写真 2018-11-30 13 42 36

写真 2019-09-14 4 53 29

写真 2019-09-14 4 54 53

写真 2019-09-14 4 55 45

写真 2019-09-14 4 53 54

写真 2019-09-14 4 54 30

写真 2019-09-14 4 56 09

写真 2019-09-14 4 57 08


オーバーハウゼンの公道からドイツ国際平和村に通じる道路がある。
何度かの経営危機を救った日本への感謝を込めて、
ヒロシマの悲劇を二度と起こしてはならないという祈りを込めて、
「ヒロシマ通り」というオフィシャルな名前が付けられている。

「ヒロシマ通り」を中心に開催されたドルフフェスト(秋祭り)。
オーバーハウゼンの市民だけでなく、ドイツ国内からたくさんの訪問者が集い、
ファンドレイズのためのバザー、特設ステージで出し物など、盛りだくさん。

平和村の子ども達も、年に何度かあるこの「非日常」に大興奮。
会場内で工作したり、ステージで歌とダンスをお披露目したり。
食事制限があるので、屋台の食べ物はスルーしないといけないけれど、
いつもは子どもだらけの村が、大人でいっぱいの「社会」になっている。

顔中に火傷を負っていたり。
脳が飛び出してヘルメットを被っていたり。
手足から治療用の金属が飛び出していたり。
でもみんな、今日は笑顔で輝いている。

足を引きずる小さな子どもが、さらに車椅子を押して歩く姿。
平和村では当たり前の光景を、どうやって世界の子ども達に伝えようと思う。

ここには、世界があるべき姿、「本当の平和」がある。
ここで命を救われて、希望を持って自国に帰って行く子どもたちが、
いずれ「平和大使」となって世界で活躍していくために、
今の大人、私たちができることを、やっていかなければ。

今ある命の尊さに気付くために、心の洗濯が必要な時はまたここに来よう。
世界の皆さん、「ドイツ国際平和村」を知ってください。

「未来のいのち国際サミット2019」

*署名してもらったフラッグは、2036年ニューヨークで掲げます。

写真 2019-09-14 4 11 04

写真 2019-09-14 9 30 13

写真 2019-09-14 4 19 14

写真 2019-09-14 4 06 06

写真 2019-09-14 4 16 28


There is a road from the Oberhausen public road to the Friedensdorf International, Germany International Peace Village.
With thanks to Japan that saved several management crises,
With the prayer that Hiroshima's tragedy should never happen again,
It is named officially as “Rua Hiroshima, Hiroshima Street”.

Dorffest (Autumn Festival) was held around Hiroshima Street last weekend.
They welcomed a lot of visitors from Germany, as well as Oberhausen citizens,
There were many bazaars for fundraising, and special shows on stage.

The children of Peace Village were also very excited about this “unusual” that occurs several times a year.
They walked around the venue, showed songs and dances on stage.
Because there were dietary restrictions, they had to skip the street food.
But they enjoyed a "society" full of adults, since a village was full of children usually.

One had burns in his face.
One's brain jumped out and wears a helmet.
One wore metal for treatment that jumped out of the limbs.
But everyone was shining with a smile that day.

A little child dragging his leg walked further pushing the wheelchair.
We would like to tell the children around the world what the natural scene in Peace Village.

This is where the world should be, "true peace."
Children who are saved here, will return to their homes with hope.
In order they become an “Peace Ambassador” in the future,
We have to do what we can now as adults.

I will come here again when I need to refresh my mind to realize the preciousness of life.
Everyone in the world, please know “Friedensdorf International, Germany International Peace Village”.

*The signed flag will be displayed in 2036 in New York.


