写真 2018-08-03 16 58 53

写真 2018-08-03 17 01 13


金魚と和をモチーフにした水中アート展示会「アートアクアリウム」。
12年目を迎える今年は、「真の日本」をテーマに、
日本橋、名古屋、上海の3都市で開催されている。

日本橋会場のテーマは、「江戸・金魚の涼」。
エントランスを抜けるとすぐに「天井金魚」が頭上に広がる。
本来、腹部しか見えないはずなのに、
プリズムガラスに反映されて、美しく泳ぐ姿が見て取れる。

「フローティングリウム」「アースアクアリウム・ジャポニズム」
「超・花魁」「床掛け金魚飾り」
江戸切子や九谷焼といった日本の伝統工芸を愛でながら、
作品ひとつひとつに、プロデューサー木村英智氏の世界観を想像する。

本会場の最大の見どころは「大政奉還金魚大屏風」。
18面の屏風にプロジェクションマップを投影しつつ、金魚を泳がせる。
大政奉還の時代を区切りに、日本のアートシーンが再現される様子は圧巻。

自然界の生き物とアートを共存させること。
一秒として同じシーンを繰り返すことのない生き物の美しさに、
人間が少しだけ手を加えて、その魅力を増幅させる。

日本庭園でも池の上から眺めることしかない観賞用の金魚や錦鯉を、
四方八方から眺めながら、万華鏡の世界にワープした時間が過ぎてゆく。

酷暑ともいえる今夏、「アートアクアリウム」で都会の涼を御体感ください。

写真 2018-08-03 16 58 01

写真 2018-08-03 17 01 21

写真 2018-08-03 17 01 33


"Art Aquarium" is the underwater art exhibition with goldfish and Japanese motif.
This year marking the 12th year, with the theme of "The True Japan"
It is held in three cities: Nihonbashi, Nagoya, Shanghai.

The theme of the Nihonbashi site is "Edo: Coolness of Goldfish".
As soon as you pass through the entrance, "Ceiling goldfish" spreads overhead.
Originally, only the goldfish's abdomen should be visible,
Reflected on the prism glass, you can see the beautiful swimming form.

"Floatingrium" "Earth Aquarium Japonism"
"Super Oiran" "Floor Hanging Goldfish Decoration"
While loving Japanese traditional crafts such as Edo Kiriko and Kutani Yaki,
Imagine the world view of Mr. Hidetomo Kimura, the producer, one by one.

The greatest highlight of this venue is "Taisei Houkan Goldfish Large Byobu - Folding Screen".
You can see the swimming goldfish while projecting the projection map on 18 screen folding screens.
The appearance of the Japanese art scene, before and after of the democratization era, being reproduced is masterpiece.

He coexists nature creatures and art.
To the beauty of living things that do not repeat the same scene as a second,
He modifies their charm by adding small effort.

Usually, in the Japanese garden, we watch goldfish and Nishikigoi - Colored Carp for ornamental only to see from the top of the pond.
While watching from all directions, we feel the kaleidoscope world.

This very hot summer, please try to experience the urban coolness with "Art Aquarium".

写真 2018-08-03 17 01 07

写真 2018-08-03 17 01 56

写真 2018-08-03 17 03 55



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-08-03 17 08 52

写真 2018-08-03 17 15 15

写真 2018-08-03 17 23 15
Next
写真 2018-07-22 9 14 05 (1)

写真 2018-07-22 9 17 12 (1)


ここのビーチは、人々の厚意で運営されている。
正式な監視員がいない場所で、海の安全を守る大変なお勤めを、
海の家の店長が、すべて一人でやってくださっている。

毎年お世話になっている店長さんを、少しでも手助けできたらと、
子供たちは朝からボランティアに出かけていく。

台風の前後には、テントを張ったりたたんだり。
砂浜のゴミ拾い、テーブルの拭き掃除、備品の整備。

マリンスポーツという、一見華やかなシーンの裏側に、
こんなにたくさんの見えない仕事があることを知って、
子供たちは「働く」ことの意味を、少しずつ学んでいく。

3年前に次男がハブクラゲに刺された時は、私も大騒ぎしたけれど、
今夏、次女が刺された時は、みんな冷静に対処できた。

経験するということは、こんなにも大きな財産で。
真っ黒に日焼けした子供たちが、少したくましく見える。

写真 2018-07-22 9 52 07


The beach here is operated by people's favor.
On the beach where there is no official observer,
the shop owner of the ocean house is doing it all by himself, to protect the safety of the sea.

