写真 2019-10-24 23 15 37

写真 2019-10-24 23 15 46


細く、長く、応援し続けているシェフのお店を訪問する。

ニューヨーク近郊、ローカルの食材だけを使用したメニュー。

大切な友人と過ごす大切な時間は、とっておきのシェフのもとで。

写真 2019-10-24 20 52 12

写真 2019-10-24 21 03 57

写真 2019-10-24 21 13 54

写真 2019-10-24 21 42 40

写真 2019-10-24 21 45 13


We visited a chef's restaurant that I've supported long time.

He supplies a menu that uses only local ingredients near New York.

I love to spend my precious time with my precious friends at my precious chef's place.

写真 2019-10-24 22 21 44


写真 2019-10-24 22 39 13

写真 2019-10-24 22 52 04

写真 2019-10-24 23 00 31

写真 2019-10-24 23 15 11



人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-24 20 49 50

Next
スクリーンショット 2019-10-21 12.30.50


米国進出プロジェクトにお声がけいただいたのが2006年。
2008年にニューヨーク店舗を開業してから、ロス、マイアミ、ホノルル等、
米国に事業展開する様子を、近くと遠くから見守ってきた。

数年前から、外部から入ってきた経営者が指揮棒を振り出したため、
私は少しだけ距離を置いて、それでも愛を持って様子を見ていた。

日本から送られてくるスタッフも、現地採用のスタッフも、
皆それぞれ慕ってくれるから、可愛くて、大好きで、
私は精一杯自分なりの方法で、親しみを込めて応援してきた。

先月末、経営者陣が大幅に入れ替わったという知らせを受けた。
現場から離れていたこの数年間にも、内部事情はたくさん聞いてきたけれど、
上層部が変わったとしても、彼らのスタンダードはまったく変わりない。

いつもの笑顔でお客様を迎え入れ、いつもと同じ美味しさを提供する。
顧客の9割は非日系人で、男性客の多さが一過性の人気でないことの証明。
地元に愛される店舗作りをしてきた現場スタッフの尽力が、
これからもずっと実を結び続けますようにと願う。

開業12年目を迎え、今ではトライベッカで最も愛されている寿司店舗。
Sushi Azabuの未来に乾杯。

写真 2019-10-10 20 41 56

写真 2019-10-10 20 55 55

写真 2019-10-10 21 25 31

写真 2019-10-10 21 54 42


In 2006, I was asked to support the US expansion project by the owner.
Since opening the New York store in 2008, Los Angeles, Miami, Honolulu, etc.
I have been watching their business in the US from near and far away.

A few years ago, a manager who came in from the outside created new team,
I have been a little away and still looked with love.

Since I have loved the staff sent from Japan and the locally hired staff, I have been cheering in my own way.

At the end of last month, I was informed that the management team had changed significantly.
I have heard a lot about the internal situation in the last few years when I was away from the site,
Even if the management team changes, their standards remain the same.

They welcome customers with their usual smiles and offer the same deliciousness as usual.
Ninety percent of customers are non-Japanese, and it is proved that they have big number of male customers is not a temporary popularity.
To the efforts of the field staff who have been making stores loved by the locals,
I hope it will continue to be in success.

Now in its 12th year, "Sushi Azabu" is now the most beloved sushi restaurant in Tribeca.
Cheers for the future of "Sushi Azabu".

写真 2019-10-21 12 24 28


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 22 11 39

写真 2019-10-10 22 56 59 (1)
Next
写真 2019-09-27 21 04 16


ニューヨークに来て間もない頃、この街に馴染めずに、何度も涙した。
人も文化も刺激的だったし、少しずつ友達も増えていったのに、
どこか孤独で、どこか満たされない、空虚な気持ちがつきまとっていた。

みんな異人種で、みんな「仮住まい」に身を寄せて、日々を過ごす。
「人類のるつぼ」と呼ばれる街だから、ここにいる誰しもがきっと、
少なからず同じような気持ちを抱えて生きているのかもしれない。

そんな空虚な気持ちの隙間を埋めるのには、胃袋を満たすのが一番だった。
同郷の仲間と一緒に、故郷の味を探して、郷里の話で盛り上がる。
胃袋が温まると、心も温かくなり、また明日から頑張ろうと思い直す。

ソーホーより北側、若者が集うワシントン広場の近くに、
当時の「牛若丸」があって、ゲイの友人に誘われて行ったのが最初だった。
ネタもシャリも大きめで、いつもアメリカ人が行列を作っていた。

チェルシー地区と呼ばれる現在の場所に引っ越してからも、
常連は現地の人だらけで、日系人に出くわすことは滅多にない。

「日本の味」は、今や「世界の味」になり、世界の人の胃袋を満たしている。
そんな光景を見ながら、改めて自分が歳を重ねてきた歴史を顧みる。

写真 2019-09-27 20 25 43 (1)

写真 2019-09-27 20 31 03

写真 2019-09-27 20 40 19

写真 2019-09-28 15 35 08

写真 2019-09-27 21 50 06


When I first came to New York, I didn't get used to the city and I cried many times.
The people and culture were exciting, and I got friends little by little.
But somewhat lonely, somewhere unsatisfied, there was an empty feeling.

Everyone is interracial and everyone spends their days living in “temporary home”.
Because it is a city called "Human Crucible", everyone here must be living with the same feelings.

Filling the stomach was the best way to fill such empty feelings.
Along with friends from the same town, we searched for the taste of hometown and were excited about Japanese theme.
When the stomach was warmed up, my heart was warmed up, and I thought I would try again from tomorrow.

At the north of Soho, near Washington Square where young people gather,
There was Sushi restaurant “Ushiwakamaru” at the time.
I was invited by a gay friend to go there at the first time.
The sashimi and shari(rice) were large, and many Americans always made a line.

Even after their moving to the current location called Chelsea,
Regulars are full of local people and rarely encounter Japanese people.

“Japanese taste” is now “World taste” and fills the stomachs of the world.
While looking at such a scene, I look back on the history that I have been aged.

