クリスマスの朝、我が家にもサンタクロースがやってきた。
大喜びする末娘と、静かにニヤける男児2人。

プレゼントの興奮も冷めやらぬうちに、空港に向けて出発。
6時間かけて西海岸へ。

TV番組で人気シェフのイタリアンレストランでクリスマスディナー。
生バンドの音楽に酔いしれたいところが、
3時間の時差で、次男は途中から眠りの中へ。

「アメリカは、クリスマスイブが大晦日で、クリスマスが元旦」
友人がそんなことを書いていた。

クリスマスが終わると、ホリデーシーズンも終わる。
日本の正月をすでに羨ましく思う、アメリカで過ごす年末。

写真 2018-12-25 19 43 51


Christmas morning, Santa Claus came also to our house.
Two young boys were quietly smiling while the youngest daughter was delighted.

We departed the airport while the excitement had not gone.
It took six hours to the west coast.

Anyway, we had Christmas dinner together.
Though we wanted to enjoy the music of the jazz live,
With the time difference of 3 hours, the second son got to sleep on the way.

"In the USA, Christmas Eve is New Year's Eve and Christmas is New Year's Day"
My friend wrote such a thing.

When Christmas is over, the holiday season is over.
I already envy Japanese New Year, while I am spending the year-end in America.

写真 2018-12-26 11 14 21

写真 2018-12-26 11 16 21



海外永住 ブログランキングへ "
Next
かつて「寿司麻布」の3代目大将を務めた村上輔(たすく)氏。
米国でも有名な大手企業からヘッドハンティングされて、
「The Lobster Club」のエグゼクティブシェフとなった。

新規オープンから1年が経過。
平日にも関わらず、店内はゲストでいっぱい。
シェフナイトでは我が家でパエリヤを作ってくれるシェフが、
いつもはこんなに大きな店舗で活躍していることが誇らしい。

「アメリカン・ドリーム」を叶えても、
以前とまったく変わらずに慕ってくれるシェフの人柄とその腕を、
私はこれからもずっと応援していたいと思う。

以前の記事

写真 2018-12-17 21 16 22


Mr. Tasuku Murakami who served as the third executive chef of "Sushi Azabu" once.
He was head hunted from a major company in the United States,
he became an executive chef of "The Lobster Club".

One year has passed since the new opening.
Despite weekdays, the inside of the restaurant was full of guests.
At the chef's night, he makes paella in our house.
I am proud that he always actives in such a big store.

Even if he fulfilled "American Dream",
I will support him because he never changed his personality at all.

写真 2018-12-26 11 59 41

写真 2018-12-17 21 26 35



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-12-22 0 19 05


親しくしている寿司シェフの、マイアミ店舗への異動が決まった。
同じ米国内とはいえ、すぐに会える距離でないのは寂しい。

最後に彼の寿司を食べに行った。
驚くほど美味しい寿司を提供してくれる雄姿に、なんだか胸がいっぱい。
こうやって、たくさんのシェフやスタッフが巣立って行く。

12年前に、オーナーと一緒にこの物件を見つけた。
1階にはイタリアンレストラン、地階の空いているスペースをどうしようか。
オーナーの思いつきで、寿司バーを開業し、
あっという間にコアなお客様を獲得した。

オープン前は、工事の遅れと水漏れ事故。
ハリケーン・サンディーで大被害を受けたり、
真冬の凍結で、水道管が破裂したこともあった。
不具合が発生する度に、眠れない夜が続いた。

現場を離れた今でも、こうして慕ってくれるスタッフの皆さんに感謝。
20周年も、幸せに迎えられますように。

写真 2018-12-23 7 44 34

写真 2018-12-23 7 45 51

写真 2018-12-23 7 46 54


The transfer of the familiar sushi chef to the Miami branch was decided.
Although it is within the same US, I feel lonely that it is not a distance to meet soon.

I went to eat his sushi for the last time.
I was impressed that he provided amazingly delicious sushi.
Like this, a lot of chefs and staff graduated here.

I found this property 12 years ago with the owner.
He thought he would have an Italian restaurant on the first floor, and how use the vacant space on the basement floor.
With the owner's idea, we opened a sushi bar,
we quickly got core customers.

Before opening, we had construction delay and water leakage accident.
We were suffered major damage by Hurricane Sandy.
The water pipes burst due to freezing in the midwinter.
Every time a problem occurred, a sleepless nights continued.

Even now I left the site, I thank the staff who welcome me.
I wish you have a happy 20th anniversary soon.

写真 2018-12-21 23 02 03



海外永住 ブログランキングへ "
Next
公私共々予定が立て込む年末年始。
仕事の打ち合わせ、子供の学校行事、月末〆切の報告書作成。
気付くと、スケジュール帳が真っ黒になっている。

でも、少しでも時間があったら、友人に会いたい。
本気で会いたいと思えば、何としてでも時間は作れる。

そんな友人と、隙間時間でお茶を楽しむ空間。
クリムトの「接吻」を横に、ガーリーなプチフール。
偶然お会いしたオーナーとの会話が、また新しい出会いを連れてきた。

会いたい人には会える時に会おう。

写真 2018-12-07 15 15 03

写真 2018-12-07 15 14 41


I have many plan with public and private in this holiday season.
Make work arrangements, school events for children, report on deadlines.
Noticing, the schedule is almost booked.

But, if I have time, I would like to meet a friend.
If you want to see someone seriously, you can make time as you like.

Here is a cafe space to enjoy tea with such friends in an idle time.
Beside Klimt's "kiss", they serve the cute petit cakes.
A conversation with the owner who met by chance, brought me new encounter again.

I will meet friends I want to meet when I can meet.

写真 2018-12-07 15 35 19

写真 2018-12-07 15 35 32

写真 2018-12-07 15 15 14



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-12 19 17 47


Next
敬愛するアニキが、ニューヨークにやって来た。
フロリダ・マイアミビーチのアートバゼルで買い付けた壺の話や、
同行されたアートディレクターの興味深い話。
気温氷点下のマンハッタンで、盛り上がる。

場所は、今夏オープンしたばかりの「鳥幸ニューヨーク」。
マンハッタン・ウェストビレッジ地区。
ドアを開けると、まるで日本にいるかのような錯覚に陥る。

東京レストランツ・ファクトリーが手がける、焼き鳥専門店。
毎日新鮮な鶏を捌いて、肉も骨も内臓の隅々まで調理する。

「ジャパン・クオリティー」を世界に発信して、日本のファンを増やす。
同社のコンセプトは、すでにニューヨーカーの心に届き、
今年ニューヨークでオープンしたベストレストランの1つに選ばれた。

もはや流行でなく、確たる市民権を得ている。
それが「日本食」、そして「ジャパンクオリティ」。

48192568_10216781731040908_4966436092145303552_n

47573827_10216781731720925_6614671775290621952_n

写真 2018-12-08 20 39 35

47572961_10216781732400942_1219651333448007680_n

写真 2018-12-08 20 44 17

写真 2018-12-08 21 55 33


One of my dear friend came to New York.
We talked about the jar that he bought at Art Bazel in Miami Beach, Florida,
Also I was interesting in the story of an accompanying art director.
We really enjoyed our conversation in the cold night in Manhattan.

