21

54


「クリスマスに、アメリカンガールドールが欲しい」
義姉一家が、まだオハイオ州に住んでいた10年以上前、
当時、小学生だった姪がおねだりをしてきた。

我が家の家計だけでも大変な状況だったけれど、
「その人形を持っていないと、友達と遊んでもらえない」という一言に
至極高価な人形を買って、アメリカの片田舎に送った。

アメリカの歴史にある時代に生きていた少女が主人公で、
肌、髪、瞳の色を選んで多種多様なカスタマイズができる。
歴史、そして人種や民族について学ぶという教育的視点もあって、
そのブームは衰えることがない。

予約1か月待ちのカフェでお誕生会を開く。
お揃いの洋服と髪型で、一緒に街を歩く。
不具合が生じたら、ガウンを着せて病院で治療してもらう。

お菓子の空き箱で、人形のお部屋を作った時代を懐かしみつつ、
子供達の想像力はどこへ向かうのかと憂う初夏の1日。

05


"I want to get American Girl Doll as Christmas gift"
Sister-in-law's family lived in Ohio more than 10 years ago.
My niece, who was the elementary school at the time, asked us.

It was a hard situation of our economics.
Since I heard her words that "If I do not have that doll, nobody play
with me.",
we bought extremely expensive doll, and sent it to the countryside
of the United States.

The girls who lived in the era of the history of the United States is
the main character.
You can choose the color of skin, hair, and eyes that can be a customization
to the wide variety.
Because there is an educational point of view of learning about history,
race, and ethnicity,
The boom have never decline.

Kids have a birthday party at the cafe, where has one month waiting of
reservation.
They walk the streets with dolls that have matching clothes and hairstyle
with them.
If dolls experience trouble, they get treatment in a hospital dressing gown.

I remember the era that we made the room of dolls by sweets box.
It was a day of early summer that I wondered the destination of the imagination
of children.

32

26

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

27

Next
私は人の名前を覚えるのが苦手で、
かつて一緒に仕事した同僚も、顔を合わせるまで思い出せないことがある。

待ち合わせは、ウェストビレッジのレストラン「Saikai」。
少しドキドキしながら、親友と一緒に主役の登場を待つ。

会った瞬間に、止まっていた時間が流れ出した。
「再会」の名にふさわしい料理の演出。
次々とサーブされる和食の数々、日本酒とのペアリング。

ニューヨークにいることを忘れそうな空間で、
これからもたくさんの「再会」が生まれていくのだろう。

52

37

53


I am not good to remember the name of the person,
There is a thing I do not remember even colleagues who worked once before
until the face-to-face.

It would be happened at the "Saikai" restaurant in West Village.
While a little pounding, I was waiting for the appearance of the leading role
along with my best friend.

At the moment we met, the time was re-flowing.
They served good food for "Saikai/reunion".
There were a number of Japanese food that were served with "pairing with
the sake"

It is a space that you likely forget you are in New York.
A lot of "reunion" will happen there.

55

45


"Saikai" Restaurant in New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

53


Next
25

35

30

27


JFK空港があるクイーンズ区。
車で横切ることは多いけれど、途中下車することは滅多にない。

週末ランチは、アストリアのグリーク料理店にて。
新鮮なシーフード、シンプルな味付け。
友人の持参した醤油とワサビで、二度楽しめる。

地元の人たちで大にぎわい。
私たちが開店同時に駆け込んだ後は、長蛇の列。

久しぶりに会うのに、魂がすっと近づいて会話できる。
そんな空気を共有できた友人たち。
楽しい時間を、ありがとう。

51


It is Queens District, where there is JFK Airport.
Although I often cross by car, I rarely get off along the way.

We had a weekend lunch at Greek restaurant in Astoria.
There served fresh seafood with simple seasoning.
We enjoyed twice using soy sauce and wasabi, which my friend brought.

It was very crowded with local people.
After we got the table, there was long line that people should wait.

I could talk with easily them by approaching to soul.
I was happy that we were able to share the beautiful time.
Thank you for a fun time.

29


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
六本木近くの閑静な住宅街に、その隠れ家はあった。
かつて他でレストランをされていた御夫婦が、
究極のおもてなしをお披露目する見事なスペースだった。

お客様の御希望に合わせて、様々な種類の料理を提供するという。
シェフが腕をふるい、奥様の品あるトークが彩りを添える。

日本は素敵だな、そう思える時間と空間。
御紹介下さった友人にも、感謝を込めて。

37

01

22

19

32


In a quiet residential area near Roppongi, there had its secret restaurant.
By a couple who had been a restaurant at the other place,
It was a stunning space to show off the ultimate hospitality.

