地下鉄アート (2)

地下鉄アート (5)

地下鉄アート (4)


ニューヨークという大都会で、ふと寂しくなった時。
同じ学び舎で過ごした、同窓生の存在に救われることがある。
在学中は面識がなかったとしても、離れた場所で繋がる絆は頑なだ。

大学の大先輩でもあるアーティストにお声掛けいただいて、
地下鉄アートのエキジビションに行ってきた。
オープニングレセプションには大勢のファンが集まって、
それぞれが、それぞれの地下鉄アートへの想い出を語り合っていた。

留学生時代、想像していた以上の勉強の大変さに音を上げそうになった。
日本の友人達から送られてくる楽しい宴の写真さえ見られなくなり、
やり場のない想いを抱えて地下鉄に乗り込んだ時、
ホームレスが歌う「アベマリア」の声に救われた。
顔を上げると、駅のホームにステンドグラスのアートがあった。

ありふれた日常に、アートがあふれる生活。
たくさんの人々の、たくさんの想いを乗せて走るニューヨークの地下鉄に、
希望の光を感じた。

50年以上もニューヨークで活動されている先輩の偉業もさることながら、
彼女が自ら頭を下げて後輩に御挨拶されてまわる姿が印象的な夜だった。
私もあんな風に生きたい。

地下鉄アート (6)

地下鉄アート (1)


I went to the subway art exhibition since I was invited by a senior of my
university.
The opening reception was so crowded by many fans.
Respectively, they talked the memories to each of the subway art.

Students age, I had hard time to study more than I had imagined.
Even I was no longer to enjoy seeing the photos of fun feast that Japanese
friend sent me.

When I boarded the subway by suffering with unfocused feelings
I was saved by the voice of "Ave Maria" that a homeless sang.
When I looked up, there was a stained glass art at the plat home of the station.
In New York, to the common every In New York, to the common every day and
life art are overflowing.
I felt the light of hope in the New York subway which runs putting a lot of people
and thought.

Even more than the feat of seniors that have been active more than 50 years in
New York,
I was impressed that she greeted to junior in polite.
I also want to live like that.

地下鉄アート (9)

地下鉄アート (8)

地下鉄アート (7)


アーティスト野田貴世
Society of Illustrations, The Museum of American Illustration

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ニューヨークからの贈り物 (3)


人間だから。
自分が苦しい時、世の中で平然と生きる人達を羨ましいと思う。
自分以外の人間が、どうしてこんなに輝いて見えるのかと思う。

でも、人間だから。
あることがキッカケで、立ち直れることだってある。
誰かの言葉だったり、音楽だったり、好きな人の存在だったり。
そんなキッカケこそが、人生のギフトだという。

私にとって、娘はまさしくギフトだった。
五体不満足な彼女が生まれて、私はたくさんのものをもらった。
人より10倍ゆっくり成長する彼女を見ていると、
まだ私にも何かできることがあるかもしれないと頑張れる。

***

今、応援したい友人がいる。
長く心に病を抱えていた彼女が、絵と出会ったことで自己肯定できるようになったという。
計り知れないほどの悲しみと苦労を乗り越えられたのは、
絵というギフトに出会ったからだと。

何かを克服した人は、強くて優しい。
痛みを知っているからこそ、相手を思いやれる。

人生のチャレンジは、いくつになってからでも遅過ぎることはない。
諦めさえしなければ、いつかきっと希望に繋がると信じたい。

彼女にとってのギフトが絵との出会いなら、
私は彼女と出会えたことが、人生の宝物。
神様からの贈り物。

彼女の挑戦を、応援してください。
地球の裏側からのエールがきっと、届きますように。
そして次は彼女から皆さんへ、ニューヨークからの贈り物が届きますように。

(こちらをクリックして、是非御共有ください。よろしくお願いいたします。)

ニューヨークからの贈り物 (2)


Because we are the humans.
When you painful, you envy people who live calmly in the world.
You think whether anyone other than yourself, why shines so.

