写真 2017-12-27 12 26 33


航空会社での乗務新人訓練時、「カスタムス」という授業があった。
世界中の国々に出入国する際の、様々な法規について学ぶものだった。

米国の入国審査では「First Port of Entry」が原則。
最初に入国する土地で、イミグレーション審査を受ける。
最終目的地で受けるつもりでいると、乗り継ぎ時間が間に合わない。

メキシコからの帰り道。
シャーロット空港(ノースカロライナ州)での乗り継ぎが1時間しかなかった。
受託荷物もピックアップして、税関審査を受けなくてはならない。
国内線ターミナルへ移動したら、少なくとも2時間はかかるだろう。

きっと間に合わない。
前途多難な気持ちで朝早く空港に向かったら、
予定していた飛行機が遅延しているからと、
別の直行便に振り替えてくれた。

おかげで何のトラブルもなく、昼前には自宅に到着。
新年早々、素敵な取り計いに恵まれた。
今年はきっと幸先が良い。

写真 2018-01-07 19 30 56


When you train newcomers at airline companies, there was a lesson called "customs".
We learned about various laws and regulations when entering and leaving countries
all over the world.

In the US immigration review, "First Port of Entry" is the principle.
We will get immigration judgment on land we enter first.
When you are planning to receive it at the final destination same as Japan,
the transit time will not be in time.

On the way, back from Mexico.
There was only one hour connection at Charlotte Airport (North Carolina State).
We also have to pick up consignment luggage and get a customs review.
With moving to a domestic terminal will take at least two hours.

I was sure we missed the connection flight.
Anyway, we headed to the airport early in the morning.
Because the planned airplane was delayed,
we were transferred to another direct flight.

Thanks to that happened, we arrived at our apartment before noon with no trouble.
Early in the new year, I was blessed with wonderful work.
Hope this year is surely auspicious.

16



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-30 16 29 56

写真 2017-12-30 16 30 16

写真 2017-12-30 16 32 55


世界中のどこでも、同じブランドショップが立ち並ぶ時代だからこそ、
その土地にしかないお店を探すのが楽しい。

スペイン語の交流にオドオドしつつも、
少し強気で値引き交渉するのも慣れたもの。

こんなにも太陽が似合う国には、
こんなにも陽気な人々が集う。

オンボロのローカルバスに揺られていたら、
そろそろ都会の空気が恋しくなってきた。

写真 2017-12-29 11 11 20

写真 2017-12-29 11 11 43


Because it is an era where the same brand shops stand on everywhere in the world,
It is fun to look for shops that only exist in that land.

While I was nervous to Spanish exchanges,
I tried to negotiating discount negotiations with a bullishness.

To the country where the sun suits so much,
such a cheerful people gather.

During I was shaken in the old local bus,
I thought it was time for me to miss the urban air.

写真 2017-12-29 11 15 14

写真 2017-12-29 11 28 29

写真 2017-12-29 11 12 19



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-30 16 24 19



Next
写真 2017-12-28 10 45 27

写真 2017-12-28 10 21 43


カンクンの日の出は遅い。
明るくなる前から、ラケットを持ってスタンバイ。
朝食前にテニスコートで一汗かく。

太陽が高くなるまで、ずっとプールで泳ぐ。
いつのまにか、水球ゲームに参加している。
スペイン語が飛び交う中で、必死にボールを追う。

空を飛びたくなったら、ジェットスキーで沖までくり出す。
パラセーリングに乗って、自分のちっぽけさを知る。

ビーチに戻ったら、サッカーとバレーボール。
永遠に日が暮れなければ良いのにと願う。

こんな1日が、永遠にあると思っていた子供の頃。
夜が来るのが、嫌だった。

みんな、誰だって、子供という時代を生きてきた。

写真 2017-12-30 13 39 53 (1)

写真 2017-12-30 13 40 03


Sunrise of Cancun is little behind from New York.
Before it got bright, they took a racket and was on standby.
They sweat in the tennis court before breakfast.

They swam in the pool forever until the sun was very high.
In the meantime, they were participating in a water ball game.
In the midst of Spanish language, they desperately followed the ball.

