写真 2020-02-04 20 23 25


2018年秋、佐賀県有田焼の老舗、330年の歴史を誇る香蘭社が、
オープン以来勢いの止まらないMIFUNEでコラボイベントを開催した。
同じ佐賀県発の天吹酒造もジョイントして、好評を博したのは記憶に新しい。

ニューヨーカーは新しいものに敏感であると同時に、
歴史のある「古き良きもの」にも、非常に造詣が深い。
一枚の絵付けに裏付けられたストーリーを、私たちよりもよく理解していることさえある。

古代メソポタミアの「ラピスラズリ」の鮮やかな色を有田焼に投影すると、
高貴の象徴、すなわち香蘭社独自の透明感のある「瑠璃」色が完成する。

高度な技術と経験を必要とする色彩やデザインの美しさを愛でつつ、
陶器の歴史を辿りながら、ニューヨークで粋な食事をいただく。
そんな時間を共有させていただきながら、次の構想を考える。

伝統に新しい息吹を注ぎ、革新と繋げること。
それがまた、新しい歴史を生み出していく。
もはやチームメイトの感を抱きながら、ここに忠誠を誓おう。

香蘭社に関わる記事

写真 2020-02-04 20 16 51

写真 2020-02-04 20 50 59

写真 2020-02-04 21 06 53

写真 2020-02-04 21 28 04


In autumn 2018, Koransha, a long-established store of Arita porcelain in Saga Prefecture, boasting a history of 330 years, had a collaboration event was held at MIFUNE, where momentum has not stopped since opening.
It is new to memory that the same Saga prefecture-based Amabuki Sake Brewery was jointly received and gained popularity.

New Yorkers are sensitive to new things,
they have a deep knowledge of the "good old things" with a history.
Sometimes they understand the story backed by a single painting better than we do.

When projecting the vivid colors of ancient Mesopotamian "Lapis Lazuli" onto Arita porcelain,
The symbol of nobleness, that is, Koransha's unique transparent "Ruri" color is completed.

While loving the beauty of colors and designs that require advanced technology and experience,
We can have a stylish meal in New York while following the history of pottery.
While sharing such time, I've thought about the next concept.

Bringing new life to tradition and connecting it with innovation.
It also creates a new history.
I swear loyalty here, with the feeling of a teammate.

Please click here to read the article about KORANSHA.

写真 2020-02-04 21 47 08

写真 2020-02-04 22 06 37

写真 2020-02-04 22 13 50


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 22 50 35

Next
写真 2020-02-04 13 22 19


創業330年の歴史を誇る佐賀県有田焼の老舗「香蘭社」が、
ニューヨーク最大の展示会「NY NOW」で、単独ブースとして出展した。

瑠璃色の背景に、日本画家・原田隆志氏が金の流水を描き、
周囲のブースよりひときわ華やかに目立つ空間が演出され、
美しい絵付のプレート類のデコレーション、香蘭社の世界が広がる。

展示会の訪問客が、ブースの前に足を止める瞬間に、
私の奥底に眠る営業魂が、ムクムクと動き出す。

伝統に甘んじることなく、新しい挑戦を続ける企業こそが、
ニューヨークに、革新という新しい空気を運んで来るのだ。

写真 2020-02-04 13 21 54

写真 2020-02-04 13 22 07


Koransha, a long-established Arita porcelain with a history of 330 years,
they exhibited as a stand-alone booth at NY NOW, the largest exhibition in New York.

Japanese painter Takashi Harada drew gold flowing water on a brilliant blue background,
A space that stood out more vividly than the surrounding booths was produced,
Decorating beautifully painted plates, the world of Koransha expanded.

At the moment when visitors of the exhibition stopped before the booth,
The sales soul that slept deep inside me began to move.

A company that continues to take on new challenges without being content with tradition, will bring a new air of innovation to New York.