But because we are the humans.
There might be an opportunity, even it recovers by chance.
It may the words of someone, the music or the presence of a favorite person.
Only such opportunity is called the gift of life.

For me, my daughter was just a gift.
After she was born with physical defects, I got a lot of things.
When I look at her growing that is ten times more slowly,
I am taught I still I can do something for someone.

***

Now, I have a friend who I want to cheer.
She had the disease in her mind for a long time.
But she was able to self-affirmation when she started her drawing.
She might had insurmountable sorrow and hardships of immeasurably.
For her, the painting was "the gift."

People who survived from painful, are strong and gentle.
Precisely because they know the pain, they really think of people.

It is not too late to challenge of life.
If we do not give up, we want to believe that it surely lead to hope.

If the encounter with the picture was the gift for her,
The encounter with her was the treasure for me.
That was the gift from God.

Please cheer her challenge.
I surely like to send the Yale from the other side of the world.
And next time, to you from her, so that you will receive a gift from New York

(Please click here and share the link to your friends. Thank you !!)

写真転載の際は御一報ください。
Copyright@Midori_Yamada_2015

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
どこでもアート (1)


世界で最高峰のデパート、バーグドルフグッドマン。
毎年の総決算ともいえるホリデーシーズンのウィンドウディスプレイが
突出しているけれど、
日常的なディスプレイも、それはそれは見事なもの。

マルニのドレス、ルブタンの靴。
日常的にそれを纏えるセレブの世界は遠い場所にあるけれど、
このアーティスティックな空間で夢を見るのは悪くない。

ウィンドウを眺めゆく人々の様子を見るのもまた楽しくて、
やっぱり世界の流行を先取る場所だと実感する。

ニューヨークの街は、どこをとってもアートになる。

どこでもアート (2)

どこでもアート (3)


Bergdorf Goodman is the highest peak of the department store in the world.
The window display of the holiday season is said that the annual top line in
the year project.
But the daily display is stunning too.

The dress of Marni, The shoes of Christian Louboutin.
The world of celebrities who routinely wear them is in the distant location.
But it is not bad to see the dream in this artistic space.

It is also fun to watch how people react to the window,
I realize that it is the scene that still takes before the outbreak of the world.

New York city produce all arts in anywhere.

どこでもアート (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ



Next
Japan Day(1)

Japan Day(2)

Japan Day(3)


新緑まばゆいセントラルパークに、のべ5万5000人のニューヨーカーが大集合。
蒸し暑い太陽の日差しに眩暈を感じながら、私は舞台袖で一人のアーティストを
見守った。

***

まったく面識のなかった彼から初めて依頼を受けたのは、昨年のこと。
惚れ込むほどの才能を感じながらも、世界の中心ニューヨークへの挑戦を、
どのようなかたちでスタートできるのか、大いに悩んだ。
ただ「応援する、全力でサポートする」と決めた自分に真っ直ぐでいたいと思った。

奇跡が起こり始めると、アーティストは懐疑的になり、私は自信を失った。
寄りかかる場所も時間もなかったけれど、前に進む以外の選択肢はなかった。
具体的に動き続け、ようやく呼吸が合い始めると、また新しい奇跡が起こった。

***

たった20分の持ち時間で、2作品を描くというミッションを終えた時、観客の大歓声が
聞こえてきた。
描かれたマンハッタンの街並みは、私が初めてニューヨークに降り立った気持ちそのもので、
思わず目頭が熱くなった。

華々しいNYデビューを飾った彼は、ここから大きく羽ばたいていくのだろう。
でも2015年のNYで、ブルックリン橋から覗いた摩天楼や、
ビルの狭間のさびれた階段を見つけて喜んだ気持ち、
一緒に機材を運んで流した汗を、いつかきっと思い出してと願う。

Japan Day(4)

Japan Day(5)

Japan Day(6)


About 55,000 people of New Yorkers gathered in the fresh green dazzling
Central Park.
While I felt the dizziness to sultry sunshine, I was watching an artist on the
stage from the side.

