サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」として、
W杯優勝の経験も持つ大ベテラン・鮫島彩選手。
日本のベストディフェンダーとしてキャリアは長いけれど、
母娘ほど年齢差のある私にとっては、可愛い妹のような存在。

5年前に、彼女と初めてニューヨークで出会った時、
怪我で負傷したのは身体だけでなく、きっと心もスランプだった。
外の世界に無頓着な私は、何も考えずに、彼女と普通に接していた。
彼女が見たいもの、私が見せたいもの、普通の会話を楽しんだ。

彼女の帰国後も交流が続き、私のイベントに来てくれたり、
一緒に御飯を食べたり、仲間とカラオケに行ったこともあった。

6月のW杯、決勝トーナメント初戦で惜敗した後、
彼女から、初夏に日本で会いたいと連絡をいただいた。

「美香さんに受け取っていただきたいものがあるんです」
彼女と再会した時、手渡された手紙とユニフォーム。
そこに記された彼女の想いが、心に突き刺さった。

どんな時にも、どんな人にも、真っ直ぐに向き合うこと。
私はこれからもずっと、彼女を応援し続ける。

写真 2019-07-14 11 46 51


As the Japan Women's National Soccer Team “Nadeshiko Japan”
A veteran Aya Sameshima who has experience of winning the World Cup.
She has a long career as Japan's best defender,
For me who is different in age like mother and daughter, she is like a cute little sister.

When I first met her in New York five years ago,
It was not only the body that was injured, but the mind was also slump.
I faced her casually with her without thinking.
I enjoyed what she wanted to see, what I wanted to show, and normal conversation.

After her return to Japan, the exchange continued and she came to my event,
We went out together and went to karaoke with friends.

After defeating in the first round of the final tournament in the last World Cup,
She contacted me to asked to meet in Japan in early summer.

“There is something I want to give you.”
Letters and uniforms handed to me when I met her again.
Her thoughts written there pierced my heart.

I face up to anyone seriously at any time.
I will continue to support her.

写真 2019-07-15 8 54 12

Next
写真 2019-07-30 9 49 08


同じクラスになったのは、たった1年だけだったけれど、
ハンドボール部の合宿とか、有志団体での活動とか。
一緒に過ごした思い出は、数え切れないほどある。

初めて作ったミュージカルとか、歌舞伎とか。
私が今でもそこに関わっているのは、あの頃の原点があったから。

学生時代から「私の元気の源は、ドリカム!」と豪語していた私に、
「俺のテーマソングを横取りするな」と言い争ったことも懐かしい。
あの頃の彼は、いつも好奇心と情熱が先行していた。

社会人になって、私がフライトで関西に滞在すると、
大阪の美味しいものとか、京都の楽しみ方とか、教えてくれたよね。

「子育ては人生最大の一大事業」だと、未来のいのちをたくさん考えていた。
私の活動にも、闘病中の君は、最大のエールを送ってくれた。

9月ミュージカルに「特等席を用意しておいて」と約束してくれたから、
私はずっと、その席を空けて待っていることにする。

最後に握手して「池本、お前は頑張れよ」なんて言わないでほしかった。
そんなこと言われたら、私は意地でも前に進むしかない。

また会う時まで、もう少しこっちで踏ん張るから。
ゆっくり休んで、最大の笑顔で待っていてください。
どうか、安らかに。

写真 2019-07-30 9 49 34


We were in the same class for only a year, but
Training camp in the handball club or activities in volunteer groups.
There are countless memories I spent with you together.

The first musical we produced, or Kabuki.
I'm still involved in these field because there was an origin of that time.

We discussed together how much we love the same music group "Dreams come true!"
At that time he was always followed by curiosity and passion.

When I stayed in Kansai at my previous job,
He taught me how delicious Osaka is and how to enjoy Kyoto.

"Child-raising is the biggest business in the life," he was thinking a lot of future life.
For my activities, even though you were fighting, he sent me the biggest ale.

Because I promised to have a special seat for him in the September musical,
I will be keeping his seat all the time.

Finally he said while shaking my hand "Ikemoto, you should do your best."
If you say that, I have no choice but to go forward.

I'll do my best for a little more until we meet again.
Please take a big rest and wait with your biggest smile.
Please rest in peace.

写真 2019-07-30 9 49 42

Next
日曜日、七夕の夜。
東京には冷たい雨が降っていた。
一年に一度の再会を逃した彦星と織姫が、泣いているみたいだった。

胸がザワザワして落ち着かない、月曜日の朝。
会えるものなら、いま君に会いたい。

君たちと過ごした高校時代を再現したいからと、
あの頃の楽曲を復活させてほしいと、ワガママを言った。
事情を知らない友人らが、協力してくれている。

そこには、失った友への想いとか、一緒に過ごした時間とか、
たくさんの思い出が詰まっているんだよ。

9月のミュージカルを観に行くまでに治すからと、
つい10日前に、連絡くれたばかりじゃないか。

まだまだ生きたいという君の想いが、天に届くように祈る。
お願い、時間をください。

スクリーンショット 2019-07-07 19.40.18


Sunday, Tanabata night.
It was cold and rainy in Tokyo.
Hiko-boshi and Ori-hime, who missed the reunion once a year, seemed to be crying.

