった。
コンラッド東京でのパフォーマンス。
山形蔵王のチャリティーイベント。
一緒の空間にいるはずなのに、シェフもアーティストも個々の出番があるから、
互いの実演を見るチャンスを逃してしまう。

3度目の正直。
初夏、東京のイベントに表敬訪問してくれたシェフのために、
盛夏、アーティストが熊本震災チャリティーイベントに足を運んだ。
二人は秋にパリでの再会を約束した。

シェフもアーティストも日常業務で忙しく。
パリとNYと仙台、世界3地点での同時スカイプミーティングは、
たった2回しか出来なかった。
その間を繋ぐ私は、一流同士がぶつからないよう、直球や変化球を織り交ぜながら、
互いの意思を、地球の反対側に繋いでいった。

料理の試作に、徹夜でキッチン作業が続いた。
選曲や演出制作に、繰り返したトレーニングは数知れず。
一流としてお客様をお迎えするための、一流としてあるべき後ろ姿だった。
二人のプロの士気が、舞台裏の空気を引き締めた。

パリの人々、たくさんのメディアやジャーナリスト達が見守るなか、
「食とアート、夢のコラボ企画」が、ついに実現した。
キャンバスに描かれるペイントの色が、そのまま料理にシンクロしていく。
目の前で見たアートが、お皿の上でもう一度再現される。
デザートプレートには、パティシエが登場してスプラッシュ。
アーティストが最後の描線を入れると、パリの歴史が完成する。

その場で体感しないと分からない、文字では伝わらないものがあった。
このシェフと、このアーティストだからこそ、実現できた企画だった。
実演中にもどんどん進化していく二人の様子に、
この企画の新しい可能性を確信した。

すでに次のステージの構想が生まれている。
このタッグにしか出来ない企画が、そこにある。
当日お越しいただいたすべてのお客様と、
ソラとライブペイントアクトのスタッフ全員と、
シェフとアーティストに、感謝をこめて。

私は実りある人繋ぎで、世界をもっと繋げたい。
フードとアートの可能性を信じている。

07

43


I met a chef Mr. Hiroki Yoshitake in a different job.
He saw the video of an artist Takeshi Sato, that was one I asked him to
watch it before, at the airport when he waited for a plane returning to Paris.
Uplifting message has arrived to me.
"Let's make a plan to be excited about together."

My role of the first stage was to connect the chef and artist.
There was a performance at the Conrad Tokyo, and a charity event at
Yamagata Zao.
Though they were together in the same space, because they had individual turn,
They missed the chance to see a demonstration of each other.

Third time was a charm.
Early summer, for the chef who had paid a courtesy visit to the event in Tokyo,
Midsummer, the artist had joined up for the charity event for Kumamoto earthquake.
Two guys promised to meet again in Paris in the fall.

They were very busy with day-to-day operations.
We had just twice simultaneous Skype meeting in the world's three point, Paris,
New York, and Sendai.
I connected the meantime, so that the first-class chef and artist not hit each other,
while weaving a fastball and breaking ball.
Each other's intention, went connected to the opposite side of the Earth.

The chef worked in the kitchen through the nights for the prototype of the cooking.
The artist repeated the training with selected music and directing production.
It was their first -class effort to welcome the first-class customers.
Two professional morale tightened the air of behind-the-scenes.

In front of Paris people, media and journalists,
"Dreamy collaboration project of Food and Art" was finally held.
The color of the paint to be drawn on the canvas, continued to synchro to food.
The artworks seen in front of the eyes, reproduced once again on the dish.
At the dessert time, a pastry chef came to splash the chocolate on the plate.
When the artist put the last painting, history of Paris was completed.

It was something that only people who came to the event could feel.
This event was able to realize by this chef and artist.
Two guys continued to evolve rapidly even during the demonstration,
I was convinced the new possibilities of this project.

A vision of the next stage has already born.
It is planning that can be only in this team.
For all customers who came on that day.
For all team members of the restaurant Sola and LIVE PAINT act.
For my chef and my artist.
I would like to thank for all.