The place was "Toriko New York" that had just opened this summer.
It is located at the West Village area in Manhattan.
When you open the door, you might fall into an illusion as if you were in Japan.

A yakitori specialty shop handled by "Tokyo Restaurants Factory".
Every day they deal with fresh chickens, cooking meat and bones to every corner of the internal organs.

They will disseminate "Japan Quality" to the world and increase Japanese fans.
The company's concept has already reached the hearts of New Yorkers,
It was chosen as one of the best restaurants that opened this year in New York.

It is no longer an epidemic, and it gained reliable citizenship rights.
That is "Japanese food", and "Japan quality".

スクリーンショット 2018-12-19 10.58.39

©️TORIKO NY


海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-19 19.11.33

©️TORIKO NY
Next
元「嘉日」のシェフ大堂浩樹氏が、「大堂」を英語にした「HALL」、
カジュアルなバーフードを極めたビストロ&バーをオープン。
先月のオープニングレセプションには、溢れるほどの人々が押しかけた。

インテリアを担当したSIMPLICITYの緒方慎一郎氏は、
「WASARA」や「アンダーズ東京」のデザインでも有名。
音響関係にはあの有名な在米日系ミュージシャンが参加。
こじんまりとしたコージーな空間、まさに最高の「HALL」が演出されている。

朝は持ち帰りのできるパンとコーヒー、昼はサンドイッチとバーガー。
夕方17時以降のカクテルタイムでは、お酒に合うバーフード。
それぞれのメニューに、日本人シェフならではのテイストが見え隠れ、
業界屈指のバーテンダーたちが、驚くほどカッコイイのも印象的。

高級懐石料理の「odo」と「HALL」は、キッチンが繋がっていて、
常に大堂シェフの目の届くところで、出来立ての料理が提供される。

世界のグルメが注目する35歳日本人シェフの挑戦を、
この距離から応援し続けたい。

HALL
17 West 20th Street

写真 2018-11-08 20 32 12

写真 2018-11-08 20 32 02


Mr. Hiroki Odo, former the chef of "Kajitsu", "HALL" who made "Odo" in English,
Opened a casual bar hood bistro & bar.
To the opening reception last month, overflowing people pushed.

Mr. Shinichiro Ogata of SIMPLICITY who was in charge of the interior, is famous for the design of "WASARA" and "Andaz Tokyo".
A famous Japanese musician, lives in New York, participates in the music and sound system.
Small cozy space, exactly the best "HALL" has been produced.

They serve "to-go" coffee and pastries in the morning, sandwiches and burger at noon,
In the evening cocktail time after 17 o'clock, bar food that suits wine and cocktails.
In each menu, we feel the taste unique to Japanese chef,
The bartenders are surprisingly cool, too.

The luxury kaiseki restaurant "odo" and "HALL" are connected with the kitchen,
Always the fresh cuisine is offered where Chef Odo's eyes can reach.

To the challenge of a 35-years-old Japanese chef whose gourmet in the world is paying attention to,
I also want to keep supporting from this distance.

HALL
17 West 20th Street

写真 2018-11-08 20 21 12

写真 2018-11-08 20 20 18



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-09 08.12.55

Next
写真 2018-12-05 20 45 51

写真 2018-12-05 21 40 16


「僕が27歳の時、美香さんが「応援するから、いつか一緒にやろうよ」と
言ってくださったこと、ずっと覚えているんです。
あんな小僧の夢を聞いてくれたことが、嬉しかったんです」
35歳になったシェフ大堂浩樹氏が、念願のお店をオープンさせた。

精進料理「嘉日」のシェフとして、ミシュラン星を獲得し続けた。
究極の懐石料理でニューヨーカーのグルメ達をうならせた後、
いつか自分のお店を開けたいのだと、ずっと腕を磨いて来た。

人を応援するというのは、細く長く、ずっと大事な関係を続けることだと思う。
ブームになってから飛び付くのではなく、その人に会い、好きになって、
ずっと変わらない距離感で、人に伝え続けることなのだと思う。

あの時の出会いとその想いを、シェフ大堂氏がずっと忘れないでいてくれて、
まだテストオープンの段階で、先にお披露目したいと声をかけてくれた。

シェフ大堂の名前から「HALL」と名付けられたバー&ビストロを抜ける。
扉の向こう側、最上級の空間でのおもてなし。それが「odo」。

バックに素晴らしいチカラがついているのも、
たくさんの仲間が彼を本当に支えたいとしているのも、
すべて彼自身の才能と実力と人望だから。

このタイミングでオープンできたのは、本当に幸先が良い。
素晴らしい料理と空間と想いを共にしたいから。
ニューヨークの新しい隠れ家で、新しい歴史が始まった。

*御予約はこちらから。

写真 2018-12-05 20 08 37

写真 2018-12-05 20 16 14

写真 2018-12-05 20 29 58

写真 2018-12-07 11 29 34


"When I was 27 years old, Mika says," I'll cheer, so let's do it together someday," I always remember what you said.
I was happy that you seriously encouraged me for the dream of such a boy. "
Mr. Hiroki Odo, a 35-year-old chef, finally opened his restaurant in New York.

As a chef of the vegetarian Japanese Kaiseki "Kajitsu", he continued to win Michelin stars.
After getting many fans of New Yorkers with the ultimate Kaiseki cuisine,
He had brushed his skill to open his own restaurant someday.

To cheering for people, I think that it is important to continue to be good relationship for a long time.
Not catching at the boom, from when you meet that person,
you should keep telling people, with a same sense of distance for a long time.

Chef Odo has been constantly remembering the encounter and the thought at that time,
Before the opening in public, he asked me to experience his new restaurant earlier.

You pass through the bar & bistro "HALL" named from the chef Odo.
Beyond the door, hospitality in the superlative space is produced. That's "odo".

There has a wonderful power of his supporters,
A lot of people want to support him truly.
All because of his own talent, ability and privilege.

He was truly auspicious that he opened his restaurant at this timing.
We will be able to share great cuisine and passion with great space.
At a new hideout in New York, a new history has begun.

Please click here to make reservation.

