春は、別れの季節。
決まって3月に、決定的な別れがやってくるのはなぜだろう。

会えるはずの時があったのに、
会いに行かなかったことが、悔やまれる。

命の重さは、みんな一緒。
この距離が、もどかしい。

30


Spring is the season of parting.
I wonder why decisive parting comes in March.

Though there was a time when I could meet him,
I regretted that I did not go to meet.

The weight of life is all the same.
This distance make me frustrating.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
明け方まで眠れなくて、
朝起きたら長男が吐いていて、
義父が倒れたと連絡があって、
二度の開頭手術がようやく終わって、
データが飛んで宿題やり直している長男に付き合って、
結局朝4時まで起きていた一昨日。

睡眠不足で頭が痛くて、
長男がまた嘔吐して学校休んで、
義父の意識が戻らないと連絡があって、
長男を病院に連れて行ったら原因不明で、
夫が急遽日本行きのチケットを手配した今日。

義父と長男が繋がっているんだと思う。
3月最初の日は、学校に行けますように。
そしたら義父が、快方に向かうはず。

36


I could not sleep until dawn,
When I woke up in the morning my eldest son vomited,
I was informed that my father- in-law was hospitalized,
His two craniotomies finally finished,
I cared my eldest son who did homework again because his data had gone,
I had to wake up till 4 o'clock in the morning on the day before yesterday.

I had heavy headache due to lack of sleep,
The eldest son also vomited and was absent from school,
I was informed that my father's consciousness would not come back,
Even I took my son to the hospital, the cause was unknown,
Today my husband arranged a ticket for Japan.

I think that the father-in-law and the eldest son are connected.
I hope that he can go to school on the first day of March.
Then my father-in-law should head for better.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
子供達が寝静まり、時計の針が深夜を指す頃から、
私のゴールデンタイムが始まる。
たまったメールに返信して、必要に応じてカンファレンスコール。

人繋ぎ、ハート繋ぎで仕事を積み重ねてきたから、
ちょっとした御相談のお問い合わせが、実は心底嬉しいのに、
どんどん自分の時間がなくなってきて、煮詰まっていく。

事務処理能力の欠損も著しいけれど、
多分それ以上にこだわりが強くて、作業が進まない。

もう一度、ここで吐き出しておこう。
私の想いをきちんと理解してくれて、
一緒に前に進んでくれる仲間が欲しい。

43


From the time my kids sleep, and the clock points to midnight,
my Golden Time begins.
I reply to the accumulated e-mail, and have conference call as necessary.

Because I have accumulated work by connecting people and connecting hearts,
Inquiries about a little consultation are really happy indeed.
But my time keeps getting reduce and get frustration.

Although the lack of administrative processing ability is remarkable,
Perhaps my sticking is stronger, the work does not proceed.

I will speak out here again.
I need somebody who understands my feelings properly and will go forward together.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ものを感じる力、ものを考える力。
それは神様が私達に与えてくれた能力のひとつ。
だからこそ、その力には、いろんなバリエーションがある。

あるものを見て、聞いて、触って、それをどのように感じるか。
そのインプットではなく、アウトプットの方法をよりよく知っている人が、
いわゆる「感性が豊か」だと解されるのが、世の中ではないだろうか。

ある人は、自分の感じた想いを文字で表現し、絵にあらわす。
身体を使ってダンスを踊り、音符にしたため旋律を奏でる。
発信する側と受け止める側の波動が一致した時に、
「感性を共有できた」と、人は喜ぶ。

でも、世の中にはそれを表現する手段を知らないままの人がいる。
必要としない人もいる。
お行儀よく過ごすことが大事な世の中では、
突出した表現方法を外に放出することを、あえてしない方が無難に生きられる。

近年、アーティストと一緒に「Arts in Education」という企画をやっている。
日本の子供達は、アートを見て生まれた感情を、後でメールで伝えてくる。
海外の子供達は、その場で感情を一気に吐き出し、あっさり別れる。
どちらが良い悪いでなく、どちらも正解。

感情を持つ人間に生まれたのだから、
それを最大限に表現する方法を引き出してやるのが、感性教育。
アウトプットの手段が多いと才能があって、
その方法を知らないから感性が乏しい、ではないのだと信じたい。

我が娘は言葉を持たず、かろうじて快不快を表現するしか術がないけれど、
きっとたくさんの感性の花を、その内面で咲かせている。

私は人生をかけて、その橋渡しをする手段を探している。
「感性」とはどこまでも奥が深い。

マイナス5度の雪景色が、心にグッと突き刺さる。

30


The ability to feel things, the ability to think things.
That is one of the abilities God has given us.
That is why there are many variations in that power.

