IMG_1073


リーディングミュージカル「ダスク」、初日の幕が開けた。

新型コロナウィルス感染症が蔓延する状況のなか、
エンタメを開催することは、決してたやすい道のりではなかった。

大きな声で「ご来場ください」とアピールすることも気が引けるけれど、
作品のエネルギーは、その場に行かないと体感できない。

主演の今泉りえさんは、あの頃の私が憑依しているかのようで、
1公演ごと、全身全霊で「レディ」を生き抜いている。

私たちが戦った本当の意味を、改めて振り返るシーンは壮絶で、
中西勝之さん演じる「エンペラー」と「レディ」が人間の本質でぶつかる。

甘い美声を放つ柴野暸さん、豊かな表情が秀逸な大竹萌絵さん、
華奢でけなげな花沢詩織さん、それぞれに役どころの切り替えが素晴らしい。

二宮禎祥さんと今井瑞さん演じる若いカップルが、彼らの目線から、
作品の本当のテーマを、次世代に繋げる重要な役割を果たす。

会期の途中でネタバレをすることは憚れるけれど、
私自身が今は第三者の立場となって、このテーマを伝えていきたいと思う。

「この儚さと共に生きていくため 
心強くいられる勇気を 私にどうか」

「マザーズアリア」は切なくて、胸に深く突き刺さる。

こんな作品を生み出してくれた制作チームに、心からの感謝とエールを。

IMG_1072


A Reading Musical "Dusk" opened the curtain.

Holding an entertainment event during the COVID-19 pandemic was not an easy task.
However, They can only experience the energy of the work if you are there.

Rie Imaizumi, who played the lead role, seemed to be possessed by the person I was back then.
She is living out the role of "Lady" with all her heart and soul in each performance.

The "Emperor" played by Katsuyuki Nakanishi and the "Lady" clash in their human nature.
The scene in which they reflect on the true meaning of our fight was fierce.

Ryo Shibano has a sweet and beautiful voice.
Moe Otake sings with her rich facial expressions.
Shiori Hanazawa is delicate and straightforward.
Each of them does a fantastic job of switching roles.

The young couple played by Yoshihiro Ninomiya and Mizuho Imai plays an essential role in connecting the work's actual theme to the next generation.

I don't want to give spoilers in the middle of the exhibition, but I'd like to convey this theme from a third person's standpoint.

"To live with this fragility,
Please give me the courage to be strong."

"Mother's Aria" is painstakingly and pierces the heart deeply.

I want to give my heartfelt thanks and encouragement to the production team for creating such a work.

IMG_1141

IMG_1138




Next
IMG_1073


*拙著原案の舞台劇が、4月に東京で上演されます。

ニューヨーク大停電の夜、とある夫婦が出会った「レディ」。
「夕闇の色」を纏った彼女の背後には、深い悲しみと慈しみの物語が存在した。

それは特別なことではなく、世の中の誰もが抱えている宿題だからこそ、
「助けて」というサインに気付ける世の中であってほしいと強く願う。

作品は、世に生み出した時から、一人歩きを始める。
どんな人が読み、どのように受け取り、どのような感想を持つか、分からない。

その人が、どんな風に次の人に伝えるか、また伝えないか。
心を揺さぶる何かがなければ、そこで歩みは止まる。

当事者じゃない。
第三者が、その次の第三者に伝えようとしてくれることに、大きな意義がある。

受け取った制作者によって、テーマも目線も変わる。
脚本も演出も、まったく新しいものが生まれるからこそ、新しい挑戦になる。

せつなくも美しいアリア。
全編書き下ろしの甘美な旋律。

闇の中、希望と絶望が交互に顔を出す。
「曙の美しい光、あなたは感じとれる?」

朗読ミュージカル「ダスク」の舞台に、是非足をお運びください。

オフィシャルサイト
オフィシャルTwitter
チケット購入専用サイト

IMG_1074


*Two of my books have been turned into a stage play, a reading musical, and will be performed in Tokyo in April.

On the night of the New York blackout, a couple met a woman," Lady."
Behind her, clad in the "color of evening darkness," there was a story of deep sorrow and compassion.

It's not something special; it's homework that everyone in the world has to deal with it.
I strongly hope that people in the world will recognize the signs that if someone says, "Help".

A book begins to walk on its own when the author issued in the world.
You never know who will read it, how they will receive it, or what they will think of it.

How will the next person pass it on to the next person, or not?
If there is nothing to move your heart, the steps will stop there.

They are not the person concerned.
There is great significance in a third person trying to tell the next person.

The theme and perspective are changed depending on the producer who receives the work.
Both the script and the direction become new challenges because they produced utterly unique.

A painstakingly beautiful aria.
The composer wrote a sweet melody entirely from scratch.

In the dusk, hope and despair appear alternately.
"Can you feel the beautiful light of Akebono, dawn?

Please come to the stage "a reading musical: DUSK."

Official Website
Official Twitter
Ticket Store

IMG_1072
Next
2021年3月11日、東日本大震災から10年。
日本から、たくさんのニュースが流れてくる。
きっとすべての人が、命について考えているだろう。

2021年3月11日、書籍「Born(e)」が誕生した。
米国で移民として直面した事実を、米国在住の人に伝えたいと思い続けた。
良い意味で、見て見ぬふりを続けてくれた友人にも、知ってほしい。

最初に世に伝えた時、日本からの反響が大きかった。
でも本当は、ここにいる人に、もっと伝えたかった。
もっと、助けてと言いたかった。

誰しもが、外からは見えないたくさんの宿題を抱えている。
だからせめて、光を探している人がいたら、届けたい。

すべての命が、ありのままで祝福されるように。

一緒に歩いてくれる仲間に、心からの感謝を込めて。

IMG_0616


March 11, 2021, 10 years have passed since the Great East Japan Earthquake.
There is a lot of news coming from Japan.
I am sure that all of us are thinking about life.

On March 11, 2021, the book "Born(e)" was born.
I kept wanting to share the facts that I faced as an immigrant in the U.S. with people living in the U.S.
I want my friends who have continued to turn a blind eye to this to know about it in a good way.

When I first shared my story with the world, the response from Japan was huge.
But the truth is, I wanted to tell the people here more.
I wanted to ask for more help.

Everyone has a lot of homework that people cannot see from the outside.
So, if people are looking for the light, I want to deliver it to them.

I hope that all lives will be blessed just as they are.

I want to express my heartfelt gratitude to my fellows who have worked with me.
Next
コロナ禍に見舞われて、エンタメ業界は大きな打撃を受けているけれど、
復興に向けて、少しずつ動き出している。

年明けに発表された拙著原作の朗読ミュージカルの準備が、
いよいよ大詰めに入ったという報告を受けた。

書き綴ったものは、世に出した時から一人歩きをしているようなものだけれど、
一緒に伝えようとしてくれる仲間の存在は、本当に心強い。

来月、新しい作品が誕生します。
たくさんの人に、メッセージが届きますように。

IMG_0654


The entertainment industry has been hit hard by the COVID-19 pandemic, but it is slowly moving towards recovery.

I received a report that the reading musical preparations based on my books, which the producer announced at the beginning of the year, are now in the final stages.

My books have been walking on their own since they were first released to the world, but it is really encouraging to have fellows who are willing to share with me.

Next month, a new work, "a reading musical" will be born.
I hope that the message will reach many people.
Next
IMG_0195


昨年、月刊誌「致知」での取材を受けて以来、
当該社との様々な交流が広がり、リアルでお会いする機会を楽しみにしていた。

物事にぶつかって初めて知に至ること。
誰かの苦境の体験を、自分と重ね合わせること。

人間学を探究する。
致知出版社を訪れた時に、その本当の意味を実感できた気がする。

至極秀逸な本をたくさん刊行されているオフィスには優しい風が漂い、
スタッフの皆様との呼吸合わせは、非常に心地良く和やかだった。

これから始まる新しい企画に、心ワクワクが止まらない。

IMG_0314


Since I was interviewed by the monthly magazine "Chichi" last year,
I have been looking forward to the opportunity to meet their staff face to face in Japan.

"It is the only way when you encounter something real that you come to know about it."
"To overlap one's experience of someone else's predicament with one's own."

They are exploring anthropology.
I think I realized the true meaning of this when I visited Chichi Publisher.

There was a gentle air in the office where they publish many excellent books.
The staff and I had a delightful and relaxed conversation.

I can't stop being excited about the new project that is about to start.

