写真 2020-09-24 16 12 00

写真 2020-09-24 16 04 17

写真 2020-09-24 16 03 50

写真 2020-09-24 16 06 40

写真 2020-09-24 16 06 55


ECコマース市場の今だからこそ、敢えて展示販売の形を取る。
そのユニークな戦法に、近年一番話題にのぼった「SHOWFIELDS」を再訪問。
マネージャーとスタッフが、とびきりの笑顔で迎えてくれた。

コロナ禍のロックダウン中、3ヶ月間は全ての店舗が閉鎖されていた。
6月下旬から営業を再開、ゆるりとビジネスを続けていられるのは、
家賃を支払える底力と、インディーズ系デザイナーの競争力にある。

そのユニークな商業形態が話題となり、大人気だった店内ツアーも、
今は予約が取りやすく、他のビジターはほとんどいない。
それでも、独自のポリシーを貫き、同じサービスを提供している。

画面に触れずに、近付くだけで作動するフォトフレームやデバイスなど、
ポストコロナの時代に向けての対策を、順次取り入れている。

ニューヨークは、まだまだ諦めていない。
きっと大丈夫。
閑散としたNOHO地区がまた観光客で溢れるのは、いつになるのだろう。

「SHOWFIELDS」以前の関連記事
写真 2020-09-24 16 14 13 (1)

写真 2020-09-24 16 14 21

写真 2020-09-24 16 17 38

写真 2020-09-24 16 18 33


I re-visited to "SHOWFIELDS", a company that has attracted a lot of attention for its unique strategy in recent years.
Though the current e-commerce market is popular in the world, they are daring to take a form of exhibition sales.
The manager and staff greeted me with a tremendous smile.

All stores were closed for three months during the lockdown of the COVID-19 pandemic.
It was only in late June that they were able to resume operations and continue business slowly.
The bottom line is the ability to pay the rent, and the competitiveness of indie designers.

Its unique commercial format has made it a hot topic, and the in-store tour was very popular.
Now it's easy to get a reservation and there are few other visitors.
Nevertheless, they still follow their own policies and offer the same services.

There had photo frames and devices that work by simply approaching the screen without touching it.
The measures for the post-corona era are being incorporated in a phased manner.

New York is not giving up yet.
It will be fine.
I wonder how long it will be before the deserted NOHO area is flooded with tourists again.

写真 2020-09-24 16 23 45

写真 2020-09-24 16 23 48

写真 2020-09-24 15 58 01
Next
写真 2020-09-14 18 18 23


世界四大テニス大会のひとつ、全米オープン。
例年、決勝戦は数千ドルで観客席チケットが売買されている大人気の大会だが、
大会前の公式練習で、世界トップクラスの選手を間近に観ることができる。

数年前、友人一家と連れ立って全米オープン会場に行った。
「あの選手、絶対に強くなるから、今のうちにサインをもらっておこうよ」

あどけない表情でニッコリ笑って、サインペンを手にした大阪なおみ選手。
あれから数年で、彼女は全米王者のタイトルを2度も手にした。

BLM(Black Lives Matter)運動のなか、黒人犠牲者の名前をマスクに掲げ、
「負けるわけにいかない」と最後まで勝ち続けた彼女の強さが、
スポーツに政治を持ち込むなという批判を大きく翻すことになった。

いろんな意見があるかもしれない。
でも実力があれば、命の重みや人権問題にすら影響を与えることができる。

世界へ誇れる日本人の血筋。
1セット目を取られてからの逆転劇、その芯の強さに、全米が感動している。

写真 2020-09-12 18 23 34

写真 2020-09-12 18 23 48

写真 2020-09-12 18 23 54


The U.S. Open is one of the four major tennis tournaments in the world.
It's a very popular tournament which tickets for the final match are usually sold for thousands of dollars.
You can watch some of the world's best players up close and personal during official practice before the tournament.

A few years ago, we went to see it with a friend and his family.
"We shall ask to get that player's autograph, because she's definitely going to be strong."

Naomi Osaka smiled with an innocent expression on her face and held a sign pen in her hand.
In the years since then, she has won the title of U.S. Champion twice.

In the midst of the BLM (Black Lives Matter) movement, she held the names of black victims on her mask and
She said, "I can't lose," and she kept winning until the end.
It's a big turn off from the criticism of not bringing politics into sports.

You may have many opinions.
But if you have the ability, you can influence the precious of life and even human rights issues.

She has a Japanese lineage that we can be proud of to the world.
After losing the first set, she turned the tables to win.
We have been impressed by her core strength.

写真 2020-09-14 18 29 05

©︎HUFFPOST

Next
写真 2020-07-07 5 22 29


この数年ずっと、沖縄の朝日を見上げながらこの日を迎えていたけれど、
未曾有のコロナ禍で予測のつかない2020年は、東京で空を見上げることにした。

18年前のこの日、行く先も分からぬまま、米国で会社を立ち上げた。
手探りのまま、少しずつ実績を重ね、少しずつ信用を獲得していった。

コロナ禍に見舞われ、誰もが行く先を見失っているなか、
それでも先を見越して、また世界に挑戦したいという有志に応えたい。

例年より少し早く訪れた沖縄のサンライズの思い出と共に、
2020年7月27日、「オフィス・ビード」は19年目を迎えた。

明けない夜はないと信じて、また一歩ずつ。
これからも、皆様のサポートをよろしくお願いいたします。

写真 2020-07-07 5 21 06


For the past few years, I've been looking up the sunrise at Okinawa to welcome this day, but
The year 2020, due to the COVID-19 situation, I had to look it up at the sky in Tokyo.

On this day, 18 years ago, I started my own company in the United States without any ideas where I was headed to.
Little by little, even we did not know where we were going to, we could gradually built up a track record and gained trust.

In this COVID-19 crisis, non of us would have no ideas where the world is going to,
Nevertheless, we want to try be responded to the volunteers, trying everything back the world again and moving forward for the future.

With memories of the Sunrise in Okinawa, I visited a little earlier than as usual,
On July 27, 2020, my company, Office Bead INC.,celebrates its 19th year.

The sun will rise from the night always, we are also taking our steps to the our wonderful future.
We appreciate for your continued support.
Thank you.

