写真 2018-07-19 11 54 04


本当に美味しいお気に入りのお店というのは、
ガイドブックに載ってほしくないと思う。

ただ、地元の人だけが知っている。
そんなお店に連れて行っていただくと、心底感動する。

大阿闍梨のおもてなしは、どこまでもきめ細やか。

さて、東京に帰ろう。

写真 2018-07-19 11 38 18

写真 2018-07-19 11 44 46

写真 2018-07-19 11 46 26

写真 2018-07-19 11 53 51


We do not want a truly delicious favorite restaurants appear in the guidebook.

There should the best restaurants that only the local people know.
When he took me to such a shop, I was touched by my heart.

The hospitality of Dai-ajari was finely heartful.

Well, let's return to Tokyo.

写真 2018-08-10 7 41 21

写真 2018-08-10 7 42 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-19 7 27 13
Next
写真 2018-07-18 17 02 19


四方八方を山に囲まれた空の大きな場所。
深呼吸をすると、満天の星が視覚いっぱいに飛び込んでくる。

とっておきの人と、とっておきの時間を過ごすために、
とっておきの空間を御用意する。

小洒落た演出など、要らない。
ホストを中心に、そこに素敵な人が集まるだけ。

この世で最高のおもてなしというのは、
こういうことを言うのだろう。

たくさん笑って、もう一度笑って、さらに笑って。
またここに来たいと、つとに思う。

写真 2018-07-18 17 03 38



A big place in the sky surrounded by mountains in all directions.
Take a deep breath, the sky full of stars jump into the sight.

In order to spend a special time with the best people,
He prepares a special space.

It does not need special stylish skills.
Just a nice person gathers around the host.

I think the best hospitality in the world is such behavior.

Laugh a lot, laugh again, smile even more.
I want to come back here again.

写真 2018-07-18 17 04 36



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-18 23 36 12
写真 2018-07-18 23 36 33

Next
トラブル満載の日本出張。
自分の存在意義について考える。
何のために、誰のために、その仕事を選ぶのか。
自分の過去と対峙しながら、この先を考える。

予定を切り上げて、フライトを変更した。
留守宅で待つ子供たちに、お土産を買う余裕もなかった。
成田空港で本を買おうと思っていたけれど、
羽田発のフライトは、朝早くて慌ただしい。

チェックインカウンターで、ふと顔を上げたら、
親友の顔があって、抱き締めたくなった。
新卒で入社した当時から仲良しの彼女が、
いまでもこうして活躍している姿に励まされる。

目先の儲けなんていらない。
誰かの力になるような存在でありたい。
ずっと長く、そうやって生きてきたのだから、
これからも、ブレない自分でいることだけを、心に誓おう。

きっとどこかで、待っていてくれる人のために。
元気でいれば、明日がやってくる。

写真 2018-05-08 20 01 26


I had many troubles on my business trip in Japan.
I thought about my own existence.
For what, for whom, should I choose that work?
While facing my past, I thought about the future.

I cut the schedule and changed my return flight.
I could not afford to buy souvenirs for my kids who were waiting at home.
Although I was planning to buy a book at Narita Airport,
I was too busy since the flight from Haneda departed in the morning.

At the check-in counter, when I suddenly raised my face,
I found a face of my best friend who was on the poster of "NISSAN LEAF CAR",
and I wanted to hug it.
We have been close friends since we joined JAL as freshmen,
I am still encouraged by her figure that is active as a model in this way.

I do not need immediate profit.
I would like to be like someone's power.
Since I have been lived in that way for long time,
I will swear to have my core heart forever.

Surely somewhere, for those who are waiting.
If we are fine, tomorrow will come.

写真 2018-05-08 19 56 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-06 6 47 24

写真 2018-05-06 6 47 26


JAL本社が天王洲アイルに移転した頃、周囲には何もなかった。
実家は都内の西端だから、丸ビル本社に行くにも時間を要したのに、
モノレールに揺られて行く天王洲は、まるで異国の地のような距離にあった。

T.Y.HARBORの開業は1997年、いわゆるJALビルが出来た翌年のことだった。
当時はまだお客様も少なくて、品川のビルと海を見ながら、
何時間でもお喋りが出来た、そんな空間だった。
ただ、飲むと帰るのが億劫になるロケーションだったから、
ここで仲間の飲み会をやった記憶は、ほとんどない。

昨秋の大同期会で再会した仲間が、また大集合した。
まだ現役クルーを続けている同僚も少なからずいて、
相変わらず、彼女らの底なしパワーに圧倒される。

旧交復活のキッカケ作りをできたこと。
一度きりでない再会が、何よりも嬉しい。

写真 2018-05-06 6 47 31


When JAL headquarters relocated to Tennozu Isle, there was nothing in the surroundings.
Because my parents' house was the west end of Tokyo, it took me a while to go to the Marunouchi headquarters,
Tennozu which is shaken by the monorail was at a distance like a foreign land.