IMG_0197

Next
2019年に拙著を原作としたミュージカルが上演された。
全11回の東京公演の後に、大阪、名古屋、北九州で公演の予定が、
直前になってすべての地方公演を延期せざるを得ない状況が表面化した。

私は原作使用許諾をしただけで、当初は制作には関わっていなかったけれど、
トラブルを解決するために、最後の最後まで伴走して、息が途絶えた。

伝えたかったテーマを、本当に伝えることができたのだろうか。
本を読まない人たちに、世界を広げてもらうことができたのだろうか。

私一人の力では何もできない。
小さな声でささやいていたら、力強く背中を押してくれる人たちがいた。

もっと新しい伝え方ができるのではないか。
ぜひ自分たちに挑戦させてほしいと、手をあげてくれる人たちがいた。

新しい仲間たちと、新しい企画がスタートした直後のコロナ禍。
目的地は決まっているのに、前に進めない大航海。

それでも、諦めない。

2021年の春、ようやくひとつが形になります。
「新作ミュージカル(タイトル未定)」上演決定。
会場で、オンラインで、皆様にお伝えできる機会を楽しみにしています。

情報は順次こちらでアップデートされますので、是非フォローをお願いいたします。

写真 2020-10-29 3 51 31



We staged a musical based on my books in 2019.
After a total of eleven performances in Tokyo, it was scheduled to be performed in Osaka, Nagoya, and Kitakyushu.
However, it came to light that all the local performances had to be postponed at the last minute.

I had only given permission to use the original work, and I was not involved in the production initially, but I accompanied the project until the very end to solve the trouble, and then I worked in all fields with my best.

I wondered if I had really been able to convey the theme I wanted to convey or not.
I wondered if I had been able to broaden the world of those who do not read books or not.

I can't do anything on my own.
When I whispered in a small voice, some people strongly pushed me forward.

I think we can find new ways to communicate.
Some people raised their hands and said, "Let us challenge ourselves.

There has been the COVID-19 pandemic just after the started of a new project with new friends.
We knew where we were going, but we couldn't move forward.

Still, we never gave up.

In the spring of 2021, one thing will finally take the result.
We will stage a new musical (title undecided).
We are looking forward to the opportunity to tell you about it at the venue and online.

We will update information here as it becomes available, so please follow us.


Next
「またすぐに会えるけれど、今は少しだけお別れね」
“Bye-Now”これまでに何度この言葉を繰り返してきただろう。

コロナ禍でなかなか会えない長女、月に一度だけ面会が許される。
指折り数えて待っていても、諸事情で直前にキャンセルされることもある。

往復320キロの道のり、たった1時間の逢瀬。
手を引かれて寮に戻っていく娘を見送る時、いつも胸が締め付けられる。

「いつか」なんていう言葉は信じないから、次の約束をしよう。
3本の足で歩く貴女が、限りなく愛おしい。

写真 2020-12-11 14 33 11


"I'll see you soon, but for now, I'll say goodbye for a little while.
"Bye-Now," how many times have I repeated this phrase in my life?

We are allowed to see my eldest daughter, whom we don't get to see very often due to the COVID-19 pandemic, only once a month.
Even though we have been waiting to see her, the school sometimes cancels our visit at the last minute for various reasons.

It's a 320-kilometer (200 miles) round trip, and the meeting lasts only one hour.
I always feel heartbreaking when I see my daughter off as she walks back to her dormitory.

I don't believe in words like "someday," so let's make a specific promise.
I am infinitely in love with you, who are walking with a white cane.

写真 2020-12-11 16 40 15


Next
コロナ禍のなか、久しぶりに日本から国際郵便が届いた。
「母」という雑誌に、丁寧な文字で綴られた手紙が添えられていた。

人間学のエッセンスを子育て中のお母さんに伝えたい。
そんな想いが詰まったたくさんの取材記事を、一気に読み終えた。

人は誰でも母から生まれてくるからこそ、母が子に与える影響は大きい。
だからこそ、いろんなスタイルの子育てを垣間見れるのは貴重な体験。

17年前、重い障害を持った娘が生まれた後、私は育児書を投げ捨てた。
生後3ヶ月で首が座るとか、1歳で歩けるようになるとか、全部嘘だった。
前を歩く人がいないか、そればかり探して暗闇を歩いてきた。

今ふりかえると、誰かに「大丈夫だよ」と言ってほしかったのに、
弱い心を見せることさえできずに、もがいていたのかもしれない。

教科書という杓子定規で計れない育児、正解はどこにもない。

「それぞれのスタイルにあった子育ての軸」を提唱してくれる本誌、
迷える母親だけでなく、たくさんの大人たちの心に届きますように。

写真 2020-11-29 12 56 34


In the midst of the COVID-19 pandemic, I received international mail from Japan for the first time in many months.
It was the magazine, "HAHA (Mother)," accompanied by a letter in carefully spelled letters.

The editors want to convey the essence of anthropology to mothers raising children.
I finished reading the many articles filled with such thoughts.

We are all born from our mothers, which is why a mother greatly influences her children.
That is why this magazine is a valuable experience to get a glimpse of various styles of parenting.

Seventeen years ago, after my severely disabled daughter was born, I threw away the parenting books.
It was all a lie, that baby would be stable her neck at three months of age, that she would be able to walk at one year old.
I walked in the dark, looking for someone to walk in front of me.

Looking back now, I wish someone had said, "It is going to be okay."
Maybe I was struggling, unable to even show my weakness.

There is no right answer to child-rearing that cannot be measured by a textbook.

This magazine advocates "an axis of parenting that fits each style.
May it reach the hearts of many adults, not just mothers.

写真 2020-11-29 13 49 29

Next
過去にも未来にもたった一つしかない、この尊い命をどう生きるか。
創刊以来42年間、人間学の追究を続ける致知出版社から取材依頼をいただいた。

2冊目の本を出してから、すでに3年が経過しているけれど、
「終わりのないストーリー」は、小説のようには進まない。

ある種の絶望のなかで、それでも小さな光を探しながら、手探りで生きる。
そんな私を見つけてくださった編集部に感謝して、インタビューをお受けした。

真摯に、好意的に、取材をまとめてくださった担当者の姿勢に、
「伝える使命」を改めて思い返した2020年秋。

道に迷っている人がいたら、光を一緒に探して歩きたい。
少しでも多くの方に、そんな思いが届きますように。

スクリーンショット 2020-10-31 17.38.04


How should we live this precious life, which is unique in our past and future?
I was asked to interview the Chichi publishing house, pursuing anthropology for 42 years since its inception.

Three years have already passed since the publication of my second book, but
The Story Without End doesn't move forward like a novel.

I live in a kind of despair but still groping for a little light.
I was grateful to the editorial team for finding me, and I accepted an interview with them.

The person in charge of the interview was sincere, friendly, and organized the talk.
In the fall of 2020, I was reminded again of my "mission to communicate."

If there are people who are lost, I want to walk with them to find the light.
I hope that such thoughts will reach as many people as possible.

スクリーンショット 2020-10-31 1.53.49

致知出版ウェブサイト「試し読み」より
Next
「障害のある子が「親なき後」にも幸せに暮らせる本」の著者、鹿内幸四朗氏。
長女のあかりちゃんが、ダウン症の障害を持って生まれた2003年。
重複障害を持つ我が家の長女も、同じ2003年に誕生した。
同じ時期に、同じ空の下で、それぞれが迷いの中にいた。

共通の友人を通して知り合った鹿内氏に、ようやくお会いすることができた。
人懐っこい笑顔がとても印象的で、とてもお話し上手な方。

私は長女が生まれてから、共に生きることだけに必死だったけれど、
鹿内氏は確実にその先の将来を見据えて、子育てをしてこられた。
彼のアドバイスは本当に有益で、私は自分の準備不足が恥ずかしかった。

古くからの友人のような感覚に陥ったのは、きっとたくさんの共通項があるから。
障害のあるなしに関わらず、我が子の将来のために何ができるのか。
今できることを、確実に進めていくしかない。

会いた人に自由に会えなかった2020年。
それでも、時間は確実に流れている。

写真 2020-10-14 1 00 09


Koshiro Shikanai is an author of the book "A Book to Help Children with Disabilities Live Happily Ever After Parents pass away."
His daughter, Akari, was born with Down syndrome in 2003.
My daughter, who has multiple disabilities, was also born in 2003.
At the same time and under the same sky, we were each lost way.

I finally got to meet Mr. Shikanai, whom we met through a mutual friend.
He has an amiable smile and is an excellent talker.

I've been struggling to live since my first daughter was born, but
Mr. Shikanai has certainly been able to raise his daughter with an eye on the future beyond that.
His advice was beneficial, and I was embarrassed by my lack of preparation.

I'm sure we felt like old friends because we have so many things in common.
What can we do for our child's future, with or without a disability?
We have to make sure we move forward with what we can do now.

We didn't get to meet people freely in 2020.
Still, time is definitely flying.