According to the customer's hope, they provide a wide variety of cuisine.
Chef cook stunning food, ma'am's talk add the color to them.

It was time and space that I thought Japan was amazing.
I appreciate my friend who took me there.

50


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

14
Next
開業から10年以上が経った今なお、連日予約でいっぱいの人気店で、
月に一度だけ、密かに開宴される夢のディナータイムがある。

エグゼクティブシェフ前のカウンター8席に座った人だけが、
その特別なチケットを手にすることができる。

他のシェフらが慌ただしく動き回るオープンキッチンを目の前に、
彼らが生き生きと働く姿までもが、風情ある酒の肴になってしまう。

前菜からデザートまで15皿は、すべて日本の誇り。
私たち以外は、ほぼ外国人のお客様ばかりで、
それがこの店の人気が継続している理由なのだと改めて思う。

1年先まで予約をしていくリピーターもいるなかで、
運良く空いたスポットに入り込むのは、至難の技だけれども、
次のごほうびのために、また明日から頑張ろう。

02

16

48

18

15

57

13

47


There is a popular Japanese brasserie that is full of the daily reservation
more than 10 years.
Only once a month, they have a dream dinner, which is held secretly.

Only 8 persons who sit on the counter in front of the executive chef can get
the special ticket.
You can see the open kitchen where other chefs et al move around hurriedly.
Their figure that works with vigor and enthusiasm becomes secret ingredient
of the plates.

15 dishes from appetizers to desserts are all the pride of Japan.
Except us, customers were almost foreigners.
I thought it was a reason that the popularity of this shop continues.

They have repeaters who make reservations up to one year in advance.
Though it is very difficult to get the spot,
For the next reward, also I will work hard from tomorrow.

39

25


EN Japanese Brasserie

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
決して裕福でなかった幼少時代、洋菓子にはほとんど御縁がなかった。
母の作ったプロテインクッキーとか、焼き芋とか、
そんな夢のないものが、我が家のオヤツの定番だった。
唯一、母の作ったぜんざいが贅沢の極み、オヤツの最高峰だったから、
今でも私はアンコものに目がない。

北海道に親友がいる父は、公私共々よく北海道に行っていた。
父の仕事が少し軌道に乗ると、我が家にもたまに背伸びしたオヤツが
登場するようになった。
チョコレートやケーキも確かに美味しかったけれど、
オヤツの原点は、やはり和菓子なんだと魂が記憶している。

父の北海道土産の定番が、十勝日誌だった。
10年数年ぶりに遭遇したそれは、中身が少し変わっていたけれど、
私にとっては対価に相応しいノスタルジーの玉手箱。

ひとつ包装を解くと、ひとつ思い出が蘇る。
ひとつ脂肪のヴェールが増えるとしても、
やめられない協奏曲がそこにある。

ファイル 2016-01-08 2 38 44


As I was not wealthy in childhood, I had no edge in the foreign pastry.
My mom made protein cookies and baked sweet potato.
Those without such a dream were the classic sweets of my home.
Zenzai that made by mom was the high end of luxury; it was the pinnacle
of sweets,
Even now I like Anko's sweets the best.

My dad who had best friend in Hokkaido, had gone to Hokkaido well in both
official and private.
When the work of my dad had got on a little track, some luxury sweets had
begun to appear occasionally in our house.
Although chocolate and cakes were also certainly delicious,
The memories of my soul were that the origin of sweets was Japanese sweets.

The classic souvenir of Hokkaido from dad was "Tokachi diary".
I bought it the first time in 10 several years.
Though the contents had been changed little,
The treasure box of nostalgia was worthy of consideration for me.

When I open one package, one memory revives.
Even though if one fat veil increases,
There is a concerto that I cannot quit.

