拙著出版の際に大いにお世話になった小学館の方が御来訪された。
私よりもずっと、ニューヨークの流行りを御存知だから、
リクエストされる場所は、ローカル人気のところばかり。

そんな彼女たちから、ニューヨークのとある情報を尋ねられた。
ここでは書けないような、ニューヨーク在住者のみのぞ知る内容。
こんな情報をシェアできるのも、ここにいる醍醐味。

外は土砂降り、生憎のお天気続きだけれども、
日本からのお客様は、いつも元気を持ってきてくださる。

写真 2019-05-02 19 59 25


The members of Shogakukan who were greatly indebted when I published my book came to visit to New York.
They know the epidemic of New York more than me,
The places they requested were only local popular places.

They asked me some information about New York.
Contents that only New York residents know that cannot be written here.
The fact that we can share this kind of information was the real pleasure here.

It was raining outside, but
Visitors from Japan always bring me a huge energy.

写真 2019-05-02 21 21 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-03-27 21 26 25

先付け(セロリ青煮・あさり・黄にら・おひたし)
写真 2019-03-27 21 41 36

前菜(蛍烏賊串焼き・焼ヤングコーン・鰻有馬煮を揚げ餅で・アスパラガス・湯葉・お浸し・
塩雲丹バター・お出汁茶碗蒸し・銀鱈・ちぎり梅)
写真 2019-03-27 22 01 29

お椀(グラスフィードアンガス牛しゃぶしゃぶ仕立て・炙り豆腐・茶種・白髪ねぎ・針生姜)
写真 2019-03-27 22 13 56

お造り(盛り合わせ)
写真 2019-03-27 22 27 42


かつて何度も通った店なのに、これまで一度も記事にしたことがなかった。
それぐらい「隠れ家にしておきたい店」だった。

日本食ブームの火付け役とも言える、イーストビレッジの懐石料理店。
12年間トップを務めてきた園シェフが、3月一杯で卒業するというニュースに、
多くの在ニューヨーク・食通たちは動揺した。

慌てて最後の予約を取ろうにも、思うようにスケジュールを調整できなくて、
どうにか駆け込みで間に合った、最後の食事会。

至れり尽くせりの懐石コース、前菜からデザートまで8品。
一皿一皿に、日本の味と心を感じながら、最後まで堪能させていただいた。

園さんほど、たくさんのシェフと顧客に慕われ、尊敬されている人を知らない。
カウンター越しに見えるトレードマークの白髪と笑顔が、相変わらず素敵だった。

これから始まる新しいステージを、応援しています。

写真 2019-03-27 23 02 23

強肴(尼鯛一汐焼き・焼き筍と新若芽の若狭餡・桜花・あられお焦げ)
写真 2019-03-27 23 16 26

止肴(紋甲いか・クレソン・りんごのぬた味噌・吸い酢)
写真 2019-03-27 23 33 43

お食事(さごし柚庵味噌焼き・揚げ小角里芋の釜炊きご飯・なめこ赤だし・香の物)
写真 2019-03-27 23 36 45

デザート(苺と抹茶のパフェ)
写真 2019-03-28 0 16 43


It was a famous Japanese restaurant that I used to visit many times, but I have never written an article before.
That was the "restaurant I want to hide away".

That's Kaiseki restaurant in East Village can be said it made the catalyst for the Japanese food boom.
Many New Yorkers were shocked by the news that the chef Chikara Sono, who had been the top for 12 years, will graduate at the end of March.

We could not adjust my schedule as we thought, even if we try to make our last reservation.
It was the last dinner meeting we managed to make in time.

His Kaiseki course was perfect and 8 dishes from appetizers to desserts.
We enjoyed them to the end while feeling the taste and spirit of Japan one by one.

Mr.Sono is the best one who is respected and loved by many chefs and customers.
His trademark gray hair and smile seen over the counter was still as nice as ever.

We will support the new stage that starts from here.

写真 2019-03-28 0 48 01

写真 2019-03-28 0 47 55


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Eater Article

写真 2019-03-27 21 24 13

Next
プライベートで会う友人は、そんなに多くない。
みんな忙しくて、他人のことに構ってなんかいられない。

ドライな人間関係に、心が疲れている時、
ふと声をかけてくれる友人に救われる。

ただ会って、食事して、気軽な話をして。
「またね」と言って別れる。

社交辞令はいらない。
本当に声をかけてくれる人に、また会いたい。

写真 2019-03-21 13 44 02


There are not many friends I meet in private.
I know everyone is busy and cannot afford to be concerned with others.

When my heart was tired of dry relationships,
I was saved by the friend who ask me to hang out.

We just meet, eat and talk casually.
We say "see you soon".

I don't like using a diplomatic remarks.
I really want to see someone who ask me seriously.

写真 2019-03-25 13 48 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
『BANGIA』というのは、韓国語で「半地下」のことらしい。
ここでひっそり、こっそり、友人と食事をするのが好き。

韓国ビールとチーズトッボッキで、至福の時を。

何を食べるかでなくて、誰と食べるかが大事。
大切な人と、一緒に過ごす時間が好き。

写真 2019-02-22 18 44 12

写真 2019-02-22 19 00 28


"BANGIA" means to be "semi-underground" in Korean.
I like to dinner here with my friends quietly and secretly.

With Korean beer and cheese Tteokbokki, it's a time of bliss.

It is more important who you eat with than what you eat.
I like time spending time with important people.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-02-20 18 35 07


乗務員としてラインアウトした当時、欧米へのフライトは2泊が基本だった。
会社の経営状態が悪くなり、長大路線以外の滞在は1泊以下になった。

西海岸には昼前に到着し、翌朝には日本に戻る。
フライト疲れで横になると、つい夜半過ぎまで寝てしてしまうのだが、
今度は朝まで眠れなくなり、帰りのフライトに支障が出る。
夕方に一度起きて、食事をしてからまた寝るのが正しい過ごし方とされた。

サンフランシスコ滞在時に、乗務員がよく行っていたベトナム料理のお店。
新鮮な茹でガニと、締めのガーリックヌードルを食べるのが定番だった。

あの頃の思い出を頼りに、当時と変わらぬメニューを注文する。
周囲には、おそらくコックピットクルーと思われる男性グループ、
キャビンクルーのような女性集団のテーブルがあった。

食事の値段が跳ね上がり、サービスも決して良いとは言えない。
「思い出は美化される」と言うけれど、美味しい味が健在だったのが何より。

写真 2019-02-20 19 02 42

写真 2019-02-20 19 02 48

写真 2019-02-20 19 02 57


At the time when I checked-out as a crew member, the flight to Europe and the United States had basically two nights stay.
The business condition of the company got worse, and staying outside the long journey route was less than one night.

We arrived at the west coast early in the morning and returned to Japan the next morning.
Flight When we laid down with fatigue, we fallen asleep until midnight,
Next time we could not sleep till the morning, hindrance to the return flight.
So we should wake up in the evening, and sleep again and after having a meal.
It was taken to be the right way to spend.