写真 2020-10-14 16 21 58


Next
写真 2020-09-29 16 02 39


私の母は、糖尿病から記憶障害を併発している。
老後のために貯めたお金を、母自身が自分で管理できなくなってしまった。
司法書士の友人経由で、長男である弟を「成年後見人」として申請した。
家庭裁判所の判定により、監督人を付ける条件付きでそれが認められたが、
それは、第三者に多大な経費を支払い続ける任務が課されるという意味でもあった。

******

重度の重複障害を持った娘の誕生以来、ずっと手探りの子育てを続けている。
義眼治療や裁判のことを伝えると、たくさんの方が応援してくれた一方で、
心ない読者からの批判も聞こえてきた。

私が何より伝えたかったのは、いろんな障害の存在を知ってほしいということ。
我が子や世の中のために何ができるのか、一緒に考えてほしいということ。
起承転結もない日常、終わりのないストーリーは今でも続いているということ。
我が子のために何ができるかを必死で考えた時に、
その時にベストだと思うことを親として選択していくしか道はなかったこと。

******

障害を持った我が子が生まれると、誰しもが自分の亡き後に不安を抱く。
でもこれは、障害の有無に限らず、我が子や家族に何が残せるだろうと考える、
すなわち、世の中のすべての人に当てはまる問題なのだ。

著者の鹿内幸四朗氏は、社会で誰もが考えるべきことを、直球を当てて提議している。
我が子が幸せに豊かに暮らすために「お金の問題」は欠かせない。
「成人」で「判断能力が不十分な人」を守る「成年後見制度」は、
まさに、私たちが今アメリカでその取得のために戦っているテーマでもある。

国の制度に任せることなく、知って行動することの大切さを痛感させられる。
今でも続いているストーリーのなかで、今やるべきことは今やらないと。

鹿内氏は私と同じ歳で、愛娘・あかりちゃんは我が娘と同じ歳。
大好きな友人「かっこちゃん」こと山元加津子さんから繋がった御縁。
この出会いは偶然でなく、必然だったのだという直感がしている。

誰もが要支援者になりうる社会のなかで、ぜひ手に取っていただきたい一冊。

写真 2020-09-29 10 08 19


My mother suffers from memory complications as a result of her diabetes.
She is no longer able to manage her own money which she has painstakingly saved for retirement.
We applied to have my younger brother listed as her "Adult Guardian" with the help of a friend of mine who is a judicial clerk.
The court granted our request with the condition that she be appointed a supervisor.
It also meant that we would be tasked with making continuous payments in exorbitant amounts to third parties.

******

Ever since the birth of my daughter who has multiple severe disabilities, we've feeling out way forward as we do our best to raise her.
While a great many people showed their support after I released a book about my daughter, I received some criticism from the more inconsiderate readers.

What I wanted to convey more than anything else is that there are all kinds of disabilities out there.
I want you as a reader to think about what you can do for your children and for the world.
The cycles and routines of daily life with no beginning or end, the endless story that continues even today.
The fact that when I racked my brain desperately to think up anything I could do for my child, the only way I could find my way out was to choose, as a parent, the best thing I could think of at the time.

******

When a child is born with a disability, all parents have concerns about what will happen to their child after they pass on,
but I am sure that this question of what one can leave behind for one's children and one's family is one that every parent in the world faces regardless of whether or not their children have disabilities.

Author Koshiro Shikanai hits the nail on the head with what everyone in society ought to be thinking about.
Solving "the money problem" is essential for children to live a happy and prosperous life.
The adult guardianship system, which protects adults who are deemed incapable of making fair decisions, is exactly the subject we are fighting for in the U.S. right now.

His book mentions the importance of knowledge and taking action without leaving things up to whatever the national system is.
In the ongoing story that is our lives, what needs to be done now needs to be done NOW.

Mr. Shikanai is the same age as I am, and his beloved daughter, Akari, is the same age as mine.
We were connected through our dear friend, Ms. Katsuko Yamamoto.
I have a hunch that this chance encounter was not a coincidence, but the workings of Fate.

In a society where anyone can come in need of support, this book is a must-read for everyone.



写真 2020-09-29 16 04 12
Next
写真 2020-09-21 15 42 50


秋の日差しを背中に受けて、3本の足が動く影を追う。

視覚を持たずに生まれてきた娘にとって、3本目の足は舵取りになる。
この光景を見つめることが、どれほど感慨深いことかとふり返る。

人間が起き上がり、垂直に活動していることを知らない娘は、
4歳になっても、地面に足をつけることさえ恐れおののいた。

ブラインドスクールの幼稚園では、毎日何時間も泣き続けた。
卒園式、腰を支えられて大地を踏みしめる姿に、私が涙した。

手引き歩行が出来るようになったのは、スペシャルスクールに入ってから。
杖を持つという概念を教えるまでに、干支がひとまわり以上した。

白杖の本来の役割を知らない娘は、今でもそれを持つことすら嫌がる。
機嫌が良い時だけ、3本目の足を、得意そうに握って歩く。

なんてことのない光景。
でも、かけがえのない時間が、流れていく。

写真 2020-09-21 15 30 01


With the autumn sunshine at my back, I watch a shadow with three moving legs.

To my daughter, who was born without sight, this third leg is the one who steers the ship.
As I observe the scene, I reflect over how emotional it was to get to this point.

My daughter has never known humans as creatures that stand up and operate vertically.
Even at four years old, she was terrified just to put her feet on the ground.

In kindergarten for blind children, she had cried for hours and hours every day.
I wept at her graduation ceremony when she stepped out onto the ground with her instructor's support.

It wasn't until she started special school that she learned how to walk.
It had taken more than twelve years before she had grasped the concept of holding a cane.

My daughter, who doesn't understand the purpose of a white cane, still refuses to even hold hers.
However, when she is in a good mood, she walks with her third leg proudly in hand.

It's an ordinary kind of sight, but as time drifts along, moments like these cannot be irreplaceable.

写真 2020-09-21 14 42 35
Next
「ミュージカル未完の贈り物」初顔合わせからちょうど1年。
新しいワクワクのために、今泉りえさんと打ち合わせ。

先日もオンラインでミートしたけれど、やはり直接会うのは違う。
はじまりは原作者とキャストという立ち位置で出会ったけれど、
たくさんの共通項に、いつしか最大の理解者になっていった。

今もまた、目指すベクトルを同じ方向に向けて走り出している。
きっと貴方の心に届きますように。

写真 2020-07-13 17 40 19


It's been exactly one year since our first meeting for "Musical Mikan-no Okurimono".
I had a meeting with Rie Imaizumi for a new project.

We met online the other day, but meeting her in person was a different story.
We first met as the author and cast member of the show.
In many common areas, we somehow became the greatest understanding of each other.

Now we are running in the same direction again, toward the same goal.
We hope it will reach your heart.

写真 2020-07-14 9 35 21


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
「ミュージカル・未完の贈り物」の地方公演が順延になった。
東京公演は大成功で終演したものの、杜撰な収支計上が明るみに出て、
このままではカンパニーの体力が持たないという判断だった。

その知らせを聞いた時、私は演出家と出演者を守ろうと心に決めた。
原作に傷が付くことよりも、彼らの将来を案じて眠れなかった。
私が出来ることは、ただ沈黙を守り続けることだけ。

社会的に、法的に、彼らを支援してくれる人を送り込み、
遠方からひたすら、解決に向けて奔走した。

伝えたいメッセージを正しく伝えるために、私たちは信念を貫き通す。
その先にあるものに、迷いはないから。

正しく真実を知る人のみが、きっとこの先も力になってくれる。

写真 2020-01-17 1 36 35


The local performances of "Musical / Mikan-no-Okurimono" has been postponed.
Although the Tokyo performances ended with great success, the unprofitable balance accounting came to light,
We had to make decision since the company would not have the economic strength as it was.

When I heard the news, I decided to protect the director and performers.
I couldn't sleep for thinking their future than to be hurt my original book.
All I can do is keep silence.

I sent people who support them by socially and legally,
and I worked hard from a distance to find a solution.

We carry on our beliefs to correctly convey the message we want to convey.
There is no doubt about what is ahead.

Only those who know the truth correctly will help us in the future.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "



Next
「ミュージカル・未完の贈り物」地方公演が順延になることを聞いたのは、
10月後半に入ってのことだった。
その少し前に、とある筋からある批判を受けて心が弱っていたし、
制作サイドのトラブルを聞いた時には、身体に電撃が走った。

「必ずや原作と作品を守ります」
涙で訴えてきた脚本・演出家を、私は信じると決めたから、
滞在中はほぼ毎日、その解決のために奔走した。

彼女とそのカンパニーだけでは抱えきれないほど大きな問題を、
どうやったら前に進められるのか、事態は想像していた以上に深刻な現況。

幸い、東京公演が大成功に終わった実績が、たくさんの支援者に繋がって、
今また新しいスタートを切ろうとしている。

「美香さんを演じるでなくて、美香さんを生きる」
全身全霊をかけて主演を引き受けてくださった今泉りえさんとのブレストで、
私のやるべき方向が、ハッキリと見えてきた。

すでに同じ船に乗っているから、目指すゴールは一緒。
私たちの次のステージを、応援してください。

写真 2019-11-06 18 21 38


It was in late October that I heard that the "musical, Mikanno Okurimono, unfinished gift" local performance will be postponed.
Shortly before, I had be weakened by a criticism from a certain source.
When I heard about the trouble on the production side, it was like that I got the electric shock on my body.

