幼少の頃、暑い夏の湯上り。
父が打ち上げ花火を見せてくれた。
少し風の強い日で、倒れた花火がそのまま私を襲ってきた。
パジャマにたくさん穴が開いて、私の右腕が燃え上がった。
今でもその時の火傷跡が、くっきり残っている。

久しぶりにガス栓を開けた実家の離れで、油がとんだ。
右腕に12カ所、丸い跡がついて腫れあがった。
市販の薬を塗ったら、少し痛みが和らいだ気がした。

翌日、仕事の打ち合わせ中に、従姉から病院行きの司令。
銀座のど真ん中で途方に暮れていたら、友人が皮膚科を紹介してくれた。
「手遅れにならなくて良かった」と医師に告げられた。
初期対応が何より大事なのだからと。

若い頃は数日で治る虫刺されの跡だって、
40代になると1年越しの傷跡になることだってある。

身体の傷は、時間が経てば癒ることもある。
でも、心の傷はなかなか立ち直れない。

私はまた火が怖くなった。
人生も花火も、少し遠くから見るのがいい。

写真 2018-07-08 16 49 18

写真 2018-07-09 15 00 15


When I was a child, it happened the time after the bath time in the hot summer.
My father showed us the fireworks.
A slightly windy day, the fallen fireworks struck me as it was.
A lot of holes opened in my pajamas, my right arm burned up.
Even now the scars of that time are clearly left.

I got the burn again at my parents’ house when I opened a gas faucet after a long time.
Twelve places on the right arm swollen with round marks.
When I applied a commercially available medicine, I felt that the pain was relieved a little.

The next day, during the meeting of work, my cousin asked me to go to the hospital immediately.
When I was at a loss in the middle of Ginza, my friend introduced me to the dermatology department.
"You were not to be too late" that the doctor was told.
Because initial response was more important than anything.

If we are young, a trace of insect bites would cure in a few days.
But there is a thing that it becomes a scar of over a year when it is in his 40's.

Bodily wounds may heal over time.
But, scratches of my heart cannot be recovered easily.

I am scared of fire again.
Both life and fireworks should be seen from a distance.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-07-08 18 48 44


この街に来ると、地元に帰ってきたと実感する。

自転車通学していた高校時代、よく仲間と寄り道をした。
部活の合間を縫って、食べ放題のピザ屋に通い、
くだらないお喋りだけで、ずっと生きていけそうな気がしていた。

学生時代、行列のできる和菓子店の羊羹を買うために、
お年寄りに混ざって、早朝4時前から並ぶバイトもした。
あの頃に着ていた洋服は、ほぼこの街で調達していた。

街は、長い年月をかけて少しずつ変わっていくけれど、
ここで育ててもらったスピリットは、きっとずっと変わらない。

この夏またこの街で、いくつかの思い出ができそうだ。

写真 2017-07-08 18 50 03


When I came to this town, I realized that I came home locally.

In high school days, I often came here with my colleagues by bicycle.
We stopped by between club activities and went to the all-you-can-eat pizza restaurant,
I just felt like I could live forever just with our casual talking.

In the age of college students, in order to buy very popular Japanese sweets,
I lined up with the elderly from 4 o'clock early in the morning as my part-time job.
The clothes I was wearing at that time were almost procured in this town.

The city changes little by little over the years,
The spirit raised here will surely remain the same.

I will have some memories in this town again this summer.

