IMG_3077


2021年4月、「リーディングミュージカルDUSK」公演の際、
とっておきのお客様が、とっておきのギフトを届けてくださった。

鹿内あかりちゃん。
我が家の長女・千璃と同じ2003年生まれ。

「Colors」とタイトルされたその作品には、たくさんの想いが込められている。
小さな手で懸命に折り紙を組み立ていく姿を想像するだけで、感無量。

世界にはたくさんの色があって、たくさんの個性が存在する。
そうやって、世界が成立している。

「Colors」は海を渡って、ニューヨークにやってきた。
いつか、あかりちゃんと千璃が会える日がやってきますように。

IMG_1301


In April 2021, during the performance of "A Reading Musical DUSK," a special guest delivered me a special gift.

Akari Shikanai gifted it.
She was born in 2003, the same year as our eldest daughter, Seri.

Her work, titled "Colors," is filled with many feelings.
Just imagining her trying hard to assemble the origami with her tiny hands is enough to make me emotional.

There are so many colors in the world and so many personalities.
That's how the world is formed.

"Colors" has crossed the ocean and come to New York.
I hope that one day Akari and Seri will be able to meet.

IMG_3078

IMG_3079
Next
ずっと見守ってくださっている先輩がいる。
私の人生の抑揚を、静かに、力強く、変わらぬ姿勢で、佇んでいる。

私は彼女の強さと弱さが大好きで、ここにいる。

束の間の、とっておきの時間。
こんな形で磨かれる時間が、とても愛おしい。

IMG_2420


There is a senior who has been watching over me for a long time.
She stands there, quietly, powerfully, with an unchanging attitude to the inflections of my life.

I am here because I love her strength and weakness.

A fleeting, precious moment.
I love the time I have to refine it in this way.
Next
前職時代から仲良くしてくださっているグループ、
料理研究家になられた先輩の家に、お招きいただいた。

目黒の一等地にある御自宅は、キッチンスタジオとも言える豪華な間取りで、
20年以上前に初めてお邪魔した時と同じように、ピカピカだった。

サーブされたお料理は、すべてオリジナルレシピ。
James Rizziのアート、センスの良いインテリア。
スタイリッシュに生きるとはこういうことなのだと、改めて感じる。

無駄なものを排除して、お気に入りのものだけに囲まれていられたら、
人生は、きっともっとシンプルでいられるのかもしれない。

IMG_2572


There is a group of people who have been good friends of mine since my last job.
We were invited to the home of one of my seniors who has become a cooking researcher.

The house, located in a prime location in Meguro, had a gorgeous layout called a kitchen studio.
It was as spotless as when I first visited her over 20 years ago.

The dishes served were all original recipes.
James Rizzi's art and tasteful interior design.
I felt once again that this is what it means to live stylishly.

If I could eliminate the useless things and surround myself with only my favorite things, I'm sure life would be much simpler.

IMG_2565

IMG_2569

IMG_2575

IMG_2579

IMG_2581

IMG_2585
Next
田町駅から三田方面のお寺に向かって歩く。
いつも同じように、道に迷う。

2年前の夏に見送った友人は、賑やかなことが大好きだった。
人の名前を呼ぶ独特なトーンを、仲間はみんな忘れることがない。

コロナ禍の前だったから、あんなに多くの仲間で見送ることができた。
あのタイミングで旅立ったのも、きっと彼の運命だった。

残された私たちは、もう少ししぶとく生きないといけないのに。
どう生きるべきか、ずっと迷いの中にいる。

227346161_4399472143478356_3187403062975296421_n


We walked from Tamachi station to the temple in the direction of Mita.
I always get lost in the same way.

The friend we saw off two summers ago loved to be lively.
All my friends will never forget the unique tone in which he called out friend's names.

Because it was before the COVID-19 pandemic, we were able to send him off with so many friends.
It must have been his fate to leave at that timing.

Those of us who were left behind must live a little more stubbornly.
But I am still in a quandary as to how to live.
Next
緊急事態宣言下の帰国、仕事以外の人に会うのは憚れるけれど、
ワクチン接種を確認しながら、お互いの時間を調整する。

透明なガラスが配置された、吉祥寺の隠れ家的レストランで、
3歳から一緒に過ごしてきた幼なじみと会う。

長年会っていなくても、あの頃に帰って語り合える仲間。
「三つ子の魂百まで」という言葉がぴったりな空気が好き。

IMG_2496

IMG_2498


Returning home under a declared state of emergency, I was afraid to see anyone outside of work.
We coordinate our time with each other, checking on COVID-19 vaccinations.

My sister and I met with a childhood friend we've known since we were three years old at a hidden restaurant in Kichijoji.

Even though we haven't seen each other for a long time, we are friends who can go back to those days and talk.
I love the atmosphere of this place, where the phrase "a leopard can't change its spots" fits perfectly.
Next
日本女子サッカー界を牽引してきた鮫島彩選手が、
東京オリンピック代表選手の選考から外された。

2011年のW杯優勝という功績を残したベテラン選手。
母娘ほどの歳の差なのに、私にとってはいつも何かを教えてくれる存在。

日本代表という使命を背負いながら、スランプに陥っていた時。
怪我のリハビリで、毎日京都に通っていた時。
コロナ禍で、世界が大混乱に陥っていた時。

私たちは、普通に、一緒にいた。
他愛無いこと、小さな夢を語ったりして、時を過ごした。

先月、代表選考の発表を、私はオンラインで見ていた。
彼女にかける言葉が、うまく見つからなかった。

翌朝、彼女から「悔いはない」というメッセージが届いた。
常に全力を尽くしている彼女だから、その言葉に嘘はない。

自然と、涙がこぼれた。
もしかして、泣きたくても泣けない彼女の代わりだったのかもしれない。

いろんな想いが交錯するけれど、
彼女の強さと優しさが、日本代表チームには絶対に必要だった。

いつの時代も、人は前を歩く人を探している。
素敵な人が前を歩いていればこそ、若き世代に引き継がれていく。

彩ちゃん、私は人生の前を歩いているけれど、
心はずっと、貴女の背中を追っているのかもしれない。

またオフの日に、美味しいものでも食べに行こう。

こちらの記事も是非。
「日本代表の重み」
「再会」
「高揚」
「音楽の記憶」
「愛おしい時間」
IMG_1276 2


Aya Sameshima, a leading figure in Japanese women's soccer, has been excluded from the selection for the Tokyo Olympics.