My heart is stuffy and restless, Monday morning.
If I can see you, I want to see you now.

I wanted to reproduce the high school days I spent with you,
I asked other friends and producer that I wanted to revive the music of that time.
Friends who do not know the circumstances are helping us.

I want to express my feelings for friends who pass away, time spent together, etc.
We have a lot of memories.

"I will cure my ill by the time I go to see your musical in September."
Just 10 days ago, he just did contact me.

I pray that your thoughts of wanting to live will reach heaven.
Please, please give us time.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
夏の一時帰国。
今夏はたくさんのイベントを抱え込んでいるため、
ゆっくり羽根を伸ばせるのは、きっとお盆過ぎになるだろう。

でも、会いたい人には、会える時に会う。
地元で、同級生たちと恒例の「オツカレ」会。
いつだって「お帰り!」と迎えてくれる、彼らが愛おしい。

ここには、まだ私の居場所がある。
いつも救ってくれて、ありがとう。

写真 2019-07-06 19 32 50


I have come back to Japan.
Because we have many events this summer,
It will probably be late in summer that I will have break.

But when I want to see someone, I see them when I have time.
We had the "Otsukare" meeting with my old classmates in Local.
My dears always welcome me, saying "Welcome back".

There is still my place here.
Thank you for always saving me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-05-31 13 17 20


「ピンク社長とググれば、トップに出てくるよ」
初めて友人に紹介された時、いささか驚いた。

「全身ピンク色の洋服を着て、世界中をピンクに染めたい」
その理由を聞いて、妙に納得した。

本来、アジア人の肌色でこの色を着こなすことは難しいけれど、
彼女は一年中マゼンダピンクで世界中を闊歩されている。

筋の通った生き様の裏側にある、いろんな苦労や優しさを垣間見て、
何かお手伝いができないかなと思う次第。

秋のピンクパーティーを楽しみにしています。

写真 2019-05-31 16 04 09


"She will come out at the top if you search 'pink president' in google."
When I was introduced her from a friend for the first time, I was somewhat surprised.

"I want to wear pink clothes and make all over the world in pink"
When I heard the reason, I was convinced strangely.

Originally, it is difficult to wear this color with Asian skin color,
She is crawling all over the world in Magenta Pink all year round.

Because I glimpsed all kinds of hardships and kindness behind her life, I wish I can do something to help her.

I am looking forward to the "pink party in New York" in autumn.

写真 2019-05-31 11 43 06

写真 2019-05-31 12 14 03

61556106_2243056005764079_5772469245921198080_n


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-05-31 16 03 56
Next
2月にベルギーでお会いした杉原伸生氏御夫妻が、
ニューヨークにお越しになった。
フィラデルフィアでの講演の感想を聞きながら、
しばし再会の時間を楽しむ。

私たちの壮大な夢を、目尻を下げて聞いてくださる優しさ、
「それが人間への愛情ですよ」と背中を押してくださる強さ。
改めて、この御夫妻と知り合えた運命に感謝する。

2036年のニューヨークでも、きっとまだこの会話が続いているだろう。

写真 2019-05-20 16 41 01


Mr. & Mrs. Nobuki Sugihara, who I met in Belgium in February, came to New York.
While listening the impressions of his lecture in Philadelphia,
We enjoyed the time of reunion for a while.

He was so tenderness, listening to our magnificent dreams,
and supported us, saying " It's a compassion for humanity."
Thank you again for the fate that we got to know them.

Even in New York in 2036, this conversation will probably continue.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-05-11 11 28 07 (1)


米国での子育て、子どもたちの日本語力を維持するにはとても苦労する。
よほど注意しておかないと、家庭内はすぐに英語の無法地帯と化してしまう。

日本語補習校では、学年が上になると少しずつクラスメイトの人数も減っていく。
地元の学校の勉強や習い事が忙しくなると、ギブアップが増えるのも当然。

それでも我が子たちは、日本語で話す友達に会えることを楽しみに、
毎週土曜日は、漢字テストのプレッシャーと共に、補習校に通っている。

私にとっても、日本のママ友と繋がっていられるのは、心のオアシス。
情報通の友人が助けてくれるから、どうにかワーキングマザーでいられる。

素敵な機会を提供してくれた友人たち、本当にありがとう。

写真 2019-05-11 15 14 03


As for parenting in the United States, it is very difficult to maintain the Japanese language skills of children.
If we are not careful enough, our home will soon become an English lawless zone.

At the Japanese school, language supplement school, the number of classmates gradually decreases as the grade level goes up.
Naturally, there is an increase in give-up-kids when local school studies and lessons become busy.

Still, my kids look forward to seeing our Japanese speaking friends,
Every Saturday they go to Japanese school having the pressure of the kanji test.

As for me, it is an oasis of mind that can be connected with my mom friend in Japan.
The intelligent friend helps me, so I can be a working mother.

Thank you very much to the friends for giving me a wonderful opportunity.