Since they wanted to fly in the sky, we went out to Offshore by jet ski.
We flew with the parasailing and got to know how small we were in the world.

Returning to the beach, they enjoyed playing football and volleyball.
We wish that it would be long day forever.

When I was a child I thought that such a day would exist forever.
I did not like the night coming.

Everyone, everyone has lived a childhood.

写真 2017-12-28 16 23 32

写真 2017-12-28 11 10 53




海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-30 13 36 52 (1)

写真 2017-12-30 13 37 15 (1)

写真 2017-12-30 13 37 36


Next
お店のスタッフが、霧吹きで足を丁寧に拭いてくれる。
あとは、両足を水槽の中に入れるだけ。

コイ科の魚、ガラ・ルファ。通称ドクターフィッシュ。
人間の足の角質をついばむ、ドイツ生まれの淡水魚。

クレオパトラも愛したと言われる伝統的療法で、
ドイツやトルコでは、アトピー性皮膚炎の治療にも使われる。

フィッシュスパは、アメリカでは禁止されているけれど、
歯のない魚なので、感染症の心配はないらしい。

時差と疲労でウトウトしている15分間で、
足はツルツル、むくみもスッキリ。

メキシコで、新しい楽しみを発見した。

写真 2017-12-30 16 53 58


The shop staff gently wiped my feet with a spray.
I just put both feet in the aquarium.

Fish of carp family, Gala Rufa. Known as Doctor Fish.
A freshwater fish born in Germany that picks up the horny quality of human foot.

It is a traditional therapy that is said to be loved by Cleopatra,
It is also used in the treatment of atopic dermatitis in Germany and Turkey.

Fish spa is prohibited in the United States,
Because it is a toothless fish, there seems to be no worry about infection.

After 15 minutes that I was taking nap with time difference and fatigue,
My feet got smoothly, swelling was refreshing, too.

I found new fun in Mexico.

写真 2017-12-30 17 20 03



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-29 17 19 07

写真 2017-12-29 16 10 50

写真 2017-12-29 15 49 28


とあるセールスに(意図的に)引っかかり、
代わりに150ドルの観光チケットを10ドルでゲット。

1988年に世界遺産に登録された「チチェン・イッッア」。
マヤ文明の中心地を一目見てみたくて、観光バスに乗り込んだ。

朝8時半にカンクンを出発。
途中、セノーテ(聖なる泉)と土産屋に立ち寄り、
ようやく現地に着いたのは、日も傾き始めた昼下がり。

強烈な直射日光が降り注ぐ大荒野に、
「カスティーヨ」と呼ばれるピラミッドがそびえ立つ。
マヤの最高神ククルカン(羽毛のある蛇)が祀られている。

ピラミッド4面の階段の合計は364段。
最上段の神殿を足すと365段。まさに暦のピラミッド。

神殿、球戯場、天文台など、見どころがいっぱい。
ユカタン半島の最東端、1日がかりのツアー。
完全なる日焼け防止対策をして、お出かけください。

56

02

03

52

22


I was caught (intentionally) by a hotel sales,
Instead got a $ 150 sightseeing ticket for $ 10.

"Chichen Itza" has registered as a World Heritage Site in 1988.
I wanted to see the center of Mayan civilization at a glance and got on
a sightseeing bus.

We left Cancun at 8:30 in the morning.
On the way, I stopped by Cenote (Sacred Water Table) and a gift shop,
Finally arrived at the afternoon when the day began to tilt.

In the great wilderness where intense direct sunlight falls,
The pyramid called "Castillo" has been built.
Maya 's supreme god Kukurukan (serpent with feathers) is enshrined.

The total of the stairs on the 4 pyramids is 364 levels.
Temple of the top row plus 365 steps. It' s just a calendar pyramid.

There are plenty of places of interest such as Temple of the Warriors,
Great Ball Court, Observatory Temple.
It was one day tour to the eastern end of the Yucatan Peninsula.
Please go out taking measures to prevent complete sunburn.