She is a veteran player who won the World Cup in 2011.
Though she is significantly younger than me, she always teaches me something.

When she was in a slump while carrying the mission of representing Japan.
When she had to go to Kyoto every day for injury rehabilitation.
When the world was in turmoil due to the COVID-19 pandemic.

We were together, just like as being natural.
We spent our time talking about trivial things and small dreams.

Last month, I was watching the announcement of the national selection online.
I couldn't find the right words to say to her.

The following day, I received a message from her saying, "I have no regrets."
She always does her best, so there was no lie in her words.

I naturally burst into tears.
Perhaps it was a substitute for her inability to cry even if she wanted to.

I had so many mixed feelings.
Her strength and kindness are necessary for the Japanese national team.

At any age, people are always looking for someone to walk in front of them.
It is only when an extraordinary person is walking ahead that the younger generation will take over something.

I may be walking ahead of you in life, but my heart always is following your back.

Let's go out together soon on our off days.

IMG_1273

Next
学生時代、西海岸に留学した時、ひどいホームシックになった。
心が寂しくてたまらないのに、それを表に出すことができない環境。

インターネットやメールのない時代、私は自分宛に手紙を書いた。
近くに郵便局もなくて、切手の買い方を聞くことすらできなかった。

最後に寄ったロサンゼルスの街中で、エアーメールを投函した。
手紙が届くよりずっと先に、春の香りがする日本に戻った。

退屈な日常の繰り返しが、嬉しかった。
自分がどれほど日本という国を愛しているのか、その気持ちを確かめたから。

******

コロナ禍で郵便事情がひどくなった。
人の往来がない分、貨物便の需要が増えて、郵送に時間がかかる。
航空便でも数週間から数ヶ月かけて、ようやく辿り着く物もあれば、
いつのまにか紛失してしまう物もある。

友人が送ってくれたエアーメールを受け取って、20年前を思い出していた。
丁寧な手紙が添えられてあり、彼女の優しさを痛いほど感じた。

メールでなんでも片付けられてしまう時代だからこそ、マニュアルが嬉しい。
本当に大事なものを、コロナの時代が教えてくれている。

IMG_2088 2


When I studied abroad on the West Coast as a student, I was homesick.
My heart was so lonely, but I could not show it.

In the days without the Internet or e-mail, I wrote letters to myself.
There was no post office nearby, and I couldn't even ask how to buy stamps.

At my last stop in Los Angeles, I dropped off my air mail.
Long before the letter arrived, I returned to Japan, surrounded by the scent of spring.

The monotonous repetition of my daily life made me happy.
It was a confirmation of how much I love the country of Japan.

******

The COVID-19 pandemic has made the postal situation worse.
The lack of passenger flights has increased the demand for cargo mail, and it takes longer to arrive.
It takes weeks or even months for some items to arrive by airmail finally.
Some things are lost before you receive them.

When I received an airmail that a friend had sent me, it reminded me of 20 years ago.
There was a polite letter attached to it, and I felt her kindness painfully.

Even that people can deal with everything by e-mail, I am glad for the manual.
The age of COVID-19 is teaching us what is essential.

IMG_2089
Next
世界で活躍するオペラ歌手、田村麻子ちゃんから、
久しぶりに会いたいとお誘いいただいて、サラベスへ。

私たちは同世代で、同じ時期に渡米してきた同士だけれど、
あの頃、彼女は世界へ羽ばたこうとしていたし、
私は明日をどう生きようかと迷いの中にいた。

世界のトップに並んでも、向上心を忘れない彼女は、
なぜかいつもタイミングよく、私の心をキャッチしてくれる。

「あの頃から、サラベスはずっと変わっていないよね」
そんな話をしながら、昼下がりを過ごす。優しい時間。

次の目標が、ちょっぴり見えたような気がした。

IMG_1597 2


I met Asako Tamura, a world-renowned opera singer, at Sarabeth's Restaurant.

We are of the same generation and came to the U.S. at the same time.
At the time, she was on her way to the world,
and I was wondering how I would live tomorrow.

Even though she is on top of the world, she never forgot her ambition.
Somehow, she always manages to catch my heart at the right moment.

"Here has never changed."
We spent the afternoon talking about many things. It was a gentle time.

I felt like I could see a little bit of my next goal.
Next
IMG_1401 2

IMG_1411


前職場の先輩から、御自宅でのランチをとお誘いを受けた。
いつもずっと長く応援してくださる大好きな方々とのミートに、
二つ返事でお答えして、いそいそと出かけて行った。

自宅開催とは思えないほど上質なお料理の数々に舌鼓を打ちながら、
とてつもなく幸せな時間を過ごさせていただいた。

「もてなす」ことを丁寧に表現すると「おもてなし」。
表も裏もない、正真正銘の真心で対応することが、本当の「おもてなし」。
こんなに素敵な「おもてなし」で歓迎していただいたのは、いつ以来だろうか。

背中を追いかけたいと思える素敵な女性がすぐ目の前にいる幸せ。
常に「おもてなし」ができる心の余裕、ずっと目標にしている。

IMG_1434 2

IMG_1551


One of my seniors from my former workplace invited me to have lunch at her home.
I said yes and rushed out to meet with my favorite people who have always supported me for a long time.