T.Y. HARBOR was opened in 1997, a year after the so-called JAL building was completed in 1996.
At that time there were still few customers, while watching the building and sea in Shinagawa,
It was such a space that I could talk for hours.
However, as it was a location that was bothersome to go home when drinking,
I hardly remember having a fellow drinking party here.

Fellows who met again at last year's large re-union party also gathered together.
There are a few colleagues who have continued active crews yet,
As usual, I was overwhelmed by their bottomless power.

We were able to make chance of old-fashioned revival.
A reunion which was not only once was glad more than anything.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-06 6 47 42

Next
かれこれ10年以上、マンハッタンの同じエリアに住んでいるけれど、
近所にはほとんど日本人の友人がいない。
駐在者の御家族は、一定期間で帰国してしまうし、
昼間働いているので、ママ友との交流もあまりできない。

久しぶりに、新しいお友達ができた。
私は自分から話しかけるのが意外と苦手なのだけれど、
見かけたら、声かけてください。

ニューヨークの春は、まだ少し先になりそうだけれど、
なんか、嬉しい。

写真 2018-03-26 11 18 04


For over 10 years I live in the same area of Manhattan,
There are few Japanese friends in the neighborhood.
Family members of the correspondent residence will return home after a certain period of time.
Because I work in the daytime, I cannot interact with mum friends too much.

For the first time in a while, I got new friend.
Although I am not good at speaking from myself unexpectedly.
If you see me, please let me know.

Spring in New York is likely to be a little before,
I am glad in some reasons.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-03-14 0 17 54

写真 2018-03-14 0 19 06


LAに到着した日、偶然にもトランプ大統領と同じホテルに滞在した。
大統領の動きは直前まで公開されないから、
ダウンタウンの各所で道路封鎖されている理由が分からず、
空港到着からホテルに入るまでに3時間も所用した。

翌日の打ち合わせを終えた後、LA在住の友人が会いに来てくれた。
しばしの逢瀬を楽しんだ後、彼女はまた職場に戻って行った。
相変わらず厳戒態勢の路上には、騎馬隊が列をなしていた。

翌朝も周囲の封鎖で、タクシーも横付けできないから、
打ち合わせ会場まで、歩いて向かった。
グーグルマップで27分とあったけれど、結局小一時間かけて会場に到着。
途中でたくさんのホームレスに声をかけられた。

ダウンタウンを歩いたのは、15年ぶりぐらいだろうか。
やはり勝手のわからない土地を歩くのは、ちょっと怖い。
学生時代に留学したサンフランシスコの街を思い浮かべ、
あの頃のピュアな気持ちを、もう一度リマインドする。

久しぶりの西海岸は、私にいろんなことを教えてくれた。
隙間時間に会いに来てくれる友人一人一人が、とても愛おしい。

写真 2018-03-14 1 12 09

写真 2018-03-14 0 09 18


On the day I arrived at LA, I accidentally stayed at the same hotel as President Trump.
Since the president's movements were not released until just before,
I did not know the reason why the road was blockade at various places in downtown.
It took three hours to get to the hotel from the airport arrival.

After finishing the prep meeting for the next day, a friend living in LA came to see me.
After enjoying our meeting for a while, she went back to work again.
The cavalry team was still in line on the street.

The next morning as well, I could not get taxi along by the surrounding blockades,
I went to the meeting place by walk.
It was 27 minutes on Google Map, but eventually I arrived at the venue about in an hour.
I was spoken by many homeless people on the way.

It was the first time in 15 years that I walked downtown.
It was a bit scary to walk on a land that I did not understand beforehand.
I reminded the city of San Francisco that I studied abroad,
and I thought the pure feeling of those days.

The west coast after a long interval taught me various things.
Every one of my friends who came to see me in the gap time was very lovely.

写真 2018-03-14 19 42 39

写真 2018-03-19 15 19 09



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-01-27 10 47 40


昨秋の大同期会で結集した幹事たち。
縦社会でのフライト生活当時は、同期と会うことも滅多になくて、
一緒に何かを作り上げるのは初めてという仲間もいた。
怒涛の準備期間、朝起きると未読メッセージが百数件。
時差も距離も関係なく、いつしか空気のような連帯感が出来ていた。

過ぎ行く季節を駆け抜けて、仲間の一人がクリニックを開業した。
院長室に飾られた、同期会小冊子の原画に、
仲間から記念プレートを添えて贈りたいと提案があった。

私は、2年前に他界した師匠の友人にお願いしたいと申し出た。
本当は、もっときっと他の選択肢があったに違いない。
遠隔にいる私に任せてくれたのは、仲間の優しさだったと思う。

私たちの絆を彩る、ルビーの原石をそっと忍ばせて、
素敵なプレートが完成した。
隅から隅まで、いろんな人の愛が詰まっている。

世界中の希望がそこに込められているから。
このアートが、きっと医療界に癒しをもたらしますように。

写真 2018-03-07 18 00 54


We worked together at the re-union party of last autumn.
In flight life in a vertical society, we rarely met with a colleague who joined same year.
Some of them were the first time to produce something together.
Preparation period, when I woke up in the morning there were hundreds of unread messages.
Regardless of the time difference and the distance, there was a sense of solidarity like air.