写真 2020-07-07 5 22 42

Next
写真 2020-02-01 12 38 23


2020年3月1日から、ニューヨーク州ではレジ袋の使用が禁止になった。
英語では「プラスチックバッグ」。
世界中で「海洋プラスチックゴミ」が問題になっている昨今、
ニューヨーク州がついに条例を制定したことに、世界が注目している。

ニューヨーク市内の地下鉄では、この数ヶ月ずっとポスターが貼られ、
3月1日からの告知アナウンスが実施されていたけれど、
人々の関心度は、どのほどのものだったのか。

直前に、州政府が罰金の徴収は4月1日まで待つと改訂したこともあって、
3月初日の日曜日、街中でそれほどの混乱は見られなかったようだ。
在庫を持つマンハッタンの店舗では、いまだにレジ袋を配布していた一方で、
アップステートのスーパーマーケットからは、一切のレジ袋が消えていた。

マイバッグを持たない市民は、5セントで紙袋を購入するしかない。
意地でも紙袋は要らないと言い張る人がレジ係と言い合いになって、
いつもよりずっと長い行列にヤジを飛ばす人もあり。

しばらくは混乱もあるだろうが、
カリフォルニア州での実施で70パーセントのレジ袋が消えたという実例に対し、
ニューヨーク州は、どのような成果を発揮していくのだろうか。

100年後、1000年後の地球が、美しくありますように。

写真 2020-03-01 16 27 59


From March 1, 2020, the use of shopping bags has been banned in New York State.
It's "Plastic bag" in English.
Recently, "marine plastic garbage" has become a problem around the world.
The world is paying attention to the state of New York finally enacting the ordinance.

On the subway in New York City, posters have been posted over the last few months, the announcement " from March 1" was carried out.
But I had no idea people were interested it or not.

Just before, the provincial government revised it to wait until April 1 for fines,
On Sunday, the first day of March, there wasn't much confusion in the city.
While stores in Manhattan still had distributed the plastic bags,
All plastic bags had disappeared from the upstate supermarket.

Citizens without My Bags have to buy paper bags for 5 cents.
There were people who insist that he does not need a paper bag at his will,
Some people complained with much longer line than usual.

There will be some confusion for a while,
In response to the fact that 70% of shopping bags disappeared in California,
We will expect big result of New York State.

Hope the earth 100 years later or 1000 years later will be beautiful.

写真 2020-03-01 16 27 44


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
NY在住というだけで、店の予約や販路の開拓を依頼されることがある。
私はツアコンではないし、ましてや駐在の営業マンでもないから、
仕事としての依頼という線引きがない時に、非常に苦労する。

一方で、自社社員を送り込んでくる企業があれば、
一緒に足を使って、何としてでも結果を出したいと尽力する。
お金が理由ではなく、そこに企業としての本気度があるかが分かるから。

マンハッタンで大成功を収めている老舗の和食器と包丁の卸売店は、
40年前にオーナー夫妻が渡米して、スーツケース2個だけでスタートした。
そこから今の地位を築き上げるまで、どれほど足を使っただろう。

私事、昨秋から立ち上げた新しい活動が、今は低空飛行でギリギリ飛んでいる。
一緒に挑戦してくれる人を探しながら、サポート業も変わらずにエネルギーを注ぐ。

具体的に動く。
心と足を使って伝えていけば、きっと届く。

写真 2020-02-04 15 03 25


I may be asked to book a restaurant or develop a sales channel just because I live in NY.
Since I'm not a tour conductor, not even a resident salesman, I have a very hard time when there is no distinction of a job request.

On the other hand, if there are companies that send their employees,
I try to use my feet together and get results anyway.
It's not because of money, but because I know if they are serious about the company.

There is a long-established Japanese tableware and kitchen knife wholesale store that has been very successful in Manhattan,
Forty years ago, the owners came to the United States and started with just two suitcases.
From that point on, they have used their feet to build its position.

My personal activity, a new activity launched last fall, is now flying at a low altitude.
While looking for someone to challenge together, I also continue to invest energy to the support business.

We active specifically.
If we communicate with our heart and feet, it will surely arrive.

写真 2020-02-04 15 29 25


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-11-12 12 59 05

写真 2019-11-12 12 59 09


かつてSOHO地区に住んでいた頃、これほど子育てに適さない街はないと思った。
ベビーカーの車輪が石畳に引っ掛かるし、四六時中、街の喧騒が絶えない。
私たちは逃げるようにアパートを探して、老人と子供の多い地区に引っ越した。

それでもSOHO地区とは御縁があって、立ち上げを手伝った店舗があったり、
日本からのクライアントを案内して回ったり、足を運ぶ機会は少なくない。

この20年間、街が変わりゆく変遷も、一緒に見てきたように思う。
かつての倉庫やギャラリーの多かったアーティスティックな街は、
今はブランドの旗艦店が立ち並び、流行の発信地となっている。

そんなSOHO地区に、アマゾンがリアル店舗を出したのは2018年秋のこと。
オンラインで評価の高い、4つ星以上の商品ばかりを厳選した品揃え。

オンラインで人気商品だけに在庫がなかったり、
商品の入れ替え時期とオンラインのタイムラグがあったりするけれど、
実際に手に取ってみないと分からないという人には、きっと有り難い。

市場調査に来たクライアントと店舗をまわり、
私もつられて、キッチングッズを買ってしまいそうになった。

いやいや、ここで荷物を増やしてはいけない。
やはりアマゾンは、家に届けてもらうことこそが、メリットだと思うのだ。

写真 2019-11-12 13 00 16

写真 2019-11-12 12 59 26

写真 2019-11-12 13 00 21

写真 2019-11-12 13 00 57


When we once lived in the SOHO district, I thought it was no better city for child-raising.
The wheels of the baby stroller were caught on the cobblestones, and the noise of the city was constant all the time.
We looked for an apartment to escape and moved to a district with lots of old people and children.

Still, there is a relationship with the SOHO district, there are stores that I helped launch,
There are also many opportunities to guide and visit clients from Japan.

I think I've seen the changes that have taken place in the city over the last 20 years.
An artistic city that once had many warehouses and galleries, is now the brand's flagship stores are lined up and are the epicenter of the trend.

Amazon opened a real store in the SOHO district in the fall of 2018.
There are an assortment of products that are highly rated online and have been carefully selected only for products with 4 stars or more.

If only popular items are not in stock online,
Although there is a time lag between product replacement and online,
If you can actually look it, you'll be grateful.

I went around the store with the client who came to the market research,
I was entangled and almost bought kitchen goods.

No, I should not increase luggage here.
After all, I think that the benefit of amazon is delivery it to home.

写真 2019-11-12 13 04 58

写真 2019-11-12 13 04 54


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 13 05 06

Next
写真 2019-12-10 13 39 01

写真 2019-11-12 10 39 37

写真 2019-11-12 10 42 44


ニューヨークには、たくさんのスポーツジムが存在している。
一年の半分近くは「寒いね」と挨拶を交わす土地だから、
アウトドアよりもインドアで健康管理をする人が多い。

なかでも「EQUINOX」は、ハイエンドに近いスポーツクラブで、
アップタウンのそれに行くと、セレブに遭遇することすらある。

「EQUINOX」プロデュースのホテルがオープン。
この先2年で、全米4都市に拡大予定だという。

ハドソン川を見渡すジムや、ヘルシーメニューが充実したレストラン。
忙しい出張の滞在中、その隙間時間にも徹底して身体を動かす人々。

年々高騰するニューヨークのホテル料金。
さらに3割増程を捻出してでも、健康志向に徹するホテルに滞在する。
新しいニューヨークスタイルが、誕生した。

写真 2019-11-12 10 48 03

写真 2019-11-12 10 48 30

写真 2019-11-12 10 48 26

写真 2019-11-12 10 49 21

写真 2019-11-12 10 47 03

写真 2019-11-12 10 46 49


There are many sports gyms in New York.
Nearly half of the year is a place where people are worried about the cold weather.
Many people manage their health indoors rather than outdoors.