海外永住 ブログランキングへ "
写真 2019-09-14 10 08 36

写真 2019-09-14 10 11 11

写真 2019-09-14 10 09 28

写真 2019-09-14 4 43 24

写真 2019-09-14 10 13 01

写真 2019-09-14 10 13 10

写真 2019-09-15 18 56 26
Next
写真 2019-09-14 10 36 32

写真 2019-09-12 12 26 12

写真 2019-09-13 5 25 58


ドイツ・デュッセルドルフから車で約40分、
オーバーハウゼンという町に、ドイツ国際平和村がある。
近隣諸国から、内紛や貧困により自国で治療が出来ない子ども達を引き取り、
ドイツ国内の病院で手術をした後、自国に帰るまでリハビリをして過ごさせる。

世界諸国が難民や移民を排除しようとしている現代において、
その村は、真逆のことをして「未来のいのち」を救っている。
ビザやパスポートを持たない子ども達にも、ドイツ政府が特別なビザを発行している。

民間団体により1967年に創立された平和村。
幾度か経営危機に陥りながらも、52年間で3万人以上の子ども達を助けてきた。

6代目の代表であったトーマス・ヤコブス氏の声を、日本の皆さんに届けたい。
そして開催した「未来のいのち国際サミット2019」。
たくさんの方に御支援いただき、クラウドファンディングにも御協力いただいた。

御支援者の一人から、トーマス・ヤコブス氏に贈りたいというお申し出。
書道家・岡西祐奈さんが書いた「愛」という文字を、平和村にお届けする。
それも、私たちのミッションのひとつであった。

「愛」の書を受け取って、満面の笑みを浮かべるトーマス・ヤコブス氏。
今年6月末に代表職を退任され、現場で子ども達と過ごす時間が増えたと
実に嬉しそうに語らう。

「人として正しいことをやる」
「目の前で困っている人がいたら、手を差し伸べる」
世界のどこにいても、私たちが追随すべき教えは同じなのだと痛感する。

写真 2019-09-13 11 53 49

写真 2019-09-13 12 29 13


It is about 40 minutes away by drive from Dusseldorf, Germany.
There is Friedensdorf International, German International Peace Village, in the town of Oberhausen.
They take over children from neighboring countries who cannot be treated in their own country due to internal conflict and poverty,
After surgery at a hospital in Germany, rehabilitate until kids return to their home country.

At today's world, countries are trying to eliminate refugees and migrants,
The village is doing the opposite way and saving the “future life”.
The German government also issues special visas for children without visas or passports.

A peace village founded in 1967 by a private organization.
They have helped more than 30,000 children in 52 years, despite several business crises.

We wanted to send the voice of Mr. Thomas Jacobs, who was the sixth representative, to everyone in Japan.
And the “International Summit for Future Life, 2019” was held.
Many people supported us and cooperated with crowdfunding.

We got an offer from one of our supporters to give to Mr. Thomas Jacobs.
Delivering the word “love” written by calligrapher Yuna Okanishi to Peace Village..
That was one of our missions.

Mr. Thomas Jacobs received an art work of “love” with smile.
At the end of June this year, he retired from his position as a representative, and he told us happily that he has enjoyed more time was spent with children.

"Do the right thing as a person"
“If someone is in trouble in front of you, reach out.”
We realize that the teachings we should follow are the same no matter where in the world.

写真 2019-09-13 12 29 19

写真 2019-09-13 11 54 40

写真 2019-09-21 12 24 41

Next
写真 2019-09-13 4 01 10

写真 2019-09-13 4 01 41


今春、東京・広島・長崎で「未来のいのち国際サミット」を開催した。
52年間で3万人以上の「未来の命」を救ってきたドイツ国際平和村、
彼らが発している小さな声を、一緒に日本に届けたいという企画だった。

たくさんの企業や仲間が応援をしてくださり、企画は大成功。
その感謝をドイツまで届けるというミッションに加えて、
ドイツ国際平和村で「地球こどもサミット」の開催が決定した。

