Never give up a dream (1)

Never give up a dream (2)


メトロポリタン美術館前の路上で見つけた露天商。
バイクの絵を見て思い出す。

自宅に一台のスクーター(いわゆる原チャリ)があった。
父が母の誕生日に贈ったものだったが、怖がりの母は
率先してそれに乗ることはなかった。
目を付けたのは、好奇心旺盛の祖母。
とうに還暦を過ぎて、70歳近くだっただろうか。
「あら、面白そうね。ちょっと乗らせてみて」
引き止める家族を横目に、あっという間に視界から消えてしまった。

東京都下の小さな町、近所を一周しても十数分のはずだった。
しかし、待てど暮らせど祖母は帰宅せず。
いよいよ事故にでも遭ったかと、家族皆で心配していたところに、
警察から電話が入った。
「お宅のおばあちゃんが、バイクの免許取るにはどうしたらいいの?って、
交番に聞きに来たので保護しています。勇気ある無免許運転ですね」

後日、家庭裁判所に呼び出された祖母を、家族皆で叱って、そして讃えた。
どこまでも好奇心旺盛で、バイタリティーの塊だった。
いくつになっても夢を追いかけること、
いくつになってもチャーミングに生きることが、
人として最大の魅力だと、祖母の生き方に学んだ。

祖母の武勇伝は尽きることがない。

Never give up a dream (4)


I found a street vendor on the street at the Metropolitan Museum of Art.
I remembered the story seeing a picture of a motor bike.

There was a motor bike (so-called a motor scooter) at my home.
It was a birthday gift to my mother from my father.
But my mother did not take the initiative to ride it since she was
scared.
And my grandmother was full of curiosity it.
She past the sixtieth birthday long ago, she would have been nearly
70 years old.
"Oh, It’s may be fun. Let me try to ride"
She left my family, and had quickly disappeared from view,

As it was a small town in the west Tokyo, she should be back soon
after she went around the neighborhood.
However, after we waited for long time, she did not come home.

When we worried that there was even an accident, there had a phone
call from the police.
"Your grandma has been protected here. She asked us where she
should go to get driver's license of bike. She was brave without a license."

At a later date, the grandmother was called to the family court.
We reproved and praised her.
She was curiosity vigorous, and a lump of vitality.
We learned from her life that we never give up a dream at any age.
And the biggest attraction as a person was to live in the charming.

Her heroic episode never ended up.

Never give up a dream (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
俊足 (2)


正味二日間の滞在で、どれだけの人に会えるか。
これまでにないほどの時間的制約の中で、駆け抜けた。

スカイプも電話もある時代だけれど、
仕事を円滑に進めるために、直接顔を合わせて話をすることが
いかに大事かを再認識した。

一瞬垣間見た桜景色に、心を洗われた気がした。

俊足 (4)


How many people I could meet in two days stay?
In the time constraints of unprecedented so far, I run through.

Now was an era of Skype and telephone.
But to make a good business,
I was re-recognize how important to talk with face-to-face.

By Sakura-scene I glimpsed for a moment, I felt my heart was refreshed.

俊足 (6)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
生まれて初めて自分のお小遣いで買ったレコードは、ピンクレディーのシングル盤だった。
中学になるとオフコースのLP盤を集めて、
高校生になって初めて友人と一緒にコンサートに行った。

こんな話を職場の若者にすると、キョトンとされる。
どれもこれも、今どきの若者が知らないキーワードなのかもしれない。

しかし最近、音楽業界ではレコードの販売数が伸びているという。
米国で流行りのブランドにレコード部門が新設され、
街角でもクールなレコード店が出没している。

デジタルの時代だからこそ、アコースティックな音を求める。
流行は繰り返すとよく言うものの、
やはり古き良きものは必ず残っていくのだと信じたい。

実家に置いたまま、もう針を置くことはないと思っていたレコード盤を思い出している。
イメージキャラは、ちょっと突っ張った感じのアイドルで。
私の心のバイブルだった。
あのミニコンポ、まだ動くだろうか。

レコード盤 (2)


I bought a single record of Pink Lady for the first time with my pocket money.
I collected the LP board of Off course when I was a junior high school student,
I myself went to the concert with friends for the first time when I became a high
school student.

When I talked with young people this kind in the workplace, there was a blank look.
None this also, it may be a keyword that young people don't know nowadays.

However, recently, that the music industry has been increasing number of sales
of records.
The trend brand company in the United States established the record department.
Cool record store has been infested on a street corner.

At digital age, people ask the acoustic sound.
Although often say epidemic is repeated,
I still believe that old good thing will always remain.

I had a phonograph record at my home in Japan.
I thought there was no chance to play with it.
The image character, an idol of stiff character, was the bible of my heart.
I wish it could work again.

