これまで御縁がないと思っていた土地に、突然訪れる機会がやってきた。
申し合わせたように出会った人達に、申し合わせたように背中を押された。

大地を踏みしめて、空に向かって深呼吸するだけでいい。
広い空を見上げると、自分のちっぽけさに愕然とするけれど、
それならせめて、自然のエネルギーにすべてを任せてみよう。

同じ空の下で、春の匂いが心に嬉しい。

16


I had the opportunity to visit suddenly the land I thought I had no edge there.
I was recommended to go there by some people whom I met with unexpected.

Just stand on the ground and breathe deeply into the sky.
Looking up at the wide sky, I am stunned by my smallness,
Let's leave everything to the energy of nature at least.

Under the same sky, the smell of spring is glad in my heart.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
27


母方の祖母は、佐賀県出身。
鍋島藩の御典医として、地元で有名な病院の経営者だった曾祖父母が、
流行り病で他界して、病院は廃業。
七人の兄妹はそれぞれ養子に出されて、一家は離散する。
鹿児島の養父母に引き取られた祖母が無事に成人して、
我が家の歴史が続く。

佐賀県をきちんと訪れたのは初めてで、なぜか少し緊張した。
我が家のルーツがここにあると思うと、不思議な感がする。
長崎とヨーロッパをつなぐセラミックロード(陶磁器の道)の拠点、
伊万里の港に先祖の想いを馳せる。

きっと何かの御縁に導かれている。
ここから発進する新しい風に、期待が膨らむ。

04


My maternal grandmother is from Saga prefecture.
My great-grandfather and mother were the owners of a famous local hospital
as doctors of the Nabeshima clan.
After they passed away, and the hospital was out of business.
Each of the seven siblings and sisters were adopted to step-parents and the family
was separated.
My grandmother was taken over by adoptive parents in Kagoshima, and became adult.
Then the history of our house continues.

It was my first visit to Saga Prefecture, and I was a bit nervous for some reason.
When I think that our roots were here, I felt strange.
The base of Ceramic Road (Porcelain Road) connecting Nagasaki and Europe,
I could feel the ancestor to the port of Imari.

Surely it was guided by the edge.
Hopes for new winds that start from here, will be expand.

44


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

21
Next
41

56


真珠湾攻撃から75年の節目。
オバマ大統領と安倍首相の慰霊訪問の時期と重なって、
午前7時前には、すでに2000人以上の長蛇の列が出来ており、
アリゾナ記念館にようやく入れたのが、午前11時30分だった。

日本語でなく、英語ガイドを選んだため、
通常日本人観光客が聞かないような内容もたくさんあったのだろう。
あまりにもアメリカ寄りの解釈に、複雑な思いを抱いた。

いまだに燃料が浮かぶアリゾナ号や、
退役したミズーリ号の窮屈な船内に、
国を守ることに、そのすべてを費やした人々の人生を想う。

真珠湾攻撃で2400名の尊い命が奪われて、太平洋戦争が勃発した。
911.米国同時多発テロでは3000人以上が犠牲になり、
湾岸戦争へと発展した。
確かに、理にかなっているかもしれない。

でも、戦争はどちらか一方に是非があるものではない。
歴史上の事実をもみ消すことなく、きちんと後世に伝えることを、
私達世代も怠ってはならないのだと。

東日本大震災で犠牲になられた15000人以上の命、
その重みはすべて一緒だということも。

滞在中のこの日だけ、雨が朝から一度もやまなかった。
たくさんの涙とともに、戦争で他界した祖父の無念さを想う。

07

16

58


It was the milestone of 75 years since Pearl Harbor attack.
Also, it was the time of President Obama and Prime Minister Abe 's memorial visit.
Before 7 am, there were already long rows of over 2000 people,
It was 11:30 am that we finally entered the Arizona Memorial.

Because we chose English guide, not Japanese,
There seemed to be many contents that Japanese tourists usually did not hear.
I felt a complex thought to the interpretation of the American side too.

The fuel was still floated above Arizona ship.
Inside the retired ship of Missouri was very cramped.
I thought about the lives of people who spent all that to defend the country.

The Pearl Harbor attack robbed 2400 precious lives and the Pacific War broke out.
911. More than 3,000 people were sacrificed in the terrorist attacks in the United States,
it developed into a Gulf war.
Certainly, it might make sense.