***

I had received the first proposal from him who had no acquaintance at all
at the end of last year.
Even while I felt falling in love about his talent, I worried a lot what I can do
for his challenge to the central New York of the world.
But I wanted to be honest to my mind that I decided "I would cheer and
support him with my best"

When the first miracle happened, the artist became skeptical, and I lost
confidence.
I lost the space to put the heart, but I had no time.
So I had no choice but to go forward.
We continued to move specifically, finally our breathing began to fit, also
other miracles happened.

***

When he finished the mission to draw two works in just 20 minutes of
allotted time, I heard large Yale of spectators.
Drawn Manhattan skyline was the feeling itself that I first landed in New York.
My tears came out naturally.

With spectacular decorated NY debut, he would go to the world from here.
But in NY of 2015, we watched the skyscrapers from the Brooklyn Bridge.
We rejoiced that we found the deserted stairs of the building.
We sweat flowed together for carrying the equipment.
I hope he surely remembers all of them in the future.

Japan Day(7)

Japan Day(8)

Japan Day(9)


LIVE PAINT ACT.
Japan Day 2015
Takeshi_Sato_Japan Day

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
2014みどり2 (2)


大好きなアーィスト、山田みどりさんの個展。
新しい試み、岩絵の具を使った新作の「ロンダ」は圧巻だった。

彼女の描いた「ロンダ」をベースに、来場者が色を重ねていくワークショップでは、
個性豊かな作品が生み出されていた。
世界に飛躍していく彼女を、応援したい。

2014みどり3

2014みどり4 (2)


I visited the exhibition of my favorite artist, Midori Yamada.
New attempt, the new work "ronda" with the rock paint was a
masterpiece.

At the workshop, the great work had been created by the visitors that
they superimpose color on Midori's design.
I would love to support her, going to leap to the world.

2014みどり1

2014みどり5
Next
Make2

Make3


朝のメイク時間、5分から10分。
5年以上前に買ったファンデーションがいまだになくならず、
流行の化粧品には縁遠い生活。

聞いているだけで、何も習得はできていないのだけれど、
モデルやスタイリストなど、トレンドに敏感な友人達の話を聞くのはとても楽しい。

ヘアメイクアップアーティスト、サクリパンテヒロコさんのレッスンは、
「流行色を取り入れたアイメイク」がテーマ。

自前のメイク用品を持ち合わせおらず、ほとんどの時間が「待ち」だったけれど、
熱心に講義に聞き入る人達の表情が、あまりにも新鮮で。

自分を可愛がる努力も、そっと大事にしなくては。

Make1


My make-up time in the morning is about five to ten minutes.
Foundation that I bought five years ago is still not eliminated,
My life is out-of-the-way of fashionable cosmetics.

I only hear, but I do not learn anything.
To hear the trend-conscious from my friends, such models and stylist, is
great fun.

The theme of lessons by Ms. Hiorko Sacripante, hair make-up artist, was
"Eye makeup incorporating fashionable color".

Since I did not have my own cosmetics, the most of time was "waiting.”
It was very fresh to look people who listen attentively to the lecture eagerly.

We shall take care softly for the efforts to petting ourselves.

Make4


Hiroko Sacripante
Next
HWS1

HWS2

HWS3


高校時代の同級生、四半世紀来の友人。
足が速くて、ダンスがうまくて、いつもバスケットボールを抱えて駆け回っていた。
持ち前の集中力とセンスの良さで、クラスメートの信望も厚かった。
大学も、就職先も違ったけれど、同じ航空業界にいたせいか、彼女とは遠くどこかで繋がっている気がしていた。
離れている時間に経験したそれぞれの試練も、時間と距離を越えて理解しあえていたような気がしていた。

先日、彼女がNYでワークショップを開いた。
遠く離れた日本で完璧に準備を進めてくれたから、現地で迎え入れる私自身も心から楽しめるような企画に仕上がった。
真っ白なギャラリーで、彼女の放ったその空気感が、日本で彼女の人気が絶えないその理由を一瞬にして教えてくれた。