We had a good time, tucking into a variety of high-quality dishes that I couldn't believe I was hosting at home.

"Omotenashi" is a polite way of describing "hospitality."
"Omotenashi" is to respond with genuine sincerity, neither front nor back.
When was the last time I had such excellent hospitality?

I am so happy to have such a wonderful woman right in front of me whom I want to follow.
I will always aim to have the presence of mind always to be able to offer hospitality.

IMG_1433

IMG_1408

Next
先週「チカラを貸してください」と声に出してみた。
本当は自分にも余力はないのに、そんな時だからこそ人を助けたいと思ったから。
いや本当は理由なんてなくて、直感でやるべきと思っただけだった。

とある方のエッセイを、多言語に翻訳するプロジェクト。
私はこんなに長く米国にいるのに、本当は書く英語にはまったく自信がなくて、
英語で仕事をしていても、日本語の繊細なニュアンスを伝えることは難しい。

彼女の書く日本語は、話すようなテンポとユーモアたっぷりの言い回し、
そこにたくさんのメッセージが隠されていて、行間の奥深さが突出している。
障害を持った家族を温かく愛する生き方が、眩しすぎるほど美しい。

彼女の声を世界に届けるのに、言葉というツールが壁になるなんて勿体無い。
それぞれの国の文化的背景が違うからこそ、それぞれの言語で届けたいし、
それぞれの人種がいろんな想いを感じ取ってほしい。

久しぶりに連絡をした友人も多かった。
一言語につき一人だけ、私の想いを感じてくれそうな人にお願いをした。
みんな少し戸惑って、みんな同じように前向きな返事をくれた。

今年のホリデーシーズンは、贈り物すら自粛傾向にあるようだけれど、
仲間と一丸になって、国境を超えたメッセージを届けたい。

私の声に応じてくれた友人の皆さん、本当にありがとうございます。
皆さんの温かい気持ちを翼にのせて、一緒に繋げていきましょう。

そして何よりも。
私の稚拙な語力を、いつもただ静かに見守ってくれるM’s Lab.の皆さんに、
心から感謝の意を捧げます。

写真 2020-12-10 10 40 45


Last week, I said out loud that I needed your help to help others.
The truth was that I didn't have a lot of energy left in me, but I wanted to do it when I was in trouble.
I didn't really have a reason, and I just had a gut feeling that I should do it.

It was a project to translate a Japanese essay into many languages.
I've been in the U.S. for such a long time, but I've never really been confident in my written English.
Even though I work in English, it isn't easy to convey the delicate nuances of Japanese.

The Japanese she writes have a conversational tempo and humorous phrasing.
There are many messages hidden in her writing, and the meaning between the sentences is outstanding.
Her warm and loving way of life for her disabled family is dazzlingly beautiful.

It's a shame that the tool of language is a barrier in bringing her opinion to the world.
The cultural background of each country is different, so I want to deliver in each language.
I want each people to feel various feelings.

There were many friends I hadn't heard from in a long time.
I asked only one person per language who might understand my thoughts.
They were all a little confused, and all gave me the same positive response.

This holiday season, there seems to be a tendency to refrain from even giving gifts.
But I want to unite with my friends to deliver a message that transcends borders.

To all my friends who responded to my message, thank you so much.
Let's put your warm feelings on the wings and connect them.

And above all.
To all M's Lab members, who always watch over my poor language skills in silence.
I want to express my heartfelt gratitude.

写真 2020-12-10 10 40 19


Next
小さい頃から、人に助けてと言えない子供だった。
困ったことがあっても、辛いことがあっても、弱音は吐けない。
自分で解決策を見つけてから、事後報告をするのがカッコイイと思っていた。

大人になってから、少しずつ、周囲に話せるようになった。
でも、いざ助けてと言っても、見て見ぬふりをされることが多いのだと知った。

最近ずっと溜まっていた思いを、私にとっての駆け込み寺である友人に話した。
みんなこの先を思うと不安な気持ちは同じだろうけれど、
自分の居場所がないことが、何よりしんどいのだと。

彼女がサラリと答えた。
「美香さん、困った時は、人助けしましょうよ」

決して穏やかとはいえない人生を送ってきた彼女の言葉が、胸に響いた。
痛みを知っているからこそ、優しくなれるのだというのなら、
今こそもっと、人のために何かをしてみよう。

人のためにだったら、素直に助けてと言える。
なぜ助けたいと思うのか、その気持ちに寄り添ってもらえるなら。

貴方のチカラを貸してください。

写真 2020-12-10 10 39 48


Ever since I was little, I was a child who couldn't ask people for help.
Even when I was in trouble or had a hard time, I couldn't show any weakness.
I thought it was cool to find a solution on my own and then report back after the fact.

As I grew older, I gradually learned to open my mind to talk to the people around me.
But I learned that when I asked for help, it was often ignored.

Recently, I talked about the feelings that had been piling up for a long time for my friends, who are my go-to people.
I know we all feel the same anxiety when we think about the future.
But the fact that I don't have a place of my own is the hardest thing of all.

She replied with a simple smile.
"Mika, when in trouble, let's help others."

Her words resonated in my heart, as she had lived a not-so-peaceful life.
If we can be kind because we know pain, then now is the time to do more for others.

If it's for the sake of others, I can honestly ask for help.
If you know why I want to help, and if you can be close to my feelings.

