以前の職場で一緒だった元同僚たち。
ニューヨーク含めた海外在住者が、少ないわけではないけれど、
きちんとこうして繋がっていることが嬉しい。

親友がデザインしたお店で、しばし極楽気分を味わう。
互いのアップデートがほとんどで、思い返すと、
一緒にフライトした時代の思い出話さえしていない。

心から笑いあえる仲間がいるのは、
やはり同じ時代を共に駆け抜けた共通項があるから。

近い将来また日常から抜け出して、再会しよう。

02


I met former colleagues who were together at the previous workplace.
The number of overseas resident including New York is not small,
I am glad that we are connected properly.

At a shop designed by a close friend, we enjoyed to share the time for a while.
We talked about the most of each other's updates,
we have not even talked about memories of times when we flew together.

There is a companion who can laugh from the bottom of our heart,
Because there is a common item which passed through the same era as well.

We shall meet again in the near future.

01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
神戸真知子さんのシークレットセールにお招きいただいた。
青山のブティックでアフタヌーンティーを楽しみながら、
いつもは手にすることもないデザインを試着してみる。

女優コートといわれるAラインにうっとりしたり、
レトロ回顧なデザイン柄は自分に似合わないと気付いたり。
最初から気になっていた真っ白いロングコートは、
ニューヨークの洗濯事情を考えて諦めたけれど、
真知子さんお見立ての素敵なジャケットを購入させていただいた。

パーティーの時はいつも、真知子さん自らお食事を作られる。
彼女はいつも、愛に溢れている。
丁寧に入れたミルクティーとのハーモニーが心地良かったのは、
何よりそこに集まった女性陣一人一人が魅力的だったから。

今度は春物を探しに、ここに来よう。

18


I was invited to a secret sale of Machiko Jinto, a designer.
While enjoying afternoon tea at Aoyama boutique,
I tried on a design that I would not normally have anywhere.

I was enchanted the A line called an actress coat,
I noticed that the retro retrospective design pattern did not suit me.
The pure white long coat that I had been cared about since the beginning,
I gave up it because I thought about New York's laundry circumstances.
Finally, I bought a nice jacket based on Machiko's advise.

Every time at a party, Machiko herself prepares party meals.
She is always full of love.
The harmony with the carefully placed milk tea was comfortable,
Because the ladies gathered there was charming one more than anything else.

Next time, I will come here looking for spring dress.

31


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

44


Machiko Jinto London Official Website
Next
以前、彼女がニューヨークにやってきたのは、
膝の故障で、第一線から少し離れている時だった。
一緒に街を歩いて、たくさん話をして、最後に一枚の絵を託した。
アートにはいろんな愉しみ方があるけれど、
それを手にした時の気持ちを思い出すキッカケにもなるからと。

私の誕生日に、彼女がiPodを贈ってくれた。
なかにはドリカムのアルバム全曲と、「ワンダーランド」の動画が詰まっていた。
私が生きる力をもらった曲で、彼女は試合前に気持ちを高めているのだと。

夏に大聴衆の前で講演をした時に、
数万人のスタジアムでボールを蹴る彼女の姿を想い描いた。
自分の出来ることで、誰かに勇気を与えることができるのなら、
そこから逃げないことだと、背中を押された。

「会いたい人には会える時に会う」
神戸での練習試合を終えて、会場に駆けつけてくれた彼女に、
また新しいアートがお嫁入りした。

一緒にランチをしたその足で、絵を飾るフレームを買って、
神戸に帰って行った。
華奢で心優しい彼女のどこに、世界を舞台にするパワーがあるのだろう。
別れた後にいつまでも背後を見送ってくれる姿を、何度も振り返る。

またすぐに会いたくなった。

47


When she came to New York formerly,
Since she had injured her knee and it was a while away from the front line.
I walked around the city together, talked a lot, and finally entrusted an artwork.
Art had various pleasures,
I believed that it reminded her the feeling when she got it.

On my birthday, she gave me an iPod.
Among them were all the music of albums of my favorite musician and a video
of "Wonderland".
It was a music that I got the power to live, and it made her that she was enhancing
her feelings before the game.

When I gave a lecture in front of the big audience in the summer,
I drew a thought of her figure as kicking the ball at tens of thousands of stadiums.
If I could give courage to someone by what I could do,
I was encouraged that I would not escape from there.

" Meet people you want to meet, when you could."
After completing the practice game in Kobe, she came to join the event.
She won the game and got new artwork.

Right after we had lunch together, she bought a frame for her new collections and
went back to Kobe.
I wonder how she keeps the power to play at the world in her small and hearted body.
I looked back at the appearance of her many times after parting.

I want to see her again soon.