写真 2018-12-05 20 41 15

写真 2018-12-05 21 07 30

写真 2018-12-05 21 17 29

写真 2018-12-05 21 24 01

写真 2018-12-05 21 38 15

写真 2018-12-05 21 50 57

写真 2018-12-05 22 11 02



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-05 22 12 53

写真 2018-12-05 22 17 03

写真 2018-12-05 22 36 02

写真 2018-12-05 22 24 08

写真 2018-12-05 21 27 23

写真 2018-12-05 21 40 21
Next
写真 2018-10-18 23 23 26


3年前の大晦日に1本の記事をアップした。
タイトルは、「道のり”0から1へ”」

開業前から10年近く見守ってきたお店が閉店して、
私は少し行き場を失ってしまった。
階下の寿司屋は継続して営業されていたけれど、
一緒に歩いてきた仲間のほとんどが、そこを離れてしまったから。

結局、ビルは売却されずに、1階はほぼ空き家の状態だった。
試行錯誤の末、もう一度自分たちで運営することが決まり、
3年ぶりにそこに新しい風が送り込まれた。

リローンチのお披露目パーティーは、クローズド企画だったにも関わらず、
開業当時からの顧客120名以上が押し寄せた。
DJが軽快な音楽を操り、寿司シェフが新鮮な握り寿司をふるまう。

私は久しぶりにそこのメンバーに再会して、泣きそうだった。
一緒に不動産を探して歩いた仲間が、今でも凛々しく活躍している。
新卒で入った仲間が、今ではGMになって店舗の指揮を取っている。
あの頃一緒に働いた仲間が、一度離れた後またこの場所に戻ってきている。

人の御縁の素晴らしさに、改めて感動した夜。
外気温8度、木枯らしの吹くトライベッカの石畳に、たくさんの歴史を重ねる。

新しく生まれ変わった寿司麻布のプライベートダイニングローム。
ご家族やお仲間での御利用を、お待ちしております。

お問い合わせはこちら。

写真 2018-10-18 20 53 18

写真 2018-10-18 20 52 17

写真 2018-10-18 21 38 13


I uploaded one article on New Year's Eve three years ago.

The title is "The Road, from 0 to 1".

After the restaurant that I had been supporting nearly 10 years from the start of business closed,
I have lost my passion a little.
Although the downstairs Sushi bar was open continuously,
Most of the companions who worked together have left there.

Eventually, the building was not sold, the first floor had been almost empty for three years.
After trial and error, they decided to operate there by themselves again,
New wind was sent there for the first time in three years.

Despite the reunion showcase party was closed event,
More than 120 customers came up.
DJ manipulated cool music and the sushi chef served freshly held sushi.

When I met the PDS members there, I almost cried.
A guy who had walked together looking for real estate are still working in the US now.
A guy who entered as a new graduate has now become the GM and are taking command of the restaurant.
Ex co-workers who worked together in those days have returned to this place again after they left for a while.

It was a special night for me that I was impressed again in the splendor of the people's edge.
Outdoor temperature was 8 degrees.
I walked on the cobblestone in Tribeca that reminded me our history.

Please enjoy newly reborn "Private dining room" at Sushi Azabu.

Please DM for inquiries and more details.

写真 2018-10-18 20 53 45

写真 2018-10-18 21 19 08

写真 2018-10-18 22 42 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-19 10 38 07



Next
「EN Japanese Brasserie」のシェフ安陪弘樹氏は、ニューヨーカーに根強い人気がある。
料理の腕はもちろんだけれど、
損得勘定なく人を紹介するきっぷの良さが、シェフ業界にしては珍しい。

ロサンゼルス店舗「Chateau HANARE」の開業準備のために、
彼が西海岸に移して半年、ニューヨークの街は少し静かだった。
毎月最終火曜日に開催されるシェフズカウンターもクローズのままだった。

安陪シェフが、たった1日だけの「アベズキッチン」を開催。
半年ぶりの企画の告知に、一晩で予約の席が埋まった。
日系人は私と友人の席だけで、あとは皆「世界の食通」といった面々。

キャビアマカロンに始まり、ウニトーストの燻製、ノドグロの刺身。
フォアグラ手巻き、最後は栗最中とカボチャのアイスクリーム。
これでもかというほど、好物がずらっと並んで全部で15品。

ニューヨークで日本の秋の味覚を楽しむ機会。
西海岸でさらに腕を上げた安陪シェフの「おもてなし力」はさすがだった。

写真 2018-10-30 12 20 47


Mr. Hiroki Abe, a chef of "EN Japanese Brasserie" is very popular in New Yorkers.
Not to mention the cooking skill,
His character, introducing people without profit account, is unusual for the chef industry.

To prepare for the opening of the Los Angeles brunch "Chateau HANARE "
For six months after he moved to the west coast, the city of New York was a bit quiet.
The chefs counter to be held on the last Tuesday of every month was also closed.

"Chef Abe will hold 'Abe's Kitchen' only for one day."
Because people heard that announcement for the first time in half a year, the seat of the reservation was booked in one night.
Japanese were only me and my friend, and all other guests were like "food gourmet in the world class".

Beginning with Caviar macaron, Smoked sea urchin toast, Sashimi of Nodogro.
Foie gras hand roll, last is a chestnuts sweets and pumpkin ice cream.
Even so much, my favorite 15 dishes were served.

It was an opportunities to enjoy the Japanese taste of fall in New York.
The "hospitality power" of Chef Abe who raised his skill of cooking on the west coast was amazing.

写真 2018-10-30 12 17 23

写真 2018-10-30 12 17 53

写真 2018-10-30 12 18 39

写真 2018-10-30 12 19 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-16 20 14 06


Next
シェフ栗本清氏との出会いは、2001年頃。
彼が料理長を務めていた銀座のイタリアンレストラン「FARO」で、
日本で食するイタリアンの可能性を、たくさん学ばせていただいた。

レストラン視察で訪米した彼とニューヨークで再会した時、
両手にたくさんの花束を抱えて登場した姿は、忘れられない。
欧米慣れした紳士のふるまいに、学ぶことが多かった。

その後、彼が店を変わる度に、新しい料理に会いに行った。
イタリアンの真髄は変わらないから、そこに懐かしさが漂う。

東京ステーションホテルの地下一階、「エノテカ・ノリーオ」。
都会のど真ん中で、ゆったりとした時間をいただく。
ウェルカムシャンペンからデザートまで、
職人とは、ブレない料理を貫き通すことだと、つくづく思う。

エノテカノリーオ Enoteca NORIO

写真 2018-09-12 12 41 18

写真 2018-09-12 13 01 29

写真 2018-09-12 13 50 49


I encountered with Chef, Mr. Kiyoshi Kurimoto, around 2001.
At the Italian restaurant "FARO" in Ginza where he served as the chef,
I learned a lot about the possibilities of Italian food in Japan.

When we met again in New York of his visiting during a restaurant research,
I could not forget his appearance of holding a lot of bouquets in both hands.
By the behavior of the gentleman accustomed to the West, I learned a lot.

After that, every time he changed the restaurant, I went to see new cuisine.
Because the essence of Italian food was unchanged, there was nostalgia there.

"Enoteca / NORIO" underground floor of the Tokyo Station Hotel.
In the middle of the city, we got a relaxing time.
From welcome champagne to dessert,
I truly believe that he, craftsmanship, serves a stubborn food forever.