写真 2020-02-04 13 23 29

写真 2020-02-04 13 23 25

写真 2020-02-04 13 23 34

写真 2020-02-04 13 23 39

写真 2020-02-04 13 23 43

写真 2020-02-04 13 23 49

写真 2020-02-04 13 23 57

写真 2020-02-04 13 24 01

写真 2020-02-04 13 24 49


人気ブログランキングへ

海外永住 ブログランキングへ "

写真 2020-02-04 14 21 06

写真 2020-02-04 13 57 12

Next
写真 2019-02-07 14 34 34

写真 2019-02-07 18 15 04

写真 2019-02-07 18 21 37


日本で創業330年を誇る老舗ブランド「香蘭社」と、
トライベッカで創業11年を迎えた「Sushi AZABU」のコラボイベント。

「Sushi AZABU」は、1993年創業の「Plan・Do・See」が親会社とはいえ、
ニューヨークで10年以上飲食店を経営する難しさは、世界中が知っている。
どちらの企業も愛して尊敬してやまないからこそ、
このイベントは絶対に成功させたいと思って臨んだ。

昨秋リノベーションされたばかりのプライベートダイニングルームで、
寿司懐石コースと日本酒を、香蘭社の器でお楽しみいただくという企画。
一晩2回転のイベントは、どちらも満席御礼。

気がつけば、私自身もマンパワーとしてサービス提供する側になり、
久しぶりに乗務員時代の「おもてなしのやりがい」を思い出した。

日本人と日本企業がニューヨークでコラボする夢の競演。
今後の可能性をたくさん見いだすことができたと実感している。

御参加くださった皆様、関係者すべての方々、本当にありがとうございました。
また素敵な企画を、実現させましょう。

写真 2019-02-08 11 46 58

<先付け・Amuse>胡麻豆腐/生雲丹/叩きオクラ/山菜/旨ゼリー
Sesame Tofu with Uni/Okura/Wasabi/Umami Jelly
写真 2019-02-08 11 46 50

<刺身・Sahimi>三種盛り Three Kinds Sashimi
写真 2019-02-08 11 46 42

<八寸・Hassun>鮟肝ポン酢/飯蛸旨煮/筍照り焼き/菜の花唐墨/山桃/厚焼き卵/黒枝豆
Ankimo Ponzu/Simmered Octopus/Teriyaki Bamboo Shoot/Canola Flower withBottarga/Bay Berry/Egg Omelette/Black Edamame
写真 2019-02-08 11 46 35

<お凌ぎ・Oshinogi>フォアグラ茶碗蒸し/キャビア/金箔
Foie Gras Chawanmushi/Caviar/Golden Flakes
写真 2019-02-08 11 46 13

<焼き物・Yakimono>太刀魚幽庵焼/酢取り茗荷
Bely Fish with Yuan Sauce/Japanese Ginger
写真 2019-02-08 11 46 09

<煮物・Nimono>鰤大根/法蓮草/人参
Simmered Wild Yellowtail/Spinach/Carrots
写真 2019-02-08 11 46 00

<食事・Sushi>握り寿司 Chef's Choice of Nigiri
写真 2019-02-08 12 34 43

写真 2019-02-08 12 34 37 (1)

<デザート・Dessert>和三盆プリン/苺ソース/ミント
Wasanbon Puddings/Strawberry Sauce/Mint
写真 2019-02-08 11 45 43


"Collaboration Event of Sushi AZABU and Koransha"

We held a collaboration event of "Koransga" , the established long-established brand boasting 330 years in Japan, and "Sushi AZABU" celebrating 11 years in Tribeca.

Though the parent company of " Sushi AZABU" is "Plan · Do · See" established in 1993,
The world knows the difficulty of running a restaurant in New York for over 10 years.
Because I love and respect both companies,
we wished make this event absolutely successful.

In the private dining room just renovated last autumn,
We planned to make enjoy Sushi Kaiseki course and sake at the products of Koransha.
Both two sets per night of events were full.

When I noticed, myself became a manpower service provider,
I remembered the "rewarding of hospitality" of the cabin attendant for the first time in a while.

It was a dream competition where Japanese and Japanese companies collaborated in New York.
We realized that we could find a lot of future possibilities.

Thank you very much to everyone who participated, all the people involved.
We wish we have another event in the near future.