But, war does not have anything to do with either side.
Without gouging the historical facts, to convey to posterity neatly,
we should tell something as our generation.

More than 15,000 lives sacrificed by the Great East Japan Earthquake,
Even that weight is all together.

Only on this day of my stay, the rain never ceased from the morning.
Together with many tears, I was thinking about my unhappiness with my grandfather
who passed away in the war.

27

22

33

10

42

46

15


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

52

41

35

30

Next
07


JAL現役時代に、某TV局とのタイアップ番組のロケに駆り出された。
ハワイの魅力をたっぷり紹介するという年末特番で、
現役C/A4名と俳優3名、撮影の一週間ずっと共同生活を送った。

マリンスポーツやゴルフ場の紹介、そして空港案内の撮影など、
中身は盛りだくさん。
ハワイ島でイルカと遊ぶアクティビティーは、
イルカのご機嫌をも伺いながら、太陽待ちをした時間が懐かしい。

オアフ島のシーライフパークでも、そんな時間が楽しめる。
決して「野生の姿」ではないけれど、
動物達と戯れる機会は、稀少な経験。

07


When I worked for Japan Airlines, I was launched to a tie-up program with
a certain TV station.
At year-end special number of TV show that introduces plenty of Hawaiian
charm,
Four cabin crews and three actors had a joint life all week long for the movie
shooting.

Introduction of marine sports, golf course and airport guidance,
There were plenty of contents.
When we had experienced activities of playing with dolphins on Hawaii Island,
we waited for the sun while caring to the dolphin's mood.

We can enjoy such time even at Sea Life Park in Oahu.
Although it is not "wild figure" at all,
An opportunity to play with animals is a rare experience.

00


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

14
Next
47


高校時代に、運動部の仲間達とカーフェリーで旅に出かけた。
有明埠頭を出港して、翌朝に木更津に到着する道程。
出港後少ししてから、船酔いになり、地獄の思いを味わった。
身体を横にしたり、夜風に当たったり、何をしても無駄な抵抗で、
以来、私にとって船旅は天敵のようなものになった。

船釣りに出たのは、何十年ぶりだろう。
幼い頃に、父に連れられて行った記憶がある。
夏なのに寒くて、餌をつけるのも、半泣きだった。

静かに糸を垂らして、魚達との駆け引きを楽しむ。
海遊びの趣味を持つ経営者が多いのは、そこから「忍耐力」を
学ぶからだろう。

山間にかかる虹の橋にも、心を洗われた。

37

53


In high school, I went on a trip with club friends with a car ferry.
We left the Ariake Pier, and arrived at Kisarazu the following morning.
After a little, I became seasick, I felt the thought of hell.
With the body lying down, hitting the night wind, no matter what I did,
with useless resistance.
Since then, cruise has become like a natural enemy for me.

I went fishing for the first time in decades.
I have a memory that my father took me when I was young.
Although it was summer, it was cold, and fish feeding was also semi crying.

Quietly hung the yarn and enjoyed the bargain with the fish.
Many executives who have a hobby of playing in the sea, from there,
"perseverance" to be from learning.

My heart was washed also in the rainbow bridge over the mountain.

39


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

47
Next
37


生まれて初めて乗った飛行機は、ANAだった。
小学生になったばかりの時、父の実家のある伊丹空港から、
姉と二人きりで、羽田空港まで乗機した。
乗務員が、おもちゃをくれて、
一時間のフライト中、常に気遣ってくれた優しさを覚えている。

何十年もの月日が流れて、
生まれて初めて、ANAの国際線に乗った。
海岸線から見るダイアモンドヘッドの美しさを堪能しつつ、
次のミッションへと航路を急ぐ。

47


The first plane I got on was ANA.
When I was an elementary school student, from Itami airport where my father's
family home,
With my older sister, I got on board to Haneda Airport.
The cabin attendant gave me a toy,
I remember the gentleness who always cared about us during an hour flight.