48


ニューヨークの思い出
Special iPodのお話

ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ


Next
20161210s_001


普段会いたいと思っても、なかなか会えない友人がいる。
仕事で知り合ったけれど、もう一度プライベートで会ってみたい。
間接的に知っているあの人に、いつか直接会ってみたい。

周囲のそんな思いを結びつけていたら、いつしか大きな企画になった。
「会いたい人には会える時に会う」企画の第3弾は、
銀座資生堂ビルの最上階貸切という機会をいただいた。

クローズド企画ではあったけれど、定員超えのメンバーが集まって、
外は寒くても、とても賑やかな週末の夜になった。
いつもはプロとして活躍する友人達が、いろんなお役目をお申し出てくれて、
ワインと料理とアートを楽しむイベントに華を添えてくださった。

わざわざこの企画のために、地方から上京してくださった方、
先約を解除してお越しくださった方、子守を託して出てきてくださった方。
企業や個人からの協賛のお申し出に、参加者全員にたくさんのギフトを
お持ち帰りいただくこともできた。

ホスト役の不手際もたくさんあったに違いないけれど、
別れ際に交わした温かいハグや、次期開催リクエストの声が嬉しかった。

師走の週末という貴重な時間を使って集まってくださった全ての友人達に、
ありがとうの感謝をこめて。

20161210s_007

20161210s_013

20161210s_006


テーマは「美味しいワインと料理とアート」。

20161210s_008

20161210s_015


Even though we always want to meet friends, we cannot meet them easily.
We would like to meet people, whom we met at work, again in private.
We want to meet people who indirectly knows someday.

When I heard such a thought of surroundings, It became a big project.
The third event of " Meet people you want to meet, when you could." was held
at the top floor of the Ginza Shiseido Building.

Although it was a closed project, many members gathered.
Even though it was cold outside, it was a very lively weekend night.
My friends who are active as professionals offered various roles.
They added colors to the event of enjoying wine, food and art.

There were friends who came to Tokyo from the west Japan.
For this event, there were friends who canceled previous appointments.
Some friends asked the baby sitter for the weekend night.
Thanks for the offering sponsorship from companies and individuals, all friends
were able to get gifts.

There must have been a lot of incompetence as a host,
I was delighted with the warm hugs and the voice of the next meeting request.

To all the friends who gathered using valuable time as the weekend of December.
I appreciate for everything.

20161210s_011

20161210s_017


Special Thanks to;
Naomi Uemura(MC), Nobuhiko Kashimura(MC), Kairi Narita(MC),
Noriko Momoi(Photographer), Taksehi Sato(Artist), Momo(Artist),
Ryuji Manabe, Kumiko Yamamoto, Yae Hirasawa, Miyuki Chizuka,
Nobuya Ishizaka(GDO), Joey Yasumatsu(SABON), Midori Yamada(Artist),
Yutaka Yamanouchi(Adviser), Makoto Suzuki(Shiseido Parlor),
Toshifumi Nakamoto(L’OSIER), Hidekazu Takahashi(BAR/S)

10

44

55


ブログランキングに参加しています。 「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。
海外永住 ブログランキングへ

21

32

20161210s_018


オフィシャルフォトグラファー、百井謙子さん。
素敵な写真をありがとうございました。
12
Next
NYセミナーの開催というミッションだけでなく、
星さん、実歩さんと過ごした時間は、私にとっても学びが多かった。

日本で今起こっていること、日本の若者の動きを聞く一方で、
世界の中心NYのありのままの姿をお見せする。
彼らのスピード感に感嘆しつつも、私はアナログの大切さを説く。

ビジネスを超えた新しい感情を共有し、今後の展望へと話は盛り上がる。
つかの間の東京滞在時に聞いた、たくさんの事後報告も頼もしい。

彼らがどんなに大きくなっても、きっと覚えていて欲しいと願う。
2016年秋に、一緒に自由の女神を眺めた時の純粋な気落ちを。

46


In addition to the mission of holding NY seminars,
For the time I spent with Mr. Hoshi and Ms.Suzuki, I learned a lot too.

While listening to the movement of young people in Japan, or what was
happening in Japan,
I showed a real New York to them.
While admiring their speed, I preached the importance of analog.

Sharing new feelings beyond business, the talk raised to future prospects.
I heard a lot of post-fact reports when I stayed in Tokyo for a while.

No matter how big they grow, I'd like them to remember,
In the fall of 2016, pure feelings when we looked at the statue of liberty
together.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
前職場に機内サービス企画部という部署があった。
メニューやワインをはじめ、機内のあらゆるサービスを企画検討するために、
現役CAがそこの勤務を命じられる。

機内で上映する案内ビデオや、ブリーフィングで使用する情報番組は、
かつては社内で手作業で制作されていた。
メディア知識も技術も皆無な私達にとってそれは、
涙なしでは語れないほどハードな研修でもあった。

絵コンテを描いて、朝帰りになったこともあったし、
取材は何度も撮り直しに行かされた。
ビデオカメラを持つことさえも、嫌になっていた。
大きな組織の中の無法地帯に疑問を抱いたこともあった。

あれだけ厳しい世界を生き抜いてきた後に得たものは、
苦楽を共にした同僚との、かたい絆であったと思う。

フランス南部、ドルドーニュ地方に在住の元同僚と、
10数年の時を経て、パリや東京で再会できる喜び。

人生に無駄なものはない。
時を経たからこそ、今はそれを実感している。

26


There was a in-flight service planning department in the previous
workplace.
In order to plan and consider all services in the flight, including menus
and wine,
An active CA will be ordered to work there.

Guide videos screened in the flight, and information programs used in
the briefing, were manually produced in the company before.
As for us who had no media knowledge or skills,
It was very hard training.

Drawing a picture storyboard, I welcomed a morning,
We were asked to record the interview many times.
Even having a video camera was disgusting.
Sometimes I had doubts about the lawless areas within a big organization.

What gained after we surviving the harsh world for that much,
I think it was a hard bond with my colleagues who shared pain.