彼女を見ていると、「FIAMMA」という言葉が頭を横切る。
自分が辛い時こそ、周囲にぽっと灯りをともせるような人でありたい。
そんな気持ちにさせられる。

しーちゃん、ありがとう。
ももさんのフォトレッスンも、まりさんのアテンドも、最高でした。
忙しい中でも、本当にいい時間を共有できたことに感謝。
来年の企画も、是非実現しなくちゃね。

HWS4

HWS5

HWS6

HWS7


She is my high school classmate, friend of a quarter-century.
With her excellent ability for sports, she was running around holding a
basketball all the time.
In her concentration and the good sense of inborn, prestige of classmates
was great.
Universities and employment were different, but probably because we were
in the same airline industry, I felt like I was connected with her somewhere
far away.
I felt we understood each experience over time and distance, during the
time that we were apart.

The other day, she did a workshop in NY.
Thank for her perfect preparation of the session from Japan, I enjoyed the
session myself not as a producer here.
In pure white gallery, the air feeling of her told me in a moment why people
like her lesson in Japan.

When I see her, the word " FIAMMA " comes across in my mind.
I want to be a woman who can spot on light on someone in trouble, even
when I have hard time.
She makes me such a feeling.

Thank you, Shihoko.
Both Momo's photo lesson and Mari's attendant were wonderful.
Though we've been quite busy, I was grateful that we were able to share a
really good time.
I am serious to plan of next year, and will do the best.

HWS9

HWS10

HWS11


  掲載写真の無断転載を禁じます。
  All copy right @ M photo by Noriko Momoi 2014

bloomish by Shihoko Kono
M photo by Noriko Momoi
Next
みどり2

みどり3


人と人の出会いに偶然はない。
それはきっと、ずっと昔から必然としてそこにある。

長年親しくさせていただいている方から「御紹介したい人がいる」と繋いでいただいた御縁だったけれど、文字を幾度か交換しただけで、彼女の内面に惚れてしまった。
「社交辞令が嫌い」という一言が、彼女のすべてをあらわしていた。

「会いたいから、会いに行きます」
具体的に行動するパッションを持った人だなと嬉しくなった。
事実、初めてリアルで会ったその人は、思っていたよりずっと華奢で、はっとするようなオーラを持った美しい女性だった。

「ニューヨークのアパートに飾ってください」
差し出された紙袋には、彼女の大切な分身が入っていた。

人に接する時の優しさ、繊細な気遣い。
内面からにじみ出る力強さ、そして行動を起こす情熱。
彼女のアートは、彼女そのもの。
今ここに彼女がいる幸せを感じている。

100パーセントのパッションと共に、これからも応援させてください。

みどり6

みどり5


The encounter between people is not a chance.
Surely, it has been a necessary for a long time.

Originally, she was introduced through my friend who has been
intimately for many years.
But during the period that I exchanged a character for several
times, I've fallen in love with her inner.
Word of "I don't like the social lip service", had expressed her
everything.

"I want to see you, so I will go there."
I was pleased that I knew she was a woman with a passion to act.
In fact, the lady I met in the real for the first time, was much delicate
than I thought and beautiful woman with an aura like that startled.

"Please decorate this on the wall of the apartment of New York".
The paper bag that was proffered, a precious alter ego of her had
entered.

She has tenderness against people, and delicate concern.
She also has strength oozing from the inner surface, and passion to
take action.
Her art is herself.
I'm happy she is here now.

Along with the passion of 100%, please let me support for you in the future.