My kids went out volunteers from the morning since they wanted to help a manager even a little.

Before and after the typhoon, they remove the tent and re-set.
They Pick up garbage on the sandy beach, wipe off the table, and adjust the equipment.

On the other side of the seemingly gorgeous scene called marine sports,
Knowing that there were so many invisible work,
Children learned the meaning of "working" little by little.

Three years ago when my second son was stung by a box jellyfish, I made a big fuss.
But everyone managed to deal calmly this summer when the second daughter was stung.

To experience is such a great wealth.
Children who have sunburned in black, look a little strong.

写真 2018-07-23 11 39 32

写真 2018-07-23 11 36 20

写真 2018-07-23 11 42 38



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-22 10 11 20

写真 2018-07-22 10 12 01



Next
写真 2018-07-18 17 22 11


大阿闍梨・塩沼亮潤氏からありがたきお誘いを受け、
いつか訪ねてみたいと思っていた慈眼寺にお伺いした。

1000日間、1日48キロの山道を歩いて参拝する「大峯千日回峰行」。
9日間、飲まず食べず寝ず横にならずの「四無行」。
途中で辞める時には自害しなくてはならない、決死の覚悟が必要な修行。

当時の心境をお聞きしても、穏やかな答えしか返ってこないのは、
大阿闍梨が、すでに私たちとは別の世界に存在しているからかもしれない。

最高のおもてなしを受け、私に出来ることを考える。
「生命の尊さ」だけが、その答えを導いてくれると信じたい。

写真 2018-07-18 16 48 32

写真 2018-07-18 16 58 26


Because I was invited from Dai-ajari, Mr. Ryojun Shionuma,
I visited Jigenji-temple in Sendai that I wanted to visit someday.

"Omine thousand days times MineKo" that walks on the mountain road 48 kilometers a day for 1000 days.
"Four non-line" without drinking, eating, sleeping and lying for 9 days.
When you quit in the middle you must do a self - destruction, training that requires preparation for death.

Even if I ask him about the feelings of that time, only the calm answer is returned,
Maybe because he is already in a different world from us.

After I received the best hospitality, I think about what I can do.
I believe that only "preciousness of life" leads the answer.

写真 2018-07-18 16 57 28



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-18 17 19 24

Next
写真 2018-07-12 12 42 42

写真 2018-07-12 12 14 38 (1)

写真 2018-07-12 12 14 05 (1)


アートアクアリウムの総合プロデューサー・木村英智氏が
日本の古典芸能の新しい楽しみ方を提案している。

日本橋・福徳の森は、かつて福徳神社があった場所。
そこの地下に、本格的な能舞台を建立して、
1年365日、本家本元本流の古典芸能の舞台が繰り広げられる。

一般的に敷居が高いとされている伝統芸能に解説を加えながら、
時にはフォトセッションも交えて、お披露目。

客席に座り、能や狂言、日本舞踊をはじめとする伝統芸能、
鼓や笛といった和楽器の音色までを楽しみながら、食事をする。

江戸で最も古い「すし栄」の御膳、香老舗「松栄堂」のお香、
「福寿園」のお茶、「老松」の京菓子、「亀末廣」の干菓子まで、
徹底的に「古き良きもの」にこだわり、漆器や膳もビンテージもの。

高校の文化祭で歌舞伎「勧進帳」の舞台に関わって以来、
古典芸能は私の中で、特別な存在。
これまで外国人客を御案内する時にたくさん苦労したけれど、
これからはきっと、日本橋ですべて解決できる。

東京オリンピックに向けて、東京の楽しみ方がまた広がった。

写真 2018-07-12 11 45 30 (1)

写真 2018-07-12 11 46 22 (1)

写真 2018-07-12 11 47 20


Mr. Hidetomo Kimura, a comprehensive producer of Art Aquarium,
are proposing a new style of enjoying Japanese classic performing arts.