Running through the season, one of our colleagues opened the breast clinic.
For the original painting of the re-union booklet decorated in the doctor's office,
there was a proposal to give a gift with a memorial plate from us.

I offered to ask a friend of my art master who passed away two years ago.
In fact, there must have been other choices more certainly.
I think that it was friend's kindness that they trusted me in a remote place.

Putting the ruby ​​stone that colors as our bond,
A nice plate was completed.
There are many love from many people.

The hope of the world is put there.
I hope this art will bring healing to the medical world.

昨年の大同期会の記事。Please click here to read the past article.

写真 2018-03-06 23 56 11

写真 2018-03-07 17 10 26



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-03-06 23 56 18

Next
写真 2018-02-08 22 09 29


幼い頃は「感が強い子供」だと言われた。
すぐに人の感情にのめり込み、琴線に触れると涙が出てしまう。
本当はもっと「勘の優れた子供」だったのかもしれない。
直感で人の心を読んだり、行動を理解したりしていた。

なぜ気付かない人がいるのか、不思議でならなかった。
直感で判断しても、「もう一度よく考えて」と言われる。
少しずつ自分の勘を封印して、頭の中で考えるようになる。
いつしか私は、気付かないふりをすることが上手になっていた。
それが大人になっていくことなのだと、理解していた。

力を研ぎ澄まされたまま、大人になった人もいる。
音や数字を色として感じたり、オーラの色が見えたりするという。
私はそんな感性の話を聞くのが好き。

氷点下の寒い夜、気の置けない仲間たちと談合する。
シェフとオーナーが、心温まるおもてなしをしてくださる。
ニューヨークにこんな仲間が集う夜を、感謝しあう。

皆の想いがひとつになった時、感性の神が降臨した。

写真 2018-02-08 22 07 42


When I was a child, I was told that I was "a sensitive child".
I immediately go into the emotions of people, my tears come out when I feel people's heart inside.
In fact, I might had been more "Good intuition child".
I read people's mind with intuition and understood their behavior.

It was wonder why there were some people who did not care people's thought.
Even if I judged by intuition, I was said to "think again carefully."
I gradually sealed my intuition and started thinking in my head.
One day I was pretty good at pretending not to notice.
I understand that it was about becoming an adult.

Some people have become adults with the power sharpened.
They are said that sounds and numbers are felt as colors, and colors of aura are seen.
I like to hear stories about such sensibility.

In the freezing cold night, I had dinner with my soul mates.
The chef and the owner gave us hearty warming hospitality.
We appreciated the night that such fellows gathered in New York.

When everyone's thought came together, the god of sensibility descended.

写真 2018-02-08 20 56 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-09 0 38 46


Next
人繋ぎには、距離感の共有がとても大事。
互いに依存し過ぎることなく、程よい距離感でいること。
でもいざという時には、必ず力になりたいと願う。

「何かできることがあれば言ってね」という社交辞令よりも、
具体的に行動できる人でありたいと常に思う。
私の周囲には、そういう人たちがたくさんいて、
心の中でマッチを擦ったように、灯りをともしてくれる存在に、
私自身がいつも学びをいただいている。

アーティストの滞在期間中、ずっとアトリエを貸してくださった友人。
彼女の誕生日当日、サプライズでお祝いに行こうと思ったら、
なんとたくさんの人たちがお祝いを持って立ち寄っていた。
事前に企てたわけでなく、みんなが自然と吸い寄せられる空気に、
彼女の人としての魅力を改めて感じた。

ここでたくさんの人間模様が交錯して、
ここでたくさんの物語が生まれていく。
心のともしびを探して、今日もニューヨークが動いている。

写真 2018-02-05 17 04 09


Sharing the sense of distance is very important for connecting people.
We do not depend too much on each other, we should feel a reasonable distance.
But when it comes to emergency, we always wish to become a force.

The words "If I can do something, let me know " is socializing.
Rather than that, I always want to be a person who can act specifically.
There are a lot of people like that around me,
Just like rubbing a match in my heart, to the presence that will light the light,
I am constantly receiving my learning.

A friend who lent us the atelier for the duration of the artist 's stay.
On the day of her birthday, I went to celebrate wishing her surprise.
There, a lot of friends stopped by with celebrations.
Not being planned in advance, to the air where everyone was sucked naturally,
I felt again the charm of her person.

Here, many human patterns intersect,
Many stories are born here.
Looking for a light of the heart, New York actives today as always.