Look at something, listen, touch it, how do you feel it?
A person who knows better the way of output, not its input,
is interpreted as what is called "sensibility rich"?

Some people express their feelings with letters and express them in paintings.
Someone dances with the body, or plays the melody with a note
When the wave of the transmitting side agrees with the wave of the receiving side,
"We were able to share sensitivity," people are pleased.

But in the world, there are people who do not know the means of expressing it.
Some people do not need it.
In a world where it is important to be polite,
Those who do not dare to speak out to protrude expressive way out are safe.

In recent years, I am doing a project called "Arts in Education" with artists.
Japanese children tell emotions, that were born by seeing art, in e-mail later.
Children abroad spit out emotionally and split up on the spot.
Which is not bad good, neither is the correct answer.

Because I was born to a person with feelings,
I think that the sensibility education is to draw out a method to express it to the utmost.
If there are many means of output, there is a talent,
In case someone does not know how to do it, is not a poor sensibility.

My daughter has no words, she only express comfortable or discomfort.
But surely many flowers of sensibility are blooming inside of her.

I am looking for ways to bridge that in my life.
"Sensibility" is very complicated.

A minus 5 degree’s snowy landscape stick hard in my heart.

46


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
ダウンタウンからエンパイアーステートビルを見上げた。
赤く輝く先に、希望の光は見えるのだろうか。

落ち込んでいた私に、友人が贈ってくれた言葉。
“You have enemies? Good. That means you've stood up for something,
sometimes in your life.” Winston Churchill

雪が降る前に、家に帰ろう。

38


I looked up the Empire State Building from downtown.
Will we see the light of hope ahead it glows red?

When I was depressed, my friend gave me the words.
"You have enemies? Good. That means you've stood up for something,
sometimes in your life.” Winston Churchill

Let's go home before the snow falls.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
紅茶を覚えたての頃、アッサムは濃く煮出して、
ミルクで飲むことを知った。

20代、「アールグレイをミルクで」と注文する男性に憧れた。
以来、そのキザな仕草を真似て、私もミルクティーの常連になった。

雪でなく雨が降るということは、そんなに気温も低くないはずなのに、
1月の雨は心をも凍らせる。
手足も冷え切って、早く暖かな部屋に帰りたい。

今夜は一人、チャイをミルクで飲もう。
切ない想いに、胸がキュンと息苦しい。

14


As I started to study black tea, I learned that Assam tea should be boiled thick with milk.

In his twenties, I longed for a friend who ordered "Earl Gray with milk".
Since then, I mimicked that gesture, I became a regular of milk tea.

Rain rather than snow means that the temperature is not too low.
But rain in January froze heart.
My body got cold, and I wanted to get back to a warm room as soon as possible.

Tonight, let's drink chai with milk.
My heart is stuffy due to my sad feelings.
Next
昨年末、ニューヨークの和食屋で、クロークに預けたストールがなくなった。
黒いファーのついたそれは、ちょっとしたお気に入りだった。
間違えて持って帰った人がいると説明された。
以降お店から連絡もないし、きっとそれは迷宮入りとして処理される。
私の心には、残念で悔しい思いだけが残った。

年明け、福岡から伊万里行きのバスに、マフラーを置き忘れた。
気付いて電話したら、バス会社に保管されていた。
すぐに取りに行ってくれた地元仲間の優しさも、ありがたかった。

一緒にいた友人が、東京で財布をなくした。
タクシー会社が、先方から電話連絡をくれて、
日本の治安の良さを再認識した。

最後に日本の携帯を使ったのは、京成線か空港カウンターだったと記憶している。
前夜から熱を出していて、ボーッとしたままのフライトだった。
機内で紛失に気づき、NYに着いてから日本に連絡した。
もう出てこないかと諦めていたら、一週間してから発見された。

こんなところにも、日本の素晴らしさを痛感している。
滅多になくしものをしないのに、それは警告に違いないと気を引き締めた。
どんなワクワクがあっても、しっかりしよう。

03


Last year, my scarf was gone at cloak at Japanese restaurant in New York.
It was my favorite with black fur.
I was explained that there was a person who took the wrong and brought home.
There has been no contact from the shop afterwards, surely it will be treated
as entering the labyrinth.
To my heart, only a regrettable feeling remained.

