写真 2020-12-21 18 41 26


当初の目的は、私が今応援している犬のセーターのブランドに関して、
専門家の意見を伺おうと、獣医さんに御協力願うことだった。

「せっかくなら、一緒に食事をしましょう」
仲介してくれた親友が、嬉しいお声がけをしてくれた。

早速仲良しシェフに依頼して、「アンコウ鍋」をケータリング。
デリバリー圏外でも、UBERドライバーに依頼すると荷物だけを運んでくれる。

新鮮な食材や気の利いた薬味まで、すべてが丁寧にカットされていて、
さらに調理の順番まで、遠隔からディレクションしてくれる。

個人では購入できないような新鮮な食材を仕入れることができるのは、
やはり信頼できるシェフがいるおかげ。

コロナ禍収集の目処が立たない今、焼肉も鍋料理も店では食べられないけれど、
こうやって食卓を共にすることで、繋がるものがきっとある。

周囲では、すでにワクチン接種した人も少なくない。
マニュアルでしか分からない温度感、世界はそこを失ったりしない。

写真 2020-12-21 19 34 02

写真 2020-12-21 21 36 49


My original intention was to ask the vet for his expert opinion on the brand of dog sweater I was currently supporting.

"If we have time, let's have dinner together.
My best friend, who had acted as an intermediary, was happy to oblige.

We immediately asked a good friend of ours, a chef, to cater "an anglerfish hot pot."
Even if you're out of the delivery area, you can ask a UBER driver to carry your luggage for you.

Everything was carefully cut, from the freshest ingredients to the cleverest condiments.
He even remotely directs the order of cooking.

Thanks to the chef we can trust, we can purchase fresh ingredients that we can't buy individually.

Now that the COVID-19 pandemic continues, we can't eat BBQ meat or hot-pot dishes at the restaurant, but I am sure there are things that we can connect by sharing a table like this.

Many of the people around me have already been vaccinated.
The world will never lose that sense of temperature that can only be understood manually.

写真 2020-12-21 17 49 21

写真 2020-12-21 18 14 09
Next
写真 2020-12-04 20 13 26

写真 2020-12-04 16 59 37


「最後の晩餐」に何が食べたいと聞かれたら、迷わず寿司と答える。
もうずっと、変わっていない。

寿司シェフ中嶋氏と出会って、20年近くになるだろう。
彼が所属する店を変わる度に、追いかけて食べに行った。

いつしか予約の取れないシェフになり、あまり行けなくなったけれど、
彼に救ってもらった身としては、彼の握る寿司こそが不動の地位にある。

今年3月、長年の念願が叶って、彼自身の店がオープンした。
4月初めの予約を楽しみにしていたのに、ロックダウンになった。

半年待って、ようやく暖簾をくぐることができた時、
親しくしているフランス人と一緒に行きたいと誘ったのは、
思い出深いブルゴーニュワインの歴史を、一緒に感じてくれると思ったから。

期待を裏切らない中嶋氏の寿司は、心まで温めてくれるような味わいだった。
生粋の江戸前寿司へのこだわりを、ニューヨーカーが完璧に受け入れている。

ナカジ、改めて、おめでとう!

写真 2020-12-08 14 51 51

写真 2020-12-08 14 56 10


If you ask me what I want to eat for my "last supper," I will say sushi without hesitation.
That hasn't changed in a long time.

It must have been nearly 20 years since I met sushi chef Nakajima.
Every time he would change his restaurant, I would follow him to eat there.

He became a chef who couldn't get reservations before long, and I couldn't go there as often.
As a rescued person, his sushi is the one thing that stands firm in my ranking.

In March of this year, his own restaurant opened, fulfilling a long-held wish.
I was looking forward to making a reservation for early April, but then we were in lockdown.

After six months of waiting, when I finally got to walk through the door.
I asked French friends who are close to mine to go with me.
Because I knew that they would feel the memorable history of Burgundy wine with me.

Mr. Nakajima's skill was amazing, and his sushi had a heart-warming taste.
New Yorkers have perfectly embraced his commitment to genuine Edo-mae sushi.

Congratulations again, Nakaj!

写真 2020-12-04 20 06 32



Next
写真 2020-11-27 18 27 37

写真 2020-11-27 18 38 27


ニューヨーク市内では9月末に25%のインドアダイニングが再開されたものの、
12月最初の5日で米国内のコロナ感染者が100万人を超えた危機から、
州政府は、再びインドアダイニング規制のアナウンス準備を始めている。

いつまたロックダウンになるか分からない状況のなかで、
かろうじて息を吹き返そうとしている飲食店の応援に、友人と会食する。
気軽に食事に行こうと言い出せないけれど、誰かが音頭を取れば即決行。

フランスで修行を積んだツートップのシェフが、毎日真摯に料理を作る。
予約状況は変わるけれど、決して料理の質を変えることはない。
入念な仕込みと非常に細かい手仕事の集大成が、お皿の上に繰り広げられる。
こんな風に目と舌を喜ばせてくれる体験を、これからもずっと応援したい。

写真 2020-12-08 14 49 40

写真 2020-12-08 14 48 51


Although indoor dining reopened in New York City at the end of September by 25%, In the first five days of December, the number of COVID-19 cases in the U.S. exceeded one million.
The state government is once again beginning to prepare announcements of indoor dining regulations.

With no telling when there will be another lockdown.
I met with friends for dinner in support of a restaurant that was barely coming back to life.
We can't casually ask to go out to eat, but if someone takes the lead, we'll go for it immediately.

A two-top chef, trained in France, cook diligently every day.
Bookings change on the date or weather, but they never change the quality of the food.
The culmination of careful preparation and very detailed handiwork unfolds on the plate.
I want to continue to support an experience that delights our eyes and tough like this one.

写真 2020-12-01 21 37 46


Next
写真 2020-11-23 11 39 25


コロナ禍で大打撃を受けている飲食業界とはいえ、
テイクアウト中心のスイーツ店舗は、活気のある所も多い。

オーストラリア発祥の手作りジェラート「ANITA GELATO」の前には、
いつも行列ができるほどの賑わい。

こんな寒空の下で、ジェラートを楽しむアメリカ人たち。
美味しいものは人を笑顔にする。きっとこれが根底にある。

写真 2020-11-23 11 39 38


Even though the food and beverage industry has been hit hard by the COVID-19 pandemic, many take-out-centric sweet stores are lively.

In front of "ANITA GELATO", a homemade gelato that originated in Australia, it is always crowded with people waiting in line.

American people are enjoying gelato under this cold weather.
Good food makes people smile. This must be the underlying principle.

写真 2020-11-23 11 39 58


Next
写真 2020-11-21 19 48 08


母の作る「栗きんとん」は、宝探しのようだった。
ミョウバンで色付けられたサツマイモがメインで、なかなか栗に辿り着けない。
日本人にとって、栗というのは秋の味覚の王様で、高級食材に区別される。

マロングラッセ、マロンケーキ、マロンピューレ。
「マロン」という言葉が英語でないことを知ったのは、いつのことだったろう。
米国で「チェスナッツ」の地位が低いことを、私はずっと嘆いてきた。

なかなか美味しいモンブランに辿り着けずに、
8年前にこんな記事も書いている。

先週、老舗「ANGELINA」の米国初店舗が、ニューヨークにオープンした。
昨年開業の予定が、コロナ禍でこんなに遅れたけれど、
この数日、友人たちのSNSは、ここの話題で賑わっている。

パリの本店で、ショコラショウとモンブランに出会った時の感動を思い出す。
その土地によって仕入れできる食材は変わってしまうだろう。
しかし、味覚に対する感性は、そう簡単には変わらないから、
移民たちはこうして、胃袋の感性がマッチする場所を探し続けるのだ。

再ロックダウン秒読みといわれるなかで、明るい話題があるのは嬉しい。
写真 2020-11-21 8 45 12

写真 2020-11-21 8 44 58


My mother's "Kuri-Kinton, chestnut sweets" was like a treasure hunt.
The main ingredient was sweet potatoes colored with alum, and it was difficult to find the chestnuts.
For Japanese people, chestnuts are the king of the autumn flavors, distinguished as a luxury food.