"I promise to protect the original book and the work"
I decided to believe Julian, the script / director who appealed with tears.
During my stay, I tried to solve it almost every day.

There is a big problem that she and the company alone can't handle.
The situation is more serious than I had imagined, we think how to proceed.

Fortunately, the track record of successful Tokyo performances has led to many supporters,
We are trying to make a new start again.

"I do not play Mika, I live as Mika."
After Brainstorming with Rie Imaizumi who lead the work with her body and soul, we clearly see the direction we should do.

Since we are already on the same boat, the goals we are aiming for are the same.
Please support our next stage.


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-08-13 10 51 13

写真 2019-08-15 6 43 33


若き世代と一緒に紡ぐ、まったく新しい作品。
「ミュージカル・未完の贈り物」の脚本チェックをしている頃は、
公私共々、猛烈に忙しい時期でもあった。

そんな時期に「人前で話してほしい」というオファーをいただいて、
迷った挙句にお引き受けしたKUDENの動画が、オフィシャル公開されている。
緊張しまくっている自分の姿に辟易して、そっと黙っておこうと思ったけれど、
原作の背景として伝えてほしいとのリクエストにお応えすることにした。

初作「未完の贈り物」を世に出した後の苦悩を吐露したインタビュー記事も、
合わせて再掲載中。(2年半前の記事です。)
なぜママのもとに生まれてきたの? インタビュー記事

あの時に支えてくださった周囲の皆さんに、改めて感謝。

この世に生まれた命には、すべて役割がある。
私に与えられた宿題を紐解きながら、今日も大切に生きてみよう。

KUDEN Vol.8 Photo Gallery



"Musical, Mikan no Okurimono" is a completely new one of working with the younger generation.
When I was checking the screenplay for the musical,
Both my business and private schedule were extremely busy.

At that time, I received an offer to give a speech session of "KUDEN"'
The video of KUDEN that has been undertaken in the meantime has been officially released.
Though I was shamed that I was too nervous,
I decided to respond to a request that people want to know the back ground of my original book.

An interview article that uncovered the suffering after launching the first work "Mikan no Okurimono" was here, too.
Thanks again to everyone around me who supported me at that time.

Every life born in this world has a role.
I will live carefully while solving the homework given to me.

人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
スクリーンショット 2019-09-27 13.05.14


原作を知っている友人から、初日に感想が送られてきた。
「美香の苦しみは、あんなものじゃなかったよね」
原作を知らない知人からは、厳しいレビューもあった。
「伏線が多過ぎて、すべてを回収し切れていない」

しかし、それはほんの一部で、御来場いただいた多くの方から、
心あたたまる激励のメッセージが寄せられてきた。
「ステージ全体から「伝えたい想い」が伝わってきた」
「テーマがたくさんあって、あっという間に時間が経過した」
「周囲の人に、感謝の気持ちを伝えたくなった」

千秋楽。千璃と暗いトンネルを歩いてきた道のりを思い出しながら、
エンディングナンバーを歌うキャストを一人一人、舞台の隅々まで眺めていた。
きっと演技ではなく、それぞれが、幸せに満ち溢れた表情をしていた。

「ミュージカル・未完の贈り物」は、新しいひとつの作品。
原作へのこだわりを諦めないまま、こうやって新しい形ができたこと。
読者という新しい視点を加え、第三者がメッセージを繋いでいくという挑戦に、
一人一人が真摯に向き合い、表現しようと務めてくださったことが奇跡。

表舞台で表現してくださったカンパニーの皆様、
裏方を支えてくださった、たくさんのスタッフの皆様。
ここに至るまでに費やしてくださった時間と気持ちに、ただただ感謝。
しつこいぐらいに、大きなハグと愛を贈ります。

そして、忘れてはならない、会場にお越し下さった友人の皆様。
私たち家族が、今ここにあるのは、貴方たちが支えてきてくださったから。
貴重な時間、お金、足を使って、本作品を共有してくださったことに、
心から感謝の意を捧げます。
お子様連れで御観劇くださった友人もたくさんいて、
子供の率直な反応と素直な感想は、それはそれは有り難くて。

「私に出来ることがあったら言ってね」という言葉よりも、
「私に出来ることをやるからね」と具体的に行動してくれる友が何より。

会場でお会いできなかった方もいるし、写真掲載できない方もいるけれど、
御来場下さった友人一人一人の顔を思い浮かべながら、ありがとうを唱えよう。

瑠璃色の地球で出会ってくれた皆様へ、感謝を込めて。

「ミュージカル・未完の贈り物」
次は名古屋公演で、お待ちしております。

写真 2019-09-15 8 14 35

写真 2019-09-26 12 37 08

写真 2019-09-17 11 32 23


A friend who knew the original book sent me feedback on the first day.
"I know Mika's suffering wasn't that kind of thing."
There were strict reviews from acquaintances who did not know the original book.
"There are too many hidden lines and I couldn't understand the main theme."

However, it was only a part.
A warm and encouraging message came in from many people who came to the venue.
"The thoughts they wanted to convey came from the entire stage."
“I felt there were a lot of themes and time passed so quick.”
“I've got to want to convey my gratitude to the people around me.”

On the last day of the Tokyo stages,
While remembering the path of walking through a dark tunnel with Seri,
I was watching each one of the casts singing the ending number to every corner of the stage.
Surely they looked genuine, each had a full expression of happiness.

"Musical, Mikan no Okurimono" is a totally new work.
We've never given up the original work, but a new way was made in this way.
Adding the new viewpoint of readers, the challenge of covey messages through third parties,
It was a miracle that each one of them worked seriously and tried to express.

To the cast members who expressed on the stage,
and many staff members who supported the back side.
I'm so grateful for the time and feelings they have spent so far.
I will give big hugs and love again and again.

And I appreciate my friends who came to the venue.
Our family can be here because you have supported us.
That you shared this stage using precious time, money and feet,
I would like to express my gratitude.
There were many friends who took kids coming to the theater,
We appreciated so much for the report to the candid reaction and honest thoughts of kids.

Rather than saying "If you have something I can do,"
I respect friends who act specifically, "I'll do what I can do."

Though there are some people I didn’t meet at the venue, some people I couldn’t publish photos,
Let me thank while imagining of the faces of each friend who came.

Thank you to everyone who met on the azure blue earth.

“Musical, Mikan no Okurimono”
We look forward to seeing you at Nagoya venue, next.


海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-13 17 59 00

写真 2019-09-27 13 37 22

写真 2019-09-27 13 38 18

写真 2019-09-27 13 39 25

写真 2019-09-27 13 39 50


Next
写真 2019-09-18 10 07 26


「美香さんを演じるではなくて、美香さんを生きる」
主演・今泉りえさんの決意と覚悟を受けて、
私自身はちゃんと生きているだろうか?と改めて襟を正す日々。
人様に何かを伝えられるような生き方をしているのか、
伝えたいメッセージが正しく伝えられるのか、という葛藤が続いた。

ミュージカル化のオファーをいただいた時、最初に戸惑ったのは、
実際に生きている人間を写し出す難しさを、私自身がよく知っていたから。
小説や映画で描かれる空想の人物には、必ず役どころの個性が装飾されていて、
役者はそれを理解して、自分なりの人物像を表現していくのだという。
しかし、モデルが実在する場合はどうだろう。

私というフィルターを通して記された拙著だからこそ、
そこに書ききれない想いや事実がたくさんあったことを誰より知っているし、
後ろに控えている家族の想いを、痛いほど分かち合っている。
夫や日本の家族・親戚が作中にほとんど姿を出さないのは、
その外側に「家族を守る」という大きなミッションがあるから。

私自身は「その時」の事実や感情を、誰よりも正しく記憶している。
しかし、客観的な私がどのように映っていたか、私自身は分からない。
だから、どのように演じられるかについても、そこに正解はない。

「役作り」に関して、私は敢えてキャストの方々と距離を置かされていた。
脚本・演出家が、自身のフィルターを通して作品作りをしたいという想い。
同時に、私自身も彼女の演出に対する期待とリスペクトがあったから、
キャストの方々と直接呼吸合わせができない不安を押し隠した。

結果、樹里杏というフィルターを通して演出された私たち家族は、
身内が驚くほど現実に通じるものがあり、私もその熱演ぶりに感銘しきり。
実存の人物に対して、読者として架空の人物を描いたキャスト陣は、
きっとさらに大変な「役作り」をされてきたのだろう。

