リフレッシュ (7)


今日は仕事の細かいことは、何も考えないぞ。
そう決めて、友人を誘った。
ランチをして、お気に入りのカフェでお茶をする。
オーナーも交えて、長々とお喋りを楽しむ。

立ち上げ前からずっと応援してきたこのカフェも、
オープンしてまもなく一年になる。
たくさんの出会いと別れを重ねてきたニューヨークで、
一番大切なのは人との繋がりだと学んだ。

何かに囚われていた自分をリリースする時間。
他愛ないお喋りが、何よりの栄養源。

リフレッシュ (6)


I decided I won't think anything about work today.
I asked my friend to go lunch together.
And we had coffee at my favorite café.
We enjoyed the lengthy chat with the owner.

This café, which I have supported for long time, will soon become a one year old.
In New York I have been over a lot of encounter and farewell.
I learned that the most important thing was the edge with people.

It was time to release myself that had been caught in something.
Casual chat always brought me a lot of energy.

リフレッシュ (2)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
気が付けば、のべ15年以上、米語圏で暮らしている。
バイリンガルではないし、まともに英語を習ったことはないけれど。
幼い頃から音楽に囲まれていたせいか、そんなに音感は悪くない。
たまに子供達に直されるけれど、発音もそんなにひどくない、かな。

しかし、昨夜も聞き返された。
「紅茶の種類は何が良いの?」と。

そうじゃない。
「カップオブティー」じゃなくて「カプチーノ」なの。

まだまだ道は険しい。

カプチーノ(4)


I realized that I have been living in the US-speaking countries, a total
of more than 15 years.
I am not a bilingual and also I do not learn decent English.
Perhaps because I have been surrounded by music from an early age,
I assume my pitch is not so bad.
And though occasionally it is corrected by my kids, but my pronunciation
is not so bad too.

However, I was asked again last night.
"What's kind of tea you would like?".

It was not so.
It was not a "cup of tea" but "Cappuccino."

Still the steep road would wait for me.

カプチーノ


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
RL(8)


もはや妹のような存在の友人に誘われて、オープンしたばかりのカフェに行った。
いわゆる「ひとり外食」も「ひとりカフェ」も苦手な私にとって、ふとした時間に誘って
くれる心遣いが嬉しい。

マンハッタンの喧騒が眼下にあるのに、そこだけ静かな時間が流れていた。
洗練されたコーヒーの香り、ローレン氏の母のレシピで作ったというブラウニー、
センス良く並べられた小物達、横に座ったセレブの姿。
お気に入りの空間になりそうだと、幸せな気持ちになった。

昨日、また同じ場所に行った。
すべてが絵になるような景色の横に、日本人観光客の姿。
4人での喫茶代を、1セント単位でやり取りしていた。
カードでスプリットするか、後でお金を受け渡しするのが当たり前の米国で、
この光景は痛々しい。

「おごる文化、おごられる文化」は、継承すべき日本の文化。
会社の上司におごられたり、デート代を出してもらったり、後輩達に御馳走して
あげたり。
食文化を一緒に囲むことで、世代の壁が取り除かれ、次世代にたすきを繋ぐ
きっかけにもなる。

昨日出会ったばかりの友達でさえ、家族と一緒の食卓に招いてしまう、今は亡き祖母。
幼少時代、公園で売った麦茶で、駄菓子を買ってくれた従姉。
街角の屋台で1ドルのコーヒーを買ってくれた会社の後輩。

金額の多少なんかじゃない。
そういう心を育み合うことが、希望の光になる。

RL(3)

RL(4)


I went to the newly opened cafe since I was called by my friend like my
younger sister.
I don't like so-called "alone eating out" or "alone cafe".
It was nice thoughtfulness that I was invited to the casual time.


It was located in Manhattan of the hustle and bustle, but there only had quiet
time flows.
There were refined coffee aroma, brownies made in Ralph Lauren's mother
recipe, tastefully displayed accessories, and celebrity figure of sitting next to us.
I became a happy feeling that here would be one of my favorite places.

Yesterday, I also went to the same place.
Next to the scenery such as all of the picturesque, we saw the appearance of
Japanese tourists.
They exchanged to share the cafe cost in small cash.
We have common sense that people split in card, or pass the money later.
This scene looked so strange in the United States, and made us sad.

"Treat" is the one of Japanese wonderful cultures to be inherited.
We could be treated to a meal by the boss of the company, ask out the dating
fee, and we could give to treat the junior.
By enclosing a food culture together, the wall of the generation is removed.
And it becomes an opportunity to connect to the next generation.