17

58

30



海外永住 ブログランキングへ "

44

48

23

25
Next
40


かつて、バンクーバー経由メキシコシティー行きというJAL便があった。
「バン-メキ」か「LA-サンパウロ」のスケジュールが入ると、
一気に暗い気持ちになった。
日本を出て帰ってくるまで、10日から2週間。
環境汚染と治安の悪さで、ステイ先でもホテルに軟禁状態。
メキシコもサンパウロも、あまり良い思い出がなかった。

メキシコへ飛んだのは、20年ぶりぐらいだろうか。
ユカタン半島の先端、カンクンへ降り立った。
1970年代以降に開発されたリゾート地と聞くと、
ほぼ私と同世代だと、なぜか親近感を感じる。

海の青さは格別だった。
メキシコ政府による開発規制が行われているため、
どこか垢抜けない感じがまた心地良い。

朝7時過ぎ、遅い日の出を眺めながら、
当たり前のように朝がやってくることに感謝する。

ここも同じ空の下。

37

08


There used to be a JAL flight to Mexico City via Vancouver.
When "VAN(Vancouver - MEX(Mexico City)" or "LAX(Los Angeles) - SAO(Sao Paulo)"
schedule enters, I got sad mood at once.
The schedule was from ten days to two weeks total.
Due to environmental pollution and poor security, even at the stay,
we were in a state of emergency in the hotel.
For both Mexico and Sao Paulo, I did not have very good memories.

I wonder if I flew to Mexico for the first time in 20 years.
I got off to the tip of the Yucatan Peninsula, Cancun.
When I heard that it was a resort area developed after the 1970s,
It is almost like my generation, I feel a sense of affinity for some reason.

The sea was exceptional blue.
As development regulations are being implemented by the Mexican government,
I feel comfortable to feel somewhere classic.

Seven in the morning, watching the late sunrise,
I appreciate the morning coming as usual.

Here also under the same sky.

45



海外永住 ブログランキングへ "

57
Next
写真 2017-08-28 6 26 11


マジックアワーにうっとりする夕焼け空はもちろんだけれど、
東の空から太陽が昇る瞬間が好き。

どんなに泣いていても、明けない夜はない。

「日出ずる国」を恋しく思いながら、
明日からの英気を、ここでたっぷり養おう。

44

51


Not to mention the sunset sky blessed with magic hour,
I like the moment when the sun rises from the eastern sky.

No matter how much I cry, the morning comes again.

The sun rise in Niagara reminded me "The Land of the Rising Sun".
Let me nourish tomorrow's spirit here.

写真 2017-08-28 6 42 13

写真 2017-08-28 6 45 56


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-26 18 07 25

写真 2017-08-26 18 07 51


前職を休職してニューヨークに留学していた頃、
同期が休みを取って、私の陣中見舞いに来てくれた。
同期20人のうち5人が海外で同じ場所にいることは稀有なことで、
貴重な年休を使ってまで、集まってくれた優しさが身に沁みた。
厳しい学生生活で心が乾き、弱気になっていた私に、
彼女達はたくさんの癒しと安らぎをもたらしてくれた。

短い滞在期間に、皆でナイアガラの滝に行った。
早朝にニューヨークを出発して、深夜に帰宅する強行日帰りコース。
滝壺まで行くフェリーに乗って、水しぶきをかぶりながら、
自然の偉大さと、自分の小ささを再認識。

15年以上の時を経て、また同じ場所に立つ。
今回は陸路で行ったから、地理的な位置関係もよく分かる。
相変わらず偉大な滝を、少し上から俯瞰して見ることで、
自分のたどってきた道を、振り返った気がした。

かけがえのない自然、かけがえのない人間の心。
すべてが永遠で絶対ではないからこそ、今を大事に生きよう。

写真 2017-08-27 9 43 08

写真 2017-08-27 9 34 01

写真 2017-08-27 9 42 13

写真 2017-08-27 9 38 44


When I studied abroad in New York,
My co-workers took vacations and came to visit my apartment.
It was very rare that five out of 20 class-mates were in the same place abroad.
They used valuable annual holidays, their gentleness was so grazed.
To me who was weak because my heart was dry in a tough student life,
They brought lots of healing and peace.