Please help me with your kind passion.
Next
私の「栗好き」を知っている同級生からの差し入れ。
オフィスが近いからと、わざわざ届けてくれた。

こんな気遣いが、何より嬉しい。

写真 2020-11-20 8 36 20


A classmate who knew my "love for chestnuts" sent this to the venue of our event.
He stopped by there to deliver it because it was close to his office.

This kind of thoughtfulness made me more than happy.
Next
まもなく本帰国を予定している友人を囲んで、フェアウェルランチ。

私が渡米した時期と同じ頃からニューヨークで頑張ってきた彼女は、
日本にいる両親の介護を少しでも手伝おうと、帰国を決めた。

気がつくと、米国にもう20年も住んでいるのに、
いつまでも「移民」というレッテルが外れることはなく、
いつしか帰れるはずだった故郷も、遥か遠い国になってしまった。

「余生を過ごす」というにはまだ少し若過ぎるけれど、
海外と祖国を往来できる自由が戻ってこないのであれば、
自分はどこで過ごすべきなのかと、悩ましい。

これまでに本帰国する友人を、数え切れないほど見送ったけれど、
いろんな学びをもらった彼女との別れは、とても寂しい。

ぽっかり穴が開いた心に、冷たい冬の風が吹き込んでくる。

写真 2020-11-17 13 28 20


We had a farewell lunch with a friend who is planning to return to Japan soon.

She had been working hard in New York at the same time I came to the United States.
She decided to return to Japan to help take care of her parents, Japan.

I realized that even though I've lived in the United States for 20 years now, the label "immigrant" will never be removed.
And the hometown I was supposed to return to someday has become a faraway country.

Although I'm a little too young to say that "spend the rest of my life,"
If the freedom to travel to and from the homeland abroad will not return, I will be torn about where I should be spending my time.

I've seen countless friends returning to Japan, but I'm unfortunate to say goodbye to her, from whom I learned so much.

A cold winter wind blows into my heart, which has a gaping hole in it.

IMG_9654
Next
舞台女優の今泉りえさんも、必ず連絡をくださる方の一人。
稽古やレッスンの合間を調整して、会えない時間をキャッチアップ。

「働くママ」としてのカテゴリーは一緒だけれど、
彼女の行動力とそのエネルギーには、おおいに圧倒される。

障害を持った子供達に歌う喜びを、現役の後輩達に発声を教える。
御本人の舞台稽古が始まると、1日が48時間あっても足りない忙しさ。

コロナ禍でエンタメ業界も困難な時代が長引きそうだけれど、
彼女のように強く生きる人が、きっと光を導いてくれるのだと思う。

写真 2020-10-15 19 42 21


Stage actress Rie Imaizumi is one of my friends who always contacts me.
She coordinates her time between rehearsals and lessons to catch up with me when we could't see each other.

Although we're in the same category as "working moms,
I am overwhelmed by her energy and drive.

She teaches the joy of singing to disabled children and vocalization to younger actors.
When her stage rehearsals begin, it's not enough for her, even if there are 48 hours in a day.

Although the entertainment industry seems to be facing a prolonged period of difficulty due to the COVID-19 pandemic,
I am sure that people who live as strongly as she does will lead us to the light.

写真 2020-10-23 4 42 12

写真 2020-10-23 3 32 28


Next
コロナ禍による入国制限がかかるなか、PCR検査と自主検疫がネックとなり、
日本に戻っても、思うように人に会えない。
それでもタイミング良く声をかけてくださった方には、できるだけ会いたい。

パーソナルファッションディレクターの麻日奈芽実さん。
その審美眼と洗練されたセンスの良さに、お会いするたびに惚れ惚れする。
前夜まで徹夜作業の連続だったそうだが、登場された時はすっかり元気。

コロナ禍で縮小した仕事と、その反動で広がった仕事。
他愛ない話も含めて、数時間の喋り倒し。

表参道にある隠れ家的な和食屋は、パーフェクトに私の好みで、
おもてなし上手な彼女の立ち居振る舞いまで、しっかり学ばせていただいた。

最後は恒例の、芽実さんのインスタアップ用写真を撮影してお別れ。
やっぱり直接会わないと、伝わらない。

写真 2020-10-20 10 41 18


Amidst the restrictions on entry into the country due to the COVID-19 pandemic, due to PCR inspection and voluntary quarantine, even though I was back in Japan, I couldn't meet people as much as I liked.
Still, I liked to meet as many people as possible who were willing to talk to me at the right time.

Memi Asahina is a Personal Fashion Director.
Every time I meet her, I fall in love with her aesthetics and refined sense of style.
She said she had been working all night long until the night before, but she was in great spirits when she showed up at the restaurant.

Our theme was about the business that was downsized or expanded due to the COVID-19.
We talked for several hours, including some trivial stories.

This secluded Japanese restaurant in Omotesando was perfectly up my favor.
She was a hospitable person, and I learned a lot about her behavior.

We finished up to take her Instagram photo, as she always does so, and said goodbye.
You can't really get to know someone well unless you meet them in person.

写真 2020-10-20 0 19 36




Next
過去のキャリアにすがりつくこともないし、否定をすることもない。
たまたまあの時代に、女性の能力を活かせる魅力的な仕事に就くことができた。

退職後のメリットは皆無だし、自分の必要にマッチするキャリアを選んでいる。
ただ、あの時代から繋がっている仲間との御縁だけは、一生の宝になっている。

留学中で課題に奮闘していた私を、気分転換に連れ出してくれたり、
食が進まない長女のために、せっせと日本の離乳食を運んでくれたり。

異国の地に行き転職した同僚のことを、こんな風にも愛してくれる仲間はいないから、
私もここに来ると、いつも泣きたいぐらいに安堵する。

猛暑のなかの雷雨、そしてダブルレインボー。
私たちの人生も、後で振り返ればきっと、こんな虹色になっているのだろうか。

写真 2020-08-29 22 56 16


I don't hang on to my past careers, nor do I deny them.
I just happen to be able to find an attractive job in that era that makes use of women's abilities.