写真 2017-07-08 18 48 52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
38


障がいを持った娘とのふれあいから見える命の尊さ。
壮大なテーマをいただいて、しばし悩んだ。

ようやくお引き受けする覚悟ができたのが早春の頃。
とはいえ、ずっと構想が整理できなかった。

会場ホールを下見して、その規模の大きさに驚いた。
4,000名の聴衆が集まる機会、今さら降板は許されない。

日本に帰る機内で原稿をまとめた。
講演前日にキンコーズで印刷した。
切羽詰まるほど、焦って原稿は覚えられなくなった。

前日はあえて他のことを考えて過ごした。
時差ボケもあって、眠れなかった。

厳粛な雰囲気の中で、プロローグの動画が流れる。
あとは、何も覚えていない。
緊張して、よく噛んでいた。
想定外に感情が入り、涙が止まらなかった。

後半は原稿を無視して、ただ、話を続けた。
ありのまま。それしか私にはできなかった。

どんなに入念な準備をすることよりも、
正面向かって本番に臨むこと。

体験だけが、真の言葉を連れてくる。

47

33


Preciousness of life visible from the interaction with daughter with
disabilities.
After I received a grand theme, I was troubled for long time.

The time I was finally able prepared to undertake was this early spring.
However, I could not be organized the concept of the lecture.

When I went to preview the venue hall, I was surprised at the magnitude
of it's scale.
I didn't have the option to give up the opportunities that 4,000 people
gather in the audience.

I made a summary of the manuscript during the flight to Japan.
I printed it at Kinko's on the day before the lecture.
Along with I was cornered, I could not remember the document.

I spent thinking of the other thing before the day.
As there was also jet lag, I could not sleep.

In a solemn atmosphere, the prologue of the video was flowing.
After that, I did not remember anything.
With tension, my speaking was not well.
With the unexpected emotion, the tears did not stop.

Though I ignored the manuscript at the second half, I continued to talk.
I told only the truth.

Than that no matter how careful preparation,
I tried to face toward the reality.

The experience brings true words.

52

06


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

42
Next
入院していた我が子が帰ってきた。

入院用のガウン、患者番号の書かれたブレスレット。
綺麗に整えられた髪の毛。
きちんとした扱いを受けてきたのが一目でわかる。

我が家に、おかえり。

00


My daughter's doll has been hospitalized is back.

She has worn Gown for hospitalization and bracelet that has been written of the patient record.
Her hair has been trimmed neatly trimmed.
She had received the proper treatment in the hospital.

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
6月10日、時の記念日、私の誕生日。
4年前のこの日、娘のことを綴った記録を世に出させていただいた。
4年という月日が経って、何が変わっただろう。
変わらなかったものは、何だろう。

出口を見失って彷徨ったトンネルの中で、
行き先に光が見えなかったのが、何よりもしんどかった。

こんな私たちの体験談が、少しでも世の役に立てるなら。
身の程知らずといえる大会場での講演を引き受けさせていただいた。

今ふたたび、命の尊さについて考えている。

06


June 10th, called the anniversary of the time, is my birthday.
Four years ago on this day, my book about my daughter, has been
published out to the world.
And after 4 years, I guess what has changed.
I guess what has not change.

I was wandering without sight of exit in the tunnel.
I was tired since the light to the destination was not visible.

I hope our experiences help some people who lost the way.
I will underwrite a lecture in a large venue in July.

Once again, I am thinking about the preciousness of life.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
長女と長男を両腕に抱えてミルクをあげていた頃、
座骨神経痛を患い、歩けなくなった。
往診に来てもらった整体師に、危機感を持つように告げられた。

少しでもしなやかな筋肉をつけるようにと、
医師にも勧められたホットヨガスタジオに通い始めて、10年近く。
しかし、日常的な筋力の衰えは明白だった。

例年よりやや暖かい冬に、ようやく重い腰を上げようと一念発起。
週2回のジム通いを今年の目標にしたものの、
公私のスケジュールが乱れまくって四苦八苦している。
加えて、ジムに行った翌日の筋肉痛がすごい。

人間にはこんなところにも筋肉があったのだと気付いたり、
アラフォー友人達の健康オタクぶりに改めて感心したり。

数ヶ月後、せめて生活習慣が改善できていることを期待。

20


When I was feeding milk holding with my daughter and son in my arms,
I was no longer able to walk, suffering from sciatica.
By a doctor that I had to come to a house call, I was told to have a sense
of crisis.

