私の「栗好き」を知っている同級生からの差し入れ。
オフィスが近いからと、わざわざ届けてくれた。

こんな気遣いが、何より嬉しい。

写真 2020-11-20 8 36 20


A classmate who knew my "love for chestnuts" sent this to the venue of our event.
He stopped by there to deliver it because it was close to his office.

This kind of thoughtfulness made me more than happy.
Next
まもなく本帰国を予定している友人を囲んで、フェアウェルランチ。

私が渡米した時期と同じ頃からニューヨークで頑張ってきた彼女は、
日本にいる両親の介護を少しでも手伝おうと、帰国を決めた。

気がつくと、米国にもう20年も住んでいるのに、
いつまでも「移民」というレッテルが外れることはなく、
いつしか帰れるはずだった故郷も、遥か遠い国になってしまった。

「余生を過ごす」というにはまだ少し若過ぎるけれど、
海外と祖国を往来できる自由が戻ってこないのであれば、
自分はどこで過ごすべきなのかと、悩ましい。

これまでに本帰国する友人を、数え切れないほど見送ったけれど、
いろんな学びをもらった彼女との別れは、とても寂しい。

ぽっかり穴が開いた心に、冷たい冬の風が吹き込んでくる。

写真 2020-11-17 13 28 20


We had a farewell lunch with a friend who is planning to return to Japan soon.

She had been working hard in New York at the same time I came to the United States.
She decided to return to Japan to help take care of her parents, Japan.

I realized that even though I've lived in the United States for 20 years now, the label "immigrant" will never be removed.
And the hometown I was supposed to return to someday has become a faraway country.

Although I'm a little too young to say that "spend the rest of my life,"
If the freedom to travel to and from the homeland abroad will not return, I will be torn about where I should be spending my time.

I've seen countless friends returning to Japan, but I'm unfortunate to say goodbye to her, from whom I learned so much.

A cold winter wind blows into my heart, which has a gaping hole in it.

IMG_9654
Next
舞台女優の今泉りえさんも、必ず連絡をくださる方の一人。
稽古やレッスンの合間を調整して、会えない時間をキャッチアップ。

「働くママ」としてのカテゴリーは一緒だけれど、
彼女の行動力とそのエネルギーには、おおいに圧倒される。

障害を持った子供達に歌う喜びを、現役の後輩達に発声を教える。
御本人の舞台稽古が始まると、1日が48時間あっても足りない忙しさ。

コロナ禍でエンタメ業界も困難な時代が長引きそうだけれど、
彼女のように強く生きる人が、きっと光を導いてくれるのだと思う。

写真 2020-10-15 19 42 21


Stage actress Rie Imaizumi is one of my friends who always contacts me.
She coordinates her time between rehearsals and lessons to catch up with me when we could't see each other.

Although we're in the same category as "working moms,
I am overwhelmed by her energy and drive.

She teaches the joy of singing to disabled children and vocalization to younger actors.
When her stage rehearsals begin, it's not enough for her, even if there are 48 hours in a day.

Although the entertainment industry seems to be facing a prolonged period of difficulty due to the COVID-19 pandemic,
I am sure that people who live as strongly as she does will lead us to the light.

写真 2020-10-23 4 42 12

写真 2020-10-23 3 32 28


Next
コロナ禍による入国制限がかかるなか、PCR検査と自主検疫がネックとなり、
日本に戻っても、思うように人に会えない。
それでもタイミング良く声をかけてくださった方には、できるだけ会いたい。

パーソナルファッションディレクターの麻日奈芽実さん。
その審美眼と洗練されたセンスの良さに、お会いするたびに惚れ惚れする。
前夜まで徹夜作業の連続だったそうだが、登場された時はすっかり元気。

コロナ禍で縮小した仕事と、その反動で広がった仕事。
他愛ない話も含めて、数時間の喋り倒し。

表参道にある隠れ家的な和食屋は、パーフェクトに私の好みで、
おもてなし上手な彼女の立ち居振る舞いまで、しっかり学ばせていただいた。

最後は恒例の、芽実さんのインスタアップ用写真を撮影してお別れ。
やっぱり直接会わないと、伝わらない。

写真 2020-10-20 10 41 18


Amidst the restrictions on entry into the country due to the COVID-19 pandemic, due to PCR inspection and voluntary quarantine, even though I was back in Japan, I couldn't meet people as much as I liked.
Still, I liked to meet as many people as possible who were willing to talk to me at the right time.

Memi Asahina is a Personal Fashion Director.
Every time I meet her, I fall in love with her aesthetics and refined sense of style.
She said she had been working all night long until the night before, but she was in great spirits when she showed up at the restaurant.

Our theme was about the business that was downsized or expanded due to the COVID-19.
We talked for several hours, including some trivial stories.

This secluded Japanese restaurant in Omotesando was perfectly up my favor.
She was a hospitable person, and I learned a lot about her behavior.

We finished up to take her Instagram photo, as she always does so, and said goodbye.
You can't really get to know someone well unless you meet them in person.