I want to connect to the world more by connecting people.
I believe the possibility of food and art.

47

10

06

58

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

当日の動画はこちら。Please click here to watch the movie.

22

05


Next
45

02


パリでたった1日、予備日があった。
「モンサンミッシェルでアートトリップしよう」

地元の電車とバスを乗り継いで、片道5時間。
未明に出発しても、夕刻のアポ時間までにパリに戻れるのか。
キャンバスと機材を担ぐのは、二人でも何とかなる。
しかしフランス語での乗り換えが不安だった。

地元の友人に声をかけて誘っても、
あまりの強行スケジュールに、やんわりと断られてしまう。

「ウィ。美香ちゃんに頼まれたら、行くしかないわ」
ドルドーニュから6時間かけて、パリのイベントに来てくれた先輩が、
モンサンミッシェルまでのアテンドを引き受けてくれた。
姐御タイプの彼女が、終日私達の女神だった。

フランスの西海岸に浮かぶ小さな島、モンサンミッシェル。
強風にあおられながらも、雲ひとつない青空に救われた。
堤防を歩いて渡る人々が、遠巻きに覗き込む。

透明なキャンバスに表から素描を描き、
裏から色を入れると、孤島の聖地が浮き上がった。
拍手の音が聞こえるなか、あっという間に撤収し、
帰り道にようやく、その日最初の食事にありつく。

「次はロンドンとバルセロナでやろう」
言霊は必ず実践に繋げたい。
先輩とも再会を約束して、皆それぞれの帰路につく。
それぞれの日常の先に、世界を繋ぐ夢がある。

40

20

47


There had a day of preliminary date in Paris.
An artist said, "Let's do Art trip at Mont-St-Michel"

It took for five hours one way with the local train and bus.
Even if we leave for there before dawn, we were not sure whether we could
return to Paris until the evening of appointment time.
An artist and I could carry the canvas and the equipment by ourselves.
But I was very anxiety the connection of the local train and bus in French.

We asked the local friends to help us, but they did not agree to the mandatory
schedule.

" Oui, I couldn't deny it if I was asked by Mika."
My friend Yuki, ex-coworker of JAL, who came to Paris for the event from
Dordogne asked to help us to attend to Mont-St-Michel.
She was our goddess throughout the day.

Mont Saint Michel is a small island, floating in the west of France.
While being fanned by strong winds, there was in the cloudless blue sky.
All people who walked across the embankment looked us from there.

An artist drew a sketch from the front in a transparent canvas,
At the moment when he painted colors from the back, the holy place of the
island was seen.
Among the sound of applause, we quickly withdrew.
On the way to the station, we had a small break and took the first meal.

"Next, Let's try to do in London and Barcelona."
I want to connect Kotodama to the reality.
We promised to meet again, and returned to each routine.
We have a dream to connect the world by the art.

36

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

24
Next
21

31


今年の初めに、ぼんやりと想い描いていた企画があった。
(その時のブログは、こちらをクリック)
蔵王で出会ったシェフとアーティストが意気投合した。

パリと日本とニューヨーク、時差の大きな3地点で、
アウェイのニューヨークは朝5時にスカイプを受ける。

主役となるシェフとアーティストがいるからこそ、
その意気込みをきちんと形にしていきたいと思う。

きっとここから、また新しい可能性が生まれる。
世界への挑戦は、とにかく前に進むのみ。

30

50


At the beginning of this year, there was a plan that I had been drawn
vague feeling.
(Click here to see the blog on that day.)

A chef and an artist met at Zao and hit it off.

Paris and Japan and New York, in the time difference of three places,
I receive the Skype call at the morning 5:00.

Because there are chef and artist as protagonists,
I would like to properly form their enthusiasm.

I'm sure new possibilities will be born from here.
To challenge to the world, we will just go forward.