平和村でリハビリをして過ごす子ども達、「学びの時間」という授業がある。
その日は、アンゴラ、アフガニスタン、ウズベキスタンの子ども達が集合した。

日本で開催したサミット同様に、「海洋プラスチックゴミ」がテーマ。
ペットボトルは普及しているようだが、ゴミ問題はあまり身近でないらしい。
彼女らの住む生活環境は、常にゴミが溢れているから気にならないというのだ。

ここに来て、いろんなことを考えさせられる。

自分の名前とその由来についてはどうだろう。
みんな名前はある。
でも、名前の由来も誕生日も知らない子どもが多い。
アフガニスタンでは、みんな誕生日は1月1日。
学校に行っていない親世代は識字能力に難あり、出生届も提出していない。

「地球こどもサミット・東京」で、敬子さんが最後に話した。
「ここにいる君たち、自分は愛されているという自信を持ってください」

人は誰しも「必要とされたい、愛されたい」という欲求を持っている。
親から名前をもらって、その名前の由来を知っていて、誕生日を知っている。
「君たちは十分に愛されているということを、実感してください」
私たちの声は、どこまで届いているだろうか。

リハビリを終えて、自国へ帰って行く平和村の子ども達。
「夢を持って、元気に生きて、2036年にニューヨークで会おうね」
その言葉に、子ども達が目をキラキラと輝かして食いついてきた。

「ニューヨーク、知ってる。絶対に行きたい!」
紙に書いた世界地図に「ニューヨーク」、そして「2036年8月9日」と書いた。

平和村の子ども達のことは、決して後追いしてはいけないというルールがある。
子ども達が将来、自力でこちらにコンタクトしてくることを待つしかないのだ。

でも、私たちは信じている。子ども達のチカラを信じている。
2036年8月9日にニューヨークで会おう。
そう約束して、「地球こどもサミット・ドイツ編」は幕を閉じた。

写真 2019-09-13 4 38 11

写真 2019-09-13 4 58 24


This spring, "International Summit for Future Life 2019" was held in Tokyo, Hiroshima and Nagasaki.
Friedensdorf International, German International Peace Village, has saved more than 30,000 "future life" in 52 years.
It was a plan to report their activities to Japan together.

Many companies and friends supported us, and the project was a great success.
In addition to the mission of delivering that gratitude to Germany,
We decided to held " The Earth Children Summit" at German International Peace Village.

Children spending rehabilitation in Peace Village have a class called “Time for Learning”.
On that day, children from Angola, Afghanistan and Uzbekistan gathered.

Like the summit held in Japan, the theme was “marine plastic problem”.
In their country, Plastic bottles seemed to be popular, but the garbage problem seemed not to be familiar.
Because there is always a lot of garbage at the living environment in which they live, they are not always concerned them.

It made us think about many things.

What about their name and its origins?
Everyone has a name.
However, many children do not know the origin of their names, or their birthdays.
In Afghanistan, everyone's birthday is January 1st.
Parents who do not go to school have difficulty in literacy and have not submitted birth reports.

At the “The Earth Children Summit in Tokyo”, Keiko last spoke.
“You guys here, be confident that you are loved.”

Everyone has a desire to “want to be needed and loved”.
We got a name from my parents, know the origin of the name, and know our birthdays.
"Please realize that you are loved enough"
How far has our voice reached?

The children of Peace Village will finish rehabilitation and return to their home country.
“Let's have a dream, live well and meet in New York in 2036”
The children are very excited that we told that story.

“I know New York. I definitely want to go!”
We wrote "New York" and "August 9, 2036" on the world map that we made on paper.

There is a rule that we should never be follow the children in Peace Village.
We have to wait for the children to contact us on their own in the future.

But we believe. We believe in the power of children.
See you in New York on August 9, 2036.
With that promise, " The Earth Children Summit in Germany” ended.


海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-09-13 5 01 12

写真 2019-09-13 5 01 29

写真 2019-09-13 5 11 02

2019-09-13 11.11.37

2019-09-13 11.47.42

Next