25


いつもの定宿から車を走らせて20分程。
目を見張るほど美しい水面が広がる。

恋島(くいじま)が語源とされる古宇利島。
恋の島、神の島と呼ばれるにふさわしく、
たくさんの恋人たちが訪れる。

美しい景色を見ると、愛しい人を想い、
同じ景色を見せてあげたいと願う。

同じ場所で、同じ時間を共有することが、心を繋ぐ。

50


I drove about 20 minutes from my favorite inn.
There is beautiful water surface of the ocean.

"Koishima (Kuijima)" is the etymology of "Kouri Island".
It is the worthy to be called, the island of Love or the island of God.
A lot of lovers visit there through the year.

Looking at the beautiful scenery, I think the dear people.
I hope to let them to see the same scenery.

By sharing the same place and same time, we can connect the heart.

04

16

22


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

49
Next
37


祖母の祖父にあたる人物の役が、映画「ラストエンペラー」に登場している。
母にその話を聞いてから、映画を観る目が変わった。
私が歴史や美術史が好きなのは、祖国のルーツへの探究心でもある。

「ラストエンペラー」の舞台となった紫禁城をモデルにした首里城。
ゆっくり訪問したのは四半世紀以上ぶりだろうか。

琉球王国の歴史に思いを馳せながら、この国の将来を憂える夏。

13

29


Role of the grandmother grandfather has appeared in the movie "The Last Emperor".
After my mother told me the story, I changed the way to watch the movie.
I like history and art history, and it is also the inquiring mind of our country roots.

The Forbidden City, which became the scene of "The Last Emperor" was the
model of Shuri Castle.
I visited here before more than quarter of a century.

While thinking of the history of the Ryukyu Kingdom, I spent a short summer,
thinking the future of this country.

29


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

09
Next
23


加賀の国を訪れたくなったと言ったのは、つい先月だったか。
御縁あって、石川県の秘境を訪れることになった。

行きは飛行機、帰りは新幹線。
打ち合わせをしながらの移動、情緒ある旅には程遠い。

それでも、たくさんの緑のシャワーを浴びて、
私の身体は光合成に忙しかった。

駆け足で巡る日本、たくさんのエネルギーを直に感じる。
そのパッションが、日常の糧になる。

42


I said I wanted to visit Kaga last month.
By the good timing, I visited the unexplored region of Ishikawa Prefecture.

I went by flight, and returned via Shinkansen.
We had meeting on the way, it was far from the emotional journey.

Still, I bathed a lot of green shower,
My body was busy in photosynthesis.

I felt a lot of energy at Japan visit.
The passion will become a power of everyday.

39


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
30


友人が教授を務めるノースイースタン大学を訪れた。
ボストン美術館のすぐ近くに、こんなに素敵なキャンパスが広がる。

全米大学ランキングのトップ50以内、いわゆる名門校。
街中なのに緑が多い環境に、私自身の母校を思い出した。

今年は春が遅くて、今でもダウンを着ている。
春の短い土地、風情のない季節の移り変わりは、
ノスタルジーな思いを連れてくる。

33


We visited the Northeastern University to see our friend who serve as
a professor.
At the immediate vicinity of the Museum of Fine Arts, Boston, it was
very nice campus.

Within the top 50 of the university rankings in the U.S., it is so-called
prestigious school.
The green environment even though it is in the city, reminded me the
alma mater of my own.

Since the weather is still cold, I wear down jacket even now.
As spring is very short, there is no four seasons here.
It brings me nostalgia thoughts.

35


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

35
Next
27


薄暗い螺旋階段をのぼる。
閉所恐怖症の私は、胸がざわざわする。
永遠に出口の見えないトンネルに佇んでいる気分になる。

睡眠中の夢はあまり覚えていない。
けれども、どうしても目覚めてしまうトラウマ的な夢が二つある。

前職場で遅刻して、飛行機に乗り遅れた。
上司と代わりに乗務してくれた同僚に謝罪して、始末書を書いた。

試験前夜に一夜漬けするつもりがうたた寝してしまい、
目覚めたら試験会場で呆然としていた。

どちらも現実ではないが、それに近い体験がトラウマになっている。
必ずうなされて、自分の声で目覚める。
ハッと現実に戻り、夢であったことにホッとする。

人生のトンネルに迷い込んだ時も、
いつか必ず光の出口が見つかると信じたい。

頂上から見下ろしたボストンの街は、清々しかった。

43

31

03


I climbed the dim spiral staircase.
For me of claustrophobic, chest was noisy.
I became a mood I was standing in the tunnel that had invisible exit.

