要介護5の母と、要介護3の父がいる。
脳梗塞、狭心症、肺がん、糖尿、水頭症、たくさんの既往症を抱えながらも、
築40年の木造2階建住宅で、老老介護のごとく二人暮らしを続けてきた。

そのバランスが、半年前から急激に崩れていった。
母の入院する病院でクラスターが発生して、以来一度も面会できていない。
日々の医療行為を必要とし、ほぼ寝たきり車椅子生活の母は、
自身の病状を判断できず、自宅に帰りたいと訴えているらしい。

日に日に童心に返っていく母と、日に日に動けなくなっていく父が、
余生を一緒に過ごせるような場所を、探している。

梅雨空の中、その範囲を北関東にまで広げて、施設を訪問してまわる。

人は、人生の終焉をどのように過ごすべきだろう。
最後の2分間、しっかり手を握ってもらって、私は逝きたい。

写真 2020-07-07 19 55 45


I have a mother who needs stage 5 care and a father who needs stage 3 care.
Despite having a stroke, angina, lung cancer, diabetes, hydrocephalus and many other pre-existing conditions.
They had been living in a 40-year-old wooden two-story house, doing " elderly care by elderly".

The balance between the two of them began to deteriorate rapidly six months ago.
A COVID-19 cluster broke out at the hospital where my mother was admitted, and I haven't been able to visit her since.
My mother requires daily medical care and is nearly bedridden and in a wheelchair.
The nurse says my mother is unable to judge her own medical condition and is complaining that she wants to go home.

My mother is becoming more and more like a child every day, and my father is becoming more and more immobile by the day.
We are looking for a place where they can spend the rest of their lives together.

In the rainy season, we visited a number of facilities in the northern Kanto area.

How should one spend the end of one's life?
I want to spend the last two minutes of my life with someone who holds my hand firmly.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2020-06-16 16 53 07


男の子の誕生を期待されながら、私は予定日よりずっと早く生まれた。
出張先にいた父は、女児誕生の知らせに落胆して、帰宅はずっと遅かった。
私はとても小さいくせに、とても癇の強い赤ちゃんだったらしい。

4歳下の弟が生まれた時、父方の祖父の喜びようはすさまじかった。
当時住んでいた都営住宅の庭からはみ出すぐらいの大きな鯉のぼりと、
小さな子供がすっぽり入るぐらいの大きな鎧兜(五月人形)が送られてきた。

弟は生後まもなく、急性肺炎になって死にかけた。
医者にはもう助からないと言われたけれど、奇跡的に命を取りとめた。

身体が弱く、アレルギー性結膜炎で、いつも目を真っ赤にしていた。
同じ小学校に入り、朝礼の時、先生が弟の名前を叫ぶのが恥ずかしかった。
心の弱い自閉症の仲間がたくさんいた小学校で「友愛の心」を学んでいたのに、
目が痒くて痛くて、じっと立っていることができない彼を、私は守れなかった。

年齢差もあり、中学以降は同じ学校に一緒に行った時期はなかったけれど、
弟はいつも、私の歩いた跡を辿るのが嫌だと言っていた。
バスケ部に入り、少しずつ身体も丈夫になった彼は、もう私を越えていた。

人の倍くらい学生時代を過ごした彼が、社会人になった頃には、
私はすでに異国の地にいて、一緒に過ごす機会はあまりなくなっていた。
でも、いつの間にか雑学博士になっていた彼に、私はいつも質問していた。

O型の姉と弟にはさまれたA型の私は、彼らの大らかさに救われてきた。
私は不要な部分に神経が行き過ぎて、肝心なところが抜けている。
戸籍や血縁に関係なく人を大切にする概念は、我が一族の家訓であり、
いろんな事情があってもやはり、丁度良い距離感が保たれているように思う。

両親が次々と倒れて、今は弟が頼みの綱。
リモートワークができないインフラ関係の仕事の合間に、
フットワーク軽く、姉貴たちの代わりをこなしてくれている。

なかなか言えないけれど、いつもありがとう。
そして、お誕生日おめでとう。

写真 2020-06-16 21 44 14


I was born much earlier than my due date, while my parents were expecting a boy.
My father, who was on a business trip, discouraged by the news of the birth of our baby girl, and came home much later.
Apparently I was a very small but very testy baby.

When my brother, four years younger than me, was born, my paternal grandfather's joy was tremendous.
He sent my brother the big carp streamer that was too long for our public apartment where we lived at the time,
and also a suit of armor that was big enough for a child to fit.

Shortly after my brother was born, he contracted acute pneumonia and nearly died.
The doctors said he couldn't survive, but miraculously, he survived.

His body was weak, he had allergic conjunctivitis and his eyes were always red.
He entered my elementary school and I was embarrassed when the teacher shouted his name during the morning assembly.
As we had a lot of weak-minded autistic peers i elementary school, we were learning about the "spirit of fraternity".
But I couldn't protect him.

Because of the age difference, we didn't go to the same school together at any time after middle school,
But my brother always said he didn't want to follow the trail I walked in.
He had joined the basketball team and was slowly getting stronger and stronger, and he was already beyond me.