There was a Vietnamese restaurant where crews often used when staying in San Francisco.
The default was to eat fresh boiled crabs and garlic noodles.

Based on memories of those days, I ordered an unchanged menu.
There were probably a group of men who seemed to be a cockpit crew,
and there was a table of women group like cabin crew.

The price of meals has jumped, and the service was not so nice.
"Memories will be beautified", but I was happy that the most delicious taste was alive.

写真 2019-02-20 19 33 42

写真 2019-02-20 19 45 33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 20 08 08

写真 2019-02-20 20 08 13

Next
写真 2019-02-20 11 44 09


かつて、ワイン業者とメディア関係者以外には非公開のワイナリーも多かった。
しかし近年は一般客相手に予約制でツアーを実施し、
丁寧にワインを小売販売してくれるワイナリーも少なくない。

イタリア語の「ファー・ニエンテ」は、「何もしないことの喜び」。
すなわち、「自由に、気ままに」という意味らしい。

90年代、ソムリエ資格を持った先輩に紹介されて、そのワインを知った。
歴史的背景を漂わせる建物が描かれたエチケットの美しさ。
シャルドネの黄金色の輝きと樽香との素晴らしいバランスに魅了された。
値段が高騰した昨今、ニューヨークで出会うことは滅多になかった。

美しく整備された並木路を通って、ワイナリーの玄関口へ到着。
ホスピタリティー溢れるスタッフが、丁寧に出迎えてくれた。
建物に入れず池の周囲で遊ぶ子供たちを、彼女が見守ってくれるという。

しばし現実を離れて、ワイナリーの歩んできた歴史の旅に出る。
ワインへの憧れとか、時間の思い出とか、失くした友人とか。
いろんなことを懐古する。

そしてこうやって、人と人、想いと想いを繋ぐことが、
残された者のミッションなのだと噛みしめる。

ワインの心も、人の心も。
ずっと誰かの中で、生き続けている。

写真 2019-02-20 11 45 01

写真 2019-02-20 11 51 09

写真 2019-02-20 11 51 14


In the past, there were many private wineries that only winemakers and media stakeholders were welcomed.
However, in recent years, tours have been made to regular customers by reservation system, there are some wineries who sell wine as retail.

The Italian "Far Niente" is "Without no care."
That is, it seems to be meaning "leisurely and freely".

In the 1990s, I was introduced this wine by seniors with sommelier qualifications.
The etiquette with the building drawn with historical background was very beautiful.
I was fascinated by the wonderful balance of Chardonnay's golden glow and the smell of oak.
In recent years after the price soared, we rarely met in New York.

We arrived at the entrance of the winery through a beautifully maintained tree-lined street.
Staff full of hospitality welcomed us carefully.
She said she watched children playing around the pond without entering the building.

For a while, I left the reality and go on a journey of history that the winery had been walking on.
A longing for wine, memories of time, friends who passed away.
I recollected various things.

And by doing this, connecting people and people, feelings and feelings,
I will bit it as the mission of the leftover person.

The heart of wine, the heart of man.
They will keep living in heart of someone for a long time.

写真 2019-02-20 11 52 10

写真 2019-02-20 11 52 18

写真 2019-02-20 11 52 41

写真 2019-02-20 11 56 25

写真 2019-02-20 11 56 32


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-20 11 50 10

写真 2019-02-20 11 50 14





Next
写真 2019-02-19 15 16 29


突然思い立って、バークレーの街に。
全米で最も予約の取りにくいレストランの1つ「シェ・パニーズ」へ。

10年以上前に、かつての仕事仲間の叔母さんが働いているのを聞いてから、
ずっと行く機会を狙っていたけれど、なかなかチャンスがなかった。

ここで留学生をしていたことが信じられないくらい、
バークレーの街は美しくて、栄えていた。
あの頃は、何も見えていなかったのだなと、つくづく感じた。

アメリカではすでにカリスマ的存在のシェフ、アリス・ウォーター女史が、
1971年にオープンした、アメリカ料理のレストラン。
自然と人間に優しい農法で育てた地元の新鮮で美味しい食材を使用する。
スローフードや健康志向が高まる昨今、有機農法にこだわる店は多いけれど、
40年以上前から、同じスタンスで食事を提供してきた稀少な存在。

アメリカンバーガーとピザが唯一の御馳走だった学生時代に、
「食の美味しさの革命」にこだわり続けていたシェフに出会っていたら、
それはきっと、西海岸に踏みとどまるキッカケになっていただろう。

今回の旅の目的は、バークレーの思い出を奪回することだったのかもしれない。

写真 2019-02-19 15 15 25

写真 2019-02-19 15 14 35


Suddenly thinking, we went to the city of Berkeley.
To one of the US's most difficult-to-reserve restaurants "Chez Panisse".

More than 10 years ago, after I heard that my former colleague's aunt worked,
I was aiming for the opportunity to go all the time, but I did not have a quite chance.

I could hardly believe that I was an international student here,
The city of Berkeley was beautiful and prosperous.
In those days, I felt that I could not see anything in those days.

This American restaurant "Chez Panisse" has been opened in 1971 by Ms. Alice Waters.
She used locally fresh and tasty ingredients that were raised with nature and human-friendly farming methods.
Nowadays slow food and health consciousness are increasing nowadays, there are many stores that adhere to organic farming methods.
But for over 40 years, it is rare existence that has offered meals with the same stance.

During the student days when American Burger and Pizza were the only treats,
If I met a chef who was sticking to "revolution of taste of food"
I might been staying on the west coast.

The purpose of this trip may have been to recapture the memories of Berkeley.

写真 2019-02-19 14 05 27

写真 2019-02-19 15 12 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-19 14 15 44

写真 2019-02-19 14 29 49

写真 2019-02-19 14 30 05

写真 2019-02-19 14 55 17

写真 2019-02-19 14 55 23



Next
写真 2019-02-17 11 10 59


急遽、西海岸に行くことになった。
日本に行く度に、アメリカ大陸を横断しているけれど、
6時間という飛行距離に、つくづく米国の大きさを思い知る。

北風の吹く寒い街を、バスに乗って市内一周。
10代で留学した時の、憧れと寂しさの入り混じった複雑な気持ちを回顧する。

あの頃、恋い焦がれていたものは、何だったのだろう。
手に入らないものばかり、追いかけていた。

「足るを知る」
だから今が幸せなのだと。

写真 2019-02-18 11 45 46

写真 2019-02-18 11 52 23

写真 2019-02-18 12 04 27

写真 2019-02-18 12 14 58


Hurriedly, we decided to go to the west coast.
Every time I go to Japan, I cross the Americas.
In the flight distance of 6 hours, I'm always conscious of the size of the United States.

We took the city bus to go around, in the cold with north wind blows.
I looked back over my feelings mixed with admiration and loneliness when I studied in my teens.