I do not remember dream too much during sleep.
However, I have two traumatic dreams that inevitably wake me up.

At the previous workplace, I missed the plane.
To my boss and colleagues who had flight instead of me, wrote a letter
of apology.

I was going to study just before the test, but I ended up nap.
I was stunned at the exam site when I woke up.

Both were not in reality, but close to it experience was in the trauma.
Always nightmare, I woke up in my own voice.
I returned to reality, and was relieved to it was a dream.


When I wandered into the life tunnel,
I want to believe that I can find the light of exit someday.

Boston city that I looked down from the summit was fantastic.

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56

Next
25

06


初めて訪れたのは90年代後半だったろうか。
いつも慌ただしい訪問で、ゆっくり観光したのは15年ぶりだった。

アメリカの歴史を学んだ長男が、たくさんガイドしてくれた。
フリーダムトレイルを歩き、ポールリビアの功績を知る。
バンカーヒル記念塔で、294段の階段を上る。

立て続けに友人が引っ越してきたり、アート関係者と知り合ったり。
このところ、ボストンの地に御縁がたくさんある。

石畳の街を再訪するのが楽しみになった。

30

42


I remember the first visit was the second half of the 1990s.
Since it was always hectic visit, the town tour was the first time in 15 years.

Eldest son who learned American history, guided me a lot.
We walked along with the freedom trail, and I learned the achievements of
Paul Revere.
At the Bunker Hill Monument, we climbed 294-step of stairs.

My friends moved to Boston in quick succession, or I have acquainted with
Art director.
Recently, I have a lot of connection to the land of Boston.

To revisit the cobblestone town becomes fun.

16

57

02


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

37

Next
41

03


親戚の子が留学しているボーディングスクールを訪ねた。
とても近しい従姉の息子だから、生まれた時からよく知っている。

留学先を決めるために、従姉と一緒に学校視察をした3年前が、
つい先日のようだったのに。
学校の寮で生き生きと暮らす彼の様子を見ていたら、
子供の成長は、本当にあっという間だと感じた。

たくましくなった。

大自然に囲まれたキャンパスのなか、
広大な運動場や設備の豪華さに驚くばかり。
街中では得られない体験が、ここで生まれる。

この中で、たくさんの感性が育まれる。

11

15

08


I visited the boarding school, which my relatives have studied abroad,
near to Boston.
Since he is son of the very close cousin, I have known him well from
the time of birth.

I visited the school with my cousin in order to determine the study abroad
destination for him.
I felt it happened recently but it was three years ago.
I looked at his appearance who lived vividly in the school dormitory,
I felt children's growth was really fast.

He became strongly.

Among the campus surrounded by nature,
A vast playground and luxury equipment were awesome.
A great experience will be born here, not be obtained in the city.

In this, a lot of sensibility will be nurtured.

00

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
59

53


アリゲーターを探すには、まだちょっと季節が早過ぎた。
眠りから覚めた小さな輩が数頭、かろうじて姿を見せた。

沼地の奥へ奥へと突き進みたい好奇心があっても、
空気と水の冷たさが、その勇気を阻む。

冒険のクライマックスは、野生イノシシの襲撃。
初めて見る獰猛な姿に、後ずさりするしか術がない。

大自然の中で深呼吸をすると、
幼い頃に父に連れられて遊んだ川辺を思い出す。

そしてちょっぴり都会が恋しくなった。
さて、日常に帰ろう。

23

50


To find the alligator, it was still a little too early season.
A few of little fellows that awoke from sleep, barely showed up.

Even if there was a curiosity that we wanted to go to the back of the swamp,
Coldness of the air and water prevented its courage.

The climax of the adventure was the attack of wild boars.
By the ferocious figure I saw for the first time let me not to do anything.

When I took a deep breath in nature,
I recalled the riverside that I was brought by my father in my early childhood.

And I missed the city a little.
Now, let me go back to everyday.