レコード盤 (3)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
このところの鬱の原因は、
職場の人間関係だったり、日々の子育てだったり。
やりたい気持ちはたくさんあるのに、
時間をマネージ仕切れない自分の力不足を責めるしかなかった。

親しかった友人の本帰国が次々と決まり、
異国の地に取り残されてしまう孤独感が募った。
本音を話せる友人と、会う時間すらないことも寂しかった。
心の拠り所を見つけられずに、彷徨った。

みんな、一生懸命に生きている。
いろんな悩みや問題を抱えながら。

書き切れないほどの想いが溢れているけれど、
それがまたエネルギーになればいい。

さて、新しい春に向かって、復活します。
皆さんのエールに感謝をこめて。

HOPE


There were some reasons of my recent depression.
Human relationship in workplace, or parenting of day-to-day.
Even though there were many feelings that I wanted to do,
I blamed my shortage that I couldn't manage a time.

One after another, close friends were determined to return to Japan.
I was feeling the loneliness that I would be left behind in a foreign land.
I didn't have a chance to meet friends that I could speak the truth.
To not find the cornerstone of mind, I was wandering.

Anyone lives hard.
While holding a lot of worries and problems.

My thought was always overflowing.
So I could get energy from them.

Well, toward the new spring, I will be resurrected.
Thank for ale of friends.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
側にいられないことが、もどかしくて、せつなくて、やるせない。
今、貴方の力を必要としている人のために。
何が出来るだろう。
力になる方法が、きっとあると信じている。

今朝は小雪が舞って、冬が戻ってきたように寒い。
涙が全部流れたら、新しい春がやってくる。


Disconsolate


I am helpless at all.
Now, for those who are in need of your power.
I wonder what I can do for you.
I believe I can be your side.

It was slight snow this morning, and cold as winter came back.
After your tears flow, new spring will come.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
静かに黙とうを捧げる。

貴女が生まれて、世の中はまだまだ知らないことばかりなのだと知った。

たくさんの絶望と希望。
たくさんの別れと出会い。
たくさんの裏切りと信頼。
たくさんの悲しみと喜び。
たくさんの裏と表。

命あることに感謝すること。
愛が、人を生かしてくれるということ。
痛みを知ってこそ、人の痛みが分かるということ。
一つ歳を重ねることが、どれほど大切かということ。

この世の中を、貴方にどうやって伝えよう。
太陽の光を全身で感じられることが、最大の幸せなのだと。

39


I dedicate a silent prayer quietly.
After you were born, I was learned there were a lot of things I did not know still.

A lot of despair and hope.
A lot of farewell and encounter.
A lot of betrayal and trust.
A lot of sadness and joy.
A lot of ins and outs.

We are grateful to live.
Love brings life of people.
If people know pain, they understand the human pain.
Amazing thing is to get one-year-old.

I wonder how to tell you this world.
The happiest fact is that we can feel the light of the sun in the whole body.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ続きを読む
Next
人生に無駄なものはない。
物事には必ず理由があるという。

人生にゴールなどないはずなのに、
どうして出会いの先に、別離があるのだろう。

春を探して、彷徨っている。

Petit Ressort


Nothing is useless in a life.
There is always a reason for things.

Nobody knows a real goal in life.
But probably there is a separation, because of an encounter.

Looking for a spring, we are wandering.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
体感 (1)


今シーズンで何度目かの風邪を引いている。
薬で発熱を抑えると、無理が出来てしまうから、無理してしまう。
そして、長引く。

今朝もこの寒さの中で、30分以上待たされた。
iPhoneはマイナス15度で電源が落ちること、きっと東京の人には分からないだろう。

新潟の友人からも、普通に雪の便りが届く。
でもやっぱり、ここの寒さは格別だ。

体感 (3)

体感 (1)


I have caught the cold again in this winter season.
Because I can do the impossible thing by controlling fever in medication,
I do the impossible thing.
And my cold will be prolonged for long time.

This morning even in this cold, I had to wait 30 minutes or more.
People in Tokyo would not know that iPhone shuts down the power in minus
15 degrees.

The snow news arrives from a friend in Niigata.
But still, the cold here is an exceptional.


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
フランスで起こったテロ事件は、衝撃的だった。
パリ在住の友人から、緊迫した街の雰囲気が伝えられた時は、胸のざわざわが
止まらなかった。

今週になって、「シャルリー・エプド」誌の最新号は、500万部も発行されたという。
準じて、「赦す」という言葉を、「すべては許される」と翻訳した記事の是非も興味
深かったが、素人にとっては何が正しいのか明確でない。

中高の授業以外で英語を習ったこともないから、私の英語もかなりいい加減。
ただ「聞きたい」「伝えたい」という気持ちだけが先行して、今に至っている。

先日、「怒る」と「叱る」の違いについて問われた。
仕事の場で「怒る」上司より「叱る」上司が信頼されるという話。

第三者的立場に立って、冷静に「叱る」ことは、確かに正しい。
当人の将来を考えて、本当に良かれと思えばこそ、いっときの感情で「怒る」わけには
いかないのだと。

けれども、当事者としての感情があるから、愛があるから「怒る」ことだってある。
うっぷん晴らしの矛先でなく、自分にとって大切な、身近な対象であるからこそ、
感情が動いて「怒る」のだと。

文字や漢字の違いで明確に説明できるものならまだしも、
感性や感情を伝えることほど難しいことはない。
世の中にある言葉が、必ずしも、自分の内面を説明できる単語とは限らない。
文章にした途端に、記録された文字が一人歩きしていく違和感。

聞きたいことを聞きたい。伝えたい人に伝えたい。
こんな葛藤のなかで、日常が過ぎていく。

伝えること (3)


Terrorist attacks that occurred in France, was shocking.
When the tense atmosphere of the town had been reportedly from a friend
living in Paris, My heart was beating.