Decades of time passed,
I took ANA international flights the first time.
While enjoying the beauty of the diamond head seen from the coastline,
I hurried up the route to the next mission.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
25

47

40

49


この時期のハワイは、例年雨が多く、気温も低め。
到底、海水浴日和とは言えない気候の中で、無理して海に入るよりも、
シーラインのドライブが心地よい。

地元のトローリーバスに乗り込み、のんびりと日中を過ごす。
目の前にあるのは、空と海と大地だけ。

何もないから、新しいアイディアが沸き起こる。
この時間が愛おしい。

雨上がりの空に、虹が希望を連れてきた。

29


Hawaii at winter season is rainy, the temperature is low.
Indeed, in a climate that cannot be said to be a day for sea bathing,
rather than forcibly entering the sea,
Sea line drive is much comfortable.

I got on the local trolley bus and spend the day and leisurely.
Only the sky, the sea and the land were in front of me.

Since there is nothing, new ideas rise.
I love this moment.

As the rain came up, the rainbow brought my hope.

05


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

07

10

32
Next
仕事も兼ねての滞在だったため、
大々的にアナウンスはしてこなかったけれど、
ちゃんと見つけ出してくれた友人が幾人かいて。

会いたいと伝えてくれる気持ちが、何よりも嬉しい。
だったら、自分から会いに行かなくちゃ。

03


Because I was staying with my work as well,
Although I did not announce it extensively,
Several friends found out me properly.

I was very glad the feeling of telling me that they wanted to see me.
Then, I have to go to see them from myself.

16


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
「世界一の朝食」が食せると人気のビルズ。
ここに来たら、必ず挨拶に立ち寄らなくてはと、
今回はあえてディナータイムに訪れた。

日差しの心地よい日中の店内とはまったく雰囲気が違い、
トーンダウンしたムーディーな空気が心地よい。

ディナーメニューも、どれも甲乙つけがたく、
たっぷりビル・グレンジャーの世界を堪能した。

滞在中、きっと何度も通うことだろう。

07


The "bills" restaurant is very popular that you can eat "the best breakfast
in the world".
Every time we come here, we are sure to stop by a greeting,
We visited on a dinner time this time.

Atmosphere is completely different between night time and day time.
We have comfortable sunshine daytime,
There has adult air at the night.

All dinner menu is wonderful,
We fully enjoyed the world of Bill Granger.

We will probably go there many times during our stay.

12


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
夏頃から痛めている肩の炎症が、テニス合宿でさらにひどくなった。
少しだけ一人の時間をもらって、全身のマッサージを受けに行く。

ハワイ語の「ロミ」とは、「もみほぐす」「手のひらから伝わる愛情」という意味があるらしい。
丁寧な施しには、身体の解放以上に、心が解放されていくのを感じる。

疲れ切った心身に「ロミロミマッサージ」、オススメです。

05


Inflammation of my shoulder, which has been hurting since around summer,
got even worse at the tennis camp.
I got a little time alone and went to receive a whole-body massage.

"Lomi" in Hawaiian languages means "massage" and "love transmitted
from the palm of hand".
For a polite operation, I felt that my mind was released more than the body's
release.

"Lomi Lomi massage" is recommended for exhausted mind and body.

51


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
40


半月程前に、口腔外科手術を受けた。
術中術後のあまりの痛さに、思わず弱音を外に吐き出したのは、
自分の覚悟が足りなかったから。
抜糸するまでの一週間は、固形物が食べられず、
腫れ上がった青アザが黄色くなって消えるまで、外出もままならなかった。

南国に来たのに、一度も海にもプールにも入らず、
朝からのテニスコート通いと、仕事の打ち合わせが続く。

食べたいものが食べられず、喉の渇きが癒されることもなく、
毎朝筋肉痛と気だるさで目が覚めるという感覚は、
学生時代の夏合宿の思い出に似ている。

ダイアモンドヘッドのふもとで汗を流しながら、
来年の展望を考える。
肌寒いくらいの気候は、激しい食欲を連れてくる。
栄養価の低いエンプティーカロリーで空腹を満たすという悪循環を、
ここでちょっと改善しなければ。

05


About half a month ago I underwent oral surgery.
To the extraordinary pain after intraoperative operation, I inadvertently put out
my weak mind outside.
I regret my preparedness was insufficient.
For one week until the stitching, I could not eat solids.
I could not go out until the swollen bruise turned yellow and disappeared.