To get a supple muscle even a little,
I started going to hot yoga studio, which was also recommended to doctors,
nearly 10 years.
However, day-by-day, muscle strength was decline obviously.

Since this winter is slightly warmer winter than usual, I have decided my mind.
Though my year's goal is go to the gym twice a week,
I have been struggling by my public and private schedule.
In addition, the muscle pain of the next day is terrible.

I realized that human beings had the muscle at a place like that I didn't know.
I am impressed that I have many friends who are health nerds.

I hope my lifestyle will be improved at least after a few months.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
たった6日前に買い換えたばかりの、携帯電話が使えなくなった。
たった1秒のうっかりで、電源が入らなくなった。

使えなくなった携帯を眺めながら、
いかに不要なデータを持ち歩いていたかを考える。

すでに3日、携帯のない生活をしているけれど、
繋がりたい人には、繋がっていられる。

新年早々厄落としばかりしているから、
今年はきっと良いことがあるに違いない。

IMG_0146


My iPhone is no longer available,
Though I just replacement purchases just six days ago.
The power supply is no longer work by my inadvertently.

While looking at the mobile that was no longer used,
I was considered I had carrying unnecessary data.

Already 3 days, I have a life without mobile.
But I can connect a person whom I want to connect.

It was New Year early ceremony to drive away evil spirits.
There must be a good thing this year surely.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
毎年、自分の誕生日前後に検診を受けていたのに、
昨年は忙しすぎて、時期を逸してしまった。
一度予約をキャンセルすると、次の予約は2ヶ月以上先になってしまう。

男性には分からないだろうけれど、
この検査を受けると、胸の大きさが如実に分かってしまう。

寒い冬に余計な脂肪を蓄えてしまう私にとって、
この時期に受診すると、検査プレートの数字がアップすることが分かった。

今だけとはいえ、少し大きな下着に買い換えるべきか。
ダイエット最優先で、余計な脂肪を削ぎ落とすべきか。

そんな葛藤している、待合室。
秋に別の検診でひっかかり、ちょっとドキドキしている。

28


Each year, I have received a medical examination before or after my
birthday,
As last year was too busy, I missed the chance.
Once we cancel the reservation, following reservation becomes earlier
more than two months.

Though gentlemen may not know it,
Upon receiving this inspection, we have to be known the size of the
breast vividly.

In the cold winter, I usually would store up extra fat.
When I get the examination at this time, I found that the numbers of the
test plate goes up.

I wonder I should get new underwear in a little big size.
In top priority for diet, I wonder I should loose the extra fat.

I had such a struggle in the waiting room.
Since I was diagnosed another problem last fall, I was little nervous about
my health now.

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
友人からいただいたお下がりのiPadで、不器用に写真を撮る。
少しずつ腕が上がって、美しい瞬間を捉えられるようになる。

シャッターチャンスを学ぶことは、
人生のタイミングを学ぶことに似ている。

今という瞬間を、自分自身の目で見定められるように。
そして、それをきちんと自分の言葉で伝えられるように。

私にはまだまだ、学びが足りない。
あっという間に、彼らに抜かされていく。

シャッターチャンス (2)


In iPad hand-me-down from my friend, they were taking pictures clumsily.
They studied little by little they will be able to catch a beautiful moment.

Learning the shutter chance is like learning a timing of life.

So be catch a moment in own eyes.
And, so be transmitted in neatly own words.

I still stand at the same place.
They will grow soon.

シャッターチャンス (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
4人で歩く。
大好きなサッカーも、野球も、スクーターも。
今日はちょっと我慢して。
一緒に歩こうと決めたらしい。

「70年前の今日、戦争が終わって、
日本はアメリカに負けたんだ。」
「ママのおじいちゃんは、お腹が空いて、死んじゃったんだ。」
「食べ物を大切にしないとね。」

会話も背中もたくましくなって。
自分達だけで歩いていけるね。

昼間の人影が長くなり、
秋がもう始まっている。

当たり前じゃない、いつもの週末。

8月15日 (2)


My kids were walking together.
They gave up soccer, baseball, nor scooter.
They seemed to have decided to walk together.