Marron glacé, marron cake and marron puree.
When did I learn that the word "marron" is not an English word?
I've been bemoaning the low status of "chestnuts" in the United States for a long time.

It's not been easy to get to a good Mont Blanc.
I also wrote this article 8 years ago.

Last week, the first U.S. store of the venerable "ANGELINA" opened in New York City.
Although it was scheduled to open last year, the COVID-19 pandemic delayed the opening so much.
For the past few days, my friends' social networking sites have been buzzing with the topic of this place.

It reminds me of the excitement I felt when I encountered the chocolatey show and Mont Blanc at the head store in Paris.
The ingredients you can stock will change depending on the region.
However, our sensitivity to the taste buds does not change so easily.
This is why immigrants continue to look for places that match their stomach sensibilities.

In the midst of what is said a second re-lockdown in New York will come soon, it's nice to have a brighter story to tell.

写真 2020-11-22 19 42 13

Next
写真 2020-11-14 20 41 16


2020年、世界中がコロナ禍に陥ってから、人との付き合い方が一転した。
イベントは軒並みキャンセルになり、会食ミーティングも皆無。
対面が必要な打ち合わせは、ホテルのラウンジか屋外のカフェ。

先週は全米の感染者が、1日あたり19万3千万人にまで増大した。
感染しないさせないと、散歩以外は家にこもる生活が続き、
自分がどこの世界に生きているのかさえ、わからなくなっている。

フィジカルで会おうと声をかけてくれる友人の存在だけが、
カレンダーの日付を確認するキッカケで、すでに曜日の感覚はない。

久しぶりに、近所に住むフランス人ファミリーと夕飯に出かけた。
ダウンジャケットを着込んで、ダルマのような姿でパスタを食す。
気温5度の寒さの中、手足が痺れて、会話も途絶えがちになる。

コロナは私たちの日常どころか、感性をも奪っていくのだろうか。

写真 2020-11-14 20 44 04

写真 2020-11-14 21 22 07


In 2020, after the world was plunged into the COVID-19 situation, the way we interacted with people changed dramatically.
Events have been canceled across the board, and there are no dinner meetings.
Meetings that require face-to-face interaction are held in hotel lounges or outdoor cafes.

Last week, the number of infected people per day across the United States grew to 193,000.
We continue to stay home except for walks to prevent COVID-19.
I don't even know where I live in the world anymore.

All I know is that when I have a few friends who call me to meet up physically, I check the calendar date, and I already have no sense of the day of the week.

For the first time in a long time, we went out for dinner with a French family living nearby.
We ate pasta in our down jackets and looked like snowmen.
In the 5-degree cold, our hands and feet were numb, and the conversation tends to cease.

Will the COVID-19 take away not only our daily life but also our senses?

写真 2020-11-14 20 48 15

写真 2020-11-14 21 22 35

Next
IMG_8752


3月下旬に街全体がロックダウンとなったニューヨーク。
7月にはアウトドアでのダイニングが解禁されたが、
路面にスペースのない飲食店にとっては、身動きできない状況が続いた。

9月末、全体の25%着席を条件に、インドアダイニングが再開。
家賃や人件費、食材のロス、費用対効果を考える経営者の苦労は計り知れない。

「嘉日」は精進料理を提供し、常にミシュラン星を保持している人気店。
ロックダウン中も、テイクアウトメニューを提供して奮闘していたけれど、
温かい野菜に繊細な手仕事を加えた精進料理は、やはり出来立てをいただきたい。

今秋のメニューは茶懐石仕立てで、最初に御飯と汁物が提供される。
懐石料理の歴史や、陰と陽の盛り付け方など、
遠い昔に母に習ったしきたりを、漠然と思い出す。

提供される器の一つ一つや、店内に活けられた生花の美しさに、
日本の感性を懐かしみ、つくづく故郷の好きなところを思い起こさせられる。

帰路、ふと涙がこぼれたのは、夜道を照らしてくれた秋の満月のせいだろう。

写真 2020-09-30 20 25 56

先付・銀杏
写真 2020-09-30 20 41 01

向付・汁飯
写真 2020-09-30 20 58 11

口取り・胡麻豆腐の最中
写真 2020-09-30 21 14 55

お椀・松茸
写真 2020-09-30 21 28 47

焼物・イチジクとウォールナッツ味噌
写真 2020-09-30 21 40 56

揚物・薩摩芋
写真 2020-09-30 22 03 33

お凌ぎ・桃とコーンとホウレン草
写真 2020-09-30 22 21 38

炊合せ・タロ芋と春菊
写真 2020-09-30 22 35 23

八寸・茄子と栗
写真 2020-09-30 23 05 37

お食事・胡麻うどん
写真 2020-09-30 23 33 53

水物・あんみつ
写真 2020-09-30 23 48 03

甘味・和菓子と薄茶
写真 2020-09-30 21 41 54


New York City went into a city-wide lockdown in late March.
In July, the ban on outdoor dining was lifted, but
For restaurants with no space on the street, they were stuck in limbo.

At the end of September, indoor dining reopened with a 25 percent overall seating requirement.
Rent, labor costs, loss of ingredients, and cost-effectiveness are things that business owners have to contend with.

"Kajitsu" is a popular restaurant that serves vegetarian cuisine and consistently holds a Michelin star.
During the lockdown, the restaurant struggled to offer a take-out menu, but
The vegetarian cuisine, with its warm vegetables and delicate handiwork, should be served fresh.

This fall's menu is a "Chakaiseki style," with rice and soup served first.
The history of "Kaiseki cuisine" and how to arrange the yin and yang vaguely reminds me of a tradition I learned from my mother long ago.

The beauty of each plate served, and the fresh flowers were arranged in the restaurant.
It reminded me of my favorite part of my hometown.

On the way back home, tears spilled out of my eyes, probably because of the full moon in autumn that lit up the road at night.

IMG_6962

Next
写真 2020-11-09 20 40 43

写真 2020-11-09 21 01 44


ニューヨーク市内で、インドアダイニングが許可されてから1ヶ月余。
周囲の様子を見ながら、慎重に再開のタイミングを見計らっていた店舗が、
ようやく再開との知らせを受けて、早々に友人と訪れた。

各回ひと組だけ、晩秋のデコレーションいっぱいの空間を贅沢に貸し切る。
懐石料理のメニューも、お客様の好みによって組み立て直す。
完全なるカスタマイズのおもてなし。

ロックダウン中にもたくさんの誌面に取り上げられ、
今ニューヨークで一番予約の取れない和食店のひとつとなった。

シェフの大堂氏とは、彼が20代の頃に知り合って以来、ずっと応援している。
コロナ禍という試練をこうやって乗り越えようとしている勇姿に、
逆にこちらが励まされることばかり。

昨日からまたニューヨーク市内飲食店の営業時間に制限がかかり、
完全復活までまた道のりが遠くなってしまったけれど、
こうして真摯に努力するシェフ達が、きっと救われると祈っていたい。

odo秋の味覚は、芸術だった。

写真 2020-11-09 20 53 15

先付け・ポルチーニの茶碗蒸し
写真 2020-11-09 21 01 20

写真 2020-11-09 21 05 01

お造り
写真 2020-11-09 21 24 39

お椀・喉黒と焼茄子
写真 2020-11-09 21 35 43

お凌ぎ
写真 2020-11-09 22 12 44

焼き物
写真 2020-11-09 22 44 21

炊き合わせ
写真 2020-11-09 23 00 59

御飯・鯛と茗荷
写真 2020-11-09 23 17 26

麺・ワンタンラーメン
写真 2020-11-09 23 30 07

水菓子・ウィスキーのアイスクリーム
写真 2020-11-09 23 38 54

酒粕のカヌレ
写真 2020-11-09 20 35 34


It's been a little over a month since indoor dining was allowed in New York City.
Japanese restaurant "odo" had been carefully assessing its surroundings to determine the right time to reopen.
I visited there with my friends as soon as I got the news that it was finally reopening.

