山崎拓巳氏とは、ニューヨーク、パリ、東京、浜松と、
いろんな場所でお会いする。
会うたびに、いろんなアイディアや元気をいただける。

仕事と夢をイコールにして、きちんと稼いできちんと回す。
すでに世界のトップステージに立たれているはずなのに、
決して奢らない謙虚な姿勢が、よりたくさんの人を惹き付ける。

仕事も得意ジャンルもまったく違う私達だけれど、
幸せの価値観の部分は、きっと同じベクトルを向いている。

だから、そこに行き着くまでのいろんなスキルを、
たくさんの仲間とシェアすることで、皆さんと一緒に歩きたい。

そんな想いで企画されたトークイベントの第2弾。
7月7日(土)東京にて開催します。
詳細はこちらから。(リンク先へ飛びます。)

皆さんに、お会いできることを楽しみにしています!

「夢が叶うランチ会」前回のイベント記事。

写真 2017-11-16 9 26 21


Mr. Takumi Yamazaki and I meet in various places such as New York, Paris, Tokyo, and Hamamatsu.
Every time I meet him, I get various ideas and energy from him.

He makes work and dream equal, earns properly and turns it properly.
Though he should already has been at the top stage of the world,
his humble attitude attracts more people.

Although we are completely different jobs and good-natured genres,
Our values of happiness is surely facing the same vector.

So, there are various skills to get there,
We want to walk with everyone by sharing it with a lot of colleagues.

Our second talk event had planned with such thought.
It will be held on Saturday, July 7 in Tokyo.
Please click here to see the event information.

We are looking forward to seeing you all!

写真 2017-11-08 11 52 11



海外永住 ブログランキングへ "
Next
スクリーンショット 2018-05-12 05.08.40


開業400年、名古屋では最も古い料亭「河文」。
名古屋城が築城された寛永年間から、その歴史を刻み、
明治以降は、中日本随一の迎賓館として、著名人に愛されてきた。
創業当時からのおもてなしの心を引き継ぎながら、
現在でも毎日素敵なシーンが演出されている。

5年程前、外国人スタッフに古都を案内していた時、
タイミングよく「河文座」の催事を拝観することができた。
彫刻家、流 政之氏が作った「流れ床の庭」と呼ばれる日本庭園で、
古典芸能と現代アートのコラボレーションを堪能。
「河文」の若女将とスタッフのきめ細やかな采配が印象的だった。

今春の「河文座」では、恒例の「名妓連(めいぎれん)」をお披露目。
名古屋の芸妓、舞妓の舞と一緒に、河文の料理を味わえる贅沢。

こんな素敵な企画を、海外在住の方にも知っていただきたいから。
日本舞踊の解説をつけた中継をライブで世界配信する。
名古屋の芸者たち全員出演という豪華バージョンをお見逃しなく。

春の河文座・YOUTUBE配信
5月17日18時〜(日本時間)

春の河文座 動画はこちら。

第58回 河文座 御案内はこちら

以前の「河文座」の記事

スクリーンショット 2018-05-12 05.08.57


"KAWABUN" is the oldest Japanese restaurant in Nagoya with 400 years history.
From the Kanei years when Nagoya Castle was built, its history is engraved,
After the Meiji period, as a guest house in the middle of Japan, it has been loved by celebrities.
While taking over the heart of hospitality from the beginning,
Even now every day a nice scene is produced.

About five years ago, when I was presenting ancient capital to foreign staff,
we were able to admire the event of "KAWABUNZA" with good timing.
In a Japanese garden made by sculptor Mr. Masayuki Nagare,
we enjoyed the collaboration between classical performing art and contemporary art.
The young landlady of "KAWABUN" and the fine-grained control of the staff were impressive.

In this spring's "KAWABUNZA", we announce the "MEIGIREN".
Luxury that you can taste the food of KAWABUN with Geiko and Maiko, professional dance performer in Nagoya.

We would like you to know such a wonderful project, even those living abroad.
It will be Live broadcasting with a commentary on Japanese dance.
Do not miss the gorgeous version of Nagoya's Geisha appearances.