写真 2019-05-11 11 33 48


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
東京サミット本番の朝、友人の選挙事務所に向かった。
早朝8時半から開票が始まり、10時頃から1時間おきに速報が入る。
予測していた以上に厳しい戦況に、事務所の空気がどんどん濁っていく。

午前11時、後ろ髪を引かれながら、私は議員会館に向かった。
地下鉄の中では同級生のLINEトークが飛び交い、緊張感もマックスに。
確かな情報が分からないまま、サミット打ち合わせが始まると、
私は一切の気持ちを切り替えて、イベント成功のためだけに集中した。

映像リハの直前に、ようやく当確の情報が手元に届いた。
最終議席を争って勝ち取った、「一票の重み」をズシリと感じる結果。
まっすぐに、ひたむきに、区政と向き合ってきた4年間。
外へのアピールをする時間がなかったと反省する彼を、
同級生と周囲の仲間たち、みんなで応援した、奇跡の勝利。
誰か一人でも欠けていたら、この結果は得られていなかったことは明確。

区政に政党なんか関係ない。信頼できる仲間だから応援する。
そんな気持ちに寄り添ってくれた大切な仲間たちと、最後の夜に乾杯。

この先の4年間、またどんな試練が待ち受けていようとも、
挑戦を続けようとする仲間のために、私たちは尽力していくのだろう。
30年という歴史が積み上げた信頼関係は、きっと揺るぎない。

写真 2019-05-06 20 32 22


I went to the election office of my friend on the morning of the Tokyo Summit.
Elections began at 8:30 in the early morning, and bulletins came in every 1 hour from around 10:00.
The air of the office was getting more and more dulled by the harsher than expected condition.

At 11 am, I was headed to the parliament hall with my anxious.
In the subway, my classmate's LINE talks flew around, and the tension also got max.
When the summit meeting started before I got a certain information,
I changed my mind and concentrated on the success of the event.

Just before the video rehearsal, finally the correct information had arrived.
The result made us feeling about the "weight of one vote" as he won by competing for the last seat.
Straightly, for four years that he had been facing the administration of the district.
He regretted that he did not have time to appeal outside.
The victory of a miracle, supported by a classmate and his friends all around.
If anyone was missing, it was clear that this result was not obtained.

It has nothing to do with the constituency.
We support him because he is a reliable partner.
We had a toast on my last night with the important friends who got close to such feelings.

For the next four years, no matter what trials are waiting,
We will do our best to keep him up the challenge.
The relationship of trust built up by the 30-year history is surely unwavering.

写真 2019-05-07 16 06 09


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-17 3 11 30 (1)
Next
長崎会場を後にして、最終便で東京へ。
翌日、束の間のフリータイムに、会いたい人に会いに行った。

仕事の打ち合わせも兼ねていたけれど、
超絶お忙しい方と、東京にいるタイミングがぴったり合ったのは奇跡に近い。

少し弱っていた心に、パワーをいただいた。
これできっと、最後の東京サミットも乗り切れる。

写真 2019-04-21 1 11 11


After leaving the Nagasaki venue, we will go to Tokyo on the final flight.
The next day, I went to see someone who I wanted to meet during my free time.

I also had a business meeting,
It is close to a miracle that the time when you are in Tokyo and the super busy people are in perfect agreement.

I received power in the mind that was a little weak.
This will surely get over the last Tokyo Summit.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-04-17 1 04 06

写真 2019-04-17 3 11 12


普段ニューヨークにいるから、その日常は見えない。

本当はすべての日程に応援実働してあげたかったけれど、
それぞれの日常、私にもやるべきことがある。

姪っ子をウグイス嬢として送り込み、
小学校の同級生を誘って、陣中見舞いに伺う。

これも、私なりの応援の仕方。
具体的に動くことだけが、次の希望に繋がると信じたい。

写真 2019-04-13 21 52 43 (1)


Because I am usually in New York, I cannot see that every day.

I really wanted to work on all dates, but
Each day, I have something to do.

I sent my niece as a helper,
and invited my old classmate from elementary school and visit there during the activities.

This was also my way to support.
I believe that only specific movements will lead to the next hope.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
飛行機の中でうまく眠れなくて、頭は朦朧としていたけれど、
まずどうしても行きたいところがあった。

区議2期目に挑戦する同級生の選挙事務所へ。
区民でもない仲間が、たくさん応援に駆けつけているのは、
候補者本人はもとより、彼を応援する仲間をさらに応援したいという仲間の優しさ。

区政には、政党も思想も関係ない。
ただ実直に、ひたむきに、区民のために役立ちたいという人だから。

直接エールを、届けたい。
直接行かないと、届かない。

「魔の2期目」の戦況は、かなり厳しいけれど、
仲間として、やれることは全て力を尽くそうと、仲間と誓う。

怒涛の一週間が、始まった。

写真 2019-04-17 3 11 33



Though I couldn't sleep well in the plane,
First of all there was a place I wanted to go after I arrived in Japan.

I went to the election office of classmate challenging to the ward second term.
A lot of friends who did not live in same wards were supporting him.
it was based on the kindness of the fellow who wants to further cheer up the fellow who supports the candidate himself.