Nihonbashi / Fukutoku no Mori is the place where Fukutoku Shrine was once.
In the basement there, he built a full-scale Noh theater,
A year 365 days, the stage of the mainstream classical performing arts will be unfolded.

While adding commentary to traditional art that is generally considered to be hesitate to watch,
Sometimes with photo sessions, they will show off.

Sitting in the seat, traditional arts like Noh, Kyogen, Japanese dance,
While enjoying the tone of Japanese instruments such as drums and whistles, eat.

They serve the oldest 'Sushi-ei' meal in Edo, Incense of long-established store 'Shoei-do'
Tea of 'Fukujuen', Kyo-sweets of 'Oi-matsu', dry sweets of 'Kame-sue-hiro',
Thoroughly stick to "good old things", lacquer ware and servings plates are also vintage items.

Since I was involved in the stage of Kabuki "Kanjin-cho" at the high school cultural festival,
Classical performing art is a special existence among me.
Although I had a lot of hardships to guide foreign customers so far,
From now on I can solve everything at Nihonbashi.

Toward to Tokyo 2020 Olympic Games, how to enjoy Tokyo also expanded.

写真 2018-07-12 11 53 01

写真 2018-07-12 12 34 22



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-07-12 13 40 36
Next
写真 2018-07-12 14 17 59

写真 2018-07-12 14 19 15


幼稚園と小学校時代を過ごした武蔵野東学園は、特殊な学校だった。
自閉症児と健常児の混合教育を主体とし、
周囲に障害を持った仲間がいるのが当たり前の環境だった。
当時は障害とは知らずに、「心の弱い友達」だと学んだ。

友を愛する、「友愛の心」を体得したのはこの学園のお陰。
学校は勉強しに行く所ではなくて、友達作りを学ぶ場所。
仲間という絆こそが、世の中を動かしているのだと。

御縁あって、今秋母校でお話をさせていただくことになった。
こんな私の経験談が役に立つのならと、大役をお引き受けしたものの、
会場を下見しながら、少し緊張している。

私だけじゃない。
みんな目に見えない宿題を抱えて、生きている。

写真 2018-07-12 14 51 44

写真 2018-07-12 15 00 04 (1)


Musashino Higashi Gakuen where I spent the time of a kindergarten and an elementary school age was a special school.
Mainly as a mixed education of autistic children and healthy children,
It was a natural environment for us that there were companions with disabilities around them.
At that time we learned that they were "friends of weak mind" since we did not know the obstacle.

Thanks to this school that I have acquired "mind of fraternity" that loves my friend.
School was not a place to go for study, but a place to learn about making friends.
The bond of friends would move the world.

I was offered to have a lecture at the school this September.
If my experiences such as this are useful, although I accepted a big role,
While previewing the venue, I am a bit nervous.

I'm not only one.
Everyone is alive, with invisible homework.

写真 2018-07-12 14 49 52 (1)



海外永住 ブログランキングへ "
Next
ジュリア・ロバーツ主演の「ワンダー 君は太陽」が
まもなく日本で公開される。

誕生後、何度も手術を繰り返した主人公オーギーが、
病院のリストバンドを壁に貼っていくシーンだけでも、
我が家の歴史を辿るようで、涙が溢れる。

原作者は、当事者ではない。
障害を持った子をいじめた側の親という立場に遭遇して、
そこからこのストーリーを書き上げたという。

目に見える障害、目に見えない障害。
人はいろんな宿題を抱えている。
でも、視覚情報がメインの世の中だから、
顔に障害を持つことは、とても厳しい。

原作を、家族揃って、何度も何度も読み返した。
次男はセリフも全部覚えている。
当事者として、親として、家族として、友人として。
何ができるのか、何をすべきなのか。

いじめる側の立場から書かれたスピンオフ版も含めて、
日本の皆さんに、ぜひ読んでいただきたく思います。

昨年書いた「ワンダー」に関する記事

スピンオフ版の日本語訳は「もうひとつのワンダー」。

「ワンダー 君は太陽」予告編

写真 2018-06-09 9 12 16


The movie film, "Wonder / You are the sun.", starring Julia Roberts,
will be released in Japan shortly.