10

00


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

SOLA x LIVE PAINT act. event on JAL HP !!
Next
45


企画としてのハイライトは、マンハッタンヘンジだったけれど、
どのシーンも鮮明に心に残っている。
作品が仕上がるたびに、一つ一つの仕込み過程の苦労が報われる。

改めて、アトリエで仕上げた作品が、ニューヨークに届いた。
嬉しそうにそれを眺める皆さんの横顔を拝見しながら、アートの偉大さを感じる。

世界の中心、タイムズスクウェアで達成した感動が蘇る。
来年は、どのシーンを描いてくれるだろうかと。

42



The highlights of "Art Trip 2016" was Manhattanhenge,
But every scene also remains in the mind vividly.
Each time the works were finished, hard time of one by one of the planning
process had been rewarded.

His artworks that was finished in the atelier, has arrived in New York.
While I looked the client's happily smile, I felt the greatness of Art.

The impressed scene that was achieved at the center of the world, Times
Square, has been revived.
Next year, I guess the scene he draws.

12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
46


PC画面に、Facebook やTwitterのニュースフィードが流れてくる。
宮本敬文への追悼文で埋め尽くされている。
いかに尊敬され、いかに愛されていたか、彼の生き様が垣間見える。

私がまだ迷いの中にいた頃、敬文の写真集が発行された。
カンボジアにあるアンコール小児病院の子供達の記録だった。
彼の撮った子供達の輝いた目が、私の心に突き刺さった。
その時の複雑な心境は、今でも説明できない。

「写真は一瞬を永遠のものにする」
敬文がいつも言っていた。
「僕が千璃ちゃんを撮ってあげるよ」
あの約束は、天国まで持ち越しになってしまった。

彼はきっと、これからもたくさんの人の心の中で、
生き続けていくのだろう。
私はもう少しだけ、この世界で踏ん張るよ。

53


On the PC screen, News feed of Facebook and Twitter were flowing.
From last week, it had been filled with memorial statements to Mr. Keibun
Miyamoto.
It showed his life, how he had been respected and loved.

When I was still in the tunnel of hesitation, his photo collection had been
issued.
It was the record of Angkor Children's Hospital in Cambodia.
I was shocked by the shining of eyes of children that he took photos.
Mixed feelings at that time, I cannot explain even now.

"Photos can make a moment to the eternity."
He had always said.
"I'll take your daughter's photos soon."
That promise, has become a carry-over to the heaven.

Surely, he will continue to live in a mind of a lot of people.
I will stay in this world, a little more.

59

23


宮本敬文 渾身の作 The Moment 写真家の欲望

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

29
Next
ニューヨークで留学生をしていた頃、
1人のフォトグラファーに会った。
くそ真面目に勉学だけをしなくてはと思い込んでいた私に、
彼はニューヨークのディープな場面をたくさん見せてくれた。

私達の結婚式に、年代物の二眼レフカメラを持ち込んで、
自由にシャッターを切っていた。
あの時のフィルムは、まだもらっていない。

ニューヨークでテロ難民になって、家に帰れなくなったと
言っていた。
彼のアパートでは、愛犬ウィスキーがずっと待っていた。

彼が日本に帰国してからも、くだらない悩みを聞いてもらったりしていた。
他愛ないメッセージの交換で、気が休まった。

昨秋、渋谷区役所アートプロジェクトをやると決めた時、
彼に撮ってもらいたいとお願いした。
タッチの差でスケジュールの都合がつかなかったが、
次回は無償で撮ってあげると言ってくれた。

そして昨夜、彼が逝ってしまった。
あまりに突然で、まだ実感がない。
今度のプロジェクトは、誰に撮ってもらえばいいのだろう。

今、途方に暮れている。
R.I.P.

01


When I was an international student in New York,
I met a photographer.
I was convinced that I should be an serious student.
But thanks to him, I saw a lot of deep scenes of New York.

To our wedding, he brought the twin-lens reflex camera of the vintage,
He took the photos freely.
I have not gotten the film of that time yet.

He told me that he could not go home since he became a terrorist
refugee in New York.
In his apartment, his dog Whiskey had been waiting.

Even after he returned to Japan, I asked him my stupid worries.
By the exchange of silly messages, I was in relief.