There are no political parties or ideas in the administration of the ward.
Just because he is a person who wants to serve the people of the district in a straightforward manner.

I want to deliver ale directly.
It cannot reach without going directly.

The war situation of the "the terrible second period" is quite severe,
As a companion, I swear with my companions that I can do everything I can.

My busy week has begun.

写真 2019-04-12 22 42 08


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-17 0 04 51
Next
ART EXPO 2019。
怒涛の一週間を終えて、西村麻里さんと初めてゆっくり食事をした。

アーティストは常に進化している。
ひとつのところには、決してとどまらない。

けれども、最初にこの地で一緒にやり遂げたことを、
きっと忘れないでほしいと切に願う。

感謝と恩義だけが、世に残っていくたったひとつの宝になるから。

写真 2019-04-10 12 44 48

写真 2019-04-10 12 48 04

写真 2019-04-10 12 48 09

写真 2019-04-10 13 23 41


ART EXPO 2019.
After a week of busy days, I had a slowly lunch for the first time with Mari Nishimura.

Artists are constantly evolving.
They never stop in one place.

But what we did in this place together first
I sincerely hope they will not forget it.

Because only gratitude and courtesy are the only treasures that remain in the world.

写真 2019-04-10 13 59 22 (1)


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-09 17 30 48



Next
「スポーツの殿堂」と言われるマディソンスクウェアガーデンで、
新日本プロレス主催の「G1 SUPERCARD」が開催された。
16,000枚のチケットは即日完売、超満員の大盛況だったらしい。

歴史に残る「世紀の興行」を終えた関係者と、
ウェストビレッジの隠れ家でミートする。
私には遠い世界だけれど、なぜか御縁があるのが不思議。

母方の従兄弟のうち、ひどい喘息持ちの従弟がいた。
発作が出ると、食べられず、眠れない。

小さい頃から、強い者に憧れて、いつも漫画を描いていた。
定番テーマは、相撲とプロレス。
私はそこで、プロレスというスポーツを覚えた。

周囲にプロレス出身の友人がいたり、現役プロレスラーがいたり。
試合のリングを間近で見るのは苦手だけれど、
「気は優しくて力持ち」な彼らとの交流は、本当に楽しい。

新日本プロレスのトレーナー三澤威氏と、未来について語り合う。
「地球こどもサミット」に特別出演していただいた「ミライガー」が、
三澤氏のプロデュースだったと知って驚いた。

ここでも繋がっている。
世界は狭くて大きい。

写真 2019-04-09 9 45 06

写真 2019-04-09 9 45 02


At Madison Square Garden, which is said to be the "Sports Hall of Fame",
The "G1 SUPERCARD" hosted by New Japan Pro Wrestling was held.
16,000 tickets were sold out on the sale day, and it was very full.

With the fellows who finished "the century showpiece" which remains in the history,
We met at a hideout sake-bar in the West Village.
Pro Wrestling is a distant world to me, but I wonder why there is a connection.

Among the maternal cousins, there was a cousin with severe asthma.
When he had a seizure, he could not eat and sleep.

He was longing for strong people from a young age, always drew the cartoons.
The standard theme was sumo wrestling and wrestling.
I learned a sport called wrestling there.

I have friends who are ex-pro-wrestlers around, and active duty wrestler.
I'm not good at looking at the match ring up close, but
It is really fun to interact with them.

I met Mr. Takeshi Misawa who works with the "New Japan Pro-Wrestling Co., Ltd.", and talked about the future.
"Miraiger" who had a special appearance at "The Earth Children's Summit",
I was surprised to know that it was produced by Mr. Misawa.

It is connected here as well.
The world is narrow and large.

写真 2018-08-11 8 23 11


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

スクリーンショット 2019-04-09 13.26.44

©️新日本プロレス
Next
写真 2019-04-04 21 40 28

写真 2019-04-04 22 00 21

写真 2019-04-04 22 12 47


全米寿司チャンピオンの座を3度も獲得した経験のある寿司シェフが、
たった4組のゲストのために、寿司を握ってくださった。

日本酒「十四代」は、チャイニーズの友人夫婦からの差し入れ。
食事の美味しさはもちろん、ここが日本ではないかと思えてしまうのは、
同郷の人のように、温かくきめ細やかな人情がここにあるから。

忙しい合間にも、こんな企画をしてくれた友人達に感謝。

写真 2019-04-07 9 04 12


A sushi chef who got US sushi champions positions third times, invited a private sushi party only for 8 parties.

Japanese sake "Juyondai, fourteen generations" was brought from Chinese friends and couples.
Not to mention the deliciousness of the meal, it seemed that this was not Japan.
Because there was warm and detailed humanity here like the people of Japan.

I was grateful to my friends for doing such a project, even during busy times.