会場にお越しになったお客様から、新たなミュージカル作品として、
本当に高い評価をいただけたのは、カンパニーの皆様の想いが集結した結果。
作品のいろんな箇所に、たくさんのメッセージの蕾が埋め込まれており、
受け手によって、それがどう開花されていくのかの展開も興味深い。
師匠、夢子、今夏急逝して観劇に来られなかった同級生、
彼らにもきっと、キャストの皆様の想いが届いているに違いない。

いつも近くて遠い場所から見守ってくださる高橋政彦プロデューサー。
私の伝えたい想いを誰よりも理解しようとしてくれる愛すべき演出家・樹里杏。
縁の下の力持ち、演出助手や制作サイドのスタッフの皆様。
りえさん、愛美ちゃん、それぞれの役を演じてくださるすべてのキャストの皆様。
本当に、本当に、ありがとうございます。

「舞台」として観た時に、もっと整理して伝えたい想いが明確になったから、
地方公演に向けて、さらなるブラッシュアップ作業が続く予定。
私たちの軌跡というよりも、普遍的なメッセージが届く機会になればと思う。

まだまだ進化していく「ミュージカル・未完の贈り物」。
引き続き皆様のサポートを、どうぞよろしくお願いいたします。

写真 2019-09-18 10 07 45

写真 2019-09-18 10 07 54


"I will live as Mika, not play as Mika."
In response to Rie Imaizumi's wish and determination,
I have been thinking that I am alive properly or not.
Do we show a way of life that tells people something?
Our struggle have been continued as to whether the message I wanted to convey was correctly conveyed.

The reason I was confused when I received the offer to make musical was that I knew the difficulty of projecting a living person.
The fantasies drawn in novels and movies are always decorated with individuality of casts,
Actors understand that and express their own personality.
But what if the model is living?

Because the book was written through my filter,
I know that there were so many thoughts and facts that I could not write there.
I share painfully the feelings of the family behind it.
The fact that my husband, family and relatives in Japan rarely appear in my book,
Because there is a big mission to protect the family from outside.

I myself remember the facts and feelings of “at that time” more accurately than anyone else.
But I don't know how I was objectively reflected.
So there is no right answer as to how we are performed in the play.

With regard to “creating a role”, I dared to stay away from the cast.
There was a desire that the screenwriter / director wanted to create a work through her own filter.
Of course, at the same time, I had expectations and respect for her production,
So I hidden the anxiety that I could not contact with the cast members.

As a result, our family, produced through the filter of Jurian,
It looked surprisingly realistic, said by my relatives.
And I was also impressed with their performance.
As for the cast members who drew fictional characters as readers against real people,
I assumed they also had been hard time create role.

As a new musical work, we really received a high evaluation from the customer who came to the venue.
It was the result of the gathering of the theater company's thoughts.
Many messages are embedded in various parts of the work,
The report how it is blossomed by the recipient is also interesting.
Dear my friends, who sadly passed away and could not come to the theater, also must have received the thoughts of the cast.

Producer Masahiko Takahashi always watches us from near and far away.
An adorable director, Julian now understands my thoughts more than anyone else, I believe.
we have powerful fellows, an assistant and production side staff.
To Rie, Manami, and all cast members who play their roles.
I really appreciate your efforts, and thank you very much.

When I saw it as a “stage,” my thoughts I wanted to organize and convey became clearer.
We are now working to continue Brush-up work for local performances.
We hope it will be an opportunity to convey a universal message not only our trajectory.

"Musical, Mikan no Okurimono" is still evolving.
Thank you for your continued support.

海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-26 12 12 55

写真 2019-09-15 13 05 45

写真 2019-09-18 9 42 10

写真 2019-09-18 14 06 48 (1)

写真 2019-09-15 7 39 17

Next
写真 2019-09-23 19 14 00

写真 2019-09-23 19 13 02


ドイツから成田空港に到着、ホテルに荷物を置いたその足で池袋へ。
一番後ろの座席にコッソリ座るつもりが、いきなり声をかけられる。
以前ニューヨークで一緒に仕事をしていたフォトグラファーだった。
満席のお客様が作り出すピリッとした空気が、さらに私を緊張させた。

照明が入り、脚本・演出家の小池樹里杏がステージに上がる。
今回導入したアクセシビリティ公演の説明は実によく考えられていて、
登場人物の特徴や、舞台セットの役割などを、お客様に伝えていく。

視覚に障害をお持ちの方には、音声ガイドが生でナレーションを加え、
聴覚に障害のお持ちの方には、音を振動で伝え、字幕タブレットで対応する。
会場内に白杖を持った方、盲導犬を同伴している方もいらして、
舞台芸術において、制作者側がお客様を選んではいけないことに、
改めて気付かされる。

舞台の幕が上がると、2時間の上演時間があっという間に過ぎ去った。
稽古現場を訪ねたり、ゲネプロ動画を観たりしているなかで、
伝え切れていない想いや、原作との相違が気になるかと思いきや、
キャストの一人一人が隅々まで「それぞれの人生」を演じている様子と、
カンパニーの皆の「伝えたい想い」に、至極感動しっぱなしだった。

暗いトンネルを歩き続けたストーリーを、読者という視点を加えることで、
こんな風に表現することができるという新鮮な驚きと、
観る人によってメッセージの受け取り方は自由だという若い発想。

たくさんの賞賛の声をいただいて、東京公演は11ステージの幕を閉じた。
エンドロールを眺めながら、こんなにたくさんの方が関わってくださったことに、
感謝の涙が止まらなかった。

東京とニューヨークの時差13時間。
樹里杏の才能に、私自身がたくさん学ばされながら、
より良い作品にするための、ブラッシュアップ作業が続いている。
こんなに離れているけれど、彼女とはすでに魂で会話をしているから、
若き世代のホープに、たくさんの想いを託し続けていこうと思う。

地方公演も、どうぞ御期待ください。

(東京公演の所感、まだ続きます。。。)

写真 2019-09-15 8 04 56

*アクセシビリティ公演。舞台セットの模型が展示されている。
写真 2019-09-18 10 08 10


As soon as I arrived at Narita Airport from Germany, I went to Ikebukuro via putting my luggage at the hotel.
I was going to sit quietly in the back seat at the venue, but suddenly called out.
He was a photographer who worked with me in New York.
The tangled air created by the fully booked customers made me more nervous.

The illumination was on and screenwriter / director Julian Koike got on stage.
The explanation of the accessibility performance introduced this time was really well thought out,
She told audience about the characteristics of the characters and the role of the stage set.

For those with visual impairments, the voice guide adds live narration,
For those with hearing impairments, the sound is transmitted by vibration and a subtitle tablet is used.
There had someone, with a white cane or a guide dog.
We were noticed again that the producer side must not choose customers in performing arts.

When the stage curtain went up, the performance time of 2 hours passed quickly.
When I visited the practicing site or watched rehearsal videos,
I thought that I was worried about the feelings that I couldn't tell, and the difference from the original.
But I felt each one of the casts plays the “each life” to every corner,
I was very impressed with company's thoughts to convey to everyone.

By adding the viewpoint of the reader to the story that continued walking in the dark tunnel,
With a fresh surprise that can be expressed like this.
A young idea that the viewers are free to receive messages.

With a lot of praise, the Tokyo performance ended with 11 stages.
While watching the end roll movie, I could not stop my tears of gratitude because so many people were involved.

There is 13 hours’ time difference between Tokyo and New York.
While I am learning a lot from the talent of Julian Koike,
The brush-up work continues to make a better work.
We are so far away, but I ’m already talking to her with my soul,
I will continue to entrust many thoughts to her, the hope of younger generation.

Please expect our renewal script heading to the local performances.

(My note of the Tokyo performance will be continued ...)