Although I came to tropical country, I did not enter the ocean or the pool so far.
We go to the tennis court from the morning, and discussion of work continues
every day.

I cannot eat what I want to eat, thirst is never healed.
Every morning I feel a sense of awakening due to myalgia and arousal.
It reminds me the summer camp of my club at school days.

While sweating next to Diamond Head,
I think about the prospect of next year.
The climate of the cool weather brings intense appetite.
The vicious circle of satisfying hunger with empty calorie with low nutritional value,
I have to make some improvements here.

21


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

51
Next
48


2年ぶりに訪れた常夏の島。
空港や街でバッタリと友人に会うたびに、これがいいんだと家族が喜ぶ。
誰もがこの地を愛しているから、ここに集まるのだと。

オアフ島のシンボル、ダイアモンドヘッドの登山口も、
ホリデーシーズンで大渋滞。
山頂前の暗いトンネルで前に進めなくなった時に、
私は本当に暗闇が嫌いなんだと、呼吸が苦しくなった。

出口からの光が差して、行くべき方向が見つかった時に、
俄然パワーがみなぎるから、人間はわかりやすい。

元旦の朝にも、たくさんの人がここで御来光を拝むのだろうか。
これからもずっと、光を探して、歩いていこう。

31

35


Here is a summer island that I visited for the first time in two years.
Every time we met friends at the airport or town, my family pleased that
the encounters.
It means because everyone loved this place, all gathered here.

At the entrance of Diamond Head, the symbol of Oahu, there was traffic jam
of the holiday season.
When I could not move forward with a dark tunnel in front of the mountaintop,
I really hated the dark, breathing became hard.

When the light from the exit pointing and the direction to go was found,
I was easy to understand I got abrupt power.

I wonder if many people worship here at the morning of New Year 's Day.
Let us look for the light and keep walking.

39


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

24
Next
土砂降りのJFK空港を飛び立ち、南西に進路を取る。
ニューヨークの寒さから脱出したかったけれど、
やはりサンタクロースには冬景色が似合う。

皆様、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください。

03


I flied from JFK airport in the rain, and took the course southwest.
I wanted to escape from the cold in New York,
Santa Claus suited the winter scenery.

Everyone, please have a wonderful Christmas.

17


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
比翼にJALの文字が見えるだけで、安堵する。
深呼吸をして、東京を駆け抜けよう。

24


I've relieved when I saw the character of JAL on the wing.
After taking a deep breath, let me go through the short stay in Tokyo.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
26


幼い頃の記憶を辿ると、
都営住宅の平たい街並みに、いつも電柱と下水溝があった。
電柱には地元の小児科の看板があって、
キャッチボールをする時に恐怖となるドブがあった。

マンハッタンの街には、電柱も電線もない。
無機質な街の光景が日常になってしまったからこそ、
電柱のある街に立ち寄るだけで、なぜかホッとする。

デジタルな時代に、あえてアナログで生きること。
きっとそこに、私の原点があるのかもしれない。

45

36


When I trace the memory of childhood,
The flat town of the metropolitan housing, there were always utility poles
and sewage ditches.
There was a sign of local pediatric on the utility pole,
There was a ditch that we scared when we did catch ball.

The town of Manhattan, there is no electric cable or utility pole.
Because sight of inorganic city has become in everyday,
I am relieved when I stop by in the town with utility poles.

In the digital age, I live dare in analog.
There surely, might have my origin.

44

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
09

26


ボストン湾から出発して、ケープコッド半島の突端周辺に向かう。
大型フェリーで約1時間、ボストン沖ステルワーゲン海洋保護区へ。

大西洋の深水が大陸棚にぶつかるため、大量のプランクトンが発生する。
そして、そこに集まるたくさんの生態系の頂点を体感するのが、
ホェールウォッチング。
ザトウクジラ、ナガスクジラ、ミンククジラ、カマイルカ。

素人目にはよく分からないけれど、添乗スタッフは大興奮。
時計の12時の方向につがいがいるとか、
4時の方向から数頭こちらに向かっているとか。
クジラが潮を吹いたり、尾ひれを見せたりすると、
乗客は船が傾くぐらいに大移動する。
決して豪華客船ではない3階建てのフェリーに揺られていると、
偶然隣りに座った家族との会話も自然と弾む。

ホェールウォッチングは、今や米国での大事な観光産業のひとつ。
夏の間だけ楽しめる自然探索で、ボストンの新しい一面を見た。

23

12


Starting from the Boston Bay, we went toward the headland around the Cape
Cod peninsula.
About 1 hour in the large ferry, we arrived at the coast of Stellwagen marine
sanctuary in Boston.