写真 2019-02-07 20 37 25

写真 2019-02-07 22 26 13

写真 2019-02-08 11 42 08

写真 2019-02-26 14 02 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-08 8 01 20

写真 2019-02-07 19 41 01 (1)

写真 2019-02-07 22 29 25

写真 2019-02-26 12 44 58
Next
写真 2019-02-04 12 17 15

写真 2019-02-06 15 24 08


母方の祖母は佐賀で生まれ、鹿児島で養女として引き取られた。
戦争未亡人になった後、娘3人を連れて上京。
親戚もいないから、九州にはほとんど御縁がなくなってしまった。

3年程前から、九州からイベントのお声がけをいただく機会が多くなった。
私はきっと、祖母の魂が呼んでくれているのだと信じている。

佐賀県が3年がかりで、有田焼の海外進出をサポート。
有田焼各社が、ニューヨークで最大の展示会「NY NOW」に出展した。
330年の歴史を持つ老舗ブランド香蘭社も、2018年冬からトータル3回、
「NY NOW」でブース展示を行うことになった。

初回は手探り、2回目は経過観察、3回目は成果を得る。
そんな作戦が見事に実を結び、2019年冬「最優秀新商品賞」を受賞。
世界での販路を拡大する大きなクレジットを獲得した。

香蘭社の誇る「瑠璃」という色にも、我が娘への想いと通じる御縁がある。
深みのあるこの青い色が、もっと世界に伝わっていきますように。

写真 2019-02-06 15 04 38

写真 2019-02-06 15 04 44


My maternal grandmother was born in Saga and was taken over as an adopt in Kagoshima.
After becoming a war widow, she went to Tokyo with her three daughters.
Since there are no our relatives, there has been almost no edge in Kyushu.

From about three years ago, I came to receive offers from the event from Kyushu.
I surely believe that the grandmother's soul calls me.

Saga prefecture had been working for three years projects to support overseas expansion of Arita-ware.
Some Arita ware companies participated in the largest exhibition "NY NOW" in New York.
Long-established brand Koransha which has a history of 330 years also have decided to exhibit the booth at "NY NOW", totally three times from the winter of 2018,

Their target was "trial" for the first time, the second time for "follow up", and the third time was "to get results".
Such a strategy got a fruitful, and won "Best New Product Award" in the winter of 2019.
They have gained big credits to expand sales channels in the world.

The color of "Ruri" which boasts of Koransha also has an edge that matches with my feelings towards my daughter.
May this deep blue color be transmitted to the world.

写真 2019-02-06 15 03 01



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2019-02-07 5 06 56
Next
写真 2018-11-28 23 59 26


友人の紹介で知り合ったフローラルデザイナー永田絵梨子さん。
日本、パリ、ハワイ、ニューヨークと、華々しいキャリアを重ねてきた実力派。
パリのミシュラン星レストラン「Sola」のシェフ吉武広樹氏との御縁もあって、
ニューヨーク「MIFUNE」で木のインスタレーションも手がけている。

ブライダル会社のパンフレット撮影に御協力いただいたり、
先月は有田焼・香蘭社の花器にお花を活けていただいたり。
彼女のセンスと人柄とバイタリティーに惹かれて、
私も機会あると、彼女にお声がけさせていただいている。

そんな彼女が、ホリデーシーズンのポップアップショップツアーを展開中。
コラボ会場は、フランス系のハイセンスな眼鏡屋さん。
店内に飛び交うフランス語の心地よさに、ついつい長居してしまう。

クリスマスリース、テーブルセンター、押し花のフレームなど、
彼女のテイストを純粋に楽しめる作品がいっぱい。
生活に花を、心に彩りを。
週末ごとに開催中。ぜひ会場に足をお運びください。

写真 2018-12-08 16 38 51

写真 2018-12-08 16 39 00

写真 2018-12-08 16 37 30


I got to know Ms. Eriko Nagata, a floral designer, a few years ago.
She is a proficient designer who has worked extensively with Japan, Paris, Hawaii and New York.
There is our common friend, the chef Hiroki Yoshitake of Paris' Michelin star restaurant 'Sola'.
She is also handling the installation of wood at "MIFUNE" restaurant in New York, as Yoshitake is an executive chef of that restaurant.

We offered her to work in photographing brochure of bridal company last year.
Also, we asked her to join the event of Arita-porcelain to arrange flowers on the vase of Koran-sha.
Attracted by her sense, personality and vitality,
I ask to work with us when we have a chance.

Now she is having a popup shop tour of the holiday season.
The collaboration venue is a French high-end glasses shop.
I was there long time by hearing of comfy French language inside the store.