I left my muffler on the bus from Fukuoka to Imari.
When I noticed it and called, it was kept in a bus company.
I was also thankful for the kindness of the local fellow who immediately took it to pick up.

A friend who was me together lost his purse in Tokyo.
The taxi company gave him a phone call from the other side.
I reaffirmed the goodness of security in Japan.

Lastly I remember that I used a Japanese mobile phone was either at Keisei line
or an airport counter.
I had a fever since the night before the day and it was a dazzling flight.
I noticed the loss in the airplane and contacted Japan after arriving in NY.
After I had given up whether I would come out, it was discovered after a week.

I am keenly aware of the wonderfulness of Japan in such places as well.
It was rarely that I have lost things, but I was sure that it must be a warning.
Whenever I am excitement, I have to care for everything.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
小学校の朝礼で、「ふーっ」と言って倒れた女の子がいた。
貧血持ちの彼女は、その朝のヒロインだった。

二十歳前後の頃は、貧血や眩暈は当たり前だった。
大学と部活とバイトに忙しく、栄養も考えない食事で、
若さだけで毎日を乗り切っていたのだろう。

いつしか日常的な貧血とは無縁になったけれど、
時折、眩暈と偏頭痛のセットに襲われる。
頭の奥でキーンと耳鳴りがすると、それが始まる。

今朝はヨガスタジオで、襲われた。
久しぶりのそれは、以前よりパワーを増していたように思う。

気がつくと、大統領就任式リハーサルの中継が流れていた。

20


At the elementary school's morning meeting, there was a girl who fell down
saying "Fu".
She with anemia was the morning heroine.

Anemia and dizziness were commonplace when we were around twenty
years old.
I was busy with college, club activities, part time job, nutrition-free meal,
It probably went through every day with confidence of young.

Although I became irrelevant to routine anemia,
Occasionally I am attacked by a set of dizziness and migraine.
When the tinnitus with Keen goes in the back of the head, it starts.

It hit me at a yoga studio this morning.
I think that it has been get more powerful than before.

When noticing, the relay of the president inauguration ceremony rehearsal
was flowing.


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ
Next
ハワイで2017年のカウントダウンを迎えて、
今度は日本でお正月気分を味わう予定だったのに、
実家に寄れたのは数時間だけだった。

今は走り抜けないといけない時期なのだと思う。
いつかこの時が懐かしく思える時が来ると信じている。

11


After I welcomed a countdown of 2017 in Hawaii,
I was planning to taste the New Year mood in Japan.
But it was only a few hours that I stopped by parent's house.

I think that it is a time when we have to run through now.
Someday I believe the time will come when I miss this time.

23


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

56
Next
59


新年明けましておめでとうございます。

皆様にとって、実り多き一年でありますように。
今年もよろしくお願いいたします。

53


Happy New Year.

Wishing you a fruitful year for everyone.
I appreciate your great support.

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

Next
仕事の上で、孤独感に苛まれる時が少なくない。
守るべき人やモノを必死で守っても、
目先の利益のために、不意に裏切られることがある。

公私共々、うまくいっている時も、いかない時も。
いつも同じペースで接してくれる人こそが、真の友人。

こういう素敵なメンターがいてくれるから。
まずは美味しいもの食べて、また明日も頑張ろう。

58


On the job, I am sometimes tormented by loneliness.
Even though I fight to protect my people and things,
I am sometimes betrayed by unexpectedly for the sake of short-term profit.

Fortunately, I have true friends who have same attitude anytime.

Because there are very nice Mentor people,
First, I will eat delicious things, and re-born tomorrow.