写真 2019-09-27 22 11 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-04 21 41 26

写真 2019-04-04 22 48 45

写真 2019-04-04 22 12 52

写真 2019-04-04 22 27 58
Next
写真 2019-08-21 6 59 27

写真 2019-08-21 7 09 41

写真 2019-08-21 7 09 45

写真 2019-08-21 7 23 28

写真 2019-08-21 7 36 56


「とっておきの店を予約したから、この日は空けておいて」
夏の終わり、楽しみにしていた麻布十番の店を訪れた。

2ヶ月前からリザーブしてくださったその席は、なんとルーフトップ。
たった4名の私たちのために、オーナーが自ら肉を焼いてくださる。

ジンギスカンやラム、マトンと聞くと、
固くて臭みの強い、クセのある肉というイメージが強いけれど、
ここで提供されるのは、国内消費量わずか1%の国産羊肉と、
オーストラリア産のなかでも、特に厳選された良質な肉のみ。

「羊の夜明け」「羊に光を」
店名に込められた想いと羊肉の物語を語るオーナーの熱意と、
集った友人とのお喋りが本当に有意義で、楽しい一夜だった。

東京で一番美味しいお店。オススメだけれど教えたくないお店。

写真 2019-08-21 7 37 32

写真 2019-08-21 7 37 57



“I made a reservation for a special restaurant, so please leave this day open.”
At the end of summer, we visited there at Azabu Juban I was looking forward to.

The seat that has been reserved for two months ago was a rooftop.
For only four of us, the owner cooked and served the meal himself.

When you hear Genghis Khan, Lamb and Mutton,
Although it has a strong image of hard, odorous and peculiar meat,
The offer here was domestic lamb with only 1% domestic consumption,
or only the finest meats from Australia, especially carefully selected.

"Dawn of sheep" "Light to sheep"
The owner's enthusiasm telling the story behind the store and the story of the lamb,
The talk with the friends I gathered was really meaningful and it was a fun night.

It is the most delicious Lamb restaurant in Tokyo.
Also, it is a restaurant that I recommend but don't want to tell.

写真 2019-08-21 8 48 31

写真 2019-08-21 8 38 17

写真 2019-08-21 7 52 52

写真 2019-08-21 7 52 37

写真 2019-08-21 9 37 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-21 7 40 23

写真 2019-08-21 8 23 05

写真 2019-08-21 8 28 28
Next
神奈川大学で有名な東急東横線白楽駅から徒歩5分。
私の従兄が経営しているハンバーグ屋がある。

大人になってからは、従兄弟たちに頻繁に会うこともないけれど、
我が子たちが、夏に一度はここに行きたいと言い出す。

ジューシーで肉の旨みを存分に楽しめる、粗挽きのハンバーグ。
「日本一のハンバーグ」だと絶賛する子供たちに、
従兄は「世界一、宇宙一のハンバーグを目指すよ」と嬉しそう。

こんな家族がいるだけで、幸せ。
我が一族は、みんなどこか飲食業に近いところにいるのも不思議。

写真 2019-08-17 18 35 59


A 5-minute walk from Hakuraku Station on the Tokyu Toyoko Line, famous for its Kanagawa University.
There is a hamburger restaurant run by my cousin.

Though I don't often see my cousins recently,
My children say they want to go here once in the summer.

Coarsely ground hamburger that is juicy and we can fully enjoy the taste of meat.
To children who are acclaimed as “the best hamburger in Japan”
My cousin seems to be happy, "I'm aiming for the best hamburger in the world and the universe."

Just having such a family makes me happy.
It's strange that our family is somewhere close to the restaurant business.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
高校時代の仲間が、密かに集まる会合がある。

私はもちろん、定期的に参加することは出来ないけれど、
タイミングが合えば、声をかけてもらえるのが嬉しい。

出身地を愛する仲間が、自分たちの出身地を称えたり、
時にはけなしたりして、他愛ない話をして盛り上がる。

損得勘定のない、純粋な絆で繋がっているから、信頼できる。
この仲間から、明日への英気を補充してもらっている。

写真 2019-08-16 22 57 53


There is a dinner meeting called "Hitsujiya no kai" where friends from high school gather.

Of course I can't participate regularly,
If the timing is right, I'm happy to be asked to join there from fellows.

Friends who love their hometown honor their hometown,
Sometimes it gets messed up,
and it’s exciting to talk about other things.

It is reliable because it is connected with a pure edge with no loss account.
This fellow has been supplementing my spirit of tomorrow.

写真 2019-08-16 22 57 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-16 23 10 34
Next
写真 2019-10-08 8 01 08


前もって旅行の計画を立てることは、あまりしない。
予定通りに進まずにストレスをためこむよりも、
その日の気分で、臨機応変にスケジュールを組むのが気楽だ。

地元の人に教えてもらった美味しいお店や見どころを、
記憶に残しておくことは至難の業だから、
せめて写真に残して、次回のヒントにしておこう。

写真 2019-10-08 7 59 27


I don't often plan my trips in advance.
Rather than storing stress without going on schedule,
It ’s easy to create a schedule that fits the mood of the day.

It's hard to keep in memory for delicious restarats and highlights taught by locals.
So at least I leave them in the photo and use them as a hint for the next time.

写真 2019-10-08 7 54 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-08 7 55 31

写真 2019-10-08 7 56 49


写真 2019-10-08 7 58 40
Next
写真 2019-07-22 19 21 18


この数年、沖縄での夕飯はここで食べると決めている。

牛の内臓に、こんなに名前が付いているとは知らなかった。
そして、オックステールラーメンの美味なこと。

来年も、きっとここに来よう。

写真 2019-07-22 19 29 46

写真 2019-07-22 19 35 03

写真 2019-07-22 19 42 58

写真 2019-07-22 19 49 57

写真 2019-07-22 20 00 33

写真 2019-07-24 6 51 44



For the last few years, We decided to eat dinner here when we are in Okinawa.

I didn't know that the internal organs of the cow were so named with many kinds.
And the taste of oxtail ramen is very yummy.

I'm sure we will come here next year.

写真 2019-07-22 20 18 22


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-22 20 07 36
Next
写真 2019-07-17 13 19 21


都内ホテルの中に、こんな隠れ家的な寿司バーがあることを知らなかった。
浜離宮の景色を眺めながら、今朝築地から仕入れたばかりのネタを堪能。

一緒にそこにいるメンバーが大好き過ぎて、楽し過ぎた。
幸せな時間は、あっという間に終わってしまう。

写真 2019-09-28 15 22 52


I didn't know that there was such a hidden sushi bar in a hotel in Tokyo.
While enjoying the view of Hamarikyu, we can enjoy the material just purchased from Tsukiji this morning.