写真 2020-10-20 0 19 36




Next
過去のキャリアにすがりつくこともないし、否定をすることもない。
たまたまあの時代に、女性の能力を活かせる魅力的な仕事に就くことができた。

退職後のメリットは皆無だし、自分の必要にマッチするキャリアを選んでいる。
ただ、あの時代から繋がっている仲間との御縁だけは、一生の宝になっている。

留学中で課題に奮闘していた私を、気分転換に連れ出してくれたり、
食が進まない長女のために、せっせと日本の離乳食を運んでくれたり。

異国の地に行き転職した同僚のことを、こんな風にも愛してくれる仲間はいないから、
私もここに来ると、いつも泣きたいぐらいに安堵する。

猛暑のなかの雷雨、そしてダブルレインボー。
私たちの人生も、後で振り返ればきっと、こんな虹色になっているのだろうか。

写真 2020-08-29 22 56 16


I don't hang on to my past careers, nor do I deny them.
I just happen to be able to find an attractive job in that era that makes use of women's abilities.

I have none of the benefits of retirement and I've chosen a career that matches my needs.
However, the only thing I will treasure for the rest of my life is the relationships I've made with my colleagues that I've connected with since that time.

They took me out for a change of pace while I was studying abroad and struggling with my assignments.
They brought Japanese baby food for my eldest daughter, who was not eating well.

I've never known anyone who could love a coworker who went to a foreign country for a job change like this.
I always feel so relieved when I come here that I want to cry.

There had a thunderstorm in the heat of summer and a double rainbow.
When we look back on our lives later, they must have turned into rainbow colors like this.

Before
写真 2020-08-29 23 05 05

After
写真 2020-08-29 22 56 24

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2020-08-29 22 56 26



Next
2020年7月29日。
彼を見送ってから、もう一年が経ったことに気付き、愕然とした。

北海道にいた私に、同級生が連絡をくれた。
うだるような暑さの東京で、最期のお別れをした。

自信とやる気、エネルギー、パッション。
彼から学んだことを、最近の私はすっかり忘れている。

一年ぶりに、彼の墓前で手を合わせる。
生きたかった彼のエネルギーを、全身に吸い込む。

私は、生きる。

昨年の記事

写真 2020-07-31 10 47 48


July 29, 2020.
I was stunned to realize that another year had passed since he passed away.

I was in Hokkaido when a classmate of mine contacted me about his last.
We sent off him in sweltering heat in Tokyo.

Confidence, motivation, energy and passion.
What I learned from him, I've forgotten all about these days.

For the first time in a year, I prayed at his graveside.
I breathe his energy, which he wanted to live, into my whole body.

I will live.
Next
トライベッカに住む友人宅にお邪魔した。

急な来客でもすぐに対応できる、彼女のおもてなし力に癒され、
ハドソン川を見渡す、その立地の素晴らしさにも圧倒される。

日本語のセレブと英語のそれは、少しニュアンスが異なっている。
本来は「マスメディアや大衆の注目を集める著名人」というのが源流で、
裕福というだけでは、そのカテゴリーに含まれない。

日本のメディアが使う「セレブ生活」のニュアンスは少し違っているけれど、
優雅な暮らしをひけらかさない人こそを、「セレブな人」と呼ぶべきだろう。

日本のコンビニで買ったというチーズスナックが、この日の主役。
本当のセレブから、日常的なおもてなし、所作の美しさを学ぶ。

写真 2020-01-27 14 23 17


We visited a friend's house in Tribeca.

She welcomed even a sudden visitor immediately, we were healed by her hospitality.
Overlooking the Hudson River, the location was amazing too.

Japanese celebrities and English have slightly different nuances.
Originally, "celebrities that attract the attention of the mass media and the public" are the source,
Wealth alone does not fall into that category.

The nuances of "celebrity life" used by Japanese media are slightly different,
A person who does not show off elegant living should be called a "celebrity person".

The cheese snack that she bought at a convenience store in Japan was the leading role of the day.
I learned everyday hospitality and the beauty of her work from real celebrities.

写真 2020-01-27 14 27 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
世界を舞台に活躍するオペラ歌手・田村麻子さん。
彼女からのお誘いはいつも突然で、嵐のような勢いで連絡がくる。

自分のスケジュールを列挙して、半ば強引に私の予定を押さえ込む。
私はその勢いが大好きで、心地良くて、彼女と過ごす時間を最優先にする。

約20年前、彼女と私は同じ時期にニューヨークにやって来た。
当時、彼女はオペラ界という華やかな世界を渡り歩き、
私は迷いながらの子育てと仕事の毎日だった。
いつしか接点が交錯して、私は彼女の内面に魅せられながら時が経過した。

久しぶりのブレストミーティングで、彼女と今後の展望を話し合う。
いくつかの企画があるなかで、そこに関わる意義を考える。
私たちに残された時間で、できることをひとつずつやっていこうと意思確認。

******

昨年の初夏、ニューヨーク総領事公邸でプレビュー公演のあった
オペラ演目「白狐」のニューヨーク公演情報が解禁となった。
西洋のオペラが日本語で演じられ、さらに殺陣がコラボするという斬新な企画。

田村麻子は、間違いなく日本が生み出した世界のスーパーヒロインで、
その世界観を一緒に伝えていくことが、後世へのタスキ繋ぎ。

コロナウィルスの影響が落ち着くことを祈りながら、
4月の舞台までのカウントダウンを、一緒に楽しもう。

総領事公邸でのプレビュー公演の記事「THE WHITE FOX」

写真 2020-02-26 4 30 55

写真 2020-02-26 4 30 48


Asako Tamura is an opera singer active on the world stage.
She always calls me in sudden, and she gets in touch like a storm.