写真 2018-09-12 13 53 58



海外永住 ブログランキングへ "
Next
ニューヨークの老舗フレンチレストラン、ジャン・ジョルジュで
スーシェフまで務め上げた米澤文雄氏。
2014年にジャン・ジョルジュ東京がオープンした時には、
エグゼクティブシェフに就任した。
シェフズカウンターの向こうにいる彼の笑顔に会いたくて、
機会があればお店にお伺いした。

今春、NYイベントのことで彼に相談を持ちかけた。
いつも通り親身になって、対応してくれた。
その時に、実は新しい門出を考えていることを打ち明けてくれた。

満を持して今月、青山に炭火焼のお店「The Burn」がオープン。
天井の高い設計、バーカウンターの位置どりなど、
NYスタイルを感じさせる店内は、地下でも開放感がいっぱい。

炭火焼で仕上げる国産牛の熟成肉が一押し。
ポーク、チキン、手長エビ、魚、オーガニック野菜。
香ばしい料理に、サラダやパスタが並ぶと、BBQパーティーのよう。
すべての料理の塩加減が絶妙で、お酒が進む。

お客様で溢れかえる店内。
激務の間にも、満面の笑みで各テーブルまで御挨拶に回る。
米澤氏の気配りと、サービススタッフのおもてなしは秀逸。
予約が取れなくなる前に、ぜひ足をお運び下さい。

The Burn Home Page

写真 2018-09-13 22 48 38


At New York's long-established French restaurant, Jean Georges,
Mr. Fumio Yonezawa worked as sous-chef.
When Jean-Georges Tokyo opened in 2014,
He took office as an executive chef.
I wanted to see his smile on the other side of the Chef's Counter,
If I had the opportunity I tried to go to the restaurant.

This spring, I asked him to discuss about the NY event.
As usual he was kind, and responded.
At that time, he revealed that he actually thought of a new career.

This month, he opened a charcoal grill restaurant "The Burn" at Aoyama in Tokyo.
High ceiling design, position of bar counter, etc.,
Inside the store that makes you feel NY style, there are lots of opening feelings even it is in the basement.

Aged meat of domestic cattle finishing with charcoal grilling is highly recommended.
Pork, chicken, freshwater shrimp, fish, organic vegetables.
It is like a BBQ party when salads and pasta line up in a savory dish.
Salt of all dishes is exquisite, and it works with alcohol so well.

Inside the restaurant overflows with customers.
Even during hard work, he goes to greetings to each table with a full smile.
Mr. Yonezawa's attentiveness and service staff's hospitality are excellent.

Please come and try to taste his new stage.

写真 2018-09-13 22 48 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-13 20 24 56

Next
シェフ藤木千夏氏から電話があるのは、たいていニューヨークの午後遅く。
日本で東の空が白くなる頃まで、毎日働いているから。

新店舗のオープン前にも、彼女がSOSを出してきた。
SolaからUmiへと変化していく過程、大きなプレッシャーがあったに違いない。

新ブランドのコンセプトを考えている彼女に、会わせたい人がいた。
オープンしたら一緒にお店に連れて行くからね、と。

千夏シェフの料理は、いつも優しい。
生命の原点・海から産み出される素材が、穏やかに身体に浸透する。

お粥から始まり、素麺で締めるフランス料理。
唯一無二のおもてなしで、心がゆっくりと洗われる。

アグレッシブな人間関係に疲れた時も、ここに駆け込むことにしよう。

写真 2018-08-14 6 19 50

写真 2018-08-14 6 32 51

写真 2018-08-14 6 55 04

写真 2018-08-14 7 13 03

写真 2018-08-14 7 38 29

写真 2018-08-14 8 02 34

写真 2018-08-14 8 29 29


When I get a phone call from Chef Chinatsu Fujiki, it is always late afternoon in New York time.
Because she works every day until the eastern sky turns white in Japan.

Even before opening a new store, she asked me to help.
In the process of changing from Sola to Umi, there must have been a lot of pressure.

There was a person that I wanted to introduce to Chinatsu while thinking of the concept of a new brand.
I promised I would take her to the new restaurant together.

The dish of the Chinatsu chef is always kind.
Origin of life · The material born from the sea gently infiltrates the body.

It is French cuisine starting with porridge and finishing with noodles.
With one and only hospitality, the heart is washed slowly.

Even when I am tired of aggressive human relations, I had better to come here.

写真 2018-08-14 10 09 15



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-14 6 55 29

写真 2018-08-14 6 55 33

Next
まったく予習なし、行き当たりばったりの北海道。
どこに行っても、食事は間違いなく美味しい。

写真 2018-07-27 21 09 12


We went to Hokkaido without any preparations at all.
No matter where we go, the meal was definitely delicious.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-25 15 05 53

写真 2018-07-25 15 03 37

札幌市内のパン屋さんでも、ソフトクリームが美味しい。結構高いけど。
写真 2018-07-26 14 58 38

写真 2018-07-26 14 45 40

写真 2018-07-26 14 32 28

写真 2018-07-26 14 59 01

ニセコで紅茶のルピシアがレストランをやっていた。突然発見して入ったら大当たり。
Next
小学校の修学旅行で、初めて沖縄に行った。
当時の沖縄には、まだホテルもほとんどなくて、
アパートを改良しただけの民宿は、とても気味が悪かった。

あの頃の沖縄にも、きっと美味しい食事はあったのだろうけれど、
小学生の団体旅行に出される食事に、まるで美しい思い出がない。

時代が経過して、沖縄は日本随一の観光地になった。
美しい海と、温厚な人々、そして美味しい酒と食事。
そんな常識が当たり前になったことを、つくづく噛み締める。

生きていればこそ、時の流れを体感できるのだと。

写真 2018-08-18 9 00 21


I went to Okinawa for the first time on a farewell trip of elementary school.
At that time in Okinawa, there were still few hotels,
The inn which was just improving the apartment was very creepy.

I guess there was also a delicious meal in Okinawa at that time,
Elementary school students' group meals were devoid of beautiful memories in the meal.

With the passage of time, Okinawa became the best tourist destination in Japan.
Beautiful sea, heartful people, and tasty sake and meals.
I grab the fact that such common sense became commonplace.

It is only by living that we can experience the flow of time.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-07-10 23 20 25


福岡県、有明海の広がる街で生まれ育った少女が、
食べたこともないフランス料理に恋をして海を渡った。

ミシュラン星レストラン「Sola」の吉武広樹シェフに認められ、
スーシェフとして活躍した後に、また海を越えて帰国した。

恵比寿の小さな一軒家にオープンした藤木千夏シェフのお店。
すべての生命体の原点、海、生み。
海が繋げてくれた技術と味が、新しいストーリーを発信する。

素材を活かすというだけでない、すべてに優しい味がする魔法は、
きっとお祖母様から伝えられた、彼女だけの秘技。

昨年のRED-U35で「岸朝子賞」を受賞した実力はお墨付き。

千夏シェフの前途を祝して、東京の夏に乾杯しよう。

Restaurant Umi ホームページ

写真 2018-07-16 10 48 26

写真 2018-07-16 10 48 58


A girl who grew up in a town near Ariake Ocean in Fukuoka prefecture,
She fell in love with French cuisine she never ate and crossed the sea.