I met a former colleague living in the Dordogne region, in the south of France.
We shared pleasure to be reunited in Paris and Tokyo after 10 years.

There is nothing useless in life.
After time has passed, I feel that now.

01


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
たった一枚の写真を載せるだけで、余計なことは一切言わない。
今日も頑張った自分達を「オツカレ!」の一言でねぎらう。

友人は諸事情により投稿を自粛したけれど。
「今日のオツカレ」を楽しみにしている仲間のために。

師匠の構図には、なかなか追いつけないけれど。
こうして集まってくれる仲間の存在が、何よりの宝物。

18


He just put only one photograph, and did not to say extra thing at all.
The word of "Otukare!" make relief to oneself and fellows.

He has been refrained his post by various circumstances.
For fellows who are looking forward to the "Today's Otsukare".

Though I cannot catch up the skill of my master,
I thank my fellows who share the time every time.

08


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

07

Next
ロードアイランドから、さらに北へ1時間半。
前職時代からずっと親しくさせていただいている先輩を訪ねた。

会いたい人には会える時に会う。
御主人がボストン駐在になられたと聞いたら、会いに行かなくては。

日本では美容薬膳研究家として御活躍中の彼女が、
御主人のために作るお弁当のアイディアを、教えてくださった。
私は彼女のニューヨークイベントのアイディアを捻出する。

「時間がある時にしか作らないわよ」と笑う彼女の笑顔を肴に、
ずっと喋り通した数時間。
「またすぐ会おうね」

人と会う機会は、具体的に行動する気持ちが引き寄せてくれる。

35


We drove further to the north, one and a half hours from Rhode Island.
I visited my friend that we have known each other from the ex-company.

I meet people that I want to meet when I have time.
I wanted to meet her since she and her husband moved as Boston residence.

She works as a Healthy Medical Food Cooking expert in Japan,
And taught me the bento box ideas that she makes for husband daily.
I squeezed the idea of her New York event.

"I make only when I have time"
We talked through 8 hours with laughing.
"We'll see you soon."

If we act specifically, we have an opportunity to meet with people.

42

42


美容薬膳研究家 ちづかみゆき 公式ウェブサイト

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

17
Next
11


20年近く前に、友人を通して知り合った建築家の先生がいた。
彼がデザインした店舗は、それぞれ私のお気に入りの場所だった。

広尾の「カフェデプレ」が閉店したという知らせを聞いて、
私達の思い出の場所がなくなってしまったという喪失感に苛まれた。

代官山に用事を作って「ASO」を訪れた。
当時のスタッフはもう皆いなくなってしまっていたけれど、
店舗の様相は変わらずにそこにあったことが、嬉しかった。

しばし音信不通になっていた先生から、久しぶりに御連絡いただいた。
御縁というのは不思議なものだとつくづく思う。

かつての東京の夜を思い出しながら、
再会の時を楽しみにしている。

10

28

54

30

08


Nearly 20 years ago, I met an architect through my friend.
Shops that he designed were my favorite place, respectively.

When I heard the news that "Cafe-ds-prés" at Hiroo was closed,
I was tormented by a sense of loss that the place of our memories was
gone.

I visited the "ASO" when I made errands to Daikanyama.
Although all staff at that time had gotten gone anymore,
I was happy that the aspect of the restaurant had been unchanged.

I got the contact from the architect, Mr.Kiyofumi Yusa, who had not had a
communication for a while.
I think that the friendship is really strange in the life.

While remembering the former Tokyo night,
I am looking forward to the time of the reunion.

遊佐清文氏 YU DESIGN OFFICE
リストランテASO / Ristorante ASO

23


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

19


Next
最近、ワインオークションにアテンドする機会が幾度かあって、
慌ててワイン辞典を引っ張り出してきた。
普段の生活は、いわゆるファインワインとはほとんど御縁がなくて、
ソムリエ取得の勉強をしていた頃が本当に懐かしい。

毎年夏になると、かつて一緒にソムリエグループを編成していた仲間が集う。
ただただ先輩についていくのに必死だったあの頃と、
今もまるで変わっていない自分のあり方に反省しつつ、
恒例の企画に今でも誘っていただけることが、この上なく嬉しい。

都内にある隠れ家的な小さなレストランで、
プロヴァンスを旅した気分の食卓に酔いしれる。
皆さんの心の美しさが、芳醇なワインの後味のように尾をひく。

その余韻と共に、また一年頑張ろうと帰途につく。

51

52

45

45

26

29


Recently, I had the opportunities that I attended to the wine auctions
several times.
So I had pulled out the wine dictionary and studied in a hurry.
At everyday life, I don't have chances to drink the so-called fine wine,
I felt really nostalgic that I was studying sommelier acquisition.

Every summer, the fellow, who organized the sommelier group once,
gather in Japan.
I was desperate to simply just to keep up with the seniors at the time.
While I could not change myself even now,
I was supremely happy that they asked me to join the annual planning.

It was the hideaway small restaurant in Tokyo,
We were intoxicated at the mood that we traveled to Provence.
Their beautiful heart caught me like the aftertaste of mellow wine.

With its lingering, I came home while I think to try to do my best.