She enumerates her schedule and holds my schedule in little forcibly.
I love her momentum, it's comfortable and I spend the most time with her preferentially.

About 20 years ago, she and I came to New York at the same time.
At that time, she actived around the glamorous world of opera,
I was lost every day in parenting and work.
One day, we met, and I was fascinated by her inside and time passed.

we discussed our future at the brainstorm meeting after a long absence.
We considered the significance involved in several projects.
In the time left for us, we confirmed our intention to do what we can.

********

Early summer last year, there was a preview performance at the Consulate General's residence in New York.
The information on the New York performance of the opera show "THE WHITE FOX" has been released.
It would be a novel project in which western operas are performed in Japanese and sword fights collaborate.

Asako Tamura is definitely a superheroine of the world created by Japan,
Communicating the world view together is the connection to future generations.

While praying for the effects of the coronavirus to calm down,
Let's enjoy the countdown to the April stage together.

Please click here about "THE WHITE FOX"

87025454_10157290279358406_4437908617974251520_n (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
出張の合間の隙間時間。
仲間と会う機会のほとんどは、ほぼ前日召集。

それでも、集ってくれる仲間がいる。
「お帰り」の一言で、元気になれる。

写真 2020-01-11 9 27 57


There has a little free time during business trip.
Most of the opportunities to meet with friends is convened almost the day before.

Still, there are friends who come to join.
I can get well with one word of "Welcome home."

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-11-06 20 29 10


「同じ空の下で」繋がっているんだなと思う瞬間がある。

嬉しい時、悲しい時、幸せな時、しんどい時。
ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。

年老いていく両親を介護しながら、外界を遮断していたら、
今見ている景色を「御両親に」と送ってくれた。

温度を持たないはずの写真が、温度を放つ瞬間。
心はそんなことで、温まる。

扉を開けてくれて、ありがとう。

写真 2019-11-06 20 29 12


There is a moment when I think you are connected "under the same sky".

When I am glad, sad, happy, difficult.
I have friends who send me sky photos, suddenly.

When I was caring for my aging parents and blocking the outside world,
He sent me the scenery he was looking at to my parents.

The moment a photo that should have no temperature radiates.
That's what makes my heart warm.

Thank you for opening the door in heart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-07 17 37 31

Next
人生とは思うようにいかないもの。
特に人に裏切られた時に、そこから立ち上がるのに時間がかかる。

なかなかアウトプットができなかったけれど、
支えてくれる大切な仲間がいるから、また歩き出す。

すべての物事にはタイミングというものがあって、
出会いや再会のタイミングにも、すべて意味があると感じる。

申し合わせたかのようなタイミングで連絡してくれる方がいて、
なぜかぴったり時間が合ってしまうのは、やはり御縁というものだろうか。

駆け足で通り抜けた数日間。
私はどんな足跡を残せたのだろうか。

写真 2019-11-09 17 11 34


Life does not move as we think.
Especially when betrayed by a person, it takes time to get up from there.

It was difficult to output,
I have an important companion who will support me, so I move forward.

Everything has a timing,
I feel that the timing of encounter and reunion is all meaningful.

There are people who contact me at the timing as if we had agreed.
It is just the bonds that make the right time for some reason.

I stayed in Japan for a few days.
I wonder what I left behind there.

写真 2019-11-08 7 36 09

スクリーンショット 2019-11-22 04.09.33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-10 8 35 31

Next
先週から心塞ぐ出来事があって、発信する気力が萎えていた。
そういう時は、ひたすら本を読み、インプットに務める。

従妹の結婚式でお会いして以来、大ファンになってしまった慎太郎ママ。
きめ細やかな心配り、優しさ溢れる人付き合い。
骨董収集を紹介されるインスタグラムのセンスに毎回感動して、
ママがアンテプリマとコラボしたバッグも購入して、半ば追っかけ。笑

普段はバスタイムに本や資料を読むことが多いけれど、
慎太郎ママの本は、静かな部屋で一人でしっかり向き合って拝読。
まるでサロンでママと直接対話しているように、心が洗われた。

身体も所有物も、すべては預かりもの。
目の前のことを、淡々とこなすこと。諦めないこと。
あることがたし、徹底的に「感謝の気持ちを表現する」こと。
「自分のため」でなく「人様のため」の力を持続する。
不幸は自分で飲み込むもの。地獄は一人で見るから美しい。
むやみに人と戦わないことが、いつか勝ちに繋がる。
人生の縮図。空を見る、木々を眺める。

いつも心しているけれど、自分に出来ていないことがたくさんある。
本当の幸せは、さりげない日常の中にあることを、改めて思う。
今日も、同じ空の下で、淡々と生きてみよう。

素敵な本を世に生み出してくださった慎太郎ママに、感謝をこめて。

慎太郎ママのインスタグラムはこちら。

写真 2019-10-11 10 33 54


There was a trouble that made my heart closed since last week, and the energy of my output was deflated.
Everytime it happens, I read the book and refresh my brain.

I have become a big fan of Shintaro Yabe since I met her at my cousin's wedding.
He has a wonderful characters with sensitive tenderness.
I am impressed with the sense of his Instagram that introduces antique collection every time,
I also bought a lovely bag that he collaborated with Anteprima.

I usually read books and materials during bath time,
but I read Shintaro's in a quiet room.
It was as if I was talking directly with him at the salon.

