写真 2017-06-07 21 49 21


ニューヨークにこんなに長く住んでいるのに、
プライベートで会う友人というのは、案外限られている。
駐在や留学で来ている人は、いつか日本に帰ってしまうから、
ここに基地を構えて、仲良くしてくれる友人の存在は、本当にありがたい。

春先に行ったモダンメキシカンのお店に行こうと誘われた。
いそいそと出かけて行ったら、友人たちが、少し早い私の誕生日を祝ってくれた。
その優しさにも感涙し、健やかに歳を重ねられることにも感謝した。

いくつになっても「おめでとう」を言ってもらえるのは、本当に嬉しい。

写真 2017-06-09 9 28 58

写真 2017-06-09 9 29 31


Though I live in New York for such a long time,
it is unexpectedly limited that I meet my friends in private.
Since people who are either resident or studying abroad will return to Japan someday,
I really appreciate the existence of friends who will set up a base here and make friends.

I was invited to go to the modern Mexican restaurant that I went in this spring.
Fortunately, my friends celebrated my birthday that comes soon.
I was also touched by their kindness and appreciated for being able to get age in healthy.

I am really happy that everybody says "congratulations" no matter how old I am.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-05-27 13 37 24

写真 2017-05-27 14 05 40 (1)

写真 2017-05-27 14 05 45


友人からのお誘いで、週末のチャイナタウンに出かけた。
薄曇りでやや肌寒い日だったけれど、街の活気はとどまることがない。

日本人が異国に住むと、なるべくその国のカルチャーに溶け込もうとする。
群れをなすことよりも、アメリカナイズされていることがサクセスとされる所以。
一方で、世界中の至る都市で、自分たちだけの街「チャイナタウン」を創造する
彼らの生命力は素晴らしい。

集まった名目は、美味しい小籠包を食する会。
トリュフ入りの小籠包も、プリッとしたエビ入りのハーカオも、
ちょっと甘みの強い担々麺も、どれもこれも美味しかった。

私は小龍包よりも、彼女らに会いたくて、そこに行った。
他愛ない会話が何よりのご馳走で、週末の午餐はあっという間。

夕暮れ前に、チャイナタウンを歩く。
街はまた一層、活気づいていた。

写真 2017-06-07 11 11 07 (1)


I went to Chinatown with my friends on the weekend.
It was cloudy and a rather chilly day, but the vibrancy of the city was there powerfully.

When Japanese live in a foreign country, we try to blend into the culture of that country
as much as possible.
Because Japanese are regarded as succeeding that being Americanized is more than
to form Japanese flock.
Meanwhile, in the cities around the world, Chinese people create their own city "Chinatown".
Their life force is wonderful.

The gathered nominal is a party to eat delicious dumpling.
All dim sum, such like Soup dumpling with truffle, Boiled dumpling with shrimp,
and Dandan noodle Szechuan style, were also delicious.

Because I wanted to see my friends, I joined there.
An elaborate conversation was perfect dishes, and the luncheon over the weekend
was over so quick.

I walked in Chinatown before the dusk.
The town looked even more flourishing.

写真 2017-05-27 13 14 12


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-05-28 6 51 29
Next
写真 2017-06-06 13 53 53


もう何度も通っている、お気に入りのイタリアン。
お気に入りのシャンペンとワインを開けて、お気に入りの料理を食べる。

ここに来るのは、お気に入りの仲間と一緒と決まっている。
日本から来た友人と、ニューヨーク在住の友人。
仕事で出会った人が、いつしか親友になっているパターンが本当に多い。
多少の年齢差はあっても、心置きなく話せる友人の存在はありがたい。

世の中の流行は早すぎて、どんなにアンテナを張っていても追いつかない。
ニューヨークの流行りは、およそ2年遅れで日本に導入されるけれど、
来訪者の方がずっと、ニューヨークの穴場を知っていたりする。

このシェフも近い将来、日本にお店を開くのだろうか。

43


It was my favorite Italian restaurant which I had gone there many times.
we opened our favorite champagne & wine, and ate our favorite dish.

I have decided that I go here only with my favorite friends.
I went there with my friends from Japan and a friend living in New York.
I have many best friends that people who met at work at the beginning.
Even though there are some age differences, I am thankful for the existence
of friends who can speak from our heart.

The epidemic of the world is too early and I cannot catch up no matter how much
the antenna is stretched.
The New York fads are introduced to Japan about two years behind,
V\visitors are always aware of New York's spot.

Will this chef also open a shop in Japan in the near future?

写真 2017-06-06 8 34 09


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-05-22 21 52 39
Next
写真 2017-05-20 20 02 03 (1)

写真 2017-05-20 20 03 07 (1)


ニューヨークで一世を風靡した「BOX」というナイトクラブがある。
そこをプロデュースした友人が、また新しい店をオープンさせた。

流行りのホテルが次々と改装オープンしているエリアで、
ちょっと着飾ったクールな大人たちが、続々と集まってくる。
彼のファンや友達も、人懐っこい彼の人柄に惹かれて来るのだろう。

ステーキ、バターチキン、サーモン、バーガーなど。
各メニューのボリュームも半端でないが、
米国人にとってのソウルフードは、やはりこれでないといけないのだ。

写真 2017-05-20 20 02 29 (1)


There is a nightclub called "BOX" that is very popular spot in New York.
My friend who produced it opened another restaurant "Esther & Carol."

In areas where fashionable hotels have been refurbished one after another,
Cool adults who dressed up nicely, gathered at the restaurant.
His fans and friends are also attracted to his friendly personality.

Beef steak, Butter chicken, Salmon, and Burger etc.
Although the volume of each menu was too much for us,
Soul Food for Americans must be these.