This week, the latest issue of "CHARLIE-HEBDO" magazine will be issued
five million copies.
I was interested the article translated the word "forgive" as "Everything is allowed".
But as an amateur, I didn't know what was a correct.

Since I've learned English only in middle and high schools, my English is also
pretty sloppy.
But only feeling that "I want to hear." and "I want to tell." is preceded, and it has
led to now.

The other day, and I was asked about the difference of the "angry" and "scold".
It was the story that "scold" boss was trusted than "angry" boss in business scene.

Standing to third party standpoint, calmly "scold" is certainly correct.
Given the future of the person, and what if think that the really good.
You had better not to be "angry" with temporary feelings.

But, I think that "angry" is caused there is a feeling as a party, in other words,
there is a love.
Because she/he is an important person, the emotion moves and gets "angry" feeling.
It is not to wreak one's grudge,

It is no bad that can be clearly explained by the difference of characters and
Chinese characters, but it is very difficult to convey the sensibility and emotion.

Words in the world, necessarily, the words cannot explain the inner surfaces.
I doubt that the letters go away soon after I produce words as a sentence.

I want to hear that I want to hear. I want to tell the people that I want to convey.
Among this conflict, every day goes through.




ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
Happy New Year (3)


中学一年生の夏休み、他界した祖母に連れられてやってきたのが最初だった。
それから、公私含めて数え切れないほど来ていた土地だけれども、
14年ぶりに空港に降り立った時は、緊張でドキドキした。
青い空も、透き通った海も、優しい人達も、一寸も違わずに、そこにあった。

時代はどんどん移りゆくけれども、古き良きものを大切にする精神は大切にしたい。
普遍的なもの、たくさんの愛を与えられる、強さと優しさを身に纏えるように。

皆様、本年もよろしくお願いいたします。

Happy New Year (1)

Happy New Year (4)


My grandmother took me here for the first time when I was a freshman
in the junior high school in summer vacation.
Then, although I had come this land in countless, including public and
private.
When I landed at the airport first time in 14 years, my heart was pounding
in tension.
Blue sky, crystal clear sea, friendly people also, were just there as same
as before.

Though the era moves rapidly, I want to keep the spirit to cherish those
good old.
Holding the strength and tenderness, I want to give a lot of love, the
universal thing.

To everyone, thank you also this year.

Happy New Year (2)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
A-Time (1)


子供の頃、大好きだった漫画に「A-Girl」というのがあった。
見た目ではなく、中身の熟成した「最高級の女」を目指そうと。
いつかそんな素敵なレディーになるのが目標だった。

先日、ちょっと難しい依頼を受けた。
20年ぶりにニューヨークを訪れるお客様に、惜しみなく今のニューヨークをお見せして、
ニューヨークで最高の時間を過ごせるようお手伝いしてほしいというものだった。
先方からは必要最低限の情報しか入らず、一体何をどうアレンジすれば良いのか、
途方に暮れた。

最高級のホテルやレストランを予約して、その場限りの楽しいお喋りをするのなら、
きっと誰にでもできるから。
私にしかできないことをやろうと、頭をひねった。

そして、原点に返った。
私の役割は、あくまでも人と人、文化と文化のつなぎ役だから、と。

無秩序なスケジュールながらも、たくさんの人を繋いで一週間を過ごした最終日。
ブルックリンからマンハッタンの夕焼けを臨むマジックアワーに遭遇。
うまく言えないけれど、自分の役割を少しはまっとうできたのかなと、
すがすがしい気持ちになった。

たくさんの費用をかけて楽しむ時間を演出するよりも、
基本にかえって人を繋ぐことで、誰かに新しい息吹を与えられればいい。

これからは、そんな時間を「A-Time」(最高級の時間)とよんでみよう。

A-Time (3)


When I was a child, there was my favorite comic titled "A-Girl".
I thought to try to aim to be "the finest woman" with mature contents,
rather than appearance.
It was one of my goals to become such a nice lady someday.

The other day, I was asked a little difficult work.
For a client who came to New York for the first time in 20 years, I had
to help so that he could spend the best time in New York, by showing
the current cool New York.
I was at a loss how to arrange the itinerary because I could not get
the full information from the other party.

I was sure that everyone could reserve the finest hotels and restaurants.
Or they could make fun with temporizing chatting.
I tried to do something special that only I could do for them.

And, I was returned to the origin.
My essentially role was to connect people, or to be the bond between
the culture and the culture.

We spent one week together to let him know many people in the chaotic
schedule.
The last day, we saw the sunset in the Magic Hour overlooking the
Manhattan from Brooklyn.
Though it was difficult to express my feeling well, I was happy that I could
to be my role that he hoped
.

I prefer inject fresh air to someone by connecting the person than
produce a fun time by using a lot of money.

From now on, I'll call "A-Time" (the finest time) for such a precious time.