37


お店はこちら。
こちらもオススメ。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
仕事上、若いスタッフと接することは少なくない。
子供達のテューターをお願いしている学生、
卒業してそのまま採用された新入社員。
親子ほど年の違いのある友達とも、仲良くさせてもらっている。

それなのに、この仕事を引き受けた当初、私はかなり戸惑った。
日本の現実は、もっともっと突き抜けた場所にあるのだと学んだ。
SNSをフル活用して、バーチャルだけでも、ネットワークを作り上げる。
わずか1、2年で、劇的に生活環境を変えていく日本の若者たち。
私が17年かけて築いてきたものは、一体何だったのだろうと回顧する。

しかし長い時間一緒にいるうちに、先頭を走り続けている彼らこそが、
実は危機感を抱いていることを知って、少し安心した。
面と向かっての発言は少なくとも、内に秘めたパワーは凄い。
実体のない、デジタルで作られた関係の儚さに気づいた者が変わり始めている。

彼らがきっと、日本の未来を変えていくのだと思う。
頼もしい彼らに、ここからのエールを送り続けよう。

15129905_337076713316693_989496484_n


In terms of work, I often come in contact with young staff.
There are students who are working as for children's tutors,
and new employee who graduated college and adopted as freshman.
I have friends who are very different age of mine.

However, in the beginning I underwent this job, I was quite confused.
I learned that the reality was in a place that had penetrated even more.
Japanese young people make up a network by making full use of SNS,
even though it was virtual.
They have changed the living environment dramatically in just one or
two years.
I had to look back at what I had built over 17 years.

But, during their stay in New York, I was a little relieved when I knew that
they had a feeling of crisis.
Though they are the ones who keep the status as the top.

Though their remarks towards in direct are very rare, the power hidden
inside is amazing.
Those who have noticed the fragile, digitally made relationships, are beginning
to change.

I think they will surely change the future of Japan.
Let's keep sending my ale from here to the reliable people.

カツセマサヒコ氏のブログ。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
眠れぬまま朝を迎えた。
民主党でも、共和党でもいい。
障害者を馬鹿にした人が大統領になるということ。
匿名の誹謗中傷で傷ついた月日を思い出す。
また悪夢が始まるのだろうか。

23


I couldn't sleep through the night.
People don't care either Democratic or Republican.
A person who made a fool to disability became a President.
Due to anonymous slander I had wounded for years.
I wonder if the nightmare will start again.

16


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
いつも私を遠くから励ましてくれる友人から、
最愛の奥様の訃報が届いた。

「僕は妻を守れませんでした」
その言葉に、彼女への愛がすべて詰まっていた。

直接力になれないけれど、
仲間はずっとここにいるから。

遠くから、祈らせてください。
R.I.P.

19


From a friend who always encouraged me from a distance,
an obituary of beloved wife has arrived.

"I could not protect my wife."
All love for her had been jammed in its words.

I cannot help you directly,
But we, your friends, are here.

Please let me pray from here.
R.I.P.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
空が好き。
空を見て勇気付けられる。

地球の裏側ニューヨークで、とても孤独だと思っていた時にも、
空はずっと繋がっていた。

日本が夜になると、必ずニューヨークに朝がやってくる。
明けない夜はないのだと、友が教えてくれる。

戦争で他界した祖父を想いながら、
子供達世代にどう伝えようかと考える。

空を見上げ、今ある命に感謝する。
静かに故郷を想う、夏の日が過ぎゆく。

14037446_1069902883091627_378222095_o


I like the sky.
I get the energy by looking the sky.

Even when I thought I was very lonely in New York where was far away
from Japan,
The sky was connected to there.

If Japan is in the evening, the morning is coming to New York.
My friends will tell, "There is no night that doesn't find the day."

While I remind my grandfather who passed away in the World War II,
I think how I tell the story to my kid’s generation.

I look up the sky, and I thank to the life that is now.
I think the hometown quietly on the day of the summer.

13978052_1064242656990983_2081300322_o

©S.Sakamoto@Dropout

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
日本航空に入社して間もなく、御巣鷹山の慰霊登山に参加した。
険しい尾根伝いには、まだ機体の残骸が散在しており、
事故の壮絶さは、私達の胸に深く刻まれた。

操縦不能後、32分間のダッチロール。
その時間を想うだけで、いたたまれなくなる。
520名の命を奪った責任は大きい。

一方で、御遺族のお世話を続けた担当者、一人一人のストーリーも、
外に出せないほど壮絶であった。
加害者である企業にいるという覚悟があったとはいえ、
御遺族との板挟みで、精神を蝕まれて他界した社員もいたし、
今夏は山道を整備していた社員が転落死したという。

罪を憎んで人を憎まず。
事故後31年、空の安全はどこまで守られているのだろうか。
「山の日」制定のニュースは、少し複雑な想いで受け止めた。

22


Shortly after I joined Japan Airlines, I took part in the memorial climbing
of Osutaka Mountain.
Along with the steep mountain, there still had been scattered wreckage
of the aircraft,
We were very shocked by the sublime of the accident.