I wonder what was the thing that I felt in love at that time.
I was just chasing what I could not get.

"To knowing one has enough"
I am happy now.

写真 2019-02-18 12 29 43

写真 2019-02-18 12 30 49

写真 2019-02-18 12 31 13


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-18 12 51 55

写真 2019-02-18 12 53 15 (1)

Next
写真 2019-01-23 21 52 50


突然のお誘いが嬉しい。
久しぶりに、友人との息抜きタイム。

世界で一番客単価の安いミシュラン星レストラン。
ミッドタウンウェストにオープンしたTim Ho Wan2号店。

他愛ないお喋りで、あっという間に時間が過ぎていく。
こういう仲間にも支えられて、いまのニューヨーク生活がある。

つい言いそびれてしまうからこそ、心でリピートする。
いつも愛をありがとう!!

写真 2019-01-23 21 52 45


I was pleased that my friend ask me a go out.
It was time for relaxation with friends after a long absence.

There is a Michelin star restaurant with the lowest customer unit price in the world.
"Tim Ho Wan" 2nd store has opened in Midtown West.

Spare time with chatter, time passed by quickly.
Supported by such fellows, there is my life in New York now.

Because I don’t have a chance to say you, I repeat with my heart.
Always thank you for your love! !


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-23 21 52 48
Next
オーナーシェフの菊地美升氏は、友人の旦那さん。
友人というのは、六本木・小田島の若旦那のお姉さん。

ブルゴーニュの息吹たっぷりのお店をオープンされた2000年頃は、
元同僚と連れ立って、何度か訪れたことがあった。

ミシュランの常連になって久しいけれど、
今もあの頃と変わらないクオリティの高さは都内屈指。

友人との再会。素敵な時間。

写真 2019-01-14 23 34 24

写真 2019-01-14 23 36 20

写真 2019-01-14 23 36 26

写真 2019-01-14 23 49 53


Owner chef Mr. Yoshimasu Kikuchi is a friend's husband.
My friend is an elder sister of the chef of "Roppongi Odajima".

Bourgogne's taste restaurant "Le Bourguigno" was opened in 2000,
I have been to several times with my former colleague.

Although it has long been a regular of Michelin guide,
Even now the high quality that does not change from that time is one of the best in Tokyo.

Reunion with friends. Lovely time.

写真 2019-01-15 0 27 01

写真 2019-01-15 0 27 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-01-14 23 44 20

写真 2019-01-14 23 22 40


昨秋、ニューヨークで大きなイベントをお手伝いさせていただいた。
ミシュラン3つ星フレンチレストランを借り切って、
ニュージーランドワインのお披露目をするという前代未聞の企画。

イベント開催には、スタッフ側のチームワークが何よりも重要で、
素晴らしいメンバーと一緒に働けたということだけで幸せだった。

ようやくその打ち上げ会を中目黒にて。
鴨づくし料理の数々に、舌鼓を打ちながら、
ようやくお客様としてテーブルについて談笑できる幸せ。

一話完結で終わらないストーリーを、一緒に作っていけますように。
これからもよろしくお願いいたします。

2019-01-14 18.27.21

2019-01-14 19.11.09

2019-01-14 19.34.59


Last fall, I worked to help Japanese agent with a big event in New York.
It was an unprecedented plan to show off New Zealand wine, borrowing a French restaurant with Michelin Three stars,

To organize the event, teamwork by the staff was more important than anything,
I was happy just being able to work with great members.

Finally we had the launch party in Nakameguro.
While tasting a number of duck dishes,
Happy being able to talk about the table at last as a customer.

We hope to make a story that will not end with a single episode.
Yes, we can do it.

2019-01-14 20.49.41

2019-01-14 21.36.30


2019-01-14 22.09.29

写真 2019-01-14 22 36 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-14 23 44 33




Next
DSC02143


パリでミシュラン星を獲得したフレンチレストラン「Sola」。
シェフ吉武広樹氏に最初に出会った時に、ずっと御縁があるなと直感した。
大樹のようにどっしりと根を張り、空に向かって羽ばたくイメージ。
仏語の「Ciel(空)」をミドルネームに持つ我が家の次男「樹」と重なった。

2017年1月に「Sola」が火災事故に遭った。
やがて店は再開したけれど、吉武シェフは日本帰国という道を選んだ。
東京でシェフの味を食べたいという投資家がたくさんいたけれど、
彼は敢えて、自分一人の力で店を開けることにこだわった。

土地を決める時、工事の時、コンセプトを決める時。
いつもことあるごとに、私にまで状況をアップデートしてくれる彼の気配りが、
ずっと彼を応援していたいと思うファンに届いているのだと感じてきた。

彼が選んだ博多ベイサイドプレイスという港の前。
必ずお祝いに行くいう約束を果たしに、東京から足を伸ばすことにした。
密かに計画していたら、仲間たちが一緒に行きたいと連絡をくれた。
東京、ニューヨーク、福岡、佐賀、長崎、宮崎、京都から合流したいと。

シェフに内緒のサプライズ企画は、果たして最高の結束を生み出した。
他のお客様がいるからと、冷静に装うふりをしていたシェフが、
最後の一品をサーブした後、一気に喜びを爆発させていた。

余計なものを削ぎ落とし、メニューに素材しか書かない「Sola」スタイルは健在で、
パリでしか食せなかった「Sola」の味に再会できたことは感無量。
人々が交わるこの港町に、きっと新しい歴史が刻まれることだろう。

自分達にできることを自分達の表現で。
この海を通して世界の空へ。

福岡にお越しの際は、ぜひ足をお伸ばしください。

2019-01-12 19.26.53

2019-01-12 19.33.12

2019-01-12 19.33.15


Mr.Hiroki Yoshitake was a chef of a French restaurant "Sola" that acquired Michelin star in Paris.
When I first met him, I got instinct that I would have something with him.
An image like a big tree stretching the root and flying towards the sky.
It overlapped with the name of my second son "Itsukie" with the middle name "Ciel" (French).

In January 2017 "Sola" had a fire accident.
After soon the restaurant resumed, Yoshitake chef chose the way to return to Japan.
Though many investors wanted to eat the chef's dishes in the center of Tokyo,
He dare adhered to opening a restaurant by his own.

When he decided the land, construction design, the concept,
Every time he always updated the situation to me.
I have felt his mind has reached fans who want to support him forever.

He chose the place in front of the harbor called Hakata Bayside.
I decided to adjust my schedule from Tokyo to fulfill my promise to go celebrating without fail.
When I was secretly planning, my fellows contacted me that they would like to come with me.
They asked to join from Tokyo, New York, Fukuoka, Saga, Nagasaki, Miyazaki, and Kyoto

A surprise secret plan produced the best unity.
Because there were other customers, the chef pretended to be calmly.
After serving the last item, he was exploding his joy all at once.