Since the deep water of the Atlantic Ocean hit the continental shelf, a large
amount of plankton occurs.
To experience the apex of a lot of the ecosystem that gather there, we had
the whale watching tour.
Humpback whale, Fin whale, Minke whale, Pacific white-sided dolphins.

Though I did not know well to the untrained eye, tour staffs were so excited.
Look at the breeding pairs in the direction of 12 o'clock !
Oh, some whales were heading here from the direction of 4 o'clock !
When whales blowing the tide or they showed the tail fin,
Passengers moved to the other side in the ship and it tilted.
Since we had been rocked to the non- luxury liner three-story ferry,
Conversation with family sitting next to chance was occurred with nature.

Whale Watching is now one of the important tourism industry in the United
States.
I experienced the new one side of Boston in natural search where people
can enjoy only during the summer.

16

52

04


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

16

20-1

22
Next
10


ドライブ途中に見かけた「ワイナリーオープン」の看板に、
好奇心で立ち寄ってみる。

小さなワイン畑の裏に、醸造所とバーカウンターがあって、
ダンディーな御主人が忙しく動き回っている。

昼間から、地元で採れたワインを楽しむ人々の優雅さに、
平和な時間が流れている心地よさを受け取った。

試しに買ってみたワインを手土産に、さらに北へ向かう。

19


I found the sign of "Winery Open" in the middle of the drive,
then we tried to stop by with curiosity.

On the back of small vineyards, there was a brewery and a bar counter.
The master, who worked very busy, welcomed me.

From the daytime, people enjoyed the local wine.
I received a comfort that the time of peace was flowing.

I tried to buy some bottles of wine for souvenir,
And headed further north.

13


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
28


マンハッタンから北へ、車で2時間半。
ボストンに行く道中、少し遠回りしてロードアイランド州に立ち寄った。

いわゆる富裕層のサマーハウスが建ち並び、
ビーチに行くにも、居住者用のライセンスが必要。

朝からボートを出してクルージング。
釣りやダイビングを楽しむ余裕が羨ましい。

パドルボードに挑戦する子供達を遠目に見ながら、
夕立前の夏空を眺める午後。

13


We drove to the north of Manhattan, two hours and a half.
Along the way to go to Boston, we stopped by the Rhode Island.

There were Summer Houses of the wealthy people.
We were invited to go to the private beach with a license for residents.

People enjoy the cruising from morning put out the boat.
we envy that they can enjoy the fishing and diving all the day.

I was watching the children to challenge the paddling boards from a distance.
The summer sky in the afternoon was ready for the evening shower.

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

26
Next
13

40 HDR


沖縄本島、今帰仁村の近くに、毎年通っているお気に入りの宿がある。
プライベートビーチを構えたロケーションが最高。
そして、小さなコテージを丁寧に丁寧に運営している御夫妻のお人柄に惚れている。

一年に一度しかお会いできないのに、
まるで家族を受け入れるかのように歓迎してくださる。
おもてなし、ホスピタリティーの真髄を学ぶことで、
私自身の生き方指針を軌道修正していくきっかけになる。

夜中に御夫妻と一緒に飲むことが、楽しみのひとつでもある。
お酒が進み、かなり立ち入った話になると、思わず涙がこぼれる。
いろんな過去があるからこそ、今の御夫妻が輝いているのだと痛感する。

そしていつものように、朝がやってくる。
丹精込めて作られた朝食をいただき、来年の再会を約束して帰路につく。

日本には、まだまだたくさん知らない場所があるけれど、
毎年同じ場所を訪ねることができるというのも、最高の贅沢。

31

47

08 HDR


Close to the Nakijin-son in Okinawa Main Island, there is a favorite inn
I stay every year.
It is located best place holding a private beach.
And, I am in love with personality of the owners (Mr. and Mrs.) who
manage carefully carefully the small cottages.