Among them, "EQUINOX" is a sports club near the high end,
If you go "EQUINOX" in uptown, you may even encounter celebrities.

A hotel produced by "EQUINOX" has opened.
The company plans to expand to four cities in the United States in the next two years.

A gym overlooking the Hudson River and a restaurant with a healthy menu.
People who exercise their bodies thoroughly during their busy business trips even during their spare time.

New York hotel prices soaring year after year.
Even if you pay 30% more, you will stay at a hotel that is health-conscious.
A new New York style was born.

写真 2019-11-12 10 39 34

写真 2019-11-12 10 42 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 10 50 44

写真 2019-11-12 10 46 08

写真 2019-11-12 10 50 21


Next
SHOWFIELDS5

写真 2019-11-12 14 46 07


私には実姉同然ともいえる従姉がいる。
知る人ぞ知る、社会的な立場からほとんど表には出てこないけれど、
彼女が世の中に何かを仕掛ける時、そこには常に確かな裏取り実績がある。

ニューヨークで流行っているものは、いずれ日本に上陸する可能性がある。
それにいち早く目をつけ、どうやって日本に伝えるかを考える。
彼女のチームがニューヨークに来る時、必ず私にミッションが課される。
ニューヨークのトレンドを一気に見てまわるツアーを組み立てる。

今年どの媒体でも話題になったのが、D2C(Direct to Consumer)の展示販売形式。
ソーホー地区の北に位置するノーホー地区に登場した「SHOWFIELDS」の台頭。
これまでオンラインでしか購入できなかった話題の商品を実際に展示したり、
セレクトショップのみに卸していたブランドが専門店を持つ前のマーケティングをしたりする。

ブランドごとに仕切られたスペースには、商品説明のタブレットを常設。
なかでも人気なのが、「HOUSE OF SHOWFIELDS」という参加型ショー形式のツアー。
参加者が回転本棚の裏側に隠された滑り台を降りるところからツアーが始まる。
各ゾーンには役者の卵のような販売員がスタンバイしており、商品をアピール。
ツアーが終わる頃には、その熱演に圧倒されて、思わず購買欲をそそられる。

同地区に実際に路面店を出す場合の4分の1ほどの賃料、
3〜6ヶ月というポップアップ形式で、出展者が入れ替わる。
自らを「世界一面白いお店」と称する「SHOWFIELDS」商法が、
日本に上陸するまで、それほど時間はかからないだろう。

写真 2019-11-12 14 39 42


I have a cousin who can be said to be a real sister.
The people you know her from the social standpoint, but she does not appear on the table.
When she puts something by buzz in the world, there is always a proven backing.

Things that are popular in New York may eventually land in Japan.
We look at it quickly and think about how to communicate it to Japan.
Every time her team comes to New York, I have a mission.
It's to assemble a tour around New York trends.

The topic of any medium this year was the D2C(Direct to Consumer) display and sales format.
The rise of “SHOWFIELDS” that appeared in the Noho district, north of the Soho district.
They showcase hot topics that could only be purchased online.
Or, for example, a brand that was only sold at a select shop would do marketing before having a specialty store.

A product description tablet is permanently installed in the space partitioned by brand.
One of the most popular thing is a participatory show called “HOUSE OF SHOWFIELDS”.
The tour begins when the participant gets off the slide hidden behind the rotating bookshelf.
In each zone, salespersons such as actors are on standby to appeal the products.
By the end of the tour, people will be overwhelmed by the enthusiasm and intrigued.

The owners pay a quarter of the rent comparing actually opening a street store in the same area.
Exhibitors are switched in a pop-up format of 3-6 months.
The "SHOWFIELDS" commercial law that calls itself "the most interesting shop in the world".
I guess it will not take much time to land in Japan.

写真 2019-11-12 14 43 18 (1)

写真 2019-11-12 14 42 03 (1)

写真 2019-11-12 14 42 35 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-12 14 46 41 (1)
写真 2019-11-12 14 49 07
写真 2019-11-12 14 49 51
Next
ニューヨーク・チェルシー地区にあるマキトリックホテル。
1939年に完成したものの、開業予定前に第二次世界大戦が始まったため、
一度も開店したことがないまま近年まで放置されていた。

ホテルを改装オープンする際に、地上6階地下1階のシアターが建設された。
シアターといっても、観客席はない。
ホテル内を縦横無尽に走り回る役者に、観客も走ってついて行くのだ。

新感覚体感型のミュージカル「スリープノーモア」。
物語のあらすじは、シェイクスピアの戯曲「マクベス」と、
ヒッチコック監督の映画「レベッカ」が基盤にされている。

イギリス発祥の「マクベス」と「レベッカ」を知っていることが大前提。
暗闇の中からスタートして、ストーリーと役者を探していくのだけれど、
まずは主軸となる役者を早く見つけられるかがポイントになる。

観客は白いマスクをかぶり、役者に触ったり話しかけたりしてはいけない。
役者もセリフを発せず、パフォーマンスと音響だけでストーリーが展開する。

時間差で入場したとしても、最後は皆同じホールに集められているのが不思議。
最新のテクノロジーのお陰か、あるいは役者の演技力のお陰か。
物語の結末は一緒でも、そこに至るまでの過程は無限大のパターンになる。

私は、物語の脇役になる役者を見つけて歩くのが楽しかった。
どんなところでも手を抜かない。
「天知る、地知る、我知る」を、こんなところでも感じてしまう。

写真 2019-01-26 8 18 34


MaKittric hotel in New York / Chelsea area.
Although it was completed in 1939, the Second World War began before the start Hitchcock's film "Rebecca".

It is a major premise to know "Macbeth" and "Rebecca" originating from England.
Starting from the darkness, you will search for stories and actors,
First of all, the important thing is that you quickly find the actor who becomes the main axis.

As the spectators you should wear white masks and do not touch actors or talk to them.
Actors do not issue dialogue, the story develops only by performance and sound.

Even if you enter by time difference, it is strange that all the people are gathered in the same hall.
Thanks to the latest technology, or the acting skill of actors.
Even if the ending of the story comes same, the process leading up to it becomes an infinite pattern.