ファイル 2016-01-08 2 39 33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
50

57

05

29


2006年5月、トライベッカで物件を見つけた。
オーナーと一緒に歩いて歩いて、、、そこはたった5分で購入を決めた。
何もない私を全面的に信用してくれて、全部託すと仰せつかった。
開業まで2年近くの苦労、それから8年近くの道のり。
すべてを想うだけで、泣けてくる。

開業前に水漏れ事故があって、
これ以上開業が遅れたら、このまま一家心中しようと本気で考えた。
実権は何もなかったけれど、
いつも自分の財布を任されていると思って考えてきた。
支配人が代わり、たくさんのスタッフが辞めていったけれど、
私はどこまでも去る者を追うことを止めないと誓った。

ビルオーナーが間もなく変わるからと、
ついにその歴史の幕を閉じることを聞かされた時、
他の誰よりも大きな声を出して泣いたのは、きっと私だった。
生まれた時から育ててきた我が子と、今生の別れをするかのように。
それぐらい、この場所と、この仲間に、愛を注いできた。

最後の瞬間を見届ける覚悟ができず、遠くから見守った。
ここで紡いできた絆は、これからどこへ向かうのだろう。
このなかの何人が、あの苦労を覚えていてくれるのだろう。

2015年12月、新しい旅立ちのために。
オーナーとその仲間たち。
この10年で関わってくれたすべての方々へ、感謝をこめて。
心から、ありがとう。

40

29

54

20

10


In May 2006, we found a property in Tribeca, Manhattan.
The owner and we spent for a long time to look for something good.
But when we arrived there, he decided to purchase in just 5 minutes.
He trusted me fully, and I committed him all.
There spent nearly two years to open the restaurant, and then about eight
years had passed.
Just think of all, I cried.

There was a water leakage accident before the opening day.
Once the opening day would be more delayed, we thought really to try
family suicide.
Though I had no real power,
Always I had considered have been entrusted with their wallet.
We welcomed some General managers, and a lot of the staff quit the job.
I vowed to keep in touch with the fellow even if they left the company.

"Because the building owners will change soon."
When we were told that it close the curtain of its history,
I might I was crying out loudly than anyone else.
It was as if the farewell of this life with my child.
I've been pouring love for this place and this fellow.

My heart couldn't be prepared to welcome the last moment, I watched from
a distance.
Hope their bond will be forever.
Hope many fellows will remember the struggle in those days.

In December 2015, for a new journey.
To the owner and his companions.
I’m gratitude to all the people who gave us involved in 10 years.
With great sincerity, thank you.

40

42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

15




Next
33

41

44


駐在でなく、腰を据えてニューヨークで生きている友人たち。
パートナーはアジア人や欧米人と様々で。
女性が働く環境は当たり前だし、だからこそ、女性として輝いている。

少し前をいく素敵な先輩がいるというのは、とても刺激的で、
一緒にいる時間すべてが学びになる。

二人の友人シェフが腕をふるってくれた豪華な食事も、
皆が持ち寄ったお手製料理も超一流。

他愛ないお喋りが、明日への活力となる。
豪華絢爛、セレブリティーの夜が更けていく。




56

19

34

46


There are friends who live in New York as permanent resident.
Their partners vary like Asian, European and American.
Environment where women work is a natural.
That's why they are shining as women.

Because there are a nice senior who go a little forward, it is very exciting,
There are a lot of things to learn from them when we are together.

Our friends, two chefs wielded arms to cook the sumptuous meal.
The pot-luck cuisine that ladies made at home was amazing.

Their small chat gave me the vitality of tomorrow.
Gorgeous night of celebrity continued to the midnight.

22

24

51

49

21


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

52









Next
355 (1)


大切な友人が、大切な空間をつくったから、
私にとっても、そこは大切な空間。

インテリアにも食器にも、
すべてにセンス良い彼女の才能が散りばめられている。

ここがニューヨークであることを忘れそう、ではなくて、
ここがニューヨークであるからこそ、こんな演出が生かされる。

大切な時間を提供するための演出は、
最高の味を提供することで完結する。

素敵な空間をありがとう。
今度は誰とここで会おう。

355 (3)

355 (4)


Since my precious friend made a precious space,
It is an precious space for me.

For the tableware and interior,
There studded her talent, good sense.

Rather than forgetting to be a New York,
Precisely because here is the New York, this production gets life.

To provide valuable time,
It will be completed by providing the best taste.

Thank you for a nice space.
I'll meet someone here.

355 (5)


RAKU
342 East 6th Street
New York, NY10003

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
29

12

12-1


いつの世にも、世界中のどこにでも、いわゆる名人と呼ばれる人がいて。
人より抜きん出た才能を持っている人に限って、自分のことを「ごく普通の人」だと言う。

一方で、自分のことを徹底して「マニア」だと認める人がいて。
この蕎麦職人は、御自身のことを「蕎麦オタク」だと公言される。

ニューヨークに住む「蕎麦好き」で、彼のことを知らない人はいない。
毎日何百食という手打ち蕎麦を、自分の足でたくさんのお店に届けている。

蕎麦を打つ彼の真剣な横顔に、側で見ていたアメリカ人がどんどん惹き込まれていく。
出来立ての蕎麦を手にした子供の笑顔で、ようやく彼の頬も緩んだ。

諦めることなく、とことん自分の好きな道を究める姿は美しい。
世界に誇れる日本の食文化を、もっとたくさんの人に伝えたい。

55

49



Anytime or anywhere in the world, there are people so-called expert.
The people, who have a stand out talent than people, say their own to be the "everyman".