My grandmother always invited many friends to the family table, even though
she met him/her in the first time just the day before.
In childhood, my cousin bought us candies by the money that she sold barley
tea in the park.
I was very happy that my junior in the company treated me a $ 1 coffee at the
vendor.

It's not amount of money.
I assume that fostering that kind of mind will become the light of hope.

RL(6)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
CL_1

CL_2


日本におけるワインとチーズ市場も、一時のブームではなく、確たる市民権を得たように感じる昨今。
マンハッタン市内には、チーズの製造工場をそのまま卸し現場に直結して人気を博している店舗もある。

消費者は目の前で製造されるチーズを試食し、購入したチーズを使ってその場で調理された食事を楽しむこともできる。
豆腐の製造工程に似通う部分もあるけれど、チーズ愛好家にとっては危険ともいえる穴場になっている。

CL_3

CL_4


Rather than a temporary boom, these days we feel like to get a definite
citizenship of cheese and wine market in Japan.
There is also a store in Manhattan that has gained popularity that is
directly connected to a wholesale manufacturing plant of cheese.

Consumers can also enjoy a meal tasting the cheese that is produced in
front of the eye, cooked in place using a cheese that they have purchased.
It looks like to the manufacturing process of tofu, but is also off the beaten
path for dangerous for the cheese lovers.

CL_6

CL_5
Next
ここの昔を知っている人は、誰もが驚くと思う。
学生時代に、先輩達に連れられてよく通っていたあの名店が、高級マンションのようになっていた。

かつては、古きものが、味わい深い風情となって、街をいろどっていた。
新しくなったそれは、愛想のないサービスだけがきわだってみえて、ちょっぴり悲しい想いがした。

思い出は美化されたままでいい。
昔は気付かなかったことが分かると、歳を重ねたのだと感じる
街も自分も。

いせや1


Everyone who has known the old days here would be surprised.
The well-known izakaya-restaurant where my seniors often took me
when I was a student had become like a luxury apartment.

Before, the old thing had colored the town, becoming a tasteful taste.
I felt little sad, since no-good service stood out at new place.

Good memories would be better as beautification.
I felt I got old when I found something that I did not notice the old days.
Town got old, and I was same.

Next
SB_6

SB_1_2

SB_3


近所に住む友人に、サンデーブランチに誘われた。
ブランチといえば大部分の人が外食で済ませるというマンハッタンで、1からすべて手作りのホームメイドブランチに招かれることは珍しい。

早起きした子供達が、その日食べたいものをメニューに書き出して、ママはそれにあわせて料理を準備する。
フランス人とアメリカ人の御夫妻の、まさに「融合文化の食育」である。

空っぽの胃にミモザを投入して乾杯。
前菜からデザートまでたっぷり3時間以上かけて、食事とお喋りを堪能した。

いわゆる「家庭料理」だけれども、ちょっとした演出があればそのまま「おもてなし料理」になるのだと改めて学んだ次第。

SB_4

SB_1_3

SB_5


We were invited to Sunday brunch by friends who lived in the neighborhood,
across the street.
It was rare that it was all hand-made brunch, most people in Manhattan eat
out for brunch though.

Children, who got up early in the morning, wrote the menu what he wanted
to eat that day, mom prepared the cuisine to match the menu.
It was "dietary education of fusion culture" exactly by American husband
and French wife.

Cheers by Mimosa in empty stomach.
We enjoyed the food and talk over a period of 3 hours or more, from
appetizers to desserts.

I learned again that so-called "home cooking" could be changed as if
"hospitality cuisine" by add a little decoration.

SB_8

SB_7
Next
009






























食べ物の話題が続き恐縮。

胃袋が郷愁の想いに触れる時。
そして熟練した日本職人の技術に触れる時。
この街で日本の良さに触れる時。

そんな時に、実は海外暮らしが辛くなったりする。

011






























Sorry I followed by the topic of food.

When my stomach touches the feelings of nostalgia.
When I touch a skilled Japanese craftsmanship.
When I touch the goodness of Japan in this city.

At such times, I may really have painful for living abroad.

013
Next
150

















日頃、仕事で飲食やサービス業に関わることが多いため、ここではできるだけ食べ物以外の話題を書くように努めている。
しかし、今月はいつも以上に市場調査が多く、オフィスでの話題も必然的に食べ物に集中してしまう。

世界中の食べ物が楽しめる街とはいえ、アメリカ人のソウルフードがステーキとハンバーガーであることは永遠に不変である。
フレンチの店でも、メキシカンの店でも、それぞれオリジナルのバーガーを提供している場合が多い昨今。
バンズと肉の間にはさむトッピングも、フォアグラ、アボガド、目玉焼きなど、実に様々。
ファーストフードのハンバーガーでは味わえないバーガーの奥の深さ。

この量を見ても驚かなくなってしまった、我が身、我が胃の環境適応能力を自賛すべきか否か、悩んでしまう今日この頃。

186
198


















Because I often relate daily, food, drink and service industries at work, I will
make every effort to write a topic other than the food as much as possible.
However, this month, we did a lot of market research more than usual, we
concentrate on food inevitably discussed also in the office.