I loved the members who were there together and was too much fun.
Happy time ends in no time.
人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-28 15 25 40

Next
ニューヨーク店舗創業12年目を迎えたSUSHI AZABU。
トライベッカに人気のレストランが次々とオープンしていた開業当時。
住居用のビルは、まだまだ少なかった。

現在は高級コンドが建ち並び、セレブリティが住む街になった。
倉庫街とマフィアの多い危険なエリアとして有名だったのに、
いつしかマンハッタンで最も安全なエリアと言われるほど変化した。

町の住民が変われば、飲食店のニーズも変化する。
人気の寿司屋は相変わらず予約の取れない店が多いなか、
寿司を食べに来るニューヨーカーに、もっと日本酒のことを知って欲しいと、
SUSHI AZABUの1階に「SANKAKU SAKE BAR」がオープンした。

地元のファンがたくさん訪れて、オフィシャルオープンのお祝い。
また新しい歴史が始まるこの店の展望を、いつまでも見守っていきたい。

スクリーンショット 2019-07-03 20.28.13


SUSHI AZABU has reached its 12th year in New York.
At the time of opening when popular restaurants in Tribeca were opened one after another, there were still few residential buildings.

Today, luxury condos are lined up and become a city where celebrities live.
Although it was famous as a warehouse area and a dangerous area with a lot of mafia before,
It has changed to be called the safest area in Manhattan.

As the residents of the town change, the needs of the restaurant also change.
While popular sushi restaurant still have been booked every day,
To let New Yorkers who come to eat sushi to know more about sake,
"SANKAKU SAKE BAR" has opened on the first floor of SUSHI AZABU.

Many local fans visit and celebrated the official opening.
I also would like to keep an eye on their prospects where a new history begins.

写真 2019-06-26 19 52 37

写真 2019-06-26 19 52 42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-04 9 23 36

Next
写真 2019-04-11 22 16 10


ここに来ると、なぜか幼少の頃に住んでいた都営住宅を思い出す。
近所に寿司屋があって、祖母に来客があるときだけ出前を取っていた。
祖母とお客様は寿司を食べて、私たちは横で普通の御飯を食べた。

小学校高学年になった頃に、父が一度だけカウンターに座らせてくれた。
目の前にある値段表は、必ず右からオーダーするものだと教えられた。
キュウリ、かんぴょう、タマゴ、カニカマ、納豆巻き。
安いネタから始まるから、刺身に行き着く前に、満腹になってしまう。

そんな思い出を回顧するのは、きっとこのカウンターの雰囲気なのだろう。
昔と違い、頑固で愛想の悪い職人気質は、今の時代には流行らない。
物腰柔らかに話をする雰囲気が、近所にあった寿司屋のおじさんに似ている。

かつて某メディア局の重鎮と何度か通ったお店。
カウンターで、値段表を右から選べないのが、少し寂しい。

写真 2019-04-11 20 14 01

写真 2019-04-11 20 19 59

写真 2019-04-11 20 20 21

写真 2019-06-30 8 29 38

写真 2019-06-30 8 30 25


"Sasabune" sushi restaurant reminds me the old house that I had lived long time ago.
There was a sushi restaurant in the neighborhood and my grandmother took a delivery only when she had guests.
My grandmother and guests ate sushi, and we ate a regular meal next to them.

When I was in elementary school, my father took us at the sushi counter only once.
He taught us that people always order sushi on the price list from the right to the left.

The price list in front of you was told that you always order from the right.
Cucumber, Kanpyo, egg, fish cake, natto roll.
It starts with cheap stuff, so we get full before we get to sashimi.

It was probably because of the atmosphere of this counter that I look back on such memories.
Unlike in the past, a stubborn, unfriendly job-popularity does not prevail in the current era.
The atmosphere to talk softly was similar to a sushi chef of a sushi restaurant who was in the neighborhood.

This was a restaurant that once I went through with the Media staff.
It was a bit lonely that I could not choose the price list from the right at the counter.

写真 2019-04-11 22 16 03


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-11 22 16 16
Next
写真 2019-06-06 19 55 28


マンハッタンのボンドストリートとグレートジョーンズストリート。
ソーホー地区より少し北にある2本のストリートの充実ぶりがすごい。

美味しいレストランを探し歩くと、地元民で大盛況の店ばかりだし、
夕方早い時間から立ち飲みで賑わうバーがいくつもある。
1ユニット数ミリオンドルの新築コンドミニアムを横目に、
石畳を歩くのも楽しい。

移りゆく街の新旧を垣間見ながら、アメリカン料理の進化を感じる
充実の空間がここにある。

写真 2019-06-06 20 40 21

写真 2019-06-06 20 40 26
写真 2019-06-06 20 40 32

写真 2019-06-06 21 10 23

写真 2019-06-06 21 10 28


There are Bond Street and Great Jones Street in Manhattan.
The fulfillment of two streets a little north of Soho is amazing.

If you walk to look for a good restaurant, you can find there are thriving local restaurants there.
There are a number of bars that are crowded with drinks from the early evening hours.
Watching newly built condominiums with million dollars, it is fun to walk on the cobblestone.

A glimpse of the new and old of the moving city, I feel the evolution of American cuisine
Here is a space of fulfillment.

写真 2019-06-06 21 49 39


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-06-05 22 41 02

写真 2019-06-05 22 42 14


「パワーランチ」という言葉を生み出したことでも有名なレストラン、
「FOUR SEASONS」の跡地に、巨大なフードグループが介入して、
「THE GRILL」「THE POND」「THE LOBSTER CLUB」の3店舗を開業。

そんな大きなニュースが飛び込んできたのが、2017年春のこと。
ニューヨーカーにとって思い入れのあるレストランの再生に、
誰もが注目していたに違いない。

いつもはキッチンの裏側から見せてもらっているメインダイニングで、
初めて食事をいただく機会があった。

旨みの詰まったキノコや野菜をギュッと絞ったソースとチーズを、
目の前で和えてサーブしてくれる絶品「プレス・パスタ」。
大きなドームから切り分けてくれる「プライムリブ」は、
火の通り方、ジューシーな肉汁のバランスも完璧で、
おそらくニューヨークで一番と言えるほど印象深い味わいだった。

米国景気の象徴のような豪華なしつらえと豪華な客層。
この国の力強さを目と舌と肌で感じる、そんな時間の体験だった。

写真 2019-06-07 19 20 08

写真 2019-06-07 19 29 18

写真 2019-06-07 19 49 01


The restaurant "FOUR SEASON" was famous that produced the word "power lunch".
"Major Food Group" intervened on the site of "FOUR SEASONS", and they opened 3 stores "THE GRILL" "THE POND" "THE LOBSTER CLUB".