I have none of the benefits of retirement and I've chosen a career that matches my needs.
However, the only thing I will treasure for the rest of my life is the relationships I've made with my colleagues that I've connected with since that time.

They took me out for a change of pace while I was studying abroad and struggling with my assignments.
They brought Japanese baby food for my eldest daughter, who was not eating well.

I've never known anyone who could love a coworker who went to a foreign country for a job change like this.
I always feel so relieved when I come here that I want to cry.

There had a thunderstorm in the heat of summer and a double rainbow.
When we look back on our lives later, they must have turned into rainbow colors like this.

Before
写真 2020-08-29 23 05 05

After
写真 2020-08-29 22 56 24

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2020-08-29 22 56 26



Next
2020年7月29日。
彼を見送ってから、もう一年が経ったことに気付き、愕然とした。

北海道にいた私に、同級生が連絡をくれた。
うだるような暑さの東京で、最期のお別れをした。

自信とやる気、エネルギー、パッション。
彼から学んだことを、最近の私はすっかり忘れている。

一年ぶりに、彼の墓前で手を合わせる。
生きたかった彼のエネルギーを、全身に吸い込む。

私は、生きる。

昨年の記事

写真 2020-07-31 10 47 48


July 29, 2020.
I was stunned to realize that another year had passed since he passed away.

I was in Hokkaido when a classmate of mine contacted me about his last.
We sent off him in sweltering heat in Tokyo.

Confidence, motivation, energy and passion.
What I learned from him, I've forgotten all about these days.

For the first time in a year, I prayed at his graveside.
I breathe his energy, which he wanted to live, into my whole body.

I will live.
Next
トライベッカに住む友人宅にお邪魔した。

急な来客でもすぐに対応できる、彼女のおもてなし力に癒され、
ハドソン川を見渡す、その立地の素晴らしさにも圧倒される。

日本語のセレブと英語のそれは、少しニュアンスが異なっている。
本来は「マスメディアや大衆の注目を集める著名人」というのが源流で、
裕福というだけでは、そのカテゴリーに含まれない。

日本のメディアが使う「セレブ生活」のニュアンスは少し違っているけれど、
優雅な暮らしをひけらかさない人こそを、「セレブな人」と呼ぶべきだろう。

日本のコンビニで買ったというチーズスナックが、この日の主役。
本当のセレブから、日常的なおもてなし、所作の美しさを学ぶ。

写真 2020-01-27 14 23 17


We visited a friend's house in Tribeca.

She welcomed even a sudden visitor immediately, we were healed by her hospitality.
Overlooking the Hudson River, the location was amazing too.

Japanese celebrities and English have slightly different nuances.
Originally, "celebrities that attract the attention of the mass media and the public" are the source,
Wealth alone does not fall into that category.

The nuances of "celebrity life" used by Japanese media are slightly different,
A person who does not show off elegant living should be called a "celebrity person".

The cheese snack that she bought at a convenience store in Japan was the leading role of the day.
I learned everyday hospitality and the beauty of her work from real celebrities.

写真 2020-01-27 14 27 04


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
世界を舞台に活躍するオペラ歌手・田村麻子さん。
彼女からのお誘いはいつも突然で、嵐のような勢いで連絡がくる。

自分のスケジュールを列挙して、半ば強引に私の予定を押さえ込む。
私はその勢いが大好きで、心地良くて、彼女と過ごす時間を最優先にする。

約20年前、彼女と私は同じ時期にニューヨークにやって来た。
当時、彼女はオペラ界という華やかな世界を渡り歩き、
私は迷いながらの子育てと仕事の毎日だった。
いつしか接点が交錯して、私は彼女の内面に魅せられながら時が経過した。

久しぶりのブレストミーティングで、彼女と今後の展望を話し合う。
いくつかの企画があるなかで、そこに関わる意義を考える。
私たちに残された時間で、できることをひとつずつやっていこうと意思確認。

******

昨年の初夏、ニューヨーク総領事公邸でプレビュー公演のあった
オペラ演目「白狐」のニューヨーク公演情報が解禁となった。
西洋のオペラが日本語で演じられ、さらに殺陣がコラボするという斬新な企画。

田村麻子は、間違いなく日本が生み出した世界のスーパーヒロインで、
その世界観を一緒に伝えていくことが、後世へのタスキ繋ぎ。

コロナウィルスの影響が落ち着くことを祈りながら、
4月の舞台までのカウントダウンを、一緒に楽しもう。

総領事公邸でのプレビュー公演の記事「THE WHITE FOX」

写真 2020-02-26 4 30 55

写真 2020-02-26 4 30 48


Asako Tamura is an opera singer active on the world stage.
She always calls me in sudden, and she gets in touch like a storm.

She enumerates her schedule and holds my schedule in little forcibly.
I love her momentum, it's comfortable and I spend the most time with her preferentially.

About 20 years ago, she and I came to New York at the same time.
At that time, she actived around the glamorous world of opera,
I was lost every day in parenting and work.
One day, we met, and I was fascinated by her inside and time passed.

we discussed our future at the brainstorm meeting after a long absence.
We considered the significance involved in several projects.
In the time left for us, we confirmed our intention to do what we can.