All your body and belongings are rental things.
Do things in front of your eyes. Don't give up.
Important thing is to express "thank you" thoroughly.
Sustain the power of "For someone" instead of "For myself".
Misfortune is something you feel by yourself. Hell is beautiful because you see it alone.
Unnecessarily not fighting people will eventually lead to victory.
Look at the sky, look at the trees, so you see a microcosm of life.

Though I always have a lot of things I can't do,
I reaffirm that true happiness is in everyday life.
Let's live under the same sky today.

Thanks to Shintaro for creating a wonderful book.

「アンテプリマ x サロン・ド慎太郎」の記事
2017-10-30 13.48.42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

懐かしの結婚式!
2015-09-21 16.15.35 HDR

2015-09-21 16.07.43

2015-10-04 20.25.03

2015-09-21 15.17.54
Next
いわゆるオフ日は1日しかなかったけれど、
「会いたい人には会える時に会おう」ということで、
仲間が集う場所に顔を出す。

「お帰り」この一言が、たまらなく嬉しい。

写真 2019-09-28 15 59 45


The so-called off-day was only one day,
My friends asked me "Let's meet up if you have time.",
So I met some friends in Japan.

“Welcome back.” This word made me so happy.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-28 15 59 24 (1)

Next
写真 2019-08-20 0 57 28


「地球こどもサミット」打ち上げと称して、
親子で「東京ディズニーランド」に行く企画があった。

当初20名ぐらいになると想定していたけれど、
体調不良を理由に、前夜や当日のキャンセルが続出。

小ぢんまりとしたグループ遠足は想定外に楽しくて、
久しぶりに、親子でのレジャーシーンを楽しんだ。

いわゆる絶叫マシーンに乗ると、驚愕で声が出なくなる人も多いけれど、
同伴した友人は、とにかく大声で叫びまくる。
私はその声を聞いているのが楽しくて、なんだかとても幸せだった。

価値観の近い友人がいるということ、それだけで本当にありがたい。
子供たちの背中を追いかけているつもりが、いつの間にか彼らに学ばされる。

もう本当はとっくに、子供たちに追い越されているのかもしれない。

写真 2019-08-20 0 58 33


As the farewell party of the “The Earth Children Summit”,
There was a plan to go to "Tokyo Disneyland" with parents and children.

We originally assumed it would be around 20 people,
Due to poor physical condition, cancellations on the previous night and the day happened.

Small group excursions were unexpectedly fun,
After a long time, I enjoyed the leisure scene with my kids and friends.

There are many people who are surprised and cannot speak when riding a so-called screaming machine,
The accompanying friend shouts loudly anyway.
I enjoyed listening to her voice and was very happy.

I'm really thankful that I have friends who have close values.
I intend to chase the children's backs, but now I’m learning from them.

I may be already overtaken by children.

写真 2019-08-19 21 32 15


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-20 0 58 47
Next
写真 2019-08-12 11 45 38


急逝した友人は、いつも仲間の輪にいる人だった。
人の名前を呼びかける時に発する独特のイントネーション、
ふり向くとそこには、いつも満面の笑みを浮かべた彼がいた。

学生時代も、社会人になってからも、たくさん悩みを聞いてもらい、
彼の前向きな生き方に、いつも勇気付けられてきた。

今年初めに病気が発覚した時も、落ち込んでいたのは私の方で、
驚くほど前向きな姿勢で、治療計画を淡々と連絡してくれた。

会えない時間はあっという間で、今夏様子を見に行った時には、
むしろ私が励まされて、最後に握り拳をぶつけて再会を約束した。

「なぜ神様は、良い人ばかりを先に選ぶのだろう」
仲間たちは声を揃えてそう言いながら、肩を震わせて一緒に泣いた。

寂しがり屋の彼は、最後まで薄目を開けて、この世を見渡していた。
希望通り、本当に大勢の仲間に見送られて、旅立った。

彼に会いたくて、彼の話をしたくて、仲間がまた集う。

私たちはまだもう少しこちらの世界で踏ん張るから、
いつかまた会える日まで、見守っていてください。

写真 2019-08-11 19 50 52

写真 2019-08-11 20 15 29

写真 2019-08-11 19 52 08


A friend who passed away was always in the circle of friends.
With a unique intonation that comes out when calling out the name of a person,
When I turned around, he always had a full smile.

Whether I was a student or a member of society,
I was always encouraged by his positive way of life.

It was me who was depressed when his illness was discovered earlier this year.
He was incredibly positive and informed me about his treatment plan.

When we went to see him this summer,
Rather, I was encouraged by him, and he promised a reunion.

“Why does God choose only good people first?”
The friends screamed and cried together.

He had half opened his eyes to the end and looked over the world.
As he hoped, he was departed, sent by a really large group of friends.

We got together since we wanted to meet him and talk about him.

Because we still struggle in this world,
Please keep watching until we meet again someday.