We got such a big news in the spring of 2017.
For the rebirth of the restaurant that New Yorkers have a passion,
Everyone must have been caring.

Though I usually see the main dining room from the back of the kitchen, I had the opportunity to eat there for the first time.

"PASTA A LA PRESSE" was an excellent menu that served with a finely squeezed sauce and cheese, just in front of us.

"PRIME RIB" that cut through the large dome in front of you,
The way of fire, the balance of juicy meat juice is perfect.
It was probably an impressive taste to say the best in New York.

Luxurious interiors and luxurious customers such as the symbol of the US economy.
It was an experience of such time to feel the strength of this country with eyes, tongue and skin.

写真 2019-06-07 19 31 54

写真 2019-06-07 19 32 15

写真 2019-06-07 19 49 58

写真 2019-06-07 19 51 34

写真 2019-06-07 19 50 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-06-07 20 58 33

Next
写真 2019-05-16 21 28 09

写真 2019-05-16 21 41 53

写真 2019-05-16 21 54 46


前回ここに来たのはいつだろう。
そういうことを考えると、つくづく月日の経過の早さを感じてしまう。

昨年末のオープン以来、半年ぶりに訪れた隠れ家。
手の込んだ料理、一品一品すべてに感動をもらう。

この隠れ家の背景に、どんな大物プロデューサーが関わっているとか、
この隠れ家を愛する人に、どれほどの大物の名前が連なっているとか、
そんなことは、一切関係ない。

大堂シェフが長年変わらない謙虚な姿勢で向き合ってくださること。
そこに最大限の敬意を払い、私はずっと彼を応援していたい。

風薫る季節の素晴らしいメニュー、素晴らしい時間に感謝を。

写真 2019-05-16 23 00 38

写真 2019-05-16 22 00 33

写真 2019-05-16 22 30 15

写真 2019-05-16 22 47 51


When did I here last time?
When I think about that, I feel the speed of the passing of the day and time.

To a retreat that has been visited for the first time in six months since the opening late last year.
I was impressed by the elaborate dishes, one item and one item.

What big producers are involved in the background of this hideout,
To those who love this hideout, how many big names are connected,
That doesn't matter at all.

Chef Odo faces me in a humble attitude that has not changed for many years.
Paying the utmost respect there, I want to support him all the time.

Thank you for the wonderful menu of the seasons and the wonderful moment.

写真 2019-05-16 23 05 46

写真 2019-05-16 23 27 46

写真 2019-05-16 23 49 36


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-16 21 48 08

写真 2019-05-16 23 39 54
Next
米国では子供の誕生会に非常に力を入れている家庭が多い。
子供の意思というよりも、親の手腕のお披露目のような企画が多く、
人気の場所で、たくさんの友人を招いて、数千ドルを注ぎ込む。

我が家ではずっと、その類の誕生会を開いてあげる余裕はなかったけれど、
子供達も、誕生日だからといって、何かを欲しがるということもなかった。

でも親の役目として、彼らの経験値を増やしてあげることも必要だから、
少し背伸びしたお店で、「美味しい時間」というプレゼントを贈る。

彼らの胸に刻まれるこの時間が、いつか何かの支えになってくれますように。

写真 2019-05-23 18 13 31


In the United States, there are many families that put great emphasis on children's birthday parties.
There are many birthday plans like the protagonists of the parents, rather than the children's intentions,
In a popular place, they invite tons of friends and pay thousands of dollars.

We have never had money to hold a big birthday party for my kids,
The children did not want anything just because they were birthdays.

But because it is also necessary to increase their experience points as a parent role,
We give them a present called "Delicious Time" at the good restaurant.

I hope this time, engraved on their chests, will support them someday.

写真 2019-06-09 10 27 04

写真 2019-06-09 10 28 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
オードリーヘップバーンが、コーヒーとクロワッサンをほおばりながら、
ニューヨーク5番街のティファニー本店前を歩く。
映画「ティファニーで朝食を」の名シーンは、まさにこの地で誕生した。

歴史に残る店舗に初めて足を運んだ時の胸の高揚は、今でも覚えている。
初めて手にしたブルーボックスを、ずっと捨てられなかった。

近隣にあるトランプタワーの厳重警戒体制で、客足が減ったティファニーが、
3年がかりで本店の大改装を行うと発表したのが昨年の夏。
その大切なポジションに、友人の御主人が大抜擢された。

ということで、その友人らと、久しぶりに「ティファニーで朝食を」。
アジア人ゲストの多さに驚きながら、世界で一番優雅な朝食を堪能。

大好きな友人との会話が、何よりのご馳走。
素敵な時間を、ありがとう。

写真 2019-05-03 10 53 40

写真 2019-05-03 11 19 34

写真 2019-05-03 12 09 48

Audrey Hepburn welcomes coffee and croissants,
Walk in front of Tiffany Main Store on 5th Avenue in New York.
The famous scene of the movie "Breakfast at Tiffany" was born right here.

I still remember the rise of my heart when I first went to a store in history.
I could not throw away the blue box I had for the first time.

Tiffany, who has a reduced number of customers, is in close proximity to the nearby Trump Tower.
It was last summer that we announced that we will carry out a major renovation of our main office in three years.
The master of a friend was greatly selected in the important position.

So with that friend, after a long time "breakfast at Tiffany".
Enjoy the most elegant breakfast in the world while being surprised by the large number of Asian guests.

The conversation with my favorite friend is a treat for me.
Thank you for a wonderful time.