Distribution of YouTube " KAWABUNZA"
May 17th at 6:00pm / Japan Time ( 5:00am / EST)Click here to watch the movie of KAWABUNZA

58th KAWABUNZA Information

My Former Article of "KAWABUNZA"


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-04 17 05 25

写真 2018-05-04 18 34 23


高校時代は、部活動と行事活動だけが生きがいだった。
入学当初は、ハンドボールのルールどころか、
そんなスポーツの存在さえ知らなかったのに、
優しそうな先輩たちに勧誘された勢いで入部してしまった。

前年度の都大会で第3位という実力のあるチーム。
ところが、私たちの代はなかなか勝てなくて、
監督はさぞかしヤキモキしていただろうと、後になって思う。

燦々と照りつける太陽の下での、厳しい練習。
当時は、余計な水分を取ってはいけないという方針だったし、
体罰に近いような100本シュート練習も当たり前だった。

厳しい練習の裏にある監督や先輩の愛情に気付いたのは、
当然、自分たちが後輩に教える立場になってから。
ハンドボールという共通言語が、縦横の絆を強くしてくれた。

創部50周年の記念パーティーには、150名程のOB/OGが集まった。
大先輩たちを前にして御指名を受けた締めの挨拶に戸惑ったけれど、
たくさんの元気な笑顔に再会できたのは、幸せだった、

10年後もまた、ここに集まれるのだろうか。

都立西高ハンドボール部 HP
写真 2018-05-04 18 33 36

IMG_9274


During high school, only departmental activities and event activities were rewarding for me.
At the beginning of admission, rather than only handball rules,
I did not even know the existence of such sports.
I entered by the momentum being solicited to gentle seniors.

It was the third most competitive team in the previous year 's tournament in Tokyo.
However, our team could not win easily in the following year.
So the director might had been annoying.

Severe practice under the sun shining strongly.
At that time, it was a policy not to take unnecessary moisture,
the 100 shoot practice similar to corporal punishment was common.

We noticed the affection of the director and seniors behind the hard practice,
Naturally, since we became a position to teach our juniors.
A common language called handball has strengthened the ties between vertical and horizontal.

About a hundred fifty OB / OG gathered in the memorial party of the 50th anniversary of the Nishi handball club.
Although I was perplexed by the closing remarks that received the appointment in front of the senior citizens,
It was happy that I could see a lot of energetic smiles.

I wonder if we will be here again ten years from now.

IMG_9294

写真 2018-05-04 19 54 40



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-10 3 51 04

IMG_9330




Next
大企業の中では、社員同士が名刺交換をする。
同じ会社に勤めていても、一度も顔を合わせない人も多い。
そこにある共通言語は、役員の名前や企業方針のことぐらい。
でも、企業イメージキャラクターやCMソングはみんな知っている。

シンガーソングライターKATSUMI氏の「It’s my JAL」がオンエアされた時、
私はまさに学生時代ど真ん中だった。
軽快なリズムとハスキーな高音が、白い翼への希望にピッタリで、
これから始まる社会生活への期待感を倍増させられた。

視覚的記憶よりも、聴覚や嗅覚の記憶の方が残るというのは有名な話。
フライト業務をする時も、よくCMソングが脳裏に浮かんでいた。

昨秋の大同期会、KATSUMI氏にゲストとしてお越しいただいた。
TV画面の向こう側にいたヒーローが、目の前で歌ってくださる感動は、
あの時間を共有してくれた仲間だけへの贈り物。
KATSUMI氏の御理解と御協力、最高の演出だった。

そして今度は、彼の番組にいらしてくださいとお声がけいただいた。
いろいろな御縁を繋いでくれた親友に感謝しつつ。
どんな会話が繰り広げられるのか、想像もできないけれど。

いつも支えてくださっている皆さんへ、
愛と感謝を伝えられますように。

レインボータウンFM Music Delivery DX
2018年5月5日(土) 17:00〜18:00
木場スタジオから公開生放送。

レインボータウン FM 72.9MHz (ゲスト情報は左下)

KATSUMI 公式ホームページ

ACS_0402


Among the large enterprises, employees exchange business cards.
Even though I work for the same company, there are many people who never look face to face.
Common languages there are about executive names and company policies.
But, everyone knows corporate image characters and CM songs.