During a short stay, we went to Niagara Falls.
It was a day-long hard trip, we left from New York early in the morning and
returned home late at night.
While on a ferry going to the waterfall, wearing a splash of water,
I recognized the greatness of nature and my smallness.

After more than 15 years, I stood in the same place again.
This time we went on the road, so I knew the geographical positional relationship well.
By looking at the great waterfall from a little overhead,
I felt that I turned back on the way that I came.

The nature is the irreplaceable and the human heart is irreplaceable too.
Since everything is not the eternal and absolute, we live carefully now.

写真 2017-08-26 18 06 45

写真 2017-08-27 10 13 44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-26 18 49 25
Next
写真 2017-08-26 16 25 21


まっすぐに、まっすぐに、道が続いている。
カナダ国境まで、もう少し。

写真 2017-08-26 16 58 38


We are heading to the North-northwest.
The road is going straight, straight.
A little more to the Canadian border.

写真 2017-08-26 17 00 22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
午前8時前。
ホテルのダイニングで食事を取る時に、友人が来てくれたり、
そのまま仕事の打ち合わせをしたりする。

レインボーブリッジを眺めながら、深呼吸をする。
朝から蜃気楼のように揺らめく景色に、今日の酷暑を予感する。

写真 2017-08-06 23 56 11


Before 8 AM.
When we eat at the hotel dining, my friends join there,
or we have arrangements for work.

I take a deep breath while looking at the Rainbow Bridge.
In the scenery that shakes like a mirage from the morning, I guess the hot weather today.

写真 2017-08-05 23 14 23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-30 12 56 36


時折、霧雨が降るなか、森林浴を楽しむ。

緩やかな勾配の続く山道を、
大好きな曲を口ずさみながら漕ぐ心地よさ。

憧れの人の背中を追いかけていく人生模様と重なる。

いつも少し先を行く人が素敵だから、
いつも少し先を目指そうと思う。

心のリフレッシュを終えて、日常に戻る。

写真 2017-07-30 12 31 09


Sometimes, while drizzle falls, we enjoyed forest bathing.

On the mountain trail that continues with a gradual slope,
it was fun to row the pedal while singing my favorite songs.

It overlaps with the life pattern that chases the back of a longing person.

Since my friends who always go ahead are very nice,
I will always aim to move forward.

After refreshing my mind, I will return to my daily lives.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


Next
写真 2017-07-31 10 56 46


週末、友人のセカンドハウスを訪れた。
生憎のお天気だったけれど、雨に濡れた緑の美しさが目に焼きつく。

平日は都内で忙しく働いて、
週末になるとここでリフレッシュするという。

お気に入りのアートと食事と緑に囲まれる生活。
そんな暮らしができる日を妄想してみる。

写真 2017-08-04 7 51 06


On the weekend, I visited my friend 's second house.
It was a bad weather, but the beauty of the green wet by the rain
is burned to the eye.

They are working busy in Tokyo on weekdays,
and refresh here at the weekend.

Life surrounded by my favorite art, meals and greenery.
I try to deliberate the day when I can live like that.

写真 2017-07-30 22 24 01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-31 9 35 26
Next
写真 2017-07-30 9 12 44


ハワイで滝に魅せられた画家が、
ひたすらその表現方法を求め続けた。

絵の具を上から流し込むというアイディアもさることながら、
太陽の射す時間によって、その光と影を追求し続けるこだわりが、
印象派クロード・モネの流れに重なる。

四季折々の自然に囲まれた設計。
非日常的な建築と、幻想的な作品との癒合。

贅沢な時間が流れていく。

写真 2017-07-30 11 04 57


A painter fascinated by a waterfall in Hawaii,
he just kept asking for that expression method.

While advancing the idea of pouring paint from above,
Due to the sun shining time, the commitment to keep pursuing that light
and shadow,
It overlaps with the flow of Impressionist Claude Monet.

The museum was designed on the condition that it should be surrounded
by nature every season.
It is collaboration with unusual architecture and fantastic art works.

Luxurious time flows there.