He spent twice time in school as much as others, and he started to work.
I was already in a foreign land, and we didn't have much opportunity to spend time together anymore.
But before I knew it, he had become like a Dr. of miscellaneous studies, and I was always asking him questions.

As a blood-type person of A, stuck between the type of O, elder sister and brother, I have been saved by their magnanimity.
I'm overly nervous about unnecessary parts of my life, and I'm missing out on the important parts.
The concept of valuing people regardless of their family history or blood relationship is a family tradition in my family.
Even though there are a lot of circumstances, I still think they maintain just the right amount of distance.

My parents have been sick in the hospital, and now my brother is the one I'm counting on.
In between infrastructure jobs where he can't work remotely,
He works for my parents well, and does a great job filling in for his sisters.

It's hard to say, but thank you for everything.
And happy birthday to you.

写真 2020-06-17 19 09 20


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-06-16 21 44 22
Next
IMG_0787


日本に住む姉が、メッセージも付けずに動画のリンクを送ってきた。
彼女の意図するところは、何だろう。

琴線に触れる4分30秒、涙がすっと頬を伝った。

ひとつ年上の彼女は、私にとってはいつも憧れで、
運動も勉強も、何をやっても追いつけない存在だと思っていた。

私は何をするにも、センスの良い姉に意見を聞いていて、
Tシャツ一枚を買いに行くのでさえ、彼女と一緒だと安心した。

動物をこよなく愛し、いつも私と弟の手を引いてくれた姉が、
嫁いで離れていった時は、片腕をもぎ取られるほど寂しかった。

私は異国の地に渡り、障害を持った娘が生まれた時、
誰よりも先に「おめでとう」と、新しい家族の誕生を喜び、受け入れてくれた。

私にとっては、決して超えられないと思っていた姉が振り返る。
「貴女はいつも私より先に、親というハードルを超えていったのよ」

いつも冷静に周囲を見渡している姉にとって、私は破天荒な妹だっただろう。
次女という立場を利用して、自由勝手にやってきたことを反省、そして感謝しつつ、
この世で姉と妹として出会ったことが、何よりの宝物だと改めて思った。

「貴女はそこでの役割を終えたら、日本に帰っておいで」
姉はそう言ってくれるけれど、私の居場所はあるのかな。

「違うから、人は人を想う」
CMのメッセージに頷きながら、今度は弟のことを書いてみようと思う。



My elder sister, who lives in Japan, sent me a video link without a message.
I wondered what her intention was.

Tears ran down my cheek as the story of 4 minutes and 30 seconds touched the heartstrings of me.

She is one year older than me and I always admire her.
I thought that no matter what I did, I could not catch her up in all fields.

No matter what I do, I asked her opinion since she had good sense.
Even if I buy a T-shirt, I was reassuring to go with her.

When my elder sister, who loved animals and took care of me and younger brother, got married, I felt so lonely.

I went to a foreign land and my daughter with a disability was born.
She was delighted and accepted the birth of new family,.

I thought I could never be exceeded my elder sister, but she said.
"You always passed the hurdle of our parents that I could not do that."

To my elder sister, who always looked around the surroundings calmly, I would have been a terrible sibling.
Taking advantage as my second daughter's position, I am grateful for the fact that I came freely,
I thought once again the matter we encountered as sisters in this world was a treasure.

“When you've finished your role there, you can go back to Japan.”
My sister tells me so, but I wonder if there is a place for me.

"People think of people because they are different."
I'm thinking that I will write about my younger brother while I agree the message of CM.



人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

『JT想うた』

どこ行くときも いつも付いてきて 
何するときも いつも真似して

どんなときも 慎重な私
考える前に 始めるあの子
自分があって 個性的な妹
人の意見にそっと 合わせる私
全然違うのに 同じ道
いつの間にか ライバルみたい
二人の違いが 差にみえて
私だけが 憧れてると思ってた
いつの間にか 話すこともなく

悩みなんて ないと思ってた
私とは全然 違うから
だからなのか 違うからなのかな
二人いることが 支えになる
ずっとずっと 
Next
写真 2020-04-24 12 24 44


米国のロックダウンに比べて、日本の自粛要請の緩さを体感。
家族以外には誰とも会わずに、ひたすらオンラインで仕事をする。

飲食業界で働く友人が、生き残りをかけてお弁当のテイクアウトを開始。
売り上げの一部で、医療従事者にマスクを贈るというビジネスモデル。

街中では、一般人に紛れて、各メディアの取材チームを何組も見かけた。
「外出自粛」を呼びかけながらも、街中で取材を続けるという矛盾。

日本はこのまま、穏やかな波を保てるのだろうか。
はたして世界は、どこへ向かうのだろうか。

不安と恐怖、そしてどこか諦めの境地。
生きる意味を考える。

まずは今日生きるために、
美味しい食事をいただけることに感謝。

写真 2020-04-24 12 46 50

写真 2020-04-24 12 48 36


I feel that Japan's request for self-restraint is lax compared to the U.S. lockdown.
I do not meet with anyone except my family and work exclusively online.