"70 years ago, the war ended today.
Japan lost to the United States. "
"Mom's grandpa was hungry and passed away."
"We have to cherish the food."

Their conversation and back became strongly.
They can walk without me.

Daytime shade becomes longer,
Autumn has already begun.

It was our weekend.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
卵の遅延型アレルギーを指摘された2年前に、
もうひとつ検査でひっかかったものがあった。

体内に残存する有害重金属を減らすのに効果的なキレーション治療は、
米国がとても進んでいて、成人病やアトピー症状の改善も期待される。
日本の医師には、点滴でなく在宅でできる投薬治療を勧められた。

1週間のダイエットでさえ続かない私に、毎日欠かさず10数粒の錠剤を
飲むことができるのだろうか。
即効性もないし、すぐに生死に関わるわけではないと、治療を開始する時期を
うやむやにしていた。

近年、いろんなトラブルに遭うたびに、このままでは心身共に崩壊するという
恐怖に苛まれてきた。
仲間はいるはずなのに、自分の内をさらけ出す場所を失い、彷徨っていた。

4か月で1サイクル。
あんなに大量にあった薬の束が、最後の1週間分だけになった。
少しずつ、キレーションの効果が出てきていると信じたい。

助けてくれた皆さんに、ありがとうの気持ちを込めて。

キレーション


When I was diagnosed the delayed type allergy of eggs two years ago,
I was pointed out another symptom.

The United States is very advanced the chelation therapy that effective to
reduce the harmful heavy metals remaining in the body.
It is expected to improvement of adult diseases and atopic symptoms.
I was recommended by the Japanese doctor a medication rather than drip.

I am not last even dieting of a week, and I wonder I can take the 10 number
grain of tablet every single day.
It’s neither immediate effect nor immediately life-threatening.
So I had not start treatment yet.

In recent years, every time I met in various troubles, I had been tormented
by fear that remained in the collapse mentally and physically.
I had the fellow, but I lost a place where I put out my mind, and had been
wandering.

One cycle of the chelation therapy was four months.
So much a bundle of a medicine in large quantities, left only in the last one week.
Little by little, I want to believe that the effects of chelation are coming out.

To everyone who helped me, with feeling of thank.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
大人の箱 (4)


自宅のテーブルに、オレンジ色の箱を見つけた時、
胸の高鳴りを感じた。

箱の中には三色に美しく焼き上げられたマーブルデニッシュが入っていた。
京都のお土産だという。

20代の頃に憧れて、身分不相応な手帳を買った。
オレンジ色の小箱を手にした時、少しだけ大人の女性に近づけた気がした。
手帳は今でも私の時を記してくれる。

時を経てからも、永遠に憧れのブランドであることに間違いはなく、
世界中の女性が、オレンジ色の箱にうっとりするのだ。

いつかきっと、それに相応しい大人を目標に。

大人の箱 (3)

大人の箱


When I found an orange box on the table at home,
I felt the throbbing of the chest.

There was a three colored, beautifully baked, Marble Danish in the box.
That was a souvenir of Kyoto.

Because I looked up to the brand, I bought the disproportionate notebook in my twenties.
When I got a small orange box, I felt I was close to the adult woman only a little.
The notebook still writes down my time.

After many years, it was still a longing brand forever,
If women of the world look at the orange box, they would be entranced.

I hope I would be an adult who appropriate it.