A-Time (4)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
reborn (1)


お気に入りのカフェで、読みたかった本を開く。
お気に入りの入浴剤を入れて、ゆっくり湯船につかる。
お気に入りの人と、深夜遅くまで語り合う。

心身にたまった日常の異物が、外に流れ出るの感じる。

「言うは易く行うは難し」というのは言い訳で。
一歩進めば、必ず次の一歩が見えてくる。

愛と思いやりと情熱で。
誰でも生まれ変わることができる。

しっかりと、手を繋ごう。

reborn (3)

reborn(5)


To open the book I wanted to read at my favorite cafe.
To put my favorite bathing agent, slowly soak in the bathtub.
To talk with my favorite people until late midnight.

The foreign matter of everyday that has accumulated in the body
and mind, I felt flowing out to the outside

I don't like the excuse of "easier said than done".
After I start one step forward, always the next step comes into view.

If there are love, compassion and passion.
Everybody can be reborn.

Firmly, hand in hand.

reborn (4)


ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
夢(5)


高校時代からの親友が、ニューヨークに遊びにきてくれた。
お土産にと差し出されたポストカードに、私の心は泣き崩れた。

かつて彼女の実家には、多感な時期のたわごとを夜通し喋り通していても、
それを受け容れてくれる居心地の良い空気が漂っていて、気が付けば
たくさんの仲間が自然に集まっていた。
彼女が海外留学をして不在の時でさえ、仲間一人一人を自分の子供同然に
扱ってくれる御両親と、姉妹のように接してくれる「おねえ」の器の広さに、
私達はずいぶんと甘えさせていただいたものだった。

大好きな「おねえ」が難病を発症したのは、20年以上前のこと。
当時はその病名さえも分からないまま、たくさんの病院を巡ったことを
聞いていた。
病気の進行度合いも見えないまま、手探りで過ごす日々がどれほど不安で
あったのか。
周囲へはそれを微塵も感じさせない家族の強さだけを遠くに感じながら、
月日が過ぎていった。
私の生活の拠点が米国になってからは、いつも心にあるだけで、
何も出来ないのが現実だった。

今夏、久しぶりに「おねえ」に会った。
うまく歩けなくて、杖と電動車に頼る生活ではあるけれど、今でも元気に
小学校の先生を続けている。
休みには石垣島に渡って、ダイビングを楽しむ話は、私の心に深く響いた。
彼女の生き様から、どれだけ多くの子供達が、生きる力を与えてもらって
いることか。

「愛」と「夢」に託されたメッセージ。
求めるよりも、与えること、受け入れることを考える。
具体的にすぐに動くこと、自分の目で確かめることこそが、前に進む一歩。

「おねえ」のことを、いつかきちんとした形で伝えることが、私の目標になった。

夢(6) - コピー


その生き様が「おねえ」にそっくりだという「Moji Artist」浦上秀樹氏の作品。
文字に託されたメッセージ、貴方には伝わりますか?

夢(3) - コピー


My best friend from high school came to visit to New York.
When I was received the post cards that were proffered as a souvenir,
my heart broke down by impressed.

Her home had cozy air that could accept everything even though we
were talking shit at susceptible time through overnight.
So many fellows had gathered if noticing.

Even when my friend was not there for the study abroad, her parents
brought up us same as their own kids.
And her elder sister Ayumi, called "Onee" treated us like her real sister.
Because they were so tolerant, we were pretty spoiled.

It was more than 20 years ago when my love "Onee" has developed
incurable disease.
I had heard that they had spent a lot of time to visit many hospitals
without knowing even the name of disease.
I assumed the anxiety about their day-to-day while degree of progress
of the disease had not been visible.
The time went by as I had far feeling only the strength of the family,
while they did not show it to the surroundings.
After I moved my life base to the United States, I was not able to do
anything in real, even though I always thought of them in my heart

This summer, I met "Onee" for the first time in a long time.
Her life style is relying on canes and electric cars since she does not walk
well.
But she has worked as an elementary school teacher cheerfully even now.
Her story that she had enjoyed the diving in the Ishigaki Island sounded
deeply in my heart.
How many children have been given the much energy to live, from the
way of life of her?
,
Here are messages that have been entrusted with "love" and "dream".
Love is to give and accept。
Dreams come true when you move immediately specifically.
One step to move forward is that you see something with your own eyes.

Telling about "Onee" in the form of neat someday has become one of
my goal.

夢(2) - コピー


These works by "Moji Artist", Mr.Hideki Urakami that who's way of life
that looks just like Ayumi, impressed me a lot.
Do you understand the messages that have been entrusted to the
character?

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
大切なもの(1)


手を繋いで歩く。
こんなに当たり前のことが出来るようになるまで、どれほどの時間が
必要だっただろう。

本当の愛を確信して、心を許してこそ、手を繋ぎたいと思う。
信頼関係があるところに、手を伸ばしてみようと思う。

「本当に大切なものは目に見えない」と綺麗ごとのように言うけれど、
具体的に差し出された手を見て触って感じなければ、
大切なものにも届かない。

本気で掴んだのなら、その手を決して離さないで。
繋いだ手を離さないで。

大切なもの(4)


Walk hand in hand.
I couldn't imagine how much time we had been required until we could
take for granted.