A friend of mine who works in the food and beverage industry has started a bento take-out to try to survive.
The business model is to give masks to medical professionals with a portion of the sales.

On the street, I saw several teams of media shooting the story among the general public.
There is a contradiction between calling for "refraining from going out" and continuing to cover the story in the city.

Will Japan be able to maintain this calm wave?
Where will the world go from here?

Anxiety and fear, and a feeling of giving up.
Thinking about what it means to live.

First, to live today.
I am grateful for the delicious food.

写真 2020-04-24 12 30 21

写真 2020-04-24 12 31 53

写真 2020-04-24 12 35 34


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-04-24 13 56 29

写真 2020-04-24 21 11 07

Next
全米で74万人、うちニューヨーク州で24万人の感染者。
この現状で、何をすべきか、何ができるかを考える。

オンラインでセミナーを開催したり、エクササイズの動画を発信する人たち。
コロナ最前線で戦う人々に、美味しい食事を届けようと奮起する友人シェフ。

エッセンシャルワーカーでない私たちにできることは
「感染しない、させない」ために、家にとどまり、静かに過ごすこと。

友人の息子さん(高校生)が、毎日イラストを描いて、発信してくれる。
絵の中に曜日を示す何かが隠れていて、それを見つけるのが小さな楽しみ。

人間も仕事も生き方も、自分にとって大切なものが見えてくる。
いつか教科書に載る歴史的事実を生き抜くことが、目の前のテーマ。

とにかく元気で、また会いたい。

高校生が発信しています。応援してください。
写真 2020-04-20 19 17 33


There are 740,000 people infected in the United States, including 240,000 in New York.
In this situation, I think about what we should do and what we can do.

Some people who hold seminars online and publish exercise videos.
There is a friend chef who strives to deliver delicious food to those who fight on the front lines of Corona.

What we can do as non-essential workers,
We should stay at home and stay quiet to "not get infected".

My friend's son (high school student) draws illustrations every day.
There is something hidden in the illustration that indicates the day of the week, and it's a little fun to find it.

I'm finding out the important things about people, business, or the way of life.
The theme is to survive the historical facts that appear in textbooks one day.

Anyway, I want to see you again in healthy.

Please follow his instagram.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
母の手術が終わった。
高齢かつ心臓の既往症があり、全身麻酔のリスクが高かった。
局所麻酔のために、脳梗塞の服薬を中断させることにもリスクがあった。

医師の想定よりも出血が多く、輸血を余儀なくされたというが、
それはすなわち、切断箇所に血流があり、皮膚が治癒する可能性でもある。

コロナの影響で、術前後はもちろん、入院中の面会もできない。
医師と看護師からの報告を受け入れるしかないという現状。

無力な時間は、あまりにも長くて、途方に暮れる。
思考回路がストップして、廃人のように、ただそこにいるだけ。

それでも、生きている自分に、はたと気付く。
そうだ、生き抜かなくては。

私はどこに、いるべきか。

写真 2020-04-06 9 23 03


My mother's surgery was over.
She was an elderly with a history of heart disease, increased risk of general anesthesia.
There was also a risk in discontinuing cerebral infarction medication if partially anesthesia would be done.

The doctor said she had more bleeding than he expected and she was forced to transfuse.
That was, there was also blood flow at the cut, and the skin may heal.

Due to the influence of corona, visits during and after surgery, as well as during hospitalization, were not possible.
The current situation was to accept reports from doctors and nurses.

Helpless time was too long and I lost my thoughts.
The thought circuit stops and I was just there, like a crap.

Still, I realized that I was alive.
Yes, I have to survive.

I wonder where I should be.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
次男のパソコンが壊れた。
電源を入れても、画面が立ち上がらない。

夜中になって、長男が米国アップル社に問い合わせをする。
英語のチャットが早過ぎて、私には理解できない。
結局オンラインでは原因を解明できず、ジーニアスストアに予約。

翌朝、新宿の街を歩く。
後ろにいる母を一度も振り返らずに、ガンガン歩く。

もう母親の役目は半分終わった気がする。
逞しくなった息子たちの背中に、明るい未来を見出したい。

写真 2019-07-09 12 44 40


My second son's computer was broken.
The screen did not come up even when the power is turned on.

At midnight, the eldest son made an inquiry to Apple in the United States.
English chat was too early for me to understand.
After all, the cause could not be elucidated online, and he reserved to a genius store.

The next morning we walked in the city of Shinjuku.
Boys walked ahead without looking back at their mother.

I feel that my mother's role was half over.
I would like to find a bright future on the backs of the sons who became big.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
平成時代の幕開けは、草津のスキー場で迎えた。
あの頃は、3年後どころか、1年後の自分のことさえ、分からなかった。

昭和時代のことばかり思い出すけれど、
人生で一番長く過ごしたのは、平成時代なのだ。

「平和で恵の多い時代でありますように」
懐かしい友から送られてきたメッセージが、心を暖かくする。

人生の折り返しは過ぎているけれど、
まだまだ前に進むことだけを考えよう。

スクリーンショット 2019-05-07 19.45.48


I welcomed the beginning of the Heisei era at a ski resort in Kusatsu.
At that time, I did not even know my own of one year later.