I enjoyed walking by finding an actor who become a supporting role of the story.
They play the best at any place.
It reminded me "God knows, the earth knows, and I know myself."

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-02-01 14 15 45

写真 2019-02-01 14 15 55


ブルックリン地区サニーサイドパークの再開発が進んでいる。
かつては倉庫や工場が立ち並び、物騒な雰囲気もあったけれど、
近年、お洒落なインダストリー・シティーとして生まれ変わっている。
ウォーターフロントエリアに、フードやインテリアなどのショップが並び、
モダンに設計されたシェアオフィスに、自由に働く若者が集う。

そこに昨年誕生したのが、「ブルックリンクラ」。
アメリカ人オーナーが始めたニューヨーク初の酒蔵として注目されている。

「クラフトビールが人気で、優れた醸造技術を持つアメリカで、
同じ醸造種である日本酒が作れないわけはない」
「寿司屋で飲む高級酒という印象の日本酒を、もっと広くアメリカに伝えたい」

米国産の山田錦とカルローズ米。ブルックリンの水。
日本から輸入した麹菌。日本とアメリカの酵母。

かつてドイツビールをアメリカ人が開発した時に、
その起源世界の目は冷ややかだったというけれど、
いつしかアメリカビールは世界に誇れる地位に浮上した。
アメリカ人が開発した日本酒が世界のトップに躍り出る日も、
そんなに遠くないのかもしれない。

写真 2019-02-01 14 17 56

写真 2019-02-01 14 49 04

写真 2019-02-01 14 49 13

写真 2019-02-01 15 07 23

写真 2019-02-01 15 09 13


The redevelopment of Brooklyn district, Sunny side park, is proceeding.
In the past, there was also a noisy atmosphere, as warehoused and factories stood side by side.
In recent years, it has been reborn as a fashionable industrial city.
Shops such as food and interior line up in the waterfront area,
Young people freely working gather in a modernly designed shared office.

There is "Brooklyn KURA" that was born there last year.
It is attracting attention as the first Sake Brewery in New York which the American owner started.

"Craft beer is popular, in America with excellent brewing technology,
There is no reason not to make sake which is the same brewing species "
"I want to tell the sake more widely to the USA about sake though the impression of sake is to drink at a luxury sushi restaurant"

They use American Yamada Nishiki rice and Calrose rice., and Brooklyn 's water.
Also, they use Aspergillus mold imported from Japan, and Japanese and American yeast.

When American people developed German beer,
Although its original people did not attention,
One day American beer emerged as a place to be proud of the world.
The day that Japanese sake developed by Americans jumps to the top of the world, it may not be that far.

写真 2019-02-01 15 10 46

写真 2019-02-01 15 10 31



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 14 35 37
Next
写真 2019-02-01 10 32 32

写真 2019-02-01 11 10 32

写真 2019-02-01 11 15 44


ニューヨークで一番愛されている地ビール、「ブルックリンラガー」。
30年の歴史を誇る、ホップの効いたコクと苦味のあるビール。
かつてドイツ移民の多かったブルックリンで製造、
禁酒法時代以前からのドイツビール製造法を守り続けている。

ビールを飲まない人でも、ブルックリンラガーのロゴは知っている。
「I ❤️ NY」のロゴで有名なミルトン・グレイザー氏によるデザイン。
当時、「株の一部と、ビールを一生無料で」という交換条件だけで、
デザイン料は取らなかった話も有名。

今でこそ大人気の、ブルックリンのウィリアムズバーグ地区。
世界中に流通するビールの発祥がここにあることに感動を覚える。

少しずつ進化しているロゴをコレクションしたいと思えるほど、
スタイリッシュなボトルや、オリジナルグッズも豊富。
ウィンターエール、ブラックチョコレートシャウト、ブラウンエール等、
シーズン限定のいろんなシリーズが楽しめる。

週末には工場見学も可能。ぜひ訪れてみてください。

写真 2019-02-01 11 16 59

写真 2019-02-01 11 21 02

写真 2019-02-01 11 26 25


"Brooklyn Lager" is the most loved local beer in New York.
Boasting a history of 30 years, a hop-full and rich bitter beer.
Manufactured in Brooklyn where there were many German immigrants,
It keeps protecting the German beer manufacturing law from before the Age of Abstinence Act.

Even people who do not drink beer know Brooklyn Lager's logo.
Designed by Milton · Glaser famous for "I ❤️ NY" logo.
At that time, with only the exchange condition "part of the company's stock, and beer for free for the rest of my life"
The story which he did not take the design fee is also famous.

Williamsburg district of Brooklyn, which is very popular now.
I am moved by the fact that the origin of beer circulating around the world is here.

The more you may want to collect the logo that is evolving little by little,
there are plenty of stylish bottles and original goods as well.
Winter ale, black chocolate shout, brown ale,
You can enjoy various season-only series.

Factory tours are also possible on weekends.
Please visit by all means.

写真 2019-02-01 11 35 45

写真 2019-02-01 10 33 08

写真 2019-02-01 11 09 27

写真 2019-02-01 11 27 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-01 11 28 30

写真 2019-02-01 11 48 48


Next
サンクスギビングの翌日、ブラックフライデーで湧き上がる日に、
是枝裕和監督の「万引き家族」がニューヨークで封切られた。

「万引き」という言葉すら知らない我が子たちがどう感じるか。
日本社会の闇の部分を、アメリカ人たちはどう受け止めるのか。
私のドキドキとは裏腹に、映画は淡々とストーリーを刻む。

会場から聞こえるのは、深いため息、笑い声、そしてすすり泣き。
字幕を読むアメリカ人の方が、セリフを聞く日本人よりも早く反応する。

日本の闇社会を横目に見ながら、血の繋がらない家族のストーリー。
小学生の次男次女にとっては過激なシーンもたくさんあり、
映画館を出た時は、少しだけ重い空気が流れた。

「家族って、いったい何だろうね」
「愛があっても、悲しい結末があるんだね」
そんな会話が生まれただけでも、この映画を観る価値がある。
ネグレクトも貧困も、日本だけの話じゃない。
いろんなことを考えさせられた、今年のサンクスギビングホリデー。

写真 2018-11-23 15 47 08


The day after Thanksgiving, on the day that people excited with Black Friday,
The film of "Shoplifters" directed by Hirokazu Kore-eda was released in New York.

My kids did not even know the word "shoplifting".
I wondered how Americans would take the dark part of Japanese society.
Contrary to my excitement, the movie inscribed the story gently.

At the venue, there were deep sigh, laughter, and crying.
Americans who read subtitles responded faster than Japanese who listened to script.

It is the story of a family with no blood connection who live in Japanese dark society.
There is also a lot of extreme scenes for my kids of elementary school student,
When we left the cinema, a little heavy air flowed.