After birth, the hero Auggie repeated surgeries many times.
With the scene where the wrist bands of the hospital were stuck on the wall,
my tears overflowed since it reminds the history of our family.

The author is not a party of the hero.
She encountered the position of a parent who bullied children with disabilities,
From there she wrote this story.

Visible disabilities, invisible disabilities.
People have a lot of homework from God.
But since visual information is the main world,
Having disabilities in the face is very strict.

I read the original with all my family, over and over again.
My second son remembers all the lines and conversations.
As a handicapped, as a parent, as a family, as a friend.
What can be done and what should be done.

Including the spin-off version written from the teasing side's point of view,
I would like to invite everyone in Japan to read it.

The article "Wonder" that I wrote last year.

The Japanese translation of the spin-off version is "Another Wonder."

The trailer of the "WONDER" in Japan.

写真 2018-06-09 9 12 56



海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2018-05-08 2 50 52

写真 2018-05-08 2 50 38


男性からすると、どんな世界なんだろうと思うのは当然だけれど、
女性からしても、その扉を開ける時は不安がよぎる。
だからこそ、心を落ち着けてもらうための空間が必要なのだと。

むらさき乳腺クリニック五反田。
専門的な医療機関だけれど、ちょっとお茶をしたいと立ち寄れる空間。
それが、池田紫院長の目指しているところ。

今年2月の開業以来、たくさんの映像が送られてきていたけれど、
やはり実際に足を運んでみて感じることが、たくさんあった。
院長の技術や人柄を後押しするように、洗練されたスタッフの温かさが、
この空間をトータルで作り上げている。

ここから救える命がたくさんありますように。
命は他人事でないから。なんでも相談してみてください。

むらさき乳腺クリニック五反田 HPはこちらから。
以前の記事「むらさき乳腺クリニック五反田」
以前の記事「紫色の希望」
以前の記事「記念プレート」
写真 2018-05-08 2 50 22

写真 2018-05-08 3 04 49


From men, it is natural that you think what kind of world it is.
Even if it is from a woman, there is anxiety when opening the door.
That's why we need space to calm our mind.

It is the Murasaki breast clinic Gotanda.
Although it is a professional medical institution, it is a space that you drop in to want a little tea.
That is what MD.Murasaki Ikeda is heading for.

Many pictures have been sent since the opening in February this year,
After all, there were lots of things that I actually went and felt.
To boost the doctor's skills and personality, the warmth of sophisticated staff made up
this space in total.

Hope to save lots of lives from here.
Because health is no other people's affair.
Please try consulting anything.

Murasaki Breast Clinic Gotanda / Official HP

写真 2018-05-11 10 26 36



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-11 10 25 20

Next
写真 2018-01-28 22 02 50


季節によって入れ替えができる額装アートやインテリアと違って、
壁画というのは半永久的にそこに残される。
だから、描く本人以上に、オーダーする側の強い想いが
反映されないといけない。
アーティストが好き勝手に描くストリートアートとは違う。

病院で検査を受ける時、人は皆不安になるだろう。
たとえそれが定期検診であっても、心情に大差はない。
無機質な病院の天井と壁を眺めてドキドキする。
部屋に一人残されて、心細さでいっぱいになる。

紫先生は、そこにムラサキの花をあしらった。
武蔵野の台地に根付く、白く小さな花を咲かせる雑草。
根を使ってムラサキの色を出す、生命力の塊。
古来漢方の原材料となって、傷や痛みを癒してくれる存在。
彼女の医学への想いは、彼女の名前の由来そのもの。

華々しく主役を飾る大輪である必要はない。
誰に対してもフェアな距離感で接するからこそ、
そこに信頼と愛情があることを、誰もが実感できる。

いつもは海で絵を描いているアーティストが、
都会で希望の花を咲かせてくれた。
私はここで、心の花を咲かせて応援したい。

紫色は、ロイヤリティーの証。
紫先生は、医療界の癒しの存在。

写真 2018-01-23 7 15 51

写真 2018-01-23 7 15 54

写真 2018-01-23 7 15 57


Unlike forehead art and interior that can be replaced by the season,
Mural painting is left permanently there.
So, more than the artist side, the strong feelings of the ordering side must be reflected.
It is different from the street art which the artist draws freely.