写真 2017-05-20 20 39 16

写真 2017-05-20 20 39 20

写真 2017-05-20 20 39 23

写真 2017-05-20 20 56 23 (1)

写真 2017-05-20 20 57 05 (1)

写真 2017-05-20 20 57 18 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
13


ブティックホテルの人気が高まるニューヨークでは、
かつてチャイナタウンと呼ばれたエリアにも、それが進出している。
大人のシーンにふさわしいクールなバーを併設し、
モデルやセレブが夜な夜な繰り出す場面を演出している。

ホテルのメインダイニングも、世界のトップシェフを招いた企画を打ち出し、
そこからまた世界の流行が発信されていく。
フランスで修業した米国人シェフ、ダニエルローズ氏がオープンしたこの店は、
ニューヨークタイムズのフード部門で、トップレストランの地位を獲得。
予約の取れないレストランとして人気のフレンチレストラン。

食事もサービスも極上だったけれど、
お店に来ているゲストの雰囲気が、また極上だった。

「大人の隠れ家」が散在しているのも、この街の魅力。
春の午後は、穏やかに過ぎていく。

43

12


In New York where the popularity of boutique hotels rises,
they have also been built in the area that was once called Chinatown.
A cool bar suitable for adult scenes has opened,
it produces scenes that models and celebrities go out at night.

The hotel's main dining also launched a project inviting the world's top chefs,
From there the epidemic of the world will be transmitted again.
This restaurant, opened by Mr. Daniel Rose, an American chef who studied in France,
Earned the position of the top restaurant at the New York Times' food section.
It is a popular French restaurant as a restaurant that cannot be reserved.

Although both meals and services were superb,
The atmosphere of the guest coming to the shop was also excellent.

The "attraction of adults" is also scattered in this city.
Spring afternoon gently passes.

31


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
幼い頃から、少し年上の人と一緒にいることが多かった。
20代、30代の頃に、人生の少し先を行く先輩と過ごす時間は刺激的で、
人生のもっと先に進んでみたいという気持ちを高めてくれた。

今でも周囲には、少し前を歩く素敵な女性がたくさんいて、
だからこそ、あんな風に素敵に年齢を重ねたいと日々過ごしていられるし、
若い頃に戻りたいと、過去にしがみつくことがない。

一方で、近年は年下の女性と過ごす機会も多くなってきた。
今年初め頃に知り合った、ひとまわり以上年下の友人に食事に誘われた。
以前に拙著を読んでくださり、ずっと私を探してくださったという。
目をキラキラ輝かせて、その想いを伝えてくれる姿勢にも感動したし、
客観的に映る自分の背筋を正す機会にもなった。

つまるところ、男女も年齢も関係ないのかなと思う。
価値観とか、居心地の良さとか、人への優しさとか。
そういう部分で、人は惹かれ合うのかもしれない。

04


From an early age, I often stayed with someone older.
In my 20s or 30s, the time spent with my seniors going ahead of my life was exciting.
They raised the feeling that I wanted to go further ahead of my life.

Even now there are lots of lovely ladies walking a little while ago,
That's why I can spend my days to live a wonderful age like that.
I did not want to return to when I was young, I never cling to the past.

On the other hand, my opportunities to spend with younger women have increased
in recent years.
I was asked to have dinner night by very young friend who I met earlier this year.
She said that she had been reading my books for a long time and looking for me forever.
I was touched by her attitude to communicate her feeling,
it also became an opportunity to rectify my attitude that appears objectively.

In conclusion, I think whether gender or age does not matter.
Value, coziness, kindness to people.
In such a part, people may be attracted to each other.

18

49

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
37


2010年にミシュラン1つ星を獲得。
「世界一安いミシュランレストラン」として有名な飲茶の店。
ニューヨーク店舗展開には、日本の外食産業グループが参画。

当該グループ会長の御子息が古い友人で、
彼がまだニューヨークにいた頃には、よく一緒にワインを飲んだ。

あの頃も今も、ニューヨークでの飲茶人気は不動であるからして。
飲茶の店でお茶が有料というのが、いかにもニューヨークらしいけれど、
昼間からビール飲んで、たらふく食べて、20ドルで十分お釣りがくる。

そして夕飯のメニューを考えるのが億劫になる。

29


"Tim Ho Wan" won Michelin star in 2010.
It is a restaurant of famous dim-sum as "the world's cheapest Michelin restaurant".
For the New York store development, the Japanese industry "WDI group" participates.

The group chairman's son is one of my old friends,
By the time when he was still in New York, we often hang out and drank wine.

Even now and then, the popularity of dim-sum in New York is immovable.
It seemed nonsense that it was fee charged for Chinese tea at the dim-sum restaurant.
But we drank beer from daytime and ate as much with less than 20 dollars.

And it made me troublesome to think of the menu of family dinner.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
立ち上げから10年以上、ずっとサポートしてきた寿司屋がある。
仕事として携わることは少なくなったけれど、
スタッフの1人1人が、個人的にずっと慕ってくれるのが嬉しい。

初代大将から数えて3代目の寿司シェフが、別のお店に引き抜かれた。
ヘッドハンティングが当たり前の米国では珍しくないけれど、
会社への忠誠心が高い日本人の場合、本人も周囲も最初は戸惑う。

世界のどこにいても、彼とはこれからもきっと繋がっているし、
世界に認められた彼を、先に見出していたということも誇りだから。
大いなるエールと共に、新しい旅立ちを祝している。

39

58


There is a sushi restaurant that I have been supporting for over 10 years
since its launch.
Although engaging in work together is now getting least,
It is my pleasure that each of the staff personally always contacts me.

The third sushi chef counted from the first chef was hired by another restaurant.
Although it is not uncommon in the United States where head hunting is common,
In the case of a Japanese who has a high loyalty to the company, both himself
and the surroundings are confused at the beginning.