40

09

12

43


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
57

08


街中のいたるところで、アートに出会う。
何軒ものギャラリーを覗きながら、心がときめく瞬間を推しはかる。

路上で奏でられる音楽の音色が、
アートの世界をさらなる夢幻の境地へ連れ出してくれる。

旅先でお気に入りの一枚を探し出すのが目的だったけれど、
この土地では、その出会いに恵まれなかった。

焦らずのんびり、出会いのタイミングを待っている。

35

42

54


I met the art everywhere in the city.
While looking through the many galleries, I measured the moment my
heart was throbbing.

By the tone of the music that was played on the street,
The world of art took me to the frontiers of further fantasy.

One of my purposes of the trip was to find my favorite piece.
But I was not blessed with the encounter in this land.

I am waiting for the timing of the encounter at ease.

27

40

57

40



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
46

12

50


ニューヨークから飛行機で3時間。
ルイジアナ州、ニューオーリンズの街に降り立った。

以前この地を訪ねたのは、15年以上前のことだった。
その後、街はハリケーンカトリーナにより壊滅的な被害を受けた。
私の友人も、当時、住む場所と仕事を失い、他の街への引越しを
余儀なくされた。
あれから、街がどのくらい変わっているのか、少し不安もあった。

フランス植民地帝国時代の趣を残すフレンチクォーター地区は、
先週のマルディグラの祭りの余韻もあって、人々で溢れかえっていた。
街の隅々に漂うアートとジャズ、そして陽気な空気に酔いしれる。

奥深いアメリカの魅力、そこに集う人々のパワー。
いまだなお進化を遂げる街が、冷え切った心身に温度をもたらす。
明日は自然と戯れよう。


18

39


It was a 3-hours flight from New York.
I landed in the city of New Orleans, Louisiana.

Last time I had visited this earth was more than 15 years ago.
After that, the city was devastated by Hurricane Katrina.
A friend of mine also, at that time, lost the location and work to live,
was forced to move to another town.
I had been a little anxiety how the city changed since then.

French Quarter district where left the flavor of the French colonial empire era,
Where was overflowing with people with lingering of the festival of Mardi Gras
last week.
I enjoyed the art and jazz drifting in every corner of the city, and the cheerful air.

I noticed the deep American charm, the power of the people who gathered there.
The city that still gets the evolution, bring the temperature to my chilling body and soul.
Tomorrow I will go to the Mississippi river.

37

41

41

00

32


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

42
Next
今年の後半はずっと、北国に御縁があった。
寒さは苦手だけれど、目的さえあれば、どこにでも行く。

年末恒例、厄落としのごとく、ひどい風邪を引いた後、
東京を脱出した。

日本海と白樺並木を眺めながら、一年を振り返る。
辛いこともあったけれど、
たくさんの人との出会いが、幸せを連れてきてくれた。
人間らしく、感性豊かに過ごすことが一番だと。

以前よりずっと、北国が好きになった。

57

03


Much the second half of this year, I had opportunity to go in northern place.
I don't like cold weather, but if I have purpose, I go anywhere.

The end of the year annual, as of exorcism, after subtracting a bad cold,
I escaped from Tokyo.

Overlooking the Sea of Japan and the birch tree-lined, I looked back one year.
There was also painful thing,
But the meeting with a lot of people brought me happiness.
The best thing was to spend with rich sensibility.

More than before, I had come to like the northern place.

23

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
55


西海岸に行ったのは3年ぶりぐらいだろうか。
感極まるような青空と白い雲が、当たり前のようにそこにあった。

久しぶりに会った同僚達が、両手を広げて大歓迎してくる。
久しぶりに会った同級生が、生き生きと今の暮らしぶりを伝えてくれる。

仕事の打ち合わせをしていても、気候のせいで心が軽い。
海を見に行く時間もなかったけれど、大自然の空気が心身を洗ってくれる。

カリフォルニアを拠点にする彼らに少しだけジェラシーを抱きながら、
深夜便でニューヨークに降り立った。

気温28度から気温9度の世界へ。
風邪を引いたのは、心に隙ができてしまったからかもしれない。

18 HDR


I went to the west coast about the first time in three years.
Such a blue sky and white clouds were there as commonplace.

Colleagues met for the first time in a long time, came to welcome
with open arms.
Classmate who met for the first time in a long time, told about her
lifestyle now.

Even if we have a meeting of work, it seemed easier by the climate.
But did not have time to go to see the sea, air of nature washed my
mind and body.