写真 2019-04-04 21 29 26


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-04-04 22 32 23

写真 2019-04-04 22 48 37

写真 2019-04-04 22 27 51

写真 2019-04-07 9 04 32


Next
ニューヨークに駐在していた友人を、仲間で見送る。
同じ高校の出身だけれど、ここにいると先輩後輩のボーダーがなくなる。
通った大学も今の職業も違うし、まめに連絡取り合うわけでもないけれど、
いつも心のどこかで支えてもらっている安心感があるのは不思議。

損得勘定抜きで楽しく笑い合える仲間としてここで再会した御縁。
人の出入りの激しい街だから、出会いも別れも慣れているはずなのに、
彼女がニューヨークを離れると聞いてから、心にぽっかり穴が開いた。

朝晩の寒さがずいぶん和らいで、日本の桜を想う季節。
人の想いも繋がりも、国境を越える。
この続きを楽しみに、まだまだここでの生活を踏ん張ろう。

写真 2019-03-21 21 33 40


We saw off a friend who was stationed in New York.
We are from the same high school, but when we are here we don't care the border of senior and junior.
The college or current occupation are totally different, and we don't have daily contact each other.
But it is strange that there is a sense of security that is always supported by somewhere in the heart.

It is a relationship where we reunited here as a fellow who can laugh happily.
Because it is a city where people come and go intensely, I should be used to meeting and farewell.
But when I heard that she was leaving New York, I got a hole in my heart.

The cold of mornings and evenings gets milder, and it is a season to think of Japanese cherry blossoms.
People's thoughts and connections also cross borders.
Let's continue the life here, looking forward to this continuation.

写真 2019-03-21 20 07 53


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-21 22 40 49

Next
写真 2019-03-12 12 30 12


人の入れ替わりの激しいニューヨーク。
引っ越したり、子供の学校が変わったり、
それだけで縁遠くなる人は、少なくない。

だからこそ、長く親しくしてくれている友人は宝物。
誕生日とか、季節の変わり目とか、
小さな理由をつけて、御自宅に招いてくれる。

桃の節句のランチ会。
桃色尽くしの食事は、優しい気持ちを運んでくれる。

優しさは、巡回するものなのだなと思う。

次は桜が咲く頃に、集まろう。

写真 2019-03-12 12 31 13


In New York, people always moving in and out.
Sometimes people will be away easily by the situation.

That's why close friends for a long time are treasures.
Birthday, turn of the season, etc.
We will invite each other to home with a small reason.

Lunch party for the doll festival.
The pink food carries a kind feeling.

I think that kindness is something that goes round.

Let's gather next time, when cherry blossoms bloom.

写真 2019-03-12 13 32 47


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-03-12 13 00 22

Next
ニューヨークで一番古くから仲良くしてくれている大切な友人。

たくさんの人とたくさんの思考が入り乱れる大都会では、
一時的に近づいて来る人も、離れていった人もいる。

どんなことがあっても、味方でいてくれる存在。
大切な絆は、長く長く紡いでいく。

写真 2019-02-28 16 27 45


I have an old and important friendship in New York.

In a big city where many people and many thoughts are confused,
Some people are temporarily approaching, others have left.

Whatever happens, there is a friend who is on my side.
An important bond is not made in a short term.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
ニューヨークに戻る機内で、実家の父が倒れたという連絡が入った。
脳梗塞で救急車で運ばれ緊急入院。
飛行機は折り返せないし、どうしようもないから、
まずは子供たちの待つ家路を急ぐ。

重篤な状態ではない、という知らせに安堵しつつ、
この先、いつ顔を見に行けるかと、現実を考える。
この距離が、いつでも、もどかしい。

駆け足で回った日本出張。
整理しながら振り返るにも時間がかかる、盛りだくさんの内容。

会う時間がなくとも、差し入れを届けてくれた友人。
私が行く先に合わせて、隙間時間を待ち受けてくれた友人。
私たちの活動を知りたい、協賛したいと申し出てくれた友人。
何はともあれ、会いたいから行くよ、と来てくれた友人。

一方的なペースに巻き込まれた皆さん、ごめんなさい。
一方的に時間を取ってという人には会えなくて、ごめんなさい。

同級生が「子供たちへのお土産に」とクッキーを焼いてきてくれた。
こんな心遣いが、何より嬉しい。
たくさんの愛に囲まれて、感謝でいっぱいです。

極寒のニューヨーク生活が現実。厳しい現実。

2019-01-19 00.03.30


In the plane back to New York, I got a message told that my father had collapsed.
He had an emergency hospitalization, carried by an ambulance due to cerebral infarction.
The plane could not turn back and I could not help it,
First of all, I hurried up to my home where my kids were waiting.

While relieving to the news that he was not in a serious condition,
I thought about the reality, when I could not go to see the face.
This distance always make me frustrated at any time.

My business trip to Japan was full of the schedule.
It will take time to look back while organizing, content of plenty.

Even without the time to meet, a friend who delivered the souvenir.
A friend who awaited my gap time according to the destination.
A friend who wanted to know our activities and offered to support us.
A friend who came my destination saying she wanted to see me.

I was sorry to everyone who was involved in the unilateral pace.
I was sorry that I could not meet a person who wanted to take specific time unilaterally.

A classmate baked cookies as "a souvenir for children."
I was glad about this kind of thought.
Surrounded by a lot of love, I was full of appreciation.