大人の箱 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
安さの代償 (4)


「本当は大工になりたかった」という父の血を継いだのか、姉弟そろってモノづくりが
大好き。
初めてIKEA(米国では「アイケア」という)の家具に出会った時は、衝撃的だった。
機能的でスタイリッシュ、コストパフォーマンスの良さ。
日本に店舗が進出する以前、姉がこちらでIKEA商品を大量買いしていたのも懐かしい。

IKEA家具の難点は「重い」ということ。
学生時代から使っていた家具を、引っ越しの度に少しずつ処分して、その重さに
悲鳴を上げてきた。
なるべく家具は置かずにシンプルに過ごしたいというのが、我が家のテーマとなった。

そうは言っても、モノは増える。
先日、久しぶりにIKEA家具を購入して組み立てた。
電動器具を一切使わずに、一日中黙々と作業する姿を客観視して、我ながら
よく働いたと感心した。
どんなに精巧に仕上げたつもりでも、左右のドアの高さが微妙に違うのは、
このアパートの床面が曲がっているのからだろうと納得するしかない。

翌日、腰の痛みと手のマメに悲鳴をあげる。
安さの代償は、こんなところにもやってきた。

安さの代償 (1)


All my siblings love making things.
We took over father's blood; he really wanted to be a carpenter.
When I met IKEA furniture first, I was shocked.
It was functional and stylish, good cost performance.
Prior to the store opening into Japan, my sister had bought large quantities
of IKEA products here.

People say the drawback of IKEA furniture is "heavy".
I disposed of the furniture that had been used from student days every time
we moved to new place.
And we have screamed to its weight.
"Living in simple without the furniture as much as possible" became the
theme of my family.
Even if so to say, the stuff is increasing.
The other day, I purchased the IKEA furniture and assembled them.
I objectively viewed the figure that I worked in silence throughout the day
without using of electric equipment at all.
I was impressed myself that I did well.
The height of the left and right of the door was different in subtle, even though
how I did work finely.
I thought it was cause of the bent floor of New York apartment.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Flu (1)


幼少の頃から、耳鼻咽喉系が弱い。
慢性中耳炎、アデノイド、タバコの煙アレルギー。
風邪を引くと、喉鼻からやられて、悶々と辛い日々を送る。

昨年末からの風邪も、なかなか治らなかった。
微熱とだるさはあっても、寝込むほどの高熱ではないから、ついつい動いてしまう。
年が明けて、ようやく症状が落ち着いてきた。

週末、いつも通りに、アップステートに向かう。
100マイル(160キロ)離れた恋人に会うのを楽しみに、今週もがんばった。

雪に覆われた学校の寮に到着すると、ナースが駆け寄ってきた。
「今日は会えないわ。ひどい高熱で、隔離されているから」

家族と離れて、病気と闘う娘。
母親としての無力さに、途方に暮れた。

「どうして会えないの?」
落胆する兄妹の涙に、少しだけ救われた。

自分のあり方に、彷徨いながら、帰路につく。

Flu (3)


From a young age, I am weak my nose and throat.
Chronic otitis media, adenoid, cigarette smoke allergy.
When catching a cold, I start it from the throat and nose, and spend the
day-to-day with painful.

I had been sick from the end of last year.
Since I had low-grade fever and fatigue without a high fever, I would work.
This week, I have been settled symptoms finally.

Weekend, as usual, I headed to the upstate.
I looked forward to seeing my angel who was 100 miles away.

When we arrived at the dormitory of the school that was covered with snow,
nurse has been rushed.
"You can't see her today. In a terrible high fever, she is treated."

Thinking of my disease daughter.
The powerlessness as a mother, I was at a loss.

"I'm missing her."
By tears of siblings that discouraged, I was saved only a little.
While I thought what I should be my own, we got back to the city.