I remember the most about the Showa era,
But it was the Heisei era that spent the longest in life.

"May be a time of peace and grace"
A message sent from a nostalgic friend warmed up my mind.

Although the turning point of my life has passed,
I think just about moving forward.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
スクリーンショット 2019-02-27 08.13.51


義両親から贈られた雛人形は、クローゼットの奥でずっと眠っている。
居場所がないことを、きっとずっと悲しんでいる。

いつか光を届けてあげたい。

スクリーンショット 2019-02-27 08.14.32

スクリーンショット 2019-02-27 08.14.41

スクリーンショット 2019-02-27 08.14.50


Hina dolls given by parents-in-law are sleeping all the way in the back of the closet.
They are surely grieving that there is no whereabouts.

I want to deliver the light someday.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
カルシウムの塊、プラーク。
これが血管に詰まると、いろんな悪さを起こす。
父の脳梗塞の原因も、プラークによる血管狭窄。

遺伝、食習慣、老化現象。
父方は脳血管系疾患が多く、母方は糖尿体質。
自分で出来る健康管理について考える。

友人からメッセージが届いた。
「近所に住むショートスリーパーの友人が急逝した。
通夜に行って、お前を思い出した。とにかく寝てくれ」

意識して、かなり寝ているし、休んでいる。
でも、もっと眠ろう。眠って、忘れよう。

「父の手術が終わった」と、弟から連絡がきた。
ICUにいる姿を想像して、胸が締め付けられる。

自分の日常のために、たった1万キロの距離を越えられない。
ここにいて、何もできない親不孝を許してください。

写真 2019-01-27 17 20 48


Lump of calcium, plaque.
When this clogs the blood vessel, it causes various bad things.
The cause of my father's cerebral infarction is also vascular stenosis due to plaque.

Inheritance, eating habits, aging phenomenon.
Paternal side has many cerebrovascular diseases, maternal is diabetic.
Think about health management that I can do.

A message arrived from a friend.
"My friend, a short sleeper, who lives in the neighborhood suddenly passed away.
I went to her funeral and remembered you. Anyway, please sleep more."

I am consciously sleeping quite a bit and are taking a rest.
But let me sleep more. Let me sleep and try to forget everything.

"Dad's surgery is over", my brother contacted me.
Since imagining the dad's figure being in the ICU, my heart is shaking.

For my daily life, I cannot exceed the distance of only 10,000 km.
Please excuse me who cannot do anything for parents.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
実家に戻ったら、日の丸の旗が出ていた。
「あ、旗日なんだな」と気付いた。

「国民の祝日だから、旗を揚げてお祝いする」という母が、
ずっと続けている習慣。

暦を大事に生きるというのは、こういうことなのかもしれない。

2019-01-14 12.07.57


When I returned to my parents’ house, the flag of Hinomaru appeared.
"Oh, it's a flag day," I noticed.

"Since it is a national holiday, I raise the flag and celebrates"
My mother has continued to do this all the time.

Maybe living importantly with the calendar is something like this.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
「ここからできる震災復興支援」を掲げて、イベント企画を手伝っている。
あんなに支援してくれた人がいたはずなのに、その反応が静かで驚く。

だから私は、いざという時に具体的に行動できる人を、心から尊敬する。
自分もそのようにありたいと、心から思い直す。

ドブ板営業しかできないから、一人一人に直接お声がけをする。
偽善とか慈善とか、本当の優しさとか、そんなことを考えながら。

アップステートの学校から、緊急連絡が入った。
娘が歩行中に転倒して、頭を打って救急車で運ばれた。
ERに行って、MRI検査の順番を待つ。

見えない世界で、怖かっただろう、痛かっただろう。
代わってあげられないもどかしさに、悔しくて涙が出る。

自分の娘のことさえ守ってあげられない。
他人の支援で頭がいっぱいだった、自分を責める。

でも、どんな時でも、目の前にあることを一生懸命にやるしかない。
人間なんて、しょせんちっぽけで、手の届くことしか出来ない。

見上げた空に、かすかに虹がかかっていた。
摩天楼の彼方でおぼろげに微笑む虹は美しく、
それを包み込む空は、もっと優しかった。

そうだ、娘にいつかこの空を見せるために。
もう少し、もう少し、ここで踏ん張ろう。

北風の冷たいニューヨーク、冬はもうそこまで来ている。

写真 2018-10-23 17 06 11


We are supporting the event because it's the "earthquake reconstruction that can be done from here".
Even though there should have been so much people who helped before, we are suprised their reaction is quiet.

I really respect people who can act concretely in emergency.
So I reconsider my mind that I want to be like that.

Because we can only do business in face to face, we approach each person directly.
While thinking about hypocrisy, charity, real kindness, etc.

We got an emergency contact entered from my daughter's school.
My daughter fell down while walking, struck her head and was carried in an ambulance.
The nurse said that she was taken to ER and waited for MRI examination.