Even though we can meet them only once a year,
They welcome us as if they accept the family.
By learning the essence of the hospitality from them,
It becomes an opportunity to modify the way of life of my own.

Drinking with the owners in the middle of the night is also one of the funs.
During the drinking, tears spilled involuntarily since we became quite
intrusive story.
Precisely because there is a lot of the past, I am acutely aware that
they are shining now.

And as usual, the morning came.
We had wonderful breakfast, and returned to Tokyo with the promise of
next year's reunion.

In Japan, there is a lot of places that I've never been to.
But now, the best luxury for me is to visit same place every year.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

00

13

08
Next
22


沖縄の本島北部、美ら海水族館の近くに備瀬という村がある。
地元の人に聞きながら、秘境を訪ねる。

ウミガメが産卵する聖域、そして神が降り立ったと言われるパワースポット。
地図にもないから、選ばれし者のみが辿り着けるのだと。

足場の悪い森林を抜けると、高い岸壁の前に大海原が広がる。
潮が引いた干潮時でないと、この光景は見られない。

天候やタイミング、すべての条件が整った時、奇跡が起こる。
絶対に起こらないから奇跡なのではなくて、
起こると思う人に奇跡が起こるのだと。

備瀬の秘境で、充電完了。

30


In the north of Okinawa Main Island, there is a village called Bise near
the Churaumi Aquarium.
While listening to the locals, I visited the unexplored region.

It is the sanctuary place where sea turtles lay their eggs, and the power
spot that is said God landed.
Since there is no sign on the map, only selected people can go there.

After I went through a bad forest of scaffolding, I saw a large ocean spread
in front of the high quay.
We can see this spectacle only the time of low tide.

When the weather and timing or all the conditions are in place, a miracle
occurs.
The miracle absolutely occurs.
It happen to people who believe the miracle occurs.

In the unexplored region of Bise, my charging was completed.

53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56

Next
25


いつもの定宿から車を走らせて20分程。
目を見張るほど美しい水面が広がる。

恋島(くいじま)が語源とされる古宇利島。
恋の島、神の島と呼ばれるにふさわしく、
たくさんの恋人たちが訪れる。

美しい景色を見ると、愛しい人を想い、
同じ景色を見せてあげたいと願う。

同じ場所で、同じ時間を共有することが、心を繋ぐ。

50


I drove about 20 minutes from my favorite inn.
There is beautiful water surface of the ocean.

"Koishima (Kuijima)" is the etymology of "Kouri Island".
It is the worthy to be called, the island of Love or the island of God.
A lot of lovers visit there through the year.

Looking at the beautiful scenery, I think the dear people.
I hope to let them to see the same scenery.

By sharing the same place and same time, we can connect the heart.

04

16

22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

49
Next
37


祖母の祖父にあたる人物の役が、映画「ラストエンペラー」に登場している。
母にその話を聞いてから、映画を観る目が変わった。
私が歴史や美術史が好きなのは、祖国のルーツへの探究心でもある。

「ラストエンペラー」の舞台となった紫禁城をモデルにした首里城。
ゆっくり訪問したのは四半世紀以上ぶりだろうか。

琉球王国の歴史に思いを馳せながら、この国の将来を憂える夏。

13

29


Role of the grandmother grandfather has appeared in the movie "The Last Emperor".
After my mother told me the story, I changed the way to watch the movie.
I like history and art history, and it is also the inquiring mind of our country roots.

The Forbidden City, which became the scene of "The Last Emperor" was the
model of Shuri Castle.
I visited here before more than quarter of a century.

While thinking of the history of the Ryukyu Kingdom, I spent a short summer,
thinking the future of this country.

29


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

09
Next
23


加賀の国を訪れたくなったと言ったのは、つい先月だったか。
御縁あって、石川県の秘境を訪れることになった。

行きは飛行機、帰りは新幹線。
打ち合わせをしながらの移動、情緒ある旅には程遠い。

それでも、たくさんの緑のシャワーを浴びて、
私の身体は光合成に忙しかった。

駆け足で巡る日本、たくさんのエネルギーを直に感じる。
そのパッションが、日常の糧になる。

42


I said I wanted to visit Kaga last month.
By the good timing, I visited the unexplored region of Ishikawa Prefecture.

I went by flight, and returned via Shinkansen.
We had meeting on the way, it was far from the emotional journey.