The "Sola" style which off extra things and only writes material in the menu was alive.
I could feel reunited with the taste of "Sola" which I could only eat in Paris.
A new history will surely be carved in this port town where people intersect.

Sky, Ocean, Land, Across the world.
Fry with your own wings.

When you have a chance to come to Fukuoka, please come to join them.

写真 2019-01-28 13 01 23

写真 2019-01-28 13 01 47

写真 2019-01-28 13 03 13

写真 2019-01-28 13 04 10


Sola Factory co. (Restaurant Sola / Bar Porte)


海外永住 ブログランキングへ "

DSC02239

DSC02244

DSC02163

DSC02255

Next
50042779_2051295651625655_84416654489944064_n


大切な友人の誕生日。

20年以上親しくさせていただいている栗本清シェフ率いる
お気に入りのレストランでお祝い。

人生の少し先を歩いている女性が、これほど素敵に輝いていると、
私もこの先が楽しみになる。

後に続く人たちに、いつかそう思ってもらえるように、
歩いていこう。

2019-01-12 13.18.03

2019-01-12 13.48.06

2019-01-12 14.11.29

2019-01-12 14.29.51


It was my important friend's birthday.

We celebrated at the Italian restaurant in Tokyo that was led by the chef Kiyoshi Kurimoto who was a friend with me for over 20 years.

A woman walking a bit ahead of me, her life is shining so beautifully.
So I am looking forward to the future.

Hope people who follow us think so someday,
Let's move forward.

2019-01-12 15.49.40



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-01-10 1 00 36


私がJALに入社したのは、バブル経済崩壊後だったけれど、
世間では静かにワインブームが続いていた。
ブドウの形をしたソムリエバッジを付けた先輩の凛々しさに、
私もいつかワインの勉強をしてみたいと思っていた。
お酒に弱いからこそ、知識だけは身に付けておきたかったし、
ソムリエバッジは、お客様に意地悪な質問をされない印篭でもあった。

六本木・小田島は、和食文化にワインを取り入れたパイオニア的存在のお店。
フランスでワインを学んだムッシュとマダムが日替わりでメニューを提供し、
今では和食の定番にもなったフォアグラ大根を初めとして、
斬新なメニューが目白押しだった。

今ではムッシュと肩を並べてお店を仕切る若大将とその仲間が、
ちょうどソムリエ資格を取るための勉強をしていた頃。
私も同期と連れ立って、頻繁にお店に通ってワインの勉強をした。

飛行機という限られた空間に搭載しているワインの世界に比べて、
現場で実践を重ねている若大将たちは、知識と経験量が天地の差だった。
でも、私たちはめでたく同じ時期ににソムリエの資格を取得して、
それぞれの現場に旅立ち、別々の道を歩いてきた。

今では数年に一度しか行けないけれど、ここに来ると原点を思い出す。
年々、笑い顔がそっくりになってきたムッシュと若大将に会いに、
私はとっておきの友人を誘って、小田島の暖簾をくぐる。

2019-01-21 02.28.12

2019-01-21 02.28.51

2019-01-21 02.29.28


I joined JAL after the collapse of the economic bubble economy,
quietly the wine boom continued in the world.
To the gracefulness of the senior who attached the sommelier badge in the form of grapes,
I thought that I would like to study wine someday.
Because I was vulnerable to alcohol, I wanted to learn only knowledge.
The sommelier badge also worked as a symbol that the customer did not ask a deep question about the wine to the cabin attendant.

"Roppongi Odajima" is a pioneer restaurant that incorporates wine in Japanese cuisine.
The master and his wife who learned wine in France provide a menu on a daily basis,
Now with the foie gras radish which became a standard of Japanese cuisine, a new and fresh menu was dashing.

It was when the young master who now works with big master,
was studying to take sommelier qualifications with his fellows.
I was also often attending there to study wine with my co-worker.

Compared to the world of wine which was mounted in the limited space of an airplane,
The young generals who practiced in the field were extremely good with knowledge and experience volume.
However, we were happily acquiring the sommelier's qualification at the same time,
We left for each worksite and walked on different life.

Now I can go only once in a few years, but when I come here it reminds my origin of wine studying.
In order to meet the master and young master whose laughing face looks alike,
I take my best friends and go "Odajima".

写真 2019-01-10 1 00 25



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-01-10 9 38 45

Next
クリスマスの朝、我が家にもサンタクロースがやってきた。
大喜びする末娘と、静かにニヤける男児2人。

プレゼントの興奮も冷めやらぬうちに、空港に向けて出発。
6時間かけて西海岸へ。

TV番組で人気シェフのイタリアンレストランでクリスマスディナー。
生バンドの音楽に酔いしれたいところが、
3時間の時差で、次男は途中から眠りの中へ。

「アメリカは、クリスマスイブが大晦日で、クリスマスが元旦」
友人がそんなことを書いていた。

クリスマスが終わると、ホリデーシーズンも終わる。
日本の正月をすでに羨ましく思う、アメリカで過ごす年末。

写真 2018-12-25 19 43 51


Christmas morning, Santa Claus came also to our house.
Two young boys were quietly smiling while the youngest daughter was delighted.

We departed the airport while the excitement had not gone.
It took six hours to the west coast.

Anyway, we had Christmas dinner together.
Though we wanted to enjoy the music of the jazz live,
With the time difference of 3 hours, the second son got to sleep on the way.

"In the USA, Christmas Eve is New Year's Eve and Christmas is New Year's Day"
My friend wrote such a thing.

When Christmas is over, the holiday season is over.
I already envy Japanese New Year, while I am spending the year-end in America.

写真 2018-12-26 11 14 21

写真 2018-12-26 11 16 21



海外永住 ブログランキングへ "
Next
かつて「寿司麻布」の3代目大将を務めた村上輔(たすく)氏。
米国でも有名な大手企業からヘッドハンティングされて、
「The Lobster Club」のエグゼクティブシェフとなった。

新規オープンから1年が経過。
平日にも関わらず、店内はゲストでいっぱい。
シェフナイトでは我が家でパエリヤを作ってくれるシェフが、
いつもはこんなに大きな店舗で活躍していることが誇らしい。

「アメリカン・ドリーム」を叶えても、
以前とまったく変わらずに慕ってくれるシェフの人柄とその腕を、
私はこれからもずっと応援していたいと思う。

以前の記事

写真 2018-12-17 21 16 22


Mr. Tasuku Murakami who served as the third executive chef of "Sushi Azabu" once.
He was head hunted from a major company in the United States,
he became an executive chef of "The Lobster Club".

One year has passed since the new opening.
Despite weekdays, the inside of the restaurant was full of guests.
At the chef's night, he makes paella in our house.
I am proud that he always actives in such a big store.

Even if he fulfilled "American Dream",
I will support him because he never changed his personality at all.