写真 2019-08-11 22 06 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-11 22 04 57
Next
サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」として、
W杯優勝の経験も持つ大ベテラン・鮫島彩選手。
日本のベストディフェンダーとしてキャリアは長いけれど、
母娘ほど年齢差のある私にとっては、可愛い妹のような存在。

5年前に、彼女と初めてニューヨークで出会った時、
怪我で負傷したのは身体だけでなく、きっと心もスランプだった。
外の世界に無頓着な私は、何も考えずに、彼女と普通に接していた。
彼女が見たいもの、私が見せたいもの、普通の会話を楽しんだ。

彼女の帰国後も交流が続き、私のイベントに来てくれたり、
一緒に御飯を食べたり、仲間とカラオケに行ったこともあった。

6月のW杯、決勝トーナメント初戦で惜敗した後、
彼女から、初夏に日本で会いたいと連絡をいただいた。

「美香さんに受け取っていただきたいものがあるんです」
彼女と再会した時、手渡された手紙とユニフォーム。
そこに記された彼女の想いが、心に突き刺さった。

どんな時にも、どんな人にも、真っ直ぐに向き合うこと。
私はこれからもずっと、彼女を応援し続ける。

写真 2019-07-14 11 46 51


As the Japan Women's National Soccer Team “Nadeshiko Japan”
A veteran Aya Sameshima who has experience of winning the World Cup.
She has a long career as Japan's best defender,
For me who is different in age like mother and daughter, she is like a cute little sister.

When I first met her in New York five years ago,
It was not only the body that was injured, but the mind was also slump.
I faced her casually with her without thinking.
I enjoyed what she wanted to see, what I wanted to show, and normal conversation.

After her return to Japan, the exchange continued and she came to my event,
We went out together and went to karaoke with friends.

After defeating in the first round of the final tournament in the last World Cup,
She contacted me to asked to meet in Japan in early summer.

“There is something I want to give you.”
Letters and uniforms handed to me when I met her again.
Her thoughts written there pierced my heart.

I face up to anyone seriously at any time.
I will continue to support her.

写真 2019-07-15 8 54 12

Next
写真 2019-07-30 9 49 08


同じクラスになったのは、たった1年だけだったけれど、
ハンドボール部の合宿とか、有志団体での活動とか。
一緒に過ごした思い出は、数え切れないほどある。

初めて作ったミュージカルとか、歌舞伎とか。
私が今でもそこに関わっているのは、あの頃の原点があったから。

学生時代から「私の元気の源は、ドリカム!」と豪語していた私に、
「俺のテーマソングを横取りするな」と言い争ったことも懐かしい。
あの頃の彼は、いつも好奇心と情熱が先行していた。

社会人になって、私がフライトで関西に滞在すると、
大阪の美味しいものとか、京都の楽しみ方とか、教えてくれたよね。

「子育ては人生最大の一大事業」だと、未来のいのちをたくさん考えていた。
私の活動にも、闘病中の君は、最大のエールを送ってくれた。

9月ミュージカルに「特等席を用意しておいて」と約束してくれたから、
私はずっと、その席を空けて待っていることにする。

最後に握手して「池本、お前は頑張れよ」なんて言わないでほしかった。
そんなこと言われたら、私は意地でも前に進むしかない。

また会う時まで、もう少しこっちで踏ん張るから。
ゆっくり休んで、最大の笑顔で待っていてください。
どうか、安らかに。

写真 2019-07-30 9 49 34


We were in the same class for only a year, but
Training camp in the handball club or activities in volunteer groups.
There are countless memories I spent with you together.

The first musical we produced, or Kabuki.
I'm still involved in these field because there was an origin of that time.

We discussed together how much we love the same music group "Dreams come true!"
At that time he was always followed by curiosity and passion.

When I stayed in Kansai at my previous job,
He taught me how delicious Osaka is and how to enjoy Kyoto.

"Child-raising is the biggest business in the life," he was thinking a lot of future life.
For my activities, even though you were fighting, he sent me the biggest ale.

Because I promised to have a special seat for him in the September musical,
I will be keeping his seat all the time.

Finally he said while shaking my hand "Ikemoto, you should do your best."
If you say that, I have no choice but to go forward.

I'll do my best for a little more until we meet again.
Please take a big rest and wait with your biggest smile.
Please rest in peace.

写真 2019-07-30 9 49 42

Next
写真 2019-07-23 8 04 00


末娘が小学校に入る前からだから、今年で7年目。
沖縄の名護市近くに、今帰仁(なきじん)という村があって、
毎年の定宿とさせていただいているオーベルジュがある。

ホスピタリティー溢れるオーナー御夫妻は、心の友。
そしてウッパマビーチには、大好きな海の家の店長夫妻がいらっしゃる。
すでに「沖縄の家族」。
毎年彼らに会いたい気持ち先行で、私たちは旅を決める。

地元で採れた食材をふんだんに使った朝食。
ボーダーのない青い空と青い海。
真っ白な砂浜。

また一年頑張ろうと思う、心のカンフル剤がここにある。
写真 2019-07-24 17 41 05


There is a place where we visit every summer for these 7 years.
It is a village called Nakijin near Nago City in Okinawa.
There is an auberge that we stay as a regular lodging.

Mr. and Mrs. owners who are full of hospitality are our soul mates.
And at Uppama Beach, there our favorite couple who is a store manager and his wife at the house of the sea.
They are already a "Family of Okinawa.:
Every year we decide to travel with the feeling that we want to meet them.

Breakfast using plenty of local ingredients.
Blue sky and blue sea without borders.
A white sandy beach.

Here is the motivation of my heart that I will do my best for another year.