The extremely cold New York life is reality. It is severe reality.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-01-17 20 53 03


国内外で活躍し、分刻みのスケジュールをこなすほど忙しい方なのに、
私が日本にいることを発見すると、いつも連絡をくださる。

ニューヨークに戻る日の朝、二人で弾丸夢トーク。
映画作りの話に始まり、未来のいのちを一緒に考えようと締めくくる。

「夢・実現プロデューサー」の応援を背に受けて、
またひとつ、夢が広がった。

写真 2019-01-17 19 49 38


Mr.Takumi Yamazaki is active in domestic and overseas, he is busy enough to accomplish minute schedule.
But when he finds that I am in Japan, he always contacts me soon.

On the morning of the day when I return to New York, Takumi and I had brainstorming about a dream.
Beginning with a subject about film making, we discussed to think of the future life together.

In response to the support of "dream realization producer",
my dream will be continued.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
フリーの時間がこの日しかなかったから、
会いたい人に会おうと思った。

ペインターのレジェンドと、芸術サポートの達人と、英語翻訳のプロ。
相性や状況を考えつつも、
日常では出会わないような人同士を繋げるのが面白い。

感謝と誠意とリスペクト。
ここが共有できれば、うまくいく。

49897673_2137474533004190_3009484344516411392_n


Because there was only one night that I had free time,
I thought of seeing a person I wanted to meet.

A legend of painters, a master of art supporter, and a professional English translator.
While considering their compatibility and circumstances,
It is interesting to connect people who do not meet in everyday life.

Appreciation, sincerity and respect.
If we can share this, it will work.

50584717_2137474589670851_2149651717426249728_n



海外永住 ブログランキングへ "

50016000_2137474543004189_3623513115628404736_n

Next
米国ビジネスに慣れている人は、どんなに小さな作業でも、
人件費を第一に考える。
英訳や資料作成をお願いすると、少額でも請求書がまわってくる。
プロとしてお願いするのだから、当たり前と言えば当たり前。

でも社会貢献に関しては、金銭を受け取らないことも当たり前。
本来はとても高いフィーの方ほど、「ゼロか100か」を徹底しているから、
その器の大きさに感激するような出来事が度々起こる。

拙著の英訳作業の過程をお伝えしたことがきっかけで、
私たちのチームが、世間的に大きな影響を与えうる方の御著書を
英語で伝える機会を御紹介いただいた。

著名人がお忍びで来るような日本橋の料亭で、
劇的に美味しい懐石料理をいただきながら、密談が進む。

写真一枚撮ることさえ忘れてしまったのは、
その会合があまりに楽しかったから。
こんなところで、歴史の1ページが刻まれる。

2019-01-12 07.18.53


People accustomed to US business, no matter how small work,
are thinking personnel expenses first.
If you ask to translate English documents or materials, invoice will arrive even at a small price.
Because it is asking for it as a professional, it is commonplace if it is said that it is natural.

However, regarding social contribution, it is normal to not accept money.
Originally very high fee people has thoroughly "zero or 100".
Occasionally happens events that are deeply impressed by the size of people's mind.

I told him about the process of my English translation work.
Then, a man who can have a big influence on a global scale, gave our team an opportunity to work in English.

At Japanese restaurant in Nihonbashi, where celebrities come in the secret,
While having about dramatically delicious Kaiseki dishes, close talks progressed.

Even I forgot to take a single picture,
that meeting was so much fun.
In this place, one page of history is engraved.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
サラリーマン生活を離れて以来、「忘年会」には御縁がないから、
こういう機会にお誘いいただくことは、心底嬉しい。

新鮮な魚を、その場で調理してもらえる魚屋さん。
持ち込んだワインと日本酒と一緒に魚料理をたいらげる。

他愛ない会話に盛り上がり、思いっきり笑って年忘れ。
来年もまた、こうして笑っていられますように。

写真 2018-12-23 6 15 11


Since I don't belong to a big company, I don't have an opportunity to attend "year-end party".
I was very happy that my friends asked me to join the party.

We went to a fish market restaurant where we could eat fresh fish there.
Of course we brought in wine and sake according to BYO system.

We enjoyed exciting conversation, laugh and smile unexpectedly.
Hope we will laugh like this again next year.

写真 2018-12-23 6 15 20

写真 2018-12-23 6 16 04



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-23 6 14 43
Next
「凄いことはアッサリ起きる – 夢 – 実現プロデューサー」
山崎拓巳氏がニューヨークにやって来た。

到着した朝から分刻みのスケジュール、その体力気力がすごい。
夕飯で合流して、そのまま深夜のキャバレーショーまで。

今朝起きたら、すでに彼のブログがアップされていた。
時差で早く目覚めたのだとしても、そのアウトプットの早さに驚かされる。

世の中に、情報量の多い人はたくさんいるけれど、
インプットとアウトプットのバランスが取れている人こそ本物だと思う。

世の中にムーブメントを起こす人は、やはり突出している。
そんな山崎さんと、次の企画を考えながらワクワクしている。

ニューヨーク、今日は雪の予報です。

山崎拓巳氏のブログはこちら。

写真 2018-11-14 20 25 55


" Dream producer"
My friend, Mr.Takumi Yamazaki came to New York.