写真 2018-02-05 15 39 38



海外永住 ブログランキングへ "
Next
成田発マニラ行き、最後のお客様の搭乗を待つ機内。
乗務員は日帰り乗務のため、1分でも早く飛行機を出発させたい。
早朝出発便は、お客様もピリッとしたムードが漂う。

ドアが閉まる直前に、駆け込んできた男性がいた。
色黒で大柄の若い男性が顔を上げた瞬間、私は目を疑った。
「おおおおお、ミカ!」

かつての乗務経験中、友人知人に偶然出くわした経験は、
そのどれもがいつもドラマチックな再会だった。

当時、彼は彼女にプロポーズしに行くところだった。
そんな大事なフライトに、乗り合わせた運命に感謝。
今でも彼は、私にとって大事な大事な友人の一人。

20年以上が経って、今度は彼女とニューヨークで再会した。
人生のあやとりを垣間見ているようで、
訪ねてきてくれたことが、無性に嬉しかった。

世界は広いけれど、近い。
友情はもっと堅くて、もっと厚い。

30


We were waiting for the last passenger boarding, the flight from Narita to Manila.
Because the crew had one day schedule, all crew wanted to leave as soon as possible.
Passengers had serious mood because of early morning departure.

Just before the door closed, there was a man rushed in.
The moment when a large black young man lifted his face, I suspected my eyes.
"Oh, it's you, Mika!"

During my former career experience, I re-encountered with some friends.
Every one of them was always a dramatic reunion.

Back then, he was going to propose to marry with his girlfriend
I appreciate the fate that God brought to such an important flight.
Even now he is one of important friends important to me.

After more than twenty years, I met his wife again in New York this time.
It seems to be a glimpse of the life story,
I was very happy that she came to visit me.

The world is wide but close.
Friendship is tighter and thicker.

35



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-01-19 18 09 01


仲良しの友人たちと、西川悟平氏の自宅に集まった。
スタンウェイのグランドピアノで、
私たちのためだけに、曲を弾いてくれる。

贅沢な空間。
贅沢な時間。
贅沢な音楽。
贅沢な会話。

Thank God, It’s Friday.

写真 2018-01-19 18 31 22


My friends gathered at the apartment of Gohei Nishikawa, a pianist.
On the grand piano of Steinway & Sons,
He played some music only for us.

Luxurious space.
Luxurious time.
Luxurious music.
Luxurious conversation.

Thank God, It's Friday.

写真 2018-01-20 9 09 32

たっぷり演奏を楽しんだ後は、お好み焼き大会。
After enjoying plenty of music,we had Okonomiyaki party.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
友人らが差し入れてくれたギフトたち。
お菓子、塩、栄養ドリンク。
本、アート、そしてジュエリーまで。

それぞれが、時間をかけて考えて、
選んでくれたのだと思うだけで、泣けてくる。

皆さんの愛、しっかりお返ししていきたいと思います。

写真 2018-01-05 16 36 46


There were gifts from my friends when I met them at the event or in Japan.
Sweets, Salt, Nutrition drink.
Books, Artworks, and even Jewelry.

Each one, thinking over time,
Just thinking that they selected them up for me made me cry.

I would like to return their love, firmly.

写真 2017-12-21 7 09 48



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-05 17 26 18
Next
人は頑張ってと励まされることよりも、
誰かに頑張ってと励ますことの方が、
より多くのエネルギーを発揮できる。

「手を洗いなさい」と強制されるよりも、
「一緒に手を洗おう」と協働することが、
子供たちの健康と命を大事にする意識に繋がる。

たくさんの需要に対する供給が間に合わなくて、
石鹸の製造に協力してくださる企業や人を探しています。
ご興味、ご関心のある方は、ぜひ御一報ください。

写真 2017-12-21 21 50 10


Rather than to be encouraged by someone,
people prefer to encourage someone.
It leads more energy can be demonstrated.

Rather than being forced to "wash your hands"
Working with "Let's wash hands together".
It leads to consciousness that takes care of the health and life of children.

Supply for lots of demand is not enough,
we are looking for companies and people who will cooperate in the manufacture of soap.
If you are interested, please do not hesitate to contact us.

nicotan soap 過去の記事はこちら

写真 2017-12-23 16 25 19



海外永住 ブログランキングへ "
Next
1年365日フライトを続ける乗務員。
同じ年に会社に入ったとはいえ、一度も顔を合わせない同僚もいる。

遠隔地に住む私に、大同期会幹事のお声がかかり、
突然ぐっと距離が縮まった幹事仲間。

乗務員を引退して、医師やクリエイターになった者。
いまだに現役で、乗務生活を続けている者。

時差や本業の傍らでの準備には、壮絶な苦労の裏話があって、
朝起きると既読メッセージ250件という日もあった。

苦労した過程はすべて、当日参加者の笑顔で報われる。
今はすでに懐かしい日々だけれど、
新しく生まれた絆は、またずっと続いていく。

写真 2017-12-31 12 11 54


A flight crew keeping on flight 365 days a year.
Even though we entered the company in the same year, some colleagues never look face to face.