In the invisible world, she would have been scared and hurt.
I cannot be substitute for her. My tears dropped.

I cannot even protect my daughter.
I blamed myself that I made desperate effort to support others.

But at any time, we must do our best to be in front of us.
Things we can do is limited.

There was a faint rainbow on the sky when I looked up.
A rainbow smiling over the skyscraper was beautiful,
The sky that enveloped it, was more gentle.

Yes, I would like to show this sky to my daughter someday.
Let me go forward here a bit more a bit.

Northern wind was cold.
New York's winter is already there.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
ニューヨークの空が夕焼けに染まる頃、東京が朝を迎える。
いつも、空を見上げて、励まされてきた。

昨年のこの日の想いを振り返る。

一人で戦い続けることなんて出来ないから、
信頼できる人のために、誠意を尽くしてきた。

寸分違わずに、そこにいてくれる存在と、
いつの間にか、離れていった存在と。

人として、誠意ある存在でありたい。
その想いは、ずっと変わらない。

仲間として、一緒に戦ってくれる人のために。
これからも、唯一無二の存在でありたい。

OFFICE BEAD INC. 創立16周年。

これからも変わらぬ誠意を持って、
信頼してくれる人のために、人を繋いでいきたい。

写真 2018-07-21 5 45 17


When New York's sky gets dusky at sunset, Tokyo welcomes morning.
Always looking up at the sky, I have been encouraged.

I look back on my feelings this past last year.

Because people cannot do fighting alone,
I have tried to be sincerity for those who can trust.

Compared to one year ago, there are people with no difference in existence there.
There also are some people who left away.

I want to be a sincerity presence as a person.
That feeling has not changed for a long time.

For those who fight together as fellow.
I would like to be one and only existence forever.

OFFICE BEAD INC. got 16th anniversary of foundation.

With continued sincerity from now on,
For those who trust, I want to connect people.



海外永住 ブログランキングへ "
Next
2007年にブログを書き始めたけれど、
記事原稿に通し番号をつけ始めたのが2011年から。
2014年に一度デザインをフルチェンジして、今のスタイルに。

誰が読むか、読み続けてくれているか、分からない。
当初は、離れている家族や友人への近況報告が目的だったのに、
いつしか、たくさんの方が気持ちを傾けてくださるようになった。

気軽に読んでいただくことが目標だから、
できるだけ短く、息継ぎできる文章を心がけている。

日頃の想いも体験も、すべて備忘録に過ぎないけれど、
振り返った時に、ふと誰かに力添えできるキッカケになればという希望。

自分に正直に、読者の皆様に正直に。
小説を手に取るような感覚で、読んでいただけたらと思います。

伝えたい気持ちを受け取ってくださる皆様へ。
これからもよろしくお願いいたします。

スクリーンショット 2018-06-28 07.31.33


I started writing a blog in 2007,
Since 2011, I began attaching serial numbers to articles.
I changed the blog design once in 2014, to the present style.

I do not know who is reading or keep reading.
Originally, although it was the purpose of reporting up to the family and friends who are far away,
By it kept more than 10 years, a lot of people have joined to embrace the feelings.

Because it is the goal that people read it casually,
I try to make article is as short as possible that people can be breath.

Although my daily thoughts and experiences are all memoranda,
Hope it will be a key to be able to help someone.

Be honest with myself, to be honest to you.
I hope you can read it with a sense as if you pick up a novel.

To everyone who receives the feelings I want to tell.
I look forward to telling you and hearing from you.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-24 12 57 07


空が広いだけで、心が喜ぶ。
見上げた空に、春の匂いを探してみる。

きっと向こう側で、あの人も同じかもしれない。
桜の季節は、特に日本が恋しい。

写真 2018-03-24 12 58 43


Just because the sky is wide, my heart is pleased.
I looked for the smell of spring, and looked up the sky.

Surely he might do the same thing on the other side.
The cherry blossom season, I miss Japan in particular.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
その昔、手作りした雛人形が出てきた。
ちょっと不恰好で、たまらなく可愛い。

「できの悪い子ほど可愛い」
心底そう思う。

命あることが、何よりだから。

写真 2018-03-03 8 19 09


The homemade dolls came out that I made long ago.
It is slightly clumsy, unbearably cute.

"The sillier the child is, the cuter she is."
I think so deeply.

Because what is living is more than anything.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
友人のレビューを読んで、私はふと立ち止まる。
自分にしかできないことって、なんだろう?
実はこんな風に考えたことがなかった。

自分ができること。
自分にしかできないこと。
この2つは、近いようで、まったく意味が違う。

サラリーマン時代、私がこの仕事を辞めても、
会社は何もなかったように動き続けるのだなと思った。
そして案の定、大企業のコマでしかなかったことを実感した。

30代初めに自分で会社を興したけれど、
私がいなければ、他の人がいくらでも代行できる。
手抜きばかりのダメ母でも、子供は育っていく。

でも、人間の存在という意味では、
誰も私の代わりになれない。
娘の代わりも、どこにもいない。

だから、無理することなんてないんだと思う。
自分にしかできないことを探す必要なんてない。

自分ができること、手の届く範囲で、しっかりやる。
それだけでいい。
毎日、ありがとうを伝える。
毎日、心の中でマッチをする。小さな火を灯す。
それでいい。

写真 2018-01-19 7 01 30


When I read my friend 's review, I suddenly stop my thinking.
What is it that only you can do?
Actually, I had never thought of it like this.