写真 2019-05-03 12 31 17


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-03 20 28 57
Next
拙著出版の際に大いにお世話になった小学館の方が御来訪された。
私よりもずっと、ニューヨークの流行りを御存知だから、
リクエストされる場所は、ローカル人気のところばかり。

そんな彼女たちから、ニューヨークのとある情報を尋ねられた。
ここでは書けないような、ニューヨーク在住者のみのぞ知る内容。
こんな情報をシェアできるのも、ここにいる醍醐味。

外は土砂降り、生憎のお天気続きだけれども、
日本からのお客様は、いつも元気を持ってきてくださる。

写真 2019-05-02 19 59 25


The members of Shogakukan who were greatly indebted when I published my book came to visit to New York.
They know the epidemic of New York more than me,
The places they requested were only local popular places.

They asked me some information about New York.
Contents that only New York residents know that cannot be written here.
The fact that we can share this kind of information was the real pleasure here.

It was raining outside, but
Visitors from Japan always bring me a huge energy.

写真 2019-05-02 21 21 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-03-27 21 26 25

先付け(セロリ青煮・あさり・黄にら・おひたし)
写真 2019-03-27 21 41 36

前菜(蛍烏賊串焼き・焼ヤングコーン・鰻有馬煮を揚げ餅で・アスパラガス・湯葉・お浸し・
塩雲丹バター・お出汁茶碗蒸し・銀鱈・ちぎり梅)
写真 2019-03-27 22 01 29

お椀(グラスフィードアンガス牛しゃぶしゃぶ仕立て・炙り豆腐・茶種・白髪ねぎ・針生姜)
写真 2019-03-27 22 13 56

お造り(盛り合わせ)
写真 2019-03-27 22 27 42


かつて何度も通った店なのに、これまで一度も記事にしたことがなかった。
それぐらい「隠れ家にしておきたい店」だった。

日本食ブームの火付け役とも言える、イーストビレッジの懐石料理店。
12年間トップを務めてきた園シェフが、3月一杯で卒業するというニュースに、
多くの在ニューヨーク・食通たちは動揺した。

慌てて最後の予約を取ろうにも、思うようにスケジュールを調整できなくて、
どうにか駆け込みで間に合った、最後の食事会。

至れり尽くせりの懐石コース、前菜からデザートまで8品。
一皿一皿に、日本の味と心を感じながら、最後まで堪能させていただいた。

園さんほど、たくさんのシェフと顧客に慕われ、尊敬されている人を知らない。
カウンター越しに見えるトレードマークの白髪と笑顔が、相変わらず素敵だった。

これから始まる新しいステージを、応援しています。

写真 2019-03-27 23 02 23

強肴(尼鯛一汐焼き・焼き筍と新若芽の若狭餡・桜花・あられお焦げ)
写真 2019-03-27 23 16 26

止肴(紋甲いか・クレソン・りんごのぬた味噌・吸い酢)
写真 2019-03-27 23 33 43

お食事(さごし柚庵味噌焼き・揚げ小角里芋の釜炊きご飯・なめこ赤だし・香の物)
写真 2019-03-27 23 36 45

デザート(苺と抹茶のパフェ)
写真 2019-03-28 0 16 43


It was a famous Japanese restaurant that I used to visit many times, but I have never written an article before.
That was the "restaurant I want to hide away".

That's Kaiseki restaurant in East Village can be said it made the catalyst for the Japanese food boom.
Many New Yorkers were shocked by the news that the chef Chikara Sono, who had been the top for 12 years, will graduate at the end of March.

We could not adjust my schedule as we thought, even if we try to make our last reservation.
It was the last dinner meeting we managed to make in time.

His Kaiseki course was perfect and 8 dishes from appetizers to desserts.
We enjoyed them to the end while feeling the taste and spirit of Japan one by one.

Mr.Sono is the best one who is respected and loved by many chefs and customers.
His trademark gray hair and smile seen over the counter was still as nice as ever.

We will support the new stage that starts from here.

写真 2019-03-28 0 48 01

写真 2019-03-28 0 47 55


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Eater Article

写真 2019-03-27 21 24 13

Next
プライベートで会う友人は、そんなに多くない。
みんな忙しくて、他人のことに構ってなんかいられない。

ドライな人間関係に、心が疲れている時、
ふと声をかけてくれる友人に救われる。

ただ会って、食事して、気軽な話をして。
「またね」と言って別れる。

社交辞令はいらない。
本当に声をかけてくれる人に、また会いたい。

写真 2019-03-21 13 44 02


There are not many friends I meet in private.
I know everyone is busy and cannot afford to be concerned with others.

When my heart was tired of dry relationships,
I was saved by the friend who ask me to hang out.

We just meet, eat and talk casually.
We say "see you soon".

I don't like using a diplomatic remarks.
I really want to see someone who ask me seriously.

写真 2019-03-25 13 48 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
『BANGIA』というのは、韓国語で「半地下」のことらしい。
ここでひっそり、こっそり、友人と食事をするのが好き。

韓国ビールとチーズトッボッキで、至福の時を。

何を食べるかでなくて、誰と食べるかが大事。
大切な人と、一緒に過ごす時間が好き。

写真 2019-02-22 18 44 12

写真 2019-02-22 19 00 28


"BANGIA" means to be "semi-underground" in Korean.
I like to dinner here with my friends quietly and secretly.

With Korean beer and cheese Tteokbokki, it's a time of bliss.

It is more important who you eat with than what you eat.
I like time spending time with important people.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-02-20 18 35 07


乗務員としてラインアウトした当時、欧米へのフライトは2泊が基本だった。
会社の経営状態が悪くなり、長大路線以外の滞在は1泊以下になった。

西海岸には昼前に到着し、翌朝には日本に戻る。
フライト疲れで横になると、つい夜半過ぎまで寝てしてしまうのだが、
今度は朝まで眠れなくなり、帰りのフライトに支障が出る。
夕方に一度起きて、食事をしてからまた寝るのが正しい過ごし方とされた。

サンフランシスコ滞在時に、乗務員がよく行っていたベトナム料理のお店。
新鮮な茹でガニと、締めのガーリックヌードルを食べるのが定番だった。

あの頃の思い出を頼りに、当時と変わらぬメニューを注文する。
周囲には、おそらくコックピットクルーと思われる男性グループ、
キャビンクルーのような女性集団のテーブルがあった。

食事の値段が跳ね上がり、サービスも決して良いとは言えない。
「思い出は美化される」と言うけれど、美味しい味が健在だったのが何より。

写真 2019-02-20 19 02 42

写真 2019-02-20 19 02 48

写真 2019-02-20 19 02 57


At the time when I checked-out as a crew member, the flight to Europe and the United States had basically two nights stay.
The business condition of the company got worse, and staying outside the long journey route was less than one night.