She worked with Hiroki Yoshitake, the chef of Michelin star restaurant "Sola" in Paris,
After working as a sous-chef, she returned home across the ocean.

Chef Chinatsu Fujiki's restaurant opened in a small house in Ebisu, Tokyo.
Origin of all life forms, sea, birth.
The technology and taste that were connected by the ocean will make a new story.

Not only to make use of the food material, she knows the magic that makes all tastes gentle.
Her secret magic was surely told by her grandmother.

She won the "Award of Asko Kishi" at last year's RED-U 35.
Let us celebrate the prospect of the Chef Chinatsu, and cheer to the summer of Tokyo.

写真 2018-07-10 23 59 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next
「人の心を掴むには胃袋から」と言われるように、
人間は胃袋が満足している場所で、心が満たされる。
自分が求めている料理があれば、そこで生きていける。

中嶋シェフに出会っていなければ、
私はもうとっくに日本に帰っていたかもしれない。
息をするのも苦しいほど傷付いていた時に、
彼の握る寿司は、胃袋をそっと癒してくれた。

あれから20年近くの月日が経過して、
ニューヨークには数多くの名寿司店と寿司シェフが参入した。
ミシュラン星を獲得し、予約の取れない店もたくさんあるし、
年に一度の御褒美でも行けないぐらい高い店もたくさんある。

でも私は、自分の原点を思い出す時に、ここに戻ってきたいと思う。
胃袋と心が満たされる場所、まさにここが「ホーム」だから。

以前の記事

写真 2018-06-14 22 57 42

写真 2018-06-14 23 01 12



As it is said that "The way to a man's heart is through his stomach.",
When a human being is satisfied with a stomach, his heart is filled.
If you have the food you are looking for, you can live there.

Unless I met a Sushi Chef, Mr. Nakajima Nakajima,
I may have already returned to Japan.
When I was wound my heart deeply,
His sushi gently healed my stomach.

About 20 years have passed since then,
Many sushi restaurants and sushi chefs have entered New York.
There are many restaurants that have Michelin stars and cannot make reservations.
There are plenty of restaurants that we cannot be reached even once a year.

But I want to return here when I recall my own origin.
The place where the stomach and mind can be filled, exactly this is "home".

写真 2018-06-30 11 46 57

写真 2018-06-30 11 48 16

写真 2018-06-30 11 49 04



海外永住 ブログランキングへ "
Next
春にニューヨークで講演をされた塩沼亮潤氏と再会。
爽やかな初夏の風が吹くミッドタウンで、精進料理を堪能。

4月に新しく就任した総料理長と若女将のおもてなし。
「大峯千日回峰行」を遂行された大阿闍梨のお話。
すべて悟りの境地から、心の声が伝えられる。

こんな時間を共有させていただける境遇に感謝。
仙台の慈眼寺での再会を約束して、大阿闍梨は西海岸へ。
私はまたしばらくここで踏ん張ろう。

写真 2018-06-12 12 09 44

写真 2018-06-12 12 21 49
写真 2018-06-12 12 38 28

写真 2018-06-12 12 51 57


I reunited with Mr. Ryojun Shionuma who was lectured in New York in spring.
In the midtown where a refreshing early summer wind blew, we enjoyed Japanese Vegan Cuisine.

The new chef Abe, who took that position in April and his wife gave us a great hospitality.
Mr.Shionuma told me the experience of "The 1000 Day Circumambulation".
Everything from the enlightenment point, gave me the voice of the heart.

I appreciated the circumstances that I could share such time.
We promised a reunion in Jigen Temple in Sendai, Mr.Shionuma left to the west coast.
I will also go over here in New York for a while.

写真 2018-06-12 13 29 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-12 14 24 27

Next
写真 2018-06-03 17 54 44

写真 2018-06-03 17 59 34


これまでたくさんの飲食業関係者と関わらせていただいたけれど、
ホスピタリティー最上の方といえば、ここの経営者御夫妻。

先代が築き上げてきた日系の火鉢レストランを、
先代亡き後そのまま受け継ぎ、そのまま愛されるレストランとして存続させる。
浮き沈みの激しい飲食業界において、それがいかに困難なことであるか。

惜しみなく顧客同士を紹介したり、常にハッピーな場面を演出する。
だからオーナー夫妻の周りには、いつもハッピーな仲間が集まってくる。

いくつになっても、おめでとうの言葉を言っていただくのは嬉しくて。
今宵もまた誕生日の余韻に浸っていられる。

写真 2018-06-03 18 52 16

写真 2018-06-03 18 57 02


Although I have involved with many people concerned with food and beverage industry,
Speaking of the best hospitality person, the owner couple of this restaurant.

The Japanese BBQ restaurant built by his father-in-law, survived as a restaurant
to be loved as it was.
We know how difficult it is in the drinking industry where the ups and downs are intense.

He introduces his customers kindly and constantly produces happy scenes.
So happy friends always gather around the owners and his family.

No matter how old I am, I'm happy to get the congratulations' words.
I will be immersed in the reverberation of my birthday again.

写真 2018-06-03 18 33 08

写真 2018-06-03 19 08 29

写真 2018-06-03 19 15 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-03 20 04 19

Next
写真 2018-06-07 19 34 20


ミートパッキングとチェルシーからは少し離れている、
この地域を何と呼ぶのか分からない。

小さな間口の階段を降りた半地下のような空間に、
ひっそり佇む懐石和食屋がある。

ガラス越しに見える小さな坪庭を囲むように、
清潔感あふれるシンプルなダイニングが迎えてくれる。

季節の野菜を中心に、彩りよく配置された前菜のバスケット。
蕎麦の実リゾット、刺身の盛り合わせ。
ボリュームあるメインの後に、さらに締めの寿司。

演出たっぷりの懐石料理は、大人の会話がよく似合う。
隣にいた男女グループのかっこよさが、この店の人気層を象徴していた。

写真 2018-06-07 19 52 21

写真 2018-06-07 20 05 58

写真 2018-06-07 20 25 59

写真 2018-06-07 20 46 54

写真 2018-06-07 21 03 42

写真 2018-06-07 21 04 31

写真 2018-06-07 21 27 50

写真 2018-06-07 21 53 06


It is located a little away from Meat packing or Chelsea area,
I do not know what's name of this area.

In a space like semi-underground that got off the stairs of a small entrance,
There is a Japanese Kaiseki restaurant with quietly standing.

Surrounding the small Japanese yard seen through the glass,
A simple dining room with a sense of cleanliness welcomes you.

A basket of appetizers arranged in color with a focus on seasonal vegetables.
Buckwheat risotto, platter of sashimi.
After the main dish, they serve sushi pieces.