海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-18 10 07 26


Next
写真 2019-09-12 4 46 38

写真 2019-09-14 10 44 00


「ミュージカル・未完の贈り物」東京公演が幕を開けた。
それなのに、私はまだ地球の裏側にいる。
応援に駆けつけてくださる方々への御挨拶に伺えず、悶々としつつ、
それでも、公演決定より前に決まっていた予定を敢行している。

***

2015年11月末。
日本出張の最終日に、ふと代々木のアトリエに寄った。
そこにいた女性が、師匠の最後の秘書だった。
「美香さんのことは、いつも先生から聞いていたので、すぐに分かりました」
整った美しい顔立ちの彼女から、師匠が入院したことを聞いた。

後ろ髪ひかれる思いで、ニューヨークに戻って数日後、彼女から電話が来た。
「先生から、美香さんへと言付かっているものがあるんです」
病魔と闘う師匠の姿を思いながら、私はそれを受け取ることにした。

ほんの数日後、師匠がこの世を去ったという連絡を受けた。
師匠からは、たくさん、たくさんの贈り物をいただいた。
「本当に美しいもの」や「伝えることの大切さ」をたくさん学んだ。

私は師匠からいただいた最後の贈り物を握り締めて、泣くだけ泣いた。
寒空に、明るい月が浮かんでいた。
娘と私が命を救ってもらったことを、いつかきちんと伝えられるように。
地球の裏側からも、諦めずに、伝え続けていこうと、夜空に呟いた。

***

2019年9月。
今、あの時の美しい女性と、ドイツの同じ部屋で過ごしている。
不思議な御縁を思い返しながら、師匠の仕業に違いないと確信している。
まずはドイツ国際平和村で待っている子供たちに、贈り物を届けよう。
そして日本の支援者からの感謝を伝えよう。


「自分で出来ることをやる」
だから私は、まだもう少し、ここでやるべきことをやろう。
この後、日本に向かいます。

写真 2019-09-21 12 35 04

©️ミュージカル未完の贈り物
写真 2019-09-21 12 35 13


"Musical, Mikan no Okurimono" Tokyo performance has begun.
Nevertheless, I am still the back side on the earth.
I couldn't greet to my friends who came to the venue on the beginning.
Still, I am doing the schedule that was decided before the musical stage decision.

***

End of November in 2015.
On the last day of my business trip to Japan, I stopped by the atelier in Yoyogi.
The woman who was there was the maestro's last secretary.
“I always heard about Mika from the maestro, so I knew it was you right away.”
I heard from this beautiful lady that the maestro was hospitalized.

A few days after returning to New York, I got a phone call from her.
“There is something that the maestro gifted to you, Mika.”
I decided to receive it while thinking of the master fighting against the sick.

Only a few days later, I was contacted that the maestro passed away.
I had received many gifts from him.
I learned a lot about "really beautiful things" and "the importance of conveying".

I received the last gift from my maestro and cried, and cried.
A bright moon floated in the cold sky.
May I will be able to tell you that my daughter saved my life.
Even from the back of the earth, I swore to the night sky to continue to convey without giving up.

***

On September in 2019.
I am currently spending time with that beautiful lady, the last secretary of the maestro, in the same room in Germany.
I am convinced that it must be a maestro's work while recollecting mysterious ties.
First, let's deliver a gift to the children waiting at the German International Peace Village, Friedensdorf International.
And trying to convey the gratitude from the Japanese supporters.

“I do what I can do”
So I'll still do a little more to do here,
and will go to Japan soon.

写真 2019-09-14 2 18 01


Next
ドキュメンタリーをミュージカルにする。
この挑戦を聞いた誰しもが、初めは耳を疑ったかと思う。
私自身も、悩んで、悩んで、ようやく許諾をしたのは、
若き天才演出家・小池樹里杏氏の熱意と、背後にあるストーリーを知ったから。

「私たちの歩いてきた軌跡が、道に迷っている人の心に明かりを灯せたら」
そんな想いで、書き綴った日記をそのまま世に伝えた時、
本当はもっと自分や周囲を守るべきだったのかもしれない。
1ミリの演出も虚飾もない説明不足から、たくさんの批評を受けた。

私一人で世に伝えるには、私自身が弱くて脆かった。
精神的ダメージから、貝になり続けた時間。
それでも伝え続けることを諦めてはいけないと思い直せたのは、
私たちを応援してくれている力強い仲間がいたから。

「私はあなたの言葉に救われた。今度は私があなたのように誰かを救いたい」
ジュリアンの想いに、私はどう応えていくべきだろうか。

第三者に託すという覚悟は、すなわち「赦す」という課題でもあった。
時を同じくして、杉原千畝氏の四男・杉原伸生氏の想いを学んでいた私は、
「正しく伝えること」に何よりもこだわりがあった。

そんな私の想いを投げると、彼女は1つずつ紐解いてくれた。
「言わなくても分かるはないから、とにかく直接会って話すこと」
私のこだわりを、彼女は1つずつ理解して、必ず答えを返してくれた。
若い世代へのタスキ繋ぎ、ここに希望があることを、彼女は教えてくれた。

「人生に関わってくださったすべての方に、感謝を伝えたい」

後ろで温かく見守ってくださるプロデューサー・高橋政彦氏の懐の深さ、
彼女を支えるカンパニーの皆様の愛を感じながら、
私の想いがこのような形で伝えられることに、ただ感謝しています。

開演を前にした今、余計なことを語ることは出来ないけれど、
すべてのキャストが隅々まで「自分の役割」を伝えているステージ。
お客様の反応がすべて。そこにきっと、私たちの選択の答えがある。

ユニバーサル、バリアフリーを伝えるチャレンジも、
5年後にはきっと、世の中のスタンダードになっていくと信じているから。

是非、劇場に足をお運びください。

ミュージカル・未完の贈り物」公式ホームページ
「ミュージカル・未完の贈り物」公式ツイッター

「ミュージカル・未完の贈り物」 東京公演 
2019年9月11日〜16日(全11ステージ)
池袋 シアターグリーン Box in Box THEATER

写真 2019-09-07 10 30 15


To make a musical stage based on non-fiction story.
Anyone who has heard this challenge may have doubt at first.
I myself was worried, worried, and finally granted permission to her.
Because I got to know the enthusiasm of young genius director Julian Koike and the story behind her.

“I wish our story illuminates the hearts of those who lost the way.”
With that thought, when I issued my book to the world,
I should have protected myself and our surroundings carefully.
We received a lot of criticism because of the lack of explanation, because it was not a fiction.

I felt I was too weak and fragile to tell the message to the world by only me.
I passed long time it has continued to keep silence because of mental damage.
But thanks to the strong fellows who supported us, I thought I should never give-up on continuing to convince the story.

“I was saved by your words. Now I want to save someone like you.”
How should I respond to Julian's heart?

The decision to entrust to a third party was also an theme of “forgiveness”.
Because I learn the thoughts of Mr. Chiune Sugihara's fourth son, Nobuki Sugihara, I stick the idea that the most important thing was "to convey correctly".

When I told my thoughts, she unraveled one by one.
"I don't understand if I don't say it, so I just meet and talk directly"
She understood my commitment one by one and always returned the answer.
I found there was a hope here for the connection to the younger generation.
That was her who told me new hope.

“I would like to express my gratitude to all who have been involved in my life.”

While feeling the love of producer Masahiko Takahashi, who watches warmly behind us, and all staff that support her,
I am just grateful that my thoughts are expressed in this way.

I can't tell you more than anything right before the show starts,
this is a stage where all casts convey their role to every corner.
Though I'm afraid of the reaction of audience,
We will see the answer to our choice soon.

Our challenge of conveying universal or barrier-free,
I believe that it will become the standard of the world in the next five years.

Please come to the theater if you have chance.

写真 2019-09-05 13 06 42

Next
写真 2019-07-14 5 32 20


創造した作品は、世に出した時点で一人歩きするものと言われる。
でも事実を綴った作品は、そうあってはならない部分が大きい。

原作部分には一切の脚色を加えずに、きちんとメッセージを伝えて欲しい。
それが、私が彼女にお願いしたひとつの条件であった。
事実関係だけでなく、細かい言葉遣いまで、嘘があってはならないのは、
実在する人物と歩いてきた軌跡があるドキュメンタリーであるということ。
そのために創られた、人為的なストーリーなんかじゃないということ。

事実だけを叙述した本を読んだ母娘のストーリーが交錯する。
セリフに感情を、音楽にメッセージを吹き込む。
ミュージカルという表現方法を選んだ演出家の意図を確かめながら、
手探りで脚本を整えていく作業が、ようやく形になった。

初めての顔合わせと本読みの日。
私はきっと他の誰よりも緊張して、その場にいた。

「それまで台本を黙読しかできなかった」という主役の今泉りえさんが、
「生まれてくれてありがとう」の一言を涙ながらに絞り出した時。
アイドルの側面しか知らなかった伊倉愛美さんが、本をしっかり読破して、
最初のシーンの大切な言葉を丁寧に大切に発した時。
そこに集まったすべてのキャストとスタッフの皆さんが作り出す、
愛溢れる空気がとてもあたたかく思えた時。
すべてをこの方たちに託してみようと、心を決めた。

ひとりよがりの自叙伝ではなく、次の世代が新しいメッセージを加えて繋いでいくこと。
それはきっと「アートで世界を繋げていく」ということでもあると思うから。

東京公演に続き、名古屋、大阪、福岡での地方公演も決定。
私たちの新しいチャレンジを、どうか応援してください。

写真 2019-07-14 5 31 47


The created work is said to be walking alone when it is released to the world.
But works that spelled facts should not be like that.

Please send a message without adding dramatization to the original part.
That was one of the conditions I asked her.
Not only the facts but also the sensitive language, there must be no fiction.
It is a documentary with a real person and a real history.
It is not a story created for that purpose.