While I embraced the jealousy slightly to them based in California,
I landed in New York in late-night flight..

The world switched from the temperature 28 degrees to temperature
9 degrees.
I caught cold.

46


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
壮大なテーマを与えられて以来、
渋谷という街を、改めて見直した。

何度も現場を歩いて、何度も壁にぶつかって。
自分の知らない歴史と文化と政治と街並みを、今さらながらに勉強した。

たくさんの人が交差する、スクランブル交差点。
行き交う人のそれぞれが、たくさんの想いを抱えながら生きている。

明日、渋谷で何が起こるのか。
どうか一緒に見届けてください。

29


After I got the marvelous offer for the big event,
I learned a lot about the town of Shibuya.

We walked many times there, and we had a lot of problems there.
We studied the history, culture, politics, town, and so on.

At the Shibuya scrambled intersection,
Many people intersect there with their lives.

What will be happened at Shibuya tomorrow morning?
Please come to see us there.

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
11207298_10201070646243990_8054908662475936155_n

12049207_10201070645883981_6533837103684841936_n


京都、鴨川沿いに佇む町屋。
詠み人知らずのこの場所で、歴史を肌で感じる贅沢を味わう。
秋の風は、どこまでも心地良い。

12074620_10201070645563973_3704611752099943274_n


There is a Machiya that is nestled along the Kamo River in Kyoto.
In this historical place, we enjoy to feel the luxury of history.
Autumn wind is pleasant at all.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
JALの機体がたくさん並んでいる。
それだけで、日本にいることを実感する。
アウェイじゃなくて、ホームにいる。
こんなことで、心が大喜びしている。

12088107_10201070643843930_2576605373567069830_n


JAL of aircraft are lined up a lot.
I realize that I am in Japan.
It's not away, it's a home.
This makes me a big joy.

12039316_10201070644083936_1402187574802318537_n


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
疾走 (1)


たった一枚の絵を、時間をかけて眺めるのが好きなのに、
数百枚の絵を、あっという間に見ないといけないという状況で。

ストレスを置き去りにしてしまったあの場所に。
いつかリベンジにいかないと。

疾走 (3)


I like to look the only one piece of the picture though over time.
But I had to watch the several hundred pieces of painting in short time.

I've left my stress to that place behind.
Someday I will go to revenge.

疾走 (2)

疾走 (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ツツジ


今年は季節の流れが早いのか、庭園の景色がより華やかだった。

大切な友人に招かれて過ごした、大切な時間。
会うだけで元気になれる人とは、いつでも会いたい。

自分を必要としてくれる人がいることが、
こんなにも心強い。

ツツジ (5)

ツツジ (2)

As if the seasonal flow was very quick this year, the view of the garden
was more ornate.

I spent valuable time by being invited from my precious friends.
I want to meet the people who give me energy at any time when I just
meet.

That there are people who need my own give me passion to live.

ツツジ (4)

ツツジ (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
つるし雛 (4)


「つるし雛」の歴史は、江戸時代に遡る。
特別裕福でない一般家庭では、高価な雛人形に代わって、皆で小さな人形を持ち寄って、
「衣食住」の願いをこめたという。

実家にあった雛人形のお顔立ちは、それはそれは美しかった。
幼い頃の無垢な心で眺めていたからなおさら、凛とした美に映っていたのだろうか。
母がお金を貯めて、少しずつ買い足して、三人官女が加わり、牛車が加わった。
ちぐはぐだけれど、友人の家にあった七段飾りの雛人形セットにも負けないぐらい、
たくさんの願いと歴史が詰まった雛人形。
娘も嫁いだ今、きっと桜の咲く頃まで飾られているのだろうか。

無性に会いたくなった。

つるし雛 (1)

つるし雛 (6)


The history of "Tsurushi-bina, hanging dolls" is going back to the Edo
period.
At non-wealthy households, everyone brought a small doll and hung
them together, on behalf of the expensive dolls; that was the hope of
"food, clothing and shelter."

The features of hina dolls that were in the home were so beautiful.
Especially because I have looked at the innocent mind of childhood,
it had been reflected in the dignified beauty.
My mother bought other goods little by little by saving money, added
three kanjo, court ladies, and hackery.
Though it was incongruous, and about not lose to dolls set of seven
shelves that was in a friend's house.
That dolls had been jammed a lot of wish and history.
Will they have been decorated until around the season of cherry blossom?