Each time only one group is invited to visit, space is lavishly decorated for late autumn.
The kaiseki menu is also reconfigured according to the tastes of the guests.
It was a completely customized hospitality.

They were featured in many magazines during the lockdown.
It has become one of the most difficult Japanese restaurants to get a reservation in New York City right now.

I've been supporting Chef Odo ever since I met him when he was in his twenties.
We've always admired his courage in trying to overcome the ordeal of the Corona disaster in this way.
On the contrary, we are all encouraged.

Since yesterday, there have been restrictions on the hours of operation for restaurants in New York City.
It's a long way from being fully recovered again, but
The chefs who are making such a sincere effort, I hope that they will be saved.

The autumnal taste of "odo" was an art.

IMG_9432

Next
写真 2020-10-30 12 01 50


ニューヨーク史上最大の予算250億ドルを投入した再開発プロジェクト。
ミッドタウンウェストのハドソン川沿いが大きく変化している。

2019年3月にオープンしたハドソンヤードには、たくさんの名所があり、
地下に広がる小さなスペイン街も、たくさんの人で賑わっていた。

コロナ禍で打撃を受けた後でも、取材に行ってほしいとの依頼を受けた。
現地まで行く地下鉄に乗ることさえ、緊張した。

パエリヤ、チュロス、タパスバー、トルティーヤ、生ハム、スイーツ。
スペインを体感できるブースは、全席を撤廃してテイクアウトのみ。

レストランが部分的に着席テーブルを設けているけれど、
以前のような活気は失せて、落ち着いた雰囲気の空間になっていた。

オフィスワークが復帰しない限り、客足は望めないのかもしれない。
コロナがすべて、世界を変えてしまった。

写真 2020-10-30 12 02 48

写真 2020-10-30 12 03 34

写真 2020-10-30 12 03 49


The $25 billion redevelopment project is the largest budgeted redevelopment project in New York City's history.
The Hudson Riverfront in Midtown West is undergoing a major transformation.

Opened in March 2019, Hudson Yards has many landmarks and
The little Spanish town (Mercado Little Spain) that stretches underground was also crowded with many people.

Even after being hit by the COVID-19 pandemic, I was asked to go there for an interview.
I was nervous even to take the subway to get there.

Paella, churros, tapas bars, tortillas, prosciutto, and sweets.
The booths that allow you to experience Spain are all take-out only, with all seats eliminated.

Although the restaurant does have partial seating tables,
gone was the vibrancy of the past, and space had become more relaxed.

Unless office work returned, there might not be any hope of a customer base.
COVID-19 has changed everything in the world.

写真 2020-10-30 12 03 51

写真 2020-10-30 12 04 05

Next
コロナ禍によるロックダウンを経て、飲食業界は大打撃を受けている。
誰もが厳しい生活を強いられるなか、日常的に彼らをサポートすることは出来ないけれど、
こういう時だからこそ、今までお世話になった御恩返しをしたいと思う。

ニューヨークで活躍する人たちは、良い意味で、常に戦闘心で尖がっている。
でも、私の知る限り、日系の飲食業界は皆損得勘定なしで、繋がっている。

シェフ安陪弘樹氏は、誰でも分け隔てなく顧客同士を繋げる天才でもある。
これまでに彼のネットワークで、世界を広げた仲間は限りなく多いはず。

彼の提供するアベズキッチンのお弁当たちを目の前にすると、
質の良い食材と、手の細かい仕事が行き届いた心遣いに癒される。

ニューヨークの至る所でポップアップショップが展開できるのも、
これまで彼自身が培ってきた人脈、そして人徳がゆえだろう。

彼の笑顔に会いに、また皆が集う。

Abe's Kitchen ホームページ
写真 2020-09-24 17 54 55


The food and beverage industry in New York has been damaged after the lockdown caused by the COVID-19 pandemic.
Though we can't support them on a daily basis as everyone is forced to live a tough life,
It's times like these that I want to return the favor that has been given to me.

The people who work in New York City always have a fighting spirit.
But I guess everyone in the Japanese restaurant industry is connected, without regard to profit and loss.

Chef Hiroki Abe is a genius at connecting people to each other without stereotype.
There is an endless number of friends who have expanded their world by his network.

When we got his bento boxes from Abe's Kitchen,
The quality of the ingredients and the attention to detail that goes into the work made us happy.

He has pop-up shops all over New York City.
It's probably because of the connections he's made and the good personality he's cultivated over the years.

People will gather again to see his smile.

写真 2020-09-24 19 16 46



Next
ロックダウン中に、いち早く医療現場に食事を届けたシェフとその仲間がいた。
食材の仕入れ、調理、現場への配達、すべてボランティアだった。

コロナの正体が分からず、誰もが暗闇の中にいた時期に、
自分ができることをやると前に進む姿に、地元の人々の心が動いた。

今ニューヨークは、経済再開に向けて、段階的に動き出している。
とはいえ、街に人は少なく、飲食業の半分は閉業に向かっている。

唯一許可されているアウトドアダイニングは、店舗の立地条件によって、
客入り状況も、営業スタイルも、雲泥の差が出ているという現状。

そんななか、やはり地元の人が応援したいと足を運ぶのは、
皆が大変な時に、率先して人のために誠意を尽くした彼らのお店。

こんな時期だからこそ、次々と新しいメニューを開発する意気込み。
ピンチをチャンスに変えながら、世界はまだまだ戦っている。

写真 2020-09-04 3 33 34


There was one chef and his team that delivered meals to the medical field during the lockdown.
They worked as an all-volunteer, getting food, cooking, and delivering.

At a time when the identity of the COVID-19 was unknown and everyone was in the dark,
The local people were moved that they move forward to do what they could.

Now, New York City is moving in stages to reopen its economy.
However, there are few people in the city, and half of the restaurant industry is closing.

The outdoor dining is only allowed.
But there is a big difference in the number of customers and business style between the two, due to the location of the stores.

In such a situation, the locals still go their restaurant to support.
Because they took the initiative to make a sincere effort to help people at a time when everyone else was going through a difficult time.

It's in times like these that they have the enthusiasm to develop new menu items one after another.
The world is still battling, and adversity has big chances.

109947695_2839310262841797_1640961918009889850_o

©️MIFUNE&AMANE
Next
写真 2020-08-28 15 05 19

写真 2020-08-28 15 05 57

写真 2020-08-28 15 06 37

写真 2020-08-28 15 07 01


「待っているよ」「帰ってきたら、御飯に行こう」
社交辞令でなく、本気で連絡をくれる友人がいる。

ニューヨークでは、まだ店内での飲食ができないけれど、
道路や歩道にセットしたアウトドアダイニングが認可されている。

ここでの友人との外食は、3月のロックダウン以来、5ヶ月ぶり。
久しぶりに乗った地下鉄が、あまりにも綺麗になっていて驚いた。

経済の止まった街、ホームレスが増えて、治安の悪化は否めないけれど、
外気の中で食事して、エネルギーを得ようというニューヨーカーたち。

きっと元の生活には戻れない。
新しいライフスタイルのなか、本当に大切なものが見えてくる。

写真 2020-08-28 12 25 13

写真 2020-08-28 12 28 11


"I wait for you." or "Let's go out when you are back.."
I have friends who contact me as if they've been waiting for me, not as a social call.