We want to hand in hands, if we convinced true love, and allowed the
mind.
We reach out hands if there is a trust relationship.

In general it is said "The really important things are invisible."
But you do not look, touch and feel, to the outstretched hand specifically,
It cannot reach to the important things.

Never let the hands if you grab in earnest.
Never let the hands that you've grabbed.

大切なもの(2)
Next
期待するから、裏切られる。
だから、信頼しつつも、期待はしない。
そうやって、生きてきた。

信頼していたはずの人に、裏切られた。
それは優しい嘘でなく、人を傷付ける嘘だった。
たくさんの人を巻き込んで。
もちろん本人は、それさえも気付かない。

嘘と言い訳と意地悪と。
すべてを周りのせいにして、自ら動くことはない。
多大なエネルギーを費やして放った言霊は、
右から左へ抜ける音楽として、処理される。
その場しのぎの誓いと約束は、放った瞬間から風化する。

自戒の意を込めて。
必ず自分で動くこと。
同じことは繰り返さない。
思いやりの気持ちと具体的な行動だけが、
必ずきっと、未来を開く。

私は私らしく。
何度裏切られたとしても、自ら信じて愛を与えよう。

期待


To be betrayed because I expect.
So, even while I trust, I do not expect.
In doing so, I have been alive.

I was betrayed by friend whom I had believed.
It was a lie that hurt people, not a gentle lie.
And it was involving a lot of people.
Of course, he was even unaware it.

It was lie, excuses, and nasty.
To blame all around, he never take action himself.
The words that were made spending a great deal of energy
was processed as music passing from right to left.
The promise and oath of makeshift were weathering from the
moment.

I notice meaning of self-discipline.
I always take action from myself.
And I will not be repeated the same thing.
Only concrete actions and feelings of compassion, surely, make
the happy future.

I believe my way to alive.
Even I am betrayed again and again, I will give the love to believe.
Next
「今夜は月が綺麗だよ」
遠くから、繊細な感性を送ってくれる友がいる。
「同じ空を見上げているね」
こうやって繋がっていることが、勇気をくれる。

どんよりと低く垂れこめた雨雲に、
今年最後のスーパームーン観賞は諦めていたけれど、
早朝4時近くになって突然、雲が流れて、月光が射しこんだ。
向かいのペントハウスの住人もまだ起きていて、
その瞬間をカメラにおさめた後に、灯が消えた。

人間は古代からずっと、空を眺めて生きてきた。
今日という日は二度とないから、明日も当たり前の日常がやってくるとは思えない。
それでも、明けない夜はないし、必ず明日がやってくるという希望こそが、
今日ここにある自分に生かされていくのだ。

育児ブログでも、食べ物ブログでもない。
本業とは別に、徒然な日々を綴る場所。
楽しいことも嬉しいことも。
悲しいことも辛いことも。
がんばる日本人を応援したり。
萎えそうな自分を奮い立たせたり。

生きている生のニューヨークを伝える。
それしかできないけれど、それでも伝えられるものがあるかもしれない。

お立ち寄りくださる、すべての皆様に心から感謝の意を。
これからもよろしくお願いいたします。

02


"The moon is beautiful tonight"
My friends send me a delicate sensibility from far away.
"I have looked up at the same sky"
That we are connected, give me the courage.

Since the rain clouds were low to overcast,
I had given up the last Super Moon ornamental of this year.
But suddenly, clouds flows in the form to close early in the morning 4:00,
the moonlight shined in the sky.
The residents of the penthouse across the street were still awake,
After they shoot the moment in the camera, lights went out.

Much, human beings have been living, looking at the sky since ancient times.
I do not think every day of commonplace comes tomorrow, because today
never comes again.
Still, the hope that the night would be taken over to the morning, makes us
the energy to alive here today.

This is not a child care blog, nor the food blog.
Apart from my business, this is where I report the day-to-day.
I don't want to forget my feeling of every day, glad, fun, sad, and painful.
It might cheer up the Japanese who work abroad.
It might inspire my-self when I am almost withered.

Though I can only convey the raw New York life, I might bring some feelings
to someone.

Sincerely, I thank from my heart to everyone here.
Please stop by here again when you have time in the future.

30


Photo by K.Tsukigi

写真の無断転載を禁じます。

Next
これから何が起こるのだろうというワクワクと。
これからどうなっていくのだろうというドキドキと。

当たり前のように過ぎゆく毎日を、無為にしないこと。

さて、そろそろ、新しい出発です。

10


An excitement of what will happen from now on.
A pounding of what will happen from now on.

I want to make it not to inaction, since everyday goes unconsciously.

It will be soon, time for new departure.

56
Next
気が付けば、干支が一周してしまった。
明日の仕事も生活も保障されない立場は相変わらずだけれど、すべてを失っても、
お金で買えないものが残るはずということだけが、仕事を続けるモチベーションでもある。

13年目を迎えたOFFICE BEAD INC.を、よろしくお願いいたします。

27


When I noticed it, it has been 12 years.
Both my business and my life are not guaranteed to be still the same.
But even if I lose everything, things that can’t be bought with money should
remain with me.
It is my motivation to continue my work.