He acted from the morning on the arrival day, his physical and mental strength is amazing.
We enjoyed the dinner and the late night cabaret show.

When I got up this morning, his blog had already been up.
Even if he woke up early with a time difference, I was surprised by the speed of that output.

There are many people with a lot of information in the world,
I think the person who balances the input and the output is the real thing.

People who can make a boom in the world are very different form us.
I'm very excited to think about the next project with him.

We have snow forecast in New York today.

写真 2018-11-14 21 13 13



海外永住 ブログランキングへ "



Next
語弊があるかもしれないけれど、
「時間があったら連絡して」というのは社交辞令に思えてしまう。

本当に会いたければ、具体的に時間や場所を提案する。
お互いの気持ちが合致すれば、必ず会えるタイミングが見つかる。

もちろん忙しい相手への気遣いは大事だけれど、
忙しい人こそ、待っているだけの人の気持ちまで推し量れない。

本気でエールを送りたければ、直に会いに行って伝える。
「言わなくても気持ちは分かる」なんて通じない。

好きなら「好き」と。
会いたいなら「会いたい」と。

奥ゆかしさや謙遜は、人付き合いには一番の害となるから。
具体的に会おうと提案してくれる人には、出来る限り応えること。

今夏、私のために時間を費やしてくれた友人達に。
心からありがとうと、今ふりかえる。

写真 2018-08-17 19 06 23

写真 2018-07-18 9 08 11


Although there may be a misleading,
"Please contact me if you have time" seems to be a social expression.

If you really want to meet, you had better suggest specific time and place.
If the feelings of each other match, you will find the timing when you can meet.

Of course, caring for busy person is important,
A busy person cannot imagine the feelings of just waiting people.

If you really want to send an ale, get to meet him/her and tell it.
it's doubt that "I can tell without the words".

If you like, say "like".
If you want to meet, say "I want to meet you".

Because modest and humility are the greatest harm to friendship.
To the person who suggests to concretely meet, to respond as much as possible.

To my friends who spent time for me this summer.
Thank you from the bottom of my heart, I will look back on it now.

写真 2018-08-21 23 18 28

IMG_2487



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-18 8 07 23

写真 2018-07-17 15 08 32

写真 2018-09-03 10 11 10


Next
話したからといって、解決策が見つかるわけじゃない。
泣いても笑っても、同じ態度で受け入れてくれる仲間たち。

外での肩書きとか実績とか、成功も失敗も関係ない。
何があっても味方、その信頼関係がすべてだから。

「とにかく、お疲れ様。」
ここに拠り所があるから、また頑張ろう。

写真 2018-08-02 20 36 07


Just because I talked, I cannot find a solution.
Even if I cry or laugh, my friends accept me with the same attitude.

It does not matter whether it is success or failure, such as title or achievement outside.
No matter what happens, we are trustworthy.

"Anyway, well done."
I have a base that heals me here, so I will do my best again.

写真 2018-08-19 1 25 35



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-02 18 47 35

Next
写真 2018-07-23 19 12 08


沖縄本島、名護よりさらに北に向かう。
目的地は、毎年行き着く「今帰仁(なきじん)」村。

「仁」は、「思いやり、情け、慈しみ、人」という意味。
今帰仁村は、人と触れ合うために帰る場所なのだと。

毎年お世話になっている宿のオーナー夫妻と、海の家の店長が、
プライベートな時間を使って、BBQでおもてなししてくださった。

仕事で知り合った友人が、偶然同じ時期に帰省していた。
フルーツ農園の叔父さんと一緒に、マンゴーを届けてくれた。

自然以外に何もないビーチで、盃を交わす。
ただそこに笑顔があるだけで、幸せになれる。

朝起きて、目が見えて、手足が動くことに感謝する。
そんな原点を振り返るために、みんなここに帰ってくるのかもしれない。

また来年も、今帰仁を目指そう。

写真 2018-07-23 21 30 04

写真 2018-07-23 21 25 40


I was heading north from Nago, in Okinawa main island.
The destination was "Nakijin" village where we go every year.

"Jin" means "consideration, compassion, people."
It is said that Nakijin village is a place to return to meet people.

The owner couple of our staying villa, where we stay every year, and the manager of the ocean's house,
hosted BBQ party at the beach while their private time.

A friend who I met during work, returned her grandmother's home in Nakijin at the same time.
She visited us with her uncle who owned fruit plantation, and gifted us a plenty of mango.

We shared the time together on the beach where only nature was there.
Just having a smile there makes us happy.

I wake up in the morning, I can see, I appreciate the movement of the limbs.
In order to look back on such origin, everyone may come back here.

I will also come back to Nakijin next year.

写真 2018-07-24 11 02 23

写真 2018-08-18 8 19 08



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-24 11 11 58

Next
写真 2018-07-19 11 54 04


本当に美味しいお気に入りのお店というのは、
ガイドブックに載ってほしくないと思う。

ただ、地元の人だけが知っている。
そんなお店に連れて行っていただくと、心底感動する。

大阿闍梨のおもてなしは、どこまでもきめ細やか。

さて、東京に帰ろう。

写真 2018-07-19 11 38 18

写真 2018-07-19 11 44 46

写真 2018-07-19 11 46 26

写真 2018-07-19 11 53 51


We do not want a truly delicious favorite restaurants appear in the guidebook.