The airplane did Dutch roll for 32 minutes with maneuvering inability.
I had shocked by knowing that time.
Responsibility that took the lives of 520 people was very big.

On the other hand, there were many fierce stories that had never been
put out to the outside.
They were about the staffs that continued to take care of the bereaved family,

Although there was a readiness that they were in a perpetrator companies,
By the negotiation with the bereaved families, an employee passed away
by melancholy.
This summer, an employee who had established a mountain road was
falling and dead.

Hate the sin, not the sinner.
This year is 31 years after the accident, we pray for the safety of the sky.
The news of the enactment of "Mountain Day" brought me the slightly
complicated feelings.

36


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
時差とか、気温差とか、疲労とか。
いろんなストレスが溜まっていたようで、
激しい痛みを伴う湿疹が左半身に広がった。

今週も母子家庭状態で、病院に行くこともできず、
痛みに耐えていたら、激しい熱が出た。
帯状疱疹の診断。全治3週間はかかるらしい。

半月後に、健康診断の予約を入れた。
身心共にメンテナンスして、再スタートしよう。

31


Because of time difference, temperature difference, and fatigue,
I may have accumulated a lot of stress.
Eczema with severe pain had spread to the left side of my body.

I could not go to the hospital in the mother and child home state since
my husband was on business trip.
After I withstood the pain, the intense heat came out.
Today I got the diagnosis of herpes zoster.
It needs three weeks or more for healing.

After half a month, I was put in a reservation for health diagnosis.
I will try to re-start after the maintenance for mind and body.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
42

06

32


日の出と日の入りが美しく見える場所。
このシーンに逢いたくて、毎年やってくる。

見上げた空には、月と太陽が同居している。
満天の星を見上げることが、どれほど贅沢なことか、嚙みしめる。

1年を振り返り、自分がしてきたことと、
同時に傷ついてきたことを、思い返す。

だからこそ、自問自答を繰り返す。

誰に対しても、心で接する優しさを忘れていないだろうか。
受け取った恩恵を、裏切ることなく、きちんと返しているだろうか。
気付かぬうちに、人を傷つけていることはないだろうか。

丁寧に、人を繋ぐこと。
それがミッションだからこそ。

オフィスビード、15年目のありがとう。

22


Here, we can see both the sunrise and sunset beautifully.
I come here every year since I want to see this scene.

If I look up the sky, the moon and the sun are seen together.
I feel very happy that I can look up the sky filled with stars.

I look back one year, what I did.
Sometimes I have been hurt by heartless words.

So I repeat to ask myself.

I wish I did not forget the kindness that was in contact to people's heart.
I wish I gave properly to the grace of virtue that I received, without betraying.
I wish I did not hurt a person while unaware.

We will try to connect the people politely.
That is precisely the mission of our company.

Today is the established day of the OFFIC BEAD INC.
Thanks to 15th year.

37

54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
どんな環境でも仕事を成し遂げる職人魂と、
最後まで自分の環境にこだわり続けるアーティスト。
両方が混在するから、葛藤する。

東京スカイツリーを目の前に、風が吹き抜ける空間。
素敵な会場を見つけてくださった主催者に感謝して。

今夏、ここから新たな発信をしてみよう。

45


He has craftsmanship to do the job in any environment,
Also he is an artist who stick to own environment.
Since he has both them, we think carefully.

Close to Tokyo Sky Tree, there is the space that the wind blows through.
We thank the organizers who have found a nice venue.

Let us have a new originating from here this summer.

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

51

Next
入社式、エイプリルフール、お花見。
日本からたくさんのニュースが飛び込んでくる。

年度末や春の訪れに時差を感じつつ、
一年で一番日本を恋しく思う季節がやってきたと思いを馳せる。

桜の木の下で、たくさんの出会いと別れがあった。
何があっても、春の再来を思うと、胸が高鳴る。

この春も、また新しいことに挑戦してみよう。

24


An initiation ceremony, April Fool's Day, Cherry blossom viewing.
We received a lot of news from Japan.

While I felt the time difference at the year end and spring,
I thought that the season when I missed Japan the most in a year came.