When the singer-songwriter KATSUMI's "It's my JAL" was on air,
I was in the middle of my school days.
Light rhythm and husky treble are perfect for hope for white wings,
I have doubled the expectation for social life starting from now.

It is a famous story that the memory of hearing and olfaction remains more than visual memory.
Even when doing a flight job, CM song often floated in my mind.

We welcomed Mr. KATSUMI as a guest at the large re-union party last autumn.
The impression that the hero who was on the other side of the TV screen sang in front of me,
A gift for just the people who shared that time.
Mr. KATSUMI 's understanding and cooperation was the best directing.

And this time, I heard your voice so please come to his program.
While thanking my best friend who connected various affiliates.
I cannot imagine what kind of conversation will be held.

To everyone who always supports you,
I wish to express my love and gratitude.

DSC_3086

DSC_3019



海外永住 ブログランキングへ "

DSC_3045
Next
写真 2017-12-23 11 08 51


ニューヨーク在住の友人、オペラ歌手の田村麻子さん。
彼女が出演する「第九」に誘っていただいた。
市民300人が、上野の東京文化会館で競演する。

クリスマスシーズンに「第九」を聴く。
久しぶりに、季節の風物詩を肌で感じる。
耳が聴こえることを、幸せに思う。

無造作に割り当てられたチケットが、
私にとって意味のある数字であったり。
会場で偶然、大学の同級生に再会したり。

この日ここに集まった、
底なしのパワーと愛を持った友人たち。

たくさんの出会いをありがとう。

写真 2017-12-23 13 53 47


My friend, Opera singer Asako Tamura who lives in New York.
I was invited to "Beethoven's Ninth Symphony" where she will appear.
300 citizens compete at Ueno's Tokyo Bunka Kaikan.

I listened "Ninth Symphony" in the Christmas season.
For the first time in a long time, I felt the seasonal scenes with my skin.
I was very happy that I could hear with my ears.

Tickets allocated casually,
It was a meaningful figure for me.
I came across the university classmate by chance at the venue.

My friends who gathered there that day,
have bottomless power and love.

Thank you for many encounters.

写真 2017-12-23 17 28 49

写真 2017-12-23 16 05 25

写真 2017-12-23 16 30 00



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-22 16 18 54


得意分野も仕事のジャンルも違うけれど、
世界のどこかでちょこっと会うと、
いつも元気をもらえる存在。
二人のトークを仲間の皆さんとシェアしたら、
もっと素敵なエネルギーが生まれるかもしれない。

そんな思いから企画されたライブトークイベント。
企画と集客までは、慣れた分野だけれど、
主役となって話すのは苦手。
だから、あくまでもナビゲーターのつもりで、
話をさせていただいた。

のべ41冊、通算140万部の著作がある山崎拓巳氏と、
400万部の大ベストセラーを輩出した平田静子氏。
彼らに共通する夢の叶え方。
たくさんの経験値のなかに共通することは、
そこに愛があるということ。

100名超えの皆様が、クリスマス前の忙しい時期に、
貴重な時間を行動に変えて集まってくださった。
具体的に行動することが、夢を叶える原点。

会いたい人には、会える時に会う。
ここからまた次の企画が始まっている。

写真 2017-12-22 17 20 58

写真 2017-12-22 20 24 56

写真 2017-12-23 9 51 56


Although the specialty field and job genre are different,
When we meet somewhere in the world,
I always get cheerful.
If we share the talks of two of us with our friends
More nice energy may be born.

A live talk event planned from such a thought.
Until planning and attracting customers, I am used to the field,
It is not good to speak as a leading role.
Therefore, with the intention of a navigator to the last,
I talked.

Mr. Takumi Yamazaki issued 41 books, 1.4 million copies in total.
Ms. Shizuko Hirata who produced 4 million copies of the biggest bestseller.
The way of dreams common to them.
Common things among a lot of experience values,
That there is love there.