Flu (2)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
週末の朝も、目覚まし時計が鳴る前に自然と起きてしまう。
早朝のヨガクラスに行って、汗を流す。
窓の外では初雪が降り、極寒のニューヨークにいることを再認識する。

故郷から遠く離れた場所での日常。
女性が働くこと、働かなければならない自分の環境に不満はないけれど、
この数年、悩むことも多かった。
もう少し手助けしてもらえれば。もう少し時間があれば、、、。
自分の実力を出し切れないまま評価されてしまう現実に、さらに自分を
追い詰めることが多くなっていた。

ふと目にしたABCニュース記者、マーサ・ラダッツ女史のインタビューより、
心に留めたい言葉があったので、備忘録。
「完璧を求めない」
「自分が成長すれば、家族も周囲も成長する」

肩の力を抜いて、流れに身を任せることで解決することもある。
周囲を思いやるためには、自分が成長することが必要だと。

やりたいことが膨らみすぎて、どこから手を付けようかと迷っている自分。
さて、今年は何から始めようか。

Star Woman


Morning of the weekend, I woke up with nature before the alarm clock rang.
I went to the yoga class in the early morning, and I sweat.
First snow was fallen at the outside of the window, and I re-recognized that
I was in the extreme cold of New York.

It’s every day in far away from home town.
I don't have any complaints about my environment that I have to work here
as a working mom.
But I had many worries the past few years.
If I had a little more help. If I had a little more time. . .
I had even more often become to hunt down my own, since in reality I have
been evaluated without my all ability.

The following is my note of the interview of ABC News reporter, Ms. Martha
Radatts.
I wrote down because there were some words that I wanted in mind.
"Don’t expect perfect."
"If I don’t grow, that’s not good for us."

There are something to be solved by leaving the own to flow, with unplug
the power of the shoulder.
In order to care for surrounding, it is necessary that I grow.

I might lose my way since I have too much things that I want to do.
Well, from what I will start this year ?


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
あまり知っている人はいないと思うけれど、
ミッドタウン59丁目通りに、目の不自由な人のためのライトハウス本部がある。
ふと見過ごしてしまうほど、何の変哲もない建物だけれど、
ここに娘を通わせたいと、足しげく通い詰めたことを思い出す。

私の胸キュンスポットのひとつ。

LIGHTHOUSE


Though I do not think the people know where it is,
There is The LIGHTHOUSE headquarters for visual impairment on 59th Street in Midtown.
It's a nondescript building that is enough to overlook.
But I remember that I came here many times I wanted to send my daughter here.

Here is one of my special place that reminds me loneliness and nostalgia.

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
10年近く続けているホットヨガの効果か、普段は少ない睡眠時間でも元気に活動できる。
しかし室内外の温度差が大きいこの時期、ちょっと疲れがたまると必ずやってくるヤツがいる。
その名は、サイナス。

初めは歯が痛くて眠れなかった。
歯医者に行っても、虫歯もないと言われ、疲労性神経痛の疑いと診断される。
そのうち鼻の奥から脳天に突き抜けるような鈍痛にかわり、何も集中できなくなる。

這うようにして別の医者に行くと、サイナスとの診断。
10日間分の抗生物質を処方され、ようやく苦痛から解放されるのが数日後。

機内で風邪の症状が悪化して、時差ボケで体内時計が狂い、またサイナスにやられてしまった。
副鼻腔炎、、、季節柄、皆さんもどうぞ御自愛ください。

IMG_5113


It might be the effect of hot yoga that continued for 10 years, I can work
vigorously even less sleep time usually.
However, this time that the temperature difference between indoor and
outdoor is large, there are is a guy that always coming when I build up a
little fatigue.
Its name is the "sinus."

I could not sleep since I felt my tooth hurts at first.
I visited the dentist, and there was no tooth decay, and I was diagnosed
with suspected fatigue neuralgia.
The dull ache from the back of nose changed to penetrate brains, it was
impossible for me to concentrate anything.

After I went to another doctor inevitably, the doctor gave me a diagnosis
of sinus.
I had been prescribed antibiotics for 10 days, it was to be released from
pain at last after a few days.