Under the trees of cherry blossom, there were a lot of meeting and farewell.
Anyway, when spring comes, I am so excited.

This spring also, let me try new things.

34


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
人を紹介するというのは、本来そんなに生易しいものではない。
それまで築き上げた信頼関係を、一瞬にして壊されてしまうこともある。

コーディネートという仕事。
どんなに調整が大変であったとしても、お客様には結果しか見えない。
そのために費やした時間も労力も、まったく評価されない。
そんな労働対価はタダ同然だと思っている方々が多い。

それでも私は「丁寧な人繋ぎ」を続けていきたい。
「ありがとう」の一言で、私は生き返る。
それがきっと、次に繋がっていく。

26


To introduce the person is not inherently so much easy.
A trust relationship that has built up to now, there is possibility that will be
destroyed in a moment.

About the task of coordination.
Even if the adjustment was very hard, customers see only the results.
Effort and time spent for that also, are not evaluated at all.
There are many people who think such labor consideration is totally free.

But I would like to continue my policy, "be polite to connect people."
In a word of "thank you", I would be alive.
Surely it leads to the future.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
遠い世界で起こった出来事だと放置された。
気が付けばいつも取り残された。

それぞれの日常が流れていく。
時間尺の違いは共有できない。

私だけが、その息吹を知っている。

35


He thought it was event that occurred in the distant world.
Always I was left behind.

Everyday go flow separately.
The difference of the time scale cannot be shared.

The past cannot be changed.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
寒い北国で迎えた2016年。
まずは健康第一。
そしてまた、たくさんの人との関わり合いを大事に生きていこう。

皆様にとっての一年が素晴らしいものでありますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

00


I greeted the year of 2016 with a cold northern country.
First I hope the healthy life.
And also, I will care the involvement of a lot of people.

Hope you have a great year of 2016.

I appreciate your constantly support.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
55

16


「Happy Holidays !!」
街を行き交う人々の挨拶に、歓びの響きが加わるホリデーシーズン。

師走に入り、この一年を振り返りつつ、
公私共々、今年いちばんタフな精神状況に追いやられていることを自覚する。

どんな華やぎよりも、確かなモノがほしい。

「東京にもあったんだ こんな綺麗な夜明けが
嬉しいな 君に見せたいな
君は元気かな」

まだもう少し踏ん張るから。
見守っていてください。

33


"Happy Holidays!!"
The holiday season has come that people exchange the greeting with joy.

At the beginning of December, I look back this year.
I realize that I have relegated to the most tough spirit situation this year ,
at both public and private.

I want to get something certain than brilliant thing.

"There is such a beautiful dawn in Tokyo.
I want to show you in glad.
I wonder how you are. "

I will hold on still a little more.
Please look at me affectionately.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
家族の事情で、急遽日本に帰った。
正確に言うと、所用で日本行きを諦めかけていた時に、
姉から連絡が入り、そのまま空港に向かった。

小さな奇跡を繋いで、大きな奇跡に繋がるよう祈る。
後ろ髪引かれる想いのまま、すぐにNYに戻った。

到着した空港で、バッタリ友人に会った。
UBERをシェアして帰宅する。
これがNYだと感じながら。

粛々と日常生活を送ることだけが、
見えない力を引き寄せる。

離れているもどかしさを感じながら、
すべてうまくいくと信じよう。

38


I went back to Japan hurriedly because of family circumstances.
To be precise, when I was over giving up to go to Japan,
I had the message from my elder sister.
Then I headed to the airport immediately.

I pray that the small miracle leads to a big miracle.
I really wanted to stay longer, but I had to go back immediately to NY.

At the arriving airport, I met my friends who had same flight with me.
We went home by sharing the UBER.
I felt it happened because here was New York.

By living the daily life quietly,
We may have the invisible force.

While I feel the impatience away from Japan,
I want to believe everything goes well.