We arrived at the west coast early in the morning and returned to Japan the next morning.
Flight When we laid down with fatigue, we fallen asleep until midnight,
Next time we could not sleep till the morning, hindrance to the return flight.
So we should wake up in the evening, and sleep again and after having a meal.
It was taken to be the right way to spend.

There was a Vietnamese restaurant where crews often used when staying in San Francisco.
The default was to eat fresh boiled crabs and garlic noodles.

Based on memories of those days, I ordered an unchanged menu.
There were probably a group of men who seemed to be a cockpit crew,
and there was a table of women group like cabin crew.

The price of meals has jumped, and the service was not so nice.
"Memories will be beautified", but I was happy that the most delicious taste was alive.

写真 2019-02-20 19 33 42

写真 2019-02-20 19 45 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 20 08 08

写真 2019-02-20 20 08 13

Next
写真 2019-02-20 11 44 09


かつて、ワイン業者とメディア関係者以外には非公開のワイナリーも多かった。
しかし近年は一般客相手に予約制でツアーを実施し、
丁寧にワインを小売販売してくれるワイナリーも少なくない。

イタリア語の「ファー・ニエンテ」は、「何もしないことの喜び」。
すなわち、「自由に、気ままに」という意味らしい。

90年代、ソムリエ資格を持った先輩に紹介されて、そのワインを知った。
歴史的背景を漂わせる建物が描かれたエチケットの美しさ。
シャルドネの黄金色の輝きと樽香との素晴らしいバランスに魅了された。
値段が高騰した昨今、ニューヨークで出会うことは滅多になかった。

美しく整備された並木路を通って、ワイナリーの玄関口へ到着。
ホスピタリティー溢れるスタッフが、丁寧に出迎えてくれた。
建物に入れず池の周囲で遊ぶ子供たちを、彼女が見守ってくれるという。

しばし現実を離れて、ワイナリーの歩んできた歴史の旅に出る。
ワインへの憧れとか、時間の思い出とか、失くした友人とか。
いろんなことを懐古する。

そしてこうやって、人と人、想いと想いを繋ぐことが、
残された者のミッションなのだと噛みしめる。

ワインの心も、人の心も。
ずっと誰かの中で、生き続けている。

写真 2019-02-20 11 45 01

写真 2019-02-20 11 51 09

写真 2019-02-20 11 51 14


In the past, there were many private wineries that only winemakers and media stakeholders were welcomed.
However, in recent years, tours have been made to regular customers by reservation system, there are some wineries who sell wine as retail.

The Italian "Far Niente" is "Without no care."
That is, it seems to be meaning "leisurely and freely".

In the 1990s, I was introduced this wine by seniors with sommelier qualifications.
The etiquette with the building drawn with historical background was very beautiful.
I was fascinated by the wonderful balance of Chardonnay's golden glow and the smell of oak.
In recent years after the price soared, we rarely met in New York.

We arrived at the entrance of the winery through a beautifully maintained tree-lined street.
Staff full of hospitality welcomed us carefully.
She said she watched children playing around the pond without entering the building.

For a while, I left the reality and go on a journey of history that the winery had been walking on.
A longing for wine, memories of time, friends who passed away.
I recollected various things.

And by doing this, connecting people and people, feelings and feelings,
I will bit it as the mission of the leftover person.

The heart of wine, the heart of man.
They will keep living in heart of someone for a long time.

写真 2019-02-20 11 52 10

写真 2019-02-20 11 52 18

写真 2019-02-20 11 52 41

写真 2019-02-20 11 56 25

写真 2019-02-20 11 56 32


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 11 50 10

写真 2019-02-20 11 50 14





Next
写真 2019-02-19 15 16 29


突然思い立って、バークレーの街に。
全米で最も予約の取りにくいレストランの1つ「シェ・パニーズ」へ。

10年以上前に、かつての仕事仲間の叔母さんが働いているのを聞いてから、
ずっと行く機会を狙っていたけれど、なかなかチャンスがなかった。

ここで留学生をしていたことが信じられないくらい、
バークレーの街は美しくて、栄えていた。
あの頃は、何も見えていなかったのだなと、つくづく感じた。

アメリカではすでにカリスマ的存在のシェフ、アリス・ウォーター女史が、
1971年にオープンした、アメリカ料理のレストラン。
自然と人間に優しい農法で育てた地元の新鮮で美味しい食材を使用する。
スローフードや健康志向が高まる昨今、有機農法にこだわる店は多いけれど、
40年以上前から、同じスタンスで食事を提供してきた稀少な存在。

アメリカンバーガーとピザが唯一の御馳走だった学生時代に、
「食の美味しさの革命」にこだわり続けていたシェフに出会っていたら、
それはきっと、西海岸に踏みとどまるキッカケになっていただろう。

今回の旅の目的は、バークレーの思い出を奪回することだったのかもしれない。

写真 2019-02-19 15 15 25

写真 2019-02-19 15 14 35


Suddenly thinking, we went to the city of Berkeley.
To one of the US's most difficult-to-reserve restaurants "Chez Panisse".

More than 10 years ago, after I heard that my former colleague's aunt worked,
I was aiming for the opportunity to go all the time, but I did not have a quite chance.

I could hardly believe that I was an international student here,
The city of Berkeley was beautiful and prosperous.
In those days, I felt that I could not see anything in those days.

This American restaurant "Chez Panisse" has been opened in 1971 by Ms. Alice Waters.
She used locally fresh and tasty ingredients that were raised with nature and human-friendly farming methods.
Nowadays slow food and health consciousness are increasing nowadays, there are many stores that adhere to organic farming methods.
But for over 40 years, it is rare existence that has offered meals with the same stance.

During the student days when American Burger and Pizza were the only treats,
If I met a chef who was sticking to "revolution of taste of food"
I might been staying on the west coast.