********

Early summer last year, there was a preview performance at the Consulate General's residence in New York.
The information on the New York performance of the opera show "THE WHITE FOX" has been released.
It would be a novel project in which western operas are performed in Japanese and sword fights collaborate.

Asako Tamura is definitely a superheroine of the world created by Japan,
Communicating the world view together is the connection to future generations.

While praying for the effects of the coronavirus to calm down,
Let's enjoy the countdown to the April stage together.

Please click here about "THE WHITE FOX"

87025454_10157290279358406_4437908617974251520_n (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
出張の合間の隙間時間。
仲間と会う機会のほとんどは、ほぼ前日召集。

それでも、集ってくれる仲間がいる。
「お帰り」の一言で、元気になれる。

写真 2020-01-11 9 27 57


There has a little free time during business trip.
Most of the opportunities to meet with friends is convened almost the day before.

Still, there are friends who come to join.
I can get well with one word of "Welcome home."

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-11-06 20 29 10


「同じ空の下で」繋がっているんだなと思う瞬間がある。

嬉しい時、悲しい時、幸せな時、しんどい時。
ふと、空の写真を送ってくれる友がいる。

年老いていく両親を介護しながら、外界を遮断していたら、
今見ている景色を「御両親に」と送ってくれた。

温度を持たないはずの写真が、温度を放つ瞬間。
心はそんなことで、温まる。

扉を開けてくれて、ありがとう。

写真 2019-11-06 20 29 12


There is a moment when I think you are connected "under the same sky".

When I am glad, sad, happy, difficult.
I have friends who send me sky photos, suddenly.

When I was caring for my aging parents and blocking the outside world,
He sent me the scenery he was looking at to my parents.

The moment a photo that should have no temperature radiates.
That's what makes my heart warm.

Thank you for opening the door in heart.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-07 17 37 31

Next
人生とは思うようにいかないもの。
特に人に裏切られた時に、そこから立ち上がるのに時間がかかる。

なかなかアウトプットができなかったけれど、
支えてくれる大切な仲間がいるから、また歩き出す。

すべての物事にはタイミングというものがあって、
出会いや再会のタイミングにも、すべて意味があると感じる。

申し合わせたかのようなタイミングで連絡してくれる方がいて、
なぜかぴったり時間が合ってしまうのは、やはり御縁というものだろうか。

駆け足で通り抜けた数日間。
私はどんな足跡を残せたのだろうか。

写真 2019-11-09 17 11 34


Life does not move as we think.
Especially when betrayed by a person, it takes time to get up from there.

It was difficult to output,
I have an important companion who will support me, so I move forward.

Everything has a timing,
I feel that the timing of encounter and reunion is all meaningful.

There are people who contact me at the timing as if we had agreed.
It is just the bonds that make the right time for some reason.

I stayed in Japan for a few days.
I wonder what I left behind there.

写真 2019-11-08 7 36 09

スクリーンショット 2019-11-22 04.09.33


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-11-10 8 35 31

Next
先週から心塞ぐ出来事があって、発信する気力が萎えていた。
そういう時は、ひたすら本を読み、インプットに務める。

従妹の結婚式でお会いして以来、大ファンになってしまった慎太郎ママ。
きめ細やかな心配り、優しさ溢れる人付き合い。
骨董収集を紹介されるインスタグラムのセンスに毎回感動して、
ママがアンテプリマとコラボしたバッグも購入して、半ば追っかけ。笑

普段はバスタイムに本や資料を読むことが多いけれど、
慎太郎ママの本は、静かな部屋で一人でしっかり向き合って拝読。
まるでサロンでママと直接対話しているように、心が洗われた。

身体も所有物も、すべては預かりもの。
目の前のことを、淡々とこなすこと。諦めないこと。
あることがたし、徹底的に「感謝の気持ちを表現する」こと。
「自分のため」でなく「人様のため」の力を持続する。
不幸は自分で飲み込むもの。地獄は一人で見るから美しい。
むやみに人と戦わないことが、いつか勝ちに繋がる。
人生の縮図。空を見る、木々を眺める。

いつも心しているけれど、自分に出来ていないことがたくさんある。
本当の幸せは、さりげない日常の中にあることを、改めて思う。
今日も、同じ空の下で、淡々と生きてみよう。

素敵な本を世に生み出してくださった慎太郎ママに、感謝をこめて。

慎太郎ママのインスタグラムはこちら。

写真 2019-10-11 10 33 54


There was a trouble that made my heart closed since last week, and the energy of my output was deflated.
Everytime it happens, I read the book and refresh my brain.

I have become a big fan of Shintaro Yabe since I met her at my cousin's wedding.
He has a wonderful characters with sensitive tenderness.
I am impressed with the sense of his Instagram that introduces antique collection every time,
I also bought a lovely bag that he collaborated with Anteprima.

I usually read books and materials during bath time,
but I read Shintaro's in a quiet room.
It was as if I was talking directly with him at the salon.

All your body and belongings are rental things.
Do things in front of your eyes. Don't give up.
Important thing is to express "thank you" thoroughly.
Sustain the power of "For someone" instead of "For myself".
Misfortune is something you feel by yourself. Hell is beautiful because you see it alone.
Unnecessarily not fighting people will eventually lead to victory.
Look at the sky, look at the trees, so you see a microcosm of life.

Though I always have a lot of things I can't do,
I reaffirm that true happiness is in everyday life.
Let's live under the same sky today.

Thanks to Shintaro for creating a wonderful book.