Now people can enjoy food from around the world in the city, but the soul
food, Steaks and Hamburgers, of American are unchanged forever.
Recently all kinds of world's restaurant, such like French or Mexican, often
provide each of their original burger.
Also topping sandwiched between the buns and meat, is very various like
foie gras, avocado, and fried egg.
This immeasurable charm of the burger can not be tasted at the fast food
hamburger store.

Today, no longer I surprised to see this amount of food.
I'm wondering whether to self-praise the ability to adapt the environment
of my stomach.

210
100

Next
10月、衣替えの季節。
マンハッタンの秋は一気に深まり、朝晩はすっかり冷え込むようになってきた。

大のあんこと栗好き。仲間うちではすっかり定評があるが、ニューヨーク生活のなかで非常に恋しくなるものがある。
日本では年中どこでも食せる洋菓子の王道、定番中の定番「モンブラン」。
マンハッタンの至る所にケーキ屋は存在するが、日常的に美味しいモンブランに出会うことが、まずないのだ。

栗入りの和菓子や、モンブラン・マロングラッセといった洋菓子。
日本やヨーロッパでは圧倒的に「栗に対する敬意」がある一方で、米国民のそれは他国民と比較できないほど小さなものだと思わざるをえない。
私の勝手な解釈では、太古の米国で栗の木がいわゆる雑木林に生えていたという歴史がその意識を形成したのではないかとさえ感じる。
栗のエキスは、チョコレートやお菓子の香りづけにしか活用されず、栗を大々的に使ったモンブランの開発が圧倒的に遅れているのだ。

仕事で立ち上げを手伝ったレストランで、デザートメニューを検討していた時も、モンブランの材料として仕入れるマロンペーストを取り扱っている業者が見つからずに大変な苦労をしたことがある。
パリ在住の友人にビジネスレターを書いてもらって、フランスの業者に仕出しルートを問い合わせたところ、やはり需要が少ないので絶対的な輸出量が少ないのだという回答を得た。
試行錯誤した甲斐あって、そのレストランではマンハッタン内でもトップの座を争う美味しいモンブランを提供できるようになった。
また自宅近くで人気の日系カフェでも、秋という季節限定であるが、かなり上等なモンブランを販売する光景が見られるようになった。

この数年でニューヨークのモンブランはずいぶん進化したが、それでもやっぱり日本の美味しさには到底追いつけない。
食欲の秋。ますます日本が恋しくなる季節。

mont blanc















Now is the season for change of dress in October.
Autumn of Manhattan has been suddenly deepened, totally cool in the
morning and evening.

There are well-established in my companion completely that I love the
bean paste and chestnut.
I sometimes very miss some sweets in life among New York.
It's the "Mont Blanc" classic royal road of cake we eat anywhere all year
in Japan.
The cake shops are present everywhere in Manhattan, but it is unlikely
that I can encounter on a daily basis to delicious Mont Blanc.

There are popular sweets that containing chestnuts as Japanese sweets,
Mont Blanc, and marron glace.
While there is a "respect for the chestnut" overwhelming in Japan and
Europe, I think that the American people is something small enough that
can not be compared with other nations.
It's from selfish Interpretation, but I feel that people did not form a
consciousness of the sweets of chestnut in the history of chestnut trees
that grew in so-called thickets in the ancient U.S.
Chestnut extract only takes advantage of pickled flavor of chocolate and
sweets.
It lags behind the overwhelming development of Mont Blanc that chestnut
used in a big way.

When I helped to open a restaurant launch at work, we had been
considering the dessert’s menu, we had a lot of difficulties to find the
trader that was dealing with marron paste purchased as a material of the
Mont Blanc.

I asked my friend who lived in Paris to write a business letter in French to
contact the route purchase the company from France, I got an answer
that it exports less absolute demand was still less so.
After the trial and error, the restaurant is now possible to provide a
delicious Mont Blanc as for the top spot in Manhattan at the restaurant.
Even the sight of Japanese popular cafe near my apartment, it is only for
a seasonal fall though, sells the quite premium Mont Blanc.

Mont Blanc in New York has evolved a lot over the past few years, but it
does not catch up to the taste of Japan.
Autumn is for appetite. It's the season to miss Japan increasingly.

DSC05365
Next