写真 2019-07-24 6 05 12

写真 2019-07-24 6 05 12 (1)

写真 2019-07-24 6 05 12 (2)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-23 8 04 51

写真 2019-07-23 19 05 51

Next
日曜日、七夕の夜。
東京には冷たい雨が降っていた。
一年に一度の再会を逃した彦星と織姫が、泣いているみたいだった。

胸がザワザワして落ち着かない、月曜日の朝。
会えるものなら、いま君に会いたい。

君たちと過ごした高校時代を再現したいからと、
あの頃の楽曲を復活させてほしいと、ワガママを言った。
事情を知らない友人らが、協力してくれている。

そこには、失った友への想いとか、一緒に過ごした時間とか、
たくさんの思い出が詰まっているんだよ。

9月のミュージカルを観に行くまでに治すからと、
つい10日前に、連絡くれたばかりじゃないか。

まだまだ生きたいという君の想いが、天に届くように祈る。
お願い、時間をください。

スクリーンショット 2019-07-07 19.40.18


Sunday, Tanabata night.
It was cold and rainy in Tokyo.
Hiko-boshi and Ori-hime, who missed the reunion once a year, seemed to be crying.

My heart is stuffy and restless, Monday morning.
If I can see you, I want to see you now.

I wanted to reproduce the high school days I spent with you,
I asked other friends and producer that I wanted to revive the music of that time.
Friends who do not know the circumstances are helping us.

I want to express my feelings for friends who pass away, time spent together, etc.
We have a lot of memories.

"I will cure my ill by the time I go to see your musical in September."
Just 10 days ago, he just did contact me.

I pray that your thoughts of wanting to live will reach heaven.
Please, please give us time.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
夏の一時帰国。
今夏はたくさんのイベントを抱え込んでいるため、
ゆっくり羽根を伸ばせるのは、きっとお盆過ぎになるだろう。

でも、会いたい人には、会える時に会う。
地元で、同級生たちと恒例の「オツカレ」会。
いつだって「お帰り!」と迎えてくれる、彼らが愛おしい。

ここには、まだ私の居場所がある。
いつも救ってくれて、ありがとう。

写真 2019-07-06 19 32 50


I have come back to Japan.
Because we have many events this summer,
It will probably be late in summer that I will have break.

But when I want to see someone, I see them when I have time.
We had the "Otsukare" meeting with my old classmates in Local.
My dears always welcome me, saying "Welcome back".

There is still my place here.
Thank you for always saving me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-05-31 13 17 20


「ピンク社長とググれば、トップに出てくるよ」
初めて友人に紹介された時、いささか驚いた。

「全身ピンク色の洋服を着て、世界中をピンクに染めたい」
その理由を聞いて、妙に納得した。

本来、アジア人の肌色でこの色を着こなすことは難しいけれど、
彼女は一年中マゼンダピンクで世界中を闊歩されている。

筋の通った生き様の裏側にある、いろんな苦労や優しさを垣間見て、
何かお手伝いができないかなと思う次第。

秋のピンクパーティーを楽しみにしています。

写真 2019-05-31 16 04 09


"She will come out at the top if you search 'pink president' in google."
When I was introduced her from a friend for the first time, I was somewhat surprised.

"I want to wear pink clothes and make all over the world in pink"
When I heard the reason, I was convinced strangely.

Originally, it is difficult to wear this color with Asian skin color,
She is crawling all over the world in Magenta Pink all year round.

Because I glimpsed all kinds of hardships and kindness behind her life, I wish I can do something to help her.

I am looking forward to the "pink party in New York" in autumn.

写真 2019-05-31 11 43 06

写真 2019-05-31 12 14 03

61556106_2243056005764079_5772469245921198080_n


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-31 16 03 56
Next
2月にベルギーでお会いした杉原伸生氏御夫妻が、
ニューヨークにお越しになった。
フィラデルフィアでの講演の感想を聞きながら、
しばし再会の時間を楽しむ。

私たちの壮大な夢を、目尻を下げて聞いてくださる優しさ、
「それが人間への愛情ですよ」と背中を押してくださる強さ。
改めて、この御夫妻と知り合えた運命に感謝する。

2036年のニューヨークでも、きっとまだこの会話が続いているだろう。

写真 2019-05-20 16 41 01


Mr. & Mrs. Nobuki Sugihara, who I met in Belgium in February, came to New York.
While listening the impressions of his lecture in Philadelphia,
We enjoyed the time of reunion for a while.

He was so tenderness, listening to our magnificent dreams,
and supported us, saying " It's a compassion for humanity."
Thank you again for the fate that we got to know them.

Even in New York in 2036, this conversation will probably continue.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-05-11 11 28 07 (1)


米国での子育て、子どもたちの日本語力を維持するにはとても苦労する。
よほど注意しておかないと、家庭内はすぐに英語の無法地帯と化してしまう。

日本語補習校では、学年が上になると少しずつクラスメイトの人数も減っていく。
地元の学校の勉強や習い事が忙しくなると、ギブアップが増えるのも当然。

それでも我が子たちは、日本語で話す友達に会えることを楽しみに、
毎週土曜日は、漢字テストのプレッシャーと共に、補習校に通っている。

私にとっても、日本のママ友と繋がっていられるのは、心のオアシス。
情報通の友人が助けてくれるから、どうにかワーキングマザーでいられる。

素敵な機会を提供してくれた友人たち、本当にありがとう。

写真 2019-05-11 15 14 03


As for parenting in the United States, it is very difficult to maintain the Japanese language skills of children.
If we are not careful enough, our home will soon become an English lawless zone.