The story is the mixed story with real book and readers.
Give emotions to words and messages to music.
While confirming the intention of the director who chose the expression method as musical,
We worked together to prepare the script, and groping was finally in shape.

On the day of the first meeting,
I was probably more nervous than anyone else there.

Rie Imaizumi, who plays the leading role of saying, "I could only read silently until then.", squeezed out a word of "Thank you for being born" with tears.
Manami Ikura read through the book firmly, carefully cherished important words of the first scene.
The atmosphere that was produced by all the cast and staff gathered there, was full of love and very warm.
I decided on my mind to commit everything to them.

It should not be a selfish book, but the next generation will add new message.
I think that's also about "connecting the world with art".

Following the Tokyo performances, local performances in Nagoya, Osaka and Fukuoka are also decided.
Please support our new challenge.

写真 2019-07-13 20 50 59


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-07-14 5 32 35

写真 2019-07-13 20 51 14

Next
「妻と姪がニューヨークに行くから、会ってくれないかな」
高校時代の同級生からのメッセージが、この物語の始まりだった。

社会人になって、前職で乗務中に、彼と機内でバッタリ再会したことがあった。
彼が今の奥様の御両親に結婚の挨拶に行くという、大事な時のフライト。

その後、お互いにいろんな時間を経て、
彼の姪御さんから、このような企画をいただくとは。
本当に御縁とは不思議なものである。

親子ほど歳の離れた彼女が、私たちの軌跡を舞台化するという挑戦。
伝えることの試練を知っているからこそ、当初は半信半疑のまま聞いていた。

ドキュメンタリーという事実部分には一切脚色を加えず、
彼女が作品から受けた想いをパラレルワールドで表現していく。

「諦めない、諦めない、諦めない」
彼女がたまに呟く言葉に、
私の厳しさが彼女を苦しめているのかと、私自身も苦しんだ。
でもそれは、きっと生みの苦しみを共有している一体感でもあった。

真っ暗いトンネルの中でもがいている私はずっと一人だった。
頼る人がいない、孤独との戦いが、何よりも辛かった。
でも気がつくと、たくさんの人が周囲にいて、支えてくれていた。

人間は決して一人では生きられないし、仲間がいるから強くなれる。
だから私は、彼女が苦しんでいる時は、側に寄り添いたいと思うし、
何かを達成した時には、一緒に喜んであげられる存在になりたいと強く思う。

脚本が落ち着いて、ようやくここからが本当のスタート。
スタッフの皆さん、キャストの皆さん、どうぞよろしくお願いいたします。

なぜ彼女がこの企画を取り上げてくれたのか、今ではよく分かる。
作品にはあらわれない本当のテーマを、私はいつかきっと伝えていこう。

チケット御予約はこちらから。


フライヤーおもて


"Do you mind if I ask you to see my wife and niece as they go to New York ?"
A message from a high school classmate was the beginning of this story.

More than 20 years ago, while I was working for JAL in a previous job, I had reunited with him in flight.
It was an important flight since he was going to his wife's parents for a wedding greeting.

After that, after various time each other,
I had received this musical stage plan from his niece.
It was really amazing connection.

The challenge was that she, who was as young as a parent and child, set our trajectory on stage.
At the beginning, I had heard in half-hearted doubt because I knew the test of giving.

I did not allow to add any style to the factual part of the documentary,
she expressed the feelings that she received from the work in a parallel world.

"I will never give up, I will never give up, I will never give up"
I knew the words she mentioned occasionally,
I was also suffered myself because my severity afflicted her.
But it was also a sense of unity that we shared the suffering of birth.

Once I was alone in the dark tunnel.
There was no one I could rely on, and the fight against loneliness was tougher than anything else.
But when I realized, a lot of people were around and supporting me.

People can never live alone and can become strong because they have fellows.
So I want to get close to her side when she is suffering,
When she achieve something, I strongly want to be a presence that I can be delighted with.

The script has already been written and the real practice will start from here.
I appreciate all staff members and cast members.

Now I know the real reason why she was passionate about this project.
Someday I will surely convey the real theme that does not appear in this musical stage.

フライヤーうら


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-06-27 9 29 02


暗いトンネルの中でさまよい続けた記録を、最初に世に伝えてから7年。
私と娘の生活を気にかけてくださるサポーターの皆様が増える一方で、
身近にいるはずの米国在住の友人は、本当の姿を知らなかったりする。

それはきっと、他人のことに干渉せずプライベートを尊重する主義でもあり、
相手から聞かれない限りは、敢えてそのことには触れない文化でもあるからで。

そんななか、米国在住のディレクターが、大切に企画してくださった取材。
インタビュアーは、息子たちのテコンドー仲間のママ友でもあり、
FCIキャスターとしてベテランの久下香織子さんが務めてくださった。

「ワーキングマザー」でもある久下さんのモデレーター手腕は素晴らしく、
米国在住者でさえあまりよく知らないスペシャルスクールの実態や、
亀の歩みのように成長がゆっくりな娘を根気よく見守ってくださる環境を、
丁寧かつ正しく伝えてくださることに、期待が膨らむ。

過ぎてきた日々を振り返り、人生に正解はないのだと改めて思う。
その時ベストだと思う選択すること以外に、前に進む方法はない。

主役の長女が、体調不良で居眠りしてしまうというアクシデントも発生。
編集次第でどんなストーリーに仕上がるのか、私も楽しみに待っていよう。

8月に全米でオンエアの予定です。

写真 2019-06-27 11 13 36


It has been seven years since I first issued my book in Japan.
While the number of supporters who cares about my and my daughter's life increases in Japan,
Some friends in the United States who are supposed to be familiar do not know our true life.

Surely, it is a style to respect the private without interfering with others,
It's also a culture that you don't dare touch on it unless it's heard from you.

Under these circumstances, we had TV video shooting and interview from a director in the United States carefully planned.
FCI's interviewer was Ms. Kaoriko Kuge, who was a mom of my son's friend.

The moderator skill of Ms.Kuge who was a "working mother" was wonderful.
The facts of special schools that even US residents do not know very well,
An environment where patiently watching over a girl whose growth is slow like a turtle's walk patiently.
I'm expecting that they will report in polite and correct.

Looking back at the days that have passed, I think again that there is no correct answer in life.
There is no way to move forward other than to choose which one is best then.

During TV video shooting, the accident that my daughter of the leading role started sleeping because of poor health happened, too.
I will be looking forward to what kind of story will be finished depending on editing.

The video will be broadcasting in August, this summer.

写真 2019-06-27 19 38 16


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
写真 2019-06-10 17 35 03

写真 2017-11-15 22 27 47


彼女から熱いラブコールをいただいた当初は、戸惑った。
伝えることの難しさを知っているからこそ、
本当に覚悟を持って取り組まないといけないと自戒した。

私の心を解放させてくれたのは、杉原伸生氏のニューヨーク講演だった。
「感謝の連鎖」に包まれたあの感動を味わいながら、
正しいことを伝え、さらにその先を伝えてくれる人がいることに、
心から感謝しようと誓った。

誰もが、外からは見えない宿題を抱えて生きている。
だからこそ、すべての命に役割があって、すべての命は尊いのだと。
どこかで光を探している人のために、この想いが届きますように。

2012年6月10日、「未完の贈り物」初版発行。
2019年6月10日、「ミュージカル未完の贈り物」リリース。

伝え続けるのは、より良い社会への挑戦。
そして、世界平和への祈り。

*「未完の贈り物」(産経新聞出版/小学館)と「生まれてくれてありがとう」(小学館)の
両作品が原作となります。脚本・演出は小池樹里杏さん。

写真 2019-06-10 17 35 11


I was puzzled at first when I got a hot love call from her.
Only because I know the difficulty of convey, communicating,
We self-punished that we had to be prepared to tackle it.

It was Nobuki Sugihara's New York lecture that made my heart release.
While tasting the impression that was wrapped in the "sequence of thanks",
I sincerely thanked her that she would like to convey people about my opinion.

Everyone gets the theme that cannot see from the outside to live.
That's why every life has a role, and every life is precious.
I hope someone will receive this feeling for those who are looking for light somewhere.

On June 10, 2012, my book was issued the first edition.
On June 10, 2019, an information of musical version was released.

Keeping up conveying is a challenge to a better society.
And it is to pray for world peace.