Kaiseki cuisine suits adult conversation well.
The coolness of the group of men and women next table symbolized the popularity
of this restaurant.

写真 2018-06-07 20 59 28

写真 2018-06-07 22 27 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-07 22 28 54

Next
写真 2018-05-30 13 11 30

写真 2018-05-30 16 06 36


イーストビレッジで人気の寿司屋「くら」のオーナーが、
2年半前にオープンしたのが、うどん屋「らく」だった。
友人がインテリアスタイリングを手がけた店内は、
うどんをサーブするには上品過ぎるくらいモダンな空間で、
ビレッジにたまる若者たちを中心に、いつも長い列ができていた。

2号店はソーホーの中心地。
奥行きのある細長い店内は、中央にバーカウンターが配置され、
大人がゆったりとした時間を過ごせるための配慮が感じられる。

日本酒やワイン、そして前菜のメニューが充実していて、
メインのうどんに行き着く前に、すでに腹八分目を超えそうな勢い。

友人が趣向を凝らしたアートや調度品の苦労話を聞きながら、
この店の主軸となって働くメンバーが、日本人でないことにも驚く。
日本食文化は、世界というボーダーをとっくに越えているのだろう。

同じチームが展開する「デザートバー」も、まもなくオープン予定。
飛躍し続ける彼らのレポートが、楽しみでならない。

RAKU 1号店開業時の記事

写真 2018-05-30 15 33 30

写真 2018-05-30 15 40 17

写真 2018-05-30 16 06 20


The owners of popular sushi restaurant "Kura" at East Village,
opened a Udon restaurant "RAKU" two and a half years ago.
Inside the store where my friend handled interior styling,
To serve Udon is a modern space that is too elegant,
There are always long lines, mainly young people who active at the East Village.

The second store is in the center of Soho.
In the narrow space with depth, a bar counter is arranged in the center.
Familiarity for adults to spend relaxing time is felt.

The menu of sake and wine, and appetizers is substantial,
Before reaching the main Udon, you might be full of stomach.

While listening to the project story of art and furniture that friends have experienced,
I am also surprised that the members who work as the main axis of this restaurant are not Japanese.
I guess Japanese food culture has long passed beyond the world border.

"Desert bar" developed by the same team will be opened soon.
I look forward to hear their continuing leap reports.

写真 2018-05-30 15 40 03

写真 2018-05-30 15 39 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-06-08 15 11 21


Next
写真 2018-05-16 11 33 06


思うところあって、最後はここに行き着いた。
ウェストビレッジ、ハドソン川沿いにあるフレンチアメリカンのお店は、
ジャン・ジョルジュ氏の息子、セドリック氏が料理長を務めることで有名。

ハドソン川の向こうに見えるサンセットシーンを思い描きながら、
ここで生まれるストーリーを妄想してみる。

世に新しい感動を伝えるために。
チームのために、最善を尽くそう。

写真 2018-05-16 11 31 52


Since there was something we thought, we came here at the end.
West Village, French American Cuisine restaurant along the Hudson River,
It is famous as for Mr. Cedric who is the son of Mr. Jean Georges serving as a chef.

While imagining the sunset scene that can be seen beyond the Hudson River,
I try to deliberate the story that will be born here.

To convey the new impression to the world.
We will do the best for our team.

写真 2018-05-16 11 32 58



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-16 10 09 13


ロウアーイーストサイドに、若者が集まるようになって久しいけれど、
911米国同時多発テロでワールドトレードセンターが崩壊して以来、
ダウンタウンからマンハッタンを見上げるような機会はなかった。

でも、このホテルが出来てから、ニューヨーカーの動きが変わった。
ここのルーフトップバーで過ごすことが、ステータスになり、
サンセットや夜景を求めて、たくさんの人で溢れかえる。

パブリックホテルの中にあるパブリックキッチン。
洗練されたシンプルモダンのダイナーの中で、
ここでもジャン・ジョルジュ氏プロデュースの料理が食べられる。

あくまでもホテルゲストを狙って、朝食と夕食だけをサービスする。
ここに集まるお洒落な人達を眺めているのが楽しい、そんな空間。

写真 2018-05-16 10 52 22


Young people have gathered to the Lower East Side for a long time,
Since the collapse of the World Trade Center due to the September 11 terrorist attacks in the United States,
there was no opportunity to look up Manhattan from downtown.

But, after this hotel was made, the movement of New Yorkers changed.
Staying at the roof top bar here became the status.
Looking for sunset and night view, plenty of people gather there.

It is the Public Kitchen in the PUBLIC Hotel.
In the sophisticated simple modern diner,
Again, we can eat the dish produced by the chef, Jean Georges.

They only serve breakfast and dinner, aiming to get hotel guests.
It is fun to watch stylish people gathered here, such a space.

写真 2018-05-16 10 31 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-15 20 29 38


ジャン・ジョルジュ氏が、1991年にニューヨークに初めて開いたレストラン。
彼の幼少期の呼び名が、そのまま店の名前になり、
アッパーイーストサイドのタウンハウスは、上質な迎賓館のような造りだった。

ニューヨークで留学生をしていた2000年頃、
NY駐在中の日系商社マンに連れて行っていただいたのが最初だった。
どんなに背伸びをしても、その場にふさわしくない自分を知った。

一流レストランのサーバー達は、一流のサービスをするのが当然で。
きっとお見通しだったけれど、私を一流の女性として扱ってくれた。
いつか、そのサービスにふさわしい女性になりたいと心底思った。

近年、リノベーションされたその場所は、
以前よりずっとモダンかつカジュアルを意識して造られた空間になっていた。
白を基調に、壁にはモノトーンの絵がかかり、
きっと誰もが幼少の頃を思い出す、ホーミーな雰囲気が演出されている。

フランス、アルザス出身のシェフは、世界中での挑戦を続けているけれど、
きっとここニューヨークが、第二の故郷なのかもしれない。

冷静にサービスを見渡せるようになった今、
在米18年という年月の重みを改めて感じた。

翌朝の胃もたれの心配がないライトフレンチともいえる料理メニューは、
ネイバーに毎日通って欲しいという想いが集結しているようだった。

写真 2018-05-15 21 19 19 (1)

写真 2018-05-15 21 43 02

写真 2018-05-15 21 45 07 (1)


"JO JO" was the first New York restaurant of Jean Georges, opened in 1991.
His early childhood nickname became the name of the shop as it was,
The upper east side town house was like a fine guest house.

In around 2000 when I was an international student in New York,
I went there for the first time with a Japanese trading company man living in NY.
No matter how I pretended to be an adult lady, I knew myself not fit for the occasion.

The servers of the first-rate restaurant were reasonable to do first-class service.
It was probably a prospect, but they treated me as a top-notch woman.
Someday I thought I wanted to be a woman suitable for that service.