"What is real family?"
"Even if there is love, there is a sad ending."
Even if we had such conversation, it is worth watching this movie.
Neglect and poverty are the problem in the world.
We thought about various things on Thanksgiving holidays.

写真 2018-11-23 15 48 30



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-11-17 10 42 50

写真 2018-11-17 20 54 33


米国で「Goody Bag」といえば、お菓子や文具が詰まった夢の袋。
こどもの誕生会、学校行事などで、渡されるお土産。
それを開けながら、少しだけパーティーの余韻に浸るのが楽しい。

私が世界で一番好きなデパート、バーグドルフグッドマンのウィンドウに、
今年はたくさんのお菓子がちりばめられている。
「Bergdorf Goodies」がテーマという、なんとも粋な演出。

杖のキャンディー、ジンジャーブレッド、チョコレート、クッキー、
アイスクリーム、ケーキ、そして圧巻のマカロン。
こども達が大好きなお菓子と、たくさんのアパレルブラントを、
ここまで艶やかにコラボレートさせた手腕に、
「世界で最高峰のホリデーウィンドウ」以外の言葉が見つからない。

毎年ホリデーウィンドウの企画には、1年近くの歳月が費やされ、
この時期ニューヨークは、街全体が美術館になる。
世界で一番大人っぽいこの街で、この季節に会いたい人を思い出してみる。
サンクスギビングを前に、ホリデーウィンドウ探索に出かけよう。

(最後に載せたメイキングビデオも必見です。)

写真 2018-11-17 20 54 50

写真 2018-11-17 10 35 51

写真 2018-11-17 10 35 58

写真 2018-11-17 20 54 40

写真 2018-11-17 20 54 43

写真 2018-11-17 10 36 49


Speaking of "Goody Bag" in the United States, a bag of dreams filled with sweets and stationery.
It's a small gift given by children 's birthday party, school events etc.
While opening it, it's fun to back the party mood after returning home.

In the holiday window of Bergdorf Goodman, one of my most favorite windows in the world, a lot of sweets are interspersed with this year.
The theme, "Bergdorf Goodies", is the most stylish production.

Candy canes, gingerbread, chocolate, cookies,
Ice cream, Cake, and Macaron of the masterpiece
They mixed sweets brands and many apparel brands.
To the brilliantly collaborated skill so far,
I cannot find anything other words than "the best holiday window in the world".

Every year the planning of the holiday window, nearly a year has been spent,
In this period New York, the whole town becomes a museum.
I dream the people that I want to meet in the holiday season.
Let's go for exploring the holiday window before Thanksgiving.

(Please watch the short movie of making "Bergdorf Goodies 2018".)

写真 2018-11-17 20 54 30

写真 2018-11-17 20 54 46

写真 2018-11-17 10 38 35

写真 2018-11-17 10 42 21

写真 2018-11-17 10 42 33



海外永住 ブログランキングへ

写真 2018-11-17 20 54 37

写真 2018-11-17 10 35 29

写真 2018-11-17 20 54 22


Bergdorf Goodman Holiday Window 2018
Next
初心に帰るこの日。
皆様どうぞ素敵な独立記念日をお過ごしください。

写真 2018-07-05 23 22 06


Go back to a beginner’s s[pirit.
Happy 4th of July.

写真 2018-07-06 0 14 43



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-02-04 19 31 37

写真 2018-02-04 19 31 33

写真 2018-02-04 19 32 07


気温が氷点下を上回り、雪でなく冷たい雨が降った2月最初の日曜日。
米国人が一年で一番熱狂すると言われるスーパーボウルの日。
TV観戦用の食料を買い求め、スーパーは朝から長蛇の列。
私は今年も友人宅に招かれて、家族みんなでワイワイと。

シンガーソングライターのP!NKの国歌斉唱は圧巻。
インフルエンザ罹患中だと心配されたが、
背筋が震えるほどの歌唱力に、選手たちも涙を流す。

ジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショー。
開催地ミネアポリスに敬意を表して、
なんと大御所プリンスと夢の共演。
曲の最後には、街全体がパープル色に染まるという演出には、
きっと全国民が度肝を抜かれただろう。

下馬評ではニューイングランド・ペイトリオッツが圧倒的に優勢であったが、
41対33で、フィラデルフィア・イーグルスが制した。
勝利が決まった瞬間に、次男が「イエーーーーース!」と絶叫。

すっかりアメリカ人になってしまった子供達に、
まだまだ日本の良さを教え込むことを諦めないと誓った夜。

すごい、楽しい、圧巻!の動画も是非ご覧ください。
P!NKの国歌斉唱
ジャスティン・ティンバーレイクのハーフタイムショー全編

写真 2018-02-05 7 45 20

写真 2018-02-05 7 44 17


The first Sunday in February when the temperature was above zero degrees Celsius, it was cold rain instead of snow.
The day of Super Bowl that American people are said to be the most enthusiastic about the year.
With people bought food for watching TV, there was a long line from morning at the super market.
I was invited to a friend's house this year, with both family all over.

Singer-songwriter P! NK national anthem singing was masterpieces.
We worried that she was suffering from influenza from the day before.
To the amazing singing ability, the players shed tears.

Justin Timberlake's half time show was fantastic, too.
In honor of the venue in Minneapolis,
he had a great duo with Prince who was born there.
At the end of the song, in the direction that the whole city was dyed purple,
I guess all American people were surely surprised.

While the New England Patriots were dominant overwhelmingly in the pre-review,
Philadelphia Eagles controlled by 41 vs 33.
At the moment victory was decided, my second son screamed as "yeah-------------!"

To children who have become Americans totally,
The night I swore not to give up teaching the goodness of Japan yet.

写真 2018-02-05 7 44 47

写真 2018-02-04 20 29 17



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-05 7 14 45
Next
写真 2017-12-02 17 38 25


マンハッタンが、一年で最も華やぐ季節。
世界で最も大人のクリスマスが似合う街。

バーグドルフグッドマンのホリデーウィンドウ。
今年のタイトルは、「To New York with Love」。

ニューヨークを代表する美術館や博物館、劇場、植物園などをテーマとした、
艶やかな大人の世界がそこにある。

称賛、賛辞、尊敬、感謝。
ニューヨークに対するトリビュートが込められた作品の数々に、
街行く人々は、感嘆のため息が止まらない。

どんな美術館よりも美しい世界。
世界最高峰のバーグドルフが、今年もやってくれた。

写真 2017-12-02 17 39 04


Manhattan has welcomed the most spectacular season in a year.
The town where the most adult Christmas in the world matches.

Bergdorf Goodman has shown the Holiday window.
This year's title is "To New York with Love".

The theme is art museums, museums, theaters and botanical gardens that represent New York.
A glamorous adult world is there.