写真 2018-12-26 11 59 41

写真 2018-12-17 21 26 35



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-12-22 0 19 05


親しくしている寿司シェフの、マイアミ店舗への異動が決まった。
同じ米国内とはいえ、すぐに会える距離でないのは寂しい。

最後に彼の寿司を食べに行った。
驚くほど美味しい寿司を提供してくれる雄姿に、なんだか胸がいっぱい。
こうやって、たくさんのシェフやスタッフが巣立って行く。

12年前に、オーナーと一緒にこの物件を見つけた。
1階にはイタリアンレストラン、地階の空いているスペースをどうしようか。
オーナーの思いつきで、寿司バーを開業し、
あっという間にコアなお客様を獲得した。

オープン前は、工事の遅れと水漏れ事故。
ハリケーン・サンディーで大被害を受けたり、
真冬の凍結で、水道管が破裂したこともあった。
不具合が発生する度に、眠れない夜が続いた。

現場を離れた今でも、こうして慕ってくれるスタッフの皆さんに感謝。
20周年も、幸せに迎えられますように。

写真 2018-12-23 7 44 34

写真 2018-12-23 7 45 51

写真 2018-12-23 7 46 54


The transfer of the familiar sushi chef to the Miami branch was decided.
Although it is within the same US, I feel lonely that it is not a distance to meet soon.

I went to eat his sushi for the last time.
I was impressed that he provided amazingly delicious sushi.
Like this, a lot of chefs and staff graduated here.

I found this property 12 years ago with the owner.
He thought he would have an Italian restaurant on the first floor, and how use the vacant space on the basement floor.
With the owner's idea, we opened a sushi bar,
we quickly got core customers.

Before opening, we had construction delay and water leakage accident.
We were suffered major damage by Hurricane Sandy.
The water pipes burst due to freezing in the midwinter.
Every time a problem occurred, a sleepless nights continued.

Even now I left the site, I thank the staff who welcome me.
I wish you have a happy 20th anniversary soon.

写真 2018-12-21 23 02 03



海外永住 ブログランキングへ "
Next
公私共々予定が立て込む年末年始。
仕事の打ち合わせ、子供の学校行事、月末〆切の報告書作成。
気付くと、スケジュール帳が真っ黒になっている。

でも、少しでも時間があったら、友人に会いたい。
本気で会いたいと思えば、何としてでも時間は作れる。

そんな友人と、隙間時間でお茶を楽しむ空間。
クリムトの「接吻」を横に、ガーリーなプチフール。
偶然お会いしたオーナーとの会話が、また新しい出会いを連れてきた。

会いたい人には会える時に会おう。

写真 2018-12-07 15 15 03

写真 2018-12-07 15 14 41


I have many plan with public and private in this holiday season.
Make work arrangements, school events for children, report on deadlines.
Noticing, the schedule is almost booked.

But, if I have time, I would like to meet a friend.
If you want to see someone seriously, you can make time as you like.

Here is a cafe space to enjoy tea with such friends in an idle time.
Beside Klimt's "kiss", they serve the cute petit cakes.
A conversation with the owner who met by chance, brought me new encounter again.

I will meet friends I want to meet when I can meet.

写真 2018-12-07 15 35 19

写真 2018-12-07 15 35 32

写真 2018-12-07 15 15 14



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-12 19 17 47


Next
敬愛するアニキが、ニューヨークにやって来た。
フロリダ・マイアミビーチのアートバゼルで買い付けた壺の話や、
同行されたアートディレクターの興味深い話。
気温氷点下のマンハッタンで、盛り上がる。

場所は、今夏オープンしたばかりの「鳥幸ニューヨーク」。
マンハッタン・ウェストビレッジ地区。
ドアを開けると、まるで日本にいるかのような錯覚に陥る。

東京レストランツ・ファクトリーが手がける、焼き鳥専門店。
毎日新鮮な鶏を捌いて、肉も骨も内臓の隅々まで調理する。

「ジャパン・クオリティー」を世界に発信して、日本のファンを増やす。
同社のコンセプトは、すでにニューヨーカーの心に届き、
今年ニューヨークでオープンしたベストレストランの1つに選ばれた。

もはや流行でなく、確たる市民権を得ている。
それが「日本食」、そして「ジャパンクオリティ」。

48192568_10216781731040908_4966436092145303552_n

47573827_10216781731720925_6614671775290621952_n

写真 2018-12-08 20 39 35

47572961_10216781732400942_1219651333448007680_n

写真 2018-12-08 20 44 17

写真 2018-12-08 21 55 33


One of my dear friend came to New York.
We talked about the jar that he bought at Art Bazel in Miami Beach, Florida,
Also I was interesting in the story of an accompanying art director.
We really enjoyed our conversation in the cold night in Manhattan.

The place was "Toriko New York" that had just opened this summer.
It is located at the West Village area in Manhattan.
When you open the door, you might fall into an illusion as if you were in Japan.

A yakitori specialty shop handled by "Tokyo Restaurants Factory".
Every day they deal with fresh chickens, cooking meat and bones to every corner of the internal organs.

They will disseminate "Japan Quality" to the world and increase Japanese fans.
The company's concept has already reached the hearts of New Yorkers,
It was chosen as one of the best restaurants that opened this year in New York.

It is no longer an epidemic, and it gained reliable citizenship rights.
That is "Japanese food", and "Japan quality".

スクリーンショット 2018-12-19 10.58.39

©️TORIKO NY


海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-19 19.11.33

©️TORIKO NY
Next
元「嘉日」のシェフ大堂浩樹氏が、「大堂」を英語にした「HALL」、
カジュアルなバーフードを極めたビストロ&バーをオープン。
先月のオープニングレセプションには、溢れるほどの人々が押しかけた。

インテリアを担当したSIMPLICITYの緒方慎一郎氏は、
「WASARA」や「アンダーズ東京」のデザインでも有名。
音響関係にはあの有名な在米日系ミュージシャンが参加。
こじんまりとしたコージーな空間、まさに最高の「HALL」が演出されている。

朝は持ち帰りのできるパンとコーヒー、昼はサンドイッチとバーガー。
夕方17時以降のカクテルタイムでは、お酒に合うバーフード。
それぞれのメニューに、日本人シェフならではのテイストが見え隠れ、
業界屈指のバーテンダーたちが、驚くほどカッコイイのも印象的。

高級懐石料理の「odo」と「HALL」は、キッチンが繋がっていて、
常に大堂シェフの目の届くところで、出来立ての料理が提供される。

世界のグルメが注目する35歳日本人シェフの挑戦を、
この距離から応援し続けたい。

HALL
17 West 20th Street

写真 2018-11-08 20 32 12

写真 2018-11-08 20 32 02


Mr. Hiroki Odo, former the chef of "Kajitsu", "HALL" who made "Odo" in English,
Opened a casual bar hood bistro & bar.
To the opening reception last month, overflowing people pushed.

Mr. Shinichiro Ogata of SIMPLICITY who was in charge of the interior, is famous for the design of "WASARA" and "Andaz Tokyo".
A famous Japanese musician, lives in New York, participates in the music and sound system.
Small cozy space, exactly the best "HALL" has been produced.