Wherever we are in the world, I will surely be connected with him,
I am very proud that I found him before the world recognized him.
I am celebrating a new journey of him with great ale.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
05


ニューヨークでの和食人気は衰えることなく、
完全に確立した一つの文化になった。
その分「純和食」でないお店も稀でないし、
日本人以外の板前さんが寿司を握っている姿も珍しくない。

チェルシー地区に、新しい高級居酒屋がオープンした。
店内中央にオープンキッチンカウンターがあり、
プレゼン力の高いフュージョン和食というべきメニューが並ぶ。
刺身にドライアイス、ラーメンのスープもお客様の目の前でポットから注ぐ。

これぞ「ニューヨークの和食」というプレゼンは、
ラーメンをすするマリリンモンローの壁画が、決定的な象徴だった。

「BENIHANA」を和食のスタンダードにしたロッキー青木氏の遺志を、
確実に受け継いでいる居酒屋の誕生だといえよう。

49

27

11

52


The popularity of Japanese food in New York does not wane,
It became a completely established one culture.
The store of 'Fake Japanese food' is not rare,
It is not uncommon for figures that non-Japanese chef make sushi.

A new high class tavern opened in the Chelsea area.
There is an open kitchen counter in the center of the store,
Menu that is called Fusion Japanese food with high presentation ability line up.
Sashimi is served with dry ice, and ramen soup are also poured from the pot
in front of customers.

It was the presentation of "New York's Japanese food".
The mural painting of Marilyn Monroe eating ramen was a decisive symbol.

It can be said that the birth of an Izakaya of Mr. Rocky Aoki who made "BENIHANA"
the standard of Japanese fusion food.

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
17


まもなく日本に帰国する友人の送別会。
帰国前の限られた時間、思い残すことなくニューヨークを堪能しようと、
SATCナイトを決行。

北風の強い4月の週末、花冷えの夜。
誰がキャリー?シャーロット?と他愛ない女友達との会話が愛おしい。

翌朝のお弁当作りに起きる時間を逆算しつつ、
シンデレラタイムになる前に、体力が尽きてしまった私たち。

テレビドラマの世界は、はるか彼方。

41

47

57

34


We had a farewell party of friend who will return to Japan soon.
In a limited time before returning Japan, trying to enjoy New York,
we took the tour of SATC night.

It was in April weekend, called chilly flower night.
“Who fits Carrie? Samantha? Charlotte?”
And conversation with girl friends were lovely.

While inversely calculating the time that occurs in making a boxed lunch
next morning,
Before Cinderella Time, we were out of energy.

The world of TV dramas was far away.


28

20

10

52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

03
Next
25


トライベッカ地区にある、フレンチ業界トップの老舗。
私が最初に某雑誌で紹介したのは、90年代後半だったと記憶している。
当時は「Bouley Bakery」の名で、ワゴンでサービスしてくれる
焼きたてのパンが美味しい、カジュアルなフレンチレストランだった。

2001年の同時多発テロ発生後、ブーレー氏は店を閉めて、
グランドゼロで救援活動を続ける人たちに、約100万食の食事を提供。
厨房の火が24時間落ちない日々が、1ヶ月以上続いた。

テロの翌年に「Bouley」として復活し、2008年に今の場所に移転。
約30年近く、ニューヨークを代表するフレンチレストランの地位を保持。
そのお店が、間もなく閉店するという知らせが届いたのは、昨年末のこと。

ブーレー氏が日本をはじめとしたサバティカルの旅に出ると宣言。
ニューヨーク店は、ぎゅっと小さな規模の店舗に引っ越すため、
もうこの雰囲気は味わえないのだと予約が殺到した。

ところが、店舗リース契約問題もあって、店はまだ存続している。
予約を入れるたびに、今回が最後かなと思いつつ、
ブーレーの世界を心ゆくまで堪能した。

かつて日本の「ロオジェ」のシェフ、ジャック・ボーリー氏が、
サバティカル休暇時にニューヨークを訪れた際、
いろんな場所にアテンドさせていただいたことを思い出す。

サバティカルから戻ったブーレー氏が、どんなお店を再開するのか。
ニューヨーカーは、その時を心待ちにしている。

44

50

37

36


It is a long-established store in the French industry in Tribeca.
I remember that I first introduced it in a certain magazine was in the latter
half of the 1990s.
At that time, it was named "Bouley Bakery", a casual French restaurant
with delicious freshly baked bread, which was served by wagon.

After the simultaneous terrorist attacks in 2001, Mr. Bouley closed the store.
He offered about 1 million meals to those who continued relief activities
at the ground zero.
Every day the kitchen fire did not off for 24 hours, lasted more than a month.

"Bouley" revived in 2002, moved to the present place in 2008.
For nearly 30 years, it retained the position of a French restaurant representing
New York.
It was at the end of last year that the news that the shop closes soon has arrived.

Mr. Bouley declared that he will go on a sabbatical trip including Japan.
The New York store, in order to move to a tiny place,
people rushed to make reservation to taste this atmosphere.

However, due to the store lease contract problem, the store still exists.
Every time I make a reservation, I think that this time is the last time,
we enjoyed the world of Bouley to our heart 's content.

Around in 2000, a Japanese chef, "L'OSIER", Jacoues Borie,
visited New York during the sabbatical leave.
I remember that I attended a lot of places to research with him.

We wonder what sort of restaurant will be resumed by Mr. Bouley who returned
from the sabbatical.
New Yorker is looking forward to that time.