写真 2017-07-30 11 03 43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-30 10 16 35
Next
写真 2017-07-30 9 10 56


かつて、亡き叔父の会社の保養所が軽井沢にあって、
夏休みはいつもそこで過ごしていた。

美味しい外食店はほとんどなかったから、
東京から食料を買って行き、別荘で自炊をするのが普通だった。

あの頃、東京の老舗パン屋さん浅野屋が、
夏季に限って軽井沢で出張営業をしていた。

時を経て、久しぶりにそこを訪れた。
舌の記憶はそこまで確かでないけれど、
幼い頃の夏休みの記憶が蘇ってきた。

写真 2017-07-30 9 21 46


In the past, a resort facility of a deceased uncle's company was in Karuizawa,
We were always there on summer vacation.

Because there were hardly delicious eateries,
we usually bought food from Tokyo and cooked in the villa.

At that time, a long-established bakery shop Asano-ya shop in Tokyo,
they had pop-up store in Karuizawa for the summer only.

Over time, I visited there for the first time in a while.
Although the memory of the tongue is not certain to that extent,
Memory of summer vacation when I was young was revived.

写真 2017-07-30 8 57 45 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-30 9 12 35
Next
写真 2017-07-26 11 53 58


本当に、この砂浜には何もない。
丘の上の宿から、その日の海が全部見える。

たった数日の休日なのに、
もうずっとそこにいた気がする。

さて、そろそろ現実に帰ろう。

写真 2017-07-26 12 09 35


Truly, there is nothing on this sandy beach.
From the inn on the hill, we can see the whole sea of the day.

Although it was only a few days off,
I felt I had been there forever.

Well, I should go back to reality soon.

写真 2017-07-25 16 26 32


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-25 16 21 48


Next
写真 2017-07-26 16 52 44


沖縄といえば海だが、実は川の美しさも魅力。
沖縄本島大宜見村の平南川(ヘなんがわ)では、リバートレッキングを楽しめる。

亜熱帯の照葉樹林が生い茂るやんばる(山原)のなか、
河原石をまたぎ、時に腰まで水に浸かりながら渓流を登っていく。
30分ほどのミニアドベンチャーの終点では、
明るい日差しが差し込む滝壺が待っている。

美しい二本の滝からの落水に打たれると、
気温34度の世界とは別の光景が見えてくる。
まさにパワースポットの神秘。

写真 2017-07-26 16 09 12


Speaking of Okinawa is a sea, but in reality, the beauty of the river is also attractive.
We can enjoy river trekking at Henan-River in Ohgimi village of Okinawa main island.

Among Yanbaru where the subtropical lucid leaf forest grows,
We straddled the river rock and sometimes climbed the mountain stream while
immersing in water to waist.
At the end of the mini adventure in about 30 minutes,
The basin of waterfall filled with bright sunlight is waiting.

When I was struck by falling water from two beautiful waterfalls,
A sight different from the world with a temperature of 34 degrees came into view.
It was the mystery of the power spot.

写真 2017-07-26 16 09 07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-26 16 19 59

写真 2017-07-26 16 21 43


Next
写真 2017-07-26 19 03 34


西の空に沈む、世にも美しいサンセットを見届けた後に
夕涼みのパーティーが始まる。

ビーチハウスのお手伝いをする息子たちに、
確たる成長を感じながら、
夜空に輝く星たちと、真っ暗闇の向こうにある海を、
全身で受け止める。

地球も自然も偉大過ぎて、
とても我々の手にはおさまらない。

写真 2017-07-26 19 09 00


After seeing the beautiful sunset that was sunk in the west sky,
the evening cool party started.

I felt certain growth of my sons who helped the beach house.
With the stars shining in the night sky, the sea beyond the darkest darkness,
I accepted it with whole body.

Earth and nature are too great,
It does not endure very well in our hands.

写真 2017-07-26 20 48 12

写真 2017-07-28 10 59 22 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-28 11 30 10


幼少の頃に食べた沖縄の味は、
お世辞にも美味しいという思いは持てなかった。

今は沖縄の味に会いたくて、
毎年せっせと働いて、旅行資金を貯める。

のんびりと、ただ時間を見つめる。
こんな時間こそが、たまらなく愛おしい。

写真 2017-07-25 8 01 25

写真 2017-07-26 8 06 33

写真 2017-07-27 8 06 19 (1)


The taste of Okinawa that I ate when I was young,
I could not have thought that was delicious.