In New York, though we still can't eat or drink in the restaurant,
Outdoor dining set on the road or sidewalk has been approved.

It's been five months since I ate out in the city with friends since the lockdown in March.
It's been a long time since I got the subway, and I was surprised at how clean it was.

A city with a stalled economy, an increase in homelessness, and an undeniable deterioration in security, but
New Yorkers want to eat in the open air and get some energy.

I'm sure we can't go back to our old life.
In this new lifestyle, we can see what's really important.

写真 2020-08-28 11 41 10

写真 2020-08-28 11 42 54


Next
3月22日、ニューヨーク州にロックダウンが命じられた時、
大きな箱を持った飲食店の経営が、何よりも案じられた。

通常100人近い人材をまわして経営している店舗では、
多くのスタッフを一旦解雇せざるを得ない状況であった。

長い年月をかけて教育したスタッフを手放すこと、
お互いに再雇用の確約はないなかで、苦渋の決断を迫られる。
解雇したスタッフには失業保険が支払われるように、手続きまで誘導する。

少数のメンバーでテイクアウトのみの営業、家賃を支払えば何も残らない。
出口の見えないトンネルの中で、いつかの再開に備えて最大限の準備をする。

この3ヶ月で廃業を決断した店舗が星の数ほどあるなかで、
粘り強く踏ん張る経営者たちに、心からのエールを送り続けたい。

Mt.Fuji TO GO
写真 2020-06-16 8 39 08


On March 22, when the lockdown was ordered on New York State.
Running a restaurant with a big box was more of a concern than anything else.

In a restaurant that is usually run with close to 100 people around, Many staff had to be laid off at one point.

They let go of the staff they had trained over the years, and
With no assurance of reemployment, they are forced to make a difficult decision.
They even guide the laid off staff through the process so that unemployment insurance will be paid to them.

Operating with only a few members and take-out only, they use their sales to pay the rent.
In a tunnel with no exit in sight, they will do the utmost to prepare for the reopening of the business one day.

Many owners have decided to close their restaurants in the last three months.
Among them, I would like to continue to send my heartfelt encouragement to those persevering managers.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

Next
写真 2020-06-10 17 34 27

写真 2020-06-10 17 34 33


「最後の晩餐」に食べたいものを聞かれたら、迷いなく「寿司」と答えるだろう。
甘酢のきいた酢飯だけでも御馳走に思える、それほど寿司が好き。

渡米して20年、もう何度も彼の寿司のことを書いてきた。
感性のない米国人に落胆し、何をしてもうまくいかな時に、胃袋を救われた。
いつしか手の届かないくらい人気の寿司職人になってしまったけれど、
彼の寿司に出会わなければ、米国生活をとうに投げ出していたかもしれない。

所属するお店が変わっても、彼を追いかけるファンはたくさんいて、
ようやく満を持して今春、自分のお店を出した時に、コロナ禍に見舞われた。

江戸前寿司に対するこだわりは、天下一品。
色白で大きな手から生み出される頑固な味が、喉元からゆっくり胃に移動する。

ありきたりの言葉だけれど、「胃袋を釣られる」とはまさにこのことで、
日々精進の日常も、またしばらく耐えられそうだと思えてしまうのだ。

写真 2020-06-10 18 51 11


If I were to be asked what I would like to eat for my "last supper," I would answer "sushi" without a second thought.
I love sushi, and the sweet-and-sour sushi rice alone would be a treat.

In the 20 years since I came to the U.S., I have written about his sushi many times.
It saved my stomach when I was discouraged by the feeling of the American people and when I could have nothing to work.
Now he became a popular sushi chef in New York.
If I hadn't met his sushi, I might have given up my life in the US away long ago.

He had changed his working restaurant many times, but he has a lot of fans who follow him.
When he finally opened his own restaurant this spring after, he was struck by the COVID-19 disaster.

His obsession with Edo-mae sushi is one of the best in the world.
The stubborn flavors produced by his pale, large hands move slowly from his throat to his stomach.

It's a cliché, but that's exactly what it means to be "caught in the stomach."
I will be bearable the hard daily routine for a while again.

写真 2020-06-10 18 51 06


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2020-06-24 22.02.51


Next
ニューヨークのロックダウンが続くなか、大打撃を受けている飲食業界。
元の店が高級であればあるほど、この時期を生き抜くことは難しい。

高い家賃を支払うためには、それだけの客単価と回転数が必要なのに、
着席サービスを提供できない現在、テイクアウト用の営業しかできない。

その状況で、デリバリーとキッチンの人件費と家賃を考えると、
営業すべきか判断できずに、休業もしくは閉店する店が少なくない。

毎日の食事が、どれほど人間の精神状態に影響するかを改めて考える昨今、
ローカルの食材にこだわり抜く姿勢を、変えない店がある。

料理の格を下げることなく提供してくれる大堂シェフに、敬意をこめて。
いつもたくさんの心遣いを、ありがとうございます。

写真 2020-05-23 18 57 06


As New York's lockdown continues, the food and beverage industry is taking a big shock.
The more upscale the original restaurant is, the harder it is to survive this time of year.

In order to pay a high rent, they need to have that many customers and turnover.
They are currently unable to offer seated service and can only operate for take-out.

In that situation, when they think about the labor and rent for delivery and kitchen,
There are many stores that are closed because they cannot decide whether they should be open or not.

Nowadays, we are thinking again about how much our daily diet affects our mental state.
There is one restaurant that does not change its stance of sticking to local ingredients.

It's a tribute to Chef Odo, who serves the high quality food as always.
Thank you so much for always being so thoughtful.

写真 2020-05-23 18 57 22


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-05-23 17 56 25
Next
写真 2020-05-16 19 44 09


コロナ禍で大打撃を受けている飲食業界。
月に何万ドルも売り上げて、何とか高い家賃を支払ってきた彼らだが、
着席営業が禁止になった現在、テイクアウト料理を販売して画策している。

客単価60〜300ドルという日系飲食店では、弁当でも40〜100ドルと幅が広い。
決して安くない値段だが、一流シェフが腕をふるったそれは、
家庭では決して作れないような品数と、細かい手仕事の結晶。

コロナで戦う医療の最前線に、ボランティアで食事を届けるシェフたち。
彼らを応援したいと、せめてテイクアウトの料理を注文するけれど、
採算度外視ともいえる内容に、むしろ食する側が励まされていることに気付く。

ニューヨークで最も解雇者が多いのは、恐らくこの飲食業界かもしれない。
友人と連れ立って、また以前のように会食が出来る日は、いつになるのだろう。

写真 2020-05-16 19 43 01

写真 2020-05-16 19 43 22

写真 2020-05-16 19 43 09

写真 2020-05-16 19 43 34

写真 2020-05-16 19 43 42


The food and beverage industry in New York has been hit hard by the COVID-19 disaster.
They had been selling for tens of thousands of dollars a month and paying a high rent.
Now that seating has been prohibited, they're now scheming to sell take-out food.

The average price per customer is $60 to $300 for a Japanese restaurant, and even a boxed lunch can range from $40 to $100.
It's not a cheap price, but it's a top-notch chef's skill.
There are a number of items that would never be made at home, and the fruits of fine handiwork.

My friends, Chefs are delivering meals to the front lines of medical care fighting in COVID-19 as volunteers.
We'd like to support them by ordering to-go food at least.
I found the fact that the contents of this to-go menu are so unprofitable, and people who eat it are encouraged by chefs.

It's probably the food and beverage industry that has the most layoffs in New York.
When will the day come when I can have dinner with friends again like before?