Praise, respect, thankful.
To many of the works with tribute to New York,
People going to the streets cannot stop sighing of admire.

A world that is more beautiful than any museum.
Bergdorf, the world's highest peak, also did it this year.

写真 2017-12-02 17 37 42

写真 2017-12-02 17 37 31

New York Philharmonic

写真 2017-12-02 17 37 00

New York Botanical Gardens

写真 2017-12-02 17 36 22

Museum of the Moving Image

写真 2017-12-02 17 35 39

American Museum of Natural History

写真 2017-12-02 17 35 13

New York Historical Society


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-02 17 34 38

写真 2017-12-02 17 33 50

写真 2017-12-02 17 33 31

写真 2017-12-02 17 32 20

Next
写真 2017-11-22 1 16 19


深夜24時少し前から、ようやく店がオープンする。
次々と黒塗りの車が寄せられて、クールな大人たちが降りてくる。
1935年建立の重厚なビルの内側の世界は、
扉の向こう側に行ってみないとわからない。

まずここに入るのが至難の技。
あらゆるコネクションを使って、ゲストリストに名前を入れてもらう。
厳しいセキュリティーチェックの後、ようやくテーブル席に案内される。
写真付きIDとクレジットカードを預け、もう後がなくなると、
エンターテイメントタイムが始まる。

連れとの会話がまったく聞こえないほど、大音量の音楽に合わせて、
世にも美しい男女がお立ち台で踊る、叫ぶ。
まさに、バブル全盛期に見たナイトクラブの大人バージョン。

夜が更けるに連れて、どんどん客足が増えるのが驚きで、
夜中の1時過ぎから朝4時過ぎまで、ステージショーが繰り広げられる。
TV画面の向こうにいるはずのセレブがVIPルームを陣取り、
人目を気にせずはしゃいでいる姿が、目新しい。

ここはニューヨーク、ド派手な夜が似合う街。

写真 2017-11-22 1 16 26


"The Box" finally open from midnight 24 o'clock a while ago.
A black painted car comes one after another, and cool adults come down.
The inner world of a heavy building erected in 1935,
you don't not know until you go to the other side of the door.

First of all, it was a very difficult technique to enter here.
Use any connection to get our name on the guest list.
After severe security check, we were finally guided to the table seat.
Leave the photo ID and credit card, and when there was no more,
Entertainment time began.

To the extent that I could not hear the conversation with us at all,
there had a loud music.
A beautiful man and woman danced on the stage and shout.
It was exactly the adult version of the night club seen in the heyday of the bubble.

As night gets older, it was surprising that more customers gathered.
A stage show is held from 1 o'clock in the morning until 4 am past the morning.
A celebrity supposed to be beyond the TV screen crowded the VIP room,
It was novelty that they were excited without worrying about people's eyes.

This is New York, a town where the fancy night matches.

写真 2017-11-22 0 15 14



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-11-15 11 18 39


ホリデーシーズンに向けて、街が走り出した。

ロックフェラーセンターにクリスマスツリーが到着し、
点灯式の準備が始まる。
5番街のシンボル、スワロフスキーの雪の結晶が、
57丁目の交差点に出現する。
ティファニー本店が、ギフトボックスのように包まれる。
バーグドルフグッドマンのホリデーウィンドウも、
助走が始まった。

サルベーションアーミーの寄付に、
人々の財布の紐が緩む。

この街のこの空気には、肌を刺すような寒さが似合うけれど、
夕闇に包まれる前に、家に帰ろう。

写真 2017-11-15 11 39 29


Toward the holiday season, the town started to be decorated.

The annual Christmas tree arrived at Rockefeller Center,
Lighting formula preparation has begun.
The symbol of Fifth Avenue, the crystal of snow of Swarovski,
It emerged at the intersection of 57th Street.
The Tiffany head office has been wrapped like a gift box.
The holiday window of Burgdorf Goodman will be ready soon.

To the donation of Salvation Army,
People's wallet is now easy to donate.

To this air in this town, the cold that stings the skin becomes to match.
But I want to go home before being wrapped in dusk.

写真 2017-11-15 11 38 04

写真 2017-11-15 11 19 02



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-11-16 8 30 03

写真 2017-11-16 8 31 06
Next
20597190_10203676543189785_5479630870051327490_n


今春「アラジン」のミュージカルを観たときに、
偶然、隣席に座ったのが、NPOの主宰者だった。

豊かな国の裏側で、悪質な衛生環境の国がある。
毎年世界で150万人の子供たちが、感染症で命を落としている。

もし石鹸で手を洗うことができれば、その半数は助けられる。
「一緒に手を洗おう。健康になって、長生きしよう」

石鹸の中にはメダルが埋め込まれていて、
子供たちは、そのメダル欲しさに一生懸命手を洗う。

メダルは、「世界平和パーティー」の招待状。
20年後の夏に、ニューヨークのセントラルパークで開催される。

こんな素敵な活動を、応援しないわけにはいかない。
私は自分の動ける範囲で、人繋ぎ活動をスタートした。

出会いは偶然でなくて、必然だから。
世界平和に繋がる活動を、全部包んで応援したい。

18835915_827418080745143_6067376091432848631_n


When I saw the musical of "Aladdin" this spring,
I met the president of the NPO who accidentally sat in the next seat.

Behind a wealthy country, there is a country of malignant sanitation environment.
Each year 1.5 million children worldwide die of infectious diseases.

If they could wash their hands with soap, half of them could be helped.
"Let's wash our hands together. Let's become healthy and live longer."

Medals are embedded in the soap,
The children wash their hands hard at the desire of the medals.

The medal is an invitation card for "World Peace Party".
It will be held in Central Park in New York in the summer in 2036.

I want to support such a wonderful activity.
I started connecting people activity within the range of my network.

Because the encounter is not coincidence, it is necessarily.
I would like to encourage and support all activities that lead to world peace.

22853429_902336489919968_8427154913507507073_n



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-10-16 22 32 14


国境を越えて、人権を守る。
人が人らしく生きていくために、いま日本から何ができるか。

具体的な人権侵害を調査して、改善を訴えている団体の
ブレインストーミングにお声がけいただいた。

まず人権についての定義をきちんと理解することが、
私たちにできる第一歩。
そして具体的な活動を、もっと知ってもらうこと。

来春のセミナー開催に向けて、
ニューヨークで活躍するパワフルな女性たちが動き出した。

参列された皆さんの御活躍ぶりが神々しくて、
私にもきっとできることがあると、刺激をいただいた。

具体的に動くこと、その先に新たな一歩が見えてくる。

10162017


Beyond borders, protect human rights.
Based in Japan, they active for people to live as people.

I joined the brainstorming meeting of the NGO organization,"Human Rights Now".
They investigate concrete human rights violations and identify the movement
for improvement.