Thank you for your support for the OFFICE BEAD INC., which celebrated its
13th year.
Next
ES1

ES3


一昨年の夏、我が家のすぐ近くにあった老舗薬局屋が閉店した。
1899年から、100年以上にわたって、地元の人々に愛された店だった。

http://ny-blog.org/archives/3501849.html

地盤の固いマンハッタンでは、建物を新築することよりも、古い躯体をそのまま
利用して改装することの方が多い。
街の景観を保護する意味でも、新築の許可を取ることが困難であるという理由もある。

1年半の月日が経ち、改装工事の壁が取り除かれると、見慣れないグレーカラーが
目に映えた。
ハリウッドやマンハッタンで人気の眼鏡店WARBY PARKER。
日本では価格破壊といわれる値段で手に入る眼鏡業界に反して、米国ではまだまだ
高級な眼鏡が人気。
そしてこの地区は、なぜか眼鏡屋の激戦区で、この界隈だけで十数軒の眼鏡屋が
点在している。

人々が長く必要とした薬局のように、この眼鏡屋も長い歴史を刻んでいくのだろうか。
健康を助長するスポーツジムの横に、脂肪たっぷりのアイスクリーム屋があったり。
映画館のすぐ横に、眼鏡屋が佇んでいたり。
なんとも矛盾の多い、そしてクールな街。それがマンハッタンなのだ。

ES4


Summer of two years ago, well-established pharmacy that was in the
immediate vicinity of the home was closed.
It was a shop from 1899 that has been loved by the local people more
than 100 years.

In Manhattan with firm ground, it is much better to be renovated using as
it is the old precursor in many cases, than to build a new building.
Taking the permission of the new construction is also difficult, in the sense
that is intended to protect the landscape of the city,

When month of a year and a half have passed and the walls of the
renovations was removed, the gray color that was unfamiliar in eyes was
shown.
It was a shop of the optician WARBY PARKER that is very popular in
Manhattan and Hollywood.
Contrary to glasses industry available at price which is said to be price
destruction in Japan, high-grade glasses still popular in the United States.
And this area is in the battleground state of optician, more than ten stores
are dotted in this neighborhood for some reason only.

As people have required that pharmacy for a long time, I wonder this
eyeglass shop also hit a long history.
Next to the gym which promotes health, there is an ice cream shop with
a lot of fat.
Right next to the movie theater, there is a optician store.
The city is very cool, with a lot of downright contradiction.
It's a Manhattan.

ES6

ES7

Next
灯1


最大の喜び、最大の悲しみ。
忘れようとする時、思い出そうとする時。

永遠に昇華されない感情のやり場を探して、
ずっとずっと彷徨っている。

貴女が存在した理由が、きっとある。
心のともしびは、永遠に。

灯2


It was the greatest joy, and sorrow maximum.
Though people sometimes try to forget it, but I'll never.

We wander looking for the destination with un-cleared emotion that won't sublimation forever.

Surely, there was a reason that you were here.
FIAMMA, the light of the heart, will shine forever.
Next
謹賀新年_1


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

謹賀新年_2


Happy New Year !!
Next
IMG_5459


繋がっている。
空も海も、そして時間も。

抜けるような青空が、心に染みわたる秋。

IMG_5463


Even if you believe or not, it has been connected.
The sky and the sea, and also the time.

High blue sky is fallen out over stain in mind, it is autumn.
Next
DSC09185


プライベートな事情で心に余裕がなかった頃、友人からのSOSに気付いてあげられなかったことがあった。
その後、帰らぬ人となった彼女を想うたびに、心に誓う。
「会いたい人には会える時に会う」

「遠くから想っているよ。応援しています。」言葉にするのは簡単だけれども、自分が出来ることを具体的に提示するための第一歩は、まず会って目を合わせて話すこと。

かつての職場で血と涙を分け合った大好きな先輩は、南仏から6時間もかけて会いに来てくださった。
日々共感することが多く、互いに心の支えとなっていたパリ在住の同級生は、忙しい時間をやりくりして、毎日少しずつでも時間を共有してくれた。
日仏を頻繁に行き来するジェットセッターの友人にも、タイミングよくパリで再会することができた。

店舗開業に向けて奮闘する仲間を直接訪ね、パリコレクションに出展したサロンを応援に行く。
たくさんの事情を抱えながらでも、今やれることをやらなくては。

街角のカフェでお喋りするマダム達の美しさ、フランス語の優しい響きに心を洗われて。
自分のミッションを改めて見つめ直した時間は、狂おしいほど愛おしかった。

(友人達のブログも是非ご覧ください。)

DSC09173 (2)

DSC09154 (2)

1016275_3330781924042_1886340176_n (2)


When I could not afford to mind in private circumstances, I could not aware
of the SOS from a friend.
Every time I think her who passed away later, I swear to mind.
"When I want to meet the person, I meet him/her."

It is easy to say "Think of you to support from a distance".
But the first step that I provide something I can do specifically, is to meet
to talking to suit her/his eyes.