写真 2020-05-16 18 59 29


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-02-12 22 52 54


決して道楽ではない。
食のリサーチは、仕事の中でも大きなウェイトを占めていて、
皆さんが日本で目にする雑誌やウェブ情報に、毎月たくさんの情報を提供している。

90年代終盤、なけなしの貯金をはたいて留学をしていた時に、
私の唯一の収入源が、日本の雑誌への記事提供だった。
ファッション、カルチャー、いろんなジャンルの依頼があったけれど、
いつの時代も、どのメディアも常に飲食情報には目を光らせている。

2月の「大堂」では、蟹の香り漂うメニューが提供されていた。
ローカル産の食材にこだわり、最初の日本酒から最後のお抹茶まで、
優雅なため息しか出てこないような素材のオンパレード。

食事を終えて、バーで坂本龍一氏と遭遇する。
坂本氏の提供するBGMが、HALLに彩りを添えている。
食のトレンドを研究するために、夜な夜なシェフが集う空間が生まれている。

写真 2020-02-12 21 12 34

写真 2020-02-12 21 23 14

写真 2020-02-12 21 30 38

写真 2020-02-12 22 24 27


It's not hobby or easy.
Food research is one of a big part of my job,
We provide a lot of information every month to magazines and web information you see in Japan.

In the late 90's, when I was studying abroad with a good savings,
My only source of income was providing articles to Japanese magazines.
There were requests for fashion, culture and various genres,
In every era, every media is always on the lookout for food and beverage information.

At "Odo" in February, a menu with a crab-scented scent was offered.
They were particular about local ingredients, from the first sake to the last matcha.
It was a parade of material that only comes out with an elegant sigh.

After finishing the meal, we met Mr. Ryuichi Sakamoto at the bar.
BGM provided by Mr. Sakamoto adds color to HALL.
In order to study food trends, there is a space where nightly chefs gather.

写真 2020-02-12 22 37 55

写真 2020-02-12 22 47 55

写真 2020-02-12 22 57 13

写真 2020-02-12 23 06 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-12 22 06 52

写真 2020-02-12 20 59 02

写真 2020-02-12 21 48 31

写真 2020-02-12 20 53 36

Next
これまで何度も記事にしてきた、米国での「レストランウィーク」。
2020年冬は、1月下旬から2月初旬にかけて20日間に渡り開催された。

ランチが2コースで26ドル、ディナーは3コースで42ドル。
敷居が高くて普段は行けないお店の味を試す絶好の機会でもある。

しかし新型コロナウィルスの感染拡大が懸念され始めていた今冬は、
ファッションウィークも、レストランウィークも、人手が少なく、
どこの店も比較的予約が取りやすかったように思える。

レストランウィーク用のメニューは、やはり手抜き感が否めないけれど、
この期間だからこそ、友人とランチをしたり、娘の誕生日を祝ったり。

確か数年前に、東京でもレストランウィークが開催されたと聞いたけれど、
あの顛末がどうなったのか、私たちは知る由もない。

レストランウィークという画期的な試みを、米国人はずっと愛してやまない。
年に2度のこの企画、次シーズンには世界が落ち着いていることを願おう。

写真 2020-02-06 15 00 27

写真 2020-02-06 14 59 24

写真 2020-02-06 13 57 16


"Restaurant Week" in the United States, which I have written many times.
Winter 2020 was held for 20 days from late January to early February.

Lunch is $ 26 for two courses and dinner is $ 42 for three courses.
It is also a great opportunity to try the taste of high-end restaurants that is usually difficult to access due to its high threshold.

However, this winter, when the spread of the new Coronavirus was beginning to be concerned,
Fashion Week and Restaurant Week both had few people,
It seemed that every store was relatively easy to book.

Although the menu for restaurant week is still undeniable,
During this period, we had lunch with friends and celebrated my daughter's birthday.

I heard that a few years ago, a restaurant week was held in Tokyo,
We have no idea what happened after that.

Americans have always loved the groundbreaking attempt of Restaurant Week.
I hope this project is held twice a year, and the world is calm in the next season.

写真 2020-02-06 21 04 01


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-02-04 14 49 06


ニューヨーク飲食業界のレジェンドと言われる寿司シェフ市村氏が、
人々に惜しまれつつトライベッカの店舗を閉業したのは2016年頃だった。
市村氏の体調も心配されつつ、ニューヨーカーは幻の寿司を懐かしんだ。

そして2年前に突然、レジェンド健在のニュースが飛び込んできた。
若者に人気とはいえ、まだ決して街全体がクリーンではない印象の、
ロウワーイーストサイドというロケーションに「宇宙」がある。

寿司懐石を提供する店としては少しユニークな「宇宙」という名称。
はたしてその「宇宙」で何が体験できるのか、ようやくその機会に恵まれた。

白無垢の空間、たった10席の寿司カウンター、一晩で2回転。
ゲストは皆同時に席に案内されて、先付けから一斉にスタートする。

レジェンドの手の動きに、ゲストが一斉に注目して、緊張感が走る。
器にも、料理にも、全神経が集中して、皆が食べることだけに集中する。
抜群の食材、提供のタイミング、美しさ、全てがアートショーのよう。

偶然、隣席に座った米国人フードライターが1人興奮して記録を取る様子が、
ますます私たちの興奮度を高めていくのを感じながら、恍惚に浸る。

今までに見たことのない、体験したことのない、この空気感に、
市村氏の威厳ある品格が見事に融合して、この「宇宙」を作り上げている。
ニューヨークに広がるこの「宇宙」が、人々の心にエネルギーを注いでいる。

写真 2020-02-11 21 11 06

写真 2020-02-11 21 22 04

写真 2020-02-11 21 55 49

写真 2020-02-11 22 43 56


A sushi restaurant of chef Ichimura, a legend in the New York food industry, in Tribeca was closed around 2016.
New Yorker was missing Ichimura's sushi while worrying about his health condition.

Two years ago, the news of the legend was suddenly jumping in.
There is a "universe" in the location called Lower East Side, the area with impression that the whole city is not yet clean, where is popular with young people though.

The name "Uchu / Universe" is a bit unique as a sushi kaiseki store.
Finally, I was blessed with what we could experience in the "universe".

Pure white space, sushi counter with only 10 seats, 2 spins overnight.
All the guests are guided to the seat all at once, and start all at once from the beginning.

Guests pay attention to the legend's hand movements at once, and a sense of tension runs.
All the nerves are concentrated on the dishes and dishes, and everyone concentrates on eating.
Outstanding ingredients, timing of delivery, beauty, everything is like an art show.

By chance, one American food writer sitting next door was excited and taking a record,
we feel ecstatic as we feel more and more exciting.

In this feeling of air that you have never seen, never experienced,
Mr. Ichimura's dignified dignity fuses together wonderfully to create this “universe”.
This "universe" spread over New York is putting energy into the hearts of people.

写真 2020-02-11 21 18 56

写真 2020-02-11 21 25 22

写真 2020-02-11 21 34 13

写真 2020-02-11 21 43 37

写真 2020-02-11 21 58 28

写真 2020-02-24 20 12 45

写真 2020-02-24 20 14 39

写真 2020-02-11 23 22 07


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-11 23 42 11

写真 2020-02-11 23 58 05
Next
写真 2020-02-04 20 23 25


2018年秋、佐賀県有田焼の老舗、330年の歴史を誇る香蘭社が、
オープン以来勢いの止まらないMIFUNEでコラボイベントを開催した。
同じ佐賀県発の天吹酒造もジョイントして、好評を博したのは記憶に新しい。

ニューヨーカーは新しいものに敏感であると同時に、
歴史のある「古き良きもの」にも、非常に造詣が深い。
一枚の絵付けに裏付けられたストーリーを、私たちよりもよく理解していることさえある。

古代メソポタミアの「ラピスラズリ」の鮮やかな色を有田焼に投影すると、
高貴の象徴、すなわち香蘭社独自の透明感のある「瑠璃」色が完成する。

高度な技術と経験を必要とする色彩やデザインの美しさを愛でつつ、
陶器の歴史を辿りながら、ニューヨークで粋な食事をいただく。
そんな時間を共有させていただきながら、次の構想を考える。

伝統に新しい息吹を注ぎ、革新と繋げること。
それがまた、新しい歴史を生み出していく。
もはやチームメイトの感を抱きながら、ここに忠誠を誓おう。

香蘭社に関わる記事

写真 2020-02-04 20 16 51

写真 2020-02-04 20 50 59

写真 2020-02-04 21 06 53

写真 2020-02-04 21 28 04


In autumn 2018, Koransha, a long-established store of Arita porcelain in Saga Prefecture, boasting a history of 330 years, had a collaboration event was held at MIFUNE, where momentum has not stopped since opening.
It is new to memory that the same Saga prefecture-based Amabuki Sake Brewery was jointly received and gained popularity.