54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
352 (2)

352 (17)


往復2,000マイルの強行出張の後、
なぜかワサワサした気持ちで迎えた13日の金曜日。
朝からミーティング続きで、心が落ち着かなかった。
ヘッドラインニュースが流れた。

翌日。
3,600マイル離れたパリで起きた惨劇に、
ニューヨークの街は哀悼の意を捧げる。
街中がフランス色に染まるなか、
いつもは煌びやかなエンパイヤーステートビルは、
消灯して喪に服していた。

怒りと悲しみ、やるせなさに押し潰されそうだった。
「これが我が街にあったら、寄り道するだろうな」
友人の言葉を復唱しながら、夜道を歩いた。

夏に息吹をもらった日本の花たちは、
マンハッタンの街にしっかりと根付いていた。
異国の地で、孤立無援の心細さを抱きながらも、
ここから世界平和を祈ろう。

月光の中で見る花たちが、
今日はフランス色を放っていた。

352 (4)

352 (5)

352 (7)
352 (11)


After a round trip of 2,000 miles of business trip,
I greeted the Friday of 13th with feeling something unusual.
My heart was not calm in meeting lasted from morning.
And it was reported as the headline.

Next day.
For the tragedy that happened in Paris, 3,600 miles away from here,
New York city devoted condolences.
Amid the city was dyed in France color,
the Empire State Building which always shined, was off the light that
have been in mourning.

By anger and sadness, my heart was almost crushed.
"If that is in my town, I will detour to see them."
While reciting the words of my friend, I walked the streets at night.

Japanese flower which had born in the summer,
It had firmly rooted in the city of Manhattan.
In a foreign country, while holding the apprehension of isolated and helpless,
I pray the peace of the world from here.

Flowers that were see in the moonlight,
Tonight, they looked like a French color.

352 (10)

352 (12)

352 (14)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
ブログが消失した。
プロバイダー引っ越し前の記録とあわせて、9年分の軌跡がとんだ。
IT系に疎い私は、ただ茫然としている以外、術はなかった。

時を同じくして。
7月末から約3か月近く、なくしたと思っていた時計とブレスレットが見つかった。
心のどこかで、きっとあると信じていたからに違いない、そう思った。

ブログがこうして復活した。
でも、心のどこかで、なくなってもいいと思っていた。
記録を残すことよりも、今を真剣に生きるべきだと神様が教えてくれたのだと。

無為な日常を、有為に過ごすこと。
過去も現在も未来も、すべて肯定して生きる。
インプットとアウトプットのバランス。

悶々とした想いの日々のなかで。
街はすっかりハロウィン一色になっていた。

46


Blog had disappeared.
I lost the previous record; the trajectory of 9 years.
Because of the ignorant to the IT system, I could not operate at all.

It happened at same time.
About three months from the end of July, my watch and bracelet that had been
thought to have been lost was found.
Somewhere in the mind, I believed they were surely somewhere, I thought so.

Blog has been revived.
But, somewhere in the heart, I thought it was good that run out.
I thought God told me that I should live now seriously than to leave the record.

To spend the bright time on the inaction daily.
To live all positive, on the past, today, and future.
The balance of inputs and outputs.

Day-to-day, I thought worrying endlessly.
And the town had been completely turned to the Halloween color.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
裏方の裏方 (8)

裏方の裏方 (9)

裏方の裏方 (12)


「どんな仕事をしているのか」と聞かれる。
「何でもやる」と答える。
でも、責任を持って出来ると判断するまでに、相当悩む。
やると決めたらとことんやる性分だから、決して安請け合いはしない。

お金で仕事を選んだことはない。
たくさんの辛辣も味わってきたから、慎重になる。
お互いにどこまで信頼できるかを、まず考える。
心の琴線に触れるパッションを受け止めた時、損得勘定なしで応援しようと思う。
そこにはきっと互いの相性もあるけれど、絶対に裏切らないと自分に誓う。

きっと「裏方の裏方」というのが正しい。
主役を輝かせるための裏方がいるとしたら、私はそのさらに裏方になる。
表に立つことはないけれど、「裏方の裏方」の存在に気付いてくれる人がいることが、
心の支えになったりもする。

常にアクシデントはつきもので、完璧にコーディネートすることは難しい。
計算していた通りに事が進まないと、お客様の満足度は一気に下降する。
いつも自信がなくて、いつも不安だらけだけれど、最後は運を天に任せる。

*****

何度も足を運んでいるブルックリンとはいえ、どこにも保証はなかった。
ただそれぞれが、それぞれの役割でベストを尽くした。
だからこそ、フィナーレを飾る場面で、見事にマジックアワーに遭遇できたのは、
奇跡ではなくて、必然だったのかもしれない。

「天知る、地知る、我知る、子知る」
祖母の教えを胸に刻み、今日もまた深呼吸。
きっと誰かが見ていてくれる。

裏方の裏方 (11)

裏方の裏方 (10)

裏方の裏方 (3)


Someone asks me "What's your task?"
"I do anything." I answer.
But, I get very nervous by the time I determine I do it with responsibly.
Because I do my best thoroughly if I decide to do, I never promise easily.