What you can do.
What you can only do.
These two seem to be close, but completely different in meaning.

Even if I quit this job during my previous company,
I thought that the company would continue to move as if nothing had happened.
And I realized what I was only a piece of a big company.

Although I started my own company in the early thirties,
If I were not there, someone could substitute me.
Children are growing up even without a good mother.

But, in the sense of human existence,
No one can be substituted for me.
I cannot replace my daughter anywhere.

Therefore, I think that there is no need to overdo it.
There is no need to look for things that only you can do.

Do things that you can do, within reach that you can reach.
That alone is OK.
Tell thank you every day.
Every day, I put a light in my heart. Light a small fire.
That's fine.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
なぜ人は、人を裏切るのだろう。
昨日までの態度を一転させて、他人のようにふるまう。
分かり合えていた過去は、すべて幻に変わる。

良いことも悪いことも、忘れてしまうことがある。
でも、裏切られたことは、一生忘れない。
そして当人はきっと、人を傷つけたことに気付かない。

せめて私は、人を裏切らない生き方を選んで進もう。

36


Why does people betray people?
He changed the attitude until yesterday and behave like someone else.
The past that we knew was changed to phantom.

Something good or bad can be forgotten.
But I will never forget the fact that I was betrayed.
And he surely does not know that he hurt me.

Let me choose the way of life I do not betray people.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
コーヒーには、ほんの少しのミルクを注ぐ。
胃の弱い私には、それが儀式。

伊万里の陶芸家が、大切に持ってきてくれたマグカップ。
海を渡ってきた日本の宝物を横に置いて、
海を渡っていく文章を書く。

この想い。
どこまで、届くだろう。

写真 2017-09-13 15 46 05


Pour a little milk into the coffee.
Since I am weak in the stomach, it is a ceremony.

Here is a mug that Imari 's ceramic artist brought carefully.
I put the treasure of Japan that crossed the sea sideways,
I wrote an article crossing the ocean.

Hope this thought will reach to the heart of people.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
少し停滞していた作業を、今夏一気に進めようとしている。
前作よりはるかにサポートしてくれる方々も多くて、
出版業界という社会の仕組みを、改めて学ばせていただいている。

ありのままを伝えたいという姿勢は変わっていない。
書き綴っている日常には、たくさんの友人知人が登場して、
いかにたくさんの人に支えられているかを痛感する。

目の前にあることを一生懸命にやる。
唯一無二の存在を愛しみ、大切に育む。
すべての原点は、ここにあるから。

写真 2017-07-11 15 20 13


I am going to proceed work that I was stuck a bit at a stretch this summer.
Many people support much more than the previous work,
I am learning the mechanism of society of publishing industry again.

I still want to tell as it is.
A lot of friends and acquaintances appear in the daily writing,
I am keenly aware of how much people support our life.

I do my best for something that is in front of me.
Love one and only existence, carefully nurture.
All origins are here.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-06-27 13 03 51


同じ誕生月の人とは共通項がたくさんあると勝手に思っている。
6月生まれは、好奇心旺盛で、好きなものへの距離感が近い。
でも時として、一人を好み、常に徒党を組む環境から逃げ出したくなる。

だから、紫陽花の花言葉に代表される「移り気」は、まさに一つの特徴。
でも一方で、「辛抱深い愛情」や「寛容」というのもあるらしいから、
一度好きになったら、とことん愛し抜くスタンスでいたい。

ということで、今月は会う人が次々にお祝いしてくれるのも嬉しい。
誕生月はもうすぐ終わってしまうけれど、
年齢を重ねることは、楽しみで仕方ない。

これまでに出会った人、これから出会う人。
みんな人生の宝物です。ありがとう。

写真 2017-06-27 13 03 19


I assume that there are many common terms with people of the same birth month.
People whose birth in June has the character of curious, and the sense of
distance to whatever they like is close.
But sometimes, we like to be alone and we always want to escape from
the clique party environment.

Therefore, "caprice" typified by hydrangea's flower language is exactly one feature.
On the other hand, it seems that there are also "persistent affection" and "tolerance"
Once I like it, I want to be in a stance that I love it forever.

So, I was glad that the people I met celebrated my birthday,
one after another in this month.
Although my birth month will end soon,
I really enjoy I have my age.

The person I met so far, the person I meet from now.
Everyone is a treasure of life. Thank you.