33


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
38

45


雑誌記事の依頼を受けて、毎月のように取材アレンジをする。
ニューヨークで流行りの店を、日本の皆さんにお伝えする。
でも撮影するだけで、実際にそこで食べたことのないレストランも多々ある。
だから、友人がNY訪問の際に改めて行きたいとリクエストくれると、
とても新鮮な気持ちで再訪できる。

フィガロジャパンでも紹介された「Cosme」はモダンメキシカンのお店。
メディア系企業の多いユニオンスクウェア近く、お洒落な人が溢れている。
和の食材も取り入れたフュージョンメキシカンは、目にも美しい盛り付け。

昼から深夜まで大にぎわいの「Café HABANA」はキューバ料理の老舗。
食堂のような簡素な店内には、陽気なキューバの空気が充満している。
コロナビールとトウモロコシ、プルドポークのサンドイッチが大人気。

ソーホー散策の途中、ギリシャヨーグルト「CHOBANI」カフェでひと休み。
水分の少ない淡白なヨーグルトと、様々なトッピングを楽しめる。
キュウリ、アボガド、パクチーといった甘くない素材とのアレンジが絶妙。

最後はおなじみの「HANAMIZUKI CAFÉ」。
ニューヨークタイムズで紹介された美味しさはもとより、
オーナーの人柄に惚れているからこそ。
大切な友人は、いつか必ずここに連れていく。

いつどこでよりも、誰と一緒にその時間を過ごすかが大事。
自分の心の持ち方次第で、「美味しい時間」はたくさん生まれてくる。

57

40


I receive a request for a magazine article, arrange the interview as every month.
I report the fashionable shops in New York to the Japanese people.
But just by shooting, there are many restaurants that I have never actually eaten there.
Therefore, when a friend requests to go again when visiting NY,
I can revisit with a very fresh feeling.

"Cosme" introduced at Figaro Japan is a modern Mexican restaurant.
Close to Union Square with many media companies, fashionable people
are overflowing.
Fusion Mexican, which also incorporates Japanese ingredients, is also beautiful
in our eyes.

"Café HABANA" is a long-established Cuban cuisine, crowded
from daytime to late night.
In a simple store like a dining room, the atmosphere of cheerful Cuban is full.
Corona beer, corn, and Cuban sandwich are very popular.

On the way to Soho, we had a break at Greek yogurt "CHOBANI" cafe.
We can enjoy a variety of toppings with light white yogurt with little moisture.
Exquisite arrangement with non-sweet material such as cucumber, avocado,
coriander, is very interesting.

The last is familiar "HANAMIZUKI CAFÉ".
Not only the taste introduced at the New York Times,
It is because I am touched by the personality of the owner.
I definitely take an important friend to there.

It is important to spend that time with who, rather than when and where.
Depending on how we hold our mind, "delicious time" is born a lot.

07


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
53


我が家の次男と、先方の長男が幼稚園時代の同級生。
子供達同士の相性が良かったこともあるけれど、
何よりその御夫妻の気立ての良さに惹かれて、
もうずっと、家族ぐるみのおつきあいが長く続いている。

私は本来出不精で、自ら企画して出かけることは、ほとんどない。
だからこそ、仕事としてそのミッションをいただくと、
「知らない世界を知る」という喜びと感謝が溢れてくる。

プライベートで、新しい店を開拓する時は、
たいていはその御夫妻が予約をして、一緒に行こうと声をかけてくれる。
ニューヨークにこんなに長く住んでいても、
まだまだ知らない店ばかりで、毎回新しい発見がある。

アッパーイーストにある「楽し寿司」は、
10席ほどのカウンター席を毎晩三回転させている。
リカーライセンスがないため、客は自分の好きなお酒を持ち込める。

とっておきの時のために貯蔵していた日本酒の杯を交わしながら、
1時間半という制限時間ギリギリまでの会食を楽しんだ。
カウンター向こうの職人さん達が、今どき珍しいほど不愛想で、
昔ながらの職人気質か、人気店ゆえの運命なのか、悩ましい。

15

44


The second son of us and the first son of theirs were classmates of kindergarten.
Fortunately, the compatibility between children was good,
we have attracted by the goodness of Mr. and Mrs.
Always, family relationships have continued for a long time.

I am inherently out of the ordinary and hardly plan to go out and go out.
That's why, when I receive that mission as a job,
The joy and appreciation of "knowing the unknown world" overflows.

When developing new restaurants in private,
usually the couple make a reservation and they call out to go with them.
Even if I live in New York for such a long time,
There are many new restaurants that I do not know yet.

"Tanoshi Sushi" in Upper East welcomes ten counter seats people times
three every night.
Because there is no liquor license, customers can bring in their favorite liquor
as "BYOD".

While exchanging cups of Japanese sake that was stored for the best opportunity,
we enjoyed the dinner until the limit time of one hour and a half.
The craftsmen at the sushi counter was rarely unfriendly nowadays,
we didn't know whether it was a traditional craftsman's temperament or a fate
of popular shops.

01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
04


オープンキッチンや、お酒を出すバーカウンターは当たり前だけれど、
調理人がお客様と直接会話を楽しみながら食事を提供するスタイルは、
実は海外ではあまり多くない。

寿司、焼き鳥、天麩羅など、カウンタースタイルの日本食屋は、
ニューヨーカーにも大人気で、予約を取るのも容易くない。

ミシュラン星を持つこの店で、たった7席のスペシャルシート。
驚くほど新鮮な素材だからこそ、前菜から締めの麺類まで
鶏肉のすべての部位を堪能できる感がある。

藍色の暖簾の内側で、毎晩どんなセレブがこの味を楽しんでいるのだろうか。
この隠れ家感が、きっとニューヨーカーにはたまらない。

12


Although open kitchens, or bar counters for drinking are commonplace,
the style that cooks offer meals while enjoying direct conversation with customers,
Actually, it is not much seen overseas.

Counter-style Japanese restaurants such as sushi, yakitori, tempura,
are popular with New Yorkers, it is not easy to make a reservation.

At this restaurant with Michelin star, they have special "SELECT" seats for only 7.
Because it is surprisingly fresh material, from the appetizer to the last noodles
we able to enjoy all parts of chicken meat.

Wondering what kind of celebrities enjoy this taste every evening inside the indigo drape.
This hideaway feeling is certainly exciting for New Yorkers.