みどり1

みどり4

Copy right@Midori Yamada



みどり7


山田 みどり プロフィール

2008  デザインフェスタ出展
2008  銀座「チョコレート グループ展」
2009   平井 儚夢亭 「二人展」
2012  Kosmos Lane Studio & Gallery 「T展」
2012 ISE ARTオークションカタログ表紙
2013 Kosmos Lane Studio & Gallery  「絵を売る展」
2013 PARFUM SATORI 新作香水「wasanbon」イメージデザイン
2013 Kosmos Lane Studio & Gallery 「コスモス百貨天」
2013 顧客様オーダー制作 23点

画材 
 麻紙ボード 色紙(画仙紙) カラーインク

(追記)
2014 近々の個展開催予定    
    2/21~2/22 :Kosmos Lane Studio & Gallery 「コスモス百貨天」
    3/3~3/14:銀座ハレ (3/3-14)
    4月:Kosmos Lane Studio & Gallery「絵を売る展」
    8月:Kosmos Lane Studio & Gallery (グループ展)



Next
IN_11

IN_12


10数年ぶりに訪れたイサムノグチ美術館。
こんなに近くにあるのに、なかなか来る機会がなかった。
何年たっても、1ミリもたがわない存在感。
小さなことにくよくよせず、こんな風に生きたいと思う。

変わりゆくもの、変わらぬもの。
たしかなことを心に刻みながら、前に進むこと。
時間の尺度は人それぞれだけれども、時間の速さは皆同じ。
立ち止まってはいられない。

「時を超えて 君を愛せるか 本当に君を守れるか」
愛はもらうものではなくて、与えるもの。
そんな風に生きたいと思う。

IN_01

IN_02

IN_03

IN_04

IN_05

IN_06


I visited the Isamu Noguchi Sculpture Museum in the first time in over
10 years.
There was no opportunity to come to the nearby.
Even after many years, their presence show just as same as before,
no difference in 1 mm.
I think it does not sweat the small stuff, and I want to live like this.

"Changing" and "Never changing".
While increments in mind for sure, we move forward.
The measure of time is difference by each people, but the speed of the
time all the same.
We cannot stop at the same place.

"Can you love the beyond the hour, or you really can defend it?
Rather than as we get, love is what gives.
I want to live like that.

IN_09

IN_10

Next
Haru_Ishii(3)

Haru_Ishii(9)

Haru_Ishii(8)


北山にある石井春さんのアトリエ兼自宅を訪れたのは、京都の街全体が祇園祭に向けて彩り始めた頃だった。

学生時代に学んだイスラムのモザイク技術を彷彿させる「アズレージョ」は、ポルトガル由来のタイルアート。
アラビア語で「青(アズール)」と「滑らかに磨かれた小さな石(アズレーシャ)」を意味する。
しかし春さんのそれは、伝統的な青と白ではなく、自由で猛々しい色をはなっている。

昭和建築の京都の家も、アトリエに並ぶ数々の調度品も、すべて春さんの息吹がかかり、凛としてそこにあった。
まるで20年来の友人に語るように、惜しげもなく御自身の生い立ちやアートへの想いを聞かせて下さる姿勢に、思い切りの良い彼女の生き様を垣間見た気がした。
そしてその潔さがそのまま作品に反映されているのだと知った。

数十時間の工程を経て、艶やかな色を放ったタイルが窯から焼き上げってくるシーンを思うと、心地よい緊張感が走る。
海や魚など、水のシーンが良く似合うのは、東京生まれの春さんが、あえて山に囲まれた京都で暮らした結果、生まれてくるものかもしれない。

今度は紅葉の美しい季節に、彼女の好きなポートワインを携えて再訪してみよう。
そしてマンハッタンにひとつ、あのタイルを持ち帰る。
無機質な街角に、癒しと憩いをもたらす魅力がきっと、世界中の人の心に伝わるように。

DSCN4920

DSCN4916

DSCN4937


When I visited the studio & home of Haru Ishii in Kitayama, the city of Kyoto
had started to prepare for Gion Festival.

"Azulejos" is tile art from Portugal that reminiscent of the mosaic
technique of Islam learned in school days.
It means " blue ( Azure ) " and " small polished stone smoothly
(Azuresha ) " in the Arabic .
But Haru's works are rather ferocious freedom color, than the blue and
white traditional.