New Yorkers are sensitive to new things,
they have a deep knowledge of the "good old things" with a history.
Sometimes they understand the story backed by a single painting better than we do.

When projecting the vivid colors of ancient Mesopotamian "Lapis Lazuli" onto Arita porcelain,
The symbol of nobleness, that is, Koransha's unique transparent "Ruri" color is completed.

While loving the beauty of colors and designs that require advanced technology and experience,
We can have a stylish meal in New York while following the history of pottery.
While sharing such time, I've thought about the next concept.

Bringing new life to tradition and connecting it with innovation.
It also creates a new history.
I swear loyalty here, with the feeling of a teammate.

Please click here to read the article about KORANSHA.

写真 2020-02-04 21 47 08

写真 2020-02-04 22 06 37

写真 2020-02-04 22 13 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 22 50 35

Next
写真 2019-11-13 16 29 09


ニューヨークにはたくさんの美術館が散在しているけれど、
そこに住んでしまうと、意外とそれらを訪ねる機会は減ってしまう。

メトロポリタン美術館、近代美術館、グッゲンハイム美術館、
日本から来るゲストのリクエストは、およそ同じようなところが多い。

ニューヨークの美術館が素敵なのは、
隣接したカフェやレストランの居心地の良さにも、その理由がある。

近代美術館が順次改装されて2005年に「The Modern」が出来て、
ニューヨーカーも観光客も、こぞってそこに通った。

米国ではあまりにも有名なシェフ、ダニー・マイヤー氏が創設し、
あっという間にミシュラン2つ星を獲得、その地位を確立した。

あれから長い時間が経過したけれど、店のクオリティーは一定で、
そこに集まる人々が、また素敵な空気感を生み出している。

アートを楽しむ人々は、有意義な食のアートの楽しみ方を知っている。

写真 2019-11-13 16 28 43

写真 2019-11-13 16 29 11


There are many museums in New York,
If you live there, the chances of visiting them will decrease unexpectedly.

Metropolitan Museum, Museum of Modern and Contemporary Art, Guggenheim Museum,
Many guest requests from Japan are almost the same.

The nice thing about New York art museums is that
There is also a reason for the comfort of the adjacent cafes and restaurants.

The Museum of Modern Art has been renovated one after another and "The Modern" was completed in 2005,
Both New Yorkers and tourists have visit there.

It was founded by the very famous chef Danny Meyer in the United States,
He quickly earned two Michelin stars and established its position.

It's been a long time since that, but the quality of the store is constant,
The people gathering there are creating a wonderful atmosphere again.

People who enjoy art know how to enjoy meaningful food art.

写真 2020-02-03 14 03 38

写真 2019-11-13 15 44 50

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "


写真 2019-11-13 15 30 56

写真 2020-02-03 13 32 19


Next
写真 2020-01-28 22 03 52


「The Burn」のシェフ米澤文雄氏がニューヨークにやってきた際、
以前から気になっていたお店に連れて行ってくれた。

ウォール街、金融業界で働く人々が、夕方早い時間から集う新名所。
昨秋ミシュラン星を獲得し、乗りに乗っているジェームス・ケント氏は、
かつてレストラン「ジャン・ジョルジュ」で、シェフ米澤氏と同僚であった。

その後「Eleven Madison Park」や「The Nomad」といった名店で実力を磨き、
昨年、敏腕マネージャーとして知られるジェフ・カッツ氏とタッグを組んだ。

ダウンタウンにそびえ立つアール・デコ調のビル路面。
レジデンシャルと同じエントランス、ロビーを抜けて店内へ。
120席のダイニングとオープンキッチンは、時に騒々しくなりがちだが、
天井の高さと品の良い客層たちが、エレガントな空気を生み出している。

独創的で洗練されたメニューの数々は、どれも魅力たっぷり。
オーストラリア産のワインを積極的に提供している理由を聞くと、
売上の一部を森林火災復興支援に当てているという。

実績のあるシェフが投資家に見初められて、新しい店を出すチャンス。
そこにはもちろん実力が必要だけれど、もっと大事なのはその人徳。
アメリカンドリームを手に入れたシェフの笑顔はどこまでも輝かしい。

春にはルーフトップバーがオープンする予定。
911テロ事件以来、少し苦手なダウンタウンだけれど、また訪れてみよう。

写真 2020-01-28 19 05 31

写真 2020-01-28 19 07 50

写真 2020-01-28 19 39 22

写真 2020-01-28 20 10 29 (1)

写真 2020-01-28 20 11 09

写真 2020-01-28 21 09 06


When Fumio Yonezawa, the chef of "The Burn", came to New York,
He took me to a restaurant where I was interested for a long time.

Wall Street, a new landmark for people working in the financial industry to gather early in the evening.
James Kent, who got a Michelin star last fall,
Formerly, he was a colleague with chef Yonezawa at a restaurant " Jean Georges."

After that, he refined his skills at famous stores such as "Eleven Madison Park" and "The Nomad"
Last year, he teamed up with Jeff Katz, a well-known manager at "Del Posto".

"Crown Shy" is located at an art Deco building road surface towering downtown.
People enter the store through the same entrance as the residential building and the lobby.
Though the 120-seat dining and open kitchen can sometimes be noisy,
the height of the ceiling and the quality of the customer base create an elegant atmosphere.

The original and sophisticated menus are all attractive.
When asked why they are actively serving Australian wines,
A portion of the sales is used to support forest fire reconstruction.

There is a chance to open a new restaurant when a proven chef is found by investors.
Of course they need the ability, but more importantly is its morals.
The smile of the chef who got the American Dream was brilliant.

The rooftop bar will open in this spring.
I do not like come to downtown since the 911 terrorist attack, but would love to visit there again.

写真 2020-01-28 21 00 26

写真 2020-01-28 20 11 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-01-28 21 44 40

写真 2020-01-28 21 48 59
Next
写真 2020-01-27 13 54 48


今春オープン予定の日本食店舗の打ち合わせと称して、
ソーホーにある、隠れ家的存在の日本食店舗で会食する。

オーナーシェフ林寛久氏の名前「ひろ久」という看板は、
あまりにも小さくて、まったく主張をしていない。

シェフの故郷・福井県へのこだわりが、店のコンセプト。
福井県の名産や特産が数多く使用され、福井産の食材や地酒、
福井に窯元がある越前焼の食器類など、店内いっぱいに故郷への愛が広がる。

「福井の良さに気付いたのは、ニューヨークにやって来てから」
そう語るシェフの想いに、私自身の想いを重ねる。

異国の地に憧れた時代は遠い昔の記憶。
離れているからこそ、望郷の念だけが年々募っていく。

写真 2020-01-27 12 47 27

写真 2020-01-27 13 19 14


When we had a meeting about a Japanese restaurant scheduled to open this spring, we dined at a Japanese restaurant in Soho.

The signboard named Hirohisa, the name of owner chef Hirohisa Hayashi, might be missed since it is very small.