53

01

47


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

36

33
Next
19


マンハッタンから、イーストリバーを挟んですぐ向こう。
地下鉄で一駅移動すると、ロングアイランドシティーに到着する。
昼過ぎに現地に着くと、店内は地元の顧客で溢れかえっていた。

地ビールとシェフのおすすめをいただきながら、
ニューヨークでこの味が堪能できることに感謝。
隣席の若者達ともお喋りが弾み、
ここからも、新しいエネルギーが世界へ羽ばたくことを頼もしく思う。

点と点が繋がって、線になる。
だから人との出会いは面白い。

19

21

20


Long Island City is located just across the East River from Manhattan.
We took subway one stop to arrive there.
When we arrived at the late lunch time, the dining space was full with local customers.

While we were tasting the local beer and meals,
I thanked I was able to enjoy this taste in New York.
We chatted with young people who were sitting at the next table,
From here as well, I was happy that new energy flares to the world.

Points and dots are connected and become lines.
Therefore, encountering with people is interesting.

33

01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

59


Next
ニューヨークでは年に数回、市民へのプロモーション効果をも期待して、
レストランウィークというのが開催される。
400近い店舗が加盟して、3コースのお得なメニューを、
今年はランチ29ドル、ディナー42ドルで提供している。
普段はなかなか行く機会のない人気レストランの食事を試す機会として、
ニューヨーカーはこの期間を心待ちにしている。

今日は、たまたま行ったお店がレストランウィークメニューを提供していた。
食事も美味しかったけれど、それ以上に会話が美味しくて。
気がつけば3時間以上も長居してしまった。
その間、決して追い立てることもなく、
気持ちの良いサービスを提供してくれた。

ニューヨーカーのホスピタリティー、捨てたもんじゃない。
こんな些細なことが、たまらなく嬉しい1月最後の日。

33


The Restaurant Week is held several times a year, hoping for promotion effect
to New Yorkers.
This year, nearly 400 stores joining, we will offer 3 course menu,
they offer $ 29 for lunch and $ 42 for dinner.
As an opportunity to try the meal of a popular restaurant which usually does not have
a chance to go,
New Yorkers are looking forward to this period.

Today, the store I visited had provided the Restaurant Week menu.
The meal was delicious, but the conversation was more delicious than that.
We noticed that we have stayed longer than 3 hours.
In the meantime, never push,
they offered a pleasant service.

New Yorker's hospitality is still wonderful.
This trivial thing made me very joyful.
It is the last day of January.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
これまでたくさんの店舗立ち上げを手伝ってきたけれど、
このお店への愛は人一倍大きいと自負している。
2006年にオーナーと一緒に物件を探して、2年近くかけて開業準備をし、
極寒の大雪の日も、アスファルト照り返す酷暑の日も、
ずっとそのストーリーを見守ってきた。

久しぶりに訪れたそこでは、スタッフが家族を迎え入れるかのように
受け入れてくれたことが嬉しくて。
今は少し離れてしまったけれど、みんなにありがとうと伝えた時に
涙がこぼれそうになった。
会社の組織としては、私はすでに不要な存在であるけれど、
いつまでも慕ってくれるスタッフの愛は、限りなく深い。

久しぶりに胃袋が愛で満たされた。
ずっと応援しているから、必要な時は頼ってください。

00


Although I have helped many shops launch,
I prideful believe that love for this shop is bigger than anyone else.
In 2006 I looked for the property with the owner, and prepared for opening in nearly two years.
Even on the extremely cold snowy day, or asphalt shining hot day,
I kept watching their story.

I visited there for the first time in this year.
I was happy that I was accepted as if the staff welcomed the family.
I got away a bit now but when I told everyone to thank you, my tears seemed to drop.
As a company organization, I am already an unnecessary existence,
the love of the staff to me is deeply infinite.

The body was filled with love for the first time in a long time.
I support you all the time, please depend on when you need me.

50


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

16
Next
ニューヨークでは、たくさんの日系人が活躍している。
和食が一過性のブームでなく、完全なる一つの文化として市民権を得た今、
飲食業界での日本人の活躍ぶりは目覚ましい。

平日の深夜23時過ぎから、続々と料理人達が集まってくる。
閉店の遅い店舗スタッフは、明け方にようやく合流する。
160人もの関係者と、外気の寒さも吹き飛ぶ熱気が集結した。
競争の激しい業界であるけれど、日系人という仲間意識が素晴らしい。

改めて、日本人の凄さを思う。
そんな日本人が集いたくなる、ニューヨークという街の凄さを思う。

大幹事のシェフ、ありがとう。
仲間の皆さん、これからもよろしくお願いいたします。

ファイル 2017-01-19 11 52 06


A lot of Japanese are active in New York.
Now that Japanese food is not a transient boom and gained citizenship
as a complete culture,
Japanese people in the food and beverage industry have been active recently.

From 23 o'clock in the midnight on weekdays, chefs gathered one after the other.
The shop staffs who were slow in closing finally joined the dawn.
As many as 160 people concerned gathered, nobody cared the cold weather
of out-side.
It is a competitive industry, but the Japanese fellow consciousness is wonderful.

Again, I think the magnificence of Japanese people.
I assume the tremendousness of the city New York, where Japanese people
want to gather.

Thank you, Chef Abe. You are the best.
For everyone, please continue your favors.

58


会場となったのはこちら。シェフ阿部がお待ちしております。EN Japanese Brasserie

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
昨年、「ユニオンスクウェアカフェ」という超人気レストランが閉店した。
NYで30年もの歴史を刻み、ザガットサーベイでも不動の地位を守り抜いていた。
閉店の知らせを聞いたニューヨーカーは、
どんなに人気店でも家賃の高騰にかなわないことを痛感した。

その跡地を引き継いだのが、関西風高級うどんのお店「つるとんたん」。
9月のオープン直後、長蛇の列に挑むのは気合いが必要だったが、
今はその波も落ち着いたようだった。

うどんのアレンジは想像の範囲内であるけれど、内装は秀逸。
壁の装飾と照明がややアンバランスなのも計算の上だろうか。

染織アーティスト、西形彩庵氏の卓越したアートワークに、
ユニオンスクゥエアの新しい歴史を期待するニューヨーカーも多い。
日本の職人技を、もっと世界に伝えたい。

37

02


Last year, an extremely popular restaurant called "Union Square Cafe"
was closed.
In the history of NY for 30 years, it kept the fixed position in Zagat survey.
New Yorker who heard the closing notice,
Everybody was keenly aware that even the most popular shops could not
cope with the soaring rent.