17


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

58

Next
ニューヨークに来る人は、忙しい。
出張でも観光でも、みんなスケジュールをいっぱいに詰めている。

一緒の現場で働くことがなくなると、連絡も途絶える人が多いけれど、
人の繋がりを大事にしている人には、同じ匂いを感じる。

忙しい出張前に、慌ただしく連絡をくれた友人。
「美香さん、会いたい」
私は二つ返事で予定を調整して、束の間の逢瀬を懐かしむ。

会いたい気持ちが、人を繋ぐ。
会いたい気持ちが、心を繋ぐ。

29


People who come to New York are busy.
Everyone is packed schedule, even though they come for a tour or a
business trip.

There are many people who never keep in touch, when it is no longer
working in conjunction.
But I feel the same smell for those who have to take care of the connection
of people.

Before a busy business trip, a friend gave me a hurriedly contact.
" Mika, I want to meet you."
I adjusted the schedule in the immediate reply, and enjoyed the meeting.

Feeling that I want to meet, is connecting the people.
Feeling that I want to meet, is connecting the heart.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
21

30


北風の冷たい、日曜日の昼下がり。
かつて一緒の職場で働いていた仲間たちと再会した。

それぞれが別々の道に進んでから、ずいぶん時が経つけれど、
このメンバーで同時に会う機会が、なかなか作れなかった。

店舗立ち上げ当時の思い出話から、他のメンバーの近況まで。
何を話しても、とにかく楽しかった。

出会った頃の初々しい姿を思い出し、
その成長に目を細める母親か姉の気持ちで話を聞く。

私は先を行く先輩を追いかけるのも大好きだけれど、
こうやって慕ってくれる後輩たちが、それはそれは可愛くて。

互いの環境が変わっても、一緒に歩いてきた軌跡は永遠だから。
これからも、丁寧に繋いでいきたい宝物。

03


It was very cold, Sunday afternoon.
I was reunited with fellow who worked in conjunction at same workplace.

From in each progressing to separate ways, much time went by.
We didn't have an opportunity to meet at the same time with this member.

We enjoyed the conversation about the reminiscences of the restaurant open,
and the recent state of the other members.

I remembered their innocent and fresh appearance of the time we met first.
I listened the story of their grown with the feeling of mother or sister.

Though I would love to follow the senior,
I also love take care of juniors who yearn me.

Even though each environment changed, we had same trajectory we walked together.
It is the treasure that I want to connect to the future, politely.

45

55

58


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
07


お互いの忙しいスケジュールの合間に、パッと出来た時間。
大好きなスタイリスト、麻日奈芽実さんの講座を受講させていただいた。

「流行は繰り返す」という言葉のごとく、
かつて流行したスカーフを、今の時代にまた楽しもうという女性が増えている。

スカーフの折り方、掛け方、結び方、の基本を学ぶ。
芽実さんの美しい所作にうっとりする。

私は、人のサポートならいくらでも出来るし、
ファッションや流行をレポートする仕事もしているのに、
自分の装いにはとにかく無頓着で、客観視できない。

乗務員時代、統一された制服の中で、
唯一個性を主張できるのが、スカーフのアレンジだったのに、
私はいつも同じ結び方ばかりだったと回顧する。

芽実さんのお人柄や経歴に惚れ込んでいる私は、
いつまでも彼女の話を聞いていたかった。
講義を終えた帰り際、ちょっと寂しくなった。

思えば叶う。そのためには、具体的に行動する。
会いたい人には、会える時に会う。
その想いは、ずっと変わらない。

芽実さん、次のステップも楽しみにしています。

麻日奈芽実さんのブログはこちら。

23


I was allowed to take the scarf lecture of my favorite stylist, Ms. Memi Asahina.
In between the busy schedule of each other, we had time together.

As there is the word "epidemic is repeat",
Recently, there have increased women that enjoy the scarves that were once prevalent.

I learned the basic of scarf; how to fold, wear, and make knot.
I was mesmerized to Memi's beautiful gesture.

I can support any people.
I also work to report the fashion and trends.
But I indifferent to my attire, and can not be objective view.

When I was a cabin crew, I wore the uniform in the unified.
That the only personality can claim, it was to arrange scarf.
But I look back I always used the same knot.

I love to Memi's personality and career.
So I wanted to hear her story forever.
After I finished the lecture, I felt a little lonely.

Dreams come true if people wish seriously.
For this purpose, I do the best to act.
I meet people whom I want to meet.
I never change my thought.

I look forward the next opportunity.

Please click here to see Memi's blog.

30


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

58

Next
叔母の家に行ったら、私と従妹の写真を出してきた。
幼い頃は双子かと思われていたぐらい、一緒に過ごした同じ歳の従妹。
今でもとても仲が良い。

彼女の結婚式には、自称「親戚」と名乗る人が大勢押しかけてきて、
本当に愉快な時間だった。
戸籍も血縁も関係なく、たくさんの人に愛されている彼女が誇らしかった。

我が一族は、家族の距離感が遠くて近い。
みんなバラバラで好きなことをやっているけれど、
叔父叔母とか従兄弟とか、一般的に「親戚」といわれるくくりよりずっと、
それぞれが近いところにいる。
いざという時に、これほど心強い存在はいない。

先日叔父が他界した。
最期のお見送りに行けなかったことが、たまらなく寂しい。

絶対家族だから。
きっとまた会える。

52


When I went to the house of my aunt, she showed me photos of my cousin
and me.
We had been thought as twins at childhood since we were same age.
we spent together for a long time, and we still have very good relationship.