Kyoto house of Showa architecture and many arranged furniture in the
studio were there with dignified; all they were customized by her.
Haru told me her upbringing without regret, and her feeling of Art, in
attitude so that she talks to a friend of 20 years.
I felt I glimpse a way of life of her good on her character.
And I knew her certain graciousness has been reflected in the work as it
was.

I felt my comfortable tension when I imagine a scene that tile, through the
steps of several tens of hours, come from the stone oven with vivid color
and luster.
Haru was born in Tokyo, but lives in Kyoto where is surrounded by
mountains dare.
It might be one reason that her works match well with such as fish and
sea, water scene.

Let me re-visit having her favorite port wine in the beautiful seasons of
autumn leaves.
And I will bring back her works to Manhattan, New York.
We will surely work together on the street corner of mineral matter to
bring relaxation and healing to reach the hearts of people around the world.

DSCN4907

DSCN4919

DSCN4932


掲載写真の無断転載を禁じます。
Copy right@Haru_Ishii_2013

石井春さんのサイト
Next


美しいものに出会った時、感性の琴線に触れる時。
人はそれを誰かと共有したいと願うか、あるいは自分だけの秘めた思いとして
封印しておきたいと願うのか。

西山氏の美に出会ってから、すでに20年以上の歳月が流れた。
身体に電流が走るような、衝撃的な出会いだった。
私が今でも、いつでも狂おしいほどに日本を誇りに思うのは、こういう感性を
揺さぶられる美を生み出す人達がいるからでもある。
その美に惚れ込んで、写真を撮り続ける高崎氏の腕がまた秀逸で。

本当はもう少しだけ独り占めしていたい我儘は片隅に置いておくことにして、
今ようやくその美がこうして世に伝えられる機会が与えられたことに感謝。

http://ny-blog.org/archives/3016241.html

nishiyama6






























When people meet a beautiful thing or touch the heartstrings of sensibility,
do they wish to keep sealed as their own thoughts which conceals, or wish
to share it with someone else?

Since I met the beauty of Mr. Nishiyama, years of more than 20 years was
already flowing.
It was a shocking encounter such like as the electric runs through the
body.
Even now, I am proud of in Japan so crazy, also because there are people
who produce such a beauty sensibility.
In love with its beauty, also excellent arm of Mr.Takasaki continue to take a
pictures.


I have decided to leave my selfishness beside that I want to be just a little
more to myself.
I appreciate the opportunity to tell the world the beauty of which is now
finally given way.

yamayoshi-HAKUBAI_052906_r
yamayoshi-HANAIKADA052977_r
yamayoshi-KOUBAI_052919_r
yamayoshi-MATSU_052881_r
yamayoshi-RYU_053920_r






























掲載写真の無断転載を禁じます。
Photo by Tsutomu Takasaki
http://www.t-tak.jp/profile_jp.html









Next
DSC06249

















以前からどうしても訪れてみたかった場所があった。
東京から一時間強、茅ケ崎駅からさらに車で20分ほどの場所にあるギャラリー。
そこには木のぬくもりと、自然への愛があふれていた。

湘南という土地でひとつひとつ丁寧に作られたカッティングボードとお皿が、ニューヨークまで渡ってきた経緯が嬉しくて。
日本人の手先の器用さを、今年はもっともっと世界に伝えていくミッションを請け負った気がする。
いろんな御縁(ビード)をしっかり繋いでビーズに紡ぐ。
ここで出来ることが、まだまだありそうな気がする。

シンプルに、センス良く生きることが、やっぱり一番かっこいい。

DSC06252

















作家、遠藤マサヒロ氏御夫妻のお人柄も素晴らしい。。。

740840_2733115142746_2101066975_o

















There was a place I wanted to visit since last year anyway.
It was a gallery, which was located about one hour by train from Tokyo,
and more 20 minutes by car from Chigasaki station.
The warmth of wood and the love for nature was overflowing there.

I was so happy these circumstances that the dishes and cutting boards,
that were made carefully one by one in the land of Shonan came over to
New York.
I think I will undertake a mission to tell Japanese hand-made dexterity to
the world more and more this year.
To connect firmly spun beads (bead) various border control.
I think there is something that I can do more here.