I want to see them now.

つるし雛 (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Tubing (1)


父方の祖父が他界する前は、夏休みや年末年始は、大阪にある父の実家に
家族で帰省していた。
サラリーマンの父が、家族5人分の交通費を捻出するのも、大変だっただろう。
「スバル360」というオンボロ車で、片道10時間かけての道中だった。
音楽すら流れない窮屈な空間の中で、姉はよく車酔いになり、小さな弟はよく
泣いていた。

「富士山に寄ろう」と父が言い出して、静岡のあたりで高速を降りた。
5合目でも雪が深くて、とてつもなく寒かった。
「ほら、やってごらん」
父が拾ってきた段ボール箱をかつぐのはちょっと恥ずかしかったけれど、
既製品のソリで滑る周囲の子供達よりずっと、私達の手作りソリは速くて快適だった。

四半世紀以上が過ぎて。
完璧に設計されたチュービング滑走路をみおろす。
どんなにスピードを出しても、脱線したり、追突したりしない。
勢いよく助走をつけて、頭から滑り込んでいく。
摩擦の少ないよう重心のかけ方を微調整しながら、一気に先頭でゴールする爽快感。

マイナス25度。
周囲の誰よりもはしゃいでいたのは、私だったかもしれない。

Tubing (2)


Before the paternal grandfather had passed away, my family had back
my father's home in Osaka every summer vacation and New Year.
It would have been very hard for my father to serve the transportation
cost of all my family.
In dilapidated vehicles called "Subaru 360", it was long way of over 10
hours one way.
In cramped space that was no music, my elder sister was often the car
sickness, and my little brother was crying well.

My father asked to get off at Shizuoka on high way, and we headed to
Mountain Fuji.
It was covered deep snow even in the middle of the mountain, it was
incredibly cold.
"Hey, you look doing"
I was little embarrassed to pick up the cardboard box that my father
collected.
But our homemade sled was comfortable fast, better than other kid's
ready-made sled.

More than a quarter century has passed.
l overlooked the perfect designed tubing runway.
We were not derailed and did not collision, if we were over speed.
I went slipped from my head with a run-up vigorously.
I thought my gravity of friction to fine-tune, and I took the first goal with
exhilaration.

It was -25 degrees Celsius.
I might have been high spirits than anyone else.

Tubing (3)

Tubing (4)



ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
回顧 (9)

回顧 (8)


何かと御縁のある場所だった。
学生時代の家族旅行で、一日中ローカルバスに揺られていた。
ハワイ大学に留学していた従妹は、ボロボロのオープンカーで連れまわしてくれた。
前職場のTV番組撮影で、タレントの皆さんと共に過ごした一週間、何度も
ロケバスで行き来した。

人込みを避けてノース方面に向かうと、あの頃と同じままの青い海が広がっていた。
日焼け防止のために、日傘とサングラスと腕カバーをしている日本人女性が、
少しだけ滑稽に見える。
せっかく太陽の下にやってきたのだから、どこまでも裸足で歩いてみようよ。

我が故郷、日本に少し近付いたはずなのに、ニューヨークより時差が大きいという
不思議。
それでも地球はまわっていて、それでも空は繋がっているんだなぁ。

新しい出会いも、新しい御縁も。
全部、空が連れてきてくれた。
今日もまた、空にありがとう。

回顧 (2)

回顧 (3)

回顧 (6)


It was where there was something my edge.
I had been rocked in local bus all day during a family trip when I was a
student.
My cousin who was studying in the University of Hawaii was turning me
in battered open car.
The TV program's shooting in my ex work, we went there many times
during a week we spent with the talents.

I headed to North direction to avoid the crowd, the blue sea had spread
as same as that time.
In order to prevent sunburn, a Japanese woman who had a parasol and
sunglasses and arm cover, looked a little ridiculous.
Since we came under the sun, let us walk barefoot.

It should have approached a little to my hometown Japan, but wonders
that the large time difference than New York.
Still the earth moves around. Still the sky is connected.

New encounter, and new edge.
The sky brought me all.
Today also, thank you to the sky.