Still, I bathed a lot of green shower,
My body was busy in photosynthesis.

I felt a lot of energy at Japan visit.
The passion will become a power of everyday.

39


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
30


友人が教授を務めるノースイースタン大学を訪れた。
ボストン美術館のすぐ近くに、こんなに素敵なキャンパスが広がる。

全米大学ランキングのトップ50以内、いわゆる名門校。
街中なのに緑が多い環境に、私自身の母校を思い出した。

今年は春が遅くて、今でもダウンを着ている。
春の短い土地、風情のない季節の移り変わりは、
ノスタルジーな思いを連れてくる。

33


We visited the Northeastern University to see our friend who serve as
a professor.
At the immediate vicinity of the Museum of Fine Arts, Boston, it was
very nice campus.

Within the top 50 of the university rankings in the U.S., it is so-called
prestigious school.
The green environment even though it is in the city, reminded me the
alma mater of my own.

Since the weather is still cold, I wear down jacket even now.
As spring is very short, there is no four seasons here.
It brings me nostalgia thoughts.

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35
Next
27


薄暗い螺旋階段をのぼる。
閉所恐怖症の私は、胸がざわざわする。
永遠に出口の見えないトンネルに佇んでいる気分になる。

睡眠中の夢はあまり覚えていない。
けれども、どうしても目覚めてしまうトラウマ的な夢が二つある。

前職場で遅刻して、飛行機に乗り遅れた。
上司と代わりに乗務してくれた同僚に謝罪して、始末書を書いた。

試験前夜に一夜漬けするつもりがうたた寝してしまい、
目覚めたら試験会場で呆然としていた。

どちらも現実ではないが、それに近い体験がトラウマになっている。
必ずうなされて、自分の声で目覚める。
ハッと現実に戻り、夢であったことにホッとする。

人生のトンネルに迷い込んだ時も、
いつか必ず光の出口が見つかると信じたい。

頂上から見下ろしたボストンの街は、清々しかった。

43

31

03


I climbed the dim spiral staircase.
For me of claustrophobic, chest was noisy.
I became a mood I was standing in the tunnel that had invisible exit.

I do not remember dream too much during sleep.
However, I have two traumatic dreams that inevitably wake me up.

At the previous workplace, I missed the plane.
To my boss and colleagues who had flight instead of me, wrote a letter
of apology.

I was going to study just before the test, but I ended up nap.
I was stunned at the exam site when I woke up.

Both were not in reality, but close to it experience was in the trauma.
Always nightmare, I woke up in my own voice.
I returned to reality, and was relieved to it was a dream.


When I wandered into the life tunnel,
I want to believe that I can find the light of exit someday.

Boston city that I looked down from the summit was fantastic.

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56

Next
25

06


初めて訪れたのは90年代後半だったろうか。
いつも慌ただしい訪問で、ゆっくり観光したのは15年ぶりだった。

アメリカの歴史を学んだ長男が、たくさんガイドしてくれた。
フリーダムトレイルを歩き、ポールリビアの功績を知る。
バンカーヒル記念塔で、294段の階段を上る。

立て続けに友人が引っ越してきたり、アート関係者と知り合ったり。
このところ、ボストンの地に御縁がたくさんある。

石畳の街を再訪するのが楽しみになった。

30

42


I remember the first visit was the second half of the 1990s.
Since it was always hectic visit, the town tour was the first time in 15 years.

Eldest son who learned American history, guided me a lot.
We walked along with the freedom trail, and I learned the achievements of
Paul Revere.
At the Bunker Hill Monument, we climbed 294-step of stairs.

My friends moved to Boston in quick succession, or I have acquainted with
Art director.
Recently, I have a lot of connection to the land of Boston.

To revisit the cobblestone town becomes fun.

16

57

02


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

37

Next
41

03


親戚の子が留学しているボーディングスクールを訪ねた。
とても近しい従姉の息子だから、生まれた時からよく知っている。

留学先を決めるために、従姉と一緒に学校視察をした3年前が、
つい先日のようだったのに。
学校の寮で生き生きと暮らす彼の様子を見ていたら、
子供の成長は、本当にあっという間だと感じた。

たくましくなった。

大自然に囲まれたキャンパスのなか、
広大な運動場や設備の豪華さに驚くばかり。
街中では得られない体験が、ここで生まれる。

この中で、たくさんの感性が育まれる。

11

15

08


I visited the boarding school, which my relatives have studied abroad,
near to Boston.
Since he is son of the very close cousin, I have known him well from
the time of birth.