Now I want to taste of Okinawa food,
So, I work hard every year to save travel funding.

Just relax, I just stare at time.
Such a time is so loveable.

写真 2017-07-28 11 31 09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-25 5 48 13


この夜明けを見たくて、毎年ここにやってくる。
1年前と比べて、寸分違わずそこにある存在と、
いつの間にか、そこから離れていった存在と。

その舞台が世界のどこであろうとも、
人として誠意ある存在でありたいと思う。

OFFICE BEAD INC.設立15年。
無事に16期目のスタートを切れたことに、感謝をこめて。

写真 2017-07-25 5 58 29


Since I want to see this dawn, I come here every year.
Compared to one year ago, there are people with no difference
in existence there.
There also are some people who left away.

Whatever the stage is in the world,
I want to be a sincerity presence as a person.

OFFICE BEAD INC. has founded for 15 years.
Thank you for having successfully started the 16th term.

写真 2017-07-25 6 01 44 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-26 6 10 42
Next
写真 2017-07-25 10 26 03


沖縄県本部(もとぶ)町の近く、渡久地(とぐち)港から高速船で15分。
限りなく透明度の高い浅瀬に囲まれた水納島。

人口わずか40人に対して、訪れる観光客は年間6万人。
それほど多くの人が、美しい海と白い砂浜を求めてやってくる。

こんな所の暮らしもあるのだということが、
島国日本の奥深さを教えてくれる。

写真 2017-07-25 13 49 27


It is near the town of Motobu in Okinawa, 15 minutes by speedboat from the port of Toguchi.
Minna-jima surrounded by shallow water with limitless transparency.

For a population of only 40 people, there are 60,000 visitors a year.
So many people come seeking beautiful seas and white sand beaches.

The fact that there are living in such places,
It teaches the real life of the island country Japan.

写真 2017-07-25 13 37 12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-25 12 30 58

写真 2017-07-25 12 32 33
Next
写真 2017-07-24 10 23 29


毎年同じ場所を訪れる。
馴染みの御夫婦が、馴染みの笑顔で迎えてくれる。
たどってきた1年を振り返るための、儀式。

写真 2017-07-24 13 16 33


We visit the same place every year.
A familiar couple greets us with familiar smile.
It is a ceremony to look back on the year that we came.

写真 2017-07-24 13 35 07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-26 6 11 25
Next
実家付近から、都心に移動して、
ようやく自分の用事をこなす時間を捻出している。

さて、今週は地方巡業。
日本各地で、どれほどの出会いが待っているのだろう。
これから出会ってくれる人たちに、今から感謝を伝えたい。

写真 2017-07-24 8 31 03


From near my parents’ house, I moved to the city center,
I finally have time to do my errands.

Well, this week is a regional tour.
How many encounters are waiting in all over Japan?
I would like to express my gratitude to the people who will meet from now.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-23 15 20 16


ふとロマンスカーに乗ることになった。
いつもの通勤で使う経路でも、特急券を一枚買い足すだけで、
非日常の時間を味わえる贅沢。

定時発着が当たり前の日本の鉄道に揺られながら、
人の誠意について、何度も想う。

写真 2017-07-23 15 21 53


We suddenly got an opportunity to get Odakyu Romance car.
Even with the usual way to use for commuting,
we can taste unusual luxury time, just buying a limited express ticket.

It is rare in the world that the regular arrival and departure are normal
in Japanese railroads.
I thought about the sincerity of people many times

写真 2017-07-23 15 28 30


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
実家から決して近いわけでもないけれど、
従姉妹や姉が通った小中学校がこの近くだったから、
何かのイベントがあるとここへやってきた。

大人に混ざって、お花見の場所取りをしたり、
周囲に盛り上げられて、突然お月見歌合戦に出場したり。

記憶の断片をかき集めると、
私はいつも周囲を喜ばせることばかり考えていた。
きっと、子供らしくない子供だったのかもしれない。

子供らしくない子供が大人になってしまった。
大人はどうやって遊ぶのか、教えて欲しい。

写真 2017-07-12 17 00 26


Although it is never close from my parents' home,
Elementary and junior high school which my cousins and elder sister got
through were near here.
We came here when there was an event of something.