They serve "to-go" coffee and pastries in the morning, sandwiches and burger at noon,
In the evening cocktail time after 17 o'clock, bar food that suits wine and cocktails.
In each menu, we feel the taste unique to Japanese chef,
The bartenders are surprisingly cool, too.

The luxury kaiseki restaurant "odo" and "HALL" are connected with the kitchen,
Always the fresh cuisine is offered where Chef Odo's eyes can reach.

To the challenge of a 35-years-old Japanese chef whose gourmet in the world is paying attention to,
I also want to keep supporting from this distance.

HALL
17 West 20th Street

写真 2018-11-08 20 21 12

写真 2018-11-08 20 20 18



海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2018-12-09 08.12.55

Next
写真 2018-12-05 20 45 51

写真 2018-12-05 21 40 16


「僕が27歳の時、美香さんが「応援するから、いつか一緒にやろうよ」と
言ってくださったこと、ずっと覚えているんです。
あんな小僧の夢を聞いてくれたことが、嬉しかったんです」
35歳になったシェフ大堂浩樹氏が、念願のお店をオープンさせた。

精進料理「嘉日」のシェフとして、ミシュラン星を獲得し続けた。
究極の懐石料理でニューヨーカーのグルメ達をうならせた後、
いつか自分のお店を開けたいのだと、ずっと腕を磨いて来た。

人を応援するというのは、細く長く、ずっと大事な関係を続けることだと思う。
ブームになってから飛び付くのではなく、その人に会い、好きになって、
ずっと変わらない距離感で、人に伝え続けることなのだと思う。

あの時の出会いとその想いを、シェフ大堂氏がずっと忘れないでいてくれて、
まだテストオープンの段階で、先にお披露目したいと声をかけてくれた。

シェフ大堂の名前から「HALL」と名付けられたバー&ビストロを抜ける。
扉の向こう側、最上級の空間でのおもてなし。それが「odo」。

バックに素晴らしいチカラがついているのも、
たくさんの仲間が彼を本当に支えたいとしているのも、
すべて彼自身の才能と実力と人望だから。

このタイミングでオープンできたのは、本当に幸先が良い。
素晴らしい料理と空間と想いを共にしたいから。
ニューヨークの新しい隠れ家で、新しい歴史が始まった。

*御予約はこちらから。

写真 2018-12-05 20 08 37

写真 2018-12-05 20 16 14

写真 2018-12-05 20 29 58

写真 2018-12-07 11 29 34


"When I was 27 years old, Mika says," I'll cheer, so let's do it together someday," I always remember what you said.
I was happy that you seriously encouraged me for the dream of such a boy. "
Mr. Hiroki Odo, a 35-year-old chef, finally opened his restaurant in New York.

As a chef of the vegetarian Japanese Kaiseki "Kajitsu", he continued to win Michelin stars.
After getting many fans of New Yorkers with the ultimate Kaiseki cuisine,
He had brushed his skill to open his own restaurant someday.

To cheering for people, I think that it is important to continue to be good relationship for a long time.
Not catching at the boom, from when you meet that person,
you should keep telling people, with a same sense of distance for a long time.

Chef Odo has been constantly remembering the encounter and the thought at that time,
Before the opening in public, he asked me to experience his new restaurant earlier.

You pass through the bar & bistro "HALL" named from the chef Odo.
Beyond the door, hospitality in the superlative space is produced. That's "odo".

There has a wonderful power of his supporters,
A lot of people want to support him truly.
All because of his own talent, ability and privilege.

He was truly auspicious that he opened his restaurant at this timing.
We will be able to share great cuisine and passion with great space.
At a new hideout in New York, a new history has begun.

Please click here to make reservation.

写真 2018-12-05 20 41 15

写真 2018-12-05 21 07 30

写真 2018-12-05 21 17 29

写真 2018-12-05 21 24 01

写真 2018-12-05 21 38 15

写真 2018-12-05 21 50 57

写真 2018-12-05 22 11 02



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-05 22 12 53

写真 2018-12-05 22 17 03

写真 2018-12-05 22 36 02

写真 2018-12-05 22 24 08

写真 2018-12-05 21 27 23

写真 2018-12-05 21 40 21
Next
写真 2018-10-18 23 23 26


3年前の大晦日に1本の記事をアップした。
タイトルは、「道のり”0から1へ”」

開業前から10年近く見守ってきたお店が閉店して、
私は少し行き場を失ってしまった。
階下の寿司屋は継続して営業されていたけれど、
一緒に歩いてきた仲間のほとんどが、そこを離れてしまったから。

結局、ビルは売却されずに、1階はほぼ空き家の状態だった。
試行錯誤の末、もう一度自分たちで運営することが決まり、
3年ぶりにそこに新しい風が送り込まれた。

リローンチのお披露目パーティーは、クローズド企画だったにも関わらず、
開業当時からの顧客120名以上が押し寄せた。
DJが軽快な音楽を操り、寿司シェフが新鮮な握り寿司をふるまう。

私は久しぶりにそこのメンバーに再会して、泣きそうだった。
一緒に不動産を探して歩いた仲間が、今でも凛々しく活躍している。
新卒で入った仲間が、今ではGMになって店舗の指揮を取っている。
あの頃一緒に働いた仲間が、一度離れた後またこの場所に戻ってきている。

人の御縁の素晴らしさに、改めて感動した夜。
外気温8度、木枯らしの吹くトライベッカの石畳に、たくさんの歴史を重ねる。

新しく生まれ変わった寿司麻布のプライベートダイニングローム。
ご家族やお仲間での御利用を、お待ちしております。

お問い合わせはこちら。

写真 2018-10-18 20 53 18

写真 2018-10-18 20 52 17

写真 2018-10-18 21 38 13


I uploaded one article on New Year's Eve three years ago.

The title is "The Road, from 0 to 1".

After the restaurant that I had been supporting nearly 10 years from the start of business closed,
I have lost my passion a little.
Although the downstairs Sushi bar was open continuously,
Most of the companions who worked together have left there.

Eventually, the building was not sold, the first floor had been almost empty for three years.
After trial and error, they decided to operate there by themselves again,
New wind was sent there for the first time in three years.

Despite the reunion showcase party was closed event,
More than 120 customers came up.
DJ manipulated cool music and the sushi chef served freshly held sushi.

When I met the PDS members there, I almost cried.
A guy who had walked together looking for real estate are still working in the US now.
A guy who entered as a new graduate has now become the GM and are taking command of the restaurant.
Ex co-workers who worked together in those days have returned to this place again after they left for a while.

It was a special night for me that I was impressed again in the splendor of the people's edge.
Outdoor temperature was 8 degrees.
I walked on the cobblestone in Tribeca that reminded me our history.

Please enjoy newly reborn "Private dining room" at Sushi Azabu.

Please DM for inquiries and more details.