I visited the school with my cousin in order to determine the study abroad
destination for him.
I felt it happened recently but it was three years ago.
I looked at his appearance who lived vividly in the school dormitory,
I felt children's growth was really fast.

He became strongly.

Among the campus surrounded by nature,
A vast playground and luxury equipment were awesome.
A great experience will be born here, not be obtained in the city.

In this, a lot of sensibility will be nurtured.

00

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
59

53


アリゲーターを探すには、まだちょっと季節が早過ぎた。
眠りから覚めた小さな輩が数頭、かろうじて姿を見せた。

沼地の奥へ奥へと突き進みたい好奇心があっても、
空気と水の冷たさが、その勇気を阻む。

冒険のクライマックスは、野生イノシシの襲撃。
初めて見る獰猛な姿に、後ずさりするしか術がない。

大自然の中で深呼吸をすると、
幼い頃に父に連れられて遊んだ川辺を思い出す。

そしてちょっぴり都会が恋しくなった。
さて、日常に帰ろう。

23

50


To find the alligator, it was still a little too early season.
A few of little fellows that awoke from sleep, barely showed up.

Even if there was a curiosity that we wanted to go to the back of the swamp,
Coldness of the air and water prevented its courage.

The climax of the adventure was the attack of wild boars.
By the ferocious figure I saw for the first time let me not to do anything.

When I took a deep breath in nature,
I recalled the riverside that I was brought by my father in my early childhood.

And I missed the city a little.
Now, let me go back to everyday.

40

09

12

43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
57

08


街中のいたるところで、アートに出会う。
何軒ものギャラリーを覗きながら、心がときめく瞬間を推しはかる。

路上で奏でられる音楽の音色が、
アートの世界をさらなる夢幻の境地へ連れ出してくれる。

旅先でお気に入りの一枚を探し出すのが目的だったけれど、
この土地では、その出会いに恵まれなかった。

焦らずのんびり、出会いのタイミングを待っている。

35

42

54


I met the art everywhere in the city.
While looking through the many galleries, I measured the moment my
heart was throbbing.

By the tone of the music that was played on the street,
The world of art took me to the frontiers of further fantasy.

One of my purposes of the trip was to find my favorite piece.
But I was not blessed with the encounter in this land.

I am waiting for the timing of the encounter at ease.

27

40

57

40



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
46

12

50


ニューヨークから飛行機で3時間。
ルイジアナ州、ニューオーリンズの街に降り立った。

以前この地を訪ねたのは、15年以上前のことだった。
その後、街はハリケーンカトリーナにより壊滅的な被害を受けた。
私の友人も、当時、住む場所と仕事を失い、他の街への引越しを
余儀なくされた。
あれから、街がどのくらい変わっているのか、少し不安もあった。

フランス植民地帝国時代の趣を残すフレンチクォーター地区は、
先週のマルディグラの祭りの余韻もあって、人々で溢れかえっていた。
街の隅々に漂うアートとジャズ、そして陽気な空気に酔いしれる。

奥深いアメリカの魅力、そこに集う人々のパワー。
いまだなお進化を遂げる街が、冷え切った心身に温度をもたらす。
明日は自然と戯れよう。


18

39


It was a 3-hours flight from New York.
I landed in the city of New Orleans, Louisiana.

Last time I had visited this earth was more than 15 years ago.
After that, the city was devastated by Hurricane Katrina.
A friend of mine also, at that time, lost the location and work to live,
was forced to move to another town.
I had been a little anxiety how the city changed since then.

French Quarter district where left the flavor of the French colonial empire era,
Where was overflowing with people with lingering of the festival of Mardi Gras
last week.
I enjoyed the art and jazz drifting in every corner of the city, and the cheerful air.

I noticed the deep American charm, the power of the people who gathered there.
The city that still gets the evolution, bring the temperature to my chilling body and soul.
Tomorrow I will go to the Mississippi river.

37

41

41

00

32


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

42
Next