Her wedding, many people claiming to self-proclaimed "relatives" visited there.
It was a really pleasant time.
I was very proud that she was loved by a lot of people, without any relationship
by Family register also kin.

My family is very close of distance of the family.
Though everyone is doing whatever each want in the disjointed,
Uncle aunt or cousin, commonly referred to as "relatives",
are in a closer.
In case of emergency, they are very reassuring presence.

My uncle passed away the other day.
I felt unbearably lonely I could not go to say bye to him of the last moment.

Because we are absolute family,
We will surely meet again.

55


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
32


このブログを立ち上げるキッカケとなったのが、
前職場の先輩、重太みゆきさんとの交流だった。
林真理子さんのエッセイにも度々登場する名物チーフパーサーのもと、
充実した、厳しくも楽しいフライト生活を共にした。

みゆきさんと束の間の逢瀬を企みつつ、当時のメンバーに声をかけたら、
あっという間に皆さんが集まってくださった。

東京の雑踏に紛れた、大好きな空間で、
大好きな人たちと分かちあう時間。

右も左も分からない世界に飛び出した時、
海外を普通に歩き回る先輩達が凛々しくて、
とにかく必死でついてまわったことを思い出す。

日本のおもてなしの心を世界に伝えよう。
私の原点がここにある。

26


The exchange with my senior of my previous company, Ms. Miyuki Shigeta,
became the opportunity to launch this blog.
We had a severely also a fun flight life, with a special members, leaded by
a famous chief purser that often appear to Mariko Hayashi essay.

While planning our fleeting tryst, I asked other members.
Quickly everyone gathered on the day.

Though there had the bustle in Tokyo, it was my favorite space.
It was time to share with the people who love.

When the right was also jumped out to the world that do not know the left,
My seniors looked very dignified overseas.
I tried to learn from them from the morning to the night.

I want to convey the heart of Japanese hospitality to the world.
My origin is here.

48


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

57

Next
大切な友人が、大切な人を失おうとしていた時、
私は話を聞くことしかできなかった。
大切な友人が、大切な人を失くした時、
私には何も出来ることがなかった。

お悔やみにお香典やお花を贈ることよりも、
残された人の生きる力になれればと。

アートの底知れぬ力が、
天に届くことを祈ろう。

51


My best friend told me that her father was very sick.
I did only to hear her story.
My best friend lost her father last week.
I could not do anything for her.

Than to send the funeral gift and flowers in condolence,
I wanted to give the power for her family to live.

We pray to let the abysmal power of art reach to the heaven.

52


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
パリから来た友人を囲んで、食事を楽しんだ。
週末を利用して「会いたい人に会いに来た」という心意気は、
人の心を揺さぶる大きな原動力。

その人のために、自分が何か出来ないかと考えたくなる。
私もこうありたいと思わされる。

今年の目標がまたひとつ。
夢を現実に変えていくパッションを持ち続けよう。

19


We enjoyed the dinner with a friend who came from Paris.
He said that "I came to meet people whom I wanted to meet." by
using the weekend.
This kind of spirit has power to shake the human mind.

I think I want to do something for that person.
I also think I want to be this way.

I found the one goal of this year.
Important thing is to keep my passion that I try to change the dream
into reality.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
01


週末、とあるコラボ企画を考えていた。

街に生暖かい空気が流れ込んだ後、大粒の雨が降った。
土砂降りのなか、厚い雲がゆっくり動いて、薄日が差した。

摩天楼の上に、大きな虹がかかった。
ダブルの虹が半弧を描き、地平線まで届いた。

神様が届けてくれた奇跡のシーン。
このワクワクは、きっと何かに繋がっていく。

空とSOLA、こういう運命も、きっとある。

31


On weekend, we were thinking one collaboration planning.

After the lukewarm air came into the city, large rainy drops fell.
Among the downpour, thick clouds moved slowly, and trace of sun was shown.

On the top of the skyscraper, big rainbows were applied.
Double rainbow drew a half arc, and it reached to the horizon.

The god delivered the miracle scene.
I know this excitement will surely lead to something.

Sky and SOLA, they surely will be connected by the kind of fate.

49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
10数年ぶりに会う友人と待ち合わせた。
「アートギャラリーで待ってるよ」という粋なお誘いが、心憎い。

大学で美学美術史を学んだけれど、人に説明しながら美術館に行くのは
あまり好きではない。
ワインもアートも、その人自身の感性を楽しむのがいちばん。

1980年代にニューヨークソーホー地区に実在したストリート壁画が復元された。
いつの時代にあっても、本物は色褪せない。

まだ治安の悪かった時代のニューヨークに想いを馳せて。
今の時代に生きる自分の存在意義を、改めて思う午後。

秋の日差しは、まだやわらかい。

Gagosian  (1)


I was to meet with a friend for the first time in ten years.
I was really attracted by his words, "I will wait for you at the Art Gallery"

Though I studied fine arts at university, I'm not like to go to museums,
while describing the arts.
For Wine and Art, it is best to enjoy the sensibility of the people itself.

Street mural that was real in New York Soho district in the 1980s has been
restored.
Even now, genuine does not faded.

I was thinking the era of New York that was still in bad security.
I guessed my existence to live in today's era in the afternoon.

Autumn sun was still soft.