写真 2019-06-10 18 39 31


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "
Next
娘のことを初めて世に伝えてから、6年半が経過した。
日本ではたくさんの方が本を読んでくださり、ブログを読んでくださり、
たくさんのメディアが、私たちのことを理解しようとしてくださった。

そんななか、私はずっと、お世話になった医師や先生や周囲の方々に、
いつか英語で伝えたいと思い続けてきた。

私が大切にしている日本語の表現を、どうやったら英語で伝えられるだろうか。
日本語が持つ響きの美しさを、欧米人に伝えるにはどうしたら良いだろう。

英訳する作業に、幾人かの方が手を挙げてくださった。
完璧なバイリンガルという人が、こんなにもたくさんいるのだと知った。

私に英語の細かいニュアンスは分からないけれど、
私が伝えたい、その本質の部分を理解してくれる人に一任したいと思った。

ようやく出会った翻訳チームは、業界の達人ではないけれど、
私がなぜ発信するか、その想いを分かち合ってくれるリーダーを中心に、
日米英豪の精鋭が揃った最強チームになって、チカラを注いでくださった。

形になったその原稿を、ドキドキしながらページをめくる。
自分のことなのに、涙が溢れてしまう。

次のステップまで、あと少し。
引き続き皆様のサポートを、よろしくお願いいたします。

2019-01-12 06.26.41


About six and a half years have passed since I told the world about my daughter for the first time.
Many people in Japan read my books, read my blog,
A lot of media tried to understand us.

In such circumstances, I have always think about the doctors and teachers who took care of us and the surrounding people.
I have been thinking that I want to tell our story in English someday.

How can we express the Japanese expression I wrote carefully in English?
How can we tell Westerners about the beauty of Japanese sounds?

Several people raised their hands in the English translation work.
I learned that there were so many people who were perfect bilingual.

I do not know the fine nuances of English,
I thought that I would like to ask a person who understands the essential part I want to tell.

The translation team I finally met is not an expert in the industry.
Based on the leader who share my feelings why I tell,
it became the strongest team with the best of both Japan, the UK, the US, and Australia, and pouring the power.

I turn the page of the manuscript while my heart is beating.
Even though it is about ourselves, my tears overflow.

A bit more to the next step.
I appreciate your continued support.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
初めて世に出した本は、9年間の日記そのままだった。
それから5年が経って、少し冷静に2冊目を書いた。

決して一人よがりにならないよう、
第三者と一緒に伝えていくという想いで、やってきた。

背中を押してくださる出版プロデューサー。
仕事の域を超えて、共に歩いてくださる編集者。
そのバックには、凄腕の出版発行人。
私の想いを色で表現してくださったアーティスト。
愛溢れる挿絵で、そこに温度を与えてくださったアートディレクター。

日本語以外の言語での出版作業が、少しずつ進められている。
各国の装丁デザインには、それぞれルールがあるようだけれど、
譲れない部分、伝えたい部分は、そのまま伝えたい。

とにかくチームで進めること。
仲間を信じること。それが絶対。

翻訳チームの皆さん、よろしくお願いいたします。

写真 2018-08-30 18 35 01


The book that I issued for the first time was my 9-year diary.
Five years later, I wrote a second book calmly.

To never be self-satisfied-complacent,
I came with the feeling of telling it with a third party.

A publishing producer who pushes my back.
Beyond work, an editors who walk together.
To that back, a publisher of a great arm.
An artist who expressed my feelings in color.
An art director who gave the warm feeling with an illustration full of love.

Publishing work in languages other than Japanese is progressing little by little.
There seems to be a rule for each cover design in each country,
I want to convey the part that I cannot yield, the part I want to convey.

Anyway we proceed as the team.
Believing in a fellow. That is absolute.

We've welcomed the translation team.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
昨秋、JAL大同期会の企画依頼を受けた時、
長い年月を経て、それぞれの道を歩いている現在、
単なる近況報告会という内容にはしたくないと思った。

誰一人として引け目を感じることなく、
同じ時間を共有したことを懐かしみ、楽しんでもらうために。
過去の制服やポスターを展示したり、動画を流したり。
そして最後は、当時のCMソングでフィナーレを飾りたい。

そんな声に応えてくださったシンガーソングライターのKATSUMI氏。
想像を超えたサプライズゲストの登場に、170名の参加者は大喜び。
そして御縁が繋がり、彼のFM番組にお声がけいただいた。

拙著を読んだくださったKATSUMI氏との事前打ち合わせはほぼゼロ。
台本なしの公開生放送で、どんな展開になるのかと思いきや、
カジュアルな話から、最後にしっかり着地するリードが素晴らしかった。

視覚情報が溢れる昨今だからこそ、
手を止める必要のないラジオ視聴は、生活の一部として根強い人気がある。
ゲストの話を瞬時に紐解いて番組を進行していく才能、
流れるように音楽へと移行していくスキル。
長年ラジオ番組を担当されているKATSUMI氏の幅広さに感動。
そして改めて、こんな私の話に耳を傾けてくださった懐の深さに感謝。

共通の話題もたくさんあって、これから先の御縁がさらに楽しみになった。
またいつか、私たちのその後を御報告させていただく機会がありますように。

夏にはまた同期と連れ立って、コンサートにお伺いしよう。

KATSUMI Official Blog

写真 2018-05-05 22 18 03 (1)

写真 2018-05-06 4 32 39 (1)


Last fall, I received a planning request of the JAL re-union party.
After a long time, we are walking each way now,
I thought that I did not want to make it a mere modernity reporting party.

Without negative feeling anything as anyone,
To relax and sharing the same time, to have fun.
We planned to exhibit past uniforms and posters, shedding videos,
And finally, we would like to decorate the finale with CM song at the time.

Mr. KATSUMI, a singer-song writer who responded to such a voice.
170 participants were delighted with the appearance of surprise guests beyond imagination.
After that party, I was asked to perform to his FM program.

Preliminary meeting with Mr. KATSUMI who read my book was almost nothing.
I was wondering what kind of deployment it will be in open live broadcast without a script.
From the casual story, his lead who solidly landed at the end was wonderful.

Because of the recent full of visual information,
Radio viewing that does not need to stop hands is deeply popular as part of life.
His talent was to instantly talk about the guest's talks and progress the program.
I was impressed his skill to shift the music from the conversation.
I was moved by the breadth of Mr. KATSUMI who was in charge of radio program for many years.
And again, thanked him for the depth of his heart that listened to my story.

There are also many common topics, and I look forward to the future.
Someday, I hope to have a chance to report on our future.

In the summer I will go to his concert taking my ex co-workers.

写真 2018-05-08 4 37 04

写真 2018-05-08 4 37 09



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-05-10 23 11 02

Next
5年前に初めて娘のことを世に伝えた時、
離れていた友人たちは、きっと驚いたと思う。
沈黙を守っていたかったわけじゃなくて、
泣きつく場所がないだけの理由だった。

そんな私の性格を、誰よりも冷静に受け止めてくれた友人がいる。
彼女自身も、家族にいろんな事情を抱えているだけに、
当事者にしか分からない気持ちを察してくれたのかもしれない。

もしここが日本なら。
もし言葉が通じる世界なら。
辿ってきた人生に「もし」はなくて、
どんな道を選ぼうとも、いま自分はここにある。

3月11日、娘の誕生日によせて。
心友が紹介してくれた記事を、ここでもう一度。

ナオミ先生のブログはこちら。

写真 2018-02-17 16 29 57


When I told the world about my daughter for the first time five years ago,
Friends who were away were surely surprised.
I had not wanted want to keep silence,
It was just because there was no place to cry.

There was a friend who have calmly accepted my personality more than anyone.
Because herself also has various circumstances in her family,
It may be that she perceived feelings only understood by the parties.

If here is Japan.
If the world is communicable by Japanese.
There is no "if" in the life I've followed,
Whatever way you choose, I am here now.

On the 11th of March, by the birthday of my daughter.
Here is the article that she introduced.

Please click here to read the blog of my best friend.


海外永住 ブログランキングへ "
Next
友人ライターが、拙著を応援したいとPOPを作成してくださった。
彼女の心優しい気持ちに、お応えしたいと思った。

ニューヨークの書店では、手書きPOPを見かけたことがなかった。
出版元から送られてくるビラ以外の陳列は、
基本的にお断りしているのだという。

紐解いていくと、日系書店の支配人が、高校の先輩であることが判明。
仲良しの先輩が、あっという間に繋いでくださった。

ここでも、西川悟平氏の著書がすぐ近くに置いてあって、
なんとも御縁を感じている。

多くの方に、想いが届きますように。

写真 2018-01-19 14 54 33


A friend writer had made "POP AD" to support my books.
I wanted to respond to her kindly heart.

I had never seen "POP AD" at bookstores in New York.
It is to be said that for displays other than flyers sent from publishers,
It is basically refused.

As I looked for, the manager of the Kinokuniya bookstore turned out to be a senior at high school.
My friend who knew him helped me to introduce.

Again, book by Mr. Gohei Nishikawa were placed in the immediate vicinity,
It feels like our friendship.

I hope that many people will receive our feelings.

写真 2018-01-19 14 54 00

紀伊国屋ニューヨーク店舗にて御購入いただけます。
Our books are sold at Kinokuniya New York.


海外永住 ブログランキングへ "
Next