Though I live in a remote area, I was registered as the member of the large re-union party.
Suddenly the distance between the fellow was shrunk.

One became a surgeon or creator after she retired from the crew.
Others are still active and have continued their career.

There was a story of a fierce hardship in preparing in the time difference and behind the main business.
It was not rare that I had 250 unread messages when I got up in the morning.

All the troubled processes were rewarded with the smiles of the participants.
It was already old days.
But Born newly connection " Kizuna" will continue forever.

写真 2017-12-31 12 11 30 (1)



海外永住 ブログランキングへ "
Next
それぞれのお店が終わってからの集合だから、
皆が揃うのは、たいてい深夜になる。

でもこの時間だからこそ、頭が冴えてくる。
新しい企画を生み出して、皆で乾杯する。

がむしゃらに人を紹介するのではなく、
きちんと相性の良い人同士を繋いでいく。

東京の片隅で、また新たな出会いが実ろうとしている。
来年の企画が、ここからスタートする。

25542618_10204159983955502_1404841272341927902_o


Because we assemble after each restaurant ended,
It gets usually midnight when everyone gathers.

But because of this time, our mind is getting cleaver.
We create a new project, and toast to us.

Rather than introducing people to random.
we connect people with good compatibility properly.

In a corner of Tokyo, a new encounter is going to be realized.
Next year's plan starts from here.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
あまりにも忙しく走り回ったなかで、
隙間時間でも会いたいと連絡をくれる友人がいる。
小1時間の密会でも、やはり直接会うと温度が伝わる。

朝7時半とか、夜中の24時とか。
それでも時間を作って会いに来てくれる友人に感謝。

会いたい人には、何度でも会いたい。

写真 2017-11-02 16 37 57


In the busy running around too much,
There were friends who contacted me to see them even in the gap time.
Even at a small one hour meeting, the temperature was transmitted
when we met directly.

Seven thirty in the morning, or 24 o'clock in the midnight.
Even so, I thank my friends who came to see me to make time.

I would like to meet the person I want to meet many times.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
写真 2017-10-23 5 30 29

写真 2017-10-23 7 05 28

写真 2017-10-23 7 01 34


イベントを終えたシェフチームが、東京に帰ってきた。
諸事情でひとあし先に帰郷した私に声がかかる。

シェフチームの熱い想いに、私は感無量。
あなたが必要だと言ってもらえることが、
どれほど有り難いことか。

目先の儲けでない。
厳しさと優しさの中に、相手を思いやる愛がある。
愛ある心だけが、人を動かす。

写真 2017-10-26 1 17 29


The chef team who finished the event came back to Tokyo.
I was asked to join them, as I came Tokyo a while ago because of various circumstances.

I felt very glad to the hot feelings of the chef team.
They said they really needed me.
I was so grateful.

Their purpose is not only to earn profitable.
In strictly and kindness, there is love that respects others.
Only a loving heart moves people.

写真 2017-10-23 14 25 52



海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
前職を休職してニューヨークに留学していた時、
出張で来紐育した地上職の先輩が、食事に誘ってくださった。
無給で勉強している後輩の、陣中見舞というところだろうか。

当時、乗務員の滞在ホテルを契約する責任者だった先輩がいた。
ニューヨークのホテルを数軒、一緒に見てまわった。
いわゆるクルー部屋の条件というのがあって、
滞在中の乗務員が安全に過ごせることが最優先。
そして予算は驚くほど少ない。

つくづく、厳しい労働環境だと思う。
それでも、元気に活躍されている皆さんを尊敬する。
彼女たちによっても、空の安全が守られている。

写真 2017-10-02 21 29 36


When I took years-off and was studying abroad in New York,
A senior from a ground-based job who led a business trip to Japan
invited me to dinner.
They treated me to encourage my student life in New York.

At that time, there was a senior who was responsible for contracting
a stay hotel for a crew members.
I searched several hotels in New York together.
There is the condition of the so-called crew room,
The highest priority is to be able to spend safety while staying as crew.
And the budget is surprisingly small.

I think it is a difficult working environment.
Even so, I respect the people who are active in good health.
Safety of the sky is also protected by them.


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">
Next
打ち合わせのために上京してくれた友人が、
仙台で展開するセレクトショップの手土産を持ってきてくれた。

アメリカングッズのセレクトショップらしいこだわり。
どこか懐かしい香りが、遠い記憶を蘇らせる。

彼の優しい気遣いが、何より嬉しい手土産だから。
香りの記憶と共に、その時を胸に刻む。

写真 2017-08-13 14 38 06


A friend who came to Tokyo for a meeting,
brought me souvenirs of a select shop located in Sendai.

The store seems like a select shop of American goods.
A nostalgic smell somewhere revived distant memories.