We were asked to keep the seats for cherry-blossom viewing,
and put to suddenly participate at the talent show in the park.

When gathering pieces of memory,
I was always thinking about pleasing the surroundings.
Perhaps it was a child not like a child.

A child not like a child has become an adult.
I want to know how to play as an adult.

写真 2017-07-12 17 00 17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
06


旅の一番の目的は、ここだった。
ずっと誰かしら仲間がいて、決して一人でやってきたわけではないけれど、
いざという時に、たった一人でいることがしんどくなった。

同じ想いを分け合っていける人が、なかなか見つからなくても、
貴方が必要だと言ってくれる人と、やっていきたいと思い続けていた。

大自然の中で深呼吸していたら、たくさんの奇跡が起こり始めた。
でも奇跡じゃなくて、それが自然の流れなのかもしれない。

道標があることが、どれほど幸せなことか、噛み締めている。
光のある方向に歩いて行くのは、そんなに難しいことじゃない。

47


The primary purpose of the trip was here.
I have been with someone for a long time and have never been alone.
But it was painful to be alone when I needed the fellow.

Even if people who can share the same feelings are hard to find,
I kept thinking of wanting to do with someone who needed me.

If I took a deep breath in the great nature, a lot of miracles have started to happen.
But it was not a miracle, it may be the flow of nature.

I am feeling how happy it is to have a signpost.
Walking in the direction of light is not that difficult.

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ




Next
22

53


レッドロックと呼ばれる一枚岩に囲まれた、小さな街。
ネイティブアメリカンの聖地には、たくさんのトレイルが散在する。

山も川も植物も、すべてがボルテックス(渦巻き)状に広がり、
そのパワーを受け取るために、たくさんの人々が、そこを訪れる。

見た目以上に険しい赤岩のトレイルを登って行くと、
いろんな場所で、ふと立ち止まって、深い呼吸をしたくなる。
ピンポイントではなくて、土地全体がパワースポットなのだ。

ディズニーランドの「ビッグサンダーマウンテン」を思い出しながら、
世界の中心で愛を叫びたくなった。

53

17


It is a small town surrounded by called red rock.
A lot of trails are scattered in the native American sanctuary.

All of the mountains, rivers and plants spread in a vortex shape,
A lot of people visit there to receive that power.

As I climbed the red rock trail which was more rugged than it looked,
In various places, I stopped suddenly and I felt to want to breathe deeply.
Not the pinpoint, the whole land was the power spot.

While remembering Disneyland's "Big Thunder Mountain"
I wanted to cry love at the center of the world.

21

51


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

58

Next
29


地上200フィート(60メートル)の岩壁の上にそびえ立つ教会。
建物を貫く十字架は、赤岩に混じり合い、神秘的な空間を作り出している。

薄暗い礼拝堂には、厳かな空気と穏やかな光が融合し、
ここが天と地の出会う場所だということを感じずにはいられない。

取り囲む山頂を見上げると、すべてが神の顔に見えてくる。
大自然はどこまでも雄大で、どこまでも神々しい。

38


The church rising above rock walls 200 feet (60 meters) above the ground.
The cross that penetrates the building mixes with Red Rock, creating a mysterious space.

Inside the dark chapel, rigorous air and gentle light merge,
I definitely feel that here is the place where the heavens and the earth meet.

Looking up at the surrounding mountaintop, everything is visible to the face of God.
Great nature is majestic everywhere, it is divine as far as anywhere.