Christmas lease, table center, pressed flower frame etc,
There are lots of works that you purely enjoy her taste.
Please enjoy your life by adding flowers in life.
It is held every weekend. Please come to visit her event.

写真 2018-12-08 15 44 32

写真 2018-12-08 15 44 45


◆Sat 12/8 : Selima Optique Madison
899 Madison avenue,New York (11AM-7PM)

◆Sun 12/9 : Selima Optique Soho
59 Wooster street,New York (12PM-7PM)

◆Sun 12/16 : Selima Optique West village
9 Christopher street, New York (12PM-6PM)

◆Sat 12/22 : Bond 07 By Selima
7 Bond street,New York (11AM-7PM)

写真 2018-12-08 15 44 37

写真 2018-12-08 15 45 02

写真 2018-12-08 15 44 58



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-12-08 17 21 58
Next
写真 2018-11-27 17 10 23


日本で最も古い歴史を持つ有田焼メーカーと日本酒の酒蔵。
佐賀県を代表する2つのブランドが、ニューヨークでコラボする。
舞台に選ばれたMIFUNEは、フレンチと和食を融合した料理を提供する。

イベントの総括依頼が来たのは、時期的にはかなり遅いタイミング。
サンクスギビング明けの火曜日に開催することだけが、すでに決定していた。
最も集客が難しいと言われる時期、どうやってゲストを集めよう。

第一関門は、数百枚に及ぶお皿の選択と搬送。
瑠璃色のクラシックなデザインから、白磁の新商品に加えて、
展示用の高価な花器や、撮影用のカップ&ソーサーなど。
莫大な送料をかけてでも、ニューヨークに届けたいという熱い想い。

打ち合わせの山場は、料理と日本酒のペアリング。
MIFUNEの充実した料理に、SAKE DISCOVERIESの精鋭が呼応する。
7品の料理とデザート、数種の小菓子を、10数種のお皿で提供。
天吹酒造の日本酒5種類を、7通りの飲み方でサーブすることが決定した。

これほど豪華な内容のイベントに、集客の手応えが感じられず、
そこから裏方の猛ダッシュが始まった。
これだけ大きなブランドでも、ニューヨーカーを響かせる何かが必要だと。

想いがようやく届いた頃には、イベントの当日になっていた。
朝の花の仕入れから、直前までの資料直しと会場設営。
ゲスト御来場の数分前まで、最後の打ち合わせ。

乾杯が始まると、時間との勝負だけになる。
イベント中にヘルスデパートメントの抜き打ち検査。
前代未聞のアクシデント発生にも、現場スタッフの呼吸がなんとか整って、
ゲストをお待たせすることなく、フィナーレまで駆け抜けた。

美しい花が活けられた艶やかな花器と、料理の個性を引き出すお皿たち。
それらに魅了されたゲストから、商品購入を希望する声が多数出て、
最後のレジが締まったのは、深夜2時をまわった頃。

香蘭社と天吹酒造の長い歴史に、新たな1ページが加わった。
お越しくださった皆様の顔を思い出しながら、大きな反響に感謝した夜。
心はすでに、次の企画を想い描いている。

写真 2018-11-28 9 11 31 (1)

「かぼちゃのスープ」+「天吹・吟の紅衣(ぎんのくれない)」にマリーゴールドの花びらを散らせて。
花言葉「幸せを運ぶ」胡蝶蘭のカップ。
写真 2018-11-28 22 26 22

「アミューズブッシュ」は青・白・イングレーズ の桜を文様化したお皿で提供。
写真 2018-11-28 22 26 43

「ブリの刺身」+「天吹・生酛純米大吟醸」
椿・水仙・桜・牡丹・菊・欄の花をあしらった丸紋が配された瑠璃色の深鉢。
写真 2018-11-28 22 26 49

「ブリしゃぶしゃぶ」+「天吹・生酛純米大吟醸」ぬる燗
ポン酢を入れた器は、縁起の良い吉祥文様入り。
写真 2018-11-28 21 31 40

「インゲンとホウレン草のピュレ」+「天吹・純米吟醸・ひまわり酵母」
「ポルチーニ茸のフラン」+「天吹・山廃純米・マリーゴールド酵母」
香蘭社オリジナル釉薬で作られた美しい光沢の椀。
写真 2018-11-28 22 27 42