The shop Kansai style luxury Udon "Tsurutontan" took over that site.
Immediately after opening in September, it was necessary to get a chance
to challenge the long line,
It seems that rush has calmed down now.

Variation of Udon is within the imagination, but the interior is excellent.
Is it due to the calculation that wall decoration and lighting are somewhat
unbalanced?

To the outstanding artwork of dyeing artist Saian Nishikata,
Many New Yorkers expect Union Square's new history.
I would like to convey Japanese craftsmanship to the world more.

09


染織画家 西形彩庵 オフィシャルサイト
ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

18
Next
02


ニューヨーク、マンハッタンのチェルシー地区。
大好きなおさぼりスポットの地下に、
イベントスペースがオープンした。

センスの良いオーナーが、センスの良い主催者をセレクトして、
ポップアップのイベントを開催している。
実力のあるスター達が、ここを拠点に世界へと飛躍していく。

駆け出しの頃に徳を積んでくれたことを忘れない人達は、
トップに上り詰めても、必ずここに帰ってくる。

私はそっと背中を押す役割を、まっとうしたいと思う。

00

20

03

03

18

41


Here is Chelsea district of Manhattan in New York.
In the basement of my favorite secret cafe,
There is an event space.

A good owner selects good organizers with good sense,
Pop-up events are held.
Prosperous heroes will leap to the world based here.

Those who do not forget that they loaded virtues as they started,
Even if they climb to the top, they will definitely come back here.

I want to stick the role to gently press their back to forward.

43

34

39

44


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

03

12

Next
28

08


ホテル業界の重鎮、スターウッドがバカラと提携。
オープンした頃から話題にはなっているけれど、
このホテルを心から愛しているニューヨーカーには出会ったことがない。

天井のシャンデリアから、室内の調度品まで、
すべてがバカラのクリスタルで埋め尽くされている。
これでもかという演出に、どこか気が休まらないのは、
そこに現代の無機質さを感じてしまうからだろうか。

それでも、ここを訪れる人達は、とても幸せそうに見える。
ゴージャスなトランプタワーの調度品が彷彿される。

そして一昨夜、トランプ氏が戦いに勝った。

05

24


Starwood, a leading company of hotel industry, is partnering with Baccarat.
Although Baccarat hotel has become a hot topic since it opened,
I have never met New Yorkers who really love this hotel.

From ceiling chandeliers to indoor furniture,
Everything is filled with Baccarat crystals.
Even this still makes me feel somewhat uncomfortable,
Is it because I feel modern inorganic matter there?

Still, the people who visit here look very happy.
It is reminiscent of the gorgeous Trump Tower furniture.

And last night, Mr. Trump won the battle.

39

17

26


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

18
Next
32


ニューヨークでの人気レストランは、3か月先まで予約がいっぱい。
そんな常識がまかり通るのも、世界一のファインダイニングが集約しているから。

世界最高峰の料理とサービスを満喫した後に、
今度はその裏側を見せていただく「おもてなし」を受ける。

舞台裏は戦場かと思いきや、お見事なほどに美しい。
猛烈な忙しさの中でも笑顔を絶やさないシェフやパティシエが、
あの究極の料理を生み出しているのだ。

超一流には、表も裏もない。
究極のおもてなしが、ここにも存在する。

54

24

37


Popular restaurants in New York are full of reservations until three months
ahead.
Because the world's finest dining is consolidating, that common sense is
going through.

After we enjoyed the world's best food and service,
we received the "hospitality" that showed the back side.

We thought that back stage was as battlefield, but it was very beautiful.
A chef or a patissier who keep smiling even in a busy situation, was creating
that ultimate dish.

The super top notch has both front and back
The ultimate hospitality exists here as well.

36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
46


ニューヨークのフランス料理界でトップ3に入るレストラン「ダニエル」。
メインダイニングの予約を取るのも困難だけれど、
さらに狭き門のシークレットスペーズがある。

「スカイボックス」と言われるその空間は、
オーナーシェフ・ダニエルブルー氏のオフィスすぐ横にあり、
1日1組だけのお客様をお迎えするプライベートな聖域。
40名以上のキッチンスタッフが働く1,800スクウェアフィートの厨房を
上からぐるっと見渡せる位置に、
ガラス張りのサロンが宙吊りになっている。

ほぼ垂直の梯子のような階段を上がって、そこに辿り着くと、
モダンな家具と書籍が並ぶ、小さな空間がそこにある。
ダニエルブルー氏が御挨拶に見えた後は、
厨房という生きたアートを眺めながら、
季節感満載のジビエ中心、フルコースのおもてなし。

現場を指揮するシェフとスーシェフが、たまに気を使って
手をふってくれる。
表に見えない裏側こそが、レストランの主役だということを
痛感する。

まだまだ知らないニューヨークの穴場。
世界の中心ニューヨークは、知れば知るほど奥が深い。

29

03

33

25


The restaurant "Daniel" is one of the top three in the French cuisine world
of New York.
It is also difficult to make a reservation for the main dining room,
But in addition there is a secret space more difficult gate.

There is an exclusive spot called "The Sky Box".
It is located to next to the office of the owner chef, Daniel Boulud.
He welcomes only a set of customers one day to his private sanctuary.
The glass-enclosed dining salon is suspended above the 1,800 square
foot state of the art kitchen where 40 or more kitchen staff works.