写真 2018-10-18 20 53 45

写真 2018-10-18 21 19 08

写真 2018-10-18 22 42 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-19 10 38 07



Next
「EN Japanese Brasserie」のシェフ安陪弘樹氏は、ニューヨーカーに根強い人気がある。
料理の腕はもちろんだけれど、
損得勘定なく人を紹介するきっぷの良さが、シェフ業界にしては珍しい。

ロサンゼルス店舗「Chateau HANARE」の開業準備のために、
彼が西海岸に移して半年、ニューヨークの街は少し静かだった。
毎月最終火曜日に開催されるシェフズカウンターもクローズのままだった。

安陪シェフが、たった1日だけの「アベズキッチン」を開催。
半年ぶりの企画の告知に、一晩で予約の席が埋まった。
日系人は私と友人の席だけで、あとは皆「世界の食通」といった面々。

キャビアマカロンに始まり、ウニトーストの燻製、ノドグロの刺身。
フォアグラ手巻き、最後は栗最中とカボチャのアイスクリーム。
これでもかというほど、好物がずらっと並んで全部で15品。

ニューヨークで日本の秋の味覚を楽しむ機会。
西海岸でさらに腕を上げた安陪シェフの「おもてなし力」はさすがだった。

写真 2018-10-30 12 20 47


Mr. Hiroki Abe, a chef of "EN Japanese Brasserie" is very popular in New Yorkers.
Not to mention the cooking skill,
His character, introducing people without profit account, is unusual for the chef industry.

To prepare for the opening of the Los Angeles brunch "Chateau HANARE "
For six months after he moved to the west coast, the city of New York was a bit quiet.
The chefs counter to be held on the last Tuesday of every month was also closed.

"Chef Abe will hold 'Abe's Kitchen' only for one day."
Because people heard that announcement for the first time in half a year, the seat of the reservation was booked in one night.
Japanese were only me and my friend, and all other guests were like "food gourmet in the world class".

Beginning with Caviar macaron, Smoked sea urchin toast, Sashimi of Nodogro.
Foie gras hand roll, last is a chestnuts sweets and pumpkin ice cream.
Even so much, my favorite 15 dishes were served.

It was an opportunities to enjoy the Japanese taste of fall in New York.
The "hospitality power" of Chef Abe who raised his skill of cooking on the west coast was amazing.

写真 2018-10-30 12 17 23

写真 2018-10-30 12 17 53

写真 2018-10-30 12 18 39

写真 2018-10-30 12 19 42



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-10-16 20 14 06


Next
シェフ栗本清氏との出会いは、2001年頃。
彼が料理長を務めていた銀座のイタリアンレストラン「FARO」で、
日本で食するイタリアンの可能性を、たくさん学ばせていただいた。

レストラン視察で訪米した彼とニューヨークで再会した時、
両手にたくさんの花束を抱えて登場した姿は、忘れられない。
欧米慣れした紳士のふるまいに、学ぶことが多かった。

その後、彼が店を変わる度に、新しい料理に会いに行った。
イタリアンの真髄は変わらないから、そこに懐かしさが漂う。

東京ステーションホテルの地下一階、「エノテカ・ノリーオ」。
都会のど真ん中で、ゆったりとした時間をいただく。
ウェルカムシャンペンからデザートまで、
職人とは、ブレない料理を貫き通すことだと、つくづく思う。

エノテカノリーオ Enoteca NORIO

写真 2018-09-12 12 41 18

写真 2018-09-12 13 01 29

写真 2018-09-12 13 50 49


I encountered with Chef, Mr. Kiyoshi Kurimoto, around 2001.
At the Italian restaurant "FARO" in Ginza where he served as the chef,
I learned a lot about the possibilities of Italian food in Japan.

When we met again in New York of his visiting during a restaurant research,
I could not forget his appearance of holding a lot of bouquets in both hands.
By the behavior of the gentleman accustomed to the West, I learned a lot.

After that, every time he changed the restaurant, I went to see new cuisine.
Because the essence of Italian food was unchanged, there was nostalgia there.

"Enoteca / NORIO" underground floor of the Tokyo Station Hotel.
In the middle of the city, we got a relaxing time.
From welcome champagne to dessert,
I truly believe that he, craftsmanship, serves a stubborn food forever.

写真 2018-09-12 13 53 58



海外永住 ブログランキングへ "
Next
ニューヨークの老舗フレンチレストラン、ジャン・ジョルジュで
スーシェフまで務め上げた米澤文雄氏。
2014年にジャン・ジョルジュ東京がオープンした時には、
エグゼクティブシェフに就任した。
シェフズカウンターの向こうにいる彼の笑顔に会いたくて、
機会があればお店にお伺いした。

今春、NYイベントのことで彼に相談を持ちかけた。
いつも通り親身になって、対応してくれた。
その時に、実は新しい門出を考えていることを打ち明けてくれた。

満を持して今月、青山に炭火焼のお店「The Burn」がオープン。
天井の高い設計、バーカウンターの位置どりなど、
NYスタイルを感じさせる店内は、地下でも開放感がいっぱい。

炭火焼で仕上げる国産牛の熟成肉が一押し。
ポーク、チキン、手長エビ、魚、オーガニック野菜。
香ばしい料理に、サラダやパスタが並ぶと、BBQパーティーのよう。
すべての料理の塩加減が絶妙で、お酒が進む。

お客様で溢れかえる店内。
激務の間にも、満面の笑みで各テーブルまで御挨拶に回る。
米澤氏の気配りと、サービススタッフのおもてなしは秀逸。
予約が取れなくなる前に、ぜひ足をお運び下さい。

The Burn Home Page

写真 2018-09-13 22 48 38


At New York's long-established French restaurant, Jean Georges,
Mr. Fumio Yonezawa worked as sous-chef.
When Jean-Georges Tokyo opened in 2014,
He took office as an executive chef.
I wanted to see his smile on the other side of the Chef's Counter,
If I had the opportunity I tried to go to the restaurant.

This spring, I asked him to discuss about the NY event.
As usual he was kind, and responded.
At that time, he revealed that he actually thought of a new career.

This month, he opened a charcoal grill restaurant "The Burn" at Aoyama in Tokyo.
High ceiling design, position of bar counter, etc.,
Inside the store that makes you feel NY style, there are lots of opening feelings even it is in the basement.

Aged meat of domestic cattle finishing with charcoal grilling is highly recommended.
Pork, chicken, freshwater shrimp, fish, organic vegetables.
It is like a BBQ party when salads and pasta line up in a savory dish.
Salt of all dishes is exquisite, and it works with alcohol so well.

Inside the restaurant overflows with customers.
Even during hard work, he goes to greetings to each table with a full smile.
Mr. Yonezawa's attentiveness and service staff's hospitality are excellent.

Please come and try to taste his new stage.