「アンテプリマ x サロン・ド慎太郎」の記事
2017-10-30 13.48.42


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

懐かしの結婚式!
2015-09-21 16.15.35 HDR

2015-09-21 16.07.43

2015-10-04 20.25.03

2015-09-21 15.17.54
Next
いわゆるオフ日は1日しかなかったけれど、
「会いたい人には会える時に会おう」ということで、
仲間が集う場所に顔を出す。

「お帰り」この一言が、たまらなく嬉しい。

写真 2019-09-28 15 59 45


The so-called off-day was only one day,
My friends asked me "Let's meet up if you have time.",
So I met some friends in Japan.

“Welcome back.” This word made me so happy.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-28 15 59 24 (1)

Next
写真 2019-08-20 0 57 28


「地球こどもサミット」打ち上げと称して、
親子で「東京ディズニーランド」に行く企画があった。

当初20名ぐらいになると想定していたけれど、
体調不良を理由に、前夜や当日のキャンセルが続出。

小ぢんまりとしたグループ遠足は想定外に楽しくて、
久しぶりに、親子でのレジャーシーンを楽しんだ。

いわゆる絶叫マシーンに乗ると、驚愕で声が出なくなる人も多いけれど、
同伴した友人は、とにかく大声で叫びまくる。
私はその声を聞いているのが楽しくて、なんだかとても幸せだった。

価値観の近い友人がいるということ、それだけで本当にありがたい。
子供たちの背中を追いかけているつもりが、いつの間にか彼らに学ばされる。

もう本当はとっくに、子供たちに追い越されているのかもしれない。

写真 2019-08-20 0 58 33


As the farewell party of the “The Earth Children Summit”,
There was a plan to go to "Tokyo Disneyland" with parents and children.

We originally assumed it would be around 20 people,
Due to poor physical condition, cancellations on the previous night and the day happened.

Small group excursions were unexpectedly fun,
After a long time, I enjoyed the leisure scene with my kids and friends.

There are many people who are surprised and cannot speak when riding a so-called screaming machine,
The accompanying friend shouts loudly anyway.
I enjoyed listening to her voice and was very happy.

I'm really thankful that I have friends who have close values.
I intend to chase the children's backs, but now I’m learning from them.

I may be already overtaken by children.

写真 2019-08-19 21 32 15


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-20 0 58 47
Next
写真 2019-08-12 11 45 38


急逝した友人は、いつも仲間の輪にいる人だった。
人の名前を呼びかける時に発する独特のイントネーション、
ふり向くとそこには、いつも満面の笑みを浮かべた彼がいた。

学生時代も、社会人になってからも、たくさん悩みを聞いてもらい、
彼の前向きな生き方に、いつも勇気付けられてきた。

今年初めに病気が発覚した時も、落ち込んでいたのは私の方で、
驚くほど前向きな姿勢で、治療計画を淡々と連絡してくれた。

会えない時間はあっという間で、今夏様子を見に行った時には、
むしろ私が励まされて、最後に握り拳をぶつけて再会を約束した。

「なぜ神様は、良い人ばかりを先に選ぶのだろう」
仲間たちは声を揃えてそう言いながら、肩を震わせて一緒に泣いた。

寂しがり屋の彼は、最後まで薄目を開けて、この世を見渡していた。
希望通り、本当に大勢の仲間に見送られて、旅立った。

彼に会いたくて、彼の話をしたくて、仲間がまた集う。

私たちはまだもう少しこちらの世界で踏ん張るから、
いつかまた会える日まで、見守っていてください。

写真 2019-08-11 19 50 52

写真 2019-08-11 20 15 29

写真 2019-08-11 19 52 08


A friend who passed away was always in the circle of friends.
With a unique intonation that comes out when calling out the name of a person,
When I turned around, he always had a full smile.

Whether I was a student or a member of society,
I was always encouraged by his positive way of life.

It was me who was depressed when his illness was discovered earlier this year.
He was incredibly positive and informed me about his treatment plan.

When we went to see him this summer,
Rather, I was encouraged by him, and he promised a reunion.

“Why does God choose only good people first?”
The friends screamed and cried together.

He had half opened his eyes to the end and looked over the world.
As he hoped, he was departed, sent by a really large group of friends.

We got together since we wanted to meet him and talk about him.

Because we still struggle in this world,
Please keep watching until we meet again someday.

写真 2019-08-11 22 06 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-08-11 22 04 57
Next
サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」として、
W杯優勝の経験も持つ大ベテラン・鮫島彩選手。
日本のベストディフェンダーとしてキャリアは長いけれど、
母娘ほど年齢差のある私にとっては、可愛い妹のような存在。

5年前に、彼女と初めてニューヨークで出会った時、
怪我で負傷したのは身体だけでなく、きっと心もスランプだった。
外の世界に無頓着な私は、何も考えずに、彼女と普通に接していた。
彼女が見たいもの、私が見せたいもの、普通の会話を楽しんだ。

彼女の帰国後も交流が続き、私のイベントに来てくれたり、
一緒に御飯を食べたり、仲間とカラオケに行ったこともあった。

6月のW杯、決勝トーナメント初戦で惜敗した後、
彼女から、初夏に日本で会いたいと連絡をいただいた。

「美香さんに受け取っていただきたいものがあるんです」
彼女と再会した時、手渡された手紙とユニフォーム。
そこに記された彼女の想いが、心に突き刺さった。

どんな時にも、どんな人にも、真っ直ぐに向き合うこと。
私はこれからもずっと、彼女を応援し続ける。

写真 2019-07-14 11 46 51


As the Japan Women's National Soccer Team “Nadeshiko Japan”
A veteran Aya Sameshima who has experience of winning the World Cup.
She has a long career as Japan's best defender,
For me who is different in age like mother and daughter, she is like a cute little sister.

When I first met her in New York five years ago,
It was not only the body that was injured, but the mind was also slump.
I faced her casually with her without thinking.
I enjoyed what she wanted to see, what I wanted to show, and normal conversation.