I never chose my business depends on the fee.
Because I had a lot of acrimonious experience before, I would be cautious.
I think first whether how far we can trust each other.
When I catch the passion that touches the heartstrings, I think I try to cheer
without breakeven.
There may be also mutual compatibility, but I swear myself not to betray
absolutely.

I'm sure it is "behind the scenes of behind the scenes.”
There are "behind the scenes" to brighten the leading role, I will be "behind
the scenes" further.
I never stand on the stage.
But there are people who know the presence of a "behind the scenes of behind
the scenes", I can get mind support.

Always an accident can happen, and it is difficult to coordinate the plan perfectly.
When the thing had not proceeded as it was calculated, the customer satisfaction
would be lowered at once.
I'm always without self-confidence, and full of anxiety.
Last, I pray my luck to heaven.

*****

We visited Brooklyn many times, but there was no guarantee.
However, respectively, we did our best in each role.
At the scene of the finale, we met "Magic Hour" admirably.
Perhaps, rather than a miracle, it was inevitable.

"The day has eyes, the night has ears."
We learned so many things from our grandmother.
We have always been seen from someone.

裏方の裏方 (2)

裏方の裏方 (5)

裏方の裏方 (7)

裏方の裏方 (4)

裏方の裏方 (6)


まさに裏方に徹するブランディング会社、パラドックス


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Reborn (3)


老朽化に伴う建て替えが発表されると、国内外で大きな反対運動が起こった。
それだけ、この場所に、日本建築の美が集約されていたということだろう。

家族の誕生日に親戚と食事したり、
ちょっと特別な日に友人と待ち合わせしたり。
幼い頃からずっと、近くて遠い場所。
人生のいろんなシーンを積み重ねていくことで、
背伸びをせずにスタッフと挨拶を交わせるようになった。

オリンピック開催をきっかけに、私の生まれ育った東京の街が、
私の知らない街に変わっていく。
フィナーレではなく、リボーンなんだと言い聞かせつつ。

最後の夏に、会えて良かった。

Reborn (2)


The rebuilding of Hotel Okura has been announced because of the aging.
Then a large opposition movement has occurred at home and abroad.
It only, in this location, the beauty of Japanese architecture would have
been aggregated.

I used the restaurant with my relative birthday of family,
I waited my friend at the bar for a little special day.
From an early age, it was close and distant location.
By going to repeat the various scenes of life,
I had been able to say hello to staff naturally.

Tokyo city, where I was born and raised, will change to the city I do not know,
in the wake of the Tokyo Olympics.
It was not the finale, and we hope it will be reborn.

At the last chance of the summer, I was happy to see there.

Reborn (6)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
空を繋ぐ (2)


今日、最初に「おめでとう」を伝えてくれたのは、「727」期の同期だった。
さすがに14年目となると、覚えていてくれる友人も多くなった。

2002年7月27日。
会社を立ち上げたのは、不安だったから。
そう言うと周囲は疑うけれど、本当にあの時は何もなかった。
どこにも所属していない自分の存在意義を、どこかに残したかった。

まだまだ手探りで、いつも自信がなくて。
でも、何か人のために役立つことで、社会に参加できることが、
自分を生かしてくれているのだと思う。

同じ空の下で、頑張っている人達のために。
朝を迎えるための、空を繋ごう。

きっと後ろに足跡が残るから。

オフィス・ビード。
14年目のありがとう。

空を繋ぐ (3)


The first friend who convey of "Congratulations" today, was ex-coworker,
"727" of synchronization.
If indeed the 14th year, many friends have become to remember my companies
established date.

July 27, 2002.
I was launched the company, because I was anxiety.
Surroundings may doubt, but I had really nothing that time.
The meaning of my presence that not belong anywhere, I wanted to leave
somewhere.

I still in the groping, and am always without confidence.
But, by helping some people, I would be able to participate in social.
So I can live by willing of someone.

Under the same sky, for people who work hard.
To greet the morning, I will connect the sky.

Surely footprints remain behind.

Office bead Inc.
Thank you for your support to start the 14th year.

空を繋ぐ (4)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next