The purpose of this trip may have been to recapture the memories of Berkeley.

写真 2019-02-19 14 05 27

写真 2019-02-19 15 12 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-19 14 15 44

写真 2019-02-19 14 29 49

写真 2019-02-19 14 30 05

写真 2019-02-19 14 55 17

写真 2019-02-19 14 55 23



Next
写真 2019-02-17 11 10 59


急遽、西海岸に行くことになった。
日本に行く度に、アメリカ大陸を横断しているけれど、
6時間という飛行距離に、つくづく米国の大きさを思い知る。

北風の吹く寒い街を、バスに乗って市内一周。
10代で留学した時の、憧れと寂しさの入り混じった複雑な気持ちを回顧する。

あの頃、恋い焦がれていたものは、何だったのだろう。
手に入らないものばかり、追いかけていた。

「足るを知る」
だから今が幸せなのだと。

写真 2019-02-18 11 45 46

写真 2019-02-18 11 52 23

写真 2019-02-18 12 04 27

写真 2019-02-18 12 14 58


Hurriedly, we decided to go to the west coast.
Every time I go to Japan, I cross the Americas.
In the flight distance of 6 hours, I'm always conscious of the size of the United States.

We took the city bus to go around, in the cold with north wind blows.
I looked back over my feelings mixed with admiration and loneliness when I studied in my teens.

I wonder what was the thing that I felt in love at that time.
I was just chasing what I could not get.

"To knowing one has enough"
I am happy now.

写真 2019-02-18 12 29 43

写真 2019-02-18 12 30 49

写真 2019-02-18 12 31 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-18 12 51 55

写真 2019-02-18 12 53 15 (1)

Next
写真 2019-01-23 21 52 50


突然のお誘いが嬉しい。
久しぶりに、友人との息抜きタイム。

世界で一番客単価の安いミシュラン星レストラン。
ミッドタウンウェストにオープンしたTim Ho Wan2号店。

他愛ないお喋りで、あっという間に時間が過ぎていく。
こういう仲間にも支えられて、いまのニューヨーク生活がある。

つい言いそびれてしまうからこそ、心でリピートする。
いつも愛をありがとう!!

写真 2019-01-23 21 52 45


I was pleased that my friend ask me a go out.
It was time for relaxation with friends after a long absence.

There is a Michelin star restaurant with the lowest customer unit price in the world.
"Tim Ho Wan" 2nd store has opened in Midtown West.

Spare time with chatter, time passed by quickly.
Supported by such fellows, there is my life in New York now.

Because I don’t have a chance to say you, I repeat with my heart.
Always thank you for your love! !


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-23 21 52 48
Next
オーナーシェフの菊地美升氏は、友人の旦那さん。
友人というのは、六本木・小田島の若旦那のお姉さん。

ブルゴーニュの息吹たっぷりのお店をオープンされた2000年頃は、
元同僚と連れ立って、何度か訪れたことがあった。

ミシュランの常連になって久しいけれど、
今もあの頃と変わらないクオリティの高さは都内屈指。

友人との再会。素敵な時間。

写真 2019-01-14 23 34 24

写真 2019-01-14 23 36 20

写真 2019-01-14 23 36 26

写真 2019-01-14 23 49 53


Owner chef Mr. Yoshimasu Kikuchi is a friend's husband.
My friend is an elder sister of the chef of "Roppongi Odajima".

Bourgogne's taste restaurant "Le Bourguigno" was opened in 2000,
I have been to several times with my former colleague.

Although it has long been a regular of Michelin guide,
Even now the high quality that does not change from that time is one of the best in Tokyo.

Reunion with friends. Lovely time.

写真 2019-01-15 0 27 01

写真 2019-01-15 0 27 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-01-14 23 44 20

写真 2019-01-14 23 22 40


昨秋、ニューヨークで大きなイベントをお手伝いさせていただいた。
ミシュラン3つ星フレンチレストランを借り切って、
ニュージーランドワインのお披露目をするという前代未聞の企画。

イベント開催には、スタッフ側のチームワークが何よりも重要で、
素晴らしいメンバーと一緒に働けたということだけで幸せだった。

ようやくその打ち上げ会を中目黒にて。
鴨づくし料理の数々に、舌鼓を打ちながら、
ようやくお客様としてテーブルについて談笑できる幸せ。

一話完結で終わらないストーリーを、一緒に作っていけますように。
これからもよろしくお願いいたします。

2019-01-14 18.27.21

2019-01-14 19.11.09

2019-01-14 19.34.59


Last fall, I worked to help Japanese agent with a big event in New York.
It was an unprecedented plan to show off New Zealand wine, borrowing a French restaurant with Michelin Three stars,

To organize the event, teamwork by the staff was more important than anything,
I was happy just being able to work with great members.

Finally we had the launch party in Nakameguro.
While tasting a number of duck dishes,
Happy being able to talk about the table at last as a customer.

We hope to make a story that will not end with a single episode.
Yes, we can do it.

2019-01-14 20.49.41

2019-01-14 21.36.30


2019-01-14 22.09.29

写真 2019-01-14 22 36 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-14 23 44 33




Next
DSC02143


パリでミシュラン星を獲得したフレンチレストラン「Sola」。
シェフ吉武広樹氏に最初に出会った時に、ずっと御縁があるなと直感した。
大樹のようにどっしりと根を張り、空に向かって羽ばたくイメージ。
仏語の「Ciel(空)」をミドルネームに持つ我が家の次男「樹」と重なった。

2017年1月に「Sola」が火災事故に遭った。
やがて店は再開したけれど、吉武シェフは日本帰国という道を選んだ。
東京でシェフの味を食べたいという投資家がたくさんいたけれど、
彼は敢えて、自分一人の力で店を開けることにこだわった。

土地を決める時、工事の時、コンセプトを決める時。
いつもことあるごとに、私にまで状況をアップデートしてくれる彼の気配りが、
ずっと彼を応援していたいと思うファンに届いているのだと感じてきた。

彼が選んだ博多ベイサイドプレイスという港の前。
必ずお祝いに行くいう約束を果たしに、東京から足を伸ばすことにした。
密かに計画していたら、仲間たちが一緒に行きたいと連絡をくれた。
東京、ニューヨーク、福岡、佐賀、長崎、宮崎、京都から合流したいと。