In recent years, the place renovated,
It was a space built with consciousness of modern and casual much more than before.
Based on white, painting of monotone on walls,
Surely everyone remembers childhood, a homely atmosphere has been directed.

For a chef from Alsace, France, who continues to challenge all over the world,
Perhaps here New York might be the second home.

Now that I could calmly overlook the service,
I felt again the weight of the year and month of 18 years in the United States.

The menu that there is no worry of stomach next morning can be said to be light French Cuisine.
It seemed that the desire of Chef that wish neighbors can come through everyday gathered together.

写真 2018-05-15 23 09 41



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-15 13 15 23

写真 2018-05-20 6 56 50


2018年度のミシュランアワードが発表された時、
長年3つ星をキープしていた大御所が星を1つ落としたことに、
ニューヨーカーは騒然とした。
でも、だからこそ、その理由を知りたくて人が訪れる。

トランプ大統領所有のトランプホテルの一角で、
コロンバスサークルとセントラルパークを一望できるロケーション。
真っ白を基調にした店内は、ゲストで溢れかえっている。
隣席との距離が近いテーブル配置が、余計にその活気を盛り上げる。

ビジネス会食をするスーツ姿の男性陣。
ひたすら写真を撮っているアジア人観光客。
全身青と緑のコーディネートというユニークな中年カップル。
目のやり場に困ってしまう、熱いムード満載の二人。
それぞれが、それぞれの世界観を演出している。

前菜とメインディッシュ、スパイスのよく効いた挑戦的な味付けが、
持ち込んだNZワインに本当によくマッチしていた。
最後のデザートの色合いも、まさにNYフレンチの骨頂。

ニューヨーカーは、常に新しいものを求めている。
3つ星奪回を目指すJGの挑戦が、きっと将来に繋がっていく。

写真 2018-05-15 13 35 06

写真 2018-05-15 13 36 13


When the 2018 Michelin Awards were announced,
The long-established restaurant that kept 3 stars for many years dropped one star,
New Yorkers were so surprised.
But that is why people want to go to know the reason.

It is located in one corner of President Trump 's own Trump Hotel,
A location overlooking Columbus Circle and Central Park.
The inside of the shop based on pure white is overflowing with guests.
The table arrangement that is closer to the next seat increases the liveliness unnecessarily.

Men's group who had a business lunch in a suit.
Asian tourists who took pictures all the time.
A unique middle-aged couple that coordinated the whole body blue and green.
Two people who troubled my eyes with hot moods.
Each was directing their view of the world.

Appetizer and main dish, spicy well-effective challenging flavor,
It really matched the NZ wine that we brought in.
The color of the last dessert was exactly the tip of NY French.

New Yorkers are constantly seeking something new.
The challenge of JG aiming to recapture three stars will surely lead to the future.

写真 2018-05-20 6 57 00

写真 2018-05-15 14 15 55



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-15 0 36 06


2004年オープン。2006年ミシュラン3つ星獲得。
以来、不動の地位を築き上げている大御所レストラン。
予約待ち3ヶ月という人気も、ずっと変わらない。

料理は日替わりのおまかせコースのみ。
セントラルパークを見下ろすゆったりとした店内で、
毎晩、たくさんの物語が生まれているのだろう。

ミッションは、ニュージーランド産の赤ワインとのマリアージュ。
メルローとカベルネ・ソーヴィニヨン主体のブレンドワインには、
スパイスの効いた濃厚なソースがよく似合う。
フォアグラ、小鳩、岡崎和牛。

NYフレンチからの新しい発見。
そしてNZワインへの愛が深まっていく。

写真 2018-05-14 21 06 20


PER SE has opened in 2004, and it acquired three stars of Michelin in 2016.
Since then, the restaurant building up a steadfast position.
The popularity of 3 months waiting for reservation has not changed for a long time.

The menu is only for the Daily Chef's Course.
In a spacious restaurant overlooking Central Park,
A lot of stories are born every night.

Mission is marriage with red wine from New Zealand.
For Merlot and Cabernet · Sauvignon-based blended wines,
Spicy rich sauce suits well.
Foie gras, Pigeon, Okazaki Wagyu.

New discoveries from NY French Cuisine.
And love for NZ wine deepens.

写真 2018-05-18 9 08 44

写真 2018-05-18 9 09 26

写真 2018-05-18 9 10 21



海外永住 ブログランキングへ "
Next
嫁ぎ先の本家、先祖は代々江戸に続く家で、
墓地は大田区、本籍は品川区にある。
生粋の江戸っ子の縄張りは、かつての私には縁遠い場所だったけれど、
長い年月を経て、今は日本滞在のベースになっている。

五反田駅から徒歩5分の立地に、焼鳥ではない鳥料理のお店がある。
路面店ではないのに、店内は常連客で溢れていて、
このお店がいかに地元の人に愛されているかが分かる。

名物とも言える前菜の盛り合わせでは、
鶏肉の酢〆、漬け、たたき、レバー、白和え、南蛮漬け、おはぎ。
これでもかというほど見事にアレンジされた鳥料理が並ぶ。
ささみフライ、棒棒鶏、メインの鴨すき、卵とじ御飯。

「鳥は、ここまで美味しくなれる」
総料理長のお人柄が垣間見れるサービスに、心が温かくなった。
人情味のある東京の街、胃袋の故郷は、やっぱりここなんだと思う。

写真 2018-05-08 6 35 10

写真 2018-05-08 6 55 59

写真 2018-05-08 7 10 44


My parents-in-low, my ancestors are households who often follow Edo,
The cemetery is in Ota Ward and the domicile is in Shinagawa Ward.
The area of Edo people was a place far away from me in the past.
After many years, now the center of Tokyo area is the basis of my staying in Japan.

Located a 5-minute walk from Gotanda Station, there is a chicken cuisine restaurant that is not Yakitori.
Although it was not a roadside store, the inside of the restaurant was full of regular customers,
I could see how this shop was loved by locals.

In the assortment of appetizers which can also be called specialties,
Chicken is cooked in many ways, vinegar marinated, soy sauce dipping, carpaccio, levers, Nanban, Ohagi.
The chicken cuisine arranged like this is also splendidly arranged.
We chose the duck Sukiyaki for the main course.

"Chicken can be delicious in various way"
My heart became warm for the service with the personality of the chef.
I think that the town of Tokyo with a human nature, is still here as the hometown of the stomach.

写真 2018-05-08 7 37 43

写真 2018-05-08 8 24 11

写真 2018-05-08 8 39 59



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-08 15 39 00
Next
仲間と集まる時、およそ6人以内が理想だという。
8人になると、否応なしにも話が別れてしまうから、
大事な話を共有したければ、小さくまとまるのが賢明だと。

土砂降りの東京で、お粥を食べながら語り合う。
昔の思い出話だけでなく、今のアップデートが楽しい仲間たち。
時差ボケで頭がまわっていなかったけれど、
そこいられるだけで嬉しい、20年後もきっとこうしている。

初めて食べたトムヤンクンのお粥が美味しすぎて、
今でも脳内が、あの味を探している。

粥麺楽屋 喜々

写真 2018-05-07 21 11 45


About six people or less is ideal when gathering with friends.
As the number of people reaches 8, the story will break up inevitably,
If you want to share an important story, it is wise to make it small.