回顧

回顧 (4)

回顧 (5)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Be Happy (5)


2015年の幕開けは、久しぶりに米国式のカウントダウンパーティーで迎えた。
「ハッピーニューイヤー!」のかけ声と共に、周囲にいる恋人や友人と抱擁を交わし、
シャンペンとクラッカーでお祝い。
湾岸では盛大な打ち上げ花火が夜空を賑わした。

慎ましやかに新年の挨拶を交わす日本の正月を想いつつ、こんなストレートな祝い方も
悪くない。

カウントダウンパーティーが終わると、長く続いたホリデーモードは終焉を迎え、
街は一気に日常モードに戻る。
衛星TVで日本の正月番組を垣間見ながら、やはりお正月は日本が一番いいなぁと、
この距離の遠さに、泣きそうになってしまった新年2日目の夜。

Be Happy (4)


I welcomed the year of 2015 in the countdown party of US-style.
Along with the shout of "Happy New Year!” people hugged with lover or friends
who are around, and celebrated with champagne and crackers.
Gorgeous fireworks colored the night sky in the Gulf.

While I reminded the Japanese New Year that humble to exchange New Year's
greetings,
I thought that it was not bad to celebrate in straight way.

When the countdown party was over, the holiday mode that lasted longer came
to an end,
City came back to everyday mode.
While glimpse of the Japanese New Year program in satellite TV, still the New
Year of Japan was the best.

The remoteness of this distance, I was to cry in the second night of New Year.

Be Happy (1)

Be Happy (7)

Be Happy (8)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
19

04

02


水深110フィート(34メートル)の世界を体験した。
棲息する魚たちの生態系研究のために、人工的に沈められた飛行機や船舶、
人工漁礁。
周囲を優雅に泳ぐ魚達、でも色は定かでない。

自然光が届く限界までくると、一気に闇の世界が広がる。
手探りで、突破口を探す、自分を見ているようだった。
浮上して、水面が見えてきた時の安堵感。

2014年、決して良いことばかりではなかったけれど、
具体的に踏み出せば、必ず出口のヒントが見えてくることを痛感した。

たくさんの出会い、たくさんの御縁、たくさんの愛。
支えて下さった皆さんに、感謝をこめて。
2014年最大のありがとう。

来年もよろしくお願いいたします。

54


I experienced the world of water depth 110 feet (34 meters).
There were a submerged airplane, a ship, or artificial reefs that were sunk
artificially, for habitat for fish of ecosystem research.
Fish swam around gracefully, but color was not clear.

When we came up to the limit natural light arrives, it was the world of darkness.
Fumbling in, Found a breakthrough, it was like watching myself.
In emerged, when the water surface has been seen, I had a sense of relief.

Though it was not just that never good in 2014,
If I took an action specifically, I was keenly aware that it always came into view
the tips of exit.

A lot of the encounter, your edge, and love.
I’m really gratitude to everyone who supported me.
I would like to say thank you for 2014.

Hope you have a happy new year's eve.

56 HDR

27


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
US(3)

US(4)

US (5)

US (6)


映画「ハリーポッター」シリーズの第一作を観たのは、まだ航空会社に勤務していた
頃だった。
外地に到着後、深夜の映画館へ。
上映開始後30分も経たぬ間に、私の意識は遠く彼方へ飛んでいった。
映画館であれほど熟睡したのは先にも後にもあれきりで、一緒に行った連れが驚くほど、
よく寝入ってしまった。

時差ボケや、フライトの疲れもあったかもしれない。
ダンブルドア校長、ホグワーツ、ハーマイオニー、、、片仮名で読んでも覚えられない
名称の数々を、流暢なイギリス英語のセリフと共に聞いているうちに、
睡眠術にかけられたように睡魔に襲われた。

会社でもイギリス英語を使うように教育されていたけれど、幼い頃からアメリカ英語に
慣れ親しんできた私にとって、クイーンズイングリッシュへの苦手意識は強かった。
子供向けの「ハリーポッター」ですら、子守唄に聞こえてしまったショックは大きく、
次第にイギリス英語の映画は、敷居の高いものとなっていた。

数年前に偶然、機内映画で完結編を観た時には、子役だった出演者の成長ぶりと、
そして、自然とイギリス英語を聞いていた自分にも驚いた。
時間が流れるというのは、こういうことなのだと痛感した。

フロリダで遭遇した「ハリーポッター」の世界。
大阪にもそれが出来たというが、やはり演じる役者達には英語を話してほしい。

子供達が読み終わり、書斎で眠っている「ハリーポッター」の原書を、来年は少しずつ
読んでみようかと思う師走の日。

US(7)

US(8)

US(9)

US(10)


When I watched the movie of the first installment of the "Harry Potter" series,
it was around the time I was still working for the airline.
After I arrived in overseas, I went to the movie theater late-night.
While it was less than 30 minutes after the movie started, my consciousness
flew far away.
My friend was surprised that I was asleep so well at the theater.