Gagosian  (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ワインの集い

ワインの集い (6)


JAL在職時代は、いつも素晴らしい人材に恵まれていたけれど、
今でもプライベートで連絡を取り合うのは、特にこの時のグループメンバーが多い。
「ワインはブドウから作られている」程度の知識しかなかった時代に、
グループ全員が「ソムリエ」の資格を持っていた。
でも、誰一人かっこつけるところはない。
とにかく「食べることと飲むこと、そしてお喋りが大好きな集団」なのだ。

当時のチーフを中心に、毎年会合が開かれる。
海外在住の私はもちろん毎年は参加できないけれど、
このメンバーに会うと、自分の原点を顧みることが出来る。

一緒に食べる。
一緒に笑う。

こんな当たり前のことを共有できることが、心に栄養を与えてくれるのだと。
幸せは、こんなところからやってくる。

ワインの集い (5)


JAL tenure era, I have been blessed with always great human resources.
I still stay in touch in private now, especially with these members at this time.
When the people's knowledge was only "wine is made from grapes",
All members of the group had a qualification of "sommelier".
But, there was nobody to be affected.
Anyway, they were "drinking and eating, and chatting lovers"'

They meet every year.
Since I live abroad, of course, I am unable to participate every year.
But when I meet these members, it is possible to look back to my origin.
We eat together.
We laugh together.

We can share things such commonplace, and we know it gives nutrients to
the heart.
Happiness comes from a place like this.
ワインの集い (3)

ワインの集い (2)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
たくさんの葛藤はあったけれど、応援すると約束した。
傷付くこともあったけれど、約束を貫いた。

人の心を動かすために必要なこと。
自分の役割をきちんとまっとうすること。

誰一人が欠けていても出来なかったことがある。
その先にあるものに、期待をこめて。

あのとき樹氷に誓った想いは、天空に白い花を咲かせた。
気持ちを支えてくれた友人達に、たくさんの感謝をこめて。

門出 (2)


Although there were a lot of conflicts, I promised to cheer you.
Although someone hurt my feeling, I ended up the promise.

It was needed to move the human mind.
It was needed to accomplish one's role properly.

There was thing we could not do even if one person missing.
All hope will connect to the future.

By the wish I swore to the rime that time, white flowers were blooming in the sky.
I really appreciated my dear friends who supported my heart.

門出 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ

Next
長いことずっと、一緒にやってきた。
よちよち歩きの我が子が育っていくのを見守る母親の気分で、
しっかりひっそり見守ってきた。

でもいつの頃からか、自分は一人きりで、
孤独な戦いを強いられているように、感じてしまっていた。
眠れなくても、食べられなくても、弱音は吐けなかった。
張りつめていた気持ちを、吐き出す場所を探していた。

「貴女が仲間でないと思ったことなど一度もない」
「貴女に助けてもらったこと、言葉に出せなくても感謝している」
「僕にとっても会社にとっても、かけがえのない存在」

イーストビレッジのバーで、流してくれた涙を、
私は絶対に無駄にしない。
絶対に守ると決めたから。
全力で応援する私を、これからも見守ってください。

決意


I had done together for long time.
As if a mother watch a toddler,
I've been watching them quietly and firmly.

But I felt alone from last year,
I was feeling to be forced to lonely battle.
Even if I could not sleep, even if I could not eat, I did not complain anywhere.
I was looking for a place that I give the feelings that had been tense.

"I had never thought that you were not a fellow."
"Even without the words, I am grateful that you helped me a lot."
"You are precious person for me and our company."

I will never waste your tears that I saw at East Village bar.
I decided to protect absolutely.
Please encourage me to cheer at best.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
春は別れの季節。

カウントダウンに入ってからは、
寂しい気持ちを紛らわすために、
敢えて現実を見ないようにしていた。

まめに連絡取り合ったり、定期的に会ったりしたわけではないけれど、
いざと言う時に寄り添える安心感があったのだと実感している。

この土地に移り住んでからずっと、見送るばかり。
今生の別れでもないはずなのに、
やり場のない空虚感に、途方に暮れる。

たくさんの思い出に、感謝をこめて。
この足跡がきっと、未来に繋がっている。

別れの季節 (2)


Spring is a parting season.

Since the beginning of the countdown,
in order to beguile the lonely feeling,
I had not dare look to the reality.

We did not contact frequently.
We did not meet on a regular basis.
But I knew there was a sense of security to snuggle up with heart
when we need each other.

Much more from moved to this land, I always forgo friends.
It should not be a farewell of this life,
But I am at a loss for the emptiness.

I am gratitude for a lot of memories.
Our trace has surely led to the future.