At the Japanese school, language supplement school, the number of classmates gradually decreases as the grade level goes up.
Naturally, there is an increase in give-up-kids when local school studies and lessons become busy.

Still, my kids look forward to seeing our Japanese speaking friends,
Every Saturday they go to Japanese school having the pressure of the kanji test.

As for me, it is an oasis of mind that can be connected with my mom friend in Japan.
The intelligent friend helps me, so I can be a working mother.

Thank you very much to the friends for giving me a wonderful opportunity.

写真 2019-05-11 11 33 48


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
東京サミット本番の朝、友人の選挙事務所に向かった。
早朝8時半から開票が始まり、10時頃から1時間おきに速報が入る。
予測していた以上に厳しい戦況に、事務所の空気がどんどん濁っていく。

午前11時、後ろ髪を引かれながら、私は議員会館に向かった。
地下鉄の中では同級生のLINEトークが飛び交い、緊張感もマックスに。
確かな情報が分からないまま、サミット打ち合わせが始まると、
私は一切の気持ちを切り替えて、イベント成功のためだけに集中した。

映像リハの直前に、ようやく当確の情報が手元に届いた。
最終議席を争って勝ち取った、「一票の重み」をズシリと感じる結果。
まっすぐに、ひたむきに、区政と向き合ってきた4年間。
外へのアピールをする時間がなかったと反省する彼を、
同級生と周囲の仲間たち、みんなで応援した、奇跡の勝利。
誰か一人でも欠けていたら、この結果は得られていなかったことは明確。

区政に政党なんか関係ない。信頼できる仲間だから応援する。
そんな気持ちに寄り添ってくれた大切な仲間たちと、最後の夜に乾杯。

この先の4年間、またどんな試練が待ち受けていようとも、
挑戦を続けようとする仲間のために、私たちは尽力していくのだろう。
30年という歴史が積み上げた信頼関係は、きっと揺るぎない。

写真 2019-05-06 20 32 22


I went to the election office of my friend on the morning of the Tokyo Summit.
Elections began at 8:30 in the early morning, and bulletins came in every 1 hour from around 10:00.
The air of the office was getting more and more dulled by the harsher than expected condition.

At 11 am, I was headed to the parliament hall with my anxious.
In the subway, my classmate's LINE talks flew around, and the tension also got max.
When the summit meeting started before I got a certain information,
I changed my mind and concentrated on the success of the event.

Just before the video rehearsal, finally the correct information had arrived.
The result made us feeling about the "weight of one vote" as he won by competing for the last seat.
Straightly, for four years that he had been facing the administration of the district.
He regretted that he did not have time to appeal outside.
The victory of a miracle, supported by a classmate and his friends all around.
If anyone was missing, it was clear that this result was not obtained.

It has nothing to do with the constituency.
We support him because he is a reliable partner.
We had a toast on my last night with the important friends who got close to such feelings.

For the next four years, no matter what trials are waiting,
We will do our best to keep him up the challenge.
The relationship of trust built up by the 30-year history is surely unwavering.

写真 2019-05-07 16 06 09


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-17 3 11 30 (1)
Next
長崎会場を後にして、最終便で東京へ。
翌日、束の間のフリータイムに、会いたい人に会いに行った。

仕事の打ち合わせも兼ねていたけれど、
超絶お忙しい方と、東京にいるタイミングがぴったり合ったのは奇跡に近い。

少し弱っていた心に、パワーをいただいた。
これできっと、最後の東京サミットも乗り切れる。

写真 2019-04-21 1 11 11


After leaving the Nagasaki venue, we will go to Tokyo on the final flight.
The next day, I went to see someone who I wanted to meet during my free time.

I also had a business meeting,
It is close to a miracle that the time when you are in Tokyo and the super busy people are in perfect agreement.

I received power in the mind that was a little weak.
This will surely get over the last Tokyo Summit.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-04-17 1 04 06

写真 2019-04-17 3 11 12


普段ニューヨークにいるから、その日常は見えない。

本当はすべての日程に応援実働してあげたかったけれど、
それぞれの日常、私にもやるべきことがある。

姪っ子をウグイス嬢として送り込み、
小学校の同級生を誘って、陣中見舞いに伺う。

これも、私なりの応援の仕方。
具体的に動くことだけが、次の希望に繋がると信じたい。

写真 2019-04-13 21 52 43 (1)


Because I am usually in New York, I cannot see that every day.

I really wanted to work on all dates, but
Each day, I have something to do.

I sent my niece as a helper,
and invited my old classmate from elementary school and visit there during the activities.

This was also my way to support.
I believe that only specific movements will lead to the next hope.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
飛行機の中でうまく眠れなくて、頭は朦朧としていたけれど、
まずどうしても行きたいところがあった。

区議2期目に挑戦する同級生の選挙事務所へ。
区民でもない仲間が、たくさん応援に駆けつけているのは、
候補者本人はもとより、彼を応援する仲間をさらに応援したいという仲間の優しさ。

区政には、政党も思想も関係ない。
ただ実直に、ひたむきに、区民のために役立ちたいという人だから。

直接エールを、届けたい。
直接行かないと、届かない。

「魔の2期目」の戦況は、かなり厳しいけれど、
仲間として、やれることは全て力を尽くそうと、仲間と誓う。

怒涛の一週間が、始まった。

写真 2019-04-17 3 11 33



Though I couldn't sleep well in the plane,
First of all there was a place I wanted to go after I arrived in Japan.