The coolest way is to be the simple, and to live in good sense.

DSC06257

















The artist, Mr. and Mrs. Masahiro Endo are so nice personality.
Next
LIN25605


LIN25617


LIN25609



大学時代に就職を考えた時、人を幸せにするホスピタリティー論を
自分なりに極めたいと思っていた。
美学美術史専攻の私には「海外でたくさんの美術館に行ける」という
やや不純な動機も非常に魅力的であった。
そして乗務員として世界中を飛び回っていた頃、師匠に言われた。

「とにかく世界中で「美しい」といわれているものを、たくさん見てきなさい。
今は分からなくとも、美しいものに囲まれていると、いつか本当に美しいものを
きちんと認識できる眼が育つから」

私はフライト乗務を終えると、当時一人暮らしをしていた世田谷の
アパートから、代々木にある西山吉勝氏のアトリエまで、ローラーブレードを
履いたまま駆けっていった。
お客様との素敵な出会い、滞在中におこったアクシデント、
上司に怒られたり褒められたり。
話したいことが盛りだくさんで、自分の作品を作る手は一向に進まない。
師匠は終始穏やかな笑顔で、私の話を真面目に聞いてくれて、
時に的確な言葉で、大人の意見を授けてくれた。

西山氏が生み出す「山吉」の作品を、私は語り尽くすことができない。
「西洋を越えた和がある
圧倒的な美しさは沈黙を強いる
山吉は語らない
極めた作品が語りかける
宝石による芸術だ。」

近年、パリやニューヨークでも展示会を開催し、世界中が注目する
「山吉」の世界。
そう、まさに作品自体が語りかけてくれるから、手に取った瞬間に人は
その感性を研ぎ澄まされる魔法をかけられてしまうのだ。
余計な説明はいらない。
私が世界中を渡り歩いて、目にしたどんな芸術作品よりも美しい、
美の極みがそこにある。

師匠、あれから二十年以上の年月が経過して、私の鑑識眼も少しは
育まれたでしょうか。
師匠、日本人の誇れる美の極みを、これからもどんどん生み出してください。
師匠、この美の極みを世界中に伝えるためにも、私はもう少しここで
踏ん張りたいと思います。


10


LIN25606


When I thought my career in college, I wanted to get the theory of
hospitality to make people happy.
Since I majored in art history of aesthetics, it was also very attractive and
little ulterior motive of "can go to many museums abroad.”
When I was flying all over the world as a crew, I was told by my master.

"Anyway, you should go to see a lot of 'beautiful' things in the world.
Even if you don't know the reason of 'beautiful' now, you should keep to be
surrounded by beautiful things. Your eyes can discern something really
beautiful someday. "

When I finish my duty of flight, I run to go to the studio of Mr. Yoshikatsu
Nishiyama in Yoyogi, wearing roller blades, from the apartment in Setagaya
where I had been living alone.
My hands to make design did not proceed at all, since I wanted to talk with
master to report what happened in a stay.
Master had a gentle smile from beginning to end, listened seriously, and he
sometimes gave me the opinions of the adults in the precise words.

I can not tell his work of "Yamayoshi" produced by Mr.Nishiyama.
"No words are necessary.
The exceptional works speak directly to the heart.
They will be treasured for generations.

In recent years, He had exhibitions in Paris and New York, people paid
attention to the world of "Yamayoshi" all over the world.
Since his work speaks itself, people would have well-honed sensibilities
Enchanted that the moment when they pick it up.
We do not need extra explanation.
There is more beautiful than any work of art all over the world that I saw,
the ultimate of beauty.
.
More than twenty years have passed since then.
Master, do you think my eyes are getting little nurtured as discerned
one?
Master, please produce more and more for the ultimate of beauty, proud
of Japan.
Master, I would like to struggle a little more here to tell your work, the
ultimate of beauty, to the world.

LIN25612


LIN25614



掲載写真の無断転載を禁じます。




Next