Last fall when we decided to do the Shibuya Ward Office Art Project,
I asked him to take photo records.
Although his schedule did not match to our event,
He said to me he would take our photos in free charge at next chance.

And he's gone last night.
Too sudden, I have been no feeling yet.
I have no idea how to ask him to take photos when we get big project.

Now, I am at loss.
Rest In Peace.

1914505_1211394640363_7758736_n


宮本敬文 Keibun Miyamoto / Photographer
宮本敬文 個人HP / Whisky Studio

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

画像はインターネットよりお借りしています。

13661899_930919870366807_5446760564901086356_o
Next
49

21

03


彼女も最初は「直接会いに行っても良いですか?」だった。
出会いはいつもそんなところから始まる。

黒の似合う小柄な女性。
自分よりずっと歳下だろうという印象だった。

一人一人の人間、一粒一粒のビードを繋げてビーズにしていきたい。
オフィスビードという会社名の由来をきちんと理解して、
そのイメージが広がるようにと名刺をデザインしてくださった。

私という人間をよく知らない方々が相手でも、
ビジネスカードを交換すると、一気に話に花が咲く。
アーティスト本人よりも先に、その名刺は世界中を駆け巡った。

ロンダ展が東京で開催された時、
私はそこを人繋ぎの場所にしたいと、勝手ながら思った。
曼荼羅のようなリズムと繊細な色使いの作品は、真っ直ぐに心に響き、
多くの訪問者が、ロンダの世界に魅了されたことだろう。

まったくフィールドの違う世界の人同士がここで出会い、
ここからまたたくさんの花を咲かせていく。

アートの持つ力にはきっと、限界がないと信じている。

29

14


She asked me first "Can I go to meet you directly?".
First meeting always starts from such situation.

She was a petite women who wore black suits.
I had impression that she would be younger than me.

I want to make the beads by connecting every grain of bead, every person.
She properly understood the origin of the company name of OFFICE BEAD INC.
She designed my business card so that my image spread to the world.

Even if I meet a person who do not know me,
It's easy to talk well once we exchange business cards that have ronda-art one side.
Faster than the artist herself, the business card is crisscrossed all over the world.

When Ronda exhibition was held in Tokyo,
I wanted to make the opportunity of the human crossing there.
Ronda had rhythm such like mandala and delicate colors.
Her works reached straight to people's heart.
Many of the visitors, would be to have been fascinated by the world of Ronda.

Many people from totally different field of the world met there.
It will bloom a lot of flowers from here.

I believe that there is no limit of the power of art.

46


山田みどり 輪舞画 ロンダ
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

13692652_1048683145217698_3437117915247930295_n

09

13731498_644542509037663_6511330284055757410_n
Next
03

28


「今から会いに行きます」と、東京駅まで駆けつけてくださった。
その行動力、自分に似ているかもと惚れ込んだ。

会員制倶楽部クミシュラン主宰者との出会いは、まだ寒い季節だった。
「感性を磨くと意識が変わる」と組織を主宰する彼女の期待に応えたかった。

東京とニューヨーク。
お互い足を運びあい、何度も意見を交換した。
アーティストを理解しようとする意気込みが素晴らしく、
こういう極上の倶楽部の存在が、日本の誇りに繋がることを実感した。

進化している「ローラーアートの世界」をお伝えしたい。
新作お披露目の照準を当てて、アーティストも士気を高めていった。
朗読とライブペイントの融合という新しい挑戦が、一つの大きな山だった。

1000回の練習よりも1回の本番。
本番の場数を踏むために、いろんな機会をこなしていった。

そして迎えた当日。
会場にいる皆様の頬にスーッと涙が伝うのを見て、
本当は誰よりも大声で泣き出しそうになっていた。

受け取った感性をそのまま返してくださる一人一人の姿が、
とてもとても、美しかった。
文字や言葉では綴れない想いを、直接感じさせていただいた。

素敵な機会を提供してくださった主宰者と、
期待通りに実力を出し切ってくれたアーティスト。
美しい協奏曲が奏でられたのは、決して偶然ではないけれど。
また新しい可能性が広がった。

裏で支えてくださったスタッフの皆さんに、感謝をこめて。

26

50

02


"I want to go from now", Ms. Kumiko Minagawa rushed to Tokyo Station
to see me.
I have fallen in love since her ability to take action was similar to me.