We discussed while eating rice porridge in a rainy day in Tokyo.
We enjoyed the updating, besides old memories.
Although my head was not turning due to jet lag,
I was happy just being able to be there.
And we will certainly do as same after 20 years.

The porridge of "tom yum goong" I ate for the first time was too tasty,
Even now the brain is looking for that taste.

写真 2018-05-12 6 36 13



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-30 13 52 31


私の母は、小学生の時から家事一切を任されてきた。
戦争未亡人の祖母と、幼い2人の妹を支える食事作り。
見よう見まねで覚えた、いわゆるレシピのないメニュー。
生活は貧しく、外食という言葉すら知らなかったと言う。

私が幼少の頃も、我が家の食卓はいつも地味だった。
全体的に茶色が中心の和食ばかりで、華やかさとは無縁。
カレーとハンバーグを洋食だと喜ぶくらいだったけれど、
そこに会話があったから、幸せだった。

大人になるにつれて、少しずつ外の世界が広がった。
それまでの概念を覆すイタリアンやフレンチに出会い、
世の中にはこんなにも美味しいものが溢れているのだと知った。

イタリアの街かどで食するイタリアンは、どれもハズレがない。
イタリア人が作ったイタリアンだから、当たり前なのかもしれないけれど、
その国の食べ物を愛する気持ちが、その美味しさをより向上させる。

でもどんな味でも、食べ続けると飽きてしまうのか。
脳内では、母が作ってくれたナポリタンの味を思い出していた。

写真 2018-05-05 14 45 39

写真 2018-05-05 14 47 16

写真 2018-05-05 14 50 25


My mother has been appointed to do all the housework from the time of elementary school.
She cooked meals to support her mother of the widow and two young sisters.
It was without a so-called recipe that she learned from her life.
Her life was not wealthy, she says she did not even know the word of eating out.

When I was young, our dining table was always modest.
Just Japanese food with a central brown on the whole, nothing to do with ornate.
Although it was pleasant that curry and hamburger was a Western-style meal,
I was happy because there was a conversation there.

As I grew up, the outside world spread little by little.
I met Italian and French dishes overturning the concept before then,
I learned that there were so many delicious things in the world.

Italian food to eat in the town of Italy, there are no losers.
It is an Italian food made by Italy people, so it may be natural,
The feeling of loving the food of that country further improves its taste.

But whatever the taste you get bored with keeping eating.
In the brain, I remembered the taste of Napolitan that my mother made.

写真 2018-05-05 14 50 57

写真 2018-05-05 14 53 21

写真 2018-05-05 14 54 10

写真 2018-05-05 14 55 07



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-31 20 24 03

写真 2018-03-31 20 24 44

写真 2018-03-31 22 16 35


イタリアのレストランは、いろいろな呼称がある。
高級な順に、リストランテ、トラットリア、オステリア。
オステリアというと、日本の居酒屋、食堂のような店を想像する。

きっとここは、意図的に「オステリア」と名付けているだけで、
その実態はリストランテ以上。
ニッチな品揃えのワインが並ぶ、モダンな店内。
フュージョンイタリアンというべき、洗練された料理がサーブされる。

オススメのテイスティングコースを堪能した後、
ホテルまで帰る足を探すのに一苦労。それも旅の醍醐味か。

写真 2018-03-31 20 37 24

写真 2018-03-31 20 37 40

写真 2018-03-31 20 37 47

写真 2018-03-31 20 53 51

写真 2018-03-31 21 06 41


Italian restaurants have various designations.
Ristorante, Trattoria, Osteria.
When you see Osteria, imagine a shop like a Japanese tavern and cafeteria.

Surely this place is intentionally named "Osteria"
The actual situation is over Ristorante.
It is a modern shop where lots of niche wines line up.
Sophisticated cuisine is said to be called Fusion Italian.

After enjoying the recommended tasting course,
I had a hard time finding cab to return to the hotel. That might be the real pleasure of traveling as well.

写真 2018-03-31 21 17 05

写真 2018-03-31 21 35 27 (1)

写真 2018-03-31 22 02 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-31 22 21 49

写真 2018-03-31 22 30 49

写真 2018-03-31 22 48 32
Next
写真 2018-04-14 19 09 54


世界一予約の取れないレストラン「エル・ブジ」のフェラン・アドリア氏に師事。
東京・南麻布の「山田チカラ」やJAL機内食メニューで人気のシェフ、
山田チカラ氏が満を持して、ニューヨークに待望の店をオープンした。

ニューヨークで美味しい天婦羅は食べられるようになったけれど、
これまで美味しい串揚げを提供している店には出会ったことがない。

「茶の湯」をコンセプトに、茶懐石スタイルの料理としつらえ。
前菜「スパニッシュオムレツ」の独創性にど肝を抜かれ、
素材や旬を大事にした串揚げにも個性がたっぷり。
締めのチラシ寿司とデザートまで、
チカラ氏の心が感じられるメニュー構成が際立っていた。

お酒とのペアリング技術も、極めて秀逸。
ようやく暖かくなってきたニューヨークで、
最後は中庭でお抹茶をいただくのが乙だろう。

ニューヨークに、また新しい風がやってきた。

YAMADA CHIKARA
249 East 49th Street, New York, NY10017
808-366-2637

写真 2018-04-14 22 56 02

写真 2018-04-14 19 16 58


Chef Chikara Yamada studied under Mr. Ferran Adria of " El Bulli " restaurant
which was very difficult to be reserved in the world.
(" El Bulli " is the three stars restaurant in Spain.)
He is very popular as the chef of "Yamada Chikara" in Tokyo / Minami Azabu,
and we can enjoy his food at the JAL in-flight menu,
And then, he finally opened a long-awaited restaurant in New York.

Although Tempura was able to eat in New York,
I have never met a restaurant that offers delicious fried skewer.

Based on the concept of "tea ceremony", he serves tea kaiseki style cuisine.
I was impressed the originality of the appetizer 'Spanish Omelet'
I also found his personality in deep-fried skewers that cherish materials and seasons.
Including the Chirashi sushi and dessert,
The menu composition felt Mr. Chikara's heart was standing out.

Pairing skills with alcohol are also excellent.
In New York, which has finally become warmer,
you can enjoy the matcha in the courtyard at the end.

A new wind came to New York.

YAMADA CHIKARA
249 East 49th Street, New York, NY10017
808-366-2637

写真 2018-04-14 19 20 35

写真 2018-04-19 9 43 09

写真 2018-04-19 9 31 27

写真 2018-04-14 21 32 45

写真 2018-04-14 22 06 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-04-14 22 57 58



Next