There was jet lag, perhaps also tired of flight.
While I was listening the fluent British English dialogue such as Dumbledore,
Hogwarts, Hermione, which I could not remember even in Japanese,
I was sleepy as I was subjected by sleep magic.

I had been trained to use the British English also in the company.
But I was accustomed to American English from an early age.
So my poor awareness of the Queen's English was strong.
I was shocked that even kid's movie "Harry Potter" made me boring.
Gradually, British English movie had become my weak point.

A few years ago, when I saw the final chapter of "Harry Potter" as in-flight
movie, I was surprised by the growth of the performers.
Also I was surprised myself that I was listening to the nature and British English.
I was keenly aware that the time flows through.

I went to the world of the "Harry Potter" in Florida.
I heard that it was also in Osaka, but that world had better to be played in English.

From the next year, I wish I read the original books of the "Harry Potter" that
my kids had already finished reading all.

US(11)

US(12)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ショートトリップ (2)

ショートトリップ (1)


滞在時間たった19時間。
無理してでも、行かなくてはいけないタイミングだと思った。

自分の役割が、必ずしも実を結ばないこともある。
目先の損益だけしか考えない人とは、分かり合えないけれど、

僅かな隙間時間のために、会いに来てくださった先輩。
自分の存在を大事にしてくれる、大切な友人。

きっと必ず、先に繋がる時間を紡いでいる。
ここで。しっかりと。

ショートトリップ (5)


I stayed there only 19 hours.
But I thought it was the timing that I should go.

My role may not always beneficial there.
I do not understand the people who think only short-term gains and losses.

I thank my ex co-worker who came to see me for slight clearance time.
I thank my best friend who always cares about my presence as important.

I'm sure that we connect the time that leads to the future.
At here. With firmly.

ショートトリップ (6)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
関西2

関西13


親しくさせていただいている姐さん@関西在住。
オペラ歌手だった37歳の時に、まったく違う分野で起業したエネルギッシュな人。
お酒を一滴も飲まないのに、酒の肴より美味しいトークで、深夜まで楽しませてくれる。
今度はどんな穴場に連れていってくださるか。
お会いするたびに、ワクワクがとまらない。

関西1


I have a friend who lives in Kansai.
She is an energetic person who had entrepreneurship in the field
completely different when she was 37-year-old.
She does not drink a drop of liquor, but she entertains me until
midnight with her conversation that is more delicious garnishes.
Where will she take me to any secret place next time?
Each time I meet her, excitement does not stop.

関西5-1

関西8

関西7 (2)
Next
アトラクション1-1

アトラクション3-1

アトラクション3-3


日本各地、いたるところにこんな場所がある。
人集めのためと分かっているけれど、これはこれで楽しい。

There is a place like this everywhere, all in Japan.
We know that were made for the artificial entertainment just for
collecting people.
But we enjoyed them.

アトラクション8

アトラクション9
Next
ひるがの1

ひるがの2

ひるがの3


学生時代、冬山でスキー合宿に明け暮れた。
朝から晩まで長くて重たいスキー板をかついで山に登り、全身筋肉痛、満身創痍だった。

夏は解放感いっぱいの、海で過ごすのが好きだった。
サザンを聴きながら照り付ける日差しを浴びて、ドリカムを聴きながら星空の映る海を眺めた。
山は冬にしか登らないものだと決めていた。

今夏、友人に誘われて、ひるがの高原を訪れた。
斜面一杯に咲くゆりの花に魅了され、温泉を独り占めできる幸せに浸った。
朝晩はカーディガンを聞いても肌寒いくらい。
酷暑の都会から解放された場所で、ゆったりとした時間が流れていた。

過ぎゆく夏を惜しむように、線香花火がはかなく揺れた。

ひるがの5

ひるがの7

ひるがの8


School days, I spent all day and night for ski training camp in
winter-mountain.
I went up to the mountain with heavy long skis from morning till night,
holding whole body muscle pain and wounds all over one's body.