Because his gentle care was the most delightful gift.
Together with the memories of fragrance, the time was memorized in the heart.

Girlish by Hearts Field ガーリッシュ仙台

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
新設されたばかりの小学校で、初めてのホームルーム。
黒板に白いチョークで名前を書いた先生の後ろ姿を、今でも鮮明に覚えている。
背筋がピンと伸びたように緊張感のある美しい文字に、
綺麗な字が書ける大人になりたい、そう思った。

あれから何人という師に巡り合ってきたけれど、
私の根本にある揺るぎないスタンスを根付かせてくれたのは、
きっと幼少の頃に受けた教育の影響が大きいはず。

いつか、恩師と会って、人生を振り返ってみたい。
出版社の粋な計らいで、そんな貴重な経験が実現した。

数十年前の教え子の一人一人の名前や性格を記憶していて、
あの頃の私を客観的に語る恩師の言葉に、
ただただ、涙が溢れた。

今ここに存在していること、きっとすべてに意味がある。

写真 2017-08-02 16 44 57


It was my first classroom at a new elementary school.
I still remember the back of the teacher who wrote the name with white chalk
on the blackboard clearly.
Beautiful letters with a feeling of tension as the back muscles stretched out with pins,
I wanted to be an adult who can write beautiful letters, I thought so.

Although I came across many teachers from that,
It might be the reason why the stance which was fundamental to me rooted
was taken root,
The impact of education received in childhood should be large surely.

Someday, I would like to meet my teacher and look back on our life.
Such a valuable experience was realized by the stylish wisdom of the publisher.

Remembering the names and personality of each student of decades ago,
To the words of the teacher who talked me objectively in those days,
My tears flowed over and over.

What exists here now, everything has significance.

写真 2017-08-02 16 46 18


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
今夏の滞在は、ほとんど私用が入れられなかった。
それでも連絡をくださる方々とは、どうにかお会いしたかった。
打ち合わせの合間、隙間時間にぴったりと当てはまると、
運命のようなものを感じてしまう。

時間を作って会いに来てくださった方々、本当にありがとう。
そして、私がちゃんと動けるようにと、
まず子供達の世話を申し出てくださった親友たちに感謝。
彼女たちの気遣いに助けられて、どうにか今日がある。

さて。
たくさんの締め切りを抱えつつ、移動中。

写真 2017-08-06 3 44 33


Most of my stay in this summer was not used for private.
Nevertheless, I wanted to meet someone who gave me contact.
When fitting perfectly between meeting time and gap time,
I felt something like fate.

Thank you very much for those who made time to come and see me.
And as I can move properly,
First of all, I thank my best friends who offered to take care of my kids.
My girlfriend helped me a lot, and today I have something to work.

Well.
While traveling, with a lot of deadlines.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
昨秋から突然発信を休止して、水面下に潜ってしまった星さんが、
東京にいた私に連絡をくださった。
ほんの数日前から発信を再開した理由を聞きながら、
この若かりしホープの未来にワクワクした。

タイミング良く実歩さんも合流して、
数ヶ月ぶりの同窓会を楽しんだ。

私には想像もつかないようなビジネス展開をしているお二人が、
私が日本に行くと必ず声をかけてくださる律儀な誠実さが嬉しい。

私は30代の頃に、何を考えて、何を目指していたのだろう。
自分が前に進むキッカケになったあの時の気持ち、あの時の初心。
ずっと大事に育んでいきたい人間関係。

忘れずにいたい。
すべては昨日への感謝から。

写真 2017-08-03 16 12 08


Mr. Wataru Hoshi had suspiciously stopped his message out and got silent
from last autumn.
He got in touch with me when I was in Tokyo.
Listening to the reason why the outgoing call was restarted just a few days ago,
I was thrilled about the future of this youngster Hope.

Ms.Miho Suzuki joined well at the timing,
we enjoyed the reunion for the first time in a few months.

Two people who are developing business that I cannot imagine,
I am happy with the honest sincerity that they always ask me to meet
when I go to Japan.

By the time that I was in my thirties, I wondered what I was thinking and what
I was aiming for.
The feeling of that moment when I got to go forward, and the beginning mind
of that time.
I want to nurture the human relations carefully forever.

I do not want to forget.
All thanks for the past.

写真 2017-07-14 16 03 54


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
毎年同じ朝日を見て、起業した頃の初心を思い出す。
沖縄出身の友人が、御親戚を総動員して、
お祝いを届けてくださった。

那覇に住む弟さん一家と、今帰仁でフルーツ園を営む叔父様。
面識のない私のために、隠れ家的な宿を探し出してくださった。

アナログな心遣いがとても嬉しくて。
どうやってこの感謝を返していこうかと考えている。

写真 2017-07-26 21 25 08


Every year I see the same scene of sun rise,
it reminds me the beginning of my entrepreneurial start.
A friend from Okinawa mobilized his relatives,
they delivered a celebration gift.