On the other hand, some people say their own it's "mania".
This buckwheat craftsmen, is professed himself to be a "buckwheat geek".

There are no "buckwheat lover" living in New York, who do not know him.
He has delivered hundreds meals of handmade buckwheat to a lot of shops.

The American audience on the side would be attracted more and more to
his serious profile who hit the buckwheat.
When kid smiled holding fresh buckwheat in hand, finally his smiled.

Without give up, the appearance that people do thoroughly their favorite road
is very beautiful.
I want to tell more people Japanese food culture to world-class.

35

35

22


You could try Japanese Soba Noodle made by Mr.Kotani in New York.
AZABU New York

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
サポーター (7)


昨年6月、折しも私の誕生日だった。
マンハッタンのダウンタウンで、まったく色気のない体育会系がっつりランチ。

ニューヨークの市場調査に来たという彼らのリクエストに応えて、
揚げ物、焼き物、肉、肉、魚。デザートまで食べ尽くした。

日本にある焼肉屋オーナーと聞いていたけれど、
関西弁でのノリの良いトークにすっかり惹きこまれ、あっという間に親しくなった。
その強面からは想像できないほどの繊細な気遣いや、体育会系の礼儀正しさは、
きっとすぐに地元の人にも愛されるだろうと確信した。
日本でも再会し、いろんな談義を繰り返した。

先週末、彼らのお店がついにオープンした。
あれから一年足らずで、ここまで持ってこられたのは、
彼らの実力と、それを支える力強いサポーターの存在に他ならない。

立ち上げ前からの苦労を知っているからこそ。
これからもずっと応援していきたい。
あっという間に予約の取れないお店になっていくのだろう。

またニューヨークでひとつ、新しい歴史が作られる。

サポーター (6)

サポーター (5)

サポーター (4)

サポーター (3)


I remember well that day.
It just happened on my birthday.
We ate the men's lunch at downtown in Manhattan.

In response to their request that came to New York market research,
Fried, grilled, meat, meat, fish. We were exhausted to eat until dessert.

I was heard that they were the owners of BBQ restaurants in Japan.
We became quickly acquainted with talk in good tempo of Kansai dialect.

They have more delicate care and the politeness of the athlete, that people
cannot be imagined from their figure.
I was convinced they would surely be soon also loved by locals.
Also we reunited in Japan, and we were repeated a lot of lecture.
Last weekend, their BBQ restaurant has finally opened.
Because of their ability and strong support,
It was happened in less than one year since our lunch party.

Because I know the struggle from the previous launch precisely,
I would like to support them much in the future.
It will become a shop that cannot be taken a reservation quickly.

A new history in New York will be created.
サポーター (8)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
和の味わい (2)


和食を食べたいという以上に、和食器に囲まれたい。
無機質な洋食器と比べて、そこにあるだけで空間すべてが愛おしくなる。
あったかい「お家御飯」が最高です。
招いてくれた友人に、ありがとう。

和の味わい (3)

和の味わい (1)


I want to eat Japanese food with my favorite Japanese tableware.
Compared with Western tableware, they produce all space with faintly warm.
Thank for my friend who invited me to her house.

和の味わい (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
たまごが大好きで、小学校二年生の頃からお弁当のたまご焼きを自分で
作っていた。
カスタードプリンもマドレーヌも食べたいと思ったらすぐに家で焼いていた。
健康診断の値が悪くないのを言い訳に、これまでにおそらく一生分のたまごを
食べ尽くしてしまったかもしれない。

2年程前、たまごの遅延型アレルギーが発覚した。
疲れがたまると、胃痙攣と急性胃腸炎で動けなくなることがあったが、それも
たまごアレルギーが原因かもしれないと医師に告げられた。
大好きなたまごを最低半年から一年、絶対に禁止するようにと。

幼い頃は「自分に対して意志の強い人」に憧れた。
たくさんの挫折を味わいながら、たくさんの人に救われて、他人に対して誠意を
尽くせる人こそが、本当に強くて優しいのだと思い知った。
いつしか「人に対して意志の強い人」でありたいと思うようになった。

意志を貫けない弱さ、自責の念。
たくさんの罪悪感を抱きながら、たまご料理を注文してしまった。
本場ニューヨークのそれよりもプレゼン力が高い日本のサラベスキッチン。
お値段も高いが、お味も上質だった。

意志 (1)


I love eggs.
I have made Japanese omelet myself for lunch box from when I was second
grade in elementary school.
If I want to eat Madeleine or Custard pudding, I had been immediately baked
at home.
I made an excuse that the health diagnosis was not bad.
I might have eaten all eggs of lifetime worth so far.