写真 2017-06-27 13 02 31


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
いつからか、心に鍵をかけるようになった。
期待して、裏切られて、傷つくことを恐れるようになった。

以前は、自分で鍵を開け閉めすることができたのに、
いつしか、自由に調整することができなくなった。

誰一人として、他人のために生きている人などいない。
たくさん体験して、たくさん学んで、
少しずつ、無関心、鈍感力が身についていく。
大人になるって、こういうことなのだろうか。

永遠に続くように見えて、突然夕闇に襲われる夏至の夕暮れ。
初夏の季節、故郷が恋しい。

写真 2017-05-28 10 50 17


I've closed my mind, I don't know from when though.
Hoping, I was betrayed, I came to fear of hurting.

Previously, I was able to open and close the keys myself,
I cannot adjust freely now.

There are no people living for others.
I experienced a lot and learned a lot,
Little by little, we get indifference, insensitive strength.
Is it such a thing to become an adult?

Sunset seemed to last forever, suddenly being attacked by dusk.
At the season of early summer, I miss my hometown.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ここから日本の様子が見えないのと同じで、
日本からニューヨークの様子は見えない。
だからこそ、できる限りのコミュニケーションが大事で、
小さな温度差が、いつか命取りになることもある。

ネットワークは大切な財産で、決して一朝一夕では築けない。
確たる信頼関係があるから、人が動いてくれる。
うまくいかなかった時も、その後のフォローを丁寧に繋ぐ。

水面下であっても、まだ出来ることはあると信じたい。

45


It is the same as cannot seeing the real situation of Japan from here,
nobody can see the real market of New York from Japan.
That is why communication as much as possible is important.
Small temperature differences sometimes get bigger.

The network is an important asset, and it can never be built in one day.
Because there is a reliable relationship of trust, people encourage us.
Even when it did not work, we carefully do the follow-up to connect the future.

Even not be seen, I believe that there is still something I can do.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
私は本来とてもワガママで、好き嫌いがはっきりしている。
でもいつからか、慈愛の神様が私に宿り、たくさんの宿題を課してくる。
日々の悩み苦しみよりも、その先にあるたくさんの笑顔のために、
またひとつずつ宿題を紐解いていこうと思います。
こんな私を支えてくださるすべての人たちに、
心からのありがとうと、
またひとつ、無事に歳を重ねられた奇跡に、
感謝を込めて。
Happy Birthday to me.

写真 2017-06-11 13 48 57


I am very selfish in nature, and my likes and dislikes are clear.
But somehow God of compassion dwells in me and imposes a lot of homework.
Rather than suffering from everyday worries, due to lots of smiles ahead of it,
I will try to resolve homework one by one.
To all those who support me,
Thank you from the bottom of my heart.
One more thing, I appreciate to get an age miraculously.
Happy Birthday to me.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
仕事のトラブルが続き、どん底までいった感が拭えずに、
久しぶりに、弱音を吐いてしまった。

私の大切にしている「アナログな人繋ぎ」を、
きちんと理解してくれている友人達が、
どんな状況下にあっても応援しているよと、
たくさんのメッセージを寄せてくれた。

こんなに頼りなくて、こんなに非力な私が、
こんなに力強くて、こんなに大きな絆で支えられているのは、
今こうして目の前にいてくれる、皆さんのお陰です。

人生順調な時は、誰だって良い風を感じていられる。
友人が窮地にいる時にこそ、力になりたいと思う。
痛みを知れば知るほど、優しくありたいと思う。

裏切らない。それが基本。
ありがとう、本当にありがとう。
引き続き、応援よろしくお願いいたします。

09


Troubles continued in business, and I felt betrayed,
I got a little bearish among with my dear friends.

I cherish the "person connection in analog".
Friends who understand my policy properly gave me lots of message.
"I will support you under any circumstances."

I cannot be a strong and bossy person.
I am supported by such a powerful force and great bond,
I am standing thanks to all of you.

Everyone can feel a nice wind when he/she is in good situation.
I think that I want to be powerful when my friend is in trouble.
The more I know the pain, the more I want to be gentle.

I never betray the fellow. That is my policy.
Thank you, thank you very much.
Please continue to encourage me.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
春は、別れの季節。
決まって3月に、決定的な別れがやってくるのはなぜだろう。

会えるはずの時があったのに、
会いに行かなかったことが、悔やまれる。

命の重さは、みんな一緒。
この距離が、もどかしい。

30


Spring is the season of parting.
I wonder why decisive parting comes in March.

Though there was a time when I could meet him,
I regretted that I did not go to meet.

The weight of life is all the same.
This distance make me frustrating.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
なぜ、外見の美しさに囚われるのだろう。
美しい花が咲けば、春が来たと言って喜ぶけれど、
日の目を見ない雑草にだって、同じ命がある。
それを見捨てて手に入れたものが、幸せというのだろうか。

03


Why did he take the beauty of appearance?
If a beautiful flower blooms, he is glad that spring has come,
Even the weeds that do live in the shadow have the same life.
Happiness does not stay in what got by kicking off others.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
明け方まで眠れなくて、
朝起きたら長男が吐いていて、
義父が倒れたと連絡があって、
二度の開頭手術がようやく終わって、
データが飛んで宿題やり直している長男に付き合って、
結局朝4時まで起きていた一昨日。

睡眠不足で頭が痛くて、
長男がまた嘔吐して学校休んで、
義父の意識が戻らないと連絡があって、
長男を病院に連れて行ったら原因不明で、
夫が急遽日本行きのチケットを手配した今日。

義父と長男が繋がっているんだと思う。
3月最初の日は、学校に行けますように。
そしたら義父が、快方に向かうはず。

36


I could not sleep until dawn,
When I woke up in the morning my eldest son vomited,
I was informed that my father- in-law was hospitalized,
His two craniotomies finally finished,
I cared my eldest son who did homework again because his data had gone,
I had to wake up till 4 o'clock in the morning on the day before yesterday.