シェフに内緒のサプライズ企画は、果たして最高の結束を生み出した。
他のお客様がいるからと、冷静に装うふりをしていたシェフが、
最後の一品をサーブした後、一気に喜びを爆発させていた。

余計なものを削ぎ落とし、メニューに素材しか書かない「Sola」スタイルは健在で、
パリでしか食せなかった「Sola」の味に再会できたことは感無量。
人々が交わるこの港町に、きっと新しい歴史が刻まれることだろう。

自分達にできることを自分達の表現で。
この海を通して世界の空へ。

福岡にお越しの際は、ぜひ足をお伸ばしください。

2019-01-12 19.26.53

2019-01-12 19.33.12

2019-01-12 19.33.15


Mr.Hiroki Yoshitake was a chef of a French restaurant "Sola" that acquired Michelin star in Paris.
When I first met him, I got instinct that I would have something with him.
An image like a big tree stretching the root and flying towards the sky.
It overlapped with the name of my second son "Itsukie" with the middle name "Ciel" (French).

In January 2017 "Sola" had a fire accident.
After soon the restaurant resumed, Yoshitake chef chose the way to return to Japan.
Though many investors wanted to eat the chef's dishes in the center of Tokyo,
He dare adhered to opening a restaurant by his own.

When he decided the land, construction design, the concept,
Every time he always updated the situation to me.
I have felt his mind has reached fans who want to support him forever.

He chose the place in front of the harbor called Hakata Bayside.
I decided to adjust my schedule from Tokyo to fulfill my promise to go celebrating without fail.
When I was secretly planning, my fellows contacted me that they would like to come with me.
They asked to join from Tokyo, New York, Fukuoka, Saga, Nagasaki, Miyazaki, and Kyoto

A surprise secret plan produced the best unity.
Because there were other customers, the chef pretended to be calmly.
After serving the last item, he was exploding his joy all at once.

The "Sola" style which off extra things and only writes material in the menu was alive.
I could feel reunited with the taste of "Sola" which I could only eat in Paris.
A new history will surely be carved in this port town where people intersect.

Sky, Ocean, Land, Across the world.
Fry with your own wings.

When you have a chance to come to Fukuoka, please come to join them.

写真 2019-01-28 13 01 23

写真 2019-01-28 13 01 47

写真 2019-01-28 13 03 13

写真 2019-01-28 13 04 10


Sola Factory co. (Restaurant Sola / Bar Porte)


海外永住 ブログランキングへ "

DSC02239

DSC02244

DSC02163

DSC02255

Next
50042779_2051295651625655_84416654489944064_n


大切な友人の誕生日。

20年以上親しくさせていただいている栗本清シェフ率いる
お気に入りのレストランでお祝い。

人生の少し先を歩いている女性が、これほど素敵に輝いていると、
私もこの先が楽しみになる。

後に続く人たちに、いつかそう思ってもらえるように、
歩いていこう。

2019-01-12 13.18.03

2019-01-12 13.48.06

2019-01-12 14.11.29

2019-01-12 14.29.51


It was my important friend's birthday.

We celebrated at the Italian restaurant in Tokyo that was led by the chef Kiyoshi Kurimoto who was a friend with me for over 20 years.

A woman walking a bit ahead of me, her life is shining so beautifully.
So I am looking forward to the future.

Hope people who follow us think so someday,
Let's move forward.

2019-01-12 15.49.40



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-01-10 1 00 36


私がJALに入社したのは、バブル経済崩壊後だったけれど、
世間では静かにワインブームが続いていた。
ブドウの形をしたソムリエバッジを付けた先輩の凛々しさに、
私もいつかワインの勉強をしてみたいと思っていた。
お酒に弱いからこそ、知識だけは身に付けておきたかったし、
ソムリエバッジは、お客様に意地悪な質問をされない印篭でもあった。

六本木・小田島は、和食文化にワインを取り入れたパイオニア的存在のお店。
フランスでワインを学んだムッシュとマダムが日替わりでメニューを提供し、
今では和食の定番にもなったフォアグラ大根を初めとして、
斬新なメニューが目白押しだった。

今ではムッシュと肩を並べてお店を仕切る若大将とその仲間が、
ちょうどソムリエ資格を取るための勉強をしていた頃。
私も同期と連れ立って、頻繁にお店に通ってワインの勉強をした。

飛行機という限られた空間に搭載しているワインの世界に比べて、
現場で実践を重ねている若大将たちは、知識と経験量が天地の差だった。
でも、私たちはめでたく同じ時期ににソムリエの資格を取得して、
それぞれの現場に旅立ち、別々の道を歩いてきた。

今では数年に一度しか行けないけれど、ここに来ると原点を思い出す。
年々、笑い顔がそっくりになってきたムッシュと若大将に会いに、
私はとっておきの友人を誘って、小田島の暖簾をくぐる。

2019-01-21 02.28.12

2019-01-21 02.28.51

2019-01-21 02.29.28


I joined JAL after the collapse of the economic bubble economy,
quietly the wine boom continued in the world.
To the gracefulness of the senior who attached the sommelier badge in the form of grapes,
I thought that I would like to study wine someday.
Because I was vulnerable to alcohol, I wanted to learn only knowledge.
The sommelier badge also worked as a symbol that the customer did not ask a deep question about the wine to the cabin attendant.

"Roppongi Odajima" is a pioneer restaurant that incorporates wine in Japanese cuisine.
The master and his wife who learned wine in France provide a menu on a daily basis,
Now with the foie gras radish which became a standard of Japanese cuisine, a new and fresh menu was dashing.

It was when the young master who now works with big master,
was studying to take sommelier qualifications with his fellows.
I was also often attending there to study wine with my co-worker.

Compared to the world of wine which was mounted in the limited space of an airplane,
The young generals who practiced in the field were extremely good with knowledge and experience volume.
However, we were happily acquiring the sommelier's qualification at the same time,
We left for each worksite and walked on different life.

Now I can go only once in a few years, but when I come here it reminds my origin of wine studying.
In order to meet the master and young master whose laughing face looks alike,
I take my best friends and go "Odajima".

写真 2019-01-10 1 00 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-10 9 38 45

Next