When people are examined at a hospital, everyone will become uneasy.
Even if it is a periodic medical examination, there is no big difference in feelings.
People get nervous looking at the ceiling and wall of inorganic in the hospital.
Left alone in the room, they are filled with tension.

Dr.Murasaki put flowers of Murasaki there.
It is a small white weed that is rooted in the Musashino plateau.
A mass of life force that gives out a purple color using roots.
Being a raw material for traditional Chinese medicine, it exists to heal wounds and pain.
Her wish for medicine world is the origin of her name itself.

There is no need to be a big flower decorating the leading role spectacularly.
Because she is fair to touch everyone with a sense of same distance,
Everyone can realize that there is trust and affection there.

An artist who usually draws paintings at the sea house,
put the hopeful flowers bloomed in the city.
I want to cherish her from here with the flowers of my heart.

Purple color is a proof of royalty.
Dr.Muraski is a healing existence in the medical world.

写真 2018-01-28 22 04 32

写真 2018-01-28 22 04 38



海外永住 ブログランキングへ "

紫先生、ここから応援しているね。
写真 2018-01-28 22 01 57

ホスピタリティー溢れるスタッフが集結。
写真 2018-01-28 22 01 41

内覧会で配られたお土産のアイシングクッキー。元同僚の手作り!
写真 2018-01-28 22 04 45


Next
ニッポン放送チャリティーミュージックソン番組内で、
娘のことを綴ったストーリーがお披露目された。
生放送での流れるようなナレーション、心のこもった朗読に、
私は思わず目頭が熱くなった。

放送作家から連絡があったのは、数週間前のこと。
電話口の応対から、彼の人柄が滲み出るようで、
私はこの人に任せようと直感した。

実はその放送作家も、視覚に障害をお持ちだった。
「美香さんの気持ちをすべて代弁はできないけれど、
見えるという当たり前のことがどれほど大事かを伝えたいんです」
ラジオというツールに救われている人たちのために、
少しでも力になりたいというパッションが嬉しかった。

たくさんの方々に支えていただいて、番組は終了した。
そして先日、募金の目標額を達成したという嬉しいお知らせが届いた。
なかには、オードリーのお二人のサインが入ったトートバッグ。
自称「リトルトゥース」だという姪っ子が喜ぶ顔が目に浮かぶ。

お世話になったプロデューサーや放送作家の皆さんに、
近い将来もっと良い報告ができるように、また一歩。
私にもまだ、できることがあるかもしれない。

募金に御協力くださった皆様へ、
心からの感謝を込めて。

ニッポン放送チャリティーミュージックソンの様子はこちら。

写真 2018-01-18 17 05 10


Within Nippon Broadcasting "Charity Music Song" Program,
A story about my daughter was spoken.
Flowing narration in live broadcasting, hearty reading recitation,
I was full of unexpected tears.

It was a few weeks ago that the broadcast writer got in touch with me.
His personality seemed to ooze out from the telephone's response,
I wanted to ask him to write the draft.

Actually, that broadcast writer also had vision disability.
"Although I cannot speak all the feelings of Mika,
I want to tell how important things people can see normal. "
I was delighted with the passion that he wanted to be a power for those
who were saved by a tool called Radio.

The program was supported by many people and ended.
And the other day I received a happy announcement that they reached
the target amount for donation.
I was gifted the tote bag with signed by Audrey.
I imagine how my niece, who is fan of Audrey, will be happy.

To the producers and broadcast writers who supported me,
To make better reporting in the near future, I will have one step again.
I may still have something I can do.