My favorite senior who shared the hard time at work before, came to Paris
to see me that took over six hours from South France.
A classmate, living in Paris that has become the emotional support to each
other, came to share the time with me every day even little by little.
Also a friend, jet setter who goes frequently Japan and France, was able to
meet again in Paris in a timely manner.

I visited a fellow directly to struggle towards the store opening, and I joined
the meeting for a salon that was exhibited at the Paris collection.
I do something better that I can do, even I still have a lot of concern and
circumstances.

The beauty of Madame who talked at a cafe corner and the gentle sound
of French conversation made me happy.
The time that I re-examine the mission of my life, was very lovely and
precious.

(Please also see the blog of my friends.)

IMG_5202


Yuki Mouquet Yamaguchi

Aki Goto Mellet

Takumi Yamazaki

Next
040
041






























キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)の名前を初めて知ったのは、中学社会の教科書だったと記憶している。
アメリカにおける黒人差別の反対運動に貢献したといっても、ピンとこなかった。

1963年8月28日、ワシントン大行進が行われるなか、キング牧師がリンカーン記念堂前で人種差別の撤廃と各人種の協和を呼びかけ、有名な演説を唱えた。
「I have a dream.」(私には夢がある。)
歴史を変えたこの言葉、この演説の重みをしみじみと考える。

1968年にキング牧師が暗殺され非業の死を遂げてから40年で、アフリカ系アメリカ人初のバラク・オバマ氏が大統領に就任するとは、当時の誰が予測しただろうか。
ミシェル・オバマ夫人にいたっては、黒人奴隷の子孫でもある。

キング牧師の演説から50年を記念して、8月最後の週末、ワシントンDCの街はお祭りムード一色だった。
全米各地から集まってきたアフリカ系黒人集団が街を埋め尽くす。

「40代を過ぎると人生の満足度が増える」と世間では言われるけれど、それは同時に夢を諦めることで今ある幸せに満足するからともいわれている。
でも、世界を動かしたあの言葉こそが、明日を生きるためのモチベーションに繋がるのかもしれない。

「I have a dream.」
幼い頃に思い描いていた夢を、もう一度思い出してみよう。
どんな小さな夢だって、具体的に行動すればきっと手が届くと信じたい。

039






























It was in a textbook of middle school society that I first learned the name
of Martin Luther King, Jr.
To say that he had contributed to the campaign against Jim Crow in the
United States, I did not have any idea.

While the march on Washington was carried out on August 28th in 1963,
Dr. King made the famous speech for harmony of each race and the
elimination of racial discrimination in front of the Lincoln Memorial Dome.
"I have a dream."
I think again the meaning of the words and speech that changed the
world's history.

Martin Luther King was assassinated in 196 , it was the violent death.
At that time, who had predicted that after 40 years, African-American's
Barack Obama becomes US's president?
How about the first lady?
Mr. Michelle Obama leads to a descendant of black slaves.

To commemorate 50 years from the speech of Martin Luther King, the
city of Washington DC was filled with a festive mood on the last
weekend of August.
Black African-American population that has been gathered from
across the United States filled the town.

It is said that "the life satisfaction increases after the 40's."
It is also said at the same time that "to give up the dream leads to be
satisfied by present happy."
But, those words that moved the world, may lead to motivation to live
tomorrow.

"I have a dream."
Let us remember the dream that was envisioned at an early age.
Even what little dream, I believe we surely reach the dream if we make
concrete actions.

124
126
Next
DSC08952

















束になったパスタの中からたった一本を引っこ抜くように、個性を引っ張り出してくれるアメリカ。
塊のチーズをそぎ落とすように、人と違うことをするよりもすべてのボトムアップを奨励する日本。
両方の良いとこどりをすることは、できないだろうか。

板挟みになって泣いた想いも、成果なした時に笑顔に変わる。
細々と、それでも確実に歩いてきた。

2013年7月27日、明日から始まる12年目のために。
周囲のすべての人に、ありがとうの感謝をこめて。

DSC08893






























In America, teachers pull out the personality, as to unplug only one from
the pasta bundled together.
In Japan, they encourage bottom-up all not to be different people, as to
slice off a chunk of cheese.
Shall I able to take the best of both worlds?

I cried in a quandary as well, but changed to smile when I had good
results.
I have walked not in strongly but surely.

Next
久しぶりにとても怖い思いをした。

夕方、オフィスを出たところで、角を曲がってきた黒人男性が
私のいる方に全速力で走ってきた。
彼が宙に放り投げた黒い物体が私にぶつかった直後に、彼が体当たりしてきた。
咄嗟によけることもできずに、ほぼ正面衝突。
少年が倒れた直後にパトカーのサイレン。

前から後ろから集まってきたパトカーに包囲され、少年はあっという間に御用となった。
後ろ手に手錠をかけられて、それでも警官は少年を殴る手を止めなかった。
なぎ倒された私を抱えて助けてくれたのは、ベビーカーを引いた黒人女性だった。

映画のワンシーンのような逮捕劇に巻き込まれながら、白昼夢を見ているような気分だった。
足が震えて、事情聴取に応える言葉もスムーズに出てこない。
ようやく解放された後、友人達に壊れそうな心境を訴えようにも、はたしてこの温度感を伝えることは難しい。

すっかり慣れた街とはいえ、ここはニューヨークなんだということを再認識した。
銃が出てこなかったのが幸い。
頬を伝ったのはきっと、安堵の涙。
明日からまた強くなる。

124






























I had a very scary experience for the first time in a long time.