写真 2018-09-13 22 48 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-09-13 20 24 56

Next
シェフ藤木千夏氏から電話があるのは、たいていニューヨークの午後遅く。
日本で東の空が白くなる頃まで、毎日働いているから。

新店舗のオープン前にも、彼女がSOSを出してきた。
SolaからUmiへと変化していく過程、大きなプレッシャーがあったに違いない。

新ブランドのコンセプトを考えている彼女に、会わせたい人がいた。
オープンしたら一緒にお店に連れて行くからね、と。

千夏シェフの料理は、いつも優しい。
生命の原点・海から産み出される素材が、穏やかに身体に浸透する。

お粥から始まり、素麺で締めるフランス料理。
唯一無二のおもてなしで、心がゆっくりと洗われる。

アグレッシブな人間関係に疲れた時も、ここに駆け込むことにしよう。

写真 2018-08-14 6 19 50

写真 2018-08-14 6 32 51

写真 2018-08-14 6 55 04

写真 2018-08-14 7 13 03

写真 2018-08-14 7 38 29

写真 2018-08-14 8 02 34

写真 2018-08-14 8 29 29


When I get a phone call from Chef Chinatsu Fujiki, it is always late afternoon in New York time.
Because she works every day until the eastern sky turns white in Japan.

Even before opening a new store, she asked me to help.
In the process of changing from Sola to Umi, there must have been a lot of pressure.

There was a person that I wanted to introduce to Chinatsu while thinking of the concept of a new brand.
I promised I would take her to the new restaurant together.

The dish of the Chinatsu chef is always kind.
Origin of life · The material born from the sea gently infiltrates the body.

It is French cuisine starting with porridge and finishing with noodles.
With one and only hospitality, the heart is washed slowly.

Even when I am tired of aggressive human relations, I had better to come here.

写真 2018-08-14 10 09 15



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-14 6 55 29

写真 2018-08-14 6 55 33

Next
まったく予習なし、行き当たりばったりの北海道。
どこに行っても、食事は間違いなく美味しい。

写真 2018-07-27 21 09 12


We went to Hokkaido without any preparations at all.
No matter where we go, the meal was definitely delicious.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-25 15 05 53

写真 2018-07-25 15 03 37

札幌市内のパン屋さんでも、ソフトクリームが美味しい。結構高いけど。
写真 2018-07-26 14 58 38

写真 2018-07-26 14 45 40

写真 2018-07-26 14 32 28

写真 2018-07-26 14 59 01

ニセコで紅茶のルピシアがレストランをやっていた。突然発見して入ったら大当たり。
Next
小学校の修学旅行で、初めて沖縄に行った。
当時の沖縄には、まだホテルもほとんどなくて、
アパートを改良しただけの民宿は、とても気味が悪かった。

あの頃の沖縄にも、きっと美味しい食事はあったのだろうけれど、
小学生の団体旅行に出される食事に、まるで美しい思い出がない。

時代が経過して、沖縄は日本随一の観光地になった。
美しい海と、温厚な人々、そして美味しい酒と食事。
そんな常識が当たり前になったことを、つくづく噛み締める。

生きていればこそ、時の流れを体感できるのだと。

写真 2018-08-18 9 00 21


I went to Okinawa for the first time on a farewell trip of elementary school.
At that time in Okinawa, there were still few hotels,
The inn which was just improving the apartment was very creepy.

I guess there was also a delicious meal in Okinawa at that time,
Elementary school students' group meals were devoid of beautiful memories in the meal.

With the passage of time, Okinawa became the best tourist destination in Japan.
Beautiful sea, heartful people, and tasty sake and meals.
I grab the fact that such common sense became commonplace.

It is only by living that we can experience the flow of time.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-07-10 23 20 25


福岡県、有明海の広がる街で生まれ育った少女が、
食べたこともないフランス料理に恋をして海を渡った。

ミシュラン星レストラン「Sola」の吉武広樹シェフに認められ、
スーシェフとして活躍した後に、また海を越えて帰国した。

恵比寿の小さな一軒家にオープンした藤木千夏シェフのお店。
すべての生命体の原点、海、生み。
海が繋げてくれた技術と味が、新しいストーリーを発信する。

素材を活かすというだけでない、すべてに優しい味がする魔法は、
きっとお祖母様から伝えられた、彼女だけの秘技。

昨年のRED-U35で「岸朝子賞」を受賞した実力はお墨付き。

千夏シェフの前途を祝して、東京の夏に乾杯しよう。

Restaurant Umi ホームページ

写真 2018-07-16 10 48 26

写真 2018-07-16 10 48 58


A girl who grew up in a town near Ariake Ocean in Fukuoka prefecture,
She fell in love with French cuisine she never ate and crossed the sea.

She worked with Hiroki Yoshitake, the chef of Michelin star restaurant "Sola" in Paris,
After working as a sous-chef, she returned home across the ocean.

Chef Chinatsu Fujiki's restaurant opened in a small house in Ebisu, Tokyo.
Origin of all life forms, sea, birth.
The technology and taste that were connected by the ocean will make a new story.

Not only to make use of the food material, she knows the magic that makes all tastes gentle.
Her secret magic was surely told by her grandmother.

She won the "Award of Asko Kishi" at last year's RED-U 35.
Let us celebrate the prospect of the Chef Chinatsu, and cheer to the summer of Tokyo.

写真 2018-07-10 23 59 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next
「人の心を掴むには胃袋から」と言われるように、
人間は胃袋が満足している場所で、心が満たされる。
自分が求めている料理があれば、そこで生きていける。

中嶋シェフに出会っていなければ、
私はもうとっくに日本に帰っていたかもしれない。
息をするのも苦しいほど傷付いていた時に、
彼の握る寿司は、胃袋をそっと癒してくれた。

あれから20年近くの月日が経過して、
ニューヨークには数多くの名寿司店と寿司シェフが参入した。
ミシュラン星を獲得し、予約の取れない店もたくさんあるし、
年に一度の御褒美でも行けないぐらい高い店もたくさんある。

でも私は、自分の原点を思い出す時に、ここに戻ってきたいと思う。
胃袋と心が満たされる場所、まさにここが「ホーム」だから。

以前の記事

写真 2018-06-14 22 57 42

写真 2018-06-14 23 01 12



As it is said that "The way to a man's heart is through his stomach.",
When a human being is satisfied with a stomach, his heart is filled.
If you have the food you are looking for, you can live there.

Unless I met a Sushi Chef, Mr. Nakajima Nakajima,
I may have already returned to Japan.
When I was wound my heart deeply,
His sushi gently healed my stomach.

About 20 years have passed since then,
Many sushi restaurants and sushi chefs have entered New York.
There are many restaurants that have Michelin stars and cannot make reservations.
There are plenty of restaurants that we cannot be reached even once a year.

But I want to return here when I recall my own origin.
The place where the stomach and mind can be filled, exactly this is "home".

写真 2018-06-30 11 46 57

写真 2018-06-30 11 48 16

写真 2018-06-30 11 49 04



海外永住 ブログランキングへ "
Next