About 2 years ago, my delayed type of egg allergy was discovered.
When the fatigue accumulates, there was that I got stuck in the stomach cramps
and acute gastroenteritis.
The doctor told me that it may cause by egg allergy.
And he suggested prohibit absolutely my favorite eggs one year from the lowest
six months.

Childhood I was longing to "strong-willed person for self".
While I discouraged a lot, I was saved my life by a lot of people.
I learned that people who have a good faith to others are really strong and sincerity.
Now I want to be a "strong-willed person for other person."

I always have trouble with my weakness, and have remorse.
While holding a lot of guilt, I ordered the egg dishes.
Sarabeth kitchen in Japan had high presentation force than that of the authentic
New York.
Although price was also high, taste was also good.

意志 (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
胃袋 (19)

胃袋 (3)


この世で最後の食事には「寿司」を食べたいというほど寿司が好き。
仕事で落ち込んだ時も、失恋して泣いた時も、
美味しい寿司があれば、少し救われる。

ニューヨークに来て、たくさんの辛苦を味わい、日本に帰りたくて仕方がなかった。
そんな時に出会った彼の寿司に、私は胃袋を釣られた。
郷愁というのは、胃袋から始まることがある。
故郷の味が恋しく、故郷の人が恋しく、故郷の街が恋しくてたまらない時。
それでも、胃袋が故郷の味で満たされると、もう少しだけ踏ん張ってみようと思えて
しまうから、人間は現金だ。

私は専門家ではないから、飲食店の是非をブログのなかでコメントすることは極力
控えている。
食事はあくまでも個人の好みだし、いつ誰とどこで何を食べるか、
その状況によっても味の印象は変わって然るべきだから。

これまでにたくさんの店舗開業にも関わってきたけれど、
やっぱり最後には彼の寿司が食べたくなるのは、まさに相性というものだろう。
彼が店を移ると、追っかけのように、新しい店を訪ねる。
毎月とはいかないけれど、年に数回でも彼の味を楽しむことが、頑張った自分への
ご褒美。

先週は泣きたいことが山ほどあった。
でもやっぱり、彼の腕に癒された。
もう少しだけ、がんばろう。
救われることを待ち望むよりも、自分が救える先を探してみよう。

胃袋 (17)

胃袋 (5)


I love sushi the best; I want to eat "sushi" at the last day of this world.
When I fell at work, even when I cried for heartbreak,
I was saved a little if there was a delicious sushi.

Since I tasted a lot of hardship when I came to New York, I wanted to go
back to Japan.
His sushi I met at such time lured my stomach.
The nostalgia sometimes starts from stomach.
When we miss the taste of hometown, the people of hometown, and the
city of hometown, the nostalgia happens.
Nevertheless, when the stomach is filled with taste of home, I think to try t
o live here a little more, the stomach is honesty.

Because I am not a professional, I am refrained to comment the pros and
cons of eateries among the blog.
Meal is a personal preference, and the impression of taste is different by
the situation.

I have been involved in a lot of stores opened in the past.
But after all, the last I want to eat his sushi since there is chemistry between
us.
When he moves the place, I visit the new store to chace him.
Though I do not afford to go there every month, I enjoy his taste a few times
a year.

I had a lot of troubles that I wanted to cry last week.
But still, I was healed in his taste.
I intend to endure it a little more practically.
I will find someone I can help, rather than I wait that someone helps me.

胃袋 (7)

胃袋 (11)

胃袋 (12)

胃袋 (15)


JADO SUSHI

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
リフレッシュ (7)


今日は仕事の細かいことは、何も考えないぞ。
そう決めて、友人を誘った。
ランチをして、お気に入りのカフェでお茶をする。
オーナーも交えて、長々とお喋りを楽しむ。

立ち上げ前からずっと応援してきたこのカフェも、
オープンしてまもなく一年になる。
たくさんの出会いと別れを重ねてきたニューヨークで、
一番大切なのは人との繋がりだと学んだ。

何かに囚われていた自分をリリースする時間。
他愛ないお喋りが、何よりの栄養源。

リフレッシュ (6)


I decided I won't think anything about work today.
I asked my friend to go lunch together.
And we had coffee at my favorite café.
We enjoyed the lengthy chat with the owner.