First of all, the first step we can do is to understand the definition of human rights
properly.
Next, to know more specific activities.

Towards the seminar next spring,
Powerful women active in New York started to move.

The performance of everyone who participated was amazing.
I got a stimulus that there is certainly something I can do.

After we move concretely, a new step ahead will appear.

写真 2017-10-17 6 43 21


認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ HumanRights Now


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-10-01 15 04 41


一年に一度だけ、我が家のすぐ前にもストリートフェアがやってくる。
いつも同じベンダーが回っているだけだから、目新しいものは何もない。

それでも、アメリカ人は、外の陽気に誘われて群れをなす。
久しぶりに、こんなに多くの人を見た気がする。

週末ごとに開催されるストリートフェア。
冬が来る前に、あと何回こうやって歩けるだろうか。

写真 2017-10-01 14 55 45

写真 2017-10-01 14 56 31


A street fair comes just in front of our apartment once a year.
Because the same vendor is always turning, there is nothing new.

Nonetheless, Americans are swarmed by cheerful outside.
I feel like I have seen so many people in a while.

Street fair is to be held every weekend.
I wonder how many more times will we be able to walk like this before the winter.

写真 2017-10-01 14 53 05

写真 2017-10-01 14 31 57



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
チェルシー地区のギャラリー街が、ネズミに襲われた。
トランプ氏とユニオンラッツ(組合ネズミ)が一緒になると、
こんなにも不気味な空気が漂う。

労働組合を持たない会社の社員、組合に加入していない社員。
かつて「ラッツ」と呼ばれていた組合非加入の社員の攻撃。
労使交渉中のアピールとして登場する巨大ネズミ。

アートと勘違いして写真を撮る観光客に見守られながら、
今日もせっせとビラを配る人たちが、一緒に戦っている。

写真 2017-09-30 21 24 18


A big mouse showed up in front of a gallery in the Chelsea area.
When Mr. Trump and “Union Rats” go together,
There was such creepy air.

Employees of companies that do not have labor unions, employees who do not join union.
It is an attack by employees who have not joined unions that were once called "Rats".
A huge mouse comes as an appeal during labor negotiations.

Many tourists misunderstood as an art, and took pictures.
Those who are handling flyers are fighting together today too.

過去のネズミに関する記事
http://ny-blog.org/archives/3139600.html
http://ny-blog.org/archives/4691310.html


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-09-11 7 02 13


先週、羽田発ニューヨーク行きのJAL便が、エンジントラブルで緊急着陸。
その翌日の同便チーフ任務を執っていたのは、元同僚だった。
ニューヨークに到着した彼女に、事故の詳細を伺いながら、
その責任の重さを、ひしひしと感じた。

16年前の今日、4機の旅客機がハイジャックされた。
突然統制を失った機内に、乗務員らはどう対応しただろう。
乗り合わせた犠牲者の心情を思うと、胸が苦しい。

崩壊したワールドトレードセンター跡地は「グラウンドゼロ」と呼ばれ、
ニューヨーク観光に来た友人らが、気軽に訪れる。
新しく建設されたフリーダムタワーも、すでに新名所になった。

静かに黙祷を捧げる。
私は今でも、あの区域を歩けない。

忘れない。

1239191_542893002433238_620577603_o


Last week, JAL flight from Haneda to New York got an emergency landing with
an engine trouble.
My former colleague took the chief mission of the same flight the following day.
While asking the details of the accident to her who arrived in New York,
I felt the weight of the responsibility to be serious.

Today of 16 years ago, four aircrafts were hijacked.
How did the flight crew respond to the sudden loss of control?
My heart is very painful when I think of the feelings of the victims.

The collapsed site of the World Trade Center is called "Ground Zero"
Friends who came to visit New York will feel free to visit.
The newly built Freedom Tower has already become a new sight spot.

I silently give a silent prayer.
I still cannot walk in that area.

Never forget.

写真 2017-09-11 5 49 27

©September 11 Memorial & Museum

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-20 17 47 05


個人的な好みだけれど、
私は親指1本の「いいね」スタンプが嫌い。
こちらが真摯に語っているのに、
親指1本で会話をまとめられるとガッカリする。
どんなに短くても「了解です」「いいですね」とタイプされるだけで、
非常に好感が持てる。

LINEスタンプ人気の秘密は、
細かい感情表現をあらわす言葉が併記されているからだろうか。

たった一言で、人は傷つき、
たった一言で、人は喜ぶ。

やっぱりアナログが大事なんだと、そう思う。

写真 2017-08-20 17 46 38


Although it is my personal preference,
I dislike a "thumbs" stamp showing "like".
Although I think and type seriously,
I will be disappointed when you put together a conversation with one thumb.
I can feel very favorable, no matter how short it is, just typing "I understand it."
or "I like it.".

LINE stamp is very popular in New York, too.
It may be because words expressing detailed emotional expression
are written together.

In one word, people can be hurt.
In one word, people can be pleased.

Again, I think that analog is the most important.

写真 2017-09-08 11 16 11


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-20 14 37 19

写真 2017-08-20 14 34 04


昨年「ハミルトン」の影にあってトニー賞を逃したけれど、
ブロードウェイで大人気のミュージカル。

アメリカ南部のダイナーで働くウェイトレスのジェナが主人公。
束縛的でDV傾向のある夫との生活に見切りをつけて、
シングルマザーとして夢を叶えていく。

バンドが奏でる斬新な音楽も素晴らしく、
原作となった映画よりもミュージカルが人気の理由がよくわかる。

女性が力強く生きる姿を見ることは、
世の中に明るい希望をもたらせてくれるのだと。

写真 2017-08-20 15 02 19

写真 2017-08-20 17 39 19


Although they missed the Tony Award in the shadow of "Hamilton" last year,
"Waitress" is one of the popular musicals on Broadway.

Jenna, the waitress who works in Diner in the southern part of the US, is the main character.
Taking a break in living with a husband who acted as DV,
She got fulfill her dreams as a single mother.

The innovative music that the band plays is wonderful,
I can understand why musicals are more popular than movies that became the original.

Seeing women living powerfully,
It brings a bright hope to the world.

写真 2017-08-20 18 36 52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-08-21 14 27 51


2012年の金環日食は、日本で観ていた。
ずっと待ち焦がれていた「太陽のリング」に、ハラハラと涙がこぼれ落ちた。

2017年の皆既日食は、全米で話題となった。
友人連中や乗り合わせたタクシーの運転手まで、日食の話題で持ち切りだった。

私は一人、自宅アパートの屋上でその時を迎えた。
ニューヨークでは7割ほどしか欠けて見えなかったけれど、
中途半端な今の自分が写っているような気がした。

2030年、北海道で再び「金環日食」が見られるという。
美しい「太陽のリング」を見届けられるように、
元気な肉体と、美しい心を目標にしていたい。

写真 2017-08-21 15 27 20

写真 2017-08-21 15 28 16

写真 2017-08-21 15 28 33


I watched "The annular solar eclipse" of 2012 in Japan.
My tears fell down when I saw the "ring of the sun" that was longing for a long time.