別れの季節 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
未来サンタ (7)


3歳から一緒に過ごした幼なじみの仕事を手伝った。
未来のサンタクロースから、子供達へ手紙が届けられる。

幼稚園や小学校生活、大好きな習い事。
子供達の夢をふくらませながら、繊細な感性で綴られる手紙が彼女から
送られてくる。
日本中から寄せられた応募者の家庭事情が見え隠れするたびに、彼女が
それにどう応えていくかを感じ取るたびに、私は夜な夜な涙腺を緩ませた。

目の前に立ちはだかる壁はたくさんあった。
ニューヨークと東京、まさに地球の反対側で、時差も構わずに原稿が行き交った。
夢のある仕事だからこそ、子供達が寝静まった夜中にしか、原稿に向き合うことは
できない。
人知れず、彼女が過労と眩暈で倒れた時は、締め切りに間に合うのか、
心底ドキドキしたけれど、それを外に出すわけにもいかない。

撮影日直前の数日間は、時差を越えての徹夜が続いた。
「おはよう。子供を学校に送ったら、作業再開するね」
「病院で点滴してきた。子供を預かってくれた友人がいて助かった」
「そっちの朝までに、続きを送っておくね。おやすみなさい」
「赤線の部分だけ、修正よろしく」
「もう少しだね。がんばろう」
会話のひとつひとつが愛おしかったのは、きっとそこに絶対的な信頼感があったから。

一緒に近所で遊んで、一緒に小学校に通った彼女と、長い年月を経てこうして
一緒に何かを作り上げることができるなんて、あの頃は思いもしなかった。
未来は誰にも分からない。
でも「未来は作れる」という彼女の言葉が、胸に突き刺さった。

世界中の子供達に平和を。夢を。幸せを。
たくさんの願いをこめて、メリークリスマス!!

稚拙な私の英語を支えてくれた強力な助っ人、エミリーに感謝をこめて。

未来サンタ (3)

未来サンタ (5)


I helped the work of childhood friend who spent together from 3 years of age.
It was to deliver the letter from the future Santa Claus to children.

About the school life of Kindergarten and elementary school, and the after
school programs.
She made a letter that was spelled with delicate sensibilities while inflated a
children's dream.
Each time the family circumstances of applicants that were received from all
over Japan were glimpses, every time I got her sense whether
she respond it, I was loosening lacrimal gland every night.

There were a lot of walls that stood in front。
Between New York and Tokyo, at the very opposite side of the Earth, the
document went back and forth not matter if time difference.
Because of a dream work, we were possible to face the manuscript only in
the middle of the night that our kids were asleep.
Secretly, she fell down from overwork and dizziness.
We were desperately pounding for the deadline, but we were not be allowed
to put out the worries.

A few days of shooting date immediately preceding, it was followed by all-night
beyond the time difference.
"Good morning. After I send my daughter to school, I will resume my work."
"I've been drip in hospital. Thank for my friend who took care of my daughter,
I was survived."
"By the morning in Japan, I will send more. Good night."
"Only part of the red line, please make modify. Regards"
"A little more. Let us do the best."
I loved the every single conversation, because there was absolute confidence
there.

We played together in the neighborhood, and we went to elementary school
together.
I those days, we did not think that we did a thing to build something together
in this way through the years.
Nobody knows the future.
But her words "we can make the future." was impressed me deeply.

Give the peace, dream, and happiness to all children in the world.
With a lot of wishes, Merry Christmas to you !!

I thank for my best friend, Emily, who supported my poor English.

未来サンタ (1)


未来サンタ SHARP AQUOS 4K
Please see the link: https://www.youtube.com/channel/UCTE2-oGJaqc2Cnk1QfAE9fQ

ブログランキングに参加しています。
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
エール (1)


こっそりと想いを綴ることがある。
伝わらない想いを、あえて文字に残すことで、気付いてくれる人がいるはずと。

気兼ねなく外にあらわす喜怒哀楽と、心のなかで葛藤する喜怒哀楽。
ささやかな心の動きにも、敏感に反応してくれる存在がありがたい。

「朝焼けは雨、夕焼けは晴れ」
子供の頃に覚えたことわざ通りに、午後から空が泣き出した。

でも、またちゃんと、朝はやってくるから。

明日から新しい人生を歩こうとする友のために。
今夜は乾杯。

エール (3)


I sometimes spell my feelings secretly.
When the feelings are not reached to someone, by leaving the
characters dare, I hope someone notice them.

There are emotions that could be represented outside without
hesitation, and emotions that conflict within mind.
I thank friends who will react sensitively to the movement of the
modest mind.

“Red sky at night, sailors delight, red sky in morning, sailors take
warning.”
As same as the proverbially that I remember from a child, the sky
began to cry in the afternoon.

But we are sure that tomorrow morning comes properly.

My friend will start to walk a new life from tomorrow.
Cheers to him tonight.

エール (2)


Next
あまりにも可愛らしかったので、思わずパシャリ。
大人びた世界を目の前にして、何をたくらんでいるのだろう。
この背中に、たくさんの未来が待っている。

未来


Since I loved this scene, I took this photo involuntarily.
In front of a world where grown-up, I assumed what they thought.
A lot of future will wait for them.
Next
15


贈り物はタイミングが肝要。
贈りたいものを、贈りたい人に、贈りたいタイミングで。

久しぶりに会った友人が、小さな包みを手渡してくれた。
綺麗にラッピングされたiPodに、私の大好きなアーティストの全アルバムとライブの映像。

いつどこで、どんなシチュエーションでその曲を聴いたか。
音楽は、記憶と共に蘇る。

こんなに心を鷲掴みにされて、今夜は眠れない。

ギフト


27


Timing is very important for gifts.
I send gifts to people I want to give, at the timing I want to give, things that I want to give.

My friend gave me a small package when I met her after a long time.
There was an iPod that has been wrapped nicely, with live video clips and all albums of my favorite artists of me.

When and where do I hear the songs?
Music revives along with the memory.

Since it grabbed my mind, I can’t sleep tonight.