I liked to spend by the sea in summer with the freedom feeling.
I was bathed in sunshine while listening to the music of "Southern
All Stars",
And looking at the sea that reflected the starry sky as if the music of
" Dreams Come True".
I assumed to climb the mountain only in winter.

This summer, I was invited to a friend and visited the Hirugano plateau.
I was fascinated by the flower of lily blooming in slope, and immersed in
the happiness that I could hog the hot springs.
It was little chilly in the morning and evening even I wore my cardigan.
The relaxing time was flowing slowly, where was free from the intense heat of the city.

The sparkler burned ephemeral as to regret the summer lapse.

ひるがの10

ひるがの9


Next
沖縄1

沖縄4


昨年訪れた宿で出会ったオーナー御夫妻のお人柄に惚れ込んで、今年もまた
同じ場所を訪れた。
台風の合間を縫って、本島を南から北へ、ハンドルを握る。

不意に襲われた熱中症で朦朧としながらも、昨年と同じ景色をまた見られることに
感謝した旅。
来年もまたこの地で会おう。

沖縄5

沖縄6


Since I was in love to the personality of the owner and his wife whom I met
at the inn where I visited last year, I visited the same place again this year.
With escaping the typhoon, I drove from south to north in Okinawa
main-island.

Though I had lightheadedness by the heat stroke that was attacked
unexpectedly, it was great journey.
We'll meet in this area again next year.

沖縄8

沖縄9

沖縄10
Next
DC-1

DC-2


先月の備忘録。
桜をひとめ見ようと、南へ向かった。
その前の週末が見頃ということだったから、水曜日に行けば満開を少し過ぎたぐらいかと。
塞ぎこんでいた心が少しでも解放されるようにと、期待に胸を膨らませて。

マンハッタンから5時間近く。
その数日前の風雨で、桜の花はすべて散ってしまっていた。
それでも街中のいたる所に春がいて、心がほんわり暖かくなった。

春を追いかけたかったのではなくて、この青い空を見たかったのだと、気付いた。

DC-4

DC-3


Memorandum of last month.
I headed to south to catch a glimpse of the cherry blossom.
Since that was in full bloom last weekend, it might be around a little past
full bloom if I go on Wednesday.
I hoped to be released mind that was in a melancholy mood even a little,
with a heart filled with excitement

It took near 5 hours from Manhattan.
In the wind and rain of a few days ago, the cherry blossoms had fallen all.
Still I found spring everywhere in the city, my heart became warm.

Rather than I wanted to chase the spring, I wanted to see the blue sky,
I noticed.

DC-5

DC-8

DC-6
Next
東京の空4


三が日、がら空きの首都高を走る。
かつて毎週成田まで二往復して、目をつぶっても身体が覚えていた4号線のカーブ。
SUVのハンドルを握ると、あの頃のたくさんの思い出が蘇る。
こんなにも愛おしい東京の空。

「がんばっても がんばっても うまくいかない
でも気付かないところで 誰かがきっと見てる
あの頃みたいに君に 優しく出来ているかな 今も
いちばん大切なのは その笑顔 あの頃と同じ」

年末の同窓会で、20年以上探し続けていた同級生と再会した。
彼もきっとこの空を思い出しながら、東京から遠く離れた土地で頑張ってきたのだと思う。

いろんな人生があったと思う。
でも、無条件に許しあえる仲間達なんだから、いつでも帰れるよ。
それを繋ぐのも、私のミッション。

東京の空1


I drove the Metropolitan highway that was no traffic at the first three days
of a new year.
Even I turned a blind eyes, my body remembered the curve line of #4
highway, by two round trips every week to Narita.
When I gripped the handle of the SUV car, a lot of memories of those
days revived.
I love the Sky of Tokyo very much.

"You feel you don't work even if you do your best.
But someone is watching surely in the place where you do not notice
I wonder I can be kind to you like that time.
The most important thing is your smile is the same as in those days."

At the alumni party in the end of the last year, I reunited with a classmate
that I had been searching for more than 20 years.
I thought he also had been working hard on the away land, while
remembering the sky of Tokyo.

I thought there was a lot of life.
But we are friends who can forgive unconditionally, so please come back
any time.
To connect them is also my mission.

東京の空2
Next