Her brother family who lives in Naha and her uncle who runs
a fruit garden at Nakijin.
They found me while I was on the beach, they did not know me though.

I was very happy about their analog acts.
I am thinking how to return this gratitude.

写真 2017-07-26 21 24 57


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
高校時代からアメフトを見ているのに、
いまだにそのルールはよく分かっていない。

でも、いろんな体格の人が、それぞれの長所を生かした役割をできることが、
いかにもアメリカの競技らしくていい。
前職でもたくさんのスター選手を運ぶお手伝いをさせていただいたし、
アメフトは、いつも無垢で純粋な思い出と共にある。

ニューヨークで共に踏ん張る仲間が、‘
偶然同じ時期に一時帰国。
地元仲間の集まりは、気づけばアメフト会になっていた。

会のおひらきに、路上で声出しをする姿を見ていたら、
ふとあの頃に帰りたくなった。
いや、帰ってはいけない。
前に進もう。

写真 2017-07-19 8 59 34 (1)


Although I have watched American football since high school,
I still do not understand the rules.

However, I like it because it can be said that people of various physique can play
a role that makes use of their advantages.
I was able to help carry many star players even in my previous job,
American football is always innocent and pure memories.

I have a friend who lives in New York,
we came home temporarily at the same time by chance.
A group of local fellows, if we noticed, had become an American football association.

When I was watching the appearance that they made a voice aloud on the street,
Suddenly I wanted to go back to that time.
No, I will not.
Let's move forward.

写真 2017-07-15 0 55 20


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
ブッカーズを飲む女と、ボウモアを飲む男。
グラスに浮かぶ大きな氷を眺めながら、地元のバーで語り合う。

何度か一緒に仕事もしているし、仲間と飲む機会はたくさんあったけれど、
地元で時間を共有することで、互いの背景がしっかり見えた気がした。

中途半端な肩書きは名乗らない。
あくまでも塗装屋として、何ができるか考える。

その生き方を、貫いてほしいから。
その恩義と感謝を、天にまで伝えてほしいから。
私にできることを、考える。

写真 2017-07-18 8 18 14 (1)


There was a woman who drinks Buckers and a man who drinks Bowmore.
We talked at the local bars while watching the large ice floating on the glass.

We also worked a couple of times together, and we had a lot of opportunities
to drink with our colleagues,
By sharing time at local, I felt that we could see each other firmly.

He does not give himself as a title of paint artist.
As a paint craftsman, he thinks what he can do.

Please pass that way of life, and tell gratitude and appreciation to the heaven.
I think about what I can do.

写真 2017-07-18 8 17 48 (1)


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
学生時代から、よくイベント企画をやっていた。
当時はまだ珍しかったハロウィンパーティーには、女子大生50名以上が集約。
黒とオレンジがテーマのファッションコンテスト、手作りランタンコンテスト。
吉祥寺の街を仮装したまま凱旋してもらう罰ゲームで、会は最高潮に達する。

あの頃のワクワク感が、今も鮮明に蘇るし、
あのスピリッツは、今もそのまま先への希望へと繋がっている。

幼稚園に入って、大学を卒業するまで、いろんな同級生がいるけれど、
それぞれが、それぞれの雰囲気で、それぞれ繋がっているのが嬉しい。

今も、会うだけで、あの頃に戻れる仲間たち。
どんなに長い年月が経過しても、やはり同級生の信頼の壁は厚い。

写真 2017-07-13 9 05 56 (1)

写真 2017-07-13 9 06 06

写真 2017-07-13 9 07 56 (3)


Since I was a student, I had many projects of event planning.
At that time still more unusual Halloween parties, more than 50 female college
students aggregated.
We held a Black and Orange theme fashion contest, handmade lantern contest,
and so on.
We were so excited at the time of the costume parade in the city of Kichijoji.

The exciting feeling at that time still revives clearly,
That spirit is still connected to hope as it is.

There are various classmates until entering kindergarten and graduating from college,
It is nice that each is connected with each atmosphere.

Even now, just by meeting, fellows who can go to the past and future.
No matter how long the years passed, we believe each other.

写真 2017-07-12 17 07 42


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ


写真 2017-07-12 20 44 51
Next
目に見えないサービスを提供するホスピタリティ学。
確たるセオリーの習得と、マネジメント能力の育成。

亜細亜大学のホスピタリティ・マネジメント学科(経営学部)では、
私にとって本当に御縁のあるおふたりの教授が教鞭をとられている。

ここでおふたりが繋がっているのも奇跡のようだけれど、
こんな素敵な教授と出会える学生たちは、本当に幸運だと思う。

写真 2017-07-13 16 43 46


Studies of hospitality is to provide invisible service.
Acquisition of definite theory and development of management ability.

Asia University has Department of Hospitality Management Department (Faculty of Business Administration).
Two professors who have true relationships with me are teach to students.