My cold had got worse on the board and my body clock also was confused
in the jet lag, and finally I have got the sinus again.
I hate the sinusitis.
To everyone, please take care of yourself in the cold season.


Next
danpatsu-1


柄にも似合わず、このところずっと髪を伸ばしていた。
乾かすのも面倒だし、洋服も似合わなくなって、何度も何度も挫折しそうになった。
自分が出来ることはこれぐらいしかないけれど、あの子達の笑顔が忘れられない。

小児癌で髪の毛を失った子供達に。

今、自分が出来ることをやる
年の瀬に、目標のひとつを何とか達成できたかな。

danpatsu-4


I had been keeping my long hair, even though it had not matched my
character.
To dry was hassle, and even clothes no longer suit to me, again and
again I had been almost frustrated.
That was only thing that I could be, but I could not forget the smile of
the children.

To children who lost hair in childhood cancer.

Now, I do that I can be.
At the close of a year, I could somehow achieve one of the goals in 2013.

danpatsu-2
Next
DSC04956


いつかゆっくり観てみたいと思っていた映画「Dolphin Tale」のDVDを入手した。
傷ついたイルカとそれを救った少年が奇跡を起こす、実話に基づくストーリー。

蟹わなに引っかかったイルカ「ウィンター」を助けた11歳の引きこもり気味の少年。
施設に引き取られたウィンターは尾ひれを失ったが、少年と次第に心を交流させていく。
ウィンターを救いたい一心で、人工尾ひれの開発に周囲の人々を動かし、兵役で脚に障害を負った主人公の従兄(かつてのオリンピック候補生)を絶望から救っていく。
自分の殻を打ち破った少年は、最後は経営危機に瀕した水族館を救うという奇跡を起こす。

普通に考えれば絶対に起きそうにないことを、人は奇跡と呼ぶ。
でもそれは宇宙レベルの不可能なことではなく、強く思い願うことで実現する。
奇跡は起きるから奇跡であって、絶対に無理だと諦めている人にそれは起こらない。
そんなことを改めて教えてくれた、素晴らしい作品であった。

人工尾ひれに使われた素材は、現在人間の義肢にも転用され、実在のウィンターは今でも元気な姿がネットで公開されている。
こんなに良質の作品が日本未公開というのは残念でならない。

思えば叶う。
でも、そのためには具体的に動くことが肝心。
その行動力こそが、周囲を動かし、奇跡を起こすのだ。
ぶれない心で、私も生きていこう。

DSC04957

DSC04959


I got the DVD of "Dolphin Tale" movie that I thought I wanted to watch it
sometime in my spare time.
It was a miracle story based on a true story that a boy saved a injured
dolphin.

11-year-old boy, who had a little problem in his heart, saved the dolphin
"Winter" which was caught in a crab trap.
Winter, which lost the tail fin, had been taken over by the facility, it will
continue to gradually alternating boy and mind.
The boy moved people around in the development of an artificial fin, since
he wanted to save Winter strongly.
Also, he gave a hope from despair to his cousin, a former Olympic candidate,
who suffered a failure to his leg in military service.
Finally, the last miracle of saving the aquarium that was on the verge of
financial crisis, was happened because the boy changed himself.

People call a "miracle", that it is not likely to happen if you think absolutely
normally.
But it is not impossible levels of the universe, and it might be achieved if
we hope and think it strongly.
A miracle is a "miracle" because it happens.
It does not happen to people who are absolutely impossible and give it up.
It was a great piece that taught me to do that again.

The materials used in an artificial tail fin, have diverted to current human
prosthetics.
Winter, a real energetic figure, has been published on the Internet today.
We miss the work of good quality that unpublished in Japan.

I believe it comes true if I think it strongly.
To do so, to move actually is the essential.
Only the ability to take action could move around, bring a miracle.
I will try to continue to live with the strong mind that does not shake.

DSC04949



Next