To everyone who cooperated with donation,
With a sincere gratitude.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
昨秋のJAL大同期会は大成功に終わった。
一緒に幹事を引っ張ってくれた彼女と、
久しぶりに「二人三脚」の醍醐味を味わった。

あの忙しい時期を駆け抜けた裏側での開業準備。
こんなに志の高い医師がいることは、日本の誇り。

******

彼女との出会いは、学生時代。
「卒論提出前日にデータ消しちゃった同級生を助けてあげて」
他大学の友人まで巻き込んで、徹夜で卒論を書き上げた。

人騒がせな女子大生は、JAL新入社員名簿でも前後に並んでいた。
「池本美香」(注:私の旧姓)「池田紫」
後から思うと、あの御縁がずっと繋がっていることに意味があったのだ。

「新人訓練に毛皮のコートを着て来るな」とか、
「ミニスカートでモノレール通勤するな」とか。
会社の上司にはよく怒られていたけれど、
私はあの頃からずっと、彼女のガッツに惚れ込んでいた。

たくさんの乗務経験を経て、私はニューヨークに渡った。
そして彼女はなんと、受験勉強をして、医大生になった。
ひとまわり年齢の離れた現役もいる医学部の中で、
彼女の姉御的存在は、ひときわ目立っていたに違いない。

時が経ち、私が暗闇で彷徨っていた時、
彼女は医療従事者としてだけでなく、
人として私を大いに力づけてくれた。

医学の力にだって、限界はある。
でも、私は彼女からいつも、
人としての誠意、志の高さを学ぶ。

この医師に巡り会えて幸せだったと思える存在。
扉を開けば、救える命はたくさんある。
こんなクリニックの誕生を、きっと誰もが待っていた。

「なんでも相談できるお胸のホームドクター」
都会にある、ドクターコトー診療所。
紫先生の開業に、心からの祝福を。

むらさき乳腺クリニック五反田 公式ホームページはこちらから。

写真 2018-01-23 7 14 59


Last fall JAL re-union party ended in great success.
With her who pulled our staff team together,
I felt the real pleasure of "Two people three legs".

******

The encounter with my dear friend was our student days.
"Please help my classmate who erased the data the day before submitting her thesis."
She and friends wrote a graduation thesis through overnight.

The female college student was lined up before and after also in the JAL new employee list.
"Ikemoto, Mika" (Note: My maiden name) "Ikeda, Murasaki"
Afterwards it was meaningful that that edge was connected forever.

"Do not come with a fur coat for the training session"
"Do not commute to a monorail with a mini skirt."
My company's boss was often angry,
but I fell in love with her heart since that time.

After having lots of experience as flight crew, I came to New York.
And she studied for the hard exam and became a medical student.
In the medicine department,
her existence must have been conspicuous.

As time passed, when I was wandering in the dark,
Not only as a medical professional,
she made me strong as a person.

Even with the power of medical world, there is a limit.
But, I always from her,
learn sincerity as a person, the high aspiration.

You can think that you were happy to know this doctor.
If you open the door, there are lives to save.
Everyone was surely waiting for such a clinic.

Patient can consult everything for the breast.
She is a Home doctor for you in the town.

Sincere blessings for her clinic.

MURASAKI BREAST CLINIC Official HP


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-01-23 7 15 19


DSC_3044

Next
昨年の春先だったろうか。
高校の先輩で、朝日新聞記者の高橋美佐子さんが、
突然、お父様を見舞う様子を毎日投稿し始めた。

フェアな視線で記事を書くべき新聞記者が、赤裸々に綴る父親の闘病記。
疑問に思う人も、少なからずいただろう。
私はきっと、そこに彼女の強い意思があるのだと推測して、
毎日「いいね!」を押し続けた。

しばらくして、彼女からメッセージが来た。
「美香ちゃん、父がね、あと半年なんだ」
私には、うまい言葉が見つけられなかった。
「美佐子さん、とにかく伝え続けてください」
そう返すのが、精一杯だった。