It seems miraculous that the two are connected there,
Students who can meet such nice professors are really lucky.

写真 2017-07-13 12 44 54


重太みゆきさんの「有言実行」
木崎英司教授
重太みゆき教授

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
つい先日、こんな光景を見たなと思ったけれど、
気がつけばもう半年以上前のことだった。

日本代表という看板と、
日々のプレッシャーも相当なもののはずなのに。
気取らずに慕ってくれる素顔が、
とても純粋で、可愛くて。

ずっと彼女を応援したい。
切にそう思う。

写真 2017-07-11 20 03 46


I thought that I saw such a sight just the other day.
But it was more than half a year ago if I noticed it.

She is a soccer player as Japan representative,
her daily pressure should be considerable.
But I like her true side that is very pure and cute.

I want to support her forever.
I think so truly.

写真 2017-07-09 21 37 02


#ビルズのパンケーキ、やっぱり美味しい。

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
写真 2017-07-10 8 24 12


今ふり返ると、私たちが高校生だった当時の担任は、
今の私たちよりずっと若いのに、ベテラン教師の風格に溢れていた。
「素子」先生のクラスだから「もとこのこども」。
有志団体としては、あまりにも単純なネーミングだったが、
この名前が、母校西高記念祭の歴史を塗り替えた。

今でこそ、都立高校の文化祭レベルは日本一とも言われるまで向上したが、
あれほど純粋に目標に向かえた時期はないだろう。

あれから歴史的な時間が流れたにも関わらず、
私たちは堅く繋がっている。
一緒に会えるのは数年に一度だけれど、
あれほどくだらない話と真面目な話を同時にできる仲間はいない。

多感な20代の頃、そして近年に、大切な仲間を失った影響も大きくて。
でもだからこそ、こうして私たちの絆はより太くなる。

各業界の第一線で活躍する彼らの話があまりにも馬鹿げていて。
だからこそ、その笑いが明日への励みになる。

私たちは、まだここにいる。
天国の仲間には、もうしばらく待っていてもらおう。

写真 2017-07-10 8 24 01


As looked back, the homeroom teacher of our high school at that time,
was much younger than us at now.
But she was full of veteran teacher 's style.
As her name was "Motoko", simply we named a "Motoko's kids" to our volunteer group.
As a result, this name changed the history of Nishi High School Memorial Festival.
For now, the level of Cultural Festival at Tokyo Metropolitan High School has
improved until it is said to be Japan's best.
That might be the only period when we are going to the target purely.

Despite the historical time passed from then on,
we are tightly connected.
Although we can meet together once in a few years,
There are no colleagues who can do such a stupid story and a serious story
at the same time.

It was a big impression that we lost our precious friends in our 20s, and in recent years.
But that was why, our connections became tighter.

Their stories that are active in the front lines of each industry are too ridiculous.
That is why that laughter will encourage me tomorrow.

We are still here.
Please wait for a while, dear members in heaven.

kabuki7


以前書いた「勧進帳」もとこのこども関連記事もご覧ください。

写真 2017-07-10 8 37 49


ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next
自分が何歳の頃からの記憶が残っているかという話をした。
アメリカ生まれの彼女は、自分が日本に帰国した2歳半の記憶を
はっきり持っていた。

私はその頃、足立区の団地にいて、いつも耳が痛かった。
母が私の中耳炎の悪化に気付かなかったのは、
近くを通る環状八号線の騒々しさで、返事をしない私が普通になっていたから。

付近の環境の悪さに辟易した両親は、母の母が住む保谷市への
引越しを決意した。

それで私たちは、出会った。
私は3歳で、一つ上の彼女は4歳。
そこからの記憶は、断片的だけれど、割とよく残っている。

時を経て、いま目の前にいる彼女と、また何か出来ないかなと話している。
すでにいくつかのプロジェクトを一緒にやってきたけれど、
もっときちんとした形にできないかなと、想像を膨らませている。

こんな繋がりが、すごく幸せな故郷。
私はやっぱりこういう時間を、愛している。

写真 2017-07-04 13 01 39


We talked about how old we remember things when we were old.
She was born in the United States, she remembered the story
when she returned to Japan at two and a half age.
She had it clearly.

At that time, we lived in the complex in Adachi-ku.
My mother did not notice my worse otitis media.
Because of the noise of the urban highway passing nearby,
she felt it was normal that I did not reply to her voice.

Parents who were frustrated by the poor environment of the surroundings,
decided to move to Hoya City where my grandmother lived.

So, we met.
I was 3 years old, and she was 4 years old.
The memory from there was fragmentary, but it had been quite often left.

After many years passed, we discussed about next project.
We already got some projects together,
we will work as if it can be made into a more neater form.

I am very happy that I have such a connection in my hometown.
I really love this kind of time.

ブログランキングに参加しています。
「読みましたよ」と1クリック、応援よろしくお願いいたします。

海外永住 ブログランキングへ
Next