18
Next
Lookup3


日本とニューヨークの時差13時間。(夏時間)
深夜遅くまで働く友人達が、ひと足早い夜を届けてくれる。
「今夜は月が綺麗だよ」
「交差点で酔っ払いが倒れている」
浮かれた街の風景は、地球の裏側に一日の活力と、ほんの少しのジェラシーを運んでくる。

今日は少しだけ、良いことがあった。
自分のことではないけれど、大事な人のために、大事な人が動いてくれて。
こういう繋がりのために、自分の存在があったのだと、今日だけは思いたい。

見上げた空には、月あかり。
こちらからも、夜のリレー。
無為に過ぎてしまいそうな日常だからこそ、きちんと、たすきを繋ぎたい。

Lookup1


There is 13-hour time difference, in summer time, between New York and
Japan.
My friends who work till late midnight deliver me the advance night.
"The moon is beautiful tonight."
"Look at the drunkard lying in the intersection."
Merry landscape of the city, brings vitality for the day and just a little of
jealousy to the back side of the Earth.

Just a little bit, there was a good thing today.
It was for important friend, not of me.
Thanks of my important friend, her issue would find the better answer.
Today, I wanted to think that I had the presence of my own for this kind of
connection.

Look up to the sky, moonlight.
From here, I do the relay of the night.
Simply because a day-to-day seems too idly, I want to connect the certain
baton.
Next
契り1


「私は彼のことを、愛して、愛して、愛し抜きました。
そして彼は私のことを、本当に愛してくれました。」

聖バレンタインの夜に逝ったのは、彼の最後の意思だったのかもしれない。
毎年、愛の日に、皆が彼のことを思い出すようにと。

「大好きなニューヨークで、大好きな人と出会って、いい人生だった。」
一人息子に先に旅立たれた御両親が、胸を張って語られた。

会場に響くすすり泣きの声が、次第に「ありがとう」の大合唱に変わっていった。
深い愛と感謝に囲まれたセレモニー。
そこにいたすべての人の胸が、大きく震えていたに違いない。
愛はみずから与え続けるからこそ、真っ直ぐに返ってくるものなのだと。

「いつかあなたの所へ私が行く時、しわしわでも絶対にすぐに見つけてよ。
ありがとうって言えるまで、どこかで見ててね。
ありがとうって言ってるから、どこかで見ててね。」

いつかきっとまた会えるから、その時がくるまで、一生懸命生きていこうね。

契り2


"I've loved him, and loved him so deep.
And he had gave me really love. "

It may have been his last will that he had gone in the evening of
St. Valentine's Day.
Every year, everyone recalls him on the day of love.

"He had been in New York where he loved, and had met a wonderful
woman that he loved. I thought he had a good life.”
His parents, who were left by their only son, spoke with pride.

Echoed crying voice at the venue went on behalf of the chorus of "thank
you" gradually.
It was a ceremony surrounded by a deep love and appreciation.
The heart of everyone must have been trembling greatly.
If you give your genuine love to someone, you will receive really love.

"When I go to your place someday, please find me immediately even I would
be wrinkled.
Look at me somewhere by when I will say "thank you”
Look at me somewhere since I will say" thank you". "

Because you will meet him again someday, till the time to come, let us live
hard.

Next
祈り3


その日、子供達の通学路に久しぶりに太陽が顔を出した。
私はわけもなくはしゃいで、そしてふと猛烈な孤独感に襲われた。
説明のしようのないその感覚を、誰かと共有することもできなかった。

夜半過ぎ、また一層冷え込みが厳しくなった。
ソチオリンピックの再放送で、興奮するアナウンサーの声が耳障りになって、
音を消した。
照明を消した部屋の中で、テレビ画面が無機質に色を放っていた。
なぜか3日前に約束していたのに会えなかった友人のことを思い出し、一人で泣いた。
ドタキャンを詫びる彼女に、何かを感じていたのに、ありきたりの言葉しか返せなかったことを後悔していた。

翌日、友人から携帯に着信があったことに気付いた。
私は恐くて、留守電が聞けなかった。
現実から逃げようとする、卑怯でちっぽけな自分。
本当のことをいうと、きっとそのことが分かってしまったからなのだと、今さらながらに思う。

友人の大事な人が光になった夜。
あまりにも非力だった自分を後悔している。
祈るだけでなく、具体的に力にならなくては、意味がないのだと。

祈り2


That day, the sun came out for the first time in a long time in school route
of children.
I was attacked by a ferocious loneliness suddenly, with glee for no good
reason.
I could not be shared that feeling with someone without the use of the
description.

Cold weather became more severe after midnight also, .
Since the voice of the announcer at the re-broadcasting of Sochi
Olympics, turned to harsh of excitement, I turned off the sound.
In a room that was off the lights, the TV screen was off a color to the
mineral.
I remembered the friend that did not meet it in had promised to 3 days for
some reason, I cried alone.
I was regret that I had returned only hackneyed expression to her, even
though I felt something when she apologized that she cancelled our
meeting.

I realized that the next day, there was an incoming call to the mobile phone
from her.
I scared that I did not listen to the answering machine.
I was puny a cowardly to try to escape from reality.
Now I thought that it because something had been found to be the sure.

An important person of my friend became light on that night.
I regret myself was too powerless.
Just praying did not make sense, if I did not act to help her specifically.
Next