After her return to Japan, the exchange continued and she came to my event,
We went out together and went to karaoke with friends.

After defeating in the first round of the final tournament in the last World Cup,
She contacted me to asked to meet in Japan in early summer.

“There is something I want to give you.”
Letters and uniforms handed to me when I met her again.
Her thoughts written there pierced my heart.

I face up to anyone seriously at any time.
I will continue to support her.

写真 2019-07-15 8 54 12

Next
写真 2019-07-30 9 49 08


同じクラスになったのは、たった1年だけだったけれど、
ハンドボール部の合宿とか、有志団体での活動とか。
一緒に過ごした思い出は、数え切れないほどある。

初めて作ったミュージカルとか、歌舞伎とか。
私が今でもそこに関わっているのは、あの頃の原点があったから。

学生時代から「私の元気の源は、ドリカム!」と豪語していた私に、
「俺のテーマソングを横取りするな」と言い争ったことも懐かしい。
あの頃の彼は、いつも好奇心と情熱が先行していた。

社会人になって、私がフライトで関西に滞在すると、
大阪の美味しいものとか、京都の楽しみ方とか、教えてくれたよね。

「子育ては人生最大の一大事業」だと、未来のいのちをたくさん考えていた。
私の活動にも、闘病中の君は、最大のエールを送ってくれた。

9月ミュージカルに「特等席を用意しておいて」と約束してくれたから、
私はずっと、その席を空けて待っていることにする。

最後に握手して「池本、お前は頑張れよ」なんて言わないでほしかった。
そんなこと言われたら、私は意地でも前に進むしかない。

また会う時まで、もう少しこっちで踏ん張るから。
ゆっくり休んで、最大の笑顔で待っていてください。
どうか、安らかに。

写真 2019-07-30 9 49 34


We were in the same class for only a year, but
Training camp in the handball club or activities in volunteer groups.
There are countless memories I spent with you together.

The first musical we produced, or Kabuki.
I'm still involved in these field because there was an origin of that time.

We discussed together how much we love the same music group "Dreams come true!"
At that time he was always followed by curiosity and passion.

When I stayed in Kansai at my previous job,
He taught me how delicious Osaka is and how to enjoy Kyoto.

"Child-raising is the biggest business in the life," he was thinking a lot of future life.
For my activities, even though you were fighting, he sent me the biggest ale.

Because I promised to have a special seat for him in the September musical,
I will be keeping his seat all the time.

Finally he said while shaking my hand "Ikemoto, you should do your best."
If you say that, I have no choice but to go forward.

I'll do my best for a little more until we meet again.
Please take a big rest and wait with your biggest smile.
Please rest in peace.

写真 2019-07-30 9 49 42

Next
写真 2019-07-23 8 04 00


末娘が小学校に入る前からだから、今年で7年目。
沖縄の名護市近くに、今帰仁(なきじん)という村があって、
毎年の定宿とさせていただいているオーベルジュがある。

ホスピタリティー溢れるオーナー御夫妻は、心の友。
そしてウッパマビーチには、大好きな海の家の店長夫妻がいらっしゃる。
すでに「沖縄の家族」。
毎年彼らに会いたい気持ち先行で、私たちは旅を決める。

地元で採れた食材をふんだんに使った朝食。
ボーダーのない青い空と青い海。
真っ白な砂浜。

また一年頑張ろうと思う、心のカンフル剤がここにある。
写真 2019-07-24 17 41 05


There is a place where we visit every summer for these 7 years.
It is a village called Nakijin near Nago City in Okinawa.
There is an auberge that we stay as a regular lodging.

Mr. and Mrs. owners who are full of hospitality are our soul mates.
And at Uppama Beach, there our favorite couple who is a store manager and his wife at the house of the sea.
They are already a "Family of Okinawa.:
Every year we decide to travel with the feeling that we want to meet them.

Breakfast using plenty of local ingredients.
Blue sky and blue sea without borders.
A white sandy beach.

Here is the motivation of my heart that I will do my best for another year.

写真 2019-07-24 6 05 12

写真 2019-07-24 6 05 12 (1)

写真 2019-07-24 6 05 12 (2)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-23 8 04 51

写真 2019-07-23 19 05 51

Next
日曜日、七夕の夜。
東京には冷たい雨が降っていた。
一年に一度の再会を逃した彦星と織姫が、泣いているみたいだった。

胸がザワザワして落ち着かない、月曜日の朝。
会えるものなら、いま君に会いたい。

君たちと過ごした高校時代を再現したいからと、
あの頃の楽曲を復活させてほしいと、ワガママを言った。
事情を知らない友人らが、協力してくれている。

そこには、失った友への想いとか、一緒に過ごした時間とか、
たくさんの思い出が詰まっているんだよ。

9月のミュージカルを観に行くまでに治すからと、
つい10日前に、連絡くれたばかりじゃないか。

まだまだ生きたいという君の想いが、天に届くように祈る。
お願い、時間をください。

スクリーンショット 2019-07-07 19.40.18


Sunday, Tanabata night.
It was cold and rainy in Tokyo.
Hiko-boshi and Ori-hime, who missed the reunion once a year, seemed to be crying.

My heart is stuffy and restless, Monday morning.
If I can see you, I want to see you now.

I wanted to reproduce the high school days I spent with you,
I asked other friends and producer that I wanted to revive the music of that time.
Friends who do not know the circumstances are helping us.

I want to express my feelings for friends who pass away, time spent together, etc.
We have a lot of memories.

"I will cure my ill by the time I go to see your musical in September."
Just 10 days ago, he just did contact me.

I pray that your thoughts of wanting to live will reach heaven.
Please, please give us time.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next