The chef's commitment to the hometown of Fukui Prefecture is the concept of the store.
Many of Fukui's specialties and specialties are used, Fukui's ingredients and local sake,
The love of hometown spreads throughout the store, including Echizen-ware tableware with a pottery in Fukui.

"I realized the goodness of Fukui after I came to New York."
I add my own feelings to the chef's thoughts.

The days of longing for a foreign land are memories of a long time ago.
Because of the distance from my home town, only the spirit of nostalgia increases year by year.

写真 2020-01-27 12 54 39

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
IMG_4825

スクリーンショット 2019-12-09 09.10.37


世界の中心ニューヨークで、飲食店業を営む。
それがいかにハードルの高いことであるか、想像に難くない。
苦労の末に開業までこぎつけても、たった数年で撤退するケースも多く、
まず10年を超え、さらに営業利益を出し続ける店舗は非常に稀。

そんななか、今月で創立50周年を迎えた日系企業が存在する。
マンハッタンからアップステートに向かう途中、
高速道路87号線から左手を見上げたヒルバーンという小高い山に、
「火鉢レストラン」として有名な「Mt.Fuji」レストランが鎮座している。

連日数百名の顧客が訪れ、週末のウェディングでは1000人超のパーティーも企画。
そんなレストランの顔とも言えるラウンジが、今春新装オープンした。
「山」という意味と、オーナーのファーストネームを絡めて「Y’s LOUNGE」。

2500sqftのスペースに、木目を基調とした粋な空間が広がる。
大理石のカウンタートップに、群青のバースツールのバランスも美しいが、
大きなガラス窓の外に広がる自然の借景が、何より心地が良い。

篠原シェフが新しく開発したバーフードも非常に興味深く、
日本から運んだ食材を駆使して、オリジナリティー溢れるメニューが完成した。
オーナー曰く、「ここで日本を体感していただきたい」、と。

日本食がアメリカナイズされた「火鉢」人気はすでに不動の地位にあるけれど、
ここから発信される新しい日本が、次はきっと創立100周年を迎えるのだろう。

Mt. Fuji Steakhouse,
296 Old Route 17 in Hillburn.
Mt.Fuji Japanese Steakhouse Website
写真 2019-11-17 20 10 51

写真 2019-11-17 19 50 03

写真 2019-11-17 20 01 41

写真 2019-11-17 20 09 48
写真 2019-11-17 20 17 26

写真 2019-11-17 20 22 19


If you wish to run a restaurant business is run in New York, the center of the world,
It's not hard to imagine how high the hurdles are.
There are many cases of withdrawal in just a few years, even if you open the restaurant after a hard time.
First of all, there are very few stores that have exceeded 10 years and continue to generate operating income.

Under such circumstances, there is a Japanese company that had celebrated it's 50th anniversary this month.
On the way from Manhattan to Upstate,
On a small mountain called Hillburn looking up on the left from the Interstate highway 87,
There is a “Mt.Fuji Restaurant", famous as "Hibachi Restaurant."

Hundreds of customers visit every day, and over 1,000 wedding parties are planned for weekend weddings.
A lounge that can be said to be the face of such a restaurant was newly opened this spring.
It's named “Y ’s LOUNGE” with the meaning of “mountain” and the owner's first name.

A stylish and swanky space based on wood grain spreads out in the 2500sqft space.
The marble countertop is beautifully balanced with ultramarine bar stools,
The natural scenery outside the large glass window is the most comfortable.

The bar food newly developed by Chef Shinohara is also very interesting,
A menu full of originality was completed using ingredients brought from Japan.
According to the owner, "We want you to experience Japan here."

The popularity of “Hibachi”, which has Americanized Japanese food, is already in an immovable position,
The new Japan born from here will surely celebrate the 100th anniversary of its founding.


Mt. Fuji Steakhouse,
296 Old Route 17 in Hillburn.

写真 2019-11-17 19 36 49

写真 2019-11-17 20 28 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-17 21 19 08

写真 2019-11-17 21 40 06

Next
写真 2019-11-06 20 22 41


ニューヨークから14時間のフライト。
乗り換えたJR線の中で、見慣れた顔が私を迎えてくれた。
全身で誠実さを醸し出す、屈託のない笑顔。
大好きなシェフ米澤文雄氏が、アメリカンビーフをPRしている。

ニューヨークの老舗、ジャン・ジョルジュでスーシェフを務めた後、
2014年、同店舗の東京開業の際に、エグゼクティブシェフに就任した。

昨年、ニューヨークスタイルの料理を提供する「The Burn」オープン。
彼が長年従事したフレンチだけにはとどまらない、
多くの可能性を秘めたメニューがラインナップしている。

私が彼を心底尊敬しているのは、表に出ている活動の部分だけでない。
障害を持った子供たちのために無料で食事を提供したり、
仲間のイベントに休日返上で協力参加したり。

そんな彼が腕を振るう料理が嬉しくて、美味しくて。
短い滞在中、二夜連続でお世話になってしまった東京の夜。
写真 2019-11-05 6 07 42

写真 2019-11-05 6 27 09

写真 2019-11-05 6 42 32

写真 2019-11-06 4 43 03


14 hours flight from New York.
A familiar face greeted me in the JR line I transferred.
A carefree smile that brings integrity to the whole body.
My favorite chef, Fumio Yonezawa, promotes American beef.

After serving as a sous chef at Jean Georges, a long-established store in New York,
In 2014, he became an executive chef when the Jean Georges restaurant opened in Tokyo.

Last year, “The Burn” opened, he is serving New York-style cuisine.
It’s not just the French he’s been engaged in for years,
The menu has many possibilities.

It is not only the part of the activity that is mentioned that I respect him with all my heart.
He provides free meals for children with disabilities,
and participates in a friend's event on holidays.

I was glad that such a dish with his ability was so delicious.
During a short stay in Tokyo, I went there for two nights consecutively.

写真 2019-11-06 4 47 53

写真 2019-11-06 5 02 48

写真 2019-11-06 5 20 17

写真 2019-11-06 6 02 03


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-05 20 20 03
Next
写真 2019-10-24 23 15 37

写真 2019-10-24 23 15 46


細く、長く、応援し続けているシェフのお店を訪問する。

ニューヨーク近郊、ローカルの食材だけを使用したメニュー。

大切な友人と過ごす大切な時間は、とっておきのシェフのもとで。

写真 2019-10-24 20 52 12

写真 2019-10-24 21 03 57

写真 2019-10-24 21 13 54

写真 2019-10-24 21 42 40

写真 2019-10-24 21 45 13


We visited a chef's restaurant that I've supported long time.

He supplies a menu that uses only local ingredients near New York.

I love to spend my precious time with my precious friends at my precious chef's place.

写真 2019-10-24 22 21 44


写真 2019-10-24 22 39 13

写真 2019-10-24 22 52 04

写真 2019-10-24 23 00 31

写真 2019-10-24 23 15 11



人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-24 20 49 50

Next
スクリーンショット 2019-10-21 12.30.50


米国進出プロジェクトにお声がけいただいたのが2006年。
2008年にニューヨーク店舗を開業してから、ロス、マイアミ、ホノルル等、
米国に事業展開する様子を、近くと遠くから見守ってきた。

数年前から、外部から入ってきた経営者が指揮棒を振り出したため、
私は少しだけ距離を置いて、それでも愛を持って様子を見ていた。

日本から送られてくるスタッフも、現地採用のスタッフも、
皆それぞれ慕ってくれるから、可愛くて、大好きで、
私は精一杯自分なりの方法で、親しみを込めて応援してきた。

先月末、経営者陣が大幅に入れ替わったという知らせを受けた。
現場から離れていたこの数年間にも、内部事情はたくさん聞いてきたけれど、
上層部が変わったとしても、彼らのスタンダードはまったく変わりない。

いつもの笑顔でお客様を迎え入れ、いつもと同じ美味しさを提供する。
顧客の9割は非日系人で、男性客の多さが一過性の人気でないことの証明。
地元に愛される店舗作りをしてきた現場スタッフの尽力が、
これからもずっと実を結び続けますようにと願う。

開業12年目を迎え、今ではトライベッカで最も愛されている寿司店舗。
Sushi Azabuの未来に乾杯。

写真 2019-10-10 20 41 56

写真 2019-10-10 20 55 55

写真 2019-10-10 21 25 31

写真 2019-10-10 21 54 42


In 2006, I was asked to support the US expansion project by the owner.
Since opening the New York store in 2008, Los Angeles, Miami, Honolulu, etc.
I have been watching their business in the US from near and far away.