I had heavy headache due to lack of sleep,
The eldest son also vomited and was absent from school,
I was informed that my father's consciousness would not come back,
Even I took my son to the hospital, the cause was unknown,
Today my husband arranged a ticket for Japan.

I think that the father-in-law and the eldest son are connected.
I hope that he can go to school on the first day of March.
Then my father-in-law should head for better.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
子供達が寝静まり、時計の針が深夜を指す頃から、
私のゴールデンタイムが始まる。
たまったメールに返信して、必要に応じてカンファレンスコール。

人繋ぎ、ハート繋ぎで仕事を積み重ねてきたから、
ちょっとした御相談のお問い合わせが、実は心底嬉しいのに、
どんどん自分の時間がなくなってきて、煮詰まっていく。

事務処理能力の欠損も著しいけれど、
多分それ以上にこだわりが強くて、作業が進まない。

もう一度、ここで吐き出しておこう。
私の想いをきちんと理解してくれて、
一緒に前に進んでくれる仲間が欲しい。

43


From the time my kids sleep, and the clock points to midnight,
my Golden Time begins.
I reply to the accumulated e-mail, and have conference call as necessary.

Because I have accumulated work by connecting people and connecting hearts,
Inquiries about a little consultation are really happy indeed.
But my time keeps getting reduce and get frustration.

Although the lack of administrative processing ability is remarkable,
Perhaps my sticking is stronger, the work does not proceed.

I will speak out here again.
I need somebody who understands my feelings properly and will go forward together.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ものを感じる力、ものを考える力。
それは神様が私達に与えてくれた能力のひとつ。
だからこそ、その力には、いろんなバリエーションがある。

あるものを見て、聞いて、触って、それをどのように感じるか。
そのインプットではなく、アウトプットの方法をよりよく知っている人が、
いわゆる「感性が豊か」だと解されるのが、世の中ではないだろうか。

ある人は、自分の感じた想いを文字で表現し、絵にあらわす。
身体を使ってダンスを踊り、音符にしたため旋律を奏でる。
発信する側と受け止める側の波動が一致した時に、
「感性を共有できた」と、人は喜ぶ。

でも、世の中にはそれを表現する手段を知らないままの人がいる。
必要としない人もいる。
お行儀よく過ごすことが大事な世の中では、
突出した表現方法を外に放出することを、あえてしない方が無難に生きられる。

近年、アーティストと一緒に「Arts in Education」という企画をやっている。
日本の子供達は、アートを見て生まれた感情を、後でメールで伝えてくる。
海外の子供達は、その場で感情を一気に吐き出し、あっさり別れる。
どちらが良い悪いでなく、どちらも正解。

感情を持つ人間に生まれたのだから、
それを最大限に表現する方法を引き出してやるのが、感性教育。
アウトプットの手段が多いと才能があって、
その方法を知らないから感性が乏しい、ではないのだと信じたい。

我が娘は言葉を持たず、かろうじて快不快を表現するしか術がないけれど、
きっとたくさんの感性の花を、その内面で咲かせている。

私は人生をかけて、その橋渡しをする手段を探している。
「感性」とはどこまでも奥が深い。

マイナス5度の雪景色が、心にグッと突き刺さる。

30


The ability to feel things, the ability to think things.
That is one of the abilities God has given us.
That is why there are many variations in that power.

Look at something, listen, touch it, how do you feel it?
A person who knows better the way of output, not its input,
is interpreted as what is called "sensibility rich"?

Some people express their feelings with letters and express them in paintings.
Someone dances with the body, or plays the melody with a note
When the wave of the transmitting side agrees with the wave of the receiving side,
"We were able to share sensitivity," people are pleased.

But in the world, there are people who do not know the means of expressing it.
Some people do not need it.
In a world where it is important to be polite,
Those who do not dare to speak out to protrude expressive way out are safe.

In recent years, I am doing a project called "Arts in Education" with artists.
Japanese children tell emotions, that were born by seeing art, in e-mail later.
Children abroad spit out emotionally and split up on the spot.
Which is not bad good, neither is the correct answer.

Because I was born to a person with feelings,
I think that the sensibility education is to draw out a method to express it to the utmost.
If there are many means of output, there is a talent,
In case someone does not know how to do it, is not a poor sensibility.

My daughter has no words, she only express comfortable or discomfort.
But surely many flowers of sensibility are blooming inside of her.

I am looking for ways to bridge that in my life.
"Sensibility" is very complicated.

A minus 5 degree’s snowy landscape stick hard in my heart.

46


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next