This café, which I have supported for long time, will soon become a one year old.
In New York I have been over a lot of encounter and farewell.
I learned that the most important thing was the edge with people.

It was time to release myself that had been caught in something.
Casual chat always brought me a lot of energy.

リフレッシュ (2)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
気が付けば、のべ15年以上、米語圏で暮らしている。
バイリンガルではないし、まともに英語を習ったことはないけれど。
幼い頃から音楽に囲まれていたせいか、そんなに音感は悪くない。
たまに子供達に直されるけれど、発音もそんなにひどくない、かな。

しかし、昨夜も聞き返された。
「紅茶の種類は何が良いの?」と。

そうじゃない。
「カップオブティー」じゃなくて「カプチーノ」なの。

まだまだ道は険しい。

カプチーノ(4)


I realized that I have been living in the US-speaking countries, a total
of more than 15 years.
I am not a bilingual and also I do not learn decent English.
Perhaps because I have been surrounded by music from an early age,
I assume my pitch is not so bad.
And though occasionally it is corrected by my kids, but my pronunciation
is not so bad too.

However, I was asked again last night.
"What's kind of tea you would like?".

It was not so.
It was not a "cup of tea" but "Cappuccino."

Still the steep road would wait for me.

カプチーノ


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
RL(8)


もはや妹のような存在の友人に誘われて、オープンしたばかりのカフェに行った。
いわゆる「ひとり外食」も「ひとりカフェ」も苦手な私にとって、ふとした時間に誘って
くれる心遣いが嬉しい。

マンハッタンの喧騒が眼下にあるのに、そこだけ静かな時間が流れていた。
洗練されたコーヒーの香り、ローレン氏の母のレシピで作ったというブラウニー、
センス良く並べられた小物達、横に座ったセレブの姿。
お気に入りの空間になりそうだと、幸せな気持ちになった。

昨日、また同じ場所に行った。
すべてが絵になるような景色の横に、日本人観光客の姿。
4人での喫茶代を、1セント単位でやり取りしていた。
カードでスプリットするか、後でお金を受け渡しするのが当たり前の米国で、
この光景は痛々しい。

「おごる文化、おごられる文化」は、継承すべき日本の文化。
会社の上司におごられたり、デート代を出してもらったり、後輩達に御馳走して
あげたり。
食文化を一緒に囲むことで、世代の壁が取り除かれ、次世代にたすきを繋ぐ
きっかけにもなる。

昨日出会ったばかりの友達でさえ、家族と一緒の食卓に招いてしまう、今は亡き祖母。
幼少時代、公園で売った麦茶で、駄菓子を買ってくれた従姉。
街角の屋台で1ドルのコーヒーを買ってくれた会社の後輩。

金額の多少なんかじゃない。
そういう心を育み合うことが、希望の光になる。

RL(3)

RL(4)


I went to the newly opened cafe since I was called by my friend like my
younger sister.
I don't like so-called "alone eating out" or "alone cafe".
It was nice thoughtfulness that I was invited to the casual time.


It was located in Manhattan of the hustle and bustle, but there only had quiet
time flows.
There were refined coffee aroma, brownies made in Ralph Lauren's mother
recipe, tastefully displayed accessories, and celebrity figure of sitting next to us.
I became a happy feeling that here would be one of my favorite places.

Yesterday, I also went to the same place.
Next to the scenery such as all of the picturesque, we saw the appearance of
Japanese tourists.
They exchanged to share the cafe cost in small cash.
We have common sense that people split in card, or pass the money later.
This scene looked so strange in the United States, and made us sad.

"Treat" is the one of Japanese wonderful cultures to be inherited.
We could be treated to a meal by the boss of the company, ask out the dating
fee, and we could give to treat the junior.
By enclosing a food culture together, the wall of the generation is removed.
And it becomes an opportunity to connect to the next generation.

My grandmother always invited many friends to the family table, even though
she met him/her in the first time just the day before.
In childhood, my cousin bought us candies by the money that she sold barley
tea in the park.
I was very happy that my junior in the company treated me a $ 1 coffee at the
vendor.

It's not amount of money.
I assume that fostering that kind of mind will become the light of hope.