A few years ago, a manager who came in from the outside created new team,
I have been a little away and still looked with love.

Since I have loved the staff sent from Japan and the locally hired staff, I have been cheering in my own way.

At the end of last month, I was informed that the management team had changed significantly.
I have heard a lot about the internal situation in the last few years when I was away from the site,
Even if the management team changes, their standards remain the same.

They welcome customers with their usual smiles and offer the same deliciousness as usual.
Ninety percent of customers are non-Japanese, and it is proved that they have big number of male customers is not a temporary popularity.
To the efforts of the field staff who have been making stores loved by the locals,
I hope it will continue to be in success.

Now in its 12th year, "Sushi Azabu" is now the most beloved sushi restaurant in Tribeca.
Cheers for the future of "Sushi Azabu".

写真 2019-10-21 12 24 28


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-10-10 22 11 39

写真 2019-10-10 22 56 59 (1)
Next
写真 2019-09-27 21 04 16


ニューヨークに来て間もない頃、この街に馴染めずに、何度も涙した。
人も文化も刺激的だったし、少しずつ友達も増えていったのに、
どこか孤独で、どこか満たされない、空虚な気持ちがつきまとっていた。

みんな異人種で、みんな「仮住まい」に身を寄せて、日々を過ごす。
「人類のるつぼ」と呼ばれる街だから、ここにいる誰しもがきっと、
少なからず同じような気持ちを抱えて生きているのかもしれない。

そんな空虚な気持ちの隙間を埋めるのには、胃袋を満たすのが一番だった。
同郷の仲間と一緒に、故郷の味を探して、郷里の話で盛り上がる。
胃袋が温まると、心も温かくなり、また明日から頑張ろうと思い直す。

ソーホーより北側、若者が集うワシントン広場の近くに、
当時の「牛若丸」があって、ゲイの友人に誘われて行ったのが最初だった。
ネタもシャリも大きめで、いつもアメリカ人が行列を作っていた。

チェルシー地区と呼ばれる現在の場所に引っ越してからも、
常連は現地の人だらけで、日系人に出くわすことは滅多にない。

「日本の味」は、今や「世界の味」になり、世界の人の胃袋を満たしている。
そんな光景を見ながら、改めて自分が歳を重ねてきた歴史を顧みる。

写真 2019-09-27 20 25 43 (1)

写真 2019-09-27 20 31 03

写真 2019-09-27 20 40 19

写真 2019-09-28 15 35 08

写真 2019-09-27 21 50 06


When I first came to New York, I didn't get used to the city and I cried many times.
The people and culture were exciting, and I got friends little by little.
But somewhat lonely, somewhere unsatisfied, there was an empty feeling.

Everyone is interracial and everyone spends their days living in “temporary home”.
Because it is a city called "Human Crucible", everyone here must be living with the same feelings.

Filling the stomach was the best way to fill such empty feelings.
Along with friends from the same town, we searched for the taste of hometown and were excited about Japanese theme.
When the stomach was warmed up, my heart was warmed up, and I thought I would try again from tomorrow.

At the north of Soho, near Washington Square where young people gather,
There was Sushi restaurant “Ushiwakamaru” at the time.
I was invited by a gay friend to go there at the first time.
The sashimi and shari(rice) were large, and many Americans always made a line.

Even after their moving to the current location called Chelsea,
Regulars are full of local people and rarely encounter Japanese people.

“Japanese taste” is now “World taste” and fills the stomachs of the world.
While looking at such a scene, I look back on the history that I have been aged.

写真 2019-09-27 22 11 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-04 21 41 26

写真 2019-04-04 22 48 45

写真 2019-04-04 22 12 52

写真 2019-04-04 22 27 58
Next
写真 2019-08-21 6 59 27

写真 2019-08-21 7 09 41

写真 2019-08-21 7 09 45

写真 2019-08-21 7 23 28

写真 2019-08-21 7 36 56


「とっておきの店を予約したから、この日は空けておいて」
夏の終わり、楽しみにしていた麻布十番の店を訪れた。

2ヶ月前からリザーブしてくださったその席は、なんとルーフトップ。
たった4名の私たちのために、オーナーが自ら肉を焼いてくださる。

ジンギスカンやラム、マトンと聞くと、
固くて臭みの強い、クセのある肉というイメージが強いけれど、
ここで提供されるのは、国内消費量わずか1%の国産羊肉と、
オーストラリア産のなかでも、特に厳選された良質な肉のみ。

「羊の夜明け」「羊に光を」
店名に込められた想いと羊肉の物語を語るオーナーの熱意と、
集った友人とのお喋りが本当に有意義で、楽しい一夜だった。

東京で一番美味しいお店。オススメだけれど教えたくないお店。

写真 2019-08-21 7 37 32

写真 2019-08-21 7 37 57



“I made a reservation for a special restaurant, so please leave this day open.”
At the end of summer, we visited there at Azabu Juban I was looking forward to.

The seat that has been reserved for two months ago was a rooftop.
For only four of us, the owner cooked and served the meal himself.

When you hear Genghis Khan, Lamb and Mutton,
Although it has a strong image of hard, odorous and peculiar meat,
The offer here was domestic lamb with only 1% domestic consumption,
or only the finest meats from Australia, especially carefully selected.

"Dawn of sheep" "Light to sheep"
The owner's enthusiasm telling the story behind the store and the story of the lamb,
The talk with the friends I gathered was really meaningful and it was a fun night.

It is the most delicious Lamb restaurant in Tokyo.
Also, it is a restaurant that I recommend but don't want to tell.

写真 2019-08-21 8 48 31

写真 2019-08-21 8 38 17

写真 2019-08-21 7 52 52

写真 2019-08-21 7 52 37

写真 2019-08-21 9 37 02


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-21 7 40 23

写真 2019-08-21 8 23 05

写真 2019-08-21 8 28 28
Next
神奈川大学で有名な東急東横線白楽駅から徒歩5分。
私の従兄が経営しているハンバーグ屋がある。

大人になってからは、従兄弟たちに頻繁に会うこともないけれど、
我が子たちが、夏に一度はここに行きたいと言い出す。

ジューシーで肉の旨みを存分に楽しめる、粗挽きのハンバーグ。
「日本一のハンバーグ」だと絶賛する子供たちに、
従兄は「世界一、宇宙一のハンバーグを目指すよ」と嬉しそう。

こんな家族がいるだけで、幸せ。
我が一族は、みんなどこか飲食業に近いところにいるのも不思議。

写真 2019-08-17 18 35 59


A 5-minute walk from Hakuraku Station on the Tokyu Toyoko Line, famous for its Kanagawa University.
There is a hamburger restaurant run by my cousin.

Though I don't often see my cousins recently,
My children say they want to go here once in the summer.

Coarsely ground hamburger that is juicy and we can fully enjoy the taste of meat.
To children who are acclaimed as “the best hamburger in Japan”
My cousin seems to be happy, "I'm aiming for the best hamburger in the world and the universe."

Just having such a family makes me happy.
It's strange that our family is somewhere close to the restaurant business.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next