プライベートをさらけ出すことには、多大なる勇気と覚悟がいる。
だけど「伝える」とは、こういうことなのだと奮い立たせられる。

5年以上前、私が前作を世に伝えるずっと以前から、
記者として、女性として、親身にアドバイスをしてくださった。
いつも適度な距離感で、見守っていてくださる。

単なる自叙伝ではない。
私たちが一緒に考えていくべきテーマがそこにあるから、
「伝える」のだと思う。

高橋美佐子記者とお父様の命の日記。
渾身の記事、たくさんの方に読んでいただきたいと思います。

朝日新聞デジタル 記事はこちらから。

↓↓↓お父様をお見送り後、7月末にお会いした時、僭越ながら「やりきった感」を受け取った。
ファイル 2018-01-15 8 24 11


I wonder if it was around last spring.
Ms. Misako Takahashi, Asahi Newspaper reporter,
suddenly, she began posting her father's record every day.

A newspaper reporter who had to write articles with a fair gaze opened
a private story to the public.
There might a few people who wondered.
Since I was sure that there was her strong intention there,
I kept pushing "Like!" every day.

After a while, a message came from her.
"Mika, my father's life expectancy is another half a year."
I could not find a good word.
"Misako, please keep telling us anyway"
It was all words I could return to her.

Exposing private thing needs a lot of courage and preparation.
However, we learn by her article that "to convey" is this kind of thing.

More than five years ago, long before I published my first book,
As a reporter, as a woman, she advised me a lot.
She always watching me with a moderate distance feeling.

It is not mere autobiography.
Because there is a theme that we should think together,
she gave us "to convey".

It is Misako and her father's report that how to live to the end.
I'd like to many people to read a whole article.

Please click here to read the article, Japanese only though.

写真 2018-01-15 8 02 15



海外永住 ブログランキングへ "
Next
アナログな人繋ぎを大事にしている。
直接会って呼吸合わせをすることから、すべてが始まる。

LA拠点の彼女と、NY拠点の私が、東京で会う。
1分でも、1時間でも。
互いの温度を感じることが、何よりも大事。

ここから、新しいプロジェクトが始まった。

写真 2018-01-05 8 31 44


Because I cherish analog connection,
Everything starts from meeting directly and breathing together.

In Tokyo, I had meeting with my client based in LA.
Either 1 minute, or 1 hour.
It was important to feel each other's temperature.

A new project will start from here.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2017-12-01 11 03 17


私の母は、4歳の時に父親を戦争でなくしている。
二人の妹たちを含めて、父親の記憶はほとんどないという。
母親はずっと働き通しで、不在だった。
だから、いわゆる「家族の行事」にとても憧れがあった。

私が幼い頃の我が家は、決して裕福ではなかったけれど、
正月、夏休み、クリスマスと、家族で過ごした思い出は多い。

サンタクロースがいないことに、薄々気づいてからも、
私はずっと、サンタクロースを信じていたかった。
枕元にプレゼントがあるという夢に、母の想いを重ねていたかった。

大人になってからも、街が華やかにライトアップされるだけで、
自然と心がウキウキする。
世界一のクリスマスツリーがそこにあるだけで、
これからも夢を見続けていいのだという錯覚に陥ってしまう。

師走の街は、せわしくて、ちょっぴりせつない。
もう少しだけ、時間の足を止められる魔法をお願いしよう。

写真 2017-12-01 11 06 32 (1)

写真 2017-12-01 11 05 53


My mother lost her father at the age of four at war.
Including the two sisters, they have little memory of their dad.
Their mother had been working all the time and was not at home.
So, my mom had a longing for so-called "family events".

My family when I was young was never wealthy,
There are many memories that I had with my family, New Year, Summer Vacation,
and Christmas.

Even after having noticed that Santa Claus was not in the world,
I always wanted to believe in Santa Claus.
I wanted to put on my mother 's feelings in my dream that there was a present
at the bedside.

Even after becoming an adult, when the city will light up gorgeously,
my heart is exciting automatically.
Just because the world's best Christmas tree is there,
I fall into an illusion that I can keep dreaming from now on.

The city in December is quite busy and a little lonely.
Let me ask the magic that I can stop the speed of time a little more.

写真 2017-12-01 11 04 21

写真 2017-12-01 11 04 55



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2017-12-01 11 03 33
Next