20

13

46


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

01

Next
49

24

38


初めてそこに行ったのは、19歳の時だった。
西海岸の留学生、なけなしのお金でツアーに行った。
ホームステイ先のママが持たせてくれたランチパックには、
食パンにチーズを挟んだだけのシンプルなサンドイッチと、
ヨーグルトが1つ、申し訳なさそうに並べられていた。

7人乗りの小さなセスナ機で、渓谷を上から眺めた。
体重別に座席を決められて、尾翼前の席は本当によく揺れた。
強風に煽られて機体は左右に傾き、
身体の大きな同級生が青白い顔をして前に座っていた。
アメリカ大陸が壮大すぎて、自分の居場所が見つけられなかった。
きっと大人が仕組んだ社会を、まだ理解できていなかった。

四半世紀ぶりの冒険は、フェニックスから陸路で進んだ。
前日までの曇り空が嘘のように、スカッと晴れた空が心地良い。
目の前に広がる渓谷は、とてつもなく大きな絵画のように映った。
トレイルをひたすら歩いても、景色は永遠に続くようで、
全長300マイル(446km)の巨大さを痛感した。

太陽の傾きで色移りゆく地層の美しさ。
巨大なシーンを作り上げた自然の威力。
人間は、たくさんのギフトをこの地球からもらっている。
この地球に恩返しできる人が、きっと生き残っていくのだろう。

44


I was 19 years old when I went there for the first time.
I was an international student at the west coast, I went on a tour with
little money.
For the lunch pack that my mother of a homestay made for me,
Simple sandwiches with cheese between bread,
There was one yoghurt lined up as if to be apologetic.

I watched the canyon from the top with a small Cessna aircraft of seven
passengers.
The seat was decided by weight, the seat in front of the tail shook really well.
The aircraft was tilted to the left and right,
A classmate with a big body was sitting in front with a pale face.
The America was too spectacular and I could not find my whereabouts.
I could not understand the society that adults had organized.

The adventure for the first time in quarter of a century, we advanced on the road
from Phoenix.
The cloudy sky up to the previous day was like a lie, the sunny sky was comfortable.
The canyon spreading in front of me was like a tremendously large painting.
Even if we walked on the trail, the scenery seemed to last forever,
I felt a huge 300 miles (446km) in length.

The beauty of the stratum which color shifts due to the inclination of the sun.
The power of nature that created a huge scene.
We get a lot of gifts from this earth.
People who can repay this earth may surely survive.

34

26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

05

09

Next
34

41


およそ49,500年前に、巨大な隕石が地球の平原に落下した。
100フィート近い巨大な塊が、時速約43,000マイル(69,000km/h)で衝突し、
巨大なクレーターが生成された。

深さ560フィート(170メートル)、直径4,100フィート(1,300メートル)、
側壁円周3マイル(4.8キロメートル)。

ニューヨークからロサンゼルスまで5分で行けるスピードで落下したというが、
地球にたどり着くまでは、何万光年という時間がかかっていたのだろう。

宇宙の領域の研究は、自分には遠い世界だと思っていたけれど、
この地に立つと、宇宙や生命の起源について、もっと探究したくなる。

57


About 49,500 years ago, a huge meteorite fell into the Earth 's plain.
Huge chunks close to 100 feet collided at about 43,000 miles per hour
(69,000 km / h), a huge crater was created.

Depth is 560 feet (170 meters), diameter is 4,100 feet (1,300 meters)
Sidewall circumference is 3 miles (4.8 kilometers).

Although it was said that it came at a speed which can go from New York to
Los Angeles in five minutes,
It might take tens of thousands of light years until it reached the earth.

Although I thought that the study of the area of the universe was a distant
world to me,
When I stood here, I wanted to explore more about the origins of the universe
and life.

09

37

50


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

06


Next
これまで御縁がないと思っていた土地に、突然訪れる機会がやってきた。
申し合わせたように出会った人達に、申し合わせたように背中を押された。

大地を踏みしめて、空に向かって深呼吸するだけでいい。
広い空を見上げると、自分のちっぽけさに愕然とするけれど、
それならせめて、自然のエネルギーにすべてを任せてみよう。

同じ空の下で、春の匂いが心に嬉しい。

16


I had the opportunity to visit suddenly the land I thought I had no edge there.
I was recommended to go there by some people whom I met with unexpected.

Just stand on the ground and breathe deeply into the sky.
Looking up at the wide sky, I am stunned by my smallness,
Let's leave everything to the energy of nature at least.

Under the same sky, the smell of spring is glad in my heart.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next