RL(6)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
CL_1

CL_2


日本におけるワインとチーズ市場も、一時のブームではなく、確たる市民権を得たように感じる昨今。
マンハッタン市内には、チーズの製造工場をそのまま卸し現場に直結して人気を博している店舗もある。

消費者は目の前で製造されるチーズを試食し、購入したチーズを使ってその場で調理された食事を楽しむこともできる。
豆腐の製造工程に似通う部分もあるけれど、チーズ愛好家にとっては危険ともいえる穴場になっている。

CL_3

CL_4


Rather than a temporary boom, these days we feel like to get a definite
citizenship of cheese and wine market in Japan.
There is also a store in Manhattan that has gained popularity that is
directly connected to a wholesale manufacturing plant of cheese.

Consumers can also enjoy a meal tasting the cheese that is produced in
front of the eye, cooked in place using a cheese that they have purchased.
It looks like to the manufacturing process of tofu, but is also off the beaten
path for dangerous for the cheese lovers.

CL_6

CL_5
Next
ここの昔を知っている人は、誰もが驚くと思う。
学生時代に、先輩達に連れられてよく通っていたあの名店が、高級マンションのようになっていた。

かつては、古きものが、味わい深い風情となって、街をいろどっていた。
新しくなったそれは、愛想のないサービスだけがきわだってみえて、ちょっぴり悲しい想いがした。

思い出は美化されたままでいい。
昔は気付かなかったことが分かると、歳を重ねたのだと感じる
街も自分も。

いせや1


Everyone who has known the old days here would be surprised.
The well-known izakaya-restaurant where my seniors often took me
when I was a student had become like a luxury apartment.

Before, the old thing had colored the town, becoming a tasteful taste.
I felt little sad, since no-good service stood out at new place.

Good memories would be better as beautification.
I felt I got old when I found something that I did not notice the old days.
Town got old, and I was same.

Next
SB_6

SB_1_2

SB_3


近所に住む友人に、サンデーブランチに誘われた。
ブランチといえば大部分の人が外食で済ませるというマンハッタンで、1からすべて手作りのホームメイドブランチに招かれることは珍しい。

早起きした子供達が、その日食べたいものをメニューに書き出して、ママはそれにあわせて料理を準備する。
フランス人とアメリカ人の御夫妻の、まさに「融合文化の食育」である。

空っぽの胃にミモザを投入して乾杯。
前菜からデザートまでたっぷり3時間以上かけて、食事とお喋りを堪能した。

いわゆる「家庭料理」だけれども、ちょっとした演出があればそのまま「おもてなし料理」になるのだと改めて学んだ次第。

SB_4

SB_1_3

SB_5


We were invited to Sunday brunch by friends who lived in the neighborhood,
across the street.
It was rare that it was all hand-made brunch, most people in Manhattan eat
out for brunch though.

Children, who got up early in the morning, wrote the menu what he wanted
to eat that day, mom prepared the cuisine to match the menu.
It was "dietary education of fusion culture" exactly by American husband
and French wife.

Cheers by Mimosa in empty stomach.
We enjoyed the food and talk over a period of 3 hours or more, from
appetizers to desserts.

I learned again that so-called "home cooking" could be changed as if
"hospitality cuisine" by add a little decoration.

SB_8

SB_7
Next
009






























食べ物の話題が続き恐縮。

胃袋が郷愁の想いに触れる時。
そして熟練した日本職人の技術に触れる時。
この街で日本の良さに触れる時。

そんな時に、実は海外暮らしが辛くなったりする。

011






























Sorry I followed by the topic of food.

When my stomach touches the feelings of nostalgia.
When I touch a skilled Japanese craftsmanship.
When I touch the goodness of Japan in this city.

At such times, I may really have painful for living abroad.

013
Next
150

















日頃、仕事で飲食やサービス業に関わることが多いため、ここではできるだけ食べ物以外の話題を書くように努めている。
しかし、今月はいつも以上に市場調査が多く、オフィスでの話題も必然的に食べ物に集中してしまう。

世界中の食べ物が楽しめる街とはいえ、アメリカ人のソウルフードがステーキとハンバーガーであることは永遠に不変である。
フレンチの店でも、メキシカンの店でも、それぞれオリジナルのバーガーを提供している場合が多い昨今。
バンズと肉の間にはさむトッピングも、フォアグラ、アボガド、目玉焼きなど、実に様々。
ファーストフードのハンバーガーでは味わえないバーガーの奥の深さ。

この量を見ても驚かなくなってしまった、我が身、我が胃の環境適応能力を自賛すべきか否か、悩んでしまう今日この頃。

186
198


















Because I often relate daily, food, drink and service industries at work, I will
make every effort to write a topic other than the food as much as possible.
However, this month, we did a lot of market research more than usual, we
concentrate on food inevitably discussed also in the office.