I went to the election office of classmate challenging to the ward second term.
A lot of friends who did not live in same wards were supporting him.
it was based on the kindness of the fellow who wants to further cheer up the fellow who supports the candidate himself.

There are no political parties or ideas in the administration of the ward.
Just because he is a person who wants to serve the people of the district in a straightforward manner.

I want to deliver ale directly.
It cannot reach without going directly.

The war situation of the "the terrible second period" is quite severe,
As a companion, I swear with my companions that I can do everything I can.

My busy week has begun.

写真 2019-04-12 22 42 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-17 0 04 51
Next
ART EXPO 2019。
怒涛の一週間を終えて、西村麻里さんと初めてゆっくり食事をした。

アーティストは常に進化している。
ひとつのところには、決してとどまらない。

けれども、最初にこの地で一緒にやり遂げたことを、
きっと忘れないでほしいと切に願う。

感謝と恩義だけが、世に残っていくたったひとつの宝になるから。

写真 2019-04-10 12 44 48

写真 2019-04-10 12 48 04

写真 2019-04-10 12 48 09

写真 2019-04-10 13 23 41


ART EXPO 2019.
After a week of busy days, I had a slowly lunch for the first time with Mari Nishimura.

Artists are constantly evolving.
They never stop in one place.

But what we did in this place together first
I sincerely hope they will not forget it.

Because only gratitude and courtesy are the only treasures that remain in the world.

写真 2019-04-10 13 59 22 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-09 17 30 48



Next
「スポーツの殿堂」と言われるマディソンスクウェアガーデンで、
新日本プロレス主催の「G1 SUPERCARD」が開催された。
16,000枚のチケットは即日完売、超満員の大盛況だったらしい。

歴史に残る「世紀の興行」を終えた関係者と、
ウェストビレッジの隠れ家でミートする。
私には遠い世界だけれど、なぜか御縁があるのが不思議。

母方の従兄弟のうち、ひどい喘息持ちの従弟がいた。
発作が出ると、食べられず、眠れない。

小さい頃から、強い者に憧れて、いつも漫画を描いていた。
定番テーマは、相撲とプロレス。
私はそこで、プロレスというスポーツを覚えた。

周囲にプロレス出身の友人がいたり、現役プロレスラーがいたり。
試合のリングを間近で見るのは苦手だけれど、
「気は優しくて力持ち」な彼らとの交流は、本当に楽しい。

新日本プロレスのトレーナー三澤威氏と、未来について語り合う。
「地球こどもサミット」に特別出演していただいた「ミライガー」が、
三澤氏のプロデュースだったと知って驚いた。

ここでも繋がっている。
世界は狭くて大きい。

写真 2019-04-09 9 45 06

写真 2019-04-09 9 45 02


At Madison Square Garden, which is said to be the "Sports Hall of Fame",
The "G1 SUPERCARD" hosted by New Japan Pro Wrestling was held.
16,000 tickets were sold out on the sale day, and it was very full.

With the fellows who finished "the century showpiece" which remains in the history,
We met at a hideout sake-bar in the West Village.
Pro Wrestling is a distant world to me, but I wonder why there is a connection.

Among the maternal cousins, there was a cousin with severe asthma.
When he had a seizure, he could not eat and sleep.

He was longing for strong people from a young age, always drew the cartoons.
The standard theme was sumo wrestling and wrestling.
I learned a sport called wrestling there.

I have friends who are ex-pro-wrestlers around, and active duty wrestler.
I'm not good at looking at the match ring up close, but
It is really fun to interact with them.

I met Mr. Takeshi Misawa who works with the "New Japan Pro-Wrestling Co., Ltd.", and talked about the future.
"Miraiger" who had a special appearance at "The Earth Children's Summit",
I was surprised to know that it was produced by Mr. Misawa.

It is connected here as well.
The world is narrow and large.

写真 2018-08-11 8 23 11


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2019-04-09 13.26.44

©️新日本プロレス
Next
写真 2019-04-04 21 40 28

写真 2019-04-04 22 00 21

写真 2019-04-04 22 12 47


全米寿司チャンピオンの座を3度も獲得した経験のある寿司シェフが、
たった4組のゲストのために、寿司を握ってくださった。

日本酒「十四代」は、チャイニーズの友人夫婦からの差し入れ。
食事の美味しさはもちろん、ここが日本ではないかと思えてしまうのは、
同郷の人のように、温かくきめ細やかな人情がここにあるから。

忙しい合間にも、こんな企画をしてくれた友人達に感謝。

写真 2019-04-07 9 04 12


A sushi chef who got US sushi champions positions third times, invited a private sushi party only for 8 parties.

Japanese sake "Juyondai, fourteen generations" was brought from Chinese friends and couples.
Not to mention the deliciousness of the meal, it seemed that this was not Japan.
Because there was warm and detailed humanity here like the people of Japan.

I was grateful to my friends for doing such a project, even during busy times.

写真 2019-04-04 21 29 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-04 22 32 23

写真 2019-04-04 22 48 37

写真 2019-04-04 22 27 51

写真 2019-04-07 9 04 32


Next