There should the best restaurants that only the local people know.
When he took me to such a shop, I was touched by my heart.

The hospitality of Dai-ajari was finely heartful.

Well, let's return to Tokyo.

写真 2018-08-10 7 41 21

写真 2018-08-10 7 42 44



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-19 7 27 13
Next
写真 2018-07-18 17 02 19


四方八方を山に囲まれた空の大きな場所。
深呼吸をすると、満天の星が視覚いっぱいに飛び込んでくる。

とっておきの人と、とっておきの時間を過ごすために、
とっておきの空間を御用意する。

小洒落た演出など、要らない。
ホストを中心に、そこに素敵な人が集まるだけ。

この世で最高のおもてなしというのは、
こういうことを言うのだろう。

たくさん笑って、もう一度笑って、さらに笑って。
またここに来たいと、つとに思う。

写真 2018-07-18 17 03 38



A big place in the sky surrounded by mountains in all directions.
Take a deep breath, the sky full of stars jump into the sight.

In order to spend a special time with the best people,
He prepares a special space.

It does not need special stylish skills.
Just a nice person gathers around the host.

I think the best hospitality in the world is such behavior.

Laugh a lot, laugh again, smile even more.
I want to come back here again.

写真 2018-07-18 17 04 36



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-18 23 36 12
写真 2018-07-18 23 36 33

Next
トラブル満載の日本出張。
自分の存在意義について考える。
何のために、誰のために、その仕事を選ぶのか。
自分の過去と対峙しながら、この先を考える。

予定を切り上げて、フライトを変更した。
留守宅で待つ子供たちに、お土産を買う余裕もなかった。
成田空港で本を買おうと思っていたけれど、
羽田発のフライトは、朝早くて慌ただしい。

チェックインカウンターで、ふと顔を上げたら、
親友の顔があって、抱き締めたくなった。
新卒で入社した当時から仲良しの彼女が、
いまでもこうして活躍している姿に励まされる。

目先の儲けなんていらない。
誰かの力になるような存在でありたい。
ずっと長く、そうやって生きてきたのだから、
これからも、ブレない自分でいることだけを、心に誓おう。

きっとどこかで、待っていてくれる人のために。
元気でいれば、明日がやってくる。

写真 2018-05-08 20 01 26


I had many troubles on my business trip in Japan.
I thought about my own existence.
For what, for whom, should I choose that work?
While facing my past, I thought about the future.

I cut the schedule and changed my return flight.
I could not afford to buy souvenirs for my kids who were waiting at home.
Although I was planning to buy a book at Narita Airport,
I was too busy since the flight from Haneda departed in the morning.

At the check-in counter, when I suddenly raised my face,
I found a face of my best friend who was on the poster of "NISSAN LEAF CAR",
and I wanted to hug it.
We have been close friends since we joined JAL as freshmen,
I am still encouraged by her figure that is active as a model in this way.

I do not need immediate profit.
I would like to be like someone's power.
Since I have been lived in that way for long time,
I will swear to have my core heart forever.

Surely somewhere, for those who are waiting.
If we are fine, tomorrow will come.

写真 2018-05-08 19 56 12



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-06 6 47 24

写真 2018-05-06 6 47 26


JAL本社が天王洲アイルに移転した頃、周囲には何もなかった。
実家は都内の西端だから、丸ビル本社に行くにも時間を要したのに、
モノレールに揺られて行く天王洲は、まるで異国の地のような距離にあった。

T.Y.HARBORの開業は1997年、いわゆるJALビルが出来た翌年のことだった。
当時はまだお客様も少なくて、品川のビルと海を見ながら、
何時間でもお喋りが出来た、そんな空間だった。
ただ、飲むと帰るのが億劫になるロケーションだったから、
ここで仲間の飲み会をやった記憶は、ほとんどない。

昨秋の大同期会で再会した仲間が、また大集合した。
まだ現役クルーを続けている同僚も少なからずいて、
相変わらず、彼女らの底なしパワーに圧倒される。

旧交復活のキッカケ作りをできたこと。
一度きりでない再会が、何よりも嬉しい。

写真 2018-05-06 6 47 31


When JAL headquarters relocated to Tennozu Isle, there was nothing in the surroundings.
Because my parents' house was the west end of Tokyo, it took me a while to go to the Marunouchi headquarters,
Tennozu which is shaken by the monorail was at a distance like a foreign land.

T.Y. HARBOR was opened in 1997, a year after the so-called JAL building was completed in 1996.
At that time there were still few customers, while watching the building and sea in Shinagawa,
It was such a space that I could talk for hours.
However, as it was a location that was bothersome to go home when drinking,
I hardly remember having a fellow drinking party here.

Fellows who met again at last year's large re-union party also gathered together.
There are a few colleagues who have continued active crews yet,
As usual, I was overwhelmed by their bottomless power.

We were able to make chance of old-fashioned revival.
A reunion which was not only once was glad more than anything.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-06 6 47 42

Next