「チキンフォアグラ」+「天吹・山廃純米・マリーゴールド酵母」ぬる燗
蘭の一種・カトレアを配した白磁は、モダンで人気の新シリーズ。
写真 2018-11-28 22 27 31

ぬる燗に胡椒を加えて、日本酒の新しい味わい方をお楽しみいただきました。
江戸時代に尾形光琳が描いた六曲一双屏風・群鶴図をモチーフにした盃。
写真 2018-11-28 22 27 50

「トリュフのリゾット」を入れた器は、イベント後の御購入が一番多かった人気商品。写真 2018-11-28 9 46 45

「洋梨のソルベ・ヨーグルトムース」+「天吹・純米吟醸・いちご酵母」にバーボン酒「Maker’s Mark」をブレンドして御提供。
写真 2018-11-28 22 28 13

「愁海棠」(シュウカイドウ / ベゴニアの仲間)をあしらったお皿に小菓子をのせて。
すべてハンドペイントで描かれたこのシリーズは、今回イベントで使用した中で最も高価なお皿でした。
写真 2018-11-28 9 11 39

盃の入っていた木箱を利用して「プチフルール」を。

写真 2018-11-28 23 59 26


There are Arita – porcelain maker with 300 years old history in Japan and the brewery of Japanese sake brewery.
Two brands representing Saga Prefecture collaborated in New York.
MIFUNE, was chosen as a stage, offers dishes that combine French and Japanese cuisine.

The request to direct the event came to me, it was a very late timing in terms of time.
Only thing to hold on Thursday of Thanksgiving had already been decided.
At the time when it is said that the most difficult to collect customers, how can we gather guests?

The first barrier was the selection and transport of hundreds of tableware.
The classic design of the sky blue color, the white magnetic new product,
Expensive flower vases for exhibiting, and cups & saucers for photo-shooting , etc.
They had a big passion that they wanted to deliver them to New York, even with a huge shipping cost.

Meeting highlight was a pairing of cuisine and sake.
The skill of SAKE DISCOVERIES exquisite responded to MIFUNE' s fulfilling cuisine.
We will serve seven menu, desserts, and several kinds of sweets using more than 10 kinds of plates.
We decided to serve five kinds of sake made by Amabuki-shuzo with seven different drinking methods.

The event of so much luxurious content, but we could not feel the response of attracting customers,
From there we push to collect the guests in dash.
Even with these big brands, something that made New Yorker resonate was necessary.

When the time our feelings reached to people finally, it was the day of the event.
We had many things to do, from stocking of flowers in the morning, remade of materials up to just before, and setting up the venue.
Last meeting was held a few minutes before guest visit.

Once the event started, it was only a match against time.
Suddenly we had unannounced inspection of NYC health department during the event.
Even in the unprecedented accident occurrence, breath of the on-site staff managed somehow,
Without keeping guests waiting, we ran through to the finale.

There were glossy flower vases for beautiful flowers, and dishes that bring out the character of cuisine.
A lot of voices wishing to purchase goods appeared from the guests fascinated by them,
It was around 2 o'clock in the mid-night when the last cash register closed.

A new page has been added to the long history of Koran-sha and Amabuki-shuzo.
It was a special night we thanked for a big response of everyone who came.
My mind already dreams upon the next project.

写真 2018-11-28 23 59 34

写真 2018-11-27 16 36 42

写真 2018-11-27 16 36 53

写真 2018-11-28 23 59 43



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-28 9 14 10 (1)

写真 2018-12-03 17 46 43


写真 2018-11-28 8 12 44

写真 2018-11-27 14 31 26

写真 2018-11-20 8 29 18


Next
祖母は佐賀県で生まれ、大病院の娘という恵まれた環境に育った。
ところが両親が流行り病で亡くなり、一家離散という運命に。
養子に出された祖母の苦労は、一言では語り尽くせない。

鹿児島で育った祖母は、その後戦争未亡人となり、
残された三人の娘を、疎開先の東京で育てることになる。
三姉妹の子供たちは「女も働く家庭」の中で、まとめて一緒に育てられた。
次原一族の私たちが、今でも兄弟同然の関係にあるのは、
幼い頃からの苦労を、共にしてきた「血は水よりも濃い」繋がりがあるから。