The first time I met the officer of members-only "Club Kumichelin" was
still cold season.
She presides over the organization as the " once you polish the sensitivity,
your awareness will change."
I wanted to respond to her expectation.

We met many times in Tokyo and New York and we exchanged each idea.
She has wonderful enthusiasm to try to understand the artist.
The presence of such a best club will lead to the pride of Japan.

We wanted to show the evolved "World of Roller Art".
By setting the target of the new project, the artist also had enhanced the
morale.
New project of the fusion of readings and live painting was one of the great
challenging.

He tried to have a real stage, than the 100 times of practice.
In order to have the real stage, we tried to have a lot of opportunities.

And we greeted that day.
At the venue, everyone had tears running down on the cheek.
To tell the truth, I wanted to cry loud than anyone.

Their appearance of each person who returned the sensibility was very
very beautiful.
I felt their feelings that cannot express in the characters and words.

She was an organizer who provided us a wonderful opportunity.
The artist put forth the ability as expected.
We played the beautiful concerto, but it was not an accident.
We are sure that new possibilities will spread.

We also appreciate all staffs.

37

21

22


皆川公美子さん主宰、倶楽部クミシュラン
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

33

55-1

01-2
Next
13614939_10201986741065788_2615907319382782862_n

54


二人の長身アーティストが、同時に舞台の左右に佇む。
和太鼓の響きに合わせて、ペインターが描き出す。
書家は姿勢を正して、瞑想に入る。

色彩鮮やかな和の風景が浮かび上がる横で、
迫力のある書が記される。

総勢200名の観衆が惹きつけられる瞬間に、
新しい試みの未来を感じた。

41

57


Two tall artists stood on the stage at the same time.
With the sound of the wadaiko, painters started to draw.
Calligrapher has entered into meditation with correct posture.

Next to the Japanese landscape of the vivid color,
A dynamic character has come out.

When the audiences of 200 people were attracted their collaboration,
We were sure the future of the new attempt.

59

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

13615177_10201986725745405_8100413822756705536_n (1)

03




Next
どんなに時間をかけて、どんなに慎重に企画を進めても、
いつかその日はやってくる。
怒涛の企画が終わった後、それを次にどう繋げるかを考える。

たくさんの反省点がある。
たくさんの戦いと結果がある。
今あるのは、たくさんの感謝だけ。

こんなにたくさんの人が支えてくださったことを誇りに。
最後まで信用してくれたことに、感謝の花束を。
私は絶対に裏切らないから、これからも前に進もう。

13330937_10201885749541063_7913149816659756248_n


Even if no matter how long promoted time, or no matter how carefully planned,
Someday come that day.
After the planning of angry waves is over, I think about how connect it to the next.

There were a lot of reflection points.
There were a lot of fight and results.
There are a lot of thanks right now.

We are proud of that a lot of people have supported us.
I will give him a bouquet of thanks, since he gave me credit until the end.
Because I will not betray absolutely, let us move forward from here.

13331002_1013234618765423_1978817447575743126_n

スタッフ皆で撮った記念写真はこれ1枚きり。
This is the only photo that was taken with all staff.

13396791_1017832118305673_605573463_o

タイムズスクゥエアで、下準備。
Preparation at Times Square.

13267946_620270164798231_5134913743970056807_n

マンハッタンヘンジのライブペインティング。
Live painting for Manhattanhenge.

13405632_1017830648305820_1062417329_o

機材の重さで、帰り道はスタッフみんな無口になります。
The heavy materials made us to be quiet.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

13446067_1020579381364280_1070266046_o

国連本部の前でヨガポーズ、実はライブペインティングの場所取り中。
We had do something to keep the space for live painting in front of the U.N.
22

Photos by Mr. Nishimura@LINZER Products corp. Thanks for your great support.
Next