We arrived there, using the such as the nearly vertical ladder.
The space lined with modern and neo-classic furniture and books was
like a small library.
After Mr. Daniel Boulud came to greeting and enjoyed chatting,
While watching the live art of the kitchen,
We enjoyed the gibier food, the full course of the season.

Top chef and sous chef sometimes cared us from the kitchen waving a hand.
We were keenly aware that the leading role of the restaurant was the kitchen
that was invisible from the stage.

There are still many secret places in New York.
It is much more deep world even though I live here more than 15 years.

11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
56

58


イベントがあった両日共、ソラは夜の通常営業をした。
1階と地階のテーブルをすべて入れ替えて、昼夜の仕込みをする。
その日のマルシェでの仕入れに応じて、おまかせメニューを考案する。
食材の状態によっては、急遽メニューを変更することもある。
計り知れないシェフの負担を想うと、ただ心苦しい。
だからこそ、絶対に失敗の出来ない企画だった。

すべてが終わった夜、改めてレストランを訪れた。
イベント中に何も口に出来なかった私達のために、
シェフがもう一度すべての料理を再現してくれた。
こんな美味しい料理が、あの時にサーブされていたことが誇らしい。

キッチンスタッフ、サービススタッフ。
連日満席で賑わう店内の空気と、
世界で通用するクオリティーの高さに、
ここがパリだということ、その事実を噛み締めた。

営業を終えたメンバーが、グラスを片手に集まってくる。
目に見えない裏舞台の報告に、改めて個々の人間味を感じて涙する。
表に立つ主役は、シェフとアーティストの二人だけだけれども、
それを支えるチームとしての力をも極めたい。

2016年秋、以前と変わらぬパリの街に励まされる。
日本人として、世界で何ができるだろう。
今はちっぽけな活動でも、いつか必ず大河につながる。
人生に「もし」はないから、目の前にあることをやるしかないのだと。

30

30

31


On the event's days, they opened Sola restaurant for dinner as same as usual.
They replaced all tables of the first floor and the basement, and prepared the
cooking for the lunch and dinner.
Depending on the purchase in the Marche of the day, Chef Hiroki Yoshitake
devises an Omakase menu.
Depending on the condition of the food, he has to suddenly change the menu.
I was sorry for the burden immeasurable of the chef.
So, the planning of the event was must not absolutely be a failure.

Night that all was over, we visited again restaurant.
For us that could not be eat during the event,
The chef reproduced once again all of the cooking.
We were very proud that they served such a delicious cuisine at the event.

There were perfect the kitchen staff and the service staff.
We felt the air in the restaurant crowded with fully booked every day.
It was the best quality of world-class in Paris.

The team members who finished the business came to join to drink.
By hearing the back stage report which is not visible to the eye, I was impressed
by the individual human touch.
Just two heroes, the chef an artist were the most important,
But the team power should also extremely important to support them.

In autumn in 2016, I was encouraged by the previous and abiding city of Paris.
As a Japanese, I wonder what can be done in the world.
Even in the tiny activity now, hope it will lead to the big result someday.
I only do that I can.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

56
Next
24


フランス料理店の大御所の一つ「ジャン・ジョルジュ」は、
セントラルパークの西側、トランプホテル&タワーの一階にある。

トランプ候補とクリントン候補の直接対決があったその日。
そこで食事を楽しむ人々を鑑賞するのも、楽しかった。

隣の席の老夫婦は、イギリスから旅行でやってきた。
一週間の滞在中に、毎晩最高級のお店を予約しているのだという。
大きな円卓には、ビジネス会食と見受けられる面々が肩を並べ、
正面には初々しいカップルが、終始笑顔を放っている。

店の看板ともいえる総支配人のキビキビとした動き。
指先まで緊張感の漂うサービスを提供するメートルドテル。
レセプショニストのお見送りは、京都を思い起こさせる。

料理とワインとサービス。
格式のある店としてのプライド、お客様側のプライド。
そのすべての調和が美しい空間が、ここにも存在する。

15


"Jean-Georges" is one of the grand restaurant of French cuisine in
New York.
It is located on the first floor of the Trump Hotel & Tower at the west
side of Central Park.

We went there on the day that had a direct confrontation of Trump
candidate and Clinton candidate.
It was fun to watch the people who enjoy the meal there.

Elderly couple of next seat was traveling from the United Kingdom.
During the stay of one week, they had reserved the finest shops every
night.
At the large round table, there had a business lunch.
An fresh couple in front of us had emanated smile from beginning to end.

A general manager worked briskly.
Maitre d'hotel provided a perfect service.
The send-off of the Receptionist was reminiscent of Kyoto.

Food and wine and service.
There is a pride as a Michelin three stars restaurant.
Also the people have prides as good customers.
The beautiful space of all harmony is also present here.

02


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ニューヨークにある高級フランス料理店の最高峰と言われる「パーセ」。
シェフおまかせコースのみの提供で、3か月先まで予約いっぱい。

最高の料理と、最高のサービスと、最高のシュチュエーション。
「最高」以外の、余計な言葉はいらない。

とっておきの席を用意してくれた、とっておきの友人に感謝をこめて。
最高のおもてなしを、ありがとう。

42


Restaurant "PER SE" is said to be the pinnacle of fine French cuisine
in New York.
They provide only the chef Omakase course, and it is booked up to
three months ahead.

The best food, the best services, and the best situation.
Other than the "highest", extra words do not need.

I had gratitude to the much-valued friend who had best hospitality.
Nicolas and Martin, you are the best.