一昨年より、祖母の故郷・佐賀県を応援するイベントに関わるようになった。
その時の御縁もあって、今回のイベント企画の依頼をお受けした。
日本の伝統技術を世界に伝えることは、ここにいるから出来ること。
こんな素晴らしい企画に関わることができて、感謝でいっぱい。

皆様のお越しを、お待ちしております。

【有田焼x日本酒と料理のペアリングイベント】
◎日時 : 2018年11月27日(火) 5:30pm〜/8:00pm〜(完全入れ替え制)
◎場所 : MIFUNE New York / 245 East 44th Street
◎お一人様 150ドル (料理7品+日本酒5種+ギフト2種)
◎RSVP : 212-986-2800 もしくはOpen Table予約サイトにて。

写真 2018-11-20 19 43 36


My grandmother was born in Saga Prefecture and grew up in a privileged environment called a daughter of a big hospital.
However, her parents died of an ill, and she was raised by step-parents.
The hardship of their adopted grandmother cannot speak in a single word.

My grandmother who grew up in Kagoshima then became a war widow,
she raised up the three remaining daughters in the evacuated destination in Tokyo.
Three sisters' children were brought up together since our mothers were working.
We, Tshugihara family, are still in a relationship like real brothers as "Blood is thicker than water."
Because we had same hardships from when we were childhood.

Since last year, I came to be involved in an event supporting my grandmother's hometown, Saga prefecture.
There was also the edge of that time, and we accepted the request for this event planning.
To communicate Japanese traditional technology to the world is here because we are here.
I'm full of appreciation that I was able to be involved in such a wonderful project.

We look forward to welcoming everyone.

【Arita Porcelain x Japanese Sake @ MIFUNE New York】
◎Date : November 27th (Tuesday) 5:00pm〜 / 8:00pm〜
◎Venue: MIFUNE New York / 245 East 44th Street
◎$150/per person (7 Course Menu + 5 Japanese Sake + 2 Gift)
◎RSVP : 212-986-2800 or “Open Table “Website

写真 2018-11-25 9 08 37



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-11-12 16 07 27
Next
写真 2018-02-06 10 05 37


ニューヨークは、相変わらずの寒さが続いているとはいえ、
2月はファッションショーや見本市など、イベントが目白押し。
この時期、世界中から集まった関係者で、どのホテルも満室になる。

昨年イベントを開催した御縁もあって、
佐賀県に絡む事業を、ほんの少しお手伝いしている。
創業400年を迎えた有田焼は、欧州の市場開拓事業を開拓中。
窯元や商社が、ニューヨーク見本市に初めて出展した。

マンハッタン最大級のジャビッツセンターが会場で、
たくさんの出展者の中で、いかにバイヤーの心を掴むかが鍵となる。
ブースを構えることがゴールではないからこそ、
ここから始まるストーリーに、ワクワクする。

次なるステージへの飛躍のために。
古いだけでは、伝統は続かない。
革新を加えるからこそ、次の世代へ受け継がれるものもある。

香蘭社 プロモーションビデオ
香蘭社 公式ホームページ

27545691_1848104501866732_925935083499520804_n

写真 2018-02-06 12 32 00


Although New York has continued cold as ever,
In February, events such as fashion shows and trade fairs are held in the city.
During this period, all the people gathered from all over the world, all hotels will be fully booked.

There was also the edge of the event last year,
We are helping the project involved in Saga Prefecture a little.
Arita-yaki, which celebrated its 400th anniversary, is pioneering the market development business in Europe.
Arita-yaki potteries and trading companies exhibited for the first time at the New York Now Exhibition.

The venue was Manhattan's largest Jacob K. Javits Convention Center.
How to grasp the buyers' hearts among many exhibitors was the key.
Because it was not a goal to set up a booth,
I'm excited about the story that starts from here.

For the leap to the next stage.
Tradition does not continue just by being old.
Because we add innovation, there are things that are handed down to the next generation.

Please click here to watch the PR short movie of KORANSHA.

写真 2018-02-06 10 45 14 (1)

写真 2018-02-06 10 27 45



海外永住 ブログランキングへ "

写真 2018-02-06 12 24 02
Next