"The solar eclipse" of 2017 became a topic in the whole country of the U.S.
My friends and the taxi driver discussed a topic of the eclipse.

I spent the time of the eclipse at the roof top of my apartment.
It was only about 70% lacking in New York.
I felt it was the reflected myself, halfway.

In 2030, "The annular solar eclipse" can be seen again in Hokkaido.
To be able to see the beautiful "ring of the sun"
I want to target my energetic body and beautiful heart.

写真 2017-08-21 23 07 58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-08-21 14 28 07
Next
写真 2017-08-19 15 32 35


ニューヨーク、ソーホー地区で、
日本語上映、英語字幕の映画を鑑賞した。
8月後半の週末、館内はガラ空きだったけれど、
当初一週間の上映期間が、もう一週間延長になったことは意義深い。

早口の方言が聞き取れないと言って、
次男は英語の字幕を必死で追いかけていた。

戦争が始まっても、人々の暮らしは普通に続いていて、
そこに笑いや涙や希望があることを、静かに教えてくれる作品。

日本の歴史や文化を知ってもらうためにも、
国境を越えてたくさんの人に見てもらいたい。

すずのように生きることが、現代女性のテーマかもしれない。

写真 2017-08-19 15 32 47


In New York, Soho district,
We watched a movie "In this corner of the world" in Japanese with English subtitles.
On the weekend in late August, the theater was not crowded.
It was meaningful that the screening period for one week was extended
for another week.

My second son said he could not hear the fast dialect,
he was desperately chasing English subtitles.

Even when the war started, people's lives continue normally,
Works taught quietly that there were smiles, tears and hope there.

In order to get to inform the history and culture of Japan,
I want to let many people see across the border.

Living like Suzu may be a theme of modern women.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
「ニューヨークで流行りのホテルをリサーチしてほしい」
最近のお客様の傾向として、
パークハイアットやバカラといった最高級ホテルよりも、
いわゆる狭小ホテルの実態調査を御依頼されるケースが断然多い。

一般的に、ホテルには1つの部屋に1つの窓があることが大前提のため、
ニューヨークには、日本のカプセルホテルのような概念は存在しなかった。
しかし近年、ユースホステルとホテルの中間のような物件が出現して、
1つの窓を2つのユニットで分けていたり、
バンクベッドの隙間にかろうじて小さな明かり取り程度の小窓があったり。

2020年東京オリンピックが終わった後にも生き残るために。
日本のホテルオーナー方々の様々な戦略のヒントが、
ここニューヨークからも、発信されていくのだろう。

写真 2017-06-19 11 00 59


We have often offered to research popular hotels in New York.
As a trend of recent customers,
rather than the finest hotels such as Park Hyatt and Baccarat,
there are many cases where we are asked to investigate what is called
a narrow hotel.

Generally, it is a major premise that the hotel has one window in one room,
There was no concept like Japanese capsule hotel in New York.
However, in recent years, properties like the middle between the youth-hostel
and the hotel have appeared.
They divide one window with two units,
or there are small windows of minimum brightness in the gap of the bunk bed.

In order to survive even after the 2020 Tokyo Olympics ended.
Hints of various strategies of hotel owners in Japan,
it will be transmitted from New York as well.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
39

©BDDW

ソーホー地区にある、今一番ホットなショウルーム。
フィラデルフィアに工房を持つタイラー・ハイズ氏は、元画家であり彫刻家。
建築や設計施工にも長けている彼だからこそ、最高の家具をデザインできる。

広々とした空間で、仕切りもほとんどないのだが、
コーナーごとのテーマが明確で分かりやすい。

皮革製のチェストや、キャビネットの取っ手、手の込んだ照明家具。
どれ一つを取っても、世代を超えて使い続けられる逸品で、
丁寧にデザイン制作された、職人技術の偉大さを見せつけられる。

素敵な建築やインテリアに触れる機会が欲しくて、
ニューヨークの大学で、インテリアデザインを勉強した頃を思い出す。

今は生活優先で、気に入った家具があっても買えないけれど、
こうやって、夢をプロデユースする人たちと話ができる。
こんな積み重ねが、間接的に夢を伝える役目になっているのかもしれない。

写真 2017-05-22 14 38 46


It is the hottest showroom in the Soho area right now.
Mr. Tylor Hays, who has a workshop in Philadelphia, is a former painter and sculptor.
Because he is good at architecture and design construction, he can design the best furniture.

It is a spacious space and there are few partitions.
But the theme of each corner is clear and easy to understand.

Leather chests, cabinet handles, elaborate lightings.
Everything is a gem that can continue to use beyond generations,
Carefully designed and produced, we can be shown the greatness of craftsmen's technology.

Since I wanted an opportunity to touch nice architecture and interior,
I recall the time when I studied interior design at a university in New York.

Though now my priority is daily casual life and I cannot buy my favorite furniture,
In this way, I can talk to people who produce dreams.
This kind of role may be indirectly responsible for telling dreams.

写真 2017-06-16 9 52 33

写真 2017-06-16 9 53 20

写真 2017-06-16 9 54 05

写真 2017-06-16 9 55 15

写真 2017-06-16 9 55 53


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
20

04


真夏のように気温が上がった日、
赤い乗用車が猛スピードで逆走し、歩道に突っ込んでいった。
夫のオフィスの真下で起こった惨劇に、背筋がゾッとした。

18歳の少女が亡くなり、22名が重軽傷を負った大事故。
周辺は閉鎖され、夜までいろんな報道が相次いだ。

車を運転していた26歳の男性が逮捕された。
「幻覚を見た。殺してくれ」と叫んでいたという。
テロではないという発表があったけれど、
飲酒運転か、あるいは覚醒剤か、噂が飛び交う。

少しタイミングが違えば、誰でも巻き込まれる可能性がある。
運命のひとことでは片付けられない、無念さを握りしめている。

24


It happened on the day when the temperature rose like midsummer,
The red passenger car ran backwards at a tremendous speed and rush into the sidewalk.
I was shocked at the car accident that happened right under the husband's office.

A 18-year old girl dead and a 22-person scolded a serious injury.
The surroundings were closed, and various reports continued one after another until the night.

A 26-year-old man who was driving a car was arrested.
He said that he was shouting "I saw hallucinations. Kill me."
Although there was an announcement that it was not terrorism,
Whether drunk driving or stimulant, rumors is still broadcasted.

There is a possibility that anyone get involved if the timing is slightly different.
I am clutching a desperation that cannot be cleared up by a word "destiny".

22 HDR


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next