03


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
46

32

19


ブルックリンにある和食屋から、イベント案内が来た。
ニューヨークで最高峰の蕎麦を作り続けている小谷修一氏と、
トライベッカの寿司麻布で包丁を握る白井雅也のコラボと聞けば、
行かないわけにはいかない。

日曜日の昼下がり。
近所に住むグルメなフランス人夫妻をお誘いした。
あたりの日本人よりずっと日本食通の彼らを前に、
イベントの進行がややスローで、少しドキドキした。

とはいえ、日本で懐石料理の修行を積んできた白井シェフのセンスは抜群で、
十割蕎麦の登場を引き立たせるコース仕立ても見事だった。

日本の食文化を受け継ぎ、ここで再現してくれるような彼らの姿勢を、
私たちはもっと、世界に伝えていかなくてはならない。

秋の実りには少し早い時分だったけれど、
松茸と土瓶蒸しの美味しい季節に、またここに来よう。

49

17

18

29

36

36


I got the event invitation From the Japanese restaurant in Brooklyn.
It will be the collaboration held by two chefs.
One is Shuichi Kotani, who has been making the buckwheat's highest
peak in New York.
And the other is Masaya Shirai, who works in the kitchen of Sushi Azabu
in Tribeca.

It was Sunday afternoon.
I brought the gourmet French couples who live in the neighborhood.
In front of the Japan foodie,
I was little nervous since the events progression is a little slow.

Nonetheless, the sense of Chef Shirai, who gained training of Kaiseki
cuisine in Japan, was preeminent.
The menu of course to complement the serving of 100% buckwheat was
also impressive.

I know their hope to inherit the food culture of Japan, and reproduce here.
We have to convey to the world more.

Although it was a little early season for the harvest of autumn,
I will try to come here again at the good season for Matsutake and Dobin-mushi
(matsutake in steamed teapot).

24


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
44


ニューヨーク市立図書館の真ん前というロケーション。
大きく目立った門構えの内側に、どんな世界が広がっているのだろう。
マンハッタン5番街、その前を通るたびに気になっていた。

扉を開けると、高い天井とゴージャスな内装が目に飛び込んでくる。
備前焼の壁タイル、切子硝子の盃。
ハードひとつひとつに、たっぷり贅沢をさせているのが分かる。

日本から空輸されたネタに、赤酢で締めたシャリ。
豪華なコース仕立てが、ニューヨーカーの舌をうならす。

ニューヨークにまた一つ、新しい名店が誕生した。

05

04



It is located in front of the New York Public Library.
I was curious the world that was spreading inside of the big entrance.
I checked it when I went through before that space on the 5th Avenue in
Manhattan.

When I opened the door, I saw high ceilings and a gorgeous interior.
There were the wall tiles of Bizen and the cups of Kiriko glass.
The hard of one by one, it can be seen that are allowed to have plenty of
luxury.

People enjoy the fish that has been flown in from Japan and the rice of red
vinegar.
Luxurious course tailoring impresses the tongue of New Yorkers.

Also new well-established store was born in New York.

37


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
32


このところ飲食関係の開発から少し遠ざかっていたけれど、
秋に向けていくつか案件をいただいた。
生来、美味しいものを探索するのが大好きだから、
食市場のリサーチは、本当に面白い。

仲間のお誘いに応じて出向いたのは、
イーストビレッジに新しくできた和洋折衷のお店。
元フレンチのシェフが、天ぷらを提供するという試み。

前菜からメイン、最後の締めとデザートまで盛りだくさん。
カウンター8席に座るお客様だけが、
想像の域を超える和洋のコラボを直に楽しめる。

日本人の手先と舌先の器用さを、改めて誇りに思う。
食の可能性が、またひとつ広がった。

36


Recently, I have been a little away from the development of food and
beverage.
But I received several projects towards the autumn.
Naturally, because I love to explore the delicious things,
The market research of food is really interesting.

I was asked to join the fellow's dinner.
The new restaurant of the blending of Japanese and Western style has
opened in the East Village.
A chef of the original French provides a tempura.

There were a lot of plates from appetizer to desserts.
Only customers, who sit at the counter 8-seat, can enjoy the collaboration
of Japanese and Western that exceeds the imagination.

We are proud of Japanese dexterity of hand and tongue.
Possibility of Japanese food also spreads to the world.

40


折衷よこ田 ウェブサイト SECCHU YOKOTA

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

45
Next
21

54


「クリスマスに、アメリカンガールドールが欲しい」
義姉一家が、まだオハイオ州に住んでいた10年以上前、
当時、小学生だった姪がおねだりをしてきた。

我が家の家計だけでも大変な状況だったけれど、
「その人形を持っていないと、友達と遊んでもらえない」という一言に
至極高価な人形を買って、アメリカの片田舎に送った。

アメリカの歴史にある時代に生きていた少女が主人公で、
肌、髪、瞳の色を選んで多種多様なカスタマイズができる。
歴史、そして人種や民族について学ぶという教育的視点もあって、
そのブームは衰えることがない。

予約1か月待ちのカフェでお誕生会を開く。
お揃いの洋服と髪型で、一緒に街を歩く。
不具合が生じたら、ガウンを着せて病院で治療してもらう。

お菓子の空き箱で、人形のお部屋を作った時代を懐かしみつつ、
子供達の想像力はどこへ向かうのかと憂う初夏の1日。

05


"I want to get American Girl Doll as Christmas gift"
Sister-in-law's family lived in Ohio more than 10 years ago.
My niece, who was the elementary school at the time, asked us.

It was a hard situation of our economics.
Since I heard her words that "If I do not have that doll, nobody play
with me.",
we bought extremely expensive doll, and sent it to the countryside
of the United States.

The girls who lived in the era of the history of the United States is
the main character.
You can choose the color of skin, hair, and eyes that can be a customization
to the wide variety.
Because there is an educational point of view of learning about history,
race, and ethnicity,
The boom have never decline.

Kids have a birthday party at the cafe, where has one month waiting of
reservation.
They walk the streets with dolls that have matching clothes and hairstyle
with them.
If dolls experience trouble, they get treatment in a hospital dressing gown.

I remember the era that we made the room of dolls by sweets box.
It was a day of early summer that I wondered the destination of the imagination
of children.

32

26

59


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

27

Next