Now people can enjoy food from around the world in the city, but the soul
food, Steaks and Hamburgers, of American are unchanged forever.
Recently all kinds of world's restaurant, such like French or Mexican, often
provide each of their original burger.
Also topping sandwiched between the buns and meat, is very various like
foie gras, avocado, and fried egg.
This immeasurable charm of the burger can not be tasted at the fast food
hamburger store.

Today, no longer I surprised to see this amount of food.
I'm wondering whether to self-praise the ability to adapt the environment
of my stomach.

210
100

Next
10月、衣替えの季節。
マンハッタンの秋は一気に深まり、朝晩はすっかり冷え込むようになってきた。

大のあんこと栗好き。仲間うちではすっかり定評があるが、ニューヨーク生活のなかで非常に恋しくなるものがある。
日本では年中どこでも食せる洋菓子の王道、定番中の定番「モンブラン」。
マンハッタンの至る所にケーキ屋は存在するが、日常的に美味しいモンブランに出会うことが、まずないのだ。

栗入りの和菓子や、モンブラン・マロングラッセといった洋菓子。
日本やヨーロッパでは圧倒的に「栗に対する敬意」がある一方で、米国民のそれは他国民と比較できないほど小さなものだと思わざるをえない。
私の勝手な解釈では、太古の米国で栗の木がいわゆる雑木林に生えていたという歴史がその意識を形成したのではないかとさえ感じる。
栗のエキスは、チョコレートやお菓子の香りづけにしか活用されず、栗を大々的に使ったモンブランの開発が圧倒的に遅れているのだ。

仕事で立ち上げを手伝ったレストランで、デザートメニューを検討していた時も、モンブランの材料として仕入れるマロンペーストを取り扱っている業者が見つからずに大変な苦労をしたことがある。
パリ在住の友人にビジネスレターを書いてもらって、フランスの業者に仕出しルートを問い合わせたところ、やはり需要が少ないので絶対的な輸出量が少ないのだという回答を得た。
試行錯誤した甲斐あって、そのレストランではマンハッタン内でもトップの座を争う美味しいモンブランを提供できるようになった。
また自宅近くで人気の日系カフェでも、秋という季節限定であるが、かなり上等なモンブランを販売する光景が見られるようになった。

この数年でニューヨークのモンブランはずいぶん進化したが、それでもやっぱり日本の美味しさには到底追いつけない。
食欲の秋。ますます日本が恋しくなる季節。

mont blanc















Now is the season for change of dress in October.
Autumn of Manhattan has been suddenly deepened, totally cool in the
morning and evening.

There are well-established in my companion completely that I love the
bean paste and chestnut.
I sometimes very miss some sweets in life among New York.
It's the "Mont Blanc" classic royal road of cake we eat anywhere all year
in Japan.
The cake shops are present everywhere in Manhattan, but it is unlikely
that I can encounter on a daily basis to delicious Mont Blanc.

There are popular sweets that containing chestnuts as Japanese sweets,
Mont Blanc, and marron glace.
While there is a "respect for the chestnut" overwhelming in Japan and
Europe, I think that the American people is something small enough that
can not be compared with other nations.
It's from selfish Interpretation, but I feel that people did not form a
consciousness of the sweets of chestnut in the history of chestnut trees
that grew in so-called thickets in the ancient U.S.
Chestnut extract only takes advantage of pickled flavor of chocolate and
sweets.
It lags behind the overwhelming development of Mont Blanc that chestnut
used in a big way.

When I helped to open a restaurant launch at work, we had been
considering the dessert’s menu, we had a lot of difficulties to find the
trader that was dealing with marron paste purchased as a material of the
Mont Blanc.

I asked my friend who lived in Paris to write a business letter in French to
contact the route purchase the company from France, I got an answer
that it exports less absolute demand was still less so.
After the trial and error, the restaurant is now possible to provide a
delicious Mont Blanc as for the top spot in Manhattan at the restaurant.
Even the sight of Japanese popular cafe near my apartment, it is only for
a seasonal fall though, sells the quite premium Mont Blanc.

Mont Blanc in New York has evolved a lot over the past few years, but it
does not catch up to the taste of Japan.
Autumn is for appetite. It's the season to miss Japan increasingly.

DSC05365
Next