People over 100 people, during the busy period before Christmas,
they converted precious time into action and gathered.
Acting concretely is the energy that makes dreams come true.

You meet the person you want to meet when you can meet.
The next project is starting from here.

写真 2017-12-31 11 01 08

写真 2017-12-31 11 02 32

写真 2017-12-31 11 03 30

写真 2017-12-31 11 06 44

写真 2017-12-31 11 42 21



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-23 9 49 51

写真 2017-12-23 9 49 53

00
Next
この人に会うと元気になる。
一緒にいた時間が有意義だったと思える。
そんな存在に憧れるし、そんな存在になれたらと思う。

私にとって、山崎拓巳氏はそんな人。
私の何十倍も忙しいはずなのに、
ちょっとした隙間時間を合わせてくれて、元気をくれる。

大人数の前で話すのは得意じゃないし、
主役を陰で支える方がずっと好きだけれど。
人をぐいぐい引っ張る彼の吸引力が、
いつも会場中を巻き込んでくれるから。

いろんな夢を叶えるキッカケを、
皆さんと一緒にお話できる機会になりますように。

「夢が叶うランチ会」お申し込みはこちらから。Please click here.

写真 2017-11-22 15 00 01


When you meet this person, you feel better.
You think that the time you were together was meaningful.
I adore such existence, I wish I would be such an existence.

For me, Mr. Takumi Yamasaki is such a person.
He should be busy much more than me,
he makes me a power by meeting me in a refresh time.

Originally, I am not good at speaking in front of many people,
I prefer to support the protagonists from back of the stage.
His attractive force pulling a person to a greater extent,
So, we always involve the center of the venue.

We will try you make various dreams come true,
Let us make this opportunity to talk with everyone.


Next
写真 2017-11-04 17 04 53


小雨の降る秋の週末、
東京アメリカンクラブに170名の元同僚たちが集結した。

入社25周年のお祝いイベントに、
たくさんのゲストが駆けつけてくださった。

空の上のレストラン、スカイオーベルジュBEDDのシェフたち。
JALのCMソングを歌ったシンガーソングライターKATSUMI氏。
JAL現役社長や広報室の御協力もいただいて、
前代未聞の大きな企画となった。

幹事6名と20名のスタッフ。
会場装花、小冊子のイラスト、ギフトのクッキー、当日のMC。
CAから転職したいろんな分野のプロが勢揃い。
JALアーカイブスの展示品が、イベントに華を添えた。

お世話になった教官からのお祝いメッセージや、
訓練時代の写真を綴る動画作りは、ギリギリ前日に完成。
「Sola」のシェフパティシエは、当日朝まで2晩徹夜で
200本のケーキを焼いてくださった。

イベントを作り上げていく過程、
語り尽くせないほどの苦労や裏話。
すべて、当日の参加者の笑顔で報われる。

旧交復活と、次の扉を開けるきっかけ作り。
私たちの想いが、多くの人に伝わりますように。

写真 2017-11-05 14 24 20


A rainy weekend in autumn,
170 former colleagues gathered at Tokyo American Club.

To celebrate the 25th anniversary of joining the company,
A lot of guests came to join.

Mr. Suga and Mr. Yoshitake, the chefs of a restaurant “BEDD” on the sky.
Mr. KATSUMI, a singer-songwriter who sang JAL's CM song.
With the cooperation of JAL active president and public relations department,
It was an unprecedented big project.

6 staff members and 20 supporting members.
The planting flower at the venue, illustration of booklet, gift cookie, MC of the day.
Professionals in various fields who changed jobs from CA are in charge.
The exhibits of JAL archives added nice essence to the event.

We have just completed making videos on the previous day.
The pastry chef of the restaurant "Sola" baked 200 cakes without sleeping
over two nights.

In the process of building up an event,
there were a lot of struggling and back stories that cannot be expressed.
All were rewarded with the smiles of the participants on the day.

We tried to make old-friends revival, and the opportunity to open the next door.
May our thoughts be conveyed to many people.

オフィシャル動画(ダイジェスト版)


海外永住 ブログランキングへ " target="_blank" title="">

写真 2017-11-04 18 14 23
Next