After when I left the office at the evening last week, a black man was
running from around the corner at full speed towards that there was me.
Immediately after the black object that he tossed in the air ran into me,
he has been hit body.
I could not avoid him by the moment, and nearly head-on collision.

The siren of the police car immediately sounded after the boy fell down.
Besieged by police car has been gathered from front to back, the boy
was caught in no time.
In handcuffs behind him, but police did not stop the hand that hit the boy.
It was a black woman with the stroller who helped me that fallen down.

I felt such as looking at the daydream while being involved in arrests, such
as movie scene.
My words could not come out smoothly to respond police's questions with
my legs shaking.
After being released finally, it was really difficult that I tried to sue the
broken mind to friends, to convey the sense of this temperature.

I re-recognize that here was in New York even though I was completely
used to live.
Fortunately the gun did not come out.
Surely, my cheek tears were to relief.
I will become stronger again from tomorrow.

065


Next
111
106





























長い冬という名のトンネル、その向こうにあるもの。
運命のいたずらか、あるいは時の偶然がもたらした賜物か。
貴方がこの世に降り立った理由を、
必ず見つけてあげると約束して。
祝福がきっと貴方のことを、手放しはしないから。
いつかじゃなくて、今できること、それがすべて。

今年はとにかく冬が長くて、
いつまでたってもダウンがしまえなかった。
セントラルパークの桜が花開いたら、
心の鍵をそっと開けてみよう。
翼の生えた心は、いつでもどこにでも飛んで行ける。
力強く、そして優しく。

120
121

















It was in the other side of the tunnel named long winter.
It might be a twist of fate or a gift that at the time of accident has brought.
We promise we will find the reason you landed on this world.
We are sure that the blessing won't let you go.
You should do now, not one day. It is all.

Anyway I did not put the down jacket in the closet since this winter has
been very long.
Let me gently open the key of my heart when the Central Park has
blossomed cherry.
I can go flying with winged hearts, anywhere anytime.
With powefully and gently.

118
123
Next
築地市場に行った時に、久しぶりにマイ包丁を購入した。
数年前に他界した祖母が、刃物だけは良いものを使うようにと、いつも説いていた。
爽快な切れ味の包丁を手にすると、かつて思い描いていた夢を思い出す。

今でこそゆっくりキッチンに立つ時間は限られているけれど、祖母や母の影響もあって、幼い頃から料理が好きだった。
老若男女、胃袋が満たされていればまず幸せな気持ちになれるのは世界共通。
毎日気軽に立ち寄れて、笑顔になって帰れる場所。
そこに行けばいつも仲間に会える、BGMのいらない大人の空間。
そんな場所を提供する役割を担いたいと思っていた。

包丁一本が夢の懸け橋になることだってある。
そんなことを考えながら、日々大事に使い、研いてあげよう。

DSC07593

















When I went to the Tsukiji Fish Market, I bought my knife for the first time
in a long time.
I was always taught by Grandmother, who passed away a few years ago,
to use only good things cutlery.
When I got the kitchen knife sharpness exhilarating, I remember my dream
that was once envisioned.

I have limited time only standing in the kitchen slowly now, but I love
cooking from an early age because of the influence of the mother and
grandmother.
It is universal if the stomach is filled with, people feel happy.
It might be a place that makes you feel free daily, and you go home with
happy smile.
It might be an adult place that you go to meet a friend always there,
without BGM.
I had wanted to play a role in providing such a place.

There is a chance that even a knife would be a bridge to a dream.
Thinking of that time, I'll use this knife with care daily and grind it.
Next
DSC07103






























入社式や入学式というのが世界共通の行事ではないということを知ったのは、社会人になってしばらくしてからだった。
それでも、4月1日に濃紺のスーツに身を固めた社会人一年生の姿が報道されると、なんだかとても新鮮で、懐かしい気持ちに包まれる。

右も左も分からなかったことのことを、決して忘れることがないように。
目標にしようと思っていた先輩の姿に、少しずつでも近づくことができるように。

空に向かって深呼吸。
また一歩、歩き出そう。

DSC07105






























After a while I had gone out into the society, I learned that the entrance
ceremony of school or company was not a common event in the world.
Still, when the freshman members who settled down in the dark blue suit on
April 1st has been reported, I was wrapped in a fresh and a nostalgic feeling.

So never forget, things that I did not know left from right.
I wish I will be a senior that I was going to the goal, even a little bit closer.

Take a deep breath into the sky.
Step by step, I'll start walking again.

Next
行き場をなくした春の息吹。
本当にごめんね。その言葉しか思いつかない。
この空と海が、時空を超えて繋がっているのなら、
いつか必ず探しに行くと、約束しよう。

015








































You have lost your place to go.
I was really sorry. It was only word that I could think of.
If the sky and the sea are led across time and space, we'll promise to go to
look for you someday.
Next